BeatStream アニムトライヴ

詐称・逆詐称・個人差譜面リスト

  • 表記レベルに比べて体感難度が明らかに高い「詐称譜面」、その逆の「逆詐称譜面」、
    および慣れや得手不得手などにより体感難度が大きく変わる「個人差譜面」、クリア狙いとフルコンボ狙いで大幅に難度が変わる「接続難」について記述。
    • 特に顕著なものは太字で表記しています。
  • 詐称・逆詐称・個人差の基準はあくまでクリア難度のみとします。
    また、「接続難」の項目には「クリアだけなら妥当〜やや弱めだがフルコンボとなると詐称クラスに化ける」特徴の強い譜面を載せるようにお願いします。
    ただし、フルコンボ難であってもクリアが詐称クラスであるものは「詐称」、逆詐称クラスであるものは「逆詐称」のほうに載せるようにお願いします。
  • ゲージ100%クリア、ランクAAAなどの難度を別途記載するのは構いませんが、純粋なクリア以外の難度を詐称・逆詐称・個人差の根拠とはしないようにお願いします。
  • 今作で旧曲に追加されたNIGHTMARE譜面はこのページで扱います。

共通

  • 詐称
    • Lv2 Lv6 Lv9 フラッター現象の顛末と単一指向性の感情論
      • 全譜面ともリズム難、配置難要素が強い。詳しくは各項目を参照。
  • Lv4 Lv6 Lv9+ 黒髪乱れし修羅となりて〜凛 edition〜
    • 詳しくは各項目を参照。
  • Lv4 Lv7 Lv10- Grip & Break down !!
    • アニムトライヴ移行時に初めから追加された譜面の中では癖が強く、このレベル表記の挑戦レベルでは苦戦すると思われる。
  • Lv3 Lv5 Lv10- 打打打打打打打打打打
    • 特徴的な配置の耐性によるが、それが苦手だと詐称。
  • Lv3 Lv6 Lv9- Knew day
  • Lv4 Lv7 Lv9+ キャプテン・ムラサのケツアンカー
  • 逆詐称
    • Lv5 Lv9- Lv10 GRADIUS 2012
      • 詳しくは各項目を参照。
  • Lv5 Lv9- Lv10 CARNIVOROUS
    • 詳しくは各項目を参照。
  • 個人差
    • アニムトライヴで追加された譜面全般
      • 慣れないうちは新しいストリームが見切りづらく苦戦しやすい。上位譜面になるとストリームとノーツの複合で混乱しやすいため、慣れるまでは表記レベルより1段階上と思ってよい。
      • 高難易度譜面になるとリップルガイド、ストリームガイドはOFFにするとプレイしやすいことが多い。
  • Lv5 Lv8 Lv10 リリーゼと炎龍レーヴァテイン
  • Lv3 Lv7 Lv9+ 幻想のサテライト
    • いずれも全難易度で判定がかなり前寄り。
  • Lv4 Lv8 Lv9+ GO!GO!MANIAC
    • 判定がかなり後寄りの上、全難易度ハネリズム主体で精度が取りづらい。
  • 接続難
    • 特定の配置を含む譜面全般
      • 「リップルノーツの重なり配置(通称「叢雲連打」)」は初見だとかなり対処しづらく、どこでコンボが切れたかもわかりにくいため、回数をこなさないうちのフルコンボ難度は極めて高い。
      • 「同じ向きのリップル→通常(右上リップル→右上通常など)の順番に短間隔で処理する配置」には誤爆バグがあり、「特定のハイスピードをかけた状態」で「リップルノーツを早め気味のタイミングで叩く」と「通常ノーツも誤爆して高確率でMiss判定となってしまう」ため、特にコンボが切れやすい。原因は通常ノーツの判定範囲が、八角形のライン上ではなくノーツそのものにあるためと推測されている。
        また、このような配置で通常ノーツを誤爆してしまうとリップルノーツも反応せず、合わせて2ミスを取られることもあるため、このような配置が頻発する譜面では誤爆しやすいHS(楽曲ごとに異なる)で無対策だとゲージが根こそぎ奪われかねない危険も潜んでいる。
        どうしても通常ノーツを誤爆してしまう人は、ハイスピードを普段の値から変えて、リップルノーツは外側(ジャッジリングからできるだけ遠いところ)を意識すると誤爆しにくい。
      • 特にLv10-以上のほとんどには上記2パターンのうちどちらか一方(あるいは両方)が含まれており、Lv9以下に比べてフルコンボ難の譜面が多い。

