REFLEC BEAT 悠久のリフレシア The Reflesia of Eternity

レベル詐称逆詐称について(旧曲)

  • レベル表記が実際の体感難易度より明らかに低い「詐称譜面」、その逆の「逆詐称譜面」について記述。
    • 特に顕著なものは太字で表記。
  • ロングオブジェ=LO、スイッチロングオブジェ=SLO、ビッグバンオブジェクト=BBOと略記する
  • WHITE HARD譜面全般
    • 今作の新要素であるスイッチロングオブジェクトは「紫の部分に触れた段階でMISSになるが、その後に指を離してもKEEPには戻らない」仕様のため、ハードゲージ・リフレシアモードでは即死級のダメージになる可能性が高い。適正レベル以上の初見プレー時はノーマルゲージを強く推奨する。

BASIC

MEDIUM

  • 個人差
    • Lv7 私以外私じゃないの
      • 赤サイド・青サイドでJUST REFLECの数が異なっている。このため、スコア狙いでは青側が非常に不利となっている。

HARD/WHITE HARD

Lv13まで

  • 個人差
  • LO・SLO主体の曲
    • Lv9 創聖のアクエリオン (WHITE HARD) (colette Spring)
      • 終始8分+LO中心の譜面で、BメロのLO拘束+16分3連トリル(2回)、サビ前(2本同時)とサビ部分(2回/いずれも1本→2本同時→3本同時)のSLO地帯が流れてくるため、地力が問われる譜面でもある。
  • Lv10 SAKURAスキップ (WHITE HARD) (VOLZZA 2)
  • Lv11 はなまるぴっぴはよいこだけ (WHITE HARD) (groovin'!! Upper)
    • 共通点は終始8分の譜面でありながら、SAKURAではイントロとサビ、はなまるではイントロとアウトロを中心にSLO地帯が8分間隔で容赦なく流れてくるため、HARDゲージ設定時では要注意。
  • Lv11 Pink Rose (WHITE HARD) (groovin'!! Upper)
    • 従来のHARD譜面よりも若干強化した譜面。SLO地帯では通常オブジェクト、LOとの複合が流れてくるため、HARDゲージ設定時では要注意。
  • Lv11 Preserved Roses (WHITE HARD) (VOLZZA 2)
    • サビで4本同時押しのSLOが配置されており、時間差で離さないといけないため初見ではかなり戸惑うことになる。
  • トリル・チェイン主体の曲
    • Lv11 ラデツキー行進曲 〜Radetzky March, op.228〜 (groovin'!!)
      • 曲の大部分はギター合わせによるトリル主体の譜面。トリルの耐性次第で体感難易度が変わってくる。
  • リズム・混フレ主体の曲
    • Lv10 sister's noise (WHITE HARD) (colette Summer)
      • 曲の大部分が付点8分のリズムが流れてくるため、付点8分(通常・TOP・SLO)のリズムの耐性でクリアは決まりやすい。
  • Lv12 Help me, ERINNNNNN!! 小林幸子さん ver.「くーくり博麗お祭りえーりん!」 (WHITE HARD) (VOLZZA)
    • 終始ハネリズム+物量譜面でSLO地帯においては声ネタ合わせが流れてくる。挑戦段階だといずれかの要素で苦戦するかもしれない。ただ配置自体は比較的素直でFC、高ランクを狙う段階ならばプレイしやすい。
  • Lv13 FLOWER (初代)
    • 曲の大半が付点8分のリズムが流れてくるため、付点8分のリズムの耐性でクリアはほぼ決まりやすい。リズム自体はjubeatのADV譜面にほぼ似ているので、jubeatのプレイヤーにとってはやや有利かもしれない。
  • その他
    • Lv10 威風堂々 〜チュートリアルより〜 (WHITE HARD) (limelight)
      • 終始細かいトリル、階段(16分)、LO拘束、SLO地帯(奇数拍=ON,偶数拍=OFFの繰り返し)という隙のない譜面。Lv10としての個人差の出やすい要素で構成されている。
  • Lv13 回レ!雪月花 (WHITE HARD) (colette All Seasons)
    • 終始細かいトリル、LO拘束、SLO地帯(8分間隔+声ネタ合わせ)、TOP地帯(主に声ネタ合わせ)という隙のない譜面。個人差の出やすい要素で構成されている。
    • 前作までの基準(SPECIAL準拠)ではLv11(現Lv13〜Lv14相当)内最弱候補だったがSLO追加など今回の改訂により妥当レベルまで強化されているので侮らないように。
  • Lv13 KOROBUSHKA (Ryu☆Remix) (WHITE HARD) (初代)
    • 前半の16分縦連地帯(通常オブジェクトの5連打)、中盤の16分間隔のSLO地帯、サビ後半の右TOP軸の16分のトリル(右手固定)、後半の混フレ地帯(SLOと通常オブジェクト)が流れてくるため、どれか1つでも苦手要素があれば、クリアは遠のく可能性がある。
  • Lv13 蛇神 (colette Winter)
    • 密度の高い箇所は細かいトリルと同時押しのコンボ、密度の低い箇所はLO拘束という隙のない全体難譜面。曲の大半でLO拘束またはトリルという個人差の出やすい要素で構成されている。

Lv14

  • Lv14最上位譜面
    • Daily Lunch Special(WHITE HARD) (colette Winter)
    • XiNX(WHITE HARD) (VOLZZA)
    • fallen leaves (colette Autumn)
      • 前作のLv11から事実上の昇格を果たした譜面でgroovin'!!の師範代以上にてボス扱いとなっていたMAX MAXIMIZERの楽曲群に紛れて師範クラスのボスとなっていたり前作でのCLASS 1のボスと前のLv11の中でも上位クラスの難しさを誇っていた。イントロ部分のリズム難とLOのコンビネーションなどが思うようにARを伸ばしにくくしているが極めつけはサビ部分のLO拘束を受けながらのリズム精度が非常に取りづらい小トリルラッシュ。これらの難所の取れ高次第でクリアできるかが決まってくるがLOもARに影響すること、クリア条件が前作までより厳しくなったこともあり突破難度は更に上がっている。とりわけハードゲージやリフレシアモードはLOを一本漏らすだけでも致命的なダメージとなってしまうため要注意。

Lv15

  • TITANS RETURN(WHITE HARD)
  • VALLIS-NERIA(WHITE HARD)
  • Zirkfied
  • 海神
  • RAIN

Last-modified: 2017-01-19 (木) 12:51:10
Site admin: iMp95
mail : imp@callusnext.com (←@を半角に)