NEW Generation 夏の流星フェスタ2016 / 流星拡散フェスタ2016

本項では「NEW Generation 夏の流星フェスタ2016」(IIDX・jb・SDVX)と「New Generation 流星拡散フェスタ2016」(pm・DDR・Rb・MSC)の両方について記載します。
両イベント共に2016/11/30 29:00(=12/01 05:00)をもって全機種終了しました。
(ただしDDRのみ事実上条件緩和で継続)

イベント開始日機種バージョン終了日イベント終了以降の未解禁楽曲の解禁方法
NEW Generation
夏の流星フェスタ2016
2016/08/10beatmania IIDX23 copula2016/10/26(copula中はイベント継続)
24 SINOBUZ以降SINOBUZアップデートに伴い全曲無条件解禁
jubeatQubell2016/10/30開始時に配信された「Angelic Jelly」以外は現在新規解禁不可
SOUND VOLTEXIII GRAVITY WARS2016/11/30開始時に配信された「Sephirot」以外は現在新規解禁不可
New Generation
流星拡散フェスタ2016
2016/10/06pop'n musicéclale2016/11/30開始時に配信された「Angelic Jelly」以外は現在新規解禁不可
既に条件を満たした上で未購入の譜面がある場合、「Triple Counter」以外は購入不可に戻る
2016/12/03より再び購入できるように修正
「Triple Counter」の解禁条件はそのまま継続
DanceDanceRevolutionA2016/11/30(コラボキャラ獲得は2016/11/06まで)
イベント一旦終了後、「Triple Counter」以外の対象曲は条件不要でEXTRA SAVIORに出現
(事実上条件緩和でイベント継続、北米版でも解禁可能に)
「Triple Counter」の解禁条件はそのまま継続
REFLEC BEATVOLZZA 22016/11/30(アップデート前日までイベント継続)
悠久のリフレシア旧曲移行準備に伴い、稼働時点ではイベント全曲とも解禁済みか否かに関わらずプレー不可
MÚSECA1+1/22016/11/03開始時に配信された「Angelic Jelly」以外は現在新規解禁不可

NEW Generation 夏の流星フェスタ2016

  • 公式告知
  • イベント期間:2016/08/10 10:00〜2016/11/30 29:00(=12/01 05:00)
    • IIDXの終了日時:〜2016/10/26(SINOBUZアップデートまで)
      • 終了日時の公式告知はないものの2016/10/26に次期バージョン「24 SINOBUZ」へのアップデートが行われ、対象曲は全曲無条件解禁に移行した
    • jubeatの期間限定QUBE終了日時:〜2016/10/30 23:59
      • 当初、公式サイトの終了日時が09/10 23:59(Sat)となっていた。現在は修正済
    • SDVXのスタンプラリー終了日時:〜2016/11/30 29:00(=12/01 05:00)
      • MSC以外の流星拡散フェスタも同日に終了
  • 対象機種(カッコ内は以降の略称)
  • 公式サイトのタイトルバーおよび各機種のイベント内では「夏のニュージェネ流星フェスタ2016」という表記も用いられている。

概要

  • 流星と称される新鋭アーティストの手がけた完全新曲がIIDX・jb・SDVXの3機種で解禁しプレー可能となる。
  • 解禁楽曲は3機種で共通しているものの連動イベントではなくそれぞれの機種の個別イベントでの楽曲解禁となっている(他2機種のプレーは不要)。
    • 日向美ちくわ姫決定戦」等とは異なり、解禁方法も各機種でそれぞれ異なる(詳細は後述)。
    • 公式特設サイトは楽曲紹介と解禁方法の告知のみのため、3機種ともイベント進行にサイト閲覧は一切不要。
  • 各機種1曲ずつ初めからプレー可能な楽曲があり、その楽曲は機種によって異なっている。
    • 初めからプレー可能な楽曲
      機種楽曲
      beatmania IIDX 23 copulaStrayedCatz
      beatmania IIDX 24 SINOBUZ6曲全て
      jubeat QubellAngelic Jelly
      SOUND VOLTEX III GRAVITY WARSSephirot
  • 事前告知になかった追加曲として「Triple Counter」が登場。5曲常駐(1曲配信+4曲解禁)後に出現するためボス曲的な位置づけとなる。
    • SDVXのスタンプの紹介などに存在をにおわせるものがあったが曲自体の告知は当初無かった。
    • イベント開始以降、公式告知サイトで「第二ステージ開幕!! DJ YOSHITAKA・dj TAKA 登場!!」と銘打ってその存在が紹介された。

解禁方法

beatmania IIDX 23 copula(終了)

