DANCERUSH STARDOM

イベント概要

フェスを模したイベント期間中にゲームをプレーすることで「タイムテーブル」を進めていき、様々なアーティストの「ステージ」を楽しむイベント。

手順1 タイムテーブルを進める

  • 各アーティストのステージ中になると「NOW PLAYING」フォルダが登場し、該当アーティストの新曲をアンロック不要で先行プレー可能。
  • プレー終了時にタイムテーブルが出現し、タイムテーブル上のゲージが進行していく。
    タイムテーブルのゲージ(6目盛分)を貯めることで、次のアーティストのタイムテーブルへと移行する。
    • CHANGE OVER(未解放のステージ)到着、またはRISING DAYの完了でない限り(同時期に配信を開始する2曲に関してなど)は、1曲目のステージ終了時に余った目盛を、次の曲のステージに持ち越すことができる。
    • 「タイムテーブル」という名称だがプレーする時間帯は無関係で、単純に選択したプレーモードの規定の値だけ、1プレーごとにタイムテーブルが進む仕様。
  • タイムテーブルは、プレー内容(スコアやクリア、イベントフォルダ内楽曲のプレーの有無、等)にかかわらず以下の通り進行する。
プレーモード1プレーあたりの
目盛の進行度
初回開催時再開催時
LIGHTモード1.0目盛(6play)1.5目盛(4play)
STANDARDモード1.2目盛(5play)1.8目盛(4play)
PREMIUMモード2.0目盛(3play)3.0目盛(2play)
  • 解禁対象楽曲は毎週の「CHANGE OVER」および各アクトの区切りごと2曲ずつ開放される。
    • 現状開放されているすべてのタイムテーブルを制覇すると、「次のステージはセッティング中みたいだ…」とアナウンスが表示され、イベントの進行がストップする。

手順2 楽曲の解禁

  • タイムテーブルが移行した後の新曲は「TRACK LIST」フォルダに移動し、アンロックが可能となる。
    • ディスカウントミッションは「次ステージの新曲のクリア・アンロック」の2つで統一されているため、2曲目のディスカウントミッションは次ステージが開催されるまで達成することができない。
      • ただし後述の追加ステージ楽曲は、他ステージとはディスカウントミッションが異なる。
        初代のみRISING DAY最終ステージも異なるディスカウントミッションとなっている。

手順3 追加ステージの出現

  • 事前登場分のSUNSET DAYを完了させると、「SPARK FESTIVALは最高潮の盛り上がりで幕を閉じた。しかし、会場の熱気はおさまらない・・・」という文言とともに演出が入り、追加ステージが出現する。
  • 初代SPARK FESTIVALでの解禁方法は後述
  • SPARK FESTIVAL2019以降はSUNSET DAYの最終ステージまで終了させると追加ステージが出現。
    同時にこの瞬間に限り、BAD3回まで【ふつう】譜面を体験できるONE MORE EXTRA STAGEに強制的に移行する。
    • ONE MORE EXTRA STAGEをクリアした場合は楽曲が即座にアンロックされ、次クレジットでプレー可能となる。 失敗した場合は、改めてタイムテーブルを進めることになる。他ステージとは違い、「NOW PLAYING」フォルダに出現せず、タイムテーブルを完了しない限り再度のプレイは不可能。さらに完了後もアンロックに他ステージより割高な★(スター)が必要となってしまう。
    • ONE MORE EXTRA STAGEの詳細はこちら
    • 複数人プレーよりONE MORE EXTRA STAGEへ挑戦するとき、該当プレーヤーのタイムテーブルが追加ステージ分まで到達していない場合、完走に成功しても楽曲はアンロックされない
  • ONE MORE EXTRA STAGEクリアまたは追加分のタイムテーブルを終了させると、エンドカードが表示されてイベント終了となる。

その他 備考

  • イベント開始後初プレー時にはRISING DAY最初のアーティストの紹介カットが流れる。
    以降各アーティストのステージが終了し、タイムテーブルが次のステージに移行する際に、次のアーティストの紹介カットが流れる。
  • イベント期間中は、新曲は「NOW PLAYING」フォルダまたは「TRACK LIST」フォルダにしか出現しない。
    SPARK FESTIVALを終了させても、イベント期間中は新曲が他のフォルダに移行することはない。
    • 公式HPでは「EDM」「BEMANI」カテゴリーであることが確認できる。
      • ただし、「Garuda」は「EDM」カテゴリーには属していない。
  • イベント期間中は楽曲プレー時やプレー終了時の背景が変化する。
    • 最初は日中の背景だが、タイムテーブルを進めていくうちに夕方〜夜の背景になっていく。
      次のアクト「SUNSET DAY」に移行するとまた日中の背景に戻り、タイムテーブルを進めていくうちに夕方〜夜の背景になっていく。

SPARK FESTIVAL終了後の措置

  • 「TRACK LIST」フォルダに移動済みの楽曲はイベント終了後もプレーできる。未アンロック曲も、イベント期間中と同条件で★消費によりアンロック可能
  • 「NOW PLAYING」フォルダや以降の未登場曲は、現在プレーできる方法はない(解禁済みのプレーヤーと「2人でプレー」の場合を除く)。
  • 終了したイベントは、後日復刻開催される。
    • 初回開催時とは以下の点が異なる。
      1プレー当たりのイベント進行度が1.5倍
      CHANGE OVERによる進行の中断が無い。
    • 復刻中はSPARK FESTIVAL楽曲が「NOW PLAYING」または「TRACK LIST」フォルダに再度移動するため、「BEMANI」や「EDM」フォルダから選曲できなくなることに注意。
  • 復刻開催終了後、さらに後日イベント楽曲は順次通常アンロックに移行。その際にアンロック条件と消費★が変更(高額化)す。

