#include(DANCERUSH STARDOM/Contents,notitle)
#contents

//202x/xx/xx配信
//-''曲名'' / アーティスト

//--ダンエボの振り付けを再現することができる譜面となっている。
//↑ダンエボの振り付けを再現できる場合のテンプレ

//--本曲ではダンエボの振り付け再現は不可。
//↑ダンエボの振り付けを再現できない場合のテンプレ

//--&color(green){【かんたん】};ダンエボの振り付けを再現することができる譜面となっている。(&color(orange){【ふつう】};は再現不可)
//↑特定譜面でダンエボの振り付けを再現できる場合のテンプレ

*収録曲雑記 [#music_memo]
-''楽曲に関するいろいろなことを書き留めておく場所です''。
--ここでは曲名順(アルファベット→50音順でソート)で表記しています。(EXTRA STAGE、イベント解禁曲は除く)
--譜面について記載する際は譜面難易度&color(green){【かんたん】};&color(orange){【ふつう】};を書き記しておきましょう。
--DanceEvolutionの振り付け再現については[[DanceEvolution ARCADE#dancerush]]でも解説しています。
-※個人的な事柄、感想はTwitterや掲示板などでお願いします。
-※今シリーズで何曲入るのかは不明なので、なるべく出来る限り過剰な記載、追記は控えるようお願いします。

**版権曲 [#license]
-「Butterfly」、「DUB I DUB」は版権曲だが、「BEMANI」扱いとなっているため、別記する。

***POPS [#POPS]
2018/03/23配信(稼働初期)
-''LADY'' / ちゃんみな
--公式MV(2017/03/08公開):[[YouTube>http://www.youtube.com/watch?v=HlhJCF3lhhU]]
--ちゃんみなの配信シングル、及びアルバム「未完成」に収録。
--ちゃんみなは「練馬のビヨンセ」の愛称を持つ2016年デビューの女性ラッパー。
--&color(green){【かんたん】};:稼働開始時点では「DANCE RUSH 遊び方 1」を除けば唯一の2桁コンボ。そのため一切マークを踏むことなく、''0.000点での★1クリアが可能''。

-''MEGA SHAKE IT !'' / キュウソネコカミ
--公式MV(2015/06/30公開):[[YouTube>http://www.youtube.com/watch?v=yCex2gTH_cQ]]
--ハウスウェルネスフーズ「メガシャキ」CMソング。
--jubeat propにも収録されており、未稼働のBEMANI機種『おといろは』にも収録予定であった([[参考>http://p.eagate.573.jp/game/otoiroha/iroha/p/index.html]])
---jubeat clanでは2018/09/03をもって削除されたため、この曲を収録しているのは本機種のみとなる。

-''PERFECT HUMAN'' / RADIO FISH
--公式MV(2016/04/26公開):[[YouTube>http://www.youtube.com/watch?v=4Bh1nm7Ir8c]]
--曲名の通りRADIO FISH 1st Album「PERFECT HUMAN」からの楽曲。
--RADIO FISHはお笑いコンビのオリエンタルラジオを中心に結成されたダンス&ボーカルユニット。2016年NHK紅白歌合戦にも出場した。
--&color(orange){【ふつう】};:PV等で有名な振り付け(サビのグランドクロス、フライングマン)を再現可能。

-''Revolution'' / BRADIO
--公式MV(2017/01/21公開):[[YouTube>http://www.youtube.com/watch?v=tfikMP2nUB0]]
--BRADIO 2nd Album「FREEDOM」からの楽曲。
--[[BRADIO>http://bradio-web.com]]は2010年結成の4人組男性ロックバンド。アーティスト名の由来は「〜''B''reak the ''R''ule ''A''nd ''D''o ''I''mage ''O''n〜」という英語から来ており、「日常に彩りを加えるエンターテイメント」をコンセプトにしている。
---ドラマーの田邊有希が2018/01/20をもって同グループを脱退。現在は3人体制となっている。
---同アーティストの楽曲としてはGITADORAシリーズに「HOTELエイリアン」「Get Money」が収録されており、BeatStreamシリーズには「Flyers」が収録されていた。
--SLIDEが多用されている影響で最大コンボ数が、Lv3の&color(green){【かんたん】};が315、Lv7の&color(orange){【ふつう】};が458と、難易度に比して極めて多くなっている。

-''SKY's the limit'' / ぼくのりりっくのぼうよみ
--公式MV(2017/04/27公開):[[YouTube>http://www.youtube.com/watch?v=OfCeHiQcM4E]]
--ぼくのりりっくのぼうよみの2nd Single「SKY's the limit / つきとさなぎ」からの収録。
--ぼくのりりっくのぼうよみは神奈川県出身のヒップホップMC。2012年から「紫外線」名義でニコニコ動画に投稿を始め、2015年には10代限定のコンテスト型音楽フェスである「閃光ライオット」ファイナリストに選ばれた実績を持つ。
--資生堂「アネッサ(ANESSA)」CMソング。

-''Summer Venus'' / KEYTALK
--公式MV:(2017/02/14公開):[[YouTube>http://www.youtube.com/watch?v=SkGhyHGH3-g]]
--KEYTALKのメジャー3rd(通算で数えると4th)Album「PARADISE」からの収録。
--KEYTALKは2007年結成の4人組ロックバンド。結成時のバンド名は「real」であったが、2009年に現在のバンド名に改名した。

-''Without You'' / 夜の本気ダンス
--公式MV(2016/11/28公開):[[YouTube>http://www.youtube.com/watch?v=4g5D46_MLIo]]
--夜の本気ダンスのメジャー1st Singleから収録。
--夜の本気ダンスは2008年に京都で結成された4人組ロックバンド。バンド名は結成時のメンバー宅の壁に貼ってあった新聞の切り抜きに由来するという。
--&color(orange){【ふつう】};:1人用譜面のLvが''5''であるのに対し、2人用譜面のLvが&color(red){''9''};と大きな差が生じている。
---1人用と2人用譜面の同一難度でLv差が4どころか''2以上''である楽曲は本曲のみ。

-''オンリーワンダー'' / フレデリック
--公式MV(2016/05/12公開):[[YouTube>http://www.youtube.com/watch?v=oCrwzN6eb4Q]]
--フレデリックのメジャー1st Singleより収録。なお、これ以前にもミニアルバムを数枚リリースしているのでメジャーデビュー作ではない。
--フレデリックは2009年結成の4人組ロックバンド。メンバーのうち、ボーカル担当の三原健司とベース担当の三原康司は実の兄弟(二卵性双生児)である。また、この楽曲をリリースした当時はドラム担当が居らず3ピース編成だった。
--Amazonオリジナルドラマ「ベイビーステップ」主題歌。
--既にjubeat plus、REFLEC BEAT plusのフレデリック packにも収録されている。

-''君と野獣'' / バンドハラスメント
--公式MV(2016/03/20公開):[[YouTube>http://www.youtube.com/watch?v=fwlJR-1bH_w]]
--既にGITADORA Matixxにも収録されている(2020/09/03をもって削除)。

-''サイレントマジョリティー'' / 欅坂46
--公式MV(2016/03/16公開):[[YouTube>http://www.youtube.com/watch?v=DeGkiItB9d8]]
---ただし、ゲーム画面でMVは表示されない。
--欅坂46のデビューシングル(2016/04/06発売)。同楽曲で2016年NHK紅白歌合戦に出場した。
---ジャケットはType-Aのもので写っているのは本楽曲でセンターポジションを務める平手友梨奈。
--ファッションレンタルアプリ「mechakari」CMソング。
--&color(orange){【ふつう】};:本楽曲の振付をある程度再現できるようになっている。

-''シュガーソングとビターステップ'' / UNISON SQUARE GARDEN
--公式MV(2015/05/15公開:[[YouTube>http://www.youtube.com/watch?v=3exsRhw3xt8]] (ショートサイズ版)
--テレビアニメ『血界戦線』ED。
--原曲はjubeat prop、REFLEC BEAT VOLZZA(悠久のリフレシアでもリメイク済だが2018/09/12に削除)、pop'n music éclale、BeatStream アニムトライヴ(サービス終了済)~
カバー版がGITADORA Tri-Boost Re:EVOLVE、pop'n music peace(カバー音源に変更)に、ピアノアレンジ版がノスタルジアにて収録済。
--&color(orange){【ふつう】};:両足をクロスさせた後、SLIDEさせつつ足を元に戻すというパターンが3度登場する。
---シルエットは表示されないが、ターンすることを想定していると思われる(サビの「甘くて苦くて''目が回りそうです''」の箇所に配置されていることからも伺える)
---両足をクロスさせた際、右足が前の場合は反時計回り、左足が前の場合は時計回りにターンするとスムーズに動くことができる。ただ、足をクロスさせなくてもその場で棒立ちしているだけで処理可能ではある。

-''制服のマネキン'' / 乃木坂46
--公式MV(2015/12/01公開):[[YouTube>http://www.youtube.com/watch?v=98wrTHidYGU]] (ショートサイズ版)
---ただし、ゲーム画面でMVは表示されない。
--乃木坂46の4th Single(2012/12/19発売)。ジャケットはCD+DVD盤Type-Aのもので、左側が生駒里奈(本楽曲のセンターポジション)、右側が生田絵梨花。
---なお生駒は2018/05/06をもって同グループを卒業した。
--スマートフォン「HTC J butterfly HTL21」CMソング。

-''ハッピーシンセサイザ'' / [[EasyPop>http://dic.nicovideo.jp/a/easypop]] 【&color(#C0C){巡};】【&color(green){G};】([[Wiki>http://www5.atwiki.jp/hmiku/pages/13141.html]])
--公式MV:[[ニコニコ動画(2010/11/22公開)>http://www.nicovideo.jp/watch/sm12825985]]/[[YouTube(2014/03/15公開)>http://youtu.be/xOKplMgHxxA]]
--既にjubeat plus/Qubell、REFLEC BEAT plus、DanceEvolution ARCADE、SOUND VOLTEX III GRAVITY WARS、DanceDanceRevolution A、ノスタルジア ƒORTEにも収録されている。
--ジャケットはDEA版と同じもの。
--ダンエボに収録されている踊ってみたの振り付けを再現することができる譜面となっている。

2018/03/29配信
-''BOOMBAYAH-Japanese version-'' / BLACKPINK
--公式MV(2017/07/13公開):[[YouTube>http://www.youtube.com/watch?v=RHpwpBnfLco]]
--日本デビューアルバム「BLACKPINK」からの楽曲。母国語版にあたる原曲はデビューアルバム「SQUARE ONE」に収録。((ちなみに原曲がアンダミロの音楽ゲーム「PUMP IT UP PRIME2」に収録されているが、日本地域のみプレーすることが出来ない。REALLY REALLY、BANG BANG BANG -KR.ver-も同様にプレーが出来ない。))
--BLACKPINKは2016年に韓国で結成された4人組ガールズグループ。
--2018/08/10に、ジャケットがデビューアルバムのリパッケージ盤となる「[[Re: BLACKPINK>http://ygex.jp/blackpink/discography/detail.php?id=1015574]]」のものに変更されゲーム上でも2018/08/14にてジャケット変更された。

-''REALLY REALLY-Japanese version-'' / WINNER
--公式MV(2017/05/10公開):([[YouTube>http://www.youtube.com/watch?v=7yJSyL2wCMc]] (ショートサイズ版)
--シングル「FATE NUMBER FOR」からの楽曲。母国語版にあたる原曲は同名のシングルにも収録。
--WINNERは2014年に韓国で結成された4人組ボーイズグループ。

2018/04/06配信
-''Break Free ft.Zedd'' / Ariana Grande
--公式MV(2014/08/13公開):[[YouTube>http://www.youtube.com/watch?v=L8eRzOYhLuw]]
--配信時点では唯一POPSとEDMの両方のカテゴリに属している楽曲。
--Zeddはロシア生まれ・ドイツ出身のDJ/音楽プロデューサー。
--ボーカルのAriana Grandeはその歌声が「ネクスト・マライア」とも評されるシンガーソングライター・女優。
--[[公式PVの3:11前後>http://www.youtube.com/watch?v=L8eRzOYhLuw?t=3m11s]]に5鍵beatmaniaのコントローラーが登場している。
--DanceDanceRevolution Aにも収録されているが、当機種では「feat.Zedd」がアーティスト名の最後に追記されていて、曲名自体は「Break Free」となっている。
---また、DDRとは曲のカットが異なっており、さらにDDRの方ではMVも収録されている。

2018/04/13配信
-''What Do You Mean?'' / Justin Bieber
--公式MV(2015/08/31公開):[[YouTube>http://www.youtube.com/watch?v=DK_0jXPuIr0]]
--Justin Bieberはカナダ出身のシンガーソングライター、俳優。
--アルバム「Purpose」に収録。ソフトバンクのTVCMにも使用された。
---余談だが、2011年に海外版Wiiで発売されたDanceDanceRevolution II(北米版)/hottest party5(欧州版)では、Justin Bieberの楽曲である「[[Baby ft. Ludacris>http://www.youtube.com/watch?v=kffacxfA7G4]]」と「[[Somebody To Love>http://www.youtube.com/watch?v=SOI4OF7iIr4]]」が収録されている。

2018/07/13配信
-''女々しくて'' / ゴールデンボンバー
--公式MV(2020/03/13公開):[[YouTube>http://youtu.be/BC9P3DSZu0A]]
--プレー期間の移行などの詳細は[[こちら>DANCERUSH STARDOM/隠し要素#trial]]から。
--2009/10/21に発売されたゴールデンボンバー7枚目のシングル。2011/08/24には11枚目のシングルとして両A面で「女々しくて / 眠たくて」がリリースされた(ジャケットは後者のもの)
---2012年から2015年まで4年連続でNHK紅白歌合戦に出場し、その全てで本楽曲を披露した。
--第2回ロケテストまでは収録されていたが、第3回以降は未収録、さらには本稼働後も未収録のままであったため、お蔵入りになったものと思われていた。
--jubeat copious、REFLEC BEAT limelight、pop'n music 20 fantasia、DanceDanceRevolution X3 VS 2ndMIX、GITADORA、DanceEvolution ARCADEは原曲で収録され、ミライダガッキはカバー音源で収録された。(Rb、pop'n、DDRは削除済、GDは2019/07/08をもって削除)
---DDR X3 VS 2ndMIX、GITADORAにはMVも収録され、DDRには振り付けをある程度再現できる譜面が存在した。
---他社機種ではmaimai、GROOVE COASTER ARCADE(タイトー)、太鼓の達人(バンダイナムコゲームス)に収録。いずれも原曲。
--&color(orange){【ふつう】};:本楽曲の振付をある程度再現できるようになっている(曲の尺はDEA版より短くなっている)

2018/08/07配信
-''POP TEAM EPIC'' / 上坂すみれ
--公式MV(2018/01/14公開):[[YouTube>http://www.youtube.com/watch?v=3bl1ZI-J6hM]] (ショートサイズ版)
--上坂すみれの9th Singleより収録。TVアニメ『[[ポプテピピック>http://hoshiiro.jp/]]』OP。((ただし、第1話のみOPがフェイクアニメ『星色ガールドロップ』になっているため使われず第2話以降より使用))
---楽曲名は「ポプテピピック」の英語表記と同一だが、楽曲の読みは「ポップチームエピック」となっている。
---なお上坂は同アニメのキャストとして出演していた。((放送前に小松未可子と共に出演が発表されていたが、両名が実際に出演したのは第3話の前半パート(上坂のみ第1話のごく一部)のみであった。これは各話及びその前半と後半でメインキャラクターの担当声優が変わるという作風が放送時まで隠されていたことによる))
--公式Twitterの告知に「間奏部分もしっかり踊れるオリジナルエディットバージョンで収録!」とあることから、jubeat等の機種に収録されているTVアニメOP版とは異なる編集がされている。
---序盤のイントロが部分的にカットされた上でボーカルパートの次に2番目以降のイントロパート(アニメ11話OPと同じ部分)が繋げられている構成。
---Twitter告知に記載されている「エイサァーイハラマスコーイ」は作中に登場する「エイサイハラマスコイおどり」が元。((アニメの第11話で当楽曲の間奏に合わせてポプ子が「エイサイハラマスコイおどり」をしながらシャッフルダンスを踊るシーンがある。))該当シーンを再現できる編集になっている可能性が高いが、実際はステップとして再現されているわけでもなく、かつ自力で再現するのも難しい配置となっているため、予め暗記して自力で再現するしかない。
--上坂すみれは2011年デビューの女性声優。声優活動以前にもジュニアタレントなどとして活動していた経歴を持つ。
--BEMANIシリーズでは本作の後にjubeat festo、pop'n music peace、SOUND VOLTEX VIVID WAVEにも収録。
---他社ゲームでは太鼓の達人 ブルーVer.、maimai MiLK PLUS(日本版のみ)に収録されている。

2018/08/15配信
-''BANG BANG BANG'' / BIGBANG
--公式MV(2016/01/06公開):[[YouTube>http://www.youtube.com/watch?v=Heoy9qyRRxY]] (JP ショートサイズ版)
--BIGBANGは2006年に韓国でデビューした5人組((収録当時。後にメンバーの1人が「バーニングサン事件」により退団し、4人となった。))の男性アーティスト。日本では2009年にデビューしている。
---同アーティストの楽曲としてjubeat ripplesに「Haru Haru」が収録されていた(saucerで削除)。
--BANG BANG BANGは2015/06/01に発売されたシングルに収録された楽曲であり、日本語版は2016/02/03に発売されたアルバム「MADE SERIES」の収録曲として登場している。
---日本における曲名は日本語版を「BANG BANG BANG」とし、原曲とも言える韓国語版を「BANG BANG BANG -KR Ver.-」としている。~
そのためDANCERUSHに収録されているのは日本語版となっている。

2018/11/27配信
-''U.S.A.'' / DA PUMP
--公式MV(2018/05/17公開):[[YouTube>http://youtu.be/sr--GVIoluU]]
--公式MV(2018/06/12公開):[[YouTube>http://www.youtube.com/watch?v=LPr_UZkmVn8]] (Mirror ver.)
--公式MV(2018/06/15公開):[[YouTube>http://www.youtube.com/watch?v=XH60ViwriqM]] (Dance Lecture)
--2018/06/06にリリースされたDA PUMPの29th Single。
---原曲はイタリアのアーティスト、ジョー・イエローが1992年にリリースしたユーロビート曲で、その日本語カバーとなっている。
--「いいねダンス」として紹介されている同曲サビの振り付けは「シュートダンス」として広く知られているもの。アメリカで流行したのを機に、国内・海外多くの振り付けに取り入れられている。
--DA PUMPは1996年に結成されたボーカル&ダンスグループ。1998年から5年連続でNHK紅白歌合戦に出場、以後メンバーの入れ替え等を経て活動を続けていたが、2018年に同曲で再ブレイクを果たし、16年振りの紅白出場を決めた。
--既にbeatmania IIDX 26 Rootageに「PHQUASE feat. TRANDER Jr」によるカバーリミックスが収録されているが、こちらはBPMやボーカル等、曲構成が大きく異なっている。
--両譜面で本楽曲の振付を再現できるようになっている。ただしゲーム上ではMVは流れない。
---冒頭、L/RのSLIDEマークがそれぞれ右・左側に現れるが、これは振付通り画面に背を向けた状態からスタートし、その後左足を軸に右足を反時計回りに動かすことで譜面の指示通り処理できる。
---公式MVのダンス通りの譜面であるため、DEAのように左右反転で踊っているダンサーの振り付けをトレースして練習したい場合は「Mirror ver.」の動画を活用するといい。

2019/01/28配信
-''trigger'' / lol-エルオーエル-
--公式MV(2018/10/04公開):[[YouTube>http://www.youtube.com/watch?v=KluTpe-nyQE]]
--lol-エルオーエル-は2014年にavex traxからデビューした男女混成ダンス&ヴォーカルグループ。
---「lol」とは「laugh out loud」を略した英語のネットスラングであり、日本語で言えば「(笑)」に相当する。
--「trigger」は2018/10/31に発売された2ndアルバム「lml」からの楽曲。
--DDR Xにも文字違いで同名の楽曲が収録されているが(あちらは「Trigger」表記)、無関係。