  • EXPERTモードにSECRETコース「SUMMER」「ART CORE」「HAPPY」「TAG」コースが追加。「StrayedCatz」以外の5曲はそれぞれの楽曲に対応したコースのゲージを満タンにすると常駐する。
    • 4曲は各コースのFINAL STAGEにて攻略する譜面をプレーすることになる。
    • 譜面別の攻略となり、条件を満たすと対応するトランメダル「SECRET COURSE 〇 解禁」(ブロンズ)を獲得、次のプレーからその譜面が常駐する。(〇には攻略したコースの番号と譜面が記載)
    • コースと楽曲の対応は「SUMMER(10)」→Sephirot、「ART CORE(11)」→Grand Chariot、「HAPPY(12)」→Angelic Jelly、「TAG(13)」→ZEPHYRANTHES。(括弧の数字はトランメダルの番号)
    • 以上の4曲を同一難易度で全て常駐させると、同時にトランメダル「まだ夏は終わらない ○譜面」(○の部分は難易度・ゴールド)を獲得、
      次のプレー時からそのトランメダルと同じ譜面の「Triple Counter」が常駐される。

jubeat Qubell(終了)

  • dig dig Qubellに期間限定「夏のニュージェネ流星フェスタ2016」QUBEが追加。(〜2016/10/30 23:59まで)
    掘り進めることで「Angelic Jelly」以外の5曲が順番に常駐される。
    • 楽曲は各STAGEのUNLOCK CHALLENGEでそれぞれ1回は任意の譜面をプレーすることになる。
    • 解禁順は固定。
      Grand Chariot(STAGE 1)→Sephirot(STAGE 2)→StrayedCatz(STAGE 3)→ZEPHYRANTHES(STAGE 4)→Triple Counter(STAGE 5)
      • 無条件解禁のAngelic Jellyも含め、曲名の昇順(ABC順)での解禁になる(ラストのTriple Counterを除く)。
    • QUBE詳細はjubeat Qubell/QUBE/夏のニュージェネ流星フェスタ2016を参照。
    • 2016/10/20より「FLOOR INFECTION」と「POLICY BREAK」の過去弾復活開催+新規弾が1つずつ登場しているが、同時進行しようとする場合は8回以内毎にSDVXをプレーしてBREAKパワーを一旦注入しておかないと9プレー目以降のパワーが無駄になるため注意。
      特にSTAGE 5は(LEVELを偽装したEDIT譜面を使わない前提であれば)かなり上位のプレイヤー*1でなければLEVEL 3以上でのRATING A以上を40回*2求められるため必要プレー回数が多くなりがち。
  • 2016/10/31 00:00をもって期間限定「夏のニュージェネ流星フェスタ2016」QUBEの開催が終了した。
    • 「Angelic Jelly」以外の未解禁楽曲の救済措置は現在不明。
    • 例外として公式サイトでのきまぐれフルコンチャレンジや筐体内でのフルコンチャレンジチャレンジ追加(PASELI要)、ランダムマッチングなどで未解禁楽曲を引き当てれば1回限りプレー可能。
      • ただしこれらの方法では一時的にプレーできるのみで解禁・常駐不可。

SOUND VOLTEX III GRAVITY WARS(終了)

  • スタンプラリー「夏のニュージェネ流星フェスタ2016」が追加。1プレーで1個スタンプを獲得できるスタンプシートで「Sephirot」以外の5曲が順に解禁されていく。
    • 最終的にスタンプをGOAL(15個)まで獲得するとTriple Counterが解禁される。
      • ほかの2機種と異なり、解禁するまで対象楽曲をプレーする機会は無い。
    • 解禁順は固定。
      ZEPHYRANTHES(2個目)→StrayedCatz(4個目)→Grand Chariot(7個目)→Angelic Jelly(11個目)→Triple Counter(15個目)。
      • 無条件解禁のSephirotとラストのTriple Counterを除けば、曲名の降順(ZYX順)での解禁になる。
  • 無条件解禁のSephirotおよびスタンプで解禁できる譜面はNOVICE〜EXHAUSTまで。
    • 全楽曲解禁(スタンプコンプリート)後にINFINITE BLASTERで「Triple Counter」以外の5曲のGRAVITY譜面解禁に挑戦可能、
      5曲のGRAVITY譜面をすべて解禁すると「Triple Counter」のGRAVITY譜面解禁に挑戦可能となる。
  • 2016/12/01 05:00をもって期間限定スタンプラリー「夏のニュージェネ流星フェスタ2016」の開催が終了した。
    • 「Sephirot」以外の未解禁楽曲の救済措置は現在不明。

