beatmania IIDX 29 CastHour

WEEKLY RANKING: 口カラ凸ゲキ / SARUKANI × Blacklolita
(2021/11/24 12:00 START〜2021/12/01 11:59 END)

最近の出来事

  • 2021/11/25(Thu)
    • 「WORLD TOURISM」新マップ追加
      • 「jubeat TOURISM」
      • 「pop'n music TOURISM」
  • 2021/11/11(Thu)
    • 段位認定「九段」「十段」追加
    • デフォルト新曲・LEVEL 12の譜面追加
  • 2021/11/10(Wed)
    • 「WEEKLY RANKING」開始
  • 2021/10/28(Thu)
    • 「WORLD TOURISM」開催
      • 6マップ同時開催、BPLのチームイメージミュージック解禁、全クリアで「No Day But Today!」のレーンカバー獲得。
    • 「アーケード連携設定(「beatmania IIDX ULTIMATE MOBILE」)」:新規の連携再開
  • 2021/10/13(Wed)
    • beatmania IIDX 29 CastHour」順次稼働開始(beatmania IIDX 28 BISTROVERからのオンラインアップデート)
    • 「稼働日決定!RTキャンペーン」特典受け取り(〜2021/11/24)
      • 【当該ツイート】に記載された二次元コードをゲーム機に読み取らせることで特典の10000 LISNAをその場で獲得。

公式サイト・関連ページ

28 BISTROVERからの各種引継

  • 下記の要素を前作から引き継ぎ、それ以外は引き継がれない。「27 HEROIC VERSE」以前のデータからの引継ぎは不可。
    • DJ NAME(変更可)
    • 所属都道府県(変更可)
    • 楽曲の解禁状況
    • 楽曲のクリアタイプ
    • 所持クプロパーツ
    • 所持プレーカスタマイズ(「フレーム」・「選曲BGM」を除く)
      • 今作より引き継ぎ可能。パーツの使用状況も引き継がれる。
      • パーツ以外で公式サイトでの設定が必要なカスタマイズ項目は初期化される。1度プレーした後に設定が必要。
      • (要注意)「BPLデジタルアイテム」(共通・店舗別とも)は27 HEROIC VERSEで獲得していた場合でも、28 BISTROVERの「BPL応援 楽曲解禁スタンプラリー」で解禁手順を進めていないと今作に引き継ぎができない(設定されていた場合は先述同様初期化される)。
    • 言語設定
      • 初回プレーに限り筐体標準設定の言語に切り替わり、2回目以降は設定した言語に戻される。
  • 引き継ぎ処理は1回限りのため、29 CastHourへの引き継ぎ後に28 BISTROVERで購入したものは無効必要なものは事前に購入しておくこと
    • 所持MOGは各種パーツ購入で使い切ってから引き継ぎをしないと全て無駄になってしまう
    • 所有しているDJ VIP PASS BLACKやVディスク、STEP UP 4曲チケット、オカ研チケットも引き継がれないので、引き継ぎ前に使い切らないと無駄になる。

タイトル

  • 公式サイト・NEW SONG:サウンド・ビジュアルのコンセプトの説明が記載。
  • キャッチコピーは「流れる音で(ストリーム)時に乗れ。(ライディング)
  • タイトルロゴの右上にある英文は以下の通り。
    This brand-new hour lets you cast and share your beat!
    Have a GREAT "CastHour" !!
  • テーマは「チャンネル (CH)」。
    • タイトルロゴには再生・一時停止・音声などのボタンやモニターがあしらわれており、上記の英文からも「動画配信」を題材としていると思われる。
    • システムボイスや公式の解説などから、今作のIIDXは配信プラットフォームにあたり、各プレーヤーが配信を行う設定になっていると推察される。

