GuitarFreaksXG3&DrumManiaXG3

新曲レベル詐称・逆詐称・個人差・接続難について

  • レベル表記が実際の体感難易度より明らかに低い「詐称」、その逆の「逆詐称」について記述
    • 特に顕著なものには太字で表記しています
  • 個人的な意見で書かないこと(自分が出来るから逆詐欺、自分が出来ないから詐欺など)及び難所など詳しく記載すること。
    • 個人差」、「接続難」についても取り上げています
      • 個人差 - DMならLP絡みや体力譜面、GFならスライドや運指など「総合的に適正だが、○○が出来ないと閉店しかねない or ○○さえ出来れば問題ない」という特徴の強い譜面を記載して下さい。
      • 接続難 - クリアにはほぼ支障がなく適正〜やや弱めだが、フルコンボとなると途端に難易度の跳ね上がる、極端な局所難譜面を記載して下さい。
  • 「○○のような〜」というように他曲の譜面例を出したりはせず、4色階段、高速オルタ、鋸etcといった感じで難所or逆詐称と思われる箇所を分かりやすく記載してください。
  • 難易度はフルコンボ前提では付いていません。繋がらない=詐称とはしないで下さい。

DrumMania

NOVICE

  • 詐称
    • Lv2.70 Predator's Crypto Pt.2 - 序盤から感覚を掴みにくい同時叩きの連続。それ以降もリズム難で明らかにPt.1と同レベルではない。Lv3中位か。
  • 個人差
    • Lv2.20 Starlight Parade - 全体的に難易度は妥当で密度も低いが、配置されているオブジェが全体的に不規則で、リズムや目押しが苦手な場合だとスコア・接続に支障を来たす。
    • Lv3.20 MODEL DD10 - とにかく単色の直線連打が多い。クリアはそれほど困難ではないとは思われるが、リズムが合わなければ達成率が低くなってしまう。
    • Lv4.80 Restart - 全体的に左右に振り回される譜面。LCを右手で叩けないとツライか。サビのBP連踏みにも注意。

REGULAR

  • 詐称
    • Lv3.30 笑ってたいんだ
    • Lv3.50 フライングゲット
      • この2曲は、速度が緩いものの最初から連バス譜面になっており、レベル不相応。
      • この2曲は、7/3に解禁されたSet Listモードの初めからある「ポピュラー」セットに入っているため、初心者は要注意。 Set Listモードを進めるためにクリア必須なので、無理せずNOVICEをプレイするのも一つの手。
      • 笑ってたいんだは連バスに加え、裏バスも多く、とてもじゃないがレベル3前半の譜面とは考えられない。レベル3後半〜レベル4ギリギリぐらいは欲しい。
      • フライングゲットは、スネア連打が長さ、数ともにレベル不相応な上、スネア連打にバスが絡んでいる箇所もあり、解禁したからと選ぶと大変手こずる地雷曲。終盤のスネア連打はAcross the nightmare黄より速度は遅いものの時間が長く、慣れていなければ最後殺しになりかねない。レベル4前半は欲しい。
  • Lv4.40 侯爵夫人の陰謀 - Lv不相応な高速連バス+ドコドコが随所にあり、足が得意な人でも苦しめられる。Lv4.6程度が妥当か。
  • Lv4.55 DOUBLE IMPACT - BP→LPの交互地帯が所々に挟まっており、S取得難度が高い。連打を必要とする場所もあり、慣れていない人は注意が必要。
  • Lv5.10 CHAIN REACTION feat.NO+CHIN - 赤からスネア連打、LPがなくなった代わりに大量の8分HHが追加されており、体力的には赤譜面よりきつくなっている。BPMも178と速い為、人によっては赤より難しく感じられる可能性も。Lv5中盤〜後半が妥当か。
  • 逆詐称
    • Lv4.20 NEW LEGEND - 終始一定のリズムで叩くような譜面であり、このレベルにしては難所といえる場所がない。Lv3中盤程度。
  • Lv4.20 群青と流星 - 難所はHH+SNと裏バス、CY→HHへの素早い移動ぐらいで、パターン化されているためクリア難度は逆詐称。繋ぎもその難所をクリアできれば特に問題はないだろう。Lv3後半程度。
  • Lv5.50 Predator's Crypto Pt.1 - 連バス譜面。極端に逆詐称という訳ではないが、同じ傾向のLv5.50の曲(暗黒舞踏会黄、MONSTER TREE赤)と比べるとシンバル刻みがなく、バスと同じようなタイミングで左右を叩く感じとなり、回復地帯もあるため、技術的にレベルが若干低く、PERFECT率も比較的稼ぎやすい。
  • 個人差
    • Lv5.50 暗黒舞踏会 - BPM175の各種2ビート(LC+SD、HH+SD、CY+SD)とタム回し、3連譜が間髪入れずに来る譜面。Lv5台らしい休憩地帯が無い為、かなりの体力と集中力が要求される。ただしLPや連バス、裏刻みなどが無い為クリアレベルは妥当。
  • 接続難
    • Lv4.85 Snowy India - LPとタムの同時が何度かあるので、そこで叩き間違いを起こしやすい。

