DanceDanceRevolution(2014)

【注】理由もなく大量のコメントアウトを行う荒らしが発生しています。
理由のないコメントアウトは荒らしとみなされます。
コメントアウトの前に必ず理由を付して下さい

レベル詐称逆詐称について(旧曲)

  • レベル表記が実際の体感難易度より明らかに低い「詐称」、その逆の「逆詐称」について記述
    • 個人差」についても取り上げています。
    • 特に顕著なものは太字で表記しています。

全般

  • 詐称
    • Tohoku EVOLVEDのBAS(Lv9)譜面(X3)
      • SP・DPともBASICにも関わらず最初の急加速同時・中盤のBPM680地帯・最後のランダム同時を踏ませられる。このギミック以外の箇所もLv9を明らかに逸脱した配置であり、最低でもLv10は欲しく、ギミックを考慮するとLv11とも捉えられる。
  • 個人差
    • CHAOSの譜面全般(SuperNOVA)
    • Plutoの譜面全般(SuperNOVA2)
      • いずれも譜面停止が多く存在することから、譜面が動いた瞬間に反応が遅れてMiss判定を頻発することがあるため、ある程度の慣れを必要とする。
      • 特にPlutoはBPM変化も多く、慣れていなければついていけない可能性が高い。
    • Pluto The FirstのCHA(Lv18)譜面(X2)
      • SP・DP共に先述のCHAOSPlutoと同じく譜面停止やソフランがあることから個人差が大きいが、なんとこの譜面はその中にショックアローが絡んでいる上、それを避けるタイミングもかなりシビア。このショックアローのせいで更に個人差が大きくなっており、中にはLv18で唯一未クリアという人もいるほど。
    • SP Lv15最上位譜面
      • 明らかな詐称曲を除けば、†渚の小悪魔ラヴリィ〜レイディオ†[SP-EXP]、紅焔、Cosmic Hurricane、Beautiful Dream、Condor、Straight Oath(以上[SP-CHA])がSPLv15最上位勢か。ノート数600前後でBPM180以上の乱打を踏ませる譜面、局所的にLv16中〜強の乱打が混じる譜面などが多い。
      • 「連続停止・認識難・捻り配置が無い、ノート数600前後までの譜面」がLv15に放り込まれている印象を受けるが、Lv16下位譜面の方が簡単と感じる人も多い。Lv15最上位譜面のLv16昇格・Lv16下位譜面のLv15降格のいずれかが必要となるかもしれない。
    • Elemental CreationのEXP(Lv17)・CHA(Lv18)譜面(2013)
      • SP・DP共に「驚異的なノート数を誇るが、譜面の配置自体は易しい」譜面となっているため、体力さえあれば同難易度の他の譜面に比べて難易度が大幅に落ちる。逆に体力がなければ相当厳しい譜面。
    • Royzの曲のSP-CHA譜面(2013)
      • Royzのドラム担当の智也氏が譜面を作成しており、どの曲も同時押しがメインとなっている。Lv15〜16程度の難易度の高い同時押し地帯と、Lv10〜11程度の低難度地帯が混在する両極端な局所難譜面となっていて、接続難易度はどの曲も極めて高い。

SP

BEGINNER

 BEGINNER譜面の難易度数値は全体的に誇張されており、ほとんどの曲はBASIC以上の基準より逆詐称となっている。BEGINNER譜面ができても、同レベル表記のBASIC以上の譜面に挑戦するのは危険である。

  • 詐称
    • Lv4 New Decade(X2) - 物量はレベル相応だが、高BPMなうえほとんど休みない配置が続くためLv4にしては強め。Lv5相当。
    • Lv6 MAX 300(Super-Max-Me Mix)(SuperNOVA) - 2回目のBPM320地帯に入るまでは至ってレベル相応の譜面だが急に譜面の密度が高くなる。縦連(BPM320の4分=BPM160の8分)が増え最大5連踏まされるため挑戦レベルでは追いつかないこともありラス殺しにもなり得る。レベル7相当。
    • Lv7 POSSESSION(X2) - 1回目の低速地帯で付点4分、フリーズを踏んでる最中の停止、そこからしばらくして高速地帯で4分で↑↓↑などを踏ませてくる。BPMなどを考慮すれば明らかにLv8中位〜上位クラス。
  • 個人差
    • 超高速ボス曲全般
      譜面の密度や配置は難易度相応のものが多いが高速なためバランスを崩しやすい。特に危険なのは↓、↑や↑、↓の順や←(または→)、↑に続くステップでバランスを崩した場合最悪転倒もありうる。BPM150〜200前後の曲にHS×2.0をかけているようなものであって譜面の流れの把握と体重移動がある程度できていない初心者には危険。よって、ある程度プレイして高速曲に慣れてから挑んだほうが良い。
      • プレミアムプレー時ならHS×0.75〜0.5を掛けるのも手だが、曲によっては低速地帯が非常にタイミングを取り辛くなる点に注意。
    • Lv4 SILVER☆DREAM(X3) - DDRではwill[SP-BEG]以来となる、矢印が←と→しか出現しない極めて珍しい譜面。密度はLv6〜7相当だが、足の動きがないのでプレイ感覚はまるで別のゲームのよう。
    • Lv5 Dance Dance Revolution(EXTREME) - BEGINNER譜面では縦連打と同時押しがかなり多い譜面、両者が苦手だと苦戦する。ちなみにEXTREMEでは旧難易度のLv3と現行難易度でも妥当〜強のラインにいるが、SuperNOVAでBPM表記が追加されたため当時のBEGINNER譜面はBPM依存であったせいで旧難易度がLv1と超詐称であった。
    • Lv5 Pluto Relinquish
    • Lv6 Pluto(いずれもSuperNOVA2)
      • 元々の特徴的なBPM変化に加えBEGINNER譜面に関してはどちらも少ノーツなうえリズム難。歯抜け配置も多く、BASIC以上の譜面に慣れている人だとスコアが出しづらいか。
  • Lv9 osaka EVOLVED -毎度、おおきに!- (X3) - 8分配置こそないものの、速度変化が厳しい。バージョンによって曲のパーツを入れ替えている構成のため、バージョンごとの曲の把握が難しい。曲を把握さえ出来れば、レベル7程度か。

BASIC

  • 詐称
    • Lv5 LOVE IS THE POWER -Re:born-(X3) - 要注意! 家庭用2ndMIXのEXTRA TRACKでプレイできた譜面を移植したもの。ひたすら4分配置に同時や8分2連3連が絡む配置で、Lv5で要求されるレベルを逸脱している。BPMが遅めなことを考慮してもLv6最上位〜Lv7下位相当はあるか。
    • Lv6 AFRONOVA PRIMEVAL(5th) - 273ノーツの体力譜面。BPM200でありながら90度踏みも出てくる。特にX2以降、BPM180以上のBASIC譜面において90度踏みなどの同時踏みが多数出てくる譜面でLv7がつけられていることが多くこの譜面もその基準に合わせるとLv7はあると思ったほうがいい。
    • Lv6 恋閃繚乱(X3) - それなりに詰め込まれた譜面でFAや8分も結構多め。リズムは取りやすいが要体力か。Lv7中位。この曲に限らず、つぎドカ曲BSC譜面はやや癖があるため初見注意。
    • Lv6 Condor(2013) - 序盤と終盤に8分5連、フリーズを踏みながらの8分3連が3回あり、その部分だけでもLv6にしては難しい。Lv7弱〜中程度か。
    • Lv7 DEAD END(3rd) - 表拍と裏拍の入れ替えが頻繁なうえに8分で↓+←→といった配置も出てくる。終盤は縦連も見られLv7相当ではない。Lv8中位ぐらい。
    • Lv7 Healing Vision〜Angelic mix〜(MAX) - 交互に踏みづらい4分やそれに加えてBPM196の高速ビジステップも出てくる。挑戦レベルでビジステップを捌くのはかなり難しく、Lv8相当。
    • Lv7 Magnetic(2013) - このレベルにしては珍しく部分的ではあるが16分矢印が登場する。8分3連などもサビで多く見受けられ、ギミックも考慮するとLv7ではレベル相応では少々厳しい。Lv8はあってもよく、スコア難易度ならばさらに上がると思われる。
    • Lv8 PARANOiA KCET ~clean mix~(2nd) - 1歩目からいきなり90度踏みが来たり全体的に同時が多め。そのほかにも縦連や8分が連続で来たり下手なLv8の踊譜面よりも厳しいものとなっており、Lv9相当。
    • Lv8 PARANOiA Rebirth(3rd) - PARANOiA KCET ~clean mix~[SP-BASIC]と同じように同時が多め。中盤の裏拍や縦連もあるが中でも終盤の8分縦連→8分7連→DYNAMITE RAVE[SP-BASIC]の序盤の4分同時ラッシュと適正レベルのプレーヤーを殺しにかかっている。BPMが190と早いこともあってある程度体力が必要になりLv9と見ておくべき。
    • Lv8 The legend of MAX(EXTREME) - BPM333で序盤の4分5連「↑、↑↓、←、↓、←」が危険。その他にも音合わせの付点4分や4分が2連、3連と決まっていないためバランスを崩しやすい。高速耐性の有無で変わってくるもののMAX 300[SP-BASIC]と同等で足9ぐらい。
    • Lv9 PARANOiA Revolution(X3) - BPM360の4分の縦連を踏ませる配置が多く、低速地帯が裏拍になっていて踏みづらい。ビジステップやフリーズアロー中の捻りもあり、ノート数も342と相まってLv10強〜Lv11相当。
    • Lv9 tokyoEVOLVED (TYPE1)(X3) - 共通部分は停止やリズム難を含みながらもまだLv9相当だが、分岐後にBPM280で交互難の4分15連が3回、後に捻りを含んだ4分49連がありこの部分はLv9を超えた配置である。総合的にはLv10相当か。
    • Lv10 Anti-Matter(X2) - 最後のBPM200地帯まではLv9上位相当の素直な譜面だが、ラストにLv11〜12相当の4分25連が襲う。X3でLv10に昇格したが、いまだに詐称の声が多い。
    • Lv11 PARANOiA 〜HADES〜(SuperNOVA2) - 4分のみだが、前半は同時踏みの絡みがしつこくLv11の範疇を超えている。後半も交互に踏みにくく、全体的にLv12クラス。
  • 逆詐称
    • Lv2 BABY BABY GIMME YOUR LOVE(4th) - 現存する[SP-BAS]で最も簡単な譜面。EXTREMEから採用されたBEGINNER譜面と密度がほとんど変わらず、BEGINNERにはこの譜面にはないジャンプをさせる箇所まである。密度的にLv2とは言いがたくBEGINNERと同じLv1が妥当な難易度であろう。BEGINNERが新設されたために扱いに困る譜面になったと言えるかもしれない。
    • Lv7 ずっとみつめていて (Ryu☆Remix)(2013) - 8分もなければ、90度踏みもない、いたって平坦な譜面。Lv6帯にこれより難しい曲がたくさんある(La Senorita、TEARS[共にSP-BASIC]など)ことから、Lv5最上位〜Lv6底辺あたり。
    • Lv11 Arrabbiata(SuperNOVA2)  - BBP255と高速であるが4分しか登場しない。スライドで十分拾えるのならLv9上位でも通じるぐらいのものだが完全に交互踏みをしようとすると回転などが必要になるうえ休みが少なくそこそこノート数があることから総合的に見るとレベル10が妥当だろう。
  • 個人差
    • Lv5 Freeze(X2) - 中盤から終盤にかけてのフリーズアローを含む4分連打が難しい。フリーズアローの処理が苦手であればLv6程度に感じられるかもしれない。
    • Lv6 BRILLIANT 2U(2nd) - 8分は数回来る程度だが、最後の音合わせの8分縦連が意外に曲者。Lv6でもかなり上位に入るだろう。
    • Lv8 LEADING CYBER(4th) - 終盤まではLv8には及ばない非常に平易な配置が続くが、終盤は延々と4分の回転配置が続くため交互に踏みづらい。極め付けは8分ビジステ折り返し17連という、Lv8ではあまりにも規格外なLv11相当の配置が最後に待ち構えている。平均を取ってLv8としたのだろうが、Lv8挑戦クラスではラストの滝はまず踏むことができない。
    • Lv10 GAIA(2013) - 曲が長めなためにノート数が多めになっている。かといってBPMが180と高すぎるわけでもなく、ノート数が突出して多いわけでもないため逆詐称気味に見えるがただし終盤の付点8分の箇所が同時押しとなっておりミスはまりを起こすと一気にゲージを削られ閉店の危険もあるためギリギリ許容範囲と言えるか。