システム新要素・変更点

  • プレーに大きく影響すると思しきものは赤字で表記しています。

基幹システム

  • マルチスピンスクラッチ(MSS)
    • 複数のバックスピンスクラッチ(BSS)が繋がった状態でレーンに落ちてくる。
      • 始点ノートからターンテーブルを回し続け、中間ノートのタイミングで回す方向を反対に切り替えながら、そのままターンテーブルを回し続ける。
      • 通常のBSSとは異なり、中間ノートから途中復帰することが可能。
      • 中間ノートは中間前の反転(正確には停止)判定と中間後の開始判定が別々になされているため、最高で4点が入る仕様となっている。
      • MSS搭載譜面にASSISTオプションのLEGACYを適用すると、MSSは始点ノートと中間ノートが通常の皿に変換される。
    • MSSのノーツには「m」のような水色の印が入っている。
    • MSSを持つ譜面は選曲バー横にアイコンが表示される。
    • 対象譜面をプレーする際、ローディング中には操作説明が表示される。
  • HBSSの仕様変更
    • HBSSではコンボブレイク後もターンテーブルを回し続けないとミスが出続けるが、前作までは回す向きは問われず、押し引きしてもミスが出なかった。
      しかし、本作から回す方向を変える度にミスが出るようになった。
    • 公式から特に説明されていない。

選曲画面

  • CN/HCN表記廃止
    • MSS実装に伴い、各難易度のレベルに付記されていたCN・HCNアイコンが無くなった。
      • CNの有無はノーツレーダーのCHARGE項目を参照すればよい。
      • HCNを持つ譜面は項目名の下に「HELL」というアイコンが表示される。
  • バージョン〜BPMの列が26 Rootageと同じようにセンタリングされた。
  • ノーツレーダーで値が0の項目名の色が暗くなるようになった。
  • クプロがレベル一覧とクリアレートの右側に移動した。
  • 背景には過去の汎用ムービーが組み合わされて流れている。

オプション

  • 判定調整機能拡張
    • 判定タイミング自動調整機能
      • プレー中のFAST/SLOW割合を基に、楽曲プレー中に自動的に判定タイミングが調整される。
      • 詳細オプションの判定自動調整の項目か、プレー中に0キーを押すことで任意にオン/オフの切り替えができる。
        この機能実装に伴い従来筐体にあった0キーを使用したフローティングハイスピードのON/OFF切り替えが廃止。
    • プレー中の判定タイミング調整
      • 自動調整(上述)オフ時は、プレー中にテンキーを入力することで手動でのタイミング調整が可能。
        FASTが多く出るときは9キーで+方向へ、SLOWが多く出るときは3キーで-方向へ調整ができる。

楽曲プレー中画面

  • ベストスコアの使用オプション表示
    • スコアグラフに表示されているスコアを出したときに使用したオプションが名前の下に表示(ARENAモードのオプションと同じ表示方法)。
    • 一部グラフは非対応と明記。
    • ライバル・自己ベストは実装告知済み、店内スコアの告知はなし。
  • オプション「判定の数リアルタイム表示」使用時表示項目強化
    • レーンに近い方から、従来の判定数・FAST / SLOWの数・判定調整機能の順に並んで表示。
      • 1P/2Pで左右が逆になる。
      • FAST / SLOWの数が常時表示になった。これまではVEFXボタンを押している間のみ表示。
    • 枠の高さがムービー下のスペース(BPM+エフェクト表記)に収まるサイズに縮小。
    • 文字が小さくなっている一方、判定名などの文字に色がついている。
  • DPレイアウト変更
    • JUDGE表示リニューアルに伴い、DPプレー時のムービーウインドウのレイアウトも変更された。
      • ロケテスト版では従来作までのレイアウトであり、JUDGE表示すると下部ムービー上側が丸々覆われて見えなくなる範囲が拡大してしまうため変更されたと思われる。
    • 楽曲情報がエントリーしたサイドのムービーウインドウの上部に変更。JUDGE表示は同・下部に表示される。
      • STAGE表記がSPに比べフォント縮小、曲名とアーティスト名の1行表示が廃止されスクロールが独立化*1、難易度&LEVEL欄の隣に時間貸しの残り時間が表示されるように。
    • ムービー画面が従来までの縦長から、4:3の横長サイズに縦幅が縮小。楽曲情報やJUDGE表示がムービーに被らないようになった。
      • 一部楽曲のムービーが左右トリミングされていたのが全体が映るように。
      • 手元カメラもSPの手元カメラを枠に収まるように縮小表示されるようになり、両方の皿全体が表示されるようになった。*2

