beatmania IIDX 25 CANNON BALLERS

WEEKLY RANKING: Back Spin Sweeper / DJ TOTTO
(2018/04/18 12:00 START - 2018/04/25 12:00 END)

旧曲詐称逆詐称譜面リスト(SP)

  • このページでは、以下に該当するSP譜面について記述してあります。
    • 詐称譜面
    • 逆詐称譜面
    • ☆12準上位譜面
    • ☆12上位譜面
    • ☆12最上位譜面
  • 特に顕著な譜面に関しては太字で表記されています。
  • 復活曲・追加譜面については新曲リストを参照してください。
  • ソートは「☆レベル」→「NORMAL,HYPER,ANOTHER」→「A-Z」順です。

全般

  • SP全譜面で詐称 or ☆12最上位譜面
  • 初期作品の低難度譜面
    • 初期作品(1st〜9th)の低難度はリズム難や癖の強い配置が多く、同難易度帯の他の曲と比較して難しい傾向にある。
  • Apocalypse 〜dirge of swans〜 (DistorteD)
    • 序盤と終盤のリズム難シンセパートが難所。ここで削られ過ぎると回復が間に合わない。
  • BRILLIANT 2U (substream)
    • リズムが複雑な箇所、同時押し等が表記レベルを逸脱している。メロディーパートもそれなりに難しいので要注意。
  • deep in you (substream)
    • BPMは遅めだが、16分連打混じりのメインフレーズが叩きにくく、16分階段も全譜面で出てくる。
  • Electro Tuned (the SubS mix) (2nd)
    • BPMは速くはないが、[SPN]以外は縦連打が多く、全譜面でリズムが複雑。SP・DP(2P側)の全譜面で降ってくる「1+3+5同時押し→3鍵4連打+α→5鍵5連打+α(通称:コナミ地帯)」は押しにくく、4連打→5連打が絡むためHARDは危険。
  • outer wall (5th)
    • 16分縦連が多く、ミスを頻発しやすい。
  • Schlagwerk (3rd)
    • 全体的にリズム難じみており、その中にトリッキーな配置もあり、これで難易度を上げている。
  • You'll say "Now!" (EMPRESS)
    • 他の譜面にはあまり見られない独特な配置が続き、ラストの難所ではノマゲはもちろん、HARDでも注意が必要。
  • 駅猫のワルツ (copula)
    • 難度を逸脱した16分配置が散見される。
  • ライオン好き (9th)
    • 中盤にそれぞれの表記レベルを逸脱した難所がある。そこを抜ければあとは回復だが、難所で削られすぎていると回復が追い付かない。
  • SP全譜面で逆詐称
    • DAYDREAMER (Resort Anthem)
      • BPMこそ速いものの、8分中心で配置も表記レベルにしては素直。
  • ヨシダさん (GOLD)
    • 総ノーツ数はレベル相応だが尺が長いだけでその分密度は薄く、配置もそれぞれの表記レベルとしては率直。

☆9

  • 詐称
    • ☆9 Apocalypse 〜dirge of swans〜(H) (DistorteD)
      • 中盤と終盤にあるシンセ16分地帯がかなりのリズム難。4連と3連の16分階段が何度も入れ代わり、特に後者は3連譜階段に見違えやすく、混乱してまともに叩けない人も多い。16分地帯の出口には皿も絡むため、☆9にしては厳しいか。
      • DistorteDとcopulaではなんと六段1曲目、CS DistorteDでは六段ボスを務めていて、当時は数多くの挑戦者を退けていった。
  • ☆9 B4U(BEMANI FOR YOU MIX)(H) (EMPRESS)
    • 配置自体は素直で局所難もないものの、☆9にしては異様なノーツ数(1205ノーツ)を誇る物量譜面。体力面を考慮すると、☆10と見ても違和感はないか。
    • SIRIUSでは、七段1曲目を務めていた。
  • ☆9 DAWN -THE NEXT ENDEAVOUR-(H) (SIRIUS)
    • 現行ACのSP☆9最多ノーツ(1369ノーツ)。
