SOUND VOLTEX VIVID WAVE

最近の出来事

  • 2019/05/05(Sun)(予定)
    • 第16回 博麗神社例大祭」の企業ブースに出展(西4ホール企画エリア)
      • 東方アレンジ楽曲オンリーの「AUTOMATION PARADISE」体験プレー、メインクルー「博麗霊夢」の新モデル公開
      • 今年はステージイベント等実施は無し

  • 2019/04/26(Fri)(予定)
    • FLOOR採用楽曲10曲配信(VW制作,8thKAC双方5曲)
    • 旧曲3曲[VVD]譜面追加
    • 「AUTOMATION PARADISE」MIX対象曲10曲追加
      • いずれも東方Projectアレンジ樂曲で構成
    • BLASTER Accel&OverDrive!!!開催(〜2019/05/12)
    • 「好敵手」機能実装
      • 好敵手毎の絞り込みフォルダも追加*1
    • 判定機能拡張(音に対する調整)
      • コナステ版IIIに搭載されている機能(テンキー2・8で調整)の逆移植。表示色は茶色
    • PCB解禁曲大開放(〜2019/05/12)
      • STANDARD STARTでPCB解禁曲が期間内はインプット不要でプレー可能
    • 東方オリジナルe-amusement passリツイートキャンペーン開催(〜2019/05/12)
  • 2019/04/25(Thu)
    • KONAMI 50th Memorial Songs第2弾〜第4弾開催
      • 「50th Memorial Songs -二人の時 〜under the cherry blossoms〜- / BEMANI Sound Team」配信
      • 「50th Memorial Songs -Flagship medley- / BEMANI Sound Team」配信
      • 「50th Memorial Songs -The BEMANI History- / BEMANI Sound Team」配信
  • 2019/04/11(Thu)
    • The 8th KACジェネシスカード採用作品配信
    • FLOOR採用楽曲5曲配信
    • POPS・アニメ版権曲2曲配信
  • 2019/03/15(Fri)
    • VOLTE FACTORY第4弾開催(〜2019/06/02)
      • 今回はe-amusement pass 4種。3種がVP交換でもう1種は抽選となる
  • これ以前の出来事は後述
  • 2019/02/28(Thu)
    • SOUND VOLTEX VIVID WAVE」順次稼働開始
  • 国・地域別稼働開始日
日付国・地域Ver.備考
2019/03/01シンガポールアジア版設置店舗の告知
2019/03/08香港キット到着報告
2019/03/10マカオ設置店舗の告知
2019/03/16台湾設置店舗の告知
2019/03/27韓国韓国版2019/03/06に現地審査機構の審査通過(ソース)
導入店舗の告知
2019/04/09アメリカ日本国内版設置店舗の告知

公式サイト・関連ページ

  • 公式サイト(兼e-amusementサイト)
    • 今作よりスマートフォン表示に対応。

概要

  • SOUND VOLTEXシリーズ第5作。
  • 今作はタイトルからナンバリングが無くなっているが、「SOUND VOLTEX VIVID WAVE」の「V」の部分が重なってマゼンタ色になっており、5作目を表す「V」と掛けているものと思われる。
    • このため、本項では以下便宜上「SDVX V」「V」と略している。
  • サブタイトルの読みは「ビビッドウェーブ」。直訳すると「鮮やかな波」
  • 本作のテーマは「(サイバー)アイドル」に見える。
    • 今作のキャッチコピーは「臨場感3200%

前作(IV)から引き継がれる要素

  • 引き継がれるもの
    • SDVX ID
    • プレーヤーネーム(引継ぎ時に変更可)
    • 楽曲スコアデータ
    • 楽曲の解禁状態
    • 所持アピールカード
    • 所持ネメシスクルー(メイン・サブ両方)
    • アピール称号
    • ACHIEVEMENT
    • VOLFORCE
      • 数値とクラスそのものの引き続きではなく、引き継いだスコアデータを基に今作の計算方法で算出された数値とクラスを設定される。
    • ハイスピード設定
    • 登録したお気に入り楽曲
  • 引き継がれないもの
    • IVで獲得したパケット、ブロック、BLASTER ENERGY
    • コナステ版とのパケブロインフェクション
    • スキルアナライザー成績
    • スキルレベル
    • スキル称号
    • 好敵手(登録状態がリセットされる)
    • 音量調整値
    • トラックインプットの条件に必要なクリア回数、ULTIMATE CHAIN回数
    • IVでの使用アピールカード・ネメシスクルー(メイン&サブ)の設定状況(初期設定に戻されるので再度選択が必要)
    • 筐体内のハイスコアデータ
      • それに伴う、プレーヤーネーム横に付加される「*」や「★」で表記されている店内ハイスコア制覇数によって表示されるマーク情報。