リザルト画面

  • トランメダル取得時に鍵盤を押すと前作まではトランメダルやゲーム内通貨の詳細のみをスキップし、リザルト画面はスキップしていなかったが今作からはトランメダルの取得状況に関わらずリザルト画面を丸々スキップするようになった。リザルト画面の撮影を行いたい時は注意。

LIGHTNING MODEL限定機能

  • 旧作のLIGHTNING MODEL 先行楽曲については、前作収録分は継続・前々作の楽曲は従来筐体でもプレー可能に変更。
  • ランダムレーンガチャ
    • LIGHTNING MODEL専用かつ日本版限定機能。特定のキー配置でプレーできる「ランダムレーンチケット」を排出する(チケットの使用も日本版限定)。
    • プレミアムエリアからガチャを引くことができ、排出されたチケットをセットした状態でRANDOMオプションを有効にして楽曲を選択すると必ずチケットに描かれたキー配置になるというもの。
      • チケットは使い切りの消費制。また、所持できるのは9999枚まで。
      • ダブルプレーではチケット1枚につき左(1P)右(2P)レーンのどちらかを選択して使用する。
      • 絞り込み機能あり。所持しているチケットのうち希望する割当を持つものが表示される。
      • チケットの使用期限は入手日から180日。
    • 入手方法はPASELIで10枚購入・無料ガチャ券で1枚引換の2通り。
      • PASELIのガチャは10連単位のみでの販売で、無料ガチャ券と混ぜて引くことはできない。
      • 配置の組み合わせは重複して獲得する場合もある。
    • 公平性の観点からARENAモード、BPL BATTLEモードでは使用不可。元々ランダムオプションを選択できない段位認定モードにも対応していない。
    • チケットを使用するとメイン画面では以下の通りに変化する。
      • 選曲画面中のオプション選択画面ではRANDOMの隣にチケットのアイコンが追加される。
      • 演奏画面のローディング中、鍵盤部分にランダム配置の数字が表示される。
    • 公式サイトで各種設定可能
      • 所持しているチケットが閲覧可能
      • 不要なチケットはリサイクルゲージに変換できる。10枚分変換するとゲージが満タンとなり無料ガチャ券1枚と交換できる。
      • 「お気に入り配置登録」機能であらかじめ希望の配置を設定しておき、筐体での絞り込みの手間を省ける。10パターン設定可能。
  • ヒットチャート復活
    • プレミアムエリアで楽曲の人気ランキングを確認・選曲画面にてその曲への移動が可能。
  • プレミアムエリア関連
    • 「ランダムレーンガチャ」「ヒットチャート」が追加。
    • 2行5列で下記構成
      楽曲検索選曲メモプレーアナライズニュースサウンド
      設定動画ランダムレーンガチャヒットチャート(空)
  • ライティング関連
    • 今作は橙色に光る。
    • プレミアムエリアの設定で、前作までの「サイドパネル」が今作より「サイドインナー」「サイドセンター」「サイドアウター」に分割され、左右あわせて10項目に増えている。
    • 「全てOFF」「全てON」ボタンが追加。
  • イベントモード設定時は常時『BPL BATTLE』モードが選択できるようになっている。(稼働開始時は通常運営で選択不可(参考))

公式サイト

  • IIDXタワー
    • 鍵盤を押した回数・スクラッチを回した回数に応じてタワーが積みあがっていく。
      • 鍵盤側は700回につき1m、スクラッチ側は100回につき1m伸びる。
      • 空打ち(ノーツのない所で押した分。空打ちPOOR含む)はカウントされない模様。
      • (要検証)BADはカウントされる?
    • マイアクティビティ:直近でプレーした(=プレーしていない日を除いて)10日分の日別の実績が閲覧可能。
  • ノーツレーダー表示
    • DJ DATAページにノーツレーダーとその詳細値の表示が追加された。

