DanceEvolution ARCADE

DanceEvolution ARCADE

収録曲雑記

  • DDRに収録された楽曲も含め、新規ジャケットが採用されている。
  • 日本テレビ系列バラエティ番組「ガチガセ」でAKB48とEXILEのメンバーが実際の筺体を使って対決するコーナーがあり、版権曲「PONPONPON」とコナオリ曲「Unity」の2曲が勝負に使用された。コナオリ曲の演奏は度々明記を伏せてBGMとして使われることがあったが、名前付きで番組のコーナーの一環として放映されるのは珍しいケースである。

版権曲

  • irony
    • テレビアニメ「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」OPテーマ。
    • ClariSの楽曲は、他BEMANI機種にはカバーであるものの「コネクト」がjubeat copious、DDR X3、pop'n 20 fantasiaに収録されている。
      • jubeat plusに「ClariS pack」「ClariS pack 2」計8曲が、REFLEC BEAT plusに「ClariS pack」が収録。
    • 「あそびかたレッスン!」ではチュートリアル後、同曲のかんたん振付(LIGHT)をプレイする。
    • 原曲には振り付けがないので、ダンエボ収録時に新たに振り付けされたと思われる。
  • ヘビーローテーション
    • jubeat copious(saucerで削除、入れ替えによる復活もなかった)、REFLEC BEAT limelight(いずれも本人歌唱)、ハロー!ポップンミュージック、DDRX3(いずれもカバー、DDR版はDDR2013で前奏一部カット)にも収録されている。
    • 原曲の振り付け師である牧野アンナ本人がモーションを担当している。
    • 2011年12月7日のInfinity Ventures Summit 2011 Fall Kyotoにて、この曲で実演が行われた。
    • 公式PV