    • BPMが183と速い上に曲が2分半と長く更には終わりまで一貫して押しにくい同時押しが続く☆9屈指の体力譜面。体力に自信があっても局所的に詰まった箇所が数ヶ所あるため、ノマゲ・HARD共に☆10レベルの体力と技術が必須と言える。
    • CS HAPPY SKYでは、六段ボスを務めていた。
  • ☆9 end of world(H) (DJT)
    • ラストに皿+13の16分交互+αという露骨な殺しがある。1Pは特に注意。また、道中もそれなりに地力を要するためHARDも容易ではない。HARDでは☆9上位〜☆10下位レベルで、ノマゲだと2P側は☆10中位レベル、1P側正規はラストの叩きにくさもあり☆10上位レベルか。1PはMIRROR推奨。
  • ☆9 FEEL IT(H) (10th)
    • 要注意! 高速BPMの中、皿と鍵盤の複合を回避したような13の歯抜けトリルや、1+3と5+7の白鍵同時押しトリルを叩かねばならず、非常にBADハマりしやすい。問題のトリルは3箇所あり、ラスト直前にもあるので、ノマゲ・HARD共に地雷
    • 個人差も非常に強く、プレイサイドによる体感難度の違いも大きい。高段位を取得している人でも落とすことがたまにあったり、歯抜けトリルなので[SPA](☆10)より難しいと思う人もいたりする。
    • クリアレートは☆9の中では最低クラス。
  • ☆9 GOLDEN CROSS(H) (SIRIUS)
    • 全体を通して☆9にしては難しめの乱打や階段が続く。ブレイク前には短いながらも☆10上位レベルの発狂地帯があるので、ノマゲは☆9最上位〜☆10下位レベル、HARDは☆10レベル。
  • ☆9 in the Sky(H) (DJT)
    • 初出のCS HAPPY SKYでは☆10だったが、AC移植時になぜか降格。終盤が、高密度同時押し→S+1+αの皿複合→皿の絡む1鍵軸、とラス殺しになっている。道中も、乱打やトリル複合、同時押しの連続に皿が絡む箇所があり、ゲージの維持は容易ではない。低く見積もっても☆10下位レベルはあるか。
  • ☆9 LAB(H) (8th)
    • 全体的に[SPH]☆9曲としては高密度で、終盤には皿絡みのラス殺しも。☆10下位レベル。人にもよるが、HARDのほうがややクリアは楽か。
    • 8thでは、七段3曲目を務めていた。
  • ☆9 quell 〜the seventh slave〜(H) (SIRIUS)
    • 前半のトリル+αで一気にゲージを減らされる危険が高く、HARDは注意。後半ブレイク後も一気に密度が上がり、☆9にしては厳しめの乱打や階段(+同時)が続く。ノマゲは☆9上位〜☆10下位レベル、HARDは☆10レベル。
  • ☆9 Ristaccia(H) (DJT)
    • 最初の同時押しを抜けた後は押しづらい階段が大部分を占める。特に中盤の皿+螺旋地帯は長く続くうえに押しにくい。正規HARDは☆10中位レベルの地雷。ノマゲはまだ楽な方だが、後半の階段+皿複合で落とされる可能性が高く、☆9最上位〜☆10下位レベル。RANDOMを付けると概ね易しくなる。
    • ちなみに、DJTロケテでは☆10だった。
    • CS DJTでは、七段2曲目を務める。
  • ☆9 TYPE MARS(G-Style Mix) (H) (DistorteD)
    • 要注意! 終盤の加速トリルの後の3小節間に、☆9とは思えない24分高速乱打が存在する。その後もトリル複合+皿のラス殺しが回復する間もなく降ってくる。ノマゲは☆10上位レベルの核地雷。道中にも☆9としては強めの階段や乱打が見られ、前述の難所とあいまってHARDでも詐称レベル。
  • ☆9 Watch Out Pt.2(H) (Resort Anthem)
    • 要注意! 前半は16分連皿、その後の階段+4分皿の複合が取りづらい。皿が得意でないと前半は明らかに☆9を逸脱していると感じられるだろう。後半もそれなりに皿が絡む。鍵盤の密度はそれほど高くないが、片手処理を強いられる配置であることは変わらない。ノマゲでも☆9最上位レベル。HARDは更に危険で、☆10レベルか。
  • ☆9 アストライアの双皿(H) (tricoro)
    • CNはそれほど脅威ではないが☆9としては強めの階段や乱打が皿も複合しつつ降ってくる全体難譜面。また、終盤前に縦連が降ってくる。ここでBADハマりを起こしてゲージを削られやすい。その後も☆9としては簡単ではない階段(+皿)が襲い、ラストは同時押しラッシュ。ここでリズムが狂うとゲージを大きく削られてしまう。個人差こそあれど☆9上位〜☆10下位レベルはあるとみるのがよいか。
