BEMANI関連情報

他社タイトルでのe-amusement pass/PASELI利用

アミューズメントICカード

  • ※メーカーごとに「AICC」「アミューズメントIC」「Amusement IC」などと表記が揺れている。一番良く見かけるのはアミューズメントICカードであるため、本項目はこの名前に統一している。
  • コナミ・セガ・バンダイナムコ・タイトーのアーケードゲーム用ICカードの仕様統一
    • 対象はコナミアミューズメントの「e-amusement pass」、セガ・インタラクティブの「Aime」、バンダイナムコアミューズメントの「バナパスポート」、タイトーの「NESiCA*1
      • 「Aime」と「バナパスポート」については既に相互連携が行われていた。*2
      • タイトー/スクウェア・エニックスの「NESiCA」については当初対象外だった。(参考)
        その後、参入が決定し、2019/03/14稼働の『ストリートファイターV タイプアーケード』を第1弾として順次対応となっている。
      • アミューズメントICカード版NESiCAは2019/02/14から先行して販売するため、タイトー以外の対応タイトルではその日から使用可能。
    • プレスリリース
      KONAMI / SEGA / BNEI(PDF) / TAITO
    • デザインが各社異なるものの機能面に差異はなく、非対応タイトルでは自社のアミューズメントICカードすら認識出来ない。名称こそ各社の従来のカードに準拠しているもののいずれも従来の仕様のカードとは別物である。
      例:非対応が明言されているザ★ビシバシではe-amusement pass柄であっても読み込むことが出来ない。これは他社でも同様であり、NESiCA柄のアミューズメントICカードも従来のNESiCAとしては認識されないため、非対応のタイトー/スクウェア・エニックスタイトルでは対応されるまで使用できない。
      • このため、アミューズメントICカード非対応ゲームのプレーデータがある場合、従来のカードからアミューズメントICカードへ引き継いでしまうと対応までそのゲームではカードが使用不可能になってしまうため要注意。
      • ただし、NESiCAは「旧NESiCA→アミューズメントICカード」の再発行に限り、旧NESiCAのデータが削除されずそのまま使用可能。(参考(ページ下部))
  • サービス開始以降新たに登場する統一カードを使用した場合は各社の対応タイトルで使用可能になるが、機種毎に順次対応予定。また、一部非対応タイトルあり。
    • カード裏面に記載されているIDは「4桁の数字×5つ」のアクセスコード(旧Aimeや旧バナパスポートの仕様)で統一されている。
    • コナミ製タイトルの筐体上では旧来のe-amusement passと同様にカードナンバー(4桁の英数字×4つ)が表示されるが、どちらの形式でもKONAMI IDへの登録が可能
      • e-amusementサイトでアミューズメントICカードを登録するとアクセスコードとカードナンバーの両方が表示される。
        アミューズメントICカード非対応のe-amusement passやおサイフケータイおよび交通系ICカードの場合は旧来通りカードナンバーのみ表示される。
      • PASELIチャージ機などでKONAMI IDの仮IDを発行した場合、旧来のカードナンバー(4桁の英数字×4つ)で登録されているため正式なKONAMI IDに登録し直す際には旧来のカードナンバーの確認が必要になる。
    • アミューズメントICカード対応/非対応タイトル一覧
      KONAMI / SEGA / BNEI / TAITO,SQEX
      • コナミ/セガ/バンナムは上記表で確定。今後新規稼働するタイトルは未掲載であってもアミューズメントICカード対応。
      • タイトー/スクウェア・エニックスは各タイトル検討の上で順次対応中。検討の結果非対応となったタイトルも出ている。
        なおアミューズメントICカード参入発表後に大型バージョンアップされたものであっても、それを以て対応するとは限らない。*3
        また、アミューズメントICカード版NESiCAには対応するが、他社のアミューズメントICカードに対応しない作品も発表されている。
    • セガ製タイトルではアミューズメントICカードが「携帯電話」として認識されるものもあるが、プレーに支障はない。
    • これまでのカードも継続使用可能だが、そちらは従来の仕様のままとなる。
  • 筐体や機種によってはアミューズメントICカードであるなら他社カードでもPASELIに対応。
    • そのための基幹システムについては後述
    • バンダイナムコは独自にグループ内で使える電子マネー「バナコイン」を展開していたが、2019/03/27を持ってアーケードゲームでの使用は不可能となっている。(参考)
    • なおセガもAimePayを展開している(2019/01/21発表、2019/11/20よりゲーム機上でのサービス開始)が、これは狭義の電子マネーでなく単なる支払手段であり、決済はクレジットカード等を用いる。
  • 2018/09/05以降、e-amusementロゴ並びにe-amusement、e-amusement passが全て小文字に表記変更されている
  • 各社のアミューズメントICカード対応状況
    • 2018/02/09にJAEPO2018にてアミューズメントICカード発表。
    • 2018/09/05頃から各店舗に対しe-amusement対応機種向けにアミューズメントICカード対応マーク(アミューズメントICロゴ)のシールが送付され貼られている。(参考)
    • 2018/09/13以降「アミューズメントICカード版e-amusement pass」の販売が開始されている。(参考)
      • PASELI支払用のe-amusement passとしては既に使用可能、公式説明ページも2018/09/05以降変更されている。
    • 2018/10/04のAimeサイトのリニューアルにより、AimeのデータをアミューズメントICカードに紐づけできるようになった。
      • この段階では紐づけしても使用不可能だった。
    • 2018/10/18頃からAime対応機種にアミューズメントICカード対応マーク(アミューズメントICロゴ)のシールが送付され始めた。(参考)
    • 2018/10/24に「アミューズメントICカード版Aime」の販売開始。(参考)
    • 2018/10/25に「アミューズメントICカード版バナパスポート」の販売開始、バナパスポートサイトの対応開始。(参考(1 / 2 / 公式発表))
    • 2018/10/25から順次、Aimeおよびバナパスポート筐体の対応開始。
      • e-amusementタイトルは特別な対応をしていない。既にFeliCaチップへ移行済みだったこと、Suica等ほとんどのFeliCaチップを認識して使用できたことから、今回は特に必要なかったと思われる。
    • 2018/12の「maimai でらっくす」ロケテスト版より、新規に製造されたAimeおよびバナパスポート筐体はアミューズメントICロゴがシールではなく筐体へ埋め込まれるようになっている。
      • Wonderland Warsなど、2019年以降の対応タイトルで最初から埋め込み式というものも存在する。
    • 2019/01/22にタイトーが参入を表明。
    • 2019/01/23にスクウェア・エニックス運営タイトルの対応状況を個別の公式サイトで対応予定・検討中・非対応のいずれかを発表。
    • 2019/02/14に「アミューズメントICカード版NESiCA」先行販売開始。また、NESiCA.netリニューアルにより、NESiCAとしてアミューズメントICカードの登録が可能となった。
      • この段階では紐づけしても使用不可能である他、そもそも再発行が出来なかった*4
    • 2019/03/14以降、タイトー/スクウェア・エニックス製NESiCA筐体のアミューズメントICカード対応開始。NESiCAへの統合もこの時点から可能となった。
      • NESiCAでのアミューズメントICカード対応筐体は従来同様アミューズメントICロゴシールが貼られている。
      • 開始以降、NESiCAのデータをアミューズメントICカードに統合した場合、NESiCA.netでは当初「アミューズメントICカードのアクセスコードとともにそれから生成されたと思われる独自のシリアルコードが表示され、統合元NESiCAのシリアルコードが確認できなくなる*5」という問題があったが、後に時期不明ながら改善された。
    • 正確な時期は不明だが、2019/09現在新規に製造されたe-amusement pass筐体/NESiCA筐体もアミューズメントICロゴが埋め込まれている。

