#include(GITADORA NEX+AGE/Contents,notitle)
#contents

//他のページでもそうですがCO等もなしに項目を削除するのは控えてもらえませんか?ちゃんとした理由等を添えていただかないと荒らしや自治厨とも取れます。
//最近、こういった削除や改変等を独断で行っている方がいらっしゃるので他の方のモチベーションが下がって当wikiの更新頻度が落ちているのでは?

*新曲雑記 [#new_memo]
-新曲に関するいろいろなことを書き溜めておく場所です。
--詐称・逆詐称、個人差、譜面内容に関して述べる際は機種と譜面難易度を「&color(purple){DM紫};」「&color(blue){GF青G};」等のように分かりやすく書きましょう。
--※個人的感想はTwitterや掲示板などでお願いします。

**デフォルト曲 [#default]
***版権曲 [#license]
-「23 -twenty three-」と「SHINY DAYS」は当初、汎用ムービーだったが、2019/10/21より専用ムービーへ変更された。

2019/10/02配信(稼働初期)
-''23 -twenty three-'' / IRONBUNNY
--公式MV(2019/07/19公開):[[YouTube>http://www.youtube.com/watch?v=4CEqyuem3mA]]
--デビューミニアルバム「IRONBUNNY〜鉄槌のオルタナティブ〜」の1曲目より収録。
--IRONBUNNYは西暦2300年からタイムスリップしたサイボーグギタリストEdiee Ironbunny(CV:森久保祥太郎)とオーディションにより選出されたHina、Kotono、Minamiの女性ボーカル3人から成るハードロックユニット。
---森久保祥太郎の楽曲はBEMANIではCS おはスタDanceDanceRevolution収録「WHY!〜THE ZONA'S SONG〜」「WHY! パラパラ・リミックス」(怪人ゾナー名義)も存在している。

-''SHINY DAYS'' / 亜咲花
--公式MV(2017/12/24公開):[[YouTube>http://www.youtube.com/watch?v=eEeTwzOldIs]] (ショートサイズ版)
--公式MV(2020/04/16公開):[[YouTube>http://www.youtube.com/watch?v=0me_7B2rRIE]] (フルサイズ版)
--TVアニメ「[[ゆるキャン△>http://yurucamp.jp/first/]]」OP。
--亜咲花(あさか)は愛知県出身の女性シンガーソングライター。
--亜咲花の4th Singleでジャケットはゆるキャン△盤のものを使用。1曲目はTVアニメ「ゆるキャン△」ドラマパートであるため、本楽曲は2曲目に収録されている。DVD盤は従来通り1曲目に収録されている。
--BEMANIシリーズ初収録。他社ではmaimai FiNALE、CHUNITHM AMAZON PLUSに収録済。

-''VISION'' / フレデリック
--公式MV(2019/09/25公開):[[YouTube>http://www.youtube.com/watch?v=bhg1oDpmxL4]]
--2nd EP「VISION」からの収録。このEPは2019/10/09に発売されるため、発売前の版権曲が収録される珍しいケースとなる。
---ただし、本曲のみ配信限定で2019/09/25からリリースされているので、厳密には発売前収録というわけではない。
--フレデリックの楽曲が本機種に収録されるのはこれが初。
---他機種ではDANCERUSH STARDOMに「オンリーワンダー」が収録されている他、jubeat plus、REFLEC BEAT plusにて「フレデリックPack」が配信されている。
--ちなみにフェードアウトで終わる。
--SOUND VOLTEX BOOTHで収録されている同名楽曲が存在するが、全く別の曲である。(アーティストはnora2r)

-''ただ君に晴れ'' / ヨルシカ
--公式MV(2018/05/04公開):[[YouTube>http://www.youtube.com/watch?v=-VKIqrvVOpo]]
--2018/05/09発売の2nd Mini Album「負け犬にアンコールはいらない」7曲目より収録。
--ヨルシカの楽曲はEXCHAIN収録の「言って。」に続き2曲目。
--他機種ではjubeat festoに収録済。jubeatと違って曲がやや長くなっている。

2019/12/04配信
-''ソリッド'' / 豚乙女~
「&color(green){今宵は飄逸なエゴイスト 〜 Egoistic Flowers.};」((原典のゲームでは「今宵は飄逸なエゴイスト(Live ver) 〜Egoistic Flowers.」と表記されているが、便宜上この表記とする))
--公式MV(2018/08/06公開):[[YouTube>http://www.youtube.com/watch?v=_AdKinx-iTw]] / [[ニコニコ>http://www.nicovideo.jp/watch/sm33395896]]
--2018年の例大祭で頒布された「[[大貧民>http://butaotome.com/2018/reitai/dai/index.html]]」からの出典。
---頒布2日前にMVがショート版として公開された後、1ヶ月半後の2018/06/20にそのフル版が公開された経緯がある。
---余談だが、更に1年後の2019/07には第11回東方ニコ童祭の[[OPムービー>http://www.nicovideo.jp/watch/sm35370134]]にもこの曲が使われた。
--東方憑依華のアレンジ曲収録はBEMANI初収録となる。

2020/03/18配信(「ENJOY! GITADORA!知ってる曲を遊ぼうキャンペーン」第1弾)
-''1・2・3'' / After the Rain(そらる×まふまふ)
--公式MV(2019/11/17公開):[[YouTube>http://www.youtube.com/watch?v=ajjN7eAnyZE]]
--同ユニットによる楽曲収録はMatixx収録の「解読不能」に続く2曲目。
---「解読不能」と違い、ユニットの隣にメンバーの記載がある。また、汎用ムービーとなっている。
--TVアニメ「[[ポケットモンスター(2019)>http://www.tv-tokyo.co.jp/anime/pocketmonster/]]」OP。
---曲中にゲームボーイの起動音及びモンスターボールの開く音が鳴る箇所がある(GF・DMともにアサインは無し)。
---BEMANIではかつてpop'n music 14 FEVER!に収録されていた「スーパーマリオブラザーズ/スーパーマリオブラザーズBGMメドレー」で任天堂ハードのSEが使用されていた。
--アニメ「ポケットモンスター」シリーズの楽曲はAC版BEMANIでDanceDanceRevolution KIDS「めざせ! ポケモンマスター」(1997年版OP)が収録されていた。
--曲名の読みは「ワン・ツー・スリー」である。「いち・に・さん」ではない。
--曲名の読みは「ワン・ツー・スリー」。「いち・に・さん」ではない。

