beatmania IIDX INFINITAS

最近の出来事

  • 「beatmania IIDX 専用コントローラ プロフェッショナルモデル」
    • KONAMI STYLE:休止中
    • esports 銀座 storeにて実機展示。
  • 毎月8日はINFINITASの日キャンペーン:毎月8日・公式サイト
    • 毎月8日 00:00〜23:59の期間中にプレーするとログインボーナスが5000 BITに増量・ INFINTIASチケット1枚がプレゼントされる。
  • 楽曲追加配信
    • 原則毎月第1火曜日の翌営業日実施
      • 基本的には毎月第1水曜日となるが、1日が水曜日の場合は8日となる。
      • 該当日が祝日の場合は翌日以降になる。
    • 楽曲配信・会員プレー特典楽曲更新・過去の会員プレー特典楽曲がBIT解禁に移行が行われる。
      • 不定期で機能追加が同時期に行われる場合あり。
    • 公式サイト・infomation
      • 各種告知への直リンクがないので過去の更新は上記ページを遡って参照のこと。

  • 2022/05/18(Wed)
    • 楽曲パック「beatmania IIDX 26 Rootage 楽曲パック vol.17」発売
  • 2022/05/06(Fri)
    • 2022年5月更新
      • 2022年5月プレー特典楽曲配信「Blue Spring Express」「Apocalypse」
    • 2021年5月の「beatmania IIDX INFINITASベーシックコース」会員プレー特典楽曲がBIT解禁に移行
      • 「POSSESSION」「Caterpillar」
  • 2022/04/20(Wed)
    • INFINITAS感謝祭」開催、下記新機能実装・イベント開催(〜2022/05/08)
      • 画面リニューアル&機能追加:AC版IIDX 29 CastHourに準拠
        リザルト画面に「判定の円グラフ」「小節線別評価グラフ」追加
        オプションに「判定タイミング自動調整」「クラシックハイスピード切替」追加
      • 初期収録曲を大幅に増加:48曲→131曲
      • 「段位認定」にてMIRROR段位 EX段位が追加
      • 以下期間限定イベント
      • 期間中「BITブースト3倍!!」
      • 期間中ログインで「INFINITASチケット」をプレゼント:3枚プレゼントされる。
      • 期間中ログインボーナスのBITが5倍の5000 BIT!!:05/08のみINFINITASの日と併せて25000BITに増量
  • 2022/04/06(Wed)
    • 2022年4月更新
      • 2022年4月プレー特典楽曲配信「童話回廊」「255」
    • 2021年4月の「beatmania IIDX INFINITASベーシックコース」会員プレー特典楽曲がBIT解禁に移行
      • 「Seize the Day」「刃図羅」
  • 2022/03/16(Wed)
    • 楽曲パック「BPL セレクション 楽曲パック vol.1」発売
    • マルチスピンスクラッチ(MSS)機能搭載
  • 2022/03/02(Wed)
    • 2022年3月更新
      • 2022年3月プレー特典楽曲配信「#MAGiCVLGiRL_TRVP_B3VTZ」「Abraxas」
      • 楽曲データ追加配信「Prelude」「MOON RACE」
    • 2021年2月及び3月の「beatmania IIDX INFINITASベーシックコース」会員プレー特典楽曲がBIT解禁に移行
      • 「KAISER PHOENIX」「chaos eater -IIDX edition-」「Despair of ELFERIA」「Arcana」
  • 2022/02/09(Wed)
    • 楽曲パック「jubeat セレクション 楽曲パック vol.1」発売
      • 「beatmania IIDX INFINITAS × jubeat (ユビート)相互移植決定!!」の名目で実施。発売前に3回に分けて楽曲が発表される。(告知1告知2告知3)
  • 2022/02/02(Wed)
    • 2022年2月更新
      • 2022年2月プレー特典楽曲配信「Super Rush」「REVOLVER」
      • 楽曲データ追加配信「L'amour et la liberte」「DANCER」
    • 2020年12月及び2021年1月の「beatmania IIDX INFINITASベーシックコース」会員プレー特典楽曲がBIT解禁に移行
      • 「Feel The Beat」「共鳴遊戯の華」「Sigmund」「か・し・ま・し☆PUMP UP!」
  • 2022/01/05(Wed)
    • 2022年1月更新
      • 2022年1月プレー特典楽曲配信「EBONY & IVORY」「GuNGNiR」
      • 楽曲データ追加配信「DIAMOND JEALOUSY」「PARANOIA survivor MAX」
    • 2020年10月及び11月の「beatmania IIDX INFINITASベーシックコース」会員プレー特典楽曲がBIT解禁に移行
      • 「KHAMEN BREAK」「リリーゼと炎龍レーヴァテイン」「Sakura Mirage」「Say YEEEAHH」
  • beatmania IIDX INFINITAS(2020/08版)
    • 2020/08/05(Wed):正式サービス開始
    • 2022/06:韓国版稼働開始
  • beatmania IIDX INFINITAS(2015/12版)
    • 2015/12/01(Tue):正式サービス開始
    • 2021/02/28(Sun):サービス終了