DIFFICULT

  • 詐称
    • Lv6 BRILLIANT 2U(2nd) - 8分3連や90度の同時踏み4分3連などが多く絡み、最後には曲に合わせた裏拍から入る8分3連6連もある。Lv6の楽より明らかに1ランク上なので、Lv7が妥当。体力次第では7でも辛いかも知れない。
    • Lv7 BRE∀K DOWN!(MAX2) - 危険!! 8分は中盤の音合わせに少し出てくる程度だが高BPMで休みなく踏ませてくることからLv7挑戦レベルの体力で踏み切るの難しい。BPMや譜面傾向が似ているTRUE LOVE[SP-DIF]がLv8であることを考慮するとLv9下位ぐらいと見ておくべき。
    • Lv8 AFRONOVA PRIMEVAL(5th) - 危険!! 322ノーツの体力譜面。8分は最大3連までしか出ないもののビジステップが多数出現するうえに同時踏みも多め。原曲(AFRONOVA[SP-DIF])がLv9でこちらが原曲と比べて78もノーツ数が多いことから難易度が矛盾している。Lv9上位〜Lv10はある。
    • Lv8 大見解(EXTREME) - BPM143地帯では同時押しから8分を踏ませる配置があり、BPM172地帯の終盤では連続で4分同時押しを踏ませる配置がある。Lv8にしては同時押しの難易度が高く、L9相当。
    • Lv8 チカラ(SuperNOVA) - 終盤手前までほとんど休みがない上に終始音合わせの8分を踏ませてくる。なかでも中盤の同時ラッシュ(28連)が脅威。DYNAMITE RAVE ("AIR" Special)も半数以上同時踏みがあるがこちらのほうがBPMが35速い上に同時だけでなく8分3連も連続で来るためLv9相当。
    • Lv9 MIDNIGHT SPECIAL(SuperNOVA) - 全体的に踏みづらいうえにサビの裏拍同時地帯はBPMが少し早くなっておりそれによってタイミングがずれてミスを連発すると立て直す術がない。また、裏拍の多さは激譜面以上でサビ前には激譜面と異なり捻らせる配置も存在する。曲が短めなこともあって236ノーツとそれ程多くないがLv10相当。
    • Lv9 KEEP ON MOVIN' (Y&Co. DJ BOSS remix)(X3) - 8分密度が比較的高く、Lv10〜11クラスの踏み方を要求される箇所もある。BPMは遅いのでLv10相当か。
    • Lv9 Monkey Business(2013) - DDR2013最初のEXTRA専用曲ということもあり、コンボを切らせるためのギミックがDIFFICULTにしては多彩。また曲が2分弱と長いこともあり、ノート数が348と非常に多い。ノートの配置自体はLv8〜9下位相応だが、前述のギミック及びノート数を考慮すれば、Lv10が妥当。
    • Lv11 TRIP MACHINE PhoeniX(SuperNOVA2) - 要注意!! Unreal[SP-DIF]のような8分の同時押し主体譜面。ラストの8分滝も非常に踏みにくい配置となっている。Lv12だとしても人によっては詐称気味の譜面。
    • Lv12 MAX 300(MAX) - 局所的とは言えどバラけた上に長さのある高速8分連打はLv12としてはあり得ない。Lv13クラス。
    • Lv12 Unreal(SuperNova2) - 同時押し混じりの8分があまりにも多い。Lv13クラスの難易度であり、その上で同時の得意不得意によってスコアに差が出る。
    • Lv12 SUPER SAMURAI(X) - BPM170の16分3連打が8分滝の中に組み込まれていたり、同時踏みを含んだ8分3連打などがいやらしい。Lv13程度か。
  • 逆詐称
    • Lv7 CURUS(SuperNOVA) - 序盤は易しい。中盤の同時2分4連と終盤の大量の長いフリーズアローが挑戦レベルだとやや難しいが、ノート数自体は極端に少なく、個人差は大きいものの総合的にはLv6程度であろう。ただし筐体のメンテナンスが悪く、フリーズアローが切れやすい場合は注意。
    • Lv8 怒れる大きな白い馬(SuperNOVA) - BPMが110に落ちるまでは裏拍がメインであるが裏拍ならLv7のTracers(4Beat Remix)[SP-DIF]とほぼ同等であるのと8分も最大3連までしか出ないうえに縦連か←↓←といった2方向のものしか出てこない。終盤に8分3連が連続で来たり縦連で個人差が出るもののLv7中位〜上位ぐらいで収まるだろう。
    • Lv8 ACROSS WORLD(2013) - 8分は2連までで歯抜けになっていて踏みにくいと感じるかもしれないが譜面傾向が似ているMAX LOVE[SP-DIF]やBRE∀K DOWN![SP-DIF]と異なりかなりスカスカなのでLv7中位〜上位相当。
    • Lv9 サナ・モレッテ・ネ・エンテ(5th) - BPMが90と遅いのと8分がメイン(=BPM180の4分)であり同時踏みが存在しない。ラストの音合わせを考慮してもHSを活用すればLv6程度まで落ちるし等速であってもレベル8下位ぐらいだろう。但し、等速でやる場合十分に譜面認識力がないとGREAT以下を量産することになる点には留意しておきたい。
    • Lv9 Get Back Up!(X3) - Let's Get Away[SP-EXP]と譜面傾向は似ているが、こちらの方が密度はより小さい。Lv8中位相当。
    • Lv10 Seule(X3) - 付点8分が多く、最大4連までの8分があるものの正面を向いたまま交互に踏みやすい形であり、BPMの遅さも相まってLv10に相応しい難しさはない。Lv9下位相当。
    • Lv11 ZETA〜素数の世界と超越者〜(X2) - 最も密度が高い部分でも8分5連や7連程度であり、配置も見やすい。Lv10下位〜中位。
    • Lv11 Straight Oath(2013) - BPMこそ速いものの、8分滝は長さ・量ともにLv11にしては少ない。BPMが近い321STARS [SP-EXP]より1ランク下、Your Angel [SP-EXP]と同程度でLv10中〜上位が妥当。
    • Lv13 The legend of MAX(EXTREME) - 最後の同時踏みが怖いが、それ以外は基本的な4分と多少のひねりを加えた譜面。停止、減速位置も嫌らしくはなく、高速曲が極端に苦手でなければLv12程度だろう。
    • Lv15 Valkyrie dimension(X2) - 難所は連続停止、16分3連×4とラストの地団駄のみで、特に発狂もなくLv15の中では体力の消耗が少ない。単曲ではLv14程度に感じられ、解禁後のゲージ制では簡単にクリアできると思われる。ライフ制のコースやEXTRA STAGEでは変則暗記(コースでは体力も)が必要。
  • 個人差
    • 超高速ボス曲全般
      MAXX UNLIMITEDやMAX 300 (Super-Max-Me Mix)等、局所的に凶悪な連続ジャンプや8分発狂があり、接続難度が詐欺傾向にある。クリア難度で見てもBPM変化が激しいので個人差が出やすい。
    • Lv11 UNBELIEVABLE (Sparky remix)(X3) - 密度的には妥当だが、譜面はアフロ踏みが所々に混じり、やや独特。慣れていないとここでコンボを切りやすい。
    • Lv12 PARANOiA-Respect-(SuperNOVA) - 不意を突く停止や局地的な8分ラッシュなど中盤までは難しいが、最後の停止以降は譜面密度が減り、これといった難所はない。総合するとLv12で妥当だが繋ぎ難易度は高い。
    • Lv12 KIMONO♥PRINCESS(X2) - 視覚難のFA絡みの8分や逆足入りの回転配置など部分的に難所が目立つ。中でも二回登場するアフロ踏みは、二回真横を向かされる上に滝自体が長めなので、アフロ踏みができないとゲージが大幅に削られることになる。全体としてはLv12上位だがアフロ踏みに慣れてないうちはLv13と感じるか。
    • Lv12 Chinese Snowy Dance(2013) - BPM175の高速16分3連が多く出現する。また中盤と終盤の『タタッタタタッタ』のリズムの16分がLv12にしては難しい。配置は素直なので、速さについていけるかで個人差が現れるか。
    • Lv14 Anti-Matter(X2) - 中盤にあるFA絡みの難所やラストの8分3連・5連混じりの連打以外は特に目立って難しい箇所はなく、人によってはLv13程度に感じられる。
    • Lv14 New Decade(X2) - 捻り、縦連、低速、リズム難を含む総合譜面。これといった発狂地帯はないが、Lv14の中では全体的に難しめ。
    • Lv14 Tohoku EVOLVED(X3) - ノート数は多いものの、単純なスキップと単踏み4分が中心で、体力的にはLv13相当。ただし、BPM340の8分が点在するほか、道中にはBPM680の地団駄地帯もあるため、高速耐性がないと苦労するかも。
    • Lv14 Elemental Creation(2013) - BPM424の4分相当の配置が曲の殆どを占め、ノーツ数が614と多く同曲の他譜面同様相当な体力譜面となっている。配置が素直なため体力の有無や配分の出来によって体感難易度が大幅に変わる。
    • Lv15 PARANOiA 〜HADES〜(SuperNOVA2) - ノート数の4分の1が同時踏みとなっている(総ノート数457に対し同時踏みが114もある)。[SP-EXP]よりも難しい人もいるだろう。

EXPERT

Lv8〜12

  • 詐称
    • Lv8 BAD GIRLS(2nd) - 危険!! 同時絡みの8分が多く、きつい。単の矢印にはさまれて登場し、スライドを2回強要される箇所も多々あり、BPMが遅さとノート数の少なさを考慮してもLv8は詐称、Lv10相当か。旧難度でもLv5(今の6上位〜7)という詐称表記だった。
    • Lv8 ♥Love²シュガ→♥(EXTREME) - 序盤に裏拍の同時ラッシュが出てくるがボーカル合わせとは言えリズムが取りづらい。それ以降も裏拍が多めで他はレベル相応の配置であるが挑戦レベルでは序盤で何もできない場合も。Lv9相当。旧表記ではLv7と新表記では実質格下げされている。
    • Lv8 in love wit you(X2) - 要注意!フリーズが多く・FREEZE値が168と非常に高く、フリーズ周りの配置・リズムもかなり難解。フリーズに慣れているかで個人差が出るが、さすがにLv8にしては難しく、Lv10相当。
    • Lv9 STARS☆☆☆ (Re-tuned by HΛL) - DDR EDITION -(SuperNOVA2) - SPではEXPERTよりDIFFICULTの方が難易度が高いという稀有な楽曲だが、この[SP-EXP]もLv10の[SP-DIF]とは違った方向に難しさがあり、基本8分の滝だがトリッキーな部分も多く存在する。Lv10が妥当。
    • Lv9 蒼い衝動〜for EXTREME〜(EXTREME) - 16分が多様され、タイミングもやや取りづらい。Lv9にしては強く、Lv10程か。
    • Lv9 LOVE♥SHINE(EXTREME) - BPMが速く、同時も多いため、Lv9にしてはかなり体力を要する。Lv10相当。
    • Lv9 sync (EXTREME version)(EXTREME) - 8分は3連までしかないが、その全てがビジステップあるいはそれを90度回転させたもの。ノート数も300を超えており、Lv10相当。
    • Lv9 Trickster(X) - 最後のソフランや、譜面全体を通してもBPMが速く、裏拍も多くリズムが難しい。Lv10中程度はあるか。
    • Lv9 Crazy Control(X2) - BPMが遅く、16分や3連譜などもあり、リズムが非常に取り辛い。Lv10程度。
    • Lv10 MAKE IT BETTER (So-REAL Mix)(2nd) - 縦連打と同時押しが多くBPMがやや遅めなので等速だと見切りにくい。原曲を強化したような譜面であるにも関わらず何故か原曲より2つもレベルが低い。原曲がLv12の逆詐欺であることを考えるとこれもLv11相当はあると思われる。
    • Lv10 CURUS(SuperNOVA) - 終盤の捻り混じりの8分滝はBPMも速いことも考慮するとLv10としてはかなり厳しい。中盤は休憩だが、全体的にはLv11強か。
    • Lv10 月光蝶(SuperNOVA) - 速度から見ても、裏打ちからの入りも多くクリアには厄介な譜面。最低Lv11は欲しい。
    • Lv10 MIDNIGHT SPECIAL(SuperNOVA) - BPMが早い上に、裏拍も多数登場する。また最後は体力を非常に要し、最後の同時4連打は他に例がない。Lv11は確実にある。
    • Lv10 ポリリズム(X) - 同時混じりの8分、アフロ踏みなどLv10にしては難しい配置が多い。そして最後の滝は8分68連であり、長さだけでもLv10の範疇ではない上に、ビジステ折り返しから交互難回転配置を踏ませられるというかなりの難配置。BPMの遅さを考慮したとしてもLv10は明らかな詐称で、Lv11上位相当。
    • Lv10 Your Angel(X2) - BPMが175と高めで、ノート数は353とLv10にしては多い。譜面に関しても長めの8分滝が散見され、終盤には捻る形の8分配置が待ち受けている。Lv11が妥当。
    • Lv10 LOVE IS THE POWER -Re:born-(X3) - 序盤から16分6連+16分裏の配置があり、中盤にはフリーズを踏みながら、8分で↑↓↓を踏ませる配置もある。終盤にはアフロ踏みを要求される8分滝もあり、BPMが遅いことを考慮してもレベル11中〜上位相当。
    • Lv11 三毛猫ロック(EXTREME) - BPMが早く、リズムも非常に難解。他のLv11に比べてクリア・スコアともに難度が高く、クリアはLv12強相当、スコアはそれ以上。
    • Lv11 怒れる大きな白い馬(SuperNOVA) - ソフランを始め、交互に踏めない配置も多く、最後にはフリーズ固定の16分ズレの矢印が続く。特にスコア難度が高く、Lv12相当。
    • Lv11 La Bamba(SuperNOVA) - 中盤に3回ある3歩目、6歩目が90度踏みの8分6連はとても難しく、挑戦レベルだとここだけでFAILEDしかねない。他にも全体的に同時が絡んだ8分が多い。Lv12クラスか。
    • Lv11 FIRE(SuperNOVA2) - BPMが早く、ノート数から考えても体力が必要。終盤になると8分に同時が混ざったり極めつけは12分13連。Lv12相当。
    • Lv11 L'amour et la liberté(Darwin & DJ Silver remix)(SuperNOVA2) - 停止に変則、ソフランもあり、クリアだけ見ても踏みづらい配置が多い。Lv12中位相当。
    • Lv11 Music In The Rhythm(SuperNOVA2) - 変則・停止など他のLv11に見られないトリッキーな譜面。Lv12相当。
    • Lv11 零 - ZERO -(X) - 配置的にも難しくソフランも存在。またBPMも早く、フリーズ部分に考えさせられる部分もある。Lv11にしては難しくLv12が妥当かと思われる。
    • Lv11 I/O(X3) - このレベルにしてはノート数がやや多く、付点8分を含んだリズムが取りづらい。全体を通して16分も頻発する。Lv12相当。
    • Lv12 TRIP MACHINE CLIMAX(4th) - 180というこのレベル帯では速いBPMで、序盤に縦7連、中盤以降は同時混じりの8分滝を踏まされる。Lv13の同時押し譜面であるstoic (EXTREME version)[SP-EXP]よりもBPMが25も高いことを考慮すると、同時押しの配置が局所的とは言えこの曲もLv13が相当と思われる。
    • Lv12 Find The Way(2013) -  序盤の同時踏みの8分ラッシュがかなり強烈で、Lv12挑戦レベルのプレイヤーだとここだけで閉店の危険がある。以降は回復地帯はそれなりにあるものの、16分5連地団駄が何度か入る。Lv13中〜強程度と見た方がよい。
    • Lv12 からふるぱすてる(2013) - 全体通しての高BPMに加え、中盤以降からの捻り付きスイッチ、逆足地帯など、Lv12上位〜13クラスの配置が多い全体難。完全交互踏みできるとはいえ、やはり忙しさで難易度が上がる。そして終盤の逆足入り捻り12分はLv16のVANESSA[SP-EXP]を彷彿とさせる配置であり、この局所難を考慮すればLv13中〜強が妥当。当然接続難度はそれ以上。
  • 逆詐称
    • Lv10 Malacca(X) - リズムが比較的分かりやすく、Lv10にしては複雑な配置もあまりない。Lv8〜9相当。
    • Lv11 LOGICAL DASH(SuperNOVA) - 中盤の交互難の8分滝や、所々現れる16分2連を考慮してLv11としたのだろうが、全体的に平易な配置が多く、何よりノート数が224と極めて少ない。局所難傾向にあるLv10譜面と捉えるべきだろう。
    • Lv11 BALLAD FOR YOU 〜想いの雨〜(SuperNOVA) - 12分で密集された譜面だがBPMは65。HSを掛ければLv8相当まで難易度が落ちるし、等速プレイヤーでもせいぜいLv10相当だろう。
    • Lv11 Shades of Grey(SuperNOVA2) - 同方向の4分、同時踏みが中心。終盤に8分9連で〆が↑(FA)→同時からの4分の処理がやや難しいものの、Lv9強〜Lv10程度か。
    • Lv11 Something Special(X3) -  BPMも遅く、16分も最大3連までしか出てこない。交互に踏めない箇所や、捻り・逆足入りを要求されることもなく、譜面も見やすい。Aメロ・Bメロ・サビでそれぞれ譜面のリズムのパターンが似ているため、催眠状態にならないよう、時々現れる16分2連や3連にさえ気をつければレベル10下位相当。
    • Lv11 Starry HEAVEN(2013) - 物量も少なく変速地帯も無く交互に踏めない地帯も少ないため、Lv10としても簡単な方だと思われ、Lv9上位でも違和感は無い。
    • Lv11 折れないハート(2013) - BPMは190と速めだが、ビジステも無ければ16分も無く、Lv11相当の難所が一つも無い。Lv9上位〜Lv10弱。
    • Lv11 Burst The Gravity(2013) - 所々、8分同時があるものの全体的に素直であり、最大の難所がサビのビジステ折り返しに留まるため、Lv10が妥当。
    • Lv12 MAKE IT BETTER(1st) - 初代の曲であり、低速曲だが16分が存在しない。同時が若干ややこしいが等速でも十分見切れるレベルであり、同時が得意ならLv10、苦手でもLv11程度だろう。
    • Lv12 ACROSS WORLD(2013) - 4分の部分箇所も多く、8分の譜面も裏拍があるものの難解な箇所は無く、また11にしたとしても今現在のLv11と比べても簡単な部類に位置する。
    • Lv12 ちくわパフェだよ☆CKP(2013) - 序盤と終盤の歌詞に合わせた、BPM205の4分同時押し地帯はLv12相当でやや難しめ。ただしこの箇所以外は一部リズムが取りづらい箇所もあるものの、配置だけを見ればLv9〜10程度の平易な8分が大半を占める。同時押し地帯の難しさを考慮したとしても、総合的にはLv11が妥当であろう
  • 個人差
    • Lv10 チカラ(SuperNOVA) - 譜面は素直だが、ノート数が多く8分滝も比較的長いため、体力譜面の傾向が強い。体力に自信がないとLv11に感じるだろう。
    • Lv10 You(2013) - BPMは遅いものの、FAを起点とした複雑な捻りがあったり、16分の裏打ちから始まるリズムがあったりと、閉店するほどではないにせよかなりのスコア難。クリアだけならLv10妥当だが、ハイスコアやフルコンボを狙うとなると下手なLv12より難しい。
    • Lv11 Holic(4th) - 譜面は交互に踏める至ってシンプルなものであるが、曲のリズムが分かりにくく変拍子もあって低いHSでリズムを取りながら踏むタイプの人には辛い。高めのHSをかけて目押しするのが吉か。
    • Lv11 Under the Sky(SuperNOVA) - 終盤以外の密度が極端に低く(Lv7程度)、終盤にのみLv12相当の長い8分滝が存在する局所難譜面。体力的には楽だが、挑戦レベルだと終盤の滝だけで落ちかねない。
    • Lv11 女々しくて(X3) - サビのスキップ地帯がやや難しく、中でも「女々しくて」の歌詞部分は全て地団駄となっており、Lv12相応の厳しい配置。ただし前述の難所以外はLv8程度しかないため、総合すればLv11に落ち着く。とは言えLv11挑戦クラスでは難しめの譜面か。
    • Lv11 Qipchãq(2013) - 8分での同時連続地帯がキモだろう。AIR譜面が苦手だと、何度か来るここで厳しい思いをする。同時地帯の間にはスキップ地帯もある。Lv11にしては体力配分を考えさせられる譜面か。
    • Lv12 CAN'T STOP FALLIN' IN LOVE〜SPEED MIX〜(5th) - 単純で踏みやすいが、非常に長い8分滝が延々と続く。いくつか登場する縦連にも注意が必要で、体力に自信がなければLv12の中では突出しているかもしれない。また、STREAMが96とこのレベル帯ではかなり高め。
    • Lv12 Ska Ska No.3(SuperNOVA) - ラストの8分の同時→単や8分の同時ラッシュが脅威。DROP OUT[SP-EXP]の序盤の同時ラッシュよりも若干速い。ここまでゲージを稼げていないと閉店は免れないだろう。同時耐性で個人差が出るものの挑戦レベルで踏み抜けるのは困難。
    • Lv12 SUNKiSS♥DROP(SuperNOVA2) - 終始8分ビジステップが続く上、BPMの速さに加えてNOTE数も多いため体力も必要。正面を向いたままスライドを繰り返すのは相当きついため、横を向いて踏むのが苦手ならRIGHTやLEFTを使用した方が簡単になる。
    • Lv12 Rescue Me(X3) - 前述の通りMEMORIESの音合わせになっているため、曲と譜面のリズムが合致しない。譜面そのものはLv12相応だが、曲にノッて踏むタイプの人には非常にやりにくいだろう。
    • Lv12 SigSig(X3) - 素直な譜面だが、BPMが早めな上に8分のシメに同時踏みがやってくるパターンが何度もあり、その他にも全体的に体力を要する。体力に自信があればやや逆詐欺気味か。
    • Lv12 Wings of an Angel (Fly With Me)(X3) - 序盤と終盤はLv11相当の譜面だが、中盤の16分3連+縦連が鬼門。人によってはLv13に感じるかもしれない。
    • Lv12 Bombay Bomb(2013) - ノート数は多いが配置は非常に素直で捻りは皆無。最初から最後まで譜面密度がほぼ一定という珍しい譜面で、難所も終盤の16分3連ぐらいしかない。人によってはLv11か。
    • Lv12 ジョジョ〜その血の運命〜(2013) - 8分の同時押し2連・16分3連・8分の縦2連といったLv13相当の配置が多い。しかしサビの8分滝はLv11相当であり、かつノート数が307と抑えめであるため、総合してLv12上位、人によってはLv13下位。

