DANCERUSH STARDOM

ステップ解説

プレー中に特定のステップを想定した譜面が登場する。ここでは特に、左右に影絵のガイドが付いてくることがあるステップについての説明を記述する。
各種動画サイト等でステップの解説が投稿されているので、実機プレー以外でもそれらも繰り返し観ながら習得することを推奨する。
余談だが、このシルエットのモーションを担当しているのはDANCE EVOLUTION ARCADEで「罪と罰」や「TA・DA YO・SHI」などの振り付けを担当していたYossyである。(本人のTweetより)

練習が不十分で無理に動けば怪我に繋がりかねない。いずれのステップに関しても、習得には地道な練習を必要とする場合があるので、根気よく練習を続けて欲しい。


  • ランニングマン(レッスン実装済み)
    • 現状、最も登場頻度の高いステップ。ロケテの時点からもレッスンとして1枠設けられていた。
      レッスンでも説明している通り、その場で走っているように見えるステップである。
      手順としては以下のようになる。
      • 1. 片足を踏み込む。
      • 2. 踏み込んだ足を後方へスライドさせる。このとき、もう片方の足を浮かせて片足立ちになる。
      • 3. 浮かせている足を前に踏み込むのと同時に、接地している足をさらに後方へスライドさせる。
      • 4. 以下、2と3を繰り返し。
  • 動きが安定しない場合、片足立ちになる時に重心を上げ、脚を前後に開く時に重心が下がることを意識させるとよい。
    習得中は足を入れ替えることに意識が行ってしまうことが多いが、安定性や見た目の面でもそれぞれの段階でしっかりと動きを止めることを意識したほうがよい。
  • ちなみに、Dance EvolutionのHYSTERIA 2001の振り付けでも終盤でランニングマンが登場している。
    この振り付けでのランニングマンで注目してほしい点は、腕を大振りで上下に動かしている点。
    前述の重心の上下とこの腕の動きは一致しているので、重心移動のイメージができない場合はこの動きをまるごとマネすることから始めてもいいだろう。
    AC・CS問わず、プレー環境がある場合は是非ともお試しを。   
  • 譜面としては大きく2種類、以下のパターンがある。
    • A:片足立ちになる時のスライドにだけ直角判定ががあるもの
    • B:上記に加えて、もう片方の足を踏み出した時のスライドにも直角判定があるもの
      (ランニングマンレッスンの譜面はこちらなので、確実に習得したいのであれば是非ともフルコンするまで練習してほしい。)
  • ランニングマンについては応用となる譜面も存在している。
    • C:ランニングマンの基本形としては変わらないが、少しずつ後方に移動しながら繰り返すパターン
      (余談だがAUS styleというシャッフルダンスのスタイルでは、DANCE RUSHの譜面で表現が難しいほどにこの移動量が大きいものになっている)
    • D:片足立ちになった後、前方へ踏み込む足を二連続でタップするパターン
      (片足立ちの時に接地していた足は二回目のときにスライドすることになるが、現状では二回目のスライドに判定があるものがない)
  • 譜面にする都合上、横向きでのランニングマンしか必須にならないが、PERFECT HUMAN【ふつう】では正面を向いてのランニングマンを想定しているものもある。
    この箇所の譜面は、左右どちらにも傾いていないスライド判定となっており、踏みっぱなしでもコンボは繋がるが、余裕があればPVのようにやってみるのもいいだろう。

  • Tステップ(レッスン実装済み)
    • ランニングマンの次に登場頻度が高いステップ。横に動きながら同じ足でストンプを繰り返すような動きをしている。
      手順としては以下のようになる。
      • 1. 左右どちらかに向かって進行方向側の足で通常の踏み込みを行う。
      • 2. 進行方向側でない足は軸足となり、こちらはカニ歩きでの移動となり、基本的に床から離さない。 
      • 3. 1、2を繰り返し
  • 軸足はつま先側を固定したスライドと、かかと側を固定したスライドを交互に行うので、よろけないように注意したい。
    コツとしては、進行方向側の足を下ろすときは重心を下ろし、軸足を動かすときは重心を上げるという動きをイメージするとよい。 
  • 譜面としては大きく2種類、以下のパターンがある。
    • A:進行方向側のステップのみ判定があるもの
      (同じ足の単発ノーツが斜めに連続している)
    • B:上記に加えて、軸足側がスライドとして判定が連続しているもの。  
  • Tステップについても応用として、進行方向側の足を途中で進行方向とは逆に踏み込むといった配置が存在している。
  • 上記とは別に、軸足をひねる方向を同じにし続ければその場で回転しながらTステップをすることができる。
    Raveology【ふつう】の中盤にある回転配置でこの動きを行ってみるのもいいだろう。

  • スポンジボブ(レッスン未実装)
    • 一部の【ふつう】譜面から存在が目立つようになってくるステップ。外側に開くように跳ねては真ん中に戻ってくるという動きを左右交互に繰り返すような動き。
  • 手順としては以下のようになる。
    • 1. 左右どちらかに向かって小さくジャンプする。
    • 2. ジャンプした方向の足のみで立つ。反対側の足は外側に開く。
    • 3. 床に着いている足をスライド、または小さくジャンプで内側に寄せる。片足立ちのまま、反対側の足を下ろす。
    • 4. 左右逆の動きで1〜3を行い、以降その動きを左右交互に繰り返す
  • 上にあるランニングマン、Tステップと比較して大きく違う点は、片方の足を2回連続で動かすという点。
    しかも習得中なら2回目の内側へ寄せる動きが体重移動をうまくできないとピクリとも動かないというようなこともある。
    そのため、バランス感覚が前述の2つよりもさらに重要なものとなってくる。
    自信がないという人は、まず椅子に座って足の動かし方をイメージすることから始めてもいいだろう。
  • 譜面は右足側であれば、左足側であればの形で、この二つが交互に連続している。
    片足立ちにならなくとも、左右それぞれで接地・スライドを高速で繰り返していればコンボが繋がってしまうが・・・できればガイド通りの動きを身につけて動いてほしいところ。

