#include(jubeat festo/Contents,notitle)
#contents

//note:複数形でnotes という単語に対して「"総ノーツ"数"」と書くことに違和感を覚えましたので一律で「総ノーツ」に書き換えました。(複数形表現が重複することから。機械的にやっているので漏れあれば申し訳ございません)
//複数形になる時点で”絶対的に1個で数えられない”は自明なので、それに対して複数形表現が2つ重なることが違和感です。この辺りは感覚なので説明が難しいですが……
//とはいえ少なくとも表現の統一として”意味合いの被りが生じる”総ノーツは明らかに不敵という認識です。

//●注意事項
//・マーカーに合わせてパネルをタッチする回数の合計については「ノート数」と記述して下さい。以前は「チップ」(←公式による呼称(knitの称号"すこんぶ"より))、「ノート数」の2つの表記がありましたが、チップと呼ばれることの方が少ないので「ノート数」に統一しました。
//・【COの削除、解説文章の即時削除、COを経ない曲提案の削除は厳禁です。】文章の削除を行いたい際は一度COにその理由をCOで書き込み、必ず議論を経てから削除してください。このページの存続にかかわる問題ですから、必ず守ってください。
//
// 9/14:注意事項の文章をfesto以降の現状に合わせて一部削除しました。

//詐称・逆詐称・個人差譜面表と、スコア難・接続難譜面リストには新曲が一つも入ってないみたいだけど、新曲はこれらに入れる必要はないのだろうか?
//表もスコア難もテスト要素強かったはずなので。
//ただ今作の場合は難度付けがスコアの方が重め(愛無双などロケテから上がってる曲があるので全面ではないはず)なのでそれをどうするか問題のほうが大きい。すぐには曲を突っ込めない。

//あと、正直BSC/ADVで分けての表示をする意味があまりわからない。どうせ前作リストは全く使えないので今なら変えられるし提案。
//↑賛成。あと、それが前提となっている以下の議論でも異論は見られないので、まずはこのページをレベルで分けての表示にします

//旧曲詐称・逆詐称・個人差譜面リストを作る場合、BSC/ADV/EXTでページを3分割するか、Lv1〜8とLv9以上でページを2分割した方がいい。このまま普通に作ろうとすると絶対容量オーバーでページ編集不可能になる。
//これについては上にも絡むけどやるならLv8/9での分割提案。というのも小数点があるなしでやや方向性が違うようにも見える(個人の意見だが)ため。9〜10の変更は多いが8以下は少なく、8以下はクリア目線、9以上がスコア中心の目線と考えると若干の妥当性が生まれるように感じるため(スコア易ADVの9→8はかなり目立つ)

//Lv9以上の基準をどうするか(スコア基準へのシフト)
//今作のレベル付けはS付近の取得難易度を重めに見ていると思われる。(”恐らく” Cと(鳥〜)EXC付近は難易度影響は弱め。)
//よって前作までのクリア目線から転換して、今作の基準ならスコアを乗せる必要があると思われる.

//一方で、スコア難/易、クリア難/易、鳥〜EXC難をすべて盛り込むと間違いなく壊れる(neuあたりで、これをすべて満たす曲が発生するし2つはいくらでも生じる)
//よって同時に記述することを諦めて、完全別個で記述すべきか?(前作のような併記無し。リンクは許容)
//意見求む。
//
//リストでの表記は「クリア難易度(ボーダー70万点)のみ」だよね?clanで降格したことによって詐称評価になった譜面は、いくつかスコア目線で書かれているのがあるからなぁ…。前作以前で残された記述が本当に全部適切なのかがわからない。
//↑『リストでの表記』、とここで言ってるのはclan以前についてということでいい?それともなんでfestoになってスコア云々言ってんのって話?
//後者なら、レベルクリア→達成率基準に変わってリストの前提が変わったGITADORAと同様に、スコア難度で難易度を処理したほうがいいよねって提案。
//あとclanの降格→詐称曲ってWWしかないはずだけど。それとclanリストのスコア表記は基本的に“クリア難度について記載に値する”上での併記だから全く関係ない

//(その場合分け方はこんな感じで(8/9分割前提))
//Lv9〜10リスト(''スコア''詐称・逆詐称/クリア難易度)
//Lv8以下リスト(''クリア''詐称・逆詐称/スコア難)
//
//↑Lv8以下はそうすべきだと思います、挑戦段階の人が多数いるでしょうから。
// Lv9以上のも良いと思います。が、「Lv9・10、スコア基準の詐称・逆詐称」でピンと来る具体例が浮かばなかったので、そちらの考える対象を挙げて下さると助かります
//↑9詐称ならgo!go!maniac、ハンガリー舞曲、Condorなど多数。というか多分"clan以前基準での9はあくまで9.Xと扱っている"状況に見えるので9の方が該当が多いはず。10は確かに該当少なく寧ろEXC難のほうが目立つ(オバヒジョマンダが筆頭)。
//但し逆に言えば「スコア基準の詐称逆詐称が目立たない(クリアのほうがちぐはぐになっているように見える)」=「スコア基準で付けられている前提の証拠」と言えるはずなので提案した次第。提示できる曲数が少ないことは必ずしも「スコア難度基準の表示を先に考える」必要性の否定にはならないと考える。
//↑なるほど、納得しました。その方向で行けば、前回の改定のように議論が多発することはなさそうですね。
// 9/10の基準がよくわからんけど、基準となるRATINGはいくらなんですか?
// (クリア基準の評価と別に特定のRATINGでの評価もあるとかならいいけど)
//想定自体はSだろうと書いてる。但し傾向見ての憶測(一番乖離が少なくなるスコア帯想定)な上にクリア難度も少しだけ混じってる想定(愛無双上方および10.6付近の下方修正あたり)証拠出せと言われたら公式発表以外無い、無理とだけ。
//またクリアを設定しろ云々という話に関しては最初から“クリア難度についても別途分けて作る”ときちんと書いている。ここまで止めてるのはいくら何でもクリアだけ作るのは無理があるからであって、議論が終わってしまう等すればクリア記述を止める意味はどこにもない。
//数値に関しては“クリアで見れば”ぶっ壊れてることは理解してるけど、公式がそもそもクリア以外の前提にしたであろうものを第一に設定する理由はないと考える(GITADORAの変更と同様)。基準がわからないと言われても仕方はないと思うが、少なくとも基準は70万点1本ではない状況(クリアだけで見るなら、同時押し主体曲があまりにも低すぎる上に乱打曲は高め)。

//(8以下及び、9/10上位除く)非個人差に関しては、0.2or0.3段階以上離れている想定のみ記載を提案。
//個人差系は別途議論。まあかなりの曲を載せる勢いになりそうで怖いけど……

// 今回MUSIC RATEなんてものができたけど、クリアはしてるのに50%台とかざらで難易度評価には使えなさそう
// (GITADORA達成率計算式のMAX COMBO率の比重がさらに大きくなっている感じ?jubilityのページにある式ではあまりにもGREAT以下の減衰が酷すぎる)
// ※本音としては、こういう議論だけのために(表面上何も変更点がないのに)
//  編集するのは嫌なのだが、既に旧曲で重大レベルの事案が2組存在する模様
//↑嫌と言われてもこればかりは仕方ないのでは?嫌だろうが一切の方向性に対する議論を無視してその議論ぶち壊すような更新されるのはちょっと、という感じなので議論に対してどう思ってるかぐらいは描き加えてもらいたかったです。
//ちなみにページ名称が変わりうる(上で提案しているのが通った場合)から作成済のコピペだろうが旧曲側はページ自体作りたくなかったと個人的な意見。
//この議論ほっぽって基準のわからん(現状クリアだろうけど)解説追加も始まるでしょうし、正直こちらで話ができる状況なら旧曲ページは現状白紙(削除)にしたいのですがどうですかね。
//↑削除賛成。でも議論に時間がかかっているのも事実で、議論飛ばしてページ作る側の気持ちも分からなくはない。(そういう人が議論に参加してくれれば万事解決するんだけどね)
//「1~8はクリア基準・9、10はスコア基準」について異論は今のところないとみられるので、せめて(以前と基準が変わっていない)1~8だけでもコピペで作成してもいいんじゃないでしょうか?
//「1〜8に関しては」クリア基準に異論はないと思うのでこれ自体はページ作成行います。

// 9以上は下位・中位・上位と公式に分類されてる(ただし実情が合ってるとは言ってない)けど、
// 8以下もそれに合わせて逆詐称&下位/特記事項あり(今まででいう個人差枠?)/上位&詐称ぐらいのカテゴリ分けはするんですかね?
// (もっとも、9以上でも数値上の分類で見ておかしいケースがある(重大事案2件は9と10で1組ずつ確認)が)
// あと、1〜3/4〜6/7〜8/9〜10(これは9/10個別でも)と湧ける必要もありそうな量になったりしませんかね?
//そのあたりの表記自体はclan以前にもあったので変えないでいいという議題がわからない。
//8以下に関しては『9ADV→8落ち』以外は寧ろ変動少なく更にはクリア優先と見ている。
//clanからの大変動は事実上9ADVだけなので、わざわざ表記を増やしに行かなければ前作から記述量が極端に増えるとも思わない。
// ↑ふと思ったんだけど、新旧で線引きせず1〜3/4〜6/7〜8/9〜10(これは9/10個別でも)で分けるって手もあるんじゃないかと思って。
//  (ついでに誤字と思われる箇所訂正)
//新曲ページは閲覧/編集共に分かりやすくするためのものでもあると思っているので個人的にマスト。
//あと理由のよくわからない細分割よりも1-8/9-10と、難易度数値に対してはクリア(1-8)スコア(9-10)基準に関する分割で問題ないか(別途クリア難等は作る)のほうがマスト。そこさえ決まれば追加分割は問題なく議論に乗せられる(※分割自体に賛成という話ではない)のでそっちに不満がないかさえ教えてほしいところ。
//現状議論参加は自分含め3名しか見えてない認識だしさっさと終わらせたい、話題膨らませても終わらんので。
// 8以下においてさらなる分割が必要になった場合のボーダーは、MATCHING/RANDOMの難易度範囲に合わせるならこうかと。
// あとは、9以上において「RATING C基準だと逆詐称、別基準だと……」ってのがどういう扱いになるのかがわかんない(重大事案のうちLv10の方の逆詐称側がちょうどこんな感じか)。
//分割の話は後って書いたじゃん……これはまだ最悪あとからどうにかなる。
//あと一応今までの問答も全部記述済み、『クリアスコアは完全独立ではないか』と質問系とはいえ書いてる。ついでに匂わせてただけだから明記すると『クリアに関しては難易度数値が沿ってないので比較は無意味』、表示が表示なので注意はわかるけどその数値前提の議論は危ないと考える
//そもそも、元がclan基準逆詐称の凛花原曲はまだともかくクリア目線難易度逆転というだけで渚をクリア目線逆詐称表記しようとしてたのも如何なものかと、あれ普通に10なので。愛無双アネモネ他同時押し主体譜面とかの数値のほうがクリアならよっぽどヤバい。
//話はそれたけど、8/9分割最大の理由が難易度設定が変わる(9以上はスコア基準でなければ難易度数値を推定できない)という話だから、それ以外の議論は現状困難。
//クリアの難易度推定に使えないほど公式難易度設定はスコア(S)寄りかどうかだけが論点。
//これを認めるか否か、がない限り他の話への派生は無理。(認めない上で他の代替案を出すならいいけど、ここまで問答して同じ人間の分からん連呼は話が終わらない)。せめて何が認められれば“賛成”、何が認められない限り“反対”と言ってもらわないと暫定だろうがページ作成も始まらない。
//早いとこ旧曲も査定に入れてくれないと、まだゲームに慣れていない人や基準が判別できていない人が苦しい思いをするかもしれないよ。
//1〜8は直感で入れてもらえば?9は小数点3個分以上、10は2個分以上ズレていたら評価すべきだと思う。
//個人差に関しても、「人によってはこのレベルに感じる、だけど人によっては詐称・逆詐称」という目線評価は変わらないと思うし。
//↑もちろん入りたいのは山々だけど、「『9-10はスコア難度にする』で良いのか」が抜けてるので……別にそれに誰も言及しないからみんな賛成です、スコア基準のページに変えちゃいましょうをやっていいならやれると思うけど。細かい基準じゃなくてページ方針(ないし公式の数値設定方法)自体が旧作と違う可能性があるというところが発端。何もそこまで細かいところまでグダグダしてるからページ作れてないという話では無いはずだけれど。
//追記。基準指針自体は提示してるとはいえ、完全に個人主観で雑なものを提案しているだけなので非常に弱いところなのは間違いない。だから踏み切る前に簡単でもいいから了承がほしい次第。『スコア(S付近)基準の詐称逆詐称は目立たない=難易度数値はS付近前提だろう』というところで納得してる人は居るので極端な間違いではないと思うし、良いと言うならページをfesto/Contentsの分け方で作ってしまいましょうというぐらい。
//いろいろ言われているけど、スコア基準で作る方が正解な気がする。
//9.0〜9.3、9.4〜9.6、9.7〜9.9の範囲で基準を定めておいて、ズレていれば詐称や逆詐称に入れておけばいいと思う。
//10は10.5、10.6を上位の範囲として、譜面の度合いと表記が明らかに詐称であればどんどん入れていけばいい。最難関は10.7以上だろう。それには全部解説入れればいい。
//ただ、10に関しては詐称と記述はせずに、「この範囲に収まるだろう」という記述を書いておいて枠に入れればいいと思う。(表記が10.1や10.2だが、度合いは10.5なので上位の枠に入れるなど)
//スコアに関しては、どの機種でも"最高レベルに詐称は設定できない"扱いなのでそれでいいかと。あと最難関10.7は曲数多すぎるので10.8の2曲に並ぶ曲にしておかないと厳しそう。
//つまり、要は体感難度で10.8と匹敵するとの声が多い10.7に絞るということですか。それいいですね
//とはいえ10.7にもなると、旧曲側の一部(GFS,コンフィなど)を除いて、ほとんどが10.8に近い強さを持つ譜面が多いから、10.7以上を最難関として全て解説するを基本軸にしてもあまり問題ないとは思う。新曲側では10.7として弱いと言われている譜面がないから、今のところあまり関係ないけど
//論理がちょっとおかしくないですかね。現状死んでない議題として『ある程度の難易度以上(10.6あたり以上)の全曲解説』があり、それは10.7を最難関扱いしないでも出来るはずではないでしょうか。
//結論としては個人的には『10.7の評定は現行(中位あたりから最上位、一部のみ最難関)のままで良い』『全曲解説はその話題とは分離して止まっているところは進めればいい』、です。
//論理がちょっとおかしくないですかね。現状死んでない議題として『ある程度の難易度以上(10.6あたり以上)の全曲解説』があり、それは10.7を最難関扱いしないでも出来るはずではないでしょうか。新曲側が関係ないと言っても、次バージョンが出る&難易度調整が無ければその弱いfesto10.7を最難関扱いしないといけなくなる。それはちょっと違う気がします。
//結論としては個人的には『10.7の評定は現行(最上位、一部のみ最難関)のままで良い』『全曲解説はその話題とは分離して止まっているところは進めればいい』、です。

//つまり全曲解説と最難関扱いをそれぞれ分けて考えるということですか。言われてみれば、最難関扱いでなくても解説は出来るので、分けて考える今のやり方がベストかな。~
//全曲解説に関しては、個人的には10.6〜がLv10上位の部類だと思うので、10.6より上は詐称・逆詐称・個人差に関わらず全曲解説を基本にした方がいいとは思います。

//また、いまいちイメージがつかめてないけど、あくまで「現在の数値による分類」を行った後に「枠組みへの分類」とするのか、clanのようにあくまでLv10全体で逆詐称・(個人差)・上位〜最難関と割り振るのかが分かってない。
//少なくとも、別建てで作る予定になってるクリア難度のほうは当然だけど大量に記載曲が出てくるので、後者でやると閲覧する人の影響が大きすぎて反対(Lv別に適正不適正の判断をするための情報なのに散らばって大変なことになる)、表記を統一させたい気持ちもあるのでスコア後者クリア前者とかもやりたくないということで。

//…で、結局9以上の「クリアだけなら易」ってのはどういう扱いにする予定で?
//(いくら考えを巡らせても、これだけはどういう形を意図してるのかわからない)
//↑だから「クリアとスコアは独立で全く連動させない」って2回は書いてるでしょう。クリア逆詐称ならそれだけで乗せとけばいい話
//Contentsの表記が“クリア難”だったのでそれは読み取れないのも分からなくはない(修正はした)。けど質問に対して質問でガンガン返されても答えようがないのは当然なので、言われている通り賛成反対ぐらいは条件付きでいいので提示してほしいところ。
//結局のところ現在提案されている「スコア区分優先」でのページ作成していいんですかね。一番疑問を並べてたであろう同一人物の許可が無いと動けないと考えてたのだけれど、こうも質問返しばっかで賛否の具体的な情報がないのでもう待たずに作ろうかなと。
//↑それで問題ないだろう。9は小数点の表記を考慮した上で作り、10は気にせず分類に入れて記述すればいい。修正は後でいくらでもできるから。
//修正はあとでもできるし作る予定(いまはガッツリページを作れないので09/29明朝か深夜予定)
//ただ上で記述してるように、分類というのが10の『区分優先(逆詐称/上位-最難関での小見出し優先で小数点軽視)』であるならば、クリア側が乱雑になり過ぎることを懸念していて(同じ10.Xの記述が3区分程度に散らばって情報としてかなり見にくくなる)、更に10.1->10.4/10.7->10.4査定とかの場合、区分から外れた詐称/逆詐称となるので余計表記がひどくなること、スコア側も区分は統一したいこともあって反対なのでこれは要議論。
//追記。あくまでクリア側の記述が大変になることを懸念してのことだけど、ギタドラ型表記で混乱しないと言い切れるなら反対はひとまず取り下げる。

//・クリア難/易譜面の表記について
//新曲側は現状1ページなので、クリア難易表記をどうするかが問題(色についても)。
//茶色・緑を使っての色分けが妥当だろうか。また個人差譜面をどう処理するか(クリアだけ個人差にあたる譜面が多ければ考えなければならない)
//また、旧曲ページも茶色・緑での表記に統一すべきかどうか意見求む。
//基本的には旧曲クリア難易度のページを参考に作ればいいと思う。茶・緑の色分けなどは混乱を招く可能性があるから、全体でまとまった編集が妥当かと思います。もちろん、他も茶・緑色表記に変えるなら話は別だと思いますが

//↑スコア難のページで、茶色はホールド、緑はリズム難に使われているので、統一には色の変更が必要。
//むしろ見出しで分けてしまえばいいような気もする。旧曲はページ分けてるんだし。
//↑少し考えただけだったけどそのほうが良さげか。見出しはLv9/10の区分より前に持ってきたほうが良さげね
//個人差は色分けしたほうがわかりやすいと思うし、このページの中で、クリア詐称/逆詐称、スコア詐称/逆詐称と枠を作ってそれぞれ入れたほうがいいと思う(個人差も同じように)。
//議論がまとまったら、この辺のCOを全て排除しておかないと多分容量オーバーでページが編集できなくなる。
//個人差の色分けは現状既にごちゃごちゃしてる状態だから、せいぜいタグ付け型(スコア難側のそれ)でないと厳しいかと。因みにここではクリアとスコアで全部色分けの前提で提案してたから個人差も2色作るべきで貼って話だった。まあ取り下げしたわけだが。
//あと別に現状編集限界レベルになってない&新曲で容量に達する状況は相当なものと見ていい(clan新曲で使ってる容量を2倍(クリアスコアで使用するので)にしても余裕がかなりある)。旧曲側で心配してるならギリ分らんでもないけどあっちもまだかなり余裕あるしそうなってから考えても別段遅くはない。それに最終的に新曲も旧曲もページ細分化進める手もあるので。
//現在の難易度は&color(white,red){[EXT]};の表記になっていますが、&color(red){[EXT]};で十分だと思います。新曲雑記でも後者のような表記になっていますので。
//あいうえお順の方がしっかり来ると思ったので変更させていただきました。失礼しました。
//↑サイトの性質等何らかの問題があるなら仕方ないと思いますが、それがなければ旧曲側同様、クリア難易度を評価したページを新たに作ってもいいと思います。11/22
//容量に余裕があるという点で、仮にページを作らないにしても、クリアとスコアを別にした詐称・逆詐称・個人差の評価は必要ではという立場です。

*レベル&color(red){詐称};・&color(blue){逆詐称};について(新曲) [#new]
-マーカーによる個人差やステルスマーカー、EXPERT OPTIONのHAZARD、HARD MODEはこのページに記入しないでください。
-レベル表記が実際の体感難易度より明らかに低い「&color(red){詐称譜面};」~
その逆の「&color(blue){逆詐称譜面};」について記述。
--その他注意すべき譜面や「&color(purple){個人差譜面};」についても取り上げています。
--特に顕著なものは''太字''で表記しています。
//「顕著なもの」について、小数点表記があることですしこの際具体的に定めた方がよいと思います。1.0以上の差がある場合、くらいでどうでしょうか?
//これについては0.5〜0.6程度(数値用議論)でもいいかと(間隔の狭くなる&最上位最難関表記となる10はまた別途議論要)。
//おそらく1.0差というのは小数点以下が存在しないLv8以下は別として1つも存在しえないレベル(Condor等がギリギリ議題に上るかどうかぐらい)。ひとまず挙げた0.5〜0.6という差は、例えば下位から上位(例:9.1→9.7のイメージ)もしくは下位レベル詐称(上位)→上位レベル中位(例:9.8→10.4)と旧作基準でも太字にできそうな、それなりに大きい体感難度差となるだろうという感じ。これが1.0になると、流石に厳しすぎるという印象。
//↑確かにそうですね。0.5〜0.6の差がある場合、のほうがよさそうですね。
//
//Lv10は0.4差から、くらいですかね?
//クリア難易度の話ですが、愛無双は体感難度差が大きいと思うのですが、表記10.2、体感10.6程度でその差は0.4であることを考えると、0.4差でも太字表記が適当だったりするんじゃないでしょうか?
//
-なお、本リストに記載されている''判定はあくまでも目安''です。個々人の得意不得意によって、記載内容が当てはまらない場合もあります。
--判定について疑問がある場合や追記・改版提案があれば、ぜひ編集をお願いします。
//--ただし、自分の意見が全員に認められるわけではありません。記述の削除・復活などの編集合戦になりそうなときは冷静に解決するよう努めてください。よろしくお願いします。
//IIDXのページ同様優先順位は「Lv順」→「バージョン順」→「英数字・50音順」でお願いします。

//テンプレは編集にくくなるので一時的に削除しました。全般のところに残っていますので必要であればそれを。
//あと、「○○中心の譜面」でまとめるよりは、各譜面にタグみたいなのを張り付ける方がいいように思う。複数の譜面要素を持っている譜面がほとんどだし。

//旧曲側にあわせて詐称-逆詐称-個人差の順番を修正しました。Lv3と4で記載状況が替わっちゃってましたね……

//難易度表記について意見ですが、新曲側も大分曲が増えてきたので、旧曲側同様Lv9〜10のみ【適正(クリア/スコア)難易度:〇〇〜××】を追記してもいいと思うのですが、どうですか?皆さんの意見をよろしくお願いします。11/22
//↑そろそろページを分割したほうがいいかもしれない。そのほうが目安になりやすいし容量の問題もある。
//容量だけなら議論ログなりを別ページに送ればいい&送れば過去一番問題になっていたclan旧作ページよりもかなり余裕は出来るので理由とするには弱いかと(なんなら現時点でもまだ余裕)。分割なら記述の薄い新曲クリア難はどうするかとかあるのでそこら編を議論したほうがいいでしょう。
//↑確かに新曲クリア難のリストを新たに作るとしても、明確な基準を作ってから議論を進めた方が効果的ではあるかもしれないですね

//旧曲側に合わせて、Lv9/10のみ解説に準じた適正難度の目安をつけました。よろしくお願いします 11/30

//無断削除と思われるので日付のついたCOを復元。そうでないとしても11/22のCOを削除すると議論が続かなくなる。

//3/30の太字濫用や冗長文章(過去にCOしていた「滅茶苦茶な表現の文」の再表示含む)を処理しています。
//また、Lv9以上の「適正スコア」表記がある曲群については、基本的に「LvXX.x相当」等の表記はいらないと思うのですがいかがでしょうか。同じこと書いてるだけだと考えてます。(例外:個人差に入れるほどではないが、ごく一部の人にとって、特段得意不得意要素があればもっと体感難度が変わりうる曲)
 
//多分以前に議論されていないと思うので、一つ提案したいのですが、現状適正スコア難度のみの新曲側に、【適正クリア難度:Lv○】も合わせて表記しても良いかと思うのですが、どう思いますか?
旧曲側がクリア、スコア両方の情報がある一方で、新曲側が適正クリア難易度の表記すらないのは少しどうかなと思ったので、ご意見よろしくお願いします 6/9
//旧曲側がクリア、スコア両方の情報がある一方で、新曲側が適正クリア難易度の表記すらないのは少しどうかなと思ったので、ご意見よろしくお願いします 6/9
//すこし上の『//難易度表記について意見ですが〜11/22』が近い内容。ページ分割も方法の1つだって話もあるのでそっちに合わせてやったほうが有意義でしょう

