beatmania IIDX 25 CANNON BALLERS

WEEKLY RANKING: Exhaust Hype / DJ Noriken
(2018/08/15 12:00 START〜2018/08/22 12:00 END)
現在のシーズンDJランク:
(2018/06/01 07:00〜2018/09/01 05:00)

旧曲☆12譜面リスト(DP)

  • このページでは、☆12のDP譜面について記述してあります。
  • 項目に対して特に顕著な譜面に関しては太字で表記されています。
  • 復活曲・追加譜面については新曲リストを参照してください。
  • ソートは「☆レベル」→「NORMAL,HYPER,ANOTHER」→「A-Z」順です。

☆12

  • 逆詐称
    • ☆12 FAKE TIME(H) (RED)
      • 終盤に高速トリルやDB地帯の12分階段が殺しにかかってくるが、それ以外は☆12不相応の範囲であり、ノマゲ、HARD共に☆11レベル。SP HYPER(☆11)と同様、HARD推奨。
  • ☆12 BRAINSTORM(A) (SPADA)
    • 皿のリズムが変則的だが、譜面の配置は終始素直であり、中盤の皿で2%になっても十分クリアは可能。ノマゲ、HARD共にoratio(A)(☆12)と同格の逆詐称という評価も多く、☆11中位〜上位レベル。EX-HARDの場合は中盤の連皿地帯が難しいため注意。
  • ☆12 Candy Galy(A) (GOLD)
    • 細かい高速片手階段や長い分割階段が続く体力譜面だが、☆12としては明らかに弱く、道中は☆10上位〜☆11下位レベル。最後に高速着地の殺しが来るが、それでも☆11上位レベル。着地が苦手ならもう少し上に感じるか。
  • ☆12 Fascination MAXX(A) (GOLD)
    • SP ANOTHER(☆12)を簡易化した譜面で、かなり押しやすい。HARDは階段や縦連打に少々注意が必要、それでも☆11上位レベルか。無論EX-HARDは、ソフランなどの性質上で☆12でも強い部位になっている。
  • ☆12 Liberation(A) (tricoro)
    • 16分トリルから24分同色階段のラス殺しになっているが、トリルにオマケはなく階段も素直な配置になっており、☆12に挑戦するレベルなら難なく取れる。道中も☆11レベル程度しかなく、☆11詐称曲よりも明らかに弱い。ただし、体力切れには注意。
  • ☆12 MINT(A) (DistorteD)
    • 開幕からブレイクまで、V2(A)のラストのトリル地帯を凶悪にしたような譜面が両手に延々と降ってくる。ブレイク後も嫌らしい配置は多いものの、それが☆12の範囲なわけでもなく、全体的に見ても☆12としては弱い。ノマゲ、HARD共に☆11詐称曲と比べても弱く、実質☆11上位レベル。
  • ☆12 NINJA IS DEAD IIDX ver.(A) (copula)
    • 密度はそれなりに高いが、譜面が歯抜けになっている。交差ができるならそれほど難しくない。ただしEX-HARDはレベル妥当。
  • ☆12 oratio(A) (DJT)
    • 12467配置を始めとして全体的にかなり押しやすく、密度も一部を除きかなり低い。SPにおけるラス殺しもすべて白鍵で簡単に対処できる回復配置になっているので、☆12は明らかな逆詐称。☆11中位〜上位レベル。
  • ☆12 夏色DIARY - L.E.D.-G STYLE MIX -(A) (PENDUAL)
    • トリカゴノ鳳凰(A)を押しやすくしたような譜面。中盤こそ高密度かつリズム難で難しいが、2本CN地帯からは回復出来るため、☆12挑戦レベルでもクリアは比較的しやすい。
  • ノマゲで逆詐称or妥当&HARD殺し
    • ☆12 era(nostal mix)(H) (3rd)
      • ANOTHERに比べてノーツは減っている。DB地帯やトリルなどが難所。ノマゲは逆詐称気味と感じられることが多いが、HARDは妥当。ANOTHERとどちらが難しいかは個人差が出る。
  • ☆12 Colors(radio edit)(A) (6th)
    • 後半発狂は密度の割に比較的押しやすいので認識力が問われる。その後は比較的楽な譜面が続く。ノマゲは☆11上位〜最上位クラス、HARDは☆12下位クラスか。
  • ☆12 DXY!(A) (4th)
    • 鍵盤自体はHYPERと似たような感じだが、無理皿が大量に降ってくる。縦連と無理皿の発狂地帯でボーダーを割っていてもノマゲは終盤で多少回復できるが、HARDは地雷
  • ☆12 era(nostal mix)(A) (3rd)
  • ☆12 era(step mix)(A) (4th)
    • 双方全く同じ譜面。全体的にHYPERと比較して高密度になっているが、こちらはDB地帯や螺旋が多い。ラストは押し辛い配置や無理皿がやってくるので注意。ノマゲ・HARD共に☆12レベルだが、ノマゲ推奨。