Lv13〜Lv17

  • 詐称
    • Lv15 roppongi EVOLVED ver.D(X2) - ver.A〜Cに比べ、停止・ソフランが極端に難解。リズムを憶えてしまえば密度自体はver.A〜Cと同程度だが、それでもLv15強はある。全体的にはLv16相当。
    • Lv15 Spanish Snowy Dance(2013) - BPM180で8分同時・8分縦連からの16分・NGO[SP-EXP]と同等の速さの12分捻り滝といった難しい配置が続く。中でも中盤の12分のスイッチ地帯はLv16でも見られないかなりの難所でコンボを切りやすいため、EXTRAの突破は厳しいものとなっている。ノート数が596という体力譜面であることも考慮に入れると、総合的にはLv16下位〜中位の譜面。
    • Lv16 Triple Journey -TAG EDITION-(2013) - 序盤はLv15程度の局所的に発狂がくる8分中心の譜面だが、サビ部分から厳しい16分絡みが増え、終盤の21連、ラストの33連は明らかにLv16の範疇を逸脱している。全体的に見切りやすい配置ではあるものの、Lv16挑戦レベルでは後半足が追いつかなくなることは必至。Lv17中位と思って挑んだ方が良い。
  • 逆詐称
    • Lv13 Mind Parasite(SuperNOVA) - 前半〜中盤は易しい。終盤に16分2連地帯があるが、ほとんどが音合わせかつ交互踏み可で配置も素直なので、見た目ほど難しくはない。同じくLv13のCaptivAte〜誓い〜[SP-EXP]よりBPMも遅く、明らかに1ランク下なのでLv12が妥当。
    • Lv14 Poseidon(kors k mix)(X2) - 16分3連や同時混じりの8分が散見されるが、全体を通して密度の低いリズム合わせの平易な配置が多い。散った配置の16分を踏めるかどうかがポイントだが、それでもLv13が妥当。
    • Lv14 Shiny World(X2) - テンポが非常に遅く、密度がそれに対して高いため、等速プレイヤーにとっては厳しいが、ハイスピードをかけているプレイヤーには楽に感じる。譜面自体は逆詐欺。
    • Lv14 Empathetic(2013) - 16分3連や5連は散発的な配置であり、16分以外の箇所は密度が薄く踏みやすい配置となっている。BPMが180と速いことを考慮しても、Lv13中〜強程度の譜面と思われる。
    • Lv16 冥(X2) - BPMが200と高く、かつノート数こそ616と多いものの、ノートの大半は平易な8分滝に16分3連が混じる程度。局所的にLv16相応の16分地団駄滝が混じり、ソフランによりスコアを取りづらい部分はあるものの、Lv15最上位勢よりは1ランク下。Lv16弱勢によく見られる連続停止や認識難といったギミックも無いため、Lv15強の扱いが妥当であろう。
    • Lv17 ΔMAX(X2) - 序盤の16分視覚難地帯が難しく、FAが見切れないと瞬殺される可能性もある。リズムを覚えるまではLv17でも屈指の難度に感じるが、そこを突破すれば中盤以降は比較的楽なので、前半勝負譜面といえる。「リズム暗記難度は極めて高いが、配置自体は易しめ」という意味ではLv16のCHAOS[SP-CHA]やPluto[SP-CHA]と近いため、Lv16の個人差譜面と捉えるのが妥当であろう。ただし捻りが苦手でスライドで処理してしまいがちな人、他機種からの移行組で5倍以上もの変速に耐性がない人には終盤の捻り交じりの滝がかなり凶悪になる。
  • 個人差
    • Lv13 bag(EXTREME) - BPM65で24分を基調とした譜面。HS1.5以上をかければLv13でも違和感ないが、等速ならその見難さから明らかにLv13ではない。XのDANCE DRILLではMAX300[SP-EXP]とこの曲を同じHS設定でプレイせねばならなかった。X2以降は曲開始時にHSを変えられるので、ランダムで引き当てたとしても以前のような脅威はなくなった。
    • Lv13 On The Break(X) - 16分が多く、同時踏みも至る所で見られる。特に終盤の捻り混じりの16分が難しく、16分が苦手だとLv14にも感じられる。ノート数はそこまで多くないので16分が得意なら妥当。
    • Lv13 桜(EXTREME) - BPMが300(終盤は320)と非常に速い上、ソフランが激しい。同時押しが頻繁に入るため、人によってはLv14に感じるか。
    • Lv13 ビューティフル レシート(X3) - BPMが速く、16分5連の地団駄が何度か来る。Lv13までに似たようなBPMの地団駄はあまり見られないので、慣れていないと地団駄で激しく体力とゲージを消耗する。譜面自体は音合わせが多く、長い滝や捻りもないので速さに慣れてしまえば妥当〜やや逆詐欺。
    • Lv13 LOVE & JOY -Risk Junk MIX-(2013) - BPMが180と高い上に、ノート数が541もある体力譜面。体力面を考慮しなくても16分や逆足入り8分も含まれており、譜面自体もLv13では難しめ。似たような傾向の功夫LOVE[SP-CHA]もLv13ではあるが、Lv14の不沈艦CANDY[SP-EXP]と同じくLv14が妥当ではないかという声も大きい。
    • Lv13 printemps(2013) - ノート数は少なめだが、前半と後半に16分5連の地団駄が連続で来る他、16分3連や7連も時折入ってくる。Gradiusic Cyber激の最難部分が繰り返し来ると考えると、Lv13にしては強め。地団駄が得意なら13弱、苦手なら14中レベルに感じられる。
    • Lv13 創世ノート(2013) - BPM200の速さで捻りながらの縦連や、取りづらい6分、後半の認識難の8分滝等、Lv13挑戦レベルでは厳しい配置が多め。詐称寄りとはいえスライドで誤魔化せる範囲であり、交互も出来なくは無いので譜面認識によって難易度が上下しやすい。
    • Lv14 Sakura Sunrise(X2) - 終盤の同時踏み混じりの8分5連×3を除けば若干譜面に癖はあれど、ライフ制でなければ人によってはLv13かと思われる。
    • Lv14 KEEP ON MOVIN' (Y&Co. DJ BOSS remix)(X3) - 最初の16分地団駄17連が難しく、以降は終始リズム難で忙しい配置。中盤には16分の階段・ビジステも登場し、譜面はLv14相当。しかしBPMが128とかなり遅いため、Lv14昇格以前のLv13でも妥当だったとの声も。
    • Lv14 NEPHILIM DELTA(X3) - DDR2013にてLv14に降格はしたものの、Lv14では最強クラスの物量譜面。しかしこの曲とLv15弱譜面とでは難易度に大きな差があり、仮にLv15に残存していたとすれば最弱〜逆詐称クラスの譜面となってしまう。Lv14とLv15の境界線上に位置する、極めて個人差の大きな譜面と言えるだろう。
    • Lv15 Unreal(SuperNOVA2) - 同曲[SP-DIF]同様、同時踏みが非常に多い。同時踏みの多くが縦連の形で出現するため、これらの得意不得意で個人差が大きく現れる。これに限らず、SuperNOVA2のボス曲は難易度を問わず同時踏みが厳しい譜面が多いため、ジャンプの苦手な人は要注意。
    • Lv15 Horatio(X) - ノートの大半が地団駄なため、地団駄が得意ならばLv12挑戦クラスでもクリアは可能。しかし地団駄が非常に多いため僅かなズレがGreatやGood量産に繋がってしまい、スコア難度と接続難度は個人差があるがLv15でもトップクラス。
    • Lv15 KIMONO♥PRINCESS(X2) - ボス曲らしく、密度的にも体力的にもかなり癖が強い譜面。発狂地帯もLv15ではあまり見られないパターンで、人によってはLv16程度に感じられる。
    • Lv15 ZETA〜素数の世界と超越者〜(X2) - 前半から中盤にかけてはややリズムが取りにくい程度で、Lv14弱〜中程度の強さしかない。しかし終盤の発狂は局所的ながらLv16相応の配置。逆詐称の意見もあるが、BPMが180と高い上にノート数が613と極めて多いため、Lv15入門(最弱)としての位置付けが妥当であるとの意見もまた多い。
    • Lv15 BRILLIANT 2U (AKBK MIX)(X3) - 極端な難所はないが、ノート数が多く休憩地帯も少ないため、体力に自信がなければLv16程度か。
    • Lv15 CRAZY♥LOVE(X3) - 全体的に踏みづらい配置が多く体力を消耗するが、発狂地帯は少なめ。JUMPやスライドが得意ならばLv14上位程度で、苦手ならLv16にも感じられる。平均を取ってLv15相応か。
    • Lv15 STULTI(2013) - 停止のタイミングは音合わせなので覚えやすいが、細かい地団駄と同時のセットでリズムを崩しやすく、スコア難易度はかなり高め。
    • Lv15 †渚の小悪魔ラヴリィ〜レイディオ†(2013) - この難易度では珍しい高BPMでありながらの16分滝が複数回あり、Lv16でも上位の配置。しかし縦連からの同時といった踏みづらい配置もあるとは言え、道中の多くがLv14前後の簡単な配置であるため、クリア難度だけで言うならばLv15でもそこまで難しくはない。クリア難度を基準とするならLv15、局所難を重視するならLv16と、何を基準とするかによって難易度の感じ方に個人差が分かれる。
    • Lv15 Air Heroes(2013) - 16分乱打があるが全て素直な配置で踏みやすく、それ以外はLv13程度のスイッチ8分とLv15にしては極めて簡単な配置。Lv16以上をクリアできるような人なら逆詐称に感じるかもしれないが、そもそもBPM175の16分乱打自体がLv15挑戦クラスには厳しく、Lv14挑戦クラスではまず踏めない。高速乱打を踏めるかどうかで難易度認識が大きく変わる譜面。
    • Lv15 Magnetic(2013) - リズム難ではあるが、全般に渡って交互踏みが可能で、中盤までは16分は地団駄に留まるため踏みやすい配置となっている。またソフランの開始タイミングも譜面を見れば容易に分かるものとなっている。終盤はFAと16分の階段配置が出現し難化するが、ノート数の多いリズム難譜面ということで個人差が分かれやすいことを考慮しても、人によっては14でいいと感じる事も。
    • Lv15 Windy Fairy(2013) - 終盤まではLv14クラスだが、終盤の休憩明けからLv15弱相応の配置となり、最後に12分スイッチ滝というLv16ほどの配置が待ち構える。逆詐称気味ではあるが、似たような譜面構成のZETA〜素数の世界と超越者〜[SP-EXP]と同様に、Lv15最弱の位置付けが妥当ではないかという声もある。
    • Lv16 MAXX UNLIMITED(MAX2) - リズムが取りづらく、フリーズアロー絡みの視覚難も相まって、リズムを覚えるまでは難易度が高い。しかし配置自体は捻りが少なくLv15相応であり、X3で追加されたLv15強〜16中の譜面と比べると、この曲自体の立ち位置が微妙なものとなっている。
    • Lv16 PARANOiA-Respect-(SuperNOVA) - 急停止や終盤のFA混合8分は脅威。他のLv16と比較すると捻りやフリーズ混じりが多いが、BPMを考慮するとごまかしが利くレベル。そこが踏めるかどうかが15と16の分かれ目。
    • Lv16 Trim(SuperNOVA2) - 340BPM地帯は乱打、交互、ジャンプ、縦連が複雑に絡み合っており、一度ミスを出すと立て直しが非常に困難。基本的にLv16で妥当だが、慣れない内はLv17以上にも感じられる。これに限らずLv16は個人差の出やすい譜面が多いので注意。
    • Lv16 PARANOiA 〜HADES〜(SuperNOVA2) - Lv15からLv16への昇格以前から、Lv15に昇格した同曲の[SP-DIF]譜面とどちらが難しいかは個人差があると言われていた。序盤に踏みづらい8分捻りがあり、終盤の逆足入り8分捻りが難関だが、この難関を考慮してもLv16クラスと言い切れるかが微妙なライン。
    • Lv16 tokyoEVOLVED(X3) - 捻りがなくBPMも280と遅いが、リズム難であり、停止が不規則。リズムの暗記を考慮してLv16と感じるか、考慮してもLv15強と感じるかどうかで評価が分かれる。
    • Lv16 New York EVOLVED(X3) - 序盤のフリーズの視覚難、分岐後も捻り16分などがあり慣れていないと厄介。個人差次第だが、3バージョンの中ではAが終盤の高速ゆえにハイスピがかけづらく、分岐後に休憩もないため、BやCより少々難しいか。
    • Lv16 TRIP MACHINE (xac nanoglide mix)(X3) - 全体を通してフリーズ混じりのスライドや逆足入りの捻りなど、複雑な踏み方が要求される。こういった配置に慣れているかどうかによって個人差の出やすい譜面だと思われる。
    • Lv16 お米の美味しい炊き方、そしてお米を食べることによるその効果。(2013) - 物量はLv16最多を誇るが、発狂らしいものが無く配置そのものは素直。物量と高BPMが苦手なら妥当、どちらも得意ならばLv15クラス。
    • Lv17 POSSESSION(X2) - ソフランがあるものの、譜面自体に嫌らしさはなく交互に踏める。相当な体力譜面で、同時踏みが延々続く部分などでいかに体力をセーブできるかで大きく体感難度が変わる。
    • Lv17 Tohoku EVOLVED(X3) - 密度的には妥当だが、開幕を始めとした凶悪な初見殺しや後半のリズム難など、独特なパターンが随所にある。ライフ制で易化オプションも付けずに挑戦するほどの超上級者なら気にする余地はないだろうが、挑戦レベルだと得意不得意が分かれそう。