LIGHT

  • 詐称
  • Lv1 紅蓮の弓矢
    • 密度はLv1相当だが、曲合わせの上歯抜け配置ばかりでリズムが取りづらい。またLv1にしてはスラッシュノーツが多めに配置されている。Lv2相当。
  • Lv2 フラッター現象の顛末と単一指向性の感情論
    • 2分配置中心だが、曲のBPMが206と高速な為やや物量気味。リズム難の要素もあり、4分でストリーム配置を連続で要求される箇所もある。Lv3下位相当。
  • Lv3 蟲の棲む処
    • 要注意!! ノーツ数は100未満であり、スラッシュノーツも皆無であるものの、判定が非常に厳しく、終盤に現れる長いタイミング難は、LIGHTやLv3ではありえない。Lv4中位相当で、下のLv5逆詐称やいくつかのLv4のLIGHT譜面よりも難しい。
  • Lv3 ハッピーシンセサイザ
    • サビのあたりはノーマル数個とリップルの4分振りが多数発生し、ここだけ抜き出すとややLv3を逸脱しているか。
  • Lv3 Spring Comes Around (In Like a Lion)
    • ノーツのタイミングのパターンと配置が変化する頻度が高く、スラッシュノーツも多めに設定されている。ラストで減速するときにノーツが現れることもあり、Lv3としては少し厳しいか。
  • Lv4 Grip & Break down !!
    • 要注意!! 開幕からいきなり8分でとらせたり、8分4つで攻めてくる箇所も存在し、タイミングが難しい配置が容赦なく襲ってくる。Lv5相当でLIGHT譜面を逸脱している。
    • 旧曲のLv5に昇格したLIGHT譜面とほぼ同格の難易度を誇っており、打打打打打打打打打打を除いて現在のLv5のMEDIUM譜面よりも難しいので注意を要する。
  • Lv4 アルストロメリア
    • 物量自体Lv4としてはやや強めの部類に入るが、曲合わせと曲無視の4分打ちが混在したリズム難が厄介。総合的に見るとLv5下位程度か。
  • 逆詐称
  • Lv3 楽しい夜のお茶会 - Ringo's Tea Party
    • 曲を通じて殆どが2分の単押し。ロングノーツと同時押しも殆どなく、スラッシュノーツに至っては1つも出てこない。終盤やや4分が増えるが全て同方向に現れるため難所ともいえない。Lv2としても弱めの難易度。
  • Lv4 アキネイション
    • 変則的なタイミングは一切出てこない上にスラッシュノーツは皆無。Lv3相当。
  • Lv4 GRADIUS II 〜 ビーストメドレー 〜
    • ノーツの出現範囲が広く、画面全体を見渡す必要があるものの密度がLv3として見ても薄い。やや密度が上がる箇所は配置も単純になる。Lv3相当。
  • Lv4 Lost Wing at.0
    • ストリーム配置の数がこのレベルにしては非常に多いが、特に難しい動きや素早い動きは要求されず、全て回復地帯と呼べる程度のもの。
    • その他のノーツの配置自体はLv3〜4程度だが、ストリームで大幅に回復できることを考えると実質Lv2〜3相当の難易度。ノーツ数もLv4で2番目に少ない。
  • Lv5 GRADIUS 2012
    • 殆どが4分の単押しで構成されており、難解な配置もなく物量もかなり少ない。Lv3相当。
  • Lv5 CARNIVOROUS
    • 上記GRADIUS 2012同様殆どが4分の単押しで構成されている。こちらはやや変則的なリップルがあるが、それでもLv4下位相当。
  • 個人差
  • Lv3 She is my wife
    • この難易度としては規格外のストリームが多数登場する。一方で通常ノーツは非常に簡単。
  • 上位譜面
  • Lv4 黒髪乱れし修羅となりて〜凛 edition〜
    • BPM300の4分スラッシュが頻発する上に全体的に配置も厳しい。前半には片側によった厳しいロング拘束があり、Lv4の譜面を逸脱している。
  • Lv4 GO!GO!MANIAC
    • LIGHTにもかかわらず、配置が広範囲に振られたり速いストリームが登場する。上のLv4詐称群よりも難しい。
  • Lv5 スカイダイバー
    • 表リズムと裏リズムが頻繁に入れ替わるが、Lv5というほど密度は高くない。総合的にはやや弱め。
  • Lv5 リリーゼと炎龍レーヴァテイン
    • リズム難要素と速いタイミングで翻弄される。
  • Lv5 量子の海のリントヴルム
    • 曲自体拍子が変化しやすく、リズム難でかなりの辛判定。
  • Lv5 カケラ
    • リズム難な上に広範囲にノーツがバラけている。局所難気味の譜面であるため、簡単な配置でどれだけ回復できるかが重要となる。
  • Lv5 恋はどう?モロ◎波動OK☆方程式!!
    • 低速ながらメロディー合わせの配置がいくつも飛んできたり、ロングノーツの終点とともに押すノーツも多く存在する。
    • しかもストリームノーツが皆無なため、余計に忙しい。
  • Lv5 CHERNOBOG
    • 8分は一箇所にしか来ない。曲の速さとノーツ数でレベルを上げているようなものであり、そこ以外は4分のみで変則的なタイミングは皆無。
  • Lv5 Sky High
    • 開幕を抜けた後、序盤の最初と最後で1回ずつ登場する裏からの16分に注意。序盤は8分と4分の繰り返しが4回続き、その直後は完全4分となる。
    • ただし、中盤は単押しリップルまたは同時押しノーマルと、直進ストリームの交互が続くため、周辺視野が苦手だと苦戦させられる。終盤は完全4分で比較的やりやすい。

MEDIUM

  • 詐称
