#include(DanceEvolution ARCADE/Contents,notitle)
#contents

*収録曲雑記 (KONAMIオリジナル楽曲)[#u779918a]
-XBOX360版に収録されていた曲にはDDRに収録された楽曲も含め新規ジャケットが採用されている。
ARCADE版から収録された曲は一部を除き移植元のジャケットが使われている。
-日本テレビ系列バラエティ番組「ガチガセ」でAKB48とEXILEのメンバーが実際の筺体を使って対決するコーナーがあり、版権曲「PONPONPON」とコナオリ曲「Unity」の2曲が勝負に使用された。コナオリ曲の演奏は度々明記を伏せてBGMとして使われることがあったが、名前付きで番組のコーナーの一環として放映されるのは珍しいケースである。

**デフォルト収録曲 [#oec5b013]
-''A Geisha's Dream''
--初出はDanceDanceRevolution X。
---DDRシリーズの看板アーティストとして活躍したNAOKIとDDRのライセンス楽曲を代表するアーティストであるSMiLE.dkによるコラボレーション楽曲。
--[[公式振り付け動画>http://www.youtube.com/watch?v=H2o9MeA0IeQ]]
--E3でNAOKIが振り付けを披露した画像からよく最初の振り付けを「''土下座''」と呼ばれているが、正しくは「''座礼''」である。
---ただしNAOKIがTwitterでこの曲に言及した際に「土下座」と発言した節があり、「土下座」は公式のネタになっていると思われる。
--DanceDanceRevolution X&フルフル♪パーティ Original SoundtrackにAlbum Versionが、家庭用DanceEvolutionのV-RARE SOUNDTRACKにアレンジ違いのバージョンが収録されている。
--A Geisha's DreamとSTILL IN MY HEARTのMASTER譜面は、マーカー数がCS版となぜか異なる。A Geisha's Dreamはストリームが2つ減り、205→203に変更になっている。シークレットリップルの位置に変更は無い。

-''AFRONOVA PRIMEVAL''
--リミックス版の初出はDanceManiaX。
---後にDance Dance Revolution 5thMIX、beatmania 7thMIX -Keepin' Evolution-、ee'MALLを経由してpop'n music 9に移植された。
---作曲はNAOKI。原曲はDDR3rdMIXのAFRONOVAでそちらの名義はRE-VENGE。桜やexotic ethnicで使用されるRevenGと同じく、民族楽曲で用いられる名義。
--両手が映っているジャケットは、同曲のDDRの背景(現在のジャケット)が元ネタとなっている。
--KAC2012の決勝ラウンド・地方ブロック代表選出戦の課題曲として使用。

-''CAN'T STOP FALLIN' IN LOVE -super euro version-''
--リミックス版の初出はParaParaParadise。
---原曲の初出はDance Dance Revolution Solo2000でbeatmania IIDX 3rd styleにも移植されている。
--ParaParaParadise 1stMIX PlusでのTwinstar監修による振り付けがそのまま収録されている。
--また、家庭用ParaParaParadiseにも収録されており、ダンスも最初の構えが違う等の誤差以外は同じものである。
--DDR版は曲頭が4小節分削られて短くなっている(DDRで踊ると、曲開始と同時に腕を振り上げることになる)。
--2013年KAC予選Dグループ課題曲

-''INTO YOUR HEART (Ruffage remix)''
--[[公式振り付け動画>http://www.youtube.com/watch?v=rq_FAPlPTyY]]
--ダンスダンスレボリューション フルフル♪パーティからの収録。
--REFLEC BEAT limelightにも隠し曲として収録されていた(次作coletteにて通常解禁)が、REFLEC BEAT VOLZZAにて削除済み。
---楽曲ジャケットはREFLEC BEAT limelightのものが採用されている。
--DanceEvolutionでは前奏が追加されている。DDR、REFLEC BEATでは歌い出しから始まる。
--フルフル♪パーティ・AC DDRXでは専用振り付けが存在したが、それとは全く異なる振り付け。
--AOU2012ではゲームタイトルBGMとして使用され、BEMANI LIVEでもダンスと共に披露された。
--DanceDanceRevolution X&フルフル♪パーティOriginal Soundtrackにロングバージョンが収録されている。
--KAC2012の予選ラウンド課題曲。

-''Keep on movin' ''
--原曲の初出はDance Dance Revolution 2ndMIX(原曲は大文字の「KEEP ON MOVIN'」)。
--音源はWii版DDRフルフル♪パーティーから使われている新規ボーカル版(タイトルも「Keep on movin'」と小文字になっている)。このバージョンがACのBEMANIシリーズで登場するのは本作が初となる。
---WiiシリーズDDRからの音源だが、AC初登場はDanceEvolutionである、珍しいパターン。
---ちなみに、曲構成は原曲のKEEP ON MOVIN'ではなく、KEEP ON MOVIN' 〜DMX MIX〜(初出はDanceManiaX)を元にアレンジされたもの。

-''KIMONO♥PRINCESS''
--初出はWiiのDanceDanceRevolution MUSIC FIT。ACではX2のEXTRA専用楽曲として登場した。
--振り付けはPerfumeの振付でおなじみのMIKIKOが担当している(Xbox360版エンドクレジットより)
---この曲だけでなくOpen Your EyesやBURNIN'THE FLOORの振付もMIKIKOが担当している。
--Xbox360版では最後に解禁される楽曲の1つだが、AC版ではデフォルトで収録されている。
--[[公式振り付け動画>http://www.youtube.com/watch?v=zyNLj765qCY]]
--新ジャケットには着物姿のjunが映っている。
--DDRX2にも収録されており、pop'n 20 fantasia、REFLEC BEAT limelightにも移植された。
---家庭用DanceEvolution Original SoundtrackにTGS2010のライブで流された、ロングバージョンが収録されている。

-''La receta''
--初出はWiiのDanceDanceRevolution MUSIC FIT。ACではX2に収録されている。
--作曲はNAOKI。
--[[公式振り付け動画>http://www.youtube.com/watch?v=pdcQdcwQ4xY]]
--この曲の振付の一部がコナミのPS3/Xbox360専用ソフト「NeverDead」のエンディングシーンで使われている。

-''MY SUMMER LOVE''
--初出はDance Dance Revolution 4thMIX。
---MAX2にはリアレンジバージョンのTOMMY'S SMILE MIXが収録されている。
--[[公式振り付け動画>http://www.youtube.com/watch?v=XsPJ68R5g4E]]

-''Open Your Eyes''
--初出はダンスレダンスレボリューション フルフル♪パーティ。
--「When I dream of you」(Elizabeth and Thomas/DM1st)のアレンジ。
--ジャケットの男性はおそらくNAOKI。

-''She is my wife''
--初出はbeatmania IIDX 17 SIRIUS。
--KONAMI♪MUSICフルのムービークリップコーナーにてこの楽曲のダンスレッスンムービーが配信されている
--ジャケットは氏の1st Album「ONLY ONE ACT」の着せ替えジャケットから採用されている。
--DDRX2(前奏が一部カット)、ミライダガッキ、BeatStream アニムトライヴにも移植され、SOUND VOLTEX IIではuno(IOSYS)のリミックスが収録。また、SDVX IIIにはリミックス収曲後にようやく原曲が収録され、新規ジャケットで難易度別ジャケットになっている
--曲はIIDX版の前奏ありのもの。背景もIIDXのMVと全く同じバラード汎用〜ダンスムービーが使われている。&br;なお、収録に際し前奏部分にもダンスが追加されている。
--画面内のダンサーはIIDXのムービーと左右ミラーの振り付けのため、IIDX版で見慣れて覚えている人は注意が必要。
--因みにDDRX2にも専用ムービー付きで収録され、振り付けをある程度再現できる譜面まで存在する。同作前半の汎用ムービー部分はDDRのダンサーキャラであるAFROとEMIが通常のダンスステージで踊っているムービーだが、最後はAFROの顔がアップになってSUPER STAR 満-MITSURU-に変わるという変更がされている。

