#include(BeatStream/Contents,notitle)
#contents

*収録曲雑記 [#z0c259e4]
//他社の機種での収録について記載する場合、(セガ)(BNGI)などの社名は最初の1回のみ表記で、以降は省略してください。
-2015/01/29 テレビ東京系列アニメ応援番組「あにむす!」で出演者が実際の筺体をプレーするコーナーがあり、コナオリ曲「ビビットストリーム」、「ちくわパフェだよ☆CKP」、「Colorful Days
〜NEWラブプラス メインテーマ〜」、「めうめうぺったんたん!!」の4曲が使用された。コナオリ曲の演奏は度々明記を伏せてBGMとして使われることがあったが、名前付きで番組のコーナーの一環として放映されるのは珍しいケースである。([[公式ツイッターより>https://twitter.com/BST_BEMANI/status/560730116515311616]])
--またコーナーの最後には出演者が所属しているユニット「A応P」の楽曲「青春セッション PARADISE」が2015/01/30 に収録されることが発表された。
//↑DanceEvolution ARCADEの雑記と同じ形でここに記載しましたが、本曲の雑記に記載個所を合わせた方がよろしいようでしたら変更をお願い致します。
〜NEWラブプラス メインテーマ〜」、「めうめうぺったんたん!!」の4曲が使用された。コナオリ曲の演奏は度々明記を伏せてBGMとして使われることがあったが、名前付きで番組のコーナーの一環として放映されるのは珍しいケースである。([[公式ツイッターより>http://twitter.com/BST_BEMANI/status/560730116515311616]])
--またコーナーの最後には出演者が所属しているユニット「A応P」の楽曲「青春セッション PARADISE」が2015/01/30に収録されることが発表された。

**アニメーション [#n558c616]
稼働時点(2014/07/17)収録

-''SAVIOR OF SONG''
--アニメ「[[蒼き鋼のアルペジオ -アルス・ノヴァ->http://aokihagane.com/index.php]]」OP。
---プレー中はPVではなくアニメのオープニング映像が流れる。
--GITADORA、jubeat saucer/plus、REFLEC plus、ポップンリズミンにも収録。
---この曲が収録されたシングルCDはカップリング曲の違う3つのバージョンがあり、それぞれジャケットも異なる。~
jubeat・BeatStreamでは “蒼き鋼のアルペジオVer.” の、GITADORAでは “MY FIRST STORY Ver.” のジャケットが採用されている。
--曲名、アーティスト名の表記はいずれもGITADORAと同じもの。ただし、そちらは後にjubeat saucerと同じ表記に修正されている。(修正時期は不明)
---なお、GITADORA、jubeatでは「feat.MY FIRST STORY」の表記が曲名の部分にあり、アーティスト名は「ナノ」のみである。

2014/09/11追加~
今回の追加曲の出典元アニメ3作品はいずれもメディアファクトリー製作で原作ライトノベルはMF文庫Jから刊行されている。~
''2015/09/03 5:00をもって7曲とも一斉削除。''
''2015/09/03 5:00をもって7曲とも一斉削除。''ただし、内4曲は後に次期バージョン「[[アニムトライヴ>BeatStream アニムトライヴ]]」で復活収録となることが発表された(ただし、約1年後に再度削除。契約自体が1年間だったという説が有力)。

-''Anicca''
--TVアニメ「[[機巧少女(マシンドール)は傷つかない>http://www.machine-doll.com/]]」OP。
--jubeat plus、REFLEC BEAT plusにも収録。
--ボーカルの原田ひとみはこのアニメにおいて歌組雪月花のメンバーの1人でもある夜々を演じている。
--作曲は[[GARNiDELiA>http://www.garnidelia.com/]]のキーボード担当である[[とく>https://twitter.com/toku_grnd/]]。作詞はLINDEN。
//---ちなみにGARNiDELiAのボーカル[[MARiA>https://twitter.com/MARiA_GRND/]]は、pop'n 18 せんごく列伝収録の「Foundation of You (DJ Command mix) (ジャンル名:トランスユーロREMIX)」に「水橋舞」名義でボーカルとして参加している。

-''オラシオン''
--TVアニメ「[[ノーゲーム・ノーライフ>http://ngnl.jp/]]」ED。
--この曲を作詞・作曲した[[ナスカ>http://nazca-sound.com/]]は過去にコナミに所属していたことがあり、その当時は家庭用ポップンへの楽曲提供も行っていた。
--この曲を作詞・作曲した[[ナスカ>http://nazca-sound.com/]]は過去にコナミレーベルに所属していたことがあり、その当時は家庭用ポップンへの楽曲提供も行っていた。
---提供された楽曲はCSポップン10収録「[[セカンドステージ(ネオフォークロック、アニメ『Get Ride! アムドライバー』ED)>http://www.konami.jp/bemani/popn/gs/10/mu_neo.html]]」、CSポップン11収録「[[ヒカリ(ネオフォークロック2)>http://www.konami.jp/bemani/popn/gs/11/music_chara/m11/m_index.html]]」の2曲。いずれもACには移植されていない。
--&color(orange){[MEDIUM]};MEDIUM最低難易度であるLv4譜面。
--&color(orange){[MEDIUM]};後述のThis gameと共に、MEDIUM最低難易度であるLv4譜面。~
そのため、最高クリアレベルが4の場合2015年9月の削除によって「[[怪盗Tの挑戦状!?>BeatStream/隠し要素#kaitout]]」の課題にMEDIUM譜面が出現しなくなった模様。
---アニムトライヴでの復活収録曲であることも共通項である。

-''共鳴のTrue Force''
--TVアニメ「[[精霊使いの剣舞(ブレイドダンス)>http://www.bladedance.tv/]]」OP。
--アニムトライヴでの復活収録曲の1つ。

-''祝祭のエレメンタリア''
--TVアニメ「精霊使いの剣舞」イメージソング。
---プレー中はアニメの[[PV第1弾>https://www.youtube.com/watch?v=nHKjKb3zWsA/]]が流れる。~
//しかしPVにはあったキャラクターボイスは流れない。また、ゲームではスタッフクレジット表示中でも曲が流れている。
--にーそっくすすは作中キャラの担当声優によるユニット。メンバーは木戸衣吹、大西沙織、石上静香、優木かな、加隈亜衣の5人。
--フルVerでは最後にBPMが20近く上昇する部分が存在するが、ゲーム版ではその部分はカットされている。

-''This game''
--TVアニメ「ノーゲーム・ノーライフ」OP。
---[[YouTubeにて公式PVが公開されている。>https://www.youtube.com/watch?v=ZXbthlFWEtg/]]
--[[鈴木このみ>http://konomi-suzuki.net/]]はメディアファクトリー所属の歌手。第5回全日本アニソングランプリ決勝大会でグランプリを受賞し、「CHOIR JAIL」でメジャーデビューした。
--後にjubeat propにも収録。2015年9月の削除により、現状プレーできるのはjubeat propのみとなる。
--後にjubeat propにも収録。2015年9月の削除により、現状プレーできるのはjubeat propのみとなった。~
その後アニムトライヴで復活することが発表されている。
---BSでの再削除から1か月後の2017年1月末についにjubeat Qubellでも削除され、プレー可能機種がなくなったばかりか[[期間限定QUBEの終了後5か月たっても音沙汰がなかったNEW GAME! QUBEの再開催が不可能になり、同QUBE解禁曲の救済が行われる可能性が皆無になるレベルの事態になった>jubeat Qubell/QUBE/NEW GAME!]]。((「[[干物妹!うまるちゃん>jubeat Qubell/QUBE/干物妹!うまるちゃん]]」も影響は受けたが、(楽曲が無条件解禁に移行済にも関わらず)削除直前に再開催されたうえ、UNLOCK CHALLENGEで起用されていた理由を考慮した代替の確保難度もうまるちゃんの方が天地レベルで低い。その上、NEW GAME!の再開催終了直後から3度目が開催されている(ここでは当該箇所に差し替えあり)。))

-''精霊剣舞祭〈ブレイドダンス〉''
--TVアニメ「精霊使いの剣舞」ED。

-''回レ! 雪月花''
--TVアニメ「機巧少女は傷つかない」ED。
--歌組雪月花は作中キャラの担当声優によるユニット。メンバーは原田ひとみ、茅野愛衣、小倉唯の3人。
---作中ではそれぞれ「夜々(やや)」(ジャケット右)、「いろり」(ジャケット下)、「小紫(こむらさき)」(ジャケット左上)を演じている。
--pop'n、DDR、GITADORA、jubeat/plus、REFLEC/plus、Dance Evolutionにも収録。
---今回BeatStreamに収録されたことでAC版BEMANI収録は8機種目となり、版権曲としては「セツナトリップ」に次いで、「女々しくて」と同じく第2位タイとなった((ただし、モバイルアプリでは「回レ!雪月花」と「セツナトリップ」はjubeat plusとREFLEC plusに、「女々しくて」はそれに加えてポップンリズミンにも収録されている。))((「セツナトリップ」「女々しくて」は他メーカーの音楽ゲームに収録されているのに対し、「回レ!雪月花」は他メーカーの音楽ゲームには収録されていない。))。
---しかし2015年9月の削除により再び順位が下がることになった。
---2015年9月の削除により再び順位が下がることになったが、アニムトライヴで復活し順位を戻す(そして1年後再び順位を落とす)ことになる。
--ムービーはDDRではカメラワークで回避された部分(43秒付近)についてはGITADORAと同様そのまま流される。一方、GITADORAで拡大処理をされて回避された1分2秒付近の場所については、元の映像を流した上でタカハシサンが突如画面上部から現れて半裸になっている箇所を覆い隠し、その後下に落ちて帰っていくというものになっている。
--ロケテスト時には収録されていたが、稼動開始時には収録されておらず、今回でようやく収録となった。
--JAEPO版では「回レ!」地帯で出現する1本のストリームを拾うと背景が回る仕様だったが、製品版ではそのギミックは用意されていない。(そもそもストリームノーツが別のノーツになっていたり、2本に増えていたりするので、譜面が変更されている可能性が高い)
--&color(#ff1683){[BEAST]};JAEPO出展時はLv9であったが、製品版でLv10に変更された(JAEPO版ではBEAST譜面が遊べない仕様だったため、その時点では譜面は公開されていない)。

2014/12/11追加
--どちらもムービーはPVやアニメのオープニング映像ではなく、BisCo達が登場する新規のオリジナル汎用。([[公式ツイッターより>http://twitter.com/BST_BEMANI/status/542251563474235392]])
---恐らくだが、以前にBEMANI機種に収録された版権曲のため、契約が楽曲のみでムービーの方の契約が成されていなかったことが汎用ムービーとなった理由と思われる。
//↑ムービーが同じだったため 汎用 と表記させていただきました。
--内容は、BisCo達がテレビを点け、「びーすと地球ほんぶ」で座りながらテレビを見てくつろいでいるというもの(画面手前のテレビで汎用対象曲のアニメを見ているという設定?)。たまにノイズと共に別シーンカットが挟まれるものの、ほぼ場面は部屋の中で固定されており派手な動きは少ない。

-''sister's noise''
--TVアニメ「[[とある科学の超電磁砲S>http://www.project-railgun.net/]]」OP1。
--pop'n music Sunny Park、jubeat saucer、REFLEC BEAT colette -Summer- にも収録。他社のゲームではGROOVE COASTER ARCADE(タイトー)にカバーで収録。
--&color(black){''[NIGHTMARE]''};総ノーツ数は408と&color(#ff1683){[BEAST]};の421ノーツを下回る。
--&color(#fff,#111){''[NIGHTMARE]''};総ノーツ数は408と&color(#ff1683){[BEAST]};の421ノーツを下回る。

-''Daydream café''
--TVアニメ「[[ご注文はうさぎですか?>http://www.gochiusa.com/]]」OP。
--ジャケットは通常版のものを使用。
--jubeat saucer fulfill にも収録。他社のゲームでは太鼓の達人 ムラサキVer.(BNEI)にカバーで収録。

2014/12/18追加~
日本ファルコム「[[英雄伝説 閃の軌跡II>http://www.falcom.co.jp/sen2/]]」コラボレーション楽曲~
''2015/11/24 29:00(=11/25 05:00)をもって2曲とも削除。''配信期間は1年間([[閃の軌跡II 公式サイト>http://www.falcom.co.jp/sen2/special/collabo.html]]より)とあらかじめ発表されていたが、1か月程早い削除となる。

-''I'll remember you''
--ゲーム「英雄伝説 閃の軌跡II」ED曲。
--歌は佐坂めぐみが担当。

-''閃光の行方''
--ゲーム「英雄伝説 閃の軌跡II」主題歌。
--歌は小寺可南子が担当。

2015/01/30追加
-''青春セッション PARADISE''
--テレビ東京系列アニメ応援番組「[[あにむす!>http://www.tv-tokyo.co.jp/anime/animusu/index2.html]]」OP。
---ユニット名の「[[A応P>http://aopanimelove.com/]]」は、アニメ''勝手に''応援プロジェクトの略。
//↑アーティスト名にもリンク付けしました。何か問題などありそうならば修正をお願いいたします。

2015/02/26追加
-''Synchrogazer''
--TVアニメ「[[戦姫絶唱シンフォギア(第1期)>http://symphogear.com/]]」OP。
---REFLEC BEAT groovin'!!には、第2期「[[戦姫絶唱シンフォギアG>http://www.symphogear-g.com/]]」OPである「Vitalization」が収録されている。
--プレー中はそのアニメのオープニング映像が流れる。収録サイズもオープニング映像準拠のため、アウトロ部分がカットされている。
---収録されているムービーは大きく2パターンあるが、こちらは9話以降の後期版。
---元ムービーでキャラクターの裸と見られた箇所にはそれぞれ光の規制がかかっている。
--ミライダガッキ、jubeat saucerにも収録。ただし、ビースト版は本人音源だが、前2機種はカバーでの収録。
---ちなみにこちらの方はどちらもアウトロ部分はカットされておらず譜面も割り当てられている。

-''センチメンタルラブ''
--TVアニメ「[[君のいる町>http://www.kiminoirumachi.com/]]」OP。
---元ムービー56秒付近でキャラクターの半裸と見られた箇所には光の規制がかかっている。
--[[みみめめMIMI>http://www.mimimememimi.com]]は、シンガーソングライターのユカとイラストレーターのちゃもーいからなる、目と耳から刺激する新世代視聴覚ユニット。~
なお、ユカの正体は声優の[[タカオユキ>http://www.takaoyuki.com]]。自身も神咲七海役として出演している。
---2015年4月21に、同アーティストの楽曲「Mr. Darling」がGITADORA Tri-Boostの稼働と同時に収録された。
//↑同アーティストの別機種収録曲について追記しましたが、問題などありましたら修正をお願いいたします。

2015/03/21追加
-''Stay Gold''
--テレビ東京系列アニメ応援番組「あにむす!」OP。
--2015年7月にメンバーの小森未彩と清水川沙季が卒業。このPVがA応P最後の姿となっている。その後、オーディション選考を経て3人の新メンバーが加入、新たな体制へと移行している。

2015/05/21追加
-''Flyers''
--TVアニメ「[[デス・パレード>http://deathparade.jp/]]」OP。
--[[BRADIO>http://bradio-web.com]]は、Vocalの真行寺貴秋、Guitarの大山聡一、Bassの酒井亮輔、Drumsの田邊有希からなる4人組男性ロックバンド。アーティスト名の由来は「〜''B''reak the ''R''ule ''A''nd ''D''o ''I''mage ''O''n〜」という英語から来ており、「日常に彩りを加えるエンターテイメント」をコンセプトにしている。

2015/05/27追加
-以下の2曲はいずれも「ミカグラ学園組曲」のコラボイベント兼ねており、この2曲および「放課後ストライド」をプレイしたクレジットごとにスタンプを獲得できる。
---また上画面に告知バナーやリザルト時に一宮エルナ等を始めとするアニメ版「ミカグラ学園組曲」のキャラクターが登場する。

-''放課後革命''
--TVアニメ「[[ミカグラ学園組曲>http://mikagura-gakuen.com]]」OP。
---このアニメの原作はLast Note.のVOCALOID曲シリーズであり、原作シリーズの曲はBeatStreamでは「放課後ストライド」が収録されている。
--作曲はLast Note.、歌は一宮エルナ(CV:木村珠莉)・御神楽星鎖(CV:大西沙織)・藤白おとね(CV:小澤亜李)。
---メンバーの藤白おとね役の小澤亜李はひなビタ♪シリーズの東雲心菜(「キモチコネクト」等)でBEMANIシリーズに参加済みである。
---アーティスト表記が「放課後楽園部《一宮エルナ(CV:木村珠莉)・御神楽星鎖(CV:大西沙織)・藤白おとね(CV:小澤亜李)》」と全て記載されているため、非常に長いものになっている。
---「放課後楽園部」というアーティスト名義とメンバー構成はアニメ版「ミカグラ学園組曲」のネタバレになっている(詳細は割愛する)。
--全話放送終了後ではなく収録時点で放送中のアニメのOPが収録されるのは非常に珍しい。
---なお、当楽曲が使用されるのは2話以降となるため、ニコニコなどのWeb配信では無料では見ることができなくなる。
---ただし、Last Note.によるMegpoidカバーの「放課後革命 VOCALOID edition」が単独でアップされている([[参考>http://www5.atwiki.jp/hmiku/pages/31881.html]])。
---また、CDのクロスフェード動画([[ニコニコ>http://www.nicovideo.jp/watch/sm26077595]])で一部試聴可能

-''楽園ファンファーレ''
--TVアニメ「ミカグラ学園組曲」ED。詳細は同上。
---BeatStreamでの配信と同日にシングルが発売となる。
--この楽曲は1話、8話、9話、11話、12話(最終話)では特殊EDのため、ニコニコなどのWeb配信では無料では見ることができなくなる。