CHALLENGE

Lv7〜Lv12

  • 詐称
    • Lv8 SEXY PLANET(FROM NONSTOP MEGAMIX)(MAX2) - 要注意!! 180BPMで同時踏みも多数(291中61)あり、必要体力はLv8の域を大きく超えている。Lv10はある。
    • Lv9 HYSTERIA2001(MAX2) - 裏拍も含め、Lv9の割にリズムが難しくBPMも早い。Lv10が適正と思われる。
    • Lv10 KUNG FU FIGHTING(1st) - BPMが116といえど、多様な16分を踏ませる配置が多い。8分も交互難あるいは逆足入りが多く、Lv11、あるいはLv12弱が相当。
    • Lv10 AFRONOVA(FROM NONSTOP MEGAMIX)(MAX2) - 配置は簡単だが、BPMが早く全体的にかなりの体力を要する。Lv11が妥当か。
    • Lv10 smooooch・∀・(X2) - ムービーに登場するキャラの動きを再現する譜面であり、真横を向くことを前提としたビジステ、回転することを前提とした8分3連など、正面を向いたままでは交互踏みができない箇所が多い。同時押しとショックアローが交互にやってくる地帯などショックアローの配置も難しめであり、個人差を考慮しても最低でもLv11は欲しいところ。
    • Lv11 Waiting 4 u(X) - 銀パネルと大ジャンプ避けの使い分けが分かりにくい箇所が多いなど、全体的にショックアローが難解。個人差もあるが、Lv11としては詐称気味。
    • Lv12 DROP OUT(FROM NONSTOP MEGAMIX)(MAX2) - Lv13のDROP OUT[SP-EXP]の完全下位譜面。なのだが、DROP OUT[SP-EXP]の最難関地帯であるBPM260の8分61連をそのままBPM130の16分61連に変えただけの配置がラストに待ち受けている。いくら他の配置が簡易化されていようとも、この16分61連だけで十分にLv13はある。
    • Lv12 A(EXTREME) - BPM191での執拗な同時踏み絡みの8分、交互踏みできない8分滝、複雑な捻りを含む長い8分滝と技術面ではLv12としては規格外。前半の低速部分も同時踏みと16分が絡むため、見切れないと厳しく、Lv13中位クラス。
  • 逆詐称
    • Lv11 Raspberry♥Heart(English version)(SuperNOVA2) - 裏拍から入ることが多いが、メロディ+ボーカルに合わせた譜面なのでリズムは取りやすい。激より多少難しくなった程度で、高く見積もってもLv10程度。
  • 個人差
    • Lv7 only my railgun(X2) - 4分のステップの間に8分のショックアローが挟まるパターンが続く地帯がある。慣れないとLv7としてはかなり忙しくなると思われる。いわゆる「関西ステップ」ならショックアローをよけるのは比較的容易か。
    • Lv10 女々しくて(X3) - サビの大量ショックアロー地帯をいかに捌けるかで難易度が大きく変わる。但しフルコン難度は高め。後半の8分ステップ中の避けにくいショックアローに注意。
    • Lv11 ECSTASY (midnight blue mix)(MAX2) - 譜面全体で16分が多用されている。密度は濃くないが変則譜面が苦手ならLv12程度に感じるであろう。

Lv13〜Lv17

  • 詐称
    • Lv13 AFRONOVA(X-Special)(X) - 譜面がいきなり縦連4×4のセットで流れてくる。これによりフルコンも難しく、さらに原曲よりも物量、アフロ踏みも増えている。譜面のリズム自体は分かりやすいが、原曲よりどう考えても1レベル分は難しく、Lv14相当かと思われる。
      • X初出の際はLv14だったがX2にて現在の難易度に下方修正されている。
    • Lv14 Second Heaven(X2) - BPMは149とやや遅いものの、16分のビジステ・捻り乱打が頻発する。また逆足入りの16分捻り乱打も何カ所か登場するため、譜面の予習は必須。難易度的には16分捻り主体のLv15の恋閃繚乱[SP-CHA]と同程度。
    • Lv14 ACROSS WORLD(2013) - 序盤のsnow prism[SP-CHA]を彷彿とさせる同時縦連・中盤の16分25連トリルは完全にLv16の範疇であり、Lv14挑戦クラスはおろかLv15挑戦クラスでもまともに踏むのは難しい。サビがLv14相応の配置で、それら以外が極めて簡単な配置であることを考慮に入れても、Lv15中位、人によっては上位の譜面。
    • Lv15 THE REASON(2013) - 極端な低速譜面だが、同時が非常に多く複雑なうえ、所々32分も混じり、さらに停止により表拍の矢印色がずれてNOTEやRAINBOWだと譜面が見づらくなる。特に終盤の3連符地帯とその後の同時連打は適切なハイスピをかけても同レベルのUnreal[SP-EXP]より難しく、等速での難易度は当然はるかに上回る。ハイスピのかけ方や同時の得意不得意によって個人差は出るが、総合的には隅田川夏恋歌[SP-CHA]と同じくLv16が妥当であろう。
    • Lv17 Air Heroes(2013) - Lv15〜18の難所を詰め合わせたような総合譜面。休憩地帯が無く、体力が減少する後半にLv18クラスの発狂を踏まされるため、クリア難度が極めて高い。BPMが175(8分換算で350)と遅めなことを考慮したとしても、下手なLv18弱より難しいと感じる者も多い以上、Lv18が妥当であろう。
  • 逆詐称
    • Lv14 革命(X-Special)(X) - 16分のリズムが非常に複雑だが、密度は低いためクリアは楽。クリア難度はLv12、繋ぎ難度はLv13、スコア難度はLv14といったところで、総合するとLv13上位程度か。
    • Lv16 on the bounce(X) - リズムは難解なので等速プレイヤーにとってはLv16でも違和感がない。ただHSをかければ見やすくなり、Lv16になるような発狂もない。16分滝も最大7連で、Lv16にしては密度が低い。Lv15程度。
    • Lv17 The legend of MAX(X-Special)(X) - 序盤にある連続4分同時押しを除けば、終盤の滝まではThe legend of MAX[SP-EXP]よりも簡単と感じる人も多い。終盤の捻り8分滝、逆足入りしないと交互に踏めない最後の配置など、接続難度自体は高め。しかし総合的に捉えれば、後半難のLv16上位譜面という評価に落ち着くだろう。
    • Lv17 Magnetic(2013) - BPM160の24分地団駄(実質BPM480の8分地団駄)が強烈で、ノート数も多いリズム難譜面。しかし16分の捻りはあるもののBPMは160とこのレベル帯では遅めで、発狂地帯が存在しない。また同じLv17のMAX 300(X-Special)のような踏みづらい配置も無く、全体的に交互に踏みやすい配置となっている。Lv16上位が妥当か。
  • 個人差
    • Lv13 The Island Song(2013) - BPM85と遅く、24分の縦2連や48分の3連(16分に換算するとBPM255相当)が存在するため、等速でのプレイはまず困難。リズムもほとんどが音合わせとは言え緑矢印が多いのでクリアはともかくかなりのスコア難。
    • Lv14 JOKER(2013) - BPM160で「最後が右下同時押しの16分3連→8分で左上同時押し」のような踏みづらい配置を4回も踏ませ、合間に8分同時押し5連を踏ませるなど、コンボを切りやすい配置が序盤に登場する。後半は踏みやすくなり総合的にはLv14で妥当なのだが、接続難度はLv15〜Lv16弱クラスにまで跳ね上がる。
    • Lv14 Confession(2013) - サビからの縦連を含んだスキップがリズム面で踏み辛く、終盤のそれはさらに捻りや回転も含むため14としては難しい配置。それ以外にも階段配置を含んだ16分13連など局所的に難しい配置が存在する。体力面も考慮するとLv14上位に収まっているが配置に慣れないうちはLv15に感じられるか。
    • Lv15 Horatio(X) - [SP-EXP]の地団駄の合間にショックアローを追加した譜面。地団駄の量自体は減少しているのだが、なまじ地団駄の合間にショックアローが挟まっているため地団駄が踏みにくくLv16相当と感じる人も多い。
    • Lv15 Beautiful Dream(2013) - やや踏みづらい8分の合間にBPM182の16分乱打が混じる譜面。中でも中盤の三点トリルからの16分ビジステは確実にLv16相応の配置。†渚の小悪魔ラヴリィ〜レイディオ†[SP-EXP]と同様に「Lv13程度の8分の合間に、Lv16相応の16分乱打が混じる譜面」であり、考えようによってはこの曲もLv16に匹敵すると言えるかもしれない。
    • Lv15 Condor(2013) - リズム難・片足高速の16分など、譜面だけを見るならばLv15を逸脱した配置。しかしBPMが142と遅く曲も短いため、見た目以上に踏みやすい。個人差はあるが、Lv15上位の範疇であろう。
    • Lv16 PARANOIA survivor MAX(EXTREME) - 非常に複雑な捻り配置を含む長い滝が後半にある。物量も凄まじく、捻りが苦手だとLv16の中でもずば抜けて難しく感じられる。EXTREME当時は全曲中最難譜面と呼ばれていた。
    • Lv16 MAX 300 (Super-Max-Me Mix)(SuperNOVA) - 圧倒的物量を誇り、前半に大量のジャンプ、後半に延々と続く8分滝がある体力譜面。適切なスタミナ配分ができないとLv16の中でもずば抜けて難しく感じられる。
    • Lv16 Monkey Business(2013) - 譜面自体は全体を通してLv15でもさほど強くはない部類。しかしリズム難かつソフランで低速が非常に詰まっていて、かつLv16でも屈指のノート数を誇る為、EXTRAのライフ制では非常に驚異的。EXTRAのライフ制なら強いが、ゲージ制になればLv16適正なら苦労はしないレベルか。
    • Lv16 Another Phase(2013) - 16分6連の最後がショックアローになっている部分が多く、非常に避けづらい。銀パネルで避けることを想定しているのだろうが、避け方への慣れだけでなく筐体のセンサーの感度によっても難易度が上下する。
    • Lv17 SABER WING (Akira Ishihara Headshot mix)(X) - 中盤の発狂地帯やラスト以外はLv15の[SP-EXP]と大差ないが、その中盤の捻りは強烈。捻りが得意ならLv16程度だが、苦手ならLv17でもかなりの難譜面となる。
    • Lv17 ΔMAX(X2) - 激とは逆に、前半はたいした難易度ではなく中盤は激と同程度。後半に混ざってくる8分がBPMに対して辛口の捻りを要求する後半難。素直に捻ると厳しいかもしれないが誤魔化し方によってはやはりそこまでの難易度にはならない。

