SOUND VOLTEX VIVID WAVE

新曲詐称逆詐称個人差譜面リスト

  • このページでは今作「VIVID WAVE」に登場したLv1〜13の譜面のうち、レベル表記が実際の体感難易度より明らかに低い「詐称」、その逆の「逆詐称」、人によって得手不得手が変わる「個人差」について記述。
    • 特に顕著なものは太字で表記しています。

全譜面

  • Lv6 Lv12 Lv15 Lv18 ツマミ戦隊 タテレンジャー
    • 基本BPMは190だが、中盤に5秒程倍の380に上昇する地帯がある。この部分はいずれの難易度でも密度が高く、無策だと一気にゲージを落とされかねない。前後にギアチェンジの隙はないため、高速地帯を見切られる程度のハイスピに設定するか、該当地帯を暗記するのが手だが、高速地帯以外も適正レベルの密度があり、また高速地帯が短いことを考えると暗記してしまう方が楽だろう。いずれにしても、初見時は表記よりも1〜2つ高めに見積もった方が安全。
    • なお、曲名に反して縦連要素が登場するのはMXM譜面のみである。
  • Lv6 Lv13 Lv16 Lv18 Jack-the-Ripper◆
    • ソフラン曲。BPMが210→105→210→228→240→105→210と細かく推移するが、このうち前半の210と後半の240が曲の大部分を占める。ギアチェンジの隙があまり無いためハイスピード設定に難儀するが、いずれも後半の240地帯が難所となっているのでギアチェンジをしない場合はBPM 240に合わせるのが良いだろう。
    • 譜面自体はややデバイス寄りとなっている物が多く、BPMの速さもあってそのレベル帯では忙しい操作を強いられることが多い。鍵盤は密度はそこまで濃くはないが、やはりBPMが高いため忙しさはあり、最高速地帯は強めの物量になっている譜面もあるためこちらも気が抜けない。
    • 曲が2分30秒程度とメドレー楽曲を除けばトップクラスに長く、BPMの高さとデバイス寄りの譜面という性質から、ADV以上ではその難易度帯でトップクラスの総CHAIN数を誇っておりゲージが非常に重い。細かいミスが傷になることが多いため要注意。
  • Lv6 Lv12 Lv15 Lv18 Яe:son D'être
    • 道中もそこそこのソフラン回数があるが問題は終盤で、この地帯ではほとんど1拍ごとにBPMが変化。しかもほぼチップで占められている。
    • HEXA DIVERではHEXA RANK 5だとNEARでもゲージが減ってしまう仕様上、ソフラン曲であるこの曲でHEXA RANK 5で挑む場合は注意が必要。
  • Lv8 Lv15 Lv18 Lv20 * Erm, could it be a Spatiotemporal ShockWAVE Syndrome...?
    • 同アーティストの「*Feels Seasickness...*」と同様に強烈なソフラン曲であり、また難易度ごとにBPM変化回数が変わっている他、どの譜面も更にソフラン回数が増えているため、「*Feels Seasickness...*」よりも慣れと対策が必要となる。
    • 更にMXM譜面はBPM変化に関してEXH譜面と同じだが、代わりに大量の譜面停止ギミックが採用されており、エイプリルフール限定譜面並みの研究が必要と言っても過言ではない。
  • Lv8 Lv15 Lv18 Lv20 666
  • Lv7 LV14 LV17 LV19 ENDYMION
    • 初見注意。BPM110-880の激しいソフランと変拍子(5拍子・4拍子が混在している)のせいで初見の難易度はかなり高い。速度変化を把握していなければ詐称に感じるだろう。

NOVICE

  • 詐称
    • Lv8 666
      • 危険!!! 曲名通りの666という前代未聞のBPMに加え、CHAIN数が1555Lv8およびNOV最多を塗り替え大抵のLv14〜15並でゲージの伸びが非常に重い。
      • 前半こそNOVらしくおとなしいものの鍵盤→直角アナログ→鍵盤の配置が多く、終盤でレーンが分断されて視点も変わることから譜面認識が難しくなる
      • ラストにはダブルつまみで直角処理もあり、つまみを外すとダメージが一気に来るので危険。ADV並の譜面処理力を求められるため、Lv8では断然収まらない程の詐称難度でNOV最難関。Lv10程度。
  • 逆詐称
    • Lv7 THE凸GENERATOR
      • BPMは255と非常に速いが、鍵盤は8分配置が一か所あるだけで他は4分以下の配置しかないためかなり低密度。デバイス操作は忙しいものが多いが、BPMの関係で判定数が半減しているため、多少ミスをしてもゲージに与える影響は小さい。総CHAIN数も568とデバイスが多めの譜面の割には少なくゲージも軽いため、簡単な鍵盤部分を拾えば維持することは難しくない。Lv6中位クラス。
  • アナログデバイス主体の曲
    • Lv5 Sharkbait
      • BPM 155と中速帯ながらチップ/ロングは一切登場せずアナログデバイスのみ操作する超特化デバイス譜面。その影響かチェイン数も800を上回っている 直角デバイス処理も複数あるが小さい動きのデバイス処理もある為、Vから始めたユーザーにはデバイス練習曲としてオススメである。
  • 個人差