2015/06/24追加
-いずれもTVアニメ「[[えとたま>http://etotama.com/]]」からの楽曲、[[REFLEC BEAT plus]]との同時配信。後にjubeat plusにも配信
--「リトライ☆ランデヴー」と「blue moment」のみjubeat propに収録されている
--「そるらる★とんちんかん」「ソルラルくれにゃ!」はタカハシサンラボ (アニメ楽曲がラボの対象になったのは初)
--なお、「リトライ☆ランデヴー」以外は公式に動画配信を行っておらず(他の楽曲クロスフェードや試聴用のショートバージョンのみ)、アニメ本編においても全話有料のためあらかじめ楽曲を聴く機会が非常に少ない。

-''リトライ☆ランデヴー''
--TVアニメ「えとたま」OP
--作詞・作曲は「キモチコネクト」も担当したJunky。余談だが「キモチコネクト」を歌唱している小澤亜李(東雲心菜役)は本作にもウマたん役として参加している。
--歌唱を担当している村川梨衣は、近年のポップンミュージックシリーズでミミの声を担当している。ボーカルとしても、pop'n music ラピストリアに収録されている『TWINKLING(猫叉Master feat.ミミニャミ)』で参加済。

-''blue moment''
--TVアニメ「えとたま」ED
--作曲はStarving Trancer、作詞は赤尾でこ(本作の脚本。シンガーソングライター・三重野瞳の脚本業での変名)。
--歌唱はにゃ〜たん役の村川梨衣、チュウたん役の大原さやか、モ〜たん役の松井恵理子、シマたん役の巽悠衣子、ウサたん役の相坂優歌、ドラたん役の内田真礼、シャアたん役の生天目仁美、ウマたん役の小澤亜李、メイたん役の渕上舞、キーたん役の戸田めぐみ、ピヨたん役の佐々木未来、イヌたん役の本多真梨子、ウリたん役の花守ゆみり。

-''そるらる★とんちんかん''
--OPカップリング曲。
--作曲はStarving Trancer、作詞はMI*RANA。
--ムービーには[[「えとたま」 PV スペシャル>https://www.youtube.com/watch?v=_U1c7JQ08lI]]をループで使用。
--ジャケットがリトライ☆ランデヴーと同じなので選曲の際には注意

-''ソルラルくれにゃ!''
--EDカップリング曲。WEBラジオ「[[えとたまらじお〜ソルラルくれにゃ!〜>http://www.onsen.ag/program/soruraru/]]」テーマソング。
--作詞・作曲はJunky。
--歌唱はにゃ〜たん役の村川梨衣、モ〜たん役の松井恵理子、ウリたん役の花守ゆみり。
---メンバー全員は「ソルラルBOB」のメンバーでもある。
--ムービーには同じく「えとたま」 PV スペシャルをループで使用。
--ジャケットがblue momentと同じなので選曲の際には注意

2015/07/09追加(タカハシサンラボ)
-いずれもアニメ「[[ミカグラ学園組曲>http://mikagura-gakuen.com/index.html]]」のキャラクターソング。
--同一のアニメから10曲ものキャラソンが一斉収録されるのはBEMANIでは異例の事となる(キャラソンが収録された例自体は過去にあった)。
---なお、全10曲全てタカハシサンラボでの解禁、10曲ラボに追加になったのは2014年11月19日追加の「タカハシサンラボ先行解禁イベント楽曲((イベント当時、1曲も解禁出来ていなかった場合))」の9曲を超えて過去最多になった。~
また、全曲解禁に必要なVoltは25,000Voltにのぼり、これも過去最多。
--原曲はいずれもLast Note.のVOCALOID曲シリーズ「[[ミカグラ学園組曲>http://mikagaku.com/]]」からで、アニメ版の声優によるカバーかつリアレンジ版になっている。
---アニメ声優カバー版は、既にオープニングテーマ・エンディングテーマのカップリングとして収録されている3曲を除き、6月から発売されている[[アニメのBlu-ray・DVD>http://mikagura-gakuen.com/video.html]]の初回生産特典CDに順次収録されている。このため、7月24日発売の「vol.2」以降に収録予定の楽曲はBeatStream先行収録となる。
//ブルーレイは「Blue-Ray」ではなく「Blu-ray」
---ボカロ原曲の方はいずれもアルバム「[[ミカグラ学園組曲>http://www.sonymusic.co.jp/topics/1441]]」(発売元:ソニー・ミュージックレコーズ)に収録されている。
--ムービーは2通りの汎用ムービーのいずれかが用いられる。それぞれのグループに属するキャラ5名のPVが流れた後、全員集合のイラストが表示されるというもの。
---『放課後ストライド』『有頂天ビバーチェ』『不条理ルーレット』『絵空事スパイラル』『赤裸々キャンディ』…女性キャラクター+ビミィ
---『革新的ヒロイズム』『十六夜シーイング』『我楽多イノセンス』『花吹雪リフレクト』『無気力クーデター』…男性キャラクター

-''放課後ストライド''(一宮エルナ版)
--新入生「一宮エルナ(CV:木村珠莉)」のキャラソン。
---既に原曲の方もBeatStream他に収録されている(詳細は後述)。BeatStreamで同じ曲名の別曲が収録されるのは初となる。
//当然、この曲は後から登場したため、後者扱いとなる
---原曲のGUMI版は「EXIT TUNES」、こちらの一宮エルナ版は「アニメーション」とカテゴリ分類も異なっている。
---これに伴い、このwikiでは便宜上こちらの楽曲は''放課後ストライド(一宮エルナ版)''として区別する。
//↑アニメ版/ボカロ版で区別したほうがいい気がする。下記LastNote.版ってどっちもラスノなわけで。
//↑それに準じて直してみました。
//↑GUMI版/(一宮)エルナ版の方がいい気がする。アーティスト名義にも書かれてるし
--アニメ「ミカグラ学園組曲」では第1・9話のED、第12話のOPとして使用されていた。
---OPシングル「放課後革命」にカップリング収録されている。
---2015/06/24発売のBlu-ray&DVD「ミカグラ学園組曲 vol.1」初回生産特典CDにも90秒ver.が収録されている。
--アニメ版では作中のカットを繋ぎあわせたED・OPムービーがあったが、BeatStreamでは使用されていない。
--カバー版の編曲は過去にGITADORAシリーズにも曲を提供していたTom-H@ckが担当。
--原曲よりもBPMがテンポアップしている(225→231)

-''革新的ヒロイズム''
--漫画研究会「二宮シグレ(CV:島信長)」のキャラソン。
--2015/06/24発売のBlu-ray&DVD「ミカグラ学園組曲 vol.1」初回生産特典CDに収録されている。

-''有頂天ビバーチェ''
--書道部「八坂ひみ(CV:諏訪彩花)」のキャラソン。
--原曲のMegpoidバージョンはポップンリズミン、SDVX II、GITADORA Tri-Boost(LONG版)に収録されている。
---原曲PVはニコニコ動画で公開されている([[参考>http://www5.atwiki.jp/hmiku/pages/25975.html]])
--BeatStream収録より後、2015/08/26発売のBlu-ray&DVD「ミカグラ学園組曲 vol.3」初回生産特典CDに収録される。
--原曲ver.は機種によってBPM266とBPM133に分かれていたが、BeatStreamではBPM133扱いになっている。
--SDVXの原曲とは曲編集が異なり、若干短くなっている。
---SDVX版がサビ1回目から「さあ、もう一度!」まで飛んでもう1回サビ→アウトロなのに対し、BS版は1番の最後から直接アウトロに飛ぶ。

-''十六夜シーイング''
--天文部「射水アスヒ(CV:加隈亜衣)」のキャラソン。
---原曲PVはニコニコ動画で公開されている([[参考>http://www5.atwiki.jp/hmiku/pages/30382.html]])
--BeatStream収録より後、2015/07/24発売のBlu-ray&DVD「ミカグラ学園組曲 vol.2」初回生産特典CDに収録される。

-''我楽多イノセンス''
--美術部「九頭竜京摩(CV:細谷佳正)」のキャラソン。
---原曲PVはニコニコ動画で公開されている([[参考>http://www5.atwiki.jp/hmiku/pages/28505.html]])
--2015/06/24発売のBlu-ray&DVD「ミカグラ学園組曲 vol.1」初回生産特典CDに収録されている。
--後にSDVX IIIにVOCALOID原曲版が収録されている。

-''不条理ルーレット''
--講師「ビミィ(CV:松岡禎丞)」のキャラソン。
--BeatStream収録より後、2015/09/25発売のBlu-ray&DVD「ミカグラ学園組曲 vol.4」初回生産特典CDに収録される。
--カット位置の関係か、10曲の中でも極端に収録時間が短くなっている(1:18程度)
--配信時点ではeAMUSEMENTサイトのタカハシサンラボのページにメールが表示されない不具合があったが、2015/07/13修正。
--カバー版の編曲はやしきんが担当(ミカグラ学園ラジオ放送部第11回より)。

-''花吹雪リフレクト''
--華道部「湊川貞松(CV:古川慎)」のキャラソン。
--BeatStream収録より後、2015/08/26発売のBlu-ray&DVD「ミカグラ学園組曲 vol.3」初回生産特典CDに収録される。

-''絵空事スパイラル''
--帰宅部「御神楽星鎖(CV:大西沙織)」のキャラソン。
--アニメ「ミカグラ学園組曲」では第11話のEDとして使用されていた。
---EDシングル「楽園ファンファーレ」にカップリング収録されている。
---2015/11/25発売のBlu-ray&DVD「ミカグラ学園組曲 vol.6」初回生産特典CDにも90秒ver.が収録される。
--アニメ版では本曲専用のEDムービーがあったが、BeatStreamでは使用されていない。
--カバー版の編曲は放課後ストライド(一宮エルナ版)と同じくTom-H@ckが担当。

-''赤裸々キャンディ''
--無所属((後にエルナの作った部に所属。))「藤白おとね(CV:小澤亜李)」のキャラソン。
--アニメ「ミカグラ学園組曲」では第8話のEDとして使用されていた。
---EDシングル「楽園ファンファーレ」にカップリング収録されている。
---2015/08/26発売のBlu-ray&DVD「ミカグラ学園組曲 vol.3」初回生産特典CDにも90秒ver.が収録される。
--アニメ版では本曲専用のEDムービーがあったが、BeatStreamでは使用されていない。
--カバー版の編曲はやしきんが担当。

-''無気力クーデター''
--演劇部「赤間遊兎(CV:花江夏樹)」のキャラソン。
--原曲のMegpoidバージョンはSDVX IIIに収録されている。
---原曲PVはニコニコ動画で公開されている([[参考>http://www5.atwiki.jp/hmiku/pages/24856.html]])
--BeatStream収録より後、2015/07/24発売のBlu-ray&DVD「ミカグラ学園組曲 vol.2」初回生産特典CDに収録される。
--原曲よりもBPMがテンポアップしている(185→200)
--SDVXの原曲とは曲編集が異なり、若干短くなっている。
---BS版は1番の「自分さえ騙すのさ 笑え笑え」まででフェードアウトする。

2015/07/23追加~
タカハシサンラボ & えとたまスタンプラリーその壱
-いずれもTVアニメ「[[えとたま>http://etotama.com/]]」のキャラクターソング。
--[[キャラクターソングミニアルバム>http://etotama.com/cd/]]のうち前半分「①」「②」から各4曲ずつの収録となっている。
--YouTubeクロスフェード試聴:[[①>http://www.youtube.com/watch?v=TtMJFk38N94]]/[[②>http://www.youtube.com/watch?v=FQxAkfQJ5TE]]
-ボーカルが3人の曲はタカハシサンラボ解禁(LIGHTのみデフォ)、その他のソロ曲はスタンプラリー解禁(関連曲6譜面毎に1曲ずつ)
-ムービーには[[「えとたま」 PV スペシャル>https://www.youtube.com/watch?v=_U1c7JQ08lI]]をループで使用。

-''激メシ!!わがにゃの晩ごはん''
--ボーカルはにゃ〜たん(CV:村川梨衣)、モ〜たん(CV:松井恵理子)、ピヨたん(CV:佐々木未来)
--作詞は狐夢想(COOL&CREATE)、作曲・編曲はARM(IOSYS)
---後述の「爆なな☆てすとロイヤー」と同じ組み合わせである。

-''これがにゃあの生きる道''
--ボーカルはにゃ〜たん(CV:村川梨衣)
--作詞は黒田椋子(IOSYS)、作曲・編曲はコバヤシユウヤ(IOSYS)

-''ラヴ・グラビティ''
--ボーカルはモ〜たん(CV:松井恵理子)
--作詞・作曲はadd9、編曲はMitsuyasu Yanagita

-''忘却の旅路''
--ボーカルはピヨたん(CV:佐々木未来)
--作詞は夕野ヨシミ(IOSYS)、作曲・編曲はARM(IOSYS)

-''ETMファイティングクライマックス! 本気の師匠チャレンジ編''
--ボーカルはシマたん(CV:巽悠衣子)、ドラたん(CV:内田真礼)、ウリたん(CV:花守ゆみり)
--作詞は七条レタス(IOSYS)、作曲・編曲はD.watt(IOSYS)

-''TRY! TRY! TRY!''
--ボーカルはシマたん(CV:巽悠衣子)
--作詞はコツキミヤ、作曲・編曲は流歌(SSP)
---コツキミヤはCAPCOMのCROSSxBEATS収録曲「サマ★ラブ」でもボーカルとして参加している

-''さてこそ桃源郷''
--ボーカルはドラたん(CV:内田真礼)
--作詞・作曲・編曲はゆうゆ
---ゆうゆはBEMANIシリーズでは他にSOUND VOLTEX BOOTHで「ふしぎなくすり いっきのみっくす」、pop'n music ラピストリアで「ローリング・サバイバー」を提供している。

-''激凸!?ウリティ☆ウリリズム''
--ボーカルはウリたん(CV:花守ゆみり)
--作詞はsyuri22+cosMo、作曲・編曲はcosMo@暴走P

2015/08/06追加~
タカハシサンラボ & えとたまスタンプラリーその弐
-いずれもTVアニメ「[[えとたま>http://etotama.com/]]」のキャラクターソング。
--[[キャラクターソングミニアルバム>http://etotama.com/cd/]]のうち後半分「③」「④」から各4曲ずつの収録となっている。
--YouTubeクロスフェード試聴:[[③>http://www.youtube.com/watch?v=j15S-d6pp2w]]/[[④>http://www.youtube.com/watch?v=PW39BIj1MrU]]
-ボーカルが3人・4人の曲はタカハシサンラボ解禁(LIGHTのみデフォ)、その他のソロ曲・ペア曲はスタンプラリー解禁(関連曲6譜面毎に1曲ずつ)
-ムービーには[[「えとたま」 PV スペシャル>https://www.youtube.com/watch?v=_U1c7JQ08lI]]をループで使用。

-''最強プロデュース!めざせ干支ップ☆アイドル''
--ボーカルはウサたん(CV:相坂優歌)、ウマたん(CV:小澤亜李)、キーたん(CV:戸田めぐみ)、イヌたん(CV:本多真梨子)
--作詞は夕野ヨシミ(IOSYS)、作曲・編曲はuno(IOSYS)
--unoはbeatnation RHYZEにも所属しているRoughSketchの別名義。この曲と同時にかめりあ・Hommarjuの作曲した楽曲が収録されたため、beatnation RHYZE所属メンバーの関わった何らかの楽曲は全員分各1曲以上BeatStreamに収録されたことになる。
---一方で、beatnation所属メンバー7人の関わった楽曲については2015年8月6日時点でkors kの関わった楽曲のみ収録されていない。beatnationよりも先にbeatnation RHYZEメンバーの楽曲が揃ったBEMANI機種はBeatStreamが初となる。

-''がんばれ♥ ウサ☆ウサPPプロデュース!''
--ボーカルはウサたん(CV:相坂優歌)
--作詞・作曲・編曲は柏木るざりん

-''笑う門に午来る!''
--ボーカルはウマたん(CV : 小澤亜李)
--作詞はコツキミヤ(SSP)、作曲・編曲は流歌(SSP)

-''ふたりマイウェイ!''
--ボーカルはキーたん(CV:戸田めぐみ)、イヌたん(CV:本多真梨子)
--作詞・作曲・編曲はPIROPARU

-''秘湯に願いを!今夜はホット・アンド・スイート''
--ボーカルはチュウたん(CV:大原さやか)、シャアたん(CV:生天目仁美)、メイたん(CV:渕上舞)
--作詞は七条レタス(IOSYS)、作曲・編曲はコバヤシユウヤ(IOSYS)

-''窮猫ハ鼠ヲモ嚙メズ''
--ボーカルはチュウたん(CV:大原さやか)
--作詞・作曲・編曲はかめりあ

-''あなたの総集編''
--ボーカルはシャアたん(CV:生天目仁美)
--作詞・作曲・編曲はHommarju

-''Twinkle Peace''
--ボーカルはメイたん(CV:渕上舞)
--作詞はAyataka、作曲はStarving Trancer、編曲はMK、Starving Trancer


2015/09/17追加~
ムービーは「sister's noise」「Daydream café」と同じ汎用

-''エクストラ・マジック・アワー''
--TVアニメ「[[甘城ブリリアントパーク>http://www.tbs.co.jp/anime/amaburi/]]」OP。

-''SPLASH FREE''
--TVアニメ「[[Free!>http://1st.iwatobi-sc.com/]]」第1期ED。


2015/10/22追加
-''MURASAKI''
--舞台「[[PRINCE KAGUYA>http://princekaguya.com/]]」テーマソング。([[詳細>http://www.broccoli.co.jp/aoi/disc/]])
---蒼井翔太4thシングルより登場
--公式PV:http://www.youtube.com/watch?v=1S_nTSsO0C4
--既にjubeat prop/plus・REFLEC BEAT groovin'!! Upper/plusに収録されている。

