DanceDanceRevolution A3

  • EXTRA EXCLUSIVE: 1 (2022/03/17〜)
    • ANTI ANTHEM / BEMANI Sound Team "ZAQUVA"
    • Deep tenDon Reflex / BEMANI Sound Team "Coyaan"
  • GOLDEN LEAGUE A3: 2 (2022/06/23〜2022/07/20)
    • GOLD RANK UNLOCK: Teleportation / Tatsunoshin

※前作DanceDanceRevolution A20/基礎知識からの流用が多く含まれます。情報の更新にご協力お願いします。

基礎知識

筐体の種類

  • 製造された時期等の違いにより、大きく分けて5種類の筺体が存在する。
    • いずれもゲーム内容自体は同じものの、画面の大きさやボタンの数・操作等に違いが見られる。
旧筐体(初代筐体)SuperNOVA筐体X筐体白筐体金筐体*1
ソフトウェアタイプBタイプBタイプAタイプC-GタイプI
モニタ29inchブラウン管29inchフラットブラウン管37inchワイド液晶42inchワイド液晶55inch液晶(画面傾斜無し)
モニタ解像度15kHz(480i相当)480p1080p(720p拡大)1080p(720p拡大)1080p(720p拡大)
USBスロット××
上下ボタン××
メインカラー
  • 上下ボタンの有無によって、上下ボタンを使う一部の操作が変わってくる。
  • USBスロットはEDITの読み込みに利用されたが、今作では利用できない。(DDR Aで機能廃止)
  • タイプは内部のソフトウェア上での筐体種別。

プレー方法

エントリーフロー

  1. コイン投入、またはe-amusement pass(もしくは携帯電話)を読み取り機にかざす。
  2. 言語を「日本語」「English」(英語)「한국어」(韓国語)から選択。
  3. (e-passもしくは携帯使用時)暗証番号入力。初回プレイ時は新規登録またはプレイデータの引継ぎ。
    • 暗証番号を間違えた場合は左ボタンを押すと最初からやり直せる。
  4. (e-passもしくは携帯使用時)エントリー画面。詳しくは下記参照。
  5. スタイル(シングル/ダブル/バーサス)選択。
    • 1P/2P両方でエントリーしている場合は自動的にバーサスにカーソルが合わさる。(変更可能)
    • SP/DP切り替え機能追加及び料金統一化により、「シングル」と「ダブル」はどちらを選択しても実質的な違いは無い
  6. PASELIが使用可能な場合は支払い形式を選択。
    • コインを投入済みでないとコインプレーは選択できない。
    • キャンセルを選択すると強制的にタイトル画面(プレー終了後の画面)に戻されるので注意。

エントリー画面

  • エントリー画面では以下のデータが確認できる。
    • ダンサーネーム
    • 所属都道府県
    • DDR-CODE(4桁-4桁の数字)
    • 所持しているEXTRA STAGE進出用のスター
    • 所持段位(SP/DP)
    • ゴールデンリーグの所属クラス
  • ライバルの登録やキャラクターの選択は別途公式サイトで行う。