  • ☆9 鬼天(H) (PENDUAL)
    • 物量自体は少ないが、4と6の超高速トリルと白鍵の対称トリルが二回襲いかかる。二回目のセット以降は捌きにくいCN絡みがラストまで続くのでゲージを落としやすく、密度の低さのせいで回復もしにくい。ノマゲは個人差がやや出るが☆9上位〜☆10下位レベルで、HARDは難所でつまずきやすく☆10中位レベルの地雷
  • ☆9 ミラージュ・レジデンス(H) (DJT)
    • 変拍子かつ変則的なリズムで、全体を通して皿が多い上に、サビ後には皿の絡む螺旋配置の隣接階段が殺しにかかってくる。[SPA](☆10)と比べて250ノーツ近くも少ないが、クリアに大きく関わってくる後半部分は[SPA]のゴミが減っているだけであり、クリアに関しては[SPA]とほぼ同じ。ラストは若干回復が見込めるものの、正規は完全に☆10レベルと見ていいだろう。
    • Ristaccia(H)(☆9)と同じく、RANDOMを付けると階段が崩れて概ね易しくなるので推奨。
  • ☆9 夕焼け 〜Fading Day〜(H) (Resort Anthem)
    • 中盤にCandy Galy(H)(☆10)の様な16分階段が多発し、更に終盤も皿がらみのトリルになっていたりと、挑戦クラスの腕前では厳しい。ノマゲは☆9上位〜☆10下位レベル、HARDは☆10中位レベルの地雷と考えてよい。
  • ☆9 era(step mix)(A) (4th)
    • 要注意! 1回目の低速地帯の後半はera(nostalmix)(A)(☆9)よりも叩きにくい。しかもここに突入する前の空白地帯が鍵盤で埋められているのでSUD+のオン/オフが難しい。加速後の配置も難易度もera(nostalmix)(A)よりも上。ノマゲでも☆10下位レベル、HARDは☆10上位〜最上位レベルの地雷
    • 7thと8thでは、九段課題曲を務めていた。
  • ☆9 esrev:eR(A) (SPADA)
    • 典型的な1バス譜面。中盤の混フレ高密度地帯がHARD殺し、ラストの二重配置→軸複合がノマゲ殺しとして機能している。ラストに50ノーツほどの回復地帯があるがそれでも☆10レベル。
  • ☆9 First Resolution(A) (HAPPY SKY)
    • 序盤、終盤にある皿+乱打や皿絡みの同時押し地帯が明らかに☆9レベルを逸脱しており危険。ノマゲ、HARD共に☆10中位レベル。☆9の中でも最後まで残ることが多い1曲。
  • ☆9 memories(A) (8th)
    • [SPH](☆9)よりも密度が上がり、軸配置も増えている。ズレや皿絡みが高速BPMも相まって取りにくいためゲージ維持が難しい。[SPH]同様、中盤の同時押しでの回復は前提。☆10下位〜中位レベルの高速譜面をある程度こなせる地力は最低限欲しい。
  • ☆9 METALLIC MIND(A) (GOLD)
    • 要注意! 何度か出てくる皿複合のラッシュで大きく削られる危険性あり。しかもそれがラスト近くにもあり、これがラス殺しとなっている。☆10レベル。
    • 初出のGOLD稼働当初は☆8(稼働中にアップデートで上方修正)と恐ろしい詐称だった。余談だが、アップデートで難易度表記が初めて修正された曲でもある。
  • ☆9 STILL IN MY HEART(A) (5th)
    • 要注意! 中盤に二度ある歯抜けデニム地帯が非常に危険。HARDはこの部分を耐える必要があるため☆10〜☆11レベルの地雷。ノマゲの場合、2回目のデニムで2%でも回復可能だが、許容ミスがかなり少ないため、デニム地帯である程度ゲージを残さないとクリアは厳しい。☆10中位レベルはあるか。
    • 7thでは、八段3曲目を務めていた。
  • ☆9 Tomorrow Perfume(A) (7th)
    • [SPH](☆9)と85ノーツ差だが、その差は終盤の密度。対称地帯を抜けた後もトリル絡みを筆頭に難所が続き、ゲージ維持には☆9上位〜☆10下位レベルの地力が求められる。RANDOMは基本的に難化するので注意。
  • ☆9 Monkey Dance(A) (8th)
    • [SPH](☆7)でも難所だった16分階段は、4つ打ちとスネアが加わり、さらに押しにくくなっている。☆10下位〜中位レベル。苦手な場合はRANDOM推奨だが、はずれが来る可能性も高く、諸刃の剣。