-''はなまるぴっぴはよいこだけ''
--TVアニメ「[[おそ松さん>http://osomatsusan.com/]]」OP曲。作詞はあさき、作曲・編曲は96。([[公式告知>http://eagate.573.jp/game/bemani/fansite/hanamaru.html]])
--TVアニメ「[[おそ松さん>http://osomatsusan.com/]]」第1クールOP曲。作詞はあさき、作曲・編曲は96。([[公式告知>http://eagate.573.jp/game/bemani/fansite/hanamaru.html]])
--A応P公式PV:http://www.youtube.com/watch?v=a72ydusKRSg
---今回BeatStreamに収録されるのはこちらの実写PVの方となる。([[PV現場潜入レポート>http://p.eagate.573.jp/game/bemani/fansite/p/report/2015a/report01.html]])
---PV公開時点でのA応Pのメンバーは7人だが、天音まりなが足の疾患により激しい動きを伴う活動を控えているため([[公式ブログの告知>http://blog.livedoor.jp/aop_staff/archives/45412447.html]])、PVには他の6人のみが出演している。
---2015/12/31をもって、残念ながらメンバーの天音まりながA応Pを脱退する事が告知された。([[公式ブログの告知>http://blog.livedoor.jp/aop_staff/archives/46384426.html]])
---ニコニコ動画等にてOPの使用された第一話が無料公式配信されていたが、11月5日に公式サイトより上記の第1話がDVD及びBlu-rayに収録されない事と、11月12日をもってニコニコ動画はじめ各サイトで公式配信されている同話も有償無償を問わず配信停止になる事が告知された。([[おそ松さん 重要なお知らせ>http://osomatsusan.com/news/attention/]])
--既にDanceDanceRevolution(2014)・GITADORA Tri-Boost・jubeat prop・REFLEC BEAT groovin'!! Upperに収録されている。
--本楽曲のCD発売日は2015/11/11であり、CD発売前に先駆けてBEMANI機種の方へ収録されるのは珍しい事例である。
---フルバージョンの歌詞はゲーム収録のTVサイズから大きく構成が変更されており、一部TVサイズバージョンにしか無い歌詞も存在する。
--曲中に時折出てくる「フォイフォイ」という野太い男性ガヤは私立BEMANI学園の「お米の美味しい炊き方、そしてお米を食べることによるその効果。」の時に収録したものをそのまま切って貼って使用しているとのこと([[96による告知>http://twitter.com/kuro_96chang/status/658658112304353280]])
--ジャケットが先行の他機種と異なり、[[TV版のもの>http://p.eagate.573.jp/game/bemani/fansite/p/images/event/hanamaru/camp_jk.jpg]]から[[CDバージョン>http://osomatsusan.com/assets/img/music/img_jacket_anime.jpg]]に変更されている。
---2015/10/27よりGITADORA・jubeat、2015/11/24よりDDR、2015/11/25よりREFLECのジャケットもBeatStreamと同じCD版ジャケットに変更された。
---後にpop'n music éclaleにも収録され、こちらもCD版ジャケットを使用している。
--なお続編BeatStream 2のロケテストではPVがアニメOP映像に変更されており、今後変更予定と思われる。
--なお続編[[アニムトライヴ>BeatStream アニムトライヴ]]にてLIGHT・MEDIUM譜面のみムービーがアニメOP映像に変更、BEASTはA応P実写PVのままジャケットがA応Pに変更されている。
---後にNIGHTMARE譜面実装によりムービー・ジャケットともにA応P版はNIGHTMAREに配置転換されている。

**EXIT TUNES [#sb283a6b]
-ボーカルに歌声合成技術「VOCALOID」の応用ソフトを使用したものが多いため、使用しているものには曲名右にタグと[[初音ミクwikiへのリンク>http://www5.atwiki.jp/hmiku/]]を付けています。&br;(※使用音源の名称は一部を除いてゲーム中には表記されていないため、推測などを含みます)
--【&color(#009999){初};】 - 「[[初音ミク>http://dic.nicovideo.jp/a/%E5%88%9D%E9%9F%B3%E3%83%9F%E3%82%AF]]」を使用しているもの (発売元:クリプトン・フューチャー・メディア株式会社)
--【&color(orange){鏡};】 - 「[[鏡音リン>http://dic.nicovideo.jp/a/%E9%8F%A1%E9%9F%B3%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%AC%E3%83%B3]]」もしくは「[[鏡音レン>http://dic.nicovideo.jp/a/%E9%8F%A1%E9%9F%B3%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%AC%E3%83%B3]]」を使用しているもの(発売元:クリプトン・フューチャー・メディア株式会社)
--【&color(#CC00CC){巡};】 - 「[[巡音ルカ>http://dic.nicovideo.jp/a/%E5%B7%A1%E9%9F%B3%E3%83%AB%E3%82%AB]]」を使用しているもの (発売元:クリプトン・フューチャー・メディア株式会社)
//--【&color(red){Me};】 - 「[[MEIKO>http://dic.nicovideo.jp/a/meiko]]」を使用しているもの (発売元:クリプトン・フューチャー・メディア株式会社)
//--【&color(blue){K};】 - 「[[KAITO>http://dic.nicovideo.jp/a/kaito]]」を使用しているもの (発売元:クリプトン・フューチャー・メディア株式会社)
--【&color(green){G};】 - 「[[Megpoid(メグッポイド)>http://dic.nicovideo.jp/a/%E3%83%A1%E3%82%B0%E3%83%83%E3%83%9D%E3%82%A4%E3%83%89]]」(キャラクター名:GUMI)を使用しているもの (発売元:株式会社インターネット)
//--【&color(purple){神};】 - 「[[がくっぽいど>http://dic.nicovideo.jp/a/%E3%81%8C%E3%81%8F%E3%81%A3%E3%81%BD%E3%81%84%E3%81%A9]]」(キャラクター名:[[神威がくぽ>http://dic.nicovideo.jp/a/%E7%A5%9E%E5%A8%81%E3%81%8C%E3%81%8F%E3%81%BD]])を使用しているもの (発売元:株式会社インターネット)
//--【&color(black){V};】 - 「VY1」もしくは「VY2」を使用しているもの (発売元:ビープラッツ)
--【&color(#ffc0cb){I};】- 「[[IA -ARIA ON THE PLANETES->http://dic.nicovideo.jp/a/ia%20-aria%20on%20the%20planetes-]]」を使用しているもの(発売元:1st PLACE)
--【&color(black){Ma};】 - 「[[VOCALOID3 Library MAYU>http://dic.nicovideo.jp/a/mayu%28vocaloid%29]]」を使用しているもの (発売元:エグジットチューンズ株式会社)
//--【&color(black){Z};】 - 「[[VOCALOID3 Library ZOLA PROJECT>http://dic.nicovideo.jp/a/zola%20project]]」を使用しているもの (発売元:株式会社ヤマハミュージックジャパン)
--【&color(#ff69b4){U};】 - 歌声合成ツール「[[UTAU>http://dic.nicovideo.jp/a/utau]]」(制作者:飴屋/菖蒲)に対応した音声ライブラリを使用しているもの
//---正確にはVOCALOID応用ソフトではなく別の技術を用いたソフトですが、便宜上ここに記させて頂きました。
--以上に挙げたもの以外の合成音声使用曲(使用された曲が1曲のみのもの)は別途タグを付けリンクを付加しています。
//--【他】 - VOCALOID・UTAUに該当しない合成音声を使用しているもの
--【?】 - その他、音源未確定だが合成音声が使われていると思われる曲

稼働時点(2014/07/17)収録

-''過食性:アイドル症候群''【&color(green){G};】【&color(black){Ma};】([[Wiki>http://www5.atwiki.jp/hmiku/pages/24311.html]])
--SDVX BOOTH、jubeat plus/prop、REFLEC plus/groovin'!!、ダガッキ1、GITADORA ODにも収録。

-''HΨ=世界創造=EΨ''【&color(#ffc0cb){I};】【&color(green){G};】([[Wiki>http://www5.atwiki.jp/hmiku/pages/25477.html]])
--SDVX II、ダガッキVer.2にも収録。
--黒猫アンティークはcosMo@暴走Pの別名義。
--ジャケットはSDVX同様に難易度別に異なる。

-''セツナトリップ''【&color(green){G};】([[Wiki>http://www5.atwiki.jp/hmiku/pages/21534.html]])
--beatmania IIDXとDance Evolution ARCADEを除くすべてのBEMANI機種に収録。他社のゲームではmaimai(セガ)に収録。この収録によって版権曲では「女々しくて」を抜き、版権曲BEMANI収録機種数単独TOPとなった。
--%%本機種でもBEMANIシリーズ共通(一部例外あり)の音源が使用されているため、「"わか"目を覚ませ〜」はそのまま残っている([[参考>http://dic.nicovideo.jp/a/%E3%83%AF%E3%82%AB%E3%83%A1%E3%82%92%E5%86%B7%E3%81%BE%E3%81%99%E6%9B%B2]])。%%
---%%"わか"の部分は間奏の後曲調がおとなしくなる部分の「わかっているんだ 言い訳だって」であり、問題の部分はこの部分をカットした際の継ぎ目である。%%
---(2014/08/中旬?)アップデートにより該当箇所を「目を覚ませ」に修正した音源に差し替えられている(jubeatやDDR等と同様の変更)。~
9月半ば頃までに、この曲を収録しているBEMANI全機種にて修正音源への差し替えが完了している。~
なお、収録範囲が同じ機種でもGITADORAのみ音源が違ったため、この部分は最初から修正されていた。
--ムービーはGITADORA・DDRと同じ物で、[[公式PV>http://www.nicovideo.jp/watch/sm17720979]]を収録範囲に合わせてカットしている。~
maimaiでのムービーも公式PVを元にしているが、収録範囲の違いから生じる差違がある。
--ムービーはGITADORA・DDRと同じ物で、[[公式PV>http://www.nicovideo.jp/watch/sm17720979]]を収録範囲に合わせてカットしている。
---maimaiでのムービーも公式PVを元にしているが、収録範囲の違いから生じる差違がある。

-''Nyan Cat''【&color(#ff69b4){U};】([[Wiki>http://www24.atwiki.jp/utauuuta/pages/1816.html]])
--歌唱はUTAUの桃音モモ。原曲は「[[Nyanyanyanyanyanyanya!>http://www5.atwiki.jp/hmiku/pages/11507.html]]」
--SDVX BOOTH、ポップンリズミンにも収録。maimaiには「Nyan Cat EX」として収録。
--PV映像はYouTubeで有名な「[[Nyan Cat>http://www.youtube.com/watch?v=QH2-TGUlwu4]]」の方ではなく、[[オリジナルPV>http://www.youtube.com/watch?v=FPXrLLDae2U]]の方を使用。
---音源の再生時間に合わせる為か、映像の再生速度が少し遅くなっている

-''放課後ストライド''(GUMI版)【&color(green){G};】([[Wiki>http://www5.atwiki.jp/hmiku/pages/23609.html]])
--SDVX II、GITADORA、ポップンリズミン、ダガッキVer.2、REFLEC plus/groovin'!!、jubeat plusにも収録。他社のゲームではmaimai、太鼓の達人に収録。
--Last Note.のVOCALOID曲「ミカグラ学園組曲」シリーズの1曲。このシリーズはアニメ版の原作にあたる。
--後にアニメ版の一宮エルナ(CV:木村珠莉)によるカバーバージョンもBeatStreamに収録された(上記参照)。曲名もそのまま同名。
---これに伴い、このwikiでは便宜上こちらの楽曲を''放課後ストライド(GUMI版)''として区別する。
--BEASTHACKERでのNIGHTMARE譜面解禁の最後の課題は、こちらではなく一宮エルナ版のBEASTとなっている。これはこの曲のみの仕様。

-''マネマネサイコトロピック''【&color(green){G};】([[Wiki>http://www5.atwiki.jp/hmiku/pages/26463.html]])
--SDVX II、GITADORAにも収録。

-''ミスターデジャブ''【&color(black){Ma};】([[Wiki>http://www5.atwiki.jp/hmiku/pages/24588.html]])
--BEMANIシリーズ初収録。

-''ラクガキスト''【&color(green){G};】([[Wiki>http://www5.atwiki.jp/hmiku/pages/24228.html]])
--SDVX II、REFLEC colette夏/plus、jubeat plus/saucer、ポップンリズミン、DDR2014にも収録。
--SDVXとREFLEC BEAT同様、難易度別ジャケットを採用している。
---ただし、SDVX・REFLEC・jubeatでは描かれていたつまぶきの落書きが全難易度で削除されている(&color(blue){[LIGHT]};はDDR版のジャケットと同様)。
--&color(orange){[MEDIUM]};Lv8はMEDIUM最高難易度。ノイジーラバーソウル配信まで、長らく唯一のLv8譜面だった。

-''リズの内心革命''【&color(#ffc0cb){I};】([[Wiki>http://www5.atwiki.jp/hmiku/pages/27282.html]])
--BEMANIシリーズ初収録、1日遅れでSDVX IIにも収録。
--「ヘイセイプロジェクト」第5弾の楽曲。

2014/07/24追加(タカハシサンラボ)~
いずれも「[[GUMI 5th Anniversary party Presented by BEMANI>合同イベント/2014年#gumi5tha]]」企画が初出の曲。既にBEMANI8機種に先行して収録されている。

-''幻想系世界修復少女''【&color(green){G};】([[Wiki>http://www5.atwiki.jp/hmiku/pages/29624.html]])

-''バンブーソード・ガール''【&color(green){G};】([[Wiki>http://www5.atwiki.jp/hmiku/pages/29628.html]])

2014/08/07追加(タカハシサンラボ)
-''天ノ弱''【&color(green){G};】([[Wiki>http://www5.atwiki.jp/hmiku/pages/16301.html]])
--SDVX BOOTH、jubeat plus/saucer、pop'n SunnyPark/リズミン、REFLEC plus/groovin'!!、GITADORAにも収録。他社のゲームではmaimai、太鼓の達人(BNGI)に収録。
--音源はSDVX・ポップン・jubeat・REFLEC版等と同一のもので、音源元はニコニコ動画版ではなくアルバム「[[THEORY -164 feat.GUMI->http://164203.com/theory/]]」収録版のものになっているため、ニコニコ動画版(GITADORA版他)とは出だしの声にエフェクトが掛かっていたりコーラスがあるなどの違いがある。
--ムービーはほぼ一枚絵(静止画)となっている。GITADORAでは歌詞の表示がカットされていたが、BeatStreamでは歌詞も表示される。

-''恋愛勇者''【&color(green){G};】([[Wiki>http://www5.atwiki.jp/hmiku/pages/20192.html]])
--SDVX BOOTH、pop'nリズミン/ラピストリア、jubeat plus、REFLEC plusにも収録。

-''ロストワンの号哭''【&color(orange){鏡};】([[Wiki>http://www5.atwiki.jp/hmiku/pages/24683.html]])
--SDVX II、jubeat plus/saucer、REFLEC plus/groovin'!!、ポップンリズミンにも収録。pop'n ラピストリアには松下カバーを収録。後にmaimaiにも収録。
--クリプトン・フューチャー・メディアの権利上の理由により、元のPVで「唄 鏡音リン」と書かれていたシーンがカットされている。

Voltはいらない!? タカハシサンラボ楽曲 先行解禁イベント!~
(正式追加は2014/11/19)
-''ケッペキショウ''【&color(green){G};】([[Wiki>http://www5.atwiki.jp/hmiku/pages/23802.html]])
--先行解禁:2014/10/29-31
--SDVX BOOTH、jubeat saucer fulfillにも収録。

-''脱出ゲヱム''【&color(green){G};】([[Wiki>http://www5.atwiki.jp/hmiku/pages/27460.html]])
--先行解禁:2014/11/04-06
--BEMANIシリーズ初収録。
--ロケテスト時には収録されていたが、稼動開始時には収録されておらず今回でようやく収録となった。

-''サリシノハラ''【&color(#009999){初};】([[Wiki>http://www5.atwiki.jp/hmiku/pages/22967.html]])
--先行解禁:2014/11/07-09
--SDVX IIにも収録。
--&color(#fff,#111){''[NIGHTMARE]''};''曲全体を通してリップルノーツとストリームノーツしか存在しない''ため、ハイスピードオプションが全く意味を為さない。

-''ねこみみスイッチ''【&color(#009999){初};】([[Wiki>http://www5.atwiki.jp/hmiku/pages/6572.html]])
--先行解禁:2014/11/10-12
--BEMANIシリーズ初収録。他社タイトルでは「初音ミク -Project DIVA- extend」(PSP)および「初音ミク -Project DIVA- Arcade」(AC)に収録されている。
--[[原曲PV>http://www.nicovideo.jp/watch/sm8233245]]は単色背景が部分的に変化しながら歌詞表示という物である。本作では収録範囲に合わせたカットの他に、権利上の理由から冒頭にいた初音ミクが消えている。

-''僕は空気が嫁ない''【&color(green){G};】([[Wiki>http://www5.atwiki.jp/hmiku/pages/26598.html]])
--先行解禁:2014/11/13-15
--SDVX IIにも収録。
--ジャケットはSDVX版とは微妙に異なり、難易度に関わらず全て共通のもの([[画像>http://chemsys.cc/img/disc/song/boku_ky.jpg]])。~
背景色は緑で、絵柄はSDVXのEXHAUST版のもの、ジャケットの台詞は「ゴゴゴゴゴゴゴゴ」になっている。
--ジャケットはSDVX版とは微妙に異なり、難易度に関わらず全て共通のもの。([[画像>http://chemsys.cc/img/disc/song/boku_ky.jpg]])
---背景色は緑で、絵柄はSDVXの&color(#f33){[EXHAUST]};版のもの、ジャケットの台詞は「ゴゴゴゴゴゴゴゴ」になっている。

-''にゃにゃにゃんにゃんにゃーのこねこ''【&color(#ff69b4){U};】
--先行解禁:2014/11/16-18
--歌唱はUTAUの桃音モモ。原曲は「[[シュレディンガイガーのこねこ>http://www5.atwiki.jp/hmiku/pages/17841.html]]」。
--BEMANIシリーズ初収録。
--原曲の尺は1分弱しかないため、ゲームサイズに合わせて2回ループさせている。

2015/01/29追加(タカハシサンラボ)
-''きょうもハレバレ''【&color(green){G};】([[Wiki>http://www5.atwiki.jp/hmiku/pages/26097.html]])
--SDVX II、jubeat saucer fulfill/plus、REFLEC BEAT plusにも収録。