Lv18

  • 個人差
    • Healing-D-Vision(SuperNOVA) - 全ては最後のBPM360の8分捻り滝に集約される譜面。終盤までが簡単な配置であり、最後も適度にノートを捨てれば普通に生き残ることができるので、クリア難度・AAランク獲得難度で判断するならば逆詐称。接続難度で判断すればLv18に相応しい高難易度。
    • NGO(SuperNOVA2) - 同時絡みの高速での8分連打が多くゲージが削られやすいが、回復できる箇所もそれなりにある。同時が得意なプレイヤーならLv17相当か。ただしコンボが非常に繋ぎにくく、ライフ制であるEXTRAなら他のLv18と比べても遜色ない。
  • Lv18上位譜面
    • PARANOiA 〜HADES〜(SuperNOVA2) - 譜面は捻り・同時・縦連等の体力殺しが満載。譜面の見た目よりも遥かに忙しく、全曲中屈指の体力消費量を誇る。低速の見切りも必須。
    • Pluto Relinquish(SuperNOVA2) - 通称「紫芋プリン」、地団駄→乱打配置、高速地帯の捻り増加、低速地帯の密度増加などといった要素からSP-EXP譜面を踏み辛くした譜面。SP-EXP譜面同様ラスト勝負であり、8分滝17連→21連→53連なのは変わらないが、捻りが加わったことでとても見切り辛く、踏み辛くなっている。
    • POSSESSION(X2) - SP-EXP譜面の左右だけ入れ替えた譜面をベースに、全体的に強化が施されている。序盤の4分踏みが交互難化、低速地帯の16分踏みが地団駄→乱打、8分3連にFAが混ざり見辛くなる等あるが、やはり終盤の強化箇所が凶悪。
    • Tohoku EVOLVED(X3) - "HERE WE GO"の掛け声と重なるためわかりにくいが、実は開幕に「with you」の音声があり、1歩目はこのyouと同じタイミングになっている。SP-EXP譜面とリズムはあまり変わらないが、捻りがかなり増えている。捻り耐性がないとLv18でも強く感じるだろう。
    • Triple Journey -TAG EDITION-(2013) - 序盤から密度が高い16分乱打が流れてくる。16分3連と16分5連が混ざっているためリズムに注意。中盤は序盤の16分踏み譜面を強化したような配置が流れてくる。大部分は乱打だが部分的に捻りや同時絡みも混ざり忙しい。ラスト付近に16分63連があり、ここが勝負どころ。
  • Lv18最難関候補
    • TRIP MACHINE EVOLUTION(X3) - SP Lv18最難関候補。無音の状態からいきなり最初の矢印が出てくる。同時踏みと16分ビジステップの応酬や16分踏みの「同時→単」などかなり乱暴な配置が多く、New Decadeを厳しくしたような譜面。連続停止前のラッシュが8分連続同時→16分乱打の繰り返しで非常に忙しく、連続停止以降の16分踏みに「←(FA)+↓」⇒「↑」や「」「↑(FA)+→」⇒「←」と遠いスライドが必要な理不尽配置もある。踏まずに捨てるのが無難。

Lv19

  • 難関譜面
    • Valkyrie dimension(X2) - 最大の難所は序盤に登場するBPM480の8分65連。踏みやすいのだがとんでもなく速い。それ以外にも厄介なソフラン・停止、後半は捻りだらけの16分、ラストの発狂は1つだけ←↓の同時が混じっていたりと殺意に満ちた配置。KAC2012でこの曲が選曲された際、一部の出場者でさえ落ちてしまうほどであった。
    • PARANOiA Revolution(X3) - 全体的に縦連・捻り・FA拘束ととにかく体力を奪う譜面。さらに低速前と後半のBPM360の16分3連という配置。ラストは縦連→BPM360の16分5連という強烈なラス殺し。

DP

BASIC

  • 詐称
    • Lv2 SO IN LOVE(EXTREME) - 要注意! EXTREME当時〜SuperNOVA2までの旧難度では足4だった。中盤にFAを踏ませながら4分で踏む配置がある。この周辺は密度も高く、苦手な人はここだけで大きくゲージを落としかねない。Lv3〜4相当。
    • Lv5 DROP THE BOMB(3rd) - 要注意!! 全て4分だが、交互難や遠距離配置が非常に多く、休む箇所も少なめ。DPへの慣れ具合にもよるが、総合的にはLv7程度であろう。
    • Lv5 DROP OUT(4th) - BPM260の2分(BPM130の4分相当)がメインだが全体的に交互難気味で、所々に遠配置も絡む。また中盤には中央2パネルの4分3連、終盤にはBPM130の裏拍に相当する配置もある。旧表記でもLv5だったことを考えても明らかに詐称で、Lv6〜7はあるか。
    • Lv5 CAN'T STOP FALLIN' IN LOVE 〜SPEED MIX〜(5th) - 8分は一切ないが、延々とBPM170の4分縦連やビジステ渡りが続く。更にはLv6の同曲[SP-BAS]よりもノート数が多い。どう考えてもSPより難易度が低いことはありえず、こちらもLv6が妥当。
    • Lv5 exotic ethnic(MAX) - 8分配置こそないものの、BPM190で4分の連続ジャンプをさせられるので、挑戦レベルだと危険。Lv6相当。
    • Lv5 AA(SuperNOVA) - 大きな難所はないが、非常に長い4分滝に上下・左右のみながら同時が混じり、配置も積極的に渡らせてくるため、Lv5にしてはやや強め。Lv6下位程度か。
    • Lv5 LOVE IS THE POWER -Re:born-(X3) - 危険!! 家庭用2ndMIXのEXTRA TRACKでプレイできた譜面をそのまま移植したもの。ひたすら4分に同時が混ざった配置で渡りが続く上、4分配置で渡りながらの8分3連も存在する。終盤には1P↑から4分で2P↑←←の8分3連に繋がる配置もあり、BPMが遅いことを考慮しても同じく遠配置や8分配置があるMy Fire (UKS Remix)のBASIC譜面より強い。Lv6上位〜Lv7下位相当はあると見ていい。
    • Lv8 PARANOiA(1st) - 全体的に配置が遠く、[DP-DIF]に登場するチュンリー地帯も健在。Lv9相当。
    • Lv8 PARANOiA KCET 〜clean mix〜(2nd) - [DP-DIF]と密度も遠配置度合いもあまり差がない。8分縦連も健在なことを考えるとLv8では若干詐称。Lv9相当。
    • Lv8 KIMONO♥PRINCESS(X2) - 全体的に振り回しがやや厳しいが、このBPMで連続軸フリーズやフリーズを交互に踏みながらのステップがかなり厳しい。Lv8強〜9弱か。
    • Lv9 MAX 300 (Super-Max-Me Mix)(SuperNOVA) - 危険!! ノート数が359と極めて多く、更にLv9の領域を超えた振り回しが頻発する。最低でもLv10上位、高速曲であることとノート数を考慮すればLv11でも十分に通用する危険曲。
    • Lv10 Anti-Matter(X2) - 道中はLv10相当の譜面だが、ラストにLv13上位相当の400BPMの4分25連があり、挑戦レベルでは即死する危険性が非常に高くなっている。全体を通してみてもLv11上位に値する。
    • Lv12 PARANOiA〜HADES〜(SuperNOVA2) - 4分に絡むジャンプが全体的に遠い上に縦連が多く、しかも安定しない体制から踏まされる。低速以降はかなり簡単になるが、そこまでがどう見てもBASICとは思えない譜面で、ヘタなEXPERTよりも明らかに難しい。Lv13相当。
  • 逆詐称
    • Lv5 AFTER THE GAME OF LOVE(3rd) - 8分縦連こそあるものの低BPM、低密度なのが相まってLv5内では比較的やりやすい。Lv4相当。
    • Lv7 ずっとみつめていて (Ryu☆Remix)(2013) - 8分がある分SPよりは難しいが、頻度は少ない。Lv6中程度。
    • Lv8 Pierce The Sky(X2) - ほとんど4分でちらほらと8分も混ざるが多くはない。低速の8分はリズムが4分になる。ギミックもわかりやすく、Lv7相当。
    • Lv8 UNBELIEVABLE (Sparky remix)(X3) - Bメロのフリーズアローが多少難しめだが、それ以外は同じLv8であるKIMONO♥PRINCESSのような苛烈さはない。Lv7でいいだろう。
    • Lv9 TRIP MACHINE EVOLUTION(X3) - 中盤やラストを除き譜面はすべて4分で構成されているので、非常にリズムが簡単。停止部分もフリーズアロー等で簡略化されているので、たとえライフ制でも危険要素はあまりなく、Lv7上位〜8下位相当と思われる。
  • 個人差
    • Lv1 CAN'T STOP FALLIN' IN LOVE -super euro version-
    • Lv1 MOON(いずれもSuperNOVA)
      • SPのLv1とは比べるまでもなく難しく、旧難度で前者が足2、後者が足3だったことを考えるとLv2〜3相当。
        ただしDPにはBEGINNERがないため、SPのLv1に相当する譜面がほとんどなく、「DPで最も簡単な譜面」をLv1と定義するなら妥当。譜面自体の難易度より、その位置付けが問題といえる。
    • Lv4 Chronos(X3) - 変則拍子ゆえ、曲を知っているか否かで体感難易度が大きく変わる。譜面上では表拍と裏拍が激しく入れ替わるため曲を知らなければ相当なリズム難となる。密度は低いのでクリア難度はそこまで高くない。
    • Lv7 ΔMAX(X2) - 譜面は8分や16分などを含まない配置が続くが、終盤の超高速地帯についていけないと、DPの特徴である左右移動量と相まって表示Lv以上に感じるかもしれない。
    • Lv9 IF YOU WERE HERE(X2) - 前半の連続桂馬踏み地帯はDPに慣れていないと見切り辛い配置。ほかにも遠配置や同時踏みからの8分3連地帯といったBASICらしからぬ配置があり、DPへの慣れで大きく体感難易度が変わる。全般的にはLv9で妥当だが挑戦レベルの人は注意。人によってはクリアだけなら[DP-DIF]の方が簡単かもしれない。

DIFFICULT

  • 詐称
    • Lv7 BRILLIANT 2U(2nd) - 同時押しが多いだけではなく、配置も遠いのが印象的。特に「2P左下・1P右上・1P右下・2P左上」の箇所が辛口。ノート数以上に体力を消耗しやすく。Lv8相当。
    • Lv7 exotic ethnic(MAX) - 危険!! Lv13の[DP-EXP]とノート数に差がほとんどない。またBPM190でジャンプ込みの左右振りは相当規格外。Lv8上位〜Lv9相当。
    • Lv7 Votum stellarum-forest #25 DDR RMX-(SuperNOVA2) - 危険!! 中盤の16分が多用されたリズム難地帯が難しく、配置も比較的難解。Lv9の[SP-DIF]より終盤の密度は低いが、渡りを考慮すればほぼ同じ難易度でLv9が妥当。
    • Lv7 Gotta Dance(X2) - 間奏での振り回しや道中など、Lv7にしては難しい8分やフリーズが続く。Lv8相当。
    • Lv7 TIME(X3) - 危険!! DDR2013の詐称曲に挙げた、BPMが同じ115であるChoo Choo TRAIN[DP-EXP]と傾向が似ている。交差渡りの4分が頻出する上に、不安定な体勢からのパネル中央のビジステを踏まされることが非常に多く、バランスを崩しやすい。Lv7に留まる要素は無く、Lv9相当のかなりの詐称譜面。
    • Lv8 Music In The Rhythm(SuperNOVA2) - 危険!! 計3回ある停止には分かりやすい目印が無いため、停止箇所の暗記は必須。道中は縦2連が絡んだ8分が多く、終盤になると裏拍のリズムで踏ませられるなど、全体的に踏みづらい構成となっている。Lv9〜Lv10弱が妥当。
    • Lv8 Star Gate Heaven (FUTURE LOVE Mix)(SuperNOVA2) - 付点8分配置や、交互に踏みづらい8分が多い。特に最後の8分渡りはLv10相当。ラス殺しのあるLv9譜面と捉えた方がいい。
    • Lv8 Übertreffen(X) - 交互に踏もうとすると8分3連を不安定な体勢で踏むことになる配置や、そもそも交互に踏めない配置が多い。8分ビジステップもLv8しては多め。更にBPM174・ノート数277を考慮すれば、Lv9が妥当。
    • Lv8 I'm so Happy(X2) - 頻発するBPM184の8分地団駄はLv8としては難しい配置。4分が所々交互不能であることも考えるとLv9が妥当。
    • Lv9 TRIP MACHINE CLIMAX(4th) - BPM180の8分で左右に振られるリズム難譜面。Lv10下位相当。
    • Lv9 on the bounce(X) -  リズム難はDIFFICULT譜面でも健在であり、その上で癖の強い遠配置8分が頻出する。Lv10相当。
    • Lv9 めうめうぺったんたん!!(2013) - ノート数342の物量譜面。譜面自体は単純なもののBPMが185と高く、その上で4分の同時2連や、交互に踏みづらい8分3連渡りといったやや難しめの配置が散見される。総合的にはLv10が妥当。
    • Lv10 S・A・G・A(X) - 危険!! 200超のBPMで延々と4分同時が続くAIR Special状態。必要体力的にLv10の範囲は超えている。Lv11〜12下位程度。
    • Lv10 Sakura Sunrise(X2) - BPMが181と高く、連続4分ジャンプや8分渡りはLv10の範疇ではない。Lv11上位相当。
    • Lv10 ラキラキ(2013) - 要注意!! 8分の長い渡りが多い上、全体的に配置難。どう見てもLv10の譜面ではない。Lv11上位〜12下位相当。
    • Lv10 †渚の小悪魔ラヴリィ〜レイディオ†(2013) - 要注意!! FA絡みの配置がLv12のSigSig[DP-EXP]などを越える配置難で、非常にコンボを切りやすい。8分滝もLv10を逸脱してる箇所が往々としてあり、Lv11上位〜12下位クラスの地雷譜面。
    • Lv11 Trigger(X) - 危険!! 不規則な停止や遠い配置が頻発し、渡りも分かりづらい箇所が多い。ソフランも比較的難解で、Lv12でも強いくらいなので、Lv11はかなり詐称。
    • Lv11 Magnetic(2013) - 減速地帯以外にも頻繁に16分が混じってかなりのリズム難の上、振り回しも11にしては強い。Lv12上位相当。
    • Lv12 TRIP MACHINE PhoeniX(SuperNOVA2) - [SP-DIF]同様同時の絡んだ8分が多く、遠い配置の8分同時二連も頻出する。ラストの渡りも配置が厳しく全体としてはLv13相当。
    • Lv12 Unreal(SuperNOVA2) - 同曲[SP-DIF]同様の同時踏みが移動込みで頻出する。さらに跨ぎ同時に絡んだ↑と↓を8分でスライドさせるような配置もあり、SP以上に個人差が大きく出る。全体としてはクリア難度はLv13相当。
    • Lv12 お米の美味しい炊き方、そしてお米を食べることによるその効果。(2013) - ノート数516はLv12の中であまりに突出している。足運び自体に難しい箇所はないが、Lv12挑戦レベルでは物量に押し負けて足が止まることになるだろう。体力消費の面でLv13上位くらいと思った方がよい。
    • Lv12 Blew My Mind(2013) - 譜面自体はLv12上位相当。ただし、タイミングが取りづらい箇所が低速であったり、BPM380の4分の渡りはLv12にしては少々重い。全体的にはLv13相当と考えてよい。
    • Lv14 Elemental Creation(2013) - ノート数612とLv16・17並の物量がある上、BPM424という速さで左右に振り回される。4分主体で配置は比較的単純ではあるが、早さと物量だけ見てもAnti-MatterやNew Decade[DP-DIF]と同等のLv15クラス。
  • 逆詐称
    • Lv10 stoic (EXTREME version)(EXTREME) - 序盤は4分中心で徐々に密度が上がっていく譜面ではあるが、最難関部分をもってしてもLv10にしてはあまりにも踏みやすい単純な配置。停止さえ気を付ければ、Lv8でもまだ通用する逆詐称譜面。
    • Lv10 Seule(X3) - BPMが遅く、リズム難も付点8分までで足運びが難しいところも少ない。2013で降格されているが、まだ不十分でLv9を付けたとしても弱い部類に入る。
    • Lv12 SABER WING(X) - BPM222と早めではあるが4分が多く、Akira Ishihara Headshot mixと比べても同じレベルとは思えない。Xの10は詐称気味だったが、12は上げすぎ。Lv11下位〜中位かと。
    • Lv15 Pluto Relinquish(SuperNOVA2) - 高BPM地帯での左右への振り回しや低速の32分連打こそあるものの、Lv15という程の難しさではない。全体物量も少なく、総合的に見てLv14相当。
    • Lv15 Valkyrie dimension(X2) - [SP-DIF]同様終盤の16分3連やラストの地団駄は表記相応であり[SP-DIF]よりは多少は難しいもののそれでも全体としてみるとゲージ制の難度としてはこちらも14が妥当か。
  • 個人差
    • Lv6 You(2013) - フリーズアローが大量に配置されており、その指示する足運びは非常に難解。また全体的に配置が遠いため、体重をしっかり移動させる力が要求される。
    • Lv10 Get Back Up!(X3) - 密度は低いものの、左右の振り回しが強く、裏拍や交互に踏めない部分も多い。譜面の先読みと空打ちができないと強引なスライドで繋ぐことになり、体感難度がかなり上がる。
    • Lv11 GRADIUSIC CYBER(AMD G5 MIX)(3rd) - 全体的にリズムが取りづらい譜面ではあるが、何よりも最後が問題。リズム難・16分縦連・16分後ずさりが絡んだ、Lv16でも中々見られないような複雑な渡りが最後に待ち構えている。接続難度はLv11を突出している。
    • Lv12 UNBELIEVABLE (Sparky remix)(X3) - 通常ゲージならLv12で妥当だが、8分の遠い渡り配置ゆえに繋ぎ難度が高く、ライフ制では難しい。どれだけ譜面読みができるかにかかるだろう。
    • Lv12 NEPHILIM DELTA(X3) - 同じような裏拍リズムを少しずつパターンを変えながら高BPMで延々と反復するので、人によってはだんだんリズム認識を混乱させられる。通常ゲージならLv12で妥当だが、ライフ制では一度のリズム認識Missが致命傷になりかねない。
    • Lv13 ΔMAX(X2) - 前半は易しい。後半の超高速部分は[DP-EXP]と大差なく、挑戦レベルの人なら確実にそこで落とされるので注意。
    • Lv13 PARANOiA(1st) - 同方向8分連打がかなり多く、中盤の8分3連の渡りも入りにくい配置となっている。全体的に遠い配置が多めで、遠距離配置や縦連苦手な人には妥当。どちらも得意で確実に拾えるならば、Lv12のPARANOiA MAXと同等かそれ以下に感じるかも。
    • Lv13 PARANOiA (kskst mix)(X3) - 190bpmの8分滝が曲の大半を占め、ノート数が500弱に達する体力譜面。Lv13挑戦レベルでは体力切れで足が止まる危険性が高く13でも強めであり、体力に自信がなければLv14に感じられる。
    • Lv14 New Decade(X2) - Lv15のPluto Relinquish[DP-DIF]の振り回しに捻りを大量に足したような譜面。捻りもバランスが取りづらい配置が多いのに加え、ラストは難解なリズム+配置が続く。ただし譜面密度自体は高くないため、これらに対応できるならLv相応だが、苦手ならLv15相当に感じられるか。
    • Lv14 PARANOiA Revolution(X3) - BPM360の8分が終始配置されている上、ラストは素直に踏もうとするとボックス気味になる3連ラッシュ→7連→ブレイク→17連と難所が待っている。前半にも8分7連→1P↑2連を軸にした連続4分→中央でボックス渡り→2P↑2連を軸にした連続4分という配置がある他、180BPM地帯のフリーズもややこしい。Lv14としては踏み辛い部分が多く個人差次第では15下位相当にもなり得る。Valkyrie dimensionのDIFFICULT譜面が15ならば、こちらも15相当か。
    • Lv14 Tohoku EVOLVED(X3) - 終始スキップ譜面で振り回しも大人しいため、スキップが得意ならば体力的にはLv13相当。
    • Lv15 Anti-Matter(X2) - Lv15としては高速連打が控えめな代わりに振り回しが強烈。振り回しが得意だったり付点4分のリズムに慣れていれば逆詐称だが、苦手ならかなり凶悪に感じる。