システム新要素・変更点

  • プレーに大きく影響すると思われる項目は赤文字にて示す。

ハードウェア・筐体関連

  • 筐体内部ハードウェアの刷新
    • BOOTH(初代)より約7年間使用されていた内部ハードウェアが今回のバージョンアップに伴い刷新される事になった。
      • 使用されるOSも「Windows XP Embedded」から「Windows Embedded Standard 7」に変更されている。
      • スペックも向上したためか、全体的に読み込み速度が速くなっている。
  • 画面解像度の変更
    • 公式説明
    • 今作では画面解像度が1080p(フルHD)に変更された。
      • 解像度が上げられている画像
        アピールカード、スキルアナライザーのスキル称号、III・IVで登場した楽曲のジャケットイメージ、III・IVで登場したメインクルーの静止画、グレードマーク「S」
      • 解像度がそのままの画像
        (要検証)初代・IIで登場した楽曲のジャケットイメージ、III・IVで登場したメインクルーのアニメーション付きの画像、BLASTER GATE・ΩDimensionで使用される画像、「S」以外のグレードマーク、マッチング画面及び曲終了後のアピールカードメッセージテキスト
  • 筐体上部カメラ搭載
    • 筐体上部のタイトルパネル部分にカメラが新たに搭載された。
      • 現時点ではカメラを使った機能は実装されていないが、ロケテストアンケートにてカスタマイズプレー動画*2の実装が示唆されており、IIDXのように手元動画が撮影出来るようになる可能性がある。
  • 筐体上部に白色LEDの照明の追加
    • それに伴いタイトルボードの素材も厚紙からアクリルに変更された。

基幹システム

  • AUTOMATION PARADISE(オートメーション パラダイス)
    • 楽曲・エフェクト・譜面が自動でMIXされて取っ替え引っ替えに流れる新モード。
      • とどのつまり即興ULTIMATE MEDLEY。プレイ中の背景にはMIXされている楽曲のジャケットが左右に表示される。
    • 譜面は単曲のものがそのまま引用されるが、楽曲はピッチや速度が操作されることもある。
      • 3曲が順番に流れるわけではなく、次の曲に移るかと思いきや元の曲に戻ったり、2曲がマッシュアップされた状態で曲が変わったり(曲A+B→曲C+B)、MIXのされ方は様々。
    • オプション設定はこの時だけRATE STYLEの項目が削除されており、EXCESSIVE RATEが使用不可。直前のTRACKでEXCESSIVE RATEを使用していても強制的にEFFECTIVE RATEに戻されている。
      • PARADISEモードではEXCESSIVE RATE(ARS)利用可能。
  • 新SPECIAL譜面「VIVID」譜面
    • 例によってIIの「INFINITE」、IIIの「GRAVITY」、IVの「HEAVENLY」と並ぶ第4譜面の追加バージョンを表すための名称が追加となる。今作もサブタイトルに沿っている。
      • 前作のIV HEAVENLY HAVEN稼働最終日までにIII以前の楽曲で第4譜面が搭載されていない楽曲が対象になる。IV以降の楽曲には登場しない。もちろん前作のHEAVENLY譜面と同じくVIVID譜面はBLASTER GATEでの解禁譜面ですべて隠し譜面となっている。
      • 2019/03/21より「50th Memorial Songs -Beginning Story-」にBLASTER GATEで解禁不要のVIVID譜面およびVIVID WAVE初出の楽曲にVIVID譜面が搭載された。いずれも初のケースとなる。

エントリーフロー

  • ゲームモードの再編
    • 初期画面では「NORMAL」「FRIEND」「PARADISE」「BLASTER」「SKILL ANALYZER」の5つに分割され、選択後に決済方法を選択する形になった。
    • モード選択後の決済画面にて「モード選択に戻る」の項目が追加され選択のやり直しが可能となった。
    • ジェネシスカード関連はスタート方法と分離され、後述のマイルームに移動した。
  • マイルームの新設
    • 前作までのアピールカード、ネメシスクルーの設定画面が「マイルーム」に統合され、これにジェネシスカード生成メニューが加わった。
    • ジェネシスカードはこのメニューから別途課金して生成する。
    • 期間限定イベントはこの画面に出現すると告知されており、POLICY BREAK等の解禁をプレー前に行えると予想される。