-''いーあるふぁんくらぶ''【&color(green){G};】【&color(orange){鏡};】([[Wiki>http://www5.atwiki.jp/hmiku/pages/22539.html]])
--jubeat plus/saucer、REFLEC BEAT plus/groovin'!!、SDVX II、ミライダガッキ、pop'n リズミン/ラピストリアにも収録。
--原曲のPVに鏡音リンが登場しているためか、PVは使用されず汎用ムービーになっている。
//---この汎用ムービー自体は新規制作されたものと思われる(ボカロ汎用?)。
---汎用ムービーは「即席!脳直★ミュージックシステム」の汎用部分と同じものを使用。レイヤー無しの単体で使われたのはこの曲が初となる。

-''ノイジーラバーソウル''【&color(green){G};】([[Wiki>http://www5.atwiki.jp/hmiku/pages/17490.html]])
--SDVX BOOTHにも収録。
--&color(orange){[MEDIUM]};ラクガキストと並ぶMEDIUM最高難易度のLv8譜面。

2015/04/02追加(タカハシサンラボ)
-''十面相''【&color(green){G};】([[Wiki>http://www5.atwiki.jp/hmiku/pages/13998.html]])
--SDVX BOOTH、pop'n Sunny Park/リズミン、jubeat plus/saucer fulfill、REFLEC BEAT plus、ミライダガッキ2にも収録。
--他のBEMANI機種版と同様に、後半のBPM173のパートのみが使用されている。原曲のフルサイズでは前半と後半でBPMが違い144〜173に上昇していた。

-''白い雪のプリンセスは''【&color(#009999){初};】([[Wiki>http://www5.atwiki.jp/hmiku/pages/8828.html]])
--SDVX II、jubeat propおよび他社ではProject DIVA Arcadeにも収録。
--原曲動画はタイトルのみの一枚絵に歌詞という形式だったため、元動画は使用されず汎用ムービーになっている。

-''茅蜩モラトリアム''【&color(green){G};】([[Wiki>http://www5.atwiki.jp/hmiku/pages/24807.html]])
--SDVX IIにも収録。
--タイトルは「ひぐらしモラトリアム」と読む。

2015/08/27追加(タカハシサンラボ)
-''命のユースティティア''【&color(orange){鏡};】([[Wiki>http://www5.atwiki.jp/hmiku/pages/26986.html]])
--SDVX IIにも収録。
--原曲PVは使用されず汎用ムービーになっている。
---使用されているのは「海神」「Ha・lle・lu・jah」等と同じ汎用。

-''幸せになれる隠しコマンドがあるらしい''【[[結月ゆかり>http://dic.nicovideo.jp/a/%E7%B5%90%E6%9C%88%E3%82%86%E3%81%8B%E3%82%8A]]】([[Wiki>http://www5.atwiki.jp/hmiku/pages/26002.html]])
--SDVX IIIにも収録。
--&color(#ff1683){[BEAST]};SDVXと同様に、歌詞のコマンド内容と譜面が概ね対応している。
---例えば、歌詞が「上」となる部分では上側のノートを叩くようになっている。
---方向キー以外のボタンはスーパーファミコン、DS、3DS準拠の配置になっている。(A=右、B=下、X=上、Y=左、L=左、R=右)
---「上下同時押し」は何故か再現されていない。
---歌詞が「下」なのに上のリップルを叩く箇所があり、その直後に歌詞が「ちょっと?間違えないでください」と続く。歌詞を覚えていると引っかかる可能性がある。
---歌詞に「回転」が入る部分ではしっかり回転ストリームが出現する。
---また、フルコンボ時のコンボ数が573になっている。

-''0''【&color(#009999){初};】([[Wiki>http://www5.atwiki.jp/hmiku/pages/556.html]])
--BEMANIシリーズ初収録。他社を含めても初収録となる。
---後に2015/10/23よりjubeat plus「cosMo@暴走P pack」にインストバージョンの「0=Xerostrumental=」が収録されている。
---後に2015/10/23よりjubeat plus「cosMo@暴走P pack」、2016/08/25よりSDVX IIIそれぞれにインストバージョンの「0=Xerostrumental=」が収録されている。
--曲名の読みは「ゼロ」。
--ジャケットは描き下ろしのものを使用([[参考>http://chemsys.cc/img/disc/song/zerox.jpg]])。このジャケットは後に「0=Xerostrumental=」でも使用されている。
--原曲動画に初音ミクの一枚絵が登場しているためか、元動画は使用されず汎用ムービーになっている。
---使用されているのは「海神」「Ha・lle・lu・jah」等と同じ汎用。

2015/09/03追加(タカハシサンラボ)
-''家出少年と迷子少女''【&color(green){G};】([[Wiki>http://www5.atwiki.jp/hmiku/pages/14466.html]])
--GITADORA OverDriveにも収録。
--GITADORA版と同じく、ジャケットの迷子少女は小説版準拠の配色だがPVでの配色はGUMIのまま。
--曲のカットもGITADORA版と同様に「早くキミに会いたい」の単独パートで終了する。

-''再教育''【&color(orange){鏡};】([[Wiki>http://www5.atwiki.jp/hmiku/pages/22676.html]])
--SDVX BOOTH、jubeat plus、REFLEC BEAT plusにも収録。
--原曲PVは使用されず汎用ムービーになっている。
---使用されているのは「海神」「Ha・lle・lu・jah」等と同じ汎用。

-''ドロボウナイトトリック''【&color(green){G};】([[Wiki>http://www5.atwiki.jp/hmiku/pages/24449.html]])
--SDVX BOOTHにも収録。

2015/11/05追加(タカハシサンラボ)
-''ハウトゥー世界征服''【&color(orange){鏡};】([[Wiki>http://www5.atwiki.jp/hmiku/pages/24723.html]])
--SDVX IIにも収録。他社ではシンクロニカにも収録。
--REFLEC BEAT VOLZZAには女性歌い手のいかさんによるカバー版が収録されている。
--原曲PVは使用されず汎用ムービーになっている。
---使用されているのは「いーあるふぁんくらぶ」「白い雪のプリンセスは」等と同じ汎用。
--ジャケット製作者が「EXIT TUNES」になっているが、イラストはしづが担当。

-''ハッタリだけで生きてる''
--男性歌い手「recog」1stアルバム「[[recognize>http://9819.jp/cd/exit_tunes/qwce00298.html]]」からの出典。ボカロP「デッドボールP」による書き下ろし曲。
--BeatStreamの「EXIT TUNES」カテゴリで非VOCALOIDの歌い手曲が収録されるのは初となる。
--専用ムービーは[[ニコニコ動画の原曲PV>http://www.nicovideo.jp/watch/sm21824024]]がそのまま使用されている。
---ムービー制作者が「EXIT TUNES」表記になっているが、イラストはジャケットと同じく夢乃ハルカが担当。

-''Just Be Friends'' 【&color(#CC00CC){巡};】 ([[Wiki>http://www5.atwiki.jp/hmiku/pages/5809.html]])
--jubeat plus、REFLEC BEAT plus、ポップンリズミン、SDVX IIIにも収録。他社ではProject DIVA 2nd/Arcadeにも収録。
---機種によって曲のカットが一部異なるが、BSではSDVX版と同じカットを使用。
--BeatStreamで巡音ルカ使用曲が収録されるのは初。
--ジャケット・PV担当のゆのみはかつて著作権関連で騒動があり([[参照>http://dic.nicovideo.jp/a/%E3%82%86%E3%81%AE%E3%81%BFp%E9%A8%92%E5%8B%95]])、一時期ニコニコ動画のPVが非公開になっていた時期もあった(現在は動画が復帰している)。
--原曲PVは使用されず汎用ムービーになっている。
---使用されているのは「海神」「Ha・lle・lu・jah」等と同じ汎用。


**東方アレンジ [#gafef7bd]
東方アレンジの場合、曲名の下に「&color(green){原曲};」(ZUN作曲)、「&color(#ff6699){原曲};」(ZUN以外の作曲)を記載~

稼働時点(2014/07/17)収録

-''色は匂へど 散りぬるを''~
「&color(green){神々が恋した幻想郷};」
--SDVX BOOTHにも収録。
--[[満福神社>http://manpukujinja.blog135.fc2.com/]]の同人アニメーション「幻想万華鏡」の[[オープニング映像>http://www.nicovideo.jp/watch/sm12202771]]を使用。~
この映像は同シリーズの「春雪異変の章」OPでも使われており、本曲はそのOPテーマ曲でもある。~
SDVXとは異なるジャケットだが、このPVが収録されたDVDのジャケットのものを使用。
--SDVX版と同一の音源のため、上記のOP映像以外の該当の部分は[[「春雪異変の章」>http://www.nicovideo.jp/watch/sm15298906]]の[[本編映像の一部>http://www.nicovideo.jp/watch/sm15360167]]を使用。

//--SDVX版と同一の音源のため、上記のOP映像以外の該当の部分は[[「春雪異変の章」>http://www.nicovideo.jp/watch/sm15298906]]の[[本編映像の一部>http://www.nicovideo.jp/watch/sm15360167]]を使用。
--SDVX版と同一の音源のため、上記のOP映像以外の該当の部分は[[「春雪異変の章」>http://www.nicovideo.jp/watch/sm15298906]]の本編映像の一部を使用。
//本編映像リンク切れのため、該当リンクを外しました。
-''INFINITE WORLD''~
「&color(green){無間の鐘 〜 Infinite Nightmare};」
--SOUND HOLICの楽曲を使用した、月見堂などが関わっている「[[東方PVD2>http://www.sound-holic.com/_c80.html]]」より。
--ジャケットも上記DVDが元となっている。
--他社のゲームではmaimaiに収録。
--&color(#ff1683){[BEAST]};BEASTHACKERの門番およびBEAST CHALLENGEレベル10の課題に採用されており、上級者になるためには避けて通れない譜面。

-''お嫁にしなさいっ!''~
「&color(green){オリエンタルダークフライト};」、「&color(green){赤より紅い夢};」、「&color(green){恋色マスタースパーク};」、「&color(green){ブクレシュティの人形師};」
--BEMANIシリーズ初収録。他社のゲームではmaimaiに収録(但し曲の構成は大きく異なる)。
--BEMANIシリーズ初収録。他社のゲームではmaimaiに収録。(但し曲の構成は大きく異なる)
---2016/03/24よりSDVX III、2016/03/30よりjubeat Qubellそれぞれにも収録された。~
jubeat Qubellには本機種と同じ音源を収録。SDVX IIIにはmaimai収録版と全く同じ音源が収録されている。そのためSDVX版には中盤とラストにBPM変化が存在する。~
SDVX IIIではジャケットがウサテイの&color(#008){[NOVICE]};譜面のものと重複しているため、ムービーのシーンを追加した新規ジャケットが使用されている。
---元のムービーより「永琳の誓いの儀」からラスト付近まで大幅カットされている。ムービーを覚えてきた場合はペース配分を間違えないよう注意。

-''ケロ⑨destiny''~
「&color(green){ネイティブフェイス};」
--SDVX BOOTHにも収録。他社のゲームでは太鼓の達人、maimaiに収録。
--映像は迷走ポタージュから頒布された「東方映写録」のもの。~
「チルノのパーフェクトさんすう教室」と同じく宇田てとら(TETLA-POT)が手がけている。
--なお、この曲には非公式手描きPVとしてニコニコ動画で180万再生以上を記録している「「ケロ� destiny」に絵をつけてみました」が存在するが、BeatStream版のムービーはそちらではない。
--映像は迷走ポタージュから頒布された「東方映写録」のもの。「チルノのパーフェクトさんすう教室」と同じく宇田てとら(TETLA-POT)が手がけている。
---なお、この曲には非公式手描きPVとしてニコニコ動画で180万再生以上を記録している「「ケロ⑨destiny」に絵をつけてみました」が存在するが、BeatStream版のムービーはそちらではない。

-''しゅわスパ大作戦☆''~
「&color(#ff6699){東方萃夢想};」
--BEMANIシリーズ初収録。他社のゲームではmaimaiに収録。
--後にSDVX IIIに「SDVX Edit.」が収録された(リマスター版だが、曲構成はBeatStream版とほぼ同じ(ラストがBS版より短くなっている))
--後にSDVX IIIに「SDVX Edit.」が収録された。(リマスター版だが、曲構成はBeatStream版とほぼ同じ(ラストがBS版より短くなっている))
--&color(#ff1683){[BEAST]};100コンボ付近にリップルノート2連打がある(左中単押し→左中・右中同時押し)。歌詞でいうと「チャラ」「男」の部分で左中リップルを2連打すればOK。
---ビーストチャレンジランク12ではこの譜面のフルコンボを要求される。2連打の場所を知っているとかなり突破しやすくなるだろう。

-''チルノのパーフェクトさんすう教室''~
「&color(green){おてんば恋娘};」
--SDVX BOOTH、jubeat propにも収録。他社のゲームでは太鼓の達人、maimai、GROOVE COASTER ARCADEに収録。
--IOSYSの[[公式PV>http://www.iosysos.com/movie_sansu/]]を使用。
---音源はSOUND VOLTEXの物を使用している為、終盤のチルノのセリフと映像の字幕が一致していない。
--ビーストチャレンジのトライアル課題曲に2度使われている唯一の楽曲である(ランク3でLIGHT譜面、ランク11でBEAST譜面が選出されている)。

-''月に叢雲華に風''~
「&color(green){ラストリモート};」
--SDVX BOOTHにも収録。他社のゲームでは太鼓の達人に収録。
--[[満福神社>http://manpukujinja.blog135.fc2.com/]]の同人アニメーション「幻想万華鏡」の[[オープニング映像>http://www.nicovideo.jp/watch/sm16568563]]を使用。~
この映像は同シリーズの「紅霧異変の章」OPでも使われており、本曲はそのOPテーマ曲となっている。~
SDVXとは異なるジャケットだが、このPVが収録されたDVDのジャケットのものを使用。
--ただし、曲のイントロに当たる部分で入浴シーンの映像があり、アミューズメント施設で稼動させる都合からか、該当部分が「紅霧異変の章」前編の宴会シーンに差し替えられている([[満福神社Twitterより>https://twitter.com/manpuku_jinja/status/490478306584563712]])。
--上記の関係で、曲のサイズはSDVX版より短い。
--&color(orange){[MEDIUM]};4分リズムで同じリップルノートを2連打する見切りにくい配置が2回ある(56コンボ付近「理解者の証さえ」の直後の右中2連打→右上2連打)。
---''ビーストチャレンジランク8ではこの曲のフルコンボを要求される''ため、挑戦前に確認しておきたい。
---[[びいすと!>#biisuto]]の歌詞でこの配置が『叢雲連打』と命名され、ネタにされた上で譜面まで移植されている。
--&color(black){''[NIGHTMARE]''};こちらにもしっかり叢雲連打が入っている。(サビ冒頭の左下2連打)
--&color(#fff,#111){''[NIGHTMARE]''};こちらにもしっかり叢雲連打が入っている。(サビ冒頭の左下2連打)

-''待チ人ハ来ズ。''~
「&color(green){万年置き傘にご注意を};」
--SDVX IIにも収録。maimaiにも本作稼動日と同じ日に収録。
--SDVXと同一ジャケット。
--ランコの姉が手がけたムービーを使用。

-''魔理沙は大変なものを盗んでいきました''~
「&color(green){人形裁判 〜 人の形弄びし少女};」、「&color(green){ブクレシュティの人形師};」、「&color(green){春色小径 〜 Colorful Path};」
--SDVX BOOTH、jubeat propにも収録。他社のゲームではmaimai、GROOVE COASTER ARCADEに収録。

2014/07/24追加(タカハシサンラボ)
-''ウサテイ''~
「&color(green){シンデレラケージ 〜 Kagome-Kagome};」、「&color(green){お宇佐さまの素い幡};」
--SDVX IIにも収録。他社のゲームではmaimai、GROOVE COASTER ARCADE(ウサテイ2013。歌詞が異なる)に収録。
--本機種に収録されているムービーは1周目の物を採用。
---本曲の公式ムービーは再生数を重ねる毎に変化が訪れるというギミックが搭載。ちなみに最大で99周目までムービーが変化する。
--SDVX同様、難易度別にジャケットが違っている。&color(darkorange){[MEDIUM]};と&color(#ff1683){[BEAST]};はムービーのものを元にしている。
---当初、&color(blue){[LIGHT]};はSDVXのNOVICE同様、お嫁にしなさいッ!と同一の「東方萃翠酒酔」のジャケットが使用されており、公式サイトの収録曲リストやタカハシサンラボでもLIGHT譜面用のジャケットが表示されていた。
---当初、&color(blue){[LIGHT]};はSDVXの&color(#008){[NOVICE]};譜面同様、お嫁にしなさいッ!と同一の「東方萃翠酒酔」のジャケットが使用されており、公式サイトの収録曲リストやタカハシサンラボでもLIGHT譜面用のジャケットが表示されていた。
---混乱を避けるためか、2014/11のアップデートで&color(blue){[LIGHT]};も&color(darkorange){[MEDIUM]};と同一のジャケットに変更されている。

-''げきオコスティックファイナリアリティぷんぷんマスタースパーク''~
「&color(green){メイガスナイト};」、「&color(green){恋色マスタースパーク};」
--SDVX IIにも収録。
---SDVXと同一で、恋色マスタースパークに相当する部分がゲーム版では省略。
--ムービーは東方アレンジ用の汎用で、キャラが登場しないループムービーになっている。
---当初はこの曲にしか使用されていなかったが、後に「Bad Apple!!」でも使用され東方汎用と判明した。

-''物凄い勢いでけーねが物凄いうた''~
「&color(green){懐かしき東方の血 〜 Old World};」
--SDVX BOOTHにも収録。
---SDVX版音源。元のムービーより若干尺は伸びているが問題無くムービーが当てはまっている。(元のムービー版にはSDVXの直角地帯に入る前のコール部分が無い)
---このムービーは、迷走ポタージュのみ〜やが[[第2回東方ニコ童祭に投稿したもの>http://www.nicovideo.jp/watch/sm12229846]]が使われており、曲の最後の「東方ニコ童祭」が表示されている部分が「caved!」となっているなどの違いがある。
---ジャケットは2013年の例大祭で頒布された「物凄いベスト」のもの。