*全般 [#general]
-&color(red){詐称};
--&color(red){BEMANI SYMPHONY楽曲のうち、「天空の夜明け」「Timepiece phase II」「海神」「バッドエンド・シンドローム」};
---BEMANI SYMPHONYという音ゲー曲をオーケストラアレンジした楽曲の逆輸入という特性上、弦楽器にならったホールドマーカーが多発したり、リズムの中心となるドラムが消えるなど精度面で影響が出やすい楽曲がある。
---「天空の夜明け」「バッドエンド・シンドローム」はドラム不在&ホールド複合処理の複雑さから、「Timepiece phase II」はホールド&ゴリ押し難、「海神」は原曲そのもののリズム難から、それぞれスコアが上がりにくくなる。
//FLOWERのSYMPHONY、原曲と同じレベルに思えないのですが、含まれないんですかね?
//SYMPHONY楽曲、低難易度ではEXCが取りづらいせいで詐称にしたがる可能性があるかもしれない。暫定枠作ってみたけど、誰か意見求む。

--&color(red){Beyond the BLUE};
---低速表記だが、実際は高速変拍子であり、全難易度で表記レベルにしては数値以上のテクニックを求められる。

-&color(blue){逆詐称};
--&color(blue){今作のLv8};(特に[&color(white,orange){ADV};])
---16分配置がちらほら散見されるが、基本的に素直な8分単押しが多く、逆詐称が頻発している。

--%%&color(blue){打上花火};%% (2021/08/16削除)
---(削除されたため現在プレイ不可)
---知名度の高い曲かつBPMが96とかなりの低速で、全難易度で表記レベルにしてはタイミング難が存在せず単調。

--&color(blue){ミッドナイト☆WAR};
---全譜面難度で、表記レベルにしてはクリア難易度が低く、スコアも伸ばしやすい。
//「いちかのBEMANI投票選抜戦2019」楽曲無条件解禁により、選曲ハードルが軟化した。→曲難易度には関係ない文章なのでCO。ついでに、ハードルは下がるものであって軟らかくなるものでもない。
//--&color(blue){「いちか」名義の[&color(white,red){EXT};](ただし「ラブキラ☆スプラッシュ」「狂水一華」は除く)};
//---どの譜面も同時押しが多めではあるが、全体的にリズムが素直でクリアしやすく、スコアを出しやすい。
//合同名義含めていちか曲は5曲のはず、うち2曲だけ逆詐称。この状況で全般に入れるのはきついのでは

-個人差
--&color(purple){ホールドマーカー搭載譜面全般};&br;
---propの新要素であることに加え、他機種の長押しと比べやや視認性に難があり、慣れていない場合はうっかり離してしまうこともしくない。
---通常の譜面に比べ、譜面を暗記しているかどうかでの個人差が大きい傾向にある。
---どうしても取れない箇所は捨ててしまうのも手だが、ホールドが多い譜面では捨てることもままならない場合が多い。取捨選択は慎重に。
---リリースマーカーに通常のマーカーを被せてくる配置が存在する譜面もあり、特に初見は注意。
---今作の[ 2 ]曲や新規収録曲には、比較的低い難易度の譜面にもclan以前で収録された難関曲にあったホールド配置が多いため要注意。
//Proof of the existence [ 2 ]やBeyond the BLUEのような難易度の割には難解なホールドが多い譜面が立て続けに追加されているため記述。

--&color(purple){版権曲、ソーシャルの[&color(white,red){EXT};]全般};
---元ネタのある曲だけに文字ネタ、図形ネタが多発する傾向にある。(歌詞が存在する場合はなおさら)
---オリジナルの高難度曲を中心に選曲するプレーヤーは歌詞や版権元にも注意しておきたい。思わぬ不意打ちを食らう可能性がある。

--&color(purple){''Juicy''};
---BPMが落ち着いているが、ハネリズムを意識した曲合わせの配置が多いため、場所やレベルの感覚によっては思わぬ不意打ちを食らう可能性がある。詳しくは各難易度の項目を参照。
---曲調が版権曲に近いため、雰囲気を感じ取ることができるなら体感難易度は下がるかもしれない。

//--&color(purple){''「Sweet Love」''}; 
//---控えめのBPMで優しい曲調、なおかつ版権曲に近い雰囲気で簡単そうに見えるが、予想できないようなリズム難や同時押しの要素で翻弄されやすい。詳しくは各難易度の項目を参照。
//---アプリに先行収録された時と同じ譜面なのであちらで予習するのもアリだが、AC想定の譜面なので使用する端末が小さいと無理ゲーになりかねない。
//ADVとEXTが詐称評価になったのでco

--&color(purple){''スミスえかきうた''}; 
---削除された「ペンパイナッポーアッポーペン」同様演奏時間が非常に短く(46秒)、その結果、総ノーツが[&color(white,green){BSC};]を除いて最少レベルであるため、ミスした時の失点が非常に大きくなっている。詳しくは各難易度の項目を参照。
---演奏時間の近い曲同士でマッチングするという仕様上、本曲は極端に短い故にほぼ他曲とのマッチングが起きないため、他の楽曲に比べFAILED時のSAVEDを頼りにくい。
---この曲の連続プレイがemo稼ぎに1番有効な手段かどうかは疑問。

//--&color(purple){''Sparkle Smilin'''};
//---各譜面に独特な特性があり完全初見だと難しく感じやすいが、配置に抵抗がなければ楽に感じるかもしれない。詳しくは各難易度の項目を参照。
//ADVとEXTが逆詐称評価になったのでco

*Lv1〜Lv8 [#fromLv1toLv8]
**Lv1 [#Lv1]
2022/02/17 現在、Lv1の楽曲(新曲)は全部で7曲しかない。(削除曲を除く)
-&color(yellowgreen){入門};
--%%&color(yellowgreen){''打上花火''}; [&color(white,green){BSC};]%% (2021/08/16削除)~
&color(yellowgreen){''ただ君に晴れ''}; [&color(white,green){BSC};]~
&color(yellowgreen){''BEEF''}; [&color(white,green){BSC};]
//COを挟まない無言消去はルール違反のためBEEFの削除差し戻し(因みに曲削除でも現行初出なら打ち消し線が妥当です)。また項目が見にくいので改行構文を使っています。
---festo稼働中に収録された「BEEF」の登場によりLv1では6曲連続の2桁総ノーツとなっていたが、2019/11の「おにぎりディスコ」で途絶えた。~
また、その6曲のうち「ようこそジャパリパークへ」は2020/06/30に、「フレーフレーわたし」は2021/02/02に、今作登場の「打ち上げ花火」は2021/08/16に削除されている。(現存する曲では3曲連続という状態)
---Lv1のBPM 100未満は、「打上花火」の登場時点で「Initial song」「フレーフレーわたし」と3曲連続であったが、「ただ君に晴れ」の登場により連続記録が途絶えた。
---逆にLv1のBPM 100以上は、「ただ君に晴れ」、「BEEF」と2曲連続となっており、特に「BEEF」はBPM 175でLv1最高BPMを更新した。
---いずれも逆物量なので1ノーツの配点が大きく、高スコアを狙う場合はPERFECT以外の判定を出さないようにしたい。
---「&color(yellowgreen){''打上花火''};」は削除されたため、現在、プレイ不可。~
%%前半部分の配置の間隔が広く、後半は軽い4分の単押しと間を置いた同時押しが登場。ラストに間をおいて4ノーツ出てくる。どちらかと言えば目押し推奨。2021/02/02時点で総ノーツ66はLv1あるいはjubeatシリーズ歴代最少総ノーツ%%((それ以前は削除曲の「フレーフレーわたし」[&color(white,green){BSC};]がLv1あるいはjubeatシリーズ歴代最少総ノーツ58))%%を更新していた。%%
---「&color(yellowgreen){''ただ君に晴れ''};」は中盤に2回、ラストに1回4分の同時押しが登場する以外は単押しで2分以下。ほどよい速さなのでリズムに乗りやすい。
---「&color(yellowgreen){''BEEF''};」はLv1でBPM最速の割には空白時間が長かったり、間を置いて不意打ち気味に同時押しが登場するため、画面をよく見ていないと急に落としてしまうので注意。若干個人差寄り。
//---festo稼働時、同レベルとしてはclanの「ようこそジャパリパークへ」[BSC]、「Initial song」[BSC]、「フレーフレーわたし」[BSC]に続いて4曲連続の2桁総ノーツであった。「ただ君に晴れ」「BEEF」の登場により2019/05/07時点で6曲連続の2桁総ノーツとなっている。
//また、「打上花火」のBPM 100未満は「Initial song」&color(white,green){[BSC]};「フレーフレーわたし」&color(white,green){[BSC]};に続いて3曲連続で途絶えてしまった。~
//逆に「ただ君に晴れ」のBPM 100以上は「BEEF」に続いて2曲連続となって、「BEEF」ではさらにBPM 175でLv1最高BPMを更新した。~
//しかし、いずれも逆物量なので1ノーツの配点が大きく、高スコアを狙う場合はPERFECT以外の判定を出さないようにしたい。
//BPM以降の文章が長かったため箇条書きにしました。また文言も少し修正しました。

--&color(yellowgreen){''おにぎりディスコ''}; [&color(white,green){BSC};]
---総ノーツは100。目押しを狙うよりはリズムに乗りやすく、前半の2分配置や後半の4分配置を楽しく押すことができる。
---2019/11でLv1の6曲連続の2桁総ノーツが途絶えた。

--&color(yellowgreen){''Pretender''}; [&color(white,green){BSC};]
---総ノーツは134と少し多いが、BPM 92と超低速で難しい配置はほとんどないため、初心者でもEXCが狙いやすい、手を付けやすい譜面であると思われる。目押し推奨。

--&color(yellowgreen){''マリーゴールド''}; [&color(white,green){BSC};]
---総ノーツは118。BPM 106と低速でラストの5+6+7+8パネルの4個押しがあるものの、曲の大半が2分配置、一部のサビに4分3連の配置もあるが、そこまで難しいわけではない。また、有名な楽曲であり、手を付けやすい譜面。

--&color(yellowgreen){''みくみくにしてあげる♪【してやんよ】''}; [&color(white,green){BSC};]
---総ノーツは101。各小節頭の1拍目にノーツがあるか、2分配置の間隔でノーツが来るだけ。全体的にリズムが取りやすく、手を付けやすい譜面。

-&color(purple){個人差};
--&color(purple){''スミスえかきうた''}; [&color(white,green){BSC};]
---総ノーツは72で、ラスト2つの同時押しのみホールドとなっている。
---今作登場の「打上花火」削除により、全譜面中現行最少総ノーツとなっているが、上記の入門の項目に入れられている譜面とは違い、BPM 114の4分配置が曲終了まで出てくる点は驚くかもしれない。速度はLv3相当なので注意。

//--&color(purple){BEEF}; [&color(white,green){BSC};]
//---2桁総ノーツだが、Lv1でBPM最速の割には空白時間が長かったり、間を置いて不意打ち気味に同時押しが登場するため、画面をよく見ていないと急に落としてしまうので注意。
//個人差寄りということなので個人差に移動
//差し戻しによって重複しているので非表示にしておく

**Lv2 [#Lv2]
-&color(red){詐称};
--&color(red){スイーツはとまらない♪}; [&color(white,green){BSC};]
---BPM 204の超高速と総ノーツ242の物量だけでも危険で、特にサビの4分音符混じり左右対称同時押しは離れた配置が多く初心者には立て直しが難しい。Lv3中位が適切。

--&color(red){Beyond the BLUE}; [&color(white,green){BSC};]
--&color(red){unisonote [ 2 ]}; [&color(white,green){BSC};]
---どちらもこのレベルにしてはホールドの入り方、絡みが若干複雑なホールド局所難。耐性がなければLv4クラスに感じることも。平均してLv3中位〜上位相当。
---「&color(red){Beyond the BLUE};」は低速と変拍子による変則リズムが全体を通して続くのでタイミングが取りづらい。「&color(red){unisonote [ 2 ]};」は数回出てくる横1列4個押しやホールドの連続を取りこぼすと大きく失点することになる。
//4個押しが何回か出てくるけど2といえるのか?
//↑とりあえず体感で記述入れてみたけど、''局所的な所''で判断しているかもしれないので稼ぎがあるならクリアは2かもしれない。必要に応じて加筆修正頼む。

-&color(blue){逆詐称};
--&color(blue){ボッカデラベリタ}; [&color(white,green){BSC};]
---105ノーツで緩急は少なく初心者でも落ち着いて押せるだろう。曲が長いので集中力に注意が必要だが、Lv1下位〜中位相当。

--&color(blue){LANA - キロクノカケラ - [ 2 ]}; [&color(white,green){BSC};]
---91ノーツのうちホールドは後半のみで合計6つと、上記よりノーツが少なくひっかけ要素も特に存在しない。同時押しも少し出てくるが単純なので、クリア段階で言えばLv1で十分だろう。
---ただし、逆物量であることと、この手のタイトルの特性として曲自体を全く知らない状態でプレイするとスコアが下がりやすいので注意。

-&color(purple){個人差};
--&color(purple){''「Sweet Love」''}; [&color(white,green){BSC};]
---総ノーツはさほど多くはないものの、Lv2にしては同時押しや4分配置が多く、休憩地帯になりそうな中盤でも平然と4分配置が登場する。後半は離れた同時押しの4分が休まずに出てきたり、ラストに付点リズムや下位置での3個同時押しがあるなど、完全初心者にとっては脅威となりかねない。
---クリア段階では前半である程度稼げば問題ないものの、スコア狙いではある程度警戒が必要となる。

--%%&color(purple){''UNION''}; [&color(white,green){BSC};]%% (2022/02/16削除)
---削除されたため、現在、プレイ不可。
---総ノーツは控えめだが、開幕部分と後半サビ以降の多大なる裏拍がこのレベルにしてはきつい。裏拍が苦手だと詐称度が高く感じても違和感ないだろう。

-&color(teal){クリア易スコア難};
--&color(teal){''バッドエンド・シンドローム (BEMANI SYMPHONY Arr.)''}; [&color(white,green){BSC};]~
&color(teal){''海神 (BEMANI SYMPHONY Arr.)''}; [&color(white,green){BSC};]
---どちらも総ノーツや配置の間隔はLv1クラスだが、判定ズレが激しくGREAT以下の判定が出やすい。
---クリア/フルコン狙いであれば逆詐称だが、特にSS以上を目指す段階ではレベル不相応の目押しを求められる。

//全てのパートで正確な判定が早いのか遅いのかはっきりせず、気が付いたら失点している、もしくは想定していないようなところでPERFECTではない判定が出てしまうという、低難易度にしては非常にシビアで悩まされる可能性が高い譜面である。クリアかフルコンだけが目的なら見えたものを押すだけでも問題ないが、かなりの高スコア、EXCELLENTを目指す者にとってはリズムに乗って楽しむということが全くできず、絶大な集中力を求められることになる。

**Lv3 [#Lv3]
-&color(red){詐称};
//--&color(red){インドがパッカーン!!煩悩マハラジャドリーム}; &color(white,green){[BSC]};
//これ本間にLv3か?
//↑最初の同時押しのタイミングはEXC狙うのに苦戦するほどムズいけど、それ以外は普通だと思う。

--&color(red){少女、摩天楼へ}; [&color(white,green){BSC};]
---開幕から連続したホールドが次々と降りかかり、中盤ではホールドと他の単押し配置を連続で押させてくるところもある。全体的に広範囲で休みなく配置を押させることを考慮するとLv3に留まらず、Lv4中位〜上位が妥当。

-&color(blue){逆詐称};
--&color(blue){サヨナラ・ヘヴン (BEMANI SYMPHONY Arr.)}; [&color(white,green){BSC};]
---同時押しのホールドが何回かあるが、総ノーツの関係上、密度が低く配置難も全く存在しない。曲調に圧倒されることさえなければLv2下位〜中位でも問題ないだろう。

--%%&color(blue){''My HERO''}; [&color(white,green){BSC};]%% (2021/08/16削除)
---削除されたため、現在、プレイ不可。
---一部で同時押しがあり、配置は最大2分とかなり弱い。ラストだけは裏拍になっているもののクリアに影響しない。Lv2下位相当。

--&color(blue){メランコリック}; [&color(white,green){BSC};]
---総ノーツは151。多くの配置は2分以下のリズムで難解な配置もなく、Lv3にしては密度が低い。サビ手前に横1列の4つ押し、サビとラストに少しだけ長い4分配置があることを考慮するとLv1とは言い難いが、パターンは見やすいので脅威になることはない。Lv2下位〜中位で問題ないだろう。

--&color(blue){''LIKE A VAMPIRE''}; [&color(white,green){BSC};]
---BPM 276だが、倍取り設定のため、実質BPMは半分の138で大部分は2分音符、速い所でもBPM 138の4分音符までの単純は配置で総ノーツ、密度ともにLv2下位適正。
---楽曲リリースのイベントの特性上、ボーカルが前面に押された一方でマーカーの判断基準となるリズム隊の楽器の音量は控え目なのが唯一の注意点となる。逆詐称には間違いないがプレーの際は音量を過信せず、目押しの精度に注意を配っておきたい。

-&color(purple){個人差};
--&color(purple){''サヨナラ・ヘヴン [ 2 ]''}; [&color(white,green){BSC};]
---4分間隔のホールドが連続して飛び出してきたり、離れ同時押しでホールドになっている配置が多い。初見だとホールドの出方がLv3にしてはびっくりするかもしれない。
---しかし、同曲[&color(white,orange){ADV};]の条件にある通り出現させる難易度が非常に高い(Lv8逆詐称の位置の、同曲[&color(white,orange){ADV};]の解説参照)。
//---ただし、伝導不可であるため、現段階でこの譜面をいつでもプレーできるようにするには、''TUNE RUNのSAZAE CUPにある「天国の舞踏会」で指定された2譜面と同曲の''&color(white,red){[EXT]};''を合計スコア2800000(平均933333)以上でクリアする必要''があり、それ以外の救済も現状存在しない。
//↑重複した内容を置いておくのも違和感ありすぎるな・・・、とりあえず調整しておく。

--&color(purple){''39''}; [&color(white,green){BSC};]
---配置自体は単純だが、変拍子の中でタイミングを変えて叩かせたり、同時押しが裏拍になって飛び出す割合が高いのでレベルにしては戸惑いやすい。

--&color(purple){''Juicy''}; [&color(white,green){BSC};]
---開幕から付点4分のリズムが来る上に、歌合せの8分や付点8分が平然と登場するパートが多い。4分配置も遅いのでBPMを2倍の感覚にして挑まないと精度がガタ落ちする可能性が高い。

--&color(purple){''Sparkle Smilin'''}; [&color(white,green){BSC};]
---4分以上の配置が存在しないが、同時押しが多く、不意打ち気味に裏の同時押しのタイミングが何度も登場する。
---どこでタイミングが変わるかしっかり見ていないと思わぬ失点を招くかもしれない。

-&color(teal){クリア易スコア難};
--&color(teal){''Timepiece phase II (BEMANI SYMPHONY Arr.)''}; [&color(white,green){BSC};]
--&color(teal){''天空の夜明け (BEMANI SYMPHONY Arr.)''}; [&color(white,green){BSC};]
---上記の「BEMANI SYMPHONY Arr.Lv2譜面」と同じく総ノーツや配置の間隔は表記レベル-1クラスだが、リズムや判定の特性が全く同じで非常に失点しやすい。あらゆる場所でホールドを多発させて高スコア、EXCELLENT狙いのプレイヤーの集中力を削りにかかってくる。

--&color(teal){''Idola (BEMANI SYMPHONY Arr.)''}; &color(white,green){[BSC]};
---前半は密度が低めだが、後半以降の配置のせいでスコア面で詐称を言い通す意見がかなり増えている譜面。
---後半パートに差し掛かる直前に飛び出す同時押しの連続はタイミングが難しく、その後のパートで同曲の[&color(white,orange){ADV};]には存在しないホールドの離れた同時押しがわずかに登場するので、配置よりもインパクトに驚いてスコアを落としてしまう可能性もある。
---それ以外にも前半を含めて良い判定の位置がシビアなせいで気づいたら失点、もしくはPERFECT以外の判定が出て高スコアやEXCELLENT狙いのプレイヤーを苦しめることが多い。
//サビにあるホールドの離れた2個押しでLv3とかどう考えても理解できない。ADVは単押しになっているのに。
//253ノーツ中14ホールド28ノーツ分じゃ理由として弱すぎ 配置も素直だし
//とりあえず詐称のCO状態から暫定枠に移動させてみた

**Lv4 [#Lv4]
-&color(red){詐称};
--&color(red){Jetcoaster Windy}; [&color(white,green){BSC};]
---BPM 268での付点4分や8分裏配置、つまり半分のBPM 134換算での付点8分や16分裏配置が頻発するリズム難譜面。Lv5中位程度。

--&color(red){''追憶のアラウカリア''}; [&color(white,green){BSC};]
//---「&color(red){''IX''};」[&color(white,green){[BSC]};]と並ぶ、今作どころかjubeat全シリーズの中でも&color(red){''トップクラスの地雷譜面''};。
---6/6拍子と5/6拍子が入れ替わるリズム難にして破格のノート数451。特にリズム難が目立つのは前半だが、一方で後半は高密度かつ複雑な配置、最後の一打は中段2列8パネル同時押しというトドメ付き。Lv5上位〜Lv6中位相当。
---特に後半の2個隣接同時押し連続地帯は、縦→横/横→縦の配置が片側に偏って出現する、Lv5適正でもかなり取りづらい譜面となっている。回転しながら出現することを意識しておくと取りやすくなるだろう。
//festoシリーズ最大の詐称ではないでしょうか?
//festoシリーズどころかIX BSCと並ぶ全シリーズ最大の詐称ですね
//いちいちIXと比較する意味が見えず。太字が多く読みにくい。後半も一応割合自体は高くないので他の地帯で稼げれば体感難度は緩和される。というわけで元々の文章ベースに差し戻しておきます。
//Lv10以外のLvに対する最上位表記は過去に揉めているので差し戻し。強調したい気持ちは分かりますが下手な強調をするほど文章も酷くなるので簡潔な記載を心掛けるべきだと思っています。

--%%&color(red){''Boom! Boom! ヘブン''}; [&color(white,orange){ADV};]%% (2021/08/16削除)
---削除されたため、現在、プレイ不可。
---裏拍同時押しや唐突に8分メロディ合わせが頻発。配置のタイミングが全体を通して一定ではない上に、後半で8分配置が大幅に増えてくる。
---単純ではないタイミングが多いことを考慮するとこの程度のレベルは低すぎる。Lv5上位相当と見ておくべき。

--&color(red){''ゆめのかなたで''}; [&color(white,green){BSC};]
---BPM 217の超高速でこのレベル帯ではタイミング難となる付点4分、裏拍押しが頻発する。加えて歌詞を頼れないインスト曲で、合わせている音も目立ちづらいものが多い。Lv5上位相当。

-&color(blue){逆詐称};
--%%&color(blue){''打上花火''}; [&color(white,orange){ADV};]%% (2021/08/16削除)
---削除されたため、現在、プレイ不可。
---Lv4としては総ノーツ数153でLv内最少ノーツ数を更新していた。BPM 96の4分配置が多数を占めており、このレベル相応の難しいタイミングも皆無。難易度は一部のLv3と変わらないだろう。Lv3下位程度。

--&color(blue){Sahara}; [&color(white,green){BSC};]
---ソフラン曲ではあるが、BPMが変化する箇所は2分のリズムでかなりスカスカ。2度目のソフラン地帯の斜め同時押しに注意が必要なぐらい。
---ソフラン以外はほぼ4分のリズムで配置も特に難しくない。Lv3下位〜中位相当。

--&color(blue){Six String Proof}; [&color(white,green){BSC};]
---ほぼ4分のリズムを打ち続ける譜面で、BPM 130で4つ打ちのバスドラムがしっかり鳴っているのでリズムを見失うこともないだろう。Lv3中位相当。

--&color(blue){情熱大陸 [ 2 ]}; [&color(white,green){BSC};]
---ほとんどがBPM 128の2分、4分をリズム通りに打ち続けるだけなのでホールドも含んで難しい配置はほとんどない。付点8分は比較的分かりやすい位置に最大3連のみ。Lv3下位〜中位相当。

--&color(blue){ミッドナイト☆WAR}; [&color(white,green){BSC};]
---配置は最大4分、2分配置以下の割合もそこそこありタイミングの変動も一切出てこない。同時押しがやや多めだが、Lv4としても簡易な配置ばかり。
---ラストだけは少し移動が多くはなるが、クリアで影響は出ないだろう。Lv3下位〜中位相当。

-&color(purple){個人差};
--&color(purple){''おにぎりディスコ''}; [&color(white,orange){ADV};]
---序盤はゆるい配置だが、曲が進むに連れて譜面が難化する。BPM 118と低速ではあるものの、点対称配置や7回出現する桂馬押しなど、このレベル帯としては難しい配置が出現する。
//---序盤だけは逆詐称クラスだが、後半から8分配置4つと符点8分の組み合わせが多発し、初見だとかなり驚きやすい。そこのパートの真ん中に4を逸脱した配置が一瞬だけあり、しばらく先では''桂馬押し''も計7回飛び出してくる。
//---非常に簡単だと思って油断した故に驚かされて詐称の意見が飛び交うかもしれないが、後半でも少し先では4分の単押しと同時押しで休憩を取らせてくれるし曲自体もゆっくりなので、落ち着いて配置を拾っていけばそれほど問題はないだろう。
//---旧曲の&color(white,green){[BSC]};で、clanで5から4に落ちている譜面、5に残っている譜面のほとんどはリズム難などがあって難しく感じやすいことがある(4→3、4のままか3のままの譜面も該当するかも)。こちらは曲自体が楽しくなじみやすいという点では楽かもしれない。
//Lv7以下のクリア適正プレイヤーは新規参入が多いはず=clan時代の話をわざわざする意味がない、しても伝わらない。
//その他日本語がおかしい&意味が重複する言葉が多いという2点で凄まじく読みにくい。添削必須な状況なので(新曲10.9の記述者と同一人物だろうけど)文章追加したいならせめて最初から全部コメントアウトしておいて欲しい
//↑これだけは言っておこう。この項目を書いた私は10.9の記述者ではないし、機械翻訳も使用していない。
//なら申し訳ないけどそんな自信満々に書かれても困りますね……toy boxerと同一人物かなってのは認識してるけど。解説冗長なのは間違いないので