-''STILL IN MY HEART''
--初出はDance Dance Revolution 5thMIX。
---beatmaniaIIDX 5th styleに移植。DDR MAX2にリミックスバージョンのMOMO MIXが収録されている。
--ダンスパターンが少なく覚えやすい曲。&br;歌詞の「STILL IN MY HEART」と歌う部分(イントロに2回、サビに4回)は必ず「両手斜め下に下げる→胸で手合わせ→両手斜め上に上げる→顔前で腕クロス→右手を左から右に流す→左手を右から左に流す→両手上から下へ流す」のセットが来る。&br;その他の部分を覚えれば繰り返して完成であり、他の部分もパラパラの基本ばかり。
--A Geisha's DreamとSTILL IN MY HEARTのMASTER譜面は、マーカー数がCS版となぜか異なる。STILL IN MY HEARTはロックリップルが2つ増え、240→242に変更になっている。シークレットリップルの位置に変更は無い。

-''Unity''
--初出はダンスダンスレボリューション フルフル♪パーティ。
--作曲はNAOKI
--[[公式振り付け動画>http://www.youtube.com/watch?v=7oq-YTlLcn4]]

-''We Can Win the Fight''
--初出はWiiのダンスダンスレボリューション フルフル♪パーティ。
--作曲はD-Crew(Des-ROWの別名義)
--[[公式振り付け動画>http://www.youtube.com/watch?v=I6zmnIsYauI]]
--4thKAC予選課題曲。

**追加配信曲 [#iff87c86]

-''Follow Tomorrow''
--2012/09/12追加配信楽曲
--初出はbeatmania IIDX 19 Lincle。後にjubeat saucer fulfill、DDR2014(発見!よみがえったBEMANI遺跡)、ミライダガッキVer.2に移植。
---DDRではムービーも移植され、SINGLE BASIC譜面がパネル上で振り付けをある程度再現できる配置にされている。
---ジャケットでは「FOLLOW TOMORROW」と全て大文字表記されているが、ゲーム上の曲名は「Follow Tomorrow」
--beatmania IIDX 19 Lincleサントラにロングバージョンが、Ryu☆4th Album「Sakura Luminance」及び森永真由美1stアルバム「Glitter/神巫詞」にロングバージョンのアレンジ違いが、L.E.D.によるリミックスが「cyber beatnation 2 -Hi Speed conclusion-」に収録されている。
--%%e-AMUSEMENT PASS 使用で選曲可能。%%&br;''2016/01/23時点で既に一般解禁済み''。
//2016/01/23に確認。何時から一般解禁となったのかは不明。FLOWER、FUJIMORI祭も同様。
--KAC2012・オンライン予選課題曲として配信されていた。
--曲イントロ後の間奏とラストサビの振り付けはIIDXのムービーを再現したもの。
---それ以外の部分はゲーム収録用に振り付けしなおしているとのこと(Dai.のツィートより)。
---終盤にストリームとステップの密度が極端に跳ね上がる箇所があるが、そこをDai.により「ラス殺し発狂」と命名された。
--登場当初は背景にIIDXのムービーは登場していなかったが、2012/12/04のアップデートにより、背景にIIDXのムービーが登場するようになった。
--[[公式振り付け動画>http://www.youtube.com/watch?v=n2n3pUguJZo]]
--「[[BEMANI MUSIC AWARDS 2014>http://p.eagate.573.jp/game/bemani/fansite/p/report/2014w/report4.html?page=4]]」DEA部門第2位。2年前の収録曲でありながら屈指の選曲率を誇り、根強い人気が伺える。

-''華爛漫 -Flowers- (2nd EDITION)''
--2012/11/05追加配信楽曲
--%%e-AMUSEMENT PASS 使用で選曲可能。%%2016/08/09より「KDM:J:&color(red){''B''};:A:2016******」で無条件解禁済。
--原曲はDDR SuperNOVAに初出ののちIIDX15 DJ TROOPERS、pop'n16 PARTY♪に移植されており、&br;TЁЯRA 2nd Album「ЁVФLUTION」に収録されたフルバージョンをベースに制作された本曲はBOOM BOOM DANCE、REFLEC BEAT limelightにも収録されている。
--KAC2012において、決勝戦の課題曲としても使用された。
--振付は「KIMONO♥PRINCESS」を初め、家庭用DanceEvolutionの収録曲の振付を多く担当したMIKIKOによるもの。

-''exotic ethnic''
--2012/11/26追加配信楽曲
--%%e-AMUSEMENT PASS使用で選曲可能。%%2016/08/09より「KDM:J:&color(red){''B''};:A:2016******」で無条件解禁済。
--Xbox360版収録曲
--初出はDDRMAX

-''HYSTERIA 2001''
--2012/11/26追加配信楽曲
--%%e-AMUSEMENT PASS使用で選曲可能。%%2016/08/09より「KDM:J:&color(red){''B''};:A:2016******」で無条件解禁済。
--Xbox360版収録曲
--初出はbeatmania 6thMIX -THE UK UNDERGROUND MUSIC-でその後DDRMAX2へ移植されている。
---そのため、DDR EXTREMEではMAX2 CHALLENGE専用曲で唯一、beatmaniaフォルダに入っている。
--オリジナルはDDR Solo BASS MIX初出の「HYSTERIA」。

-''桜'' (SAKURA)
--2013/03/22追加配信楽曲
--%%e-AMUSEMENT PASS使用で選曲可能。%%2016/08/09より「KDM:J:&color(red){''B''};:A:2016******」で無条件解禁済。
--Xbox360版収録曲
--初出はbeatmaniaIIDX 8th style。DanceDanceRevolution EXTREME・REFLEC BEAT colette -Spring-にも移植されている。

-''ちくわパフェだよ☆CKP''
--2014/03/25追加配信楽曲
--振り付け担当はYumiko a.k.a. MTP。
---DEA収録曲中では「Gravity=Reality」も担当。
--2人プレー時は掛け合いとなり、''SINGLEプレー時よりマーカー数が減少する。''
---例としてMASTERはSINGLEプレーでマーカー数239、COUPLEプレーで1P側がマーカー数234、2P側がマーカー数236。
--2人プレーだとバックダンサーがいなくなる。これも初。
--メディアミックス企画「ひなビタ♪」からの出典。BEMANI初出はGITADORA。
---本作の収録時点ではbeatmania IIDX・SOUND VOLTEX以外の全ての現行機種に収録されていた((BeatStreamは当時ロケテスト))が、その約1年半後にSOUND VOLTEXへも収録され、さらにそれに先駆けて他社のチュウニズム(セガ)にも収録されたことにより、2016/07時点では11機種でひなビタ♪楽曲としては最多収録機種数となる(ギタドラは個別にカウントする)
---ボーカルは作中のキャラである山形まり花(CV:日高里菜)と芽兎めう(CV:五十嵐裕美)。
---実際の楽曲制作は北海道の音楽制作集団「IOSYS」が担当(作編曲担当ARM、作詞担当夕野ヨシミ)。
--ひかりがコナミオリジナル楽曲を担当するのはこれが初。
---稼働開始から実におよそ2年もの間、この曲が配信されるまでひかりがコナミオリジナルを担当したことはなかった。
--カテゴリでは「KONAMI楽曲」「ポピュラー」両方に入っている。
---このためか、追加配信コナオリ曲ではあるがe-AMUSEMENT PASSなしでも選曲可能である。&br;デフォルトのソートでも版権曲の並びにあるうえ、デモループでも流れる。

-''凛として咲く花の如く''
--2014/11/18追加配信楽曲
--初出はpop'n music 15 ADVENTURE。ただし、音源は「やっ」のあるGFDM以降のバージョン。
--作曲者はTOMOSUKE。同氏のDanceEvolution ARCADE収録曲はLover's Highに続き2曲目。
--初出から次々と他機種へと移植され、今回の移植にて同日時点の現行BEMANI全機種に収録されることとなる。
---但し、SDVXには原曲ではなく「スプーキーテルミィンミックス」、BeatStreamには「ひなビタ♪edition」のみが収録。
---なお、収録機種数だけを見るなら[[天下一音ゲ祭>公式大会/天下一音ゲ祭 全国一斉認定大会]]にて他社音楽ゲームにも収録されたFLOWERのほうが多い。
---後に2015/12/10にMÚSECAが稼働しているが、DEA旧バージョン稼働終了の2016/08/31時点では未収録。一方でおといろはには既に収録が決定している。
---2016/08/25よりSEGAのCHUNITHM AIRにも収録されている。
--振り付け担当はマジLOVE1000%などでおなじみの山城陽子。初めてコナミオリジナル曲を担うことになった。
--ちくわパフェだよ☆CKP以来のe-AMUSEMENT PASSなしで選曲できるコナミオリジナルの追加配信曲である。
--MASTERのマーカー数は340でSweet Rainの持っていた最多記録を更新した。