  • ☆9 Watch out!!(A) (GOLD)
    • 超危険!!! CHECKING YOU OUT(A)(☆11)、Digitank System(A)(☆11)のような皿の非常に多い譜面。32分皿を含み、なんと251枚。特に中盤に皿が多く、この連皿中の鍵盤も結構多い。終盤で回復する余地はあるが、ラストに密度の高い皿絡み譜面で殺しにかかって来るため一筋縄ではいかない。Lincle以降はターンテーブルが反応しやすくなったが、それでもノマゲは☆10下位レベル、HARDは☆10最上位〜☆11中位レベルの核地雷
    • 余談だが、この曲の難易度は初出時から☆9のまま変わっておらず、九段や十段になってもこの曲のせいで☆9フォルダが白くならないという人も多い。
  • ☆9 大桟橋(A) (RED)
    • 前半の低速地帯は16分での同時が多く皿も絡み、見切りづらい上に叩きにくいが、[SPH](☆6)と異なり空白がないためSUD+やHI-SPEEDの変更が厳しくなっている。加速後も、☆10中位レベル以上に相当する乱打がたびたび降ってくる。明らかにノマゲ・HARD共に地雷
  • ☆9 まほろば(A) (EMPRESS)
    • 中盤は☆9レベルだが、イントロ・アウトロ部分が☆10下位〜中位レベルの乱打になっている。特に、アウトロ後半は4分ごとに3つ同時押しになっており、147+皿も降ってくる。ノマゲ・HARD共に要注意。同傾向の(A)(☆10)よりは難しいか。
  • 逆詐称
    • ☆9 Bahram Attack -猫叉Master Remix-(H) (EMPRESS)
      • 前半は8分同時押しが中心で配置も素直。後半から密度が上がり16分配置も増えてくるが、ラストが☆8レベルの乱打なので安定してクリアしやすい。☆8上位〜☆9最下位レベル。
      • ただし、[SPA](☆10)には存在しない7鍵の縦連配置が所々で散見されるため、フルコンボ狙いの際は注意が必要。
  • ☆9 BREAK OVER(H) (SINOBUZ)
    • 減速後は少し連皿が入るものの、低密度かつ押しやすい乱打が続く譜面。減速のこともあるので要予習ではあるが、☆8中位レベル。
  • ☆9 Cyber Force -DJ Yoshitaka Remix-(H) (EMPRESS)
    • 中盤に若干取りづらい皿複合があるが、それ以外は☆9らしい要素は全く無い。☆8上位レベル。
  • ☆9 EDEN(H) (HAPPY SKY)
    • ☆9としては緩い高速同時譜面。☆8上位レベル。1回目のサビが押しにくいと感じる人はMIRRORがオススメ。
  • ☆9 FUZIN RIZIN(H) (SINOBUZ)
    • 大部分は8分メインの譜面で、BPMが高いことを考慮しても☆8中位〜上位レベル。
  • ☆9 Infinite cave(H) (Lincle)
    • ☆9としては密度が低めな上、16分絡みの地帯は同色配置が中心で見切りやすい。ノマゲは☆8上位レベル、(EX-)HARD時は中盤の皿地帯に注意こそ必要だが、それでも☆9の中では楽な方か。
    • SPADAとPENDUALでは、五段2曲目を務めていた。
  • ☆9 Line 4 Ruin(H) (PENDUAL)
    • BPMが低めで配置も序盤と終盤のやや高密度な箇所以外はそこまで難しくない。ノマゲは☆8レベル、HARDでも☆8上位〜☆9最下位レベル。
  • ☆9 Rock Da House(H) (Resort Anthem)
    • 乱打も皿複合も捌きやすく、☆8で通用する。ラストの皿複合は若干注意。
  • ☆9 Sakura Reflection(H) (Resort Anthem)
    • 前半は8分同時押しが中心で、密度も低く、見切りやすい配置。道中の8分4連皿も鍵盤と絡まないため、それほどでもない。後半から16分や4+7などの斜めの同時押し配置が出始めるが、それは☆8以下の譜面でも見られるため、☆8の難曲が出来なくても十分クリアを狙える。
  • ☆9 Scharfrichter(H) (Lincle)
    • BPMが217と速く、更にはまたぎ配置があるCN複合がやってくるが、同レベルで似たような配置のある曲よりも簡単で☆9とは言い難く、☆7最上位〜☆8下位レベル。CNが苦手でも☆8中位レベル。ちなみにBSSは最後のみ。