公式サイト・関連ページ

概要

2020/08稼働開始版

  • 主な変更点
    • ビジュアルの更新。
    • フレームレート120Hz対応。
    • ACで使用しているオプションの一部が実装。
    • BEGINNER実装。
  • ランチャーソフト更新
    • トライアルが統合された。
  • 要求されるPCのスペックに変更されている。(後述)

2015/12稼働開始版

  • Windows PC向けの家庭用beatmania IIDX完全新作
    • コナステ(旧・e-amusement CLOUD)によるサービス提供。
    • 既にサービスが開始している「麻雀格闘倶楽部 彩の華」や「天下一将棋会2」が現行のアーケード版の完全再現・連動しているのに対し、こちらはアーケード版とは独立したCLOUD専用のオリジナル作品になっている。
    • CLOUDタイトルの1つではあるが、他のCLOUDタイトルと異なりゲームそのものはクラウド配信ではなく別途本編をダウンロードしてインストールしなければプレイできない。
      ゲームの起動もブラウザからではなくインストールされたアプリから行う。
    • Windows版BEMANIシリーズ作品は2008年発売のpop'n music Be-Mouse以来7年振りとなる。
  • KONAMI公式より「家庭用で未収録の"beatmania IIDX 17 SIRIUS"以降の楽曲や人気の楽曲を順次配信!」と告知されており、6年前の家庭用beatmania IIDX 16 EMPRESSの続編へ繋がる仕様になっている。
    • 家庭用に近い扱いになるためか、17 SIRIUSからの楽曲については現行AC作品で削除されている楽曲も収録されている。
  • 今作は家庭用ではあるものの、PS2版の様にCERO年齢レーティングが存在しないためPS2版で制限やお蔵入りとなってしまったムービーはINFINITASで実装される可能性が高い。
    • 2019/08に9月楽曲配信分、「satfinal」が誤配信されGYOレイヤーが制限されていないことを確認。WindowsソフトということもありCERO制限は存在しない。
      • 「Sense 2007」、「Last Message」など。ただし、CS 7thは例外。
  • INFINITAS(インフィニタス)はラテン語で「限りない、無限の」という意味。
  • Windows Vista〜10専用ソフト。
    • 稼働開始後しばらくはWindows 10はサポート外だったが、2016/09/07から正式対応した。
  • KONAMI IDごとにINFINITAS IDが発行される。登録情報はアーケード版と同じ(DJ NAMEと都道府県)である。
  • Bootcampを使い使用環境をWindowsにすればMacでも動作可能。(動作保証外)
    • なおMacについてはintel製CPUから新機種に搭載するCPUがArmベースのApple M1(Appleシリコン)に順次変更されているため現行macOSではBootcamp機能が廃止された。

Windows11について

  • 2022/03/15 現在、最新版OSであるWindows11に正式対応しておらず、また、Windows11自体がほぼベータ版に近いためWindows10からアップグレードさせた場合、動作不能やコナミが想定していない動作を起こす可能性が高いので対応完了のアナウンスが出るまでアップグレードさせない方が良い。

課金形態

  • 月額コース「beatmania IIDX INFINITAS ベーシックコース」に加入するとプレー可能。
    • クレジットカード or PASELI:1,628円/月(税込)
      • ※日割計算されないため何日からでも1ヶ月分課金される。末日までに解除していない場合翌月1日に自動継続される
        PASELIの残高不足やクレジットカードの決済不可の場合は解除される。
      • 月の途中で解除しても末日までは有効。
  • e-amusement購買部で「INFINITAS TICKET」を購入するとTICKET専用コンテンツが利用できる。
  1. 段位認定モードが1回プレー可能。
  2. MISSIONで追加Frame、QUICK REPEATおよびBIT BOOSTが使用可能。
    • 【追加Frame】ミッションがセット可能になるフレームを24時間使用可能。1フレームあたり1枚消費し、最大2フレームまで。
    • 【QUICK REPEAT】待機時間中で選択できない REPEAT MISSIONの待機時間が無くなる。
    • 【BIT BOOST】REPEAT MISSION 達成時の獲得Bitが2倍になる。1枚消費で1時間有効。
  • 有効期限は購入日から180日間。(またはINFINITASサービス終了日のどちらか近い方)
  • INFINITASチケットを多く購入する場合、FREEチケット付与の特典がある。両チケットを所持している場合はFREEチケットが優先して消費される。セットとその料金、単価は以下の通り。
    TICKETFREEPASELI(@単価)POINT(@単価)
    1-108(@108.0)100(@100.0)
    5-540(@108.0)500(@100.0)
    1011,080(@98.2)1,000(@90.9)
    3053,240(@92.6)3,000(@85.7)
    50105,400(@90.0)5,000(@83.3)

プレー可能時間

  • 毎日05:00〜07:00のサーバーメンテナンス時間帯以外。
  • ただし、毎月第3火曜日は02:00〜07:00に延長される。
    • アーケードのe-amusementのメンテナンス時間帯と同じ。

