GITADORA HIGH-VOLTAGE

新曲レベル詐称・逆詐称・個人差・接続難について

今作での新規楽曲解説に加え、HOT曲の旧曲についてもリンクという形で記載しています。

Tri-Boost Re:EVOLVEからレベルが達成率基準と公式が明言したため、クリアではなく達成率を基準に編集するようにお願いします。

  • レベル表記が実際の体感難易度より明らかに低く、達成率が稼げない「詐称」、その逆の「逆詐称」について記述。
    • 特に顕著なものには太字で表記しています。
    • 判定は達成率基準でつけられているため、適正以下のレベルの人が逆詐称判定の曲へ特攻しても、簡単にクリアできるとは限りません。ご利用の際には十分ご注意ください。
  • 個人的な意見で書かないこと(自分が出来るから逆詐欺、自分が出来ないから詐欺など)及び難所など詳しく記載すること。
    • 個人差」、「接続難」、「クリア難」についても取り上げています。
      • 個人差 - DMならLP絡みや体力譜面、GFならスライドや運指など「総合的に適正だが、○○が出来ないと達成率が伸びない」という特徴の強い譜面を記載して下さい。
      • 接続難 - 適正〜やや弱めだが、フルコンボとなると途端に難易度の跳ね上がる、極端な局所難譜面を記載して下さい。
      • クリア難 - 達成率取得難易度は適正かやや逆詐欺だが、クリアするのになると一部ゲージが削られやすい部分があるために、クリア難易度が上がる場合のみ記載して下さい。
      • 難関譜面 - 特に高難易度譜面とされている譜面について記載しています。
  • 出来る限り「○○のような〜」というように他曲の譜面例を出したりはせず、DMであればHH刻み、高速dkdk、タム回しetc、GFであれば4色階段、高速オルタ、鋸etcといった感じで難所or逆詐称と思われる箇所を分かりやすく記載してください。

DM

略称パッド名称
LCレフトシンバル
HHハイハット
LPレフトペダル
SNスネア
HTハイタム
BPバスペダル
LTロータム
FTフロアタム
RC(CY)*1ライトシンバル

BASIC

ADVANCED

  • 詐称
  • Lv4.40 ひまパンケーキメイキング
    • 付点バスつきの4分刻みがメインだが、12分連打やタム+同時などのLv規格外の配置が多い。後半の拍子変化によるリズム難もある程度の地力が無いと認識しにくく、ミスが量産しやすい。Lv4.90程度。
  • 逆詐称
  • Lv5.80 RISE UP
    • Intro終盤の8分タム乱打は手順を覚えないと混乱しやすいが、それ以外は単純な2分BP+HH裏打ちの繰り返しでLv4終盤適正でも挑戦可能。8分タム乱打の接続難を考慮してもLv5.40程度。

EXTREME

  • 詐称
  • Lv5後半〜6前半のEXT
    • 同難易度の旧曲を比べると、刻みの量が多かったり、タム絡みによる接続難が多かったり、全体的に達成率は取りにくい傾向がある。
  • Lv.8.50 Saiph
    • BPM162の8分3連符タムが随所にある他、中盤にタム移動ありの22連(SN6→HT6→LT6→FT4)があり、MASTERとは最後のFT2個を無くしたのみのため接続難易度は高い。
    • 多くの箇所で16分のdkdkを含むことから体力配分も注意が必要であり、このため総ノーツ数も1500程度と多い。このレベル帯挑戦レベルでは終始難しく感じると思われる。
  • 個人差
    • Lv7.40 ネクロファンタジア 〜 Remix
      • 全体を通じて複雑なフィルやMASTERにあるようなdkdkはなく、8分の刻み譜面が連続する。一方、曲の長さが2分半近くありノーツは1630もあるので体力配分に注意が必要である。

