REFLEC BEAT 悠久のリフレシア The Reflesia of Eternity

タイトル・イメージ

  • REFLEC BEATシリーズ6作目。
  • 今作のサブタイトルが初めての日本語表記となっている。
  • サブタイトルの英表記は「The Reflesia of Eternity」。
    • 正式なタイトルとして「REFLEC BEAT 悠久のリフレシア The Reflesia of Eternity」
  • テーマは「ファンタジー」。
  • TOTTO曰く今作は「システムを全て一から組み直した」とのこと。
  • 今作はパステルくん含むメインキャラクターの描画をMAYA氏が担当。

ロケテスト・公開展示情報

第1回ロケテスト

  • 会場:シルクハット川崎ダイス店 (神奈川・川崎)【P
    • 期間:2016/08/26(Fri) - 2016/08/28(Sun)
    • アクセス方法
      • JR東日本「川崎駅」を出てアゼリア地下街東広場連絡通路よりダイスビルへ
      • 京浜急行電鉄「京急川崎駅」を出て徒歩1分
    • 住所 神奈川県川崎市川崎区駅前本町8 ダイスビルB2F
    • 営業時間 : 9:00〜24:45

ロケテスト仕様

料金曲数選曲時間
CREDITPASELI
200円206円3曲

システム新要素・変更点

基幹プログラムが一新されたことにより全ての面において大幅な仕様変更が加わっている。

  • ここに記載されている新仕様は試験実装であり、今後のロケテストや製品版にて変更・撤回される可能性がある。
  • プレーに大きく影響すると思われる項目は赤文字にて示す。

基幹システム

  • ビッグバンオブジェクト
    • 横に長いバー状の大型オブジェクト。オブジェのどの部分をタッチしても反応する。
    • 叩くと画面が揺れるエフェクトが発生する。
  • スイッチロングオブジェクト
    • ロングオブジェクトの一種でLOの中に黄色で表示されたONエリアと紫色のOFFエリアがある。
    • 終点までずっと押しっぱなしだった従来のLOとは違い、OFFエリアに突入しているときは指を離し続ける必要がある。
    • 第1回ロケテストではホワイトハードにのみ搭載。
  • 新判定「KEEP」
    • 上記スイッチロングの実装に伴い、JUST・GREAT・GOOD・MISSに加えて新判定のKEEPが登場。
    • 従来のロングオブジェクトを押し続ける間、またスイッチロングをONエリアでタッチし続けOFFエリアで離し続けている間、SOUND VOLTEXのロングオブジェクトのようにKEEP判定が加算され続ける。
    • 判定間隔は8分刻み。
  • 新譜面「WHITE HARD(ホワイトハード)」登場 / 譜面難易度「[SPECIAL]」吸収廃止
    • 個性を追求したもう1つの[W-HARD]。難易度表記部分をタッチすることで従来の[W-HARD]と切り替えることができる。
    • これに伴い[SPECIAL]は廃止され、旧曲の[SPECIAL]はホワイトハード等に吸収される。
      • [SPECIAL]は当初、[HARD]の上の難易度という設定ではないと言うことだったが、実際はごく一部を除いてほとんどが[HARD]の上の難易度になってしまい、VOLZZA 2ではとうとう公式でも[HARD]の上位難易度と位置付けられるようになっていた。
    • 位置づけとしては初代beatmaniaにおける登場当時のANOTHERが近い。
    • [HARD]は旧要素を基本に構成された譜面だが、[W-HARD]は新要素を押し出した譜面となっている。TOTTO曰く「新しい刺激が欲しい人向け」。
  • オブジェクト速度・ハイスピード関連の仕様変更
    • 本作ではオブジェ速度が完全にBPM依存となる(旧曲のオブジェ速度もこの仕様に修正される)。
      • つまり、beatmania IIDX、pop'n music、DanceDanceRevolutionのように曲が速ければオブジェも速いということ。
    • 従来と異なり、同じ曲ならば難易度が異なってもオブジェ速度が統一される。
      • pop'n music等のように譜面別にBPM変化が異なる曲が今後登場するかは現在不明。
    • VOLZZA 2では3段階のみであったが、本作では0.5刻みで最大4.0まで変更可能。
  • 難易度表記細分化・上限値変更
    • VOLZZA 2では13段階だったが、今作ではロケテストでプレー可能な楽曲のうち最高レベルが14となっている。
    • Lv14の楽曲はこれまでの11中〜11強相当であるとの報告があり、楽曲ソートボタンのインデックスには15が入ると思しき空きスペースがあるという。
    • Lv13までは従来のLvの値を+2したものがほぼ相当するとの報告があがっている。
  • スコアシステム変更
  • クリアラインがAR75%以上に変更
    • 上述のKEEP判定導入および下記のJUST判定拡大に伴う措置であると考えられる。
  • スライドオブジェクト廃止
    • これにより旧曲の譜面が変更される可能性が考えられ、例えばCODE:1はDJ TOTTOによるとスイッチロングオブジェクトを活用した譜面にすることを考えているとのこと。
  • 判定拡大
    • 具体的には「TOTTOが旧制度のLv11でAR100%クリアを出来てしまう」ほどにJUSTが拡大されている。
  • クリアランク「S」新設
    • AAA+の更に上のクリアランクが登場。ボーダーはAR 99.0%。
      • 98%台フルコンでも出たとの報告あり。フルコンなしで確認(97% 1 MISSでAAA+は確認)