    • Lv5 Now Loading!!!!
  • Lv5 打打打打打打打打打打
    • 総ノーツ数259はLv5内では飛びぬけて多い。配置を見ても特にサビの同時押しが適正レベルでは非常に難しい。
    • 明らかにLv7クラス。絶品☆みこみこミラクル昇天レシピとLvをそのまま交換してもおかしくない。
  • Lv5 wandering to sweet
    • レベル相応の地帯も多いが、局所的にくる曲合わせのリップル配置がこのレベルとしては非常に忙しい。Lv6相当。
  • Lv6 sigsig
  • Lv6 たまゆら
  • Lv6 SAKURAスキップ
  • Lv6 宝箱-TREASURE BOX-
  • Lv6 黒髪乱れし修羅となりて〜凛 edition〜
    • BPM300の4分押しが頻発し、総ノーツ数331はLv6では最多で、Lv7として見ても多い。さらに配置もやや厳しい。Lv7中位以上の譜面。
  • Lv6フラッター現象の顛末と単一指向性の感情論
    • Lv6にしてはかなりの配置難、リズム難の上に物量も多い。Lv7中位以上の譜面。
  • Lv7 Grip & Break down !!
  • Lv7 忌憚騒命曲 〜 Demon tale sonata
    • 危険!! このレベル表記にしてはノーツ数がかなり多く、BEAST譜面の配置をそのまま再現している箇所が多数登場する。
    • Lv7挑戦レベルは豪快に落とされて中にはLv8前後の適正者が数回連奏しても突破できなかったという報告もあり、Lv9と見ておくべき。
  • 逆詐称
  • Lv7 COLORFUL BOX
  • Lv7 絶品☆みこみこミラクル昇天レシピ
    • 殆ど4分単押ししか存在せず、Lv7たる要素は全くない。
    • 打打打打打打打打打打とそのままLvを入れ替えてもいいくらいで、Lv5相当。
  • Lv8 アキネイション
    • 離れた配置が8分ではなく、8分配置は近い位置にしか現れない。Lv7適性でも楽にクリアできるだろう。
  • Lv8 ぱんだしんけん1、2、3〜ちえ!おっしょさんにはかなわないや!〜
  • Lv9- GRADIUS 2012
    • 中盤までは殆ど4分以下のノートしか登場せず非常に簡単。それ以降はスラッシュノーツ中心となり、物量もやや増えるが、ラス殺しという程のものでもない。Lv8のMEDIUM譜面が出来れば問題のないレベル。
  • Lv9- CARNIVOROUS
    • やや動きの速いストリームとラストに12分ラッシュがあるものの、それ以外は殆ど4分の単押しで8分も殆ど無い。Lv8下位相当。
  • Lv9 量子の海のリントヴルム
    • MEDIUM初のLv9譜面だが、全体を通して密度がかなり低い。短ストリームや変拍子故のリズムの取りづらさはあるものの、クリアならLv8〜Lv9-相当。他機種で曲を知っているとさらに体感難度は下がる。
  • 個人差
  • Lv6 からくりピエロ
    • このレベル表記にしては物量が割と多く、同曲BEAST譜面をある程度簡略化したものと思われる。しかも、全体的にタイミングがかなりとりづらい。
    • クリア、接続はこのレベルで妥当だが、スコア難度は非常に高め。
  • Lv7 秘密がーる♡乙女
    • 中盤以降同方向の8分スラッシュ3連が頻出する。BPM180と速いため、スラッシュノーツが苦手だと詐称気味に感じる。
  • Lv7 朧
    • 初見ではタイミングがとりづらい配置に翻弄され、このレベルとしてはかなり難しく感じられる可能性がある。
  • 上位譜面
  • Lv9- 恋はどう?モロ◎波動OK☆方程式!!
    • 低速の16分間隔でノーマルノーツの後にスラッシュノーツが配置されていることが多く、素早い反応で操作を変更する必要がある。
    • Lv9-としては厳しく、低く見てLv9下位と見ておくべき譜面。
  • Lv9- 月風魔伝 〜 ビーストメドレー 〜
    • ストリームを動かした先にすぐリップルが現れたり、ロング二つを押しながら途中でスラッシュ二つをはじくことを要求される。ほかにも終盤で速い動きが幾度となく現れ、密度と判定を計算し合わせてもLv9相当。
    • MEDIUM新曲でLv9が冠せられていた量子の海のリントヴルムや、Lv9-の座を奪い合っているかもしれないCARNIVOROUSとGRADIUS 2012どころか、比較的素直なBEASTのLv9-よりも難しいので注意。
  • Lv9 恋歌疾風!かるたクイーンいろは
    • 極端にとりやすい配置がいくつかあるものの、MEDIUMにも関わらず初見では認識しにくい16分配置が多めに登場するため、このレベルにしては強め。
    • BEAT-NEW-WORLD激凸!?ウリティ☆ウリリズムほど強くはないが、人によってはLv9+相当にも感じられる可能性もある。
  • Lv9 CHERNOBOG
    • MEDIUM二つ目の9として登場した譜面。ノーマルの8分半拍置き回転、リップルの1/2小節の3連符、円形ストリーム二回転、ノーマルとリップルの8分振りなど、MEDIUMではそれなりのテクニックを要する。
  • Lv9+ Sky High
    • MEDIUM初の9+に恥じない難関譜面。16分3連の回転押しが随所に配置されており、ストリームもノーツの合間に多数あるため忙しい。リズム難である点でも難しいところ。
    • 16分3連の同時縦連、16分2連のスラッシュも存在するためパーフェクトはMEDIUM屈指の難易度。このレベル表記に慣れていなければ、MEDIUMを逸脱していると感じてもおかしくない。

