REFLEC BEAT 悠久のリフレシア The Reflesia of Eternity

レベル詐称逆詐称について(新曲)

  • レベル表記が実際の体感難易度より明らかに低い「詐称譜面」、その逆の「逆詐称譜面」について記述。
    • 特に顕著なものは太字で表記。
  • EXTRA ROUND専用楽曲は一般解禁されるまでこのページに表記しないで下さい。
  • WHITE HARD譜面全般
    • 今作の新要素であるスイッチロングオブジェクトが取り入れられているWHITE HARD譜面は紫の部分に触れた段階でMISSになるが外してもKEEPにはならないためそれだけでもハードゲージ並びにリフレシアモードでは即死になる可能性があるため初見でやる際はノーマルゲージでのプレーを強く推奨する。

BASIC

MEDIUM

HARD/WHITE HARD

Lv13まで

  • 個人差
  • LO・SLO主体の曲
    • Lv11 know(WHITE HARD)
      • 曲の大半がSLOが占めるため、SLOの耐性次第でクリアは決まりやすい。(表4分=ON、付点4分=OFFの繰り返し)HARDゲージ設定時も要注意。
  • Lv11 Strange Flow(WHITE HARD)
    • 長いSLOが多いため、1本でも外すとARに大きく影響する。HARDおよびリフレシアモードでプレーする際は注意が必要。
  • Lv13 瀦(WHITE HARD)

Lv14

  • LO・SLO主体の曲
    • Agony for Glory(WHITE HARD)
      • 4本同時に来るSLOの頻度が高く、複雑な配置であるため戸惑いやすい。しかし、それ以外では難所はほとんどないので、慣れればLv14の中でスコアが出やすくなるだろう。

Lv15

  • Eira
  • Eira(WHITE HARD)
    • 難易度15段階制における初のLEVEL 15を銘する譜面。SLO絡みではSLO+16分トリル、SLO2本+TOPも含む8分、SLO2本+2つ同時といった配置が見られ、誤ってOFFエリアに触れてしまうミスを誘発する。
    • 見切りにくいTOPも少なからず含まれる点はかつてのValangaと同様であるが、Valangaと比較すると16分が多く、LO+16分トリルやLO+16分乱打(1小節のみ)といったValangaにはなかった配置も見られる。更にラスト5小節のリズム難地帯など全体的なリズムもValangaより掴みにくい。

Last-modified: 2017-01-19 (木) 12:45:36
Site admin: iMp95
mail : imp@callusnext.com (←@を半角に)