  • ☆9 SINOBUZ Fantasy(H) (SINOBUZ)
    • 16分配置は所々あるが、特にサビは☆9とは思えないほどスカスカ。ノマゲは☆8下位〜中位レベル、HARDは☆8中位〜上位レベル。
  • ☆9 Thunderbolt(H) (Lincle)
    • 16分配置がそれなりに多くややリズム難だが、単押しや同色配置が多く全体的に捌きやすい。☆8中位〜上位レベルで、曲を知っていればHARDも容易だろう。
  • ☆9 Time To Empress(H) (tricoro)
    • 乱打、階段、皿複合がメインだが配置が優しく、繰り返しリズムも多い。☆8で通用する。
    • 初出のCS EMPRESSでは☆8だった。
  • ☆9 Todestrieb(H) (Lincle)
    • 8分や付点8分がメイン。後半の16分が続く地帯も同色配置が中心で、全体的に見切りやすい。CNも他の鍵盤との絡みが少なく、全体で見ても☆9にしては弱い。☆8中位〜上位レベル。ただし、中盤に1小節だけ隣接階段が降ってくるので、EX-HARD時は注意。
    • SPADAとPENDUALではなぜか七段1曲目を務めており、今作では五段3曲目を務める。
  • ☆9 妖隠し -あやかしかくし-(H) (PENDUAL)
    • 基本的に8分が中心の譜面で所々の階段も隣接階段とほぼ同色階段なので押しやすい。ラストのトリルに注意が必要だが、ノマゲ・HARD共に☆8レベル。
  • ☆9 禍根(H) (SINOBUZ)
    • 前半は低密度で☆7程度。後半はやや難しくなるが、同色の単押し中心で認識しやすく皿も少ない。階段にはやや注意を要するが散発的なので苦手でもそれほど削られないだろう。☆8下位〜中位レベル。
  • ☆9 君のハートにロックオン(H) (Lincle)
    • BPM260の8分や12分の階段が延々と続くが、隣接配置なのは前者だけで、後者は同色配置で叩きやすい。中盤と終盤にある1鍵4分連打+αの難所も、区間も短いためそこまでの脅威とはならないか。HI-SPEEDさえ適切に合わせられれば、☆8中位〜上位レベルの逆詐称。
  • ☆9 chrono diver -fragment-(A) (PENDUAL)
    • 同時押しが多いものの全体的に割と素直な配置で取り組みやすい。HARD以上はAメロ突入直前の24分の対称トリルに注意を要するが挽回も☆9としては楽な方。☆8上位レベル、同時押しが苦手でも☆9最下位レベル。
    • クリアレートは95%(2014/11/22時点)で、当時の☆9の中ではScharfrichter(H)(☆9)に次いで高い。
  • ☆9 Double ♥♥ Loving Heart(A) (DistorteD)
    • 癖の無い乱打譜面。☆8中位〜上位レベル。
  • ☆9 Journey(A) (copula)
    • 密度が☆9とは言い難く、また32分配置が多いが低BPMなためそこまで脅威とならない。☆8中位レベル。
  • ☆9 Medicine of love(A) (Resort Anthem)
    • 皿同時が多いが、同色の8分同時がほとんどで見切りやすい。☆8中位〜上位レベル。
  • ☆9 Mermaid girl -秋葉工房 MIX-(A) (Lincle)
    • 全体的に[SPH](☆6)に4つ打ちを乗っけただけで、[SPH]とは逆に☆9では弱い。ただし、4つ打ちのせいでRANDOMでは易化しにくい。
  • ☆9 Nasty!(A) (4th)
    • ハネリズムの中での皿絡みと微縦連がややコンボカッターになるが、全体的には密度の低めな同時押し中心の為、☆9にしては簡単な方。
  • ☆9 We are Disっ娘よっつ打ち命(A) (HAPPY SKY)
    • 皿複合が多少厄介だが、それを含めても☆9レベルの難所は皆無と思われ、☆9は明らかに過大評価か。☆7上位〜☆8下位レベル。皿複合の譜面が苦手でも、☆8上位レベル程度だろう。
  • ☆9 WISE UP!(A) (Resort Anthem)
    • BPMも遅く、突出した難所も無い。終盤は簡単なので選曲もしやすい。☆8中位レベル。
  • ☆9 with you…(A) (DistorteD)
    • 終盤の乱打が難所だが、BPMが低く、☆9としては簡単。☆8上位レベル。ただ全体的に階段の配置が多めなので、苦手ならRANDOMの方が楽か。