-''Ha・lle・lu・jah''
--2016/08/09追加配信楽曲(対象筐体は「KDM:J:&color(red){''B''};:A:2016******」のみ)
--初出はSOUND VOLTEX BOOTH。SOUND HOLICのアルバム「斬 -ZAN-」にも収録されている。
---REFLEC BEAT colette -Spring-、jubeat saucer、BeatStream、DanceDanceRevolution Aにも移植されている。
---REFLEC BEAT colette -Spring-、jubeat saucer fulfill、BeatStream、DanceDanceRevolution Aにも移植されている。
---FLOOR公募採用曲ではなくSDVX書き下ろしのオリジナル楽曲であるため、上記機種ではいずれもFLOOR INFECTIONへ経由されていない。
--振り付け担当は足立夏海。DEA収録曲中では5曲目の担当。
--楽曲・譜面等の解禁要素が無い形で新曲が配信されるのは上述の「凛として咲く花の如く」以来となる。
---ただし「KDM:J:''A'':A:2016******」(オフライン化対応キット非導入)の筐体は配信対象外となっている。
--DanceEvolution ARCADEとしてはこれが最後の配信楽曲となる。

***難易度ゲージ解禁 [#t1fdd563]
-''チョコレートスマイル''
--2015/06/12追加配信楽曲(「[[ここなつバースデー!みんなでチョコレートスマイル♪>合同イベント/2015年#coconutsbirthday]]」企画)。
--ひなビタ♪アルバム「[[Chocolate Smile Girls!!>http://www.konamistyle.jp/item/73037]]」からの楽曲。
--pop'n music ラピストリア、DanceDanceRevolution(2014)、jubeat prop、REFLEC BEAT groovin'!! Upper、BeatStreamとの6機種同時収録。
--日向美ビタースイーツ♪とここなつの7人全員が歌唱に参加している(山形まり花(CV:日高里菜)、和泉一舞(CV:津田美波)、春日咲子(CV:山口愛)、芽兎めう(CV:五十嵐裕美)、霜月凛(CV:水原薫)、東雲夏陽(CV:日南結里)、東雲心菜(CV:小澤亜李))
--実際の作曲はTOMOSUKE、作詞はくりむが担当。
--振り付けは足立夏海。
--専用ムービーは本作の西園寺ひかりの振り付けのシルエットがそのまま使用されているため、ムービー中のダンスは''鏡映しされた振り付け''を踊っていることになる。
---これが故意であるかは不明。

-''TA・DA ☆ YO・SHI''
--2015/07/08追加配信楽曲
--初出はbeatmania IIDX 22 PENDUAL
---移植元のIIDX PENDUALでは隠し曲扱いであり、EXPERTモードのSECRETカテゴリでプレー及び解禁が可能となっている(次作のIIDX copulaにて通常解禁)。
--振り付け担当はYossy。「罪と罰」に続いての担当となる。
---EDP(EXIT TUNES DANCE PARTY) beatnation summit 2015にて披露された楽曲であり、IIDXのムービーにはその時の映像(Yossy本人がダンサーを務めたもの)が使用されている。
---ダンエボでもそのムービーが背景で流れるようになっている。
--「Daisuke」の流れを汲んでいるという設定で歌詞にも「Daisuke」の掛け声が含まれている。
---なお、曲名の「TA・DA☆YO・SHI」は「Daisuke」(Dai.の本名)同様、Yossyの本名であるとのこと。
--コーラスはKanae Asabaが担当している。([[Kanae Asabaのツイートより>https://twitter.com/Kanae_Asaba/status/621903052719558656]])
--間奏においてバックダンサーが早めに動いている箇所が存在する。
---フォーメーションを組んでいるという演出であり、キャプチャミスではないとのこと([[Yossyのツイートより>https://twitter.com/dancing_yossy/status/618732748350492672]])

-''アルストロメリア (walk with you remix)''
--2015/09/02追加配信楽曲
--リミックス版の初出はDanceDanceRevolution X3 VS 2ndMIX
---原曲の初出はjubeat copiousで本バージョンはTAGによるセルフリミックス。
---今回の移植によって同日時点での現行BEMANI機種ではBeatStream以外の全てに本楽曲の原曲・リミックスのいずれかが収録されたことになった。~
その後原曲がBeatStream アニムトライヴに収録されたが、その時点ではMÚSECAがリリースされていたため全機種制覇達成経験はまだ無い。
--振り付け担当は足立夏海。
---DEA収録曲では「チョコレートスマイル」に続き2曲目の担当。
--キャラ面においては凛として咲く花の如く以来のあかり担当で初の唄のないインストとなる。これで担当にインスト曲がないのはひかりだけ。(サンプリングボイスのみのLUV CAN SAVE Uを除くと翔も対象。)

**イベント解禁曲 [#z3341fa8]
***カラフルジャケット [#h3e104e0]
-%%※カラフルジャケット曲は現在通常解禁となっているが、選曲するにはe-AMUSEMENT PASSを使用する必要がある。%%
--2016/08/09より「KDM:J:&color(red){''B''};:A:2016******」で無条件解禁済。

-''Lover's High''
--初出はMAMBO A GO GO。
---pop'n music 8にも収録されている(ジャンル名は「[[フリーソウル>http://www.konami.jp/bemani/popn/music8/music/free.html]]」。ただし、アーティスト名は♪♪♪♪♪と伏せられている)。
---ee'MALL経由でギタドラVシリーズにも収録されていたが、XGシリーズ/GITADORAへの復活移植はまだされていない。
--作曲はTOMOSUKE

-''Brilliant 2U''
--[[公式振り付け動画>http://www.youtube.com/watch?v=y-JFEqGdgCo]]
--原曲の初出はDanceDanceRevolution 2ndMIX(原曲は大文字の「BRILLIANT 2U」)。
---音源はWii版DDRフルフル♪パーティーから使われている新規ボーカル版(タイトルも「Brilliant 2U」と小文字になっている)。新音源版のKeep on movin'と同じく、ACのBEMANIシリーズでの登場はこれが初となる。
--DDR2ndMIXにリミックスのOrchestra Groove(原曲と同時収録)、MAX2にK.O.G G3 MIX、X3にAKBK MIXが収録されており、バージョン違いの多い楽曲。

-''Every Day, Every Night (NM STYLE)''
--初出はDanceDanceRevolution SuperNOVA2。
--LEA DROPの楽曲をNAOKIがアレンジした楽曲。
--家庭用DanceEvolutionではバグがあり、難易度Lightの19・20手目でGreat判定が出ていてもコンボが切れてしまう現象が確認されている
---[[検証動画>http://www.youtube.com/watch?v=egvc_TQsvY0]]
//--新ジャケットはゲーム内では公開されていないが、開発中の画像に掲載されている。([[ソース>http://www.4gamer.net/games/142/G014264/20120217086/]])

-''SUPER SAMURAI''
--初出はWiiのDanceDanceRevolution HOTTEST PARTY。
--ややテクパラ寄りのパラパラ。BPMが170とジャンルとしては速い。侍に合わせた刀で切るモーションなどが特徴的。
--STILL IN MY HEARTやCAN'T STOP FALLIN' IN LOVE -super euro version-と比べて、手の振り付けが複雑で2回目のサビは特に注意して覚える必要がある。
--Bメロ部分の右手ヒラヒラ→左手ヒラヒラとした後の手を正面に潜らせるような振り付けにあるポーズ判定はやや反応しにくいため注意が必要。

-''HIGHER''
--初出はDance Dance Revolution 4thMIX。
---DDR MAX2にはリアレンジバージョンのNext Morning Mixが収録されている。
--イントロなどで腰を落とす部分はしっかり落としきらないとGOOD以上の判定が出ないので注意。
--サビの3-4小節目で腕を右から左、左から右へ振る箇所にあるリップルは、体に対して45度くらい前まで腕を伸ばさないと反応しないので注意。
//--新ジャケットはゲーム内では公開されていないが、開発中の画像に掲載されている。([[ソース>http://www.4gamer.net/games/142/G014264/20120217086/]])