***EDM [#EDM]
-SPINNIN' RECORDSにもFARM RECORDSにも属していない「EDM」単独カテゴリの版権曲をここに記載する。

2019/03/20配信
-''The Light'' / W&W ft. Kizuna AI
--[[緊急告知動画ツイート>http://twitter.com/DANCERUSH573/status/1089025818439823360]]
--公式MV(2019/03/01公開):[[YouTube>http://www.youtube.com/watch?v=YtU_sb4jYE8]]
--当初は当機種に収録と告示されていたが、半ばサプライズとしてDanceDanceRevolution A20にも同時収録される運びとなった。
--世界的DJアーティスト「W&W」と超大物バーチャルYouTuber「Kizuna AI」の大型コラボ楽曲。2019/03/01リリース。
--W&WとKizuna AIの詳細については[[DRS公式HPの2019.03.18のNEWS>http://p.eagate.573.jp/game/dan/1st/news/entrance.html#20190318-00]]を参照。
//--Kizuna AIは2016年からYouTubeで活動を開始しており、「バーチャルYouTuber」の草分け的存在として有名。2018年からは楽曲のリリースも行なっている。
--コラボの詳細についてはKizuna AIの「A.I.Channel」収録の「[[【W&W × Kizuna AI】これが私たちのコラボレーショントラックだ!>http://www.youtube.com/watch?v=PPSMWJjcw5Q]]」を参照。
--2018/07にベルギーの音楽フェス「Tomorrowland」にて製作途中のインスト版が披露されたのを皮切りに世界各地の音楽イベントでプレイされ、同年11月には新木場ageHaにてボーカルが入ったバージョンが初披露された。その間、曲名のアナウンスはなかったため、公式な曲名の発表は今回の告知が初となる。
--「BEMANI SPECIAL LIVE in JAEPO 2019」1日目のアンコールとして披露された。ただし、会場のみのサプライズであり、YouTubeでの配信ではカットされている。
--(不確定)上記に関してageHaで披露されたバージョンと同一かどうか。[[BEMANI SPECIAL LIVE in JAEPO 2019のセットリスト>http://www.konami.com/amusement/event/jaepo/bemani_live.html]]にも記載されている為、同一の可能性は高いがSNSでの報告では全くなかったため不明。((ただし、上記を除いた場合、デジタル配信された音源と比較するとageHaのバージョンと同一であることが分かる))
--バーチャルYouTuberの楽曲がBEMANI現行機種に収録されるのはこの曲が初。((2018年に実施された「彩響DJアニクラゲ(旧:Rizminance)」のロケテストではバーチャルYouTuber「響木アオ&虹乃まほろ」がボーカルを務める「動く、動く ("Rizminance" Electro Remix)」が配信されていた))
--この楽曲を選曲するとステージ(センサーパネル)に「スペシャル演出」が追加される。
--ムービーは[[W&Wの動画ツイート>http://twitter.com/WandWmusic/status/1101451813188968449]]を基にしたオリジナルムービーが使用されており、キズナアイと共に二次元化したW&Wの2人も登場する。

2020/02/19配信
-''Rip It Off (Now) Rip It Off'' / かめりあ feat. kradness
--かめりあのメジャー3rd Album「Xroniàl Xéro」からの収録曲。
---アルバムからの出典ではあるが、DRSのために書き下ろされた楽曲。([[The 9th KACでのアナウンス>http://youtu.be/M7dE_bf_ZqQ?t=28529]])
--この2名は「Quarks(kradness×Camellia)」(クオークス)という名義を用いて音楽活動を行っている。
---同ユニットの楽曲は過去にREFLEC BEAT VOLZZA 2にて「Dualive」が収録されていた。本名義の楽曲は初収録となる。
--本機種配信日と同時に「ダンスガイドオーディション 〜かめりあ feat. kradness〜」が開催された。
---このオーディションの採用者は本楽曲のミュージックビデオへの出演候補者として推薦されるとのこと。

***SPINNIN' RECORDS [#SPINNIN_RECORDS]
-全ての曲が「EDM」フォルダにも収録されている。

2018/03/29配信
-''Crackin (Martin Garrix Edit)'' / Bassjackers
--公式MV(2014/01/20公開):[[YouTube>http://www.youtube.com/watch?v=kzAzyH6dG8o]]
--BassjackersはMarlon FlohrとRalph van HilstによるオランダのEDMデュオ。フェスやクラブイベントなどで来日経験もあるが、ステージアクトは基本的にMarlon Flohrのみ行う。
--Martin Garrixは弱冠21歳のオランダ人DJ。DJの世界番付である『DJ MAG TOP 100 DJs』にて2016年、2017年に1位を獲得している。
--収録に際して曲中のMC "Roll up in the club and get ''shit'' crackin" の部分が修正され、聞こえなくなっている。

-''Little Drop'' / Dropgun
--公式MV(2017/09/16公開):[[YouTube>http://www.youtube.com/watch?v=fBTBc2OA9fw]]
--DropgunはMike MartinovとIlyas KozhahanovからなるロシアのEDMデュオ。

-''Raveology'' / DVBBS & VINAI
--公式MV(2014/01/13公開):[[YouTube>http://www.youtube.com/watch?v=6dYx00KFA_A]]
--タイトルは"rave(レイヴ)"と"-ology(-学(学問)を意味する接尾辞)" を合わせた造語と思われる。
--DVBBSは兄のChristopher van den Hoefと弟のAlexandre van den Hoefからなるカナダの兄弟DJデュオ。読みは「ダブズ」。
--VINAIは兄のAlessandro Vinaiと弟のAndrea Vinaiからなるイタリアの兄弟DJデュオ。兄弟デュオ同士のコラボ曲となる。
--収録に際して曲中のMC "Never stop the ''fucking'' rave" の部分が修正され、聞こえなくなっている。
--''非BEMANI曲初の隠し曲''。

2018/04/09配信
-''Keep On Rising'' / Fedde Le Grand vs Ian Carey
--公式MV(2017/07/04公開):[[YouTube>http://www.youtube.com/watch?v=Qe49ScaA92c]]
--2008年発表Ian Carey feat. Michelle Shellersの同名楽曲([[公式MV>http://www.youtube.com/watch?v=KNT9kDbwocw]])のリミックス。
--原曲は1999年発表Soul Providers feat. Michelle Shellersの「Rise」。

-''Hoohah'' / Fox Stevenson & Curbi
--公式MV(2015/08/17公開):[[YouTube>http://www.youtube.com/watch?v=gaaVb-O1ce4]]

-''Raise Your Hands'' / Ummet Ozcan
--公式MV(2014/04/01公開):[[YouTube>http://www.youtube.com/watch?v=gc0SJozzt9U]]
--過去にbeatmania IIDX 18 Resort Anthemに収録されていた同名曲とは無関係。

2018/04/20配信
-''Dat Disco Swindle'' / Firebeatz & Schella
--公式MV(2016/02/16公開):[[YouTube>http://www.youtube.com/watch?v=zFYsVyQTMO8]]

-''Graveyard'' / KURA
--公式MV(2016/08/14公開):[[YouTube>http://www.youtube.com/watch?v=DioS0WobXoE]]

-''Spacecats'' / Ummet Ozcan
--公式MV(2016/03/29公開):[[YouTube>http://www.youtube.com/watch?v=Dn3ZMhmmzK0]]
--海外を中心にインターネット上で流行っている猫の画像と宇宙の画像を合成したコラージュ画像群「Space Cats」をモチーフにした楽曲。

2018/05/18配信
-''Let's Go'' / Lucas & Steve x Mike Williams x Curbi
--公式MV(2017/07/06公開):[[YouTube>http://www.youtube.com/watch?v=nMEPIZIWGEA]]
--Lucas & SteveはLucas de WertとSteven JansenからなるオランダのDJデュオ。
--Mike Williamsは本名Mike Willemsenのオランダ人DJ。
--公式MVでは作曲の4人が共演している。公式MVの序盤でベンチに並んで座っている人物が左からLucas・Mike Williams・Steve、別のベンチに座っていて後から合流する人物がCurbi。
--他社の音楽ゲームではBEAT FEVER(WRKSHP)に収録されている。

-''LIT'' / VINAI & Olly James
--公式MV(2016/03/19公開):[[YouTube>http://www.youtube.com/watch?v=exauzUT68oM]]

-''Sweets (Soda Pop)'' / Fox Stevenson
--公式MV(2016/06/21公開):[[YouTube>http://www.youtube.com/watch?v=Ab5msqjhdE0]]
--他社の音楽ゲームではBEAT FEVER(WRKSHP)に収録されている。

2018/06/29配信
-''Drop That Low (When I Dip)'' / Tujamo
--公式MV(2016/03/22公開):[[YouTube>http://www.youtube.com/watch?v=souJM4aCk6w]]

-''Louder'' / MOTi
--公式MV(2016/06/15公開):[[YouTube>http://www.youtube.com/watch?v=pIBDSFB8-Pw]]

-''On The Floor Like'' / Bassjackers & Joe Ghost ft. MOTi
--公式MV(2016/03/15公開):[[YouTube>http://www.youtube.com/watch?v=0jISGYEDfNs]]

2019/06/03配信
-''Missing You'' / Mesto
--公式MV(2018/09/18公開):[[YouTube>http://www.youtube.com/watch?v=VqEpEhZyJws]]
--プレー期間の移行などの詳細は[[こちら>DANCERUSH STARDOM/隠し要素・イベント・キャンペーン#trial]]から。
--Mesto(本名:Melle Stomp)は若干19歳のオランダ人DJ。
--MVには来日時の映像が使用されており、楽曲ジャケットにもドット調の日本の街並みが描かれている。

2019/06/24配信
-''Higher'' / Ummet Ozcan x Lucas & Steve
--公式MV(2017/12/16公開):[[YouTube>http://www.youtube.com/watch?v=n2SP2jkabFk]]
--プレー期間の移行などの詳細は[[こちら>DANCERUSH STARDOM/隠し要素・イベント・キャンペーン#trial]]を参照。
--曲名が「Higher」であるBEMANI収録楽曲はこれで4曲目となった。(他の楽曲はbm 5th「HIGHER / SLAKE」、DDR 4th「HIGHER / NM feat. SUNNY」、SDVX IV「HiGHER / REDALiCE」)
--他社のレーシングゲーム「Asphalt 9: Legends」(Gameloft)ではレース中BGMとして収録されている。

2019/07/16配信
-''Drop It'' / Swanky Tunes
--公式MV(2018/06/10公開):[[YouTube>http://www.youtube.com/watch?v=Tgjk0YG4aT4]]
--プレー期間の移行などの詳細は[[こちら>DANCERUSH STARDOM/隠し要素・イベント・キャンペーン#trial]]を参照。

2020/01/08配信
-''41 Days'' / Merk & Kremont
--公式MV(2016/01/19公開):[[YouTube>http://www.youtube.com/watch?v=swbK1k8WN_w]]2
--[[Soundcloud>http://soundcloud.com/spinninrecords/merk-kremont-41-days-extended-mix-free-download]]
--本楽曲はSPINNIN' RECORDSのサブレーベルであるSPINNIN' PREMIUMからフリーDL楽曲として配信された。

-''One Word'' / Deadly Zoo
--公式MV(2017/07/08公開):[[YouTube>http://www.youtube.com/watch?v=HhKjhrcEaHQ]])

***FARM RECORDS [#FARM_RECORDS]
-SPINNIN' RECORDSと違い、FARM RECORDSには「レーベル」のカテゴリは用意されていない。
-SoundCloudにてFARM RECORDS公式の[[DANCERUSH STARDOM収録曲のプレーリスト>http://soundcloud.com/farm_records/sets/dancerush-stardom]]が公開されている。
--SoundCloudで登録されているハッシュタグは各楽曲のジャンルを表している。

2018/04/27配信
-%%''BLOW UP'' / R3DS%%
--''他の曲と取り違える''というミスにより2018/05/07に一旦プレー不可となり、2018/08/30より両曲とも正式に同時収録となった。
---詳細は下記の「BLOW UP」と「Fly Away」の項目を参照。

-''VISIONARY'' / LOTTY
--[[SoundCloud>http://soundcloud.com/farm_records/lotty-visionary]]
--公式試聴動画 ショートVer.([[YouTube>http://www.youtube.com/watch?v=xQXD7xHrmEc]])
---ジャンルは「House」

-''Where's The Party At'' / Mosh 'N' Smash
--[[SoundCloud>http://soundcloud.com/farm_records/mosh-n-smash-where-is-the-party-at]]
--公式試聴動画 ショートVer.([[YouTube>http://www.youtube.com/watch?v=5jusdNPrUhQ]])
---ジャンルは「Trap」
--BPM推移:128-150-128
---BPM推移から分かる通り、''DANCERUSH史上初のBPM変動曲''。
//---BPM推移から分かる通り、''DANCERUSH史上初のソフラン曲''。なおDANCERUSHはDDR等と同じく、BPMによってマーク速度が変化する機種である。
//↑マーク速度は一定である。あと好みの問題ではあるが「ソフラン曲」という表記は実質、厳密には当てはまらないため文言変更。
--ジャケットでは「Where's The Party At」と表記されているが、FARM RECORDS側では正式な曲名を「Where ''Is'' The Party At」としている。
--&color(orange){【ふつう】};:''非BEMANI曲初のLv10譜面''。

2018/06/01配信
-''Field of Dreams'' / Jon Cole
--[[SoundCloud>http://soundcloud.com/farm_records/jon-cole-field-of-dreams]]
--公式試聴動画 ショートVer.([[YouTube>http://www.youtube.com/watch?v=zkMoC9WpZD0]])
---ジャンルは「Deep House」
--2018/06/01発売の新曲であり、実質的にDANCERUSH STARDOMで初披露という形になった。
---DANCERUSH用の音源では女性の声が収録されているが、原曲の音源では女性の声は収録されていない。音源の違いの理由については不明。

-''Handz Up'' / FЯEED
--[[SoundCloud>http://soundcloud.com/farm_records/fyaeed-handz-up]]
--公式試聴動画 ショートVer.([[YouTube>http://www.youtube.com/watch?v=Y107yWpiMtM]])
---ジャンルは「Dance & EDM」
--&color(orange){【ふつう】};:SLIDE中のTAP配置はSLIDE側の足を軸にして回転できる。

2018/08/30配信
-''BLOW UP'' / R3DS
--[[SoundCloud>http://soundcloud.com/farm_records/r3ds-blow-up]]
--公式試聴動画 ショートVer.([[YouTube>http://www.youtube.com/watch?v=o4v8oEqsDu4]])
---ジャンルは「Dance & EDM」
--2018/04/27に一度配信されたが、「''演奏されるのが『Fly Away』という別の楽曲''」という不具合が確認されたため、2018/05/07にプレー不可となっていた。
--本来の「BLOW UP」は「Field of Dreams」と同じ2018/06/01に発売された楽曲である。

-''Fly Away'' / Joi Stone
--[[SoundCloud>http://soundcloud.com/farm_records/joi-stone-fly-away]]
--公式試聴動画 ショートVer.([[YouTube>http://www.youtube.com/watch?v=c_OSyuv0FEY]])
---ジャンルは「Dance & EDM」
--誤配信の経緯については上記の「BLOW UP」の項目を参照。
---2018/08/30より、正式に「Fly Away」としてDANCERUSHに収録された。
--楽曲・譜面構成等は2018/05/07以前に誤配信された旧「BLOW UP」と同等であるため、配信停止前のプレーデータがそのまま「Fly Away」に引き継がれる。

2019/05/20配信
-''Playa'' / SlayZ
--[[SoundCloud>http://soundcloud.com/farm_records/slay-z-playa]]
--公式試聴動画 ショートVer.([[YouTube>http://www.youtube.com/watch?v=g9W8QdaGny8]])
---ジャンルは「Tropical House」
--本来のアーティスト名義は「Slay Z」だが、DRSではスペースが省略されている。
--プレー期間の移行などの詳細は[[こちら>DANCERUSH STARDOM/隠し要素・イベント・キャンペーン#trial]]から。
---版権曲のRANDOM SELECT先行配信はこれが初となる。

2019/10/10配信
-''Carnival'' / Higher5
--公式試聴動画([[YouTube>http://www.youtube.com/watch?v=_NybseXbamQ]])

-''Crank It Up'' / Higher5
--公式試聴動画([[YouTube>http://www.youtube.com/watch?v=kItDnaDeTVg]])
--[[SoundCloud>http://soundcloud.com/farm_records/crank-it-up-higher5]]
---ジャンルは「Dance & EDM」

2020/03/18配信
-''EMPIRE'' / AEONS
--公式試聴動画([[YouTube>http://www.youtube.com/watch?v=2RMGqyFB5Lc]])
--[[SoundCloud>http://soundcloud.com/farm_records/empire-aeons]]
---ジャンルは「Dance & EDM」

-''HIT IT!'' / Higher5
--公式試聴動画([[YouTube>http://www.youtube.com/watch?v=MXDX_sayLMM]])
--[[SoundCloud>http://soundcloud.com/farm_records/hit-it-mp3-mastered]]
---ジャンルは「Dance & EDM」

**レッスン曲 [#lesson_musics]
-遊び方・レッスン曲については以下の特徴がある。
--&color(green){【かんたん】};譜面しか存在しないが、選曲画面に限り難度を表す色が「&color(green){''緑色''};」ではなく「&color(skyblue){''水色''};」となっている。
--アーティスト名義はいずれも「オリジナル」だが、ゲーム上ではアーティスト名義は記されていない。
--LIFE GAUGE・EXTRA LIFE GAUGEが減少しない。
--言語が日本語以外の場合、曲名・ジャケット・曲中のアナウンスが英語になる。

***遊び方 [#how_to]
2018/03/23配信(稼働初期)
-''DANCE RUSH 遊び方 1'' 
--ゲーム上の曲名は「''遊び方''」
--使用される楽曲は「Wicked」
--プレー曲数にはカウントされない(これとは別にあと2曲プレー可能)
---ただしリザルトが表示されず、楽曲解禁に必要な★は獲得できない。
---さらに公式HPの「PLAY DATA」→「MUSIC DATA」/「PLAY履歴」にも反映されない。

***レッスン [#lesson]
-フォルダの並び順は楽曲が追加された順に上から並んでいる。
-レッスン曲は「遊び方」と異なりプレー曲数にカウントされるため、通常楽曲と同様に採点され、★も獲得できる。
-レッスン曲には以下の特徴がある。
--いずれも使用楽曲は「''Small Steps''」
--楽曲終了時に、オススメ楽曲の紹介カットが入る。
--クリア演出が無い。そのためFULL COMBOやEXCELLENTの演出を見ることはできない(リザルト画面を除く)
--2018/08/29以前はSTANDARDモードにおいてレッスン曲をプレーしてもEXTRA GAUGEは増加しない仕様だが、2018/08/29のアップデートにより、レッスンでもEXTRA GAUGEが貯まるようになった。
--ステップに取り組む前にナレーションとダンスガイドによるステップ解説がされることと、練習のためのシンプルな配置となっていることから、コンボ数が2桁台となる譜面も少なくない。
--レッスンの中には一方の向きまたは片方の軸足のみとなるものがあるが、「ゲーム設定」→「振り付けの左右反転」を「ON」にすることで逆側の練習をすることが可能。ただし、ナレーション等は逆にならない。

2018/03/23配信(稼働初期)
-''ダウン&スライドレッスン''
--楽曲終了時の紹介曲は「LADY」

-''ランニングマンレッスン'' 
--前述の通り「レッスン」カテゴリー内の楽曲の並び順は単純な曲名順ではなく、この「ランニングマンレッスン」がカテゴリー内では一番上に表示される。
--右を向いた状態のランニングマンしか練習できないことに注意。
--楽曲終了時の紹介曲は「PERFECT HUMAN」

2018/04/20配信
-''Tステップレッスン'' 
--尺の都合上か左足を軸足にしたTステップしか練習できないことに注意。
--楽曲終了時の紹介曲は「REALLY REALLY-Japanese version-」

2018/07/20配信
-''ランニングマンレッスン応用編''
--ランニングマンは全て8分の速さ。
--「応用編」ということで、同一ラインでLとRが交互に来るTAPをランニングマンで踏ませたり、LとRが交互に来るSLIDEを「正面を向いた状態のランニングマン」で処理させたりする。
---SLIDEが長い他のレッスン曲とは違い、この曲はSLIDEが短いため、最大コンボ数は僅か80となっている。
--楽曲終了時の紹介曲は「What Do You Mean?」

2018/07/25配信
-''Tステップレッスン応用編''
--「Tステップレッスン」と違い、こちらはちゃんと左足・右足両方を軸にしたTステップを練習できる。
--後半には足をクロスさせるTステップが登場する。
--「Tステップレッスン」は軸足のSLIDEが非常に長いが、「応用編」にはそこまで極端な長さのSLIDEは存在しない。
---その影響で最大コンボ数は、5日前に配信された「ランニングマンレッスン応用編」を下回る74コンボとなっている。
--楽曲終了時の紹介曲は「Saturday Night Love -Phunk Disco Mix-」

2018/08/01配信
-''ランニングマン&Tステップレッスン複合編''
--正面向きのランニングマン→Tステップの流れ。
--楽曲終了時の紹介曲は「Small Steps」

2018/08/08配信
-''ランニングマン&Tステップレッスン複合編2''
--正面向きのランニングマンからTステップに移行するのは前回と共通だが、今回はランニングマンで動かしている足を、そのままTステップの軸足に移行させている。
--ただしそこから通常のTステップを踏ませることはしない。
--楽曲終了時の紹介曲は「Small Steps」

2018/08/15配信
-''ランニングマンレッスン 炎の特訓編''
--「ランニングマンレッスン応用編」の強化版であり、最初から最後まで8分ランニングマン・正面向きのランニングマン・単発マークの8分ランニングマンを繰り返す。
--楽曲終了時の紹介曲は「NewAige」

2018/08/22配信
-''Tステップレッスン 炎の特訓編''
--「Tステップレッスン応用編」と「ランニングマン&Tステップレッスン複合編2」を組み合わせたような譜面。最初から最後まで上記レッスンに登場した様々なTステップを繰り返す。
--楽曲終了時の紹介曲は「Robot Loves Smoked-Salmon」。

2019/10/10配信
-''スポンジボブレッスン''
--コンボ数は、''収録時点での最小コンボ数となる「27」''。これは本機種のチュートリアルにあたる「遊び方」の45をも下回る。
--楽曲終了時の紹介曲は「Robot Loves Smoked-Salmon」。

-''チャールストンレッスン''
--楽曲終了時の紹介曲は「Midnight Amaretto」。

-''ステップバリエーション1''
--The First Stepなどに登場する、ともに左右逆配置のくの字交互スライドと内側に狭まる交互スライドが登場する。ダンスガイドでは前者はクロスランニングマン、後者は出す足と逆方向に跳ねるようなランニングマンをする振り付けを紹介している。
--楽曲終了時の紹介曲は「The First Step」。

-''ステップバリエーション2''
--JOK3Rや灼熱Beach Side Bunny (STARDOM Remix)などに登場する、逆足をスライドさせながら片足をクロスさせる配置とランニングマンで引いた足を戻す(キックバック)配置が登場する。
--楽曲終了時の紹介曲は「JOK3R」。

