REFLEC BEAT plus

レベル詐称逆詐称について

  • ここではAC未収録の版権曲・コナミオリジナル曲と、plusに配信されているAC初出の版権曲を取り扱います。VOLZZA 2以前のコナミオリジナル曲については過去作品/REFLEC BEATを参照。
  • レベル表記が実際の体感難易度より明らかに低い「詐称譜面」、その逆の「逆詐称譜面」について記述。
  • HARDとSPECIAL、MEDIUMについては個人差曲を特にLO主体で個人差の大きい曲トリル(+チェイン絡み)で個人差の大きい曲特にリズム・混フレ主体で個人差の大きい曲その他個人差の大きい曲に分類。
  • ロングオブジェ=LO、バーティカルオブジェ=VO、スライドオブジェ=SOと略記する。
  • なお、本リストに記載されている判定はあくまでも目安です。また現行作の「悠久のリフレシア」と仕様や基準が異なるため、個々人の得意不得意によって記載内容が当てはまらない場合もあります。

BASIC

MEDIUM

  • 詐称
    • Lv5 Lovers Game feat. Mitchie M (Daisy×Daisy PACK)
      • HARDの歯抜け譜面なので非常にJUSTが取り辛い。またオブジェ数が264ありレベルの割に12分や2TOPが多く、後半では所々2TOPのロングが絡んでくる上に通常の処理も要求されるなど明らかに5のレベルを逸脱している。Lv6上位相当。
  • Lv5 重要桜 (新井大樹 PACK2)
    • サビまでは逆詐称レベルだが、サビから延々ラインと2TOPの4分交互が出てくる。適正者には捌くのが難しく、オブジェも200を切っているのでMISSのダメージも大きい。Lv6相当。
  • Lv5 グラディウス2 メドレー (コナミ伝説 MUSIC PACK 4)
    • BPM224の8分がメイン。しかも4連やトリルまで出てくるうえ、LOが多く2TOPにも飛んでくる。とにかくレベルの割に8分が多くBPMも速いため明らかにLv6相当。
  • Lv5 ECHO (Entrance Dream Music PACK)
    • 前半からサビまで様々な8分チェインが多発し、サビを抜けるとラインと2TOPの4分交互押しが出てくる。総合譜面だがどれも高水準でオブジェ数もレベルの割に多め。Lv6相当。
  • Lv6 半径30cmの中を知らない (アルカラ PACK)
    • 2連の速度が速く、数も多い。トリルあり、同時押しありと全体難でもあり、下手なLv7よりも明らかに難しい。Lv7上位相当でHARDとレベル差が2もあるとは到底考えられない。
  • Lv6 Dark Fall (BLUE DRAGON / 青龍 PACK)
    • 譜面自体は単純だが、BPM202の8分チェインが大量に襲ってくる。適正者には連打の処理が難しく、オブジェ数も319あるので非常に忙しい。Lv7相当。
  • Lv6 YAKYUKEN ODORI-Ehime Matsuyama Emotion- 原曲 野球拳 作曲 前田伍健 (BTR Variety PACK)
    • 同時押しを含む8分乱打、2TOP絡み、間隔の狭いLOや長い8分チェイン、オブジェ数336等、隙のない総合譜面。16分はないが終始Lv7と遜色ない内容になっている。
  • Lv7 ラクガキスト (EXIT TUNES PACK Vol.4)
    • 危険!!! Lv7最多の総オブジェ数480を誇り、これはLv8としても多い。さらに譜面は隅田川夏恋歌 [HARD] の上位互換となっており、歌詞合わせのリズムで8分トリル、付点8分、12分、12分の2TOPトリル、ハネがBPM 199で襲ってくる。これらを鑑みるとLv8上位が妥当である。
  • Lv7 ホーリィ☆嫉妬 (BTR Variety PACK)
    • 総オブジェ数459の物量譜面で、全編に渡ってBPM200の8分トリルやLOがほぼ休みなく降ってくる。ラクガキスト程の別格さはないが適正者には終始忙しく、他のplus初出のLv7と比較しても明らかに浮いている。Lv8下位相当。
  • 逆詐称
    • Lv7 Humid Memory (Gentle Guitar V)
    • Lv7 Paradiso (→Pia-no-jaC←『暁』 PACK)
    • Lv7 STRONG (EMI ROCKS SENDAI PACK vol.1)
    • Lv7 朝色の紙飛行機 (Entrance Dream Music PACK)
      • いずれもリズム難のHARDの歯抜けで少々リズムが取りにくく。AR面は個人差が出るが、掛け合い譜面なのでオブジェ数がかなり少なく譜面もLv6相当に易しい。クリア難易度はどれもLv6が妥当。
      • 朝色の紙飛行機 は16分VOトリルに注意。
  • Lv7 がんばれゴエモン!からくり道中 メドレー (Gift)
  • Lv7 BATLLE FORCE (ニンジャマンジャパン PACK)
  • Lv7 天ノ弱 (EXIT TUNES PACK vol.2)
  • Lv7 Crimson Mist (BLUE DRAGON / 青龍 PACK)