EXPERT

  • 詐称
    • Lv6.00 IN MY WORLD - 道中のLC8分刻み、後半の長いSN連打、細かいフラム地帯がこのLv帯にしては厳しい。少なくてもLv6中盤は欲しい。クロスのみでは右腕がバテる危険も高い。
  • Lv6.35 maximum the hormone - 独特なタム連打地帯、変則的な手のリズムを含んだ長いBP-LP交互踏み地帯が危険で、慣れてないと即FAILEDする可能性も。Lv6後半程度。
  • Lv6.40 ヤミクラ - LPは少ないものの、PON楽曲特有のHH+SNの独特の刻みや高速2連バス&タムロール、左右の激しい振り回しによってリズムを崩されやすく、コンボも切れやすいため達成率が出にくい。Lv6後半あたりが妥当か。
  • 逆詐称
    • Lv7.40 DOKI DOKI - クリーンクリーンEXP(7.00)のような4分一定のLPを踏みながらのFT刻みが出てくるが、曲の大半をHHとCYの単純な刻みが占めている。休憩地帯が少なく多少体力が必要であることを考慮してもLv7.40は逆詐称気味。Lv7前後か。
  • Lv7.50 CHAIN REACTION feat.NO+CHIN - スネア3連打の絡んだHH刻みが小刻みに何度も続く。これについていけるかがクリア・達成率に大きく関係する(途中タムの追い越しには注意)。譜面が似ているRЁVOLUTIΦN EXP(7.10)と比べてもBPMが遅いため体力的に明らかに楽。Lv6後半クラス。
  • Lv8.40 ギタ・ドラ・jubeat大夏祭りのテーマ - 曲の大部分をBP・LPの交互踏みが占めるが、手が8台とは到底考えられないほど楽。交互踏みの得意不得意によっても差が出るが、それを考慮してもこのレベルでは逆詐称で、実質6台中盤〜後半程度が妥当のかなりの逆詐称曲。よほど苦手な人にとっても7台前半程度。
  • 個人差
    • Lv5.00 笑ってたいんだ - レベルの割にノート数の多い、いわゆる刻み譜面。
  • Lv5.30 フライングゲット - イントロ・サビ・アウトロの各部分がEgocentricity(赤)のようなHH16分3連打が占める。クリアはHH16分3連打によって得意不得意の差が出やすい。
  • Lv5.60 RePrise - レベルの割にノート数の多い刻み譜面、なおかつ単純なタム回しの譜面。刻み地帯ではHH,CYの刻みがあるため、クロスのみでは右腕がバテる危険がある。タム回し地帯もそれなりの長さがあるため、得意不得意の差がかなり出やすい。
  • Lv6.30 サムライハート(Some Like It Hot!!) - HH16ビートを始めとして、長いLP8分一定踏みがあったり終盤にはV時代のSonne(EXP)を彷彿とさせる裏から入る3連バスが出てきたりと個人差の出る要素が詰め込まれた譜面。
  • Lv6.60 CRAZY FOR YOU - このレベル帯に無いLC+LPを中心とした左に片寄った譜面の為、慣れるまで個人差がかなり出る。
  • Lv6.80 Freeky Technique - 終始HH16ビート譜面。クリアはRIGHT ON TIME(赤)のようなHH16ビート地帯によって得意不得意の差がかなり出やすい。
  • Lv6.80 spectrum - BPM220の高速8分HHの刻み、3連バスをいかにリズムを保ちながら処理できるかどうかが鍵。苦手な人にはLv7以上に感じられるかもしれない。
  • Lv7.10 800nm - 前半と後半の各3小節にわたるツーバス地帯が降ってくる。クリアはツーバス地帯によって得意不得意の差がかなり出やすい。
  • Lv7.30 Predator's Crypto Pt.2 - Pt.1と比べて手数が増えており、難易度もPt.1より低いが、長めのツーバス地帯が終盤一か所のみなので、閉店する心配は少ない。体力的にPt.1より楽になっているが、接続の面では真ん中での変則タム回しや随所に出てくるタム連打のために難しくなっている。
  • Lv7.35 I'm so Happy (Rockin'ver.) - 単調な刻みと局所的なツーバスの塊で出来た変則的な譜面。ツーバス地帯は手数が少なく比較的足に集中しやすい。ただし総ノート数が少ないため、ツーバスが踏めないとSランクは見えてこない。全体的には逆詐称気味。
  • Lv7.40 群青と流星 - 長いLP8分刻みが存在する。リズムは右手と大体一緒なので練習には丁度良いかも。
  • Lv7.50 Dragontail Butterfly - BP+LP同時踏み、BP-LPの交互踏みによってLPの総合力が求められる。両方とも出来ないとクリアは不可能なので注意が必要。
  • Lv7.80 Predator's Crypto Pt.1 - 超ツーバス特化譜面。手の回復が無いので足が出来ないとクリア不可能だが、出来ると接続も余裕の超逆詐欺曲。
  • Lv8.00 NEW LEGEND - サビ〜終盤の長いツーバス地帯が降ってくる。クリアはツーバス地帯によって得意不得意の差がかなり出やすい。
  • Lv8.30 GIGA BREAK - 今作のPredator's Cryptoや旧来の96氏楽曲の通り手数少なめ・単純のツーバスに特化している譜面で、ツーバスが安定して踏める人であれば妥当or逆詐欺に感じられる。 但し、所々単純な手数で休憩できる箇所が多いので、ツーバス苦手な人でも当該曲より難易度が低いがツーバスが非常に長いPredator's Crypto Pt.1(EXP 7.80)や百鬼夜行(NOV 6.80)よりも先にクリアする可能もありえなくはない。
  • Lv8.90 双つ雲と暁の奏 - 序盤と終盤に長いLP裏拍が占める。右足は表拍4分一定だが、手が細かいタム回しによって複雑なので、LP裏拍が出来ないとキツい。裏拍LP得意なら8.00前半、苦手なら9.00前半に感じる人も。
  • Lv9.30 暗黒舞踏会 - ひたすらに体力が試される譜面。最初から最後までツーバスが降ってくるうえ、休憩と言えるような場所は全く無い。更に刻みも大半が2ビートのため、クロスのみでは右腕がバテる危険もある。全体的には逆詐称気味。
  • 接続難
    • Lv5.90 MAX!乙女心 - 基本的にBP+LP同時、刻みの連続なので、得意な人はクリアにはやや弱め。但し、序盤のSN+FTの同時縦連打、終盤の細かいタム回し、プチツーバスがどう考えても5.90ではなく、接続難。
  • Lv6.30 Shout!! - タムの細かいフィル(序盤と終盤)が流れてくる。それ以外は通常の刻み譜面なのでクリア難度は相応だが、繋ぎでは6台の中ではトップクラス。
  • Lv6.40 隅田川夏恋歌〜納涼mix - 基本的に8ビートとシェイク譜面の連続なので、得意な人はクリアには弱め。ただしラストのLT+FT→SN×2(16分)を繋ぐには左手の高速移動が求められるため、接続難気味。
  • Lv6.40 恋閃繚乱 - サビ終わりの左右振り+16分連バスや、16分のHH連打・SN連打中に入る32分3連打が接続難。特にSNの32分3連打は曲を通して何度も現れるので達成率が伸ばしにくい。反面LPが殆ど無く、刻み部分でゲージの回復は容易なのでクリア難度は妥当。
  • Lv7.00 ETERNAL BLAZE - 基本的に8ビートと16ビートの連続なので、得意な人はクリアにはやや弱め。ただし中盤のタム回しを繋ぐにはゴリ押し力が求められ、接続難。
  • Lv7.10 流星☆JUMP! - タムのダブルストローク地帯、バラバラ地帯がそれぞれ流れてくる。それ以外は通常の刻み譜面なのでクリア難度はやや弱めだが、繋ぎでは7台の中では厳しい。
  • Lv7.20 DOUBLE IMPACT - 8分連打中に入るフラム状の16分3連打が接続難、長い2バス地帯もある。コンボが頻繁に切れるので達成率が稼ぎにくく、同LV帯の曲に比べて高ランクをつけにくい傾向がある。
  • Lv8.40 overviews - 道中はLv8台中盤としては弱めだが、接続はラストのSNの超速連打が切れやすい。