2020/03/18配信
-''クラブステップレッスン''
--楽曲終了時の紹介曲は「Auto Click」。

-''リバースランニングマンレッスン'' 
--上記の「ランニングマンレッスン」同様、右を向いた状態のランニングマンしか練習できないことに注意。
--楽曲終了時の紹介曲は「Wicked」。

-''リバースTステップレッスン'' 
--上記の「Tステップレッスン」同様、左足を軸足にしたTステップしか練習できないことに注意。
--楽曲終了時の紹介曲は「Midnight Amaretto」。

-''ステップバリエーション3''
--クロスランニングマンからキックバックする配置と、両足を同時に開閉させるクランク配置が登場する。
--楽曲終了時の紹介曲は「SHINOBI」。

**BEMANI [#BEMANI]
-2人プレー・みんなでBATTLE専用曲・期間限定配信曲のプレイ期間の移行などの色々の詳細は[[こちら>DANCERUSH STARDOM/隠し要素・イベント・キャンペーン#trial]]から。

***移植曲 [#crossover]
-「Saturday Night Love」以降収録の移植曲のほとんどはアルバムからの移植曲を除き、DANCERUSH専用曲と同じく曲名とアーティスト名がジャケット上の専用フォントで表記されるようになった。
--専用フォントで表記「されない」楽曲も一部あるが、その理由は不明。

2018/03/23配信(稼働初期)
-''DAWN OF FALCON'' / L.E.D.-G
--REFLEC BEAT 悠久のリフレシアからの移植曲。
--ジャケットに描かれているキャラクターは「イグナーツ」。

-''Gimme a Big Beat'' / kors k
--jubeat saucerからの移植曲。原曲が[[DanceEvolution ARCADE>http://p.eagate.573.jp/game/danceevolution/ac/p/howto/crg/crg_yossy_gim.html]]にも移植されている他、REFLEC BEAT groovin'!!にはHommarjuによるリミックスも収録されていた(悠久のリフレシアでは未復活)。
--本曲ではダンエボの振り付け再現は不可。

-''Sakura Sunrise'' / Ryu☆
--[[DanceDanceRevolution X2からの移植曲>http://web.archive.org/web/20180907233259/http://www.konami.jp/bemani/ddr/jp/am/ddrx2/musiclist/sakurasunrise.html]]。「sakura storm」「Sakura Reflection」等に並ぶ、Ryu☆によるSakuraシリーズの第2作目。
---Sakuraシリーズの中では最も多く移植されており、本機種収録時点でBEMANI9機種に収録((サービス終了済のBeatStreamを除いた上でGuitarFreaksとDrumManiaをまとめて1機種とカウントした場合))。
---移植された機種はREFLEC BEAT limelight(悠久のリフレシアでは本機種収録時点で未復活(2018/05/24に復活))、jubeat saucer、GITADORA(GITADOROCKアレンジ)、pop'n music Sunny Park、ミライダガッキ Ver.2、DanceEvolution ARCADE、BeatStream(サービス終了済)、ノスタルジア ƒORTE(ピアノアレンジ)。なお、ノスタルジアへの収録は本作稼働の2日前だった。
--pop'nでのジャンル名は「ハッピーハードコア」
--DDRにはMVが収録されているが、本機種には収録されていない。
--&color(orange){【ふつう】};ダンエボの振り付けを再現することができる譜面となっている。(&color(green){【かんたん】};は再現不可)

2018/06/15配信
-''Saturday Night Love -Phunk Disco Mix-'' / Sota Fujimori
--後述する「Saturday Night Love」のリミックス。BEMANI機種への収録はDANCERUSH STARDOMが初。
--2008/08/29に発売されたSota Fujimoriの1st Album「SYNTHESIZED」収録の楽曲。同アルバムは「[[-Re Edition->http://www.konamistyle.jp/products/detail.php?product_id=58692]]」として再販され、デジタルミュージックでも購入可能。~
なおKONAMI STYLEのリニューアルに伴い、アルバムの「コナミスタイル特設サイト」はリンク切れとなってしまっている。([[アーカイブ>http://web.archive.org/web/20170802014736/http://www.konamistyle.jp/sp/sota_1st/index.html]])
--楽曲のジャケットはアルバムの旧版のジャケットと同一。
--&color(orange){【ふつう】};:L/RのTAPが重なって配置されていることが多い。

2018/07/13配信
-''smooooch・∀・'' /  kors k
--プレー期間の移行などの詳細は[[こちら>DANCERUSH STARDOM/隠し要素・イベント・キャンペーン#trial]]から。
--[[beatmania IIDX 16 EMPRESS>http://web.archive.org/web/20160826042613/http://www.konami.jp/bemani/bm2dx/bm2dx16/song/smooooch.html]]からの移植曲。
---[[pop'n music 19 TUNE STREET>http://web.archive.org/web/20150507111239/http://www.konami.jp/bemani/popn/music19/mc/11/candy.html]]、REFLEC BEAT(悠久のリフレシアでもリメイク済)、DanceDanceRevolution X2、ミライダガッキ、jubeat saucer、BeatStream アニムトライヴ(サービス終了済)にも移植されている。
---SOUND VOLTEX BOOTHにはKNによるリミックスの「[[smooooch・∀・ KN mix>http://p.eagate.573.jp/game/sdvx/sv/p/booth_contents/contents_1r0006.html]]」が収録されている。
---REFLEC BEAT groovin'!!にはRyu☆によるリミックスの「Smooooch・∀・ (Ryu☆ Remix)」も収録されていた(こちらは悠久のリフレシア未復活)
--IIDX・pop'nでのジャンル名は「CANDY RAVE(キャンディレイヴ)」
--第11回ロケテストで初登場。製品版での1回目のお試し期間と同じく3人以上でのプレー時のみ出現とアナウンスされていたが、バグでみんなでBATTLE使用時であれば何人であっても出現していた。
--駆けっこや連続ジャンプなど、全体的にMVのキャラの動きを真似るような譜面構成となっている。
---駆けっこの箇所はMVの足運び的にも譜面の配置的にも厳密な意味での「ランニングマン」でない(足の動作は2段階でなく1段階に留まっている)

2018/08/13配信
-''Saturday Night Love'' / Sota feat. Brenda V.
--プレー期間の移行などの詳細は[[こちら>DANCERUSH STARDOM/隠し要素・イベント・キャンペーン#trial]]から。
--海外版家庭用DanceDanceRevolution EXTREME2からの移植曲。日本のDDR初出は家庭用STRIKE、AC初出はSuperNOVA。他機種ではjubeat Qubell/plusにも移植されている。
---同曲のリミックスは前述の「Saturday Night Love -Phunk Disco Mix-」の他に、家庭用DDR STRIKEの「ダンスマスターモード」のクレジット曲である「Saturday Night Love (U1edit)」が存在する。
--本機種では前述の「Phunk Disco Mix」が先に収録されており、本機種内でリミックスと原曲が同時収録された初の例となる。
---本機種でロケテスト未収録の新たな移植曲が配信されるのはこれが初。
---曲名及びアーティスト名がジャケット上の専用フォントで表記されている移植曲もこれが初。
--DDRにはMVが収録されているが、本機種には収録されていない。

2018/09/10配信
-''LUV CAN SAVE U'' / HIDEKI NAGANUMA
--プレー期間の移行などの詳細は[[こちら>DANCERUSH STARDOM/隠し要素・イベント・キャンペーン#trial]]から。
--[[beatmania IIDX 20 tricoroからの移植曲>http://p.eagate.573.jp/game/2dx/20/p/newsong/luv_can_save_u.html]]。
---jubeat saucer、DanceEvolution ARCADEにも移植されている。
---IIDX SPADAのサウンドトラックにロングバージョンが収録されている。
--IIDXでのジャンル名は「NEO 80's EURO ELECTRO」
--長沼英樹はかつてSEGAにおいてゲームミュージックを手掛けてきた作曲家。「ジェットセットラジオ」シリーズ等で知られる。
--ムービーはIIDX側のレイヤーを1つにつなげて編集したものを使用。
---IIDXではムービーの分岐(ハッピーエンド(DJ LEVEL AAA)とバッドエンド(DJ LEVEL AA以下))があるが、DANCERUSHでは常にハッピーエンドとなる。
--ダンエボの振り付けを再現することができる譜面となっている。

2018/09/25配信
-''SigSig'' / kors k
--プレー期間の移行などの詳細は[[こちら>DANCERUSH STARDOM/隠し要素・イベント・キャンペーン#trial]]から。
--[[beatmania IIDX 12 HAPPY SKYからの移植曲>http://web.archive.org/web/20100324194552/http://www.konami.jp/am/bm2dx/bm2dx12/song/sigsig.html]]。
---既に[[pop'n music 16 PARTY♪>http://web.archive.org/web/20081217022022/http://www.konami.jp/bemani/popn/music16/mc/14/makina.html]]、jubeat、DanceDanceRevolution X3 VS 2ndMIX、REFLEC BEAT(悠久のリフレシアでもリメイク済)、BeatStream アニムトライヴ(サービス終了済)にも移植されている。
--IIDX・pop'nでのジャンル名は「MAKINA(マキナ)」
--上述の「smooooch・∀・」の前作に当たる楽曲。
---ジャケットに登場するキャラクターも「smooooch・∀・」と同一人物という設定を持っており、pop'n版の担当キャラクターも務めている(キャラクター名は曲名と同じ「SigSig」)
--音源はオリジナル版を使用。
---収録機種のうちREFLEC BEAT(とBeatStream)ではイントロ・アウトロを短縮した音源が使用されており、ムービーもそれに合わせてカットされている。そのため他機種よりやや曲が短い。
--ムービーはIIDXと同様のものを使用。

2018/10/09配信
-''Special One'' / kors k feat. Suzuyo Miyamoto
--プレー期間の移行などの詳細は[[こちら>DANCERUSH STARDOM/隠し要素・イベント・キャンペーン#trial]]から。
--初代jubeatからの移植曲。
---既にbeatmania IIDX 17 SIRIUS、[[DanceEvolution ARCADE>http://p.eagate.573.jp/game/danceevolution/ac/p/howto/crg/crg_yossy_spec.html]]、DanceDanceRevolution Aにも移植されている。
---移植元のjubeatでは無印稼働日より収録済で最初の隠し曲(クラスC)だった。現在はQubell以降よりe-amusement pass使用のみでプレー可能。
--IIDXにおけるジャンルは「J-HOUSE」
--本曲でダンエボの振り付け再現は不可。

2018/11/07配信
-''Gymnopedie-kors k mix-'' / kors k
--初めから解禁不要でプレーできるBEMANI曲の配信はデフォルト曲の「Small Steps」以来。
--エリック・サティ作曲のピアノ独奏曲「ジムノペディ 第1番」のアレンジ楽曲であり、初代REFLEC BEATからの移植曲。
---悠久のリフレシアでは未リメイクであるため、現行アーケードでプレーできるのは本機種のみ。
---この楽曲のアレンジは他に家庭用KEYBOARDMANIA収録の「gymnopedie (skip over MIX)」、家庭用IIDX 16 EMPRESS収録の「Gymnopedie 009」が存在する。

2019/08/12配信
-''凛として咲く花の如く'' / 紅色リトマス
--[[pop'n music 15 ADVENTUREからの移植曲>http://web.archive.org/web/20070817115112fw_/http://www.konami.jp/bemani/popn/music15/mc/index.html]]。
--TOMOSUKE作曲、あさき作詞。ジャンル名は「撫子ロック」。
--「FLOWER / DJ YOSHITAKA」「Idola / iconoclasm feat.GUMI」と並び他機種展開が盛んな楽曲である。
---原曲はGFDM V5、[[IIDX 16 EMPRESS>http://web.archive.org/web/20091228041256/http://www.konami.jp/bemani/bm2dx/bm2dx16/song/rintoshite_sakuhananogotoku.html]]、初代jb、DDR X、GFDM XG3、初代Rb、[[DEA>http://p.eagate.573.jp/game/danceevolution/ac/p/howto/crg/crg_yamashiro_rint.html]]、ミライダガッキ、さらにはSEGA社のCHUNITHM AIRに移植されている。~
またリミックス版の「スプーキィテルミィンミックス」はSDVX BOOTH、「〜ひなビタ♪edition〜」はひなビタ楽曲として複数機種、まらしぃによるピアノアレンジ版がNOS Op.2に収録されている。
--今回のDRSへの移植によりリミックス版も含めるならば前述の「FLOWER」に次いで''「BEMANI全現行機種への移植」''が達成されたことになる。
--音源は初出のpop'n・jubeat版と同じ物を使用(間奏の「やっ」の台詞及びコーラスが存在しない)。((GFDM以降はサントラのロングバージョンをゲームサイズにカットしたものが使用されている))
--ジャケットはDDR・Rb・DEA版のもの。なお[[告知画像>http://twitter.com/DANCERUSH573/status/1159630387552780288]]におけるマスコットの絵は、ムービーやGD・ミライダガッキ版のジャケットに登場する「兎」を模している。
--MVは既存のものから16:9画面対応されたもの。
--本曲ではダンエボの振り付け再現は不可。
--「廻る 廻る」及び同じメロディの「咲いた あった」の箇所はいずれの難度でも回転可能な配置となっている。
---&color(green){【かんたん】};:同じ足の左右往復TAP3連((ダンスガイドでは回転しない振付となっている))
---&color(orange){【ふつう】};:「廻る 廻る」はSLIDE中の左右往復TAP3連、「咲いた あった」は足の配置が交互に入れ替わる同時TAP3連

2019/10/24配信
-''murmur twins'' / yu_tokiwa.djw
--[[beatmania IIDX 8th styleからの移植曲>http://web.archive.org/web/20150507125607fw_/http://www.konami.jp/am/bm2dx/bm2dx8/songs_murmur.html]]。IIDXでのジャンル名は「CUDDLECORE」(カドルコア)。
---[[pop'n music 10>http://web.archive.org/web/20080122104555if_/http://www.konami.jp/bemani/popn/music10/music/cuddle.html]]((pop'n 10でアレンジ版のguitar pop ver.として収録後、peaceで原曲版も収録され、さらにguitar pop ver.の強化譜面として[UPPER]バージョンも追加され、計3種類が収録されている。))、[[GuitarFreaksV4 & DrumManiaV4 Яock×Rock>http://web.archive.org/web/20180603181015/http://www.konami.jp/bemani/gfdm/gfdmv4/music/m082.html]](gutar pop ver.)、DanceDanceRevolution SuperNOVA、HELLO!POP'N MUSIC(オンラインサービス終了済)、REFLEC BEAT limelight(悠久のリフレシアでも復活済)とREFLEC BEAT plusにも移植されている。
--yu_tokiwa.djwは常盤ゆうとwacによるユニット。
--ジャケットはDDR版、専用MVはIIDX版から16:9画面対応されたものを使用。
--曲名の読み方は「マーマーツインズ」。ジャケットやムービーに登場する男女の双子の呼称でもあり、pop'nではキャラクターとしても使用可能。
--IIDXとpop'n(guitar pop ver. [UPPER]を除く)では難易度毎にアレンジが異なり、DRSでは原曲のHYPER音源(サントラと同じ音源)が使用されている。

2019/12/18配信
-''Din Don Dan'' / Ryu☆ feat.Mayumi Morinaga
--DanceDanceRevolution(2014)からの移植曲。
---ミライダガッキ Ver.2(オンラインサービス終了済)、[[DanceEvolution ARCADE>http://p.eagate.573.jp/game/danceevolution/ac/p/howto/crg/crg_dai_din.html]]にも移植されている。また、アレンジ版の「Din Don Dan (Fusion Remix) / TAKU1175 feat.かなたん」がSOUND VOLTEX III GRAVITY WARS にて収録され、後にMÚSECA 1+1/2に移植された。
--&color(green){【かんたん】};ダンエボの振り付けを再現することができる譜面となっている。(&color(orange){【ふつう】};は再現不可)

2020/02/26配信
-''アルストロメリア (walk with you remix)'' / TAG
--本リミックスの初出は[[DanceDanceRevolution X3 VS 2ndMIX>http://p.eagate.573.jp/game/ddr/x3/p/music/newsong_30.html]]、原曲はjubeat copoiusの「アルストロメリア / TAG」。本リミックスはTAG自身によるセルフリミックスである。
--BEMANI作品には原曲、リミックス版のいずれかが収録されており、今回の収録でBEMANI全機種制覇となった。
---他社作品ではCHUNITHM(SEGA)に収録されている。
--リミックスかつ移植ではあるが、TAGの楽曲収録は初。
--&color(green){【かんたん】};DDRのSP BEGINNERを再現した配置になっている。
---DDR譜面をDRSで再現した譜面は本曲が初。逆にDRS譜面をDDRで再現した譜面はいくつか存在する。DDRの新曲雑記([[A20>DanceDanceRevolution A20/新曲雑記]]/[[A20 PLUS>DanceDanceRevolution A20/新曲雑記(A20 PLUS)]])にも参照。
--本曲ではダンエボの振り付け再現は不可。

2020/04/01配信
-''エコ爺'' / Y&Co.
--[[beatmania IIDX 15 DJ TROOPERSからの移植曲>http://web.archive.org/web/20160313135457/http://www.konami.jp/bemani/bm2dx/bm2dx15/song/eco_g.html]]。IIDXでのジャンルは「80's EURO」。
---Y&Co.のアルバム「BEST HIT YCO」にロング版が収録されている。
--Y&Co.は、DJ BOSSとdj REMO-CONによるDJユニット。歌唱はmioco氏。移植曲ではあるが、両者ともDRSへの楽曲収録は本楽曲が初。
--コナミオリジナル楽曲であるが、ダンス動画は録画のみ可能でダウンロード不可となっている。
--配信時期からエイプリルフールネタと思われるが、今後も常駐する楽曲となっている。(公式ツイート[[1>http://twitter.com/DANCERUSH573/status/1245156440613871616]]/[[2>http://twitter.com/DANCERUSH573/status/1245161974389850112]])

2020/06/29配信
-''さよならトリップ'' / Dormir
--jubeat knitからの移植曲。初代REFLEC BEATにも移植されている(悠久のリフレシアで復活済)。
---[[BeatStream>http://p.eagate.573.jp/game/beatstream/animtribe/p/music/movie/sayonaratrip.html]](稼働終了済)、DDR Aにはカバー版である「さよならトリップ 〜夏陽 EDM edition〜 / 東雲夏陽 (from ここなつ)」が収録されている。歌唱は東雲夏陽(CV:日南結里)、アレンジはSota Fujimoriが担当している。
--Dormir(ドルミール)は、TOMOSUKEとくりむによるユニット。

2020/07/15配信
-''Follow Tomorrow'' / HHH×MM×ST
--[[beatmania IIDX 19 Lincleからの移植曲>http://p.eagate.573.jp/game/2dx/19/p/newsong/s_follow_tomorrow.html]]。IIDXでのジャンルは「J-DANCE POP」。
---[[DanceEvolution>http://p.eagate.573.jp/game/danceevolution/ac/p/howto/crg/crg_dai.html]]、jubeat saucer fulfill、DanceDanceRevolution (2014)にも移植されている。
--本曲ではダンエボの振り付け再現は不可。

***DANCERUSHオリジナル [#DANCERUSH_original]
-DANCERUSHオリジナル曲に関して
--ほぼ全ての曲名及びアーティスト名がジャケット上の専用フォントで表記されている(ジャケットに書かれていないアーティスト名に関しても通常曲とは違うフォントとなっている)~
ただし選曲画面のみでリザルト画面は通常のフォントで表記されている。
---「Butterfly」はプレー中及びリザルト画面でも曲名が専用フォントで表記される。
--専用カテゴリはないが、ほとんどの曲が「EDM」「BEMANI」カテゴリに収録されている。
--「Robot Loves Smoked-Salmon」以降の曲は「Impress」を除き、何らかの共通レーベルがジャケットに描かれている。
---各レーベルがどういう基準で選ばれているのかは詳細不明。
-稼働開始時点のDANCERUSHオリジナル曲は全てロケテスト初出、すなわちKONAMI所属のアーティスト名を開示しない方針を採用していた時期に公表されたためか、ジャケットにアーティスト名義が書かれていない。
--2018/03/29以降配信のDANCERUSHオリジナル曲にはジャケットにアーティスト名義も書かれるようになった。
---ただし、稼働後初のEXTRA STAGE楽曲である「Impress」のみアーティスト名義が書かれていない。当該曲は公式プロモーションムービーが初出なので、ジャケットがロケテスト初出曲と同じ方針に沿っている可能性がある。

2018/03/23配信(稼働初期)
-''Butterfly'' / kors k feat.Starbitz
--原曲はDanceDanceRevolution 1stに収録された「Butterfly / SMiLE.dk」。
---今作ではカバーボーカルによるEDMリミックスとなっているが、原曲を含めればDDR X3以来であり6年ぶりとなる。
---DDR以外では、CS pop'n music 13 カーニバル(「姫トランス/DELACTION REMIX」が収録)以来であり、AC機種のみではDanceManiaX(「KCP KUNG-FU MIX」が収録)以来17年ぶりとなる。~
上記以外のREMIXではDDR 3rdMIXの「UPSWING MIX」(5thで削除)がある。
--版権曲でありクレジット表記もされるが、「BEMANI」カテゴリーに入っている。
--「Don't Stop!!」に代わるEXTRA STAGE専用楽曲としてロケテスト後半に登場。エクストラ進出条件がそれほど厳しくなかったためか進出する参加者が多く、エクストラゲージの厳しさも相まって猛威を振るった。
---特に当時他に類を見ない、最初から高密度が飛んでくる譜面だったため、開始数秒でBADを連発し、ライフをごっそり削られる参加者が続出した。