    • FLIPを使うのもお勧め。人にもよるがnostal mixのHYPERよりも楽に感じることも。
  • ☆12 Go Beyond!!(A) (EMPRESS)
    • SP同様、中盤に超発狂があるが、そこで2%になってもその後は☆10上位レベルの譜面なのでノマゲは十分に挽回できる。ノマゲは☆11上位レベル。ただし、HARDはやはり☆12ではかなり上位。
  • ☆12 INSOMNIA(A) (SPADA)
    • 中盤にとても長い純正螺旋階段があり、しかもそれがDBで降ってくる箇所まで存在する。HARDの場合は余程の地力がないと100%からでも閉店しかねないほどの破壊力がある譜面。終盤は8分主体でやや押しやすい譜面になるのでノマゲは妥当だが、最後の最後に押しづらい24分が存在するので油断は禁物。
  • ☆12 JOMANDA(A) (tricoro)
    • 前半のくの字や微縦連打、トリルが厄介。ノマゲなら中盤にゲージ2%に減っても回復する余地はあるが、HARDはソフラン耐性も要求されるため☆12でも強い部位である。
  • ☆12 Kailua(A) (Resort Anthem)
  • ☆12 Kailua (HCN Ver.)(A) (copula)
    • 左右でCNを押しながらバスドラなどを同時に処理する、他に類を見ないCN発狂譜面。トリルも中途半端なBPM故にBADはまりを起こしやすく、仮にCN地帯を抜けたとしても油断できない。
    • (HCN Ver.)はHCNの性質上意外と回復しやすく、ノマゲは☆11中位クラスの逆詐称。しかしHARDは少しでもリズムがずれると立て直しが利きにくく、一気に削られやすいので通常版以上に危険。
  • ☆12 RIZING YOU UP(A) (SPADA)
    • SPAでもHARD殺しになっている16分13トリル+8分46トリルがそのまま片手に降ってくる強烈な譜面。それ以外はSPAの分割を多少強化した程度なので、ノマゲは☆12下位レベルか。
  • ☆12 route 80s(A) (6th)
    • 前半の8小節に縦連混じりの4つ押しや2重階段を含む発狂が存在する。この発狂を抜けてもサビ前にもう一回着地皿発狂が来るためHARD抜けは☆12レベルと考えてよい。ノマゲは着地発狂後にある程度残っていれば☆12に手が出ないレベルでも挽回は可能だが1P側のS+1、2P側のS+7や無理皿が多発するため回復しづらい。Lincleで☆12に昇格。
  • ☆12 rumrum triplets(A) (tricoro)
    • 階段中心の譜面。サビ以降は☆11クラスであり、ノマゲは比較的にクリアしやすい。HARDは前半の着地力や発狂も耐えないといけないので、それなりに難しい。
  • ☆12 Spica(A) (7th)
    • 基本的には階段が続く譜面だが、41小節目に強烈な縦連同時殺しがあり、ノマゲHARD共ここで30%残るかで結果は変わってくる。ノマゲは☆11上位クラスの逆詐称だが、HARDは☆12相当。ノマゲ推奨。
  • ☆12 3y3s(A) (EMPRESS)
    • 全般的に素直な配置であり、SPAと違って皿の枚数も極端に少ない。サビ以降は比較的におとなしめであり、ノマゲは逆詐称気味に感じることも。
  • ☆12 カジノファイヤーことみちゃん(A) (tricoro)
    • 連皿、着地、軸+α、トリル、難配置階段など異様なまでの前半難で、HARDは☆12でもかなりキツい部類。対して後半は一気に楽になる。ラスト前の着地が難しいが、それでもノマゲなら☆12でも簡単な方か。
  • ☆12 旅人リラン(A) (Resort Anthem)
    • 縦連打が多い譜面で、中盤の螺旋が難所。終盤は難しくないので、ノマゲはそれほど難しくはない。左MIRRORがおすすめか。
  • ☆12 (A) (HAPPY SKY)
    • SPAと同じく階段やトリルなどがメインで、中盤には低速地帯やBPM200相当の32分の超発狂がやってくる。HARD最難関曲の一つであるが、SPAと同様後半で易化するため、ノマゲはHARDほどの難易度ではない。
  • HARDで逆詐称or妥当&ノマゲ殺し
  • ☆12 Sense 2007(H) (GOLD)
    • ラストではトリルが殺しにかかってくる。正規では押しにくいので、MIRRORやFLIPを使うと皿絡みやトリルなどが易化する。
  • ☆12 BLOCKS(A) (RED)
    • 交差地帯やトリルが中心であるが、特にラストのドラムパートが厳しい。正規ではかなり押し辛い配置なので、片側MIRRORや両RANDOM推奨。
  • ☆12 FAKE TIME(A) (RED)
    • ラストはHYPERとほぼ同じで、トリルや交差連打が襲いかかってくる。HARD推奨だが、同時押しが苦手な人は要注意。
  • ☆12 G2(A) (6th)
    • 終盤に同時押し・交差連打・着地殺しがある。道中は☆11クラスなので、HARD推奨。人にもよるがFLIPを使うと楽になる事も。