BEAST/NIGHTMARE(〜Lv9+)

  • 曲名の横に(NIGHTMARE)表記のあるものはNIGHTMARE譜面、ないものはBEAST譜面です。
  • 詐称
  • Lv9- wandering to sweet
  • Lv9 きゅん×きゅんばっきゅん☆LOVE
    • 中盤のストリームが複雑であり、同時もLv9としてはやや複雑。Lv9+相当と思われる。
    • 接続狙いではブレイク後にストリームが2本重複(長いストリームの上に短いストリームが重なっている)している部分に注意。
  • Lv9 フラッター現象の顛末と単一指向性の感情論
    • 下位譜面と比べてリズム難要素は減ったものの、配置難は相変わらずで、特にロング拘束の難易度はLv9を逸脱している。少なくともLv9+以上で、Lv9以下にはあまり見られない譜面傾向の為、苦手ならLv10-下位程度にも感じられるか。
  • Lv9+ カケラ
    • Aメロの混フレ、通常/リップルの連続同時処理、サビでのストリームと中央リップルを混ぜた8の字処理など上位譜面で見かけるような配置が数多く出てくる。16分配置もあり密度も高め。最後のリップル混じりの8分左回転にも注意。
    • 挑戦レベルだと見慣れない配置ばかりで、体感難易度は確実にLv10-相当に達する。
  • Lv9+ 黒髪乱れし修羅となりて〜凛 edition〜
    • 全体を通して300BPMの8分(150BPMの16分相当)交互押しが非常に多く、Lv9+の範囲を逸脱している。特に最後の8分交互ラッシュは同時押しになるため、適正以下ではラス殺しになりかねない。Lv10-〜10下位相当。
  • 逆詐称
    • Lv9- Wheel
      • ストリームがすべて新型であることと、イントロの裏打ちやボーカル合わせの付点リズムに気を付ければ、低速かつ配置も素直。Lv8相当。
  • Lv9- 太陽曰く燃えよカオス
    • 低速曲ながら16分配置は一箇所しかなく、配置も全体的に単純。サビ以降はさらに簡単になる。Lv8相当。
    • ただし新曲にありがちなストリーム配置による接続難傾向はあり、特に同方向3本は同時に処理しようとすると1本取りこぼすことが多い。接続難度であれば9-でも合ってるかもしれない。
  • Lv9 鈴瑚のお団子ジャングルジム
  • Lv9+ Power of Battle(vs REDALiCE)
  • Lv9+ ハッピーシンセサイザ
    • 開幕とラストがややタイミングが取りづらく、数箇所で少し拘束されるが、このレベルに達するほど密度は高くない。
  • Lv9+ 幸せになれる隠しコマンドがあるらしい(NIGHTMARE)
    • BEAST譜面の一部を新ストリームに差し替えただけで、特に前半は逆詐称扱いのBEAST譜面とほとんど難易度は同じ。
    • 16分地帯に入るとスラッシュに差し替え、トリル追加などレベル表記通りの難化はされているが最後はまた簡単になる。BEAST譜面よりちょっとだけ難しくなったがそれでもLv9程度。
  • 個人差
    • Lv8 クローバー♣かくめーしょん
      • 道中は密度が低く逆詐称気味だが、クリアができるかどうかはサビの斜め下へ向かう8分乱打ができるかどうかに掛かっている。
  • Lv8 創聖のアクエリオン
    • 曲を通じて単純な8分とロングノーツが大半を占める。通常ノーツでは8分間隔での(反)時計回り、小規模なトリル、連続のチェイン、2個同時押し地帯(平行・隣接)が流れてくるため、地力が問われる譜面でもある。
  • Lv9- 楽しい夜のお茶会 - Ringo's Tea Party''
    • 曲を通じて単純な8分単押しが続く。スラッシュノーツもやや多めで適正レベルでは体力譜面に感じるが、速さについていければ逆詐称クラス。ラストの通常ノーツ→スラッシュノーツのみ8分配置ではないため注意。
  • Lv9- 宝箱-TREASURE BOX-
    • 直進ストリームが多数登場し、得意不得意で体感難易度が変わる。右側、左側に一回ずつ縦と横で交差するのも最大の特徴。
  • Lv9- COLORFUL BOX
    • こちらは直進ストリームがつながったり、位置や方向の変化が多くやや強めである。また、ストリームを動かせれば接続は困難ではないが、ストリーム以外のノーツの判定が厳しく、スコアがかなり伸びにくいので注意されたし。
  • Lv9- Now Loading!!!!
    • 曲が速く、ノーツを取る範囲も割と広いので、高速や周辺視野が苦手だと表記レベルより難しく感じる。
  • Lv9 SAKURAスキップ
    • 斜めや横からたくさん来る交互連打によって個人差が出やすい。また、Aメロに入る前の「左から真ん中へ向かう直進ストリームと真ん中から右へ向かう直進ストリームの同時」と、サビに入る前の「左上や右のリップルが出ると同時に直進ストリームが出る」ということにも注意。
  • Lv9- がんばれゴエモン 〜 ビーストメドレー 〜
    • 要注意!! いくつもの配置の一つ一つが辛判定で、非常に癖がつきやすい。わずかに集中を切らすと判定が大きくずれてmiss判定を出しやすく、繰り返すと修正が効かない。ただ、スコアは伸びにくいもののmiss判定が出てもある程度の巻き返しは十分可能なので、あくまでも「クリアだけなら」Lv9-相当。
  • Lv9 Clattanoia
    • 要注意!!! 16分配置は全くないものの、速い8分配置が幾度も方向を変えて襲い掛かってきたり、リップルと直進ストリームが4分配置で飛んできたりと、スコアを落としたりコンボを切りやすい。方向の変わる8分配置はスラッシュで構成されていることもあり、ここでfineを量産しかねない。ただ、後々になればmissを減らしやすくある程度の誤魔化しは十分効くので、こちらも「クリアだけなら」Lv9相当だろう。
  • Lv9+ GO!GO!MANIAC
    • 要注意!!!! 曲自体がハネリズムなので、非常にスコアが伸びづらい。ノーマル交互押しからのリップル同時押しが強烈なコンボカッターとなる。ゲージは他の場所で稼げるのでクリアならLv9+が妥当だが、上記二つの要注意表記で解説されている譜面同様、高スコアや接続を狙うとLv10クラスとなる。
  • 接続難
    • Lv9- 華鳥風月
      • 遅めの曲だがロング絡みのコンボカッターが非常に多い。上か下のロングを抑えながらの回転押し、最大6本に増えるロングなどフルコンボを狙う上での難易度はかなり高い。
  • Lv9+ にゃんのパレードマーチ♪
    • 新しいストリームが多いがほとんどはそれほど難しくはない。ただあまり猶予がない3連続四角がフルコンボ最大の難所。
    • 通常ノーツもタタンタタンタンタンと叩く箇所が難しいためストリーム以外でも油断禁物。
  • Lv9+ たまゆら
    • 序盤のやや複雑な数個のロングノーツ拘束と、中盤の斜め方向の短ストリームとリップルの8分間隔処理が難しい。また、一番最後は「右上以外の斜め3方向と上」といった4方向のロングノーツを押さえながら、その途中で飛び出す右側の短ストリームを動かさなければならない。
  • Lv9+ Twinbee's Home Town Song
    • 中盤に通常ノーツとスラッシュ複合の16分地帯が難しく、ここだけ見るとLv9+を逸脱した難易度。そのあとの渦ストリームとノーツも切りやすい。
    • しかしそこを抜けると対称押しを中心とした簡単な処理が最後まで続くためクリアはLv9+妥当。
  • Lv9+ 在るが儘に
    • 序盤と終盤に非常に複雑なロング拘束地帯があり、初見ではミスを連発してしまいやすい。フルコンボを狙うならある程度の譜面暗記は必須。