-''Don't Stop!!'' / BEMANI Sound Team "Sota.F"
--beatmania IIDX 3rdに「Don't Stop!」という曲があるが、無関係。
--ロケテストにて最初のEXTRA STAGE専用楽曲として登場。また、本作初のLv10楽曲でもある。

-''DOWNER & UPPER'' / BEMANI Sound Team "DJ TOTTO"
--本作のタイトルや各選択画面と同じモチーフのメインテーマ曲。
--「SUMMER DANCE CAMP」経由にてDanceDanceRevolution A20へ移植された。

-''Oppress'' / BEMANI Sound Team "SYUNN"
--後に登場した、本稼働後初のEXTRA STAGE専用楽曲である「Impress」と対になる楽曲。

-''Small Steps'' / かめりあ
--各種レッスン用BGMに採用されている。
--「新機種のデフォルト曲」という位置付けに合わせ、「小さな一歩」でも先に進んでいくためのステップであるという意匠が込められているとのこと([[本人のツイート>http://twitter.com/cametek/status/977116136213893120]])
--レッスン曲は全て、この楽曲のインスト版が用いられている。
---&color(green){【かんたん】};譜面の難易度はオリジナル曲で最も易しい「2」に抑えられており、&color(orange){【ふつう】};譜面も本タイトルで基本の動きとなるランニングマン・Tステップがふんだんに盛り込まれている。
--多くの解禁曲のディスカウントミッションに設定されていることからも、早い段階でプレーしておくとゲームの進行がスムーズになると言える。
--「SUMMER DANCE CAMP」経由にてDanceDanceRevolution A20へ移植された。

-''Wicked'' / Hommarju
--「遊び方」レッスン用BGMに採用されている。
--第3回ロケテストにて「Small Steps」とEXTRA STAGE専用楽曲であった「Don't Stop!!」と共に登場した、DANCERUSH初のオリジナル楽曲の1つ。
--本稼働後は隠し曲ながら僅か★10で解禁できることもあり、難易度的にも「Small Steps」の「次のステップ」としての位置付けが伺える。
--ロケテスト時には[[MAD CHILDが本曲をプレーした動画>http://twitter.com/Hommarju/status/932944349452570624]]をHommarjuが紹介していた。

2018/03/29配信
-''Robot Loves Smoked-Salmon'' / BEMANI Sound Team "The Foie-Gras of The Sea"
--[[公式楽曲紹介ツイート>http://twitter.com/DANCERUSH573/status/978957765090590720]]
--公式ツイートによるとジャンルは「Nu-Disco」
--"The Foie-Gras of The Sea"([[海のフォアグラ>http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B5%B7%E3%81%AE%E3%83%95%E3%82%A9%E3%82%A2%E3%82%B0%E3%83%A9]])はアンコウやカワハギなどの魚の肝を称する言葉。現時点で正体は不明。
//ディスカヴァーミッション楽曲「Shuffle cats」のディスカウントミッションに本曲のアンロック対象曲や同じDIVING GHOSTレーベルであることから猫叉Masterが関わっているか彼の別名義の可能性がある。
//↑GHOST KINGDOMではNewAige、S7AGEではDon't Stop!!と全く別の作曲者の曲がディスカウントミッションに関わっているため、ディスカウントミッションだけで本曲の作曲者が猫叉Masterであると考えるのは無理がある。
//(未確定)関連性は不明だが、MÚSECAのTwitter公式アカウントの#MUSECAでイラリク企画でSYUNNがあん肝のイラストを描いたことがある。また、jubeat festoのロケテノートにSYUNNによるあん肝が描かれたものと鮭の切り身が描かれたものがあった。
//別の候補であん肝(あんこう)の水揚げ量が日本一なのは山口県で山口県出身のHuΣeRも挙げられている。
---[[スキ! MONTHLY RANKINGの2018/03>http://p.eagate.573.jp/game/bemani/fansite/p/music/201803/]]内において本来は掲載されるはずの月なのだが、未掲載となっている。同様の状況はDDR Aの「First Time / BEMANI Sound Team "Metal Stepper"」(作曲者の正体はKONAMIから退社した96)にも起こった事から、同じような形での配信になり、掲載はされない可能性が高いと思われる。
--2018/06/14にこの楽曲の&color(orange){【ふつう】};譜面によるスポンジボブ解説動画が[[公式Twitter>http://twitter.com/DANCERUSH573/status/1007196129644040192]]に投稿されている。
---余談だが、公式では[[この告知>http://twitter.com/DANCERUSH573/status/1009722609368379392]]を含め、「スポンジボブ」という単語を使用していなかった。スポンジボブは[[同名のアニメ>http://www6.nhk.or.jp/anime/program/detail.html?i=spongebob]]が由来のため、スポンジボブという単語自体を公式には使用できない可能性が考えられていた。
---後日公開された下記の「DANCERUSH STARDOM ANTHEM」振付解説動画ではSPONGEBOBという単語が使用されている。

2018/04/20配信
-''NewAige'' / BEMANI Sound Team "HuΣeR"
--「Robot Loves Smoked-Salmon」にも描かれていたマークの下には、レーベル名「DIVING GHOST」が書かれている。

2018/11/14配信
-''Nightlife'' / Moe Shop
--イベント等に絡まないDANCERUSHオリジナル曲の配信は上記の「NewAige」から半年以来。
--Moe Shopはフランスを拠点とするプロデューサー/DJ。

2018/11/21配信
-''As I go'' / Akira Complex & Slyleaf
--Akira Complexはkors k代表のレーベル「S2TB Recording」やアメリカ発のレーベル「ATTACK THE MUSIC」所属の外国人アーティスト。
---BEMANIではbeatmania IIDX 25 CANNON BALLERSにて「Break Stasis」(Hommajuとの合作)を提供。今回が2曲目の参加となる。
--Slyleafは主に海外を中心に活動するボーカリスト。BEMANIへの参加は本曲が初。
--ジャケットの右下には「TR008」の記載がある。ただしCL006と記載された「S7AGE」はCLASSレーベルの6番目に配信された一方、この曲はTROPレーベルの8番目に配信されたというわけではない。おそらく、制作順と思われる。

2019/02/20配信
-''Auto Click'' / KAN TAKAHIKO
--KAN TAKAHIKOは2005年から活動をしているDJ/トラックメイカーでDANCERUSH STARDOMへの楽曲提供はこれが初。
---他機種ではMÚSECAに「Virtual Bit」、jubeat clanに「Passion」を提供している。
--ジャケット全体がWindowsのファイルアイコンを模して解析度を低くしており、CLASSレーベル表示の仕方は「ショートカットアイコンの矢印」風となる。

2019/03/13配信
-''Chaos of Drum'' / KO3
--KO3(こみ)はAttack The Music及びKirara Records所属のアーティスト。
--KO3氏曰く「ドロップでメロディーが無くなるという音ゲーとしてあるまじき楽曲」とのこと。([[本人告知ツイート>http://twitter.com/KO3_untitled/status/1104924839813406721]])
--また、[[氏のツイート>http://twitter.com/KO3_untitled/status/1104926429743968256]]で語る通り、当楽曲は氏がCROSS×BEATS(カプコン)に提供した「Curse of Doll」との関連性がある。

2019/04/08配信
-''C'mon baby'' / Polyphonix
--プレー期間の移行などの詳細は[[こちら>DANCERUSH STARDOM/隠し要素・イベント・キャンペーン#trial]]から。
--PolyphonixはMKと、クリエイトチームSevencolorsの主宰nanaによるユニット。
---このユニットとしてはSOUND VOLTEX FLOORの「SOUND VOLTEX IV 制作決定記念 オリジナル楽曲コンテスト」にて「QUAKE」が採用された経歴があるが、BEMANI機種への楽曲提供は初となる。
---2019/07/07でMKがPolyphonixから脱退したためこのユニットとしては最後の楽曲提供となった。
--ジャケット中央の当アーティストのマークはUFOに見立てている。
--MK氏のツイートやHPによると、ジャンルは「Bigroom House」。
--曲名順は「'」を無視し「Cmon baby」として認識されている。((公式HPの「MUSIC DATA」では未だにゲーム上や公式HPの「MUSIC」と曲名順の整合性が取れておらず、この曲は「C」で始まる曲の最後に配置されている))

2019/04/29配信
-''Disco Nights'' / Relect
--プレー期間の移行などの詳細は[[こちら>DANCERUSH STARDOM/隠し要素・イベント・キャンペーン#trial]]から。
--Relectはアメリカの「Attack The Music」及びイギリスの「Lethal Theory」に所属するトラックメーカー/DJ。同じく楽曲をDRSへ提供してきているKO3とはコンビとしても活動し更に幅を広げている([[参照>http://block.fm/djs/ko3_relect]])/([[直近合作リリースについて語るKO3 & Relect出演動画>http://youtu.be/PH9v9DZlknU]])
--ジャケットの青髪女性はSUPER THUNDERレーベルのマークを象ったイヤリングを付けている(右耳も同様)。
--公式で「[[何回「Disco Nights」といっているか数えながら踊ってみよう!>https://p.eagate.573.jp/game/dan/1st/news/entrance.html#20190419-00]]」と言及しているが、曲中では「''17回''」Disco Nightsといっている。

2019/07/11配信
-''The First Step'' / Yooh
--公式MV([[Youtube>http://www.youtube.com/watch?v=62xX1JxXGeA]])
--Yoohのコメントによるとジャンルは「BigRoom」。
--BEMANI MASTER KOREA 2019のファイナリストを称えた、特別楽曲第2弾。
---先に配信された特別楽曲第1弾「DANCERUSH STARDOM ANTHEM」とは違い、この曲は通常楽曲としての配信。
---ディスカウントミッションはABC全て「DANCERUSH STARDOM ANTHEMをアンロックする」となっている。全てのディスカウントミッションが同一の楽曲は「FLOWER (STARDOM Remix)」以来。
--MV出演者はBEMANI MASTER KOREA2019ファイナリスト시로천(「シロチェン」と読む)・Xaeik*・PAVANE・Mili、公式シャッフルダンサーEXS・Hboy。
---Xaeik*、EXSとHboyは「DANCERUSH STARDOM ANTHEM」に続く出演。
--[[いちかのBEMANI超じゃんけん大会2020>合同イベント/いちかのBEMANI超じゃんけん大会2020]]においてSOUND VOLTEX VIVID WAVEへ移植された。

***KONAMI 50th Memorial Songs [#konami50th]
--機種共通の楽曲雑記は[[別項>合同イベント/50th Memorial Songs#music]]を参照。
--BEMANI合同イベント楽曲が「微アレンジ/アレンジ無し」でDRSに収録されるのは初。
--アーティスト順の場合、本機種のこれまでのBEMANI Sound Team名義の楽曲は引用符の中の読みでソートされていたが、本楽曲群はアーティスト名に引用符が無いため「アーティスト名無し」扱いとなり最先頭に並んでいるので注意。

第1弾 2019/03/21配信
-''50th Memorial Songs -Beginning Story-'' / BEMANI Sound Team
--アレンジが他の機種と僅かに異なり、ドラムパートがシンセサウンドに置き換えられている。
--&color(green){【かんたん】};&color(orange){【ふつう】};共通:終盤にコナミコマンド(↑↑↓↓←→←→BA)を再現した配置が登場する。両譜面とも「DOWNx2→JUMPx2→LRLR交互→逆足同時→順足同時」となっている。

第2弾〜第4弾 2019/04/25配信
-''50th Memorial Songs -二人の時 〜under the cherry blossoms〜-'' / BEMANI Sound Team

-''50th Memorial Songs -Flagship medley-'' / BEMANI Sound Team

-''50th Memorial Songs -The BEMANI History-'' / BEMANI Sound Team

//**2人でプレー・みんなでBATTLE専用曲 [#battle]
**先行配信曲 [#trial]

***ダンスガイドオーディション投票特典 [#dance_guide_audition]
プレー期間の移行などの詳細は[[こちら>DANCERUSH STARDOM/隠し要素・イベント・キャンペーン#trial]]から。

2019/11/20先行配信・2019/12/20配信
-''True Blue (STARDOM Remix)'' / かめりあ
--原曲はjubeat saucer初出の「True Blue / dj TAKA feat. AiMEE」。~
IIDX 20 tricoro、Rb colette-Spring-、pop'n Sunny Park、SDVX II、DDR 2013、ミライダVer.2、NOS Op.2にも移植されている。
--本人のツイートによると、ハウス系統のトラックをBEMANIに提供するのは初。([[参照>https://twitter.com/cametek/status/1197451169729146880]])
//この発言でのBassHouse曲は外部の別曲のことだと思われる。
--EDMカテゴリに属しないSTARDOM Remix楽曲はこれが初。

-''Starlight Kiss'' / BlackY
--「Crystarium」に続く楽曲提供。「Crystarium」のジャケットに存在していた「Vマーク」は本曲に記載されていない。「Vマーク」の基準については不明。
--公式告知によると、ジャンルは「ベースハウス」

2020/02/03先行配信・2020/03/04配信
-''glacia (STARDOM Remix)'' / lapix
--原曲はjubeat prop初出の「glacia / dj TOTTO」。~
REFLEC BEAT 悠久のリフレシアにも移植されている。
-- The 9th KAC決勝ラウンドの[[エキシビジョン>http://youtu.be/M7dE_bf_ZqQ?t=28331]]で披露された。
---原曲も[[The 4th KAC決勝ラウンド>公式大会/The 4th KONAMI Arcade Championship/決勝ラウンド#b01]]のエキシビジョンとして披露された。

**EXTRA STAGE専用楽曲 [#extra]
2018/04/27配信
-''Impress'' / BEMANI Sound Team "SYUNN"
--''DANCERUSH正式稼働後初のEXTRA STAGE専用楽曲''。
---前述の通り、ロケテストでは「Don't Stop!!」が1曲目、「Butterfly」が2曲目のEXTRA STAGE専用楽曲だった。
--[[DANCERUSH STARDOM公式プロモーションムービー>http://www.youtube.com/watch?time_continue=145&v=boGpyksdm3o]]にて使用されている楽曲。
---ゲーム上では1分35秒程の楽曲だが、公式プロモーションムービーでは2分20秒程の長さの楽曲に編集されている。
---余談だが、公式PVにおいてゲーム機上でプレーしている楽曲は「Impress」でなく「Oppress」である。
--曲名及びジャケットの類似性から稼働時点から配信されている「Oppress」と対として、同時期に制作された楽曲と思われる。
---なお、ジャケットの背景の模様自体は「Oppress」のものと同一だが、色調に関して「Oppress」を反転させた''ものでない''。

-''FLOWER (STARDOM Remix)'' / BEMANI Sound Team "DJ TOTTO"
--2018/04/27の更新と同時にサプライズとして[[楽曲紹介動画>http://www.youtube.com/watch?v=DwpNacS2RDI]]が公開された。
--前述の「Impress」を解禁して同曲を再度クリアした後に、アンロック対象曲・EXTRA STAGE専用楽曲として出現。
---アンロックに必要な★の初期値が''300''のため、EXTRA STAGEでのクリアによって得られるディスカウントボーナスを得ないと解禁不能。
--jubeat knit APPEND & REFLEC BEAT(APPEND FESTIVAL)からのアレンジ移植曲。
---「FLOWER」としては本曲配信時点でAC現行稼働中のBEMANI全機種に収録となり(リミックス含む)、さらに天下一音ゲ祭やCHUNITHMにも移植されたことで一部を除く現行AC音ゲーのほぼ全てに網羅されている((アーケード登場順にjubeat knit APPEND & REFLEC BEAT(2011/03/23)、DanceDanceRevolution X3 VS 2ndMIX(2012/03/14)、SOUND VOLTEX BOOTH(2012/03/28・REDALiCE Remix)→[[pop'n music 20 fantasia>http://web.archive.org/web/20170709180907/http://www.konami.jp/bemani/popn/music20/mc/20/flower.html]](2012/07/04)→GuitarFreaksXG3 & DrumManiaXG3(2012/08/15・TLION69 Remix)→[[beatmania IIDX 20 tricoro>http://p.eagate.573.jp/game/2dx/20/p/newsong/flower.html]](2012/09/25)→[[DanceEvolution ARCADE>http://p.eagate.573.jp/game/danceevolution/ac/p/howto/crg/crg_kimoto.html]](2013/02/16)→ミライダガッキ(2013/06/20)→maimai ORANGE & GROOVE COASTER EX & 太鼓の達人 キミドリVer.(2014/10/29)→BeatStream(サービス終了済)(2015/06/17)→CHUNITHM(2015/07/16)→SOUND VOLTEX III GRAVITY WARS(2015/10/08・原曲)→シンクロニカ(2015/10/15)→麻雀格闘倶楽部 彩の華(2015/12/16)→MÚSECA 1+1/2(2017/03/31)→ノスタルジア ƒORTE(2017/08/10・live pf addition)→DANCERUSH STARDOM(2018/04/27・STARDOM Remix)。))他、スマートフォン版BEMANI各種でも配信されている((jubeat plus・REFLEC BEAT plus・GITADORA(アプリ)・ポップンリズミン。ただし、後者2タイトルは配信終了済))((他にはプレイアブル楽曲でないが、コンピレーションアルバム「[[cyber beatnation 2 -Hi Speed conclusion->http://www.konamistyle.jp/item/71567]]」に収録された「FLOWER (Ryu☆Remix)」、合同イベント[[「FLOWER vs 紅焔」ガチンコ変曲リレーキャンペーン>合同イベント/2015年#henkyoku]]で当選者に配信された変曲リレー版がある。))。
--IIDX・pop'nでのジャンル名は「TRANCE CORE(トランスコア)」
--本機種ではEDMアレンジとなっており、原曲よりもBPMが下がっている(173BPM→140BPM)他、曲構成も大きく異なる。
---このため他機種のような複数機種でタイミングを合わせて同時プレーということはできなくなっている。
---原曲の作曲者はDJ YOSHITAKAだが、本機種ではクレジットされていない。
--ジャケットはRbにおけるものと同様の構図だが、モノクロ調に虹色を組み合わせたものになっており、花の色は白。鏡を持っている少女Cathleenはシャツを肩出ししサングラスをかけているなど、いわゆる''パリピ''な恰好をしている。
--ジャケット中央下にゲーム上では見づらいがマークの下には''FIVE PIECE RECORDS''と描かれている。
--&color(green){【かんたん】};:難易度はLv9で配信時点で全曲中最高値。
---&color(green){【かんたん】};譜面ではマーク幅は6レーンが目安だが、この譜面は途中から''5''レーンになる。
--&color(orange){【ふつう】};:難易度はLv10だが、前代未聞の両足同時SLIDEが多発するなどこれまでのLv10譜面とは比較にならないほどの高難度を誇っており、正式稼働から僅か1ヶ月にして最高難度のインフレが生じてしまう結果となった。~
そんな譜面であるにもかかわらず、配信わずか2日でEXCELLENTが達成されている。
---&color(orange){【ふつう】};譜面ではマーク幅は5レーンが目安だが、この譜面は序盤と終盤に''8・10''レーンの特大マークが登場し、通常マークは''4''レーンと狭いのが特徴。
--他機種において同楽曲には''「ヨシタカトルネード」''と呼ばれる特殊な譜面配置が存在することで知られる。これまでの機種では「回転」「ロングノート」「往復」のいずれかの配置で表現されることが多かったが、当機種の&color(orange){【ふつう】};譜面では~
''「左足拘束中の右足往復からの、DOWN複合型連続クロス」''~
で表現されており、「FLOWER」のヨシタカトルネードの系譜に新たに&color(red){''「二重螺旋」''};配置が加わることとなった。
---また前半部分は左足を軸にして「回転」することもできるため、当機種のヨシタカトルネードは''「回転」「ロングノート」「往復」「二重螺旋」の4つの要素が含まれていることになる''((ただし、厳密に言えばこのリミックスに([[pop'nの公式楽曲紹介での言葉>http://www.konami.jp/bemani/popn/music20/mc/20/flower.html]]を借りるならば)「でゅーーーーーーん」の音だけが流れる箇所は存在しない))。
//↑調べ直したら、ノスタルジアの「よしたかグリッサンド」もまた独特の配置だったので書き直し。あと一般的な「よしたかトルネード」ではなくて、旧BEMANI FAN SITEで紹介された時の表記の「ヨシタカトルネード」で書いてます。

2018/07/25配信
-''RISING FIRE HAWK'' / L.E.D.-G
--''初のEXTRA STAGE専用移植曲''。
--[[DanceDanceRevolution Aからの移植曲>http://p.eagate.573.jp/game/ddr/ddra/p/music/info_pickup_risi.html]]。後にbeatmania IIDX 24 SINOBUZにも移植されている。
--IIDXにおけるジャンルは「HARDSTYLE」。
--名義の同一性、名称・曲調の類似性から先にDANCERUSHに移植されている「DAWN OF FALCON」とは兄弟曲の関係にあると考えられるが、関係性などは未だに不明のままである。
---上記の2曲以外に同アーティストが作曲した鳥の名を冠した曲が他機種にいくつか存在している。