  • Lv7 かくしん的☆めたまるふぉ〜ぜっ! (干物妹!うまるちゃん PACK)
  • Lv7 勇者うまるの華麗なる生活 (干物妹!うまるちゃん PACK)
  • Lv7 オドループ (フレデリック PACK)
  • Lv7 Maddest Circus Show (RoughSketch PACK)
  • Lv7 久遠の絆 (マジカルハロウィン PACK 1)
  • Lv7 Puppet Nightmare (nora2r Remix) (Yatsuzaki Hardcore PACK)
    • いずれも総合譜面だがどれも低水準で、Lv6以下でもよく見かける配置が多い。所々レベル相当の箇所はあるものの、掛け合い譜面ゆえ密度は低くJUSTも取りやすいため総じてLv6相当の逆詐称。。
    • ただしPuppet Nightmare (nora2r Remix) には4回連結SOがあり、うち2回はかなり奇形でここは強烈なので適正者や苦手な人は要注意。
  • Lv8 原始人間ズンドボ (Yatsuzaki Hardcore PACK)
  • Lv8 MEGANTO METEOR (かめりあ PACK)
    • どちらもタイミング難のVOこそあるものの、終始4分・8分ばかりでJUSTが取りやすくLv8足り得る要素は一切ない。更にこの難易度にもかかわらず掛け合い譜面なので密度も相当低く、16分も一切存在しない。Lv7中位相当。

HARD/SPECIAL

  • 詐称
    • Lv6 天体観測 (MUSIC PACK 20)
      • 8分の2連やトリルが多く、おまけにその合間に乱打もあるため全体的に忙しい。密度も高くLv7相当。
  • Lv7 Lovers Game feat. Mitchie M (Daisy×Daisy PACK)
    • 全編に渡ってハネリズム&独特のリズムで非常にJUSTが取り辛い。その上12分トリルやLOが多用され、3TOPや同時押しもタイミングが分かりにくくオブジェ数もレベルの割に多い。クリア難易度はLv8中位相当で、スコアとなると下手なLv9より難しい。
  • Lv8 沙羅曼蛇 メドレー (コナミ伝説 MUSIC PACK 3)
    • メドレー曲特有のBPM変化が数回あり非常にJUSTがとりづらい。譜面自体もLv8とは言いづらく、トリル、LO、二連が主体で3TOPの縦連まである。物量もそこそこあるためLv9相当。
  • Lv9 奇跡の木漏れ日 (新井大樹 PACK)
    • 稼ぎ所が全くない全体難。トリルと二連・四連の複合、見切り辛い3TOPチェイン、厄介なTOP絡み、配置難の上下移動、押しづらいLOラッシュ、ラストの長い縦連など終始Lv9を逸脱した配置が続く。Lv10妥当クラスの詐称譜面でplusのLv9最強候補である。
  • Lv10 新しい光 (9mm Parabellum Bullet PACK)
    • 序〜中盤のLOを抑えながら長い16分トリルを捌く地帯と、ブレイク手前の通常40連→TOP8連→通常8連→TOP8連の64連が非常に強烈。そこ以外にも長い16分トリルや3TOP移動が随所に存在し、終盤には2本のLOラッシュと12分乱打が出てくる。この段階で求められる技術がLv10を逸脱している。
    • また判定が後ろにズレているので終始精度が取り辛い。このためAR難易度は勿論、適正者にとってはクリアすら困難。
    • 人によっては似たトリル特化の灼熱Beach Side Bunny [HARD]よりARが出ないことも。
  • 逆詐称
    • Lv10 獅子奮迅 (→Pia-no-jaC←『暁』 PACK)
      • オブジェ数が625ありBPMも揺らいでいるが、16分は殆どなく大半は8分の同時押しで稼ぎやすい。登場時は妥当だったがインフレが進んだ現在においてはLv9相当。
  • Lv10 新たな幕開け (新井大樹 PACK)
    • ラストにUNLIMITED FIRE-Try to Sing Ver.- [HARD]の終盤に似た3本チェインの階段があるが、そこ以外はリズムの取りやすい平凡な譜面。オブジェ数も少なめで同PACKの奇跡の木漏れ日より簡単に感じる場合が多い。Lv9相当。
  • Lv10 過食性:アイドル症候群 (EXIT TUNES PACK vol.7)
    • 旧ACとは別物だが、傾向は殆ど変わらない。オブジェ数が623ありBPM200と速いが、16分は8分中にたまに混じる程度で譜面自体も向こうにちょっと毛が生えた程度。ACではLv9だったのでこちらも9上位〜10最下位程度。
  • Lv10 回レ!雪月花 (機巧少女は傷つかない PACK)
    • 3TOP同時+ライン上縦連のトリルは運指や落下配置次第で譜面の認識が困難になることがあるが、そこ以外はハネリズムがあるがノリ易く、6連トリルの嵐も見えたら押す感覚でなんとかなる場合が殆ど。全体的にLv10の割に緩く、オブジェ数もかなり少なくJUSTも取りやすいためクリアもARも逆詐称気味。
  • Lv10 交響曲第9番 ホ短調 作品95「新世界より」第4楽章 (→Pia-no-jaC←『EAT A CLASSIC PACK)