  • ☆12 garden(A) (HAPPY SKY)
    • 隣接皿が非常に多い譜面だが、ラストの1P側階段と2P側皿+鍵盤同時押しが特に厄介。HARDの方がクリアしやすいが、ノマゲ難度は高め。SPのプレイサイドと利き手によって推奨オプションが変わる点にも注意。
  • ☆12 gigadelic(A) (RED)
    • ラス殺し。1P側に押し辛い乱打、2P側にトリルがやってくる。こちらはHYPERと違ってトリルなどが楽になっている。HARD推奨。
  • ☆12 M4K3 1T B0UNC3(A) (copula)
    • ラストの2重階段が強烈。道中もそれなりに難しい。
    • 局所的にCNが降ってくるので初見は要注意。
  • ☆12 minimalian(A) (4th)
    • 元祖超密度譜面とも言われており、開幕はおとなしめだが、後半から密度から高まり、無理押しのラッシュが続く。同時押しの対策ができるならHARDのほうが楽か。
  • ☆12 PARADISE LOST(A) (Resort Anthem)
    • 終盤にトリルなどの着地が非常に難しい超ラス殺し曲。HARDのほうがクリアしやすいが、道中もゲージを削られやすいので注意。
  • ☆12 Proof of the existence(A) (tricoro)
    • 同曲のSPAよりも150ノーツ近くも少ないが、そのほとんどが前半部分から間引かれており、後半難とラス殺しがSPAよりも際立っている。そのため、ノマゲよりはHARDのほうが楽といえる。
  • ☆12 Rave*it!! Rave*it!!(A) (PENDUAL)
    • 終盤に多発する3つ同時押しCNが非常に厄介。道中の皿絡みもそれなりに難しく、ノマゲはそこだけでボーダーを切る可能性大。CNへの適応力次第で体感難易度も大きく変わる。
  • ☆12 RISLIM-remix-(A) (9th)
    • 終盤に、トリルなどが殺しにかかってくる。道中はそれなりに難しいが、HARDのほうが圧倒的に楽ではある。
  • ☆12 Sphere(A) (RED)
    • 最後3小節に片手階段&右無理皿が多く入っている超ラス殺し曲。着地やトリルなど押しにくい配置もあるが、道中は☆12にしては弱め。ラス殺し直前までゲージ100%を維持できるならHARD推奨。
  • ☆12 STULTI(A) (tricoro)
    • ラストの両トリルがかなり難しい。道中のトリルが押せるなら、HARD推奨。ノマゲはそこだけで落とされる可能性大。
    • VOX UPと同様、BADはまりを起こしやすいので要注意。
  • ☆12 Zirkfied(A) (tricoro)
    • ラストの同時縦連は同曲SPAよりも手数は少ないものの、こちらも他のDP譜面には見られない猛烈なラス殺し。音楽(A)を少し強化したような譜面。また前半に交差押しや皿も多く絡んでる。
  • ☆12 駅猫のワルツ(A) (copula)
    • 終盤のくの字が強烈。道中はそれほど発狂は難しくなく、できるならHARDのほうがやりやすくなる。ノマゲは☆12でもかなり強いほう。
  • 個人差
    • ☆12 DXY!(H) (4th)
      • 同曲のNORMAL・ANOTHERと同様、縦連や着地、交差がメインで、こちらはANOTHERと違って、無理皿がない。今作ではDP十段一曲目であり、SIRIUS以来8作ぶりでの登場となる。
  • ☆12 QQQ(H) (5th)
    • 鍵盤自体はそれほど難しいものではないが、隣接皿や無理皿が大量に降ってくる。SPのプレイサイドや利き手により体感難易度や推奨オプションが大きく変わる曲。
  • ☆12 革命(H)(A) (7th)
    • (H)(A)譜面に共通しているのは、1P側と2P側の譜面難易度が信じられないほど違う曲。1P側にはSPH譜面(☆10レベル)と似たものが、2P側にはSPN譜面(無理皿はあるが、(H)は☆3レベル、(A)は☆5レベル)を簡単にしたものが降ってくる。
    • 左利きの人の方が有利と思われる。右利きの人はFLIP推奨。
    • なお、(A)は、無理皿が大量にあるのでHARD以上は危険。
  • ☆12 Innocent Walls(A) (10th)
    • DPHと同じく縦連がメインだが、縦連地帯は同時押しの数がかなり多くなっている。特に2個押し縦連地帯の直後に来る左手白健4個押し縦連と右手連皿(通称白壁地帯)の箇所が非常に難しく、縦連が得意でないとHARDは☆12上位と思われる。ちなみにSPと異なりANOTHER譜面での曲調変化は無い。
  • ☆12 Cheer Train(A) (7th)
    • 個人差というより要研究譜面。大量の無理皿で難易度を大きく上げている。どこで何枚皿を捨てるかによってクリアできるかが大きく変わる。なお、クリアレートはオートスクラッチを使用してのクリアも含まれており全く当てにならないので注意。
  • ☆12 CONTRACT(A) (DistorteD)