2018/08/22配信
-''Midnight Amaretto'' / かめりあ
--かめりあのツイートによるとジャンルは「ElectroSwing」
--[[Amaretto>http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%9E%E3%83%AC%E3%83%83%E3%83%88]](アマレット)とはアーモンドのような香りを持つリキュール。イタリア語で「少し苦いもの」という意味。
--[[「ややBPMも速め」>http://twitter.com/cametek/status/1030333097957449729]]とかめりあはツイートしているが、本曲のBPMは135であり、150BPM以上もあるHardstyleほど速くはない。((スレッドに「BPM250とかそういう速さじゃないので大丈夫です」とツイートしている通り、「かめりあと言えば超高速曲」という本人公認のネタに基づく発言である))
--両難度に登場する、同一レーンに完全に重なって登場するL/RのTAPは「チャールストン」を、両足が同時に蛇行するSLIDEは「クラブステップ」を意図した配置と考えられる。
---&color(orange){【ふつう】};:「Kill The Beat」&color(orange){【ふつう】};よりも激しく軸足が蛇行するTステップが登場する。
--[[スキ! MONTHLY RANKINGの2018/08>http://www.youtube.com/watch?v=Ao2O1jI6dH8]]において本機種で初の1位を獲得した。
--後に[[DANCERUSH STARDOM × DanceDanceRevolution SUMMER DANCE CAMP 2020>連動企画/DANCERUSH STARDOM × DanceDanceRevolution SUMMER DANCE CAMP 2020]]においてDanceDanceRevolution A20 PLUSへ移植された。

2018/09/05配信
-''THE SAFARI (STARDOM Remix)'' / BEMANI Sound Team "SYUNN"
--事前告知ではアーティスト名義の記載が無かったが、正式配信後にSYUNNによるリミックスであることが判明した。
--[[beatmania IIDX 3rd Style>http://web.archive.org/web/20080118150429/http://www.konami.jp/am/bm2dx/bm2dx3/introthesafari.html]]からのアレンジ移植曲。
---原曲は「THE SAFARI / Lion Musashi」であり、原曲のアーティスト「Lion Musashi」の正体はdj TAKA。~
当初は「134BPM」だったが、6th Styleより曲自体が「150BPM」に速められた。STARDOM Remixは初出版と同じ「134BPM」となっている。
---AC版IIDXの段位認定・SP七段では、同モードが実装された7th style以来、原曲の&color(darkorange){[HYPER]};譜面が常に最後の4曲目を務めている。~
俗に「テレテレテッテ」と呼ばれる難所が多くの挑戦者を退けており、「サファリ難民」と呼ばれるプレーヤーを生み出す要因となっている。
--IIDXにおける原曲のジャンル名は「WORLD HOUSE」
--アレンジとしては「THE SAFARI -Ryu☆remix- / Ryu☆」、「THE SAFARI -Try to  Sing Ver.- / Lion Musashi rejected by TAG」(2曲共BEMANI機種未収録)、「THE SAFARI -DJ TOTTO mix- / DJ TOTTO」(REFLEC BEAT colette -All Seasons-収録、悠久のリフレシアでは未復活)が存在する。
---原曲は「(「・ω・)「がおー」の愛称で親しまれているが、実際の曲中にライオンの咆哮を挿入しているアレンジはこのSTARDOM Remixが初となる。
--難易度は&color(green){【かんたん】};Lv7・&color(orange){【ふつう】};Lv10となっているが、IIDX版のLv設定を模した可能性がある。
---IIDXに収録されている原曲のSP譜面は&color(blue){[NORMAL]};Lv7・&color(orange){[HYPER]};Lv10となっており、最高位難度の&color(red){[ANOTHER]};譜面は未収録である。
---&color(orange){【ふつう】};譜面ではランニングマン直後に左右逆足に配置されたSLIDEが続く箇所が3か所あり、同様のステップは''「FLOWER (STARDOM Remix)」''&color(orange){【ふつう】};でも存在する。

2019/01/09配信
-''DUB I DUB'' / kors k feat.Starbitz
--デフォルト隠し曲の「Butterfly」と同じく、DanceDanceRevolution初期を代表する版権曲のリミックス。 アレンジャーもButterflyと同じコンビ。
--両アーティストが同レーベル(FIVE PIECE RECORDSレーベル)を冠して収録されるのは2曲目であり、これが初。
--原曲はDanceDanceRevolution 2nd MIX初出でありX3 VS 2ndMIXでも復活収録された「DUB-I-DUB / ME & MY」であり、曲名は「ドゥビドゥビ」と読む。
---DDR Xでは「DUB-I-DUB (2008 X-edit)」として新たな編曲で収録されるも、いずれもDDR A時点では削除済。
--Butterflyと違い、原曲のサビにあたる箇所しか歌われていない。
--&color(orange){【ふつう】};:「同時踏みが絡む8分TAP3連」は、DDRにおける原曲及び2008 X-editの&color(green){[SP-EXPERT]};譜面を意識した配置と考えられる。

2019/04/25配信
-''DANCERUSH STARDOM ANTHEM'' / kors k feat.福島蘭世
--公式MV([[YouTube>http://www.youtube.com/watch?v=MLKiqKUf-Ls]])
--公式振付解説動画([[YouTube>http://www.youtube.com/watch?v=VEhKHXYgKzw]])
--[[The 8th KONAMI Arcade Championship>公式大会/The 8th KONAMI Arcade Championship]]とのコラボ楽曲。公式HPによると「熱い戦いを繰り広げたファイナリストたちを称え、特別楽曲がEXTRA STAGEに登場!」とのこと。
--DRS稼動開始後に公開されたDRSオリジナル楽曲でレーベルが設定されていない楽曲は上記の「Impress」以来。
--福島蘭世(ふくしま らんぜ)はシグマ・セブンe所属の声優、ナレーター。
---BEMANI関連ではBEMANI生放送(仮)やDANCERUSH STARDOM公式シャッフルダンス講習会のMC、KACのアシスタント等での出演経歴がある。
---彼女が参加した楽曲がBEMANI機種に収録されるのは初。また、これと同時に彼女のボーカリストデビュー曲となった。
--MV出演者はkors k、福島蘭世、The 8th KACファイナリストNISHI・りりぃ・TENORI・Xaeik*・SCHOP・BENGALEE*HS、公式シャッフルダンサーEXS・HBoy、ダンサーLEO・Viola。
---EXSとHBoyは振付も担当している。
--公式振付解説動画冒頭のやり取りの元ネタは、2011年の連動企画「APPEND FESTIVAL」開催時に公開された公式動画「[[DJ YOSHITAKAが語る!リフレクの魅力!>http://www.youtube.com/watch?v=vuqo5JBk158]]」。
---ちなみにThe 8th KACのDRS部門終了直前にもEXSがこのネタを披露していた。
--当楽曲のディスカウントミッション3つともThe 8th KACエントリー特典楽曲を課題曲に設定されている。また、アンロックに必要な★の初期値が300に設定されるのは上記の「FLOWER (STARDOM Remix)」以来となる。
--「特別楽曲」という扱いであり、EXTRA STAGE専用楽曲「第''8''弾」は下記の「take me higher」となっている。
--&color(orange){【ふつう】};:本楽曲の振付の一部を再現できる配置になっている。ただし、MV内の動きをトレースする(左右逆の)配置になっている。
--後に[[DANCERUSH STARDOM × DanceDanceRevolution SUMMER DANCE CAMP 2020>連動企画/DANCERUSH STARDOM × DanceDanceRevolution SUMMER DANCE CAMP 2020]]においてDanceDanceRevolution A20 PLUSへ移植された。

2019/05/01配信
-''take me higher'' / KOTONOHOUSE
--&color(red){''BEMANIシリーズ全体を通して「令和」になって初のコナミオリジナル楽曲''};。
--EXTRA STAGE専用楽曲にTROPレーベルが登場するのもこれが初。
--KOTONOHOUSE(ことのはうす)は2016年に活動を開始したトラックメイカー/DJ。氏のBEMANIへの楽曲提供は本機種が初。
---BEMANIシリーズのプレーヤーでもあり、影響を受けたアーティストとしてDJ YOSHITAKAとkors kを[[挙げている。>http://toppamedia.com/interview-2019-5-kotonohouse/]]
---氏の楽曲には「え アタシ!?」という声ネタが入るのが定番となっており、氏の代名詞となっているが、本曲には入っていない。
--ジャケット上のフォントがバラバラに離れているのに対し、楽曲名のフォントが綺麗に並べられている。
--公式HPによるとジャンルは「フューチャーベース」。
--beatmania IIDX 18 Resort Anthemに「Take Me Higher」という曲があるが無関係。
--[[いちかのBEMANI超じゃんけん大会2020>合同イベント/いちかのBEMANI超じゃんけん大会2020]]においてbeatmania IIDX 27 HEROIC VERSEへ移植された。後に[[DANCERUSH STARDOM × DanceDanceRevolution SUMMER DANCE CAMP 2020>連動企画/DANCERUSH STARDOM × DanceDanceRevolution SUMMER DANCE CAMP 2020]]においてDanceDanceRevolution A20 PLUSへ移植されており、2か月連続での他機種への移植となった。
---IIDX上でのジャンル名は「FUTURE JERSEY」。これはFUTURE HOUSEとJERSEY CLUBを掛け合わせた造語と思われ、IIDX 23 copulaの「Exchange Place / Dirty Androids」にも使用されている。

2019/06/26配信
-''BEYOND THE EARTH (STARDOM Remix)'' / BEMANI Sound Team "Sota F."
--[[CS pop'n music 10>http://web.archive.org/web/20150507150056fw_/http://www.konami.jp/bemani/popn/gs/10/chara_yima.html]]([[曲紹介>http://web.archive.org/web/20150507183042fw_/http://www.konami.jp/bemani/popn/gs/10/mu_contemporary.html]]/[[キャラメイキング>http://web.archive.org/web/20150507183046fw_/http://www.konami.jp/bemani/popn/gs/10/ch_yima.html]])からのアレンジ移植曲。AC版ではpop'n music 13 カーニバルに移植されている。
---原曲は[[CS beatmania IIDX 9th style>http://web.archive.org/web/20150507031604fw_/http://www.konami.jp/gs/game/bm2dx/9th/newsong_06.html]]、REFLEC BEAT groovin'!! Upperにも移植されている。
--原曲は作曲者の猫叉MasterのBEMANIデビュー作であった。
---曲名はpop'n版と同じく全て大文字になっている。((IIDXとRBでは「Beyond The Earth」と小文字混じり表記になっていた))
--ジャケットのキャラクターは「イマ」。pop'nにおける原曲の担当キャラクターであった。
--[[スキ! MONTHLY RANKINGの2019/06>http://www.youtube.com/watch?v=BK-x1kZff7g]]において1位を獲得した。

2019/07/24配信
-''灼熱Beach Side Bunny (STARDOM Remix)'' / BEMANI Sound Team "SYUNN"
--[[beatmania IIDX 18 Resort Anthem>http://web.archive.org/web/20170718061612/http://www.konami.jp/bemani/bm2dx/bm2dx18/song/beach_side_bunny.html]]からのアレンジ移植。Resort Anthem当時のONE MORE EXTRA STAGE専用曲でもあった。
---原曲の作曲者はDJ Mass MAD Izm*。
---原曲はREFLEC BEAT limelight、pop'n music Sunny Park、ミライダガッキ、Dance Dance Revolution(2014)、SOUND VOLTEX III GRAVITY WARSに移植されている。
--ジャケットのキャラクターは「灼熱くん」。原曲及びその続編曲である「灼熱 Pt.2 Long Train Running」(IIDX 23 copula)のムービーに登場する。
--SYUNNがSTARDOM Remixを手掛けるのは「THE SAFARI (STARDOM Remix)」以来となる。
--TROPレーベル初の&color(orange){【ふつう】};Lv10譜面。これにより、DANCERUSHオリジナル楽曲に&color(orange){【ふつう】};Lv10譜面が追加されていないレーベルはDIVING GHOSTとCLASSのみとなった。
--&color(green){【かんたん】};:''連続で片足を二往復させるクランク配置''が登場する。
--&color(orange){【ふつう】};:ランニングマンの派生で、''途中まで引いた足を前に戻すクランク配置''が登場する。また、Shivaにも存在した片足で左右に連続クランクさせる配置も登場する。

2019/09/26配信
-''JOK3R'' / Yuta Imai
--Yuta Imaiは主にハードスタイル系の楽曲を手掛けているトラックメーカー・DJ。SDVX VWでは「Into The Madness」 が初採用となり既に収録済だが、後にBEMANIへの楽曲提供はこれが初。
---公式告知によるとジャンルは「ハードスタイル」。([[告知>https://twitter.com/DANCERUSH573/status/1176664877886132225]])

2019/10/30配信
-''Undercover'' / Hommarju
--Hommarjuの楽曲提供は「Wicked」以来でEXTRA STAGE専用楽曲はこれが初。
---氏の移植曲としては「Drop The Bounce」「Wowie Zowie!」が収録されている。
--氏は時折、本機種への参加に意欲的な発言をしており(参照[[1>http://twitter.com/Hommarju/status/1153894332451024896]]/[[2>http://twitter.com/Hommarju/status/1158647625630937088]])、それが実現した形となった([[本人告知ツイート>https://twitter.com/Hommarju/status/1188627399908319232]])。
--楽曲のサンプリングボイスはSad Puppyの同名楽曲より引用([[公式MV>http://youtu.be/5nmoT_IVIuU]])。

2019/12/11配信
-''MY NAME IS'' / STUDIO MOTTIE
--[[公式試聴動画>http://twitter.com/DANCERUSH573/status/1203845044391706626]]
--「いちかのBEMANI投票選抜戦2019」のマニフェスト「モッティーのテーマ曲制作」及び「MVの制作」を実現した楽曲。
--ジャケットの右上には小さなモッティーが描かれており、これが本楽曲のレーベルと思われる。
---新規のDANCERUSHオリジナルレーベルが登場するのは「Jalebi」のSUPER THUNDER以来。
--(未確定)アーティストのSTUDIO MOTTIEの正体は不明。
---使われている音源や声質から、作曲はSYUNN、ボーカルはS-C-Uであると推測される。
--&color(green){【かんたん】};:MVのモッティーの振り付けを再現した配置になっている。

2020/01/29配信
-''Midland Mainline'' / Genick
--Genickは東京を拠点に活動するDJ・プロデューサー。KONAMI社外作品を含め音楽ゲームへの楽曲提供は本機種が初。
--公式告知によるとジャンルは「Bassline」。
--Midland Mainline(ミッドランド・メインライン)とは、イギリスに存在した鉄道運行会社で、ミッドランド本線(Midland Main Line)を運行していた。

2020/03/11配信
-''Roughneck Disco'' / Itchy&Scratchy
--Itchy&Scratchyはkors kとSkyfishによるユニット。
---以前この名義で「[[Bad Son Of The Rave EP>http://www.trekkie-trax.com/ep/trekkie91/]]」をリリースしており、収録曲の「Inna Di Place」が「[[S2TB Files4 : Eagle>http://korsk.jp/s2tb-0012/]]」、「Roederer」が「[[Beats!!>http://korsk.jp/s2tb-0013/]]」、「UFO」が「[[S2TBFiles7: Battle Royale>http://korsk.jp/s2tb-0021-22/]]」に(いずれもEagle vs Skyfish名義)それぞれ収録されている。
---Skyfishは東京を拠点に活動するDJ・プロデューサー。合作ではあるが、KONAMI社外作品を含め音楽ゲームへの楽曲提供は初。

2020/07/01配信
-''Villains'' / RoughSketch
--公式ツイートによるとジャンルは「Rawstyle」。

2020/09/16配信
-''PRANK'' / BEMANI Sound Team "SYUNN"

//**ONE MORE EXTRA STAGE専用楽曲 [#onemore]

**ディスカヴァーミッション楽曲 [#discover]
2018/10/17配信
-楽曲テーマは「ハロウィン」。

-''GHOST KINGDOM'' / BEMANI Sound Team "劇団レコード" 
--劇団レコードは以前jubeat propにて同じくハロウィンを題材にした楽曲「SWEET HOME PARTY」を提供したことがある。
---本曲は「SWEET HOME PARTY」を意識したフレーズが使われていることから続編曲の可能性が高い。
--[[毎週!いちかの超BEMANIラッシュ2020>連動企画/毎週!いちかの超BEMANIラッシュ2020]]経由にてノスタルジア Op.3へ、EXTRA SAVIOR PLUSにてDanceDanceRevolution A20 PLUSへそれぞれ移植された。
---イベントページの楽曲コメントによるとジャンルは「スウィング」。

-''Shuffle cats'' / BEMANI Sound Team "猫叉Master"
--アーティストや曲名、シャッフル調の曲調からbeatmania IIDX 21 SPADA収録曲「Funny shuffle」の続編曲と思われる。
--猫が「DIVING GHOST」と書かれたシュノーケルを被っており、猫自体が「DIVING GHOST」レーベルを表すジャケットとなっている。
--配信時点ではDANCERUSHオリジナル楽曲で唯一、楽曲名のフォントがジャケット上のフォントと一致していない。さらにジャケット上では「SHUFFLE CATS」と全て大文字で表記されている。
---前作「Funny shuffle」の曲名は本曲の選曲画面での表記同様に大文字+小文字になっていることから、ジャケット表記の方が間違っている可能性がある。
--[[毎週!いちかの超BEMANIラッシュ2020>連動企画/毎週!いちかの超BEMANIラッシュ2020]]経由にてGITADORA NEX+AGEへ移植された。
---イベントページの楽曲コメントによるとジャンルは「エレクトロスウィング」。

-''S7AGE'' / Zekk
--Zekkは韓国出身のトラックメーカー。AC音ゲーではカプコンのcrossbeats REV. SUNRISE(オンラインサービス終了済)に参加していたが、BEMANIへの参加は本機種が初。
--Zekkが[[読み方をツイート>http://twitter.com/zekk_wa_zetku/status/1053421544062386181]]しているとおり、「S7AGE」は「STAGE」のleet表記。
---「好きなレッスンを''7''曲クリアする」、「PERECTを合計''777''以上とる」という課題はこの曲に合わせている。
--ジャケットの右下には「CL006」の記載がある。「Bad Riddim」記載の「TR007」と同様に、製品番号を模したものと考えられる。
---さらに「TR007」の前2文字が「TROP」レーベルを表していると考えられるため、この楽曲のレーベル名は「CLASS」である可能性が高い。

2018/12/21配信
-楽曲テーマは「クリスマス」。

-''Thank You Merry Christmas -DANCERUSH Mix-'' / VENUS 
--原曲である「Thank You Merry Christmas / VENUS 」は2014/12/19にjubeat saucer fulfill・REFLEC BEAT groovin'!! Upper・DanceDanceRevolution(2014)に同時収録された。
---後に2015/12/01にもpop'n music éclaleに収録された。以降、毎年12月だけの期間限定楽曲として登場していたが、2017/12よりいずれの機種も無条件解禁となっている。
--いつもの「(STARDOM Remix)」ではなく、「-DANCERUSH Mix-」というリミックス名になっている。
--VENUSはDJ YOSHITAKAとSota Fujimoriのコンビであるが、新規リミックスでありながらBST表記となっていない。
---他機種の動向を見る限り、KONAMI社員同士のユニット名義はBST表記とはしない方針の模様。
//ユニット表記には使用されない方針なのか、あるいはSota本人がリミックスを担当している可能性もある。
--BEMANI fan siteのMUSICページ(2018/12)によると「あのクリスマスソングがEDMになって登場」と紹介されているが、EDMカテゴリに''属していない''。
--原曲は220BPMである一方で、DANCERUSH Mixは128BPMとなっている。原曲は実質的に110BPMの倍取りとなっているため、DANCERUSH Mixは原曲よりもテンポが速いと言える。
--歌詞は原曲の英語パートのみが使用されている。
--当楽曲のディスカヴァーミッションが「Without You」と「Nightlife」を課題曲に設定されたのはVENUSの「ウィザウチュナイ」ネタによると思われる。([[ニコ百の該当記事>http://dic.nicovideo.jp/a/%E3%82%A6%E3%82%A3%E3%82%B6%E3%82%A6%E3%83%81%E3%83%A5%E3%83%8A%E3%82%A4]])
---「EXTRA STAGE以外でPERFECTを合計1225以上とる」という課題は12/25(クリスマス)に合わせたもの。
--ジャケットは本機種収録に際して制作された新規の物を使用。
---DRS版のジャケットはクリスマスリースと本機種のマスコットキャラクター(モッティー)が他機種と同様のタッチで描かれている。

-''Be My Baby'' / nagomu tamaki 
--nagomu tamakiは沖縄出身のDJ、トラックメイカー。MarginalRec.所属。
--BEMANI fan siteのMUSICページ(2018/12)によるとジャンルは「フューチャーハウス」。

-''Crystarium'' / BlackY
--BlackYはSDVX等を中心に活動している。氏が楽曲公募を取り扱っていない機種へ楽曲を提供するのはこれが初。
--[[作曲者のツイート>http://twitter.com/BlackY_bemani/status/1076099710312574978]]によるとジャンルは「キラキラ系HOUSE」とのこと。
--「Crazy Shuffle」と同様に、CLASSレーベルの左に「○に囲まれたV」のようなマークがある。このマークもレーベルを表しているかは不明。
---(未確定)英字「V」の意匠はSOUND VOLTEX筐体の発光パネルの形状と似ており、同機種との関連性があると思われる。
//氏はYoohと同様にSOUND VOLTEXを中心に楽曲提供しているためVマークが付属されている。今後、SDVXを中心に楽曲提供するアーティストがDANCERUSHへ楽曲提供する際にVマークが付けられる可能性が高かったが、氏は後に楽曲提供した「Starlight Kiss」のジャケットには同マークが記載されていない。