上記2曲はLIGHTが「かんたん振り付け」として別ジャケットで用意され、振り付けも若干簡易化されている。

  • Brave
    • 同アーティストのBEMANIシリーズ収録曲は、「カーニバる?」(jubeat knit)、「今のキミを忘れない」(REFLEC BEAT limelight)に続き3曲目。
    • irony同様、原曲には振り付けがないので、ダンエボ収録時に新たに振り付けされたと思われる。
    • 2012年KAC予選ラウンド課題曲。
    • 公式振り付け動画
  • PONPONPON
    • 作詞・作曲は中田ヤスタカ(プロデュースも担当している)。
    • jubeat copious APPEND、ミライダガッキ(カバー版)にも収録されている。コナミ以外のメーカーの音楽ゲームではmaimai(セガ)に収録。
    • 原曲の振付は振付稼業air:man。ただし、ダンエボでのモーションキャプチャーをしているかは不明。
    • 公式PV
  • 女々しくて
    • jubeat copious、REFLEC BEAT limelight、pop'n 20 fantasia、DDR X3、GITADORAにも本人歌唱版で収録されている。コナミ以外のメーカーの音楽ゲームではmaimai、GROOVE COASTER ARCADE(タイトー)、太鼓の達人(バンダイナムコゲームス)に収録。
      • DDRX3、GITADORAにはPVも収録され、DDRには振り付けをある程度再現できる譜面が存在する。
      • ミライダガッキにはカバー版が収録されている。
    • このゲーム用にゴールデンボンバーのメンバー 歌広場淳本人が振り付けの監修及びモーションキャプチャーを行っており、DDRのPVには無かった振り付けが存在している。
      • 曰く尺の関係で振り付けにアレンジを加えたとのこと。
      • イントロ・アウトロの振り付けはダンエボにも収録されている恋愛レボリューション21の間奏の動きを取り入れている(本人達曰く「パクった」)。
    • ジャケットは「女々しくて」マキシシングル盤が採用されている。
      • jubeat、GITADORAでも同じジャケットで収録されている。
      • REFLEC BEAT、DDRは「女々しくて/眠たくて」通常盤ジャケットであったが、後日マキシシングル盤ジャケットに修正された。
    • Sweet Rain登場までは、MASTER・STEALTH譜面は全曲中最多のマーカー数298(シークレットリップル含む)であった。
      Sweet RainのMASTER譜面は元より、EXTREME譜面までもがマーカー数309と、この譜面を超えてしまったため、AC全曲中3位のマーカー数になった。
      動きが大きい上、他機種と比べて曲の尺が長い。本ゲーム屈指の体力曲の1つ。
    • 2013年KAC予選Cグループ課題曲
      • Bメロ(4/8)に判定の極めて厳しいポーズマーカーが存在する(両手を水平に広げ身体を左に傾ける箇所)。上述のKAC予選においても究極舞踏(ALL PERFECT)達成者は現れなかった模様。
  • マル・マル・モリ・モリ!
    • フジテレビ系TVドラマ「マルモのおきて」テーマソング。
    • 振り付け・モーション担当は、原曲の振り付けをした濱田“peco”美和子。
    • 2人プレイ専用の振り付けが存在し、公式PV同様に向かい合ってハイタッチしたりすることができる。(ソース)
    • 公式振り付けPV
  • ルカルカ★ナイトフィーバー
    • 2012年6月27日追加配信楽曲。
    • VOCALOID巡音ルカの音声合成を使用した楽曲を実谷なながカバーしたもの
    • ハートフルエンタテイメントから発売されたシングルのジャケット。ジャケットの女性は同シングルの付属DVDに収録されているダンスムービーで出演している愛川こずえ
      • 彼女は、セガが発売している「初音ミク -Project DIVA- extend」および「maimai」にて収録されている原曲のモーションアクターを担当している
    • キャラがマスクをしているのは、振り付けの元になった動画にて愛川こずえがマスクをして踊っていたことが由来だと思われる(参考動画(ニコニコ動画)),(参考動画(youtube))
    • 曲冒頭のステージ背景には、ニコニコ動画のコメントを連想させる映像が流れている。
    • REFLEC BEAT colette、ミライダガッキ(ALTによるカバー版)にも収録されている。
  • マジLOVE1000%
    • 2012年8月2日追加配信楽曲
    • TVアニメ「うたの☆プリンスさまっ♪ マジLOVE1000%」メインテーマ兼EDテーマ。
    • ニコニコ動画にて第一話で流された部分が公式配信されている。
    • ST☆RISH(スターリッシュ)はうたの☆プリンスさまっ♪劇中に登場するユニット。
    • 振り付けは山城陽子。水樹奈々や本楽曲でも歌唱している宮野真守やSMAP等のライブにおけるダンス演出や、ハロー!プロジェクトのコレオグラファーとしても有名。
    • 振り付けは6人それぞれの振りを再編して1つにしたものになっている。さらに2人プレイ時には掛け合いの振りが追加。
      • また、振り付けはマイク持ち前提のため、何か小道具を持っていくと良いかもしれない。
      • なお、曲選択画面のキャラはマイクを持っていないが、プレイ中のキャラはマイクを持参している。
      • 2012/12/04のアップデートにより、曲選択画面のキャラもマイクを持つように修正された。
    • プレイ時、曲のソロパート等に合わせて筐体のLEDがキャラのイメージカラーに光る演出がある。
    • REFLEC BEAT colette、jubeat saucer、pop'n Sunny Park、DDR(2013)、ミライダガッキにも収録されている(DDR・ミライダガッキはカバーで他は原曲)。コナミ以外のメーカーの音楽ゲームではGROOVE COASTER ARCADEに収録。
      • なお、DDRでは7月に追加されたCHALLENGE譜面が、一部振り付けを意識したものになっている。
    • 2013年KAC予選Bグループ課題曲
  • 行くぜっ!怪盗少女 -Zver.-
    • 2012年8月2日追加配信楽曲
    • ももいろクローバーは2008年5月に結成されたアイドルグループ。
      • 2011年4月にメンバーが一人脱退したことを機にZが付いた。
    • 元々は無印時代のメジャー1stSingleとして発売された楽曲。今回収録されるのはZ化後に発売された1stAlbum「バトルアンドロマンス」版の音源。
    • 振り付けは5人それぞれの振りを再編して1つにしたものになっている。
    • 原曲の振り付けは石川ゆみ。
    • プレイ時、ソロパートやイントロ・アウトロのメンバー名のコールに合わせて筐体のLEDがメンバーのイメージカラーに光る演出がある。
    • REFLEC BEAT coletteにも原曲で収録されている。
    • 同アーティストの楽曲は、「猛烈宇宙交響曲・第七楽章「無限の愛」」がjubeat saucer、pop'n Sunny Park(いずれも原曲)、GITADORA、ミライダガッキ(いずれもカバー)、「DNA狂詩曲」がjubeat saucerに収録されている。
    • 2012年KAC予選ラウンド課題曲ならびに2013年KAC予選Cグループ課題曲。
      • 収録曲中、唯一2年連続で予選課題曲として選出されている。
    • 公式PV(Zver.ではなく、6人時代のもの)
    • 公式振り付け動画
  • MERRY GO ROUND
    • 2012年9月21日追加配信楽曲
    • √5は、"歌ってみた"発のグループ。
      • 2014/5/7の彼らのニコニコ生放送にて、名義を「ROOT FIVE」に改名した。
    • テレビ朝日「BreakOut」とのコラボ企画によりダンエボに登場。
    • 振り付けは"踊ってみた"の「めろちん」が担当している。
  • NIGHT OF FIRE
    • 2012年10月24日追加配信楽曲
    • パラパラユーロビートの超鉄板ナンバーで、ParaParaParadiseやXbox360版Dance Evolutionにも収録されている。
      • 過去には、beatmaniaIIDX 6thstyleにも収録されていた(削除済み)。
    • 日本語でも、dreamやHINOIチーム with コリッキーなどがカバーしていた。振り付けはどちらともゲーム収録バージョンとは異なっている。
    • 2013年KAC予選Dグループ課題曲
  • 前略、道の上より
    • 2012年12月6日追加配信楽曲
    • 一世風靡セピアは、劇男一世風靡の中から歌を歌いたいメンバーが集まって結成されたグループ。現在は俳優として知られている、哀川翔や柳葉敏郎が所属していた事でも有名。
      • ちなみに、俳優の中野英雄やタレントの勝俣州和も劇男一世風靡に所属していたが、一世風靡セピアのメンバーではなかった(勝俣州和は、その後アイドルグループ「CHA-CHA」として歌手デビューしている)。
    • この曲は1984年6月25日に発売された。ダンエボで使用されているジャケットも当時のもの。
    • 原曲の振り付けは川崎悦子。ちなみに本曲は氏の振付師デビュー作でもある。
    • 2Pプレイ時は「マル・マル・モリ・モリ!」や「マジLOVE1000%」のような、掛け合い譜面となっている。1Pプレイ時も、プレイヤーと画面上のバックダンサーが掛け合いとなっている部分がある。
    • ミライダガッキにもカバー版が収録されている。
  • LOVE&JOY
    • 2013年1月10日追加配信楽曲
    • 関西テレビ・フジテレビ系ドラマ『花村大介』主題歌
    • 振り付けは野球チーム・中日ドラゴンズのオフィシャルチアリーディングチームである「チアドラゴンズ」によるもの。
    • jubeat knit・REFLEC BEAT・DDR X3に原曲が、DDR(2013年稼働版)とGITADORAにdj TAKAによるリミックス版が収録されている(DDRには原曲とリミックスの2曲が収録されていることになる)。コナミ以外のメーカーの音楽ゲームではmaimaiに収録。
    • ジャケットは、中日ドラゴンズのマスコットであるドアラが映っている「ダンエボオリジナル」。チアドラゴンズのロゴマークも入っている。
    • プレイキャラは、振り付けに合わせてかチアガールのコスプレをしている。さらにドアラの耳もつけている。
    • プレイ画面では、最初はキャラクターが誰もいない状態で始まり、ひかり(とあかり)・バックダンサーが順次入場、各キャラそれぞれがチアリーディングならではのアピールをするという、今までに無い演出から始まる。
  • Mickey (Hawaii version)
    • 2013年3月14日追加配信楽曲
    • 元々は、イギリスのグループが発表した曲「キティ」を1982年にトニー・バジルが「Mickey」としてカバーした曲。それを日本語でカバーしたのがこの曲。
    • フジテレビ系のバラエティ番組「ワンナイR&R」で、ガレッジセールのゴリが扮する「松浦ゴリエ」の登場曲として使用された。その後、人気が出た事からシングル発売された。
      • 「Hawaii version」とあるのは、PVがハワイで撮影されたため。
      • アーティスト名は「Gorie with Jasmine & Joann」ではあるが、実際にゴリエが歌っているパートはほとんど無い。