  • ☆9 エコ爺(A) (DJT)
    • 隣接配置が目立つがBPMも遅く、それほど難解な配置があるわけでもない。☆8中位レベル。
  • ☆9 たからもの(A) (SIRIUS)
    • 高BPMだが、8分メインでリズムを取りやすい。メインの同時も合間の乱打も、同色配置が多く見切りやすい。☆8中位〜上位レベル。
  • ☆9 翼(A) (EMPRESS)
    • 全体的に押しやすい譜面配置。ノマゲ・HARD共に☆8レベル。
  • ☆9 虹色(A) (DistorteD)
    • [SPH](☆8)と比べて142ノーツ多いが、難しくない箇所に同時押しが増えた程度であまり変わらない譜面。見切りやすい分こちらの方が簡単という声も。
  • ☆9 ヨシダさん(A) (GOLD)
    • 中盤がやや難しいが、他は大部分が見切りやすい8分同時押し。☆8下位レベル。

☆10

  • 詐称
    • ☆10 EXUSIA(H) (SIRIUS)
      • 全体的に高速かつ乱打・同時の複合譜面であり、更に総ノーツ数も多めの体力譜面。特に高速連皿が混じる前半が厳しい。☆10上位〜☆11下位レベル。
  • ☆10 Timepiece phase II(H) (tricoro)
    • 危険!! 序盤から中盤のブレイク前まで、4分軸+8分乱打or階段が延々と続く。「Do it!! Do it!!」(BPM300)と譜面傾向が近く、BPMこそ287とわずかに遅いものの、軸地帯の長さ・密度・皿との絡みや、24分トリル+階段の局所難を加味すると、Do it!! Do it!!(A)(☆11)と大差ない難易度であり、(EX-)HARD突破難易度は☆10の域を脱している。それ以降はやや密度は抑え目だが、所々に縦連や皿が絡むため、最終盤こそ回復地帯になるがノマゲ突破難易度も特段低いとは言い難い。個人差はあるがノマゲは☆11下位〜中位レベル、HARDは☆11上位レベルの核地雷と見ておいた方がよい。
  • ☆10 Timepiece phase II (CN Ver.)(H) (tricoro)
    • 危険!! 通常版の軸地帯を中心にCNが追加されており、それ以外は同じであり特筆すべき点はないが、CN部分がやはり☆10としての難易度を脱している。前半はCNを押しながら4分軸を押し続けることになるためBADハマりが起きやすく、更にブレイクゾーンを抜けた後にはCN+8分(一部12分)階段というAlmagest(H)(☆11)に匹敵する難所となっており、しかもここができないとクリア不能。最終盤にもCNが追加されており、回復どころかラス殺し気味となっている。全体的に見ても通常版以上の難易度の地雷であり、CNが得意でも☆11下位レベル、苦手なら☆11中位レベルに感じるだろう。クリア狙いならどちらかといえばHARDのほうが楽か。
  • ☆10 V2(H) (EMPRESS)
    • 危険!! 現行ACのSP☆10 & [SPH]最多ノーツ(1620ノーツ)。
    • 局所難であり全体難。前半は同時押しトリル+皿絡みが続き、終盤はV(H)(☆10)よりも押しにくい非対称を含む二重トリルのラス殺し。二重トリルを含むため個人差は大きいものの、それ以外の箇所で求められる技術は明らかに☆10の域ではない。ノマゲ・HARD共に☆11中位レベルの地雷で、HARDは前半で叩き落される可能性も高くかなり危険。ただし、終盤の押しにくいトリル以外が出来るならHARDの方がクリアしやすい場合もある。ちなみに、EMPRESSロケテでは☆11だった。
    • 現行ACのSP☆10では、2位のLOVELY STORM(A)の1429ノーツに200ノーツ近くの差を付けてのダントツで、譜面密度も1位である。*1
    • EMPRESSでは八段1曲目、Lincleとtricoroでは八段3曲目を務めていた。
  • ☆10 You'll say "Now!"(H) (EMPRESS)
    • 序盤には16分2連打を含む乱打、中盤には偶数枚、奇数枚が混在する不規則な連皿+α、ブレイク後には16分3連階段+αで、さらにラストに16分左右対称押し、と☆10では捌きにくい譜面が続く。ノマゲ、HARDとも☆10最上位〜11下位レベルか。RANDOMをかけるとラストの対称地帯が悪化するため、正規orMIRROR推奨。癖が付きやすいので、粘着は危険。
    • ちなみに連皿は[SPH]にしか存在しない。