**Lv5 [#Lv5]
-&color(red){詐称};
--%%&color(red){ダンシング}; [&color(white,orange){ADV};]%% (2021/08/16削除)
---削除されたため、現在、プレイ不可。
---ボーカル合わせの配置だが、肝心の歌詞部分にひっかけ気味の付点8分や16分を多く含む。BPMが159とボーカル曲としては速めで、同レベル帯の歌詞ありの曲が正直な4分や8分メインであることを考えるとLv6中位〜上位が妥当だろう。

--&color(red){「Sweet Love」}; [&color(white,orange){ADV};]
---BPMは遅いのだが付点8分中心のパターンが頻発し、同系統ゲーム出身の楽曲と比べると単純にリズムを刻むだけでは光らせられない部分が多い。後半での連続した8分同時押しも4つ押しで区切ってくるので厄介。
---ラストには3個→3個→6個の唐突な同時押しが控えており、シャッターボーナスを失う可能性が高い。実際の失点以上に嫌らしさのインパクトが強い構成になっている。同時押し耐性による個人差はあるが総合的には詐称気味でLv6中位〜上位相当。

-&color(blue){逆詐称};
--&color(blue){''雨上がりの空に''}; [&color(white,green){BSC};]
---単純な4分配置中心で総ノーツ数226はLv5最少クラスのため、かなりスカスカに感じるだろう。同時押しホールドの後の4つ同時押しもほとんど脅威にはならない。Lv3程度。

--&color(blue){WELCOME TO MOTOWN PARK}; [&color(white,green){BSC};]
---ホールドはスタートしてしばらく後に2つあるのみで、その後は素直な4分配置が続く。たまに出る4つ同時押しも中央に現れるため戸惑うことはないだろう。Lv4中位程度。

--&color(blue){Sakura Sunrise [ 2 ]}; [&color(white,green){BSC};]
---配置のほとんどが4分の単押しであり、ホールドの難しい動きも一切存在しない。曲合わせで時折裏拍の離れた同時押しが出てくるがそれ自体もLv5というほど難しくはなく、通常譜面のリズム難やムチャな同時押しも出て来ない。同アーティストの「I'm so Happy [ 2 ]」[&color(white,green){BSC};]などと同列の難易度とみて問題ないだろう。Lv4中位相当。

--&color(blue){Super GERO GE-RO}; [&color(white,green){BSC};]
---半分以上のパートは簡単な4分配置。サビ手前に8分同時押し、サビに符点8分配置、ラストに高密度4分同時があるものの局所的で配置難はない。Lv4中位〜上位相当。

--&color(blue){Dream drip macchiato}; [&color(white,green){BSC};]
---ノート数はそれなりにあるものの、ほとんどの配置は4分刻みで比較的おとなしめ。一部分でLv5下位相応の配置がいくつかあるが、直後が簡単なので大きな問題は出ないだろう。Lv4中位〜上位相当。
//---オリジナル曲でいくつかのLv4が難しく見られているため、それらと比較してみても水準は高く感じない。

-&color(purple){個人差};
--&color(purple){''泡沫、哀のまほろば''}; [&color(white,orange){ADV};]
---前半と伴奏部分は4分と8分、付点タイミングが目まぐるしく入れ替わるので地味に合わせづらい。サビではホールドが速いタイミングで繋がって出てくる。後半サビではなんと、''同じ速さでホールドと非ホールドが同時押しになって襲い掛かってくる。''しかも非ホールドの方が予想できないような位置に飛び出すため、初見だと慌ててミスを連発しやすい。
---変化リズムとホールドのせいで壊滅的にスコア難易度が高く、このレベルに置いていいか疑問が残るかもしれない。

--&color(purple){''Juicy''}; [&color(white,orange){ADV};]
---序盤と終盤に、Lv6でスコア難の「''Strawberry Chu♡Chu♡''[&color(white,orange){ADV};]」と同じリズムの配置が多発する。歌がある所も8分の斜め同時押しが容赦なく登場したり軽く16分も絡む。
---とりあえず見えたものを押すだけでもフルコン達成は全く問題ないが、特にラストはこのリズムに加えて16分が多く絡むので、リズムを理解できないと少し苦しい。

--&color(purple){''スミスえかきうた''}; [&color(white,orange){ADV};]
---&color(red){''要注意!!!''}; 前半に、''同時押しを含むBPM 114の16分乱打''が登場し、リズム難でもある。乱打が終わっても多めの同時押しが目立ってくる。これらの配置はLv5どころか、Lv6やLv7でもそうそう見られない。
---ラストには同曲[&color(white,red){EXT};]同様に''1→4→16→13ホールドで出張を強いられる''。

--&color(purple){''True Blue [ 2 ]''}; [&color(white,green){BSC};]
---ホールドが来る直前に8分配置や裏拍、ホールドの同時押しの終点直後に同時押しが出て来るなど、Lv5以下ではほぼ見られない配置が多い。その反面、ノート数は''221''とLv5の中ではかなり少なく、ホールド絡み以外の場所は2分、4分ばかりでLv3相応の配置となっている。
---簡単な配置だけで稼ぎきれて逆詐称に感じたり、難しい配置で耐えきれず詐称に感じたりと、体感難易度の評価が大きく分かれるかもしれない。

**Lv6 [#Lv6]
-&color(red){詐称};
--&color(red){[A]ddiction}; [&color(white,orange){ADV};]
---このレベル表記で574ノーツという高物量に加え、ひたすら続く8分配置の割合が高く、離れ同時押しもたまに出てくる。わずかに休憩地帯はあるものの、耐性がなければLv7下位相当。

--&color(red){Phantasmagoria}; [&color(white,orange){ADV};]
---速度としてはそこそこだが、至る所に16分の横スライドや交互連打が降り注いでくる。16分がないところも連続した同時押しの組み合わせがやや厳しい。Lv7中位〜上位相当か。
---後半には複数ホールドでの拘束配置も多くみられるため苦手であれば注意。

--&color(red){Beyond the BLUE}; [&color(white,orange){ADV};]
---前半はホールドこそあれど単調な配置が続くが、中盤に唐突な連続ホールドや4つ同時押しが出現するなど、徐々に難易度が上がっていく。ホールドばかりに気をとられがちだが周辺も見ていないと取りこぼしやすい。
---間奏では、広範囲で変則的な8分と16分が入り混じった乱打で、ここだけはLv7すら逸脱する配置。そこを抜けても16分横スライドや3つ同時押し、ホールドの拘束もあるため油断できない。
---ホールドや乱打以外の場所でやや単調な稼ぎどころこそあるが、Lv6とするには難所が多い。Lv7中位〜上位程度。

//--&color(red){''pedigree''}; &color(white,green){[BSC]};
//緑黄赤で別枠にしないほうがいいと言われているのに、ここで「BSCとして」と言われても困る気がします。ついでに言うとそのBSC高難度前提で難譜面扱いしてる気がするので普通の詐称枠、赤文字表記曲として書き換えます。黒文字表記のほうがいいならBSC云々以外の理由提示をお願いします。
//---前半の8分配置同時押しの組み合わせも難易度が高いが、後半もホールド絡みの難解な配置が多く存在する。
//とても狡猾な手段でコンボを切らしにかかってくる。配置を理解していないと、簡単な&color(white,red){[EXT]};Lv7、8のフルコンが安定する実力でも苦しめられるほどである。
//フルコン難は必ずしもクリア難に結びつかないのでこの表記はまずいです。クリア目線ならベチャ押しがまだ効くのと死角配置のほうが強いイメージなので記述がずれている気がします。
//---楽しげな曲調で並のプレイヤーを誘い込んでくるが、現在の版権曲の&color(white,orange){[ADV]};Lv6、7と同じかそれ以下の感覚で選択すると痛い目を見るだろう。2018年12月までに大回顧展をクリアしていた場合は想像以上の覚悟が必要となる。
//これも緑黄の区別目線の印象が強すぎるのでCO。あくまで譜面難易度に関係しないLv設定説明を通したほうが有意義に思います。
//---2020/06/22以降誰でも選曲できるようになっているが、''jubeatを始めたばかりの初心者には全くおすすめできない。
//↑以上の議論を踏まえて、この譜面を実際にプレイして特徴を見極めたいと思います

--&color(red){unisonote [ 2 ]}; [&color(white,orange){ADV};]
---前半は時間差ホールドと3つ同時の8分2連続があるものの後半はホールド絡み中心で、2つ同時ホールド絡みの配置も出て来る。
---かつて&color(red){''jubeat史上最大級の詐称譜面''};と言われていた通常版の難所が一部受け継がれており、付点や裏拍、振りが激しい8分同時押しがあり、加えて物量は559ノーツでLv表記の割に忙しい。
---総じて通常版と同じく詐称気味であり、物量・ホールド耐性がない場合Lv7上位にも感じられる。平均的に見るとLv7中位。

-&color(blue){逆詐称};
--&color(blue){Our Love}; [&color(white,orange){ADV};]
---同時押しが多くBPMも速いが、8分以上の配置が存在しないので全体的にLv6としては弱い。同時押しの取り方をすぐに変える動きに抵抗がなければ問題なくこなせるだろう。Lv5中位程度。

--%%&color(blue){打上花火}; &color(white,red){[EXT]};%% (2021/08/16削除)
---削除されたため、現在、プレイ不可。
---前半は基本的に単押しが多いので点数を稼ぎやすく、よほどのことがなければ外してしまうような配置はない。後半で4つの同時押しが4分で連続する場所には多少の注意は必要だが、8分と16分は速くないので押しにくいということはあまりないだろう。
---&color(white,red){[EXT]};Lv5の「LANA - ココロノキオク -」やLv7最弱の「しゃかりきリレーション」&color(white,red){[EXT]};と同列の難易度とみても差し支えなく、&color(white,red){[EXT]};入門にオススメ。
//前から思ったけど逆詐称じゃないかな。サビの同時押しやBPM 96の16分、ラストの減速は注意が必要だけど、Lv6としても難しくないとは思うけどね。

--%%&color(blue){オトモダチフィルム}; [&color(white,orange){ADV};]%% (2020/06/30削除)
---削除されたため、現在、プレイ不可。
---ボーカルに合わせた同時押しや8分配置が多くの割合を占めているが、現在のLv6譜面と比較すると全体的にリズムが分かりやすい。4分配置のアシストが多いのでLv6ほどの難しさはないだろう。Lv5下位〜中位相当。
//今作登場の楽曲のため記述は残しておくべき

--%%&color(blue){ギラメタスでんぱスターズ}; [&color(white,orange){ADV};]%% (2021/08/16削除)
---削除されたため、現在、プレイ不可。
---同時押しや8分配置の割合が高めだが、タイミング自体はメロディ合わせでLv6でも簡単な部類。Lv5中位〜上位相当。
//最近「は」って文字を削ってる人が多いけど微妙にニュアンスが変わるというか文章としても成立しなくなっちゃってる場合が多いので辞めたほうがいいと思います。ここの解説は元々日本語としてちょいおかしかったってのもあるけど

--&color(blue){ただ君に晴れ}; [&color(white,orange){ADV};]
---総ノーツ340でボーカルに合わせた同時押しや8分配置がやや多くの割合を占めており、Lv6ほどの難しさはないだろう。Lv5中位相当。

--&color(blue){''50th Memorial Songs -The BEMANI History-''}; [&color(white,green){BSC};]
---総ノーツが229(Lv6最少ノーツ)しかなく大半が4分配置であり、付点リズムは数回出てくるのみ。Lv3相当の&color(blue){''超絶逆詐称''};。

--%%&color(blue){''My HERO''}; [&color(white,orange){ADV};]%% (2021/08/16削除)
---削除されたため、現在、プレイ不可。
---[&color(white,orange){ADV};]&color(blue){''入門者オススメ!''}; BPM 217という超高速曲であるが、道中は4分単押しばかりで少しだけ同時押しがあるくらい。8分配置はラストのみだが、配置も単調なので''Lv6どころか[&color(white,orange){ADV};]とは思えないほど非常に簡単''。Lv4下位相当で同時押しや超高速を苦にしないならLv3中位〜上位程度。
//---Lv5の「&color(blue){''現世の彼方''};」[&color(white,orange){[ADV]};]と共に[&color(white,orange){[ADV]};]入門に最適。
//↑余談の項目を自分で書いたけど、上に書いたから消しておくね。レベルの評価をさらに落とした理由は旧曲1〜8の5逆詐称を参考にしてね。

--&color(blue){''Midsummer Madness''}; [&color(white,orange){ADV};]
---BPM 200の超高速曲で中盤に「右側→上段→左側→下段の中2つの4分同時押し」というコンボカッターがあるが、総ノーツ346でこのレベルにしては''裏拍や8分以上のリズムが一切存在しない''。Lv4中位程度。
//4下位〜中位はちょっと盛り過ぎだと思います

--&color(blue){メランコリック}; [&color(white,orange){ADV};]
---総ノーツ364でリズム、配置難要素がなく、ボーカルや伴奏に合わせた単調な8分を刻むだけ。4分配置もある程度出てくるのでこのレベルほど水準は高くない。Lv5中位相当。

-&color(purple){個人差};
--&color(purple){''Queen's Paradise [ 2 ]''}; [&color(white,orange){ADV};]
---歌合わせの譜面ではあるが、「ホールド中に発生する視覚難通常ノート」「急なホールドによるコンボ切れ」要素が多い。ホールドによって他の配置が手で隠れやすいので初見は非常に注意が必要となる。
---「音を伸ばして歌う=ホールド」といったイメージを持つとある程度はやりやすい。

--&color(purple){LAST OATH}; [&color(white,orange){ADV};]
//(線)対称同時押し、特筆するほどありますか?
---ホールド終点+単押し配置が何箇所か存在する。また、後半で付点リズムや8分斜め移動の単押しが増える点も注意が必要
---イントロとアウトロは4分しかないので、そこで稼ぎきることは可能。

//--&color(purple){Floating Eternity}; [&color(white,orange){ADV};]
//---8分までしかないものの歯抜けによるリズム難で、高スコアのためには慣れが必要となる。また、曲を通して緩急の差が激しく、縦・横・斜めの8分移動に同時押しが絡み忙しい箇所も多い。
//---曲を理解した上でもLv6上位相当で、初見などリズムを理解しないうちは詐称に感じられるだろう。
//最近のLv6〜8は難易度の逆転現象が多発しているので明確にLv○相当とは書けないものの、レベル内で強めなのは揺るがないと思う。
//3連符=6分でリズム難を表に出すなら記述がおかしいのとスコア目線中心の内容なので一旦CO。クリアでもまあLv6上位以上だとは思いますが……逆転云々は表現が良くわからないですし、逆転なるものががあったとしても他のLv6と比較すればいいだけの話でしょう。
//フィードバックありがとうございます。確かにクリア難のニュアンスが伝わりにくい文章でした。3/4拍子かつBPM120のシャッフル相当(jubeat Wikiより引用)のため拍が掴みにくい旨、それにより挑戦段階では大量失点の危険がある旨を明記する方向でよろしいでしょうか。

**Lv7 [#Lv7]
-&color(red){詐称};
--&color(red){「Sweet Love」}; [&color(white,red){EXT};]
---同曲[&color(white,orange){ADV};]にあるような付点リズムの連続に加え、後半にかけて増えていく8分同時押しが目立っている。同時押しでは出張は必須ではないものの、出張したほうが押しやすい、他のLv7では見られない配置も多い。
//付点リズムで飛び出した時や片側に偏っている時は両手を使わないと外しやすくなっており、大半のLv7にはあまり見られない広範囲での同時押しが容赦なく襲い掛かってくるため、正しい押し方で対処できないとかなり苦しい。 => 冗長
---同時押しのリズム自体は単純なものが多いため、慣れていれば押せるとはいえそれでも詐称気味。Lv8下位相当。
//「Lv8"中位"」は上げ過ぎかな。今の基準だと難解なものが多いかもしれないし、これより明らかに難しい赤のLv7がいくつかあるから。
//他の赤7どうのこうのは譜面傾向が同属性でもない限り理由になりません。詐称表記済ならそいつはLv8として扱うので。
//また特に『Chance and Diceガー』だとか言うのであれば、Lv9逆詐称のリセットゲームで書かれていることを100回でも読んでから、旧曲側の該当場所でだけ文句を書いていただきたく。どちらにせよ、該当しそうな曲にキツめの同時押し絡みがない以上は、この曲の評定に影響を与える要素では決してありません。

--&color(red){スノーホワイト}; [&color(white,orange){ADV};]
---668ノーツという物量に加え、BPM 214でリズム隊が目立つ裏のメロディーに沿った8分配置を処理させられる。
---2ヶ所ある12分配置では横スライドと''出張推奨のS字配置''がある。いずれもLv7で要求される水準を逸脱している。Lv8中位相当。

--%%&color(red){Be The One}; [&color(white,red){EXT};]%% (2021/08/16削除)
---削除されたため、現在、プレイ不可。
---イントロだけは簡単だが、歌が入ると同時に左右(1:3分割)で分けることを想定した混フレが長く続く。見切りにくい出張配置も僅かだが存在するので混乱しやすい。
---サビ入る前に左右端2列での32分配置が出現する。初見では対処が困難だがこれ自体はクリアへの影響は少なめ。
サビ以降は偏った3〜5個同時押しと混フレの同時押しが続いて取りこぼしやすい。~
またラストは広範囲に渡った同時押しが来るのでシャッターボーナスを大きく減らされる恐れがある。
---同時押し耐性があれば、Lv7上位、無ければLv8下位クラスに感じる。
//---現在のLv8下位と比べると水準が高く感じても違和感はないだろう。
//オリジナル楽曲ではECO FIGHTER、Chance and Dice、Shining Star、Life Connection辺りがclanで8から7に落ちているが、クリア、フルコンがこの譜面と同等か少し難しい譜面となっているのでレベル表記に騙されてはならない。
//pick up埋めのために抜き出して検証してみたけど、確かに7としては水準高かったな・・・。解説長くてすまない。
//記述長いので一部修正。

-&color(blue){逆詐称};
--%%&color(blue){されど奇術師は賽を振る}; [&color(white,orange){ADV};]%% (2022/02/16削除)
---削除されたため、現在、プレイ不可。
---8分配置は少なく、離れ単押し、同時押しが多いもののLv7としては配置が弱い。Lv6下位〜中位程度。

--&color(blue){シル・ヴ・プレジデント}; [&color(white,orange){ADV};]
---中盤の付点8分同時押しとサビ直前の4分階段が少し気になるかもしれないが、リズム難や配置難はなく、ほとんどのパートで単調な8分を刻むだけなのでLv7の要素は存在しない。Lv6中位相当。

--&color(blue){''Sparkle Smilin'''}; [&color(white,orange){ADV};]
---総ノーツが349と、Lv7にしては異例の少なさである。8分以上のリズムが存在しないが同時押しの割合が高い。
---[&color(white,green){BSC};]と同様に裏拍の割合が高く、加えて同時押しの振りが激しい。振り回しの耐性があるかないかでLv5〜6程度と大きく個人差が出るものの、それでもLv7の要素は何一つなく、ノーツ数の少なさもあって総合的にはLv6下位程度。
//決して挑戦段階ではないが、Lv5〜6程度の個人差でLv7の要素は見えない。逆詐称で良いのでは?
//逆詐称に移動しました。

--%%&color(blue){花ハ踊レヤいろはにほ(ハピネス mix)}; [&color(white,orange){ADV};]%% (2022/02/16削除)
---削除されたため、現在、プレイ不可。
---曲合わせでのBPM 174の同時押しが中心だが、リズムや物量、配置などはLv7としては弱い。
---終盤の片側4分+反対側の混合フレーズ及びラストの8分同時押し以外の難所はほとんど無い。Lv6中位程度。

--&color(blue){ピザが食べたくてしょうがない皆さんの気持ちを代弁しました}; [&color(white,orange){ADV};]
---イントロアウトロは4分配置、それ以外は8分中心の歌詞合わせと、このレベルにしては密度が低く配置難もあまりない。Lv6中位相当。
//半分が4分の単押しを占めているので→半分あります???4分かつ単押し配置そんなに無いんですが……snow prismでも間違った記述してたと思うのでそろそろ変なこと書くの辞めてほしいんですが……
//リズムもタイミングもわかりやすいので難しく見られている大半の&color(white,orange){ADV};Lv6譜面よりも簡単。→Lv6中位相当、で終わる表現ですよね。くどい表現しなくても伝わるのでコレも正直書いてほしくないと個人的に思っています。

--%%&color(blue){ふめつのこころ}; [&color(white,red){EXT};]%% (2021/08/16削除)
---削除されたため、現在、プレイ不可。
---総ノーツ436でスタートのみ付点8分があるが、ほとんどがボーカル合わせの譜面であり、16分は存在せず、同時押しを含んだ8分しか存在しない。Lv6下位〜中位程度。

--&color(blue){ミッドナイト☆WAR}; [&color(white,orange){ADV};]
---譜面の一定の範囲は長い4分配置ばかりで全体的に押しやすい。パートが変わってしっかりと出てくる8分配置もLv7というほどの難しさとは言えない。Lv6下位〜中位程度。

--%%&color(blue){UNION}; [&color(white,red){EXT};]%% (2022/02/16削除)
---削除されたため、現在、プレイ不可。
---総ノーツ473でほとんどがボーカル合わせの譜面であり、16分は存在せず、Lv7として難所らしきものはほとんど見当たらない。Lv7といえる難所は斜め同時押し(出張不要+最大で4個)が出てくるぐらい。Lv6下位〜中位程度。

--%%&color(blue){流星ダンスフロア}; [&color(white,red){EXT};]%% (2022/02/16削除)
---削除されたため、現在、プレイ不可。
---このレベルにしては総ノーツが379とかなり少ない上にほとんどがボーカル合わせの譜面であり、わずかに出てくる16分も単調で難しくない。中盤の2+3+5+6+7+8の同時押しや後半の4つ同時押しも比較的簡単に押せるだろう。上記の「UNION」[&color(white,red){EXT};]と同列の難易度とみて問題ない。Lv6下位〜中位程度。

--&color(blue){令和}; [&color(white,orange){ADV};]
---8分単押しの交互連打と連続した同時押しの4分、8分が多くを占める。サビは曲合わせの4個同時押しが中心。ノーツの割には体力譜面でそういった譜面への耐性が求められるが、平均的にはLv6上位程度。
//逆詐称寄りということなので逆詐称に移動しました

-&color(purple){個人差};
--&color(purple){アカリがやってきたぞっ}; [&color(white,orange){ADV};]
---序盤の付点4分(13→9→5→1の繰り返し)、道中の16分2連地帯(左 or 右始動)、付点8分+リズム難の譜面が流れてくるため、処理を間違えるとスコアが出にくくなる。
---サビにはボーカル合わせの「L」押しが連続で出現する。

--&color(purple){[E] [ 2 ]}; [&color(white,orange){ADV};]
---サビのホールド地帯が頻発するため、処理を間違えるとスコアが出にくくなる。
---曲の大部分の配置は非ホールド譜面の[&color(white,orange){ADV};]と比べて、簡略化されている。難易度の耐性によってはこちらの方が楽に感じることもある。

--&color(purple){Catch Our Fire!}; [&color(white,orange){ADV};]
---6+8+11+14の同時押しホールドで始まり、それと同じ位置の同時押しで終わる。
---16分は2小節目で、3段目の右方向の1か所のみだが、BPM 190での休みない8分や付点8分と同時押しが多いためか、総ノーツは''701''と、Lv7最多となっている。
---ノート数の関係で詐称の意見が多く出回っているようだが、基本的には歌合わせや伴奏合わせのタイミングで難しい配置もそうそうないので、高速耐性があるならLv7の中では割合楽な部類に感じるだろう。
// 701ノーツはShare The World(EXT:752)削除以降では最多
// その他特徴がよくわかってないので取り合えずコメントで入れておく
// ちなみにLv7〜8でS以上は結構出ているのに83万と散々だった

--&color(purple){Life Connection [ 2 ]}; [&color(white,orange){ADV};]
---終始3拍子+ホールド主体の譜面でホールドの処理を間違えるとスコアが出にくくなる。
---サビには縦2本同時のホールドが出現する。

**Lv8 [#Lv8]
-&color(red){詐称};
--&color(red){熱情のサパデアード}; [&color(white,red){EXT};]
---全体的に現基準でも強い配置となっており、Lv9.3相当とみられる。
---BPM表記は136であるが、中盤・終盤には3拍子地帯、所謂変拍子も流れてくる。スライド、ゴリ押し、同時押し、出張、リズム難など多くの技術が求められ、かつ総ノーツ(709)も多い総合譜面。総ノーツの関係上、シャッターは後半のサビにおいて、ようやく全開になるため、クリアにも影響しやすい。

--&color(red){50th Memorial Songs -Beginning Story-}; [&color(white,red){EXT};]
---全体的に現基準でも強い配置となっており、Lv9.2相当とみられる。
---BPMは低めではあるが、メドレーによる大量の文字押しと図形ネタ、スライドや乱打など多くの技術が求められ、かつ総ノーツも多い総合譜面。世代によって楽曲になじみがあるかどうかも難易度に影響する。
---ラストは8と思えない16分128連になっているので要注意。

-&color(blue){逆詐称};
--&color(blue){Aftermath}; [&color(white,orange){ADV};]
---イントロから直後、1パネルのホールドの後に3+8→9+14→4+7→10+13の6分配置には要注意だが、16分は4→3→2パネルの1ヶ所のみ。大半はボーカル合わせの単純な譜面。出張もラストの4パネルのホールド拘束のみでホールドをうっかり離してしまうことがない限り、極端に苦戦するような内容ではないだろう。Lv7中位程度。
//最後の記述に違和感があったので修正。なぜ誰も指摘しなかった?