    • 所々16分があり、BPMが揺らいでいるためARは個人差が出るが、全体的にメロディー合わせの8分以下がメインでLOも3TOPもレベルの割に捌きやすい。オブジェ数が少なく、同時押しである程度稼げるためLv9上位相当。
  • Lv10 勇敢な髑髏 (新井大樹 PACK 2 PACK)
    • メインフレーズは16分が多用されており適正者だとリズムが取りづらいが、他は分かりやすい8分がメイン。密度も低くLv9妥当。
  • Lv10 Seventh Heaven (Seventh Heaven / Ryu☆ PACK)
    • 後半難で16分の同時押しが多発するが、そこまでは単押しばかりで譜面も複雑ではない。オブジェ数もかなり少なく挑戦者でもクリアは容易い。同時押しの耐性はあるがLv9上位相当。
  • Lv10 秘密のクチヅケ (蒼井翔太 PACK)
    • BPM200且つオブジェ数は適正だが、殆ど8分乱打でサビにあるLO拘束中の8分同時押し連打以外に10らしい難所はない。オブジェ数600台のLv9が増えた現在逆詐気味。
  • Lv10 絶品☆みこみこミラクル昇天レシピ! (IOSYS PACK)
    • 終始過食性:アイドル症候群と同程度の譜面が続く。さらに密度も昨今のLv9相当なので人によってはこちらの方がやり易いかもしれない。Lv9相当。
  • Lv10 Puppet Nightmare (RoughSketch PACK)
    • 終始単押しばかりで中盤までLv8相当の譜面が続く。サビから難解な3TOP絡みが出てくるが、終盤に回復地帯があるためここでMISSを連発しても前後で稼げば問題ない。
    • どうしてもサビで手こずるならここの3TOPを全て捨ててしまうのも手。どちらにしろクリアは同PACKの3曲より易しくLv9相当。
  • Lv10 Stomp The Coward!! (Yatsuzaki Hardcore PACK)
    • 中盤難。LO拘束中に長い8分縦連を捌く地帯や16分交互VOからの4本SOこそあるものの、16分は少なく8分の同時押しばかりでかなり稼げる。密度もLv9相当。
  • LO・SLO主体の曲
    • Lv6 告白 (アマガミSS/SS+ plus PACK)
    • Lv6 うたかた花火 (supercell PACK)
    • Lv7 MEMORIA (藍井エイル PACK)
    • Lv7 Re:REMEMBER (May'n PACK 2)
    • Lv7 Remedy (坂本真綾 PACK)
    • Lv8 Affection feat. Another Infinity (ゆゆ式 PACK)
    • Lv8 Can't Stop (ELMIO PACK)
    • Lv8 青い雲 (石鹸屋 PACK)
    • Lv8 アシタカセッ記 〜もののけ姫〜 (ハイテンションジブリ PACK 2)
    • Lv8 ヘミソフィア (坂本真綾 PACK 2)
    • Lv9 君をのせて feat.sayurina 〜天空の城ラピュタ〜 (ハイテンションジブリ PACK)
    • Lv9 明日元気にな〜れ!! (すわひでお PACK)
    • Lv9 シリョクケンサ (EXIT TUNES PACK vol.9)
      • いずれもLO主体。加えてオブジェ数が少ないのでLOを、ある程度捌けないとクリア不能なので注意。LOの得手不得手が諸に出る。
      • 特にヘミソフィア は時間差LOが多用されており非常に複雑。オブジェ数も244しかないため苦手だと相当危険。
  • Lv9 永久のキズナ (Daisy×Daisy PACK)
    • Elisha [HARD]の上位互換。LOが思ったより長く、これを抑えながら厄介なTOP絡みを捌く場所もある。中盤のLO+通常のラッシュもコンボを切りやすく、LOが苦手だとまるで稼げる場所がない。
      また全体的に遅ズレしているのでLOが得意でもスコア狙いの時は要注意。
  • Lv9 Cold Edge (9mm Parabellum Bullet PACK)
  • Lv9 Living Dying Message (9mm Parabellum Bullet PACK)
    • どちらもレベルの割にLOが非常に多く、全体を通して執拗に降ってくるうる。前者は106本のLO、後者はLOを押えながらBPM190の8分を捌く地帯で大きく崩れやすい。どちらも16分は皆無なのでLOの得手不得手がかなり出てくる。
  • Lv9 Do It (Original Mix) (yuma PACK)
  • Lv9 Aloe Dreams (plazma PACK)
    • 前者は終盤以外、後者は中盤以降にTOPのLOと通常の複合が降ってくる。非常に認識難かつ一度崩れると立て直しが難しいため出来ないと相当苦労を強いられる。
    • LOが苦手だったり正確に認識できないと回復が間に合わない恐れも。
  • Lv9 Annular Solar Eclipse (We're so Happy / Ryu☆ PACK)
    • Ryu☆曲では珍しいLO主体。加えて16分の2連が多いのでLOが苦手だと苦戦しやすいが、密度が低く曲も遅いのでLOが苦でなければ逆詐称気味。