    • CS EMPRESSでは、なんと七段1曲目を務めている。
  • ☆10 駅猫のワルツ(H) (copula)
    • BPM282での16分階段・乱打&皿と☆10にしては強烈な配置が頻発する。一つ一つは短いものが多いが、挑戦レベルでは下手な☆11よりも安定しない。ノマゲは終盤の2-3-6-7の16分が山場。最後に少し回復があるがそれでも☆10上位〜11下位はあるか。
    • 解禁可能初日(2016/09/15)のクリアレートは50%を割っている。
  • ☆10 共鳴遊戯の華(H) (PENDUAL)
    • 中盤の押しづらい螺旋階段でゲージを削られやすく、HARDは危険。そこ以外も全体的に☆10にしては密度が高めで、ノマゲ・HARDともに☆10最上位〜☆11下位レベル。ノマゲでの終盤は回復地帯だが、手前でゲージが減りすぎるとクリアまでは回復しきれない。
  • ☆10 少年A(H) (DJT)
    • 前半の低速トリル地帯が非常に押しにくい上に、加速後の高速階段も体力的にも厳しく、左寄りや螺旋階段などが目立ちこれまた押しづらい配置。実質☆11レベル。
    • なお、A(H)(☆10)とは違って終盤に皿絡みで落としにかかってくるわけではなく、またRANDOMの当たりも多いのが救い。
    • EMPRESSでは、八段3曲目を務めていた。
  • ☆10 Apocalypse 〜dirge of swans〜(A) (DistorteD)
    • 要注意! 全体的にかなり難しいが、特に終盤の同色階段+α地帯が非常に難しく、ここでゲージを大幅に削られると回復が困難。[SPH](☆9)と違い階段に連皿がくっついているのも厳しい。ノマゲでも☆11下位レベル。HARDは☆11中位レベルの地雷。1PはMIRROR、2Pは正規推奨。
  • ☆10 Donkey Donk(A) (copula)
    • 終盤にあまり他に例を見ない時間差HCN、鍵盤、皿が同時に絡む配置が降ってくる。ノマゲは☆10上位〜☆11最下位レベル。HARD以上は特に危険で、低く見ても☆11下位〜中位レベルの地雷
    • ラスト1小節が2本同時HCN+4分皿という配置で、ここだけでボーダーを割る可能性があり、初見やRANDOM適用時は要注意。
  • ☆10 end of world(A) (DJT)
    • 危険!! 全体的に☆10とは思えないほど密度が高く、更にラストではS+1,3トリル+αと露骨に殺してくる(特に1Pは要注意)。ノマゲ・HARD共に☆11中位レベルの地雷。1PはMIRROR推奨。
    • copulaでは、八段2曲目を務めていた。
  • ☆10 garden(A) (HAPPY SKY)
    • リズムが独特であり、さらに二重階段+皿、高速階段+皿など、非常に高度な皿処理能力が要求される。ノマゲ・HARD共に☆10としては厳しめ。
    • SPADAでは、八段3曲目を務めていた。
  • ☆10 LAB(A) (8th)
    • 序盤と終盤の乱打に平然と混ざる縦連が強烈。しかも配置が偏っており、密度も☆10にしてはかなり高い。中盤は回復だがノマゲ、HARD共に☆11下位レベル。
    • 正規、MIRRORは皿複合か鍵盤のどちらかが非常に押しづらい配置なのでRANDOM推奨。ただし、更にとんでもないハズレがくる事もある。クリアの安定しづらさは☆10最強クラス。
  • ☆10 Leaving...(A) (DistorteD)
    • 要注意! 独特のリズムに加え全体的に☆10にしては高密度で、その上ラストは皿複合→1+5,3トリル+α→1+4,2トリル+α→見切りにくい2〜4個同時押し絡み2連打が殺しにかかって来る。ノマゲは☆11中位レベルの地雷、HARDでも☆11下位レベル。
    • なお、tricoroでの復活の際の譜面修正によって全体的にノーツが増加し、ラストの配置は修正前とものと比べて更に押しにくいものに変更されている。
  • ☆10 LOVELY STORM(A) (DJT)
    • 8分同時押しと16分乱打が絡んだ高密度物量譜面。特に前半〜中盤の16分乱打+αが密度、難度共に☆10の範疇を逸脱している。終盤の同時押しで回復出来るが、1鍵ビーム+皿→16分同色階段のラス殺しは適正には脅威。☆11下位レベル。
    • 初出のCS HAPPY SKYでは☆11だった。
    • CS HAPPY SKYでは、八段ボスを務める。