***Charlie's desire〜願いの鏡〜 [#l504efa5]
-%%※2013/04/24に解禁されたが、FLOWERを除き、選曲するにはe-AMUSEMENT PASSを使用する必要がある。&br;なお、FLOWERは一般解禁済み%%。
--2016/08/09より「KDM:J:&color(red){''B''};:A:2016******」で無条件解禁済。

-''My Only Shining Star''
--初出はDDR SuperNOVA。後にIIDX14 GOLDにもIIDX RECORDS隠し曲として移植されたが、IIDX 22 PENDUALで削除された。
--Xbox360版ではKIMONO♥PRINCESSとともに最後に解禁される楽曲だった。
--MASTERよりEXTREMEのほうがマーカー数が1つだけ多い(MASTER:199<EXTREME:200)。
--2013年KAC予選Dグループ課題曲

-''L'amour et la liberté(Darwin & DJ Silver remix)''
--リミックス版の初出はDDR SuperNOVA2。
---原曲の初出はIIDX 6th Style収録曲でこちらもDDR EXTREMEにてDDR Ver.として収録されている。
--原曲はアーティスト名義がNAOKI undergroundだが、こちらはNAOKI in the MERCUREとなっている。これはSuperNOVA2のコンセプトが惑星系で、この曲が水星担当のイベント解禁曲であったことに由来する。
--ボーカルはNAOKIのHYPER EUROBEATシリーズでお馴染みのPAULA TERRY。STILL IN MY HEARTやCAN'T STOP FALLIN' IN LOVE -super euro version-のボーカルも担当している。
--この曲の振付の一部がコナミのPS3/Xbox360専用ソフト「NeverDead」のエンディングシーンで使われている。
---ちなみにそのエンディング楽曲「Pharaoh★Love」は日本語版をREFLEC BEAT、英語版をBOOM BOOM DANCE(家庭用XBOX360)でプレイ可能。

-''Secret Rendez-vous''
--初出はDDRMAX2。
--ボーカルのDIVASは黒人女性3人組のユニット。メインボーカルはRobbie Danzieで、GF4th&dm3rdにおいてRIGHT ON TIME、beatmania IIIにおいてDevoted to YouやStay with meなどで参加していた。
--IIDX 10thstyleに収録されていたPLATONIC-XXXは、TatshとJunko Hirataのユニット「PlatoniX」によるこの楽曲の日本語カバーアレンジである(現在は削除)。
--ジャケットの曲名が「Secret Rendez-vou''z''」となっている。
---誤字と思われるが未修正

-''Crazy Control''
--[[公式振り付け動画>https://www.youtube.com/watch?v=Hffb2pITZ_w]]
--初出は海外版家庭用DDRX2。国内ではWii専用ソフト、DanceDanceRevolution MUSIC FITで登場し、アーケード版X2にも移植された。
--後述の詐称部分にも書かれているが、HIP HOP・R&B系の振り付けの中では群を抜いて難しく、レベル5がつけられているWe Can Win the Fightに匹敵、もしくは上回るレベルの振り付けだが、レベル4がつけられている。
--家庭用DanceEvolution Original Soundtrackにロングバージョンが収録されている。

-''FLOWER''
--初出はjubeat knit APPENDとREFLEC BEAT。当時行われていたイベント「APPEND FESTIVAL」での連動曲だった。
--ダンエボ移植により、リミックス曲も含め当時稼働中であったBEMANI全機種に収録という快挙を成し遂げた((REFLEC BEAT(初代以降)、jubeat(knit APPEND以降)、DDR(X3 APPEND TRAVEL以降)、pop'n(fantasia以降)、beatmania IIDX(tricoro以降)、DanceEvolution(ARCADE以降)、ミライダガッキ(初代以降)、maimai(ORANGE以降)、GROOVE COASTER(EX以降)、太鼓の達人(キミドリVer.以降)、BeatStream(初代以降)は原曲。SOUND VOLTEX(REDALiCE Remix、初代配信曲)、GITADORA(TLION69 Remix、XG3ギタドラ花火大会以降)はリミックス。))。
---その後、2014/11/18追加の『凛として咲く花の如く』がリミックス曲を含めて現行BEMANI全機種収録という形になり一旦追い越されたが、2015/06/17にBeatStreamへ2015/10/08にSOUND VOLTEXへ移植されたことで再び同日時点での現行BEMANI全機種収録となった。また、収録機種数は他社の音ゲーも含めると本曲が最多。
---後に2015/12/10にMÚSECAが稼働しているが現在未収録。
---また、SDVXに関しては''リミックス収録後に原曲が収録''という非常に珍しいケースとなる
--背景で流れるムービーはbeatmaniaIIDX 20 tricoroからの移植。
---このムービーは2012/01/29に開催されたEXIT TUNES ACADEMY Ryu☆ 3rd Album「Rainbow☆Rainbow」Release PartyにおいてのDJ YOSHITAKAのライブ映像を編集したもの。最初にjubeat版のジャケット絵、最後にREFLEC BEAT版のジャケット絵も映る。
---ちなみに、IIDX tricoro移植の際、[[DJ YOSHITAKA本人がダンエボ移植を匂わせるコメント>http://p.eagate.573.jp/game/2dx/20/p/newsong/flower.html]]を出していた。
--消費カロリーが24.00kcalと「女々しくて」の17.10kcal、「LOVE&JOY」の16.70kcalを抜きAC新規収録曲でトップとなった。
---ただし体力より技術を要求される振り付けとマーカー配置であるため、実際の消費カロリーはそれほど高くないと思われる。
--ジャケットはjubeat版ジャケットで鏡を持つ男性が雅人に変わったものになっている。
--振り付けは紀本由有。
---後に追加された「Wow Wow VENUS」と「Do The Evolution」の振り付けも同氏によるもの。
---「異次元から飛来した種が体内に入り、光を放ち鼓動からビートとうねりを生み、自在に駆け巡ってエネルギーが様々な形で放出されていく」イメージで創られたとのこと(公式サイトのコメントより)。曲のBPMが速いこともあり、難産だったことが伺える。
--アレンジそのものが異なるギタドラを除くと、2016/03時点で新音源になっていないのはAC版だとDDR、スマートフォン版だとREFLEC BEAT plusのみである。
//jubeat plus(通常譜面)・ポップンリズミンは新音源のはずです

***放課後★ダンエボ部! [#tfd50b2a]
-%%※2013/06/19解禁されたが、選曲するにはe-AMUSEMENT PASSを使用する必要がある。%%
--2016/08/09より「KDM:J:&color(red){''B''};:A:2016******」で無条件解禁済。

-''Wow Wow VENUS''
--VENUSはDJ YOSHITAKAとSota Fujimoriのユニット。
--初出はREFLEC BEAT colette -spring-。
---jubeat saucer、DDR(2013)、pop'n music Sunny Parkにも移植されている。また、DDRのSINGLE BEGINNER・BASIC譜面ではパネル上で振り付けをある程度再現できる配置にされている。
--「beatmania IIDX 20 tricolo ORIGINAL SOUNDTRACK vol.1」「REFLEC BEAT colette ORIGINAL SOUNDTRACK vol.1」「Crevice(猫叉Master4thアルバム)」発売記念インストアライブにて、謎のアフロダンサー・マイクがゲームに収録されている振付を踊っていた。&color(white){ちなみに彼の正体はTAGだった。};
--2Pプレイ時は、掛け合い譜面となっている。
---1Pプレイ時は2Pサイドの振り付けとなる。
--作詞・作曲はDJ YOSHITAKA、編曲をSota Fujimoriが担当している。
--振り付けは紀本由有。
--KAC 2013予選Aグループ課題曲