MASTER

  • 詐称
    • Lv7.35 maximum the hormone - 序盤のタム連打や手のリズムが取りにくい16分BPLP交互踏み、LC刻み中の変速、32分高速スネアゴーストなど、初見では厳しい箇所が多く達成率が稼ぎづらい。
  • 個人差
    • Lv9.50 overviews - 前半はBPM72の64分(BPM288の16分に相当)の5連タム、中盤にはBPM303でHT→HT→LT→FT→LCの16分連打、ラストもBPM260弱の16分スネア&タムの連打と、要所要所に高密度の塊があるために接続が難しい。 後半は、RCとHHを交互に叩きながら、そこにLC+SNが混ざるというゴリ押し譜面となっている。あえて全部取らずノーツをある程度捨てて演奏すればクリアはそこまででもないが、無理に全部取ろうとしたりするとミスを連発して閉店になることも。 曲自体が短いので後半までにできる限りゲージを稼いでおける実力は必須。

GuitarFreaks

  • 今回、EXP(赤)の5代は全体的に詐称気味。特にライセンス曲には注意。

NOVICE

  • 詐称
    • Lv4.00 MODEL DD10(BASS) - 初見注意!比較的長めで切り替えを伴う単色高速オルタ滝が続く。大半は奇数(ダウンスタート&ダウンエンド)なので得意でリズムをつかめれば稼ぎになるが、苦手なら相当苦戦する。少なくともGUITAR譜面よりレベルが低いのはありえないので、Lv4中盤〜後半程度とするのが妥当と思われる(人によってはDD5より簡単)。
  • 逆詐称
    • Lv2.40 Summer Holiday(BASS) - 新曲では珍しいRGBの3ボタンのみの譜面。2色運指は多いものの、VシリーズのCROSS ROAD、DIAMONDS(共にEXT、Vシリーズのレベル21)よりは容易であり、逆詐称と考えて差し支えない。Lv2前後。
  • Lv2.60 Genesis Creation Narrative(BASS) - ゆるい単色が多く、ノーツ数も少なく、XG3稼働時までの歴代アンコール曲の中で間違いなく最弱といえる。クリア難度、繋ぎ難度とも1前半程度で、低く見積もるとチュートリアルレベルでもおかしくなく、今作一番の超絶逆詐称。リズムが一定でないため、適正付近であれば高PERFECT率は難しいかもしれないが、慣れればENCORE召喚は容易だろう。
  • Lv2.70/2.40 つぼみ(GUITAR/BASS)
  • Lv3.00/2.60 Xenon(GUITAR/BASS)
    • いずれもゆるい単色が多く、RGBが中心となっているためかなりの逆詐称。MARTIAL ARTS(水G/B、Lv2.00)よりも簡単に思う人もいるかも。全体的にはすべてほとんど大差なくLv2ギリギリだと思われるが、初心者でも十分挑戦圏内だろう。Xenonはアンコール・クライマックス狙いにもオススメ(上記のGenesis Creation Narrativeより僅かながらノーツ数に余裕があるため人によってはこちらの方が突破しやすいかも)。
  • Lv4.40 MODEL DD10(GUITAR) - BASS譜面とは違い、こちらは2連主体の連打譜面。とはいっても、連打は単色で運指も難しくなく、速度も特段速いわけでないためダウンで余裕なので若干逆詐称。解禁・スキル狙いならこちらの方が楽。4.3程度か。
  • Lv4.50 Hard distance(BASS) - バラケ運指・階段運指主体なのでLimitless Possibility黄Gの強化版と考えれば分かりやすい。とはいっても、速度はSIX DIMENSIONの水G/Bよりも緩くダウンで余裕があり、おまけにリズムもほとんど一定なのでこのレベル表記では少々高い。Lv4前後か。
  • 接続難
    • Lv3.80 Predator's Crypto Pt.1(BASS) - 全体的には、レベル3前半程度の連打譜面なので逆詐称気味だが、中盤付近の高速2連が前後の運指と合わせ嫌らしいコンボキラーとなっているので注意。
  • Lv4.60 Hard distance(GUITAR) - XGシリーズNOVICE初のP使用譜面。中盤に8分間隔でB→Y→Pの運指が数回出てくるので適正付近のプレイヤーはここだけでゲージを一気に削られてしまう可能性があるので危険。当然、接続難易度も非常に高い。
  • 特殊枠
    • チャレンジ譜面全般 - 通常のNOVより低レベル(Lv0台)に設定されているにも関わらずほぼ全曲5レーン全てにノーツがあるため要注意(クリアには影響しないが)。プラクティスというより初〜中級者のボタン確認譜面と考えた方がいいかも。