EXPERT

Lv8〜Lv12

  • 詐称
    • Lv8 Choo Choo TRAIN(2013) - 危険!! Lv8の割には遠い配置が多く、1P↓→2P←のようなパネルの中央を介した配置を何回か踏まされる。さらにラストにはBPM115とは言え[SP-EXP]では無かった16分地団駄5連という、Lv一ケタ台ではありえない配置が追加されている。総合してLv9〜Lv10弱か。
    • Lv9 1998(EXTREME) - ノート数が313とこのレベルにしては多く8分も渡りが絡むものが多い上に、時々8分配置の終わりに同時がある。体力的にLv9としては厳しくLv10相当。
    • Lv9 Freeway Shuffle(SuperNOVA2) - 8分や同時押しがふんだんに盛り込まれており、ノート数は294にも匹敵する。「ノート数が多めだが標準的な配置のLv10譜面」という認識で臨んだ方がいいかも知れない。
    • Lv9 in love wit you(X2) - [SP-EXP]同様FA周りの配置が難解。ただし、[SP-EXP]にあった強制スライドの要素はなくなっており、そちらほど詐称度は濃くない。Lv10相当。
    • Lv10 SEXY PLANET(4th) - BPMが180と高い中で同時踏みを大量に踏ませてくる。同時踏み自体所々裏拍や遠配置が絡んでおり、それ以外にも縦連や交差渡りがある。Lv11相当。
    • Lv10 STARS☆☆☆ (Re-tuned by HΛL) - DDR EDITION -(SuperNova2) - BPMとノート数は抑え気味ながらも、全体的にLv10の領域を超えた振り回しが多い体力譜面。Lv11でも上位に入るであろう。
    • Lv10 LOVE IS THE POWER -Re:born-(X3) - 要注意!! 序盤から音合せの16分6連・16分裏配置があり、道中も16分2連×2の配置、フリーズを踏みながら8分で↑↓↓を踏ませるやや遠いスライドも要求される。終盤の8分滝は、45度ほど後方へ体を捻らないと交互に踏めない配置もあり、総合的に見てBPMが遅めなことを考慮してもLv11上位〜Lv12下位相当の譜面。
    • Lv11 PARANOiA MAX〜DIRTY MIX〜(2nd) - カニ歩き主体の譜面ではあるが、BPM190かつ高密度というのも相まって体力消費が多く、[DP-DIF]から明確に簡単であると言い切れない。Lv12相当。
    • Lv11 Star Gate Heaven(SuperNOVA) - 極めて交互に踏みづらい8分3連から、長い8分振り回しを踏まされる前半の難易度が突出して高く、ここだけを見るならば同曲のリミックスでありLv13のStar Gate Heaven (FUTURE LOVE Mix)[DP-EXP]より明らかに難しい。中盤以降は大人しくなるものの、それでも付点8分が絡むなどきっちりLv11相応の配置。局所難と言うにはあまりにも前半が難しく、Lv12相当。
    • Lv11 Sacred Oath(X2) - 裏拍が多くややリズム難であり、振り回しもLv11にしては難解。ノート数が313と抑えめではあるが、Lv12弱の扱いでも妥当であろう。
    • Lv11 Your Angel(X2) - 速めのBPMに対して捻りを含んだ跨ぎが辛口。裏拍が多くてスコア難度も高く、Lv12相当か。
    • Lv11 WILD SIDE(2013) - ビジステップが絡んだ配置が多く、そこから遠距離渡りをさせられる配置もある。終盤には付点8分縦連や、同時押しが絡んだ難しい配置が続く。全体的にLv11を超えた配置が多く、Lv12相当。
    • Lv11 虹色の花(2013) - 序盤から[DP-DIF]KIMONO♡PRINCESSを思わせるような8分で飛ばされる上、後半も遠い8分配置や中央クロスが絡んだ8分滝などが来る。このことより局所難にも見えるが、全体的に振り回しも多いため若干詐称気味。Lv12相当か。
    • Lv11 晴天Bon Voyage(2013) - あまりにも難解なリズムであり、高いBPMから苦手な人にとってみれば地雷級な詐称。スコア難度も非常に高い。
    • Lv12 GENOM SCREAMS(2nd) - 序盤に配置は単調だが密度的にかなり凶悪な発狂がある。その後もリズム難やジャンプ絡みとLv12としては強めな譜面が続く。EXTREMEでの追加後SuperNOVA2までは旧足10(現Lv15以上)とされており逆詐称として有名だったが流石にLv12は過小評価されすぎだろう。Lv13程度。
    • Lv12 No.13(SuperNOVA) - BPM172の8分のビジステ渡りの合間にスキップが混じる体力譜面。Lv12適正クラスでも渡りについていくのは厳しいと思われる。Lv13が妥当。
    • Lv12 ヒマワリ(SuperNOVA) - Lv12適正クラスでは見切りづらい難解な8分滝を、BPM185もの速さで踏まされる。Lv13相当。
    • Lv12 からふるぱすてる(2013) - 後半に186BPMの8分滝が長く振り回しも強めであり、必要体力的に12の範疇を超える。中でも踏みづらい12分地団駄渡りはかなり強烈。Lv13相当。
  • 逆詐称
    • Lv11 air(EXTREME) - FAが絡むステップや同時が絡む8分はあるが、BPMを考えれば難所とは言い難い。Lv相応に難しい所は見受けられず、Lv10が妥当。
    • Lv11 BALLAD FOR YOU 〜想いの雨〜(SuperNOVA) - [SP-EXP]同様低速密集譜面。HSを掛ければLv9相当まで下がるし、等速プレイヤーでもLv11はない。
    • Lv11 STARS☆☆☆(2nd NAOKI's style)(SuperNOVA) - リズムはSPとほぼ同じ。遠距離が多々配置されていることを考慮してもLv11は評価し過ぎ。SPがLv9ならばこちらはLv10程度であろう。
    • Lv11 Something Special(X3) -  BPMも遅く、16分も最大3連までしか出てこない。交互に踏めない箇所や、捻り・逆足入りを要求されることもなく、譜面も見やすい。Aメロ・Bメロ・サビでそれぞれ譜面のリズムのパターンが似ているため、催眠状態にならないよう、時々現れる16分2連や3連にさえ気をつければレベル10下位相当。
    • Lv11 Starry HEAVEN(2013) - [SP-EXP]に比べれば渡りが絡む分難易度は上がるが、それでも十分にLv10の範囲に収まっている。
    • Lv11 折れないハート(2013) - こちらも[SP-EXP]と同じくLv11相当の配置が一つもない。BPMは190と速いのでDPではLv10弱が妥当だが、Lv9最上位という位置付けでもあながち不自然ではない。
    • Lv12 BURNIN' THE FLOOR(4th) - 16分はなく、渡りも全てカニ歩き、BPMも標準的で他のLv12に比べて明らかに易しい。いくつか登場する縦連と同時始動の8分が曲者だが、それらが苦手でもLv10、得意ならLv9程度だろう。
    • Lv12 MY SUMMER LOVE(4th) - SPよりも16分が明らかに少なく、渡りも難しい箇所がほとんどない。中盤の16分滝が少々厳しいもののそれでもLv11相当、それ以外の密度はLv9相当で、総合的にはLv10上位程度か。
    • Lv12 Secret Rendez-vous(MAX2) - SPと比べると黄色始まりの16分が無くなっているため、リズム難の要素が無くなっている。BPMが98と低く、残りの16分も一部を除いて地団駄などの簡単な配置であり8分もそれほど難しくないため視覚難を考慮しても全体的な配置自体Lv12とは言い難い。Lv11相当か。
    • Lv12 CURUS(SuperNOVA) - 前半〜中盤はLv10相当。終盤に交互に踏むと後ろ向きになる8分滝があるが、認識はしやすいので前向きのまま交互に踏もうとして失敗しても容易に復帰でき、後ろ向きで踏むのも譜面が覚えやすいためさほど難しくない。ここだけ見ればLv12下位相当だが、他が易しいことを考慮すれば総合的にはLv11程度であろう。
    • Lv12 KEEP ON MOVIN' 〜DMX MIX〜(SuperNOVA) - 16分が混じるものの、基本的には音合わせの2連や3連地団駄に留まり、メインは緩やかな8分滝。所々軽い16分が混じる低速譜面は、基本的にLv11に位置づけられていることが多いため、この譜面もLv11が妥当であると思われる。
    • Lv12 Decade(X2) - 8分は少しひねりがあるものの、スキップの配置は比較的素直で、Lv12相当に難しい部分は見当たらない。Lv11相当。
    • Lv12 COME BACK TO MY HEART(X3) - 全体を通して16分が散りばめられているが、長い8分がなくテンポも遅いため全体密度は低く、リズムも難しいと言うほどではない。難しい足運びもなく、局所的には地団駄でない16分6連もあるものの片側完結型でDPらしい忙しさにも欠ける。2013で13→12に下がったが、まだ逆詐称。Lv11が妥当。
    • Lv12 New Gravity(2013) - BPMは速くなく、リズム面でも足運びでもLv相応に苦労させられるところはない。Lv11でいいであろう。遠い配置が何度か来るのでそこだけは注意。
    • Lv12 ちくわパフェだよ☆CKP(2013) - [SP-EXP]と同様、BPM205の4分の同時押し地帯が難しめ。ただ[SP-EXP]よりは難しいものの、DP特有の難しい配置はさほどなく、205という高いBPMも難易度の底上げにはあまり寄与していない。こちらもLv11が妥当。
    • Lv12 Wow Wow VENUS(2013) - パネル中央絡みの同時押し地帯が難所であるが、そこ以外は特に難しい配置ではない。この局所難を考慮してLv11といった所。
  • 個人差
    • Lv10 Tribe(X3) - BPMは遅めで道中の8分も配置もそこまで難しくないが、後半の入り足を考慮しないと踏みにくい12分4連2セットやラストの12部渡りが足10を逸脱した配置なためクリアは兎も角かなりの接続難。
    • Lv10 You(2013) - 物量は少なめであるが配置難。全体的に1Pと2Pをまたぐ16分が多くフリーズアローも絡むため、交互に踏む場合は足運びが難しい。
    • Lv11 PARANOiA(1st) - 物量はそこそこあるものの配置が非常に簡単でほとんど横を向くことなく渡れる。ただし序盤に大量の同時押し縦3連が配置されており、苦手な人にはLv12〜13程度に感じられるかもしれない。
    • Lv11 e-motion(2nd) - ノート数が154しかないスカスカな譜面であるが、リズムが取りづらい16分や遠配置の8分がふんだんに盛り込まれているため、一歩のミスがスコアに大きく響くスコア難譜面。
    • Lv11 CANDY☆(MAX) - 間奏の同時の嵐が体力的に最大の難所。BPM192と曲が速いため認識力も問われ、反復横跳びも数回ある。人によってはLv12〜13クラスに感じられるかも。
    • Lv11 murmur twins(SuperNOVA) - 全体的に振り回す配置が多く、表拍が8分ズレる後半は16分も混じってくる。Lv11の中では難しめで、遠距離配置が苦手だとLv12に感じられる。
    • Lv11 THIS NIGHT(X2) - FAと同時が絡んだ配置が嫌らしく、8分滝も交互に踏めるものの比較的難解。密度は大したことなく16分もないので総合的にはLv11で妥当だが、DOUBLE慣れしていないとLv12程度に感じるかも知れない。
    • Lv11 Wings of an Angel (Fly With Me)(X3) - 中盤の16分3連を踏みながらの渡りは非常に速く、これに追い付けなければゲージをごっそり奪われることになる。この部分が得意か苦手かによってクリア難度に差が出る。
    • Lv11 Ah La La La(2013) - 交互に踏むにあたって足運びを考えさせられるような複雑な配置が多い。足運びがわかっていればこのレベルで妥当だろうがLv11に挑み始めたばかりで踏むには難解。
    • Lv11 Qipchãq(2013) - 譜面傾向は[SP-EXP]と同じで、8分同時が肝であり個人差が出るところ。終盤の14連、17連より中盤の6連×4の2セット目と4セット目の方が配置的に難しい。
    • Lv12 BURNING HEAT! (3 Option MIX)(MAX2) - 音合わせの譜面だった[SP-EXP]を簡略化した譜面であり、SPより一段階下のLv12自体は妥当。しかしこの結果6分と12分が混在した歯抜けの譜面になってしまっており、リズム難度が上昇。独特のリズムに慣れるまではSPよりスコアが出にくいだろう。
    • Lv12 TSUGARU(MAX2) - 三連符スキップの振り回しや中盤の8分渡りなど、ある程度DOUBLEに慣れていないと厳しい配置が多い。Lv12の中では上位で、人によってはLv13程度に感じることも。これに限らず、MAX2のDPは左右振りが激しい譜面が多い。
    • Lv12 Find The Way(2013) - 序盤の単→同時→単の8分3連の配置は慣れていないと難しい。この難所が終わった後も同時踏みで始まる8分が踏みづらく、全体的に休憩も少ないためLv12挑戦レベルでは厳しいかもしれない。
    • Lv12 めうめうぺったんたん!!(2013) - SPとほぼ同じリズムで容赦なく渡りが絡んでくる。総合的には12で若干強め程度だが16分2連、5連や歯抜けのリズム、曲の長さによって慣れ不慣れや個人差が大きく出る譜面となっている。
    • Lv12 THE REASON(2013) - 同時も極端に少なく、全体的にスカスカで難しい配置も無く逆詐称気味。が、スコア難度は高く、縦連や停止、BPMが遅いとはいえ32分があったりと少し複雑なギミックがあるため人によっては詐称になるか。
    • Lv12 ずっとみつめていて (Ryu☆Remix)(2013) - BPMはそれほど速くないが、難しめの足運びを要求される渡りが多い。Lv12だと強めで人によっては13に感じられる。