専用コントローラー

  • アーケードと同じような感覚で自宅でINFINITASをプレーすることが可能になるコントローラー。
  • 詳細は専用コントローラを参照。
  • プロフェッショナルモデルは正式な対応が、あるまでは絶対に改造・自己修理してはならない
    • プロフェッショナルモデルの不具合については公式より「恐れ入りますが回答まで今しばらくお待ちください」と発言しており、不具合と判定したものから順次対応予定。

動作環境

2020/08/05からの新バージョン

要素必須環境推奨環境
OSWindows®10 64ビット版
CPUベースクロック2.8GHz以上
Intel® Core™ i5-4690 以降
2015年以降のIntel® core™ i5〜i7シリーズ3.2GHz以上
AMD A8〜A10シリーズ3.5GHz以上推奨
ストレージ空き容量60GB以上十分な空き容量と速度の出るもの
メモリ8GB以上DDR3以上の十分な速度の出るもの
ビデオメモリ1GB以上搭載
Microsoft DirectX® 9.0C以上が動作するもの
2016年以降の十分な速度の出るもの
ディスプレイ解像度1280x720ピクセル以上
画面のリフレッシュレートが60Hz表示可能
16:9の画面比率
リフレッシュレートが120Hz表示可能
キーボードNキーロールオーバー対応製品
通信回線ブロードバンド回線
  • その他非対応となる環境(遅延等の不具合の原因となりうる)
    • ノートPCや一体型PCについてはグラフィック機能がオンボードの場合は非対応。グラフィックカード搭載のデスクトップPCが推奨されている。
    • 専用コントローラーについてはUSB接続必須、Bluetooth®接続(エントリーモデル搭載)には非対応。
    • 液晶テレビにHDMIケーブルで接続
    • USBなどの外部音源を使用
    • GeForceのRTX2080Ti、RTX3080、AMDのRADEON 5700XTは微妙に動作がカクつく場合あり。
    • YouTubeやDiscord等の配信中に環境によってはゲームそのものが(コントローラーからの入力含め)遅延を引き起こすので注意。この場合別途キャプチャーボード等を利用すること。
    • 必須・推奨環境だとAMDで問題ないように思えるが、実際にはCPUがAMD*1(Ryzen等)だと不具合が起きやすいので、できればCPUがintelのPCで遊ぶことを推奨
      • INFINITASのプログラムはintelで動かすことのみを前提として作られたAC版の流用だからか。
      • 前述の通りプロフェッショナルモデルにも影響があり
    • CPU型番の末尾に"F"がついていないIntel製CPU、および"G"がついているAMD製CPUは、グラフィック機能をオンボードで内蔵したCPUである。日常使用には問題ないが、本作ではオンボードグラフィックは非対応となっているため、既にグラフィックボードを搭載済みでなければ増設が推奨される。PCショップによっては、有償の上に持ち込む手間がかかるが、購入したグラフィックボードを動作保証付きで装着してくれる事がある。
      • なお、Intel製CPUの末尾Fあり・無しのの違いはオンボードグラフィックの有無のみなので基本的な動作スペックは変わらない。
    • 業務用途に最適化されている「Quadro」シリーズや、AMD製の「Radeon」シリーズでは動作パフォーマンスが低下することがある。一般的なゲーム用のグラフィックボード「GeForce」シリーズであれば、グラフィックドライバやNVIDIAユーティリティ設定等をむやみにいじらない限りまず問題は起こらない。
    • 外付けグラフィックボード(eGPUとも呼ぶ)や、グラボ2枚刺し(NVLink、(旧称SLI)やAMD CrossFireX)環境の自作PCではゲーム中いきなりソフトが落ちる場合あり。

旧バージョン(2021/02/28まで)

要素必須環境推奨環境
OSWindows® 7、8.1、10
CPU2.8GHzIntel® Core™ i5〜i7シリーズ3.2GHz以上
AMD A8〜A10シリーズ3.5GHz以上
HDD空き容量30GB以上十分な空き容量と速度の出るもの
メモリ2GB4GB以上
ビデオメモリ1GB以上搭載
Microsoft DirectX® 9.0C以上が動作するもの
2016年以降の十分な速度の出るもの
サウンドステレオ出力オンボード音源
ディスプレイ解像度1280x720ピクセル以上
画面のリフレッシュレートが60Hz表示可能
16:9の画面比率
キーボードNキーロールオーバー対応製品
通信回線ブロードバンド回線
DirectXMicrosoft DirectX® エンドユーザーランタイム
  • クリエイター向けハイエンドCPUのintelのCorei9やXEON AMDのRyzenThreadripperなどは動作が不安定になる場合あり。