REGULAR

  • 詐称
    • Lv3.50 星のすみか(GUITAR) - オルタ譜面。ダウンでも弾けなくはないが、少々厳しめ。Pがそこそこ多く、切り替えの運指もY、Pの絡む1個飛ばしが所々にあるため、このレベルでは低すぎる。Lv4前後が妥当か。
  • Lv3.90 夏祭り(GUITAR) - 序盤&最後殺し曲。序盤にレベル不相応な3-1型オルタが何回か出てくる上、最後は3連オルタゾーンで畳み掛けてくる。所々密度がかなり低い部分があるものの、オルタができないとクリアは困難で、明らかにBASS譜面の方が簡単で繋がりやすい。Lv4前半レベル。
  • Lv3.95 紅焔(GUITAR) - クリア・達成率とも細かい4連直線オルタに対応できるかどうかに尽きる。ただし、1箇所のみ4+1連のオルタとなっているので注意。その他の部分はやや速めの螺旋階段状の譜面。オルタの多さで言えば、Lv4台前半の曲ともいい勝負ができ、Lv4台にしない理由に乏しい。
  • Lv4.00 POWER(BASS) - BPM200で8ビートを刻み続ける体力が要求される上、サビは5レーン全体に広がる2個区切りのスライド運指。体力、運指ともにLv4台の範疇を超えており、総合的にはLv5.50程度でもおかしくない。
  • Lv4.50 Xenon(BASS) - 前半は緩く逆詐称気味な譜面だが、後半がG→Yへの運指を含むやや速めの螺旋階段状の譜面であり、ややレベル不相応。慣れている人であれば高PERFECT率は容易だと思われるが、適正レベルでは苦しいと思われる。Lv4.7程度か。
  • Lv4.50 恋閃繚乱(GUITAR) - 直線オルタの最後が2色になっているものと細かくこのレベルにしてはやや速めの2連切り替えオルタが主体の譜面構成。中盤にはやや速め2+1連オルタもある。途中ロングノーツゾーンがあるものの、2色運指で短いため回復はさほど期待できず、オルタの速度が全体的に早いこと、2連切り替えを中心としたオルタがこのレベルにしては厳しく適正レベルだとコンボが稼げない。Lv4.8〜5程度。
  • Lv4.70 DOUBLE IMPACT(BASS) - BPM265の8分オルタをかなりの時間やらされる相当な体力譜面。運指は前半こそ単調だが後半は2-1の切り替えが多くややきびしめで、P→Rのスライドなども入ってくる。テンポが速いため1つのミスからでもずるずるゲージを持っていかれるので注意。オルタが得意であったとしても、総じてLv4台でやらせる内容ではない。
  • Lv4.80 アーリマン(GUITAR) - このレベルにしてR→Y、R+B→G+Yの切り替えが頻発。中盤はコンボの切れやすい癖のある2連。更に終盤はB+Pが存在し、このレベル表記では低い。Lv5.3あたりが妥当。
  • Lv4.80 DRAGON KILLER(BASS)
    • 初見注意! EXPERTから間引きされているのはGUITARと同じだが、GUITARよりも3連オルタが多く、より複雑になっている。気をつけてプレーしないとGOODを量産してしまい達成率が稼げない。
  • Lv5.30 Devil Fish Dumpling(GUITAR)
    • 初見注意! BASSと同じくオルタ譜面だが、BASSと同じレベル数値なのにBASS以上にオルタが複雑な超絶地雷譜面となっている。リセットの応用が効かないとかなり厳しい。とは言え、Predator's Crypto Pt.2黄Gと比べてもPノーツがなく、単色メインのオルタなので、中盤の嫌らしい運指オルタゾーン次第になるが、それでも5台としては規格外。クリア難易度は6.4は必要。S取得難易度は個人差になるが、6台後半くらいか。
  • Lv5.70/5.30 Predator's Crypto Pt.2(GUITAR/BASS)
    • 序盤はどちらも全く同じ譜面で、3連切り替え→2連切り替えが頻発。
    • BASSは序盤以降はやや素直になるがそれでも詐称気味。Lv6はほしい。
    • 危険! GUITARは終盤にpt.1のMASTER譜面を彷彿させる鋸運指オルタが待ち構えている。序盤だけでなく、終盤でも落ちる可能性が高い今作一番の超絶地雷譜面。Lv7以上か。
  • Lv6.00/5.70 MODEL DD10(GUITAR/BASS)
    • 初見注意! 高速オルタ(2連や滝)主体の譜面。オルタができないとクリアはできても達成率・コンボは全く稼げない。また、オルタの速度もまばらであるため、個人差というよりは詐称と考えて差し支えない。
    • BASS譜面では、オルタ滝の中の切り替えが多く、中にはG→R+Bの切り替えを要求される箇所があるため注意。
  • Lv6.50 Hard distance(GUITAR) 全体的に8分の2連オルタ、3連オルタ地帯などが何度も登場しリセットがままならないとコンボはさっぱり稼げない。また中盤には結構な長さの高速オルタもあり、ここでも難易度をグっと上げている。オルタが無い箇所も全体的に早いスライドを要求する運指があり、かなりのテクニックが要求される譜面。最低でもLv7くらいは欲しいところ。
  • 逆詐称
  • Lv3.70/Lv4.00 ETERNAL BLAZE(GUITAR/BASS)
    • どちらも単純な運指メイン。運指も単色のみ。かつ緩やかでやりやすい。
    • GUITARは中盤以後が高速3連メインの譜面。とはいっても、全体的に間が空いているので、慣れるのに苦労はしないだろう。クリア・接続とも3連ができるかどうかに左右されるため個人差があり、慣れていなければ詐称に感じるかもしれないが、3連以外の緩さを考えれば逆詐称だろう。Lv3.5前後か。
    • BASSは全体的に間が空いていて緩やかなので、クリア、接続共に逆詐称。また人によってはGUITARよりも達成率が稼ぎやすく、もしかしたら下手なレベル3台に手を出すよりこっちを選択した方がスキルに貢献できる。Lv3.2前後。もっと低く見積もればLv3.0でもおかしくない。
  • Lv3.90 Snow Goose GFDM ver.(GUITAR) - 2色運指があるものの、速度が緩くLv3前半程度の連打譜面(例:イジワルなあなた水B、Trickster黄B)とほとんど遜色ないか、こちらの方が簡単に思われる部分もある。Lv3.3程度。
  • Lv3.90 双つ雲と暁の奏(GUITAR) - 序盤は8分、中盤以後はかなり緩やかになり、全体的にやりやすい。かつPノーツもなく、Yボタンの練習に最適。Lv3.80のno way…緑Gと比べても簡単で、下手したらランウェイ☆ビート黄Gを選ぶよりこっちを選択した方がスキルにも貢献できるかも。
  • Lv4.30 夏祭り(BASS) - 3連オルタゾーン2箇所と2連の練習にはちょうどいい。極端に逆詐称というわけではないが、XGのCARNIVAL DAY黄Bと比べると、(今のレベルが正しいかどうかは判断つきかねるが)0.05よりももう少し差があってもよい。
  • Lv4.35 SCREW DRIVER(BASS)
  • Lv4.40 つぼみ(BASS)
    • 共通点は終始8分+直線が比較的に多いこと。少々体力的にきついがダウンでもどうにかなる速度で、配置がほとんど直線なのでオルタだとかなり簡単になる。オルタに慣れていない人の練習には適している。
    • SCREW DRIVER(BASS)は同じような早さとレベルのIN MY WORLD(GUITAR)に比べても明らかに接続、クリアは容易。階段もなく、譜面はかなり素直。Lv3.8程度。
    • つぼみ(BASS)はPが1箇所あるもののクリアには影響なし。階段がない分、ゲームより愛をこめて水等より簡単に感じられる人もいると思われる。Lv3後半程度。
  • Lv5.70 FLOWER -TLION69 Remix-(GUITAR) - Pは序盤のみ、Yも途中若干出るくらいで、ほとんど3レーンのみ。頻繁に出る2連オルタが出来るなら十分稼げると思われる。Lv5前半程度。
  • Lv6.55 Snowy India(BASS) - 黄色とはいえこのレベルなのにPが無い。テンポが速く曲に慣れるまでは苦戦するだろうが、死亡するほどではない内容。Aメロの運指やAメロ前の2連などをきっちり取れるようになれば接続も視野に入れられる。
  • 個人差
    • Lv3.70 歌の翼(GUITAR) - 道中は緩い(3連オルタには注意)ので逆詐称気味だが、最後にYとPの交互があり、ラス殺しになりかねないので注意。
  • Lv4.00 Genesis Creation Narrative(BASS) - 一言で言えば、裁きや贈る言葉の劣化版。高速2連が比較的多いため、2連が苦手だと苦しいが、2連ができてリズムに乗れれば繋ぎはそれほど難しくないと思われる。
  • Lv5.50 Raidillon(GUITAR) - 終始8分運指に加え、EXPERTから間引きされている。階段運指(R→G→B→G→R→G→R→B→R等)が序盤、中盤にいくつか存在し、最後にもある。BPM200だが、ダウンで弾くことができるので、運指が得意かどうかで難易度が変わる曲。クリアに至っては直線もそこそこあり、ロングノーツもそこそこ存在するため逆詐称と思われる。達成率に至っては運指の出来次第で変わる。
  • Lv6.70 Predator's Crypto Pt.1(GUITAR) - Bメロのシャッフル運指ができるかどうか。ここが出来るならアンコール召喚もフルコンも十分狙える。ただし同フレーズが長く続くので、苦手だと閉店までしかねない。
  • Lv6.70 maximum the hormone(GUITAR) - 後半の速度変化後は休憩地帯がほとんどなく、オルタともダウンとも取れない中途半端な速度の運指が続く。一度ずれたりスタミナ切れになると閉店の可能性もある。高速ダウンに絶えられるスタミナか、低速での運指オルタが安定するのであれば、特に切れやすい箇所も無いため稼ぎやすい。
  • 接続難
    • Lv3.90 Cosmic Hurricane (GFDM ver.) - 大勢に影響はないが、序盤のロングノーツゾーンに(このレベル付近であまり見ることのない)P→Rの運指が1箇所あることを含め、Pがそこそこ多い。
  • Lv4.20 CHAIN REACTION feat.NO+CHIN(BASS) - 道中は逆詐称寄りだが、ラストがEXPERT譜面とほとんど変わらない長い8分ノコギリ地帯。クリアに支障が出るほどではないがこのレベルには不相応な技術が要求される。