      • 余談ではあるが、2ndシングル「Pecori Night」で、2005年NHK紅白歌合戦にゴリエとして紅組で出演した(その回は、一方で和田アキ子が「m-flo loves AKIKO WADA」で白組で出演した)。
    • 振付担当はワンナイR&Rでもゴリエの振付すべてを担当した北垣美砂。
  • 恋愛サーキュレーション
    • 2013年4月10日追加配信楽曲
    • TVアニメ「化物語」 10話 オープニング曲
      • 化物語の楽曲はGuitarFreaks XG2 & DrumMania XG2、jubeat plusに「君の知らない物語」が収録されている。(ギタドラ版はカバー、jubeat plus版は原曲)
      • jubeat plusには「<物語>シリーズ第壱弾 pack」「<物語>シリーズ第壱弾 pack」として計8曲が原曲で収録。
      • コナミ以外のメーカーの音楽ゲームではmaimaiに収録。シリーズ曲「白金ディスコ」はGROOVE COASTER ARCADEに収録。
    • 振付はニコニコ動画で活動している踊り手集団「DOF団」の団長「兄貴」。
      • この振付の元となった踊ってみた動画では、「Sweetiex2」の振り付け担当である馬琴が踊っている(現在元動画は削除)。
    • 後にjubeat plusに恋愛サーキュレーションが移植された(原曲)。
    • 2013年KAC予選Bグループ課題曲
  • おどるポンポコリン
    • 2013年6月5日追加配信楽曲
    • TVアニメ「ちびまる子ちゃん」主題歌
      • 元々は初代エンディング曲だったが、現在はオープニング曲となっている。
    • 振付は香瑠鼓。当時の振付のうちコーラスを担当していた「Mi-Ke」の振付を元にしている。
    • DDR5thMIXにCAPTAIN JACKによる英詞カバー、DDR FESTIVAL(PS2)、DDR MUSIC FIT(Wii)、pop'n music 14にカバー(各々別音源)と、BEMANIシリーズには何度も収録されている曲である。
      • ミライダガッキにもこれと同音源で収録されている。
  • 恋するフォーチュンクッキー
    • 2013年8月21日追加配信楽曲
    • この楽曲自体が2013年8月21日にCDが発売された曲である。CD発売日当日に配信されたのはjubeat saucerとGITADORAに配信されたMay'nの「ViViD」に続き2例目。
      • 先日行われた、AKB48 32ndシングル選抜総選挙の結果を受けての楽曲。AC稼働時から収録されている「ヘビーローテーション」も総選挙楽曲だった。
    • ジャケットはType-Aのものを使用している。
    • 振付はパパイヤ鈴木。元々氏の得意な、ディスコ・オールドスクール系の難し目な振付を想定していたが、AKB48プロデューサーの秋元康の「簡単で誰でも踊れるような振付」のオーダーにより、現在の振付になったとのこと。
    • ダンエボ追加に合わせ、8/19に「お台場合衆国2013」内で設置された筐体にて先行公開された。
    • ダンエボとAKB48のコラボになっており、ダンエボ側では専用ステージ・専用衣装(この曲のセンターである指原莉乃の着ている衣装と同じ物)になっている。
      • AKB48側も、シングルに付いているDVDに収録されている振付ビデオが、ダンエボの背景でAKB48のメンバーが踊り、ダンエボのようにマーカー(STANDARD譜面)が出てくる仕様となっている(尺はゲーム版より長い)。
      • ちなみに、この振付DVDやダンエボのダンスパターン自体が本来の振付のミラーバージョンとなっている為、正規の振付を覚えたい場合はDVDやダンエボのパターンのミラーで覚える必要がある。
    • 序盤、サビにある回転部分では、バックダンサーも含めて別々の振り付けを行っている。
      • 種類としては5種(あかり、後方左端、後方左から2人目、ひかり(=後方右から2人目)、後方右端)
    • 2013年KAC予選Cグループ課題曲
    • 公式PV
  • なめこのうた
    • 2013年9月12日追加配信楽曲
    • ジャケットに描かれている「なめこ」はニンテンドーDSソフト「おさわり探偵小沢里奈」の主人公小沢里奈の助手を務めるマスコットキャラクターで、iOS/Androidでリリースされたスピンオフゲーム「おさわり探偵 なめこ栽培キット」で一躍有名になった。
    • モーションキャプチャー担当も福原遥本人。(公式サイトの表記でも「ダンス担当」となっており、振付師はまゆ花、NEFT FILMの2名と思われる。)
    • ステージの後ろに公式PVが流れている。これは、ライセンス曲としては「女々しくて」に続き2曲目となる。
    • ミライダガッキにもカバー音源で収録されている。
    • ダンエボACでは初となる上下方向のジェスチャーが登場する(MASTER,STEALTH)。なお、家庭用を含めると、「Mess With My Emotion」に上下方向のジェスチャーが存在している。
    • 公式PV
    • 福原遥による公式ダンスレッスン映像
  • マジLOVE2000%
    • 2013年10月10日追加配信楽曲
    • TVアニメ「うたの☆プリンスさまっ♪ マジLOVE2000%」メインテーマ。
    • 原曲の振り付けは「マジLOVE1000%」と同様、山城陽子。コナミ以外のメーカーの音楽ゲームではGROOVE COASTER ARCADEに収録。
    • 随所に「マジLOVE1000%」と似たような振付が出てくる。又、ハート型ストリームに加え、星形ストリームも出てくる(STANDARD以降)。
    • 2人プレイ時には掛け合い譜面となっており、「マジLOVE1000%」と異なり1人プレイ時はプレイサイドによって振り付けが変わる。
    • 2013年KAC予選Bグループ課題曲
  • 未確認中学生X
    • 2013年11月14日追加配信楽曲
      • CDシングル発売が2013年11月20日のため、CD発売前にゲーム収録となる極めて珍しいパターンである。
    • 私立恵比寿中学(以下エビ中)は、2009年に結成された現在9人組のアイドルグループ。ももいろクローバーZの妹分としても知られている。
      • メンバー全員が「中学生」というコンセプトの為、中学を卒業している年齢のメンバーも「中学4年生」などとしている。
    • ジャケットはサブカル盤(通常盤)のものを使用している。
    • 振付はラッキィ池田。「巨大ダイオウイカのまわりでファンキーに踊る深海のエビをイメージしたもの」との事。
      • 消費kcal数は22.80kcal。版権では初の20台であり、全曲でも「FLOWER」に次ぐ量を誇る。
    • ステージは、市街地ステージ(昼間の状態)に、エビ中メンバーやジャケットにいるダイオウイカ、エビ中ロゴなどが設置されている専用ステージとなっている。
    • 公式PV 余談ではあるが、PVの監督はPVにも出演しているタレントの関根勤。
    • 公式振付ビデオ
  • インベーダーインベーダー
    • 2013年12月26日追加配信楽曲
    • jubeat saucer、ミライダガッキにも収録されている。曲の構成は、どの機種も同じ。
    • 振付はMAIKO。
    • 公式PV
  • LOVEマシーン
    • 2014年2月20日追加配信楽曲
    • モーニング娘。7枚目のシングルで、初のミリオンヒット楽曲。原曲が発売されたのは1999年9月9日。
    • 振り付け担当は夏まゆみ。
    • エヌ・エス商事 エルセーヌCMソング。
    • 2014年からグループ名の後に西暦年をつけることになり、現在は「モーニング娘。'14」として活動している。
    • 原曲の編曲は恋愛レボリューション21と同じく、beatmania IIDX 12 HAPPY SKYにも参加した「ダンス☆マン」。
      • 2013年にリリースしたベストアルバムのupdated(リアレンジ)バージョンは、過去にIIDX・DDR・ポップンに楽曲提供していた平田祥一郎が担当している。
    • 1人プレイ時のイントロ部分では、バックダンサー6人でフォーメーションを組み「ディアーーー!」の声と同時にあかりのどアップになる。
      • これは、当時のモーニング娘。8人のモーションを再現したものである。その後は通常通り4人のバックダンサーと共に踊る。
      • 2人プレイ時は最初から通常通りの、4人のバックダンサーと待機・ダンス開始となる。
    • BEMANIシリーズではミライダガッキに、また以前にDDR Kidsに収録されている。
      • 音源はミライダガッキと同じ。又、ミライダガッキには、一部振り付けを模したポーズマーカーが存在する。
    • 全難易度通して、ポーズ、ジェスチャーの判定が非常に厳しいので、高スコアが出にくい。
    • 公式MV
  • 回レ!雪月花
    • 2014年5月28日追加配信楽曲
    • アニメ「機巧少女は傷つかない」エンディングテーマ。
    • 歌組雪月花はいろり(茅野愛衣)、夜々(原田ひとみ)、小紫(小倉唯)からなるユニット。
    • すでにjubeat、pop'n、REFLEC、DDRに収録済みで、これが5機種目の収録となる。
    • 振り付けは山城陽子。「マジLOVE1000%」「マジLOVE2000%」に続く収録曲となる。
  • 大藝術家 -The Great Artist-
    • 2014年6月24日追加配信楽曲
    • 台湾のアーティスト「蔡依林 -Jolin Tsai-」の楽曲。蔡依林 12th Album「MUSE」収録
    • YouTube公式PV:http://www.youtube.com/watch?v=bWx-vtCSg0w
    • 中国語読みは「ダーイーシュジャ」だが、名前ソートでは「桜」と「She is my wife」の間にあるため、英語読みが採用されている。
    • AC初出の版権曲で、1P時デイジーがガイドを担当するのは初となる。又、衣装はXbox360版のDLC衣装。
    • 1P時、途中でデイジーとバックダンサーがやりとりをするような振り付け(片手を差し出したバックダンサーをデイジーが軽くあしらう感じ)がある。
    • ダンエボと同じく動きをカメラで認識するダンスゲーム「DANZ BASE 舞力特區」(開発:台湾IGS)にも収録されており、振り付けはPVに沿っているが若干異なる。
  • 全城熱愛 -Feel the Love-
    • 2014年6月24日追加配信楽曲
    • 台湾のアーティスト「羅志祥 -Show Lo-」の楽曲。羅志祥 9th Album「有我在」収録
    • YouTube公式PV:http://www.youtube.com/watch?v=hWHSs34-fdM
    • 中国語読みは「チュェンチォンルェ゛ァアイ」だが、名前ソートでは「HYSTERIA 2001」と「Follow Tomorrow」の間にあるため、英語読みが採用されている。
    • KONAMI ASIAのFacebook上では事前にアジア系アーティストの楽曲追加が告知されており、アーティスト名を予想するキャンペーンが開催されていた(正解者先着4名に景品授与)。
      • 版権曲追加時は事前に楽曲名が予告されるのが通例であったが、今回はそれがなかった。上記キャンペーンが6月23日まで行われていた都合と思われる。
    • 大藝術家 -The Great Artist-と同じく「DANZ BASE 舞力特區」にも収録されており、振り付けはPVに沿っているが若干異なる。