  • Lv9 レプリカ (坂本真綾 PACK)
    • 中盤〜ラストにかけての時間差LOが厄介。手順が分かりにくく複雑なので苦手だとここだけで大きくARを失いかねない。他は同時押しメインだが、オブジェ数が少ないため個人差が出やすい。
  • Lv10 のろいのめか゛ね 〜 stray girl in her lenses (EXIT TUNES PACK vol.9)
    • ラスト以外は常にLOが絡んでくる。LOは2本同時やラインとTOPを移動するもの等、半ば無理矢理な配置がありオブジェ数も672あるため苦手だとかなり辛い。反面LO以外は8分ばかりで16分は殆どないうえ、10らしい箇所もないため苦手でなければ下位クラス。
  • Lv10 イーディーエム・ジャンパーズ (かめりあ PACK)
    • LO・SO寄りの総合譜面で、全体的にLOを挟んで16分を捌く配置が多い。大きく個人差が出る要素としてはLOラッシュ、VLO+両端2本のSO、LO拘束中の16分トリルで、これらが集中して飛んでくる場所が強烈なコンボカッターになっている。そこ以外はチェインで繋がれていない16分が多いためLOが苦手だと11に片足突っ込むレベル。得意でも配置によっては苦戦を強いられる。
  • トリル・チェイン主体の曲
    • Lv9 ドラキュラII 呪いの封印 メドレー (コナミ伝説 MUSIC PACK)
    • Lv9 グラディウスII GOFERの野望 メドレー (コナミ伝説 MUSIC PACK)
    • Lv9 がんばれゴエモン2 奇天烈将軍マッギネス メドレー (コナミ伝説 MUSIC PACK)
      • 共通点はトリル+α。どれもトリルに付随するLOやソフランでトリルの精度が崩れやすいので苦手な人は勿論、得意であっても油断するとFAILDしかねないので要注意。
  • Lv9 再殺部隊 (筋肉少女帯 PACK)
    • 16分トリルがメインだが、判定が強烈にズレているためトリルが苦手だと大変危険。そうでなくとも長短様々なtトリルやラストの通常とTOPの交互トリル等、癖の強い配置が多いので非常に個人差が出る。
  • Lv9 Trace of Wind (yuma PACK)
    • 長短様々な16分トリルで構成されている。特にTOP始点のトリルと4連トリルの嵐で強い個人差が出る。苦手だとクリアすら手強くなる。
  • Lv9 BASE CONTROL (the day) (yuma PACK)
    • 他のトリル特化譜面とは一線を画す難易度。序盤の16分トリルからリズムを外しやすく、中盤から3TOPも絡み出すうえパターンを追うごとにどんどん複雑になっていく。最終的にトリルの最後に同時押しまで絡んでくるためトリルが苦手だと完全に詐称。そうでなくともTOP絡みのトリルは個人差が非常に出やすく、配置によってはGOOD以下を量産しかねない。
  • Lv9 From Noon Till Dawn (feat.Tabu Zombie & Kunikazu Tanaka) (STRAIGHTENER PACK)
  • Lv9 原始交信 (石鹸屋 PACK)
  • Lv9 今日もハレバレ (EXIT TUNES PACK vol.6)
    • いずれも歌詞合わせの16分トリルがメイン。
    • From Noon Till Dawn (feat.Tabu Zombie & Kunikazu Tanaka) は曲が短くオブジェ数が少ないのでトリルが出来ないとダメージが大きい。
    • 原始交信 は上下トリルやトリルの尾にLOが付いているパターンが多発。
    • 今日もハレバレ は2連や8分中に一箇所だけ16分になるチェインが出てくる。
  • Lv9 月風魔伝 メドレー (コナミ伝説 MUSIC PACK 2)
    • 超トリル特化譜面。ほぼメロディー合わせのトリルで構成され、長短様々な16分トリルがBPM128〜150でひっきりなしに襲ってくる。トリルの耐性次第で非常に個人差が出る。
  • Lv9 Plan B (We're so Happy / Ryu☆ PACK)
    • 終始16分トリル。だが曲がリズム難気味でトリルが苦手だと拷問譜面になる。得意でもAR上げにてこずる場合も。
  • Lv9 広い大自然の中で (新井大樹 PACK)
    • 16分トリルと2連が大半を占める譜面。しかしトリルの最後にLOがくっついてるパターンが多いのでLOを離さないよう注意。トリルと2連のコンビネーションもよく出てくるのでチェインの耐性次第で体感難易度が変わってくる。
  • Lv9 はなまるぴっぴはよいこだけ (A応P PACK)
    • Lv9では珍しく8分トリルが主体。数が多いので8分トリルが苦手だとレベル相応だが、曲のリズムに忠実でLOが少なく、3TOPや密度も昨今のLv8相当なのでトリルができれば逆詐称になる。
  • Lv10 Paradiso (→Pia-no-jaC←『暁』 PACK)
    • 16分の2連とハネたトリルがメインで、これを→Pia-no-jaC←曲特有の安定しないBPMの中で裁かなければならないためチェインが苦手だと大きくARを落としかねないので要注意。