    • 全体的に密度はそれほど高くなく、中盤と終盤にある長い片手階段が鬼門。正規譜面の場合、中盤は右手に、終盤は左手に片手階段があるので、利き手やゲージオプションなどにより体感難度が大きく変わる。片手階段地帯の逆サイドには隣接皿が多発するので、無理皿がよほど得意でない限りRANDOMなどの譜面オプションは激しく非推奨だが、階段が崩れて叩きやすくなることがあるため、逆に無理皿が得意なら両RANDOMも選択肢か。ちなみに、GOLDまでは☆11だった。
  • ☆12 DIAMOND CROSSING(A) (copula)
    • Almagestに近いような譜面構成。HCNを一度でも離すと、ゲージが急降下する。
    • FLIPを使うと、多少楽に感じることも。また皿絡みも若干いやらしい。
  • ☆12 Do it!!Do it!!(A) (DJT)
    • EMPRESSで☆12昇格と同時に譜面修正された(1鍵ビームが1+3トリルに変更)。全体的に縦連打が多いため個人差が相当出やすい。☆12で最初にクリアできる人や最後の方まで残る人など、かなり差が出る譜面。
  • ☆12 Dynamite(A) (copula)
    • WAR GAME(A)を大幅強化したような譜面で、ゴミ付きCNやBSSが多く絡んでる。
    • 同時押しや軸ができるならそれなりに回復ができる。HARDは連皿耐性も問われるためさらに個人差が激しい。
    • SINOBUZでは中伝3曲目。
  • ☆12 Holic(A) (3rd)
    • 混フレ中心だが、無理皿が大量に降ってくる。右利きの人はFLIPが有利か。譜面自体もかなりいやらしい。RANDOMを使うとましな配置にはなるはず。
  • ☆12 GALGALIM(A) (SIRIUS)
    • 全体的に着地が激しく、終盤に向かうほど難しくなっていく。個人差は出やすいものの同じ☆12のCandy Galy(DPA)やSCREAM SQUAD(DPA)と比べても劣らない着地殺しとなっている。Lincleでは、☆12に昇格。人にもよるがHARDの方が楽かも。FLIP推奨。
  • ☆12 GENOCIDE(A) (RED)
    • 同曲のHと同様、正規譜面は(特に2P側が)非常に押しづらい。同時押しはそれほど多くないため、右RANDOMもしくは両RANDOMがおすすめ。ラストは、1P側に無理皿が降ってくるので要注意。
    • quasar(A)が1曲目だったAC DistorteDのDP皆伝でボスを務めていた曲。
  • ☆12 Plan 8(A) (tricoro)
    • SPA同様連皿がきつい譜面ではあるが、同一サイドの皿と鍵盤を取る同時押しは全くなく、また、鍵盤もSPAよりもいくらか間引かれているため幾分押しやすくはなっている。皿耐性が強ければノマゲは☆12中位レベルだろうが、皿耐性がないとやはりゲージ問わず最難関クラスに感じるか。また、HARD以上は63〜64小節目の左手で16分連皿と右手で8分連皿を同時に捌く配置でも崩れやすく要注意。
  • ☆12 BLACK. by X-Cross Fade(A) (Lincle)
  • ☆12 Red. by Full Metal Jacket(A) (SIRIUS)
  • ☆12 Snake Stick(A) (Lincle)
  • ☆12 灼熱Beach Side Bunny(A) (Resort Anthem)
  • ☆12 199024club -Re:BounceKiller-(A) (copula)
    • いずれもDJ Mass MAD Izm*特有の皿曲。16分や24分の連皿等の得意不得意で体感難易度はかなり変わる。
    • BLACK. by X-Cross Fadeの皿数は535枚。Red. by Full Metal Jacketの同時押しを難しくして連皿を長くしたような譜面。24分皿は無いが、535枚という皿の多さから体力要素も要求される。tricoroからSINOBUZまでDP十段1曲目課題曲だったが、今作では先述のDXY!(H)にその座を譲っている。
    • Red. by Full Metal Jacketの皿数は478枚。とにかく皿の枚数が半端ではなく、bpmも速いので非常にBADハマリを起こしやすい。中盤から左右に振られる着地が頻繁に入って来るので着地力が無いとじわじわと削られる。鍵盤は難しくないので、単純に皿スキルが求められる。
    • Snake Stickの皿数は474枚。鍵盤は処理が楽だが、16分連皿や24分連皿が特に後半に多く、処理が難しい。BLACK. by X-Cross Fadeとどちらが難しいかは個人差が出る。