--&color(blue){アンビバレント}; [&color(white,red){EXT};]
---BPM 188とやや速めではあるが、16分配置は前半に横スライドが1回のみしかない。開幕と前半は単メロディ、ボーカル合わせで難しい配置はなく、中盤は付点8分が多いものの配置は単純な譜面。
---サビは大きく振り回す配置があるもののそれ以外で難しい配置はない。Lv7下位程度。

--&color(blue){''All Clear!!''}; [&color(white,orange){ADV};]
---総ノーツ381はLv8としては破格の少なさである。大半は4分配置で構成されており、なおかつ局所難も全く存在しない。難所を強いて挙げるならばホールド中に単押しを数回押す配置があるが、リズム難も少ないのでLv8としては非常に簡単。Lv6中位程度。
//Lv8の難易度とは言い切れない。Lv8は大げさだろう。
//---Lv7として見ても最弱クラスの譜面でLv6でもおかしくない。これに並ぶLv6は普通にある。Lv8入門者は、先にこの譜面をプレーするといい。
//ちょっと書き換えました。COした部分(特に第2項目)は有ってもなくても説明に影響を与えるものでは全くないので、それなら無いほうがマシです。
//現在の基準ではLv8全譜面の格差に大きくブレが生じているため、この項目に太字で記載されている譜面と同様Lv8全体と同列にするのは不自然である。→この論述無くても「逆詐称化どうかの説明」に影響はないですよね?格差にブレ、という表現も正直イミフなんですがいちいちある程度の難易度批評以上の内容を入れなくていいと思います。

--%%&color(blue){オトモダチフィルム}; [&color(white,red){EXT};]%% (2020/06/30削除)
---削除されたため、現在、プレイ不可。
---16分以上の配置は存在せず、メロディ通りのリズム配置となっている。~
同時押しは多いものの、配置自体は比較的単純なので見た目以上に難しくは感じないだろう。出張したほうが楽な場合もあるが、必須の配置はない。
---サビ手前の縦3つ同時押しや、サビの横L字の4つ同時押し付近はやや難しいものの、クリアには大きく影響しない。Lv7下位〜中位程度。
---難易度としては現在のLv7の版権曲とだいたい同じか少し高めの程度なので、ある程度上の難易度に慣れて来た人がプレーするにはちょうどいい譜面でもある。
//今作登場の楽曲のため記述は残しておくべき

--&color(blue){Come to Life}; [&color(white,orange){ADV};]
---それなりに広い範囲で8分単押しからの同時押しに繋がるパートがそこそこあるが、配置自体は見やすく、押すのが難しく見える同時押しなどは存在しない。要所で大きく振り回されるとはいえLv8にしては弱い。Lv7下位〜中位相当。

--&color(blue){ケムマキunderground}; [&color(white,orange){ADV};]
---BPM 200と速めだが、8分までしかなく、リズムも比較的簡単である。更に同時押しは多くが4分であり、左右のどちらかに偏っていることが多いので片手でも取りやすい。
---8分の長複合が中心の「&color(red){''One More Reason''};」 [&color(white,orange){ADV};]と違い、8分は比較的短めであり、立て直しは容易。
---同BPMで譜面傾向の近い「anemone」[&color(white,orange){ADV};]はLv7なので、こちらもLv7下位〜中位が妥当。

--&color(blue){''Sakura Sunrise [ 2 ]''}; [&color(white,orange){ADV};]
---16分以上の配置は皆無。一部分では4分の単押しや同時押ししかなく、8分配置は全体の半分程度しか存在しない。後半でホールド終点に同時押しが絡む地帯があるが、配置は緩い。Lv6上位〜Lv7下位クラス。
//↓譜面が同じなので個人差にあった記述を移しておく。
//---片手でホールドを押しながら、もう片方の手で別のマーカーを捌く箇所が大半を占める。ホールドに気を取られて他の配置を外してしまったり、死角配置を外すことも十分あり得る。16分は存在せず配置は最大8分で、同時押しとホールドの両方に耐性があれば逆詐称と感じるかもしれない。
//そんなことある? 最初の説明は244ノーツ目から267ノーツ目辺りのことかな? 普通に考えて逆詐称になってもおかしくないと思う。
//↑とりあえず代わりの解説を出してみた。ここは念のため残しておく。

--&color(blue){''サヨナラ・ヘヴン [ 2 ]''}; [&color(white,orange){ADV};]
//---総ノーツが566とそこそこの数であるが、ホールドや同時押しで水増ししているだけのようなものであり、
//ノーツ566は平凡なので枕詞として使うとしても意味が弱いです
---ホールド部分を含めて、曲合わせ(メロディーおよび打楽器のうち分かりやすい音)の配置が非常に単調で配置難がどこにも存在しない。ホールド拘束による若干の死角配置があるとはいえ影響は薄い。難易度としてはLv6上位〜Lv7下位で問題ない。
---ただし、伝導不可であるため、現段階でこの譜面をいつでもプレーできるようにするには''TUNE RUNのSAZAE CUPにある「天国の舞踏会」で指定された2譜面と同曲''[&color(white,red){EXT};]''を合計スコア2800000(平均933333)以上でクリアする必要''があり、それ以外の救済も現状存在しないため、普通はLv7前後の適正者が触れることができないのが最大の難点である。

--&color(blue){39}; [&color(white,red){EXT};]
---8分配置中心で16分配置は存在せず、前半はLv8に満たすほどの難しい配置は全然出てこない。サビは密度が上がるが、斜めと中央を使った8分同時押しや、歌詞が盛り上がる地点の5+9+13→右上9個同時押し、サビラストの5個同時押しが難しいくらいで極端な難しさはほとんど感じないだろう。サビ終わりのラストは前半のような単調な配置が最後まで続く。Lv7中位相当。

--&color(blue){思想犯}; [&color(white,orange){ADV};]
---BPM 200と速めだが、8分までしかなく、大半はわかりやすい単押しや同時押ししかない。下方向の8分スライドを含めた8分隣接配置などが目立つがクリアに大きく影響はしないだろう。Lv7下位〜中位相当。

--&color(blue){情熱大陸 [ 2 ]}; [&color(white,orange){ADV};]
---ハネ気味のリズムをキープして叩かなければならないが、ほとんどの配置が単調で繰り返しも多く、難しい押し方を要求されることが全然ない。
---後半ではホールドを押さえながら斜めの16分を処理する必要があるが、この難易度表記にするほど難しい配置ではない。Lv7下位〜中位相当。

--&color(blue){シンクロフィッシュ}; [&color(white,red){EXT};]
--&color(blue){スイーツはとまらない♪}; [&color(white,red){EXT};]
--%%&color(blue){ハム太郎とっとこうた(すーぱーとっとこみっくす)}; [&color(white,red){EXT};]%% (2022/02/16削除)
---「ハム太郎とっとこうた(すーぱーとっとこみっくす)」のみ削除されたため、現在、プレイ不可。
---いずれもある程度同時押しが目立つものの、リズムがとりやすく難しい配置が少ないので現基準のLv8にしては楽な部類。クリアもしやすく、高スコアやフルコンも容易い。いずれもLv7中位程度。

--&color(blue){スーパー戦湯ババンバーン}; [&color(white,orange){ADV};]
---サビで一部の8分同時押しに押し辛さを感じるかもしれないが、リズム通りの単調な8分もそこそこあり、配置のほとんどは押しやすいのでこのレベル表記にする必要性はない。4分配置の割合も多いのでスコアを稼ぎやすい。Lv7中位相当。

--&color(blue){''StaRgAZER''}; [&color(white,orange){ADV};]
---総ノーツは392とLv8としては非常に少ない。符点リズム中心ではあるが、音合わせのLv7としても弱い配置ばかりが続く。ホールドに絡む通常ノーツも殆どない。桂馬配置ホールド直後に死角が生まれやすいため多少注意が必要だが、それを考慮してもクリアに影響はしない。Lv6中位程度。
//上記の「&color(blue){''All Clear!!''};」 [&color(white,orange){ADV};]に次いで→いちいち比較して書かなくて良いんじゃないでしょうか。
//難易度としてはこの項目に太字で記載されている譜面(ただし「&color(blue){''All Clear!!''};」[&color(white,orange){ADV};]は除く)や「&color(purple){''Sparkle Smilin'''};」[&color(white,orange){ADV};]と同じく→All clearのほうが簡単だって書きたいんでしょうけど通じる書き方になっていないし、正直不要ではないですかね。他でちょこちょこ書いている通り「この表記がなくてもLv6上位〜7下位という説明」は出来るはずです。

--&color(blue){ただ君に晴れ}; [&color(white,red){EXT};]
---全体を通して、極端に難しい配置はそんなに出てこない。少し難しいのは中盤の縦2つ同時押しと上段単押しの8分配置の組み合わせ、サビで3つ以上の同時押しが少し出てくるが、少し外しても他の配置で十分切り抜けられるだろう。
---本来なら間奏部分では24分になるはずだが、16分配置になっている。それほど速い動きは要求してこない。隣接しているので落ち着いて対処すればよい。Lv7中位相当。

--&color(blue){Chippin Break}; [&color(white,orange){ADV};]
---ラストに上段で左から曲合わせのタイミングのホールドの連続→4分間隔で左から順にホールド終了となった直後に、真ん中の列で交互の16分が飛んでくるので、初見時はコンボやシャッターボーナスを吹っ飛ばされないように厳重注意。
---ただし、ラスト以外は単調な8分配置ばかりなのでLv8と呼べるような要素は全く存在しない。終盤で軽く16分スライドが出ても感覚で押せる。仮にラストを外しすぎてもスコアは十分届くのでクリアなら逆詐称気味。

--&color(blue){''ツーマンライブ [ 2 ]''}; [&color(white,red){EXT};]
---ある程度は同時押しがあるが、通常譜面と同様、16分配置が全く存在せず、単純なタイミングで8分を刻むだけの譜面。ホールドも後半で増える程度な上に複雑な絡みもないのでとても簡単。Lv6上位〜Lv7下位クラス。

//--&color(blue){toy boxer}; [&color(white,green){BSC};]
//---&color(white,green){[BSC]};''初のLv8''であり、それに分かる通り全体を通して&color(white,green){[BSC]};にしてはありえないくらいに8分配置と付点8分同時押しががズカズカ襲いかかる。初心者や&color(white,green){[BSC]};を中心にプレイしている人はインパクトが強すぎると感じやすいので譜面に対しての多大なる不評が飛び交いかねない。
//---でも逆に言うと、「&color(white,green){[BSC]};はどの曲でも初心者に優しく設計されている」という概念を疑いさえすればひたすら曲合わせで叩けばいいだけなので&color(white,green){[BSC]};ではなく&color(white,orange){[ADV]};によくあるLv8のつもりでやってみるといい。これより難しい&color(white,green){[BSC]};に「yellow head joe」や「Rejoin」などがある。Lv7下位〜中位でも通用する譜面。
//クリアは8妥当だと感じています。リズム難のyhj、縦2連・スライド絡み難配置のRejoinとは根本的に属性が異なる“地力譜面”でスコア易クリア難型の譜面と認識しています。
//あと申し訳ないですがかなり読みにくい文章だと感じます。不評がどうのってのも主語が大きい。またBSCの殊更な強調はするべきでは無いと、旧曲ですが532nm等で指摘されています

--&color(blue){Triple Cross}; [&color(white,orange){ADV};]
---このレベル表記にしては総ノーツがそれほど多くはなく、8分配置も単調でリズムがかなり取りやすい。ラストの方で同時押しの判断をある程度求められるかもしれないが、前半に簡単な4分の単押しも多いので苦戦することはないだろう。実質Lv7下位〜中位。

--&color(blue){Pacify}; [&color(white,orange){ADV};]
---16分配置は存在せず、メロディを簡略化した8分配置がメイン。全体を通して密度差が薄く、ホールドを終点まで離さない限り、集中力を切らさなければ大崩れはしにくい。Lv7中位相当。

--&color(blue){Pretender}; [&color(white,red){EXT};]
---16分や同時押しがほぼ休みなく出てくるが、各配置がメロディー合わせでリズムも取りやすく、Lv8相応の地力が必要な配置がほとんど存在しない。上記の「&color(blue){シンクロフィッシュ};」[&color(white,red){EXT};]や「&color(blue){スイーツはとまらない♪};」[&color(white,red){EXT};]と同じく、同日配信された「マリーゴールド」[&color(white,red){EXT};]より少しだけ難しい程度とみても良いだろう。実質Lv7中位。

--%%&color(blue){Boom! Boom! ヘブン}; [&color(white,red){EXT};]%% (2021/08/16削除)
---削除されたため、現在、プレイ不可。
---8分配置中心で16分配置は存在せず、少し離れた同時押しやまとまった4つ同時押しを出してくる。ただし、Lv8というほど難しく感じさせる押し方はさせてくることはなく、Lv7適正でも十分切り抜けられる。Lv7中位相当。

--&color(blue){Metsysralos}; [&color(white,orange){ADV};]
---中盤に2ヶ所ある付点8分があるものの、8分配置中心で16分配置は存在せず、ホールドを終点まで離さない限り、難しい配置はない。実質Lv7中位程度。

--&color(blue){YONA YONA DANCE}; [&color(white,orange){ADV};]
---8分や付点8分中心で16分2連はサビ手前の2ヶ所しか存在せず、素直なボーカル合わせでこの程度のレベル表記にする必要はない。Lv7中位程度。

--&color(blue){ラブキラ☆スプラッシュ}; [&color(white,orange){ADV};]
---開幕に一瞬だけ16分の交互配置があって戸惑うかもしれないが、配置のほとんどは歌合せの4分、付点8分、8分が中心で難しく見せている配置はほとんどない。何回か出てくる16分横スライドも軽いので反応しやすい。
---ラストで8分が休みなく続いて1番最後に1+4+6+7+10+11の同時押しが来るのはラス殺し気味だが、基本的にはLv8の難易度ではないと言っていい。Lv7中位で十分。

--&color(blue){ロストワンの号哭 [ 2 ]}; [&color(white,orange){ADV};]
---開幕からいきなり8分同時押しで戸惑うかもしれないが、ほとんどの配置自体は歌やメロディーに合わせたものしか存在せず、Lv8相応に難しい要素は何1つ存在しない。サビで一瞬16分→同時押しの部分は間隔が8分になっているので多少引っ掛かりやすいものの、GREATで収まる程度なのでさほど障害にはならないだろう。Lv7中位相当。
---通常譜面にあった接続難要素もこちらでは解消されている。

-&color(purple){個人差};
--&color(purple){Crazy Shuffle}; [&color(white,orange){ADV};]
---縦一列で上下出張を要求される箇所とハネリズムで叩く箇所が激しく入れ替わる。総ノーツは453とかなり少なく(曲が短い「スミスえかきうた」は例外)、1ミスあたりの失点の割合が高い。
---総合力とは真逆の曲者の譜面なので、密度のない前半で傾向を学んでおきたい。

--&color(purple){虚空と光明のディスクール [ 2 ]}; [&color(white,red){EXT};]
---リズムは8分までだが、ホールドを押しながらの8分単押し、同時押しが多く存在する。出張のほうが取りやすいホールド絡み配置も存在するため、ホールド慣れとある程度の研究次第で体感難度が変化する。
//ホールドを押す場所は複数で組み合わせたり、思ったより長い配置もあるので完全初見では他に気を取られたりホールドに集中しすぎてミスを連発する可能性が高い。分業は難しいので出張を駆使して的確に押すことを求められるが、場所さえ分かっていればそれぞれの配置を押しやすいと感じることもあるだろう。
---ラストは左手で14→13→11→10とホールドを順番に押しつつ右手で単押しを処理し、そのまま左手を離さずに右手で2+3+6+8の同時ホールドを押せばよい。
//↑これを詐称に入れるのは大げさすぎないか?
//一応コメントアウトしておく。

--&color(purple){''Juicy''}; [&color(white,red){EXT};]
---全体を通して変則リズムや同時押しが多く、それらに対応できないとスコアを落としやすい。3〜5個の同時押しの連続は初見だと対処がかなり難しいが、度合いによっては感覚で問題なく押せることもある。
---ラスト4小節で急激に配置が変化し、左手のリズム難を押し通しながら右手で同時押しを左手と一緒に取ることとなる。左1列で4分音符を刻む混フレだが、右側3列を強引に右手だけで処理する必要はない。両方に集中を入れないとコンボやシャッターボーナスが吹っ飛びやすいが、酷いLv8に苦しめられた経験が強ければ楽に感じることもあるかもしれない。

--&color(purple){''スミスえかきうた''}; [&color(white,red){EXT};]
---総ノーツ268はLv8として最少ノーツだが、24分配置や16分の同時押しの連続が際立っている。的確に押せないと何があったか分からないまま終わってしまう可能性も十分にあり得る。
---複雑な配置が多いわけではないが、速さ故に外しや誤爆の危険性が高く、初見難易度が非常に高い。事前に動画で予習するか、繰り返しプレイすることによって勝率をあげておくことを推奨する。

--&color(purple){''True Blue [ 2 ]''}; [&color(white,orange){ADV};]
---譜面の半分くらいは非常に単調な配置であるが、一部のパートではホールドを押しながら他の配置を処理することを要求される。特にラストではホールドの拘束が強くなってスコアを削られやすく、ホールド耐性が求められる。
---通常譜面の[&color(white,orange){ADV};]と比べると難易度は控えめで、ホールド耐性さえあれば難易度はLv8でも低め。

--&color(purple){メランコリック}; [&color(white,red){EXT};]
---全体を通して同時押しが多い。手で隠れてしまいやすい死角配置や、同列と斜めが合わさった3つの同時押しと連続した4つの同時押し、中盤で休みなく続く16分に対処できるかによって体感難易度に差が出る。

**Lv9 [#Lv9]

***9.0-9.3 [#Lv9low]
-&color(red){詐称};
--Lv9.0:&color(red){''50th Memorial Songs -The BEMANI History-''}; [&color(white,orange){ADV};] 【適正スコア難度:&color(red){9.3};-&color(red){''9.6''};】
---BPMは低めではあるが、16分配置が多く、しかもイントロの2回出てくる24分スライド(1回目は10→11→5→6→7→8→1→2→3→4、2回目は9→10→11→12→5→6→7→8→1→2→3→4→13の順に出現)が難所。加えて「ABSOLUTE」地帯のスライドは24分で注意が必要。
[&color(white,red){EXT};]ではあまり登場しない交互連打があることにも注意。
---スライド耐性によって個人差が出る。苦手ならLv9.6に感じる可能性がある。平均的には9.3相当。
---なお、総ノーツ573でコナミの語呂合わせとなっている。

--Lv9.0:&color(red){Polaris [ 2 ]}; [&color(white,red){EXT};] 【適正スコア難度:&color(red){9.2};】
---次のパートに入る直前にホールドが設定されていたり、同時押しがホールドになっている比率が高い。同時押しホールドの直後も平然と次の配置が出てくるので、びっくりして手を離してしまうことも十分に考えられる。ラストパートでホールドが連続して降りかかるラス殺しも厄介。
---通常譜面のスコア難易度の高さには及ばないが、こちらも少し手強い。Lv9.2程度。

--Lv9.2:&color(red){''Queen's Paradise [ 2 ]''}; [&color(white,red){EXT};]
【適正スコア難度:&color(red){''9.6''};】
---「同時押し+ホールド」という属性に特化した譜面。前半と後半にホールドが同時押しになって飛び出し、次の配置で出張が飛び出してくるので対応が遅れると大幅にスコアを落としてしまう恐れがある。
特化部分以外が簡単とはいえ、スコアの要は難所にかかっている。Lv9.4-9.7の範囲で体感難易度に個人差が出やすく、平均してLv9.6。
---ホールドと同時押しの複合は見た目だけではその難しさが分かりにくい。同時押しを的確に繋げられる押し方をじっくり考え、何としてでも食らいついていきたい。

//--Lv9.2:&color(red){''世界の果てに約束の凱歌を-jubeat edition-''}; [&color(white,orange){ADV};] 
//EXC動画を拝見したところ、BPM 201でスライドがかなり多く、スコア難易度で詐称の可能性ありと見られます
//(要検証)

--Lv9.2:&color(red){''ドラマツルギー''}; [&color(white,red){EXT};]
【適正スコア難度:&color(red){''9.7''};】
---Lv9全体どころかLv8としてもノーツが少ない部類だが、一方で再生時間がかなり短く、各パートで高い物量が押し込まれている。曲自体のリズムもかなり難しい。
---BPM 149とやや遅めながら、前半は直角に移動する、もしくは急に離れた配置に移動する16分配置が絶えずに飛び出してくる。後半は同時押しが増えて、その中にも単押しの16分が絡んでくるので見た目以上に認識が難しい。これらの配置は適正以下だとまともに押すことがかなり難しく、Lv9.7以上の地力が欲しいところ。
---一部の隣接配置を捨てるとクリアすら危うくなるため、強引に繋げたほうがいい。

--Lv9.2:&color(red){''LIKE A VAMPIRE''}; [&color(white,red){EXT};]
【適正スコア難度:&color(red){''9.7''};】
---BPM 276だが、倍取り設定のため実質BPMは半分の138となる。
---しかしながら配置をよく考えないと片手でゴリ押し4連となる中盤や、終盤の一目では処理が追いつかない8分配置(BPM 138換算だと16分)で片手の強引な動きを要求されるなど、Lv9前半では不適当な、交互だけでは間に合わない「HYDRA」[&color(white,red){EXT};]にも似た片側処理が多く見られる。忙しい配置の締めとなる2個 or 4個着地同時押しも、唐突な配置のため外しやすい。
---リズムパターンはこの手のロック楽曲になじみの深いパターンだが、スコアの上げにくさはLv9.7以上に匹敵すると思われる。

//--&color(red){''Lv9.3 Icicles [ 2 ]''}; [&color(white,red){EXT};]
//解説の方お願いします

//--&color(red){Lv9.3 ダンシング}; [&color(white,red){EXT};]
//---前部のリズムが9.3にしては厳しいほうで、他の新曲と比較すれば9.5適正に見ればいいのか?
//↑sahara、pegasus等と同じ編集者と思われますが、議論がまだひと段落ついていない以上秩序を乱す行為は避けて下さい。
//↑議論はひと段落してない?残りの進行中はLv10の区分け議論(+このCOと同時に提案したクリア難易の表示色について)だけで、曲解説追加と並行でいいでしょうという話にもなってる。
//もちろん機械翻訳文をCO無しに張り付けられても困るけど、流石にまだ曲解説表示すんなってのは違うと思われ。
//随時解説お願いします
//↑追記が行われないまま2021/08/16削除

-&color(blue){逆詐称};
--Lv9.0:&color(blue){Catch Me}; [&color(white,red){EXT};]
【適正スコア難度:&color(blue){8};】
---16分配置や同時押しが多いものの、BPMが遅く速い動きを要求されることがない上に、このレベル相応に押すのが難しい配置も存在しない。曲自体が遅いので同時押しに対処すること自体は困難ではないだろう。Lv8中位程度。

--Lv9.0:&color(blue){''茶渋シンドローム''}; [&color(white,red){EXT};]
【適正スコア難度:&color(blue){''8下位''};】
---サビの5つ同時押しが初見殺し気味だが、このレベルにしては''16分配置が一切存在せず''割と単調な単押し、同時押しの8分の繰り返しやそれ以上に単調な配置しか出てこないのでこのレベルに達するほどの難しさはない。4分配置も多いのでかなりスコアを稼ぎやすい。Lv8下位程度。
//先ほど確認したら16分配置が一つもありませんでした

--Lv9.0:&color(blue){TOON MANIAC}; [&color(white,red){EXT};]
【適正スコア難度:&color(blue){8};】
---随所に上下の離れた同時押し、ラストに少し変わった形の4つ同時押しが何回か出てくるが、16分は少なく8分中心でこの表記レベルに達するような難所はなく高いスコアが出しやすい。Lv8中位程度。

--%%Lv9.0:&color(blue){花ハ踊レヤいろはにほ(ハピネス mix)}; [&color(white,red){EXT};] 【適正スコア難度:&color(blue){8};】%% (2022/02/16削除)
---削除されたため、現在、プレイ不可。
---16分は少なく8分中心で、2つ〜4つの同時押しを局所で出しながら歌と伴奏に合わせて押し通すことになるが、繰り返し配置もあってか現在の基準でLv9に到達するほどの難所は比較的少ない。
---同時押し自体は比較的わかりやすいタイミングで出てきてくれるので構えやすく、少し外しても単押しで十分回復できる。「外側両サイドの16分交互連打→内側の8分同時押し」のラス殺しが外しやすいので厄介だが、他の配置でスコアが上がっていればクリア〜Sくらいまでは問題なくいけるだろう。
---「ハム太郎とっとこうた(すーぱーとっとこみっくす)」よりは勿論難しいが、適正Lv自体は8中位で十分。16分の交互連打や同時押しの練習として使ってもいい。