選曲画面

  • 楽曲のジャケット、曲名、難易度、クリアランプが3×3で表示される。上下左右のボタン(もしくは左右ボタン)で選曲、決定ボタンで決定
    • 曲名の色に関して、無条件解禁曲は「白色」、条件を満たすと選曲可能な隠し曲は「黄色」、EXTRA EXCLUSIVE楽曲は「赤色」となる。
    • 楽曲ジャケットの「枠」にも違いがあり、EXTRA EXCLUSIVE及びゴールデンリーグシルバークラス特典が「プリズム枠」、ゴールデンリーグゴールドクラス特典が「明滅するプリズム枠」となる。
  • 基本的には先に曲を決定してから難易度を選ぶ。
    • 上または下パネルを素早く2回踏むことで選曲中の難易度変更が可能。
  • (全筐体)リスト上のソート変更のショートカットを選ぶか、左右ボタン同時押しで曲の並び順(選曲ソート)を変更可能。詳細は後述。
  • (X筐体以降)上下ボタン同時押しでフォルダを閉じる
    • (全筐体)フォルダアイコンにカーソルを合わせて決定ボタンでも閉じる。
  • テンキー[1]キーを押すとターゲットスコア比較(後述)のウインドウが表示される。
  • (新機能)テンキー[3]キーを押すとシングルプレーとダブルプレーを切り替えることができる。選曲画面の間は何度でも切り替え可能。ただし、曲を選択した後は切り替え不可能。
  • 決定時、もしくは難易度選択画面中に決定ボタンを長押しするとオプション画面に入れる。
    • 矢印の色やスクロール速度などを設定できる。e-amusement pass無しの場合は速度、スクロール、カット、フリーズアロー、同時踏みが設定できる。
    • テンキー[9]キーでも入れる。曲を選ぶ前にオプションの変更をすることが可能。
  • 矢印の形状や背景のフィルターは公式サイトで変更する。
  • 前の項目に戻るには以下の行為をすれば戻れる。
    • (X筐体以降)上ボタンを押す。
    • (全筐体)左右ボタンを同時に押しながら決定ボタン。
  • 選曲ソートメニュー一覧
    • 公式サイトの遊び方ページ、ショートカットメニュー上ではカテゴリと表記されている。
    • 「BEMANIシリーズから選ぶ」は今作では廃止されている。
ソート名詳細・備考
曲名から選ぶ日本語表記/アルファベット/その他(数字・記号)のフォルダに、曲の頭文字で楽曲ごとに分けられる
ジャンルから選ぶ版権曲がジャンル分けされたフォルダ等がある。カードなし、及びVERSUS PLAYでの初期画面はこのソートになる
バージョンから選ぶDDRの各シリーズごとのフォルダに各シリーズで初出の楽曲ごとに分けられる
クリアランクから選ぶ各クリアランクのフォルダにクリアランク別に楽曲が分けられる
BPMから選ぶ各BPMのフォルダ(100以下、100〜300の10刻み、300以上、???)に、このソートを選択した時点で選択している楽曲BPM準拠でのBPM別で楽曲が分けられる
レベルから選ぶ各レベルのフォルダにレベル別で楽曲が分けられる
ライバル比較から選ぶアクティブ設定しているライバルにスコアが勝っている曲/負けている曲などがフォルダ分けされる。ライバルが複数いる場合、その数のフォルダが出現する
DDR SELECTIONDDR20周年を記念して前作から登場した、20周年記念新曲および各シリーズの代表曲を集めたフォルダ
コースから選ぶコース(ノンストップ・段位認定)を遊ぶ場合のカテゴリ。プレミアムプレー時のみ出現
イベントから選ぶイベントごとに関連楽曲がまとめられている。EXTRA STAGE専用楽曲もこのカテゴリ以下に出現する
ピックアップから選ぶA3先行稼働開始時点では、DDR GP先行プレー特典がまとめられている。先行プレー特典を選曲可能な条件を満たした時に出現する

プレーについて

  • 1曲目はゲージが無くなっても最後までプレー可能。(曲終了後にFAILED。ただし、店舗の設定により異なる場合あり)
    • コインプレー・PASELIでのノーマルプレーの場合、FAILEDした時点でプレー終了。ただしオプションの設定によっては異なる場合がある。
    • PASELIプレミアムプレーの場合、クリアの可否にかかわらず3曲保証。
  • 2人プレイの場合、どちらか片方がクリアできれば2人とも次のステージに進める。またどちらか片方がEXTRA進出条件を満たせば2人ともEXTRAに進出する。
  • 曲開始直後の短い間(筐体の左右ボタンが光っている間)のみ、左右ボタンでハイスピードを変更可能。
  • (X筐体以降)HIDDEN+、SUDDEN+オプション使用時は上下ボタンでカバー調節、決定ボタンでカバーの有無を変更可能。

リザルト画面

  • プレーした曲とプレースタイル(SINGLE/DOUBLE/VERSUS)、譜面種別(BEGINNER〜CHALLENGE)、レベル、取得したスコア(New Recordの場合はその旨も)とダンスレベル、獲得したスターの数(プレミアムプレーのみ)が表示される。
  • 画面下部には消費カロリー、詳細リザルト、ライバル比較も表示される。左右ボタンでページがめくれる。
    • 詳細リザルトでは最大コンボ数、各判定の数、EX SCORE、FAST/SLOWの数(FAST/SLOW表示がオンの場合のみ)が確認できる。
  • e-amusementアプリに結果を送りたい場合はこの画面でテンキー[1]キーを押す。