踊ってみた祭り

  • サイバーサンダーサイダー
    • 2013年7月18日追加配信楽曲。EZFGは主にニコニコ動画でアレンジ、オリジナル曲を製作している投稿者の一人。BEMANIシリーズにはSOUND VOTEXに「cloud」を提供していた。
    • SOUND VOLTEX II -infinite infection-にも収録されている。
    • VOCALOID2応用ソフト「VY1」を使用した楽曲。詳しい説明はこちらを参照(ニコニコ大百科に飛びます)。
    • 振り付け担当はニコニコ動画で活躍する2人組ダンスユニット「先生と僕」の振り付け担当兼「先生」のK'suke。
      • 「踊ってみた」だけではなく、ダンスのインストラクターやKinki Kidsのバックダンサーなど、プロダンサーとしても活動している。
    • 踊ってみた動画:sm15658486
    • 1Pサイドと2Pサイドが違う振付になっている。そのため、一人でプレイをする時は、1Pサイドでプレイを始めた時と2Pサイドでプレイを始めた時で振付&ガイドキャラ(1Pサイド雅人、2Pサイド翔)が変わる仕組みとなっている。
    • 2013年KAC予選Eグループ課題曲
  • Sweetie×2
    • 2013年7月25日追加配信楽曲。Dixie Flatlineは主にVOCALOID『初音ミク』『鏡音リン・レン』『巡音ルカ』を用いてオリジナル曲を製作、発表している動画投稿者。
    • BEMANIシリーズではSOUND VOLTEXに「遠く Dexholic Mix」を提供している。
      • ちなみその曲の歌い手である祭屋とは共に活動する機会が多く、今回の楽曲でも"歌ってみた"版で同じ歌い手のこめると共に担当していた。
    • 踊ってみた動画:sm14699319
    • サイバーサンダーサイダー同様、1Pサイドと2Pサイドが違う振付になっているため、一人でプレイをする時は、1Pサイドでプレイを始めた時と2Pサイドでプレイを始めた時で振付&ガイドキャラ(1Pサイドあかり、2Pサイドひかり)が変わる仕組みとなっている。
    • 振り付け担当は馬琴。
      • ニコニコ動画で活躍する踊り手の一人。現在は同じく踊り手のぐり子と結成したユニット「NICOLE」として活動中。
      • この楽曲は踊り手のウメと2人で踊った物を元にしている。ダンエボでは1Pがウメ、2Pが馬琴のパートを担当。
  • Colorful World
    • 2013年8月1日追加配信楽曲
    • 踊ってみた動画:sm17872012
    • サイバーサンダーサイダー同様、1Pサイドと2Pサイドが違う振付になっているため、一人でプレイをする時は、1Pサイドでプレイを始めた時と2Pサイドでプレイを始めた時で振付&ガイドキャラ(1Pサイド雅人、2Pサイド翔)が変わる仕組みとなっている。
    • 作曲者はgomezP。
    • 元々はVOCALOID・初音ミク使用楽曲だが、ダンエボではりぶによるカバーバージョンが使用されている。
    • 振り付け担当はてぃ☆イン!
      • ニコニコ動画で活動する踊り手「ファイン」と「つるてぃー」の2人からなるユニット。ユニット名の由来は2人のHNから抜粋されたもの+「らき☆すた」の「☆」++「けいおん!」の「!」。
      • ちなみにこの2人は中学の先輩後輩である
  • Gravity=Reality
    • 2013年8月8日追加配信楽曲
    • 踊ってみた動画:sm12187472
    • samfreeの楽曲は他に「ルカルカ★ナイトフィーバー」が収録されている。また、この曲の翌週に「メグメグ☆ファイアーエンドレスナイト」が配信された。
      • samfreeの楽曲でVOCALOIDを使用したバージョンが収録されたのはこれが初めて。
    • 振り付け担当はYumiko a.k.a. MTP
      • 主に海外で活躍する女性舞踊家。ダンサーとして活動する場合「Yumiko」、振り付け・PVなど裏方として活動する場合「MTP」という名義を主に使用する。
      • かつて愛川こずえが在籍し、現在いとくとらが在籍している「DANCEROID」の振り付けも行う。
    • 2013年KAC予選Eグループ課題曲
  • メグメグ☆ファイアーエンドレスナイト
    • 2013年8月15日追加配信楽曲
    • 踊ってみた動画:sm12682209
    • 原曲はVOCALOID『Megpoid』使用楽曲であるが、ダンエボ収録版は「ルカルカ★ナイトフィーバー」同様実谷ななによるカバーである。
    • モーションキャプチャー担当は「いとくとら」
      • 「いとくとら」と書くが、読み方は「いくら」(「と」を読まない)。
      • 踊り手ユニット「DANCEROID」を立ち上げたリーダー。
      • 「ルカルカ★ナイトフィーバー」のモーション担当である愛川こずえもかつて在籍していた。
    • 振り付け担当は「Gravity=Reality」と同じくYumiko a.k.a. MTP。
    • 2013年KAC予選Eグループ課題曲