--Lv9.1:&color(blue){''恋 No リセットゲーム!!!!!''}; [&color(white,orange){ADV};]
【適正スコア難度:&color(blue){''7上位''};-&color(blue){''8下位''};】
---BPMはかなり速いがメロディー合わせの8分が中心で、''16分配置が一切存在しない''。
---強いて言えばサビの横向きホールドの後に出てくる斜め同時押しや縦向きホールド直後の上下単押しが外れてしまわないよう注意したほうがいいものの、それでもLv7上位〜Lv8下位程度。
//---下記の「&color(blue){''つぼみ [ 2 ]''};」&color(white,red){[EXT]};と並んでLv9入門にオススメ。
//↑さすがにLv7は下げすぎと思う。
//↑そんなことはない。clanで7に落とされたのがどう考えてもありえないのに詐称にならない赤譜面が3つほどある
//横から。“詐称にするかどうかは議論でやるべき話”なのでウダウダ言うなら旧曲側の該当する場所でやりましょうね。
//その該当曲はなんとなく察してますが、動画情報以外での理由提案が何もないから止まってるのであって、意図的に止めるクソ野郎がいるという話ではないです。
//あと一部の曲じゃなくて平均的な難易度帯の想定をしましょうねと。一部曲でゴリ押しされても困ります。
//Shining Star、ECO FIGHTERの2曲は一応詐称表記されてますよね。(Chance and Diceは動画すらない=新規理由0なので現時点で載せられてないのは妥当でしょう)
//どちらにせよ基準が定まりきってない曲を引き合いに出してる上、超局所難・ラップゴリ押し(・意味不明採譜)に当てはまらない曲に対して比較を何度もしようとしているのは相当に悪質だと思います。
//↑適正難易度で7-8と表記されていますが、解説文では7上位クラスと断定していることに違和感を感じるのですが、皆さんはどう思いますか?“7上位-8下位程度”などに表記を修正したほうがいいのでは…
//"7上位-8下位程度"に修正しました

--Lv9.1:&color(blue){''つぼみ [ 2 ]''}; [&color(white,red){EXT};]
【適正スコア難度:&color(blue){''7上位''};-&color(blue){''8下位''};】
---BPMが速めで曲の中盤でホールドを最上段で押さえながら下の8分配置を押す配置が初見殺しだが、それ以外の稼ぎは多いので通常譜面の[&color(white,red){EXT};](Lv8)と同様、このレベル全体で見てもかなり弱め。Lv7上位〜Lv8下位程度。
//---clanでLv8に降格した元Lv9の[&color(white,red){[EXT]};]譜面、今作で降格したか詐称扱いで昇格していないほとんどの[&color(white,orange){[ADV]};]譜面と比べると非常にクリアしやすく、スコアも出しやすい。Lv7上位〜Lv8下位程度。
//---上記の「&color(blue){''恋 No リセットゲーム!!!!!''};」&color(white,orange){[ADV]};と共にLv9入門にオススメ。
//clan云々は新規層にとって意味のない文章かつ近くにある文章同士でおすすめ下記あっても冗長なのでCO

//--&color(blue){''Lv9.2 [A]ddiction''}; [&color(white,red){EXT};]
//逆詐称? そんなことはない
//↑ドラマツルギーと比較してるんじゃないか?元の提案者はそっちがあまりにもきつかったからこれを逆詐称にしたのかもしれないよ。

--Lv9.2:&color(blue){''みくみくにしてあげる♪【してやんよ】''}; [&color(white,red){EXT};]
【適正スコア難度:&color(blue){''8下位''};】
---サビの「ミ」「ク」を模した文字押しが初見殺しだが、難所はそこぐらい。それ以外はイントロを除いて8分までのリズムしか無く、配置もかなり押しやすい。Lv8下位程度。

--Lv9.2:&color(blue){ゴーストルール}; [&color(white,red){EXT};]
【適正スコア難度:&color(blue){8};】
--Lv9.3:&color(blue){妄想感傷代償連盟}; [&color(white,red){EXT};]
【適正スコア難度:&color(blue){8};】
---どちらもこの付近のレベルの譜面と比べると難所や難配置が少なく、スコアを伸ばしやすい。
---「&color(blue){妄想感傷代償連盟};」はTUNE RUNのMURU CUP「のんびり、ゆったり、ほがらかに。」ボス曲だが、完走する上ではむしろ2曲目が鬼門と言える。
//ただし、現在2曲目候補となっている「タンクトップは似合わない」[&color(white,red){EXT};]と比較するとどちらが易しいかは個人差があるかもしれない。
//↑両方で「適正スコア難度:&color(blue){8};」と記載されているため「Lv8上位」を消去。また、「タンクトップは似合わない」が削除されているので課題曲変更されていると思われるので情報求む。

--Lv9.3:&color(blue){Samba Ramba}; [&color(white,red){EXT};]
【適正スコア難度:&color(blue){9.0};】
---最初の方に初見では対処が難しい同時押しが飛び出してくるが、他の場所はこの付近の難易度相応の要素は見当たらない。Lv9.0前後。

-&color(purple){個人差};
--Lv9.0:&color(purple){''X-Plan''}; [&color(white,red){EXT};]
【適正スコア難度:&color(blue){8};-9.0】
---8分の単押しと同時押しが各所で連鎖的に飛び出し、16分配置は存在しない。''BPM 250''と8分の移動速度が驚異的な速さであり、挑戦段階では配置についていけなかったりスタミナ切れを起こしやすい。
---サビ地帯の混フレは初見だと戸惑いやすいが、歌に合わせて同時押しが来るということを覚えておけばある程度は有利になるだろう。

//--Lv9.0:&color(purple){''turn into white''}; [&color(white,red){EXT};]
//【適正スコア難度:&color(blue){8};-&color(red){''9.9''};】
//---程よい速さなおかつ曲調が綺麗で、誰にでも好かれそうなとても輝かしい楽曲だが、~
//''前半と真ん中に&color(red){右下から左上に向かって右斜め上方向に進む16分配置};が2小節ずつ、計4小節登場''し、配置が見えるのにかなり押しづらいせいで表記レベルの妥当性を否定する声が多い。そこばかりに集中しすぎていると前半の「!」の同時押しや13+16→9+12の8分からの10→11→14→15の16分に対応しきれない可能性があり、ラスト4小節直前の内側16分→外側下半分16分からの5+8→1+4の8分同時押しにも注意が必要。
//---ただし、それらを除けばこのレベルにしては見やすく押しやすい配置が多いので、クリア目的であればLv8適正でも12分に追いつける。達成したい目的によって体感難易度が変わりやすいため、パートをよく覚えてそれぞれの位置で対応するといいだろう。
//竹取記述者と同一ですかね。文章めちゃくちゃです。CO置いてと書いたのに無視されてるし……
//初っ端冗長、読みにくいのもそうですが、2回の濁流もどき斜めスライドを考えても『S基準』で8-9.9評定にはまずならないはずなのでCO掛けます。
//右下から左上に向かって右斜め上方向に進む16分配置が2小節ずつ、計4小節登場でも難しいのに適正スコア難度8はどう考えてもあり得ないな。

--Lv9.1:&color(purple){''アモ''}; [&color(white,red){EXT};]
【適正スコア難度:&color(blue){9.0};-&color(red){9.5};】
---全体の4分の1を占める、開幕ボーカル終わりからのワブルベース地帯はLv10クラスの難解な出張同時押しラッシュ。~
一方で曲の大半を占めるボーカル部分は、ラスサビで若干出張が多いものの基本的にはLv8相当。
---本ページ基準のスコアS以上を狙う場合は個人差の範疇だが、SS以上を狙う場合は詐称と言えるだろう。
//---全体の4分の3を占めるボーカル部分はLv8程度の落ち着いた配置続きだが、残り4分の1のブレイクコア部分は難解な出張同時押しが連発しLv10にも匹敵する瞬発力を見せている。<=日本語がおかしいしブレイクコアじゃないし
//---「Lv8適正で十分クリアに届く」「Lv10適正でスコア詰めに頭をひねる」この2つの中間層のスコアが横並びになる物量緩急譜面と言える。<=表現意味不 毎回指摘突っ込んでる気がするんですが。

//下記4曲の太字解除。太字基準に満たない程度の上下限であれば太字乱用は読みにくくなるだけです。
//また日本語もおかしいところを諸々修正。アモでも書いてますが流石にメチャクチャが過ぎる、正直他曲も大量にそういうのがあるけど校閲が全く追いつかないのでせめてCO挟んでいただきたく……これ3回ぐらい書いてる気がするんですよね

--Lv9.1:&color(purple){スペースカーニバル [ 2 ]}; [&color(white,red){EXT};]
【適正スコア難度:&color(blue){8};-9.1】
---ホールドを押しながらの出張強制や、同時押し中にホールドが混ざっていたりする譜面。ホールドに気を取られやすく、特に死角配置を見逃しやすい。~
一方でホールド絡みの配置は特別難しいものではないため、同時押しとホールドの両方に耐性があれば逆詐称と感じるかもしれない。
---ちなみに、開幕部分と中盤の間奏部分の配置は通常譜面の[&color(white,red){EXT};]と比べて大幅に簡略化されている。難易度基準の耐性によってはこちらの方が楽に感じることもある。

--Lv9.1:&color(purple){Din Don Dan}; [&color(white,red){EXT};]
【適正スコア難度:9.1-&color(red){9.3};】
---BPMは低めなものの、16分乱打と同時押しラッシュ、そこで形成される混フレによって個人差が出やすい譜面。乱打の直後に同時押しが来る仕組みになっている。~
特に中盤の配置が広いのでわずかでも外してしまうと立て直しが難しくなる。
---序盤と終盤で頻発する''グーサイン押し''は5つ同時なので片手で取ろうとすると取りこぼしやすい。直後にも8分間隔でノーツが配置されていたり、ラストは引っ掛けがあるのも注意。
---同時押しと乱打に耐性があればスコアはかなり上がりやすい。

--Lv9.2:&color(purple){Apex of the World}; [&color(white,red){EXT};]
【適正スコア難度:9.2-&color(red){9.4};】
---1番最初のパート以外は休憩が殆どない譜面。~
サビ手前の8分同時押しやサビの広範囲隣接配置、間奏/アウトロのギター合わせ16分乱打はLv適正では厳しい。
---2回のギター地帯の終わりには一瞬だが24分配置があるので注意。特にアウトロ側はスライド中に処理が必要で高難度。
//---一部の同時押しでは出張を駆使したり、乱打は見える限り押し通すなどして、全てのパートで食らいついていきたいところ。
//ぶっちゃけ9.2適正に感じる人はそう多くないのでは。

--Lv9.3:&color(purple){シル・ヴ・プレジデント}; [&color(white,red){EXT};]
【適正スコア難度:&color(blue){9.1};-&color(red){9.5};】
---隣接した速い8分の同時押しは誤爆しやすく、形をよく見て瞬時に正しく対処する必要がある。~
歌が終わる瞬間に出る「上段全部+中心右斜め」の6つ同時押しは前置きがないので注意。
---ただし、曲自体は一部のユーザー間において知名度が高く、また知らなくても曲調は分かりやすい部類。下位譜面を先にプレイするなどしておけば体感難易度は下がるだろう。

***9.4-9.6 [#Lv9mid]
-&color(red){詐称};
//--&color(red){Lv9.5 The Kingsroad}; [&color(white,red){EXT};]
//--&color(red){''Lv9.5 Six String Proof''}; [&color(white,red){EXT};]
//上2曲の記述お願いします

--Lv9.5:&color(red){''すきなことだけでいいです''}; [&color(white,red){EXT};]
【適正スコア難度:&color(red){''9.8''};】
---後半の同時混じり16分乱打中心の配置は誤爆しやすい配置が多く、特に終盤の24分スライド混じりの16分乱打でLv9中位でも特に難易度が高い。~
総ノーツ773のうち半分は乱打で、BPM 140で早くないがスコア難易度はLv10下位クラス。
---また、同時押しも桂馬押しが多く、癖が付きやすいので粘着は非推奨。
//適正スコア難度Lv10はいいすぎかも

--Lv9.5:&color(red){''Hopeful Frontier!!!''}; [&color(white,orange){ADV};]
【適正スコア難度:&color(red){''10.3''};】
---&color(red){''危険曲!''}; スライドが非常に多い。BPM 298と超高速にも関わらず''16分''のスライドも多数存在する。
---''ランクS難易度は並のLv10譜面に匹敵する程の詐称''。エクセを狙う人は更に注意。
//↑情報量が少ない上での必要な情報であるはずなのに、COする意味がわからない

--Lv9.5:&color(red){''リリーゼと炎龍レーヴァテイン''}; [&color(white,orange){ADV};]
【適正スコア難度:&color(red){9.8};】
---前半難。3連は[&color(white,red){EXT};]と配置もリズムも大体同じで同時ホールドがなくなっている程度なのでそこまで難しくないが、それでも前半の難しさを考えればLv9.8程度の詐称クラス。後半はホールド拘束が出てくるのが同じだが、配置が前半と比べ優しいので稼ぎどころとなる。

--Lv9.5:&color(red){''ロストワンの号哭 [ 2 ]''}; [&color(white,red){EXT};]
【適正スコア難度:&color(red){9.8};-&color(red){''10.2''};】
---984ノーツでホールド譜面化した分のノーツ数が上昇しており、通常譜面を難化させた物量譜面となっている。
---通常譜面からの変化として、両手でバランスよく処理することができた場面を片側ゴリ押しにして、一歩ずつ体力を削ってくる。ラストのドラムパターンでイントロと同じ精度を再現できずに、体力を奪われていることを実感するだろう。

--Lv9.6:&color(red){SigSig [ 2 ]}; [&color(white,red){EXT};]
【適正スコア難度:&color(red){9.8};】
---939ノーツとレベル9最上位クラスの物量が脅威。通常譜面と違いラストの乱打は少なくなっているものの、代わりにそれ以外の場所の密度が上がっている。
---序盤はホールド絡みの配置が厄介で、上下出張が必要な部分も多い。中盤からは同時押し混じりの8分配置で上下に振ってくる。全体的に休憩ポイントが少なく、体力を要する。

--Lv9.6:&color(red){''灼熱Beach Side Bunny''}; [&color(white,orange){ADV};]
【適正スコア難度:&color(red){''10.3''};】
---ほぼ休みなく乱打やスライドが降り注ぎ、要所で出張やホールドが絡む全体難な地力譜面。[&color(white,red){EXT};]でも通用する複雑な音取り(採譜)をしており、挑戦段階や初見ではなかなかリズムを掴みにくい。
---ラストの発狂も24分スライドが容赦なく出てくるため、シャッターボーナスを失いやすい。総合的に見ると''Lv10下位レベルの詐称''。
//叩き台として作成。他に強調が必要な部分などありましたら、適宜編集頂ければ幸いです。
//個人差あるかもしれないが、正直10.1〜10.2の10弱程度の難しさはあると思う

--Lv9.6:&color(red){''pedigree''}; [&color(white,orange){ADV};]
【適正スコア難度:&color(red){''10.0''};】
---前半はかなり易しい配置だが、後半から9.6とは思えない配置が終わりまで続く。10.0はある。
---特にホールドが絡む終盤はLv9でも最上位に入る難しさ。見切れないうちはLv9.9以上に手を付けない方が良い。
//Qubell以前までのレベル10に匹敵する難易度。
//新規プレイヤーも見るページでQubellは古い

//そこそこ跳ね上がり幅の大きいと思われるHopeful以外のLv9の危険表示を削除(旧曲側と基準統一)

-&color(blue){逆詐称};
--Lv9.5:&color(blue){Light Shine}; [&color(white,red){EXT};]
【適正スコア難度:&color(blue){9.2};】
---曲自体のリズムが独特ではあるが、メロディ合わせの配置で、同時押しの位置やホールド、16分配置も押し方さえ把握できれば弱め。中盤の回転離れ同時押し→単押しと同時押しの16分の組み合わせが特に注意が必要という程度。Lv9.2程度。

--Lv9.6:&color(blue){Life Connection [ 2 ]}; [&color(white,red){EXT};]【適正スコア難度:&color(blue){9.3};】
---ホールドを押しながらの出張が多いものの、それぞれの配置のリズムが決まっていて似たような配置が多く、このレベル帯としては難易度が低い。
---前半の16分スライドや後半の同時押しホールドは初見だと対処が難しいが、出現位置や方向は比較的認識しやすいと思われる。Lv9.3程度。

-&color(purple){個人差};
--Lv9.5:&color(purple){''Sakura Sunrise [ 2 ]''}; [&color(white,red){EXT};]【適正スコア難度:&color(blue){9.2};-&color(red){9.7};】
---前半は結構簡単な配置が多く、一定時間はホールドが全く絡んで来ない。だが、ホールドがあるところは必ず同時押しや順番で飛び出し、近くの配置が手で隠れてしまいやすいので配置を分かっていないとコンボが切れてしまう可能性が高い。後半は同時押しが増えるので、ホールドに気を取られすぎて同時押しの順番の読み取りが難しくなる。
---ホールド絡みの同時押しが取れないとLv9上位クラスと感じるかもしれないが、ホールドの絡み方は必ず"ひし形""十字""X"のいずれか、つまり『お花を模した形』となっている。パターンさえ理解していれば同レベル帯の曲と比較しても案外スコアは伸ばしやすいだろう。

--Lv9.5:&color(purple){''情熱大陸 [ 2 ]''}; [&color(white,red){EXT};]【適正スコア難度:&color(blue){9.1};-&color(red){9.8};】
---2回登場する「前半メインフレーズ」では、弦楽器の音に合わせて隣接した同時押しを左右交互で打ち出してくる。しかも、ホールドになっている所となっていない所が入れ替わったり、連続してホールドになっていたりする。
---「後半メインフレーズ」では、弦楽器の音で右側ホールドと縦スライド、打楽器の音で左側の別フレーズを要求してくる。特に真ん中パートの横スライド交じりが最大の難関と言っていい。
---ホールドを見切れなかったりスライドを外してしまうなど、初見やホールドの苦手意識が高いと非常にスコアを落としやすいが、ホールドがどの位置に来るかをを理解できるなら配置は割と見やすく、回数を重ねれば自然とミスを減らせるだろう。また、間奏部分は繰り返しなので稼ぎやすい。

--Lv9.5:&color(purple){MODEL FT2 Miracle Version}; [&color(white,orange){ADV};]
【適正スコア難度:9.5-&color(red){''10.0''};】
--Lv9.5:&color(purple){MODEL FT2 Miracle Version}; [&color(white,red){EXT};]
【適正スコア難度:9.5-&color(red){''9.8''};】
---Lv10を除き、Lv9台として[&color(white,orange){ADV};]と[&color(white,red){EXT};]が小数まで同じLvという珍しい楽曲。
---GITADORAシリーズのBASSパート(音はギター)[&color(white,orange){ADV};]、GUITARパート[&color(white,red){EXT};]をそれぞれ踏襲した譜面。特に移植元のGITADORAで触れていればクリア自体は楽かもしれないが、そうでなければレベル表記以上に感じやすい。
---終始ゴリ押しが大半を占めるため、得意であればレベル表記相応の難易度だが、苦手ならば特に[&color(white,orange){ADV};]はLv10下位クラスに匹敵する。

--Lv9.6:&color(purple){Agnus Dei}; [&color(white,red){EXT};]【適正スコア難度:9.6】
---片手2個同時押しにホールドと非ホールドの組み合わせが頻発し、どちらの指を離すべきかで左右の腕ではなく指レベルの判断力を求められる。~
非ホールドマーカーをホールドマーカーに合わせて押しっぱなしでもセーフとなる場面は多いので、判別を無視してホールドマーカーに合わせるのもあり。
---配置自体は8分同時が多いので、これらの見切りを苦にしないのであればスコアは伸びやすい。

--Lv9.6:&color(purple){''Winter Gift 〜クリスピーからの贈りもの〜''}; [&color(white,red){EXT};]【適正スコア難度:&color(blue){9.1};-9.6】
---離れた同時押しと12分のリズムで構成されており、広範囲で似たような配置が長く続いていく。時々出てくる16分横スライドを外してしまったり、偏った12分交互連打に対応できないとスコアを大きく落としてしまう。その反面、リズムや譜面の特徴を頭に叩き込んでしまえば無意識にいい判定を出せるのでスコアも出やすくなるだろう。
---真ん中部分のホールド絡みの場所は押し方さえ間違えなければ対処は容易。ちなみに、開幕とラストのホールドの押し方は順番が違えど押す形は同じになっている。

--Lv9.6:&color(purple){''おーまい!らぶりー!すうぃーてぃ!だーりん!''}; [&color(white,red){EXT};]【適正スコア難度:&color(blue){9.3};-&color(red){9.8};】
---伴奏パートやサビパートでほぼ休みなく連続した16分配置が飛び出してくるのでかなり高い物量を持っているが、一部の難所を除いて配置自体はリズムのパターンを押さえていれば自然に押せてしまうことが多い。パート移行の際に配置が緩くなるので立て直しもできるだろう。十分に回復できるなら表記にしてはむしろ楽な部類である。
---2回のサビで「縦2つ同時→単押し→空けて3つ同時→単押し→中3つ同時」という配置と2回目サビ手前で「1+2+7同時直後に16分交互下方向」という配置も的確に押せるようにしておきたい。桂馬押しがあるときは出張したほうが有利になるし、ラストは「離れた4つ同時押しが2回ある」と覚えておくといい。

--Lv9.6:&color(purple){''Chippin Break''}; [&color(white,red){EXT};]【適正スコア難度:&color(blue){9.3};-&color(red){9.8};】
---前半パート全部とサビ以降の一部配置は逆詐称クラスの配置しかない。ただし、サビや終盤でのホールド8分→16分スライドからの分散した16分での段移動がスコアを落とす原因になりやすい。
---終盤に差し掛かる時も急に16分の交互連打が出てきたり、全く休みなしで16分のスライドが出るため、「繋がるけど光らない」ような事態に悩まされる可能性もある。
---見ただけでは楽だと思われがちだが、ほとんどは後半の16分がスコアの主導権を握っている。上を目指したい場合は速い16分を何とかするしかない。

***9.7-9.9 [#Lv9high]
-&color(red){詐称};
--Lv9.7:&color(red){追憶のアラウカリア}; [&color(white,red){EXT};]【適正スコア難度:&color(red){9.9};】
---逆詐称気味のLv9上位が多いfesto楽曲としては異色の骨のある譜面。全体的にリズム難で、トリルに相当するスライドや交互打ちの速さを正確に把握していないとスコアが伸びないタイプの譜面。~
特に後半の左右偏りZ字型4連打ちは出張も使いたいところ。スコア難易度的には、最低でもLv&color(red){9.8};-&color(red){''9.9''};相応。
---Lv9内でのEXC難度に関しては、「''Crosswind''」[&color(white,red){EXT};]や「''Stella Sinistra''」[&color(white,red){EXT};]などと同等の最上位評価となるだろう。
//Exc難度の比較に関して、Condor(EXT)は運指を組む課題がはっきりしていることと、Excの障壁となる局所発狂の度合いが低いことから、Lv9上位までの評価にとどまっているため、外させていただきます。

--Lv9.9:&color(red){Still Lonesome}; [&color(white,red){EXT};]【適正スコア難度:&color(red){10.1};-&color(red){10.2};】
---jubeatシリーズ全体としては4曲目のLv9.9。
---スライドとHOLDが中心のリズム難譜面で稼ぎどころが少ない。さらに総ノーツも607と非常に少ないため、必然的に難所についていける地力が必要となる。
---中盤は誤爆を誘いやすい難所だが、そこを抜ければアウトロはやや緩めで約10万点の稼ぎが見込める。超発狂や長い乱打は無いためクリア自体はLv9.9妥当。スコア面はLv10.1-10.2相当で、段階的に壁を感じやすい。
//誰か記述をよろしく
//スコアが10.1-.2程度なら詐称扱いが適していると思うので、詐称に移植。

-&color(blue){逆詐称};
--Lv9.7:&color(blue){幸せが鳴る夜に}; [&color(white,red){EXT};] 【適正スコア難度:&color(blue){9.5};】
---サビの中間とラストにk形(2+6+8+10+11+14+16)の配置が2回くるが、その他にこの小数点表記として目立つ配置はない。9.5程度。
---SS以上を狙う場合は8分での中抜き横移動(8→4+12→7→3+11→6→2+10→5→1+9、など)でも個人差が存在する。S以下狙いではこの横移動のノーツ割合は低いため、他を稼ぎにすれば苦手でも問題はない。
//↓個人差に移されていた時の記述とそれに対しての議論のCO
//---クリアだけならサビの中間とラストにk形(2+6+8+10+11+14+16)の配置が2回くるのが大きな難所だが、スコア面だと中央→その上下同時の8分パターンによる横スライド(8→4+12→7→3+11→6→2+10→5→1+9、など)が脅威となる。クリア難度9.5程度、スコア難度10前後か。
// 9以上はスコア基準ならむしろ逆に詐称じゃ?
//クリアもスコアも寧ろ逆詐称クラスなのでCO。横スライドという表記は謎だが、8分のあの配置は脅威どころか練習曲レベル。
//↑結局「自分が出来るから」ですか?未解禁プレイヤーがTUNE RUNで解禁させるために選曲するのはオススメできない。というかスコアに関しては出張耐性次第でヘタなLv10より難しく感じることも。
//8分中心の時点でスコアSベースだと弱いし、“難所とされている”8分中抜き横移動8セットが全体の14.5%、k押しが2.1%なので大したことないんじゃないですかね……?弱い側で個人差出る配置だとは思いますが、稼ぎが多量にある時点で9.6-7譜面と比較しても明らかに劣ると思います
//少なくともLv9上位はないよね。SSS基準だと人によって微妙なところあるかもだけど、SSくらいまでなら9.5レベルやね
//中抜きは魔理沙でも苦しめられた記憶があるからなぁ