EXTRA STAGE

  • 条件を満たした場合、既定の曲数(通常は3曲)に追加でプレーできるステージ。選んだ曲に関わらず自動的にLIFE4オプションが適用される。
  • プレミアムプレーを選択し、FINAL STAGEクリア時にスターを9個入手していれば進出できる。
    • FINAL STAGEでFAILEDした場合、スターの数や選んだゲージに関わらず進出できない
    • スターが9個あってもスタンダードプレー(コインプレー)では進出できない。
  • EXTRA STAGEに進出すると集めたスターが消費され0個に戻る。
    • 10個以上獲得しても余剰分は次のクレジットに持ち越されない。
    • VERSUS PLAYで片方スタンダードプレーの時、プレミアムプレー側がスター9個保持していれば双方EXTRAに進出可能。
    • VERSUS PLAYで2人ともプレミアムプレーの場合、双方が得たスターを合算できる。
  • 獲得できるスターの個数は以下の表のスコア条件とコンボ条件の合計で決まる。ただし1ステージで獲得できるスターの数は最大3個まで。
    例:LIFE4ゲージ、クリアランクAAA、フルコンボの場合、得られるスターは3個。
    例:通常ゲージ、クリアランクAA、フルコンボの場合、得られるスターは3個。
    例:LIFE4ゲージ、クリアランクA、フルコンボ失敗の場合、得られるスターは2個。
    例:LIFE4ゲージ、クリアランクE(クリア失敗)の場合、得られるスターは1個。
条件個数
スコア条件
クリアランクAAA3個
クリアランクAA(+,-含む)2個
クリアランクA〜D(+,-含む)1個
クリアランクE(クリア失敗)0個
コンボ条件
フルコンボ1個
LIFE4またはRISKYオプションでプレー
  • CUTやJUMP-OFFなどのオプションを使用して矢印を減らした場合、フルコンボ判定が消失するためその分のスターが得られなくなる。
    • またスコアも減少するので、スターを稼ぐ場合はコンボ枠としてLIFE4やRISKYを使用した方が良い。FAILEDしてもプレーだけで1個は手に入る。(FINAL STAGEでFAILEDすると進出できないので注意)
    • オプション等で矢印が全く登場しない譜面になったとしても、クリアさえすれば(選曲=クリアだが)スターを1つ獲得できる。前述の通りフルコンボにならないのでゲージオプションと併用すると良い。
  • ルール
    • 強制的にゲージオプション「LIFE4」が設定される。4回MissまたはN.G.判定を取った(=コンボを切った)時点でFAILED
    • それ以外のオプションは自由に選択可能。
    • EXTRA STAGE専用曲以外も選択可能。
  • EXTRA STAGE専用曲
    • EXTRA STAGEでのみ選曲可能な曲が存在する。