システム要素

各種システムについて

  • INFINITASのデザインは完全新規のものだが旧INFINITASの各種システムはSPADAがベース。大型バージョンアップのINFINITASはCANNON BALLERSに近い形となった。
  • 家庭用では17 SIRIUS以降の楽曲がプレーできる初の作品だが、アーケード版からの楽曲はAC現行作品の楽曲も含めたすべての既存曲がINFINITAS上では旧曲扱い、INFINITAS限定曲のみ新曲扱いの違いがある。
  • DJ POINTを溜める、もしくはBITを消費することにより楽曲が解禁される。
  • メンテナンスタイムに入った場合、プレー中の楽曲は最後までプレー可能だが、次の選曲画面には行けず強制的に再起動を要求される。この場合、最後のプレースコアは保存されない。
  • 実装済み機能
    • 〜SPADA・CS
      • エフェクター機能(LIGHTNING MODEL相当、楽曲プレー中は機能のオンオフ含め操作不可)
      • 選曲BGMカスタマイズ
      • BEGINNER譜面
      • クイックリトライ
      • SP/DP切り替え
      • CNアイコン
      • グラフエリアの位置の移動(Enterキーを押しながら左右キーで移動)
    • PENDUAL
      • R-RANDOM
    • copula
      • HELL CHARGE NOTE
      • ASSISTED EASY
    • SINOBUZ
      • グラフエリアカスタマイズ
      • ノーマルリトライ
    • CANNON BALLERS
      • レーンの明るさ
    • Rootage
      • ここからスタート機能
      • グルーブゲージとパーセント表記の非表示
      • BPM変動曲におけるノーツ表示時間(緑数字)の最高値・最低値の表示
      • 新ハイスピードオプション*2(詳細オプションで切り替え可能)
      • リザルト画面における成績グラフの切り替え機能
    • HEROIC VERSE
      • 120Hz出力に対応
      • 0.05刻みの判定タイミング調整幅
      • CLEAR、FAILEDランプの色統一
      • ノーマルハイスピードの設定が20段階に細分化
    • BISTROVER
      • 演奏中の曲名表示
      • リザルト画面における判定別円グラフ
      • 配置オプション表示「USE OPTION」
      • 「20万点スコア」だった要素を全て「EX SCORE」に変更
    • CastHour
      • マルチスピンスクラッチ(MSS)
      • HBSSの仕様変更*3
      • 120Hz環境下におけるSLOW BADの判定幅
      • 判定自動調整・演奏中での判定手動調整
      • ジャッジでのFAST数/SLOW数のリアルタイム表示
      • DPのレイアウト変更
  • 未実装機能(灰色は現行ACには無い機能)
    • 〜SPADA・CS
      • EXPERTモード*4
      • AUTO PLAY(GAME VIEW・譜面自動再生)
      • TRAININGモード
      • REGUL-SPEED
      • HAZARDゲージ(CSDJT・CSEMP)*5
      • STEP UPモード
      • クプロ
      • EX段位
      • LEGGENDARIA譜面
      • プレイリスト(MY FAVORITEフォルダ)
      • サウンドプレビュー無効化
    • PENDUAL
      • MIRROR段位
      • EX-COMBO*6
      • EXPAND-JUDGE
    • copula
      • 隠し曲の選曲バー背景が虹色での表記
    • SINOBUZ
      • ソートボタン挙動変更
      • FULL COMBO RATEの常時表示
      • CLEAR RATE の小数表示
      • フルコンボレートソート、DJ POINTソート
      • ALMOST FULL COMBO CLEAR カテゴリ
      • PACEMAKER NEXT
      • 楽曲のスコアデータに DJ POINTの表示
      • スコアグラフが透過しDJ LEVELの各ボーダーがグラフに隠れない
    • CANNON BALLERS
      • PACEMAKER NEXT+
      • アリーナ
    • Rootage
      • 爆発オブジェクト縮小と拡大
    • HEROIC VERSE
      • 言語変更
      • ニュース速報機能
      • BEGINNER・LEGGENDARIAの正式難易度昇格*7
      • ノーツレーダー
      • 極段位(永世段位)
      • サブターゲットスコアグラフ
    • BISTROVER
      • PACEMAKER ローテ―ト
      • 楽曲検索
    • CastHour
      • ランダムレーンガチャ
  • 削除済み機能
    • AC・INFINITAS
      • 本来のSTANDARDモード(3曲+1曲)
      • 20万点スコア
      • MAX COMBO数表記
      • ダブルプレーの RESULT 画面での左右別スコア
      • championship モード
  • 余談:「BPL セレクション 楽曲パック vol.1」の収録曲は全て20万点スコアが廃止されたIIDX28・29初出の曲のため、20万点スコア方式でプレイできたのは僅か1か月半ほどであった。

オプション

  • 現行AC削除済みASSISTオプション
    • 5KEYS
      • 皿から1番遠い鍵盤のレーンと2番目に遠い鍵盤のレーンの2つが無い譜面になる。(塞がったレーンは自動演奏)
      • ACではRootageで削除。
  • 専用ASSISTオプションの追加
    • KEY ASSIST
      • 同時押し可能数が少ない一般キーボード向けのASSISTオプション。
      • 3つ以上の同時押しを2つの同時押しで対応する。
      • 同時押し数に制限があるキーボード向けのオプション
    • ANY KEY
      • タイミングが合っていればどのキーを押してもオブジェがあるレーンで押した判定となる。
      • 公式では「判定タイミングの調整にお使いください」との記載がある。
    • いずれもクリアはASSIST CLEAR扱いになる。
  • MOVIE ON/OFFオプション
    • MOVIEを非表示にすることが可能。(詳細オプション内で設定)
  • クラシックハイスピード設定の詳細オプション化
    • 詳細オプションの設定で通常のハイスピードとしてクラシックハイスピードを使用することが可能。