シンカクラウド

  • トッパン・フォームズ/TFペイメントサービスによるクラウド型決済プラットフォーム。
    • 2016/10/06に電子マネーサービスのインフラとして採用されたことが発表されている。(プレスリリース)
    • これに伴うシンカクラウドのゲームセンター向け端末として「シンカターミナル」も発表された。
      • 2020年現在、シンカターミナルはセガ系列のゲームセンターを中心に導入されている。
    • 2020/07現在、いわゆるQRコード決済が可能となっている。
      • 2019年春頃のシンカクラウド・シンカターミナルアップデートにより、いわゆるQRコード決済も使用可能になる(プレスリリース)という告知以降目立った告知はされていないが、対応自体はすでに完了していると思われる。
  • シンカクラウドを経由することにより、コナミアミューズメント以外のアーケードゲームにおいてもPASELIでの支払いが可能になる。
    • この際には、シンカクラウドへ接続する「シンカターミナル」「電子マネー対応カードリーダー」のいずれかを用いる。
      シンカターミナルは画面の指示に従いタッチすることで決済され、表示されたクレジット数が投入される。電子マネー対応カードリーダーは後述。
  • コナミ機種以外の機器でPASELIを使用する場合は以下の条件を満たしている必要がある。(公式説明)
    • PASELIマークのあるe-amusement pass(第2版*6)またはアミューズメントICカードを使用している。しかし、外付け機器であるシンカターミナルを利用する場合はe-amusement passの内部バージョンは不問。
      • おサイフケータイ/交通系ICカードの場合、シンカターミナルであってもPASELI決済は不可だが、他の決済は可能。
    • PASELI利用設定を「暗証番号省略OK」に設定している。
  • PASELI利用履歴には「支払(シンカクラウド)」と表示される。
    • 履歴には全機種合算の利用金額のみ表示される。
    • 他社タイトルにおけるPASELI利用でもPASELIポイントの対象となる。
  • 電子マネー対応カードリーダーについて
    • 2018/06中旬からPASELIの公式サイトに「電子マネー対応Aimeリーダー」が追記されており、明記はないもののバナパスポートカードリーダーにも電子マネー対応のものが登場している。このため、本項目では2つをまとめて電子マネー対応カードリーダーと呼称する。
      • Aime・バナパスポートどちらの表示であっても使い方は同じである。
    • 設置はメーカーごとに異なる。目安として、セガ製のアーケード基板「ALLS」シリーズを採用したゲームには原則搭載されている。
      • 設置筐体であれば、カードリーダーと別に2行表示出来る液晶画面が設置されている。
    • 電子マネー対応カードリーダーの初搭載・他社PASELI初対応は2018/02/22稼働の「SOUL REVERSE*7」。
  • 電子マネー対応カードリーダーでのPASELI使用方法
    • 筐体画面がタッチパネルの場合
      例:ALL.Net P-ras MULTI バージョン3、カードメイカー
      • クレジット受付画面にて「メニュー」「MENU」その他電子マネー決済開始アイコンなどをタッチ。
        投入するクレジット数を選択(1クレジット〜*8後、種別選択にて「PASELI」を選択する。
        電子マネー対応カードリーダーが青点滅していることを確認し、リーダーにe-amusement passをタッチすると決済される。
      • 再度決済する際、ショートカットが用意されているゲームではアイコンをタッチすると即座に前回の設定で反応するようになる。
      • 残高照会はクレジット投入選択画面で「残高照会」を選択する。以降の操作は決済時と同じ。
      • こちらの方式に限り、要求クレジット数より多くのクレジットを投入することが可能。要求3クレジットに対し、5クレジット決済設定があるならば5クレジットを投入することができ、余った分はクレジットとして保持される。
        例1:カードメイカーでCHUNITHM用カードを購入する場合、クレジット投入自体は5クレ同時投入も可能であったが『AMAZON』時代は1度に1枚しか購入できず、2枚目以降はクレジット待ちを経由せずすぐに購入確認となる形だった。2019/10/24の『CHUNITHM CRYSTAL』稼働開始時のアップデートで5連ガチャが追加されている。