NEW Generation 流星拡散フェスタ2016

あの流れ星が ぼくらのもとにも ふりそそぐ

  • 公式告知
  • イベント期間:2016/10/06 10:00〜2016/11/30 29:00(=12/01 05:00)
    • MSCの期間限定楽曲進呈キャンペーン終了日時:〜2016/11/03 23:59
    • DDRのコラボキャラ獲得キャンペーン終了日時:〜2016/11/06 29:00(=11/07 05:00)
      • EXTRA SAVIORでの楽曲解禁自体はその後も継続
    • MSC以外の終了日時:2016/11/30 29:00(=12/01 05:00)
      • Rbはイベント終了とほぼ同時期の2016/12/01をもって順次「悠久のリフレシア」に切り替わり、稼働開始時点では本イベントの楽曲が解禁済みか否かに関わらずプレー不可になる。
      • pmは「Triple Counter」以外の楽曲が強制的に追加解禁不可になる。2016/12/03より再び解禁可能に修正。
      • DDRは対象曲が他機種プレー不要でEXTRA SAVIORに移行。
  • 公式サイトのタイトルバーおよび各機種のイベント内では「ニュージェネ流星拡散フェスタ2016」という表記も用いられている。

概要

  • 流星フェスタの楽曲6曲が上記4機種にも拡散し解禁可能となる。
  • イベント開催と同時に、対象4機種+SDVXの「FLOOR INFECTION」と「POLICY BREAK」の過去弾も全て復活開催。(〜2016/10/24 10:00) 終了しました
    • pm・Rb開催分のPOLICY BREAKがまだ複数弾残っている場合、流星拡散フェスタと並行して解禁したい場合には、pm・Rbのプレー回数が各8回以内毎にSDVXをプレーしてBREAKパワーを一旦注入しておかないと9プレー目以降のパワーが無駄になるため注意。

解禁方法

  • pm・Rb・MSCでは開始日から「Angelic Jelly / t+pazolite」が無条件でプレー可能(本曲のみ他機種のプレー不要・e-AMUSEMENT PASSも不要)。
    • DDRでは「Angelic Jelly」がEXTRA SAVIORで解禁可能となる(同じく他機種のプレー不要だがPASELI必須)。
  • 残りの楽曲の解禁方法はイベント開始日以降、IIDX・jb・SDVXのいずれかで「夏の流星フェスタ」対象曲6曲のうちいずれか1曲をプレーしたのち、各機種で個別の条件を満たすという流れとなる。
    • 前回対象機種での楽曲プレーが、今回対象の4機種のイベント開始フラグになっている。
      • 解禁楽曲は3+4機種で共通しているものの連動イベントではなく、イベント開始フラグを立てた後はそれぞれの機種の個別イベントでの楽曲解禁となっている。
        最初に前回3機種で1曲プレーした後は以降の他機種プレーは不要(ただし最低1回は必要なため、純粋な単機種のみプレーでの解禁は不可)。
    • 本イベント開始以前に前回3機種をプレーしていた場合でも、拡散フェスタ開始後の2016/10/06 10:00以降に改めてもう一度プレーする必要がある。
    • 拡散フェスタ対象機種のプレーデータがない状態で上記条件を満たした場合でも、新規登録時のプレーからイベントが始まる。
    • 拡散フェスタ開始〜10/26までの間に3機種での対象曲のプレーがなく、beatmania IIDXの次期バージョン「24 SINOBUZ」になってから同機種のみで対象曲をプレーした場合にも拡散フェスタを開始できる模様。
  • 前回対象の3機種を一度もプレーしていない場合、各機種で最初から遊べる楽曲をプレーすると良い。
    • 前回3機種で無条件プレー可能な楽曲
      機種楽曲
      beatmania IIDX 23 copulaStrayedCatz
      beatmania IIDX 24 SINOBUZ6曲全て
      jubeat QubellAngelic Jelly
      SOUND VOLTEX III GRAVITY WARSSephirot
  • 解禁手段の関係上、DDR以外の3機種では解禁するまで対象楽曲をプレーする機会は無い(解禁済みプレイヤーとのローカルマッチング等特殊なケースを除く)。

pop'n music éclale(終了)