    • 灼熱Beach Side Bunnyの皿数は660枚。非常に多く、体力が求められる。初出のResort Anthemでは皿の反応が良くなかったこともあり解禁直後のクリアレートは1%と極めて低く最難関候補の一角であったが、Lincle以降は皿の反応が改善され、「☆12上級譜面」には一歩劣る難度となった。ただしDPにおいても皿最難関候補の一角であることに変わりはなく、皿スキルが弱いと「☆12最上級譜面」に匹敵する難度となりうるため注意したい。当曲は特に他の皿譜面と違い、中盤とラストで片手で16分トリル、片手で12分や24分混じりの連皿を延々やらされる譜面のためこの速度のトリルがズレて押せない人にとってはその「☆12最上位譜面」になりがち。なお、INFINITASでは中伝3曲目に就いている。
    • 199024club -Re:BounceKiller-の皿数は442枚。24分皿も絡んであるが、道中のリズムはそれほど難しくなく、上記皿曲と比較すると良心的な方か。ラストが強烈であり、初見時は要注意。
  • ☆12 Reflux(A) (PENDUAL)
    • 所々に連続して現れるCNやBSSが特徴的な譜面。SPA同様、連皿、連続BSS、階段CNなど、片手拘束による癖がつきやすい配置が多く、個人差も大きい。HARDの場合は後半の高密度な発狂に耐えられるかが鍵になり、これらの要素が苦手なら☆12上級譜面に匹敵することも。
  • ☆12 SCREAM SQUAD(A) (HAPPY SKY)
    • 高いレベルの着地力が求められる譜面。全般的に左手殺しなので、右利きはFLIPが有利か。HARD以上は、序盤にある片皿片手鍵盤の発狂地帯に注意。
  • ☆12 VOX UP(A) (SPADA)
    • SPAと比べると連皿が減っているが、トリルや同時押しなどが多く癖が付きやすい。個人差もかなりでやすい。
  • ☆12 表裏一体!?怪盗いいんちょの悩み (A) (PENDUAL)
    • SPAにはなかった16分皿が追加されており、さらに2000ノーツを超えておる。
    • 皿絡みが苦手なら、☆12クラスの中でもかなり上位に感じることも。
  • ☆12 真 地獄超特急 -HELL or HELL-(A) (copula)
    • 非鍵盤側に、16分皿が平然として絡んでいる。
    • 上記のDynamiteと同様、個人差もかなりでやすい。HCN+αなども複雑であり、取りこぼしには注意したい。
    • 今作では十段3曲目を務める。
  • ☆12 ワルツ第17番ト短調 ”大犬のワルツ”(A) (SIRIUS)
    • 階段やトリル、8分同時押し縦連が多発するため、個人差が非常に出やすい。クリアに関しては、終盤の1P側トリルと2P側8分同時押し縦連への耐性次第。HARDは、相当高い地力が求められるため地雷クラス。
    • SPAの最速BPMは320に対して、こちらは350である。また、ノーツ数はAC DP全譜面中2番目に多い2290にもかかわらず、INFINITASでは中伝2曲目に就いた。
    • 余談だが、これでも譜面制作陣がノーツを削りに削った結果(譜面が出来上がった当初は2834ノーツという規格外にも程がある物量だった)らしい。
    • なお、N・H・A全譜面において皿は1枚も無い。
  • ☆12上級譜面(全て非公式12.4)
  • ☆12 GOBBLE(H) (copula)
    • HYPER最難関であり、CS 4thにある譜面をそのまま移植。「DP=2人でやるもの」という勘違いから譜面が作られたのではないかと言われるほど、とにかく理不尽な配置だらけである。ノーツ数は917ノーツと、1000未満でありながらノマゲでも☆12上位レベル。HARDは所々に無理皿がある関係で、他の☆12上級譜面と同等またはそれらを上回るとの声も。
  • ☆12 Ancient Scapes†LEGGENDARIA (SPADA)
    • 現行ACのDPノーツ第3位(2285ノーツ)。
    • 運指的に押しにくい箇所こそ少ないが、物量が襲いかかる高密度譜面。また、曲中たびたび降ってくる白鍵の二重トリルを外すとダメージが大きい。
  • ☆12 Bad Maniacs(A) (SIRIUS)
    • 序盤、登場当初の譜面には殆ど存在しなかった2+3+72+3+52+3+6といった配置が左に多く降ってくる。また、後半は、片側で同時押し含みの乱打を叩きつつ逆側で高速着地皿を処理する必要があるため、ゲージ維持・回復が難しくなっている。
    • Resort Anthem〜Lincleでは皆伝2曲目を務めており、PENDUAL以降では皆伝課題曲を務めている。INFINITASでは皆伝3曲目を務める。
  • ☆12 CODE:1 [revision1.0.1](A) (copula)
    • 前半は押しづらい配置ではあるが12.4としては大して難しくはない。が、後半の超発狂である片手16分乱打地帯の難度が凄まじく、その発狂後には20%程度しか回復出来ないためクリアのハードルは非常に高い。
    • BPMが10遅いため発狂の難度ではquasar(A)には一歩及ばないものの、それでもクリアには皆伝クラスの地力が必須である。
  • ☆12 Confiserie(A) (tricoro)
    • SPと違い皿は殆どないが、終盤に大量に降ってくる片手二重階段が危険。正確に取るには高い運指力を要求される。