コナミオリジナル曲

  • A Geisha's Dream
    • 初出はDanceDanceRevolution X。
      • DDRシリーズの看板アーティストとして活躍したNAOKIと、DDRのライセンス楽曲を代表するアーティストであるSMiLE.dkによるコラボレーション楽曲。
    • 公式振り付け動画
    • E3でNAOKIが振り付けを披露した画像から、よく最初の振り付けを「土下座」と呼ばれているが、正しくは「座礼」である。
      • ただしNAOKIがTwitterでこの曲に言及した際に「土下座」と発言した節があり、「土下座」は公式のネタになっていると思われる。
    • DanceDanceRevolution X&フルフル♪パーティ Original SoundtrackにAlbum Versionが、家庭用DanceEvolutionのV-RARE SOUNDTRACKにアレンジ違いのバージョンが収録されている。
    • A Geisha's DreamとSTILL IN MY HEARTのMASTER譜面は、マーカー数がCS版となぜか異なる。A Geisha's Dreamはストリームが2つ減り、205→203に変更になっている。シークレットリップルの位置に変更は無い。
  • AFRONOVA PRIMEVAL
    • 初出はDanceManiaX。後にDance Dance Revolution 5thMIXとbeatmania 7thMIX -Keepin' Evolution-、ee'mallを経由してpop'n musicに移植された。
    • 作曲はNAOKI。原曲はDDR3rdMIXのAFRONOVAで、そちらの名義はRE-VENGE。桜やexotic ethnicで使用されるRevenGと同じく、民族楽曲で用いられる名義。
    • 両手が映っているジャケットは、同曲のDDRの背景(現在ジャケット)が元ネタとなっている。
    • KAC2012の決勝ラウンド・地方ブロック代表選出戦の課題曲として使用。
  • CAN'T STOP FALLIN' IN LOVE -super euro version-
    • 初出はParaParaParadise。
      • 原曲の初出はDance Dance Revolution Solo2000で、beatmania IIDX 3rd styleにも移植されている。
    • ParaParaParadise 1stMIX PlusでのTwinstar監修による振り付けがそのまま収録されている。
    • また、家庭用ParaParaParadiseにも収録されており、ダンスも最初の構えが違う等の誤差以外は同じものである。
    • DDR版は曲頭が4小節分削られて短くなっている(DDRで踊ると、曲開始と同時に腕を振り上げることになる)。
    • 2013年KAC予選Dグループ課題曲
  • INTO YOUR HEART (Ruffage remix)
    • 公式振り付け動画
    • ダンスダンスレボリューション フルフル♪パーティからの収録。
    • REFLEC BEAT limelightにも隠し曲として収録されている。
      • 楽曲ジャケットはREFLEC BEAT limelightのものが採用されている。
    • DanceEvolutionでは前奏が追加されている。DDR、REFLEC BEATでは歌い出しから始まる。
    • フルフル♪パーティ・AC DDRXでは専用振り付けが存在したが、それとは全く異なる振り付け。
    • AOU2012ではゲームタイトルBGMとして使用され、BEMANI LIVEでもダンスと共に披露された。
    • DanceDanceRevolution X&フルフル♪パーティOriginal Soundtrackにロングバージョンが収録されている。
    • KAC2012の予選ラウンド課題曲。
  • Keep on movin'
    • 初出はDance Dance Revolution 2ndMIX。
    • 音源はフルフル♪パーティから使われている新規ボーカル版。ACのBEMANIシリーズでの登場はこれが初となる。
      • WiiシリーズDDRからの音源だが、AC初登場はDanceEvolutionである、珍しいパターン。
  • KIMONO♥PRINCESS
    • 初出はWiiのDanceDanceRevolution MUSIC FIT。ACではX2のEXTRA専用楽曲として登場した。
    • 振り付けはPerfumeの振付でおなじみのMIKIKOが担当している(Xbox360版エンドクレジットより)
      • この曲だけでなく、Open Your EyesやBURNIN'THE FLOORの振付もMIKIKOが担当している。
    • Xbox360版では最後に解禁される楽曲の1つだが、AC版ではデフォルトで収録されている。
    • 公式振り付け動画
    • 新ジャケットには着物姿のjunが映っている。
    • DDRX2にも収録されており、pop'n 20 fantasia、REFLEC BEAT limelightにも移植された。
      • 家庭用DanceEvolution Original SoundtrackにTGS2010のライブで流された、ロングバージョンが収録されている。
  • La receta
    • 初出はWiiのDanceDanceRevolution MUSIC FIT。ACではX2に収録されている。
    • 作曲はNAOKI。
    • 公式振り付け動画
    • この曲の振付の一部がコナミのPS3/Xbox360専用ソフト「NeverDead」のエンディングシーンで使われている。
  • MY SUMMER LOVE
    • 初出はDance Dance Revolution 4thMIX。
      • MAX2には、リアレンジバージョンのTOMMY'S SMILE MIXが収録されている。
    • 公式振り付け動画
  • Open Your Eyes
    • 初出はダンスレダンスレボリューション フルフル♪パーティ。
    • 「When I dream of you」(Elizabeth and Thomas/DM1st)のアレンジ。
    • ジャケットの男性はおそらくNAOKI。
  • She is my wife
    • 初出はbeatmania IIDX 17 SIRIUS。
    • KONAMI♪MUSICフルのムービークリップコーナーにてこの楽曲のダンスレッスンムービーが配信されている
    • ジャケットは氏のアルバム「ONLY ONE ACT」の着せ替えジャケットから採用されている。
    • DDRX2(前奏が一部カット)、ミライダガッキにも収録され、SOUND VOLTEX IIではuno(IOSYS)のリミックスが収録。
    • 曲はIIDX版の前奏ありのもの。背景もIIDXのMVと全く同じバラード汎用〜ダンスムービーが使われている。
      なお、収録に際し前奏部分にもダンスが追加されている。
    • 画面内のダンサーはIIDXのムービーと左右ミラーの振り付けのため、IIDX版で見慣れて覚えている人は注意が必要。
    • 因みにDDRX2にも専用ムービー付きで収録され、振り付けをある程度再現できる譜面まで存在する。同作前半の汎用ムービー部分はDDRのダンサーキャラであるAFROとEMIが通常のダンスステージで踊っているムービーだが、最後はAFROの顔がアップになってSUPER STAR 満-MITSURU-に変わるという変更がされている。
  • STILL IN MY HEART
    • 初出はDance Dance Revolution 5thMIX。
      • beatmaniaIIDX 5th styleに移植。DDR MAX2にリミックスバージョンのMOMO MIXが収録されている。
    • ダンスパターンが少なく覚えやすい曲。
      歌詞の「STILL IN MY HEART」と歌う部分(イントロに2回、サビに4回)は必ず「両手斜め下に下げる→胸で手合わせ→両手斜め上に上げる→顔前で腕クロス→右手を左から右に流す→左手を右から左に流す→両手上から下へ流す」のセットが来る。
      その他の部分を覚えれば繰り返して完成であり、他の部分もパラパラの基本ばかり。
    • A Geisha's DreamとSTILL IN MY HEARTのMASTER譜面は、マーカー数がCS版となぜか異なる。STILL IN MY HEARTはロックリップルが2つ増え、240→242に変更になっている。シークレットリップルの位置に変更は無い。
  • Unity
    • 初出はダンスダンスレボリューション フルフル♪パーティ。
    • 作曲はNAOKI
    • 公式振り付け動画
  • We Can Win the Fight
    • 初出はWiiのダンスダンスレボリューション フルフル♪パーティ。
    • 作曲はD-Crew(Des-ROWの別名義)
    • 公式振り付け動画
  • Follow Tomorrow
    • 2012年9月12日追加配信楽曲。
    • beatmania IIDX 19 Lincleからの移植曲。後にjubeat saucer fulfill、DDR2014(発見!よみがえったBEMANI遺跡)に移植。
      • DDRではムービーも移植され、SINGLE BASIC譜面がパネル上で振り付けをある程度再現できる配置にされている。
    • beatmania IIDX 19 Lincleサントラにロングバージョンが、Ryu☆4thアルバム「Sakura Luminance」及び森永真由美1stアルバム「Glitter/神巫詞」にロングバージョンのアレンジ違いが、L.E.D.によるリミックスが「cyber beatnation 2 -Hi Speed conclusion-」に収録されている。
    • e-AMUSEMENT PASS 使用で選曲可能。
    • KAC2012・オンライン予選課題曲として配信されていた。
    • 曲イントロ後の間奏とラストサビの振り付けはIIDXのムービーを再現したもの。
      • それ以外の部分はゲーム収録用に振り付けしなおしているとのこと(Dai.のツィートより)。
      • 終盤にストリームとステップの密度が極端に跳ね上がる箇所があるが、そこをDai.により「ラス殺し発狂」と命名された。
    • 登場当初は背景にIIDXのムービーは登場していなかったが、2012/12/04のアップデートにより、背景にIIDXのムービーが登場するようになった。
    • 公式振り付け動画
  • 華爛漫 -Flowers- (2nd EDITION)
    • 2012年11月5日追加配信楽曲。
    • e-AMUSEMENT PASS 使用で選曲可能。
    • KAC2012において、決勝戦の課題曲としても使用された。
    • 原曲はDDR SuperNOVAに初出ののちIIDX15 DJ TROOPERS、pop'n16 PARTY♪に移植されており、
      TЁЯRA2ndアルバム「ЁVФLUTION」に収録されたフルバージョンをベースに制作された本曲はBOOM BOOM DANCE、REFLEC BEAT limelightにも収録されている。
    • 振付は「KIMONO♥PRINCESS」を初め、家庭用DanceEvolutionの収録曲の振付を多く担当したMIKIKOによるもの。
  • exotic ethnic
    • 2012年11月26日追加配信楽曲。
    • e-AMUSEMENT PASS 使用で選曲可能。
    • Xbox360版収録曲。
    • 初出はDDRMAX。
  • HYSTERIA 2001
    • 2012年11月26日追加配信楽曲。
    • e-AMUSEMENT PASS 使用で選曲可能。
    • Xbox360版収録曲。
    • 初出はbeatmania 6thMIX -THE UK UNDERGROUND MUSIC-で、その後DDRMAX2へ移植されている。
      • そのためDDR EXTREMEでは、MAX2 CHALLENGE専用曲で唯一beatmaniaフォルダに入っている。
    • オリジナルはDDR Solo BASS MIX初出の「HYSTERIA」。
  • (SAKURA)
    • 2013年3月22日追加配信楽曲。
    • e-AMUSEMENT PASS 使用で選曲可能。
    • Xbox360版収録曲。
    • beatmaniaIIDX 8th style初出。Dance Dance Revolution EXTREME・REFLEC BEAT colette -spring-にも収録されている。
  • ちくわパフェだよ☆CKP
    • 2014年3月25日追加配信楽曲。
    • 振り付け担当はYumiko a.k.a. MTP。
      • DEA収録曲中では「Gravity=Reality」も担当。
    • 2人プレー時は掛け合いとなり、SINGLEプレー時よりマーカー数が減少する。
      • 例として、MASTERはSINGLEプレーでマーカー数239、COUPLEプレーで1P側がマーカー数234、2P側がマーカー数236。
    • 2人プレーだとバックダンサーがいなくなる。これも初。
    • メディアミックス企画「ひなビタ♪」からの出典。
      • 今回の収録によって、beatmaniaIIDX、SOUND VOLTEX以外の全ての機種に収録となった。
      • ボーカルは作中のキャラである山形まり花(CV:日高里菜)と芽兎めう(CV:五十嵐裕美)。
      • 楽曲の制作は北海道の音楽制作集団「IOSYS」が担当(作編曲担当ARM、作詞担当夕野ヨシミ)。
    • ひかりがコナミオリジナル楽曲を担当するのはこれが初。
      • 稼働開始から実におよそ2年もの間、この曲が配信されるまでひかりがコナミオリジナルを担当したことはなかった。
    • カテゴリでは「KONAMI楽曲」「ポピュラー」両方に入っている。
      • このためか、追加配信コナオリ曲では唯一e-AMUSEMENT PASSなしでも選曲可能である。
        デフォルトのソートでも版権曲の並びにあるうえ、デモループでも流れる。