-''若者のすべて'' / (フジファブリック)
--原曲公式MV(2012/04/05公開):[[YouTube>http://www.youtube.com/watch?v=IPBXepn5jTA]]
--フジファブリックは日本のスリーピースロックバンド。
--フジファブリックの10th Single。発売は2007年だが、2013年に山下智久主演のドラマ「SUMMER NUDE」で使用されたのをきっかけに認知度が上がっていき、2018年にはLINEモバイルのCMソングとして起用された。楽曲当時は4人((当時のVo.だった志村正彦氏は2009/12/24に逝去している。また、「銀河」の時に在籍していたドラムの足立房文氏もこの楽曲が発表される前に脱退している))だった。
--フジファブリックの楽曲はjubeat knitにて「銀河」(propで削除済)が原曲で収録されていた。
--本曲は原曲でなくカバーとなっており、それに伴い、ジャケットもオリジナルのものになっている。
---声質より、肥塚良彦による歌唱と思われる。
--&color(purple){[DM紫]};難易度4.40はGITADORA以降より配信時点で削除曲も含めた紫譜面最小値かつ初の4台となる。

2020/03/31配信(「ENJOY! GITADORA!知ってる曲を遊ぼうキャンペーン」第2弾)
-''Pretender'' / (Official髭男dism)
--原曲公式MV(2019/04/16公開):[[YouTube>http://www.youtube.com/watch?v=TQ8WlA2GXbk]]
--Official髭男dismは2012年に結成した4人組ピアノPOPバンド。
--映画『[[コンフィデンスマンJP -ロマンス編->http://confidenceman-movie.com/romance/]]』主題歌。
--本機種収録より先にノスタルジア Op.3にピアノインストアレンジが収録されているが、こちらはボーカルカバーな上にジャケットも異なるものとなっている。更にjubeat festoは原曲で2020/09/18に収録される。
--他社ではその前日にあたる2020/09/17稼働のmaimai でらっくす Splashに収録(こちらも原曲)。
--他社ではその前日にあたる2020/09/17稼働のmaimai でらっくす Splash(セガ)に収録(こちらも原曲)。

-''白日'' / (King Gnu)
--原曲公式MV(2019/02/28公開):[[YouTube>http://www.youtube.com/watch?v=ony539T074w]]
--曲名の読みは「はくじつ」。
--King Gnu(キングヌー)は日本の4人組ミクスチャーバンド。
--日本テレビ系ドラマ『[[イノセンス 冤罪弁護士>http://www.ntv.co.jp/innocence/]]』主題歌。
--本曲もGITADORA収録前にノスタルジア Op.3に収録済。
---「Pretender」と異なり、カバーは同一だが、序盤の弾き語りの部分がカットされ、ノスタルジアより演奏時間が短くなっている。
---一方、ジャケットはノスタルジアと異なる。

2020/07/01配信(「ENJOY! GITADORA!知ってる曲を遊ぼうキャンペーン」第3弾
-''Bloom Moment'' / Rayflower
--公式MV(2020/04/18公開):[[YouTube>http://www.youtube.com/watch?v=VoHs5kG570I]]
--RayflowerはSOPHIAの都啓一を中心に結成された5人組ヴィジュアル系ロックバンド。
--原曲だが、汎用ムービーとなっている。

-''紅蓮華'' / (LiSA)
--原曲公式MV(2019/05/31公開):[[YouTube>http://www.youtube.com/watch?v=CwkzK-F0Y00]] (ショートサイズ版)
--TVアニメ「[[鬼滅の刃>http://kimetsu.com/anime/risshihen/]]」OP。
--曲名の読みは「ぐれんげ」。
--他社では既に太鼓の達人 グリーンVer.にもカバーとして収録されている他、原曲は2020/09/17稼働maimai でらっくす Splashに収録。
--他社では既に太鼓の達人 グリーンVer.(ナムコ)にもカバーとして収録されている他、原曲は2020/09/17稼働maimai でらっくす Splash、オンゲキ R.E.D.(いずれもセガ)にも収録された。
--LiSA(リサ)は岐阜県関市出身の女性アニソン&ロックシンガー。
--本曲は原曲でなくカバーとなっており、それに伴い、ジャケットもオリジナルのものになっている。
---声質よりSARAHによる歌唱と思われる。

***コナミオリジナル楽曲 [#konami_original]
2019/10/02配信(稼働初期)
-''overcome'' / MEG feat. Keita

-''超速戦士ギタドラス'' / Rookie.F feat.YOFFY(fromサイキックラバー)
--YOFFYはIMAJOとの音楽ユニット「[[サイキックラバー>http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%82%AD%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%83%90%E3%83%BC]]」のボーカリスト。主にスーパー戦隊シリーズや遊戯王GXといった特撮・アニメソングの歌唱を得意としている。
--氏の楽曲はBEMANIではpop'n music 18 せんごく列伝/CS DanceDanceRevolution MUSIC FITにて「[[侍戦隊シンケンジャー>http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BE%8D%E6%88%A6%E9%9A%8A%E3%82%B7%E3%83%B3%E3%82%B1%E3%83%B3%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%BC]]」(版権カバー)が収録されていた。コナミオリジナル曲への参加は初。

-''天弓ノ舞'' / 龍

-''宵街アテンション'' / GRAN-DRAMATIC BOYS 
--GRAN-DRAMATIC BOYS名義の楽曲はMatixxの「失恋かぞえうた」「最強ゲームエンド」以来2作ぶりになる。

-''雷鳴'' / SARAH(from Nine Universe) feat. 桿子 Drumstick 

2020/02/05配信
-''運命'' / 池田山葵
--「池田山葵」とは「池田彩」と和楽器バンドのドラム「山葵」の新ユニット。EXCHAINに収録された「全弦開放(イーマイナーイレブン)/池田高田」に続く「池田○○」プロジェクトの第2弾にあたる。
--曲名の読みは「さだめ」。「うんめい」ではない。

&aname(banmeshi_FGP);
2020/06/25配信
--メディアミックス企画『[[バンめし♪>http://www.konami.com/games/banmeshi/]]』の「[[バンめし♪ふるさとグランプリ>合同イベント/2020年#banmeshi_FGP]] ROUND1」より登場。
--機種共通の楽曲雑記は[[別項>合同イベント/2020年#music_memo]]を参照。

-''御伽噺に幕切れを'' / 夜叉姫神楽
--BPM表記が機種によって異なり、本機種では165-203となっている(pop'nでは133-203、SDVX及びDDRでは131-203。NOSでは表記なし)。
--作詞作曲担当は164。BEMANIでは主にボーカロイド版権曲が収録されていたが、コナオリ曲を書下ろし提供するのは今回が初。
---GITADORAでは無印収録の「天ノ弱」以来7年ぶり。