2014/08/21追加
-''Help me, ERINNNNNN!!''~
「&color(green){竹取飛翔 〜 Lunatic Princess};」
--この曲は2004年12月頒布のCDに収録されたインスト版と、2007年に頒布されたバンドアレンジのボーカル版が存在するが、~
BeatStreamに収録されているのはバンドアレンジ版。
---なお、SDVX BOOTHにはBSとは違いインスト版を収録。他社のゲームではmaimai、GROOVE COASTER ARCADEにバンドアレンジ版が収録。
--曲選択時のBPMは183のままだが、終盤でBPMが180→184と微変動。
--東方アレンジ動画の製作でおなじみの迷走ポタージュが独自に製作したオリジナルムービーを使用。~
この映像は後に、コミックマーケット87で頒布された「幻想郷フラッシュバック!!」に収録された。
この映像は後に、コミックマーケット87で頒布された「幻想郷フラッシュバック!!」に収録された他、DanceDanceRevolution Aに本曲が収録された際の専用ムービーとしても使用されている。
---「幻想郷フラッシュバック!!」版は、ゲーム映像と比較して一部相違点あり。
//妹紅にやられた輝夜の姿は「ヤムチャしやがって・・・」なアレ
//「♪鈴仙てゐの二人は〜」の吹き出しは、艦これネタに
//モニターに写っている霊夢・紫の霊夢側は、ゲーム版では飴を持っているのが、タバコを持っている。おそらく表現規制の都合だろう
--ジャケットもSDVX版とは違い、「とうほう☆あまねりお」のものが使われている。
--動画では「( ゜∀゜)o彡 えーりん!えーりん!」の弾幕がおなじみで、SOUND VOLTEXでは右手直角ツマミ多用譜面となっている。また、GROOVE COASTER ARCADEではプレイ中に「「( ゜∀゜)o彡」の顔文字が登場する。

-''最終鬼畜妹フランドール・&ruby(スカーレット){S};''~
「&color(green){U.N.オーエンは彼女なのか?};」
--SDVX II、jubeat propにも収録。
--タイトルの元ネタはケイブの弾幕シューティングゲーム「&ruby(どどんぱち){怒首領蜂};」のBGM「最終鬼畜兵器 蜂」。~
そのためか、東方Project以外に、CAVEによる弾幕STGゲームのBGMを元ネタにしたアレンジである。
---真ボス「光翼型近接支援残酷戦闘機 エヴァッカニア・ドゥーム」戦BGM「&color(#ff6699){NO REMORSE};」(ケツイ〜絆地獄たち〜 より)
---真ボス「極殺兵器 緋蜂」戦BGM「&color(#ff6699){緋蜂};」(怒首領蜂大往生 より)
---ステージ5ボス「'''最終鬼畜'''兵器 黄流」(怒首領蜂大往生 より)
--SDVXのコンテストでの採用者が独自に製作したオリジナルムービーを使用。
--「Help me, ERINNNNNN!!」と同じく「東方ストライク」が初出だが、SDVX版同様に本曲のジャケットはC83で頒布された「東方インストライク」のものが使われている。
--ちなみにこの曲、完全アカペラ(?)バージョンの「最終鬼畜全部声」・演奏と歌(??)が半々の「最終鬼畜半分くらい声」・「東方妖々夢 〜the maximum moving about〜」の石鹸屋との合作である「最終鬼畜一部声」と言うアレンジも存在する。いすれも歌詞(???)が非常にカオス(ち○○とか、○ん○とか、○○ことか)だが「最終鬼畜一部声」はJOYSOUNDとDAMでカラオケ配信されており、さらにはSEGAのmaimaiとCHUNITHMで再リミックス版の「最終鬼畜妹・一部声」が音ゲー配信されている。
--&color(red){BeatStream稼動終了に伴い、この曲の書き下ろしムービーを見る手段は現時点で無くなっている};

-''ナイト・オブ・ナイツ''~
「&color(green){フラワリングナイト};」
--SDVX BOOTH、jubeat propにも収録。他社のゲームではmaimai、太鼓の達人、GROOVE COASTER ARCADEに収録。~
--SDVXのコンテストでの採用者が独自に製作したオリジナルムービーを使用。~
--SDVXのコンテストでの採用者が独自に製作したオリジナルムービーを使用。同ムービーは後に本曲がDanceDanceRevolution Aに収録された際の専用ムービーとしても使用されている。~
「みずは」は東方関連のSDVXコンテストで、パチュリー・ノーレッジのアピールカードが採用されている。
--ジャケットはSDVX版とは違い新規。

Voltはいらない!? タカハシサンラボ楽曲 先行解禁イベント!~
(正式追加は2014/11/19)
-''Bad Apple!! feat. nomico''~
「&color(green){Bad Apple!!};」
--先行解禁:2014/10/23-25
--SDVX BOOTH、jubeat propにも収録。
---アーティスト名義が異なるが、音源はSDVXと同じもの。
---Alstromeria RecordsとはMinoshima Masayoshi氏主催のサークル名。
--ムービーは有名な影絵PVではなく、げきおこと同じ東方汎用。
--&color(black){''[NIGHTMARE]''};総ノーツは596と&color(#ff1683){[BEAST]};の632ノーツを下回る。NIGHTMARE譜面の総ノーツ数が同じ曲のBEAST譜面よりも少ない楽曲はsister's noiseに続き2曲目。
--&color(#fff,#111){''[NIGHTMARE]''};総ノーツは596と&color(#ff1683){[BEAST]};の632ノーツを下回る。NIGHTMARE譜面の総ノーツ数が同じ曲のBEAST譜面よりも少ない楽曲はsister's noiseに続き2曲目。
//sister's noiseもBEASTが421ノーツでNIGHTMAREが408ノーツ

-''泡沫、哀のまほろば''~
「&color(green){エクステンドアッシュ 〜 蓬莱人};」「&color(green){月まで届け、不死の煙};」
--先行解禁:2014/10/26-28
--SDVX BOOTHにも収録
--ムービーは『幻想万華鏡「泡沫、哀のまほろば」PV』より。
--上記のPVに合わせているため、SDVXとは曲の構成が異なる。
---SDVXはサビを2回繰り返しアウトロが無いのに対し、BeatStreamではPVに合わせてサビは1回のみでアウトロがある。このためSDVXではほぼ2分あるのに対してBeatStreamは1分40秒程度と大幅に短くなっている。

-''sweet little sister''~
「&color(green){U.N.オーエンは彼女なのか?};」
--先行解禁:2014/11/01-03
--BEMANIシリーズ初収録。他社のゲームではmaimaiに収録(但し曲構成が異なる)。
--BEMANIシリーズ初収録。他社のゲームではmaimaiに収録。(但し曲構成が異なる)
---SDVX IVにも今後収録予定。(ニコニコ動画[[sm30269831>http://www.nicovideo.jp/watch/sm30269831]]からの情報)
--七薙が製作した、東方アレンジライブ「Flowering Night 2011」に使われたVJ素材が使われている。
--&color(#ff1683){[BEAST]};1:30〜1;50までリズムの取りにくい+タッチの場所が変わる連続トリルの滝が振ってくる(約186個)。初見要注意。

[[BEMANI×TOHO>合同イベント/2015年#touhou]]~
「BEMANI×東方Project Ultimate MasterPieces」樂曲配信
--いずれも同アルバムからの出典。
---[[05月01日より同アルバムの樂曲はその時点で未配信のものも含めYouTubeのKONAMI STYLEアカウントにて全て試聴可能となった。>http://www.konamistyle.jp/item/73096]]
---また、[[BEMANI×TOHO公式サイト>http://p.eagate.573.jp/game/bemani/reitaisai2015/]]でも試聴可能になっている。~
試聴音源はYouTubeにアップロードされたものと同じだがこちらの方が高音質。
---2015/05/27より[[BEMANI Fan SiteのCHECK!SONGS 2015 May>http://p.eagate.573.jp/game/bemani/fansite/p/music/201505/]]でも全曲分のジャケットと試聴が公開されている。~
試聴音源はBEMANI×TOHO公式サイトのものと同じ。
--BEMANI機種に収録されるものは全てゲームサイズだが、アルバムでは全てロングバージョンになっている。
--アルバム自体がすべての楽曲をBEMANI機種に収録されるのはゲームそのもののサウンドトラック等を除けば本アルバムが初となる。今までにないパターンである。
---ただし、アルバムそのものはBEMANI機種収録後の発売となるため、このアルバムを本イベントのサウンドトラックと捉えることもできる。
--各BEMANI機種との同時収録。
---本機種とSOUND VOLTEX III GRAVITY WARS、jubeat prop、REFLEC BEAT groovin'!! Upperの4機種には12曲すべて配信される。
---beatmania IIDX 22 PENDUAL、pop'n music ラピストリア、DanceDanceRevolution(2014)、GITADORA Tri-Boostの4機種には一部樂曲のみ配信。[[BEMANI×TOHO REITAISAI 2015>http://p.eagate.573.jp/game/bemani/reitaisai2015/p/music.html]]のホームページも参照。
--一部の曲は東方汎用に専用レイヤーを重ねたものを一本化したムービーを採用しているが、これらも含め専用ムービーのものは他の新規ムービーのコナオリ同様、曲の終わりに「ビートストリーム動画制作ラボ」のロゴが入っている。

第1弾(2015年04月30日配信)

-''Scarlet Moon'' / [[REDALiCE>http://dic.nicovideo.jp/a/redalice]] feat. [[Ayumi Nomiya>http://dic.nicovideo.jp/a/%E9%87%8E%E5%AE%AE%E3%81%82%E3%82%86%E3%81%BF]]~
「&color(green){亡き王女の為のセプテット};」
--共通4機種以外ではDanceDanceRevolution(2014)、第2弾でbeatmania IIDX 22 PENDUALにも収録。
--ムービーは収録当初は東方汎用だったが、NBT:J:A:A:2015051900のアップデートにてIIDXと同じ東方汎用+専用レイヤーに変更になった。~
IIDX出身のためか、「ビートストリーム動画制作ラボ」のロゴは入っていない。
---%%なお、DDRではこの東方汎用+専用レイヤーが使用されていない。%%~
DDR側でも2015/06/09のアップデートよりこの専用ムービーに変更された。
---登場するキャラはレミリア・スカーレット、ルーミア、チルノ、紅美鈴(ホン メイリン)、パチュリー・ノーレッジ、十六夜咲夜(いざよい さくや)、フランドール・スカーレット。全て『東方紅魔郷』でステージボスとして登場するキャラである。
---間奏部分のちびキャラが連続して出てくる順番は『紅魔郷』でボスとして登場する順番と同じになっている。なお、アウトロで全キャラが出てくる順番もレミリアが飛ばされることを除いて同じ。
--&color(orange){[MEDIUM]};サビのリップル3連は曲に合わせた付点8分''ではなく''、ただの4分3連。これに気付かないとスコアに大きく影響する。なお、BEASTでも該当箇所はリップル3連が来るが、こちらはきちんと曲に合わせた付点8分になっている。

-''Struggle'' / [[Masayoshi Minoshima>http://dic.nicovideo.jp/a/masayoshi%20minoshima]][[(ALR)>http://dic.nicovideo.jp/a/alstroemeria%20records]]~
「&color(green){幽雅に咲かせ、墨染の桜 〜 Border Of Life};」~
(他、公式サイトに未記載だがAメロに「&color(green){アルティメットトゥルース};」、Bメロに「&color(green){千年幻想郷 〜 History of the Moon};」のフレーズも混ざっている模様?)
--共通4機種以外ではpop'n music ラピストリア、DanceDanceRevolution(2014)にも収録。
--ムービーは東方汎用。

-''取り残された美術(Arranged:HiZuMi)'' / [[幽閉サテライト>http://dic.nicovideo.jp/a/%E5%B9%BD%E9%96%89%E3%82%B5%E3%83%86%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%88]] feat. [[senya>http://dic.nicovideo.jp/a/mayumi%20morinaga]]~
「&color(green){遠野幻想物語};」
--共通4機種以外ではbeatmania IIDX 22 PENDUALにも収録。
--専用ムービーに登場するキャラは橙(ちぇん)と八雲藍(やくも らん)。
---ムービーの一部は東方汎用を流用している。このためか、IIDXの方では東方汎用+専用レイヤーという形式になっている。

-''NEON WORLD'' / [[SOUND HOLIC>http://dic.nicovideo.jp/a/sound%20holic]] feat. [[Nana Takahashi>http://dic.nicovideo.jp/a/nana%20takahashi]]~
「&color(green){明治十七年の上海アリス};」
--ムービーは東方汎用。

東方スタンプラリー隠し曲

-''プレインエイジア -PHQ remix-'' / [[PHQUASE>http://dic.nicovideo.jp/a/phquase]]~
「&color(green){プレインエイジア};」
--SDVXとBSではジャケットが難易度別に変化する。
--専用ムービーに登場するキャラはジャケットにも描かれている上白沢慧音(かみしらさわ けいね、人間時・白沢時両方)の他、ミスティア・ローレライ、リグル・ナイトバグ、ルーミア、チルノ。
//いわゆるバカルテット。
--本曲のムービーはBeatStream稼動終了に伴い見る手段が消滅していたが、後にDDR Aに収録された際に本曲のムービーも同時に収録された。これにより2018年現在稼働中のBEMANI機種で全てのTOHO x BEMANIの書き下ろしムービーを見れるようになった。

-''ホメ猫☆センセーション'' / [[P*Light>http://dic.nicovideo.jp/a/p%2Alight]] feat. mow*2~
「&color(green){ティアオイエツォン(withered leaf)};」
--共通4機種以外ではDanceDanceRevolution(2014)にも収録。
--専用ムービーに登場するキャラは橙(ちぇん)と八雲藍(やくも らん)。
---%%なお、DDRではこの専用ムービーが使用されていない。%%~
DDR側でも2015/06/09のアップデートよりこの専用ムービーに変更された。

-''Russian Caravan Rhapsody'' / [[Power Of Nature>http://dic.nicovideo.jp/a/pon]]~
「&color(green){上海紅茶館 〜 Chinese Tea};」
--共通4機種以外ではpop'n music ラピストリア、GITADORA Tri-Boostにも収録。
--専用ムービーに登場するキャラはジャケットにも描かれている紅美鈴(ホン メイリン)の他、レミリア・スカーレットも登場する他、pop'n musicのキャラのカップくんや、ミミニャミのシルエットが描かれた器も描かれている。
---ムービーの一部は東方汎用を流用している。GITADORAでも同じムービーを使用。

-''BEAT-NEW-WORLD'' / [[ビートまりお>http://dic.nicovideo.jp/a/%E3%83%93%E3%83%BC%E3%83%88%E3%81%BE%E3%82%8A%E3%81%8A]]([[COOL&CREATE>http://dic.nicovideo.jp/a/cool%26create]])~
「&color(green){懐かしき東方の血 〜 Old World};」
--ジャケットはSDVXのEXHAUSTのもので固定(難易度別に変化しない)。
--ムービーは東方汎用。

第12回博麗神社例大祭先行解禁~
例大祭配布ポストカード特典シリアルコード (2015/05/10先行追加)~
2015/05/14正式追加(タカハシサンラボ)~
--全てIOSYS「[[はいぱぁ電波これくしょん! -フリーダム★東方編->http://www.iosysos.com/dencolle/]]」からの楽曲、オリジナルムービー付き。
--これらの新規ムービーは、2015/05/18〜22の5日間に掛けてIOSYSより動画サイトにアップされている。

-''きゅうりバーにダイブ''~
「&color(green){芥川龍之介の河童 〜 Candid Friend};」
--BEMANIシリーズ初収録。
--「&color(green){芥川龍之介の河童 〜 Candid Friend};」アレンジ曲は他社音ゲーを入れても当楽曲が初収録。
--2015/05/21にIOSYSによる公式動画がアップされた([[ニコニコ動画>http://www.nicovideo.jp/watch/sm26297591]]/[[YouTube>http://www.youtube.com/watch?v=6RgqHwkGL8A]])

-''ジャスティス・オブ・ザ・界隈 〜ALL IS FAIR IN LOVE AND ALIMARI〜''~
「&color(green){人形裁判 〜 人の形弄びし少女};」「&color(green){ブクレシュティの人形師};」
--BEMANIシリーズ初収録。
--アリマリはカップリングの1つ。''アリ''ス・マーガトロイド×霧雨''魔理''沙の組み合わせだが、特にアリスが主導権を持っていることが多い場合に強調される。
--2015/05/22にIOSYSによる公式動画がアップされた([[ニコニコ動画>http://www.nicovideo.jp/watch/sm26304573]]/[[YouTube>http://www.youtube.com/watch?v=9yJ3MdUUQdg]])
--ジャケットは難易度別で異なり、&color(blue){[LIGHT]};は魔理沙、&color(darkorange){[MEDIUM]};と&color(red){[BEAST]};はアリスをフィーチャーしている。

-''進捗どうですか?''~
「&color(green){遠野幻想物語};」
--BEMANIシリーズ初収録。
--2015/05/19にIOSYSによる公式動画がアップされた([[ニコニコ動画>http://www.nicovideo.jp/watch/sm26259576]]/[[YouTube>http://www.youtube.com/watch?v=1CAW8AVz498]])

-''トラウマ催眠少女さとり!''~
「&color(green){少女さとり 〜 3rd eye};」
--BEMANIシリーズ初収録。
---2016/12/21よりSDVX IVにも収録された。
--2015/05/20にIOSYSによる公式動画がアップされた([[ニコニコ動画>http://www.nicovideo.jp/watch/sm26259590]]/[[YouTube>http://www.youtube.com/watch?v=iP85OAMvakE]])

-''マスパでシュッ☆メイドウィッチまりさちゃん''~
「&color(green){恋色マスタースパーク};」「&color(green){メイガスナイト};」
--SDVX IIにも収録。
---SDVXとは名義表記が一部異なり(「ARM(IOSYS) feat. 桃井はるこ」→「ARM feat.桃井はるこ」)、ジャケットも新規のものになっている。
---曲のカットはSDVXと同じ。実質的にメイガスナイトに相当する部分はない。
--2015/05/18にIOSYSによる公式動画がアップされた([[ニコニコ動画>http://www.nicovideo.jp/watch/sm26259559]]/[[YouTube>http://www.youtube.com/watch?v=-lGAOsq9p-w]])