  • 前回開催3機種で「夏の流星フェスタ」曲を1曲プレーすると、スターファクトリーに4曲が入荷。
    • 価格はいずれの楽曲もEX譜面までまとめて購入すると各1000ルミナ。
      • 内訳は、EASY/NORMAL:900ルミナ、HYPER:+50ルミナ(累計950ルミナ)、EX:+50ルミナ(累計1000ルミナ)。
      • イベント終了直前の2016/11/23 10:00〜11/30 10:00まで「エクラルオータムフェスティバル♪3週目」により本イベントの曲も含めたスターファクトリーのアイテムが全て半額で購入可能になっていた。
    • 最初に購入できる4曲を全て解禁すると「Triple Counter」が追加入荷される(価格も同様)。
      • ビースト ポップン 七夕まつり」と同じく4曲ともN譜面までの購入のみで条件を満たせる(EX譜面まで購入可能になる)が、前述通りそれでも最低900×4=3600ルミナ(+Triple Counter解禁分のルミナ)が必要なため恩恵は薄い。
      • また「七夕まつり」とは違い条件が楽曲のプレーではなく所持のため、ローカルモードを使った未解禁曲の一時プレーも通用しない。
        4曲目を解禁した時点で即刻Triple Counterがリストに表示されるが、所持ルミナ上限の関係上その時点ではまだ買うことはできない。
      • ルミナを効率よく稼ぐには、ポップンスターメーカーで隠しエリアを出してわざと弱いメンバー+属性バラバラで挑む(ボスはHPも獲得ルミナも多いため、戦闘を長引かせればその分稼げる)、隠し乱入キャラのMZDに会う(戦闘の度に大量のルミナが貰えるが、出現は運次第)などがある。
        また、ルミナ獲得量が増えるスキル持ちキャラ(パク、?、こぺる、ゾーゾ)を装備するのも有効。
  • イベント解禁曲は「Angelic Jelly」も含め全て「イベント・公募」→「流星拡散フェスタ」カテゴリにも収録される。
    • Angelic JellyはEX譜面まで含め購入不要で無条件解禁。
  • 担当キャラクターは全て旧作の使い回し。
    • ただし、元々はSunny Park隠し曲担当だったキャラクターについては、元の楽曲を未解禁でも本イベントでキャラクターのみ解禁可能になっている。
      「Angelic Jelly」のポエット[SP-2P]はイベント開始日以降e-AMUSEMENT PASS不要で無条件解禁(2Pカラー限定)。
      「ZEPHYRANTHES」のジルクファイド[SP-1P]、「Triple Counter」のジョマンダ[SP]は、楽曲解禁時に同時解禁される(ジルクファイドは1Pカラー限定)。
  • 2016/12/01 05:00をもってイベントが終了した。
    • イベント終了後、未購入の譜面がある場合は以下のような扱いになる。
      • 「Angelic Jelly」:イベント期間中に本機種を未プレーだった場合もそのまま無条件解禁。
      • 「Triple Counter」以外の4曲:イベント期間中に条件を満たして既に一部譜面を解禁済みの場合でも、スターファクトリーでは強制的に「???」に戻され、上位譜面も追加購入不可になる(例としてH譜面まで購入した状態だと価格50ルミナの表示のまま「???」に戻る)。既に購入済みの譜面には影響はない。
        →2016/12/03より、イベント期間中に条件を満たしていた場合は継続して購入できるように修正された。
        (要検証)イベント期間中に他機種で条件を満たしていたがpmを一度もプレーしておらず、イベント終了後にpmをプレーした場合は同日以降解禁できるか?
      • 「Triple Counter」:既に他4曲を(一部譜面だけでも)解禁済みの場合のみ継続して購入可能。

DanceDanceRevolution A(事実上条件緩和で継続)

  • EXTRA SAVIORに「ニュージェネ流星拡散フェスタ2016」フォルダが追加。
    • EXTRA STAGE進出が必要になるためイベント進行はプレミアムプレー(PASELI使用)限定となる。また、解禁した楽曲もプレミアムプレー時のみ常駐する。
    • 最初から選択できる「Angelic Jelly」に加え、前回開催3機種で「夏の流星フェスタ」曲を1曲プレーすると、フォルダ内に他の4曲も追加出現。
      • 本機種では「Angelic Jelly」も無条件解禁ではなく、EXTRA SAVIORでの解禁が必要。他機種をプレーしなくても解禁可能という点のみ他の4曲と異なる。
      • いずれも下位の難易度から順番に解禁となる。(いわゆるIdola式。BEGINNER/BASIC→DIFFICULT→EXPERTの順に1譜面ずつ。DDR Aでは初となる)
        また、SP/DP譜面はそれぞれ別途解禁する必要がある。
    • フォルダ内の楽曲5曲を全て解禁した難易度に対応する難易度までの「Triple Counter」がEXTRA SAVIORに出現し、同様に解禁可能になる。
  • 「Triple Counter」の各難易度を解禁すると期間限定コラボキャラが入手可能(〜2016/11/06 29:00(=11/07 05:00))
    • 「Triple Counter」の[BASIC]解禁で「EMI×JOMANDA」、[DIFFICULT]解禁で「ALICE×VALLIS-NERIA」、[EXPERT]解禁で「RINON×Lisa-RICCIA」が、それぞれ次のプレーからダンサーキャラクターとして選択可能になる。
    • 2016/11/07 05:00をもって期間限定コラボキャラ獲得キャンペーンが終了
      • 終了したのはダンサーキャラクター解禁のみで、EXTRA SAVIORでの楽曲解禁そのものはその後も継続している。
  • 2016/12/01 05:00をもってイベントが一旦終了した。
    • ただしイベント終了以降もEXTRA SAVIORという形で継続している*3
      イベント終了後は条件が緩和され、「流星フェスタ」3機種のプレー不要で「Angelic Jelly」以外の4曲も追加される。
      「Triple Counter」の出現条件はそのまま変更無し。
  • 北米版では「Angelic Jelly」を含む6曲ともプレー不可(EXTRA STAGEに進出しても「ニュージェネ流星拡散フェスタ2016」フォルダは出現しない)
    • 事前に日本版で流星フェスタ曲を解禁済みのe-AMUSEMENT PASSを使用した場合もプレー不可
    • イベント終了後の2016/12/01 05:00以降、北米版でも「Angelic Jelly」を含む対象楽曲全てが解禁可能になった。