-''逆さま♥シンデレラパレード'' / メリー・バッド・メルヘン
--作曲担当はm@sumi。既にpop'n、ノスタルジア、REFLEC BEATに参加済。GITADORAへの楽曲収録はこれが初。

-''至上のラトゥーリア'' / Vanitas Lacrimosa
--作曲担当は藤田淳平(Elements Garden)。氏の関わった楽曲がGITADORAに収録されるのはMATixx収録の「ナイト・オブ・ロンド / 日向美ビタースイーツ♪」以来2作ぶりとなる。

-''ROOM'' / Blanc Bunny Bandit
--一部作詞と作曲担当はやぎぬまかな。バンド「カラスは真っ白」(解散済)のボーカルで同バンドの楽曲はCHUNITHM、maimai、jubeat plusに収録されていた他、「バンめし♪」のプロジェクト立ち上げ当初から複数の楽曲制作を担当している。GITADORAへの楽曲収録はEXCHAIN収録の「おにぎりディスコ」以来となる。

**ENCORE STAGE / PREMIUM ENCORE STAGE専用曲 [#en_pren]
-今作もENCORE / PREMIUM ENCORE専用曲にムービーが付いていない。

2019/10/02配信(稼働初期)
-''The ULTIMATES -reminiscence-'' / BEMANI Sound Team "Yvya"
--メドレー曲「The ULTIMATES」の最新作。
--構成曲は「ジュピターガンズノベル」(OverDrive)→「Crazy Blooms」(GITADORA無印)→「かつて描いた夢は、今も色褪せぬまま。」(EXCHAIN)→~
「ギタドラシカ」(Re:EVOLVE)→「triangulum」(Matixx)→「Anathema」(Tri-Boost)→「Aion」(Matixx)。曲の最後に再度「ジュピターガンズノベル」が引用される。

-''ECLIPSE 2'' / BEMANI Sound Team "Mutsuhiko Izumi" 
--GF 2ndMIX Link ver.初出の「ECLIPSE」の続編曲。前作から実に''20年ぶり''に登場した。
---なお「ECLIPSE」はGF6thで削除され、その後、V6で復活しているが、GF専用曲ということもあり新譜面での復活は果たせていない。XG2まではクラシックモードで旧譜面がプレー可能だった。
--余談だが、[[ツイッター上の情報>http://twitter.com/vannin168/status/1209065339008339971?s=21]]により''泉陸奥彦氏は2019/11をもってKONAMIを定年退職した''ことが明らかになった。氏の退職が判明するまでに発表された曲としては最後の楽曲となった。

2020/01/01配信
-''Slip Into My Royal Blood'' / BEMANI Sound Team "あさき"

2020/03/15配信
-''MODEL DD13'' / BEMANI Sound Team "Mutsuhiko Izumi"
--MODEL DDシリーズのナンバリング最新作。
---泉陸奥彦氏退社後初の新規楽曲だが、名義にBEMANI Sound Teamが付与されているため、在籍中に制作していたと思われる(退社した社員が在籍中に制作していた楽曲はBST表記になることがDDRで判明している)。氏がKONAMI在籍時に制作していた曲としては現状最後の楽曲である。
--DD12を飛ばしている点については[[Tri-Boost Re:EVOLVE稼働記念インタビュー>http://p.eagate.573.jp/game/bemani/fansite/p/report/2016w/report04.html?page=2]]にて「11の次は13にしようかな」「順番通り行く必要は無い」と発言しておりこれに沿ったか、あるいは時期的にDD11と本曲の間にpop'nに登場した「BabeL 〜MODEL DD101〜」をDD12として扱っている可能性がある。
//--数字上前の「MODEL DD12」という楽曲は存在しないが、欠番となっている意図は不明。
--MODEL DDシリーズで速度変化のある曲はDD11に続き本曲で3曲目。ただし、DD11はイントロの低速のみの速度変化であり、本曲のように頻繁にBPMが変化する意味合いでは異色といえる。
--シリーズで専用ムービーがない曲はDD10に次いで2曲目。
--&color(red){[GF赤B]};&color(purple){[GF紫B]};赤譜面よりも紫譜面の方がノート数が少なくなっている。

2020/06/12配信
-''天泣'' / BEMANI Sound Team "meteorologists"
--曲名の読みは「そらなき」と思われる((ユーザーサイトの曲別成績にて「空色デイズ」と「ソリッド」の間に位置する))。
--アーティスト名の"meteorologist"は気象学者のこと。正体は現時点で不明。
---(未確定)曲調やジャケットがjubeat propの「霖が哭く」と構図が似ていることからPONの可能性がある。
---また、meteorologist''s''と複数形になっているため、合作の可能性がある。

2020/09/09配信
-''Stargazer'' / BEMANI Sound Team "asaki"
--あさきがローマ字名義で曲を提供するのはREFLEC BEAT VOLZZAの「NIRVANA」以来2曲目。([[告知>http://twitter.com/Asaki_Honmono/status/1303653146523136001]])
---ただし、その「NIRVANA」の時の名義はAsakiに対し、今回は全て小文字表記。
--遅れて同月にjubeat festoにて奇しくも文字の大きさ違いで同じ綴りの曲名(StaRgAZER / BEMANI Sound Team "TAG")が収録されているが、全く別の曲である。
--&color(purple){[GF紫G]};最高レベルの&color(red){''9.99''};となっている。

**イベント解禁曲 [#event_unlock]
***新曲xx曲クリア隠し曲 [#clear_secret]
2019/10/02配信(稼働初期)
-''純真可憐デザイア'' / BEMANI Sound Team "HuΣeR" feat.Fernweh
--beatmania IIDX 25 CANNON BALLERSからの移植曲。
---同作初出のオリジナル楽曲が他機種に移植されるのはこれが初となる。
--漢字の読みは「じゅんしんかれん」。意味は邪念や私欲などがなく清らかで、素直で愛らしいこと。
--ジャケットのキャラクターは「サリュイス」。beatmania IIDX 22 PENDUALの「Entelecheia」のレイヤーでルシェの護衛の天使として登場したのが初出。
---当楽曲の専用ムービーも移植され、サリュイスと共にルシェも堕天前(黒髪、白い羽)と堕天後(金髪、黒い羽)で登場する。
--移植元のIIDXにはジャケットが存在しないため、過去にBEMANI Fan Siteの[[CHECK!SONGS 2017/12>http://p.eagate.573.jp/game/bemani/fansite/s/music/201712/]]で本曲が紹介された際、ジャケットが作られていた。本機種のジャケットはそれと異なる新規のものになっている。