[[BEMANI×TOHO>合同イベント/2015年#touhou]]~
「[[BEMANI×東方Project Ultimate MasterPieces>http://www.konamistyle.jp/item/73096]]」樂曲配信~
第2弾(2015年05月14日配信)~
秘密のメール隠し曲

-''妖隠し -あやかしかくし-'' / [[DJ TOTTO>http://dic.nicovideo.jp/a/dj%20totto]] feat.[[3L>http://dic.nicovideo.jp/a/3l]]~
「&color(green){ネクロファンタジア};」
--共通4機種以外ではbeatmania IIDX 22 PENDUAL、pop'n music ラピストリア、DanceDanceRevolution(2014)にも収録。
--ムービーは収録当初は東方汎用だったが、NBT:J:A:A:2015051900のアップデートにてIIDXと同じ東方汎用+専用レイヤーに変更になった。~
IIDX出身のためか、「ビートストリーム動画制作ラボ」のロゴは入っていない。
---%%なお、DDRではこの専用ムービーが使用されていない。%%~
DDR側でも2015/06/09のアップデートよりこの専用ムービーに変更された。
---登場するキャラは八雲紫(やくも ゆかり)、橙(ちぇん)、八雲藍(やくも らん)。いわゆる八雲一家のキャラクターである。

-''竹取飛翔 〜 Lunatic Princess (Ryu☆Remix)'' / [[Ryu☆>http://dic.nicovideo.jp/a/ryu%E2%98%86]]~
「&color(green){竹取飛翔 〜 Lunatic Princess};」
--ムービーは東方汎用。

-''千年ノ理'' / [[猫叉Master>http://dic.nicovideo.jp/a/%E7%8C%AB%E5%8F%89master]]~
「&color(green){千年幻想郷 〜 History of the Moon};」
--共通4機種以外ではbeatmania IIDX 22 PENDUAL、pop'n music ラピストリアにも収録。
--曲名は「せんねんのことわり」と読む([[BEMANI生放送(仮) 第83回>http://www.youtube.com/watch?v=he4570Hvi8c]]より)
--SDVX・BS・REFLECではジャケットが難易度別に変化する。
--専用ムービーに登場するキャラは八意永琳(やごころ えいりん)、因幡てゐ(いなば -)、鈴仙・優曇華院・イナバ(れいせん・うどんげいん・-)、蓬莱山輝夜(ほうらいさん かぐや)。~
いわゆる永遠亭関連のキャラクターである。
---ムービーの一部は東方汎用を流用している。このためか、IIDXの方では東方汎用+専用レイヤーという形式になっている。

-''ほおずき程度には赤い頭髪'' / [[Akhuta>http://dic.nicovideo.jp/a/akhuta]]~
「&color(green){ほおずきみたいに紅い魂};」
--共通4機種以外ではGITADORA Tri-Boostにも収録。
--ムービーは東方汎用。GITADORAでも別の汎用ムービーが使用されている。


2015/10/01追加(タカハシサンラボ)
-''東方妖々夢 〜the maximum moving about〜''~
「&color(green){東方妖々夢 〜 Ancient Temple};」
--SDVX IIにも収録。
--石鹸屋は2015年3月にメインボーカルの厚志とBOSSが脱退を発表しており、下記のってゐ!を含め、旧メンバー時代の楽曲である。
--ジャケット・音源はSDVXと同じく「東方不可拘束」のもの。
--ムービーは東方汎用。

-''ってゐ! 〜えいえんてゐVer〜''~
「&color(green){シンデレラケージ 〜 Kagome-Kagome};」
--SDVX II、グルーヴコースターEX、maimai ORANGE PLUSにも収録。
--「東方不可拘束〜the maximum moving about!〜」の同タイトル曲にボーカルを付け加えたバージョンで、「石鹸屋のお歳暮2」が初出。
--ジャケット・音源はSDVXと同じく「東方ファイブスター」のもの。
---SDVX・BS・グルコスは「東方ファイブスター」版、maimaiは「石鹸屋のお歳暮2」版の音源を使用している。
--ノヤ氏の手がけたムービーを使用。→[[ニコニコ動画>http://www.nicovideo.jp/watch/sm5597644]]
---収録部分に合わせたカットの他、最後にてゐが月に向かって中指を立てるシーンがカットされている。

2015/10/08追加(タカハシサンラボ)
-''Phantasm Brigade''~
「&color(green){ネクロファンタジア};」
--SDVX IIにも収録。
--ムービーは本作のための描き下ろし。
--ムービーは本作のための描き下ろしで、映像素材にichikoボーカルのカバーを収録した「[[闇の魔法結界>http://www.silver--forest.com/yami.htm]]」のジャケットイラストが使われている。
--BeatStream稼動終了に伴い、この曲の書き下ろしムービーを見る手段がなくなると思われたが、2017/05/11よりセガ「maimai」にムービーごと収録された。~
BeatStream用に作られたムービーが他社の音楽ゲームで救済されるという、極めて珍しい事例となる。
---上記から2年後、2019/05/05の博麗神社例大祭にて頒布された「[[Silver Forest Project.Dvd 2>https://silverforest.blog/2019/05/03/%E3%80%90dvd%E3%80%91silver-forest-project-d%EF%BD%96%EF%BD%84-2%E3%80%90mv%E3%80%91/]]」で遂にDVD収録が実現した。~
ムービーが初登場からであれば実に3年半後となる。


-''最速最高シャッターガール''~
「&color(green){風神少女};」※東方文花帖 〜 Shoot the Bullet.版
--SDVX III、maimai GreeN PLUSにも収録。
--ジャケットはCOOL&CREATE東方ボーカルコレクションIII「スーパーシャッターガール」のもの。
--じぇふ氏らが所属する東方PV制作集団「[[AniPix>http://dic.nicovideo.jp/a/anipix]]」が手がけたムービーを使用。→[[ニコニコ動画>http://www.nicovideo.jp/watch/sm6246365]]
---maimaiでも同じムービーを使用している。

**KONAMI ORIGINAL [#t00b8a68]

稼働時点(2014/07/17)収録

-''Colorful Days〜NEWラブプラス メインテーマ〜''
--ニンテンドー3DS専用ソフト「[[NEWラブプラス>http://www.konami.jp/products/newloveplus/]]」メインテーマ。
---REFLEC BEAT limelightにも収録。
--作曲はドリームクラブの楽曲や、デスクリムゾン2などのエンディングテーマを手掛けたmomoこと道下桃([[ソース>http://www.sound-ams.com/contents/diary.html]])。作詞は達見恵。
--ジャケットは「NEWラブプラス メインテーマ & 歌う ラブプラス DVD」のもの。
---ちなみに、このCDにはSota Fujimoriによる「Colorful Days」のREMIX Ver.も収録されている。
--歌手の名義は作中のキャラクター名になっている。各キャラの担当声優は以下の通り(左:キャラ名,右:担当声優)。
---高嶺 愛花(たかね まなか)=早見 沙織(はやみ さおり)
---小早川 凛子(こばやかわ りんこ)=丹下 桜(たんげ さくら)
---姉ヶ崎 寧々(あねがさき ねね)=皆口 裕子(みなぐち ゆうこ)

-''Miracle Halloween''
--KPEのパチスロ「[[マジカルハロウィン>http://www.kpenet.jp/kpe_mh/]]」のカボチャンス・カボチャレンジのBIGボーナス中BGM。
---REFLEC limelightには、シリーズ作である「[[マジカルハロウィン3>http://www.kpenet.jp/contents/magihallo3.html]]」から通常BIGボーナス中BGMの「記憶の欠片」が収録されている。
--作曲はCS pop'nオリジナル曲を多数制作し、pop'n ラピストリアでは「Perverse Heart 〜あまのじゃく〜」を提供したota2。作詞はボーカルであるSana自身が手掛けている。
//EGOISTIC LEMONTEAは個人の名義ではなく、作詞のmaru(増田礼子)、ボーカルのchako(我妻久子)とのユニット名義です
---ちなみに、上記の「記憶の欠片」も同じメンバーによる楽曲である。
--Sanaのアルバム「ボクをさがしに」には、kors kによるリミックスVer.である「Miracle Halloween (disconation J-EURO mix)」が収録されている。
--ジャケットは「マジカルハロウィン」と「サンバ×サンバ」の2機種の音楽を収録したサントラのものが使われている。~
イラストレーターは「マジカルハロウィン」(右側)はシリーズを通してキャラクターデザインを務めている[[MAO>https://twitter.com/MAO_MH/]]、「サンバ×サンバ」(左側)はYUKI。
//サントラのクレジットに記載がありました

2014/07/24追加(タカハシサンラボ)
-''Idola''【&color(green){G};】([[Wiki>http://www5.atwiki.jp/hmiku/pages/29631.html]])
--「[[GUMI 5th Anniversary party Presented by BEMANI>合同イベント/2014年#gumi5tha]]」企画が初出の曲。既に現行BEMANI8機種に収録されている。
---後にミライダガッキ Ver.2にも収録され、DEA以外のBEMANI全機種を制覇した。
--作詞・作曲はwac([[インタビュー>http://www.konami.jp/573ch/content.php?serial=161]])。
--曲名はラテン語で「偶像」を意味する名詞「idolum」の複数形。「イドラ」と読む。
---英語の「Idol(アイドル)」の語源になった言葉。科学哲学においては「真理に達することを邪魔する偏見・先入観」のことを指す。
--選曲画面において、配信当初はムービー製作者・ジャケット製作者の名前が記載されていなかったが、後のアップデートで記載されるようになった。
---一方でPV内の方では配信当時から普通に表記されていた。

2014/09/04追加(タカハシサンラボ)
-''ちくわパフェだよ☆CKP''
--「[[ひなビタ♪>http://www.konami.jp/mv/hinabita/index.html]]」からの出典。
--ひなビタ♪放送局:[[第7回「マジカルちくパガールズ参上だよっ☆」>http://www.youtube.com/watch?v=elD2Fco0H6s]]
--ボーカルは作中のキャラである「山形まり花(CV:日高里菜)」と「芽兎めう(CV:五十嵐裕美)」の2人。「ひなビタ♪」からの楽曲としては初のデュエット曲となる。
--制作は北海道の音楽制作集団「[[IOSYS>http://www.iosysos.com/]]」が担当(作編曲担当ARM、作詞担当夕野ヨシミ)。
--収録時点ではbeatmania IIDX、SOUND VOLTEXを除くすべての現行BEMANI機種に収録されており、ひなビタ♪楽曲としては最多機種数収録となる。~
ちなみにBeatStreamでのひなビタ♪楽曲収録はこれが初である。
---その約1年後にSOUND VOLTEXにも収録され、さらに先駆けて他社のチュウニズム(セガ)にも収録されたことで、2015年時点では11機種でひなビタ♪楽曲としては最多収録機種数となる(ギタドラは個別にカウントする)
--ロケテスト時には収録されていたが、稼動開始時には収録されておらず今回でようやく収録となった。このため実際の収録時期ではDanceEvolution ARCADEに追い越されることになった。
---にも関わらず公式サイトの「[[遊び方>http://p.eagate.573.jp/game/beatstream/bs/p/howto/index.html]]」のページには稼働当初からこの曲のプレイ画像が使用されていた。
--&color(#ff1683){[BEAST]};ロケテスト時はLv9であったが、製品版でLv10に変更された。

-''ミライノトビラ''
--KPEのパチスロ「[[マジカルハロウィン4>http://www.kpenet.jp/slot/magihallo4/]]」の通常BIGボーナス中BGM。
--「Miracle Halloween」と同じく作曲はota2、作詞はSana。
--ジャケットは「マジカルハロウィン4」のサントラのものが使われている。~
イラストレーターは「Miracle Halloween」と同じくMAO。

-''Rainbow Magic''
--「クイズマジックアカデミー 賢者の扉」エンディングテーマ。
---プレー中は筐体のデモ画面で流れていたオープニング映像が流れる。
---同作のOPではオフボーカル版が使用されており、こちらは「オープニングテーマ 〜クイズマジックアカデミー賢者の扉より〜」としてREFLEC limelight/plus、jubeat plusに収録されている。
--作曲・編曲は劇団レコードこと広野智章。作詞はボーカルも務める浅葉リオ。
--ジャケットイラストはjubeat saucerに収録されている「天上の果て」と同じく「クイズマジックアカデミー 賢者の扉」サントラのもの。~
本作ではサントラジャケット上部のアルバム名とKONAMIロゴが、jubeatではそこから更にジャケット右下のタイトルロゴが取り除かれて使われている。([[参考>http://www.konamistyle.jp/sp/qma9_st/images/pic01c.jpg]])
--QMAでこの曲を聴くには、協力プレーでクリアする、または賢者に昇格する必要があった。

2014/09/25追加(タカハシサンラボ)
-以下3曲のアーティストの「Prim」はボーカルのmoimoiこと森永真由美の変名。~
いずれも作詞はmitsu、作曲はT.KakutaことL.E.D.。

-''†渚の小悪魔ラヴリィ〜レイディオ†''
--初出はjubeat saucer。
---SOUND VOLTEXとDance Evolution ARCADEを除くすべてのBEMANI機種に移植済み。
--ムービーはGITADORA&DDR移植時に制作されたものを使用。
---両機種では当初[[連動イベント>連動企画/jubeat・GITADORA・DDRのTriple Journey]]において終盤での解禁であった他、同ムービーはbeatmania IIDX 21 SPADA以降でも使用されている。

-''恋する☆宇宙戦争っ!!''
--初出はbeatmania IIDX 19 Lincle。
---REFLEC BEAT limelight・pop'n music Sunny Park・ミライダガッキ・jubeat saucerに移植済み。SOUND VOLTEXにはARM(IOSYS)によるリミックスが収録。
--ムービーはIIDX版と同様の形式で、汎用ムービーのようなものにIIDXでのレイヤーをそのまま再現したものを組み合わせている。
---ただし汎用ムービーに該当する部分はIIDXのものとは異なる新規のもの。映像サイズはIIDX版のままなため、左右の余白に黒帯+フィルム演出が追加されている。
---またIIDXではミスレイヤーだったものを含む全レイヤーを含めて、一本のムービー化されている。レイヤーの出現タイミングなどもIIDXとは全く異なる。([[参照>http://www.youtube.com/watch?v=LkHpp9yoebI]])

-''狂イ咲ケ焔ノ華''
--初出はbeatmania IIDX 20 tricoro。今回のBeatStreamへの移植が、この曲の初移植となった。
--ムービーはIIDX版と同様の形式。こちらは背景動画も同じ。

2014/10/09追加(タカハシサンラボ)~
ひなビタ♪スタンプラリー
--以下4曲は「[[ひなビタ♪>http://www.konami.jp/mv/hinabita/index.html]]」からの出典。いずれもBeatStream初出の新規描き下ろしムービー。
---後に同様のムービーがGITADORAとDanceDanceRevolutionに全曲移植された。

-''カタルシスの月''
--ひなビタ♪放送局:[[第8回「ぐ、愚昧な事ばかり言わないでくれるかしら…洋服屋」>http://www.youtube.com/watch?v=LcgNhqvm3HM]]
---既にREFLEC BEAT colette -Autumn-、jubeat saucer、pop'n music Sunny Park、GITADORAにも収録。
--ボーカルは作中のキャラである「和泉一舞(CV:津田美波)」と「霜月凛(CV:水原薫)」。
--実際の作曲は株式会社アリア・エンターテイメントの音楽制作集団「Elements Garden」に所属するアーティストの藤田淳平。作詞担当は有里泉美。

-''凛として咲く花の如く 〜ひなビタ♪edition〜''
--「凛として咲く花の如く」のひなビタ♪メンバーによるアレンジカバーバージョン。~
『ひなビタ♪ ORIGINAL SOUNDTRACK』『Bitter Sweet Girls!』に収録。
---この曲はひなビタ♪放送局での収録はされずREFLEC BEAT colette -Summer-にて初披露となった。jubeat saucer、DanceDanceRevolution(2013)、ミライダガッキVer.2、GITADORA OverDriveにも収録。
---原曲はpop'n music 15 ADVENTUREの「凛として咲く花の如く」、作曲はTOMOSUKE。原曲が収録されずにひなビタ♪版のみが収録されるのは初となる。
--ボーカルは日向美ビタースイーツ♪のメンバー全員(「山形まり花(CV:日高里菜)」、「和泉一舞(CV:津田美波)」、「春日咲子(CV:山口愛)」、「芽兎めう(CV:五十嵐裕美)」、「霜月凛(CV:水原薫)」)

-''めうめうぺったんたん!!''
--ひなビタ♪放送局:[[第4回「めうめうのグローバル萌えおこし大作戦??」>http://www.youtube.com/watch?v=tZ3-GMY8K5E]]
---既にDanceDanceRevolution(2013)、REFLEC BEAT colette -Spring-、GITADORA、jubeat saucer、pop'n music Sunny Park、ミライダガッキ Ver.2にも収録。
--ボーカルは作中のキャラである「芽兎めう(CV:五十嵐裕美)」。
--実際の曲制作は北海道の音楽制作集団「IOSYS」が担当([[公式発表記事>http://www.iosysos.com/20130404_meumeu/]])。布陣は作編曲担当ARM、作詞担当夕野ヨシミと、IIDX Lincleの「突撃!ガラスのニーソ姫!」やtricoroの「カジノファイヤーことみちゃん」、BeatStreamでは先発の「ちくわパフェだよ☆CKP」等と全く同じである。

-''滅亡天使 † にこきゅっぴん''
--ひなビタ♪放送局:[[第14回「滅亡天使 † にこきゅっぴん」>http://www.youtube.com/watch?v=d05dqQpcVow]]
---BEMANI収録順では初のBeatStream初出コナミオリジナル楽曲にあたる(ただし、上記の通りひなビタ♪放送局で先行公開)。
---後にREFLEC BEAT groovin'!!、jubeat saucer fulfill、pop'n music ラピストリア、GITADORA OverDriveにも収録。
--ボーカルは作中のキャラである「霜月凛(CV:水原薫)」と「芽兎めう(CV:五十嵐裕美)」。
--実際の曲製作は「めうめうぺったんたん!!」同様にIOSYSが担当。作曲はARM、作詞は夕野ヨシミ。
--スタンプコンプリートで全難易度が解禁する。