選曲画面

  • 楽曲縦3列表示
    • 縦3列表示はcolette以来となる。
  • フレンド一覧
    • 画面上部にパーティ編成のような形でフレンドの一覧が表示されている。
      • 各窓には自分とフレンドがメインに据えているキャラクターが表示される。

プレー画面

  • スコア等情報のレイアウト変更
    • 3TOPの上には黄色い数字でコンボ数が大きく表示され、その上にこれより少し小さい数字(赤または青)で現在のスコアが表示される(要はVOLZZA2で実装されたコンボ数表示形式と同様である)。
    • 3TOPと判定ラインの間には、上からJRゲージ・クリアゲージ・各判定等(左からMISS・KEEP・GOOD・GREAT・JUST・現在のAR)が表示されている。
  • ハイスピード利用時にも相手オブジェ表示
    • オプションで非表示にできるかどうかは不明。
  • キービーム追加
    • オブジェを叩いた時の爆発エフェクトが、IIDX等のキービームと同じものとなっている。
    • タッチパネルでは感じにくい爽快感を少しでも味わってもらうために追加されたとのこと。
  • オブジェクトデザイン完全統一
    • 通常オブジェクトとバーティカルオブジェクトのデザインが同一になった。
    • DJ TOTTO曰く、初心者がデザインの違いにより異なる操作をすると思い込んでしまうため統一したとのこと。

その他

その他、ロケテスト参加者たちがDJ TOTTOから聞き出した情報を列挙する。

  • スキルレートは残存しているが、現時点ではスキルシステムの実装は未定。仮に実装した場合、桁数は減らす見込み。
  • 同様に段位認定についても実装が未定。仮に実装した場合、ハイスピード使用可能になる可能性もあり。
  • 新プログラムへの旧曲全移植は稼働には確実に間に合わず、一部の曲のみ収録となる。
    • 楽曲が永久に削除されるというわけではなく、旧ギタドラ→XGの時のように旧曲は移植が完了次第順次復活させていく形になる。
    • 一方、過去の削除曲のように権利的な問題等で復活できないままになってしまう曲も出るかもしれないとのこと。