MASTER

  • 詐称
  • Lv8.25 ひまパンケーキメイキング
    • 道中でBPMが変わるためリズムが取りづらく、タムが絡む箇所では24分が絡むフィルも多く処理がしにくい為、フレーズコンボも取りづらい。最後には16分でFTからのLC+SN同時3連(2+1)+24分HH刻みもありフルコンボ難易度も高い。8.50あたりが妥当と思われる。
  • Lv8.60 ネクロファンタジア 〜 Remix
    • ひたすらBPM180のツービートを叩かせる典型的な体力譜面。速度はさほど速くはないものの、中盤と終盤には長めの16分dkdkもあり、足の技術も問われる。
    • 演奏時間も長く総ノート数はショート曲で最も多い。単純な配置だけでなく、24分が入り混じる不規則なツーバスやリズムを崩しにかかってくるライド等、一筋縄ではいかない要素が多い。
    • 終盤でバテない体力配分が肝要なのは勿論のこと、高達成率を狙うには高いリズムキープ力とフィルを揃える技術が必要。個人差はあるが、Lv8.90程度はあってもいい。
  • 逆詐称
    • Lv8.20 Never Ever End
      • BPM190の4分刻みおよび8分刻みがメインで、道中のタム回しでは16分でのパッド2連→BP→LPが多く占めている。複雑なフィルも全体を通してなく、左記のようなタム回しに慣れていれば達成率も稼ぎやすいと思われる。Lv8.00あたりが妥当か。
  • Lv9.20 RISE UP
    • Intro終盤の長フィル地帯、PhraseBのBPM168のツーバス、PhraseCとPhraseDのフィル以外は単純なダンスビートの繰り返しで、上記の地帯を乗り越えることができれば7台の特攻レベルでも対象入り可能。接続難易度を考慮しても9台の譜面ではない。
  • 個人差
  • Lv7.45 スキスキ星人
    • イントロ、サビ、アウトロに4分BP+LP+裏打ちHH地帯(ダンスビート地帯)、それ以外では単純な刻みとフィルインが流れてくるため、達成率にも影響しやすい。BPMも速いため、苦手であれば表記Lv以上に感じられる場合もある。
  • 接続難
    • Lv7.70 うっせぇわ
      • サビ2回共において、24分のLT3連→SN+RCが絡む箇所がありそこが接続の難所になる。最後の方では32分のSN3連続など細かいフィルがあり、コンボフレーズを落としてしまいやすく、全体として難易度の割には達成率は稼ぎにくい。
  • 難関譜面
    • Lv9.55 Bereavement
      • フレーズ毎に様々な技術を要求される難譜面。後半、BPMが落ちてからは密度は下がるものの、前半の極端な物量に耐えられるかが攻略の肝となる。詐称気味。
      • [Intro(BPM 244)]
         初っ端から高速フィルのオンパレード。すべてシングルで回せる配置かつLTが絡まないため、速度にさえついていければ比較的何とかなる範疇。傾向としてはAscetic紫のラストに近い。
      • [PhraseA〜PhraseB(BPM 225)]
         これといった難所はなく、リズムキープさえできれば攻略は容易。前半の休憩地帯。
      • [Special(BPM 225)]
         本曲最大の難所。特攻レベルのプレーヤーの大半はここでふるい落とされる。
         まずは両シンバルが絡む16分SN連打。その速度ゆえに高度な連打力と振り回し耐性が要求される。途中で2回のブラストビートが挟まれる点にも注意。
         SN連打地帯を抜けると7小節にも渡る超高速dkdkが襲い掛かってくる。手の方もブラストビートやHH+SN8分同時(「Funky sonic World」のラストに近い)など強烈な配置。
      • [PhraseD(BPM 158)]
         ここから密度とBPMが急降下。Lv7台程度の譜面であり、後半の休憩地帯。
      • [Special(BPM 170)]
         16分歯抜けツーバス+4分RC地帯。人によってはウイニングラン。ただし、リズムが崩されやすい点と歯抜けツーバスを16分で踏み続けても繋がらない点には注意したい。
         また、ラストにはブラストビートからの16分SN連打+4分LCのごり押しがあり、ラスト殺し気味なため、特攻レベルでクリアを目指す際にはラストまで気を抜かずに十分なゲージを確保するよう心がけること。
  • Lv9.65 React
    • 終始絡み続けるBPM150での16分2連〜3連バスが脅威。これといった休憩地帯もなく、並の持久力では歯が立たない程のレベル。
    • 手の方は幾分か楽ではあるものの、連続バスが苦手であればクリアすら厳しい。仮に得意でも、休みなく踏み続けるため後半のパフェ率の維持が課題となってくる。
    • 個人差はあるが、他に類を見ない右脚酷使譜面であり詐称気味。