2019/07/01配信
-楽曲テーマは「夜」。

-''Nighthiker'' / nana(Sevencolors) feat.mana
--前述の通りnanaはPolyphonixのメンバーの1人。
--mana(荒川マナ)は女性サックス演奏家。Polyphonixと共演歴あり、C92でアルバム『[[SAX ON THE BEAT>http://www.polyphonix.net/adsr-0010]]』をリリースした。
---サックスを利用された楽曲であるためか、ディスカヴァーミッションが課題曲の1つとして「NewAige」を設定されている。
--nanaのツイートによるとジャンルは「ハウス」。([[告知>http://twitter.com/sevencolorsnana/status/1153985345471434754]])
--同氏のツイートによると曲名の読みは「[[ナイトハイカー>http://twitter.com/sevencolorsnana/status/1153998831719030785]]」。曲名が造語である模様。

-''Get On The Floor'' / RoughSketch
--氏のツイートやBEMANI fan siteのMUSICページ(2019/07)によるとジャンルは「Rawstyle」。
---そのためか、本曲と同ジャンルである「Dual Bladez」がディスカウントミッションに設定されている。

-''Luminous Pajama'' / BEMANI Sound Team "SYUNN"
--曲名やジャケットから察するに元ネタは蓄光プリントパジャマである。ジャケットは商品のパッケージに模してあり、下側には「''※パジャマの販売・キャンペーンなどは一切行っておりません。''」と記されている。
--ジャケット上と選曲画面では「LUMINOUS PAJAMA」と全て大文字で表記されている。対してプレー画面などは上記の表記となる。
--SYUNNがEXTRA STAGE専用楽曲ではない楽曲を提供するのは「Oppress」以来となる。
--FIVE PIECE RECORDSレーベルの楽曲が&color(orange){【ふつう】};Lv9以下である譜面はこれが初。
--BEMANI fan siteのMUSICページ(2019/07)によるとジャンルは「コンプレクストロ」。
--「PERFECTを合計2400以上とる」という課題は24時(24:00)に合わせたもの。
--筐体のデモループで流れる公式PVでは本曲が使用されている。
--&color(green){【かんたん】};:譜面作成者はEXS([[告知ツイート>http://twitter.com/Frozvitnir/status/1145580384777674753]])。
--&color(orange){【ふつう】};:譜面作成者はHboy([[告知ツイート>http://twitter.com/Hboy_shuffle/status/1145583567688196096]])。

2020/01/22配信
-楽曲テーマは「和」。
--いずれの楽曲にも2020年に合わせた課題が設定されている。
---朧の「好きな楽曲をBAD 20以下かつGOOD 20以下で5回クリアする」、SHINOBIの「PERFECTを合計2020以上とる」、MUTSUKIの「スコアを合計2020点以上とる」

-''朧'' / HHH×MM×ST
--[[pop'n music 20 fantasiaからの移植曲>http://web.archive.org/web/20150522073349/http://www.konami.jp/bemani/popn/music20/mc/05/05_04.html]]。
---既にbeatmania IIDX 20 tricoro、DanceDanceRevolution A、GITADORA Tri-Boost(GITADOROCKアレンジ)、jubeat saucer、REFLEC BEAT colette -Spring-、ミライダガッキ Ver.2、[[DanceEvolution ARCADE>http://p.eagate.573.jp/game/danceevolution/ac/p/howto/crg/crg_dai_obor.html]]、[[BeatStream アニムトライヴ>http://p.eagate.573.jp/game/beatstream/animtribe/p/music/movie/oboro.html]](稼働終了済)、ノスタルジア Op.3にも移植されている。
---他、SOUND VOLTEX IV HEAVENLY HAVENには「kamome sano remix」、DDR Aには「dj TAKA Remix」も収録されている。
--今回のDRSへの移植により、リミックス版も含めるならば前述の「FLOWER」、「凛として咲く花の如く」に次いで「BEMANI全現行機種への移植」が達成されたことになる。
--MMこと森永真由美の歌唱であるためか「Din Don Dan」がディスカヴァーミッションの課題曲に設定されている。
--曲名の読みは「おぼろ」。
--IIDX/pop'nでのジャンル名は「FASCINATION(ファッシネイション)」。
--ジャケットのキャラクターはpop'n側の担当キャラクターの「モイモイ」。
--BS、IIDX、DDRにはMVが収録されているが、本機種には収録されていない。
--本曲でダンエボの振り付け再現は不可。

-''SHINOBI'' / Relect
--Relectの楽曲は本曲を含めてSUPER THUNDERレーベルに属している為か「Mandrake」と「Bad Boy Birdwatch」がディスカヴァーミッションの課題曲に設定されている。
--氏のツイートによるとジャンルは「BIGROOM」。([[告知>https://twitter.com/Relect_jp/status/1220176287450333184]])

-''MUTSUKI'' / KO3
--睦月は旧暦における1月にあたる。
--氏のツイートによるとジャンルは「和風Psytrance」。([[告知>https://twitter.com/KO3_untitled/status/1219919693768613888]])

2020/07/21配信
-楽曲テーマは「ライトアップ」。

-''Nocturnus'' / KAN TAKAHIKO
--nocturnusとは、「夜の」という意味のラテン語。

-''Broadway Walk'' / Dirty Androids
--Dirty AndroidsがDRSに書き下ろすのは、SPARK FESTIVALの「Majestic」以来約2年ぶりとなる。

-''Heat Up The Dancefloor'' / BEMANI Sound Team "Sota F."
--[[Sota Fujimoriのツイート>http://twitter.com/SotaFujimori/status/1285544922800504832]]によるとジャンルは「Future House」。
--「スコアを合計2018点以上とる」という課題は、DRSが稼働した2018年に合わせたものと思われる。

**イベント解禁曲 [#event]
-イベントの色々な詳細は[[こちら>DANCERUSH STARDOM/隠し要素・イベント・キャンペーン#event]]を参照。

***スタンプキャンペーン [#stamp_campaign]
第1弾 2018/06/08配信
-''Crazy Shuffle'' / Yooh
--Yooh(ユー)はSOUND VOLTEXにて多数の公募楽曲で採用された経歴を持つYoohsic Roomz主宰のアーティスト。主にSDVXを中心に活躍しており、SDVX以外で他機種への楽曲提供はこれが初。
--公式HPや作曲者のツイートによるとジャンルは「Future House」
---2018/06/29にこの楽曲の&color(orange){【ふつう】};譜面の片足クランクの解説動画が[[公式Twitter>http://twitter.com/DANCERUSH573/status/1012625576333533184]]に投稿されている。~
動画ではクランクを要する側の足と同様、クランクが不要な側の足もクランクしており、固定SLIDE上でもマーク幅をはみ出さない限り、自由な足運びができることを示している。
--「SUMMER DANCE CAMP」経由にてDanceDanceRevolution A20へ、[[毎週!いちかの超BEMANIラッシュ2020>連動企画/毎週!いちかの超BEMANIラッシュ2020]]経由にてjubeat festoへ移植された。

第2弾 2018/07/20配信
-''Kill The Beat'' / lapix
--lapix(ラピス)はMEGAREX所属のアーティストでハイテックを得意とする。自ら「ハイテック忍者」と自称している。DANCERUSH STARDOMへの楽曲提供はこれが初。
--''「EDM」ジャンルに属していないDANCERUSHオリジナル曲はこれが初''。
--公式HPや作曲者のツイートによるとジャンルは「Jazz Funk」。
--ジャケット上のアーティストロゴは2色使われている理由で、選曲画面には反映されない。後に配信された「Switch」も同様。
--&color(orange){【ふつう】};:''軸足が蛇行するTステップ''が序盤に登場する。また、付点4分の配置が多い。
--C97で頒布の氏のアルバム「[[Rizing Destruction>http://megarex.jp/mrx-060]]」にてロングバージョンが収録された。
---本機種楽曲のロングバージョンは下記の「Love Me」とほぼ同時期での初収録となった。

第3弾 2018/08/10配信
-''bass 2 bass'' / Ryu☆
--初代jubeatからの移植曲。他機種ではbeatmania IIDX 17 SIRIUS、初代REFLEC BEAT(悠久のリフレシアでもリメイク済)、DanceDanceRevolution(2014)に移植されており、家庭用ではjubeat plus、REFLEC BEAT plus、beatmania IIDX INFINITASにも移植済。
---SOUND VOLTEX IVにはTracy vs. Astronomicalによるリミックスの「bass 2 bass [Tracy vs. Astronomical Remix]」が収録されている。
---移植元のjubeatでは無印稼働日より収録済でクラスAの解禁曲だった。現在はQubell以降よりe-amusement pass使用のみでプレー可能。
--2008年にjubeatが登場した際、「今までのBEMANI機種とは全く違う斬新な操作性」であるjubeatの練習用として「初心者が1曲目に選んでくれるといい」と思って制作された楽曲とのことたが、初代jubeatではこの曲が隠し曲だったというオチがある。([[Ryu☆のツイート>http://twitter.com/ryutaronakahara/status/986587584808730624]])
--音源はオリジナル版を使用。(DDRも同様)
--IIDXにおけるジャンルは「BUBBLEGUM DANCE」。
--他機種からの移植曲がスタンプ解禁曲として収録されるのはこれが初。

第4弾 2018/09/20配信
-''Summer's End'' / Nhato
--アーティスト名は「なはと」と読む。国内レーベルOtographic Musicのサウンドディレクターである。
---beatmania IIDX 19 Lincle収録の「Star Trail」以降、BEMANI機種では主にIIDXに楽曲を提供している。
---本機種の前にjubeat clanに「Northern Wind」を楽曲提供していた。
--「夏」は天文学における区分では「夏至〜秋分(の前日)」に該当する。その区分によると2018年の夏は「06/21〜09/22」となるため、最短解禁日が2018/09/22である本曲は正に曲名通り「夏の終わり」を象徴していると言える。

第5弾 2018/10/22配信
-''Party Jumpin''' / KO3
--KO3のツイートによるとジャンルは「Bass House」。

第6弾 2018/12/10配信
-''Visnu'' / Blacklolita
--公式HPによるとジャンルは「Indian EDM」。
--Blacklolitaは福岡、小倉在住のトラックメーカー/DJ。
---"DUBSTEP"や"DRUMSTEP"を中心とした楽曲を制作しており、「アイドルタイムプリパラ」のクラブremixアルバムにY&Co.やDJ Shimamuraらと共に参加するなどの経歴を持つ。
---2018/11/07より稼働開始したbeatmania IIDX 26 Rootageにて「GIGA THRASH」を提供。今回が2回目のBEMANI参加になる。
--曲名はヒンドゥー教の最高神の一柱である「ヴィシュヌ」を表している。時代によって解釈は異なるものの、創造の神ブラフマー・維持の神ヴィシュヌ・破壊と再生の神シヴァの三柱は同一の存在とされている。

第7弾 2019/01/07配信
-''Love Me'' / Kenichi Chiba
--Kenichi Chibaは北海道出身のアーティスト。音ゲーではカプコンのCROSS×BEATSに楽曲を提供したことがあるが、BEMANIでは本機種が初。
--公式HPによるとジャンルは「ハウス」。
--C97で頒布のソロアルバム「[[CROSSPOINT>https://northtakt-crosspoint.tumblr.com/]]」にてVIP Mixとしてロングバージョンが収録された。

第8弾 2019/04/15配信
-''Audiovisual'' / Moe Shop
--公式HPによるとジャンルは「コンプレクストロ」。

第9弾 2019/09/30配信
-''Stepper'' / PSYQUI
--PSYQUI(サイキ)はMEGAREX所属のトラックメーカー。
---BEMANI機種への参加は、MÚSECA 1+1/2の「Still Lonesome」、SOUND VOLTEX V VIVID WAVEの「Bye or not / PSYQUI feat. mikanzil」に続き3機種目。ただし、前記2曲はコンテスト採用楽曲であるため、楽曲提供は本楽曲が初となる。

第10弾 2019/12/16配信
-''December in Strasbourg'' / nana(Sevencolors) feat. mana
--Strasbourg(ストラスブール)はフランス北東部に位置する都市。ヨーロッパ最大級にして最古のクリスマスマーケットが開催されることで有名。
--アーティストによる公式コメント動画([[YouTube>https://www.youtube.com/watch?v=SUM_gVeQ9yI]])

第11弾 2020/06/22配信
-''Pandora's Box'' / MK
--公式ツイートによるとジャンルは「Future House」。

第12弾 2020/09/28配信
-''Bounce To This'' / android52
--本人の告知ツイートによるとジャンルは「Bass House/Complextro」。

***SPARK FESTVAL [#SPARK_FESTVAL]
RISING DAY 2018/07/13配信
-''†渚の小悪魔ラヴリィ〜レイディオ† (STARDOM Remix)'' / kors k
--jubeat saucerからのアレンジ移植曲。
---原曲はbeatmania IIDX 20 tricoro(IIDX EDITとなっているが、曲に変更なし)、REFLEC BEAT colette -Spring-(悠久のリフレシアでもリメイク済)、pop'n music Sunny Park、ミライダガッキ、DanceDanceRevolution(2013)、BeatStream(サービス終了済)、SOUND VOLTEX IV HEAVENLY HAVENにも移植されており、GITADORAにはギタドロックver.としてアレンジ移植されている。
---原曲のBPMは190だが、このリミックスのBPMは''214''と原曲よりもテンポがやや速くなっており、収録時時点で全曲の中で最速。ただし、曲自体は速くなっているものの譜面の中に出てくるのは最も狭い間隔でも4分のため、譜面として実質的にBPMは''107''相当と大幅に遅くなっている。((一方選曲時ではセンサーパネルが楽曲のBPMに合わせて点滅するのだが、この楽曲に限り「107BPM」の速さでリズムを刻んでいる))
--IIDX・pop'nでのジャンル名は「Hi-CORE(ハイコア)」
--本曲のサブタイトルには先に本機種に収録された「FLOWER」と同じく(STARDOM Remix)が冠されている。~
また、原曲のアーティスト名義(「夏色ビキニのPrim」)ではなく、アレンジャーのみをアーティスト名義としている点も共通している。
---この事から察するにこれから本機種に収録される他機種からの楽曲の一部はDANCERUSH向けにBPMを落としつつリミックスした(STARDOM Remix)として収録される可能性が高い。
--ジャケットはjb版の流用でなく、本機種移植に伴い制作された新規のものを使用。
---ジャケットに描かれているキャラクターは「なぎさ」。IIDX、GD、DDR版のムービーにも登場。

-''Summery'' / KO3
--KO3はBEMANIシリーズで過去にSOUND VOLTEXシリーズの楽曲公募『FLOOR』の「第一回ボルテキャラテーマ曲コンテスト」にて「My name is TSUMABUKI」が採用されているが、本機種への楽曲提供はこれが初。
---「第一回ボルテキャラテーマ曲コンテスト」の公募はII稼働時にかけられており、「My name is TSUMABUKI」の収録はIII稼働時に行われている。
--[[DANCERUSH向けの曲が作りたい>http://twitter.com/KO3_untitled/status/993690811307995137]]というKO3のツイートに、SPARK FESTIVALの参加アーティストを探していたkors kが反応したことでKO3の楽曲がDANCERUSHに収録される運びとなった。((2018/07/21に開催したDANCERUSH STARDOM公式シャッフルダンス講習会 inラウンドワン池袋店【中級編】におけるkors kの発言より))
--両譜面において同一ラインに重なってL/Rマークが流れてくる配置が非常に多い。

CHANGE OVER 2018/07/20配信
-''Deep Vibes'' / Carpainter
--CarpainterはDubstep兄弟ユニット"Seimei & Taimei"の弟Taimei氏によるソロプロジェクト名義。
---他機種ではMÚSECAに「Town Walk」を提供している。
--Carpainterのツイートによるとジャンルは「ビッグルームサウンド」
--&color(orange){【ふつう】};:終盤のDOWNとDOWNの間に挟まれたマーク配置はR・LのTAPが単純な4分のリズムでなく、16分後ろにずれている。

-''HighBALL'' / MK
--MKは主にbeatmania IIDXを中心に楽曲を提供している。
---特に23 copula収録の「do the thing feat. Kanae Asaba」、24 SINOBUZ収録の「elemental bender feat. Kanae Asaba」のジャンル名は、ずばり「EDM」となっている。
--MKの公式HPによると、ジャンルは「Future Bounce」

CHANGE OVER 2018/07/27配信
-''Majestic'' / Dirty Androids
--Dirty Androidsはかつてbeatnation Recordsが行っていた楽曲一般公募にて採用され、主にbeatmania IIDXを中心にしているアーティスト。DANCERUSH STARDOMへの楽曲提供はこれが初。
--Dirty Androidsのツイートによるとこの楽曲は「FutureでClassicなHouse」とのこと。
--&color(orange){【ふつう】};:ムーンウォークを思わせる両足同時SLIDEが登場する。

-''Dual Bladez'' / おもしろ三国志
--おもしろ三国志は三国志とテクノの融合をコンセプトとした楽曲を制作しているアーティスト。
---他社作ではCHUNITHM(セガ)にてCranky作曲の「宛城、炎上!!」でMCとして参加しているが、自身の作曲による音楽ゲームへの参加は今回が初。
--今回の楽曲とジャンルは「劉備の徐州での決断をテーマにしたRAWSTYLE」とのこと。([[本人のツイートより>http://twitter.com/omosan/status/1022718566078902272]])
---RAWSTYLEはHARDSTYLEの派生ジャンルでHARDCOREに近い強烈なキックが特徴。
--曲名を訳すと「双剣」となるが、これは三国志の時代を描いた歴史小説「三国志演義」において劉備が使用している武器のことである。
--&color(orange){【ふつう】};:L/Rの配置が独特。[[公式のツイート>http://twitter.com/DANCERUSH573/status/1024174334762348546]]にて「RawstyleでJumpしよう!!」と記載されていることから、この配置は文字通りジャンプが主体である「ジャンプスタイル」による足運びを意図したものだと考えられる。

SUNSET DAY 2018/08/03配信
-''DO YOU WANNA PARTY!!(DJ KEN-BOW MIX)'' / HiBiKi
--アーティスト紹介カット等では「DJ KEN-BOW」の名前も同時に表記されているが、楽曲としてのアーティスト名義は「HiBiKi」のみとなっている。
--HiBiKiはCS pop'n music 13 カーニバルに収録された、DDRでおなじみの「Butterfly」のリミックスである「[[姫トランス/BUTTERFLY(DELACTION REMIX)>http://www.konami.jp/bemani/popn/gs/13/character/2_hime_trance_frame.html]]」の編曲を担当した経緯がある。

-''Jalebi'' / KAN TAKAHIKO
--曲名にもなっている「[[ジャレビ>http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%AC%E3%83%93]]」とは南インドから北アフリカにかけて一般的に食されているお菓子のこと。
---ジャケットはジャレビを模したものであり、曲調もジャレビが食されている地域をイメージしたようなエスニック調となっている。
--ジャケットの右下に描かれているマークの隣には「SUPER THUNDER」という言葉が書かれている。
--&color(orange){【ふつう】};:軸足を逆方向に動かすTステップが登場する。

CHANGE OVER 2018/08/10配信
-''Mandrake'' / nagomu tamaki
--曲名の「[[マンドレイク>http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%AC%E3%82%A4%E3%82%AF]]」とはナス科マンドラゴラ属の植物のこと。また神経毒が含まれていることから、中世ヨーロッパにて魔術や錬金術に関わる様々な伝説が生まれた。
--公式ツイートによるとジャンルは「Moombahcore」

-''Raw Crawler'' / Masayoshi Iimori
--Masayoshi IimoriはIIDX 24 SINOBUZからBEMANIに楽曲提供しているトラックメイカー。DANCERUSH STARDOMへの楽曲提供はこれが初。
---氏の楽曲はIIDXに提供した曲も含めてBPM 150に統一されている。
--[[Masayoshi Iimoriのツイート>http://twitter.com/masayoshiiimori/status/1027916894605467649]]によると「ハードスタイル〜トラップ〜サイケとゲームっぽく盛りだくさんにした」とのこと。

CHANGE OVER 2018/08/17配信
-''Bad Boy Birdwatch'' / HyperJuice
--HyperJuiceはfazerockとharaの2人組の2013年結成のサウンドチーム。
--なおfazerockは2018/05/07をもってHyperJuiceを脱退し、ソロ活動に専念することを発表しており([[fazerock氏のツイート>http://twitter.com/fazerock/status/993505833827819520]])、この曲がHyperJuiceのユニットとしては最後の楽曲となっている。([[fazerock氏のツイート>http://twitter.com/fazerock/status/1016900430696144897]])
--公式ツイートによるとジャンルは「ジャングルテラー」

-''Garuda'' / kors k
--SPARK FESTIVALの「アンコールステージ」として登場する楽曲。「FLOWER (STARDOM Remix)」に次ぐ、&color(green){【かんたん】};Lv9・&color(orange){【ふつう】};Lv10楽曲。
--kors kがリミックスでない楽曲をDANCERUSH STARDOMに書き下ろすのはこれが初。
--曲名の読みは「ガルーダ」
--インド神話に登場する神鳥「ガルーダ」を冠した曲名から主にIIDXで楽曲提供する際に使用する名義の「eagle」と関連している可能性がある。
--後にbeatmania IIDX 26 Rootageへ移植された。DANCERUSHオリジナル曲が他のBEMANI機種に移植されるのはこれが初。
---IIDXでのジャンルは「JUKE/FOOTWORK」
--&color(green){【かんたん】};:両足の開閉を繰り返す、長めの両足同時SLIDEが登場する。
--&color(orange){【ふつう】};:序盤に''14レーン''もの特大SLIDEが登場する。また、6分の速さのランニングマン・スポンジボブ・Tステップを踏む箇所がある。