カラフルジャケット

  • ※カラフルジャケット曲は現在通常解禁となっているが、選曲するにはe-AMUSEMENT PASSを使用する必要がある。
  • Lover's high
    • 作曲はTOMOSUKE
    • pop'n musicにも収録されている(ただし、アーティスト名は♪♪♪♪♪となっている。ジャンル名はフリーソウル)。
      • ee'MALL経由でギタドラVシリーズにも収録されていたが、XGシリーズ/GITADORAへの復活移植はまだされていない。
    • 初出はMAMBO A GO GO。
  • Brilliant 2U
    • 公式振り付け動画
    • 曲自体の初出はDance Dance Revolution 2ndMIX。
      • 音源はフルフル♪パーティから使われている新規ボーカル版。Keep on Movin'と同じく、ACのBEMANIシリーズでの登場はこれが初となる。
    • DDR2ndMIXにリミックスのOrchestra Groove(原曲と同時収録)、MAX2にK.O.G G3 MIX、X3にAKBK MIXが収録されており、バージョン違いの多い楽曲。
  • Every Day, Every Night (NM STYLE)
    • 初出はDanceDanceRevolution SuperNOVA 2。
    • LEA DROPの楽曲をNAOKIがアレンジした楽曲。
    • 家庭用DanceEvolutionではバグがあり、難易度Lightの19・20手目でGreat判定が出ていてもコンボが切れてしまう現象が確認されている
  • SUPER SAMURAI
    • 初出はWiiのDanceDanceRevolution HOTTEST PARTY。
    • ややテクパラ寄りのパラパラ。BPMが170とジャンルとしては速い。侍に合わせた刀で切るモーションなどが特徴的。
    • STILL IN MY HEARTやCAN'T STOP FALLIN' IN LOVE -super euro version-と比べて、手の振り付けが複雑で、2回目のサビは特に注意して覚える必要がある。
    • Bメロ部分の右手ヒラヒラ→左手ヒラヒラとした後の手を正面に潜らせるような振り付けにあるポーズ判定は、やや反応しにくいため注意が必要。
  • HIGHER
    • 初出はDance Dance Revolution 4thMIX。
      • DDR MAX2にはリアレンジバージョンのNext Morning Mixが収録されている。
    • イントロなどで腰を落とす部分は、しっかり落としきらないとGOOD以上の判定が出ないので注意。
    • サビの3-4小節目で腕を右から左、左から右へ振る箇所にあるリップルは、体に対して45度くらい前まで腕を伸ばさないと反応しないので注意。