REFLEC BEAT VOLZZA 2(終了)

  • 前回開催3機種で「夏の流星フェスタ」曲を1曲プレーすると、REFLEC BEAT VOLZZA 2内でイベントゲージが出現するようになる。
    • Rbをプレーする毎にゲージが溜まっていき、MAXになると1曲ずつ解禁。
    • 解禁順は固定。
      sephirot→ZEPHYRANTHES→StrayedCatz→Grand Chariot→Triple Counter
      • イベントゲージの表示・蓄積タイミングはトータルリザルト画面(ガレージ直前の画面)。
      • 4曲目までは3プレーごと、5曲目は5プレーで解禁(つまりIIDX・jb・SDVXで対象楽曲をプレイ後Rbを17回プレーすることで全楽曲が解禁する)。
        選択したモードや支払い方法・プレー内容等はゲージの伸びに影響しない。
  • 無条件解禁のAngelic Jellyおよびイベントゲージで解禁される譜面はBASIC〜HARDまで。
  • イベント終了直後の2016/12/01に次期バージョン「REFLEC BEAT 悠久のリフレシア」が稼働開始。
    • 旧曲の譜面リメイク移行準備に伴い、稼働開始時点ではイベント6曲全て(VOLZZA 2で解禁済みの場合でも)プレー不可。
      今後プレー可能になる可能性はあるが、現時点での解禁日は不明。

MÚSECA 1+1/2(終了)

  • 前回開催3機種で「夏の流星フェスタ」曲を1曲プレーすると、楽曲進呈キャンペーン「ニュージェネ流星拡散フェスタ2016展」が出現するようになる(〜2016/11/03までの期間限定)
    • MSCを3回プレーする毎にイベント楽曲を1曲ずつ順次獲得することができる。
    • 解禁順は固定(3回プレー毎)。
      Sephirot→StrayedCatz→Grand Chariot→ZEPHYRANTHES→Triple Counter
      • プレー終了時のイベント進行表示画面では現在進行中の楽曲と共に、次の楽曲の予告も表示される。
      • Rbとは違い、Triple Counter獲得時も3回プレーのまま(つまりIIDX・jb・SDVXで対象楽曲をプレイ後MSCを15回プレーすることで全楽曲が解禁する)。
    • 15回目で楽曲「Triple Counter」を解禁すると同時に、以下のイベントが発生する。
      • Grafica「Triple Counter/でるたとびーまにのなかまたち」の解放ミッションが出現し、同時にこの時点でMEDEL上限8でGrafica入手済(=初級ミッションクリア時と同等)になる。
        ただし初級ミッション自体はクリア済みにはなっておらず、初めてクリアしたときには初級クリアでのGrafica解放演出が入る。これは仕様とのこと。*4
        MEDEL上限解放は通常通り中級・上級ミッションのクリアが必要。
      • 復刻版「DJ YOSHITAKA展」の先行入場権を獲得、次回プレー以降はそのまま復刻版「DJ YOSHITAKA展」に移行する。(開催期間:〜2016/11/20)
        ※「拡散フェスタ展」を完走していないプレイヤーは2016/11/04からの一般入場となる。
        (先行入場・11/4〜の一般入場を問わず)前回開催時の進行状況から再開し、前回のラストであった(通算9回プレー)Grafica「彼の花の名は/JOMANDA」の解放ミッション出現後、さらに3回プレーすると新たに「幾重もの酷薄/VALLIS-NERIA」の解放ミッションが出現。(告知)
  • 2016/11/04 00:00をもって期間限定「ニュージェネ流星拡散フェスタ2016展」の開催が終了した。
    • 「Angelic Jelly」以外の未解禁楽曲および限定Graficaの救済措置は現在不明。