***DANCERUSH STARDOM GYM [#DANCERUSH_STARDOM_GYM]
STEP1 ランニングマントレーニング!! 2018/09/20配信
-''Bad Riddim'' / KAN TAKAHIKO
--[[公式楽曲紹介ツイート>http://twitter.com/DANCERUSH573/status/1047667380258623488]]
--105BPMと低速であり、配信時点ではDANCERUSHオリジナル曲最遅。
--ジャケットの周囲には「DANCERUSH STARDOM Bad Riddim KAN TAKAHIKO Label TROP TR007」の語句が繰り返し記載されている。またジャケット中央左にはヤシの木マークを「O」に見立て、「TROP」という単語が書かれている。
---以上のことからDANCERUSHオリジナル曲記載のマークが「レーベル」であることが確定した。
--「ランニングマントレーニング!!」の通り、両難度共に「ランニングマンレッスン 炎の特訓編」登場のランニングマン配置が頻出する譜面となっている。
---上記レッスン譜面とマーク配置も似通っているため、&color(orange){【ふつう】};のコンボ数は僅か''225''であり、配信時点ではBEMANI曲&color(orange){【ふつう】};譜面の最小コンボ数となっている。

STEP2 極 ランニングマントレーニング!! 2018/09/27配信
-''Second Heaven -Samba,Samba,SomeBody MIX-'' / Remixed by DJ YOSHITAKA
--[[公式楽曲紹介ツイート>http://twitter.com/DANCERUSH573/status/1047667883231215616]]
--beatmania IIDX 14 GOLD初出の「[[Second Heaven / Ryu☆>http://web.archive.org/web/20150507123958fw_/http://www.konami.jp/bemani/bm2dx/bm2dx14/song/second_heaven.html]]」のリミックスであり、2009/10/15発売のRyu☆のファーストアルバム「[[starmine>http://www.konami.jp/products/style_ryu_1st/]]」に収録されている。ゲーム画面上でも「starmine」のジャケットがそのまま使用されている。
---BEMANI機種への収録はDANCERUSH STARDOMが初。ただし当機種への移植前に、アーケード用パーティーゲーム「[[ビシバシCHANNEL>http://p.eagate.573.jp/game/bishibashi/channel/pre/entrance.html]]」内のミニゲーム「サンバ サンバで アイスクリーム」にて、同曲が既に使用されている。
--IIDX・[[pop'n>http://web.archive.org/web/20170809075756/http://www.konami.jp/bemani/popn/music17/mc/song14/handz..html]]における原曲のジャンル名は「HANZ UP(ハンズアップ)」
--原曲で使用されているサンプリングボイス「Somebody's scream」((「Second Heaven」と同作初出の「FIRE FIRE」にも使用されている))が「三倍アイスクリーム」と聞こえるのが有名であるが、本リミックスではその空耳を押し通したアレンジとなっている。
--&color(orange){【ふつう】};:最後に配置されているR・LのTAPだけ、付点8分の間隔になっている。

STEP3 Tステップトレーニング!! 2018/10/04配信
-''Forgetting Machine'' / TAKU INOUE
--[[公式楽曲紹介ツイート>http://twitter.com/DANCERUSH573/status/1047668141109653505]]
--井上拓はバンダイナムコスタジオ(BNSI)出身のコンポーザー。専ら「イノタク」の愛称で呼ばれる。TOY'S FACTORY所属。
---音楽ゲーム関連では太鼓の達人への楽曲提供やコーラス参加のほか、2018/06を以ってBNSIを退職するまで「シンクロニカ」のサウンドディレクターを勤めていた。
---代表曲は「夜明けまであと3秒」(シンクロニカ:[[第二回天下一音ゲ祭>公式大会/第二回天下一音ゲ祭]])「Hotel Moonside」(アイドルマスター シンデレラガールズ)など。
---また「MC TC」という作詞家の名義と「applebonker」というリミキサーとしての名義がある。
--BNSI以外でAC音楽ゲーム機種への楽曲提供はこれが初。
//アプリを含めるとスクールガールストライカーズ トゥインクルメロディーズの「サテライト・ラブ」があるのでAC音ゲー限定で記述
---BNSI所属時代よりkors kはじめ多くのBEMANI常連コンポーザーと親交があった人物でもあり、今回の楽曲提供もkors kのオファーによるものだったとのこと。([[本人ツイート>http://twitter.com/ino_tac/status/1047802053571969030]])~
(未確認)SPARK FESTIVALに引き続き、DANCERUSH STARDOM GYMでもkors kが楽曲プロデュースを務めている可能性がある。
--&color(green){【かんたん】};:Tステップトレーニング用楽曲にも関わらず、''SLIDEを伴ったTステップが一切登場しない''。
---左右に少しずつズレる連続同方向TAPは一応Tステップの配置である。
---代わりに174BPMの4分ランニングマンが頻発するため、実質的には''ランニングマントレーニング譜面''となってしまっている。
--[[毎週!いちかの超BEMANIラッシュ2020>連動企画/毎週!いちかの超BEMANIラッシュ2020]]においてbeatmania IIDX 27 HEROIC VERSEに移植された。
---IIDXでのジャンルは「DRUM'N'BASS」。 

STEP4 極 Tステップトレーニング!! 2018/10/11配信
-''Hastur'' / USAO
--[[公式楽曲紹介ツイート>http://twitter.com/DANCERUSH573/status/1050552136482734080]]
--USAOはHARDCORE TANO*Cメンバーの1人。
--REFLEC BEAT VOLZZAからの移植曲。DDR及びDEA未収録の楽曲が移植されるのはデフォルト隠し曲である「DAWN OF FALCON」以来。
---悠久のリフレシアではプレー不可だったが、2018/11/15より復活。
--元々は同バージョン内で開催されたイベント「[[ULTIMATE SURVIVAL>http://p.eagate.573.jp/game/reflec/volzza/p/information/survival.html]]」参加のために氏が書き下ろし提供した楽曲であった。
---同イベント出身の楽曲が移植されるのはbeatmania IIDX 23 copulaへ移植された「SEITEN NO TERIYAKI」に続き2曲目になる。
--曲名の「Hastur」(ハスター)とはアメリカの小説家「H・P・ラブクラフト」の連作小説が起源となったクトゥルフ神話等に登場する風を司る神の名前。
---楽曲ジャケットの黄色いマントの男もハスターの人間の姿の現身である「黄衣の王」(The King in Yellow)を表現したものである。
--氏曰く「爽快感のあるHybrid EDM」とのこと。(告知[[1>http://twitter.com/USAO926/status/677642602192240640]]/[[2>http://twitter.com/USAO926/status/677643760390578176]])
---「EDM」カテゴリに属している移植曲はこれが初。
--楽曲のBPMはUSAO自身がtwitterで236と明かしているが([[告知>http://twitter.com/USAO926/status/679194593313845250]])、Rbと本機種ではBPMが半分の118で取られている。((小節線の間隔・SLIDE中のコンボの増え方でBPMの把握が可能))

STEP5 フリースタイル 2018/10/18配信
-''Don't Be Afraid'' / MK
--[[公式楽曲紹介ツイート>http://twitter.com/DANCERUSH573/status/1054909866806923267]]
--公式ツイートによるとジャンルは「Progressive House」
--楽曲のサンプリングボイスはSevennの「Music Is My Suicide」より引用([[公式MV>http://www.youtube.com/watch?v=lnYzgcbbOek]])。曲名の「Don't Be Afraid」は「Music Is My Suicide」の歌詞にもあったが、該当のサンプリングボイスは使用しない。
--高難度譜面であるSTEP4の「Hastur」とは打って変わって、特定のステップを押し付けることの無い易しめの譜面となっている。
---プレーヤーの創意工夫に任せる「フリースタイル」を意図したものと考えられる。

***The 8th KAC エントリー特典 [#the8thkac]
-「[[The 8th KONAMI Arcade Championship>公式大会/The 8th KONAMI Arcade Championship]]」で本機種にエントリー後、機種のプレーで解禁~
(解禁可能期間:2018/11/29 10:00〜2019/01/07 18:00) 
-2019/01/29 10:00以降、EXTRA STAGE専用楽曲第7弾として再配信

2018/11/29配信
-''Catch Our Fire! (STARDOM Remix)'' / kors k
--The 8th KAC共通課題曲「Carth Our Fire! / 中島由貴」を本機種向けにアレンジした楽曲。
---各機種共通の原曲については[[別項>公式大会/The 8th KONAMI Arcade Championship#catchourfire]]を参照。
--BEMANI fan siteのMUSICページ(2018/11)によるとジャンルは「ハンズアップ」
--他のSTARDOM Remix楽曲と同様に、アーティスト名義はアレンジャーのみが記載されている。
--ジャケットも独自のものであり、手の周囲にある星の数はThe 8th KAC公式ロゴと同じく14個。
--The 8th KAC共通課題曲のリミックスではあるが、''MVが収録されているDANCERUSHオリジナル楽曲はこれが初''。
---MVも原曲のものとは違っており、FIVE PIECE RECORDSレーベルがMVに4回登場する。((MV冒頭で1カウント、中盤に2回、ラストは本曲のクレジットの下に表記されている))
--原曲のBPMは190だが、本リミックスは140となっており、ボーカルもそれに合わせてスローテンポになっている。

-''Love 2 Shuffle'' / BEMANI Sound Team "Sota F." feat. Starbitz
--DANCERUSH「初」のEXTRA STAGE専用楽曲である「Don't Stop!!」の作曲者Sota F.と「2曲目」のEXTRA STAGE専用楽曲である「Butterfly」のボーカルStarbitzが組んだ、The 8th KACの本機種オリジナル課題曲。
--靴の「タン」にレーベルが描かれている。「STARDOM Remix」でない完全新曲がFIVE PIECE RECORDSレーベルで登場するのは初。
--ジャケットに靴が描かれていることから同作曲者による「Don't Stop!!」との関連性がある。
--上記「Heat Up The Dancefloor」収録時のSota氏のツイートによるとジャンルは「Future House」。
--[[毎週!いちかの超BEMANIラッシュ2020>連動企画/毎週!いちかの超BEMANIラッシュ2020]]経由にてpop'n music peaceへ移植された。

2018/12/27配信
-''Shiva'' / Relect
--同日より開催されるThe 8th KAC予選ラウンド アジアエリア Stage 3課題曲。日本の予選ラウンドでこの楽曲は課題曲でない。
--RelectはBEMANIシリーズで過去にSOUND VOLTEXシリーズの楽曲公募『FLOOR』の「SOUND VOLTEX II -infinite infection- 制作決定記念 オリジナル楽曲コンテスト」にて「WobbleTangleFestival」が採用され収録されているが、楽曲提供は本楽曲が初となる。
--BEMANI fan siteのMUSICページ(2018/12)によるとジャンルは「ハードスタイル」
--2018/12/10にスタンプキャンペーン楽曲として配信された「Visnu」とは「楽曲名の由来がインド神話の最高神」「SUPER THUNDERレーベル」「ジャケットが対称形の図案」など共通点が多く、作曲者こそ違うがシリーズ楽曲である可能性もある。
---余談だが、他社作の「GROOVE COASTER」(タイトー)にはアーティストのMassive New Krewによる同名曲が存在する。
//一瞬間違えたのでグルコス側のトピックも一応メモしときます
--後にbeatmania IIDX 27 HEROIC VERSEへ移植された。
---IIDXでのジャンルは「HARD PSY」
--&color(orange){【ふつう】};:''片足で左右に連続クランクさせる配置''が登場する。

***SPARK FESTIVAL2019 [#SPARK_FESTIVAL_2019]
-各CHANGE OVER直後の楽曲名はCHANGE OVER直前の楽曲のディスカウントミッションで判明された。

RISING DAY 2019/08/07配信
-''Memories'' / CHEAP CREAM
--CHEAP CREAMはnagomu tamakiとericaによるクラブミュージックユニット。
---同ユニットの1人であるnagomu tamakiは本曲を含めて3曲目の参加となる。
--曲名が「Memories」であるBEMANI収録楽曲はこれで5曲目となった。(他の楽曲はKM 2nd「Memories / Naya~n」、IIDX 8th「memories / TAKA」、DDR EXTREME((初出は海外版Dancing Stage EuroMIX2))「MEMORIES / NAOKI feat. PAULA TERRY」、pop'n 10CS / 15「memories... / EGOISTIC LEMONTEA」)

-''Flying soda'' / 猫叉Master feat.林ももこ
--REFLEC BEAT colette -Summer-からの移植曲(悠久のリフレシアでも2019/04/04に復活済)。

CHANGE OVER 2019/08/14配信
-''Fire Spirit'' / MK
--当楽曲名は上記の「Flying soda」のディスカウントミッションで判明された。
--MKのツイートによるとジャンルは「Moombahton」。
---当楽曲がMK初のMoombahtonトラックとなる。([[氏のツイート>http://twitter.com/mk_muzic/status/1158932440422875138]])

-''Night & Day'' / TANUKI
--TANUKIはイギリス出身のトラックメーカー・音楽プロデューサー。
--BEMANIへの楽曲提供は初でBEMANIデビューと言及している。([[氏のツイート>http://twitter.com/tanukimusic/status/1158918765557571585]])

SUNSET DAY 2019/08/21配信
-''Wowie Zowie!'' / Hommarju
--jubeat clanからの移植曲。
--&color(orange){【ふつう】};:終盤のランニングマン・スポンジボブは8分ではなく12分のハネたリズムになっている。

-''Twinkle'' / Aiobahn
--Aiobahnは韓国出身のDJ・トラックメーカー。BEMANIへの楽曲提供は本楽曲が初。

CHANGE OVER 2019/08/28配信
-''RAVELINE ATTACK'' / hara (HyperJuice)
--haraの楽曲提供は「Bad Boy Birdwatch」以来だが、ソロでの楽曲提供は今回が初。
--[[氏のツイート>http://twitter.com/haraqlo/status/1166552289139552256]]によると、RAVEとBASSLINEを掛け合わせたようなトラックである模様。

-''Switch'' / Dubscribe
--Dubscribeは日本の音楽プロデューサー、DJ。
---BEMANIへの楽曲提供は初。他社機種ではCROSS×BEATSシリーズに参加経験あり。
--&color(orange){【ふつう】};:序盤はシャッフルダンス、中盤からのJUMPと同時の繰り返し地帯はジャンプスタイル、左右に配置された同時はドラムンベースステップを想定した配置となっている。([[参照>http://twitter.com/Hboy_shuffle/status/1166562000379494400]])
--氏は本楽曲について「[[ハードスタイル的な4つ打ちからDubstepにスイッチする曲>http://twitter.com/Dubscribe_/status/1166633013402320896]]」と解説しており、これが曲名の由来となっていると思われる。
--曲名が「Switch」であるBEMANI収録楽曲はこれで3曲目となった。(他の楽曲はIIDX 9th「SWITCH / RAM」、DDR SN2「switch / DAISUKE ASAKURA ex. TËЯRA」)

ONE MORE EXTRA STAGE 2019/08/28配信
-''Set Me Free'' / kors k vs BEMANI Sound Team "L.E.D."
--''DANCERUSH初のONE MORE EXTRA STAGE楽曲''。
--合作ではあるが、L.E.D.によるDRS書き下ろし楽曲は初。L.E.D.楽曲の収録は「RISING FIRE HAWK」以来。
---kors kとL.E.D.のコンビによる楽曲は「Venom」(IIDX 24 SINOBUZ)以来。
--&color(orange){【ふつう】};:''16分TAPが初登場''。特に3連TAPが頻出し、ラストはTAPx4→DOWNの5連打となっている。

***DANCERUSH STARDOM × DanceDanceRevolution A20 SUMMER DANCE CAMP [#ddr]
-イベントの詳細は[[こちら>連動企画/DANCERUSH STARDOM × DanceDanceRevolution A20 SUMMER DANCE CAMP]]を参照。
-DDR Aは「EDM」をコンセプトにしており、DDR A初出の2曲はEDMカテゴリにも収録されている。
-本機種の譜面上、DDRにて存在していたソフラン・停止は再現されていない。

2019/08/08〜順次配信
-''Electric Dance System Music'' / U1 overground
--[[DanceDanceRevolution Aからの移植曲>http://p.eagate.573.jp/game/ddr/ddra/p/music/info_pickup_edsm.html]]。今回の交換移植のDRS側の対象曲となっている上記の「DOWNER & UPPER」同様に、システムBGMをプレイアブル化した楽曲。
--U1-ASAMi氏の楽曲がDRSに収録されるのはこれが初となる。

-''Drop The Bounce'' / Hommarju
--DanceDanceRevolution A20からの移植曲。
---同作初出のオリジナル楽曲が他機種に移植されるのはこれが初となる。

-''Astrogazer'' / DJ TOTTO
--[[DanceDanceRevolution Aからの移植曲>http://p.eagate.573.jp/game/ddr/ddra/p/music/info_pickup_astr.html]]。
---DRSでのEXTRA STAGEにあたるDDR A内のイベント「EXTRA EXCLUCIVE」の第3弾であった。DDR A20では無条件解禁に移行。

***いちかのBEMANI投票選抜戦2019 [#bvs2019]
-[[連動企画/いちかのBEMANI投票選抜戦2019]]
--機種共通の楽曲雑記は[[別項>連動企画/いちかのBEMANI投票選抜戦2019#music_memo]]を参照。
-本機種の作風に合わせるためか、多くの楽曲で"DANCERUSH Style"と称し原曲をアレンジしたものが収録。
-「BLACK JACKAL」以外は本来シャッフルダンスを想定していない合同イベント楽曲であるためか、これまでにない傾向の譜面も見受けられる。
--詳細は[[DANCERUSH STARDOM/詐称・逆詐称・個人差譜面リスト]]を参照。

2019/09/12配信
-''BLACK JACKAL'' / Akira Complex
--DRSでは期間中1回プレーのみで出現。

-''Trill auf G (DANCERUSH Style)'' / BEMANI Sound Team "dj TAKA"

-''最小三倍完全数 (DANCERUSH Style)'' / DJ TECHNORCH with BEMANI Sound Team
--DANCERUSH STARDOMに変拍子楽曲の収録はこれが初。
--アレンジの傾向は「Thank You Merry Christmas -DANCERUSH Mix-」と同様でBPMを大きく落としているが曲メロディは加速している。
--楽曲の演奏時間が1分半を切っており、配信時点ではレッスン曲を除けば最も演奏時間が短い。

-''Six String Proof (DANCERUSH Style)'' / BEMANI Sound Team "Yvya × Mutsuhiko Izumi"
--当イベントのDANCERUSH Styleアレンジにおいて、唯一BPMが変更されていない。
---アレンジの方向性としては「50th Memorial Songs -Beginning Story-」に近く、ドラムパートをシンセサウンドに置き換えている。

-''toy boxer (DANCERUSH Style)'' / BEMANI Sound Team "S-C-U & SYUNN"

-''おーまい!らぶりー!すうぃーてぃ!だーりん! (DANCERUSH Style)'' / BEMANI Sound Team "PON" feat.NU-KO
--基本的にBPMを遅くした他のDANCERUSH Style楽曲と違い、この曲は大幅なアレンジが施されている。ボーカルも「おーまい!らぶりー!すうぃーてぃ!だーりん!」を加工したものしか使用されていない。
---アレンジの方向性としては「Catch Our Fire! (STARDOM Remix)」や「DUB I DUB」に近い。
--本イベントにおけるpop'nのマニフェスト1,000,000票達成により、pop'n music peaceにもこちらのバージョンが収録される。

-''voltississimo (DANCERUSH Style)'' / BEMANI Sound Team "PHQUASE"
--上記の「最小三倍完全数 (DANCERUSH Style)」と同様でBPMを大きく落としているが、曲メロディは加速している。

-''Afterimage d'automne'' / BEMANI Sound Team "猫叉劇団"
--DRS用のアレンジが成されていない楽曲。原曲のBPM 232もそのまま採用しているため、SLIDE中のコンボの伸びが非常に速い。
---そのため、この楽曲はDRS全収録曲中では最速である(2020/10 現在)。
--SLIDEを多用する譜面ということもあり、Lv5の&color(green){【かんたん】};の396コンボとLv8の&color(orange){【ふつう】};の498コンボは配信時点でのLv5・Lv8の最多コンボ数をそれぞれ更新している。

-''ミッドナイト☆WAR'' / いちか
--DRS用のアレンジが成されていない楽曲。
//--DRSに配信されるVTuber関連楽曲は「The Light」に続き2曲目となる。ただし、厳密にはいちかはコナミの宣伝担当であるため一般的なVTuberという訳ではない。
//↑今後の活動次第ですが、現状では「VTuber」とは言えないのではないでしょうか。

***DANCERUSH STARDOM GYM2 [#DANCERUSH_STARDOM_GYM2]
STEP1 スポンジボブトレーニング 2019/11/07配信
-''Poochie'' / kors k
--REFLEC BEAT groovin'!!からの移植曲(悠久のリフレシアにて復活済)。
---他機種ではDanceDanceRevolution(2014)にも移植されている。
--曲名の読みは「プーチー」。
---モデルとなったと考えられるのは1980年代にマテル社(アメリカの代表的な玩具メーカー)が発売した「Poochie」というピンク色のプードルのキャラクターグッズ。~
そのためか、楽曲ジャケットにはこのPoochieに雰囲気の似たツインテールの少女が描かれている。
--ジャケットは[[MAYAによる描きおろし>http://blog.maya.vc/?eid=94]]。
--楽曲としてはムーンバーコア(Moombahcore)というジャンルに属する。
--他の2機種ではBPM変化があるが、本機種の譜面はBPM 110で固定。

STEP2 チャールストントレーニング 2019/11/13配信
-''Honey Bounce'' / nora2r
--nora2rのBEMANI参加はSOUND VOLTEXシリーズに続き2機種目。
---ただし、SDVX収録曲は公募採用曲かBMS楽曲の収録であるため、DANCERUSH STARDOMへの提供はこれが初。
--本人のツイートによるとジャンルは「Future Bounce」