BEAST/NIGHTMARE(Lv10-〜Lv神)

  • 最高難易度なので全譜面に説明を掲載するつもりで設けました。
  • Lv10-以上の譜面はほぼ全てが「接続難」に該当してしまうため、「接続難」の項は設けておりません。
  • 曲名の横に(NIGHTMARE)表記のあるものはNIGHTMARE譜面、ないものはBEAST譜面です。

Lv10-

  • 逆詐称
  • Lv10- Twinkle Wonderland
    • やや配置難、初見殺し要素はあるが総ノーツ337とLv10-最低ノーツを大幅に更新する低物量曲。回復地帯も十分にあり、Lv9〜9+相当
  • Lv10- はなまるぴっぴはよいこだけ(NIGHTMARE)
    • BEAST譜面にアニムトライヴ新要素を追加して若干物量を増やしたような譜面で、難易度はBEAST譜面からあまり変化していない。
    • イントロからAメロにかけては細かいストリームが多いが、Bメロ以降は単調な8分譜面となる。クリア難易度はLv10-というには弱く、Lv9+相当。
  • 適正、個人差
    • Lv10- 繚乱ヒットチャート
      • 16分は存在しないが、全体を通して2個同時の8分縦連が大量に登場する物量寄りの譜面。縦連や物量が苦手だと苦戦するか。
  • Lv10- 最高速 Fall in Love
    • 8分主体で線対称の2個同時押しが多数登場する譜面。
    • サビ前の8分縦連とストリームの複合がやや難しいが、サビの同時を捌けるなら十分回復可能。
    • Lv9+ GO!GO!MANIACと比べると、こちらの方が接続、高スコアが楽に感じられる可能性が高い。
  • Lv10- Phlox
    • サビの複合地帯がリズム難で、特に16分のスラッシュのタイミングが取りづらい。下位譜面で聴き込んだりしてタイミングを掴みたい。
    • それ以外はそこまでリズム難というほどではなく、サビを抜けた後は8分間隔だけなので十分回復可能。ただ中盤の8分乱打をこなせる地力があるかでクリアできるかが変わってくる。
  • Lv10- 轟け!恋のビーンボール!!
    • 序盤と終盤に一回ずつ、同時押し連打からの上から下6本ロング拘束が来る。
    • 随所に3連符刻みの配置が来て、ノーマル同時押しの位置が頻繁に変化する箇所もある。
    • 16分3連には一応注意。サビの真ん中では斜め下2方向ロングを押さえながら、右下から左下までストリームを動かさなければならない。
    • 突然来るロング順番3本の拘束にも注意。回復箇所は直進ストリームと見やすい同時押しまたは単押し地帯か。但し最後の偏った配置から両側に変化する同時押しがラス殺しになる可能性がある。
  • Lv10- 少年リップルズ
    • 16分は皆無だが、同時押しの8分がかなり多い。
    • 最初はスラッシュとリップルの同時押しや、ロングとリップルの同時押しがある程度押し寄せる。
    • 序盤の真ん中でいきなり横のノーマル2つとリップル2つの同時押しが来るため、そこで混乱すると後の配置で削られる可能性も。冷静に対処しよう。
    • 中盤の4分間隔で広範囲に来るストリームは、素早く的確に動かさないと全部動かないことが多い。その後のノーマルの2連打とリップルの同時押しは、構成を理解できないと間違いなくゲージを大幅に削られる。
    • 終盤は順番や同時押しのロング2〜4本で類を見ない形で拘束される。クリアが目的の場合、自信がないならロングは捨ててもいい箇所もある。
  • Lv10- SPACE VILLAGE
    • 中盤に跳ねリズムになるなど、曲調に合わせて譜面傾向がコロコロ変化する。
    • 後半にある同時ストリームと同時リップルの複合が非常に認識にしくく、ここで手が止まると大きく削られる。
    • ストリーム地帯以外は8分主体で密度は控えめ。ただ8分の基本パターンが回転でも左右交互でもなくやや特異なため個人差が出るか。
  • Lv10- 分けるな危険!モモモモモモーイズム
    • 16分配置は一つもないが、BPM200の高速から8分ラッシュが続く譜面。全体を通じてスラッシュノーツが多いため、苦手だとやや厳しい。ラストに8分ラッシュがあり、ややラス殺し気味。
  • Lv10- 患部で止まってすぐ溶ける 〜 狂気の優曇華院
    • 4分間隔の通常/スラッシュと2分間隔のリップルの複合がやや混乱しやすい。特に通常側が2個同時である場合、黄と青のどちらの色でリップルが重なっているかの判断が必要。
    • イントロと中盤のセリフ部分でロング拘束中のノート処理があり運指の工夫が必要。
    • ノート数はGrip & Break down !!とほぼ同じであり物量寄りの譜面であるが、こちらはストリームが少なく、同時の配置も複雑でないためクリア難易度は一段階下がる。
  • Lv10- 紅蓮の弓矢(NIGHTMARE)
    • 繰り返しの多い譜面であるが、同時押しが非常に多く同時の認識力を問われる譜面。
    • また、同時押しの合間にジャッジリングを横切る直線ストリームが多数配置されており、ストリームに気を取られて後の譜面を見失わないように注意が必要。
  • 上位
    • Lv10- ツーマンライブ(NIGHTMARE)
      • 16分は存在しないが、8分の同時押しと8分で連続する放射方向ストリームが多数出現しかなり忙しい譜面。
  • Lv10- Help me, ERINNNNNN!!(NIGHTMARE)
    • 「えーりん! えーりん!」の合いの手に合わせて右手で往復ストリームを捌きつつ、左手で他ノートを捌く譜面。左右で全く違う動きを求められるため、混合フレーズとはまた違った形で個人差が出るか。
    • ラストの時間差6本ロング→分散16分→4本同時ロング+ストリームは初見注意。
  • Lv10- Grip & Break down !!
    • 配置は単純だが物量は10-としては多い。物量が苦手ならLv10クラスに感じられる。
  • Lv10- 怒りと共に去りぬ!!
    • 同時押し中心の譜面だが似た傾向のLv10-適正以下と比較すると密度、認識面ともに高い。
    • 対角線上の連続4個押しや隣接3つ押し、縦方向の連続ストリームなど押しづらさもストリームの余裕のなさも難易度が高い。
    • 終盤は隣接3つ+@の4個押しが混ざり、最後は6本同時ストリーム→6本ロング→6個同時ノーツと厳しいラス殺しが待っている。初見は特にLv10と思って挑むべき。
  • 詐称
  • Lv10- ケンぱ!ケンぱ!拳拳ぱん打!
    • 開幕と終盤に2回の8個同時押しが存在する。しかも2回目は1拍しか準備する余裕がなく、Lv10+であるFLOWERより厳しい。初見だと1回目も危険。
    • 16分は皆無なものの全体的に忙しく、更に8分3連の縦連スラッシュがかなり多くまともに拾おうとすると零しやすい。
    • 単押し乱打や通常/リップルなどの同時押しで回復しなければならないことを考えるとLv10相当と思うべき。
  • Lv10- キミとワタシのオンガク
    • Lv10-としてはかなり強いリズム難&ロング拘束譜面。
    • 16分の入り方がかなり不規則であり、リップルも16分に絡んでいるためリズムの読み取りが難しい。
    • ロングの拘束も強く、1拍毎に遅れてくるロング3本を片手で取らないとその後のストリームを捌きにくい配置もある。また、ロングを押す手の死角に隠れて飛んでくる通常/スラッシュも多い。
    • サビに2回あるリップルの8分乱打でリップルが重なる所が各1箇所ある(連打ではなく8分で1個他のリップルを挟む)ので注意。
    • Lv10-としては詐称であり、10下位と見て問題無いレベル。
  • Lv10- さよならトリップ 〜夏陽 EDM edition〜(NIGHTMARE)
    • 16分は存在しないものの、通常ノート+同方向リップルの片手同時押しが8分間隔で大量に登場する。
    • 片手同時はロング+同方向リップルであったり、通常ノートの8分縦連の途中でリップルとの同時が挟まったりと認識しづらいパターンで次々と押し寄せる。
    • クリア難易度は低く見て10下位。リズム難の同時押しの耐性次第では10上位並みに苦労する。
  • Lv10- 打打打打打打打打打打
    • サビ以外は平坦な譜面だが、問題のサビがひたすら12分同時縦連となっており、クリアに関しては縦連の出来で全てが決まるといっても過言ではない。
    • 縦連が得意であれば10-といえるかもしれないが、苦手な場合10+並に苦戦するので 実質10上位〜最上位とみて問題ないだろう。
  • Lv10- チョコレートスマイル(NIGHTMARE)
    • 16分は存在しないが、4個同時の8分縦連をはじめとした同時押しが大量にあるため、800ノーツ近い物量がある。
    • 全体を通して2個以上の同時が多くを占めており、一度手が止まるとゲージへのダメージが大きくなる。
    • また同時スラッシュが非常に多く、スラッシュの処理が甘いとオシイ(Fine)を量産することになりスコアが伸びづらい。
    • クリア難易度は10-としては非常に高く、同時押しやスラッシュの処理で個人差は出るものの得意であれば10中位、苦手傾向の場合は最上位にまで感じられる危険性がある。