EXPERT

  • 詐称
    • Lv4.80 流星☆JUMP!(GUITAR) - このレベルで2色の運指譜面、さらにPもそこそこ使うので小指とスライドが慣れないのプレイヤーが閉店の可能性が高い、Lv5クラス。
  • Lv4.80 群青と流星(GUITAR) - 簡単に言えば衝動がえがいた どうしようもないストーリーの赤G(6.30)の低速版。長めの2連or4連切り替えオルタがあったりと4.80の譜面ではない。
  • Lv5.60 星のすみか(GUITAR) - 中盤はそこまで難しくはないものの、序盤と最後にスライド必須の高速オルタあり。
  • Lv5.65 ヤミクラ(BASS)
  • Lv5.70 DOKI DOKI(GUITAR)
  • Lv6.70 LOVE WAR!!(GUITAR)
    • 共通点は途中までは逆詐称。終盤はレベル不相応のオルタ地帯で閉店しやすい。
    • ヤミクラ(BASS)は終盤近くまで途中に3連(2-1タイプ)が絡む8分メインで、逆詐称気味。しかし、終盤はBPM180の16分が襲い、リズムも取りにくい上に、レベル不相応の切り替えがあるため、ここで落ちる可能性が高い。Lv6前半か。
    • DOKI DOKI(GUITAR)は中盤を中心に緩いB+Y→R+Gの1-2型オルタがあり、後半には2箇所レベル不相応な2個切り替え高速オルタゾーンがある(この高速オルタゾーンには1個飛ばしの運指も含まれている!)。繋ぎ難度は7台でもおかしくなく、2色地帯で体力・ゲージが残ってないと閉店の可能性が高い。Lv6前半クラス。
    • LOVE WAR!!(GUITAR)は中盤までは序盤にある3連、6連のオルタ(16分換算でBPM162-165(要検証))のみ難所なので、一見逆詐称に思えるが、中盤を過ぎてから、7(1+3+3)-9(3+6)-9(6+3)-9(3+6)-6-2-1-2-1-1のオルタ(16分換算でBPM162-165(要検証))で接続が切れやすく、終盤にいたってはYも絡む階段運指、3連切り替えの高速オルタの後に2連切り替えの高速オルタがあるなど、クリア難易度も大幅に上げている。総合的に見ても個人差より詐称と考えた方がいい。クリアはLv7.3前後。接続はLv8台手前。
  • Lv5.70 侯爵夫人の陰謀(BASS) - レベルの割に4色階段が頻発(R→G→B→YとG→B→Y→P)。序盤はまだしも、中盤は4色階段に加え、2連が頻繁に襲いかかってくるため、このレベルでは手厳しいか。Lv6.2が妥当か。
  • Lv5.80 CHAIN REACTION feat.NO+CHIN(GUITAR) - 後半まではオルタをちょこちょこ入るの運指譜面だが、曲を進むとニギニギやスライド必要の3連オルタが襲いかかる、Lv6前後は欲しいところか。
  • Lv5.80 CHAIN REACTION feat.NO+CHIN(BASS) - 中盤あたりで、R→B→Pの8分運指が何回か出てくる。スライド技術に慣れていないとかなりきつい譜面。他は極端には難しくないが、ギターと同じLv6前後は欲しいところ。
  • Lv5.90 Moon of Muse(GUITAR) - 4連、5連の階段運指に加え、3連切り替えの高速オルタ(16分換算でBPM177)もあり、少なくとも5台ではない。6台前半程度。
  • Lv5.90 ヤミクラ(GUITAR) - 道中は8分メインだが、ところどころにある2-1タイプの3連、終盤にはオルタ地帯と裁きみたいな2連地帯で途中落ちしやすい。少なくとも5台では厳しいと思われる。Lv6.3あたりは欲しい。
  • Lv6.50 Polaris(BASS) - 延々と3連、2-1などのオルタが続く。テンポも速くスライド箇所も比較的多い為、レベル6台適正だと腕が追いつかずにFailedする可能性が高い。低くともLv7以上はあると思われる。
  • Lv7.60 DRAGON KILLER(GUITAR) - 序盤からいきなり3連高速オルタで、G+B→G→Gのような二色→単色×2というかなりの技術を要する譜面が襲い掛かり、後半にも全く同じ譜面が来る。序盤殺し、最後殺しにもなりえるため7台中盤が出来る腕前でもかなり危険。中盤も歯抜けとオルタ地帯ではっきりと分かれており、オルタ地帯は奇数、偶数が不規則でこれも難易度が高くコンボが切れやすい。なおロケテ1回目の難易度は7.00という前代未聞の超絶詐称譜面だった。
  • Lv8.25 FLOWER -TLION69 Remix-(GUITAR) - 譜面はBangin' Breaksの高速版。しかし、これよりレベルが低く、かなりの地雷譜面。Lv8.9前後か。
  • 逆詐称
    • Lv5.00 I'm so Happy (Rockin'ver.) (BASS) - このレベルで終始裏4分。代わりにPノーツが多く、比較的にスライドも多いので、初見だと妥当と感じられるが、回数を重ねることで5台の中では最も稼げるようになる。Lv4.5前後。
  • Lv5.10 双つ雲と暁の奏(GUITAR) - 前半にオルタがあるかそこを抜いたらLv4レベルの運指が続く、スライドも難しくないのでクリアはLv4くらい、繋ぎ難度もそれほどではない。
  • Lv5.35 つぼみ(BASS)
  • Lv5.45 IN MY WORLD(GUITAR)
  • Lv5.65 隅田川夏恋歌〜納涼mix(GUITAR)
  • Lv5.65 耳たぶ2号(BASS)
    • 共通点は終始8分運指+フルダウンで処理可能。
    • つぼみ(BASS)はこの難度にしてはダウンで十分処理できる2色運指が中心でスライドや運指も中盤のニギニギ地帯に気を付ければこのレベルにしては難しくはない。Lv4.8前後か。