  • Lv10 回レ!雪月花 chiptune Remix (機巧少女は傷つかない/歌組雪月花 PACK)
    • 原曲HARDSPECIALの中間に位置する譜面。原曲ばりに16分トリルが多く、サビ前にタイミングの分かりづらい通常とTOPの交互、最終的に4本+通常オブになる時間差LONGがある。またサビの回れ回れ地帯でTOPの3本チェインの階段があるので苦手だと稼ぎどころが一切ない。
    • しかしチェイン以外に難所はなく、BPMも原曲より低いので苦手でなければ10下位〜逆詐称クラス。
  • Lv10 ダイナマイト (→Pia-no-jaC← PACK)
    • アルストロメリア [HARD]の亜種。比較するとTOP階段は少ないがトリルが多い。加えて2個同時押し縦連、3個同時押し縦連、LO拘束、細かいトリルの連続、長いトリル、ラインとTOPの交互トリル等、揺れるBPMの中で捌かなくてはならない。
    • ラストに3回くる3TOPの階段はアルストロメリアより複雑且つ前後が16分で繋がっており、また両サイドで微妙に配置が違うので最後まで気が抜けない。
  • Lv10 熊蜂の飛行 (→Pia-no-jaC←『EAT A CLASSIC』 PACK)
    • 局所難。中盤に16分の上下移動が乱打で襲ってくる。ここだけはLv11あるのでスコア狙いの時は要注意。
    • クリアを狙う場合、8分のトリルと16分のトリルをどれだけ拾えるかがカギ。
  • Lv10 六兆年と一夜物語 (EXIT TUNES PACK)
  • Lv10 ラクガキスト (EXIT TUNES PACK Vol.4)
  • Lv10 Dark Fall (BLUE DRAGON / 青龍 PACK)
  • Lv10 うさぎDASH (→Pia-no-jaC← PACK PACK)
    • いずれもBPM180以上の高速トリルが主体。高速トリルの耐性で相当な個人差が出てくるため、苦手な人はクリアすら危うく、トリルが得意な人も適正者だとバテる恐れがあるので注意。
  • Lv10 セツナトリップ (EXIT TUNES PACK)
  • Lv10 裏表ラバーズ (ニコニコ・ミュージック PACK 02)
  • Lv10 METROPOLIS (→Pia-no-jaC← 「Re:EARTH」 PACK)
  • Lv10 ねこバス 〜となりのトトロ〜 (ハイテンションジブリ PACK 2)
  • Lv10 超過決戦 (新井大樹 PACK 2)
    • いずれも超トリル特化譜面。
    • セツナトリップ はACとは音源・譜面全くの別物。個人差大爆発譜面で、長短様々なトリルやTOPとの交互トリルで構成されており、ラストには2連の嵐でトドメを刺す。トリルが苦手だと少ないオブジェ数も相まってLv10最上位に君臨する一方、得意な人にとっては旧AC譜面(Lv9)より簡単に感じる人も。
    • ねこバス 〜となりのトトロ〜 はオブジェ数が678あり、2連と長いトリルが多いがどれも単純でBPMも中速。トリルが苦手だと10妥当で苦戦しやすいが、得意だと相当な逆詐称になる。
  • リズム・混フレ主体の曲
    • Lv7 CHRONOS RING (Gift)
    • Lv7 Infinity of Our Love (Sana PACK)
      • どちらもこのレベルでは珍しいリズム難譜面。加えてオブジェの落下速度が遅くJUSTが出にくいうえ、オブジェ数も280未満なのでオブジェ1つの失点が大きい点にも注意。
  • Lv8 Jam On The Brakes (Gentle Guitar V PACK)
    • リズム難に加えて、判定が強烈にズレているため非常にJUSTが取りにくい。そのうえオブジェ数も少ないのでオブジェ1つの失点が非常に大きい。
    • このためARは勿論、リズム難が苦手だと場合によってはクリアすら険しくなる。
  • Lv8 Dance My Generation (ゴールデンボンバー PACK 2)
  • Lv9 毒グモ女(萌え燃え編) (ゴールデンボンバー PACK 2)
    • どちらもボーカル合わせで終始タイミング難。なおかつ16分や同時押しが多く密度もそれなりなので、リズムに慣れない間はレベル上位曲並みに苦戦しやすい。
  • Lv8 Linda (家入レオ PACK)
  • Lv9 モノノケダンス (電気グルーヴ PACK)
  • Lv8 からくりピエロ (EXIT TUNES PACK vol.8 PACK)
  • Lv9 Bad ∞ End ∞ Night (EXIT TUNES PACK vol.2 PACK)
  • Lv9 嗚呼、素晴らしきニャン生 (ニコニコ・ミュージック PACK)
  • Lv9 ミラクルペイント (ニコニコ・ミュージック PACK 02)
  • Lv9 1925 (ニコニコ・ミュージック PACK 03)
  • Lv9 ナイショの話 (ClariS PACK)
  • Lv9 夢見サンライズ (機巧少女は傷つかない / 歌組雪月花 PACK)
  • Lv9 Your Voice (Rhodanthe* PACK)
    • 共通点は全てハネリズムで、6分・12分の慣れ具合で成績が左右されやすい。