その他

  • ゲーム内ポイントの名称
    • 今作は「LISNA」・読みは「リスナ」。
  • STEP UPモード
    • STEP UPモード参照。ミッションやステージ構成が大きく変わっている。
  • クプロのモーション追加
    • 今作では「踊り*3」のモーションが追加された。
    • このモーションは「STEP UP」などで使われている。
    • 動かすことを想定していない箇所を無理矢理動かしている為、クプロによっては変な挙動になることもある。
    • 今後アリーナの待機時モーションの1つとして使えるようになると思われる
  • インストカードのデザイン・シリアルナンバーシールの貼付位置変更
    • 従来筐体の鍵盤上部に貼られているインストカードのデザインがRootage以来に変更された。
      • デザインが変更されたのみで記載内容は以前と同じ「本体説明」(選曲画面等における鍵盤の操作説明)「基本のプレーについて」「ステージクリアについて」の3項目。
    • また、シリアルナンバーのシールの貼付位置が前作までタイトルシートの右下だったのがこのインストカードの右下に変更されている。
  • (LM筐体限定)マイクロスイッチ交換
    • 公式で交換になった模様。(ソース)
    • 前作まで出ていた二重入力に対処するための交換と見られる。
  • DEFINITION TYPE(画面表示設定)項目の削除
    • 今作では前作の設定でいう「HD」設定に統一され、これまでブラウン管向け画面設定として残っていた「SD」設定が今作では削除された。(情報1)(情報2)
      • 低解像度のモニターで起動させると稼働するものの常に二重になるなど表示エラーが出るようになった。
      • 設置店舗の情報をまとめたサイトによると現在は全国で液晶モニターへの移行が進み、ブラウン管で稼働している店舗が皆無になったためだと思われる。
  • 50円1クレジット設定の廃止
    • しかし100円2クレジット設定やスタンダードプレー50P設定は廃止されていない

バージョン情報

  • バージョンの表記は「LDJ:x:y:A:〜」と表示される。
    • yの部分に従来の筐体は「B」、韓国の筐体は「C」、LIGHTNING MODELは「D」がそれぞれ付与される。

最新バージョン

  • 第5版:LDJ:x:y:A:2021111700(2021/11/17〜2021/--/--)

過去バージョン

  • 第4版:LDJ:x:y:A:2021102600(2021/10/26〜2021/11/17)
  • 第3版:LDJ:x:y:A:2021101800(2021/10/18〜2021/10/26)
  • 第2版:LDJ:x:y:A:2021101301(2021/10/13〜2021/10/18)
    • 従来筐体で発生していたPFREE強制終了バグ修正。
  • 初版:LDJ:x:y:A:2021101300(2021/10/13〜2021/10/13)
    • beatmania IIDX 28 BISTROVERからのオンラインアップデートにより順次稼働開始
    • バージョン表記下にあったDEFINITION TYPE表示が消失している。
  • ロケテスト:LDJ:J:D:A:2021081300(2021/08/13〜2021/08/15)
    • VER:LOCATION TEST
    • LIGHTNING MODELにて実施。

不具合情報

未修正

筐体での不具合

  • SPで選曲画面に入り、BEGINNERに難易度を合わせた状態でDPに変更すると、BEGINNERが選択された状態になる。
  • LIGHTNINGモデルで「Prohibited Props」[DPH]をプレーした所、2P側のターンテーブルが無反応だった事があった。他の曲では発生せず。
  • ライバルローテート使用時、ライバルのオプションが正常に表示されない。(SPなのにFLIPが表示されるなど)
  • (要検証)前作に比べBAD判定の範囲が広くなっている?この影響によりBAD嵌り等が発生するケースもある。
    • LIGHTNINGモデルのみか。従来筐体ではどうか。
  • 1プレイに必要なクレジットが投入された状態のままプレイを終了し、タイトル画面に戻るとタイトル画面の表記が「PUSH START BUTTON」ではなく「INSERT COIN[s]」表記になる。