解禁楽曲

  • これまでの大型連動イベントと同様に解禁曲は7機種共通だが、解禁イベントはバラバラのため各機種個別解禁となる。
    • これまでの連動で例えるとイベント終了後の個別解禁の形式に近い。
  • 英字での曲名順(IIDX・pm・DDRで採用)に近い並びになるjubeatでの解禁順に記載。
ジャンル名(IIDX)曲名アーティストBPMIIDXjbSDVX
難易度解禁難易度解禁難易度解禁
SPDPBSCADVEXTNOVADVEXHGRV
BNHANHA
HAPPY で HARDCOREAngelic Jellyt+pazolite200-69116911HAPPY5910無条件612141511個目
HARD ART COREGrand Chariotxi191-7101271012ART CORE3610STAGE 151114157個目
TRANCESephirotSHIKI154-58105810SUMMER5910STAGE 2391315無条件
FANTASYStrayedCatz削除-610126912無条件4810STAGE 33814154個目
BLOOM COREZEPHYRANTHESTAG180-59115911TAG4810STAGE 461013152個目
RISK + VACUUMTriple CounterDJ YOSHITAKA
meets dj TAKA
216-71012710124曲解禁6910STAGE 5712151515個目


曲名アーティストBPMpmDDRRbMSC
難易度解禁難易度解禁難易度解禁難易度解禁
ENHE
X
キャラSINGLEDOUBLEBMHS
P
BeBaDiExChBaDiExCh
Angelic Jellyt+pazolite200※78263846ポエット無条件461113-61013-SAVIOR36911無条件51115無条件
Grand Chariotxi191912314248C-noidルミナ371113-71113-SAVIOR5810124本目411149回目
SephirotSHIKI15467263445ノーヴァルミナ361012-5913-SAVIOR479111本目38133回目
StrayedCatz削除914324349カンタルミナ481114-71214-SAVIOR5810113本目28146回目
ZEPHYRANTHESTAG180712283947ジルクファイドルミナ371215-81215-SAVIOR4710112本目4121512回目
Triple CounterDJ YOSHITAKA
meets dj TAKA
216914314249ジョマンダ4曲解禁後
ルミナ
7111417-91417-5曲解禁後
SAVIOR
6911125本目3121515回目
  • ※DDRでは「Angelic Jelly」のBPMは100-200
  • ※Rbでは「Sephirot」の曲名表記が「sephirot」
  • ※「StrayedCatz」のBPMは機種で異なる
    • IIDX・pm:303
    • jb・Rb・SDVX:151
    • MSC:152
    • DDR:114-152

解禁曲雑記

jubeat Qubellで「ZEPHYRANTHES」以外の5曲はホールド譜面専用曲となっており、公式サイトやtwitterには記載されていないので、プレーの際には要注意。