システム

矢印の種類

  • ゲーム中に登場する矢印オブジェは以下の3種。
  • 通常アロー
    • タイミングごとに色分けされた矢印。ただしFLATオプションでは色分けされない。
      • デフォルトの「RAINBOW」オプションの場合、オレンジ色が4分・青色が8分・紫がそれ以外に分かれている。ただし一部には譜面停止などで色分けがずれる曲(「CHAOS」や「この子の七つのお祝いに」等)も存在する。
    • 同時踏みは2つまでで、片方でも逃すとコンボが切れる。
    • 単踏みでも同時踏みでも共に1ノート扱いで、GOOD以上の判定でコンボが1増える。
      • 後述のショックアロー譜面を除くと「最大コンボ数=総ノート数」となる。
  • フリーズアロー(FA)
    • 2001年稼働のDDRMAXで初登場。縦に長く、残像がついている緑色の矢印。踏み始めのタイミングやオプションによって色が変わらない。
    • 矢印の終わりまで踏み続ける必要があるが、一瞬だけなら足を離してもコンボは途切れない。足が離れている間は(コンボが継続しているか否かに関わらず)少し暗い色に変化する。
      • この仕様を利用して、途中で踏んでいる足を入れ替えることも可能。
    • 足が一定の時間以上離れるとN.G.判定(リザルト画面ではMissと同一の扱い)が出る。一度N.G.が出たら踏み直しても復帰はできない。
    • 終点ちょうどで足を離す必要はない。
    • 踏み始めに通常の判定が一回、最後まで踏み切るとさらにO.K.判定が出る。
      • 踏み始めがMiss判定の場合は、その後のフリーズアロー判定そのものが発生しなくなる。(N.G.判定すら発生しない)
    • 同時踏みと複合することもある。始点が同じ場合は同一のフリーズアロー扱いで、両方の矢印を共に踏み切らないとO.K.判定が出ない。始点が異なる場合は別個のフリーズアロー扱い。
      • 始点が同じ同時踏みFAでも「片方の矢印が通常アローと同じ長さ」「同時押しの瞬間に停止する」の二条件を満たした場合、停止中に通常アロー側の足を離してもコンボは継続する。(「un deux trois」[DP-EXP]や「MAX.(period)」[SP-CHA]等)
    • 踏み始めは通常アローと同じくGOOD以上の判定でコンボが1増える。その後はN.G.判定が出るとコンボが切れるが、O.K.判定が出てもコンボは増えない。
      • 判定は2つあるが、フリーズアロー1つで1ノート扱い。後述のスコア計算式に当てはめるならば「始点」が通常アロー扱い、「終点」がフリーズアロー扱いと考えてもよい。
  • ショックアロー(SA)
    • 2008年稼働のDDR Xで初登場。2022年に版権曲「MEGALOVANIA」が収録されるまで、長らく一部のCHALLENGEにのみ存在していた。存在する譜面には選曲画面の難易度の下にカミナリのマークがついている。
      • ショックアローのあるCHALLENGE譜面は楽曲によってはEXPERTよりLvが低いことがあり、必ずしもEXPERTの上位譜面とは限らない。
    • 4方向(ダブルプレーの場合8方向)セットの横に長い矢印。白く、電撃のようなオーラをまとっている。
      • ダブルプレーの場合は、片側のみにショックアローが来る譜面も存在する。そのプレーサイドいずれかのパネルを踏んでいなければOK。この場合通常アローやフリーズアローと複合することもある。
    • 来たタイミングで4/8方向いずれかのパネルを踏んでいると「N.G.」判定が出ると共に鋭い効果音が鳴り、電撃のエフェクトで画面が一瞬見えなくなる。
    • 銀パネルを踏んだりジャンプして避けるなどすると「O.K.」判定が出る。
    • フリーズアローと同じ判定だがO.K.判定でコンボが1増える。
      • 通常アローの単踏み/同時踏みと同じように、ダブルプレーにおける片側/両側ショックアローはどちらも単一のショックアローとして扱われる。
      • ダブルプレーで片側ショックアローと同じタイミングの通常アローを踏んだ際はコンボが2増える。
    • 「ノート(ノーツ)」の公式な定義は存在しないが、当wikiや各種DDR攻略サイトではショックアロー数はノート数に含めず別扱いで数えることが多い。
      • そのためショックアロー譜面では「最大コンボ数=総ノート数+総ショックアロー数」となる。

ダンスゲージ

  • 曲のプレー中画面上部に表示される水色のゲージ。26分割されており、これが残った状態で曲を完走できればクリア。曲の途中で0になるとFAILEDとなる。
  • 半分程度からスタートし、満タンになると。一定以下になると色が赤くなり、画面に「DANGER」の警告が表示されると共に背景が赤くなる。
    • ゲージがなくなってFAILEDが確定しても曲が続いている場合「DANGER」表示は消える。
  • オプション「LIFE4」「RISKY」を設定している場合、4分割されたゲージに変化する。「LIFE4」の場合は満タンで虹色、残り1つで赤に変化。「RISKY」は最初から赤いが「DANGER」表示は出ない。
  • ゲージはMARVELOUS1つで1/4目盛り程度増加、Miss1つで2.5目盛り程度減少。(満タンの場合)
    • ただし曲のノート数やゲージ残量によって複雑な補正が存在しているらしく、詳細な増減量は要検証。
    • 大まかにはゲージ残量が多いときほどMissの減少量が大きく、赤くなるほど少ないときは減少量が小さい。
    • GREATやGOODの場合も減少することはない。
    • 同時踏みの場合も増減量は同じ。(参考)
    • (X、金筐体)画面横にあるランプ(X筐体は画面外に立っているバー、金筐体は画面真横)はゲージ残量に応じて色・光り方が変化する。

判定の種類・スコア計算式

  • それぞれのアローに対して以下の判定が存在する。
判定得られる点数判定文字の色
MARVELOUS基準点の100%白色
PERFECT基準点の100%-10点黄色
GREAT基準点の60%-10点緑色
GOOD基準点の20%-10点青色
Miss0点赤色
  • 他に、フリーズアローを最後まで踏み切った場合・ショックアローを避けた時の「O.K.」判定とフリーズアローを離してしまった・ショックアローを踏んでしまった時の「N.G.」判定が存在する。
    • 点数は「O.K.」がMARVELOUS、「N.G.」がMiss扱い。「N.G.」はリザルトでは「Miss」に含まれる。
  • スコアは以下の計算式で導かれる。
    • 基準点:1,000,000÷(全アロー数+全フリーズアロー数+全ショックアロー数)
    • スコア:基本点×(Marvelous数+O.K.数)+(基本点-10)×Perfect数+{基準点の60%-10}×Great数+{基準点の20%-10}×Good数
      • 10点単位、端数は切り捨て。