2014/11/21追加~
ビビットgroovin'Upperキャンペーン!!
//公式告知では「ビビットgroovin'Upperキャンペーン」 ゲームタイトルではなく曲名の方の「groovin'」を元にしているようです。
//https://twitter.com/reflecbeat573/status/535329047710937088

-''ビビットストリーム''
--BeatStreamのシステムBGMをプレイアブル曲にしたもの。同日REFLEC BEAT groovin'!! Upperにも収録。
---「BeatStream初出曲」としては初となる(にこきゅっぴんは「ひなビタ♪放送局」にて既に公開されていたため)。~
公式Twitterでは「[[初めてのBisCoたちの曲>http://twitter.com/BST_BEMANI/status/535244436092243968]]」と告知されている。
---ゲーム収録に先立ち、8月に行われた「EXIT TUNES ACADEMY FINAL SPECIAL 2014」で既に「Beatstream メインテーマ」という曲名で披露されていた(参考:[[4gamer.netによるレポート記事>http://www.4gamer.net/games/247/G024776/20140806112/]])。
---2015/04/20発売のライブアルバム[[「EXIT TUNES Dance Party -beatnation RHYZE music council-」>http://www.konamistyle.jp/item/73052]]で初めてCD音源化となった。ライブ版ではないオリジナル音源はCD未収録。
---2015/04/20発売のライブアルバム[[「EXIT TUNES Dance Party -beatnation RHYZE music council-」>http://www.konamistyle.jp/item/73052]]で初めてCD音源化となった。ライブ版ではないオリジナル音源は2015/12/02よりデジタル限定配信発売の「[[DanceDanceRevolution Original Soundtrack Vol.2>http://www.konami.jp/products/ddrost2/]]」に収録されている。
--BeatStreamでは全難易度無条件追加、BeatStreamでプレイするとREFLEC BEATで解禁される。
--「ビビッ''ド''ストリーム」ではなく、「ビビッ&color(red){''ト''};ストリーム」が正しい表記。濁点はつかない。
---英語のVivid(鮮やか)を連想させるタイトルだが、「ビートストリーム」に近い表記、もしくは「ビビッとくる」の「ビビッと」とかけているものと思われる。
--「ビビットストリーム」というタイトルに反してストリームノーツは一切登場しない。
--「ビビットストリーム」というタイトルに反してストリームノーツは一切登場していなかった。
--&color(#fff,#111){''[NIGHTMARE]''};2015/11/26追加のNIGHTMARE譜面ではストリームノーツが登場する。

-''groovin'''
--サブタイトルの通りであるREFLEC BEAT groovin'!!からの移植曲。 Sota Fujimori 5th ALBUM『SYNTHESIZED5』収録。
---REFLEC BEAT groovin'!!のシステムBGM、DEFAULT選曲BGMをプレイアブル曲にしたもの。
--ムービーはRb groovin'!!のゲーム画面の素材を再編集した物を専用ムービーとして使用。
--REFLEC BEATでプレイするとBeatStreamで解禁される。
--REFLEC BEAT側同様にジャケットは難易度別に変化し、背景色が各難易度に対応した色(緑、黄、赤)になっているほか、曲名やパステルくんなどキャラクターの配置が少々異なっている。

&aname(ponmeijk);
2014/12/24追加~
[[PONの運命浄化計画>連動企画/PONの運命浄化計画]]

-''Harmonia''
--pop'n music ラピストリアからの移植曲([[曲紹介>http://p.eagate.573.jp/game/popn/lapistoria/p/musicchar/mcdetail/ns_harmonia.html]])。
---pop'n側では現在ストーリー隠し曲になっている。
--作曲はPON。pop'nラピストリアのOP曲で、[[公式アニメPV>http://www.youtube.com/watch?v=dZyakayTCDM]]で使用されているテーマ曲。
--ムービーは冒頭部分がアニメPVで、その後はpop'nのゲーム上のキャラアニメムービーに準拠したものになっている。
--ムービーは冒頭部分がアニメPVで、その後はpop'nのゲーム上のキャラアニメムービーに準拠したものになっている。pop'n初出の専用ムービーが他機種に移植されるのは今回が初。
---ただしワイド全画面対応でムービーが作り直されており、画面比率の関係上、配置などはポップン版から一部変更されている。~
リュータのピチ丼の魚が無くなっている等、一部描写ミスと思われる箇所もある。
---尺の関係かPV冒頭にあったMZDの登場シーンがカットされている他、ラストシーンはMZDをポップンの筐体のモニタにうっすらと映しながらカメラが引いていき、ポップン筐体全体を映すものに変更されている。
--曲名の読みは「ハルモニア」
--配信時点ではアーティスト名が「A''ST''UMI UEDA」と誤植されていた(正しくはA''TS''UMI)。~
→2015年3月17日にアップデートで修正。

2015/01/15追加(タカハシサンラボ)
-''突撃!ガラスのニーソ姫!''
--beatmania IIDX 19 Lincleからの移植曲([[曲紹介>http://p.eagate.573.jp/game/2dx/19/p/newsong/s_garasu_niso.html]])。
---SOUND VOLTEX BOOTHにはD.wattによるリミックスが収録されている。
--ムービーはIIDXとほぼ同様だが、汎用ムービーだった部分も全てニーソ姫のアップのレイヤーで尺が埋められている。
--IIDXとはミュージックプレビュー箇所が異なる。

-''即席!脳直★ミュージックシステム''
--beatmania IIDX 20 tricoroからの移植曲([[曲紹介>http://p.eagate.573.jp/game/2dx/20/p/newsong/sokuseki_nouchoku_music_system.html]])。
--MOSAIC.WAVはみ〜こと柏森進から成るアニメ・ゲーム主題歌を数多く手がけるユニット([[公式サイト>http://web.mosaicwav.com/]])。
--ムービーは「恋する☆宇宙戦争っ!!」と同様の形式で、汎用ムービーのようなものにIIDXでのレイヤーをそのまま再現したものを組み合わせて一本のムービー化にしている。
---ただし汎用ムービーの部分は「恋する☆宇宙戦争っ!!」とは異なるものが使われている。([[参照>http://www.youtube.com/watch?v=gRWT2Hx7_k0]])
---この汎用ムービーの部分は、後にレイヤー無しの単体のものがいーあるふぁんくらぶ等の汎用ムービーとして使用されている。

-''キャトられ♥恋はモ〜モク''
--beatmania IIDX 20 tricoroからの移植曲([[曲紹介>http://p.eagate.573.jp/game/2dx/20/p/newsong/kyatorare_koiha_moomoku.html]])。
---pop'n music Sunny Park、REFLEC BEAT colette -Summer-にも収録。
--ムービーはIIDX版と同様の形式でレイヤー、ミスレイヤーも組み合わせたものになっているが、移植元のIIDX tricoroで本曲の解禁イベントだった「ぼくらの宇宙戦争」で、当時は''譜面の解禁状況によって3段階にアニメーションが変化する仕様になっていた''ものを繋げて、一本のムービー化([[参照>https://www.youtube.com/watch?v=qaHSjPolgXM]])にしている。([[IIDX tricoroの雑記も参照>http://bemaniwiki.com/index.php?beatmaniaIIDX%2020%20tricoro%2F%BF%B7%B6%CA%BB%A8%B5%AD#j03839d2]])~
なお、IIDXではCLEAR・FAILEDで最後のシーンが分岐する形になっているが、BeatStreamでは実際のクリア正否を問わず、CLEARのシーンで固定されている。
---なおIIDXでは、イベント終了後は最終形態の状態のアニメーション(レイヤー)しか流れないため、第一・第二形態のレイヤーを実機で見られるのは、現在ではBeatStreamのみということになる。
---なおIIDXでは、イベント終了後は最終形態の状態のアニメーション(レイヤー)しか流れないため、第一・第二形態のレイヤーを実機で見られるのはBeatStreamのみということになり、稼働終了に伴い見る手段がなくなっている。

2015/02/19追加
-''EBONY & IVORY''
--[[The 4th KONAMI Arcade Championship 決勝ラウンド>The 4th KONAMI Arcade Championship/決勝ラウンド#b04]]で使用された完全新曲。
--[[The 4th KONAMI Arcade Championship 決勝ラウンド>公式大会/The 4th KONAMI Arcade Championship/決勝ラウンド#b04]]で使用された完全新曲。
--EBONY(黒檀色)がタカハシサン、IVORY(象牙色)がにゃんを表しているとのこと([[BE生(仮)第72回>http://www.youtube.com/watch?v=YnNmEOw0nhk]]より)。
--ジャケットは難易度別で異なる4種類が用意されている。

-''パ→ピ→プ→Yeah!''
--ジャケットは難易度別で異なる4種類が用意されている。
--ジャケットやムービーに登場する女の子はビースト大好きで、身につけている缶バッチはJAEPO2015で実際に販売されていたものとのこと([[BEMANI Fan Siteより>http://eam.573.jp/app/web/post/detail.php?post_id=6190696]])
---キャラクターの名前は「リオちゃん」と命名される。
--2015/10/21発売の「[[BEMANI SUMMER DIARY 2015 ORIGINAL SOUNDTRACK>http://www.konamistyle.jp/item/73172]]」で初めてCD音源化となった。

2015/03/05追加(タカハシサンラボ)
--以下3曲は「[[ひなビタ♪>http://www.konami.jp/mv/hinabita/index.html]]」からの出典。いずれもBeatStream初出の新規描き下ろしムービー。
---うち乙女繚乱 舞い咲き誇れのみDanceDanceRevolution(2014)及びGITADORA Tri-boostに同様のムービーが移植された。

-''ツーマンライブ''
--ガールズバンド「日向美ビタースイーツ♪」のメンバーと、双子アイドルユニット「ここなつ」の初合作(という設定)。
---既にSDVX IIIにも収録。ここなつ関連曲がSDVX以外の機種に収録されるのは初となる。
---後にjubeat prop、REFLEC BEAT groovin'!! Upper、pop'n music ラピストリアにも収録された。
--ボーカルは作中のキャラであるここなつの東雲夏陽(しののめ なつひ)(CV:日南結里)のみで、ひなビタ♪メンバーは歌っていない。
--実際の作曲はDECO*27が担当([[twitter告知>http://twitter.com/synkdesign/status/553129876509577218]])

-''キモチコネクト''
--「ツーマンライブ」同様、ここなつとひなビタ♪メンバーの合作という設定。
---既にSDVX IIIにも収録。
---後にjubeat prop、REFLEC BEAT groovin'!! Upper、pop'n music ラピストリアにも収録された。
--ボーカルは作中のキャラであるここなつの東雲心菜(しののめ ここな)(CV:小澤亜李)のみで、ひなビタ♪メンバーは歌っていない。
--実際の作詞作曲はJunkyが担当([[twitter告知>http://twitter.com/hinabitter/status/565825989557489664]])

-''乙女繚乱 舞い咲き誇れ''
--ひなビタ♪放送局:[[第15回「舞御前と橘姫」>http://www.youtube.com/watch?v=-fVI63JPa8c]]
---既にpop'n music ラピストリア、REFLEC BEAT groovin'!! Upper、jubeat saucer fulfill、GITADORA OverDriveにも収録。
---後にDanceDanceRevolution(2014)にも収録された。
--ボーカルは作中のキャラである和泉一舞(CV:津田美波)と春日咲子(CV:山口愛)。
--実際の曲制作は「カタルシスの月」と同じく作曲:藤田淳平(Elements Garden)、作詞:有里泉美。
--ジャケットでは咲子が鎖帷子を付け忘れて甲冑を着たというエピソードを再現しているのに対し、[[ムービー>http://p.eagate.573.jp/game/beatstream/animtribe/p/music/movie/otome.html]]ではきちんと着用している。~
2018年9月に、[[jubeat festo]]および[[GITADORA EXCHAIN]]の韓国版において本曲のジャケットが削除される事態が発生している。
//↑ひなビタ♪のストーリー内で咲子が鎖帷子をつけ忘れて甲冑を着たエピソードが記されており、文面からはそちらのエピソードのことを言ってるように取れるため、描き忘れていたかどうかは不確定だと思われます。
// ↑そっち準拠に修正してみた

2015/03/19追加
-''惑星☆ロリポップ''
--曲名の読みがわ行で始まる楽曲がBeatStreamに収録されるのはこれが初。
---この収録により、タイトル順でソートしたときにBeatStream稼働当初は空欄となっていたや行とわ行のうち1行が埋まったこととなるが、後のイベント「[[怪盗BisCoの予告状!!>連動企画/怪盗BisCoの予告状!!]]」の一環でDDRから「ヤマトなでなで♡かぐや姫」が移植されたことにより、全ての行が埋まったこととなる。
--2015/10/21発売の「[[BEMANI SUMMER DIARY 2015 ORIGINAL SOUNDTRACK>http://www.konamistyle.jp/item/73172]]」で初めてCD音源化となった。
--ボーカルだけでなく作詞・作曲もNana Takahashiが担当している([[本人のツイート>https://twitter.com/NanaTakahashi7/status/637583053196427264]]より)。
--さらに2016/12/21発売のSOUND HOLIC NEW ALBUM「[[焔 -MAGMA->http://www.konamistyle.jp/item/73700]]」で初のLONG化されることになった
--ボーカルだけでなく作詞・作曲も高橋菜々が担当している([[本人のツイート>http://twitter.com/NanaTakahashi7/status/637583053196427264]]より)。

-''爆なな☆てすとロイヤー''
--2015/05/23にIOSYSによる公式動画がアップされた([[ニコニコ動画>http://www.nicovideo.jp/watch/sm26311714]]/[[YouTube>http://www.youtube.com/watch?v=11FmFZ1fdz8]])
--ジャケットは難易度別で異なる4種類が用意されている。
--2015/12/02よりデジタル限定配信発売の「[[DanceDanceRevolution Original Soundtrack Vol.2>http://www.konami.jp/products/ddrost2/]]」で初めてCD音源化となった。

2015/04/17追加
-''メイビー初恋!? ビスケット☆大作戦''
--BSのマスコットキャラクターであるBisco自らボーカルを務めた楽曲。
--ジャケットは難易度別で異なる4種類が用意されている。
---&color(#111111){''[NIGHTMARE]''};のみジャケットイラストが大きく異なる。
---&color(#fff,#111){''[NIGHTMARE]''};のみジャケットイラストが大きく異なる。
--Biscoによるキャラソンで声優を起用した楽曲という関係上、BSオリジナル楽曲の中では唯一他機種に移植されていなかった。
---この為、2017/08/31のアニムトライヴのオンラインサービス終了と共に楽曲そのものがプレー不可能になったが、その約半年後の2018/01/18からSDVX 6周年企画の1つとしてBSオリジナル曲の大量移植が発表され、そのラインナップに含まれる形で復活した。

-''それは花火のような恋''
--BeatStream初出のPrim楽曲はこれが初となる。
--BeatStream初出のPrim楽曲はこれが初となる(そして唯一となった)。
--ジャケットは難易度別で異なる4種類が用意されている。
--&color(#111111){''[NIGHTMARE]''};BEASTHACKERで解禁していなくても「コースモードレベル10 怒りのタカハシサンのげきおこコース」ではプレー可能?(要検証)
--&color(#fff,#111){''[NIGHTMARE]''};BEASTHACKERで解禁していなくても「コースモードレベル10 怒りのタカハシサンのげきおこコース」ではプレー可能?(要検証)
--ムービーのキャラクターの名前はハルカ。

2015/06/12追加~
[[ここなつバースデー!みんなでチョコレートスマイル♪>合同イベント/2015年#coconutsbirthday]]

-''チョコレートスマイル''
--ひなビタ♪アルバム「[[Chocolate Smile Girls!!>http://www.konamistyle.jp/item/73037]]」からの楽曲。
--pop'n music ラピストリア、DanceDanceRevolution(2014)、jubeat prop、REFLEC BEAT groovin'!! Upper、DanceEvolution ARCADEとの6機種同時収録。
---収録されなかった機種のうち、GITADORAではここなつ曲が、SOUND VOLTEXでは当時日向美ビタースイーツ♪単独の楽曲が収録されていなかった((同機種では本作が6機種で配信された後の2015/10/01の芽兎めう曲収録を皮切りに日向美ビタースイーツ♪単独名義の楽曲が多く収録される事になった。))事が未収録の理由と思われる。
--日向美ビタースイーツ♪とここなつの7人全員が歌唱に参加している(山形まり花(CV:日高里菜)、和泉一舞(CV:津田美波)、春日咲子(CV:山口愛)、芽兎めう(CV:五十嵐裕美)、霜月凛(CV:水原薫)、東雲夏陽(CV:日南結里)、東雲心菜(CV:小澤亜李))
--実際の作曲はTOMOSUKE、作詞はくりむが担当。
--専用ムービーはDanceEvolution ARCADEの西園寺ひかりの振り付けのシルエットを加工したものにひなビタ♪キャラのイラストを組み合わせたものになっている。DDRでも同じムービーを使用。
---ゲーム中の振り付けのシルエットがそのまま使用されているため、ムービー中のダンスは''鏡映しされた振り付け''を踊っていることになる。(これが故意であるかは不明)

&aname(kaitoubisco);
2015/06/17追加~
[[怪盗BisCoの予告状!!>連動企画/怪盗BisCoの予告状!!]]