--Lv9.8:&color(blue){''タンポポ''}; [&color(white,red){EXT};]【適正スコア難度:&color(blue){''9.3''};】
---BPMが速めだが、大半が8分のボーカル合わせのリズム。初見だと出張配置が少し見切り辛いが、その他は9上位たりえる程の難しい配置はない。9.3相当。

--Lv9.8:&color(blue){Right Time Right Way}; [&color(white,red){EXT};]【適正スコア難度:&color(blue){9.5};】
---終盤までは16分も殆ど無くLv9最下位相当のかなり優しい譜面。終盤の斜め同時押し地帯がかなり見切り辛くラス殺し気味だが、それでもシャッターが軽いこともありLv9.5で収まる範囲内。

-&color(purple){個人差};
--Lv9.7:&color(purple){''雨上がりの空に''}; [&color(white,orange){ADV};]【適正スコア難度:9.7-&color(red){''10.2''};】
---序盤と終盤に16分の乱打や横3連が続く。特に終盤の連打は重シャッターも相まって強めのラス殺しになりうる。BPM 160と中速であるため餡蜜がしにくいのがネック。
---サビのリズムは歌詞合わせであるものの同時押しが多く密度が高いうえに見切りづらい。
---ゴリ押しが得意であればレベル表記相応の難易度だが、苦手ならばレベル10下位クラスに匹敵する。

--Lv9.7:&color(purple){''Noob実況24時!''}; [&color(white,red){EXT};]【適正スコア難度:&color(blue){''9.1''};-&color(red){''10.0''};】
---前半の16分乱打と、突発的な出張や3つ以上の同時押しが初見殺し。休憩パートがほとんどないため、少しでも対処が遅れるとミスが積み重なってスコアを大幅に削られてしまう。後半は16分が少なくなるが、8分同時押しが容赦なく襲い掛かる。ラストには外側で横→縦と3つ同時押しの8分で大きく振り回され、横と縦を合わせて5つ同時押しで着地するので、的確に対処できないとシャッターボーナスを落とされる可能性もある。
---譜面全体の構成が読み取れないと非常に苦戦しやすいが、同時押しなどの配置自体は比較的分かりやすいものが多いため、ある程度覚えていたり特性を理解してしまえばほとんどのパートでスコアを回復に回せる。パートごとの配置を瞬時に見極めることが高スコアへの近道となるだろう。

--%%Lv9.7:&color(purple){''Over “Quartzer”''}; [&color(white,red){EXT};]【適正スコア難度:&color(blue){9.5};-&color(red){''10.0''};】%% (2022/02/16削除)
---削除されたため、現在、プレイ不可。
---前半に7〜8個の同時押しが頻発するため注意。無理押しではないが、手が小さい場合ベチャ押しでもポロポロ抜けてしまう可能性があるため、出来るだけ配置の暗記をして余裕を持って押せるようにしておきたいところ。
---サビで3回来る隅抜けの回転はこのレベル帯にしては厳しい配置ではあるが、前述の同時押しとこの回転以外は基本ボーカル合わせの逆詐称クラスの譜面になっている。文字押しなどの多くのパネルを使った同時押しが苦手な場合、表記以上の難易度に感じる可能性がある。
//同時押しの形が珍しく得意不得意が大きく割れやすいので、こっちは太字でいいと思う。

--Lv9.7:&color(purple){POSSESSION}; [&color(white,orange){ADV};]【適正スコア難度:9.7】
---左右(1:3分割)で分けることを想定した[&color(white,red){EXT};]を弱体化した混フレ譜面だが、ほとんど8分主体のため、突発的な出張配置だけ注意すればスコア難易度は下がる。

--Lv9.7:&color(purple){unisonote [ 2 ]}; [&color(white,red){EXT};]【適正スコア難度:9.7-&color(red){''10.0''};】
---ホールドの拘束がかなり厄介。ホールド1つ1つが全体的に長いことに加え、拘束中に別の指で処理を強いらせる配置が多い。
---サビは無印と全く異なり、裏の音を取るリズムのため、意表を突かれやすい。前述のホールドとも相まって初見難易度は高い。ホールドが苦手な場合&color(red){9.8-''10.0''};程度に感じるかもしれない。

--Lv9.8:&color(purple){WELCOME TO MOTOWN PARK}; [&color(white,red){EXT};]【適正スコア難度:&color(blue){9.5};-&color(red){10.0};】
---ホールド絡みや出張、片側に偏った交互押しなどトリッキーな配置が多い。曲の展開も多く、慣れないうちはLv10にも感じられるだろう。
---しかし、上記の配置は9.3-9.5辺りで散見される要素の寄せ集めであるため、理解してしまえば9.8の中ではむしろ楽な部類。曲の聴き込みや譜面研究が特に重要だと言える。
//9.8→10.0は太字対象外。9.7→10.0だとかろうじて太字も考慮対象な気はしますが9.8については太字は外していいという認識です

--Lv9.8 &color(purple){zeeros}; [&color(white,red){EXT};]【適正スコア難度:9.8-&color(red){10.0};】
---偏り配置やピアノ伴奏合わせの微発狂、スライドといった光らせにくいところと易しい部分の緩急が激しい譜面。特に後半はかなり光らせにくい。最後はリタルダンドの一瞬だけBPM 146まで減速するので目押し必須。クリアはLv9.6‐9.8だが、スコアはLv9.8上位。偏りが苦手だと&color(red){Lv10.0};に感じるかもしれない。

**Lv10 [#Lv10]

***10.0-10.3 [#Lv10low]
-&color(red){詐称};
--Lv10.1:&color(red){Pegasus}; [&color(white,red){EXT};]【適正スコア難度:&color(red){10.3};】
---左右の振り回しが激しく、リズム難と配置難を兼ね備えた譜面。特に目を引くのはサビ直前、「''Never See You Again''」[&color(white,red){EXT};]のラストを彷彿とさせるような32分発狂。それ以降の配置とリズムも10.1を大きく逸脱している。
---偏った配置は基本16分のため出張は必須と思われる。その為譜面をある程度把握しなければかなり取りこぼしてしまう恐れがある。
---前半は稼ぎであるため全て光らせておきたいところ。それでも全体で見ると10.2強-10.3中程度はあると感じられる。

--Lv10.1:&color(red){''50th Memorial Songs -The BEMANI History-''}; [&color(white,red){EXT};]【適正スコア難度:&color(red){10.3};-&color(red){''10.4''};】
---開幕の24分斜めと縦スライドは脅威。全体は16分乱打とホールド拘束が多く、初見難易度が非常に高い。
16分乱打に関してはほぼ全部非交互(交互ならPARANOIA地帯の1箇所のみ)であり、BPMが高くないとはいえ、そこで光らせるのは10.1として難しい。
---ラストの16のホールドしながら離れの横2つ同時が降ってくる、フルコンを狙うつもりはないのなら16を捨てた方が無難。
---総ノーツ696と重シャッターで、さらにPOOR誘発しやすいのホールド拘束が多く、シャッターボーナスの全回収が非常に困難。スコアはLv10中位はあるか、クリアは10.2以上に欲しい。

-&color(blue){逆詐称};
//オススメ記述削除。旧曲側の危険曲云々にも関連しますが「太字」表記のみで十分という認識。
//clan云々もここを参照する人にとって最早想像できる情報じゃないのでこれも削除、ただただ読みにくい。

--Lv10.0:&color(blue){''Get on the Floor''}; [&color(white,red){EXT};]
【適正スコア難度:&color(blue){''9.6''};】
---中速で細かいゴリ押しを求められる所こそ多数あるが、全体を通してほぼLv9中位程度の見切りやすい配置が続き、難所と言える箇所はかなり少ない。
---リズムもかなり分かりやすいこともあり、Lv&color(blue){''9.6''};相応の逆詐称。地力が高ければ&color(blue){''9.5''};以下に感じるかもしれない。
//元が10なので太字基準は10弱側の0.3に寄せていいのではないかと。9の基準の0.5以上差でなくともいいのではという話です。10.0→9.6はそこそこ大きい変動の印象です

--Lv10.0:&color(blue){''Surf on the Light''}; [&color(white,red){EXT};]
【適正スコア難度:&color(blue){''9.1''};】
---左1列と別配置の軽い同時押しが交じる混フレ譜面だが、ほぼ8分で構成されており、Lv10たりえる難所はほぼ皆無。何度か出てくる16分も左右交互で捌けるので押しやすい。混フレ耐性の個人差を考慮してもLv&color(blue){''9.1''};程度。

--Lv10.0:&color(blue){''StaRgAZER''}; [&color(white,red){EXT};]
【適正スコア難度:&color(blue){''9.4''};】
---中速ホールド+混フレ処理が主体。と言っても密度は低く16分は3連まで、シャッターも軽い。視認難・付点8分タイミング難ではあるもののLv10としてはかなり稼ぎやすい。総合してLv&color(blue){''9.4''};程度。
---外しやすいTAG文字押しホールドは、途中でホールドが外れないよう、できれば指先だけで押さえられる形を組むことをオススメする。

//--&color(blue){Lv10.0 僕らの時間}; &color(white,red){[EXT]};
//ハネリズムで光らせにくい上に9要素があまりない気がするんですが・・・逆詐称ではないと思います、少なくともレベル妥当。
//譜面の密度はあまり高くないのでリズムさえ覚えればLv9.7-9.8ぐらいかと思われます。
//流石にレベル妥当かと。常時跳ねたリズムに加えてホールド絡みとなると光らせるのが困難、あとイントロ部分は10挑戦レベルでゴリ押しが身に付いていないと普通に難所になると思いました。
//逆詐称? そんなことは聞いてないな。

--Lv10.0:&color(blue){''ミッドナイト☆WAR''}; [&color(white,red){EXT};]
【適正スコア難度:&color(blue){''9.5''};】
---16分自体は多いが、特に前半配置の予測、立て直しが容易。間を置いて出てくる同時押しもそこまで難しいものはない。Lv&color(blue){''9.5''};程度。
---ちなみにラストは「真ん中2段で右斜め右方向→真ん中2段で左斜め左方向→下段3つ同時押し→上段3つ同時押し」となっているため、シャッターを閉じないよう注意。

--Lv10.0:&color(blue){''Wuv U''}; [&color(white,red){EXT};]
【適正スコア難度:&color(blue){''9.3''};】
---Lv10としては単押し、同時押しが単調な配置が比較的多く、Lv9がS以上でそこそこクリアできる腕前であれば繋げる、光らせるのには全然問題ない配置がほとんど。
---スコアの難所は16分の横2列移動や外周移動があるが、スコアSに影響するほどの分量ではない。Lv&color(blue){''9.3''};程度でLv9.8で上記の「&color(blue){''タンポポ''};」[&color(white,red){[EXT]};]と同程度の難易度。
//---序盤では上に偏った16分配置、その後に外側の左と上に進む16分配置があり、本気で押そうとすると外しやすいが接続だけなら餡蜜が有効。外しすぎても周辺が楽なので十分回復はできる。
//中盤は16分と同時押しが交互に出たり、下の16分配置と上の配置を同時押しにするところがあるものの、少し外しても次のパートの同時押しで回復可能。~
//終盤は右か左に偏った16分がいくつかあったり少しだけ認識が難しい同時押しもあるが、それらを押し通せなくても周辺が案外簡単なのでここでもスコアは伸ばしやすいだろう。
//---いずれの配置も現在の他のLv9で多く登場するものとされ、難易度基準の耐性によってはclan以降でLv10から降格した譜面、Lv8で強い詐称や警戒レベルの個人差を受けている譜面より楽に感じるかもしれない。平均的には&color(blue){Lv9.2-9.4};くらいか。
//Lv9下位〜中位クラスの逆詐称。分業では取りにくい16分や偏りの配置が出てくるがいずれもLv9以下でも出現するものであり、Lv10挑戦クラスの人でも楽しんでプレーできる。

--Lv10.1:&color(blue){''Life Without You''}; [&color(white,red){EXT};]
【適正スコア難度:&color(blue){''9.8''};】
---リズム難によるタイミングの合わせ場所の難しさや出張による大胆な不意打ちが多いものの、Lv10にしてはそこそこ押しやすい単押しや同時押しが比較的多いので、古い基準でLv10として難しかった譜面よりは取っつきやすく感じることがよくあるかもしれない。Lv&color(blue){''9.8''};程度。
//ずっと隠されてたのでとりあえず書いてみた

--Lv10.3:&color(blue){Virtual Bit}; [&color(white,red){EXT};]
【適正スコア難度:&color(blue){10.1};】
---何度か来る高速同時ラッシュは対策必須だがそれ以外は特に難所と言える部分は無い。
---中盤の上下交互乱打は上下段→中段の8分交互の後、16分となって同じ配置を2回繰り返すというパターンとなっている。
事前に同じ配置の8分交互が来てくれるおかげで16分交互の準備がしやすく、本来なら難所となり得る上下交互乱打の配置もある種易化されている。Lv10.1程度の逆詐称。

--Lv10.3:&color(blue){''Sparkle Smilin'''}; [&color(white,red){EXT};]
【適正スコア難度:&color(blue){''9.8''};】
---8分中心の同時押し寄り譜面。休憩が少なく、サビ以降では同時押しの移動が出張交じりや変則的な形で強くなっていく。
サビ手前の12分大回転や終盤の16分スライド、ラストの同時ラッシュ→2+4+5+14(直前は3+12→7)がスコアの難所だろう。
---配置そのものはおおよそ曲通りで、リズムも素直なのでスコアは自然と上がりやすいだろう。難所への耐性次第で体感難度も大きく変わるが、総合的に見ると&color(blue){''9.8''};程度。
//---詐称扱いされている現在のLv9最上位譜面や以前はLv10だった譜面の大半は今でもスコア難易度が非常に高く、これらで苦しい経験をしていればより一層楽に感じるだろう。このようなスコア難易度の感じ方は「&color(purple){''革命パッショネイト''};」[&color(white,red){EXT};]や「&color(purple){''ラブキラ☆スプラッシュ''};」[&color(white,red){EXT};]も同じである。
//文章冗長じゃないですかね。あと稼ぎ多いので逆詐称でいいのでは
//Lv10.1程度の逆詐称。
//これは個人差というよりは逆詐称ではないかと思います。
//逆詐称に移動しました

-&color(purple){個人差};
--Lv10.1:&color(purple){Midsummer Madness}; [&color(white,red){EXT};]
【適正スコア難度:10.1】
---随所に出てくる「上→下→中」の16分処理でスコア差が出る。両手で出張するか、片手で気合押しするか悩みどころ。どちらを採用するにしても、曲のどこで左右どちら側に出てくるかの対策は必要。
---しかし、全体としては10.1相応なので、Lv10では手を付けやすい。

--Lv10.2:&color(purple){Our Love}; [&color(white,red){EXT};]
【適正スコア難度:&color(blue){10.0};-10.2】
---同時押し主体の譜面。終盤で難化するが、前半はLv9上位〜10最下位程度の稼ぎであるため、総合して難易度相当。高速なので誤爆に注意。

--Lv10.2:&color(purple){''革命パッショネイト''}; [&color(white,red){EXT};]
【適正スコア難度:&color(blue){''9.8''};-10.2】
---ひなビタ♪楽曲初のLv10を冠した譜面。
---ほぼ休みなく8分で同時押しや上下の振りを要求され、反応が遅れたり取り方を間違えているとスコアを大きく落とされてしまう。全てが同時押しではなく、単押しとの複合も存在するため、どこで単押しが来るかを的確に判断することが求められる。同時押しが片側に偏っているときは両手で取るといいだろう。
---ただ、16分配置は比較的少なく、隣接させてスコアを削らせるような要素はほとんど存在しない。同時押しも移動が多い分、複雑な押し方を要求されることはそうそうないので、問題なく押せるのであればLv10にしてはスコアが比較的上がりやすいだろう。耐性によっては「&color(blue){''Wuv U''};」[&color(white,red){EXT};]より少しだけ難しいくらいに感じるかもしれない。

--Lv10.2:&color(purple){Glitter Cube}; [&color(white,red){EXT};]
【適正スコア難度:&color(blue){10.0};-&color(red){10.3};】
---終盤の長い発狂がスコアアップを阻む。それ以外も終始偏った16分配置が多く登場するため稼ぎとなる場所が少ない。
ホールドは中盤と最後のノートに登場するのみだが、中盤のホールド地帯もやや難しい。
---ピアノ押しやスライドの得意不得意で10.0以下-10.3以上と個人差が出やすい。

--Lv10.2:&color(purple){Sahara}; [&color(white,red){EXT};]
【適正スコア難度:&color(blue){10.1};-10.2】
---前部の出張配置が難易度に比べて難しい。頻繁なソフランもスコア難易度を上げる原因。しかし、全体で見ればそれほど難しくなく、10挑戦クラスでもBは達すると思われる。
同作者の楽曲かつ譜面のタイプが近い「Slluuddggee」[&color(white,red){EXT};]が問題なく出来ればこちらも出来ると思われる。

--Lv10.2:&color(purple){''Spica''}; [&color(white,red){EXT};]
【適正スコア難度:10.2-&color(red){10.4};】
---16分が多い譜面。400ノーツ過ぎの休憩までは比較的優しいが、サビ以降の後半は「''Niflheimr''」[&color(white,red){EXT};]のような蛇行スライドや「''Prey''」[&color(white,red){EXT};]のような四隅に偏った配置、スライドが続き、10.2らしからぬ難所が目立つ。クリア難易度はLv9上位程度だが、スコアとなると地力次第でかなり上下する。スライドや16分が苦手だとLv&color(red){10.3};-&color(red){''10.4''};下位程度の詐称格に化ける。
//↑詐称として扱われていたので、一旦詐称として解説文を入れてみました。ただ譜面的に個人差寄りにも感じるので、ご意見頂きたいです。例え詐称としても太字はないかなと思いますが
//とりあえず詐称としてリスト化することとします
//確認できてなかったのですが10.5以下の0.1差は記述対象外です。10.4に片足突っ込んでる気もしなくもないですが一旦評価基準がゴチャゴチャにならないようにCOします。
//緩急のつき方としては532nm(EXT)がよい比較になり、向こうよりも正直な配置とリズムに恵まれて、難所もとりあえず拾う押し方は可能、と見て個人差が適切と考えております。
//↑やはり個人差ですよね。難所だけ切り取れば10.5近くはあるけど、全体としては10.2相応だと思うので、リスト化するとしても個人差が適当ですね
//この流れでイキナリ無言CO解除しないでもらえないですかね。せめて何かコメント入れてください。
//↑私を含め個人差の意見が強いので個人差に移植しました。

--Lv10.2:&color(purple){''December in Strasbourg''}; [&color(white,red){EXT};]
【適正スコア難度:&color(blue){10.1};-&color(red){10.4};】
---総ノーツ数610は「sola [ 2 ]」[&color(white,red){EXT};](594)に次ぐLv10少ノーツで、複雑なリズムでのゴリ押しの中に頻繁に出張必須の配置が出現し、稼ぎとなる部分がほぼ存在しない。
---BPM 115の16分ゴリ押しに追い付けるかどうかが評価の分かれ目で、上からだと弱い、下からだと強いクリア難譜面と思われる。

//↓いくらなんでも適正スコア難度9.5はいいすぎではないのか? それから24分が存在するのに記載がないけど
--Lv10.2:&color(purple){''Laughin' Muffin''}; [&color(white,red){EXT};
【適正スコア難度:&color(blue){''9.5''};-10.2】
---密度はかなり高いが、前半から終盤直前にかけての配置は比較的見やすく、Lv9上位に苦しめられるような地力でもミスを連発するような構成ではない。
//---終盤での休みない16分配置だけが本気であり、地力によってはどこでコンボを切らしてしまうかわからない恐怖と闘うことになってしまう。無理にスコアを出そうと思わず、ミスが出ても諦めずに挽回するように残りを叩いていけば好成績を出せる可能性も見えてくるだろう。
---終盤での休みない16分配置と24分配置が難所であり、地力によってはどこでコンボを切らしてしまうかわからない恐怖と闘うことになってしまう。無理にスコアを出そうと思わず、ミスが出ても諦めずに挽回するように残りを叩いていけば好成績を出せる可能性も見えてくるだろう。
---それぞれのパートにおいて同じような16分配置が出てくるので、スタミナの配分を考えておかないと精度が落ちてしまうことも十分あり得る。

--Lv10.2:&color(purple){''ラブキラ☆スプラッシュ''}; [&color(white,red){EXT};【適正スコア難度:&color(blue){10.0};-10.2】
---Lv10らしく16分の乱打や一定の間隔で出てくる同時押しが多めだが、配置自体はリズム含め単純。一部箇所は瞬発力が必要な場所やNGゾーンに注意したほうがいいが、分量は多くない。
---ラストは16分の途切れる場所がやや複雑ではあるが、見えたものを押すだけでもしていればスコアを大きく落とされるようなことはないだろう。
---初見難易度は比較的高いものの、回数を重ねることでスコアを更新しやすい。譜面の傾向は上記のLv10.0で逆詐称に入っている項目や「&color(purple){''革命パッショネイト''};」[&color(white,red){EXT};]に近い。
//10.2→10.1は逆詐称記載記述範囲外なので個人差へ差し戻し

//--Lv10.2&color(purple){ラプンツェル}; [&color(white,red){EXT};]
//順当なLv10.2という感じの難易度。Lv10弱クラスでは易しすぎず難しすぎない譜面

--Lv10.2:&color(purple){ワールズエンド・ダンスホール}; [&color(white,red){EXT};]
【適正スコア難度:&color(blue){10.0};-10.2】
---plus版からの譜面変更はなく、配置のバリエーションは左右反転までにとどまっており実際の対応はともかく脳内でのイメージはしやすい。
---頻繁な出張配置は外しやすいものの、それを克服できるとスコアは一気に上昇・安定する。フルコン難、スコア易の評価となるだろう。

--Lv10.3:&color(purple){Endless Beats ⇔ Endless Parties}; [&color(white,red){EXT};]
【適正スコア難度:&color(blue){10.1};-10.3】
---BPMが152と中速な上にリズム難。スコア難易度は得手不得手によって上下する。中盤のホールド混フレ地帯は1,2,5,9,13,14が左手、残りを右手で捌くといい感じの分業になる。重シャッターのため基本は10.3適正と思われるが、人によっては10.1-10.2に感じることもある。

//--&color(purple){Lv10.3 Catapulted Arch}; &color(white,red){[EXT]};
//解説お願いします

--Lv10.3:&color(purple){最小三倍完全数}; [&color(white,red){EXT};]
【適正スコア難度:10.3】
---所々に最上列+最下列の出張必須の配置がある。それ以外極端な詰め配置や長い8分配置がないので、落ち着いて対応すれば問題ない。
---サビ以降は勝負所、3個の同時押しがメイン、中には出張要請もあり、終盤手前の縦スライド4本も注意。
---常に上下分業を意識すれば体感難度が下がるか、クリアに関しては10.3の中には弱い部類に入る。但し、666ノーツでLv10では少なく、1ノーツの配点が大きいということから、出張耐性がない場合クリアがかなり厳しいと感じることもある。

--Lv10.3:&color(purple){少女、摩天楼へ}; [&color(white,red){EXT};]
【適正スコア難度:&color(blue){10.2};-&color(red){10.4};】
---中盤と後半にある他のLv10.3の曲には無い長い16分乱打が最大の難所。交互かと思えば唐突に非交互も混じってくるため、ペースを崩しやすい。乱打が得意ならLv10.1上位-10.2、苦手なら10.4程度になる。

--Lv10.3:&color(purple){''ネリと琥珀糖''}; [&color(white,red){EXT};]
【適正スコア難度:10.3-&color(red){''10.5''};】
---前半終わり頃に下から上へ流れる連続スライドが来るが、曲のどの部分に合わせているのかが非常に分かり辛く、元々光らせることが難しい配置のスライドが更に難しくなっている。
---それを抜けた後はワンパターンな直角スライドをアウトロまでひたすら繰り返す配置となっている。前述の2つの配置以外はLv9.0クラスの稼ぎであり、またスライドが多いためクリア面は逆詐称クラス。しかしスコアを狙う場合、縦スライドと細かいスライドの比率が高いため、特にスライドが苦手な場合はLv10.4-10.5程度に感じられるかもしれない。

--Lv10.3:&color(purple){voltississimo}; [&color(white,red){EXT};]
【適正スコア難度:10.3】
---BPM 225の上に常にアクセル全開の曲なので、このレベル帯に慣れていない人は速さで振り落とされる可能性がある(他の超高速楽曲も緩急はある場合が多いので)。ラストが左2列の点対称配置に、最後の一打が1,3,14と非常に嫌な出張配置で来ている。
---高速スライドも多く、このタイプの譜面が得手不得手かどうかによって体感難度は上下すると思われる。ラストには譜面傾向でも近いLv10.3:「Diastrophism」[&color(white,red){EXT};]を彷彿とさせる高速スライドラッシュが来る。あちらがBPM 228なので、どれくらい速いかはイメージしやすいだろう。