    • IN MY WORLD(GUITAR)は序盤、サビ、終盤にあるG→B→Y→RやR→G→B→Y→R+G等といった運指がきついが、序盤から中盤にかけて単純な直線が多く、回復地帯が長く存在するため、クリアはしやすい。Lv5.2くらい。接続は序盤と中盤と終盤の運指の出来に左右される。
    • 隅田川夏恋歌〜納涼mix(GUITAR)は緩やかな運指が多く、中盤さえ気をつければ接続、クリア共に容易。Lv5.2前後。
    • 耳たぶ2号(BASS)はスライド地帯も比較的覚えやすい。Lv5前半〜5.5程度か。
  • Lv6.30 SPACE DRIVER(BASS) - 終始単色の8分がメイン。Pのスライドも絡むものの、全体的にR、G、B寄りになっている。このレベルにしてはやりやすい方か。慣れれば相当な稼ぎになる。
  • Lv6.40 overviews(BASS) - 中盤を除けば、全体的に5台前半程度の譜面。中盤の2連オルタ地帯が曲者ではあるが、慣れれば接続も見えてくる。
  • Lv6.80 Xenon(BASS) - 序盤にある8分の間に2連運指、2連→3-1オルタ→4-1オルタ、中盤はスライドも必要な8分運指と変則地帯(8分→12分と8分→12分→16分)といったところでコンボが切れやすいものの、ギター譜面と比べても明らかに素直でクリアはこのレベルにしては容易。また他のLv6.8と比べてもクリア、接続共に容易。クリアはLv6.3くらい。接続もLv6.5くらいか。
  • Lv7.20 spectrum(BASS) - 終始8分。序盤は嫌らしい形の運指があり、中盤以後はスライドが頻発するものの、いずれにしてもLv7台にしてはやりやすく、かつ慣れれば一気に稼ぎに変わる。序盤の運指地帯を考慮しても、Lv6後半くらいか。
  • Lv7.30 逆ナンされたのにドタキャン!!(BASS) - BPMが早く体力がないときついが、全体的にほぼ8分運指で、2連切り替えの8分運指がメイン。特段嫌らしい運指も少なく、クリア、接続共に6台後半くらいか。
  • Lv7.40 I'm so Happy (Rockin'ver.) (GUITAR) - 中盤以後はスライドも絡み、やややりづらくなるものの、パターンもわかりやすく、G+Y、B+P、Pノーツに注意すればかなり稼げる。7台の中でもやりやすい部類に入る。
  • Lv7.70 MODEL DD10(BASS) - 終始オルタ譜面。2連切り替えオルタで個人差は出るものの、終始7台の要素が弱く、中盤はロングノーツも多いため、クリアに至っては逆詐称。2連切り替えオルタを考慮してもLv7.4くらいか。また、パターンに慣れれば一気に稼ぎに化ける。
  • Lv8.50 Give Me MORE!!(GUITAR) - 同曲のBASS譜面と比べても2色の運指やG+Yの絡む部分がところどころあり、リズム難でとっつきにくいものの、Pノーツが終盤しかなく、単色メインの譜面なので表記程難しくない。多少の個人差はあるが、クリアに至っては8.3くらいか。接続は妥当。
  • Lv9.20 Give Me MORE!!(BASS) - 譜面傾向は同作者のBangin' Breaks(赤B)とほぼ同じ。しかし、このレベルにしてPノーツは一つも無く、且運指の大半は3レーンなので特段イヤらしいわけでもない。リズム難を考慮してもこのLvではクリア、接続共に逆詐称。Lv8台前半クラス。
  • Lv9.50 GIGA BREAK(GUITAR) - 5色レーンフルに使用している16分の階段運指がメイン。階段運指の得意不得意でかなり個人差が出るものの、他のLv9.5に比べても、難所と言われるところがなく、少なくともクリアは逆詐称気味。Lv9.25-9.3あたりが妥当か。
  • 個人差
    • Lv3.70 CRAZY FOR YOU(GUITAR) - 終始8分。パターンも決まっていて、スライドが必要なのは1か所のみ。G+Yの切り替えが出来なければ妥当以上に感じるが、序盤にロングノーツが多いため、低達成率だとしてもクリアは可能だろう。G+Yの練習をするには最適な曲。
  • Lv4.80 RePrise(BASS) - 終始8分運指で、スライドが必要な所は最初の歌い終わり〜2回目のサビの間(Gボタン=人差し指)、ラスト1ノーツの片道3回(小指使用を含む)流れてくる。
  • Lv5.05 笑ってたいんだ(BASS) - 終始8分運指+同時押しがメイン。じょいふる(赤B)と同様、Pノーツへの対応力と小指の安定度で大分結果が変わる。
  • Lv5.20 夏祭り(BASS) - 序盤の3連トリルと中盤のスライドの出来に左右される。その2つが出来ないとクリアできても高達成率は望めない。
  • Lv5.30 serial number(BASS) - 終始8分運指。見た目がゲーム愛の赤BASSと同じような2連とところどころに運指が目立つ。Pノーツへの対応力と小指の安定度で大分結果が変わる。人によってはギターよりやりやすいかも。
  • Lv6.10 キルト(GUITAR) - 全体的にserial numberを強化した譜面。終始8分運指、難所は2色運指とスライドも絡む8分の2連切り替えで、ここの出来具合で達成率、クリア難易度が大分変わる。出来ればかなりの稼ぎ。
  • Lv6.35 Raidillon(BASS) - 終始8分譜面だが、所々にR+G→Pの直接移動(8分)があるため、スライド慣れ必須。