-''十界'' / あさき
--REFLEC BEAT groovin! Upperからの移植曲。(悠久のリフレシアでも復活済)
--同機種で開催されたPASTEL WONDER QUEST内の期間限定ワールド「あさきの世界」の最終解禁曲だった。同イベントにおける5曲のうち唯一のREFLEC BEAT単独初出曲(残りの4曲はすべて移植曲)((「蛹」(リマスター)、「ツミナガラ...と彼女は謂ふ」(リマスター)。同機種では「蛹 再」「ツミナガラ... と彼女は謂ふ -再-」として収録))。それぞれEXCHAINで移植されたが、最後に残った本曲は本機種で収録されることになった。
---本楽曲はCD・配信共に未だ音源化されていない。EXCHAINのサントラでも収録されなかった。
--曲名の「十界」(じっかい)の意味は仏教の天台宗における用語で人界、天界、地獄界、餓鬼界、畜生界、修羅界の六道に加え、悟りの過程を表す四聖(声聞界、縁覚界、菩薩界、仏界)を加えたものを指す。

***イベント熟練度解禁曲 [#event]
2020/01/08配信(最速解禁日)
-''Street Runner'' / 古川もとあき
--GuitarFreaks V & DrumMania Vからの復活曲。

2020/08/12配信(最速解禁日)
-''Keiko my love'' / Jimmy Weckl
--GUITARFREAKS 8thMIX & drummania 7thMIXからの復活曲。
--ムービーも復活収録(編集あり)されている。

***NEXTRIAL [#NEXTRIAL]
PHASE1 2019/10/09配信
-''彼女は快刀乱麻(GITADORA ver.)'' / mami
--pop'n music ラピストリアからのアレンジ移植曲。
--作曲はPON。氏の1st ALBUM「Power Of Nature」のアルバム書き下ろし曲。
--mamiの楽曲がGITADORAに収録されるのは無印GITADORA収録の「情操ディストピア」以来5年ぶり。
--同機種を中心に行われた連動イベント「[[PONの運命浄化計画>連動企画/PONの運命浄化計画]]」の最終解禁曲だった。同イベントではGITADORA側でpop'n music ラピストリアから「煌-灼熱の裁き-」が移植されていた。
--ジャケットは「運命浄化計画」で全解禁した際に表示されるものを使用。ジャケットのキャラは「乱麻」。pop'nでは本曲の担当キャラを務めている。

PHASE2 2019/10/16配信
-''拍子迷宮2'' / Rookie.F
--Re:EVOLVEデフォルト曲である「拍子迷宮」の続編にあたる楽曲。
--前回と同様に曲中の拍子が目まぐるしく変わる曲となっている。拍子の変化は5/4→6/4→7/4→6/4→11/4→5/4→3/4→5/4→15/4→12/4→5/4となっている。

PHASE3 2019/11/15配信
-''オトベアえかきうた'' / オトベア+璃音
>&color(dimgray){''これを覚えれば、誰でも簡単にオトベアを描けるようになるよ!?''};
<
--「いちかのBEMANI投票選抜戦2019」のマニフェストの1つ。「オトベアのテーマ曲」のイメージから作られた楽曲。
--「絵描き歌」をテーマにしたギタドラ曲は本曲が初。
---ちなみにBeatStream アニムトライブ(稼働終了)に収録されていた「CHERNOBOG」は5th KAC決勝戦での出現演出の際に「タカハシサンのえかきうた」というフェイクジャケットが使用されていた。
---pop'n music 14 FEVER!収録「ゆるポップ / あつまれ!ビーくんソング」の冒頭部分はビーくんの絵描き歌になっている。

PHASE4 2019/11/20配信
-''chaos eater -GITADORA edition-'' / 猫叉Master+
>&color(dimgray){''混沌とした世界に抗うか……流されるか……決めるのはあなた自身。''};
<
--DanceDanceRevolution(2014)からのアレンジ移植曲。既にbeatmania IIDX 23 copulaにも移植されている。
--移植元ではイベント「Replicant D-ignition」の解禁曲だった。2015/12/24より無条件解禁されている。同イベントの楽曲はGITADORAでTri-Boostにて「Sand Blow」が移植されている。
--IIDXのムービーは専用レイヤー付きの移植だったが、本機種収録版は汎用に変更されている。

PHASE5 2019/12/04配信
-''ヘンテコ'' / 豚乙女
>&color(dimgray){''「いつか」を「いま」にする為に、一歩でも二歩でも……進め!''};
<
--EXCHAIN収録の「透明ジャスティス」に続く楽曲提供となる。
--配信に先駆け、2019/11/26配信のBEMANI生放送(仮)にて豚乙女のメンバーであるコンプ氏が実際にプレーしていた。

PHASE6 2020/02/05配信
-''MU-DAI'' / 小野秀幸
--GuitarFreaks V5 & DrumMania V5 Rock to infinityからの復活曲。

PHASE7 2020/02/12配信
-''Sweet Anniversary'' / AiLi

PHASE8 2020/07/22配信
-''透明な花'' / MiA feat.戦慄かなの&S!N
--戦慄かなのはかつて女性アイドルユニット「のーぷらん。」「ZOC」に所属し現在は自身によるプロデュースユニット「femme fatale」で活動中の女性アイドル・実業家。
--S!Nは2010年頃から動画サイトで歌い手として活動した後に2016年よりメジャーデビューを飾った男性ボーカリスト。
---戦慄かなの、S!N共にBEMANI参加は今回が初となる。

PHASE9 2020/08/12配信
-''星屑のフラワーレター'' / ひまわり*パンチ

***STEP UP MISSIONS [#STEP_UP_MISSIONS]
PHASE1 2019/10/24配信
-''愛という名の花をあなたに'' / BEMANI Sound Team "歌劇団レコード"feat. ミーウェル&天塚ゆうひ
>&color(dimgray){''「愛があれば何も怖くはない…」''};
<
--劇団レコードの楽曲は過去にpop'n music ラピストリア収録の「歌劇 月夜のアラビア」で本名義に存在している「歌劇」を冠していた楽曲を提供していた。
---本曲は同曲の流れを継いでいる「歌劇シリーズ」と思われる。
--ミーウェルは主にオペラやミュージカルの楽曲を制作している女性シンガーソングライター。
---「クイズマジックアカデミー 輝望の刻」OP曲「Milky Way Star」の歌唱も務めた。
--天塚ゆうひは音楽ユニット「ミステリーガールズプロジェクト」にて「JURI」(ジュリ)として所属している女性ボーカリスト。([[twitter>http://twitter.com/MGPJuri_AMTKUHi]])

