ノスタルジア Op.3

詐称逆詐称個人差譜面リスト(新曲・新譜面)

  • クリアに関してレベル表記が実際より明らかに低い「詐称」、その逆の「逆詐称」、人によって得手不得手が変わる「個人差」について記述。
    • スコア詰めに関する難易度についてはここでは扱いません。
    • 特に顕著なものは太字で表記しています。
    • 基本的にベーシック演奏での難易度を基準として記載してください。リサイタルで難易度が変わる場合は補足説明を加えてください。
    • ソートは「Lv」→「曲名(50音→数字→アルファベット)」の順でお願いします。
  • リズムガイド(メトロノーム)はON/OFF可能。
  • このゲームの特性として非常に判定が広い。
    • 横方向には鍵盤の横幅が3〜5個分あり(難易度が高いと狭くなりやすい)、縦方向にもGOODの判定も広め。
    • 一方でピアノの演奏感を出すためか、全体的に(特にクラシック系・ピアノ独奏系)他の機種に比べてテンポの変化・揺らぎが多く、変化の特徴をつかむのも容易ではない。
  • jubeatのようなスコア積み上げ型なので一部難所があっても他の個所の成績次第で挽回可能。
  • 以上からなんとなくでも見えた範囲で押し続ければ(内容は別として)クリアしやすく、高スコアをとるにはリズム変化等を覚えないと難しい作りになっている。
    • 特にHardExpert常駐にA判定以上が必要となるので壁になりやすい。
    • ゲームに慣れたとしてもリズムガイド(メトロノーム)は常にON、リズム感をつかみやすくすることで上達・高得点・Expert常駐への道となる。
  • 判定「NEAR」
    • コンボが切れにくくなる判定。
      • NEARの対象を巻き込むような押し方をすると先にNEARに触れた判定になりやすくなり、スコア面では難化。
        ベチャ押しやグリッサンドでないところでスライド押しなど、バージョンアップ前や他の機種で有効なテクニックが仇になる場合もあり、より正確なタッチが要求される。
      • ON/OFFのオプションがあるので、スコア重視かコンボ重視かで楽曲に対して使い分けができるようになった。

Normal

  • 詐称
    • Lv6 ピアノ体操第一
      • 配信時点でNormal譜面としてノート数663は2番目に多い。最も下位の難易度ではあるのだが、道中の台詞からの各体操パートはNormalでも省略無く既に健在である為、検定で挑む初見としては非常に厄介な構成になっている。トリル、グリッサンドの要素も多く混ざっており、初見は非常に注意が必要。Lv6である事すら疑問にも感じれる難易度なのは前年の検定という立場で登場した「virkatoの主題によるperson09風超絶技巧変奏曲」と比較する事でかなりよく分かるものだろう。Lv7程度。
  • 逆詐称
  • 個人差

Hard

  • 詐称
    • Lv7 交響曲第9番第4楽章"歓喜の歌"
      • Expertの左手連続階段が4連区切りになってはいるが、その部分自体がLv7適正で捌けるとは到底思えない。Lv8相当。
  • Lv7 ハンガリー舞曲第6番
    • 終始どちらかの手が忙しい譜面。切り替わりのタイミングも掴みづらく、Lv7適性レベルでは苦戦させられるだろう。Lv8相当。
  • Lv7 Presto
    • 序盤こそLv7相応だが、それ以降は見た目に難しい配置が続く。横範囲も広く、Lv7適性レベルでは辛い。Lv8中位相当。
  • Lv8 エチュード Op.10-4
    • 終始忙しい8分ラッシュが続くが、そこに唐突に飛び込んでくる左手グリッサンドが非常に厄介で、適性レベルではこれを捌くのも困難。Lv9中位はあるだろう。
  • Lv8 ニコラウスさんの出来心
    • メイン部分が非常に難解なリズムのオンパレード。Lv8適正ではこの部分を正確に取り辛い。Lv9下位。
  • Lv9 Concertino in Blue
    • Expertから一部階段をグリッサンドにした程度の簡略化で、横幅の都合上鍵盤数は減っているものの同時押し連打も左右交互連打もそのままと、Lv9としては辛い配置。Lv10でようやく妥当だろう。
  • 逆詐称
  • 個人差
    • Lv7 NEGAI
      • 左手グリッサンドと右手リズム難が絡む箇所が厄介。クリアには影響しにくいが、高ランクを阻む要因には十分なり得るので注意。

Expert

Lv11まで

  • 詐称
    • Lv10 Eurasian Journey
      • 前半の3つ押し2連打もさることながら、終盤の怒濤の片手二重階段が最大の難所。Lv11中以上が妥当か。
  • Lv11 朧
    • サビに入るまではLv11としては簡単な譜面だが、それ以降はLv12クラスの混フレが襲いかかる。個人差はあるだろうが、Lv11最上位〜Lv12といったところだろう。
  • 逆詐称
    • Lv8 小人がひとり森の中で
      • 曲自体が非常に短く、261ノーツしかない。特殊ノーツはテヌートのみで複雑な押し方も皆無。Lv6相当。
  • Lv11 黒緋の白鳥座
    • 平易な同時押しが主体の譜面。右手の少し離れた階段が取りづらいがLv10程度だろう。
  • 個人差
    • Lv11 NEGAI
      • 右手と左手両方で短い階段(3〜5ノーツ)を中心に構成されている階段譜面。階段自体は複雑ではないが、見かけよりも低速であり指押しに慣れないうちは苦労するだろう。指押しが苦手な場合、Lv12相当と感じられる譜面。

Lv12

  • 逆詐称
  • 個人差
  • 最上位譜面

Real

  • 詐称
    • ◆1(Lv11) ラデツキー行進曲 (ƒORTE)
      • 基本的にはExpertから同時に押す鍵盤を増やしたようなパターンだが、事もあろうか片手二重トリルが登場している(元はテヌート1本)。この時点でLv11はありえず、最低でも◆2(Lv12)はないとおかしい。
  • 逆詐称
    • ◆2(Lv12) Element of SPADA (ƒORTE)
      • Expertのグリッサンドを解除した以外は同時押しの鍵盤数が増えた程度の強化、さらにはExpertではLv8でやらせてはいけないほどの急所になっていたサビ中盤の連続階段地帯もそのまま。
        同日追加された「ラデツキー行進曲」や「凛として咲く花の如く」の各Realよりも明らかに簡単で、◆1(Lv11)でも良いくらい。
  • 個人差
    • ◆1(Lv11) 凛として咲く花の如く (ƒORTE)
      • 総ノート1702の物量ノートだが、片手力の有無で感覚難易度に差が生まれる。
      • 利き手(特に右利き)でもぺちゃ押しだと詐称に感じるが、指押しだと◆1妥当。人によってはメインリズムの省略がない分、Expertよりもリズムがとりやすい。
  • 最上位譜面
    • ◆3(Lv13.5) ピアノ体操第一

Last-modified: 2020-02-24 (月) 22:23:41
Site admin: iMp95
mail : imp@callusnext.com (←@を半角に)