  • Angelic Jelly / t+pazolite (♪試聴/ジャケット)
    • jb・pm・Rb・MSCでは無条件解禁曲。
    • IIDXでのジャンル名は"HAPPY HARDCORE"。理由は、確かにHAPPYでHARDCOREではあるものの、HAPPY HARDCOREと言うと各所から怒られそうだからとのこと(作曲者Twitter告知)。
    • Angelic Jelly(エンジェリックジェリー)は英語で「天使の(ような)ゼリー」の意味。
      • このためか、pmでの担当キャラは天使であるポエットが宛てられている。
    • t+pazolite(トパゾライト)の楽曲がIIDX・pm・DDR・Rbに収録されるのは本曲が初となる。
      • 氏のFLOOR採用や東方アレンジではないBEMANI書き下ろし曲はSDVXの「Renegade Fruits」に続き2曲目となる。
        (jb・SDVX収録の「Garakuta Doll Play」はmaimai GreeN(セガ)からの移植曲)
    • DDR以外の機種ではBPM200だが、DDRのみ100-200でBPM変化する。
  • Grand Chariot / xi (♪試聴/ジャケット)
    • Grand Chariot(グラン・シャリオ)とはフランス語で「北斗七星」を指す。ここでのChariotは戦車でなく馬車全般を意味する。
    • xi(サイ)の楽曲がIIDX・jb・pm・DDR・Rb・MSCに収録されるのは本曲が初となる。
      • 氏のFLOOR採用ではないBEMANI書き下ろし曲はSDVXの「Inixia」に続き2曲目となる。
  • Sephirot / SHIKI (♪試聴/ジャケット)
    • SDVXでは無条件解禁曲。
    • SHIKI(シキ)はBMS制作やVOCALOIDプロデューサーとして活動しているコンポーザー。これまでに、maimai(セガ)やCHUNITHM(セガ)、GROOVE COASTER(タイトー)などへ書き下ろし楽曲やBMS楽曲が移植された事があるが、BEMANIシリーズに収録されるのは本曲が初となる。
    • Sephirot(セフィロト)とはユダヤ教で使われる概念のことであり、この世のありとあらゆる存在・森羅万象を指す。
      • 細かく書くと長くなるのでGoogleの検索結果も参照の事。
      • ジャケットはこれらの存在・森羅万象を図解化したセフィロトの樹(命の木、生命の木)の一部だと思われる。
      • 余談だが、SDVXIIIでは「The 5th KAC オリジナル楽曲コンテスト」の採用楽曲の幾つかがセフィロトの樹に当てはめられている。そして同機種での初めからプレイ可能な曲はこの楽曲となっている。
    • Rbのみ曲名表記が「sephirot」(語頭が小文字)になっている(他機種では全て大文字のため不具合の可能性あり)。
      • RbのeAMUSEMENTサイト内では「Sephirot」表記になっている。
  • StrayedCatz / 削除 (♪試聴/ジャケット)
    • IIDXでは無条件解禁曲。
    • 元の綴りと思われる「strayed cats(ストレイドキャッツ)」は「迷い猫」という意味。
    • 曲名や曲調・楽曲の展開がアーティストが以前発表したDeemo(iOS/Android・配信元:Rayark)収録曲の「MagiCatz」と類似しており、同曲の続編に相当する楽曲の可能性がある。
    • BPMはIIDX・pmでは303だが、jubeat・SDVX・Rbでは151、MSCでは152。DDRのみ114-152でBPM変化する。
      • 端数になるがIIDX・pmが倍取りしている形式。作曲者の意図としては303の方が正式とのこと(ニコ生より)。
      • 現在のIIDXはBPM 300以上からの演奏スタートが出来なくなっている仕様があると言われていたが、本楽曲はBPM 300を超えた演奏スタートが可能になっている。
    • 削除(さくじょ)の楽曲がIIDX・jb・pm・DDR・Rb・MSCに収録されるのは本曲が初となる。
      • 同氏のFLOOR採用ではないBEMANI書き下ろし曲もこれが初となる。
  • ZEPHYRANTHES / TAG (♪試聴/ジャケット)
    • TAGによる書き下ろしBEMANI新曲はDDR 2014の「AWAKE」以来、約1年ぶりの登場。
      • TAG単独名義の楽曲がSDVXに収録されるのは本曲が初となる(合作では「PUNISHER」や「KHAMEN BREAK」等が収録済)。
        また、TAGの楽曲自体がMSCに収録されるのも初となる。
    • ZEPHYRANTHES(ゼフィランサス)とはヒガンバナ科タマスダレ属の植物の総称。雨が降ったのち開花する性質からレインリリーとも呼ばれる。(Wikipedia)
      • かつてTAGが手がけた楽曲の曲名にもなった「アルストロメリア」(ユリズイセン)も分類体系の1つ・新エングラー体系ではヒガンバナ科に属する。
    • IIDXでのジャンル名の"BLOOM CORE"についても、TAGの花名の曲シリーズである「アルストロメリア」と「デンドロビウム」(セッコク)のジャンル名が"BLOOM FUSION"だったことを意識していると思われる(bloom=開花する)。
    • SDVXでは譜面制作者表記が「TAG supported by SCバイオメトリクス」となっていることから、まずSCバイオメトリクスが譜面を作成しロングFXオブジェクト、アナログラインでどのようにエフェクトがかかるかをTAGが設定という形式で制作進行したものと思われる。
      • 同機種において作曲者自身が自分の曲の譜面、エフェクトを手掛けるのはPHQUASEMAD CHILDHirayasu Matsudoに続き4人目となる。
  • Triple Counter / DJ YOSHITAKA meets dj TAKA (♪試聴/ジャケット)
    • 非VENUS名義かつ作曲活動によるDJ YOSHITAKAのBEMANI新曲はjubeat saucer及びREFLEC BEAT colette -Autumn-同時収録の「Lisa-RICCIA」以来となる。
      • Lisa-RICCIAの初出は2013/11/13であり、実に2年9ヶ月振りの新曲となる。同氏は2015/03/16付で第1制作本部 第1制作部の部長に就任しており、多忙により楽曲制作活動が難しくなったのではないかという噂があった。
      • また、DJ YOSHITAKAが単独名義でdj TAKAと合作を行ったのも私立BEMANI学園初出の「Elemental Creation」以来となる。*5
      • Elemental Creationの名義は「dj TAKA meets DJ YOSHITAKA」と本楽曲とは順序が逆である。今回、前者とは逆にDJ YOSHITAKAのピアノのみのトラックを元にdj TAKAが作り上げたため名義が逆になっている。
      • IIDXでのジャンル名は"RISK + VACUUM"。dj TAKAのHAPPY系で用いる別名義「Risk Junk」と、DJ YOSHITAKAのHAPPY HARDCORE系で用いる別名義「Lucky Vacuum」を合わせたもの。本来はこっちをアーティスト名にするべきだったが、知名度を優先させたかったらしい。
      • このイベントに関連してか、このイベント開始日である08/10からMÚSECA 1+1/2にて「DJ YOSHITAKA展」も開始、楽曲「JOMANDA」「VALLIS-NERIA」とGrafica解放ミッション「彼の花の名は/JOMANDA」(CV:DJ YOSHITAKA)を獲得可能(〜08/30→流星拡散フェスタで復活開催)。流星拡散フェスタに合わせGrafica解放ミッション「Triple Counter/でるたとびーまにのなかまたち」(CV:DJ YOSHITAKA meets dj TAKA)と「幾重もの酷薄/VALLIS-NERIA」(CV無し)も新たに登場した。
    • dj TAKAの楽曲がMSCに収録されるのは本曲が初となる。
    • ジャケットの方も「Lisa-RICCIA」のジャケットに登場した3人(「JOMANDA」、「VALLIS-NERIA」、「Lisa-RICCIA」)が描かれた物になっている。3人ともYOSHITAKAをモデルにしたキャラクター。
      • ・・・のはずだが、デフォルメの段階でLisa-RICCIAの顔面の骨格だけ明らかに顎が強調されたdj TAKAのものになっている。(JOMANDAとVALLIS-NERIAはYOSHITAKAモデルのまま)
      • ムービーだとその外見からJOMANDAに「もしかして・・・dj TAKA?」と聞かれるが、直後に説得力のない顔*6で「違う違う!俺リサリシア!」と返すやり取りが行われている。*7
      • 3人が座るテーブルの上には「Evans」のジャケットに登場するものと思しき魚が3人に食べられた後の状態で乗っかっている。
      • ジャケット制作者とIIDX・DDR版のムービー制作者はこれまで上記3曲のジャケット・ムービー*8を担当したT田氏ではなく、今回は菌類氏が担当している。
      • pmでの担当キャラも上記ジャケットに合わせジョマンダになっている。
    • IIDX・DDRは専用ムービーつき。過去の連動イベントなどのネタが盛り込まれている。
      以下はムービーに組み込まれている小ネタの一覧。