    • 中でもミラクルペイントYour Voiceはズレも凄まじいので目押し推奨。
  • Lv9 Fantasista (→Pia-no-jaC←『暁』 PACK)
    • →Pia-no-jaC←曲の中でも特にリズムが取りにくいうえオブジェが遅い低速曲。特に裏拍が多くグレやすく、中盤の同時押し連続〜24分トリル付近はJUSTがかなり取りづらいため、リズム難への対応力で差が付きやすい。
  • Lv9 世界五分前仮説 (有形ランペイジ PACK)
    • sasakure.UK曲特有の難解なリズムに加えて、判定が強烈にズレているため非常にJUSTが取り辛い。また譜面自体もトリルや縦連、LOが入り交じったレベル相応の内容なのでリズム難が苦手だとその辺のLv10より厳しい。得意であっても油断すると大きく失点しかねないので要注意。
  • Lv9 XEXEX (コナミ伝説 MUSIC PACK 2)
    • 全体的に曲がリズム難の傾向にあり、曲中で劇的にBPMが変わるため低速・高速双方の耐性が必要になってくる。譜面自体はLv9として際だった難所は(同時押し縦連以外は)特にないが、前半の低速・後半の高速どちらもタイミング難だらけなので人によってはSUPER魂斗羅 メドレーよりスコアが低い可能性も。
  • Lv9 CIGARETTE (plazma PACK)
    • バックの音を多く拾っているテクニカル譜面。のっけからリズムがとりづらく、そこに3TOPやLOの複合がどんどん増てえ尻上がりに難しくなってくる。リズムを理解しないと終始ガタガタになる可能性も。上下移動が激しく、さらにオブジェクト数の少なさも相まってリズム難が苦手だとクリア・AR共にLv9最上位。
    • なお画面の小さいiPhone/iPodだと非常に捌きにくい配置なのでLv9最強候補。
  • Lv9 PARADISE BLUE (SH Mix) (Seventh Heaven / Ryu☆ PACK)
    • 最初から最後までリズム難。曲を知らないと終始ボロボロになる可能性があるが、リズムに忠実なのでやり込み次第ではARの伸びしろは大きい。
    • しかし苦手だと稼げる場所が一切なくLv10クラスの地雷になる。
  • Lv9 女女女しガール (松下 PACK)
    • イントロとアウトロにギター合わせの16分乱打が何度も出てくる。このレベルでは殆ど見ない配置で非常にリズムを外しやすく、1箇所だけだがLOを抑えながら捌く配置まで出てくる。他にも歌詞合わせの16分や付点8分、処理しにくい2本VLOやVO同時押しなど終始リズムが取りにくい。
    • 麻雀格闘倶楽部NEXTタイトルデモ 〜東一局〜リーチ [HARD] の下位互換とも取れる譜面で、難解なリズムに上手く対応できないと完全に詐称。リズムを把握できても適正者だと何が起こったか分からないまま終わってしまう可能性が高い。
  • Lv10 STRONG (EMI ROCKS SENDAI PACK vol.1)
    • ACで猛威を振るった凄まじいリズム難はplusでも健在。とにかくKREVAのラップのリズムが取りづらいうえ、乱打とトリルが混在しているため視認性も悪くかなりの精度難。
    • 他にも序・終盤のTOP絡みが複雑で、少ないオブジェ数にもかかわらず10妥当クラスの密度があり癖の強い要素が多く。プレーが浅いうちやリズム難が苦手だとインフレが進んだ現在でも地雷で、人によってはLv11下〜中位に匹敵する。
    • ただし譜面自体はそこまで複雑ではないため、上手くリズムに乗れればクリアやFC・高ランクも狙える。曲を聴き込み回数を積んでリズムを把握できたか否かで強い個人差が出る。
  • Lv10 Shibuya Jungle (Let's Do It Now!! / kors k PACK)
    • 曲のリズムが非常に独特でそれに合わせた16分、LO、同時押しの精度が取りづらく、後半からは24分トリルまで顔を出す。曲の聞き込み度合いで成績が左右されやすいが、打ち合い譜面で密度は低く10相当の難所も24分以外ないため苦手でなければそこまで難しくない。
  • Lv10 アイネクライネ (→Pia-no-jaC←『EAT A CLASSIC』 PACK)
    • 譜面自体にLv10らしい切りどころは一切なく10挑戦者でもFCは容易。
    • しかし一曲を通して常に低速で、全編に渡ってBPMが揺れているため壮絶なリズム難。Time againの上位互換で12分のハネトリルや24分のVO階段、見切り辛いハネ乱打地帯、タイミング難のTOPや同時押し等、とにかくGREAT・GOODが非常に出やすい。
    • 場合によってはAR60〜70%台でFCなんてことすらあり得る。
  • Lv10 破天荒DOLL (BTR Variety PACK)
    • 全体に渡ってリズム難の中で勇敢な髑髏のような譜面を捌かなければならないのでリズムに慣れない内は10中位相当。しかし勇敢な髑髏同様密度は低いので上手くリズムに乗れれば逆詐称クラス。
  • Lv10 朝色の紙飛行機 (Entrance Dream Music PACK)