-''Do The Evolution''
--Dance Evolutionシリーズ(Xbox360版・ARCADE通じて)のプレイアブル楽曲としては初にして現状唯一となる''「完全オリジナル楽曲」''。
---Dance Evolution ARCADEのシステムBGMを彷彿とさせる曲調でジャケットのフォントも同作のタイトルロゴのものと同じ。
---「TAG生誕祭」に合わせDDR・ミライダガッキに移植される運びとなった。
--ERiは他BEMANI機種において「DWP」や「SUPER HEROINE 彩香-AYAKA-」名義で活動している女性シンガー。
--TAG feat. ERiとしてはbeatmania IIDX 20 tricoroとREFLEC BEAT coletteに「Re:GENERATION」が収録されている。
--振り付けは紀本由有。
--歌詞は[[こちら>http://www7.atwiki.jp/bemanilyrics/pages/1654.html]]
--KAC 2013予選Aグループ課題曲
--2015/12/02に「DanceDanceRevolution Original Soundtrack Vol.2」にてデジタル配信の形ではあるが、ようやく購入できることになった。
//--2015年現在、本機種にサントラが存在しないため、アルバム未定とともにしばらくの間はアルバム待ちとなる

-''Daisuke''
--初出はbeatmania IIDX 10th style。
--作曲者であるY&Co.は「最初は詩の内容もタイトルも全然違ったが、何故かダイスケになった」と[[公式でコメントしている。>http://www.konami.jp/am/bm2dx/bm2dx10/songs_daisuke.html]]振り付け担当はHHHのDai.(Daisuke)。
---その後、Y&Co.のメンバーRemo-con氏が、当初歌詞には「大好き」と書いていたのをレコーディング中に「ダイスケにしよう」と言ったことを明らかにした。(Remo-conの裏話[[1>https://twitter.com/REMOccCON/status/798370865649811456]]/[[2>https://twitter.com/REMOccCON/status/798377777216901120]]/[[dj TAKAの裏話>https://twitter.com/iam_nota_djtaka/status/798520559982084096]])
--Dai.のダンスが曲中ムービーで流れていた楽曲の一つであり、多数のリクエストにより収録が決定したという旨が振り付け師紹介のDaisukeの欄にある。
--Follow Tomorrow同様、ムービー版から振り付けにDai.本人による大幅なアレンジが加わっている。
---イントロ部分には画面上にて体や手で「D」「A」「I」「S」「U」「K」「E」の文字を表現するポーズが設置されている。
---振り付けの最初はパラパラ風だが、AメロよりDai.らしい回転の加わったジャズダンスになっていき、さらに曲サビ以降からFollow Tomorrowのように動きが激しいアレンジが加わっていく。
---ターンは最初の1回を除いてすべて右回り。回る前に軸足に体重を移す振り(アオキン後の左下へのストリームなど)を意図的に入れているとのこと。
---ラストの振りは意図的に動きが激しくなり「IIDXのラス殺しをダンス的に表現」している。これに合わせ、EXTREME/MASTERにおいてもマーカーの密度が高くなる。
--KAC 2013予選Aグループ課題曲

***胃ノ熊大作戦 [#x6fd9a1b]
-''BURNIN' THE FLOOR''
--Xbox360版収録曲
--初出はDDR 4thMIX
---DDR MAX2にリミックスのBLUE FIRE mixが収録されている。また、DDR EXTREMEにMOMO MIXが収録されていた(Dancemania版権曲扱い、現在削除曲)。

-''BABY BABY GIMME YOUR LOVE''
--Xbox360版収録曲
--初出はDDR 4thMIX
---beatmania 7thMIX -Keepin' Evolution-にリミックスバージョンの「BABY BABY GIMME YOUR LOVE 2002」が収録されており、こちらが家庭用DDR FESTIVALにも移植されている。
--中国版では2013/09/01に先行して追加配信されていた。
---中国版では、2013/05から月初に1曲ずつXbox360版収録曲が配信されており、当楽曲は5曲目にあたる。

-''Let the beat hit em!(CLASSIC R&B STYLE)''
--Xbox360版収録曲。
--初出はCS DDR EXTRA MIXで後にAC DDRMAXに移植。現行機種にも収録されている。
---原曲はDDR Solo BASS MIXに収録されていた「Let the beat hit em!」。4パネル系DDRにはAC DDR 4th MIXで移植され、後にCS DDR EXTRA MIXにも収録。AC現行機種では削除されている。
---上記以外の別バージョンとしてbeatmania IIDX 2nd styleに収録された「LET THE BEAT HIT EM! BASS MIX」が存在する(現在は削除済み)。~
こちらはDDRにはSolo 2000に「Let the beat hit em!(beatmania IIDX version)」表記で、ランダム選曲でのみプレイできる隠し曲として移植された(譜面は原曲と全く同じ)。CS DDR EXTRA MIXには収録されたが、Solo 2000以外のAC DDRには収録されていない。
--5thKAC予選課題曲。

-''Mess With My Emotions''
--Xbox360版収録曲。
--初出はDDR HOTTEST PARTYで作曲はNAOKI。
---同曲のLongバージョンがHOTTEST PARTYのスタッフロール曲として使われている。
--この楽曲の収録により、Xbox360版に収録されているコナオリ曲は全てARCADEに収録されたことになる。
---ライセンス曲の「YESTERDAY」だけがARCADEに未収録である。

-''Chu☆Chu☆Tonight''
--REFLEC BEAT colette -Autumn-およびVENUSミニアルバム「ZEUS」からの収録。
---DanceEvolution ARCADEと同日にpop'n music Sunny Parkにも隠し曲として移植。解禁日はREFLEC BEAT coletteにて「VENUS DiGiTAL LiVE TOUR」の追加公演が開催されており、これとタイミングを合わせての解禁となった(次作ラピストリアで通常解禁)。
--REFLEC BEATでのジャケットは難易度別に3種類あったが、このうちHARD譜面版のジャケットが使用されている。
---ちなみにBASIC譜面ではDJ YOSHITAKA、MEDIUM譜面ではSota Fujimoriにフォーカスをあてたジャケットになっている。
--作詞・作曲担当は「Wow Wow VENUS」と同じくDJ YOSHITAKA。編曲をSota Fujimoriが担当している。
--「Wow Wow VENUS」同様、2人プレー時は掛け合いの振り付けになる。ただし今回は1人プレーでも、プレーサイドを選択できる(1P側は雅人、2P側は翔)。
---またバックダンサーはその2人とも全く違った動作になっている(前奏及び間奏の部分で、曲に合わせて手拍子を打つ)という特徴もある。
--振り付け担当はTETSU。関ジャニ∞の振り付け師として知られる。
--The 5th KAC予選課題曲。

-''朧''
--初出はpop'n music 20 fantasia。
---jubeat saucer、REFLEC BEAT colette -Spring-、beatmaniaIIDX 20 tricoroにも移植されている。後にミライダガッキ Ver.2、Dance Dance Revolution A、BeatStream アニムトライヴにも収録されている。
--''DEAC初出としては初となるダンサーがデイジー(Xbox360版のDLC衣装) & デイヴ担当の曲。''更にDEACでのポップン初出の曲の登場もこれが初。
--振り付けはDai.(Dai.の[[ツイート>http://twitter.com/auridy/status/420869986010546176]]より)。歌詞の内容を多く盛り込んでおり、「歌詞を見てから踊るとより振りの理解が深まるのではないか」とのこと。尚、「Follow Tomorrow」と同じく作詞も同氏が担当していた。
--イントロのピアノが聞こえづらい場合、背景のライトが音に合わせて左右に動いているので、そちらを見てタイミングを合わせると良い。
--音源はpop'n music 20 fantasiaのサントラ以降の音源を使用している。
---最後の『嘘でも抱きしめて、夢なら醒めないで』の「夢なら」の音程が「嘘でも」と同じなのがサントラ音源、「嘘でも」より下がっているのがpop'n musicのゲーム音源。
--JAEPO2014のBEMANIステージにてDai.氏による本曲の振り付け解説が行われた。
---動画はYouTubeの573chやダンエボ公式サイトのINFORMATIONから閲覧可能。
--4thKAC予選課題曲。
--「[[BEMANI MUSIC AWARDS 2014>http://p.eagate.573.jp/game/bemani/fansite/p/report/2014w/report4.html?page=4]]」DEA部門第3位。