*1 RATING SS以上でクリアできるLEVEL10譜面があるなら、15回達成できればSTAGE 5の進行条件を1つ埋めることができる。その15 TUNE中10 TUNEでフルコンボを達成できればさらに1つ埋まり、また本イベント関連曲(ZEPHYRANTHESとTriple Counterを除く)のEXTであればその曲におけるRATING A以上も埋まるため、本イベント関連曲4曲全てのEXTでSS以上を取れれば必要TUNE数を15まで削減可能。
*2 厳密には「LEVEL 3以上のクリア」と「RATING A以上」を各40回だが、jubeatでのクリア条件はRATING C以上なので「LEVEL 3以上の譜面でRATING A以上を40回」という形で同時進行させるのが自然である。
*3 EXTRA SAVIOR自体は今までも(前バージョンのEXTRA ATTACKから)過去の連動イベントなどの楽曲の解禁救済策として利用されている。
*4 なお、この現象そのものは「公募Graficaの採用者は自身の作品をMEDEL上限8で入手済となっているがそのGraficaに対する初級ミッション自体は未達成である」という事例と同様である。
*5 DJ YOSHITAKA名義以外での両氏の合作はVENUS名義の「SAMBA de 恋心」が本作より先駆けてREFLEC BEAT VOLZZA 2に収録されていた
*6 SA.YO.NA.RA. SUPERSTAR/ムービー最後のdj TAKAの顔にLisa-RICCIAの目隠しをつけているだけ
*7 どちらのセリフもGrafica「Triple Counter/でるたとびーまにのなかまたち」のセリフとして収録されている。JOMANDA/CV:DJ YOSHITAKA、Lisa-RICCIA/CV:dj TAKA
*8 まだIIDXに移植されていないLisa-RICCIAを除く

Last-modified: 2016-12-03 (土) 22:47:03
Site admin: iMp95
mail : imp@callusnext.com (←@を半角に)