Lv10

  • 逆詐称
    • Lv10 トキメキストリーム
      • 中盤はLv10相当の難易度だがそれ以外は押しやすい配置が続く。特にトリル地帯をマスターすれば一気にクリアに近づく。トリルがあまり得意でない人でも回復はしやすい譜面のため総合的にはLv10-相当と考えてよい。得意傾向だと9+以下に感じられる場合も少なくないだろう。
  • Lv10 絶品☆みこみこミラクル昇天レシピ!
    • 中盤までは認識難のストリームや高速の16分配置や8分縦連など忙しいが、サビ以降急激に難易度が落ちラストまで難所が無いため大きく回復できる。Lv10-相当。
  • 入門
    • Lv10 GRADIUS 2012
      • 序盤から中盤にかけてコンボを切りやすい配置がいくつか出てくるものの、終盤は比較的わかりやすいパターンの配置が続く。
  • Lv10 CARNIVOROUS
    • 序盤は少し複雑だが同時や単体ストリーム等が易しめな入りが続く、ラストのロング回転にさえ気を付ければクリアは容易いだろう。
  • 適正、個人差
    • Lv10 Stay Gold(NIGHTMARE)
      • BEAST譜面とリズムパターンがほとんど同じで縦連が回転に変わる等、配置が変化している。
      • 同時押しの大半が左右対称か十字形の4個押しに変わっているため、BEAST譜面より認識しやすいか。
      • BEAST譜面のサビにあった通常ノート固定+リップル巡回の2個同時6連打は通常側がロングに変わって出張が必須となっており、この部分は難易度が上がっている。
      • クリア難易度はBEAST譜面とほぼ同じか若干下と思われる。
  • Lv10 量子の海のリントヴルム
    • 全体的にリズム難ではあるが、ノート数が500に満たず物量が控えめであるため、GreatやFineでリズムをごまかしてもクリアにはそれほど支障は出ない。
    • リズム難+低物量によりスコア難易度は高めではあるが、クリアするだけならばLv10下位クラス。
  • Lv10 隅田川夏恋歌(NIGHTMARE)
    • 16分は皆無だが、拘束、同時交互、ストリームとリップルを絡めた配置等、非常に動きづらい譜面になっている。
  • Lv10 雪女
    • 前半は単純な8分と短ストリームを組み合わせた譜面であるが、中盤から同時押しとロング拘束が加わり難易度が上昇する。
    • ハイテンションタイムが終わった後の同時混じりの8分回転とスラッシュ乱打を見切れるかがクリア成否を分ける。
  • Lv10 Vampire Killer
    • 音合わせの16分の回転押しや交互押しがメインだが、BPMが128と遅いため、密度としてはそれほど高いわけではない。
    • 譜面に繰り返しが多く、2個や4個同時の16分縦連なども多数ある。
    • BPMが遅いため譜面が見切りにくい構成となっており個人差が出る。
  • Lv10 太陽曰く燃えよカオス(NIGHTMARE)
    • BEAST譜面から同時とストリームを強化した譜面。
    • Aメロ・Bメロの密度がやや高いものの、サビで密度が落ちるためここからの回復は比較的容易。
  • Lv10 青春セッションPARADISE(NIGHTMARE)
    • BEAST譜面の613ノーツに対して543ノーツと減っているが、これはBEAST譜面の2個や3個同時縦連がストリームや単リップルに置き換わっていることによる。
    • BEAST譜面は通常+リップルの同時が多いのに対し、こちらは通常同士、リップル同士の同時がメインのため認識はしやすい。
    • クリア難易度はBEAST譜面よりやや下がるか。
  • Lv10 Sakura Reflection
    • 後半に屈折ストリーム2本が途中で交差する配置が頻出し、慣れないと認識しにくい。
    • ロング2本で拘束しながらストリームを捌く配置も多く、ロングを両手で押さえてしまわないように注意が必要。
    • 通常ノート+同方向のリップルの同時も多く、これの片手処理への慣れが必要。
  • Lv10 ロプノールの商隊
    • 前半はリズム難であるが後半は8分主体となるため、クリアの面ではリズム難はあまり影響せず、後半の同時混じりの8分をきちんと捌けるかにかかってくる。
    • ちなみに、16分は皆無。
  • Lv10 Daisuke
    • 間奏の16分配置の順番や、全体の広範囲の同時押しの認識が問われる。
    • 開幕の、同時押しが混じる8分乱打は複雑な構成となっており、最初のうちは全部的確に押せないことも珍しくない。
    • PVの振り付けを意識したストリームはリップルが被っていることもあるが、それは決して難しいものではない。但しノーマルとリップルの同時押しが多く、分かっていても外しやすいので十分注意。同時押しの8分は色が片側に偏っているので、全て交互になっており配置は分かりやすい。
  • Lv10 回レ!雪月花(NIGHTMARE)
    • BEAST譜面の難所であったサビの2個同時ラッシュは回転ストリームに変わり弱体化。ノート数もBEAST譜面の692に対して563と大幅に減っている。
    • ただしサビ以外はBEAST譜面の正当強化であり、特にAメロの単押しと2個同時の16分交互は長くなって配置も厳しくなっているため、ここで削られすぎるとサビ以降の回復が間に合わない可能性がある。
    • BEAST譜面とどちらが難しいかは個人差が出ると思われる。
  • Lv10 かくしん的☆めたまるふぉ〜ぜっ!(NIGHTMARE)
    • 歌詞に合わせた文字や図形のストリームが多数出現する。中でもイントロ・アウトロの二段UMRストリームは処理しづらい。
    • ストリームが非常に特徴的な譜面であるが、サビで同時が多数出現するなど、ストリーム以外の地力もそれなりに必要となる。
  • Lv10 GRADIUS II 〜 ビーストメドレー 〜
    • 中盤に12分連続回転+乱打と8分連続スラッシュがあり局所的に密度が高い。
    • 同時押しの多くが通常ノート+同方向のリップルとなっており、運指に注意が必要な場面が多い。
    • 物量への耐性と、通常+リップルの片手同時への慣れで個人差が出るか
    • 曲の通り、かなり精度難寄りのリズム難であり、AAA難易度は最難関候補に匹敵する。
  • 上位
    • Lv10 恋はどう?モロ◎波動OK☆方程式!!
      • メロディに合わせた通常・リップル混在の16分乱打が主体の譜面。16分は基本的に左右交互で捌けるが、縦連や回転が混じる箇所もある。
      • BPMが128と遅いため、16分とはいってもそれほど速い乱打ではないが、曲全体を通して休みが少なくひたすら乱打が続くため全体的に忙しい譜面である。
  • Lv10 Grip & Break down !!(NIGHTMARE)
    • BEAST譜面から同時とストリームを強化した譜面。
    • イントロの16分3連ラッシュはスラッシュ1個と通常2個に左右分割され認識、処理しにくくなっている。
    • サビは同時、ストリームとも強化されているが、ほぼ同じ譜面の反復であるため一度認識できれば問題無く処理できるだろう。
  • Lv10 地方創生☆チクワクティクス
    • 16分縦2連打をはじめとした16分リズムにロング、同時が多数絡む総合譜面。
    • リップル2個同時の8分乱打ではリップルの重複が多数ありやや認識難。
  • Lv10 梅雪夜
    • 16分縦3連打が高頻度に配置されており、縦連でボロボロこぼしているとゲージを貯めることができない。
    • 終盤には縦連の密度がさらに上がるため、縦連を正確に処理できないとここで削り殺されかねない。
    • ラストのロング2本拘束+スラッシュ乱打はきちんと捌けないとラス殺しとなり得る。