***SPACE KUMA [#ma8e2acb]
-''Sweet Rain''
--初出はjubeat knit。DEACのjubeat初出曲はFLOWER(REFLEC BEATと同時収録)に続き2曲目。また、同時収録を除くとDEACでjubeat初出の単独初出としてはこれが初めての移植となる。「朧」に続いてダンサーはデイジー(ユーロ)、デイブが担当する。
---REFLEC BEAT limelight、Dance Dance Revolution(2013)にも移植されている。
---REFLEC BEATではY&Co.アルバム「BEST HITS YCO」での表記に合わせて曲名が「Sweet Rain feat.Karin」となっており、feat以降のアーティスト名が曲名に移動している。
--MASTER、STELTHのマーカー数は333。「女々しくて」MASTERの298を抜いて全曲マーカー数最多を更新した。
---2014/06/30現在、LIGHT〜MASTERの全難易度において各難易度別マーカー数最多曲である(EXTREME以上で300を突破)。&br;特にLIGHTは初のマーカー数100超えとなった。&br;のちにMASTERのマーカー数は凛として咲く花の如く(340)に更新された。
--振り付けはteam SEF -RUMINE-。マハラジャ六本木で開催されているユーロビート・テクノイベント【SEF DELUXE】のメンバー。
---SEFとはSUPER EURO FLASHの略。コナミ公式の紹介文によると昔パラパラパラダイスが稼働していた頃にゲームセンターでプレイしたことがあるとのこと。

***ダンエボデイリートレーニング [#v236b047]
-''FUJIMORI -祭- FESTIVAL''
--初出はREFLEC BEAT groovin'!!。VENUSの楽曲がDEACに収録されるのはこれが3曲目。
---発見!よみがえったBEMANI遺跡で一足早くDDR2014に収録され、翌月にミライダガッキ Ver.2、その2年後にはjubeat Qubellにも移植されている。
--VENUS 1st Album「DEUS」にロングバージョンが収録されている。
---初出のREFLEC BEATではライブバージョンである「EDP Live Mix」及び上記のロングバージョンのリカットバージョンである「祭りだ!Sota Fujimori Mix」と合わせて、VENUS最多の3バージョンが収録されている。
--2人プレー時は掛け合いとなる。また「Chu☆Chu☆Tonight」同様、1人プレー時でもエントリーサイドにより振り付けを選択できる(今回は1P側が翔、2P側が雅人)。
--振り付け担当はTETSU。
---「Chu☆Chu☆Tonight」に続いての担当であり、同曲と似た動きが比較的多く見られる。
--RBと同じく、ジャケットではVENUSの2人がミライダガッキ仕様のバチを持っている。
---曲中の振り付けにおいても、歌詞に合わせてバチを持つような箇所が存在する。
--The 4th KAC予選課題曲。

-''Mermaid girl''
--初出はbeatmaniaIIDX 18 Resort Anthem。
---DanceDanceRevolution X3 VS 2ndMIX、pop'n music 20 fantasia、ミライダガッキ Ver.2にも移殖されている。
---また、IIDXにはDJ Commandによるリミックス版、RbにはRyu☆によるリミックス版が収録されている。
--Cream puffはHalka(HHHのメンバー)とmoimoi(森永真由美)のユニット。
---作詞はHalka、作曲はRyu☆が担当。ちなみにこの2人は夫婦である。
--振り付け担当はDai.([[本人のツイートより>https://twitter.com/auridy/status/499405300395671552]])。同氏の担当曲は4曲目。
---イベントで何度か披露したものをダンエボ用の振り付けと構成にリアレンジしたとのこと。
---「Follow Tomorrow」や「朧」と同様、歌詞に合わせた振付が多く散りばめられている。
---間奏は完全に作り直されており、身体に沿って手を動かす部分は1回目が線対称の動き、2回目は前半4カウントが線対称、後半4カウントが点対称の動き。&br;後半に入る前に右手だけ上げるカウント(4.5カウント目)を見逃さないようにするのがポイントとのこと。
--「[[BEMANI MUSIC AWARDS 2014>http://p.eagate.573.jp/game/bemani/fansite/p/report/2014w/report4.html?page=4]]」(ユーザー投票・選曲回数を加味したコナオリ楽曲のランキング)においてDEA中第1位となった。

***CHALLENGE [#kb894573]
-''Watch Out Pt.2''
--初出はbeatmaniaIIDX 18 Resort Anthem。
--振り付けはFUMI。
--AC追加曲でデイヴが1P担当ダンサーとなる曲。そしてコラボ曲ながらDJ Mass Mad Izm*の曲がDanceEvolution ARCADEに収録されるのはこれが初。
--最高水準の難易度表記Lv5が付けられたのは『FLOWER』以来実に2年ぶりとなる。振り付けも最高水準の難易度表記にふさわしいものとなっている。
--移植元のIIDXではムービーがあったが、こちらには収録されていない。
--曲名の読みは「ウォッチアウトパートツー」で登録されているようであり、曲名順では「Wow Wow VENUS」と「exotic ethnic」の間にあるため、ソートを曲名順にしている時は注意。
--背景ステージはDaisukeと同じくステージ頂上にDJブースがあるものだが、''DJが不在となっている''初のパターン。

-''轟け!恋のビーンボール!!''
--2013年冬〜2014年夏に行われていたBEMANI機種連動イベント「[[熱闘!BEMANIスタジアム>連動企画/熱闘!BEMANIスタジアム]]」からの楽曲。
---既にBeatStreamとMÚSECA以外の現行全BEMANI機種に移植されている。
--なお、コラボ曲であるがDEAにL.E.D.とwacの楽曲が収録されるのはいずれもこの曲が初。
---また、Prim名義の楽曲も初となり、今回の移植によって全てのBEMANIシリーズでいずれかのPrim楽曲が遊べることになった。
--また、1P担当ダンサーが女性キャラであるLv5の曲はAC版本稼働以降ではこれが初。
//なお、1P担当ダンサーがデイジーである「桜」がXbox版ではLv5であり、担当ダンサーが西園寺姉妹である「ヘビーローテーション」がACロケテ版ではLv5であった。
--振り付けはDai.([[本人のツイートより>https://twitter.com/auridy/status/545150290337746945]])。通算5曲目の担当曲となる。
---BPM180という超高速曲であることから、かなりの難産であったとのこと。
---氏の振付はターンが多い印象があるものの、このBPMで回るのはほぼ無理ということもあり、本曲でのターンは最後の1回のみとなっている。

-''轟け!恋のビーンボール!!(9回裏振付ver)''
--2015/01/05より出現した「轟け!恋のビーンボール!!」の別振付バージョン。
---楽曲自体には変更はなく、曲は同一で振付が異なるのみ。振り付けも通常verと同じくDaiが担当.([[本人のツイートより>https://twitter.com/auridy/status/552048129370238976]])。
--同じ曲、別ジャケット扱いで異なる振り付けが収録されるのは、稼動初期のirony、ヘビーローテーション、恋愛レボリューション21(現在削除済み)の「かんたん振り付け」以来2度目。
---上述の3曲はかんたん(LIGHT)のみであるため、全難易度対象では史上初。
--こちらの担当ダンサーは男性(翔)となっている。
---後述のジャケットに合わせて、市街地ステージの時間帯も夕方になっている。
--ジャケットが全体的に色違いになっており(元がピンクなのに対しこっちは水色)、ジャケット内のキャラクターもポーズは同じだが男性になっている。
---全体の色、キャラ以外にも背景が夜となっており、スコアボードのライトが点いている。
--無印verと比べ振付が大幅に異なるわけではないが、男性的な動きになっている箇所が多く見られる。

-''Sakura Sunrise''
--初出はDanceDanceRevolution X2。「sakura storm」「Sakura Reflection」等に並ぶ、Ryu☆によるSakuraシリーズの第2作目。
---Sakuraシリーズの中では最も多く移植されており、ダンエボ収録時点でBEMANI8機種に収録((REFLEC BEAT limelight、jubeat saucer、GITADORA(GITADOROCKアレンジ)、pop'n music Sunny Park、ミライダガッキVer.2に収録。))。~
さらに後にBeatStreamへ移植されたことで、現在ではbeatmaniaIIDX、SDVX以外の9機種に収録されている。
---なお、Ryu☆のDEAへの楽曲提供はこれでFollow Tomorrow・朧・Mermaid Girlに続き4曲目だが、直々にRyu☆名義の曲が収録されたのは初。
--Ryu☆3rdアルバム「Rainbow☆Rainbow」にロングバージョンが収録されている。
--新規収録曲としてDDR初出曲が移植されるのは、これが初。
---ジャケットはDDRのものがそのまま使われている。DDR初出曲としては、これが初。
--振付師は未発表。CS未収録コナオリ曲としてはShe is my wife以来2度目。
---ちなみに、Dai.は担当していないとのこと。([[本人のツイートより>https://twitter.com/auridy/status/587605423022309377]])