***10.4-10.6 [#Lv10mid]
-&color(red){詐称};
--Lv10.4:&color(red){''VALLIS-NERIA [ 2 ]''}; [&color(white,red){EXT};]
【適正スコア難度:&color(red){10.5};-&color(red){''10.6''};】
---長めのホールド拘束+8分乱打やホールド+16分処理が多い。ホールド側の手で取ったほうが楽な箇所も存在する。
---中盤のホールドが絡まない乱打は左手で右から2列目(またはその逆)が出来れば大きな稼ぎ地帯となる。
---「Megalara Garuda」[&color(white,red){EXT};]と譜面傾向が似ているが極端な交互難、認識難配置が少ないのは救いか。ホールドへの耐性次第だがLv10.5-10.6相当。
//加筆お願いします
//---ホールドが頻発し、出張や片手で8分や16分配置を取ることを強いられる場面が多い。譜面の傾向は「Megalara Garuda」[&color(white,red){EXT};]に近く、Lv10.4としてはあまりにも強すぎる。Lv10.6相当。
//これは加筆とは言わないでしょう、情報量がほとんど増えていないのでただの水増しです。

--Lv10.4:&color(red){''X-ray binary''}; [&color(white,red){EXT};]
【適正スコア難度:&color(red){10.5};-&color(red){''10.6''};】
---全体的に音取りのパターンが多数あり、特に中盤の混フレ地帯は曲をよく聴き込まなければバーが真っ青になる恐れがある。
---前半やサビはV[&color(white,red){EXT};]のようなスライドでは取れない配置が続く為、ゴリ押し力が問われる。
---サビ前の24分交互→´て瓜の配置や、左右対称になっている同時押し+ホールド地帯、ラス殺しなど、Lv10.4としては逸脱した部分がある。道中も強めの部類に入るため、総合するとLv10.5クラス。このレベル帯の楽曲でありながら、初日にEXCが出なかったことから、スコア難易度はそれ以上に匹敵する可能性もある。

--Lv10.4:&color(red){''Catch Our Fire!''}; [&color(white,red){EXT};]
【適正スコア難度:&color(red){10.5};-&color(red){''10.6''};】
---BPM 190と1026ノーツという高速物量に加えて16分乱打・出張・折り返しスライド・回転スライド・ホールド拘束・文字押しと多くの要素が詰まっているため総合譜面と言える。
---間奏のピアノ地帯が非常に強烈であり、長い16分乱打や回転→半回転のスライドが来る。回転前に16分+同時押しの高密度な配置があるため、態勢が整わないままスライドを処理すると大きなロスになる可能性もある。
---前半サビは同時押しの割合が高くリズムも掴みやすいためここで稼いでおきたい。ノーツが多いためとにかく多く拾うべき。Lv10.5-10.6クラス。

--Lv10.4:&color(red){''Beyond the BLUE''}; [&color(white,red){EXT};]
【適正スコア難度:&color(red){10.5};-&color(red){''10.6''};】
---ホールドしながら24分スライドを処理させる配置、2,4,10,12をホールドしながら6→7→8と押させる配置等予めどのように押すか決めておかなければ処理できない配置が多い。
---間奏に「Wowie Zowie!」[&color(white,red){EXT};]のように全体をくねるようなスライドがあり、尚且つリズムも分かり辛いものとなっているため要注意。クリアを狙うのであれば全てなぞるのがオススメ。
---BPMが遅く乱打も無いため''テクニック特化''の譜面といえる。求められるスキルはこの難易度表記にしては高く、クリア・スコア共に10.5以上はあると感じるだろう。

--Lv10.5:&color(red){In Your EyEs}; [&color(white,red){EXT};]
【適正スコア難度:10.5-&color(red){10.6};】
---「The Wind of Gold」[&color(white,red){EXT};]をはじめとしたkors k曲の譜面によく見られる左1列混フレがメインとなっている。
---後半になるにつれて右3列が忙しくなっていき、特に「k」押しの後からは右手だけでは到底追いつかない配置となっているため要所要所で左手も使わなければならない。
---練習曲は「Our Faith」[&color(white,red){EXT};]。配置の難しさは「Our Faith」[&color(white,red){EXT};]ほどではないが、こちらはそれよりBPMが高く、また物量もあるため、闇雲にやるだけではスコアは伸びない。どのようなリズムを刻んでいるのかを見極める必要がある。難易度は混フレの得手不得手で差が出来るだろう。
//解説が詐称よりの内容のため移植しました

--Lv10.5:&color(red){True Blue [ 2 ]}; [&color(white,red){EXT};]
【適正スコア難度:&color(red){10.6};】
---前半16分地帯は配置がとにかく偏っていて運指を予め考えておかないとろくにつなぐことすらできない。中盤には捌きづらい非交互乱打や片手処理、サビを含む後半は16分による片側でホールド拘束しながら乱打させる構造でLv10.5にしてはかなり難しい。
---リズムも非ホールド譜面の[&color(white,red){EXT};]とは大きく異なるので、非ホールド譜面の[&color(white,red){EXT};]のリズムでやるとかえって困惑する。ハンクラによる研究は必須。
---クリア狙いならホールドや終盤の乱打などはある程度捨てても問題ないが、それでも終始難所が続くうえに、体力も必要。
//---かなりの危険曲であり、クリア難度は低くても10.5強-10.6弱。スコア難度はLv10.6クラスの詐称。プレーの際は注意が必要。
//10.5→10.6は記述対象でこそあれ太字基準にはならないので色々処理

--Lv10.5:&color(red){Proof of the existence [ 2 ]}; 
[&color(white,red){EXT};]【適正スコア難度:&color(red){10.6};】
---サビの配置が非常に難解。ホールドの量も多く安易に捨てることが出来ず、ホールドの取り方の研究をしなければコンボを繋ぐことすら難しい。総ノーツの少なさも相まってクリア難易度もスコア難易度もLvの割には高い。
---無印にあった横スライドが全て2×2で収まる回るようなスライドに変わっているため稼ぎ部分も少ない。

--Lv10.6:&color(red){Our Faith [ 2 ]}; [&color(white,red){EXT};]
【適正スコア難度:10.6-&color(red){10.7};】
///---ホールド含みでも739ノーツで通常版より86ノーツ少ないため、スコア難易度は高い。通常版の左1列混フレではなく、難しいホールド絡み配置やサビの右1列混フレで10.6相応の難しさとなっている。
---通常版の左1列混フレではなく、難しいホールド絡み配置やサビの右1列混フレで10.6相応の難しさとなっている。さらにホールド含みでも''739''ノーツでシャッターが重いため、スコア難易度は10.6にしては高い。
---中盤はバスドラ抜きメロディーに沿っての16分配置、その中同時または出張配置も混ざっており、通常版に比べて決して容易というわけではない。
---後半のリズムが取りにくいの上ホールド絡み配置は嫌らしいという点は移植元のRbと同じ、ただでさえリズム難はありながら所々ホールドが混ざってくる、そこでうっかり手を離れてミス誘発しやすい。
---通常版と同じくRbとはリズム取りが異なることにも注意が必要。

--Lv10.6:&color(red){''LAST OATH''}; [&color(white,red){EXT};]
【適正スコア難度:&color(red){10.7};】
---festoシリーズ屈指の技術系総合譜面。劇団レコード曲特有のリズムで、頻発するホールド拘束、忙しい縦出張ラッシュ、見切りにくい乱打や同時押しなど、Lv10上位以上で見られる特徴の詰め合わせのような譜面をしている。
ホールド拘束&乱打地帯は「pedigree」[&color(white,red){EXT};]や「Prayer」[&color(white,red){EXT};]程ではないが、ホールド耐性がないとなかなかきつい。
---クリア狙いならホールドはある程度捨てても良いが、ノーツが''808''と少ないため、頻発する出張配置はなるべく取らなければならない。スコアはSS以上となると運指を考えて組まないとどうにもならない。
---個人差が大きく、クリア・スコア難度共に10.6上位以上。極端に苦手だと&color(red){10.7};クラスに感じるかもしれない。
//↑旧曲側に基づき、Lv10.6の詐称譜面について解説と合わせたスコア難易度の表記に変えました。太字に関しては10.6自体が上位の部類に入ること、詐称評価されている2つの理由から外していません。問題があればまた修正よろしくお願いします。 1/15
//旧曲に合わせて太字表記を一度見直しました 1/22

--Lv10.6:&color(red){''リリーゼと炎龍レーヴァテイン''}; [&color(white,red){EXT};]
【適正スコア難度:&color(red){10.7};】
---総合力を問われ、出張や配置難、終盤は認識しづらいホールドが目立つ譜面。
休憩もほぼ無く、BPMも200と速いため、ノート数903とそこそこの物量の割に忙しく体力を奪われやすい。Lv10.6としてはかなり強め。
---ラストにかけて配置難、密度ともに増していくため、無駄に体力を使わないよう心がけたい。
---リズムとホールド配置はRbのHARDが近い、同機種経験済みのプレイヤーは若干有利となるだろう。

--Lv10.6:&color(red){''ROCK ju''}; [&color(white,red){EXT};]
【適正スコア難度:&color(red){''10.7''};&#8211;】
---1000ノーツという物量を誇る体力譜面。
---16分乱打は''ほぼ全て非交互''となっている。言い換えれば常に配置難の乱打が襲ってくることになる。また曲が進むにつれて上下の振り回しも激しくなるため体力も持って行かれやすい。
---どのタイミングで乱打が非交互になるのかなどの見極めができ、更にそれを光らせる地力も求められる。屈指の物量譜面であり尚且つテクニカルな譜面とも言える。
---闇雲に乱打を処理するだけではまともに光らせて貰えない点においては他の物量譜面とは一線を画すものがあり、Lv10の上位譜面に挑める実力をつけている場合でも注意すべき。クリア、スコア共に10.6上位以上。物量慣れしていない人は&color(red){''10.7''};以上に感じるだろう。
//記述が重複していたのでCOを削除した
//10.6最上位表記が混乱を招くとのことなので旧曲側に合わせて修正

-&color(blue){逆詐称};
--Lv10.4:&color(blue){''SPACE INASAKU''};[&color(white,red){EXT};]
【適正スコア難度:&color(blue){''9.7''};】
---総ノーツ621でかなりの少ノーツ。ホールド拘束難要素が絡むが、非ホールド側は複雑な運指が求められない単押しがメインで、リズム取りも12分のため多少ゆっくりとなり、クリアラインを割る危険性はかなり低い。
---ホールド拘束前後の罠配置と視認難によってホールドすべき腕の左右を間違えやすいものの、それでもそれ以外の要素が10.4にしては弱すぎる。&color(blue){''Lv9.7''};程度。

--Lv10.5:&color(blue){''splash!''};[&color(white,red){EXT};]
【適正スコア難度:&color(blue){''10.2''};】
---16分音符を含む複雑なパターンは後半の山場にしか存在せず、道中は8分処理が主体で落ち着いて譜面を読むタイプ。よほど大きく取りこぼすことがなければ、難所までの積み重ねでクリアに必要な点数のストックは作れる。
---後半山場のシンセリフパターンは複雑な形ではあるが、パターンを理解できなくても現れたマーカーを追いかけるだけなら中速BPMのおかげで厳しくはない。&color(blue){''Lv10.2''};程度。

--Lv10.6:&color(blue){''Hades Doll''}; [&color(white,red){EXT};]
【適正スコア難度:&color(blue){''10.3''};】
//---10.6としては逆詐称との意見有り。スコア難度は10.3〜10.4程度?意見お願いします
---中盤とラスサビは、同時押しや縦連、偏り配置などがあり少々難しいが、全体的に稼ぎの比重の方が大きいので、Lv10.6にしては弱い。スコアは&color(blue){''10.3''};が妥当。

--Lv10.6:&color(blue){ゆめのかなたで};[&color(white,red){EXT};]
【適正スコア難度:&color(blue){10.4};】
//ページ基準はクリアではなくSなので場所変更
//ここスコア難易度基準だったんですね
---BPM 217と1008ノーツの高速物量譜面であるが、難所は高い認識力とごり押し力が必要な終盤の不規則な16分スライド地帯ぐらいで、それ以外はリズムに素直な易しい地帯になる。
---スコア難易度は稼ぎが多いため逆詐称クラス。クリアは終盤のスライドと桂馬同時地帯が鍵となる。

-&color(purple){個人差};
--Lv10.4:&color(purple){''サヨナラ・ヘヴン [ 2 ]''}; [&color(white,red){EXT};]
【適正スコア難度:&color(blue){''10.0''};-10.4】
---管楽器(ティン・ホイッスル)の音にホールドおよび32分3つスライドを合わせたホールド譜面。ホールドを適切なタイミングで離したほうが押しやすい箇所と、離してはいけない箇所が混在するため研究がものを言う。
---特にホールド絡みで忙しいのはラスサビ前半で、たとえば1ホールド+「4単押し開始・13始点の32分スライド絡み」のような大移動配置が目立つ。ラスサビ後半は2重の32分スライドや32分スライドの終点が3個押しになるが、ホールド拘束成分はかなり弱くなる。~
その他、イントロ終わり(アウトロ)のホールド拘束混フレも難所といえる。
---一方でBPMは低く稼ぎ箇所も多いため、ホールド力もしくはゴリ押し力があればページ評価基準のS取得については比較的容易。32分配置そのものは通常譜面[&color(white,red){EXT};]と同タイミングなので曲慣れしていない場合はそちらをプレーするのも有効だろう。

//
//長い。譜面解説内容にしても、日本語としても怪しい部分あり。何度も指摘しているのですが…… The following sentences are too long to read and "little funny expression" exists.
//
//---序盤と終盤の間奏部分とサビ全般で、片手で長いホールドを押させながら同時押しや32分スライドを多発させてくる。曲自体の遅さも相まって終点までの時間が長いため、手を離すタイミングを見誤ったり成り行きに任せて軽く押すだけではホールドのミス判定によってコンボがブチブチ切れてしまう。しっかりとホールドを押せたとしてもガチガチに拘束されるのでその間に容赦なく単押しと同時押しの組み合わせや高速スライドが割り込み、押し方が甘いと順番間違いによる誤爆やスライド抜けが出てしまいやすい。特にラスサビは同時押しとスライドの順番をかなり複雑に出してくるので一番厄介。
//---しかしながら、ホールドの特性を除けばLv10.1以上に出てくる乱打や瞬発力が必要な難配置は一切出ないと言い切ってもよく、割と多くの配置でゆっくりかつ比較的単調な16分の単押し、8分の同時押ししか出てこない。それらによってこのレベル表記にしてはスコアも自然と上昇しやすく、出張もそれほど苦にはならないだろう。
//---解禁のために、TUNE RUNのSAZAE CUPにある「天国の舞踏会」ではこの譜面のプレイを強制される。ある程度Lv10.0に太刀打ちできる実力があり、わずかなミスを気にかけることがない状態なおかつ油断さえしなければ、解禁するためのノルマは問題なく満たせるだろう。何がなんでも絶対にミスを出したくないという気持ちがある場合は、常に配置の順番を見極めて的確な押し方を実行する必要があるため、気を引き締めて挑むようにしよう。

--Lv10.4:&color(purple){スノーホワイト}; [&color(white,red){EXT};]
【適正スコア難度:10.4】
---前半は稼げるが、後半でやや難化する。魔の12分4連地帯はつなぐだけならなんとかなるが、光らせるとなると難しいタイプ。BPMも214と非常に速いので初見注意。

--Lv10.4:&color(purple){''創世ノート [ 2 ]''}; [&color(white,red){EXT};]
【適正スコア難度:&color(blue){10.2};-10.4】
---BPM 200で上下左右に偏った8分配置を正確に追いかけられるかが問われる。初見などで全体をぼんやり見ている場合は何が起こっているか判断しづらい。山場の「羽ばたき空を駆ける」連続上下出張も移動距離が大きく瞬発力が必要。
---「&color(purple){''革命パッショネイト''};」[&color(white,red){EXT};]に似て16分配置はかなり少なく、長音の多い歌詞のおかげで難所ごとの前準備や立て直しがやりやすい。地力や見切り力が足りるようになると一気にスコアが伸びる点では「anemone」[&color(white,red){EXT};]の上位互換になるだろう。

--Lv10.4:&color(purple){''sola [ 2 ]''}; [&color(white,red){EXT};]
【適正スコア難度:10.4】
---全体を通してホールドとスライドがメイン。
---総ノーツ594と現状Lv10最少ノーツを誇る譜面。内98ノーツはホールドであることから、実質パネルを叩く回数は500を下回ることになる。
---総ノーツに対するホールドの割合が非常に高いため、離すタイミングを誤りポロポロこぼしていくとクリアラインに達しない危険性がある。
---スライドに関しては最上下段の交差スライドが後半にあるため要注意。また、BPM 135と低速であるため、16分スライドは出来る限りゴリ押しで確実に光らせておきたい。
---体力はあまり必要としないため連奏が気軽にできることが幸いといったところ。最少ノーツ=Lv10で最も1ノーツの配点が大きいということから、Lv10.4挑戦レベルかつホールドに慣れていない場合、''危険曲''になり得る可能性がある。

--Lv10.4:&color(purple){''ピザが食べたくてしょうがない皆さんの気持ちを代弁しました''}; [&color(white,red){EXT};]
【適正スコア難度:&color(blue){''10.0''};-&color(red){''10.7''};】
---サビパートで度々登場する2+3+5+8+9+12+14+15によるピザ押しやY押し、ハート押しなど、同時押しが目立つ譜面。ピザ押しは4ノーツ×2回の分割押しと2ノーツ×4回の分割押しの2通りある。特徴的な同時押しの多発によって初見難易度はかなり高い。
---BPM 160と曲自体がそれほど速い訳ではなくこの難易度表記にしてはリズムに乗りやすい譜面だが、''横向きの分割したピザ押しで8分の出張''を数回強制される。出張だとこの速度の8分は体感速度が想像以上に速く、あらかじめ運指を固めておかないとまともに追いつけず、同時押しの連続によるNGゾーンが多いこともあって「抜け」や「誤爆」が多発しやすい。そればかりに目が行きがちではあるが、間奏地帯の斜め16分スライドも地味に押しづらく、苦手であれば無理に光らせるよりも繋げることを優先にして押した方がいい可能性もある。
---サビパート全般で「見えるのに押せない」、「配置が分かっているのにコンボが切れてしまう」といったアクシデントに悩まされやすいが、前半パートや後サビ休憩地帯にある出張以外の同時押しやイントロアウトロの配置は優しいので稼ぎは多く、ランクSまでならLv10下位適正でも十分に到達できる。高成績を狙おうとするほど体感難易度が急激に跳ね上がる譜面と見ていいだろう。
//同時押しの前後にノーツがあることが多いのもあり、終始グダグダになる可能性が高い。
//スコアでは同時押し処理がカギとなるため、個人差が出やすいか。~
//人によっては10.5に感じる可能性もある。
//10.4→10.5は詐称での記載対象外
//詐称での記載対象外にするんだったら個人差でもいいのでは?
//小数点化の時点で、『プラマイ0.1程度(Lv9なら0.2程度)の個人差』が発生することは容易に想像可能です。その範囲で個人差記載は、全曲解説をするためのページではない以上厳しいんじゃないでしょうか。10上位の解説を全曲するか否かの件とは別で、それ未満でやるとアレもコレもとなり、詐称/逆詐称/個人差の危険性/解説情報が薄まるというのが個人的な認識です。
//詐称に入ってたけど、解説が薄い上に難易度の評定が曖昧だったからコメントアウトされてたんだね。書き直したよ。

--Lv10.5:&color(purple){雨上がりの空に}; [&color(white,red){EXT};]【適正スコア難度:10.5】
---ホールド拘束を含む総合譜面。終盤は偏り配置等で特に忙しく、初見殺し気味だが、クリア、スコア共に10.5相応だろう。16分地帯に32分が混じっている箇所も要注意!

--Lv10.5:&color(purple){''Crazy Shuffle''}; [&color(white,red){EXT};]【適正スコア難度:&color(blue){''10.2''};-10.5】
---前半は、物量と配置の難しさが共にLv9程度。後半からLv10.5相応の難しさになる為、そこができるかどうかで体感難易度に差ができるか。また、全体的にハネリズムが多く、少し精度がとりづらい。ハネリズムが得意で、後半ができれば、かなりの&color(blue){逆詐称};となる。

--Lv10.5:&color(purple){''toy boxer''}; [&color(white,red){EXT};]【適正スコア難度:&color(blue){10.3};-&color(red){''10.7''};】
---この譜面は出張配置が多い為、出張配置が得意か苦手かで体感難易度に差ができるか。出張配置が苦手な人で、&color(red){''Lv10.7''};に感じたという意見も見受けられた。しかし、出張配置が多いということ以外で難しい要素はあまり無い為、出張配置さえ出来てしまえば&color(blue){逆詐称};となる。

//--&color(purple){''Lv10.5 Trill auf G''}; &color(white,red){[EXT]};

//--&color(purple){Lv10.5 FLOWER (BEMANI SYMPHONY Arr.)}; &color(white,red){[EXT]};
///---検証の必要はありますが、恐らく癖のある譜面かと思われるので、解説候補に追加しておきます。
--Lv10.5:&color(purple){BEEF}; [&color(white,red){EXT};]
【適正スコア難度:10.5】
---同時押し、ネタ押し主体の譜面。リズムは難易度の割に素直な方であるが、密度が高いため全体的に忙しい。運指を考えないと押せないような配置も多く、同時押しの得手不得手によって個人差は分かれるだろう。難易度はクリア、スコア共に10.5中位程度。

--Lv10.6:&color(purple){Welcome to the Mosh Pit}; &color(white,red){[EXT]};
【適正スコア難度:10.6】
---同名義の「Roll the Dice」&color(white,red){[EXT]};に似た場面が随所に見られるが、あちらより配置は比較的素直であるため、接続しやすく、誤爆する確率も低い。~
---クリアにおいての難所は中盤の休憩手前の高密度とサビのホールド交じりの発狂程度で腕を動かせばある程度ごまかしは利くため、他の10.6と比べると易しい印象。
---出張推奨のホールド配置やサビの発狂など難所もあるが、10.5〜10.6のホールド譜面がある程度捌ければ問題ない。Lv(10.6)下位〜Lv適正程度。
//出張ホールドの量からして、ひとえに易しいとしてしまうのは少々無理があると思ったので加筆。個人的にはクリアは10.6あると思うんですがね、、
//クリアの話で盛り上がってるところすみませんが9以上はスコア難易度がメインなので修正。あと太字は10.4相当以下になるので解除しました
//先日いきなりこれが逆詐称になってて何言ってるんだと思っていましたが、やはり同じ考えの人いましたね。ADVと間違えてるのかと思いましたが…クリアだけなら逆詐称気味ですが、スコアはどうかなぁという感じです。
//確かにRoll the diceが出来れば、SSまでは狙えそうだね。そこから先は地力次第になるけど
//地力次第で10.5にも10.6にもなりそうですね
//↑否定意見なしでCOごと削除されていたので、念のためCO状態で差し戻し。特に意見がなければCO維持か、CO解除で頼む。
//特に新しい意見なさそうなので個人差枠に移植しました

--Lv10.6:&color(purple){''SUPER GERO GE-RO''}; [&color(white,red){EXT};]
【適正スコア難度:&color(blue){10.4};-&color(red){10.7};】
---S-C-U名義の曲でよく見られる出張が特徴。前半は出張・混フレ中心の易しい配置だが、サビが「ラキラキ」[&color(white,red){EXT};]に似た忙しめの上下出張、ラス前の静かな所はホールド拘束・偏り配置、ラストは「concon」[&color(white,red){EXT};]に似た偏った出張中心のラス殺し発狂と曲が進むにつれ段々忙しくなる。出張が得意な方は難易度ほどの脅威はないが、逆に苦手だと「ラキラキ」[&color(white,red){EXT};]に匹敵する難易度となる。

--Lv10.6:&color(purple){世界の果てに約束の凱歌を -jubeat edition-}; [&color(white,red){EXT};]【適正スコア難度:10.6】
//詐称の可能性あり?(要検証) ノーツの4-5割をBPM201の発狂が占めていました。私は10.6としては強く感じました…
//これは完全に詐称だと思います。10.6全Sですがこれだけ乗りません
//---10thKAC予選曲だけあって、16小節にもわたる内側2連含み16分乱打はノート数だけで半分近くを占める512ノート(16小節×16分音符×2回)があり、見えたものを押す程度であればコンボを切らさずに済むが、それこそKAC予選突破を目指すスコアラーでなければ、研究なしでスコアを稼ぐことは至難の技。クリアだけならその他を丁寧に拾うことで見えてくるのだが、総合力を問う曲に比べてKAC出場者を「ふるいにかける」目的が強すぎる。
//仝朕雄考鵑派渉10.8単独はちょっとおかしいのでは。研究せずともコンボ繋がる・縦2連光らん程度であればSは取れると思います。∪莉劼旅爐瞭睛憧泙瓠∩澗療に文章おかしいんじゃないでしょうか……KAC曲ゆえの512ノーツの乱打、という論理関係が成立するかと言われれば疑問符だし、KACのことに触れてる関係で冗長にもなってる。一旦文章案投げつつCO。
---イントロとアウトロの2箇所にある、16小節にわたる16分乱打が特徴的。素直な交互乱打ではなく、所々で内側2列に縦2連配置が出現する。合計512ノーツと全体の約半分を占めるため、ここが苦手だと大幅に失点しかねない。
---中盤のホールドノーツ絡みは同時・死角配置絡みが多いものの、16分は少なめなので、先述の配置以外は、10.6としては稼ぎの部類。
---基本はLv10.6上位程度だが、10.6としては個人差が強い方であるため、このタイプの譜面が得意でない人によっては&color(red){10.7};に感じる場合もあるだろう。
//意見失礼します。16分の乱打発狂が半分近くを占めており、BPMも201と高いので、この曲は個人差含めて考えても研究してからがスタートラインのように感じる。中盤のホールド地帯が稼ぎであるのは事実ではあるが、総ノーツと難所の割合を考えたらそもそもあまり稼ぎにならないと思われる。個人的には最低でも旧曲側で比較的詐称度が薄い(細字表記)10.6扱い、あるいはLAST OATH等と同様に10.6最上位ー10.7の詐称格にしても良いかなと思います。
//10.6適正(S以上)の方からもスコアは難しいとの意見もありました