PHASE2 2019/11/06配信
-''obsession'' / RENO
>&color(dimgray){''脳裏に焼きつくその旋律は、僕達に何を語ろうというのか''};
<
--EXCHAIN収録の「Hidden Emotions」に続く楽曲提供となる。
--「obsession」は「執着」「強迫観念」といった意味。
--こちらも2019/11/26配信のBEMANI生放送(仮)にてRENO本人による実機プレーが披露された。

***NEX+AGE Quest [#NEXQUEST]
第1弾 2019/12/11配信
-''The Escape'' / RENO feat.夕霧
--夕霧はロックバンド「DaizyStripper」のボーカル。

第2弾 2020/01/15配信
-''未練タラッタ'' / BEMANI Sound Team "TAG" feat. ヒイラギリオ
--作詞もヒイラギリオが担当。([[ヒイラギリオの告知>http://twitter.com/HiiragiRio/status/1217726612155719680]])/([[TAGの告知>http://twitter.com/tag_underground/status/1217060709646733313]])
---ヒイラギリオがGITADORAに楽曲参加するのはこれが初。自身の改名後(旧芸名:柊木りお)ではBEMANIシリーズへ初参加となる。

第3弾 2020/06/03配信
-''ピンクのボーダーライン'' / BEMANI Sound Team "Yvya × OJ" feat. ななひら
--YvyaとOJ(肥塚良彦)がコラボするのは本曲が初。
--ななひらはBEMANIでは主にSOUND VOLTEXにてかめりあ作曲の楽曲のボーカルを務めており、GITADORAではMatixx収録の「夢色☆スパイラル!!!!!」にて初参加。
--余談だが、[[公式楽曲紹介>http://eam.573.jp/app/web/post/detail.php?post_id=17118288]]では「春SONG」と紹介されており、本来であれば
3月下旬〜4月頃に収録されるものであったと思われる。

***サンキュー! ギタドラ21st感謝祭 [#gitadora_21st]
2020/03/04配信
-''Burn Burn Burning'' / Super Momo Tarosans
--楽曲とジャケットのイラストはあさきによる書き下ろし(本人のツイート([[1>http://twitter.com/Asaki_Honmono/status/1235555882135519233]]/[[2>http://twitter.com/Asaki_Honmono/status/1235557135724904449]])より)。また、Super Momo Tarosansの正体はあさきと他複数名による合作名義の可能性が高い。
---璃音のCVを担当する神崎ミサが同楽曲の紹介ツイートをリツイートする形で告知しているため、ボーカルを同氏が務めている可能性がある。([[当該ツイート>http://twitter.com/misa_kanzaki_/status/1235088194779021312]])
--[[スキ! MONTHLY RANKINGの2020/03>http://www.youtube.com/watch?v=2w1YVyvPWUM]]において1位を獲得した。

-''Flow'' / PARALLEL FLOATERS
--GuitarFreaks V & DrumMania Vからの復活曲。
---PARALLEL FLOATERSは作曲:TOMOSUKE、ボーカル:入尾信充の合作名義。GF8th & dm7thに同名義で「Infinite」が収録されている。
---V当時のイベント「ギタドタワー」最後の隠し新曲となっており、アンコールであった「Infinite」と並んでエンディング的な立ち位置となっている。
---DDRに同名の曲があるが、無関係。
---作曲者のTOMOSUKEは当初、この曲に「無限軌道」と名付けようとしていたが、すでに同名の曲が存在したため曲名を変更したというエピソードがある。

-''無常の星'' / P-Bombers
--GuitarFreaks V & DrumMania Vからの復活曲。
---P-Bombersは肥塚良彦、中村康三、Jimmy Wecklの3人によるユニット。同じユニットで続編曲の「無言の街」(CS V3/AC V5)がある。
---ムービーも収録されたが、元がV時代の縦長サイズであるため、一部拡大HD表示されているシーンを除き、復活LONG曲のように元のムービーを3つ横並びにして対処している。

2020/03/15配信
-''君のとなりに・・・'' / Handsome JET Project
--GUITARFREAKS 6thMIX & drummania 5thMIXからの復活曲。
--BPM表記こそ223ではあるが、終盤に加速しているため速度変化がある。

-''NO MORE CRYING'' / Brenda Vaughn
--GuitarFreaks V & DrumMania Vからの復活曲。
--作曲は泉 陸奥彦。

***ギタドラを友達と一緒にプレーしよう!!キャンペーン [#playwithme]
2020/07/08配信
-''蠅の王'' / BEMANI Sound Team "あさき"
--曲名の「蠅の王」は暴食を司る悪魔「ベルゼバブ(Beelzebub)」と思われる。
---過去に氏はbeatmaniaIIDX 19 Lincle「Scharfrichter」(ASHEMU名義)にて同じく七つの大罪の悪魔をモチーフにした楽曲を提供していた。

-''Alnilam'' / BEMANI Sound Team "Yvya"
--「alnilam」(アルニラム)はオリオン座ε星の固有名。星座の中間を構成する3つ星の内、真ん中に見える2等星。
---アラビア語で「連なり」や「数珠つなぎ」といった意味の単語を語源としている。

-''Kramer Strat'' / BEMANI Sound Team "R & R SHOXX"
--GITADORA Matixx初出の「7th Floor / BEMANI Sound Team "R & R Circuit"」にアーティスト名義が似ているが、関連性は不明。

-''無言の街'' / P-Bombers
--GuitarFreaks V5 & DrumMania V5 Rock to Infinityからの復活曲。初出はCS V3。
--今作にて復活した「無常の星」の続編に当たる曲。
--「無常の星」同様、V時代のムービーが一部拡大表示+元ムービー3つ横並びという構成で復活収録されている。

-''CLASSIC PARTY triathlon'' / 小野秀幸
--GUITARFREAKS 6thMIX & drummania 5thMIXからの復活曲。
--CLASSIC PARTYシリーズでは初のLONG曲。
--本曲が復活したことにより、未復活のCLASSIC PARTYシリーズは「CLASSIC PARTY 復活。」のみとなった。
--ムービーも復活収録されているが、新たに書き起こしたと思われる1枚絵やオトベアが追加されている。