選曲画面

  • 難易度・オプション選択方法変更
    • 今作ではGITADORAやDDRのように楽曲を決定してから譜面難易度とオプションを選択する方式となった。
    • 従来の操作で予め譜面難易度とオプションを設定しておくことも可能。
    • 難易度を決定するまでは両FXボタン同時押しで選曲画面へ戻れる。
  • フォルダ形式変更
    • 前作まではFX-Lでフォルダメニューを呼び出して楽曲の絞り込みを行ったが、今作では選曲画面中に楽曲と同じ大きさのフォルダが配置され、これに選曲カーソルを合わせてSTARTボタンを押すことで開閉する形式となった。
    • フォルダは最大3階層(ピンクオレンジ)
      • ピンクが前作までの(トップ)フォルダ、オレンジがサブフォルダ、黄がインデックス(ソートスタイル毎に変化)に相当する。
      • 選曲画面上部に現在開いているフォルダの階層が表示される。
    • FX-Lは「現在開いているフォルダを閉じて1階層上に移動する」挙動となった。
  • 楽曲ソート選択挙動微変更
    • ソート方式の選択方法は前作同様FX-Rボタンで行うが、選択の際の挙動が「FX-R単押し→アナログデバイスで選択」から「FX-Rを押すたびにソート方式が変わる」ようになった。
      • II時代のフォルダ変更のような挙動になったと言える。

プレイ画面

  • 旧曲ロング判定の変更
    • SDVX III初期までの曲において「ロングオブジェクトの判定は最速BPMが255以上の曲では8分音符間隔の判定(1拍当たり2 CHAIN)になる」という処理が行われていた。
    • 現在の楽曲と同様の「その時点でのBPMに依存(=低速地帯では16分音符間隔の判定(1拍当たり4CHAIN)になる)」に変更された。それに伴い、一部楽曲のCHAIN数が変更されている。(「gigadelic(m3rkAb4# R3m!x)」での検証)
  • 効果音付きチップFXオブジェクトの音量変更
    • 前作と比べ音量が上げられておりハッキリと効果音が聞こえる様になった。

リザルト画面

  • リザルト画面の拡充
    • 従来ではAAA以上の評価の時に各キャラクターの絵が表示されるのみであったが今作では評価に関わらずに画面左半分に指定したメインクルーが表示される形になった。
      • Vで追加されたメインクルー(稼働段階ではグレイスとレイシスの2種類)はLive2Dによるアニメーション表示が行われる。
      • BT-Dボタン長押し(詳細スコア非表示の時)でスコア欄が隠れメインクルーが中央に表示される。
    • IV以前で追加されたメインクルーは従来のまま表示されるが表示解像度が上げられている(但し、マッチング中等で表示されるアニメーションが加わる絵はIV以前の解像度のまま)
    • 詳細リザルトはFX-L、FX-Rボタンを同時押しで切り替わり表示される形に変更されている。

トータルリザルト画面

  • これまで非表示だったEXTRACK分のリザルトも表示が行われる様になった。
    • 表示枠はプレーしたTRACK分(1〜4曲)表示される形に変更。

オプション

  • 選曲画面でのHi-SPEED・判定位置調整
    • 前作まではプレイ画面でなければHi-SPEEDと判定位置は調整出来なかったが、今作では選曲画面のオプション設定画面で予め設定出来るようになった。

その他

  • 版権元拡大
    • 前作までの版権元が「EXIT TUNES」「DWANGO」「同人サークル」「天下一音ゲ祭参加社」のいずれかであったが、今作ではそれ以外の版権元からも楽曲が収録されている。
      • アニメソングの場合、曲名の隣に(/アニメ「(使用されているアニメのタイトル)」より)と説明が備えられている(この表記は過去にはBeatStreamで使用されていた)
  • 新通貨「pcb」
    • これまでアピールカードを入手するための通貨「パケット」(pc)と一部譜面を開放するための通貨「ブロック」(blc)の2つの通貨が存在していたが、今作では「pcb」という通貨のみとなった。
    • 現在、アピールカードを入手する手段がないため、確定ではないが、通貨名から察するにパケットとブロックを統合した通貨だと思われる。
    • (未確定)読み方はおそらく「パケブロ」
  • トラックメモリアル・スキルアナライザー認定証の廃止

不具合情報

未修正

発生日で昇順に記載
2019/04/01より発生

  • 期間限定MIX「おーとめーしょんぱらだいす」[NOV]で「Max Burning!!」[NOV]がMIXに選択されない場合、プレイ中の難易度表記が6になっている(選曲確定と成績画面は7のまま)