standard モード

  • ACでのPREMIUM FREEモード(時間は無限)、CSでのFREEモードに該当する。
    • 第14版以前はAC・CSでのSTANDARDモードに準じたモードだった*8
  • 選曲画面でE4キーまたはEscキーを押すと、モード選択画面やタイトル画面に戻ることができる。この機能を使って戻った際、一旦データ保存画面を挟む。
  • 楽曲プレー中にE2・E3キー同時押しまたはEscキーを押すと、そのステージの強制終了が可能。
    • そのまま押しっぱなしにするとクイックリトライ(リザルトをスキップして曲の最初から再び演奏)できる。
      • e-amusementプレミアムコースに入っていなくてもクイックリトライは利用可

段位認定 モード

バージョン情報

  • 「P2D:J:A:A:〜」はランチャーアプリ、「P2D:J:B:A:〜」はINFINITAS本体のバージョンを指す
    • 基本的にアップデートは後者の方を対象に行われる。
    • その他インストーラー用に「P2D:J:C:A:〜」がある。
    • 「RESOURCE:」が実データのタイムスタンプで楽曲追加時等プログラムの更新がなくても更新される。
  • 最新版以外の情報は更新履歴を参照。
  • 第58版(最新版):P2D:J:A:A:2020122300, P2D:J:B:A:2022051800, RESOURCE:2022051800
    • 選曲画面でのCLEAR、FAILEDランプの色統一。
      • リザルト画面は第57版で統一済みだった。
    • リザルト画面でのフルコンボおよびEX HARDランプの点滅速度変更。
      • 選曲画面と同じ速度に統一。

不具合情報

未修正

  • 製品版 第58版
    • アップデート配信以降、クリアレートやスコアグラフの各トップ・各平均が更新されない。
      • 第58版で新たに配信された曲については、NO DATAとなる。
      • 第58版以前に新たに配信された曲についても更新されていない。
  • 製品版 第55版
    • 「Prelude」のムービーがCS9thなど以前の収録時に比べ暗い。
  • 製品版 第51版
    • 演奏開始前の曲名表示で「TEXTURE」のジャンル表記が「DEATH DISCO」と中間の空白が他の曲より広くなっている。
      • 曲選択画面や曲決定時の表記は通常通りであり、演奏開始前のみ他と統一されていない。
  • 製品版 第43版
    • 120Hzで動作時のみ「クイックリトライ」を使用した場合、ノーツの落下が通常より早く開始される。曲によっては「GET READY」が消滅する前に第一のノーツが落下する。
      • 「ワルツ第17番 ト短調"大犬のワルツ"」などがわかりやすい。
      • 「ノーマルリトライ」では発生しない。
  • 発生時期不明
    • 曲選択画面で最初に選択されている難易度から変更しても「CN(CHARGE NOTE)」アイコンの表示が変わらない。
      • この結果、特定の難易度のみ「CN」がある曲で難易度を変更したときに、「CN」アイコンが正しく表示されない。
      • 例として、曲選択画面開始時にANOTHERが選択さている場合、NORMALやHYPERでCNがない曲でも「CN」アイコンが表示される、逆にANOTHERにCNが無く、NORMALやHYPERのみCNがある曲は「CN」が表示されない。
      • 曲選択表示の問題であり、プレイや譜面に影響はない。
      • 「ALL CHARGE NOTES」フォルダーや「ALL DIFFICULTY」フォルダー、「LEVEL」や「DJランク」、「クリアランプ」フォルダーのように全難易度表示されているフォルダーは影響ない。
      • SPとDPを切り換えると選択時の難易度でCNアイコンが再設定され、同様の現象が発生する。
    • 選曲画面での曲名表示のレイヤー順が正しくない。
      • バージョンロゴが上の影にかぶり、少し暗くなっている。
      • 曲名表示がジャンル表示にかぶる。(entelecheiaで発生を確認)
    • カスタマイズにキービーム「ライトニング」をセットすると、「途中終了」「クイックリトライ」「ノーマルリトライ」を行ってから再起動をするまで黒鍵のキービームしか表示されなくなることがある。
    • ゲーム開始時に「REWARD MISSION」の状況が特定の曲のみ初期化されることがある。
      • この場合、再度達成することで再び報酬BITが貰える。
      • なお、自身で解禁していない曲をライバル挑戦状などでプレイした場合「REWARD MISSION」が更新されないのは仕様である。
  • 製品版 第33版
    • 演奏開始前の曲名表示で「GUILTY」の曲名が青色(新曲扱い)となっている。
      • 古印体フォントの演出を残すために、あえて青色にしている可能性も考えられたが、同様の演出が存在した「IMPLANTATION」は灰色の通常フォントであり、統一されていない。
      • INFINITASは過去にも演奏開始前の画面で旧曲が新曲扱いになっていたことがあり、同様のケースである可能性が高い。
      • ACでは旧曲扱いとなったcopulaからは通常フォントに変更されており、古印体フォントかつ旧曲用(灰色)のデータを用意できなかった可能性あり。
  • 製品版 第23版
    • タイトルからプレイスタイルで「シングルプレイ」を選択、曲選択時に[3]キーでDPに変更すると、「F」のDPHにCNマークが表示されていない。
      • 曲選択表示の問題であり、プレイや譜面に影響はない。
      • プレイスタイル問わず、何らかの曲を1曲プレイすると正常な表示に戻る。
      • 再度タイトルに戻ると再発する。
      • 第39版より、再度SP/DPを切り換える(合計2回)と正常な表示に戻る。
  • 製品版 第14版
    • BITで解禁した後、フォルダのクリアランプが正しく表示されない。
      • 未解禁曲を除いたフォルダ内のすべてのクリアランプを点けた状態で特定譜面を解禁した場合、解禁譜面がNO PLAY状態ならばフォルダのクリアランプは消灯していなければならないが、解禁前のクリアランプ状態(点灯)のままとなる。
      • いったんモードセレクトに戻るか再起動すると正しく表示される。
  • 製品版 第4版
    • スコアグラフで「都道府県……」や「段位……」を選択時、対象の「都道府県」や「段位」がプレイ画面のスコアグラフ上方に表示されず、空欄になる。