***あつい夏こそギタドラだ!キャンペーン [#hot_summer]
2020/08/19配信
-''Hello Summer'' / BEMANI Sound Team "ビーチパラソルズ"
--(未確定)XG3収録の「夏・KOI・ムッシュ!!」のアーティスト名「ビーチサンダルズ」(肥塚良彦、ショッチョー)と表記が似ていること、また、ボーカルの声質より、本曲も上記2名が参加・歌唱している可能性が高い。

-''ありがとね。'' / MAKI
--GUITARFREAKS 5thMIX & drummania 4thMIXからの復活曲。
--作曲は桜井敏郎。

-''すてきな雨あがり'' / 寺島純子
--GUITARFREAKS 7thMIX & drummania 6thMIXからの復活曲。
---初登場時はNONSTOP MODE限定で選曲可能だった((他に「スイマーズ」(GF8th&dm7thで通常解禁)と「WILD RIDE」(GF11th&dm10thで復活)が該当))。そのまま次回作で削除され、その後GuitarFreaks V & DrumMania Vのギタドタワー隠し曲として復活した経緯を持つ。今回で2度目の復活となる。
--作曲は古川もとあき。

2020/09/09配信
-''In control'' / RYDER
--GuitarFreaks V5 & DrumMania V5 Rock to Infinityからの復活曲。
--RYDER(松井亮とTim Jensenの合作)名義の1作目の曲であり、松井亮のギタドラデビュー曲。
--本曲の復活によりRYDERの楽曲がすべてプレー可能になった。

-''She's the Bug'' / RR Band
--GuitarFreaks V6 & DrumMania V6 BLAZING!!!!からの復活曲。
--題名や歌詞に登場する"Bug"は「虫」でなくゲームなどの「バグ」(glitch)の意味で使われている。
--作曲は96。([[告知>http://twitter.com/kuro_96chang/status/1303543546687836160]])

***NexChallenge [#NexChallenge]
-''&color(deepskyblue){[BSC]};のみ無条件解禁''・&color(darkorange){[ADV]};以上の譜面は要解禁

&aname(banmeshi_FGP2);
2020/09/23配信
-''追憶のアリア'' / Blanc Bunny Bandit
--メディアミックス企画『[[バンめし♪>http://www.konami.com/games/banmeshi/]]』の「[[バンめし♪ふるさとグランプリ>合同イベント/2020年#banmeshi_FGP]] ROUND2」より登場。
---本機種はROUND2結果発表後からの配信となるため、楽曲部門の審査に影響しない。
--機種共通の楽曲雑記は[[別項>合同イベント/2020年#music_memo]]を参照。

2020/10/14配信
-''NEX+AGE'' / BEMANI Sound Team "Yvya"
--NEX+AGEのシステムBGM。
---GITADORAシリーズにシステムBGMが収録されるのはXG収録の「X-treme Grade」以来となる。

***The 9th KACエントリー特典 [#the9thkac]
-「[[The 9th KONAMI Arcade Championship>公式大会/The 9th KONAMI Arcade Championship]]」で本機種にエントリー後、機種のプレーで解禁。~
(解禁可能期間:2019/11/27 10:00〜2020/01/07 18:00) 
--機種共通の楽曲雑記は[[別項>公式大会/The 9th KONAMI Arcade Championship#rankerkillergirl]]を参照。

2019/11/27配信
-''ランカーキラーガール'' / 中島由貴 × いちか

***おとどけ!トロッコ大作戦 [#minecart]
-[[連動企画/おとどけ!トロッコ大作戦]]
--「Catapulted Arch」については[[別項>連動企画/おとどけ!トロッコ大作戦#music_memo01]]を参照。

2019/12/18配信
-''拙者拙者拙者拙者'' / ヒゲドライバー & ゆよゆっぺ
--jubeat festoからの移植曲。
---同作初出のオリジナル楽曲が他機種に移植されるのはこれが初となる。
---移植元ではemoSAPO送信量1,000,000 emo達成によりe-amusement pass使用のみでプレー可能。
--ゆよゆっぺの楽曲がGITADORAに収録されるのもこれが初。
---既に収録されている版権曲ではTri-Boostで収録された「メギツネ」の編曲を担当していた。

-''Fuego -GITADORA EDITION-'' / BEMANI Sound Team "Yvya"
--ノスタルジア Op.2からのアレンジ移植曲。
--原曲ではないが、Yvya単独名義でGITADORAに移植されるのはこれが初。

-''Catapulted Arch'' / BEMANI Sound Team "person09"

***いちかのBEMANI超じゃんけん大会2020 [#bjm2020]
-[[合同イベント/いちかのBEMANI超じゃんけん大会2020]]
--「ラブキラ☆スプラッシュ -GITADORA EDITION-」については[[別項>合同イベント/いちかのBEMANI超じゃんけん大会2020#music_memo]]を参照。

2020/06/15配信

いちかSELECTION
-''Invisible Farewell'' / BEMANI Sound Team "TAKA×PON×Akhuta"
--pop'n music peaceからの移植曲。
---同作初出のオリジナル楽曲が他機種に移植されるのは「BLAZE∞BREEZE」(SDVX VIVID WAVEへ移植)と共に初となる。
--同機種で展開されていた「ヴィジュアル」シリーズの流れを汲む楽曲。同シリーズは主にgood-coolやdj TAKAが楽曲を制作していたが、同シリーズの楽曲がpop'n以外の機種に移植されるのもこれが初。
--今作は「ヴィジュアル」シリーズの担当キャラクターとして登場していた「ユーリ」の他に彼以外のDeuilメンバーも担当キャラクターとして登場するため、彼ら3人を意識したソロパート→最後に全員歌唱パートで構成されている。
---TAKAはユーリ担当曲のAC8「[[ヴィジュアル3 / Late Riser>http://web.archive.org/web/20180926034619/http://www.konami.jp/bemani/popn/music8/music/visual3.html]]」((ただし当時は「白峯麗」名義での参加だった))、PONはアッシュ担当曲のうさ猫「[[@you>http://p.eagate.573.jp/game/popn/usaneko/p/musicchar/mcdetail/a_you.html]]」((かつてアッシュ担当曲のほとんどを担当していた新堂敦士を意識した歌い方となっている))、Akhutaはスマイル担当曲の&#233;clale「[[造花の貌>http://p.eagate.573.jp/game/popn/eclale/p/musicchar/mcdetail/m_zouka.html]]」をそれぞれ歌唱した経験があり、今回の歌い方や曲調もこれらの楽曲を意識したものになっている。
--移植元のpop'nでは「ポップンタイムトリップ ポップン2編 2」の解禁曲だった。現在は解禁不可。
--移植元のpop'nにはジャケットが存在しないため、「いちかのBEMANI超じゃんけん大会2020」公式サイトではジャケットがキャライラスト+バナーの流用となっていたが、本機種でそれと異なる新規のジャケットが採用されている。
---ジャケットに描かれているキャラは「ユーリ」「アッシュ」「スマイル」。pop'n側では3人がユニットとなった「Deuil(ドゥイユ)」として登場している。