新曲リスト

区分
(無印)デフォルト曲EXxEXTRA ROUND専用曲SECイベント・条件隠し曲
文字色
(黒字)コナミオリジナル赤字版権曲(原曲)青字版権曲(カバー)緑字版権曲(アレンジ)
  • ※歌い手によるVOCALOIDカバー曲はEXIT TUNES発売のCDからの出典のため、便宜上「原曲」扱いとして赤文字で記載。
  • 「Sk」はスキルレートの値を指す。
区分ジャ
ンル
曲名アーティストBPMBASICMEDIUMHARDWHITE HARD
LvNoteSkLvNoteSkLvNoteSkLvNoteSk
第1回ロケテストより登場
オリAgony For GloryRoughSketch1756225241053045149947614117974
オリアネモイティエライbermei.inazawa feat.結良まり16462122593983913761711386771
オリApocalypseMorrigan feat. リリィ*116574232910568411410537514111676
オリEmblem of the Moondj TAKA1507331271046744149867814112678
オリ彼方のリフレシアDJ TOTTO feat. Annabel&日山尚18042881584463312812621384970
オリ昏き甲鉄のヴェルガarcane feat.rionos17441881572582911653521279658
オリ黒紅掬い猫叉Master feat. 霜月はるか10431641072692810424431152650
オリ追想ブロカントonoken feat. Rin9242641383963411613531267362
オリディーナ・シーの踊り大嶋啓之90-12051631793063613692681382569
オリDracophobia上ノ瀬つかさ108-1788301331144949148007714120680
オリDragon's Tears96 & keichii25661622293453612708611279662
オリNight Clockkidlit/深水チエ*2134-19152051983683411677501289563
オリknowemon(Tes.) feat.conoqa12831531073232910464421170655
オリ勇気のペンダントQrispy Joybox feat.茶太10951831882493211508531262361
オリRequiem of LamentPowerless feat. Shoohey16052131883593113780681392670
ティザーサイトの楽曲紹介により判明
オリ風詠之舞〜カゼヨミノマイworld sequence1102157772652710502481049948
オリDAWN OF FALCONL.E.D.-G155726826104434514872741487075
オリTowards The Horizonかめりあ15462172494573814914761386672
オリ彷徨オルフェウス劇団レコードfeat.猫叉Master15052652083273312694591162853
オリ宵月の歌姫OSTER project feat. りぼんぬ21062492283793212748581288362

新曲雑記

  • 新曲に関するいろいろなことを書き溜めておく場所です。
    • 詐称・逆詐称、個人差、譜面内容に関して述べる際は譜面難易度を[HARD][W-HARD]等のように分かりやすく書きましょう。
    • ※個人的感想はTwitterや掲示板などでお願いします。
  • 人物名については敬称を略しています。