GF

全般

今作では難易度が全体的に底上げられ、旧曲の5台は+0.40、6台は+0.35の傾向にあります。そのため、新曲難易度もこの調整値を基準にして判断する事を推奨します。

  • 詐称
  • ネクロファンタジア 〜 Remix(BASS)
    • 演奏時間が約2:30と長いことを考慮してもなお、全難易度でノート数が非常に多い。Lv表記以上の体力とオルタ処理力が求められる。
    • ADV Lv5.30

      休みなく8分連打に奇数切り替えが頻出するため、Lv5.6辺りはある。

BASIC

  • 詐称
  • Lv5.20/4.80 Saiph(GUITAR/BASS)
    • とにかく指が忙しい譜面。同時押しやオルタゾーンは無いが、全レーンに満遍なくノーツが存在しており、R→Pといった移動も平然と出てくるので注意。どちらもLv5中〜上位はあるか。

ADVANCED

  • 逆詐称
  • Lv5.40/5.70 ひまパンケーキメイキング(GUITAR/BASS)
    • 前半はメロディ合わせの緩いハネリズム12分単色2連の繰り返し。徐々に加速するものの、パターンは一定なので、障害にならない。
    • 後半はGUITARとBASSが少々違うが、8分地帯の物量とその後のメロディによる12分2連のパターンの僅かな変化しかないため、気をつければこちらも障害になりにくいだろう。体感的にLv5.10/5.20程度。
  • Lv6.50 Saiph(BASS)
    • 序盤と終盤のR→Y/R→Pスライド、PhraseAの階段→2色とラス殺し配置といった難所以外は、Lv6序盤程度の8分連打+運指しか出てこない。
    • 今作HOT曲のLv5後半〜Lv6序盤EXTはこの譜面より厄介なものが多いため、この譜面は逆詐称と見えても良い。Lv6.35が妥当。

EXTREME

  • 詐称
  • Lv6.10 Accord(BASS)
    • 多くのフレーズにBPM186の8分4連往復階段が頻出し、適正だとそこで切ってしまいやすく、S評価さえ取りにくい。Lv6.50前後が必要。
  • Lv6.30 低血ボルト(BASS)
    • 「色ハニホヘト散リヌルヲ」EXT-B(6.65)に彷彿する切り替え頻度の高く強制スライドも多い運指譜面。運指は全体的に前曲より少し緩いが、6.30にしては少しきつい。Lv6.40辺り。
  • Lv6.90 Bereavement(GUITAR)
    • PhraseA〜PhraseBはBPM225の8分連打主体で徐々に密度が増していき、序盤から右腕を酷使しがちなため、ペース配分を間違えると曲中で息切れする危険あり。裏入りも混じるのでオルタでの体力温存も難しい。
    • Specialフレーズは紫Gの16分4連オルタからノーツが間引きされているものの、16分3連打→休符→16分3連打→8分4連打や、16分3連打→8分6連打といった特徴的な形になっており、ここでもまた右腕に負担を強いられる。レベル適正のプレイヤーではまず速さに押し切られてしまうだろう。
    • PhraseDのBPM158の16分2連オルタを越え、右腕に疲労の蓄積されたプレイヤーに終盤のSpecialフレーズ2つではBPM170のR+Gの16分連打が容赦なく襲い掛かる。この16分連打は4連打7連打、そして13連打と奇数個と偶数個の連打が混在するため、パターンを覚えなければリズムをどんどん崩され、悲惨な達成率に終わってしまうだろう。Lv7.50-7.70はあると思われる。
  • 逆詐称
  • Lv6.10 Never Ever End(BASS)
    • ラストの不規則な運指以外は殆ど8分直線連打のみで単純。Lv5.90が妥当。
  • 個人差
  • Lv5.50/5.80 うっせぇわ(GUITAR/BASS)
    • どちらもノンストップ8分連打主体の譜面。ノーツ数600-700で非常に多いため、オルタが強く推奨。
    • しかし連打の途中に運指が混ざってくるため、アップ切り替えをするか、オルタの途中で一時的にダウンピックに変えるか、いずれのやり方の得意不得意によって達成率の差が出やすい。
  • Lv5.85 HIGH-VOLT-AGE!!(BASS)
    • 前半と終盤の奇数オルタで個人差が出やすい。奇数オルタが苦手な方はこの譜面を詐称とみなして良い。
  • Lv5.85 朱殷の手毬唄(BASS)
    • 頻出する裏拍から入る16分2-1はリズムが間違いやすく、ミスを誘発しやすい。伴って得意と不得意の差も大きめ。
  • Lv8.40 Saiph(BASS)
    • 2連と直線のオルタが大半を占める。2連オルタの精度と1071ノーツの体力勝負になりやすいが、奇数切り替えがほぼないため、得意の場合なら高達成率は出やすくて逆詐称気味。
  • 接続難
  • Lv6.40 HIGH-VOLT-AGE!!(GUITAR)
    • 終盤までは5.80程度の逆詐称だが、終盤の24分3-1で接続難易度が引き上げられる。