ののSELECTION
-''Unbelief'' / BEMANI Sound Team "Anonymous"
--beatmania IIDX 26 Rootageからの移植曲。
---[[楽曲コメント>http://p.eagate.573.jp/game/2dx/26/newsong/40_unbelief.html]]
---同作初出のオリジナル楽曲が他機種に移植されるのは「Visterhv」(pop'n music peaceへ移植)と共に初となる。
--ジャケットは本機種が初。
--移植元のIIDXは蜃気楼の図書館で「第三の書庫」による解禁曲だった。HEROIC VERSEではトーンディスチャージャー購入による譜面単位で解禁となっている。
--GITADORA Matixxにて収録された「Aion」に続く「Anonymous」名義2作目の楽曲。
---(未確定)曲調やインストゥルメントの特徴から正体はあさきとの見方が強い。

みやSELECTION
-''clear:wings'' / かゆき
--SOUND VOLTEX VIVID WAVEからの移植曲。FLOOR「[[The 8th KACオリジナル楽曲コンテスト>http://p.eagate.573.jp/game/sdvx/sv/p/floor/original/24/index.html]]」採用曲。
--かゆきはヴィジュアル系バンド「[[龍-OROCHI->http://orochi.info/]]」のギタリスト。主にSDVXシリーズに楽曲を提供しているが、GITADORAではMatixx初出の「ミカヅキ:コネクト」以来の収録となる。
---なお、本人はDrumManiaで虹ネームを冠するほどの実力者でもある。
--下記の「[[FLOOR INFECTION>連動企画/FLOOR INFECTION]]」の2曲と違い、SDVXオリジナル楽曲を除くSDVX FLOOR採用曲が「[[FLOOR INFECTION>連動企画/FLOOR INFECTION]]」を経由せずにそのまま移植されるのはM&#218;SECA 1+1/2(オフライン化対応キット導入筐体のみ)にて2018/06/26に配信された3曲((「Everlasting Message」「STARDUST MERMAID」「Tomato Leaf Breaks」))以来で今回がMSC以外の機種で初の事例となる。((それ以外では2019/12/05にpop'n peaceにてFLOOR楽曲4曲を「[[AUTOMATION PARADISE>SOUND VOLTEX VIVID WAVE/AUTOMATION PARADISE]]」の機能でメドレーミックスした「SDVX REMIX SELECTION for pop'n music vol.01」が配信されている))
--移植元では2019/04/26配信の1曲目にも関わらず解禁条件がある。&color(#f33){[EXH]};までデフォルト、&color(#fff,#9ac){[MXM]};のみTRACK INPUTによる特殊解禁曲となっており、通常解禁されていない。
--ジャケットはSDVX側で難易度別だが、本機種では&color(#fff,#9ac){[MXM]};のジャケットで固定。

いちかの新曲
-''ラブキラ☆スプラッシュ -GITADORA EDITION-'' / BEMANI Sound Team "Sota F. × Yvya" feat.いちか
--本機種ではアーティスト名義が違うためか、収録当初はなぜか専用ムービーが収録されておらず、汎用ムービーになっていた。
---2020/07/06付のアップデートで本機種にも専用ムービーが入った。

***FLOOR INFECTION [#infection]
-[[連動企画/FLOOR INFECTION]]

第39弾 2020/06/18配信
--ジャケットはいずれもSDVX側で難易度別だが、本機種では&color(#f33){[EXH]};のジャケットで固定。
--2曲ともIV HEAVENLY HAVEN以降より&color(orange){[ADV]};までデフォルトとなっている。

-''Last Concerto'' / ke-ji
--SOUND VOLTEX II -infinite infection-からの移植曲。FLOOR「[[KAC2013オリジナル楽曲コンテスト>http://p.eagate.573.jp/game/sdvx/sv/p/floor/original/11/index_2.html]]」採用曲。
--同アーティストの楽曲はGITADORA収録の「Joyeuse」に続いて2曲目の移植となる。
--移植元のSDVXでは2013/12/27配信の1曲目にも関わらず解禁条件がある。IV HEAVENLY HAVEN以降より&color(#f33){[EXH]};のみTRACK INPUTによる特殊解禁曲となっており、通常解禁されていない。また、&color(#f60){[GRV]};はIII GRAVITY WARSよりBLASTER GATEでの解禁譜面となっている。
---III GRAVITY WARSまでは&color(orange){[ADV]};もSDVXステーションにおける特殊解禁曲だった。

-''EMPIRE OF FLAME'' / かめりあ
--SOUND VOLTEX III GRAVITY WARSからの移植曲。FLOOR「[[The 5th KACオリジナル楽曲コンテスト>http://p.eagate.573.jp/game/sdvx/sv/p/floor/original/19/index_3.html]]」採用曲。
--かめりあはbeatnation RHYZE所属のアーティスト。氏が単独で作曲した楽曲がGITADORAシリーズに収録されるのはこれが初。
---合作曲としてはGITADORA OverDriveの「Cleopatrysm」で参加済。また、楽曲演奏としてはTri-Boostより「元気くんバンド」(ベース担当)での参加曲がGITADORAに収録されている。
--移植元のSDVXではIV HEAVENLY HAVEN以降より&color(#f33){[EXH]};のみTRACK INPUTによる特殊解禁曲となっており、通常解禁されていない。
---III GRAVITY WARSでは&color(orange){[ADV]};もSDVXステーションにおける特殊解禁曲だった。

***おとどけ!トロッコ大作戦2 [#minecart02]
-[[連動企画/おとどけ!トロッコ大作戦]]
--「COSMIC SYMPHONY」については[[別項>連動企画/おとどけ!トロッコ大作戦#music_memo02]]を参照。

2020/07/03配信
-''Arousing'' / DJ TOTTO feat.吉河順央
--jubeat saucerからの移植曲。
---楽曲の登場から間もなくして連動イベント『パステルくんとスミス氏のRUNRUNマラソン!』を経由してREFLEC BEAT colette -Spring-に移植された経緯がある。
--移植元のjubeatではsaucerで「いまだけ楽曲」の解禁曲だった。Qubell以降はe-amusement pass使用のみでプレー可能。
--吉河順央のボーカル曲がGITADORAに収録されるのはGITADORAの「Speeders」(kors k feat.吉河順央)以来実に約7年ぶりのことになる。
--本曲は作曲のDJ TOTTOがBEMANI部署に異動してから初めて手掛けたボーカル曲でもあった。