-''Little Star''
--The 4th KACの決勝ラウンド後にて発表された。
--初出はbeatmaniaIIDX 20 tricoro。jubeat saucerにも移植されている。
--ダンエボ初のREDALiCE楽曲。
--振り付けはDaiが担当。

-''罪と罰''
--初出はbeatmaniaIIDX 21 SPADA。
--XceonはStarving Trancerの別名義。
---DEA収録曲中では「Follow Tomorrow」「朧」に「HHH×MM×ST」の一員として参加。
---2015/02/04に曲名の通りであるXceonの1st Album「罪と罰」をリリースしており、同曲のLong Versionも収録されているが、アルバム版のジャケットとは異なり新規書き下ろし。ジャケットがアルバム版ではないためジャンルはEXIT TUNES版権曲でなくコナオリ扱いとなる
--振り付けはYossy([[本人のツイートより>https://twitter.com/dancing_yossy/status/578122550175084545]])。大きなジャンルでいうとジャズダンスとのこと。
---[[本人による振り付け講座>http://p.eagate.573.jp/game/danceevolution/ac/p/info/2015.html#tsumito]]が動画で公開されており、公式サイトのINFOMATIONから閲覧可能。
--別名義を含め、森永真由美が参加した楽曲で振付がDai以外となるのは初。
--1P側(雅人)と2P側(翔)でBメロの振り付けが一部異なる。従来通り、1人プレー時はエントリーサイドによって選択可能。
--5thKAC予選課題曲。

-''Reaching for the Stars''
--初出はGUITARFREAKS 11thMIX & drummania 10thMIX。pop'n music 19 TUNE STREETにも移植されている。
---ギタドラシリーズ単独初出の曲がダンエボへ移植されるのはこの曲が初となる。
---ダンエボ版での曲の長さは、元々のギタドラ版ではなく、少し長くなったpop'n版の方が採用されている(アウトロのフェードアウトまでが長い、サントラ収録版と同様のサイズ)。
--作曲はTOMOSUKE。TOMOSUKE 1stアルバム「Marble(及びリカット版のRe:EDITION)」にアレンジバージョンが収録されている。
--ジャケットは新規(ギタドラクリップのサビ部分のカットから引用)。クリップを担当した上田バロン氏によると、ジャケットの女性の名前は「ベティちゃん」。
--現在の所、「Sakura Sunrise」同様振り付け担当は公開されていない。

-''LUV CAN SAVE U''
--初出はbeatmania IIDX 20 tricoro。jubeat saucerにも移植されている。
---IIDX公式サイトの曲紹介は[[こちら>http://p.eagate.573.jp/game/2dx/20/p/newsong/luv_can_save_u.html]]。
---IIDX SPADAのサウンドトラックにロングバージョンが収録されている。
--長沼英樹はかつてSEGAにおいてゲームミュージックを手掛けてきた作曲家。「ジェットセットラジオ」シリーズ等で知られる。
--振り付けはYuu([[Dai.氏のツイートより>https://twitter.com/auridy/status/598471213669871617]])。
---また、Dai.はこの曲はダンエボ向きと猛プッシュしていたとのこと。([[Dai.氏のツイートより>https://twitter.com/auridy/status/598852631205908480]])ちなみにDai.の猛プッシュによりダンエボに収録されたのは「Mermaid girl」に次いで2曲目。
--これまでCHALLENGEシリーズではLEVEL4〜5の高難度楽曲の配信が続いていたが、今回初めてLEVEL3の楽曲が追加されることとなった。
--Aメロや間奏等、所々で1Pキャラ(翔)と、2Pキャラ(雅人)及びバックダンサーとで手の形が異なっている模様。
---Aメロで前方に手を出す際、雅人とバックダンサーは指を差しているが、翔は指が出ていない。
---間奏で前後にステップを踏む際、雅人とバックダンサーは手を閉じているが、翔は手を開いている。
---意図的な演出なのか、製作過程でのミスなのかは不明。
//↑CS版の頃から1P/2Pダンサー間、及びバックダンサーとの手の形が異なる場合多数あり(BURNIN' THE FLOOR最後の下ろす手の形、AC版でもChu☆Chu☆Tonightで同様の違いあり)。
--The 5th KAC予選課題曲。

-''Gimme a Big Beat''
--初出はjubeat saucer。
---KAC2013の予選課題曲として配信された。
---REMIX版の「Gimme a Big Beat (Hommarju Remix)」がREFLEC BEAT groovin'!!に収録されている。
---なお、kors kの楽曲はこれが初のダンエボ収録。
--振り付けはYossy([[本人のツイートより>https://twitter.com/dancing_yossy/status/661837780801052673]])。HIP HOPテイストの振り付けとのこと。

-''Din Don Dan''
--初出はDanceDanceRevolution(2014)。ミライダガッキ Ver.2にも移植されている。
---移植元のDDRでは隠し曲扱いであり、PASELIを使用したプレーでなければ解禁・選曲はできなかった(DDRは2015/12/17のアップデートで通常解禁)。
--振り付け担当はDai.([[本人のツイートより>http://twitter.com/auridy/status/674527442426572800]])。「Little Star」以来の担当となる。また、Lv3楽曲の担当は初。
---ライブ等で披露したものに新しい振りやアレンジを加えているとのこと。EDP2016 beatnation summitのDVDの振り付けと見比べると、違いがわかりやすい。
--CHALLENGEカテゴリーの楽曲で1Pキャラがあかりとなるのはこれが初。
--2014/12/03に公開された『[[BEMANI SONGS 〜Best of DanceDanceRevolution〜>http://www.youtube.com/watch?v=ArTkICZs9rM]]』の1曲として紹介されている。
--曲のジャンルとしては「Mermaid girl」同様のBUBBLEGUM DANCEに当たる。
--LIGHTの時点で''背面で取らせるポーズマーカーが存在する''。

-''I'm so Happy''
--初出はjubeat knit。同作の最終解禁曲・ボス曲として登場。
---本機種配信時点で、BeatStreamとMÚSECAを除く現行BEMANI他機種に収録されている。またGFDMのみギタドロックアレンジ。
((ちなみにこの曲以外に現行BEMANI未収録が残り2機種なのは「轟け!恋のビーンボール!!」(BeatStreamとMÚSECA)、「ちくわパフェだよ☆CKP」(beatmania IIDXとMÚSECA)、「Idola」(DanceEvolution ARCADEとMÚSECA)で、Idola以外は本機種に収録済。ライセンス楽曲も含めると「セツナトリップ」(DanceEvolution ARCADEとbeatmania IIDX)がある。ミライダガッキを現行機種から外してカウントした場合は「In The Breeze」「夏色DIARY」「幻想系世界修復少女」「バンブーソード・ガール」(DanceEvolution ARCADEとMÚSECA)も該当する。))
---移植順にDDR X2、IIDX 19 Lincle、REFLEC limelight、GF&DM XG3(Rockin' ver.)、pop'n Sunny Park、SDVX II、ミライダガッキ、DEA。
---各種スマホBEMANIアプリ4機種(jubeat plus・REFLEC plus・GITADORA・リズミン)にも移植されている。
--イベント開始時点では公式サイト・Twitter等で告知されていなかったが、同日昼12時過ぎより[[告知開始>http://twitter.com/DanEvo_staff/status/687111584934539265]]。
--CHALLENGEでLEVEL2の曲が登場するのは初。
--振り付け担当は足立夏海。
---DEA収録曲では「チョコレートスマイル」、「アルストロメリア (walk with you remix)」に続き3曲目の担当。
--曲冒頭の1,2,およびParty Time!の掛け声でカメラカットが3度切り替わる。カメラカットの切り替えがある曲は「A Geisha's Dream(2回)」「La receta(1回)」「MERRY GO ROUND(削除済・1回)」「インベーダーインベーダー(3回)」「LOVEマシーン(削除済・2Pプレイ時・1回)」に続き6曲目。
--「LUV CAN SAVE U」同様、メインダンサーとバックダンサーとで手の形が異なる箇所が存在する。
---曲前半、右・左に手を差し出した後のポーズで、バックダンサーは両手の親指・人差し指の各2本を出している一方、メインダンサーは両手の親指・人差し指・中指の各3本を出している。
//まだあったっけ?少なくとも初ではない