-''ヤマトなでなで♡かぐや姫''
--DanceDanceRevolution(2014)からの移植曲。
---ミライダガッキ Ver.2にも移植されている。
---余談だが、BS稼働終了時点でAC版jubeatに収録されていなかったBS収録楽曲の内、BS稼働終了後に初めてAC版jubeatに移植されたのは本曲である。そのため、jubeat plusとAC版jubeatで&color(red){[EXT]};の難易度が10でない最初のprim曲が異なっている(AC版jubeatでは稼働終了前にBSオリジナル曲の大量移植の中で「それは花火のような恋」が移植されていた)。
--ムービーはいーあるふぁんくらぶ等と同じ汎用ムービー。
--曲名の読みがや行で始まる楽曲がBeatStreamに収録されるのはこれが初。
---この収録により、タイトル順でソートしたときにずっと空欄だった唯一の行であるや行がようやく埋まったこととなる。

-''蛇神''
--pop'n music 18 せんごく列伝からの移植曲。
---beatmania IIDX 19 Lincle、 REFLEC BEAT colette -Winter-にも移植されている。
--曲名は「かがち」と読む。
--pop'n/IIDXでのジャンル名は「オリエンタルミソロジー(ORIENTAL MYTHOLOGY)」
--ジャケットはREFLEC BEATと同じものを使用。
--ムービーはIIDXで使用されている専用ムービーを使用。

-''海神''
--REFLEC BEAT colette -Summer-からの移植曲。
---beatmania IIDX 21 SPADA、pop'n music ラピストリア、DanceDanceRevolution (2014)にも移植されている。
--曲名は「わだつみ」、アーティスト名は「兎々」と書いて「とっと(=TOTTO)」と読む。
---[[BEMANI生放送(仮)第2回>http://www.youtube.com/watch?v=aBxbcSPEGog]](19:20〜)で判明
--ムービーは新規の汎用ムービー(同じく怪盗BisCoの予告状!!で移植されたHa・lle・lu・jahも同じ汎用ムービーを使用。IIDXで使用されている汎用ムービーとは異なる)。

-''Element of SPADA''
--beatmania IIDX 21 SPADAからの移植曲。
---pop'n music ラピストリアにも移植されている。
--ジャケットはpop'n musicと同じものを使用。
--ムービーはIIDXで本曲に使用されている汎用ムービー(SPADA HARDCORE汎用)をそのまま使用。

-''FLOWER''
--jubeat knit APPEND & REFLEC BEAT(APPEND FESTIVAL)からの移植曲。
---BeatStream収録までにAC現行稼働中のBEMANI全機種に収録されており(リミックス含む)、さらに[[天下一音ゲ祭>合同イベント/天下一音ゲ祭 全国一斉認定大会]]で他社の音ゲー3機種にも進出、さらにBS移植から1ヶ月後にはSEGAの『[[CHUNITHM>https://twitter.com/chunithm/status/621297847548317696]]』にも進出した((登場順にjubeat knit APPEND & REFLEC BEAT(2011/03/23)、DanceDanceRevolution X3 VS 2ndMIX(2012/03/14)、SOUND VOLTEX BOOTH(2012/03/28・REDALiCE Remix)→pop'n music 20 fantasia(2012/07/04)→GuitarFreaksXG3 & DrumManiaXG3(2012/08/15・TLION69 Remix)→beatmania IIDX 20 tricoro(2012/09/25)→DanceEvolution ARCADE(2013/02/16)→ミライダガッキ(2013/06/20)→maimai ORANGE & GROOVE COASTER EX & 太鼓の達人 キミドリVer.(2014/10/29)→BeatStream(2015/06/17)→CHUNITHM(2015/07/16)。))。
---BeatStream収録までにAC現行稼働中のBEMANI全機種に収録されており(リミックス含む)、さらに[[天下一音ゲ祭>公式大会/天下一音ゲ祭 全国一斉認定大会]]で他社の音ゲー3機種にも進出、さらにBS移植から1ヶ月後にはSEGAの『[[CHUNITHM>https://twitter.com/chunithm/status/621297847548317696]]』にも進出した((登場順にjubeat knit APPEND & REFLEC BEAT(2011/03/23)、DanceDanceRevolution X3 VS 2ndMIX(2012/03/14)、SOUND VOLTEX BOOTH(2012/03/28・REDALiCE Remix)→pop'n music 20 fantasia(2012/07/04)→GuitarFreaksXG3 & DrumManiaXG3(2012/08/15・TLION69 Remix)→beatmania IIDX 20 tricoro(2012/09/25)→DanceEvolution ARCADE(2013/02/16)→ミライダガッキ(2013/06/20)→maimai ORANGE & GROOVE COASTER EX & 太鼓の達人 キミドリVer.(2014/10/29)→BeatStream(2015/06/17)→CHUNITHM(2015/07/16)。))。
---BeatStream稼働前にも、DanceEvolution ARCADE収録時点・ミライダガッキ稼働開始時点でそれぞれ当時の現行稼働BEMANI全機種制覇を達成しており、今回のBeatStream収録により改めて2015/06/17時点での現行BEMANI機種全制覇となった。ただし同日時点で最新機種[[MÚSECA>MUSECA]]のロケテスト開催が発表されているため、本作が最後ではない。
---余談だが、2014/10/29からの天下一音ゲ祭楽曲配信の時点で[[FLOWERの楽曲紹介>http://www.gamesday.jp/otoge/2014-release-01]]では「今ではBEMANIシリーズ全機種で遊ぶことができます。」というコメントが掲載されていたが、実際のBEMANI全機種制覇はそれから半年以上も掛かったことになる。
--ジャケットはREFLEC BEAT版に似ているが、花が赤紫色になり後ろが猫と肉球マークになっているなど、微妙にアレンジが施されている模様。
--ムービーはIIDX・DanceEvolution・maimaiで使用されている専用ムービーを使用。
---このムービーは2012年1月29日に開催されたEXIT TUNES ACADEMY Ryu☆ 3rd Album「Rainbow☆Rainbow」Release PartyにおいてのDJ YOSHITAKAのライブ映像を編集したもの。最初にjubeat版のジャケット絵、最後にREFLEC BEAT版のジャケット絵も映る。

-''ジュピターガンズノベル''
--GITADORA OverDriveからの移植曲。
--オリジナルアニメーション『重奏戦記 ギタドレイド』OPテーマという設定。
--ムービーはGITADORAで使用されている専用ムービーを使用。
---ムービーの設定は[[公式専用ページ>http://p.eagate.573.jp/game/bemani/p/channel/column/report/report_29.html]]を参照。

-''Ha・lle・lu・jah''
--SOUND VOLTEX BOOTHからの移植曲。
---REFLEC BEAT colette -Spring-、jubeat saucer fulfillにも移植されている。
--ムービーは海神と同じ新規の汎用ムービー。
--ジャケットはSDVX同様に難易度別で異なる。

-''魔法のたまご 〜心菜 ELECTRO POP edition〜''
--アルバム「[[ミライプリズム>http://www.konamistyle.jp/item/72947]]」からの楽曲。
--メディアミックス企画「ひなビタ♪」より、「ここなつ」の東雲心菜(CV:小澤亜李)が歌うBEMANI楽曲のカバー。
--メディアミックス企画「ひなビタ♪」より、「ここなつ」の東雲心菜(CV:小澤亜李)が歌うBEMANI楽曲のカバー。後にDanceDanceRevolution Aにも収録された。
---原曲の作曲はTOMOSUKE、作詞はくりむ。当アレンジはSota Fujimoriが担当。
---原曲「魔法のたまご」はPS2版pop'n music 14 FEVER!初出、AC版17 THE MOVIE、海外Wii版DDR Winx Clubにも移植されている。

-''さよならトリップ 〜夏陽 EDM edition〜''
--アルバム「[[ミライプリズム>http://www.konamistyle.jp/item/72947]]」からの楽曲。
--メディアミックス企画「ひなビタ♪」より、「ここなつ」の東雲夏陽(CV:日南結里)が歌うBEMANI楽曲のカバー。
--メディアミックス企画「ひなビタ♪」より、「ここなつ」の東雲夏陽(CV:日南結里)が歌うBEMANI楽曲のカバー。後にDanceDanceRevolution Aにも収録された。
---原曲の作曲はTOMOSUKE、作詞はくりむ。当アレンジはSota Fujimoriが担当。
---原曲「さよならトリップ」はjubeat knit初出、REFLEC BEATにも移植されている。

-''怪盗BisCoの予告状!!''
--完全新曲。イベント「怪盗BisCoの予告状!!」のBGMにもフレーズの一部が使用されている。
--楽曲はBeatStream内のイベント「[[怪盗Tの挑戦状!?>BeatStream/隠し要素#kaitout]]」を完遂させると解禁。
---解禁前にも「怪盗Tの挑戦状!?」の課題曲として出題された際にプレーできる。
--&color(#111111){''[NIGHTMARE]''};は「怪盗BisCoの予告状!!」全お宝獲得で解禁。
--&color(#fff,#111){''[NIGHTMARE]''};は「怪盗BisCoの予告状!!」全お宝獲得で解禁。
--ジャケットは難易度別で異なる4種類が用意されている。

&aname(summerdiary);~
2015/07/16追加(BEサマ)~
[[BEMANI SUMMER DIARY 2015>連動企画/BEMANI SUMMER DIARY 2015]] プロローグソング~
共通新曲の詳細については[[イベント新曲雑記>連動企画/BEMANI SUMMER DIARY 2015#music]]も参照。
-''In The Breeze''
--本イベントのプロローグソング。8機種同時配信。
--森永真由美が96やSota Fujimoriとコラボするのは本楽曲が初となる。
--ムービーは[[本イベントの公式サイト>http://p.eagate.573.jp/game/bemani/summer_diary2015/]]で掲載されている[[プロローグソングの公式PV(YouTube)>http://www.youtube.com/watch?v=2J_hBFtoPm4]]がそのまま使用されている(画面隅のBEMANIとKONAMIのロゴはカット)。
---ジャケットやムービー中には歌詞が表示されており、ムービーに各機種のイメージキャラのシルエットも登場する。
--本機種のみBPMが123となっているが、正確にはBPM 123-142である

2015/07/17追加(無条件配信)~
「BeatStream稼働一周年プロジェクト」
-&aname(biisuto);''びいすと!''
--BeatStreamそのものを題材にした楽曲。歌詞やムービーにBeatStream関連のネタが多数仕込まれている。
---譜面に関するネタはこの曲の譜面でネタが再現されている。特に『叢雲連打』は知っておいて損はないはず。
---「両手を使って長押ししたら〜」のところで初見殺しのトラップがあるので注意。
---「両手を使って長押ししたら〜」のところで初見殺しのトラップがあるので注意。~
これは後にjubeatやSDVXに移植された際にも踏襲されている。
--作曲はビートまりお、編曲はARM、イラストはKaito。ビートまりおが東方アレンジ楽曲以外でBEMANIシリーズに楽曲提供をしたのはこれが初となる。 
--曲調やムービー構成が「ウサテイ」によく似ており、曲中の歌詞でもそれがネタにされている。
--ジャケットは難易度別で異なる3種類が用意されている。
--ムービー中のサトウサンの説明で誤って「ビーストモード」となっていたが、2015/07/21のアップデートで「ビーストハッカー」に修正。
--&color(#fff,#111){''[NIGHTMARE]''};2015/11/26にNIGHTMARE譜面が追加され、同譜面解禁の課題曲で曲中のネタが再現されている。
---順番も曲中でネタにされた順番と同じ。「HΨ=世界創造=EΨ&color(red){[BEAST]};」は「両手を使って長押しするとその次のが押せない」譜面。~
課題1曲目が「EBONY & IVORY」だが、さすがに難易度は曲中言及の&color(#fff,#111){[NIGHTMARE]};ではなく&color(darkorange){[MEDIUM]};。

[[BEMANI SUMMER DIARY 2015>連動企画/BEMANI SUMMER DIARY 2015]]~
共通新曲の詳細については[[イベント新曲雑記>連動企画/BEMANI SUMMER DIARY 2015#music]]も参照。~
2015/07/27追加(BEサマ)
-''虹色遊園地''
--翌日にGITADORA Tri-Boostにも収録された。

2015/08/09追加(BEサマ)
-''ドッキン☆サマーあばんちゅーる''
--前日にbeatmania IIDX 22 PENDUALにも収録されている。
--ムービーのクレジットは「NAGI + BeatStream Designers」だが、ムービー制作を「もとこ」、イラストを「NAGI」が担当。
--中盤にいきなり曲調が3連符ベースのガバに変化する。L.E.D.が作曲するこのような曲調の曲は盆踊りの曲に聞こえることから通称「L.E.D.音頭」と呼ばれていたが、この曲の該当部分のムービーではSDキャラが盆踊りをする様子が映っていることから、「L.E.D.音頭」が公式に認知されたことになる。

2015/08/15追加(BEサマ)
-''隅田川夏恋歌''
-''隅田川夏恋歌'' 【ALT】 
--jubeat ripplesからの移植曲。合成音声「ALT(アルト)」を使用した楽曲。
---pop'n 18 せんごく列伝/ハロー!ポップン/リズミン、DDR X3 VS 2ndMIX、GuitarFreaks & DrumMania XG3、SOUND VOLTEX II、ミライダガッキ、REFLEC BEAT colette -Summer-にも移植されている(GFDMは肥塚良彦によるGITADOROCKアレンジ、SDVXは大福P・鏡音リンによるカバーアレンジ)。現行BEMANI機種ではIIDXとDEA以外制覇している。
--曲名の読みは「すみだがわかれんか」。
--新規の専用ムービーが追加されている。ムービー中の1シーンにはpop'nのキャラクター達も登場する。
---これはALT 1st Album「[[0/1 ANGEL>http://www.konamistyle.jp/item/71282]]」の歌詞カードのイラストからの引用でALTの他に六・鹿ノ子・ムラサキといったポップンキャラがゲスト出演している([[参考画像>http://i.imgur.com/ZfJ6sKd.jpg]])。
---なおムービーのクレジットは「もとこと菌類」だが、上記のイラストは「T田」によるもの。
---サビの部分ではjubeatのEXTREME譜面で特徴的だったパネル配置(通称「濁流」)を用いながら場面を転換する演出が盛り込まれている。

2015/08/18追加(BEサマ)
-''Sakura Sunrise''
--DanceDanceRevolution X2からの移植曲。
---REFLEC BEAT limelight、jubeat saucer、GITADORA(GITADOROCKアレンジ)、pop'n music Sunny Park、ミライダガッキVer.2、DanceEvolution ARCADEにも移植されている。現行BEMANI機種ではIIDXとSDVX以外制覇している。
---初出のDDRX2ではボスフォルダ「Replicant D-Action」に所属していた曲。
--Ryu☆によるsakuraシリーズの1曲で第2弾にあたる。シリーズでは最も多くの機種へ移植されている曲。
---他機種では「sakura storm」「Sakura Reflection」「Sakura Luminance」「Sakura Mirage」が存在する。
--専用ムービーはDDRのもの。このムービーはこれまで他機種に移植されておらず、今回が初移植となる。
---ただし、移植元のDDRでは専用ムービーがステージ背景のモニタで流れる形のため、全画面での専用ムービー収録は本機種が初になる。
---映像サイズはDDR版のままなため、恋する☆宇宙戦争っ!!同様に左右の余白に黒帯+フィルム演出が追加されている。
--ジャケットは他機種で使用されている現行のものではなく、DDR X2当時の旧ジャケット(「Ryu☆」のフォントが異なる)が使用されている。

2015/08/24追加(BEサマ)
-''夏色DIARY BisCoの思い出(>▽<)''
--[[BEサマエピローグソング>http://www.youtube.com/watch?v=WF4Wg8DwTPM]]のQrispy Joyboxによるアレンジ。
---この楽曲は各機種でそれぞれアレンジやBPMが異なる。
---このアレンジはBS限定であり、各機種別アレンジという性質から他機種には移植されていない。~
この為、2017/08/31のアニムトライヴのオンラインサービス終了と共に''楽曲そのものがプレー不可能になった''。


2015/10/29追加(タカハシサンラボ)~
--2曲ともメディアミックス企画「[[ひなビタ♪>http://p.eagate.573.jp/game/bemani/hinabita/p/]]」シーズン4からの出典。~
配信日時点でBeatStreamのみ2曲とも新規オリジナルムービーが収録されている。
配信日時点でBeatStreamのみ2曲とも新規オリジナルムービーが収録されており、後にGITADORA Tri-boostとDanceDanceRevolution(2014)にも同様の物が収録された。

-''neko*neko''
--「[[倉野川観光課だより>http://p.eagate.573.jp/game/bemani/hinabita/p/kuranogawa/index.html]]」2015/08/19 17:00:00「[[日向美ビタースイーツ♪新曲のお披露目です>http://p.eagate.573.jp/game/bemani/hinabita/p/kuranogawa/index.html?blog_id=14]]」で発表([[フルサイズ版配信コメント>http://p.eagate.573.jp/game/bemani/hinabita/p/kuranogawa/index.html?blog_id=20]])。
--既にpop'n music ラピストリア・jubeat prop・REFLEC BEAT groovin'!! Upper・DanceDanceRevolution(2014)・GITADORA Tri-Boostに収録されている。
--ボーカルは作中のキャラである山形まり花(CV:日高里菜)。「ひなビタ♪」では初のソロ曲2周目となる。
--実際の作詞・作曲はササキトモコが担当。
--シーズン4に移行した事で今までのシングルはリセットされており、再び「[[ソロ第1弾シングル>http://p.eagate.573.jp/game/bemani/fansite/p/images/slide_bnr/slide_20150826_00.jpg]]」として発表されている。

-''漆黒のスペシャルプリンセスサンデー''
--「[[倉野川観光課だより>http://p.eagate.573.jp/game/bemani/hinabita/p/kuranogawa/index.html]]」2015/10/23 15:20:00「[[日向美ビタースイーツ♪春日さん新曲のお披露目です>http://p.eagate.573.jp/game/bemani/hinabita/p/kuranogawa/index.html?blog_id=32]]」で発表([[フルサイズ版配信コメント>http://p.eagate.573.jp/game/bemani/hinabita/p/kuranogawa/index.html?blog_id=38]])。
--DanceDanceRevolution(2014)・GITADORA Tri-Boost・jubeat prop・REFLEC BEAT VOLZZAとの同時収録。
---後にpop'n music eclaleにも収録された。
--ボーカルは作中のキャラである春日咲子(CV:山口愛)。
--実際の作編曲はぴずや、作詞は普透明度が担当([[告知>http://twitter.com/pizuya/status/662583229015158784]])
--実際の作編曲はぴずや(Pizuya's cell/ぴずやの独房)、作詞は普透明度([[告知>http://twitter.com/pizuya/status/662583229015158784]])、リアンプとミックスダウンを鷹(CROW'SCLAW)([[告知>http://www.crowsclaw.info/works.php]])が担当。


Site admin: iMp95
mail : imp@callusnext.com (←@を半角に)