Lv13〜Lv17

  • 詐称
    • Lv13 SABER WING(X3) - 222という高速BPMの渡りは、ただそれだけでLv13挑戦クラスには対処が難しい。また5拍子地帯は若干配置に癖もあり、踏み方を決めていないと一気に崩れてしまう。[DP-CHA]と違いショックアローが無いことを考慮しても、それでもLv14が妥当。
    • Lv13 LOVE & JOY -Risk Junk MIX-(2013) - [SP-EXP]をさらに上回るノート数561を誇る体力譜面。譜面自体の配置はLv13相応とはいえ、DPでこのノート数はさすがに多すぎる。そして終盤の16分が絡んだパネル中央付近の配置が非常に踏みづらく、接続難度も高い。体力譜面ということで個人差が分かれるであろうが、Lv14弱が妥当か。
    • Lv13 Straight Oath(2013) - 全体的に縦連やビジステップを含んだ複雑な渡りが多い。特にサビからそれぞれ2回存在する縦連→渡り→アフロ踏みの一連の配置及び交差を含んだビジステ渡りはLv13にしては踏みにくい。ノート数が464と多めであることも考慮するとLv14弱〜中が妥当か。
    • Lv14 nightbird lost wing(2013) - 全編続いてかなり左右の振り回しがあり、そこへ16分の応酬でバランスを崩しやすい。CUT2をかけてようやくLv14適正か。素だとLv15相当。
    • Lv15 Spanish Snowy Dance(2013) - 危険!! 全体を通して変則なリズムが続く。[SP-EXP]に渡りと遠配置が付け加わったような譜面であり、中盤の12分連打は特に強烈。曲が長く体力的にも詐称気味で、Lv16の曲に混じったとしても上位の難易度であり、この手の配置が苦手ならば体感難易度はLv17にも感じられるか。
    • Lv15 STULTI(2013) - BPM182の16分地団駄の時点でLv15の範囲を超え気味な上、それが曲中頻出する。さらには停止も合わさっており、Lv15安定レベルでも初見即死してしまうレベルの詐称曲。
    • Lv15 †渚の小悪魔ラヴリィ〜レイディオ†(2013) - [SP-EXP]とリズムが変わらないどころかむしろノーツが573→590(STREAM値が110→121)と増えており、8分滝の配置もDPならではの配置が多く難化している。16分滝も渡りながらになるので難しく、縦連同時は左右のみの遠距離渡りに変化。特に2回目のサビに入る付近はAnti-Matter[DP-EXP]のラストとほぼ同配置の16分13連カニ歩き→2P上下FA同時からの縦連打8連が休みなしで続くという、Lv16として見ても規格外な配置となっている。個人差を考慮しても総合的にはLv16中位〜上位相当。
    • Lv16 TRIP MACHINE EVOLUTION(X3) - 中盤の16分が絡んだ渡りは入り足が難しく、Lv16の難易度を超越している上、その後のサビの連続同時渡りはDPでも珍しい配置で特に難しい。個人差もあるが、少なくともLv17相当。
    • Lv16 Triple Journey -TAG EDITION-(2013) - [SP-EXP]とほぼ同様のリズムだが、渡りの要素が加味された分全体的な配置は若干マイルドになっている。ラストの33連はI'm so Happy[DP-CHA]のような3点乱打で、譜面は見切れてもGreat以下でハマりやすい。これもSP同様Lv17相当と思ったほうが良い。
    • Lv17 POSSESSION(X2) - SP同様かなりの体力譜面。加えてジャンプ地帯や終盤の左右移動がかなり激しく、体力維持に必要なスキルがSPの比ではない。体力次第ではあるがLv17としては詐称気味。Lv18クラス。
    • Lv17 Tohoku EVOLVED(X3) - 常時渡りを含む8分踏みや同時絡みのラッシュを踏まされる全体難かつ高密度な譜面で、Lv17では強めの発狂が延々続く。POSSESSION[DP-EXP]と同様、体力要素を考慮してLv18クラスと言える。
  • 逆詐称
    • Lv13 Across the nightmare(EXTREME) - Lv12の[SP-EXP]とほぼ同じリズムで、配置も特に難しいところはない。Lv13の[DP-CHA]と比較してもノート数が少なく、明らかに1ランク下なので、Lv12が妥当。
    • Lv13 Find You Again(X3) - 局所的に16分があるが、Lv13にしてはリズムはそこまで難しくなく、クリアだけを考慮してもLv12が妥当。
    • Lv13 Let's Get Away(X3) - [SP-EXP]とは全く違うリズムで密度も高くなって序盤には交互難もあるが、交互難は1P側のみであり、中盤以降は入り足を間違わなければ交互に踏める。初見キラーだがそれでもLv12上位程度。要所をある程度覚えればLv12下位相当まで落ちる。
    • Lv14 KEEP ON MOVIN' (Y&Co. DJ BOSS remix)(X3) - [SP-EXP]と同じくリズムが非常に難解なためスコア難度は高い。しかし、クリア難度は多少配置難な部分はあるものの、BPMの遅さもあってLv14と呼べるほどのものではない。[SP-EXP]同様前作からLvが上がっているが、こちらはLv13で妥当。
    • Lv14 Empathetic(2013) - 同曲の[SP-EXP]を単純にDP用に配置し直した感じの譜面。DPになった所でDP特有の難しい配置はほとんど無く、[SP-EXP]が踏めるのならば[DP-EXP]も普通に踏めるはずである。SPと同様、Lv13中〜強相当。
    • Lv16 New York EVOLVED(Type B・Type C)(X3) - 通常解禁前はSPと同じくHSのかけ方は難しかったが、解禁された現在では密度はSPに比べてもかなり低くなっており、配置もそこまで難しいものはない。総合的にLv15相当。
    • Lv16 tokyoEVOLVED(X3) - 停止などあるものの、配置はかなり素直で難解なリズムも特にない。Lv16というほどの局所難もなく、Lv15をつけたとしても弱い部類に値する。
    • Lv17 Anti-Matter(X2) - ラストの高速カニ渡り以外にLv17らしい部分が全くない。BPM400地帯は配置がかなり素直で難しい振り回しも特になく、BPM200地帯もSPにある16分が1つもないので、譜面をちゃんと見極められればそれほど大変ではない。Lv16下位〜中位程度か。
  • 個人差
    • Lv13 bag(EXTREME) - SP同様非常に見づらい密集譜面。適正なHSを設定しないとひどい目に遭う。
    • Lv13 桜(EXTREME) - SP同様、高速適性とソフランの得手不得手で妥当にもLv14にも感じられる。DPは渡りが絡むため、SP以上にそれらに左右されやすい。
    • Lv13 チカラ(SuperNOVA) - 難しいのは終盤の16分17連の1ヶ所のみ。フルコン難易度ではLv14上位まで上がるが、クリアだけなら微リズム難ややや速めの渡りを考慮してもLv12下位程度。狙いが何かが問題と言える。
    • Lv13 Rescue Me(X3) - フリーズアロー地帯が踏めるかどうかによって上下する。交互に踏むのが難しい配置な上、曲全体を通してリズムの取り辛い16分が混じる。譜面認識力を問われる。
    • Lv14 Horatio(X) - 8分滝は長いが、序盤に1箇所ある交差以外は全てスタンダードな渡りかカニ歩きなので足運びは難しくない。疲れた状態でも長めの地団駄が正確に踏める人には逆詐称に感じるだろう。そうでない人にはLv相応につらい。
    • Lv14 Pierce The Sky(X2) - 高BPMの8分滝で左右に振り回される上、その滝の中に1Pから2P(その逆もあり)に飛ばされる配置が何度もある。珍しいタイプの捻りが何度か登場する。低速地帯も32分が配置されていて、Lv14のかなり上位か。捻りと遠距離渡りが得意でなければLv15相当に感じる。
    • Lv15 CRAZY♥LOVE(X3) - [SP-EXP]と比べ配置はかなり素直で難解なリズムも特にないが、同時や縦連で体力を使うためこの辺の得意不得意でLv15かLv14か分かれる。
    • Lv15 Another Phase(2013) - 密度が同曲[SP-EXP]よりも低く、配置も単純でLv15としては弱め。一方NOTE数は547と少なくなくリズム難も絡むため逆詐称とも言い切りにくい。体力次第ではLv14に感じられるか。
    • Lv15 Air Heroes(2013) - 同曲[SP-EXP]より同時こそ減ってるものの、8分滝がjunボス曲譜面やX-Specialに見られるような難配置であり、開幕の16分滝もあってEXTRAでの突破難易度が高い。中盤の16分7連ラッシュも入り足が難しいが、そこを越えた後はスイッチ地帯となり以降も密度が減るので、通常ゲージなら妥当になると思われる。
    • Lv16 Arrabbiata(SuperNOVA2) - 左右振りが極端に激しく、左右振りが得意かどうかで非常に大きな個人差が出る。
    • Lv16 NGO(SuperNOVA2) - 終盤の滝まではBPMの速さを考慮してもLv14程度。しかし終盤の滝は激しい捻りを伴った左右振り回しであり、Lv17の同曲[DP-CHA]の終盤の滝に勝るとも劣らない。体力が奪われた状態で同程度の滝を踏まされる[DP-CHA]よりは確実に簡単だが、極端な局所難だけに個人差が出やすい。
    • Lv16 TRIP MACHINE (xac nanoglide mix)(X3) - 全体的にフリーズを絡めた認識難の譜面が続く。16分3連の2つ目がフリーズアローになっていたり、フリーズアローによってスライドを要求される箇所が多く16分3連を踏みながら後ろ向きで渡る配置もある。振り回しや連打の部分がLv16としては厳しくなくその分難易度がリズム難や認識難によるところが大きいため得意不得意や慣れによる個人差があり人によりLv16上位〜Lv17辺りか。
    • Lv16 UNBELIEVABLE (Sparky remix)(X3) - 振り回しが厳しい上に交互に踏むためにはスイッチ必須の配置が多く、切りどころも少なくない。ライフ制でのクリアは妥当だが、通常ゲージならそこまでの殺傷力はなく、人によってはLv15程度に感じるかもしれない。ただし、KIMONO♡PRINCESSのような配置が苦手な人は通常ゲージでも妥当か。
    • Lv17 ΔMAX(X2) - SPと違い前半の低速部分は見切りやすく、後半の超高速部分も譜面は比較的単純で、譜面自体はLv16相当。ただし後半は実質BPMとしては最高なので、HS適性が低いと譜面認識・体重移動ともに追いつかなくなり、とたんに難易度が跳ね上がる。渡りが絡む分、SPとは逆に高速適正で個人差が出やすい。

Lv18

  • 個人差
    • Valkyrie dimension(X2) - 停止地帯終盤の2P↑1P↓と踏ませる遠配置、終盤1か所存在する16分3連の最後同時踏みなどのSPには無いDP激特有の難所がある。それでもLv18としては弱いが、詐称曲を除くLv17群と比べるとかなり強めなので、舐めてかかってはいけない。