ADVANCED

  • 詐称
    • Lv10 Addicted Moon
      • 演奏時間が長く、1389 CHAINとLv10離れした物量譜面。
      • 「左連続直角+BT-A」「右連続直角+BT-D」やFXとBTチップの交互配置、さらにレーン中央から始まるアナログデバイス+片手処理など、譜面内容もLv10を逸脱している。
      • 休憩箇所や回復地帯はほとんど無く、クリアレートも50%台まで落ち込んでいる。Lv11上位〜Lv12下位程度。
  • Lv13 FIRST:DREAMS
    • BPM 300の8分相当の乱打が終始登場するが、全体的に階段配置よりも交互連打系の配置が多く、Lv13としては厳しい物量。回転からすぐに次のノートが来て崩されやすい部分もある。
    • 純粋な鍵盤譜面で個人差が出やすいが、余程鍵盤が得意でない限りはLv14下位レベルはあるだろう。
  • Lv13 Jack-the-Ripper◆
    • ソフラン曲。ソフランの仕組みについては全難易度の項を参照のこと。後半のBPM 240地帯が難しく、高速の8分乱打に加えて忙しいデバイス操作を要求され、この部分はLv14下位の譜面群と遜色の無い難易度。中盤までは密度はそれほど濃くないものの、ハイスピードを最高速地帯に合わせていれば低速での処理を余儀なくされるために精度が取りづらく、楽な譜面ではない。
    • 曲の長さとBPMの高さもあって総CHAIN数は1911と収録時点のLv13内で4番目に多く、ゲージも非常に重い。個人差の出やすい譜面ではあるが、難所の難しさとゲージの重さ、譜面のトリッキーさを考えればLv14下位クラスはある。
  • Lv13 Glorious Journey
    • BPM 252と曲が速く、全体的にアナログデバイスの操作が忙しい。特にラストの2連直角ラッシュは非常に見切りづらく、大きく外すと致命傷となる場合もある。鍵盤は密度こそあまり無いが、こちらもBPMの高さ故に忙しく、零しやすい。
    • 総CHAIN数も1700とLv13としては多めでゲージも重い。ラストのデバイス事故の可能性を考えると余程デバイスが得意でない限りはLv14下位クラスはある。
  • 逆詐称
    • Lv10 もってけ!セーラーふく
      • 曲合わせのハネリズムの細かい16分配置がいくつかあるが、難所と呼べるのはそのくらいでそれ以外はLv8クラスの簡単な譜面が続く。総CHAIN数も488と非常に少なくゲージも軽い。Lv8中位クラス。
  • Lv13 Turn the story
    • 全体的にLv13としては密度が薄い。低速地帯を挟んで前半と後半でBPMに違いがある(220→240)が、速度差が小さいのでどちらかに合わせてもそれほど影響はなく、ギアチェンジを行う隙もある。ラストにも減速があるが、こちらもクリアに影響する程のものではない。
    • 全体的にはLv12上位程度の譜面で、速度変化のギミックを理解していればLv12中位程度の適性でもクリアが狙える。
  • アナログデバイス主体の曲
  • Lv8 POP TEAM EPIC
    • 近年ではほぼ見なくなったこの帯でLv8譜面だが、同様の位置にいる「シュガーソングとビターステップ」[ADV]と比較するとアナログデバイス要素が強い。版権曲である故に交互の連続デバイス処理で惑わされない耐性を身につけたい。
  • Lv12 Sharkbait
    • アナログデバイスとFX処理のみというBTノーツが一切降ってこない尖った構成。比重は圧倒的にデバイス処理特化になっており、左右振りや両直角処理に加えて下記の「」でもある連続直角地帯も含まれている為、苦手な場合は脅威となる。
  • Lv13 び
    • 中盤のびびび地帯に配置されている直角デバイス祭とも思える配置が非常に強烈。初見EXCESSIVE RATEは間違いなく地雷級と言える構成なので注意したい。道中では鍵盤も縦連や微連打の要素もある為、苦手な人は表記以上に感じれるかもしれない。
  • Lv13 最小三倍完全数