  • シャッフルストンプ(レッスン未実装)
    • スポンジボブ同様、一部の【ふつう】譜面から見かけるようになるステップ。真横を向いて同じ場所にステップする足と、それを軸に前後へステップする足を交互に動かす。
      DDRで例えるなら↑・←・↓・←・↑・←・↓・←…のような配置を跳ねながら交互で踏み続けるような動きをイメージしてもらえばよい。
  • 手順としては以下のようになる。
    • 1. 片方の足を前に出して片足立ちになる。
    • 2. もともと立っていた場所に軸とする足を床に着けると同時に、前方の足を上げる。
    • 3. 離した足を後方に着けると同時に、軸としていた足を上げる。
    • 4. 2と同様、軸とする足を床に着けると同時に、後方の足を上げる。
    • 5. 以降、軸とする足を変えずに1〜4を繰り返す。
  • 両方の足が床に着く瞬間がないよう、跳ねるようにステップを続ける。
    床に着いていない足はできるだけ持ち上げる。
    上げる足は基本的に膝を曲げる形になるが、3のステップを踏み込んだときはまっすぐ前方に放り出すようにするとよい。
  • 譜面では部分的にロングとされる場合もあるが主に単発ノーツで出てくることもあり、このステップを知らない場合DDRでいうビジステップもしくはアフロ踏みのような処理をするプレイヤーも多い。
  • 譜面によっては前に踏み込むステップにDOWNが複合している場合もある。ステップに意識が向いてDOWNが疎かにならないよう注意しよう。
  • 他のステップと比較すると習得は容易なほうかもしれないが、いざ行ってみると体力消費は激しいのでその点に関しては注意。

ステップ早見表

上記で紹介したステップがどの譜面に登場するかについて、下記に表としてまとめている。

表の見方

  • 各行の上側が【かんたん】、下側が【ふつう】を表している。
  • 各種ステップの略称は以下の通り。
    • RM:ランニングマン
    • TS:Tステップ
    • SB:スポンジボブ
    • SS:シャッフルストンプ
  • ステップ解説にて譜面のパターンごとに、A,B,C……と場合分けしている。
  • ここで例えば「8分の速さのAパターンランニングマン」が登場する場合、「RM」の列に「8A」と記載することにする。
    • 同様に「4分の速さのBパターンTステップ」が登場する場合、「TS」の列に「4B」と記載する。
      • スポンジボブとシャッフルストンプは現状譜面パターンが一つだけなので、とりあえず「4A」や「8A」等と記載する。
  • 該当のステップが登場しない場合は「-」と記載する。

早見表

まだまだ抜けがあるため、要追記。

曲名アーティスト名BPMLvRMTSSBSS備考
曲名アーティスト名BPMLvRMTSSBSS備考
BOOMBAYAH-Japanese version-BLACKPINK1253----
6
Break Free ft.ZeddAriana Grande1303
6
Butterflykors k feat.Starbitz13568B4B--
108C4B8A8A
Crackin (Martin Garrix Edit)Bassjackers1285--4A-
8
DANCE RUSH 遊び方 1オリジナル1281----
------
Dat Disco SwindleFirebeatz & Schella12644A-8A-
88B4B8A-
DAWN OF FALCONL.E.D.-G1556
9
Don't Stop!!BEMANI Sound Team "Sota F."12954B---
108A4B8A-
DOWNER & UPPERBEMANI Sound Team "DJ TOTTO"1405----
9
Gimme a Big Beatkors k13844C4A--
98C4B--
GraveyardKURA1284
7
HoohahFox Stevenson & Curbi1265
7
Keep On RisingFedde Le Grand vs Ian Carey1284
7
LADYちゃんみな981----
6
Little DropDropgun13844A-4A-
78C4B8A
MEGA SHAKE IT !キュウソネコカミ1904
8
NewAigeBEMANI Sound Team "HuΣeR"12854B4A4A-
78B8B8A-
OppressBEMANI Sound Team "SYUNN"12844A-4A-
88D
PERFECT HUMANRADIO FISH1283----
74B4A--
Raise Your HandsUmmet Ozcan1284
9
RaveologyDVBBS & VINAI12844B4A4A-
88B4A8A-
REALLY REALLY-Japanese version-WINNER1032
4
RevolutionBRADIO1533
7
Robot Loves Smoked-SalmonBEMANI Sound Team "The Foie-Gras of The Sea"1203--4A-
5
Sakura SunriseRyu☆1813----
6----
SKY's the limitぼくのりりっくのぼうよみ1202
4
Small Stepsかめりあ10624B---
88B4B--
SpacecatsUmmet Ozcan12868B4A4A-
98D4B8A-
Summer VenusKEYTALK1523
6
Tステップレッスンオリジナル3-4B--
------
What Do You Mean?Justin Bieber1252----
44B---
WickedHommarju1285----
98A4A8A-
Without You夜の本気ダンス1502
5
オンリーワンダーフレデリック1684----
74A4A--
君と野獣バンドハラスメント1961----
5
サイレントマジョリティー欅坂461231----
4----
シュガーソングとビターステップUNISON SQUARE GARDEN1323
7----
制服のマネキン乃木坂461302
3
ダウン&スライドレッスンオリジナル1283----
------
ハッピーシンセサイザEasyPop1274----
6----
ランニングマンレッスンオリジナル10624A---
------

Last-modified: 2018-04-21 (土) 00:51:46
Site admin: iMp95
mail : imp@callusnext.com (←@を半角に)