  • ☆12 Elemental Creation(A) (tricoro)
    • 中盤ブレイク明けからラスト前まで延々と降り注ぐ片手階段が脅威で、ラストにはOne More Lovely(A)(☆12)の序盤を速くしたような片手螺旋階段が落としにかかる。総ノーツ数は2222ノーツ。
  • ☆12 ECHIDNA(A) (SINOBUZ)
    • 譜面傾向が、DIAMOND CROSSINGに似ている。ラストはHCN絡みのトリルがあるので、初見やノマゲは特に注意。
  • ☆12 EBONY & IVORY† (SINOBUZ)
    • 前半難。通常版と同様、片手難。こちらは両RANDOMをやると大抵は難化するので非推奨。
  • ☆12 Mare Nectaris(A) (SINOBUZ)
    • SPと同様に32分や16分の階段が大量に降り注ぐ。総ノート数がSPと比べて200ノーツ以上減ったり、両手に分割されたりしたことで回復地帯ができたものの、片手32分階段、両手にまたがるゴミ付き16分螺旋階段が非常に押しづらく、ゲージ維持や回復が難しい。
    • また、SPと同様に認識難となるためRANDOMは推奨しない。
  • ☆12 MENDES(A) (DJT)
    • IIDX史上最も「どうしようもないもの」とされるBLACK ANOTHER(☆12)の陰に隠れがちだが、ANOTHERもACでプレイ可能な☆12の中ではかなりの難易度を誇る。前半は同色トリルや階段+バスが続き、後半は皿と3つ同時押しと大階段の嵐。とにかく皿が凶悪で、左右に激しく振られるため、鍵盤に集中しにくい。
    • DJT〜EMPRESSでは、皆伝2曲目を務めていた。INFINITASで再び皆伝2曲目を務める。
  • ☆12 NEMESIS(A) (6th)
    • 無理皿多発譜面。特に2P側の1+Sや2+Sなどが多い。後半はquasar(A)(☆12)のように1P側にSP ANOTHER(☆11)の譜面が降ってくる。2P側にMIRRORを使うのもオススメ。HARDは核地雷で、☆12最上級譜面と比べても大差がない。また、HARDクリアが確認されたのは本楽曲の初出から11作も後のSIRIUS以降だが、ACでのEX-HARDクリア達成者も確認されている。
  • ☆12 PARANOiA 〜HADES〜(A) (DJT)
    • 比較的密度の高い低速地帯から、配置が嫌らしく長い片手軸ラス殺しのコンボが凶悪。
  • ☆12 quasar(A) (9th)
    • DP段位認定におけるラスボス曲。SP ANOTHER(☆11)はおとなしめの譜面であるが、その発狂を片手でやらせるという譜面になっている。当時と比べ高難易度のDP譜面が増えており、INFINITASでは皆伝課題曲を降板してはいるが(そもそも収録されていない)、その威光はまだまだ衰えていない。
    • DistorteDでは皆伝1曲目を務めており、GOLD以降では皆伝ボスを務めている。
  • ☆12 SEQUENCE CAT(A) (SINOBUZ)
    • 中盤にSPAの難所だった24分階段を左右レーンそれぞれにそのまま弾かされる地帯があり、HARD以上は危険。全体的に正規は(特に2P側が)非常に押しづらいため、右鏡あるいは両乱当たり待ち推奨。
    • 移植元のCS GOLDではDP皆伝のボスを務めていただけあって、quasar(A)と同等の難度を誇る。
  • ☆12 Sigmund(A) (SPADA)
    • 片手高速階段が延々と続く譜面。中盤以降は若干押しやすくなるものの両側ともに密度が上がり、高度な譜面認識力を要求される。またラストにはあろうことか片手に48分階段が降ってくる。
  • ☆12 SOLID STATE SQUAD† (SINOBUZ)
    • 後半難。終盤のサビは片側にCN+αと片側に鍵盤発狂が降ってくる構成になっており、発狂の密度も高い。またラストには着地皿もそこそこ絡んでいる。
    • 前半も☆12中位並の難易度だが、後半と比べればいくらかマシであるため、終盤サビ突入前までにいかにゲージを残せるかが焦点とも言える。
  • ☆12 VANESSA(A) (SINOBUZ)
    • 譜面の性質がGanymedeと似ており、疑似DB系の配置が多い。片側MIRRORもやると、中央寄りになるので、多少易化するか。
  • ☆12 Verflucht†LEGGENDARIA (PENDUAL)
    • もはやDBRといっても過言ではない、両手16分乱打が延々と降り注ぐ。高い鍵盤力と持久力が求められる。
    • その物量は現行ACのSP最多ノーツを大きく更新したSP LEGGENDARIA(☆12)よりは300ノーツ近くも少ないものの、それでも平均密度は約19.03notes/secと†渚の小悪魔ラヴリィ〜レイディオ†(IIDX EDIT)(A)(☆12)をも上回る超高密度譜面。
  • ☆12 君のハートにロックオン(A) (Lincle)