  • Lv6.40 アーリマン(GUITAR) - 今まであまり見られなかったR+Yが多く出てくるので小指が使えないとかなり厳しい。しかし、それさえ出来ればレベルの割にそれほど難しくない。どうしても無理なら乱を使うとR+Yは無くなるが、中盤の4連オルタでハズレ譜面になるリスク有り。
  • Lv6.70 つぼみ(GUITAR) - 基本的には階段にOPENが絡む部分と1色一発→1色3連→1色→2色の繰り返しの部分と2個区切りのオルタの繰り返しで少々忙しい。階段/OPENに慣れていなければクリアは困難。Agnus Dei(赤G)同様個人差はあるものの、0.05しか離れていない割に技術的にはこちらの方が高い部分が多く詐称気味か。
  • Lv6.80 overviews(GUITAR) - 全体的にノーツが少ないために、中盤の2連切り替えオルタゾーンはその部分だけで一気に閉店まで至ってしまうが、そこさえクリアできるとクリアしたも同然。ノーツ数が少ない点とオルタがこのレベルにしてはそれほど難しくないことから逆詐称気味。
  • Lv7.20 MAX!乙女心(GUITAR) - 序盤から中盤にかけてヒの字型5連(R→R+B→R×2→R+B等…)が襲いかかり、中盤以後は2連(R→R+G等)や3連(R→R+G×2等)や5連(R→R+G×3→R+B等)といった裏入り運指が中心となる。このレベルにしてPボタンとスライドの割合が少ないため、運指が出来て、地力がある人は充分な稼ぎとなる。出来ないとクリアは出来ても達成率は稼げない。
  • Lv7.55 暗黒舞踏会(GUITER) - 同曲の黄Gのオルタ地帯を2色にした譜面。ピッキング面は黄色が安定していれば特に問題はない。運指も7台後半とは思えないぐらい緩やか。 ただし後半にR+G→Y+P切り替えや、R→Pのスライドオルタの殺しポイントが存在する。オルタ地帯のど真ん中にあるため、ずれたらほぼ閉店が確定する。
  • Lv8.00 MODEL DD10(GUITAR)
  • Lv8.40 spectrum(GUITAR)
    • 共通点は超高速オルタが存在し、その出来次第で結果が左右されやすい。
    • MODEL DD10(GUITAR)は中盤と終盤の高速の出来に左右される。特に中盤はopenも含む6連切り替えなので、高速に対応できない人はかなり苦しいが、それ以外のところは8台の要素が弱い。高速ができればかなりの稼ぎ。出来なければ8台後半クラスにも感じる。
    • spctrum(GUITAR)は序盤はG→Y、B→Pの移動も絡む運指中心。中盤以後は高速滝(16分換算でBPM220相当)が襲い掛かる。偶数切替の上にオルタスライドも絡む。また、オルタ地帯が長いため個人差が非常に出やすく、出来る人は8台にしてはかなりの稼ぎになるが、オルタスライドと高速に対応できないと8台後半にも思える。
  • Lv8.40 Snow Goose GFDM ver.(BASS) - 終始Chinese Snowy Dance赤Bを彷彿させる3連(2-1)がメイン。出来る人には相当な稼ぎ。出来なければクリア出来ても達成率はあまり期待できない。
  • Lv9.15 Devil Fish Dumpling(GUITAR) - 終始12分単色運指。人によってはSRANかけた方がやりやすいかも。
  • 接続難
    • Lv4.60 群青と流星(BASS) - クリアはPノーツが流れてこない分、比較的楽。接続は16分3連、裁き(BASS)地帯によって若干難しい。
  • Lv4.75 ETERNAL BLAZE(GUITAR) - クリアは妥当だが、中盤のGBY→B+Pの部分と終盤の2-1の3連オルタのスライドが必要な部分でコンボが途切れやすい。
  • Lv4.80 フライングゲット(GUITAR) - 基本的には多色運指中心だが、中盤にあるニギニギ系2個切り替えオルタがレベル不相応であるなど、オルタが必要な部分がコンボキラーとなっている。
  • Lv5.00 夏祭り(GUITAR) - 黄譜面同様の序盤&最後殺し曲。3-1型オルタが切りやすいポイント。3連オルタゾーンもR+Gx3→G+Yx3のような譜面なので、所々途切れやすく達成率が期待できないことを考えると詐称気味か。
  • Lv5.40 フライングゲット(BASS) - サビに何度か出てくる「B→R→G→B」の16分がコンボ切りとなる。他の部分はそれほど難しくないので、人によっては各種ランダムで崩した方が楽かも。
  • Lv6.50 Restart(GUITAR) - 終始オルタ譜面だが、最後に超高速滝(16分換算でBPM216)が流れてくる。ズレると閉店の危険もある。
  • Lv6.80 Graviton(GUITAR) - 道中は単色メインでLvは妥当なものの、中盤の2連切り替えの高速オルタ(16分換算でBPM205)でコンボが切れやすい。
  • Lv7.20 DRAGON KILLER(BASS) - BASS譜面(ツインギターのため音はギター)は終始オルタ譜面。GUITARよりは序盤、終盤はやりやすいが、中盤はとても速い高速オルタがあり、高速に対応出来れば、クリアに至っては逆詐称か妥当だが、出来なければ8台にも思えるほどの超個人差譜面。接続は切り替えが変則なことを考えるととても7台前半では収まらない。なおロケテ1回目の難易度は6.80という前代未聞の超絶詐称譜面だった。
  • Lv7.20 紅焔(BASS) - 道中は優しくやや逆詐称だが、序盤、中盤前、終盤における癖の強い4連の階段運指で接続が切れやすい。
  • Lv8.00 NEW LEGEND(BASS) - 終始オルタ+物量譜面で、得意な人ならクリアは弱め。但し、接続では前半の階段地帯がコンボキラーで、場合によっては最初殺しの可能性がある。