版権曲

  • 第1回ロケテストの時点では版権曲無し。

オリジナル楽曲

  • Agony for Glory / RoughSketch
    • VOLZZA 2収録の「Disable Mark」に続く楽曲提供だが、単独名義としてはVOLZZA収録の「Raving Fantasy」に続く楽曲提供となる。
    • 2018年春M3で頒布「CARDS: KING」の5曲目として初のロングバージョンとなるExtendedが収録となる。(参照)
  • アネモイティエライ / bermei.inazawa feat.結良まり
    • bermei.inazawaはstudioCampanellaを私有する作曲家・音楽プロデューサー。REFLEC BEATへの楽曲提供はこれが初。
      • BEMANIシリーズの参加はCS版IIDX 10th styleにて「泰東ノ翠霞」を提供。AC機種BEMANIでは初収録となる。
    • ボーカルの結良(せら)まりはSound Horizonに参加経験のある女性シンガーソングライター。REFLEC BEATかつBEMANIシリーズ初参加となる。
    • 曲名に出てくる風の精霊「アネモイティエライ」はギリシャ神話に出てくる4柱の粗暴な風の精霊アネモイ・テュエライ(希:Άνεμοι Θύελλαι、英直訳:storm winds → 和訳:暴風、烈風)を指していると考えられる。
      (希:άνεμος → 和:風、希:θύελλα → 和:嵐でそれぞれ複数形になっている)
  • Apocalypse / Morrigan feat. リリィ
    • Morriganは「WAVE」に所属し商業や同人音楽で幅広い活躍を行っているアーティストでBMS作家の1人。REFLEC BEATへの楽曲提供はこれが初。
      • 他社の音楽ゲームではCHUNITHM(セガ)にて「Genesis」「GOLDEN RULE」を提供していた。
    • ボーカルのリリィ(歌い手)は2010年までRirico名義で動画投稿サイトにて歌ってみた動画を投稿していた女性歌い手(ニコニコ大百科)。REFLEC BEAT初参加となる。
    • beatmania IIDX 13 DistorteD初出のTOMOSUKEのZektbach名義による「Apocalypse 〜dirge of swans〜」とは無関係。また、50音順に並ぶ際、本楽曲は「Apocalypse 〜dirge of swans〜」より後ろにある。
    • 曲名の読みは「アポカリプス」。
  • Emblem of the Moon / dj TAKA
    • VOLZZA収録の「RAIN」に続く楽曲提供となる。
    • クエスト名「月の紋章」はこのタイトルの和訳。
    • 初代の「Broken」、VOLZZAの「RAIN」とこの曲を見るとdj TAKAが稼動初期の最終解禁曲を担当したという共通点がある。
  • 彼方のリフレシア / DJ TOTTO feat.Annabel & 日山尚
    • 日山 尚(ひやま なお)は主に霜月はるかと共に活動している作詞家であり、現在は霜月はるかと今作にてBEMANIへの初楽曲提供となったMANYOと共に「canoue(カノエ)」というユニットを中心に活動している。
    • ボーカルのAnnabel(アナベル)は主にアニメソングの主題歌を中心に活動する女性アーティストで、今作がBEMANI初参加。同じく今作でAC版BEMANI初参加(家庭用ではCS版 beatmania IIDX 10thの「泰東ノ翠霞」で参加済)となったbermei.inazawaとのユニットである「anNina」を始めとした様々なグループで活動する。
    • 悠久のリフレシア稼働開始または前のプレーで最後にプレーした楽曲が削除された場合、この曲にカーソルが合った状態でスタートする。
    • ジャケットに登場するキャラは「時の花売り」。キャラカードとしても登場している。
  • 昏き甲鉄のヴェルガ / arcane feat.rionos
    • 作曲者のMANYO(まにょっ)は「LittleWing」名義でゲーム音楽を中心に活動を行いながら、同人ボーカリストへの楽曲提供・アレンジを手掛けていたが、近年は「arcane(アーケイン)」名義でのアーティスト活動を開始し、ゲームソング、アニメソングも多く手がけるようになっている。REFLEC BEATへの楽曲提供はこれが初。
      • 霜月はるか・日山尚両名とは以前から共作する機会が多く、よく「ひやまにょつきん」の通称で括られてきたほか、arcaneと日山・霜月両名のサークル「しちごさん。」の合体サークル「arcane753.」として共作したことを契機にユニット「canoue」を結成している。
    • ボーカルのrionosはランティス所属のシンガーソングライター。今作がBEMANIシリーズ初参加。
    • 楽器演奏の編成は次の通り。
      • ギター:福田真一朗
      • ベース:山田章典
      • ドラム:矢吹正則
    • なお、MANYO曰く既に6分ものロング版が完成しているとのこと。だったが、その後に発表された「同作サントラ」にロング版が収録される事がアナウンスされている。
  • 黒紅掬い / 猫叉Master feat.霜月はるか
    • 霜月はるかのBEMANI楽曲参加はIIDX 21 SPADAの「Element of SPADA」以来3年ぶり。今回も同じく作曲を猫叉Master、作詞・歌唱を霜月はるかが担当している。
      • 今作が初の楽曲提供となり、今作では彼女と共にユニット「canoue(カノエ)」を結成している日山尚・MANYO両名も別曲ではあるが、初の楽曲提供となっている。また、両名のBEMANIへの楽曲提供は今回が初となる。
    • テーマは「昭和初期恋愛模様」。
    • ジャケットに登場するキャラは「牡丹(ぼたん)」。キャラカードにも登場している。
  • 追想ブロカント / onoken feat. Rin
    • Rinは他社の音楽ゲームであるDeemoのFluqruor等のonoken作曲で多く参加している女性ボーカリスト。
  • ディーナ・シーの踊り / 大嶋啓之
    • 大嶋啓之(おおしま ひろゆき)は同人・商業共に幅広い活動を行っている作曲家。REFLEC BEATへの楽曲提供はこれが初。
      • 同人音楽サークル「Ninja Action Team」の管理者であり、霜月はるかや茶太等同じく悠久のリフレクシアで楽曲を提供しているアーティストとも作曲や編曲で何かしらの関わりを多く持っている。
      • また、商業では某アニメのBGMにてonokenと共に担当していたこともある。
  • Dracophobia
    • VOLZZA 2収録の「ruin of opals」に続く提供楽曲となる。
      • 前作提供時から「上ノ瀬つかさ」の正体について既存アーティストの別名義か完全新人による提供なのか議論されていた。
    • 曲名は直訳すると「竜恐怖症」という意味。
      • 1曲目、2曲目共にレベル13以上でRank Sかつフルコンを出すとFINAL専用で出現する隠し曲。
  • Dragon's Tears / 96 & keiichi
    • 96がREFLEC BEATにボーカル曲を書き下ろすのはこれが初。
    • ボーカルで参加しているkeiichiはヴィジュアルメタルバンド「時空海賊SEVEN SEAS」のボーカル。現在はメロディックパワーメタルバンド「CRIMSON FLARE」で活動中。
      • 同アーティストによる組み合わせの楽曲はGITADORA Tri-Boost収録の「Destiny Wings」「Fire in my heart」に続き3曲目。GITADORA以外の機種に収録されるのも今回が初。
  • Night Clock / kidlit/深水チエ
    • kidlitは深水チエの改名後の名義で女性ピアニスト、ボーカリスト、作編曲家。
      • BEMANIへはpop'n music 20 fantasia「エレメンタルジグ/The Sealer 〜ア・ミリアとミリアの民〜」(Rbへはcolette -All Seasons-にて移植)以来4年ぶりの参加となる。
    • 歌唱、コーラス、作詞だけでなく、作曲、編曲もkidlit本人によるもの。
  • know / emon(Tes.) feat.conoqa
    • emonはuda、yumiとのユニット「Tes.」への所属と同時にボーカロイド楽曲を制作しているクリエイター。REFLEC BEATへの楽曲提供はこれが初。
      • BEMANIではSOUND VOLTEX BOOTHにて収録された「U&M」で参加済。
      • 他社ではCAPCOMのcrossbeats REV.に「Only L」が収録済。
    • ジャケットに登場するキャラは「アルベラ」。キャラカードとしても登場している。
  • 勇気のペンダント / Qrispy Joybox feat.茶太
    • 茶太のBEMANI参加はpop'n music 18 せんごく列伝収録の「撫子メタル/黒髪乱れし修羅となりて」*3以来約6年ぶりとなる。
  • Requiem of Lament / Powerless feat. Shoohey
    • 作曲のPowerlessこと無力Pはかつてニコニコ動画にてボカロPとして作品を投稿していたクリエイター。REFLEC BEATへの楽曲提供はこれが初。
      • BEMANIシリーズではSOUND VOLTEX BOOTHにて収録された「ALBIDA PowerlessMix」で参加済。
    • shooheyこと周平(歌い手)は歌ってみたや東方アレンジ楽曲のボーカルで活動している歌い手(ニコニコ大百科)。
      • BEMANIではSOUND VOLTEX II -inifinite infection-収録の『Get out of my sight』が収録されているが、コナミオリジナル楽曲の参加は今回が初。