MASTER

  • 詐称
  • Lv8.30 HIGH-VOLT-AGE!!(GUITAR)
    • 全9フレーズ中5フレーズに12分(BPM202.5の16分相応)の3連オルタが配置され、内1つはオルタの終点が次のフレーズに跨るため、3連オルタ処理の可否が6つのフレーズコンボ取得に影響を及ぼす非常にクセの強い譜面となっている。
    • 概して個人差の要素が大きいものの、同等の速度の3連オルタを備えた旧曲譜面が難易度8台後半から9台にかけての範囲に分布するため、Lv8.30では詐称と考えてよい。
  • 逆詐称
  • Lv8.10 極普通(BASS)
    • この難易度帯には珍しく16分オルタが一切ない8分の複色運指主体な譜面で、BPMも170とフルダウンで十分処理できる速さのため、個人差寄りの逆詐称譜面と言える。
    • 運指が得意であれば銅ネクラスでもフルコンボを狙えるだろう。
  • 個人差
  • Lv7.80 スキスキ星人(BASS)
    • サビのフレーズが延々と8分の鋸運指で構成されており、軸がR→G→Bと右にスライドしていくのも併せてリズムキープ力が試される。
    • 鋸運指の得手不得手が達成率を大きく左右する譜面。
  • Lv8.60 RISE UP(GUITAR)
    • 1-5-1-5-1-5-1-5-2-2-2-1-1の運指切り替えを繰り返す2度目のPhraseAの16分運指オルタが難所となるが、その他はほぼ偶数切り替えオルタと緩い二色運指のみの素直な譜面。
    • 長い2連オルタとPhraseCのオルタ終盤に混じる3連切り替えに対応できれば、前述のフレーズ以外の接続はそれほど困難ではなく、難所自体も難易度を大きく逸脱する譜面とは言えない。
  • 接続難
  • Lv8.40 Never Ever End(GUITAR)
    • 3度目のSpecialフレーズを除けばBPM190の8分の複色運指中心で、12分の2連オルタが時折混じる程度の易しめな譜面になっているものの、件のフレーズが接続難易度を大幅に上げている。
    • 上述のSpecialフレーズは16分と24分(BPM285の16分相応)が混在する変速オルタでほぼ構成されているのだが、その中に24分の3-3切り替えが一か所存在する。
    • オルタリセットが間に合わない速さでの奇数切り替えはLv8.40では明らかに規格外で、フルコン難易度は9台に乗るだろう。

*1 公式サイトでは「RIGHT CYMBAL」の表記であるが、Vシリーズの名残で本サイトに「CY」と表記することもあるため併記

Last-modified: 2021-05-10 (月) 06:05:14
Site admin: iMp95
mail : imp@callusnext.com (←@を半角に)