    • SP ANOTHER(☆11)と比べるとノーツ数が多く、片側階段や軸押しが厄介。階段が苦手なら両R-RANDOMで崩すのもあり。
  • ☆12 共鳴遊戯の華(A) (PENDUAL)
    • 譜面傾向がAlmagest(A)(☆12)と似ており、ごみ付きCNや片手階段が延々と続く。局所的に皿も絡んでおり、着地力も要求される。
  • ☆12 疾風迅雷†LEGGENDARIA (PENDUAL)
    • CNや16分皿が追加されており、終盤から複雑になりかなり難しい。終盤で崩れるなら、HARDを使うのもおすすめか。
  • ☆12 灼熱 Pt.2 Long Train Running(A) (copula)
    • 皿の枚数はSP ANOTHER(☆12)を上回り、容赦なく左右に振りながら降ってくる。
    • 道中のトリルや同時押しなどでBADハマりもしやすい。利き手によってFLIPの使い分けも有効か。
  • ☆12 嘆きの樹(A) (DistorteD)
    • 総ノーツ数はSP ANOTHER(☆12)と同じ2000ノーツだが、難しさのベクトルは大きく異なる。SP ANOTHERで歯抜けデニムになっている箇所はただの二重トリルになっているが、それ以外の箇所(特に終盤の片手24分大螺旋階段以降)が難化しており、SP ANOTHERと同じ感覚で挑むと危険。
  • ☆12 ピアノ協奏曲第1番 "蠍火"(A) (RED)
    • SP ANOTHER(☆12)の分割をさらに強化した譜面が終始降り注ぐ全体難譜面。皿は中盤に2枚降ってくるだけの鍵盤特化型譜面。正規譜面は非常に癖がつきやすく過度の粘着は危険。
    • GOLD〜SPADAでは皆伝課題曲を務めており、copula以降では再び皆伝1曲目を務めている。INFINITASでも皆伝1曲目を務める。ACにおいてはquasar(A)(☆12)に次ぐDP皆伝の常連曲。ただし、PENDUALではBad Maniacsに譲る形で課題曲から外れていた。
  • ☆12 卑弥呼(A) (EMPRESS)
    • トリルや縦連打、階段など難所が詰まった譜面で、低速地帯やラストも曲者。ノート数も2194個とSPより更に多い。
    • SP ANOTHER(☆12)とは違い、前半が難配置・後半が易配置になっている。ただしラスト前には超高速DBくの字配置が存在しているため、低速地帯に100%突入は至難の技。
  • ☆12 IX(A) (SPADA)
    • 2回目のブレイクから難易度が跳ね上がる。特にラスト付近で両手にゴミ付き16分階段が降ってくる、さながらGo Beyond!!(A)(☆12)の発狂を4小節にわたってラスト前に持ってきたような譜面。最後に連皿があるため要注意。
  • ☆12 天空の夜明け(A) (Lincle)
    • 現行ACのDPノーツ第4位(2261ノーツ)。
    • 強烈に多いノーツのせいで、非常に高い認識力が問われる。休憩も非常に少ないため、体力要素も要求される。
    • tricoro以降、皆伝課題曲を務めている。
  • ☆12最上級譜面
    • すべて非公式難易度12.5
    • ☆12 Almagest(A) (SIRIUS)
      • ☆12の中でもHARDは最高峰。左右同時の無茶階段や、CN付の無理押しなどが非常に厄介。
      • CN前の最密部分はGo Beyond!!(A)(☆12)を超える(34notes/sec)。2012年7月4日の時点でEX-HARDクリア達成者が確認されており、HARDクリア達成者は2名であった(Lincleの時点)。 copulaにてフルコン達成者が確認された。
      • INFINITASでは皆伝ボスを務めるが、DP皆伝ボスに皆勤していたquasarと比べるとノマゲHARDの両方とも更に難しいせいか、INFINITASのDP皆伝取得者は現在18人しかいない。
  • ☆12 CHRONO DIVER -NORNIR-†(PENDUAL)
    • 現行ACのDP☆12最多ノーツ & DP LEGGENDARIA最多ノーツ & DPノーツ第1位(2477ノーツ)。平均密度も20notes/sec近くもある超絶体力譜面であり、非常に疲れやすい。
    • ほぼ常時8分軸絡みの同時押しが左右に渡って降ってくるため、生半可な認識力ではEASYですらゲージ維持がおぼつかない。その上ゲージの回復も遅いため、後半で大きくゲージを減らすとリカバリーも難しい。
  • ☆12 Chrono Diver -PENDULUMs-(A) (PENDUAL)
    • 序盤は緩いが、前半の右側2+46トリル以降から難易度が上がる。中盤の三連符地帯は両手ともにSP HYPER(☆11)と同等、またはそれ以上の密度で襲い掛かり、加えてリズム難の微縦連が難易度を吊り上げる。
    • その後も196BPMの非常に速くかつ長い片手階段を処理しなければならず、指、認識ともに疲れた所に二重階段が降りかかる、という構成になっている。ノマゲはラストの回復で僅かな余裕はあるものの、それを除けばゲージ問わず驚異的な突破難易度を誇る。