CHALLENGE

Lv8〜Lv12

  • 詐称
    • Lv9 BRILLIANT 2U(K.O.G G3 MIX)(MAX2) - BPMが170と高めで全体的に左右振りが多い。16分や裏箔によるリズム難も相まってLv9だと詐称気味。
    • Lv10 KUNG FU FIGHTING(1st) - 要注意! BPMが116といえど、16分を踏ませる配置が多く、ラストには捻る16分もある。また遠配置が多く左右に激しく揺さぶられる。[SP-CHA]よりも踏みづらく、Lv12が相当。
    • Lv10 AFRONOVA(FROM NONSTOP MEGAMIX)(MAX2) - [SP-CHA]同様、配置は単純だがBPMの速さから体力を要する。また、入り足を間違えさせるような罠も存在する。Lv11相当。
    • Lv10 CELEBRATE NITE(EURO TRANCE STYLE)(MAX2) - 中盤などに16分がそこそこ多い。リズムも難度もほぼSPと同じなので、Lv11が妥当。
    • Lv10 smooooch・∀・(X2) - 危険!! 中盤の連続同時+ショックアロー地帯は初見だと危険で、それ以外にも渡りながらショックアローを処理するなど、全体的にショックアローがかなり難しい。ショックアローへの慣れで体感難度は変わるが、少なくとも[SP-CHA]よりは数段上で、Lv12はあると思われる。
    • Lv12 SP-TRIP MACHINE〜JUNGLE MIX〜(X-Special)(X) - 入り足が分かりづらい振り回しや遠配置が続く譜面。ノート数こそ262しかないとはいえ、Lv13が妥当であろう。
  • 逆詐称
    • Lv12 Raspberry♥Heart(English version)(SuperNOVA2) - 配置は嫌らしいが、密度はかなり低く、Lv12と呼ぶにはパンチ不足。Lv11相当。
    • Lv12 Mermaid girl(X3) - 基本は[DP-EXP]の譜面の左右反転で、そこにショックアローを織り込んだ譜面。ショックアロー自体は特に嫌らしいものでは無く回避しやすい配置で、Lv11の[DP-EXP]が出来れば問題無いレベル。中盤にやや難解なショックアロー絡みの配置があるが、全て4分で来るので落ち着いて対処すれば問題ない。
  • 個人差
    • Lv8 only my railgun(X2) - SP同様、4分のステップの間に8分のショックアローが挟まるパターンが続く地帯がある。ショックアローのよけ方次第で忙しさががらりと変わると思われる。片足を銀パネに置いて、もう片方の足だけで処理するのが一番楽か。
    • Lv10 女々しくて(X3) - 中盤の大量ショックアロー地帯の配置が1P↓⇔2P↓の往復、1P↑⇔2P↑の往復となっており、[SP-CHA]の同地帯に比べてかなり難易度が高くなっている。特に↑配置の時はバランスを崩すと台から落ちかねないので要注意。[SP-CHA]同様フルコン難易度だけで言えば詐称か。SAが得意だったりBPM的に自分に合うプレイヤーには相応か以下の難易度だろうか。
    • Lv11 south(2013) - ショックアローが1Pと2Pの片側だけに出てくる上、前代未聞のショックアローと同タイミングでのステップが存在し、これまでに無い足運びを要求される。もっとも密度は低いので、特殊なショックアローに慣れてしまえば逆詐称気味。

Lv13〜Lv17

  • 詐称
    • Lv13 Flow (True Style)(SuperNOVA) - 2回目のBPM280地帯は開始から左右に振り回される中で、同時を挟む8分6〜7連→リズム難の上に所々交互に踏みにくい配置のスキップという流れになっており、Lv13を超えた配置である。全体的に振り回しが激しいことや、ソフランも考慮すると14中が妥当か。
    • Lv13 PARANOiA ETERNAL(X-Special)(X) - BPM200もの高速で↓から↓への難しい交差渡りをさせられる。振り回しや縦連も多く、物量も非X-Special[DP-EXP]より大幅に増えていて、あちらと同じLvとは到底考えられない。X時のLv15は逆詐称だったが、X2で降格され過ぎた。Lv14が妥当。
    • Lv13 SABER WING(X) - EXPERT譜面の強さをそのままにショックアローが追加されている。そのショックアローを移動しながら避ける場面が多く、ショックアローのスキルが問われる。さらに低速も見づらくなっているなど至れり尽くせり。EXPERTの上位互換+αなので13の範疇を逸脱してるといえる。
    • Lv14 Healing Vision(X-Special)(X) - 交互に踏みづらい8分振り回しがひたすら続く上に、低速も詰め込みによる識別難が酷い。下記のPARANOIA EVOLUTION(X-Special)同様X2の降格譜面であり、同譜面には劣るがそれでもLv15相当の詐称譜面。
    • Lv14 PARANOIA EVOLUTION(X-Special)(X) - 危険!!全体的に長い8分滝の振り回しや縦連が多く、他の曲に比べても比較的難しい配置が多い。BPM200以下の8分のみの譜面としては最強クラスの譜面であり、人によってはLv16弱勢よりも難解に感じられるであろう。XではLv15だったのだが、どういうわけかX2でLv14に降格された。
    • Lv15 Straight Oath(2013) - 序盤からLv15挑戦レベルでは即死もありうるほどのBPM182の長めの16分地団太、そこを抜けると各種Lv14 X-Specialのような8分交互難遠配置が続いた後、後半に再度16分乱打が待ち構えている。X-Specialよりも曲が長いことを考えれば、8分交互難だけでも十分Lv15相当にもかかわらず、長めの16分が曲中に散りばめられているため、詐称気味。
    • Lv17 Spanish Snowy Dance(2013) - 総ノーツ700越えの高密度体力譜面。捻り、逆足、遠配置、同時踏み渡りと難所が矢継ぎ早にやってくる。その傾向とBPMから、Lv18のPARANOiA Revolution[DP-EXP]を多少簡単にした程度と言える。DPプレイヤーにとってはPARANOiA Revolutionよりもハイスピを合わせ易い事もかなり大きいが、それでもLv18下位〜中位。
  • 逆詐称
    • Lv13 D2R ("FREEZE" Special)(SuperNOVA2) - ノート数は極端に少なく、必要体力はLv8程度。売りのFA絡みも、同曲[SP-CHA](Lv12)より単純でin love wit you[DP-EXP](Lv9、詐称だが)と同位程度でしかない。むしろFAと関係ない間奏の交互難のリズム難の方がこのLvにふさわしいと言えるかもしれない。総合的にはLv11程度。
    • Lv13 アルストロメリア (walk with you remix)(X3) - 銀パネ交互の練習譜面。出来なければ難易度相応に難解だが、もっと低難易度にも銀パネ交互はあるので身につけられている可能性の方が高いと思われる。Lv13の他のSA譜面やLv12のそれらと比べても難易度は低いし、銀パネ交互できれば同曲[DP-EXP]よりリズム的に簡単と言える。Lv12最底辺相当。
    • Lv14 DoLL(SuperNOVA) - 総合的に他のLv14の曲に比べて易しく、激とそれ程の違いがあるとは思えない。激がLv12ならば、こちらはLv13で十分だろう。
    • Lv14 escape(2013) - BPMが遅い上にそこまでいやらしいSA絡みも無い。配置も基本素直であり、SPと難易度は大差無い為、Lv13中〜上位が妥当か。
    • Lv16 隅田川夏恋歌(X3) - いわゆる「濁流」地帯は渡りを伴ってはいるが、カニ配置に似た形であり見た目よりかは踏みやすい。また濁流と共に同曲[SP-CHA]の難所となっている長い16分地団駄滝が、DPでは16分3連に分割されている。他にもSPでは濁流と次の濁流の間にあった16分3連もDPでは無くなっているなど、全体を通じてSPよりも1ランク下の難易度。DDR2013でSPと共にLv15からLv16に昇格したが、DPに関してはLv15のままで妥当であったと思われる。
    • Lv17 MAX 300(Super-Max-Me Mix)(SuperNOVA) - ジャンプ、渡り、フリーズ、地団駄など、様々な要素が複合して襲ってくるテクニカルな譜面で、休憩地帯も少なめ。スライドしないと踏めない配置が多いが、正面維持がしやすくラス殺しも無い。全体的に見てもLv17としては逆詐称であり、実質Lv16クラス。
  • 個人差
    • Lv14 PARANOiA Rebirth(X-Special)(X) - 開幕からの8分滝の配置が凶悪で、無理やり交互に踏もうとすると転倒する可能性がある。全体的に譜面も読みづらい上に、全部交互踏みで処理しようとすると逆足になってしまう配置も。スライドが得意なら比較的簡単かもしれないが、完全交互踏みだと苦戦するかもしれない。
    • Lv15 B4U ("VOLTAGE" Special)(SuperNOVA2) - 終盤の縦2連が大量に混じった16分18連、あまりにも理不尽な配置を含む同時混じりの16分5連×2など、極端なラス殺し。むしろそれ以外はLv13相当しかなく、全体の平均を取ってLv15に設定されている感がある。フルコン難度はLv18相当まで一気に跳ね上がるが、クリア難度はゲージの減少が厳しかったSuperNOVA2当時に比べればだいぶ楽で、スコア難度はやや詐欺気味か。
    • Lv15 Chronos(X3) - 後半に入ってすぐに連続同時踏み地帯があるが桂馬踏みの連発。このあたりができるかどうかが難易度の上下だろう。その後に16分連打渡り。前半もままならないうちは時期尚早か。
    • Lv15 Another Phase(2013) - SPと異なり16分滝の最後にショックアローが置かれている場所はないが、かわりにショックアローの直前が同時になっている部分がある。渡りながらショックアローを避ける部分もあるため、銀パネで避けるとどちらの足でどの銀パネルを踏むべきか分かりにくい。[DP-EXP]と微妙にリズムが違う部分もあり、特に大ジャンプ避けだとプレイ感覚が大きく変わるため、どう避けるにしても相当な慣れ・譜面研究が必要。
    • Lv15 Beautiful Dream(2013) - Lv17のFascination 〜eternal love mix〜[DP-CHA]のBPM200地帯を髣髴させるような8分の遠距離ひねり渡りが終始続く。もちろん、ソフランがない事によりHSを高めに設定可能なため、単純に難易度の比較は出来ないが、Lv15の難易度帯でこれほどの遠配置は相当珍しく、食らいついていけるかどうかは渡りスキルによる個人差が大きく出る。
    • Lv16 Monkey Business(2013) - ソフランや低速による認識難に加え、中盤の低速地帯の地団駄からの渡りと終盤の交差渡りといった難所が存在し、ノート数も600を超えるため体力譜面の傾向もある。難所の合間でゲージは稼げるがそれでも16強はあり、人によっては17に感じられるか。
    • Lv17 RËVOLUTIФN(2013) - 前半は特に難所はないが、後半に発狂地帯が休み無く続く。特に同時の絡んだ8分の続く左右振りはLv17を突出した配置であるがそれに続く配置は主に体力面での個人差によって体感難度が大きく変わる。全体として体力があるならLv17中〜強、そうでなければLv18に感じられるか。

Lv18

  • 個人差
    • DEAD END("GROOVE RADAR" Special)(SuperNOVA2) - GROOVE RADER Specialの名の通り、平均密度、瞬間最大密度、停止や16分配置、ジャンプ、フリーズアローがふんだんに盛り込まれた譜面。本番は三度目の停止後で、直前の停止のせいで矢印の色がカオスになっていることもあり、認識難、リズム難、低速のトリプルコンボ。X2での判定緩和もあり、クリア難度はLv18の中ではそこまで難しくはないが、スコア難度はLv18の中でも難しい部類に入る。
    • (X2) - Lv18にしてはDPらしい配置が非常に少なく、総合的に見れば逆詐称気味。だが、X2収録のDP全譜面中最多のNOTE数(684)を誇るため、体力に自信がない人や、体力譜面+高速地団駄が苦手な人にとってはLv相当に感じるかもしれない。
    • Go For The Top(X3) - 終盤以外はカニ歩きや16分3連などLv18の割に踏みやすい配置が続く。終盤だけLv18相当の配置になるが、道中休憩になる配置がなく、スコアや接続を狙って序盤で頑張りすぎると体力切れで終盤のラッシュに耐えられない。冥[DP-CHA]とはまた一味違う体力系個人差譜面となっている。
  • Lv18上位譜面
    • MAXX UNLIMITED(X-Special)(X) - Triggerを超えた超発狂譜面。まともに交互に踏めない為、随所で切り替えが必須。X初出時はLv17とかなりの詐称だった。
    • 888(X2) - 222BPM 16分譜面=444BPM 8分譜面に等しく、NOTE数も尋常じゃないので、相当の体力を要する。
    • Triple Journey -TAG EDITION-(2013) - 前半は比較的易しめだが、サビ以降は16分滝を踏ませながら左右を移動する配置が増え、ラストの33連も6パネルで振り回される強烈な配置となっている。STREAM値が199(DP全譜面中3位)という超体力譜面であり、配置こそTohoku EVOLVED(DP-CHA)より踏みやすいものの体力的な問題でこちらの方が厳しいという人もいる。何が得意かによって位置づけも変わってくると思われる。
  • Lv18最難関候補
    • PARANOiA 〜HADES〜(SuperNOVA2) - とにかく体力勝負。中盤の超密集は左右に重心を振り回されるため極めて危険。クリア狙いならそれぞれ3歩目を捨てるといい。
    • Pluto Relinquish(SuperNOVA2) - 通称「紫芋プリン」、DP-EXP譜面で休憩だった200BPM地帯に同時押しと遠配置を入れて強化、DP-EXP譜面前半の8分32連は6部25連へ密度は下がっているものの配置が恐ろしい程の振り回しへと変化、極めつけに最後の滝が捻りと渡りだらけになり、その破壊力はValkyrie dimension (DP-CHA)のラス殺しに並ぶ。Valkyrie dimension (DP-CHA)Tohoku EVOLVED (DP-CHA)同様Lv19でも違和感の無い譜面ともいえる。
    • Tohoku EVOLVED(X3) - 逆足の認識難と、常時続く振り回しと捻り、連続四分同時などが休み無く続く体力譜面。他のLv19の曲のように突出した箇所は存在しないものの、総合的にLv18を超越する要素が満載の譜面。

Lv19

  • 個人差
    • Valkyrie dimension(X2) - SPにある序盤の超発狂が無く、道中はLv18下位程度。ラストの振り回し超発狂は流石に強烈だが、Lv18のPluto Relinquish(DP-CHA)やLv19のPOSSESSION(DP-CHA)も同等かそれ以上の破壊力を持つ。Lv19の登場によりLv18最難関勢を詐称と考えるか否かでこの譜面の位置づけも変わるだろう。
  • 難関譜面
    • POSSESSION(X2) - 通称「哲学」、X2ロケテ当時にあった遠配置の8分5連や前半の1P⇔2Pの高速往復などが修正されているが、基本的にはEXPERTをかなり強化した譜面。前半はEXPERTに移動量が増えたような配置だが、後半は8分65連打→3連符同時ラッシュ→同時混じりの3連符7連→難配置の3連符滝と立て続けに難所が待ち構えている。特に8分65連打と3連符滝は超鬼畜で、前者は2人プレイ用ではないかと思えるような配置、後者は理論上は可能だが速度(NGOの8分とほぼ同じ速度)を考えると交互に踏むのは相当厳しい(普通は踏めない)配置となっている。これらを考えるとLv19のValkyrie dimension(DP-CHA)よりも明らかに難しい。X2ではLv18という明らかな詐称であり、X3ロケテよりLv19に昇格した。
    • PARANOiA Revolution(X3) - 中盤のブレイク前半部は原曲のPARANOiA[DP-DIF]譜面やMAX.(period)[DP-DIF]をモチーフとしており、唯一の休憩地帯。それ以外は全く休みがない。BPM360の中で8分を主体とした地団駄、捻りやアフロ踏みを含む左右振り、リズム難、トラボルタ配置、縦連打など、あらゆる要素を取り入れて高難度化された総合力譜面。前半部は流れてくる譜面の見た目を重視した配置になっているほどで、足運びも考えさせられる。トップランカーをして「振り回しスペシャル」と言わしめるほどの渡りの多さ・速度で、総合力と同時に相当な体力も必要になる。

Last-modified: 2016-03-24 (木) 04:37:40
Site admin: iMp95
mail : imp@callusnext.com (←@を半角に)