    • イントロ終わりに8分のVO・TOP交互16連続→16分のVO・TOP交互8連続→16分のVO2個同時・左右TOP同時交互(俗に言うデニム)8連続で構成された度肝を抜かれる配置がある。他にもチェインで繋がれていない歌詞合わせの16分、ラストの24分VO階段が難所。
    • 上記以外の箇所は配置が難しくない代わりにかなりのリズム難で、MISSは出にくいがJUSTも出にくい。さらにオブジェ数が469個しかないのでクリア・AR共にかなり個人差が出る。
  • Lv10 M.A.Y.U. (Entrance Dream Music PACK)
    • 全体的にかなりのリズム難で、特にTOPの入るタイミングが独特。また道中にあるVLOを抑えながら16分乱打を捌く地帯が強烈で、低速曲ということも相まって苦手だと完全に詐称。
    • クリアを狙う場合は曲を理解したうえで、無理せずLO乱打中のLOを捨て乱打だけを処理するのも手。ただし場合によっては却って精度が悪化する可能性もあるので慎重に。
  • Lv10 Bass Weapon: LAZERFLAME (かめりあ PACK)
    • 曲がややリズム難の傾向で、序・終盤のTOP絡み、16分トリル、鋭角の2本SO、短いLOラッシュ、12分乱打からのSO、などこれらのリズムを外しやすい。リズム難に弱いと人によっては同PACKのMEGANTO METEOR [HARD]より難しく感じるかもしれない。
  • その他
    • Lv8 女々しくて (ゴールデンボンバー PACK)
      • Lv8の割に3TOP移動アリの16分5連打が多めに出るため、苦手な人には厳しいが、基本的に歌詞合わせの為リズムが取り易く、得意であればフルコンも比較的容易と耐性次第で大きく個人差が出る。
  • Lv8 妄想マニアPart1 (すわひでお PACK)
    • 低速地帯や道中のLOラッシュやタイミング難の同時押し、16分トリル等非常に癖の強い譜面。特に序盤の低速地帯は非常に認識難且つJUSTが取りにくいのでここをこぼすとARが悲惨なことになる。
  • Lv8 Endless Chain〜2人でトリガーをひこう〜 (私立BEMANI学園 PACK Vol.2)
  • Lv8 Endless Chain 〜2人でトリガーをひこう〜 The second term (私立BEMANIPACK学園 PACK vol.3)
    • 初見殺し。どちらも開幕の低速で精度が取り辛く、LOと同時押し連打の適応力が問われる。
    • 特に後者は前者より低速地帯が長く複雑で、連打も多いため苦手だとその辺のLv9より苦戦しやすい。
  • Lv8 AUTOMAGIC (plazma PACK)
    • 一曲を通して同じリズム(タン タン タタン タタン タン タン)を繰り返す。が、中盤に長い4分のチェインとバックの音に合わせたLOを用いた疑似混フレが数回来る。このレベルでは他に類を見ない配置なので、技術力の差でARが大きく変わる。
  • Lv8 愛こそ力 -Power for Love-(THE ALFEE PACK)
  • Lv8 REMIND (EMI ROCKS SENDAI PACK vol.1)
  • Lv9 切ないほど (ゴールデンボンバー PACK 2)
  • Lv9 TRAIN (STRAIGHTENER PACK)
  • Lv9 IMITATION BLACK (EXIT TUNES PACK vol.8)
    • これら4曲はリズム自体に難はないものの、判定が激しくズレている。曲のリズム通りに押しても全く光らないのでズレに対応できないとARに大きな影響が出る。
    • この内IMITATION BLACK は譜面も複雑なので人によっては詐称と感じる場合かもしれない。
  • Lv9 傷名 (EMI ROCKS SENDAI PACK vol.3)
    • 序盤は9妥当だが、サビ手前から3TOPも絡むBPM236の8分トリルで始まり、サビから2分の3TOP+ライン2連の複合、トリルと縦連のコンビネーション、3連の嵐、複雑なTOP絡み等、Lv10下位相当の配置が続く。
    • 特に3TOPとライン2連の複合はリズムに引っかけがあり、全体的に判定のズレも凄まじいのでどれか一つでも苦手要素があれば完全に詐称。
  • Lv9 放課後ストライド (EXIT TUNES PACK vol.6)
    • 高難度技術力譜面。8分乱打主体の旧AC譜面と違い、2連・4連の縦連や手順の分かり辛い時間差LO&拘束、処理が難しい通常と3TOPの同時押し等随所にコンボカッターが点在。加えて掛け合い譜面故ACよりオブジェ数が減ったため、ACと同じ間隔でやると痛い目に合う。
    • 求められる技術が高いため個人差も出やすく、一つでも苦手な要素があると苦戦は免れない。人によっては詐称と感じる場合も。
  • Lv9 On My Wings (Let's Do It Now!! / kors k PACK)
    • 旧ACとは別物。比較するとVOとLOの複合やVOの交互乱打は消えたものの、ややリズムの取りにくい16分や短いLOラッシュ、長いトリルが追加されている。向こうで難しかった場所が簡略され、簡単だった場所が難化したためどちらが難しいかは人によるが、plus版も個人差の強い要素が多い。