Charlie's desire〜願いの鏡〜

  • ※2013/4/24に解禁されたが、選曲するにはe-AMUSEMENT PASSを使用する必要がある。
  • My Only Shining Star
    • 初出はDDR SuperNOVA。後にIIDX14 GOLDにもIIDX RECORDS隠し曲として移植されている。
    • Xbox360版ではKIMONO♥PRINCESSとともに最後に解禁される楽曲だった。
    • MASTERよりEXTREMEのほうがマーカー数が1つだけ多い(MASTER:199<EXTREME:200)。
    • 2013年KAC予選Dグループ課題曲
  • L'amour et la liberté(Darwin & DJ Silver remix)
    • IIDX 6th Style収録曲のリミックス版で、DDR SuperNOVA2に収録。なお、原曲もDDR EXTREMEにてDDR Ver.として収録されている。
    • 原曲はアーティスト名義がNAOKI undergroundだが、こちらはNAOKI in the MERCUREとなっている。これはSuperNOVA2のコンセプトが惑星系で、この曲が水星担当のイベント解禁曲であったことに由来する。
    • ボーカルはNAOKIのHYPER EUROBEATシリーズでお馴染みのPAULA TERRY。STILL IN MY HEARTやCAN'T STOP FALLIN' IN LOVE -super euro version-のボーカルも担当している。
    • この曲の振付の一部がコナミのPS3/Xbox360専用ソフト「NeverDead」のエンディングシーンで使われている。
      • ちなみにそのエンディング楽曲「Pharaoh★Love」はREFLEC BEATでプレイ可能。
  • Secret Rendez-vous
    • 初出はDDRMAX2。
    • ボーカルのDIVASは黒人女性3人組のユニット。メインボーカルはRobbie Danzieで、GF4th&dm3rdにおいてRIGHT ON TIME、beatmania IIIにおいてDevoted to YouやStay with meなどで参加していた。
    • IIDX 10thstyleに収録されていたPLATONIC-XXXは、TatshとJunko Hirataのユニット「PlatoniX」によるこの楽曲の日本語カバーアレンジである(現在は削除)。
    • ジャケットの曲名が「Secret Rendez-vouz」となっている。
      • 誤字と思われるが未修正
  • Crazy Control
    • 初出は海外版家庭用DDRX2。国内ではWii専用ソフト、DanceDanceRevolution MUSIC FITで登場し、アーケード版X2にも移植された。
    • 後述の詐称部分にも書かれているが、HIP HOP・R&B系の振り付けの中では群を抜いて難しく、レベル5がつけられているWe Can Win the Fightに匹敵、もしくは上回るレベルの振り付けだが、レベル4がつけられている。
    • 家庭用DanceEvolution Original Soundtrackにロングバージョンが収録されている。
  • FLOWER
    • 初出は、REFLEC BEATとjubeat knit APPEND。当時行われていたイベント「APPEND FESTIVAL」での連動曲だった。
    • 背景で流れるムービーは、後に収録されたbeatmaniaIIDX 20 tricoroにも移植。
    • ダンエボ移植により、リミックス曲も含め現行稼働中のBEMANI全機種に収録という快挙を成し遂げた。
      • 2014年7月にBeatStreamが稼働開始したが、当曲は収録されておらず、全機種制覇ではなくなってしまっている。
      • REFLEC BEAT、jubeat、DDR(X3 APPEND TRAVEL以降)、beatmania IIDX(tricoro以降)、pop'n(fantasia以降)、ミライダガッキは原曲。GITADORA(TLION69 Remix、XG3ギタドラ花火大会以降)、SOUND VOLTEX(REDALiCE Remix、配信曲)はリミックス。
      • ちなみに、IIDX tricoro移植の際、DJ YOSHITAKA本人がダンエボ移植を匂わせるコメントを出していた。
    • 消費カロリーが24.00kcalと、「女々しくて」の17.10kcal、「LOVE&JOY」の16.70kcalを抜いてAC新規収録曲でダントツの1位を更新した。
      • ただし体力より技術を要求される振り付けとマーカー配置であるため、実際の消費カロリーはそれほど高くないと思われる。
    • ジャケットはjubeat版ジャケットで鏡を持つ男性が雅人に変わったものになっている。
    • 振り付けは紀本由有。
      • 後に追加された「Wow Wow VENUS」と「Do The Evolution」の振り付けも同氏によるもの。
      • 「異次元から飛来した種が体内に入り、光を放ち鼓動からビートとうねりを生み、自在に駆け巡ってエネルギーが様々な形で放出されていく」イメージで創られたとのこと(公式サイトのコメントより)。曲のBPMが速いこともあり、難産だったことが伺える。

放課後★ダンエボ部!

  • ※2013/6/19解禁されたが、選曲するにはe-AMUSEMENT PASSを使用する必要がある。
  • Wow Wow VENUS
    • VENUSは、DJ YOSHITAKAとSota Fujimoriのユニット。
    • REFLEC BEAT colette -spring-からの移植曲。
      • jubeat saucer、DDR(2013)にも収録されている。また、DDRのSINGLE BEGINNER・BASIC譜面ではパネル上で振り付けをある程度再現できる配置にされている。
    • 「beatmania IIDX 20 tricolo ORIGINAL SOUNDTRACK vol.1」「REFLEC BEAT colette ORIGINAL SOUNDTRACK vol.1」「Crevice(猫叉Master4thアルバム)」発売記念インストアライブにて、謎のアフロダンサー・マイクがゲームに収録されている振付を踊っていた。ちなみに彼の正体はTAGだった。
    • 2Pプレイ時は、掛け合い譜面となっている。
    • 作詞・作曲はDJ YOSHITAKA、編曲をSota Fujimoriが担当している。
    • 振り付けは紀本由有。
    • 2013年KAC予選Aグループ課題曲
  • Do The Evolution
    • Dance Evolutionシリーズ(Xbox360版・ARCADE通じて)のプレイアブル楽曲としては初にして現状唯一となる「完全オリジナル楽曲」
      • Dance Evolution ARCADEのシステムBGMを彷彿とさせる曲調で、ジャケットのフォントも同作のタイトルロゴのものと同じ。
      • 「TAG生誕祭」に合わせ、DDR・ミライダガッキに移植される運びとなった。
    • ERiは他BEMANI機種において、「DWP」や「SUPER HEROINE 彩香-AYAKA-」名義で活動している女性シンガー。
    • TAG feat. ERiとしては、beatmania IIDX 20 tricoroとREFLEC BEAT coletteに「Re:GENERATION」が収録されている。
    • 振り付けは紀本由有。
    • 歌詞はこちら
    • 2013年KAC予選Aグループ課題曲
  • Daisuke
    • beatmania IIDX 10th styleからの移植曲。
    • 作曲者であるY&Co.は「最初は詩の内容もタイトルも全然違ったが、何故かダイスケになった」と、公式でコメントしている。振り付け担当はHHHのDai.(Daisuke)。
    • Dai.のダンスが曲中ムービーで流れていた楽曲の一つであり、多数のリクエストにより収録が決定したという旨が振り付け師紹介のDaisukeの欄にある。
    • Follow Tomorrow同様、ムービー版から振り付けにDai.本人による大幅なアレンジが加わっている。
      • イントロ部分には画面上にて体や手で「D」「A」「I」「S」「U」「K」「E」の文字を表現するポーズが設置されている。
      • 振り付けの最初はパラパラ風だが、AメロよりDai.らしい回転の加わったジャズダンスになっていき、さらに曲サビ以降からFollow Tomorrowのように動きが激しいアレンジが加わっていく。
      • ターンは最初の1回を除いてすべて右回り。回る前に軸足に体重を移す振り(アオキン後の左下へのストリームなど)を意図的に入れているとのこと。
      • ラストの振りは意図的に動きが激しくなり「IIDXのラス殺しをダンス的に表現」している。これに合わせ、EXTREME/MASTERにおいてもマーカーの密度が高くなる。
    • 2013年KAC予選Aグループ課題曲