  • ☆12 KAMAITACHI†(GOLD)
    • ANOTHER譜面から更に強化された、強烈なラス殺し譜面。
      前半こそ局所難部分を中心とした(DPLとしては)控えめな強化であるが、デニム直前から強化幅が大きくなり、ラスト10小節はDPAの35%増しの超発狂地帯となっている。
    • SPLとは違い、CS GOLD/EMP時点でDP黒譜面は存在していなかったため、こちらはSINOBUZから追加された新規譜面である。
  • ☆12 perditus†paradisus(A) (Resort Anthem)
    • 序盤のCNもそれなりに難しいが、それ以降は常時16分階段メインで時折24分階段も出現。ラストは強烈な24分階段のラス殺しが降り注ぐためかなりの物量処理力が試される譜面。ACでのDP譜面としては、最強レベル候補と言える。
    • SINOBUZにて接続者が確認された。
  • ☆12 QUANTUM TELEPORTATION(A) (Lincle)
    • quasar(A)(☆12)と同様、片手でSP ANOTHER(☆11)を叩かせる発狂が降ってくる。前述の曲と違い後半は延々と片手SP ANOTHER+逆サイドでも16分配置を叩かせる上にトータルノーツも1999と400ノーツ以上多い。
    • CS DistorteDでは、皆伝2曲目を務めていた。quell 〜the seventh slave〜(A)(☆12)、quasar(A)(☆12)(3曲とも頭文字が「Q」であることから通称「3Qコース」とも)と共に、とてつもない猛威を振るっていた。
  • ☆12 超青少年ノ為ノ超多幸ナ超古典的超舞曲†(PENDUAL)
    • 現行ACのDPノーツ第5位(2257ノーツ)。
    • 序盤と中盤に片手32分トリルの局所発狂があり、後半以降は終始片手SP ANOTHER(☆11)と二重トリルが降ってくる上に反対側の密度も相当に高い。正規だとDB寄りなので、片側MIRRORがおすすめ。
  • ☆12最強クラス(非公式12.5の中で更に強烈な譜面が目安)
  • ☆12 ICARUS†(DJT)
    • 中盤の低速地帯が尋常でないほどに強化されており、ANOTHER譜面をEX-HARDクリア出来る地力でもEASYで2%になってしまうほどの難度となっている。(A)(☆12)に傾向が近いもののこちらはさらに難しく、HARD難易度は全DP譜面の中で最強クラスに位置する。
    • 発狂後の配置もBPM176のゴミ付きトリルや着地皿などの追加でANOTHER譜面よりも難度がかなり上がっている。回復しづらく、かつ高難度になったその譜面にてスコアを出しつつBPも抑えなければならないため、ノマゲでも12.5クラスが捌ける地力が求められる。
  • ☆12 quell 〜the seventh slave〜(A) (SIRIUS)
    • 後半のトリルと皿絡み、道中とラストの32分階段が非常に厳しい。ノマゲ・HARD共にランカーですら安定しない程であり、クリアレートも毎作最低の1〜3%を誇る。
    • SIRIUSでは皆伝2曲目、CS DistorteDでは皆伝1曲目を務めていた。しかしあまりの難しさ故に、ボスであるはずのquasar(A)(☆12)がほぼウイニングラン扱いとなってしまったほど。
    • SIRIUS時代は、この曲のせいでAlmagest(A)(☆12)はおろか、G59(A)(☆12)すら出せない人が続出した。
    • 2017年の6th KAC・決勝ラウンドではDP部門の課題曲として選曲されたものの、ファイナリスト4名全員がASSISTED EASYでありながらクリアボーダー60%に届かずFAILEDとなる惨状であった。
  • ☆12 Sigmund†LEGGENDARIA(SPADA)
    • バスが追加されていたり、片手の48分階段が道中にも降ってくる。特に終盤の追加された部分の配置が見た目以上に極悪で、同曲ANOTHERが安定できない実力では全く歯が立たない。後半からの5313と6424配置が押しづらく、ANOTHERから強化されたラス殺しはかなり押しづらい。クリアレートも2017/12/1の時点で4.7%ととても低い。
  • ☆12 †渚の小悪魔ラヴリィ〜レイディオ†(IIDX EDIT)(A) (tricoro)
    • 平均密度は約18.95notes/secもある物量譜面。だがそれ以上に鍵盤や皿の配置が酷く、ACでのDP譜面としては最強クラスと言える。
    • 皿の配置が凶悪だが鍵盤配置もBPM190の片手8分軸+16分階段や同時押し混ざりの螺旋、16分ゴミ付きトリルと全体的に苛烈。EASY難度でもトップクラスだがAS+ASSISTED EASYですら相当な難度を誇る。

Last-modified: 2018-01-14 (日) 17:45:11
Site admin: iMp95
mail : imp@callusnext.com (←@を半角に)