        例2:カードメイカーでmaimaiのでらっくすパスを購入する際に5クレジット投入し、1〜3クレジット消費した残りをオンゲキやCHUNITHMのカード購入に使うことも可能。
    • 筐体画面がタッチパネルではない場合
      例:WCCF FOOTISTA、オンゲキ、WACCA Lily
      • クレジット最終受付画面で自動受付、もしくは事前に電子マネー使用を選択する。種別選択は電子マネー受付画面で筐体のボタンを使用する。
        「PASELI」を選択した状態で電子マネー対応カードリーダーが青点滅していることを確認し、リーダーにe-amusement passをタッチすると決済される。
      • 投入クレジット数はゲーム機で予め指定・要求されたものとなる。
        例:オンゲキ(PLUS以降*9)ではその前のGP購入量選択(店舗側での設定で1Cr/2Cr/3Cr=100GP/230GP/370GPのものと1Cr/2Cr/3Cr=120GP/240GP/360GPのものがある)によって決定される。
      • 残高照会は電子マネー受付中に指示されるボタンを押す。種別選択など以降の操作は決済時と同じ。
    • 電子マネー種別の並び順は原則nanaco→Edy→iD→交通系IC→WAON→PASELI→AimePayでタイトル*10や店舗の設定によって個別に対応可否が異なる。また、大抵のタイトルではこの順のうちiDとAimePayが除外されていることが多い。
      • 筐体画面がタッチパネルでない場合のデフォルトは対応している中で暑さ1番左のものとなるため、プレーデータ保存のAimeとPASELI支払用のe-amusement passを同じアミューズメントICカードに共存させている場合でも電子マネーの種類を選択する際に1度離す必要があるので注意。*11
        ただし、オンゲキは2021/10/21の『Bright』で最後に決済に利用した電子マネーの種類を保存するようになった
    • どちらの形式であってもPASELI残高はゲーム機に表示されない。残高照会操作、あるいは決済完了時に2行液晶の方へ表示される。
  • 電子マネー対応カードリーダーによるPASELI対応機種
    • セガの場合、SOUL REVERSE以降に製造した筐体、かつAimeに対応している筐体は原則電子マネー・PASELI対応。例外は下記の通り。
      • ALL.Net P-ras MULTI Ver.3:「タッピングスキルテスト」、「オトシューDX」など一部ゲームが非対応。
      • けものフレンズ3 プラネットツアーズ:基板が違う関係で電子マネー対応カードリーダー非搭載。
      • オンゲキ:2019/02/07の「オンゲキ PLUS」へのアップデートで対応。(告知)
        電子マネー対応カードリーダー自体は筐体製造時点で搭載済。また、併設のカードメイカーは当初から対応している。
      • maimai でらっくす:2021/09/16の「maimai でらっくす UNiVERSE」へのアップデートで対応。(告知)
        電子マネー対応カードリーダー自体は筐体製造時点で搭載済。
      • StarHorse4以外のメダルゲーム全て:基板問題など。ただしStarHorse4に限り、全サテライト筐体へ電子マネー対応カードリーダーが追加搭載、専用メダル貸出などでPASELI決済可能。
      • 頭文字D THE ARCADE:ALLS基板であるが不可*12
      • CHUNITHM:2021/11/04から稼働した『CHUNITHM NEW』での新規筐体「ゴールドモデル」のみ対応。旧筐体のコンバート稼働である「シルバーモデル」では非対応。
    • なお、ALLS基板はセガ以外の他社にも供給しているため、搭載しているタイトルの一部は電子マネー・PASELI払いに対応する。
      • WACCA(マーベラス):2020/09/17の「WACCA Lily」へのアップデートで対応。(告知)
        電子マネー対応カードリーダー自体は筐体製造時点で搭載済。
    • バンダイナムコの場合、非常に限定的な対応が取られており、2021年時点では下記のみ電子マネー・PASELI対応。それ以外では搭載していても使用できない。
      • ジョジョの奇妙な冒険 ラストサバイバー:少なくとも2020年より対応。
      • 機動戦士ガンダム 戦場の絆II:稼働日より対応。現金でのプレーの場合はターミナルでのエントリーが必要だが、電子マネー・PASELI使用ではステーションより直接エントリー可能。