胃ノ熊大作戦

  • BURNIN' THE FLOOR
    • Xbox360版収録曲。
    • 初出はDDR 4thMIX。
      • DDR MAX2にリミックスのBLUE FIRE mixが収録されている。また、DDR EXTREMEにMOMO MIXが収録されていた(現在削除曲)。
  • BABY BABY GIMME YOUR LOVE
    • Xbox360版収録曲。
    • 初出はDDR 4thMIX。
      • beatmania 7thMIX -Keepin' Evolution-にリミックスバージョンの「BABY BABY GIMME YOUR LOVE 2002」が収録されており、こちらが家庭用DDR FESTIVALにも移植されている。
    • 中国版では2013年9月1日に先行して追加配信されていた。
      • 中国版では、2013年5月から月初に1曲ずつXbox360版収録曲が配信されており、当楽曲は5曲目にあたる。
  • Let the beat hit em!(CLASSIC R&B STYLE)
    • Xbox360版収録曲。
    • 初出はCS DDR EXTRA MIXで、後にAC DDRMAXに移植。現行機種にも収録されている。
      • 原曲はDDR Solo BASS MIXに収録されていた「Let the beat hit em!」。4パネル系DDRにはAC DDR 4th MIXで移植され、後にCS DDR EXTRA MIXにも収録。AC現行機種では削除されている。
      • 別バージョンとして、beatmania IIDX 2nd styleに収録された「LET THE BEAT HIT EM! BASS MIX」が存在する(現在は削除済み)。
        DDRにはSolo 2000に「Let the beat hit em!(beatmania IIDX version)」表記で、ランダム選曲でのみプレイできる隠し曲として移植された(譜面は原曲と全く同じ)。CS DDR EXTRA MIXには収録されたが、Solo 2000以外のAC DDRには収録されていない。
  • Mess With My Emotions
    • Xbox360版収録曲。
    • 初出はDDR HOTTEST PARTYで、作曲はNAOKI。
      • 同曲のLongバージョンがHOTTEST PARTYのスタッフロール曲として使われている。
    • この楽曲の収録により、Xbox360版に収録されているコナオリ曲は全てARCADEに収録されたことになる。
      • ライセンス曲の「YESTERDAY」だけがARCADEに未収録である。
  • Chu☆Chu☆Tonight
    • REFLEC BEAT colette -Autumn-およびVENUSミニアルバム「ZEUS」からの収録。
      • DanceEvolution ARCADEと同日にpop'n music Sunny Parkにも隠し曲として移植。解禁日はREFLEC BEAT coletteにて「VENUS DiGiTAL LiVE TOUR」の追加公演が開催されており、これとタイミングを合わせての解禁となった。
    • REFLEC BEATでのジャケットは難易度別に3種類あったが、このうちHARD譜面版のジャケットが使用されている。
      • ちなみにBASIC譜面ではDJ YOSHITAKA、MEDIUM譜面ではSota Fujimoriにフォーカスをあてたジャケットになっている。
    • 作詞・作曲担当は「Wow Wow VENUS」と同じくDJ YOSHITAKA。編曲をSota Fujimoriが担当している。
    • 「Wow Wow VENUS」同様、2人プレー時は掛け合いの振り付けになる。ただし今回は1人プレーでも、プレーサイドを選択できる(1P側は雅人、2P側は翔)。
      • またバックダンサーはその二人とも全く違った動作になっている(前奏及び間奏の部分で、曲に合わせて手拍子を打つ)という特徴もある。
    • 振り付け担当はTETSU。関ジャニ∞の振り付け師として知られる。
    • pop'n music 20 fantasiaからの移植曲。
      • REFLEC BEAT colette -Spring-、jubeat saucer、beatmaniaIIDX 20 tricoroにも収録されている。
    • DEAC初出としては初となる、ダンサーがデイジー(Xbox360版のDLC衣装)&デイヴ担当の曲。更にDEACでのポップン初出の曲の登場もこれが初。
    • 振り付けはDai.(Dai.のツイートより)。歌詞の内容を多く盛り込んでおり、「歌詞を見てから踊るとより振りの理解が深まるのではないか」とのこと。尚、「Follow Tomorrow」と同じく作詞も同氏が担当していた。
    • イントロのピアノが聞こえづらい場合は、背景のライトが音に合わせて左右に動いているので、そちらを見てタイミングを合わせると良い。
    • 音源はpop'n music 20 fantasiaのサントラ以降の音源を使用している。
      • 最後の『嘘でも抱きしめて、夢なら醒めないで』の「夢なら」の音程が「嘘でも」と同じなのがサントラ以降、「嘘でも」より下がっているのがpop'n musicのゲーム音源。
    • JAEPO2014のBEMANIステージにて、Dai.氏による本曲の振り付け解説が行われた。
      • 動画はYouTubeの573chや、ダンエボ公式サイトのINFORMATIONから閲覧可能。

SPACE KUMA

  • Sweet Rain
    • jubeat knitからの移植曲。DEACのjubeat初出曲はFLOWER(REFLEC BEATと同時収録)に続き2曲目。また、同時収録を除くとDEACでjubeat初出の単独機種としては初めての移植となる。「朧」に続いてダンサーはデイジー(ユーロ)、デイブが担当する。
      • REFLEC BEAT limelight、Dance Dance Revolution(新)にも移植されている。
      • REFLEC BEATではY&Co.アルバム「BEST HITS YCO」での表記に合わせて曲名が「Sweet Rain feat.Karin」となっており、feat以降のアーティスト名が曲名に移動している。
    • MASTER、STELTHのマーカー数は333。「女々しくて」MASTERの298を抜いて全曲マーカー数最多を更新した。
      • 2014/04/30現在、LIGHT〜MASTERの全難易度において各難易度別マーカー数最多曲である(EXTREME以上で300を突破)。
        特にLIGHTは初のマーカー数100超えとなった。
    • 振り付けは、team SEF -RUMINE-。マハラジャ六本木で開催されているユーロビート・テクノイベント【SEF DELUXE】のメンバー。
      • SEFとは、SUPER EURO FLASHの略。コナミ公式の紹介文によると、昔パラパラパラダイスが稼働していた頃にゲームセンターでプレイしたことがあるとのこと。

ダンエボデイリートレーニング

  • FUJIMORI -祭- FESTIVAL
    • REFLEC BEAT groovin'!!からの移植曲。

削除曲

  • 恋愛レボリューション21
    • モーニング娘。は1997/08に結成されたアイドルグループ。
      • 2014年からグループ名の後に西暦年をつけることになり、現在は「モーニング娘。'14」として活動している。
    • 原曲の発売当時の振り付けがそのまま収録されていた。
      • 後に振り付けはアップデートされ変更された。
      • 原曲の振り付け師である、夏まゆみ本人がモーションを担当した(ジャケット、及びアルカディア5月号インタビューより)
    • DJ Commandによるユーロビートリミックスカバー版がbeatmaniaIIDX18 Resort Anthemに収録された(現在削除済)。
    • ミライダガッキにもカバー版(同音源)が収録されている。
    • 公式PV
    • irony、ヘビーローテーションと同様に、LIGHTが「かんたん振り付け」として別ジャケットで用意され、振り付けも若干簡易化されていた。
    • 2014/03/25に行われたオンラインアップデートで告知なしに削除された。
      • 本ゲームで楽曲が削除されるのはこれが初。
      • 公式サイトでの告知はなされていないが、店舗向けには当楽曲をラインナップから外す旨の連絡がなされているとのこと。

Last-modified: 2014-10-16 (木) 21:42:13
Site admin: iMp95
mail : imp@callusnext.com (←@を半角に)