    • デバイス特化の譜面ではあるのだが、あまり見かけない配置と変則的な曲調かつ、このBPM帯としては低CHAINと言える1100 CHAIN台でまとまっている為、ミスが大きめに影響されてしまう。片方を操作し始め&終点に直角が置かれているのも特徴だが終盤になると直角デバイスの絡みは更に多くなってくる。全体を見切る力も必要なデバイス特化譜面と言える。
  • 鍵盤主体の曲
  • Lv13 Barbless Ego
    • ハードスタイル曲調のリズムでデバイス処理ながらのチップ処理がかなり多め。終盤になると一転してキックに合わせた直角デバイス+チップのラッシュも降ってくる。BPMは150と速くないので直角デバイス+チップ処理には練習曲として一手。
  • Lv13 Typhoon Craaash!!
    • コナステ先行曲かつBPMとしては中速帯だが直角デバイス+BT/FXチップといった配置がかなり多くある。BT乱打では乱打の最中に同時BTが絡む地帯もあるので不得意だとごりごり削られてしまう可能性はある。
  • 個人差
  • Lv10 ロキ
    • こちらも著名曲だが、譜面としてはアナログデバイス比重がやや大きい。全体的にFXロングは多めに配置されているので取りこぼしは少なくしたい。ボーカル曲に対してエフェクト圧を強めに発揮しているので普段聴き馴染んでいるプレーヤーは急なエフェクトに惑わない耐性を身につけるには効果的だろう。
  • Lv12 伊邪那美白山姫大神
    • Lv12ながらFXロングが非常に多く絡んでおり、CHAIN数は2020/05 現在でも「怒槌」[ADV]に次ぐ位置をキープしている1717 CHAINの物量となっている。デバイス処理も少ない訳ではなく、曲線やBT片手処理などもあるので確実に拾ってミスを減らしていきたい。
  • Lv12 MARENOL
    • 出典は有名曲であるため、プレーしやすい楽曲の1つだが、BPM 140として尺も長めであるだけにややCHAIN数は多め。序盤にデバイス地帯はあるが、そこを抜けると鍵盤比率がかなり高くなるのでBT/FXロングは確実に処理したい。
  • Lv13 ARROW RAIN
    • このアーティストとなると「SACRIFICE feat.ayame」が連想されるが、この曲ではチップ/ロング系ノーツがかなり多く散りばめられている。デバイス処理地帯も健在でかつ合間にロングが絡んでくるので双方の地力を養いたい。ちなみに「SACRIFICE feat.ayame」[ADV]とは7 CHAINしか違いが無い譜面である。
  • Lv13 Elemental Creation (kamome sano Remix)
    • 原曲とは異なり、スウィング系の曲調で長いBPM128地帯と後半にかけてのBPM 256地帯の2部構成とでも言える変則曲になっている。ギアチェンの余裕はそこまで無いまま倍となるBPM 256地帯へ突入する為、必然的にHSを最高速に合わせるとBPM 128地帯が厄介となる。ソフランに関しては1度だけである点から挑む際は事前にBPMが変化するタイミングだけは覚えるべきかもしれない。

EXHAUST

  • 詐称
  • 逆詐称
    • Lv13 動く、動く ("A&M Chillin'" Electro Remix)
      • 全体的に素直な配置が続き、密度も薄い。レベル相応と言えるのは前半の16分乱打くらい。Lv12中位クラス。
  • アナログデバイス主体の曲
    • Lv13 弱虫モンブラン
      • 中央が始点となっているデバイス処理が多く登場する他、長いデバイス地帯も多い。一方でBPM 120と低速なため落ち着いて処理しやすく、デバイスを外しても大きなダメージにはならない。鍵盤も非常に密度が薄い。
      • 総合的には逆詐称気味の譜面で、デバイス処理に苦手意識が無ければLv12クラスだろう。
  • 鍵盤主体の曲
  • その他個人差の大きい曲
  • Lv13 Little Big Princess(DJ katsu EDIT)
    • SKILL ANALYZE第3回の天極ボスとしても就任した譜面。BT縦連とやや長いダブルレーザー地帯が複数あるのが特徴的。鍵盤/デバイス処理双方の地力が試される。

Last-modified: 2020-09-20 (日) 10:06:52
Site admin: iMp95
mail : imp@callusnext.com (←@を半角に)