MASTER

  • 詐称
  • Lv8.20 Hard distance(GUITAR) - 序盤からTwo Hurtのような階段運指が流れる。その後も階段運指、リセットが必要な部分、かつ高速地帯はopen→3連→3連のような裏入りと2連→3連→3連だったりする。接続難易度は恐ろしく詐称だが、クリア難易度も同じような傾向のTwo Hurtと比べても詐称。Lv8.7くらいが妥当。
  • Lv8.40 Riot of Color (GUITAR) - 階段運指が頻発。終盤はスライドも含む長い階段運指が2か所あるため、この表記では低い。Lv8.6〜8.8あたりか。
  • Lv8.90 Eastern Lariat(GUITAR) - 終始5レーンフル活用の16分運指に変速、高速3連などが絡む高難易度譜面。特に16分のR→Pの絡むオルタ運指と24分(16分換算でBPM188.5)のY+P×3→YとP→Y×3の4連オルタがコンボキラーかつ殺し地帯になっている。同作者のWalnuts紫G(Lv9.2)と比較しても全く引けを取らず、Lv9.3〜9.4程度の難易度が付けられていてもおかしくないかなりの詐称譜面。
  • 逆詐称
  • Lv8.00 Riot of Color (BASS) - 序盤は2連のシャッフル、嫌らしい運指でゲージが削られやすいものの、その後は6台後半くらいの譜面で、序盤さえ抜ければクリアはかなり容易。接続は2連のシャッフル運指、2連→2連→4連が繋がるかどうかで決まる。
  • Lv9.50 Genesis Creation Narrative(GUITAR) - 階段、スライド譜面。こういった譜面が苦手でも、他のLv9.5台(Concertino in Blue MAS-G、MODEL DD4 MAS-G、一網打尽 MAS-B など)と比べると明らかにクリアは楽。逆に得意ならLv8台中〜後半程度。
  • Lv9.50 maximum the hormone(GUITAR) - 前半はレベルの割にとても簡単な譜面だが、後半の単色〜2色運指地帯が難所。特に、2色運指は R+G→R+B→R+Y という形が何度も流れてきてとても難しい。しかし、BPMはそれほど速くはなく、16分運指も中盤の3連位なので9.5というレベルほどの難しさはない。また、前述のR+YはRANを使っても崩れることはないので、前半の4連が崩れてしまうが、クリア狙いの場合はSRA推奨か。
  • 個人差
    • Lv7.40/Lv6.10 Cosmic Hurricane (GFDM ver.)(GUITAR/BASS)''
      • GUITARは中盤まではLv7台とは思えないくらい簡単な運指がメインだが、中盤の裏入りを含む2連、通常の2連地帯で達成率とクリアに影響を及ぼす。
      • BASS譜面は2連オルタゾーン、3連オルタゾーンがあり、若干GUITARより高い印象が強いが、終盤は2連切り替えの8分運指となっているため、クリア難易度に関しては終盤の運指地帯で変わる。接続は2連、3連オルタゾーンで大分変わる。
  • Lv7.50 SCREW DRIVER(GUITAR) - 2連メインの譜面。2連が得意であれば、このレベルにしてはやりやすい。2連が苦手だと、終盤で力尽きる可能性が高い。
  • Lv8.30/Lv8.00 overviews(GUITAR/BASS)
    • いずれも中盤の運指オルタ地帯ができるかで変わる。
    • GUITAR譜面は序盤と終盤は6台前半程度だが、中盤はopen+4色階段の5連がひっきりなしに襲いかかる。そこだけでもかなり個人差が出るが、2連切り替えも多く、この2つが出来るかでクリア、接続共に結果が大きく左右される。
    • BASS譜面は序盤と終盤がとても8台とは思えないくらい緩やか。中盤は裁きを難しくした2連地帯がメインとなり、そこだけは8台相応だが、ここが出来る人はスキルに大きく貢献できる。
  • 接続難
    • Lv7.70 SCREW DRIVER(BASS) - 8分刻みの中に紛れている癖の強い3連(R→R+B→R等)、高速2連オルタなど難所が複数ある。そして何よりのコンボキラーとなっているのが中盤と終盤にある小指絡みの高速階段オルタ(Y→B→G→B→G→R×2)。単色8分でしっかりとゲージを回復することが出来ればクリアは逆詐欺に感じる場合もあるが、達成率や接続難易度の高さを考えると、総合的には詐欺気味と考えた方がいい。
  • Lv9.45 MODEL DD10(GUITAR) - 高速以外は8台中盤程度だが、中盤と終盤に3連切り替えの高速オルタがひっきりなしに襲ってくる。接続難易度は非常に高く、最悪閉店か達成率はあまり稼げないことから詐称気味か。

Last-modified: 2013-01-07 (月) 05:30:29
Site admin: iMp95
mail : imp@callusnext.com (←@を半角に)