--Lv10.6:&color(purple){Hero Revealed}; [&color(white,red){EXT};]
【適正スコア難度:10.6】
---譜面は出張処理必須の配置難が特徴的で、分かっていても簡単に処理出来ないものが多い。特に後半は配置難の出張に加え、同時押しも混ざり、かなり難しい。
---幸い前半は比較的易しく、リズムも素直であるのが救いか。難所である後半は、運指を組んだ上で高い適応力があるかどうかが高スコアの鍵といえる。
---解禁にはMission Travelの高難度ミッションをクリアする必要があり既プレー情報は現時点で少ないが、出張譜面ということもあり個人差が大きく出ると思われる。~
//---Mission Travelのボス曲枠と思われる高難度譜面。したがって、解禁条件も非常に難しい(詳細はMission Travelのページを参照)。
//---この曲を難なく解禁出来た方や、出張処理が得意な方にとっては10.6相応だが、一方で解禁に苦労した方や出張処理が苦手な方ならば、10.6上位-&color(red){10.7};相応になりそう。そのため、個人差譜面と考えるのが妥当。
//現時点での情報を元に作りました。よろしくお願いします。
//『詐称/逆詐称の情報に解禁情報は関係ない』はずなのでCO&書き換え。上から目線集団にとって簡単、というのは(例えばCondorクラスで上級者ほど殴り伏せやすい譜面でもなければ)個人差要素にはならないはずなんですよね
//↑詐称・逆詐称で解禁情報がタブーであれば、pedigreeの余談はタブーにならないのでしょうか。
//↑pedigreeは単純に見落としでした(更新情報に反応して上記記載を入れたためです)。あちらは余談ということだったのでCOしました。一方で、こちらについては特に「評価と解禁難易度が紐づいた書き方」だったことを指摘した次第です。難なく解禁できる≒この曲でSS以上を狙える範疇にあると想定できる=このページの基準外、と言えるはずなのでそれを拾って個人差どうのに対応させるのは違うはず、ということです。
//↑なるほどです。書いた意図としては、今回のMission TravelはPerfect900以上とコンボ1000以上が明らかに中級者殺しの内容であり、前者はshine on me以外はかつてLv10評価だったものも含む9上位以上のプレー、後者はSulk以外10.3以上のプレイが必須ということで、最低でも10中位以上で平均S&フルコン狙える地力がないと、解禁及び10.6のこの曲でS取ることも厳しいと思い、難易度判断の基準として提示しました。
//↑特にフルコンに関しては、最後まで繋げないと行けない(=苦手を作れない)仕様上、ある意味S取ることより難しいと思っています。ただフルコン目標で地力を上げていって、Sが取れないということは無いとも思っています。
//↑SS以上はS以下と違って精度が求められる為、基本的に難易度関係なく、個人差出やすいです。また、このページはSS基準の評価では無いので、Sの取りにくさをベースにする考え方は変えない中、色々な視点から見て評価を作りました。
--Lv10.6:&color(purple){POSSESSION}; [&color(white,red){EXT};]
【適正スコア難度:&color(blue){10.5};-10.6】
---連続出張が特徴的。出張地帯以外だと前半はLv10.0-10.2程度に収まるが、後半は難易度相応の配置となっている。
---「CHERNOBOG」[&color(white,red){EXT};]に似た出張混じりのラス殺しがあるため要注意。
---出張ができるかどうかで体感難易度が大きく変化する。苦手であればそれこそ難易度相応に感じるが、そうではない人にとっては2回目のサビが転調した後が勝負となる。しかし前半の稼ぎを考えると総合的に見てLv10.5程度に感じるかもしれない。
耐性が無い人でも前半に稼ぎが多いためクリア面で詐称と感じることは少ないだろう。

***10.7-10.9 [#Lv10high]
//-&color(blue){逆詐称};

-&color(purple){個人差};
--Lv10.7:&color(purple){ピアノ独奏無言歌 "灰燼"}; [&color(white,red){EXT};]
【適正スコア難度:&color(blue){10.6};-10.7】
//---ホールドなし譜面としての最多ノーツとなる1109ノーツ。10.7の為解説よろしくお願いします。
//---既出のデータを基に解説作りました。必要に応じて修正願います。
---ピアノ曲独特のリズムとBPM 100-200のソフランによって、Lv10上位相応のリズム難に仕上がっている。
---BPMこそ違うが、「''Niflheimr''」[&color(white,red){EXT};]にあるような変速タイプのスライドや斜め配置スライドなど、スライドが目立つ譜面。加えて、緩急の強い譜面でもあり、高密度地帯はかなり手が忙しくなる。特に中盤のピアノ合わせの同時押し混じりスライド発狂地帯は最大の難所と言える。ラストにはかなりの間が空いてからの左右同時押し4連スライドという孔明の罠が存在するため、初見注意。
---''ドーパミン''[&color(white,red){EXT};]を超える、ホールド無し譜面では最多となる&color(red){''1109''};ノーツを持つが、配置自体は、基本的な指押しや難易度相応の技術力でなんとかなる程度。
---他の10.7と比べて極端な難しさが少ないため、実力が高ければ&color(blue){10.6};程度の&color(blue){逆詐称};、そうでなくても10.7相応程度に留まる。

-&color(orange){''最上位''};
--Lv10.7:&color(orange){''Boomy and The Boost''}; [&color(white,red){EXT};]
【適正スコア難度:10.7-&color(red){''10.8''};】
---リズム難、ホールドによる認識難・配置難によって思うようにスコアが伸ばせない譜面となっている。
---イントロを抜けた後の同時主体の部分は、S以上を狙うのであれば稼いでおきたいところではあるが、リズム難であるため、楽曲を聴き込むことも効果的な対策といえる。
---出張配置が連続してくる地帯で2ヵ所あり、1回目はこのレベル帯としては易しめな配置となっているが、2回目はノーツが増えレベル相応の配置に変わるので注意。
---後半のホールド地帯はLv10.9の「&color(gold,#111){''1116''};」[&color(white,red){EXT};]のように高密度でホールドの本数が多く、また、餡蜜などで誤魔化すこともできないこの楽曲の最難関地帯であり、スコアを伸ばしたい場合ここをある程度押せるようにならなければいけないため、SS以上を狙う場合は&color(red){''10.8''};程度に感じられるだろう。

--Lv10.7:&color(orange){''pedigree''}; [&color(white,red){EXT};]
【適正スコア難度:10.7-&color(red){''10.8''};】
---中盤から難易度相当の脅威を発揮する譜面。
---「''Prayer''」[&color(white,red){EXT};]のようにホールドしながら難解な配置が降ってくるため譜面認識力を大きく問われる。したがってかなりの地力をつけていなければ後半はまともにコンボすら繋がらない恐れがある。
---前半はLv10下位の配置なのでクリアは他のLv10.7より幾分か楽に感じるかもしれないが、スコアを狙う場合大きな壁を感じるだろう。
//---余談だが、''TUNE RUNでHOTATE CUP「jubeat大回顧展 ROOM 10」の3曲目''と''OSHAKO CUP 「絢爛豪華激情無常」の3曲目の課題曲は本譜面''になっている。''残り2曲を''[&color(white,red){EXT};](いずれもLv10.5〜Lv10.7)''で通すとしても前者は&color(red){''平均950000以上''};に対し、後者は&color(white,red){HARD MODE};で&color(red){''平均986666以上''};取れないと厳しい''。

-&color(gold,#111){''最難関''};
--Lv10.7:&color(gold,#111){''灼熱Beach Side Bunny''}; [&color(white,red){EXT};]
【適正スコア難度:10.7-&color(gold,#111){''10.9''};】
//ホールドがないとしたときの配置そのものは(左右振り出張とはいえ)弱いので殆ど認識難要素が重いんじゃないでしょうか。HARDでない限り即離しでも光る程度の短さなので始点で大量ソーダバーでも900kは意外と出ると思います(ホールドは全判定の41.5%*始点終点の2回、接続さえ出来ればダメージはかなり減る)。S段階であれば認識難でコンボがどれだけブチ切れるかが争点だと思います。SS&#12316;EXCは10.9クラスもあり得ると思います(EXCはホールドパフェ判定ほぼ半分なので尚更)、が評価も固まってないので一旦危険曲はCOします。
//追記:ホールド遅入りでもダメージになるようなので上の内容はちょっと修正します。(認識難で遅入りやコンボ切りがどれだけ出るようになるか。)
//個人的にホールド無しにしたとしても10.6〜10.7ぐらいあっておかしくない譜面してると思いました。あとラストの配置も繋げるだけでもかなり難しい配置してるのでシャッターボーナスが貰えない、実力が絡まない解禁って点でも危険になり得ると思います。
//Hopeful同様,興味本位で安易に手を付けるのは危険だと思う
//シャッターは軽いので100%とは言わなくてもある程度は確保できるような、最後のスライド以降は最早回復ですし。とはいっても全体的に混フレ出来ないとキツいかもですね。出来れば局所難+24分でどんだけ切るかになると思います。切らなければ計算式上『ホールド無しで900k出せるなら有りでも900k』取れると思ったので……
//S基準なら個人差を考えたら10.8クラスかもしれない。でもスコアの伸ばし辛さは10.9ありそうです。特にSS以上は歴代最強クラスだと思います
//もはや個人差の領域ではあるが、S難易度なら誤魔化しで何とかなりやすい点で基本は10.7上位、ホールド苦手勢なら10.8といったところかな。ただし、ホールド物量ゆえに研究なしだと930kから恐ろしいほど伸びづらくなる。SS〜EXC難易度は10.9クラス。S難易度10.7-10.8の意見が大半であれば、下の意見の通り、適正難度10.7-10.8にしてもいいと思います。ホールド譜面が得意でない自分の個人的なS体感難易度は10.8だけどw
---歴代最多の&color(red){''1606''};ノーツ(ホールド数は&color(red){''667''};)を誇る譜面。
//実ノーツは939、極所難での体力消費はまだ分かるけれど1606の”せいで”体力譜面ではない
//環境依存ですがgold割と読みにくいので難度表記だけにしませんか
//↑確かに見やすさを考えてこの方が良いと思った
---ほとんどのノーツが極短のホールドとなっており、全譜面中屈指の認識難の譜面となっている。他のホールド譜面と比べて余りにも異質であるため、他の楽曲で練習といったこともあまり効果的とは言えない。
ホールドを押し始めるタイミングが遅いと、始点がPERFECTでも終点の判定がGREATになってしまうことにも注意が必要((この現象と関係があるかは不明だが、jubeat(ユビート)(アプリ)のEDITでは現在この譜面のような極端に短いホールド終点は明確に配置禁止されている))。([[参照>http://note.com/popoccw/n/n78d78c3220e9]])
---加えて全体的に左右に振るような配置をしているため、片側への出張乱打が苦手な場合は更に難易度が増すことになる。また、ホールドをする際に力んで押しているとあっという間に体力を奪われてしまう為要注意。
---ホールドノーツの始点と終点どちらにも判定があるという性質上、クリア難易度については難易度相応だが、特にSS以上のスコアを狙う場合は&color(gold,#111){''Lv10.9''};相当の難易度という最難関譜面となり得る((解禁初日の段階ではEXC達成者が現れなかったどころかSSS達成者すら20名、初EXCが出るまで4日かかったという異例の事態となった))。
---ちなみに、ホールドのリズムは移植元であるIIDXの&color(red){[SPA]};のスクラッチのリズムとほぼ一緒の為、研究する場合は利用すると良い。
//分かってれば(リズム面は)できるのは自明なので文章削減
//逆を言うとあちらが出来ないと1116がクリアできても初見落ちはあり得るということですかね?
//?? 1116も弐寺の穴も別ゲー(弐寺の方がずっと異次元)なので並べる時点で滅茶苦茶ですよ
//レイズ同様10.9の領域すら超えてると思われるので、規格外扱いにしました。
//S難度は10.8でいいかも、という声がCOで記載あるのに勝手な編集はやめてください。基準はあくまでSで、SS以上については別途記載済みです。
//⊂ー蠅粉霆犧鄒も辞めてください。せめて提案して同意取ってから編集するのが正しいプロセスじゃないでしょうか。この2点より(レイズは△鰺由に)他曲同様の=CO及び解説から類推できる難易度表記に変更しました。
//追記:twitter巡回しましたがSなら10.7妥当というtwも”複数”見ています(ちゃんとプレーしてる人(NOT動画勢)&目線がSと分かるもの限定。リザルト付きS目線の10.9twが見つからず。700k寄りのリザは見つからず、950k近い人はこの目線から外しています。)。検索ワードは『灼熱 ("10.9" OR "10.8" OR "10.7")』。よって更に表記変更しS難度は10.7&#12316;10.9とします。(なんなら10.8にしたい感も強い。個人差加味&たまたまリザルトと一緒に10.9と記載してるtwがないだけかもしれないので10.9記載は残しておきます)
//ほかの10.7と違ってノーツが多い分、腕止めない限りたまたまSが出る確率は高いかもしれないが、安定してとるならLV10上位挑戦クラスだと10.8はあると思われる。タイプは違うけど、同じ10.7スコア最強格のhopefulが10.8以上クラスならこちらも10.8以上でいいと思われる
//^堕蠹戮辰謄好灰難度に関係合ったんですか?突然謎の基準出されてもむりやり10.8に位置づけるための話をしようとしてるようにしか見えない。論理通るんなら良いんですが。Hopefulもクリア妥当EXC難扱いという認識でSならどうにかなる気もしています(餡蜜ですら光るから)。他10.7&#12316;10.8曲との調整も必要ですが、両方とも下限は10.7でも話が通るような気がします。
//Hopeful、ズレてるから10.8でいいとは思うけど16分時計回り/12分乱打以外は譜面的だけなら稼ぎばかりでズレてなきゃ10.7妥当な気はする。灼熱はバグに近いホールド挙動あるとはいえ『計算上のノーツ多すぎて1ミスの影響がSまでは薄い』『goodで入ってもHOLDはGreat止まりだからむしろ稼げる』等考えると10.7妥当と感じてもおかしくないかと。どっちにしても性質違いすぎるから比較は意味がなさそう。
//譜面の性質が違うため、比較できないのは分かります。S安定またはSとりやすさ基準いずれにしても灼熱なら10.7上位程度だとは思いますが、Hopefulに至ってはS安定基準でないのであれば10.8以上、そうでなければ灼熱と同じく10.7-10.9にしてもよさそうとは思いました。wikiの方でも稼ぎも多いためかある程度ごまかしやすいという意見もあるので。これも参考意見扱いに留めておきますね
//あと曲は全てにかっこつけておきました。
//無断CO削除を復元

--Lv10.7:&color(gold,#111){''Hopeful Frontier!!!''}; [&color(white,red){EXT};]【適正スコア難度:&color(red){''10.8''};-&color(gold,#111){''10.9''};】
---''1047''ノーツとBPM ''298''という高速物量譜面。全体的に8分と12分が入り混じっている。加えて全難易度通して判定が強烈にズレており、リズムを覚えても光らせることが非常に難しい。
---2回来る全体をぐねるような時計回りの高速回転トリルが脅威的。一見全て繋がったスライドに感じるが、実は16分3連の塊の連続となっている。一般的に指でなぞる処理の仕方では到底追い付かないスピードであるため餡蜜も1つの手段といえる。
---高速トリルの練習としては「Spirit of the Beast」[&color(white,red){EXT};]が存在するが、あちらより早く、認識しづらいため、プレーの際は要注意。
---中盤から12分乱打が増えてくる。BPM 298の12分乱打の速さはラス殺しでお馴染みの「Riot of Color」[&color(white,red){EXT};]とほぼ同じ
(BPM 298の12分は実質BPM 149の24分と同じであり、「Riot of Color」[&color(white,red){EXT};]のラス殺しはBPM 150の24分乱打)であり、どのくらい速いかはイメージし易いだろう。
---前半についても折り返しスライドや偏り交互乱打、出張などが入り混じるため稼ぎ辛い。同時押しの割合が多少高いため取りこぼしや誤爆はできるだけ抑えたい。
---クリア・フルコンは''10.7上位''〜&color(red){''10.8''};。スコアに至っては恐ろしいほど精度が取りづらいため&color(red){''10.8-10.9クラスの詐称曲''};。伝導で解禁できるため挑む際は要注意。
//ライズや灼熱が追加された現状だと怪しいので一旦CO。上述にある「スコアに至っては」の部分だけで十分かと。

--Lv10.8:&color(gold,#111){''Duality''}; [&color(white,red){EXT};]
【適正スコア難度:10.8-&color(gold,#111){''10.9''};】
---歴代3曲目となる''Lv10.8''であり、出張配置が大量に降り注ぐ研究必須の譜面となっている。
---何度か来る2,3列目の非交互乱打をベースにどんどん肉付けされていくような傾向があるため、この非交互乱打の部分だけでも押し方を固めておきたい。
---サビ手前に1箇所12分の同時ラッシュがあるため注意。タイミングが分かっていても到底追い付かない配置をしている為、ここで態勢が崩れてそのままグダグダで終わってしまわないようにある程度捨てるのも1つの手かもしれない。
この同時ラッシュ以降は高密度の配置の中に平然と出張が混じる''Lv10.8''相応の配置になっている。
---ホールドも若干あるが特に語るような部分は無く、出張特化の高難易度譜面と言えるだろう。「POSSESSION」[&color(white,red){EXT};]や「CHERNOBOG」[&color(white,red){EXT};]のラスト発狂をある程度繋ぐことができなければ、思うようにスコアが伸びないかと思われる。
当然個人差も大きく、出張が苦手な場合は&color(gold,#111){''Lv10.9''};と感じる程難易度が跳ね上がる危険性もある。

--Lv10.9:&color(gold,#111){''1116''}; [&color(white,red){EXT};] 【適正スコア難度:&color(gold,#111){''10.9''};】
---''jubeat史上初の&color(gold,#111){''Lv10.9''};を冠する最難関譜面''で総ノーツも登場時点で最多の&color(red){''1116''};だった。BPM 190の配置難の出張、非交互乱打、偏り配置、認識難、ホールド難が容赦なく続く総合譜面。伝導で解禁できるため挑む際は要注意、少なくとも連奏は禁物。
---前半はLv10.7相当の配置となっており、偏り配置・非交互乱打・半回転スライド・出張など上位〜最上位の要素が詰まっているが、譜面全体を見るとこれでも稼ぎの部類に含まれる。
---中盤のホールド地帯は配置・認識難・リズム難の全てにおいて難易度相応の難解配置。ノーツは全体の約15%程度だが、こぼしやすいため、S以上を狙うならここが鬼門となる。
---最後の同時ラッシュも離れ斜め押しが多い認識難で、出張が絡む上にリズムが難解。体力が切れているところから始まるのでクリアでもかなり影響が大きい部分となる。クリア狙いであれば腕を止めないことが重要。
---以上のように、ホールドに入るまでの『稼ぎ地帯』をしっかり光らせた上でホールド以降を耐える形となるため、クリア・スコア共に&color(gold,#111){''Lv10.9''};相応のものとなっている。
//''名実共に最高難易度と呼べる超難解地帯''であり、BPM 190で出張必須配置を含みながら容赦無く降り注ぐ。ここ一帯は所謂「わけのわからないもの」といったところでホールド地帯は「''Prayer''」[&color(white,red){EXT};]や「''Megalara Garuda''」[&color(white,red){EXT};]等Lv10.7〜10.8のホールド譜面を捌ける実力が無ければコンボ表示すらされないレベルで繋がらないかと思われる。
//ホールド地帯に出張必須配置そのものは(ほぼ)無い。後半のリズム難出張含めて書いてるのでめちゃくちゃ。強調しようとするあまり文章も汚い。
//---終始配置難+高密度のため時折来る「6」押しを逃しやすい。稼ぎと呼べる部分も他のLv10だと難所レベルの配置となっているため、S以上を目指すのであれば6個同時押しのうち4〜5個は確実に光らせたい。
//---総ノート数も登場時点で最多の&color(red){''1116''};であるが、前半の8個同時押し以降は休憩が一切無いため、後半の同時混じりの発狂に行くまでに体力が切れる危険性もある。~
//認識が追い付かず少しでも手を止めてしまうとクリアに達しない可能性があるため、ノート数が多い譜面全般に言えるが1ノーツでも多く拾う意識が必要とされる。
//---BPM 190の配置難の出張、非交互乱打、偏り配置、認識難のホールドなど容赦無く続くため体力がごっそり削られる。
//---以上から紛うこと無き最高難易度の譜面であり、クリア・スコア共に&color(gold,#111){''Lv10.9''};相応のものとなっている。
//---余談だが、このような譜面にも関わらず2020/01/29に最高難易度の譜面で初のHARD MODE EXCELLENT達成者が確認された。([[参考>http://www.youtube.com/watch?v=q-oJEoo1EPQ]])
//Sには関係ない内容なのとこの曲の解説がかなり長いのでCO

--Lv10.9:&color(gold,#111){''RAISE YOUR HEADS UP''}; [&color(white,red){EXT};] 【適正スコア難度:&color(gold,#111){''10.9''};】
---序盤の易しいホールド地帯と中盤の休憩・稼ぎ地帯以外は偏り配置、出張配置、不規則なスライドや非交互乱打、〆は超高速大回転と難所がBPM 230という超高速で延々と続く。
---基本BPM 230で8分を叩き続けることになる為体力が非常に持って行かれ易い。高速曲に慣れていない場合、そもそも認識が追い付かない恐れもある。
---譜面傾向は同作曲者の「''Beastie Starter''」[&color(white,red){EXT};]や「''Stand Alone Beat Masta''」[&color(white,red){EXT};]に似ており、ただ回数をこなすだけではスコアが思うように伸びない研究必須の譜面と言える。
---歴代2曲目の&color(gold,#111){''Lv10.9''};であり、「''1116''」[&color(white,red){EXT};]を総合譜面と称するならばこちらは''超発狂譜面''といったところか。
---過去の譜面とは一線を画する最難関譜面であるため、プレーの際は要注意。スコア狙いなら研究は必須だろう。
//灼熱下部のCO参照のこと。

--Lv10.9:&color(gold,#111){''XENOViA''}; [&color(white,red){EXT};] 【適正スコア難度:&color(gold,#111){''10.9''};】
---BPM 208の高速総合譜面。前半が稼ぎ、それ以外は延々と難所が続くという「''1116''」[&color(white,red){EXT};]と似た構成。
---前半は譜面全体でいえば稼ぎだが、非交互や押しにくい同時にややリズム難が絡みLv10.6〜10.7相当の難しさ。しっかり稼ぐために、曲を聴き込んでシンバルのリズムを把握しておきたい。
---中盤からは難易度が一気に上がり、「Everybody's Rich」[&color(white,red){EXT};]の発狂をBPM 208まで高速化したようなホールド発狂と、出張地帯が続けて襲いかかる。ブレイクにも押しづらいホールドや出張があり全く気が抜けない。
---サビは認識難、配置難、リズム難が全て入った長い発狂地帯。体力が切れているとかなり厳しく、一気に崩れてしまう。
---「''1116''」[&color(white,red){EXT};]と同様に、前半で稼ぎ、ホールド以降はひたすら餡蜜でより多くのノーツを拾うという形になる。「''1116''」と比べ20近くBPMが高いため、高速耐性も必要。
---ホールド地帯やサビはかなり厳しいものの、拾うだけなら他の10.9よりは拾いやすい。それでも、まずもって光らないため&color(gold,#111){''Lv10.9''};相応であり、スコア狙いの場合は研究必須になる。
//まだプレー出来ていないのであんまり自分も言えることじゃないですが、何の脈絡もなく公式に設定されていない11.0だなんだ書くのは筋違いじゃないですかね。
//更に言うとS目線で10.9の中では現状マシというのがツイッターで目に付いている(時期尚早ではありますが)ので11.0評定までもが怪しいですね。
//レイズほどBPMは早くないが、兎に角、偏り配置や非交互乱打がえげつない。1116やDualityなどに通ずる特徴がある譜面という印象。個人的にはレイズと同等かレイズよりやや下くらいの難しさだと思うが、それでも研究なしではスコア出すのは不可能といってもいいかな。普通に10.9相応。
//ホールド地帯も厳しいが、こちらは他のホールド譜面と比べたらまだ稼ぎにしやすそうな印象。
//---スタッフ公認「LEVEL 10.999999999... 最高レベル10.9を超える強さ''」
//最難関なのに記述がないままというのもまずいと思ったので、とりあえず現段階のCOをもとに記述を追加しました。難易度に関してはこれで確定ではないですが、変更するにしても解説の部分は残していただければと思います。
//↑今のところこれがベストだと思う。

Site admin: iMp95
mail : imp@callusnext.com (←@を半角に)