STEP3 極 スポンジボブ&チャールストントレーニング 2019/11/20配信
-''BREDLI'' / BEMANI Sound Team "SYUNN"
--公式告知によるとジャンルは「Bass House」
--曲名やジャケットからセントラルニシキヘビ(Morelia ''Bredli'')をテーマに沿っていると思われる。

STEP4 複合ランニングマントレーニング 2019/11/27配信
-''BENJAMIN'' / MARON(IOSYS)
--MARON(まろん)はIOSYS所属の作曲家。DRSへの楽曲提供と同時にローマ字表記名義で参加するのはこれが初。
---名義の表記は「見栄え的なアレ」とのこと。([[本人による解説ツイート>http://twitter.com/maron47/status/1199249874757148674]])
--本楽曲の曲名と人体模型が描かれたジャケットの関係性は、上記解説ツイートの、作曲者の「小学校の頃通ってた塾の、理科の先生が人体模型に付けていたアダ名」というエピソードからとられた模様。

STEP5 フリースタイル PART2 2019/12/04配信
-''Awakening'' / Shouya Namai
--Shouya Namaiの参加はSOUND VOLTEX(Tracy名義) MÚSECAに続き3機種目。非BEMANI作品では「ダンキラ!!!」に楽曲提供している。
---余談だが、2019/09/11に開催された東京ゲームショウ2019[[【BEMANI】ULTIMATE MOBILEスペシャルステージ>http://www.youtube.com/watch?v=68Va_rl7fYU&feature=youtu.be]]にて、ULTIMATE MOBILE内のオリジナルサウンドトラック収録楽曲として「Starlight Kiss」「JOK3R」「Stepper」と共に存在が事前に明らかとなっていた楽曲である。
--曲名が「Awakening」であるBEMANI収録楽曲はこれで3曲目となった。(他の楽曲はIIDX 11 IIDX RED「awakening / AKIRA YAMAOKA」、SDVX IV「Awakening / technoplanet」)

***The 9th KAC エントリー特典 [#the9thkac]
-「[[The 9th KONAMI Arcade Championship>公式大会/The 9th KONAMI Arcade Championship]]」で本機種にエントリー後、機種のプレーで解禁~
(解禁可能期間:2019/12/11 10:00〜2020/01/07 18:00) 
-2020/02/13 10:00以降、EXTRA STAGE専用楽曲第15弾として再配信

2019/12/11配信
-''ランカーキラーガール (STARDOM Remix)'' / 中島由貴 × いちか
--The 9th KAC共通課題曲「ランカーキラーガール」を本機種向けにアレンジした楽曲。
---各機種共通の原曲については[[別項>公式大会/The 9th KONAMI Arcade Championship#rankerkillergirl]]を参照。
---他機種では2019/11/27より配信だが、本機種とノスタルジア Op.3のみ遅れて配信となった。
--(未確定)本楽曲のアレンジャーは不明。
--アーティスト名義が原曲と同一であるSTARDOM Remix楽曲はこれが初。
---ジャケットが全機種共通である「いちかのBEMANI投票選抜戦2019」楽曲を除けば、原曲のジャケットを流用しているDRS用アレンジ楽曲もこれが初。
--原曲の200BPMに対し当アレンジは135BPMであるが、ボーカルが早回しになっていることを考慮すれば原曲よりも楽曲のテンポが大幅に速くなっていると言える。

2019/12/24配信
-''new heaven'' / kiraku
--kirakuはAttack The Music所属のアーティスト。BEMANIへの楽曲提供は本機種が初。

***DANCERUSH STARDOM 炎のDANCE合宿〜2020SPRING〜 [#camp_20spring]
-本イベントより、「〇〇 EDITION」と題された新規譜面が登場した。タイトルに即したステップに特化した譜面となっている。
--似た例として、jubeatの [ 2 ]譜面、DDRの「"〇〇" Special」が存在する。
-オリジナル譜面と新規譜面は別楽曲として扱われている。
--ミッションでも別楽曲扱いなので選曲の際は注意すること。~
例:「Forgetting Machineをクリアする」というミッションでは「Forgetting Machine RUNNING MAN EDITION」をクリアしてもミッションは達成されない。

2020/06/01配信

ランニングマン合宿コース
-''Forgetting Machine RUNNING MAN EDITION'' / TAKU INOUE

-''Midnight Amaretto RUNNING MAN EDITION'' / かめりあ

Tステップ合宿コース
-''Bad Riddim T STEP EDITION'' / KAN TAKAHIKO

-''DOWNER & UPPER T STEP EDITION'' / BEMANI Sound Team "DJ TOTTO"

スポンジボブ合宿コース
-''†渚の小悪魔ラヴリィ〜レイディオ† (STARDOM Remix) SPONGEBOB EDITION'' / kors k

-''Second Heaven -Samba,Samba,SomeBody MIX- SPONGEBOB EDITION'' / Remixed by DJ YOSHITAKA
--(要検証)曲名の総文字数は''53字''(スペース込みで58字)と、IIDX SIRIUS初出で現在はINFINITASに収録されている「London Affairs Beckoned With Money Loved By Yellow Papers.」の50字(スペース込みで58字)を超え、AC現行機種・CS最新機種収録中最も曲名が長い楽曲である。

最終仕上げ
-''Red Hot Chili Samba!'' / ARM (IOSYS)
--レッスン曲を除く&color(green){【かんたん】};譜面としては初のLv8。

***いちかのBEMANI超じゃんけん大会2020 [#bjm2020]
-[[合同イベント/いちかのBEMANI超じゃんけん大会2020]]
--「ラブキラ☆スプラッシュ」については[[別項>合同イベント/いちかのBEMANI超じゃんけん大会2020#music_memo]]を参照。

2020/06/15配信

いちかSELECTION
-''ATRAX'' / BEMANI Sound Team "HuΣeR"
--jubeat festoからの移植曲。
--ATRAX(アトラックス)は「オーストラリアジョウゴグモ」(Atracidae)の一種。特に「シドニージョウゴグモ」(Atrax robustus)が猛毒でよく知られている。
--移植元のjubeatは2019/07のT-emo STORE解禁曲。現在は解禁不可。
--(韓国版限定)ジャケットの女性イラストが削除されている。移植元のjubeatは韓国版でも削除されていない([[参考>http://gall.dcinside.com/mgallery/board/view/?id=dancerush&no=37133]])。

ののSELECTION
-''Butterfly Twist'' / Yooh
--SOUND VOLTEX VIVID WAVEからの移植曲。
---SOUND VOLTEXから本機種へ原曲移植されるのはこれが初。
---FLOOR採用曲ではないため、移植元では「SDVXオリジナル」カテゴリに属している。また、「Ω Dimension -Phase.8-」の解禁曲であり、通常解禁されていない。
--SDVX側で難易度別ジャケットが4種類存在するが([[参考>http://p.eagate.573.jp/game/sdvx/v/p/music/detail.html?list_id=17]])、本機種では&color(#fff,#9ac){[MXM]};のジャケット固定。

みやSELECTION
-''Our Soul'' / CaZ
--DanceDanceRevolution A20からの移植曲。
--CaZ(カズ)はexbit trax所属のコンポーザー・DJ。
---移植元は氏の初めての書き下ろし楽曲だった。氏の楽曲が移植されるのはこれが初。
--移植元のDDRは収録時より無条件解禁となっている。

いちかの新曲
-''ラブキラ☆スプラッシュ'' / BEMANI Sound Team "Sota F." feat.いちか

***DANCERUSH STARDOM × DanceDanceRevolution SUMMER DANCE CAMP 2020 [#ddr_2020]

-[[連動企画/DANCERUSH STARDOM × DanceDanceRevolution SUMMER DANCE CAMP 2020]]

2020/07/07〜順次配信
-''This Beat Is.....'' / Shoichiro Hirata
--DanceDanceRevolution A20からの移植曲。
--平田祥一郎は過去にKONAMIに在籍していた作曲家で現在はSUPA LOVE所属。DRSへの楽曲収録は本楽曲が初。
---移植元では約13年ぶりのAC版DDR参加作品であった。
--音源は元機種と異なるアレンジとなっている。

-''ALGORITHM'' / SOUND HOLIC feat. Nana Takahashi
--DanceDanceRevolution Aからの移植曲。
---DDR A内のイベント「EXTRA SAVIOR」で登場。DDR A20では無条件解禁に移行。
--SOUND HOLICは東方Project楽曲アレンジ界隈で活動している同人サークル。
--SOUND HOLIC楽曲がDRSへ移植されるのは本楽曲が初。

-''EGOISM 110'' / BEMANI Sound Team "U1 Ground-Speed"
--原曲はDanceDanceRevolution (2014)の「[[EGOISM 440 / U1 High-Speed>http://p.eagate.573.jp/game/ddr/ddra/p/music/info_pickup_egoism440.html]]」。
---DDR側のイベント告知ページでは「※「EGOISM 110」は「EGOISM 440」をリプロデュースしたものとなります。」とアナウンスされている。
--原曲とアレンジ版の作曲者はともにU1-ASAMiである。
---U1 Ground-Speed名義は本アレンジが初使用となる。Ground Speedとは、[[対地速度>https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AF%BE%E5%9C%B0%E9%80%9F%E5%BA%A6]]を表す英単語。
--原曲はDDR(2014)内のイベント「Replicant D-ignition」で解禁曲の1つであった。現在は無条件解禁されている。
--アレンジはされているものの、移植曲扱いのためかDRSオリジナルレーベルは設定されていない。

***毎週!いちかの超BEMANIラッシュ2020 [#wbr2020]
-[[連動企画/毎週!いちかの超BEMANIラッシュ2020]]
--「Sparkle Smilin'」「狂水一華」「Jetcoaster Windy」の機種共通事項については[[別項>連動企画/毎週!いちかの超BEMANIラッシュ2020#music_memo]]を参照。

いちかラッシュ~
2020/07/29配信
-''Sparkle Smilin' '' / BEMANI Sound Team "Qrispy Joybox" feat.いちか
--氏の楽曲がDRSに登場するのは本楽曲が初となる。

2020/08/12配信
-''GOLDEN CROSS'' / dj REMO-CON VS dj TAKA
--[[CS beatmania IIDX 14 GOLDからの移植曲>http://web.archive.org/web/20080712112920/http://www.konami.jp/bemani/bm2dx/gs/14gold/newsong/ns_02.html]]。アーケード版IIDXでは17 SIRIUSで収録。~
IIDXでのジャンルは「TECHNO」。
---既にpop'n music うさぎと猫と少年の夢に移植されている。
--IIDXにはジャケットが存在しないため、ジャケットは新規に作成されている。将棋盤の画像で、後述のRB版とは盤面が異なる。
---(修正済)公開直後のアンロックページでのジャケットはpop'nに移植された際の担当キャラクター「スーツ対モリー」の画像の流用になっていたが、配信後にサイト側も正式なジャケット画像へ差し替えられている。
---REFLEC BEAT groovin'!!では「Golden Cross (extended remix)」と実質的にアレンジ収録されており、別のジャケットが制作されていた。
--IIDXにはMVが収録されているが、本機種には収録されていない。
//--配信当初はムービー未収録だったが、2020/09/02にIIDXと同様のムービーが追加された。
//↑2020/09/08付のアプデでもMV確認できず

2020/09/02配信
-''サヨナラ・ヘヴン'' / 猫叉Master
--[[CS pop'n music 11からの移植曲>http://web.archive.org/web/20171026101828/http://www.konami.jp/bemani/popn/gs/11/music_chara/m14/m_index.html]]。アーケード版pop'nでは14 FEVER!で収録。
---既に[[CS beatmania IIDX 12 HAPPY SKY>http://web.archive.org/web/20131110075328/http://www.konami.jp/gs/game/bm2dx/12hs/newsong/mov8.html]](ACでは17 SIRIUS)、REFLEC BEAT(悠久のリフレシアでも復活済)、jubeat saucerにも移植されている。
---また、SOUND VOLTEX BOOTHにはかめりあによる「(かめりあ's NEKOMATAelectroRMX)」、GITADORA Tri-BoostにはMutsuhiko Izumiによる「-GITADOROCK ver.-」としてアレンジ収録されている。
---オンラインサービス終了済のタイトルではHELLO! POP'N MUSIC、ミライダガッキ、BeatStream アニムトライヴ(稼働終了済)、ダンキラ!!!にも移植されている。
--pop'nでのジャンルは「コンテンポラリーネイション2」、IIDXでは「WORLD/ELECTRONICA」
---既に収録済である「BEYOND THE EARTH (STARDOM Remix)」の原曲の続編曲に相当する。
--ジャケットはハロポプ以降(jb等で使用)のものを使用。ジャケットのキャラクターはpop'nの担当キャラクターの「イマ」。
--ムービーはIIDXと同様のものを使用。

2020/09/22配信
-''カゴノトリ'' / 橙色特別室
--[[GUITARFREAKS 10thMIX & drummania 9thMIXからの移植曲>http://web.archive.org/web/20150508030137/http://www.konami.jp/am/gfdm/gf10dm9/music/01_04/01_kago.html]]。
---beatmania IIDX 13 DistorteDに「[[カゴノトリ〜弐式〜>http://web.archive.org/web/20130507065719/http://www.konami.jp/am/bm2dx/bm2dx13/song/kagonotori.html]]」としてアレンジ移植されている。IIDXのジャンル名は「和式電子音楽」。
--作曲はTOMOSUKE、ボーカルはShizue(徳井志津江)。また、橙色特別室は同氏によるユニット「Orange Lounge」の変名義である。
--現行のGITADORAシリーズで汎用ムービーとなっているが、本機種では旧GFDMシリーズ当時の専用ムービーをそのまま使用している。
---正方形型のため、ムービーの左右を黒枠で埋めている。

2020/09/30配信
-''狂水一華'' / BEMANI Sound Team "HuΣeR Vs. SYUNN" feat.いちか 

2020/10/07配信
-''Jetcoaster Windy'' / BEMANI Sound Team "dj TAKA" feat.のの
--本機種以外の機種ではBPM 268となっているが、本機種のみ半分のBPM 134として扱われている。

ののラッシュ~
2020/08/19配信
-''ERROR CODE'' / C-Show
--SOUND VOLTEX III GRAVITY WARSからの移植曲。
---AC収録に先駆けて[[SOUND VOLTEX ULTIMATE TRACKS -FLOOR ANTHEM- EP.01>http://www.konamistyle.jp/item/73279]]に収録された。
---FLOOR採用曲ではないため、移植元では「SDVXオリジナル」カテゴリに属している。
--本人の告知ツイートによるとジャンルは「Moombahcore / Hybrid Twerk」。
--SDVX側で難易度別ジャケットが4種類存在するが([[参考>http://p.eagate.573.jp/game/sdvx/iii/p/music/detail.html?list_id=55]])、本機種では&color(red){[EXH]};のジャケットで固定。
--同作曲者である下記の「Touch Me」と同日の収録となった。

2020/09/09配信
-''Voyager'' / lapix
--ノスタルジア Op.2からの移植曲。
---NOSではOp.2の島・ストーリー解禁曲だった。Op.3では「Op.2ストーリー」→「旅の記憶〜少年〜」で解禁可能。
--ノスタルジア初出楽曲のDRSへの移植は本楽曲が初となる。

2020/09/16配信
-''RAIN'' / dj TAKA
--REFLEC BEAT VOLZZAからの移植曲(悠久のリフレシアでも復活済)。
---既にbeatmania IIDX 24 SINOBUZにも移植されている。IIDXでのジャンル名は「TRANCE」。

***SPARK FESTIVAL2020 [#SPARK_FESTIVAL_2020]
-各CHANGE OVER直後の楽曲名はCHANGE OVER直前の楽曲のディスカウントミッションで判明された。
-本イベントのプロデュースは2018年のSPARK FESTIVAL同様にkors kが担当している。([[本人告知>http://twitter.com/S2TB_korsk/status/1301497977941291011]])
-本イベント楽曲のジャケットには「''Otias ENT Produced''」と記されている。
--otiasのスペルを逆にするとsaito(kors kの本名は''斎藤''広祐)となることから、kors kがプロデュースを担当したイベント楽曲にはこのロゴが表記される模様。
--beatmania IIDXのeスポーツイベント「BEMANI PRO LEAGUE ZERO」では、Otias ENTがサウンドプロデュースを担当している。

RISING DAY 2020/08/06配信

-''Like This'' / android52
--android52は海外のSailorTeamメンバーのDJ、音楽プロデューサー。Future Funk、Kawaii FuturebassやCandyPopを得意としている。
--日本の所謂「オタクカルチャー」に影響を受けていて所属しているSailor TeamのSailorはマンガ・アニメの「セーラームーン」からであり現在は帰国しているが本楽曲収録前後まで日本に在住し楽曲制作やDJの活動をしていた。
---氏のBEMANI機種への参加は本楽曲が初。

-''Dive in Blue'' / BlackY
--本人のツイートによるとジャンルは「エレクトロハウス」。
--1人用&color(orange){【ふつう】};:JUMPノーツが2人プレー時に登場するものになっている箇所が1ヶ所存在する。不具合か意図したものかは不明。

2020/08/12配信
-''Shamshir'' / Blacklolita
--Blacklolitaの楽曲としては「Visnu」以来1年7ヶ月ぶりの楽曲提供。
--曲名及びジャケットに描かれているシャムシールはペルシャの刀剣。

-''Act Now!'' / MK
--本楽曲により、全レーベルにMKの楽曲が登場することになった。
--氏のツイートによるとジャンルは「Hardstyle」。
--ジャケットには赤いボタンに「思い立ったが吉日」と記されている。

2020/08/19配信
-''Don't Speak'' / PRIDASK
--PRIDASK(プライダスク)はTomoyuki Sakakida(Prod./DJ)とAikapin(Vo)によるエレクトロユニット。
--Aikapin氏はボーカルとしてBEMANI作品への参加経験があるが、Sakakida氏およびPRIDASKとしての音ゲー作品への楽曲提供は本機種が初となる。
--Sakakida氏の告知ツイートによるとジャンルは「Future Bounce」。

-''Touch Me'' / C-Show
--C-Show(シショウ)は2015年よりDigz,Inc Group所属(Maozonなどの所属する音楽事務所)のDJ・トラックメイカー。SDVXシリーズをはじめ、複数のBEMANI機種に参加しているが、DRSへの楽曲提供はこれが初。
--本人の告知ツイートによるとジャンルは「ハウス」。

2020/08/26配信
-''Meltdown'' / G Blazen
--G Blazenは東京都在住のDJ・音楽プロデューサーである「GOZA」の新名義。今回の収録を機に今後はこの名義で活動する模様。
---氏のBEMANI機種への参加は本楽曲が初。
--本人のツイートによるとジャンルは「Basshouse」。

-''UCHU'' / Ken Plus Ichiro
--Ken Plus Ichiroは日本のDJ、トラックメイカー。以前はNISH名義で活動しており、beatmania IIDXへの参加経験もある。
---氏のBEMANI機種への楽曲提供はIIDX Resort Anthem収録の「Space Time / NISH」以来実に''10年ぶり''となる。~
また、Ken Plus Ichiro名義でのBEMANI機種への参加は初となる。
--[[本人の告知ツイート>http://twitter.com/Ken_Plus_Ichiro/status/1297737822355353600]]のビールの絵文字やその後の[[ツイート>https://twitter.com/Ken_Plus_Ichiro/status/1298599430464053248]]から、氏のクラフトビール好きも考慮すると、国内ブルワリーの「[[UCHU BREWING>http://uchubrewing.com/]]」が曲名の直接的な由来になっていると思われる。
---IIDX収録の「Around The Galaxy」、「Space Time」同様の宇宙がテーマのタイトルだが、偶然だった模様。([[参照>http://twitter.com/Ken_Plus_Ichiro/status/1297889284268072960]])
--上記の告知ツイートによるとジャンルは「Uplifting Trance」。

ONE MORE EXTRA STAGE 2020/08/26配信
-''Crazy For You'' / DÉ DÉ MOUSE
--DÉ DÉ MOUSE(デデマウス)は作曲家・遠藤大介によるソロプロジェクト。
---氏のBEMANI機種への楽曲提供はIIDX HEROIC VERSEの「Silly Love」以来2機種目。また、DÉ DÉ MOUSE初のボス曲となる。
--本人の告知ツイートによるとジャンルは「サンバハウス」。

***DANCERUSH STARDOM 炎のDANCE合宿〜2020AUTUMN〜 [#camp_20autumn]

2020/10/14配信

チャールストン合宿コース

-''NewAige CHARLESTON EDITION'' / BEMANI Sound Team "HuΣeR"

-''GHOST KINGDOM CHARLESTON EDITION'' / BEMANI Sound Team "劇団レコード"

クラブステップ合宿コース
-''Majestic CRAB STEP EDITION'' / Dirty Androids

-''Robot Loves Smoked-Salmon CRAB STEP EDITION'' / BEMANI Sound Team "The Foie-Gras of The Sea"

ネオランニングマン合宿コース
-''Don't Stop!! RUNNING MAN EDITION'' / BEMANI Sound Team "Sota F."

-''Party Jumpin' RUNNING MAN EDITION'' / KO3

最終仕上げ
-''about right'' / BEMANI Sound Team "The Foie-Gras of The Sea"
--The Foie-Gras of The Seaによる新曲は「Robot Loves Smoked-Salmon」以来となる。
--最終仕上げなのだが、&color(green){【かんたん】};&color(orange){【ふつう】};共にクラブステップ要素が無い。

Site admin: iMp95
mail : imp@callusnext.com (←@を半角に)