  • Lv10 蟲の棲む処
    • 16分回転ノーツが頻出し、細かいストリームも多い。稼ぎと難所がはっきりとわかれる局所難譜面。
  • Lv10 リリーゼと炎龍レーヴァテイン
    • 16分は皆無だが、終始BPM200の8分押しが続き非常に忙しい。8分縦連にスラッシュノーツが多く混じる上、中盤の高速ストリームなどコンボを切りやすい要素が多い。強化版激凸!?ウリティ☆ウリリズムといった譜面。
    • REFLEC BEATのHARD譜面のリズムにかなり近い部分も多いので、REFLEC BEATのプレイヤーはやや有利か。
  • Lv10 トラウマ催眠少女さとり!(NIGHTMARE)
    • 曲名を意識したと思われる渦巻き状のストリームから始まる譜面で、いきなり素早い処理を求められる。
    • 前後半の歌詞のリップル部分は小さい四角の形をした回転ストリームに置き換えられていて、初見では見切りにくい。
    • 小さな回転ストリームは全て同じ形であるため、一度覚えてしまえば問題無く処理できる。
    • 全体的にはBEAST譜面より忙しくなっているが、どちらが難しいかは、ストリームが見切れるかどうかで体感難度が変わる。
  • Lv10 朧
    • 16分回転が非常に多く、ロングの拘束も強い譜面。
    • BPMが149とやや遅い部類であるため、16分回転はそれほど強い殺しにはならないが、もっと速い他曲の16分回転に向けた運指練習には適している。
    • 複数のロングで拘束しつつストリームやリップルを捌かせる配置も多く、うっかり両手でロングを押さえてしまわないように注意したい。
  • 最上位
    • Lv10 Lost Wing at.0
      • 片手同時押しの対応力が問われる譜面。特に同時押しロングは両手で受けてしまうと、譜面の配置上、次が捌きにくくなる場合が多い。
      • また、序盤と終盤には時間差で4本ロングを受けながらストリームを処理する箇所が各2回ずつ、計4回存在し、終盤の場合はその後ほとんど回復が無いので、クリアだけを狙うならロングだけに集中してストリームを無視してもクリアは可能。
  • Lv10 魔法のたまご 〜心菜 ELECTRO POP edition〜(NIGHTMARE)
    • ノート数は500に満たないもののロングの拘束が非常に強く、運指を誤るとロング以外のノートを見送ることになる場面が多い。
    • またイントロの16分リズムがやや難解。
  • Lv10 シュガーソングとビターステップ(NIGHTMARE)
    • BEAST譜面と同様のメロディ合わせのリズム難に加え、同時押しを大幅に強化した譜面。
    • 通常+同方向リップルの片手同時と他の同時が入り交じる配置が多く、譜面の認識がしづらい。
  • Lv10 じゅーじゅー♥焼肉の火からフェニックス!?〜再誕の†炭火焼き〜
    • 様々な形のストリームが登場するが、変わった形のほうは余裕があるため取りやすく、逆に単純な形は連続処理で忙しく切りやすい。
    • 開幕とサビの16分2連での同時ノーツと同時リップルが取りづらく、時間差での最大6本ロングも合計3か所あるためこちらでもミスが出やすい。
    • 全体を通して同時押しが多く、特に片手交互の同時押しを見切れないとクリアは遠い。
    • 16分、同時交互、リップル同時など10-程度の難所が詰まった総合譜面、地力としては最上位が妥当だろう。
  • Lv10 めうめうぺったんたん!!(NIGHTMARE)
    • BEAST譜面から同時押しを大幅に強化した譜面。16分はほぼトリルに限られ、それ以外は8分の同時押しが多くを占める。
    • 特にサビではほぼ休み無く185BPMの8分同時押しが押し寄せ、一度手を止めるとゲージをごっそりと持って行かれてしまう。
  • 最難関レベル
  • Lv10 Dynasty
    • 16分は開幕と3回の交互しかなく、大半を8分と短ストリームが占める。
    • 全体を通して通常+リップルの片手同時処理が非常に多い。
    • 終盤の同時ストリームと同時リップルの複合等の視覚難譜面。
  • Lv10 黒髪乱れし修羅となりて〜凛 edition〜(NIGHTMARE)
    • BEAST譜面から300BPMの8分回転や8分縦連が多数追加され、同時押しも大幅に強化されている。
    • 特にサビの同時と8分の混合パターンが難解で削られやすい。
    • Bメロでは2本同時ロングを片手で取らないとその後を捌きにくくなるトラップもある。
  • Lv10 She is my wife
    • 全体を通じて回転配置をはじめとして16分配置が極めて多く、苦手だとゲージが伸ばせない。
    • ラストに見切りづらい上に大きく振られる同時押しの殺しもあるため、初見ではクリア難度は10+に引けを取らない強さを持った譜面。
    • 一度クリアした後も、ラストの事故率がとても高く安心できない譜面。
  • Lv10 アキネイション
    • BPM185の早さから終始16分配置が絡む物量譜面。全体的に配置が厳しいところはそれほどないが、高物量故に見切りと体力の両面が高水準で求められる。ラストは同時押しが混じることで見切りにくくなり、強烈なラス殺しとなっている。
    • 同作曲者のナイト・オブ・ナイツのBEASTとNIGHTMAREの中間程度の難易度であるといえる。
  • Lv10 忌憚騒命曲 〜 Demon tale sonata
    • 終盤以外は通常ノーツがほとんどなく、リップルとスラッシュだけの処理が当分続く箇所もあったりとこれまでにない配置が続く。序盤の三角ストリームなどは大きいうえ猶予もないためミスりやすく、回転リップルは逆回転するタイミングを見極めないと大量ミスに繋がる。
    • 終盤は通常ノーツをメインとした複合乱打で、同時や16分スラッシュも混ざってることもあり密度が高い。
  • Lv10 月風魔伝 〜 ビーストメドレー 〜
    • 不規則に配置された16分スラッシュ、まるで乱打のような半回転が密集した配置、精度の取りづらいリズム難地帯といったスコア難要素が中盤までに絶え間なく詰められている。ゲージはここまででなんとかなる場合があるが、問題は終盤の回転配置。スラッシュを8分単位で4つ処理した後に襲いかかる16分回転ノーツを6回繰り返した後に更に襲いかかる16分5回転ノーツはまさに鬼畜。 初見殺し要素がかなり強い上、運指によってゲージを左右する配置が多いため、回数をこなし自分にあった運指を見つけるのがクリアの鍵となるだろう。
  • Lv10規格外
  • Lv10 アルストロメリア
    • イントロ・アウトロの回転とサビの乱打を主体とした譜面。そこ以外は回復だが、終盤のサビはリップルを混ぜた16分乱打が延々続く上、そのままアウトロの連続回転地帯に繋がり回復も一切なく終わるためクリア難度はLv10+にも引けをとらないクラス。
    • それもあり、また他の最難関候補曲が BEAST HACKER ならびに BEAST CRISISでの解禁であり条件差があるとはいえクリアレートは2016/05/16時点で約49%とBEAST譜面のワーストであり10+のBEASTやNIGHTMARE譜面を差し置いてもワーストになっている。
  • Lv10 進捗どうですか?(NIGHTMARE)
    • BEAST譜面からリップルを中心に物量を増やした譜面。
    • ラストの6個同時押しの8分縦連をこぼしてしまうとそれだけでゲージが消し飛びクリアできなくなるため、ここでいかに指を正確な位置に置けるかがクリアの鍵となる。
  • Lv10 打打打打打打打打打打(NIGHTMARE)
    • BEAST譜面とはまた違った傾向の局所的な個人差譜面。
    • サビ後半の通常+リップルの2個同時12分乱打を捌けるかどうかだけでクリアできるかが決まるといっても過言ではない。