ダンスレベルの点数基準

  • スコアに応じてダンスレベルが決定される。またフルコンボするとコンボタイプに応じて右上に専用の輪が表示される。
    • ゲージまたはライフがなくなると、その時点からスコアの加算がなくなる。
スコアダンスレベル
990,000 〜1,000,000AAA
950,000 〜 989,990AA+
900,000 〜 949,990AA
890,000 〜 899,990AA-
850,000 〜 889,990A+
800,000 〜 849,990A
790,000 〜 799,990A-
750,000 〜 789,990B+
700,000 〜 749,990B
690,000 〜 699,990B-
650,000 〜 689,990C+
600,000 〜 649,990C
590,000 〜 599,990C-
550,000 〜 589,990D+
〜 549,990D
FAILEDE
  • フルコンボは以下の4種類が存在する。
    • FULL COMBO(青)(全てGood以上、青の輪)
    • FULL COMBO(緑)(全てGreat以上、緑の輪)
    • PERFECT FULL COMBO(通称PFC/全てPerfect以上、黄色い輪)
    • MARVELOUS FULL COMBO(通称MFC/全てMarvelous=満点、白い輪)

クリアランプ

  • 譜面ごとにジャケットの両脇(バーサスプレー時はそれぞれのプレーサイド)にクリアランプが表示される。
    • また、フォルダにもランプが付く。フォルダバナーの両脇に、フォルダ内で一番低い評価のランプが表示される。
      例:フォルダ内に1曲でも未プレーの場合は無灯、1曲だけ通常クリアで他すべてPFCの場合は黄点灯。
    • 難易度別フォルダとライバルフォルダ、クリアランクフォルダ以外のフォルダは「カーソルの合っている難易度」に対するフォルダランプが表示される。
条件ランプの色
マーベラスフルコンボ(MFC)虹点灯
パーフェクトフルコンボ(PFC)黄点滅
グレートフルコンボ緑点滅
グッドフルコンボ水色点滅
LIFE4使用クリア(フルコンボ未達成)赤点灯
ゲージ制クリア(フルコンボ未達成)黄点灯
アシストクリア(CUT1・2、JUMP OFF、FREEZE OFF使用)紫点滅
クリア未達成薄橙色点灯
未プレー無灯

EX SCORE

  • 100万点満点の通常スコアとは別に計算される、特殊なスコア。リザルト画面の判定数表示下側のみ表示される。
    • MARVELOUS・O.K.=3点、PERFECT=2点、GREAT=1点、他=0点として計算される。
      • 判定の後ろの「!」の数がそのままEX SCOREの点数となっている。
  • 譜面ごとに最大値が異なる。最大値は「総ノート数(ショックアロー含まず)×3+フリーズアローとショックアローの数×3」。
  • DDR 2014までは隠し設定でプレー中のスコア表記をEX SCOREに変更できたが、DDR A以降はKAC予選のような特定のイベント・あるいはEVENT MODEでのプレーを除き、プレー中のスコア表記を任意にEX SCOREに変更できなくなっている。

機能

オプション

  • 大きく「筺体上で変更するもの」と「公式スペシャルサイトで変更するもの」に分かれる。
  • 筺体上で変更するもの
    • 公式サイトのオプション詳細一覧で内容を確認可能。
      • 「矢印の速度」は曲の開始直後(最初のノートの2小節後ぐらいまでの間)のみ変更できる。左で減速、右で加速。
      • 「矢印の見え方」でHIDDEN+やSUDDEN+をセットした場合、曲開始時はセットされた状態でスタート。展開の度合いは曲を跨いでも保存される。曲中いつでも決定ボタンでオンオフでき、セット中上下ボタンで高さを変更可能。
      • CUTやJUMP OFFなどの易化オプションを使用した場合、該当する矢印が消滅するため(1つでも消えた場合)フルコンボは不可能になる。
        また矢印が1つも消えない場合(フリーズアローがない譜面でFREEZE OFFを使用するなど)でも、フルコンボでない場合クリアランプはアシストクリア扱いになる。
      • 「ゲージ」はEXTRA STAGEで表示されない。(LIFE4固定)