SPARK FESTIVAL

2019/09/02より全曲通常アンロックに移行

  • 開催期間
    • 2018/07/13〜2018/08/31
    • 2019/02/15〜2019/04/05(再開催)
  • 各タイムテーブル、ステージ(新曲)の推移表は以下の通り。
    • タイムテーブルに記載されるアーティストは事前に告知された。
    • HyperJuiceステージを終了させると、アンコールステージとしてkors kステージが出現する。他ステージ同様にタイムテーブルを進めての解禁となる。
      最初のkors kステージは解禁楽曲のジャケットだったが、最終ステージでのアーティスト紹介カットはkors k本人の写真となっている。
配信日新曲アーティスト
RISING DAY
2018/07/13†渚の小悪魔ラヴリィ〜レイディオ† (STARDOM Remix)kors k
SummeryKO3
CHANGE OVER
2018/07/20Deep VibesCarpainter
HighBALLMK
CHANGE OVER
2018/07/27MajesticDirty Androids
Dual Bladezおもしろ三国志
SUNSET DAY
2018/08/03DO YOU WANNA PARTY!!(DJ KEN-BOW MIX)HiBiKi
JalebiKAN TAKAHIKO
CHANGE OVER
2018/08/10Mandrakenagomu tamaki
Raw CrawlerMasayoshi Iimori
CHANGE OVER
2018/08/17Bad Boy BirdwatchHyperJuice
Garudakors k
  • (不具合)次ステージの配信前に直前のステージを終了させた場合、次のステージが配信してからプレーをしても、次のステージのアーティストの紹介カットが一切流れない。
    • 最速でイベントを進めた場合、CarpainterとDirty Androidsの紹介カットを見ることができない。
    • 「SUNSET DAY」第3ステージ配信前に第2ステージを終了させた場合でも、プレー開始時に第3ステージのアーティスト紹介カットが流れたため、上記不具合は解消したものと思われる。

SPARK FESTIVAL2019

2020/07/29より全曲通常アンロックに移行

  • 開催期間
    • 2019/08/07〜2019/09/23
      • 2019/09/25〜2019/10/06(不具合に対する補填の為の延長)
    • 2020/02/03〜2020/03/01(再開催)
  • 各タイムテーブル、ステージ(新曲)の推移表は以下の通り。
    • タイムテーブルに記載されるアーティストは、当日に発表する方式となっている。
  • SUNSET DAYのDubscribeステージまで終了させると「kors k vs BEMANI Sound Team"L.E.D."」ステージが出現。同時にONE MORE EXTRA STAGEに強制的に移行する。
    失敗した場合は、アンロックに★100〜200が必要となってしまう。
配信日新曲アーティスト
RISING DAY
2019/08/07MemoriesCHEAP CREAM
Flying soda猫叉master feat.林ももこ
CHANGE OVER
2019/08/14Fire SpiritMK
Night & DayTANUKI
SUNSET DAY
2019/08/21Wowie Zowie!Hommarju
TwinkleAiobahn
CHANGE OVER
2019/08/28RAVELINE ATTACKhara(HyperJuice)*2
SwitchDubscribe
ONE MORE EXTRA STAGE
2019/08/28Set Me Freekors k vs BEMANI Sound Team "L.E.D"

SPARK FESTIVAL2020

  • 開催期間
    • 2020/08/06〜2020/09/22
  • 各タイムテーブル、ステージ(新曲)の推移表は以下の通り。
    • 収録楽曲は配信日前日または前々日に告知された。
  • SUNSET DAYのKen Plus Ichiroステージまで終了させると「DÉ DÉ MOUSE」ステージが出現。同時にONE MORE EXTRA STAGEに強制的に移行する。
    失敗した場合は、アンロックに★80〜160が必要となってしまう。
配信日新曲アーティスト
RISING DAY
2020/08/06Like Thisandroid52
Dive in BlueBlackY
CHANGE OVER
2020/08/12ShamshirBlacklolita
Act Now!MK
SUNSET DAY
2020/08/19Don't SpeakPRIDASK
Touch MeC-Show
CHANGE OVER
2020/08/26MeltdownG Blazen
UCHUKen Plus Ichiro
ONE MORE EXTRA STAGE
2020/08/26Crazy For YouDÉ DÉ MOUSE
  • 今回は各アクト最終ステージのゲージ増加量が通常の8目盛り分相当、更にDÉ DÉ MOUSEステージが通常の10目盛り分相当へと重くなっている。 G Blazenステージ完了時も、余った目盛りは同様に目減りして反映される。
    プレーモード各アクト最終ステージでの
    1プレーあたりの目盛の進行度
    DÉ DÉ MOUSEステージでの
    1プレーあたりの目盛の進行度
    初回開催時
    LIGHTモード0.75目盛(8play)0.6目盛(10play)
    STANDARDモード0.9目盛(7play)0.72目盛(9play)
    PREMIUMモード1.5目盛(4play)1.2目盛(5play)

*1 2018/07/21に開催したDANCERUSH STARDOM公式シャッフルダンス講習会 inラウンドワン池袋店【中級編】においてkors kがSPARK FESTIVALの楽曲についての解説を行った
*2 ステージ名が「HyperJuice」となる

Last-modified: 2020-09-22 (火) 18:07:04
Site admin: iMp95
mail : imp@callusnext.com (←@を半角に)