公式サイトでの不具合

  • 行脚ヒストリーの「HEROIC VERSE」にて閲覧ボタンをクリックすると「パラメーターが不正です。」と表示され、行脚日誌の詳細が表示できない。
  • 段位認定者総覧関連(いずれも前作でも発生)
    • 50ページ分(上位10000名)のみ対応しており、それ以下の情報が閲覧できない。
    • 「認定者総覧を表示」ボタンを押すと最下部にあるページ切り替えのバーのページ数がSPの同じ段位のものになっているため、DPの閲覧時にページ切り替えの挙動がおかしくなる。上側は正常。

修正済

2021/11/18修正

  • HCNを含む楽曲を選択中にフォルダを閉じるなどしてプレーヤーノーツレーダーを表示したとき、プレーヤーノーツレーダーのCHARGE部分にHELLと表示されたままになる。

2021/10/27修正

  • 「ハイテックトキオ」[DPH]に中間ノートと終点ノートがないMSSが存在する。(→BSSに変更)
  • STEP UPモードのノーツレーダーに関するミッションをDPでプレイした場合、クリア扱いにならない場合がある。(恐らくSPのノーツレーダーを読み込んでいる)
  • 「DREAM OF SPACE UFO ABDUCTION」の34小節以降の小節線が正しくない。

2021/10/25修正

  • 行脚ヒストリーの「Rootage」「CANNON BALLERS」の達成日時は実際に午後(13時〜23時台)に訪問した店舗が「午前に訪問した」扱い(1時〜11時)で表示されている。
  • ヒットチャートが機能制限(告知)、2021/10/19発生・同日復旧された不具合対応による一時的処置

2021/10/19修正

  • e-amusement passを使用時にデータ通信が失敗する不具合(13:30〜15:50頃発生・告知)
    • その復旧に伴いヒットチャートの機能が一時制限された。

2021/10/18修正

  • MSSの終点と次のスクラッチが近い場合、MSSの終点が次のスクラッチの判定も吸い込んでしまう。現状、MSS終点で皿を回すのを止めれば接続できることが分かっている。
    • MSS終点ノートに開始判定を付与してしまっていることが原因。
  • 「スコアデータCSVダウンロード」でダウンロードできるCSVにて「DUAL STRIKER」の難易度がDP全譜面で0として扱われている。その影響か楽曲データ/難易度別のページにも曲が表示されない。

2021/10/13修正

  • 旧筐体で時間貸しモードを強制終了させるとゲームがクラッシュする。
  • 2P側のレーンの明るさ調整が反映されず強制的にデフォルトになってしまう。
  • 「STEEL NEEDLE」[DPL]がプレイ出来なくなっている。
    • 公式サイトのデータには残っているものの、難易度が0と異常な値になっている。
    • この影響か、一時的に[DPA]の難易度が☆12になっていた。(参考)

修正日不明(2021/10/15〜2021/10/23)

  • エフェクトモードの表示が「OFF」以外の場合、画像が差し替えられておらず、前作のままの表示画像になっていた。

過去の出来事

日付出来事備考
2021年
11/11段位認定「九段」「十段」追加
デフォルト新曲・LEVEL 12の譜面追加
11/10WEEKLY RANKING」開始
10/28WORLD TOURISM」開催
「アーケード連携設定(「beatmania IIDX ULTIMATE MOBILE」)」:新規の連携再開
10/13「beatmania IIDX 29 CastHour」稼働開始
「稼働日決定!RTキャンペーン」特典受け取り〜11/24
「稼働開始記念!サイン色紙プレゼントキャンペーン」〜10/27 23:59
10/06公式サイトオープン
10/02「稼働日決定!RTキャンペーン」RT受付〜10/11 23:59
08/13ロケテスト実施〜08/15、公式告知
ロケテストWEBアンケート実施〜08/18
08/11「beatmania IIDX 29 CastHour」タイトル発表

*1 曲名・アーティスト名共に横幅に収まりきらない場合は文字数の長い方に合わせてスクロールが連動する
*2 前作までは両皿の半分がカットされて表示されていたので、BSSで手が映らないという問題があった
*3 正式名称不詳の為暫定

Last-modified: 2021-11-26 (金) 23:23:31
Site admin: iMp95
mail : imp@callusnext.com (←@を半角に)