修正済

  • 製品版
    • 一部の曲で「曲決定画面」の後に曲セレクトの画面が見えていた不具合。
    • 長時間プレーしていると、「5-1575-0000」のエラーが出る不具合。
    • 一部の曲でレイヤーが表示されない不具合。
  • 製品版 第7版
    • 「5-1512-1042」のエラーが出る不具合。
  • 製品版 第9版
    • ミッションをセットしているにもかかわらず、上部に未セットの警告が表示される場合がある。
  • 製品版 第13版
    • ライバルフォルダで、DOUBLE PLAYにおける相手のクリアランプが正しく表示されない (SINGLE PLAYでは正しく表示される)
    • ターゲットグラフが正しく表示されないことがある。
  • 製品版 第13〜14版
    • モード選択前のプレーデータ/ライバルデータ閲覧画面で、「ターンテーブルで詳細ページを切り替え」と誤植が発生している。
  • 製品版 第14版
    • NO PLAYフォルダの内部判定が正しくない。
      • SPN/SPH/SPA/DPN/DPH/DPAのいずれもプレーしていない場合、NO PLAYに出現しない。
      • いずれかの譜面をプレーすると残りの未プレー譜面がNO PLAYに出現する。
  • 製品版 第15版
    • あるフォルダで譜面をBit解禁した後、別フォルダでは未解禁状態と表示される場合がある。(操作によってはBitの二重支払いが発生する場合がある)
      • 一旦モードセレクトかゲームの再起動を行うと正常に表示される。
    • 音量調節キーがあるキーボードで音量調節キーがターンテーブルの操作キーとして誤反応する。
  • 製品版 第17版
    • BITが正しく獲得できない場合がある。(参照)
      • 次回のバージョンで修正。
      • 獲得できなかったBITは補填される。
  • 製品版 第19版
    • 一部のプレイヤーにおいてランチャーの初期化に失敗する症状が発生する。(参照
      • 1度症状が発生した場合、ゲームの再インストールが必要。
  • 製品版 第20版
    • 1時間以上プレイすると何故かSOUND DATA CREATE ERRORと表示され、再起動を要求される。ちなみにこれが起こるのは2016/12の最新版インストーラーでダウンロードしたランチャーで起動した場合。
      • 現在はINFINITASインストーラーのバージョンが2018/12時点で3.2.0.0000になり、こちらの症状は解消されている。
  • 製品版 第23版
    • 「3y3s(Long ver.)」のバージョンロゴが正しくない。(直前にカーソルを合わせた曲のロゴがそのまま表示され、INFINITASのロゴで更新されない)
  • 製品版 第28版
    • フルコンボ演出及びチャージノーツのエフェクトに、意図しない画像が表示されていた症状を修正。
    • 第27版から発生。
  • 製品版 第30版
    • 「Flashes」のレイヤーが表示されない。
      • 第29版から発生。
  • 製品版 第31版
    • 「突撃!ガラスのニーソ姫!」、「Drive Me Crazy」の固定レイヤーが曲に対して遅ズレしている。
      • AC版「tricoro」「SPADA」で発生していた現象、「PENDUAL」で修正。
    • 「Shooting Fireball」の曲開始前の文字色がピンク(PENDUAL新曲扱い)になっている。
    • tricoroの一部の楽曲(「お米の美味しい炊き方、そしてお米を食べることによるその効果。」、「キャトられ恋はモ〜モク」、「仮想空間の旅人たち」が該当する)が上記の「Shooting Fireball」と同じく黄色(tricoro新曲扱い)になっている。
      • 曲選択時は白色(旧曲扱い)で正常。
      • 製品版 第23版から発生。
  • 製品版 第33版
    • 「New Castle Legions」がRootageで復活した際の、リニューアル譜面になっていた現象の修正。
    • 対応のため、スコアデータを6月5日時点にロールバック。
      • 製品版 第32版から発生。
    • 「Concertino in Blue」のギターパートが聞こえない。
      • 製品版 第32版から発生。
  • 製品版 第34版
    • 特定のプレーデータにおいて、楽曲プレー終了後のリザルト画面に進行する前にアプリが強制終了してしまう症状を確認いたしました。本症状が発生すると、以降のプレーで同様の症状が発生しプレーが正常にできない状態となっておりました。
    • 明記されていないが、起動後に数曲プレイ後、「Chrono Diver -PENDULUMs-」を選曲すると強制終了する問題を修正?
    • (23版で再発)NO PLAYフォルダの内部判定が正しくない。
      • SPN/SPH/SPA/DPN/DPH/DPAのいずれもプレーしていない場合、NO PLAYに出現しない。
      • いずれかの譜面をプレーすると残りの未プレー譜面がNO PLAYに出現する。
  • 製品版 第36版
    • 選曲中にDamage Per Secondの視聴が流れない。
      • 製品版第35版から発生。
  • 製品版 第37版
    • INFINITASフォルダにカーソルを合わせたときに表示されるINFINITASロゴに表記されている英文が「The ultimate beatmania deluxe version.」と表記されており「system」が欠落している。
      • タイトル画面やランチャーではきちんと「The ultimate system beatmania deluxe version.」と表記されている。
      • 製品版初版から発生。