-''La fame di Adria'' / BEMANI Sound Team "PON"
--ノスタルジア FORTEからの移植曲。
---既にpop'n music うさぎと猫と少年の夢にも移植されている。
--移植元では「MISSION BINGO」による解禁曲となっており、通常解禁されていない。

-''COSMIC SYMPHONY'' / OSTER project

***毎週!いちかの超BEMANIラッシュ2020 [#wbr2020]
-[[毎週!いちかの超BEMANIラッシュ2020>連動企画/毎週!いちかの超BEMANIラッシュ2020]]
--「Sparkle Smilin' -GITADORA EDITION-」「狂水一華 -GITADORA EDITION-」「Jetcoaster Windy」の機種共通事項については[[別項>連動企画/毎週!いちかの超BEMANIラッシュ2020#music_memo]]を参照。

いちかラッシュ~
2020/07/28配信
-''Sparkle Smilin' -GITADORA EDITION-'' / BEMANI Sound Team "Qrispy Joybox" feat.いちか
--ジャケットに「GITADOROCK」のロゴが加わっている。

2020/08/12配信
-''Shuffle cats'' / BEMANI Sound Team "猫叉Master"
--DANCERUSH STARDOMからの移植曲。
---同作初出のオリジナル楽曲がGITADORAに移植されるのはこれが初。
---移植元ではディスカヴァーミッションの解禁曲であり、通常解禁されていない。

2020/08/26配信
-''不可説不可説転'' / OSTER project
--jubeat Qubellからの移植曲。
---移植元では期間限定QUBE「2016 Summer dig dig 祭」STAGE 2の解禁曲だった。clanではjubeat SHOPもしくは伝導解禁、festoではemo MART入荷(30 emo)もしくは伝導解禁に移行している。
--曲名の読みは「ふかせつふかせつてん」。大乗仏教経典は華厳経に登場する最も巨大な数の単位のひとつであり、10を37218383881977644441306597687849648128(約37澗)乗した数。
--数の単位に関連する楽曲はTri-boost初出の「京」と「垓」が収録されており、その2曲の作曲者のcosMo@暴走Pによるとでかい数合戦という観点では本曲に完敗したとのこと。([[本人告知>http://twitter.com/cosmobsp/status/768076579897434117]])

2020/09/16配信
-''Truare!'' / Akhuta
--[[DanceDanceRevolution (2014)からの移植曲>http://p.eagate.573.jp/game/ddr/ddra/p/music/info_pickup_truare.html]]。
---移植元では「BOSS ON PARADE」最終解禁曲だった。同作終盤より無条件解禁。
--当時DDR初となるAkhuta楽曲だった。
--Truareはラテン語で「トゥルアーレ」と読む。Akhutaによると「掻き混ぜる」という意味合いとのこと。
---英訳すると「scoop」となるため、収録当時ユーザーの間で「特ダネ記事」等の意味の方の「スクープ」だとして広まっていたが、この単語は他に「すくい上げる、溝などを掘る」等の意味がある。

2020/09/30配信
-''狂水一華 -GITADORA EDITION-'' / BEMANI Sound Team "HuΣeR × Yvya" feat.いちか
--ジャケットにアレンジ名が加わり、アーティスト名義も他機種と異なっている(NOSと同名義)。

2020/10/07配信
-''Jetcoaster Windy'' / BEMANI Sound Team "dj TAKA" feat.のの

ののラッシュ~
2020/08/19配信
-''Step forward'' / 桜庭 統
--REFLEC BEAT 悠久のリフレシアからの移植曲。
---移植元では「The Treasure of Reflesia」の解禁曲だった。2017/12/21より無条件解禁に移行された。
--ジャケットに登場するキャラは「リオネル」。キャラカードにも登場している。
--移植ではあるが、桜庭 統の楽曲がGITADORAに収録されるのはOverDrive収録の「Quarrel and Harmony」以来6年ぶり。

2020/09/02配信
-''カヨワキコイノウタ'' / 神崎ミサ
--ノスタルジア Op.3からの移植曲。
---同作初出のオリジナル楽曲が他機種に移植されるのはこれが初となる。
---移植元ではOp.3稼働時よりデフォルト曲となっている。
--神崎ミサはGITADORAシリーズのマスコットキャラクター「ひまわり*パンチ」の璃音として活動している。本名義では今回が初参加となる。
--作曲は肥塚良彦。

2020/09/09配信
-''ぱんだしんけん1、2、3〜ちえ!おっしょさんにはかなわないや!〜'' / おひさまくらぶ
--BeatStream アニムトライヴからの移植曲。ただし、移植元のBSは既にサービス終了済のためプレー不可。
---既にjubeat Qubellにも「[[BeatStreamのあの曲達がjubeatでも遊べちゃう!>jubeat Qubell/隠し要素/BeatStreamのあの曲達がjubeatでも遊べちゃう!]]」にて移植されている。
---BeatStreamシリーズ初出の楽曲がGITADORAシリーズに移植されるのはこれが初となる。
--[[公式ムービー紹介>http://p.eagate.573.jp/game/beatstream/animtribe/p/music/movie/panda.html]] (2016/01/21公開)
---公式MV:[[YouTube>http://www.youtube.com/watch?v=h9r4n6wmN9c]]/[[ニコニコ動画>http://www.nicovideo.jp/watch/1453268192]]
--おひさまくらぶの正体はあさき。(公式紹介で判明)
--あさき曰く、友達の子供と遊んでるときに、あさきが適当に歌ったスーパーオリジナルキューティクルソングをカタチにしたものとのこと。([[あさきのツイート>http://twitter.com/Asaki_Honmono/status/690491058300387328]]より)
--曲名の「1、2、3」は「イー、リャン、サン」と読む模様([[BE生第119回>http://youtu.be/Y3_qMWdKk28?t=1h19m34s]]より)。
--使用されているムービーはBSとほぼ同様だが、ラストの「ビートストリーム動画制作ラボ」のロゴ表示のみカットされている。
--BS側で難易度別に色違いジャケットを採用していたが、本機種ではjubeatと同じく&color(#ff1683){[BEAST]};のもので固定。
---そのため、ジャケットに当時難易度を示していた「びいすと」の文字がそのまま残っているが、「BeatStream」の略とも解釈できるため敢えて残された可能性が考えられる。

Site admin: iMp95
mail : imp@callusnext.com (←@を半角に)