過去のPASELI利用ロケテスト

  • 下記外付け機器は全てシンカクラウド・シンカターミナルに置き換えられたと推測される。

*1 NESiCAのみ2019/02/14の販売以降
*2 元々両カードはIDについて「4桁の数字×5つ」という形式になっているという共通点があった。それに対してe-amusement passは「4桁の英数字×4つ」、NESiCAは「4桁の数字×4つ」となっている
*3 一例として2019/03/28稼働開始のGROOVE COASTER 4EX INFINITY HIGHWAYはアミューズメントICカードに対応していない
*4 NESiCAの再発行はあくまで予約であり、24時間以内に認識できる対応タイトルで認証しなければならないため
*5 統合元のNESiCAでも同じデータを使うことは可能だし、非対応タイトルでは引き続き統合元のNESiCAが必要
*6 バージョンの詳細についてはこちらを参照
*7 2019/02/20でサービス終了
*8 ゲームにより連続投入できるクレジット数は異なる。例えばカードメイカーの場合は当初1/5/10→2019/07/11のアップデートで10クレジット投入が削除され1/5に→2020/01/23のアップデートで3クレジットが追加され1/3/5という変遷をたどっている
*9 初代では1Cr/2Cr/3Cr=90GP/220GP/360GPがデフォルトで変更可能という形だった模様
*10 例えばオンゲキでは2020/09/30の「R.E.D.」にてiDへの対応が追加された
*11 コンティニュー/追加投入の際はその前の支払方法にカーソルがあっているため、この場合PASELIが選択されていれば当てっぱなしでもそのまま決済が進行する
*12 電子マネー対応カードリーダーは頭文字D ARCADE STAGE Zeroからのコンバート稼働だとそもそも非搭載で、SEGA World Drivers Championshipからのコンバート稼働だと液晶画面が撤去されている

Last-modified: 2022-01-17 (月) 15:48:32
Site admin: iMp95
mail : imp@callusnext.com (←@を半角に)