      • 大型アップデートでロゴが変更されたことにより、未修正のまま現象消滅。
  • 製品版 第38版
    • 特定の環境において「d3dx9d_43.dll」 が見つからず、ゲームを起動できない。
      • 製品版第37版から発生。
  • 製品版 第39版
    • 以下は製品版第37版から発生。
    • 120fpsで動作時、環境によっては多めにのターンテーブルを回さないと反応しない問題の修正。
    • 一部楽曲で楽曲プレー開始時にゲージが0%で始まる症状の解消。
    • 楽曲プレー後のリザルト及びデータ保存画面遷移時に待ち時間が長い症状の解消。
    • 特定の楽曲をプレーするとアプリケーションが終了する症状の解消。
    • 特定の楽曲でDJ LEVELやBPMが正常に表示されない症状の解消。
      • 「State of The Art」(SPA)のスコアグラフとランクがおかしい、AAAボーダーの場合1878点となっている。(正常値は2792点)
      • 「quell〜the seventh slave〜」「冬椿 ft. Kanae Asaba」(DP)のBPMが0、スコアグラフが0になり、ランクがFかつ次のランクまでE +0点となる
    • 特定の楽曲でムービーが再生されない症状の解消。
  • 製品版 第40版
    • 以下は製品版第37版から発生。
      • グルーヴゲージのアニメーションが再生されない症状の解消。
      • ノーツの落下速度が速くなる場合がある症状の解消。
      • 120fps動作時に多重反応が発生する症状の解消。
  • 製品版 第44版
    • 以下は製品版第43版から発生。
    • Alt+Tabでゲームを終了せずにウィンドウをデスクトップに戻した後、タスクバーのアイコンをクリックしてゲームに復帰すると、ミッションの文章が消える。
    • 「昭和企業戦士荒山課長」のレイヤーが表示されない。
      • ミスレイヤーは表示される。
      • このレイヤーはAC版tricoro以降も表示されていたため、一部旧曲のHD化によるレイヤー削除とは無関係。
    • スコアグラフの「PACE MAKER ○○○」を使用時、リザルト画面のTARGET欄に対象のスコアグラフ名が正しく表示されず、数字が表示される。
      • 表示されている数字は対象スコアターゲットの千の位と思われる。
      • 「PACE MAKER A〜AAA」は表示されず、「PACE MAKER XX%」は指定した「XX%」部分のみ、上記の数字の下に表示される。
    • DJ LEVEL A クリア時のリザルト(トラン)が表示されない。
  • 製品版 第45版
    • 以下は製品版第44版から発生。
    • 「SAY BAY」のムービーが「Affection」のものになっている。(「Affection」は楽曲パック vol.12にて収録済)
  • 製品版 第50版
    • 以下は製品版第49版から発生。
    • 選曲BGM「Resort Anthem」の楽曲決定音修正。
      • 当時の決定音とゲームオーバー音を重ねたような音になっていた。
  • 製品版 第54版
    • 以下は製品版第53版から発生。
    • 楽曲パック vol.16で追加された「BLO§OM」(選曲リスト側は正常)、「R∞tAge」の曲名表示が水色(新曲扱い)となっている。
      • 同様の不具合が残っている「GUILTY」は修正無しで新曲扱いのまま。
    • 「Carmina」のBEGINNERがプレイできない。
      • 選曲後、曲選択画面に戻される。
  • 製品版 第56版
    • 120Hz時で動作時のみ見逃しPOORが出るのが早すぎて、SLOW BAD判定が異常に狭い。この現象は、AC版のLIGHTNING MODELでもBISTROVERまで発生していた。(AC版での参照)
      • 基本的に60Hz動作時よりもHARDやEX-HARDするのが難しくなっていた。
  • 製品版 第57版
    • 以下は製品版第43版から発生。
      • 「VJ ARMY」の全譜面において、難易度表記はAC版Rootageで復活した際の新譜面準拠となっているが、実際の譜面はSPADA以前の旧譜面となっている。
      • 第57版にて、譜面はそのままSPADA以前の難易度表記に修正された。
    • 以下は製品版第54版から発生。
      • グラフエリアカスタマイズで「デフォルト」以外を設定するとグラフエリアの下線とMAXボーダーが非表示になる。
      • 第55版でMAXボーダーは表示されるように修正されたが、下線は非表示のままになっている。
      • レイヤー順の指定ミスで、カスタマイズパーツの下に描画されていると思われる。
    • 以下は製品版第56版から発生。
      • 選曲画面右側のリストにて「BISTROVER」「CastHour」が他のバージョンと異なり斜体文字になっていない。
  • 製品版 第58版
    • 以下は製品版第57版から発生。
    • プレイ画面のレーン左右にある曲の進行ゲージは開始地点に「S」、終了地点に「E」と記載があるが、2P側のみどちらも「B(もしくは数字の8)」のような文字になっている。
      • DPの場合、2P側のみ上記の現象となる。
      • 準拠元となったAC CastHourでは2P側も「S」「E」となっている。
  • トライアル 2020/08稼働開始版以降
    • トライアルの仕様変更により、トライアル第2版にあった以下の問題は解消された。
      • 再生開始前にEnterキーを1分間押し続けると、SDLOAD TIMEOUT(5-1592-0000)エラーが発生する。
      • Hi-SPEED変更のインターフェースは用意されているが、実際のノーツスピードに反映されない。