2019/02/28(稼働日)より発生

  • BLASTER GATEモード選択時に公式の用意したAUTOMATION PARADISEのMIX曲が選曲できる不具合に加え、そのフォルダを開いた状態でBLASTER GATEのフォルダを開くとΩ DimensionのBGMが流れる。
  • 「ぼくらの16bit戦争」のカットが単語の途中で切られたやや不自然なものとなっており、「相対(そうたい)と絶対の〜」の部分と「65535(ろくまん〜)のテトラと〜」の部分が中途半端にカットされて組み合わさって「そうたん5535のテトラと〜」のようになっている。
    • 過去に多くの機種(SDVXでは初代〜II)で発生していた「セツナトリップ」の「わか目を覚ませ*3」のようにいずれ修正される可能性もある。
  • 選曲画面でテンキー[3]キーを押すとランダムに曲が選ばれるが、このとき曲ではなくフォルダに選ばれる場合がある。
  • マッチング中に表示される「MATCHING PHASE」のメッセージが(おそらく)グレイス準拠の言葉使いで固定設定されており、設定メインクルーによっては違和を感じる形になっている。

2018/10/12(第1回ロケテスト)より発生

  • 赤数字が設定されてる場合、曲によって選曲画面で決定したHi-SPEED設定が自動的に上書きされてしまう。
    • 例えば「混乱少女♥そふらんちゃん!!」の場合、選曲画面でのHi-SPEED設定は最高BPM256に合わせて設定されていて、マッチング画面に入ると基本BPM115に合わせて再設定される。
      • 選曲画面でHSを変更しても、マッチング画面に入ると再度設定されてしまい、HS変更が取り消されてしまう。
        (要検証)この挙動は常に起きるか? 速度変化がある場合のみか?
    • この不具合はロケテスト初日から報告されていて、未修正のまま製品版に引き継いだ。

修正済

修正日で昇順に記載
2019/03/27にて修正

  • e-amusementアプリの「SOUND VOLTEXプレーデータ機能」で「TENKAICHI ULTIMATE BOSSRUSH MEDLEY」のジャケットが表示されなかった。ジャンルはSDVXオリジナル曲他。

2019/03/15にて修正

  • e-amusementサイトのVOLTE FACTORY第4弾のサイトがスマートフォンでは正常に表示出来てなかった。(PCサイトでもウィンドウ幅を狭めると正常に表示されなくなる)

2019/03/06にて修正

  • 「逆月」(第5回天下一音ゲ祭楽曲)が選曲出来ない状態だった。

2019/03/01にて修正

  • 一時的に「BLASTER GATE」で不具合が発生し一時的に選択不能の処置が取られていた(公式告知)
  • 前作の「BLASTER GATE」で解禁した以下の譜面のTARGET LIFEがリセットされ、未解禁の状態に戻されている。
    • She turns me on[GRV](TARGET LIFE 5000/5000)
    • サヨナラ・ヘヴン(かめりあ's NEKOMATAelectroRMX)[HVN](TARGET LIFE 2700/2700)
    • Evans VolteX Pf arrange[HVN](TARGET LIFE 900/3600)
  • 引き継いだIVのアピカの一部が選択できない。

仕様

  • (前作から継続)「Starlight Express」のジャケット画像が汎用画像(SDVX Vロゴ)に差し替えられている(地域関係なく一律)
    • 作曲者曰く一時的なものとの事であるがVでも継続している。
    • 汎用ジャケットのデザインのみV仕様に新しくなっている(韓国版の規制済ジャケットも同様)
  • 前作でコナステとの連動によって初めて解禁された条件隠し曲が未解禁の状態に戻されており、今作でもう1度条件を達成しなければインプットできない。
  • ハードウェア刷新の影響に伴い判定が前作よりもEARLY気味になっている。(体感的に前作より+4〜+6程度)
  • 選曲画面でスクロールする際に軽度のフリーズが発生することがある(以前よりIII以降に出荷された筐体で発生することがあった)
  • AUTOMATION PARADISE「おーとめーしょんぱらだいす」を選曲した場合、通常の楽曲よりもプレー画面に切り替わるまでの時間がかかる。
    • 演奏時間が長い事や、ランダムで楽曲MIXを制作する仕様上の為とみられる。

バージョン情報

  • 日本国内版は「KFC:J:A:A:〜」、韓国版は「KFC:K:A:A:〜」、インドネシア版は「KFC:Y:A:A:〜」、アジア地域版は「KFC:A:A:A:〜」と表記される。
  • バージョン表記のタイムスタンプの末尾が今まで旧筐体は0/新筐体は1となっていたが、本作では区別されていない模様?
    • PCB交換レベルのアップデート(IIDXの24 SINOBUZ→25 CANNON BALLERSと同様)であるため、筐体の世代による問題が解消されている可能性がある。
    • どの範囲をもって旧筐体、新筐体を判別しているかは現段階で不明。