-''無双''
--VENUS 1st Album「DEUS」からの楽曲。
---BEMANI機種での初出はSOUND VOLTEX III GRAVITY WARS。
---コラボ曲ながらSOUND HOLICの楽曲がDEAに収録されるのは初で更にアルバム出典曲ながらSOUND VOLTEX初出曲がDEAに登場するのも初である。~
//ちなみにREFLEC BEATに収録されてない唯一のVENUS曲でもある。(2016/02 現在)→収録されました
---今回の収録においてCHALLENGE12カテゴリー内にて2曲目に登場する「サイバーサンダーサイダー」とはDEAとSDVXだけに収録されているという関係がある。
---5th KAC・決勝ラウンド後に発表された。
--SDVXに収録されたゲームサイズ版をこちらにもそのまま収録しているため、プレイ時間が2分15秒程度とかなり長め。体力に自信がないプレイヤーはペース配分に注意(但し、イントロの8小節(12秒)は殆ど動きが無いため、実際に動き続けるのは2分3秒程)。
---また同じくアルバム出典曲の「INDEPENDENT SKY」「TIEFSEE」「NEON WORLD」の3曲もゲームサイズ版が同じく2分15秒程度の長さでKONAMIから発売のアルバム出典のSOUND HOLIC楽曲は近年のBEMANI楽曲の平均的な曲の長さを超えてゲームサイズ化される傾向にある。~
余談だが「TIEFSEE」のbeatmania IIDX 22 PENDUALに収録されたバージョンは、「無双」とは異なり2分程度に短縮されての収録となった。汎用ムービーとの尺合わせのためと思われる。
--ジャケットはSDVX収録曲「Ha・lle・lu・jah」のそれをモチーフとしたもの。
---中央が高橋菜々(SOUND HOLIC)、左右が西村宜隆・藤森崇多(VENUS)。また、高橋菜々がジャケットに登場するのもこれが初。
---なお、DEAサウンドディレクター・田口康裕(TAG)、高橋菜々と同じSOUND HOLIC所属の709sec.もラップで参加している。([[高橋菜々のツイートより>https://twitter.com/NanaTakahashi7/status/701618517460660224]])。
--振り付け担当はYossy([[本人のツイートより>https://twitter.com/dancing_yossy/status/700969860847632384]])。
---「罪と罰」「TA・DA ☆ YO・SHI」「Gimme a Big Beat」に続き4曲目の担当となる。
---1P側(翔)と2P側(雅人)で大サビの振り付けが一部異なる。従来通り、1人プレー時はエントリーサイドによって選択可能。

-''Settin' the Scene''
--初出はWii版ダンスダンスレボリューション フルフル♪パーティー。
---ミライダガッキVer.2にも収録されている。現行のAC版DDRには未収録。
--作曲はU1-ASAMi。DanceEvolution ARCADEにおいて、U1作曲の楽曲が収録されるのは初。
--BPM 110はこれまでのCHALLENGE解禁曲のうち最も低い値となる。
--振り付け担当は足立夏海。
---「チョコレートスマイル」「アルストロメリア」「I'm so Happy」に続き4曲目の担当。
---上記3曲はいずれもLEVEL2の比較的易しめの振り付けであったが、今回はLEVEL4の本格的な振り付けを担った。

-''朱と碧のランページ''
--初出はpop'n music ラピストリア。SOUND VOLTEX II -infinite infection-、jubeat saucer fulfill、ミライダガッキVer.2にも移植されている。
---pop'n music公式サイトの曲紹介は[[こちら>http://p.eagate.573.jp/game/popn/lapistoria/p/musicchar/mcdetail/ns_akatoao.html]]([[試聴>http://www.youtube.com/watch?v=AOmnLBXqeQE]])
---本曲配信時点で移植元のpop'n musicの現行バージョンéclaleではスターファクトリーでの解禁曲(要250ルミナ)になっており、無条件解禁されていない。~
また、SDVXの現行バージョンGRAVITY WARSでは期間限定のPOLICY BREAK隠し曲、jubeatの現行バージョンQubellではdig dig Qubell(Garnet)隠し曲となっている。
--曲名の読みは「あかとあおのランページ」
--作曲はPON。歌唱はNU-KO。
---DEAに両氏の楽曲が収録されるのはこれが初。
--振り付けはDai.とYuuの合作。([[Dai.のツイートより>https://twitter.com/auridy/status/725284387152080896]])。また、1曲の振り付けに2人が関わるのも初である。
---ちなみに公式のDai.のコメントでは「難易度も踊りやすい難易度かと思います」とコメント出しているが、実際は下記にある通りであり難易度も最高の5のためコメントと多少かけ離れているところがあると思われるため一応注意。
--1P側(翔)と2P側(雅人)とで振付が異なる。従来の楽曲と比べ、互いに左右対称で動く箇所がかなり多く、落ちサビでは1P側は屈んだポーズを、2P側は立ったポーズを取り全く違う振付となる。
---上記落ちサビの箇所ではバックダンサーも異なるポーズ(頭を伏せて屈む)を取るという演出が見られる。
--同落ちサビ以降、翔側(1P)のバックダンサーの動きが翔よりもやや早ズレしている。

-''Special One''
--初出はjubeat(初代)。beatmania IIDX 17 SIRIUS、DanceDanceRevolution Aにも移植されている。
---jubeat(初代)でのクラスアップで、最も早い段階で解禁できる曲として登場。
---IIDXではjubeat ripplesとのコラボ連動イベント「APPEND STYLE」で移植。
---当機種移植後、DDRにイベントの解禁曲として移植された。
--振り付け担当はYossy([[本人のツイートより>https://twitter.com/dancing_yossy/status/740542139684130816]])
---「罪と罰」「TA・DA ☆ YO・SHI」「Gimme a Big Beat」「無双」に続く5曲目の担当。
---上記4曲はSINGLEプレー時のダンサーが全て男性だったが、今回初めて女性ダンサー(デイジー)となっている。ちなみに同氏のモーションであかり・ひかりが動いた例はまだない。
--一瞬だけだがkors k楽曲なだけにkors kポーズも入れているとのこと([[Yossyのツイートより>https://twitter.com/dancing_yossy/status/740542665486262274]])([[参考>https://www.youtube.com/watch?v=ouw1AK8WQWs]]:1:31あたり)

**削除曲 [#ga81a1a5]
-''Kind Lady''
--初出は家庭用DDRMAX。
---AC初出はDDR EXTREMEであるため、現行DDRのバージョン別フォルダではそちらに収録されている。
---新規収録のコナミオリジナル曲としては最も昔の曲となる(2016/06/30時点)。
--OKUYATOSは藤森崇多(Sota Fujimori)の別名義。
---同氏の初恋の女性の名前(漢字)を英語にしたものが「Kind Lady」であり、ある日彼女の夢を見て曲名・名義・歌詞等の着想を得たとのこと。
---名義の「OKUYATOS」は逆から読むと上記の内容が伺える。
--振り付け担当はYuu([[Dai.氏のツイートより>https://twitter.com/auridy/status/649077350404108288]])。「LUV CAN SAVE U」に続き2曲目の担当となる。
--ジャケットはDDRで使用されているものがベースだが、曲名のフォントに差異がある。
--&color(red){''2015/12/28 05:00をもって削除''};
---本タイトルで初のKONAMIオリジナルの削除曲となる。
---本楽曲の解禁イベントであるCHALLENGE8が開始されたのは2015/09/30であり、僅か3ヶ月弱の収録期間となった。ここまで短期間でのコナミオリジナル曲削除は''期間限定を除くと極めて異例の事態である''。
---楽曲削除を控えるためか''2015/12/07〜削除日までe-AMUSEMENT PASS使用で通常解禁となった''
---移植元のDDRにおいても同日同時刻での楽曲同時削除となった。

Site admin: iMp95
mail : imp@callusnext.com (←@を半角に)