ノスタルジア Op.3

詐称逆詐称個人差譜面リスト(新曲)

  • クリアに関してレベル表記が実際より明らかに低い「詐称」、その逆の「逆詐称」、人によって得手不得手が変わる「個人差」について記述。
    • スコア詰めに関する難易度についてはここでは扱いません。
    • 特に顕著なものは太字で表記しています。
    • 基本的にベーシック演奏での難易度を基準として記載してください。リサイタルで難易度が変わる場合は補足説明を加えてください。
    • ソートは「Lv」→「曲名(50音→数字→アルファベット)」の順でお願いします。
  • リズムガイド(メトロノーム)はON/OFF可能。
  • このゲームの特性として非常に判定が広い。
    • 横方向には鍵盤の横幅が3〜5個分あり(難易度が高いと狭くなりやすい)、縦方向にもGOODの判定も広め。
    • 一方でピアノの演奏感を出すためか、全体的に(特にクラシック系・ピアノ独奏系)他の機種に比べてテンポの変化・揺らぎが多く、変化の特徴をつかむのも容易ではない。
  • jubeatのようなスコア積み上げ型なので一部難所があっても他の個所の成績次第で挽回可能。
  • 以上からなんとなくでも見えた範囲で押し続ければ(内容は別として)クリアしやすく、高スコアをとるにはリズム変化等を覚えないと難しい作りになっている。
    • 特にHardExpert常駐にA判定以上が必要となるので壁になりやすい。
    • ゲームに慣れたとしてもリズムガイド(メトロノーム)は常にON、リズム感をつかみやすくすることで上達・高得点・Expert常駐への道となる。
  • 判定「NEAR」
    • コンボが切れにくくなる判定。
      • NEARの対象を巻き込むような押し方をすると先にNEARに触れた判定になりやすくなり、スコア面では難化。
        ベチャ押しやグリッサンドでないところでスライド押しなど、バージョンアップ前や他の機種で有効なテクニックが仇になる場合もあり、より正確なタッチが要求される。
      • ON/OFFのオプションがあるので、スコア重視かコンボ重視かで楽曲に対して使い分けができるようになった。

Normal

  • 詐称
  • 逆詐称
  • 個人差

Hard

  • 詐称
    • Lv7 ハンガリー舞曲第6番
      • 終始どちらかの手が忙しい譜面。切り替わりのタイミングも掴みづらく、Lv7適性レベルでは苦戦させられるだろう。Lv8相当。
  • Lv7 Presto
    • 序盤こそLv7相応だが、それ以降は見た目に難しい配置が続く。横範囲も広く、Lv7適性レベルでは辛い。Lv8中位相当。
  • Lv8 エチュード Op.10-4
    • 終始忙しい8分ラッシュが続くが、そこに唐突に飛び込んでくる左手グリッサンドが非常に厄介で、適性レベルではこれを捌くのも困難。Lv9中位はあるだろう。
  • 逆詐称
  • 個人差

Expert

Lv11まで

  • 詐称
  • 逆詐称
    • Lv8 小人がひとり森の中で
      • 曲自体が非常に短く、261ノーツしかない。特殊ノーツはテヌートのみで複雑な押し方も皆無。Lv6相当。
  • 個人差

Lv12

  • 逆詐称
  • 個人差
  • 難関譜面

Real

  • 詐称
  • 逆詐称
  • 個人差
  • 難関譜面

Last-modified: 2019-12-12 (木) 08:10:24
Site admin: iMp95
mail : imp@callusnext.com (←@を半角に)