最新バージョン

  • 第6版:KFC:J:A:A:2019040900(2019/04/09〜2019/--/--)

過去バージョン

  • 第5版:KFC:J:A:A:2019032700(2019/03/27〜2019/04/09)
  • 第4版:KFC:J:A:A:2019031300(2019/03/13〜2019/03/27)
  • 第3版:KFC:J:A:A:2019030600(2019/03/06〜2019/03/13)
    • 「第5回天下一音ゲ祭」楽曲が日本国内店舗にて配信
      • VIVID WAVEの代わりにHEAVENLY HAVENがまだあるマシンには第5回天下一音ゲ祭は表示されない
    • 判定調整の幅が-8〜+8から-16〜+16に拡張
  • 第2版:KFC:J:A:A:2019022802(2019/02/28〜2019/03/06)
    • アニメ曲楽曲3曲、東方アレンジ楽曲6曲配信
    • スキルアナライザー等の機能開放
    • 一部筐体にて演奏中ツマミが正常に反応しない不具合を修正
  • 初版:KFC:J:A:A:2019022801(2019/02/28〜2019/02/28)
    • 一部の機能は稼働日当日に行われるアップデート終了まで使用できない(公式告知)
  • 第2回ロケテスト:KFC:J:A:A:2018110200(2018/11/02〜2018/11/04)
  • 第1回ロケテスト:KFC:J:A:A:2018101200(2018/10/12〜2018/10/14)

過去の出来事

日付出来事備考
2019/04/26「FLOOR採用」楽曲10曲配信
旧曲[VVD]3譜面追加
「AUTOMATION PARADISE」MIX対象曲10曲追加
判定機能拡張
「PCB解禁曲大開放」開催〜2019/05/12
「BLASTER Accel&Drive!!!」開催〜2019/05/12
「東方オリジナルe-amusement passリツイートキャンペーン」開催〜2019/05/12
2019/04/25「KONAMI 50th Memorial Songs」第2弾〜第4弾開催
楽曲3曲配信
2019/04/11「The 8th KACジェネシスカード採用作品」配信
「FLOOR採用」楽曲5曲配信
楽曲2曲配信
2019/04/01当日限り「グレイスちゃんの超〜絶!!グラビティ講座w」「マキシマ先生の満開!!ヘヴンリー講座♤」プレー可能
「AUTOMATION PARADISE」期間限定MIXプレー可能〜2019/04/07
2019/03/28「FLOOR採用」楽曲6曲配信
「AUTOMATION PARADISE」MIX対象曲15曲追加
2019/03/26「SUPER STAR ONLY ONE ジェネレーター」復活〜2019/04/08
2019/03/21「KONAMI 50th Memorial Songs」第1弾開催
楽曲1曲配信
2019/03/15「VOLTE FACTORY」第4弾開催〜2019/06/02
「ひなビタ♪」楽曲5曲配信
「FLOOR採用」楽曲5曲配信
楽曲1曲配信
「AUTOMATION PARADISE」MIX対象曲14曲追加
2019/03/12「VOLTE FACTORY」第3弾アイテム受取期間〜2019/04/14 29:00
2019/03/07「第5回天下一音ゲ祭」楽曲配信
判定の調整幅拡張
2019/02/28SOUND VOLTEX VIVID WAVE」順次稼働開始
2019/02/15ティザーサイト公開
2019/01/26JAEPO 2019に出展・試遊可能〜2019/01/27
2018/11/09第3回ロケテスト開催〜2018/11/11・告知
2018/11/02第2回ロケテスト開催〜2018/11/04・告知
2018/10/15ロケテストアンケート実施(アンケートリンク)告知
2018/10/12第1回ロケテスト開催〜2018/10/14
2018/10/11「SOUND VOLTEX VIVID WAVE」タイトル発表

*1 自分のスコアより好敵手のスコアが高い楽曲が格納
*2 ロケテストアンケート中では「手元を撮影したカメラ映像、ゲームプレー中のレーン映像、動くキャラクターなど、さまざまな要素から動画として保存する内容をカスタマイズできる機能」と定義されている
*3 「わか」は間奏終了後曲調がおとなしくなった部分の「わかっているんだ 言い訳だって」の冒頭であり、このおとなしい部分が飛ばされ元に戻るところの「目を覚ませ」とつながったもの。

Last-modified: 2019-04-25 (木) 19:51:48
Site admin: iMp95
mail : imp@callusnext.com (←@を半角に)