グルーヴレーダー

  • 譜面ごとに設定されている五角形のレーダーで表わされる数値。選曲画面の右側中央(1P側の場合)に表示される。ただし、SPとDPで別計算。
  • 以下の5つの要素で構成される。
名称要素
STREAM平均的なアローの密度
VOLTAGE瞬間的なアローの密度
AIR同時踏み、ショックアロー
FREEZEフリーズアロー
CHAOSリズム難、停止、速度変化
  • 以下雑記。
    • STREAM/AIR:「片側ショックアロー中の通常ノート」を多用するDP譜面は、同曲同難易度SP譜面と比較すると極端にSTREAM/AIRが高くなる傾向にある。
    • VOLTAGE:「1秒あたりのノート数が最も多い箇所」ではなく「1小節あたりのノート数が最も多い箇所」が計算要素に含まれるため、高速地帯がありかつ低速地帯にノートが詰まっている譜面ほどVOLTAGEが高くなる。
    • FREEZE:「フリーズアローの数」ではなく「フリーズアローの長さ」で計算されるため、ギミックの合図として短いフリーズアローを多用する譜面は、フリーズアローの多さとは裏腹にFREEZE値が伸びない傾向にある。
  • DDR 2013までは最大値が200となるようにバージョン毎に計算式が変更されてきた*2が、DDR 2014以降はDDR 2013と同一の計算式を採用している。
    • そのため、DDR 2014の「EGOISM 440」[CHA]を筆頭にレーダー値が200を超える譜面が登場するようになっている。レーダー値が200を超えているのは以下の通り。
楽曲プレースタイル譜面200超えの要素
DPCHALLENGESTREAM(201)
ACE FOR ACESSP/DPCHALLENGEVOLTAGE(260/247)
EGOISM 440SP/DPCHALLENGESTREAM(226/270)
ENDYMIONDPCHALLENGESTREAM(224)
Lachryma《Re:Queen’M》DPEXPERTSTREAM(207)
SP/DPCHALLENGESTREAM(229)
MAX 360SP/DPCHALLENGESTREAM(226/247)
MEGALOVANIADPCHALLENGEAIR(245)
POSSESSION (20th Anniversary Mix)DPCHALLENGESTREAM(223)/AIR(224)
  • レーダーの頂点が100を表し、それ以上の場合は円グラフからはみ出る。
    • 各曲の詳しい値はDDR A3のグルーヴレーダー値リスト(SINGLE/DOUBLE)および、DDR A20 PLUS以前のリスト(SINGLE/DOUBLE)を参照。

ライバル設定

  • 公式サイトの「RIVAL」から設定可能。
    • 最大10人まで登録でき、うち3人をアクティブ設定できる。アクティブ設定すると以下のターゲットスコアでスコアの比較が可能になる。
    • ライバル解除、アクティブ解除もこのページからのみ行える。
    • 公開設定を「公開」にしているライバルの場合、ライバルリストからそのプレイヤーの「楽曲データ一覧」「MY選曲ランキング」(回数は表示されない)「最近プレーした曲」「楽曲データ詳細」が確認できる。(要ベーシックコース加入)

ターゲットスコア

  • ライバルとのスコア比較機能。
    • 選曲中にテンキー[1]キーを押すことで比較対象(自己ベスト、全国トップ、筐体内トップなど)が一覧で表示される。
  • リザルト画面のタブ3でも、同様の内容が表示される。
    • 以下の項目がスコアの高い順に表示される。
      • 自己ベスト
      • 筐体内1位
      • エリア内1位
      • 全国1位
      • RIVAL1
      • RIVAL2
      • RIVAL3
    • 「過去も含めて未プレー」の場合は0点扱い、「過去にプレー済みで今作未プレー」の場合は表示上は0点でも並び順ではそのスコアの位置に来る。
  • テンキーの[0]キー(上移動)または[00]キー(下移動)でターゲットを選択できる。選択したターゲットのスコアはプレー中にリアルタイムで比較が可能。
    • 1歩ごとにターゲットとの現時点でのスコア差が判定の下に小さく表示される。
    • ターゲットに勝っている場合は「」、負けている場合は「」、同点の場合は「白」。

*1 正式名称: 20th anniversary model
*2 ただし、レーダー値100以下の計算式はDDR X以降変化無し

Last-modified: 2022-05-20 (金) 17:18:22
Site admin: iMp95
mail : imp@callusnext.com (←@を半角に)