Lv10+

  • 入門
    • Lv10+ 轟け!恋のビーンボール!!(NIGHTMARE)
      • 同時押しが多い物量譜面。通常ノートとリップルとの同時押しや、初見殺しの「右上+右下」や「左上+左下」のリップル同時押しも多数配置されている。2個→4個→6個と増える同時押しも特徴的。
      • 特に目立つのは、サビ終わりの「いざゆけ飛び出せ『吠えろ』燃えろフレッフレッフレー」の最発狂と、打打打打打打打打打打(NIGHTMARE)を遅くしたようなラス殺し。クリアでは前者の発狂を抜けて55%、ラス殺し前に80%は欲しい。
      • 局所的な難易度はそれなりである一方で、連続6つ押しなど拾えると大きく回復できる地帯もあるせいか、個人差でクリア難度が10上位〜10+適正程度まで変わるといえる。
      • 平均的には10最上位〜最難関程度で、頭一つ抜けた逆詐称との呼び声も高い。苦手な場合は、事前研究が大きく影響する譜面。
  • 適正、個人差
    • Lv10+ トキメキストリーム(NIGHTMARE)
      • 回転交互乱打、8分回転4分リップル、執拗な5連半回転、1,2,2,2,1の上下同時16分、ストリーム回転、出張を要求されるリップル同時等、応酬が休みなく続く総合譜面。
      • 認識面は他のLv10+と比べると控えめでクリア難度は楽なほう。ただスコア狙いとなると回転押しなどで伸ばしにくい。
  • Lv10+ 恋歌疾風!かるたクイーンいろは
    • とりにくい文字ストリーム、執拗な16分縦連と認識難の同時乱打が押し寄せる譜面。
    • 縦連の強烈さ、海神を凌ぐ横認識の通常同時ノーツを軸にしたハマりやすい譜面等、また違った強さでゲージを削り取る10+妥当といえる譜面。
    • リップルが絡む交互、ラストなどの回転押しが認識難を強調させるが、他の強烈な10+の面々の中では16分5連縦連がある位でそこまで難しくもない。
  • Lv10+ CHERNOBOG
    • このレベル帯としては認識難と感じる箇所は少な目だが、高BPM高密度が脅威となる譜面。ノーツとストリームが休みなく襲い掛かり、少しでも崩すと連続ミスに繋がる。特に上下への連続ストリームはまともに処理するのは非常に困難。
    • 認識難箇所は少な目といえど、通常ノーツとリップルの連続同時押しや中盤の複合は見切りづらく処理自体も早い。
    • NIGHTMAER譜面と比べると単押しの割合が多かったり凶悪なストリームは抑えられてるが、それでもLv10譜面をほとんどクリアできる地力がなければ食らい付くことすら困難である。
  • 上位
    • Lv10+ Sky High
      • 通常ノーツの16分乱打がメインだがいかんせん物量がかなり高く、曲が進むにつれて同時、スラッシュ、縦連が加わり食らい付くことすら困難になっていく。更に時間差ロングもあるうえ片手で時間差5本ロングを抑えなければならない箇所が数か所あったりとビーストならではの高いテクニックも必要。
      • 中盤の戦闘地帯は空白があるぶん楽になるのでしっかりと回復したいところだが、取りづらいストリームや縦連スラッシュもあるため容易に回復させてくれない。
  • Lv10+ ラクガキスト(NIGHTMARE)
    • 2サビの途中から始まる16分乱打は配置の規則性が薄く、交互連打も含んでおり、配置自体の難易度が高い。それどころかBPM199であるため、似た傾向を持つアルストロメリア(BPM144)と比べても圧倒的に高速であり、正確に認識していかなければ一瞬でゲージを大きく削られてしまう。
    • サビの後はすぐに曲が終わるため、2サビの高速乱打を捌けるかどうかだけでクリア可否が決まる。他の曲には見られない要素であるため、非常に個人差の出やすい曲。
  • Lv10+最難関
    • Lv10+ 梅雪夜(NIGHTMARE)
      • 片手拘束、スラッシュ、周回ストリーム、中央リップルの同時押し、縦連、同時押し軸回転等、他の10+とは一線を画した難易度(個人差の大きいラクガキストと覆るケースもあるが)を誇る譜面でクリアレートは9/8現在で50%台と10+のNIGHTMARE譜面の中では最も低い。
      • 特に後半は難易度が高く、最低限ハイテンションタイムまでにゲージをボーターライン近くまで保つくらいの地力がないとクリアが厳しくなる。
      • BEAST譜面での縦連部分は同時押しに強化され、歌詞の終わり部分のロング拘束は横軸から縦軸に変わりさらに押しにくくなっているうえ、ラストは周回ストリームを2周させながらスラッシュを捌き続けるというラス殺しが待っている。これは前半にも出現するため前半が練習部分になるが、これが出来なければクリアは不可能ということでもある。

Lv神

  • Lv神 CHERNOBOG(NIGHTMARE)
    • 全国でプレーできる譜面で史上初の1000ノーツ超えとLv神を冠した譜面。紛うことなきBeatStream最難関譜面で、これまでの譜面を圧倒する1000ノーツどころか1100ノーツ以上もある超物量と前代未聞の配置が待ち構える。クリアレート20%台、決勝の前に1プレイだけやっていたにもかかわらず、5thKACファイナリストでさえゲージが底をついたと書いただけでその難易度の高さが伺える。
    • 増え始めているLv10+譜面と比較しても二回りほど難しいくらいに別格の難易度を誇る。
    • 16分配置はそれほど多いわけではないが、8分や12分間隔の同時押しが大半を占めるためとんでもない量のノーツが最後まで襲い掛かる。多くはないと書いたがその16分配置でも同時トリルが当然のようにやってくる。認識面でも難しいはずだが、それ以上に物量が問題になると思われる。
    • ストリームも3つ並んだ円ストリーム、4本ロングを押しながら周囲を描く円ストリーム、8分6連の計12本の上下ストリーム、回転リップルの最中に二重丸ストリームなど未知なるストリーム絡みが数多く存在する。当然ながら忙しいノーツ処理の最中にもストリームが容赦なく挿入される。
    • これらの難所を超物量譜面ゆえの激重ゲージで耐えなければならないため、体力と精度もかなりの高水準が求められる。
    • 比較的マシな8分同時地帯でさえLv10+の難所クラスはあるため並大抵の実力では回復どころかゲージが底をついてしまう。ここを回復できることがクリアの最低条件となる。
    • 余談だが、ここまでの譜面でありながらロケテストでプレーできた恋する☆宇宙戦争っ!!(NIGHTMARE)のほうが難しかったという声もある。
    • 11/30現在、収録から8ヶ月たった今でもPERFECT達成者はわずか3人である。

Last-modified: 2016-11-30 (水) 09:00:27
Site admin: iMp95
mail : imp@callusnext.com (←@を半角に)