  • Lv9 SUPER魂斗羅 メドレー (コナミ伝説 MUSIC PACK 2)
    • 他のコナミ伝説曲の難しい所をかき集めた総合譜面。メドレー曲特有のBPM変化で終始JUSTが取り辛く、16分の(始点が威なり終点が同じの)時間差LO、タイミング難の同時押し、見切り辛い3TOP絡み、LO拘束中の押しにくい8分トリル+TOPの複合、LOの上下移動、長い16分縦連、など癖の強い要素が全体に渡って高水準で凝縮されている。
    • 稼ぎ所に乏しいため各要素の地力によってLv9上位〜10中位と評価が分かれる。
  • Lv9 愛しき為の闘い (新井大樹 PACK)
    • 3TOP、LO、VO、SOが一切登場しない変わった譜面。総オブジェ数657というLv9トップクラスの物量に加え、全体的に16分トリルと縦連の複合が多い。物量に追いていけないと表記レベル以上に苦戦を強いられ、16分も配置によってはかなり取りづらくなる。
    • しかし3TOPが一切なく終始下の判定ラインに集中できるため、物量が苦でなければクリア難易度はLv9最下位〜逆詐称クラスに感じるかもしれない。
  • Lv10 腐れ外道とチョコレゐト (EXIT TUNES PACK vol.2)
    • BPM260。L'erisia(Primal Logic) 並みの弾速で歌詞合わせで8分トリルや合間の同時押し・チェイン、複雑な3TOPを捌かなければならないため、高速曲が苦手だと11手前に感じるかもしれない。
    • 反面トリルは8分ばかりなので速さに慣れていればそこまで焦ることはないだろう。ただし中盤のTOPオブジェ地帯は、TOPに慣れてないとグレやすいので注意。
  • Lv10 ロストワンの号哭 (EXIT TUNES PACK vol.4)
    • 旧ACとは別譜面。物量が多いだけで配置は簡単な旧AC譜面と異なり、手順が分かりづらい難解な3TOP絡みや、処理しにくいLOが追加され大幅に難化している。ACと同じ感覚でプレーすると悲惨なことになるので向こうになれたプレイヤーは要注意。
  • Lv10 Kamuy Game Edit (Yatsuzaki Hardcore PACK)
    • 16分トリルとそれに付随する16分のVOがメインで、クリアはこの2つをある程度拾えないと厳しい。特にVOは交互で取れない配置が多いためここでGOODやMISSを連発する場合は運指を組み直す必要がある。

Lv11

  • 詐逆詐
    • Lv11 Water Horizon(BD MIX) (BLUE DRAGON / 青龍 PACK)
      • 版権曲としては初のLv11だがLO絡みはあまりなく既存の青龍曲の譜面傾向に少し物量を乗せたような譜面。ちょくちょく来る同時押しラッシュ以外にLv11らしい苛烈さはなく、Lv10上位〜11最下位レベル。
  • Lv11 MEGANTO METEOR (かめりあ PACK)
    • 素早い切り返しSOやJUSTの取りづらい3個押しラッシュ、裏拍の16分トリルラッシュと11らしい配置こそあるものの、全体的に精度の取りやすい8分乱打やLOがメインで回復地帯に恵まれている。
    • 裏拍トリル地帯もBad Maniacs [HARD]のような短いトリルなので餡蜜や誤魔化しが効きやすく、BPMも10低いため人によってはこちらの方がやり易いかもしれない。総合的にはBad Maniacs [HARD]と同程度でLv10上位相当。
  • リズム・混フレ主体の曲
    • Lv11 Glitch Nerds (かめりあ PACK)
      • 全体的にチェインで繋がれていない16分がメインなのでリズムに慣れない内は苦戦しやすい。
      • しかし道中に2回ある交互混じりの16分VO階段以外に極端な殺し要素はなく、BPM140と中速なので上手く16分に対応できれば高ARも狙える。
  • その他個人差の大きい曲
    • Lv11 Elemental Creation -GITADO ROCK ver.- (私立BEMANI学園 GITADOROCK Ver. PACK)
      • 本家と比較するとLO拘束が少なくなった代わりに、中盤のサビ抜けた後もオブジェは続き、後半のトリルの始点がTOPの同時押しになっている。とは言え本家最大の脅威である上下トリルや長いトリル中のLO拘束がなくなったため本家より易しく感じる人が多いか。
      • その反面長い縦連や16分乱打はこちらにも健在で、所々向こうにはなかった長いLOや2-1トリルが追加されている。原曲に慣れていない人にとってはLv11だと相当難しく感じるかもしれない。
      • 2016年11月23日のアップデートで難易度表記が10+→12段階に変更されたが、現在Lv12に対応しているのは「ほおずき程度には赤い頭髪 」のみで他は全てLv11表記のままである。
      • 以上のことから11中の上〜12妥当クラスと意見がかなり分かれ、人によっては難易度表記がアテにならないのが現状である。

Last-modified: 2017-02-13 (月) 15:09:45
Site admin: iMp95
mail : imp@callusnext.com (←@を半角に)