ティザーサイトより判明

  • 風詠之舞〜カゼヨミノマイ / world sequence
    • world sequenceの正体は村井聖夜。単独名義でREFLEC BEATへの楽曲提供はこれが初。
    • 村井聖夜によるREFLEC BEATシリーズへの書き下ろし曲はcolette -All Seasons-の「Velvet Sentiment」以来3年ぶり。
  • DAWN OF FALCON / L.E.D.-G
    • この曲とは別にL.E.D.の楽曲でIIDX SIRIUSに「DAWN -THE NEXT ENDEAVOUR-」*4が収録されており、タイトルが似ているが、関連性は不明。
    • ジャケットに登場するキャラは「イグナーツ」。キャラカードとしても登場している。
  • Towards The Horizon / かめりあ
    • ジャケットに登場するキャラは「イルシヤ」。キャラカードとしても登場している。
  • 彷徨オルフェウス / 劇団レコードfeat.猫叉Master
    • これまでの劇団レコードと猫叉Masterは「猫叉劇団」名義で合作を行っていたが、個人名義での合作は今回が初。
      • 「猫叉劇団」名義での楽曲はgroovin'!!にて「envidia」が収録済。
    • 漢字の読みは「ほうこう」。
  • 宵月の歌姫 / OSTER project feat. りぼんぬ
    • OSTER projectがREFLEC BEATにボーカル曲を書き下ろすのは今回が初。
    • ボーカルのりぼんぬは2013年頃から動画投稿サイト等で活動している女性歌い手。(自身のtwitter)
    • 曲名の読みは「よいづきのうたひめ」。

旧曲変更点

  • 旧曲の新システム移植が完了しておらず、旧曲は移植が完了したごく一部のみが収録されるのみとなっている。

*1 ロケテスト時はLily表記
*2 ロケテスト時はkidlit a.k.a. 深水チエ表記
*3 Rbにはlimelightにて収録された他、後にVOLZZAにて日向美ビタースイーツによるカバーバージョンの「〜凛 edition〜」も収録(後者は作詞のみ参加)
*4 名義はL.E.D. fw.堀澤麻衣子

Last-modified: 2021-05-25 (火) 17:53:33
Site admin: iMp95
mail : imp@callusnext.com (←@を半角に)