仕様?

  • DP BATTLEのクリアレートがSINGLE PLAYのものが表示される。
  • DP BATTLEの各ソートがSINGLE PLAYのデータを基準に並べ替えされる。
    • DP BATTLEはクリアランプやスコアが記録されないため、基準とする数値データが存在しない。
  • 選曲画面のフルコンボおよびEX HARDのランプの点滅速度がACに比べて明らかに遅い。
    • 第57版にてリザルト画面側の点滅速度がAC版と同じになったが、第58版にて選曲画面側に統一されたため、あえて変更していると思われる。
  • 第56版
    • 追加された選曲画面のバージョンロゴ「BISTROVER」「CastHour」が他のバージョンに比べ、上方向に寄っている。
      • このため、バージョンロゴとジャンル名の間が他のバージョンより広くなっている。
      • 他のバージョンロゴは縦幅の違いがあれど下寄せになっているが、該当する2バージョンは上寄せになっている。

仕様

  • 2022/04更新でbitで解禁できる楽曲データ追加配信(以降、bit解禁曲)が無い。
    • bit解禁曲はINFINITASサービス開始時から毎月追加されていて、収録できそうな曲*9がまだ数十曲あるにもかかわらずこの月は配信されなかったので当初は不具合・配信ミスが疑われていた。
    • 後に公式サイトでbit解禁曲は配信しないと捉えることのできる表記がされたことからこれが仕様であると確定した。
    • どうしても納得できないのならコナミのサイトより問い合わせ、意見や要望を送ることを推奨する。
      • 2022/05更新でも配信されないことが告知されたため、追加配信は廃止された模様。

*1 正確に言えばAMDが使えるマザーボードのチップセット
*2 Rootage以降のノーマルハイスピードオプション
*3 回す方向を変える度にPOORが出るようになった
*4 特殊なゲージを使用して規定の曲順で楽曲を演奏する上級者用モード、IIDX初期バージョンからtricoro及びSPADAを除き搭載され続けられてきた伝統あるモードだったが、Rootage以降搭載されなくなった
*5 ACではオプションではなくモードとして存続
*6 判定文字の横の数字をコンボの代わりにEXスコアにするオプション、Rootageで削除
*7 Rootageまで内部的には難易度N,H,Aの3段階だけでBEGINNERは別曲のN、LEGGENDARIAは別曲のAという扱いだった。HVで統合されて内部的にもB,N,H,A,Lの5段階の難易度になり、VEFXでBやLにも行き来できるようになった
*8 3曲設定でEXTRA STAGE進出可能。条件はアーケード版と同じ。1st STAGEではFAILED時の救済措置あり。第3版までは途中のSTAGEでFAILEDの場合、そのままGAME OVERにもなる。第4版より常時3曲保証となっており、必ずFINAL STAGEに進出できるようになった。FAILEDや特定ステージクリア後にセーブ画面(トータルリザルト)に移りゲームオーバー画面になった後にタイトルに戻される。選曲難易度制限は無し。常にすべてのLEVELが選択可能
*9 ULTIMATE MOBOLE収録かつINFINITAS未収録の曲など

Last-modified: 2022-05-21 (土) 23:00:10
Site admin: iMp95
mail : imp@callusnext.com (←@を半角に)