  • ☆10 lower world(A) (9th)
    • 中盤に長い休憩があるせいかノーツ数の割に密度が高い。特に休憩後はAA(H)(☆10)よりも高密度な乱打が続きラストには長い13トリルが殺しに来る。☆11で十分通用するレベル。
    • CS 9thでは、八段ボスを務める。
  • ☆10 Miracle 5ympho X(A) (SPADA)
    • 皿付きの8分同時押しや16分乱打、BSS中の鍵盤やCN中の皿等様々な要素を含んだ譜面だが、それら全てがBPM210という高速で襲ってくる。BPMを考えると☆10としては厳しい物量。☆10最上位〜☆11下位レベルはあるか。
    • PENDUALでは、八段3曲目を務めていた。
  • ☆10 NEW GENERATION -もう、お前しか見えない-(A) (DJT)
    • 要注意! 全体を通して皿が多い上に中盤ではプチデニム→8分皿+対称譜面→プチデニムの強烈な発狂がある。またラストの転調後は更に密度が上がるためノマゲもHARDも明らかに☆11中位レベルの地雷曲。
    • なお、RANDOMだと大抵の場合難化するので正規推奨。
  • ☆10 POINT ZERO(A) (tricoro)
    • 要注意! 前半に一度だけ短い16分同色二重階段が、中盤に7小節半に及ぶ長い長い16分螺旋階段*2が存在する。また、道中・後半もズレていたり局所的に押しづらい配置が度々降ってくる。ノマゲ、HARD共に☆11中位レベルの地雷
    • HARDはRANDOM推奨。ノマゲも広い同時押し+ズレ皿が苦手ならRANDOM推奨。
    • SINOBUZでは八段3曲目を務めていた。
  • ☆10 RIDE ON THE LIGHT (HI GREAT MIX)† (5th)
    • 終盤の時間差HCN配置が非常に認識しにくく、ノマゲはここでゲージを大きく削られるとクリアできない。HCNに皿が絡む箇所もあり、また[SPA](☆8)と比べてトリルの数が増えており、ラス殺しも強化されている。ノマゲ・HARD共に☆11下位〜中位レベルで、CNやトリルが苦手だと更に厳しくなる。
  • ☆10 RIZING YOU UP(A) (SPADA)
    • 中盤と後半にそれぞれ降ってくる16分13トリル+8分46交互がHARD時最大の難所。終盤の同時押しも、ラスト8小節が特に見切りづらくラス殺し気味であり、ゲージ問わず要注意。CS EMPRESSからレベル変更はないが、☆11下位レベルはあるか。
  • ☆10 SNOW(A) (9th)
    • 序盤は白鍵→黒鍵の16分同時押しが延々と続き、中盤からラストにかけてはリズムを乱しやすく見切りにくい。全体を通して☆10最上位〜☆11下位レベル。また、HARDは前半のデニムもどきはもちろん、4連縦連打で叩き落とされやすいので危険。
    • RANDOM推奨だが、大当たりが来る事は少なく、また外れると目も当てられない。人にもよるがMIRRORで叩きやすくなる事もあるので試す価値はある。
  • ☆10 So Fabulous !!(A) (DistorteD)
    • 中盤の対称二重螺旋階段+αが難しく、終盤も16分混じりの同時押し+皿複合と厳しい配置になっている。ノマゲ・HARD共に☆10最上位〜☆11下位レベルはあるか。
  • ☆10 Warrior(A) (SINOBUZ)
    • 後半のCN複合辺りから☆11下位レベルの密度が続く。ラスト付近には16分5連皿も絡む。
    • HARD時は中盤のゴミ付きトリルで削られすぎないように注意。後半の難所が長めなため、HARDも容易ではない。
  • ☆10 WE LOVE SHONAN(A) (Resort Anthem)
    • 中盤の皿複合、同時押しトリルが☆10にしては厳しい。またラストの皿もリズムが取りづらく、BADハマりする危険性がある。☆11下位レベル。
  • 逆詐称
    • ☆10 Battle Train -IIDX Edition-(H) (copula)
      • 序盤の皿複合がやや難しいが、☆9中位〜上位レベルの譜面が続く。ノーツが多めなので体力配分には気をつけたいところ。☆9でも十分通用する譜面。
      • 初出のCS DJTでは☆9だった。
  • ☆10 Colorful Cookie(H) (EMPRESS)
    • 8分の同時押しが大部分を占める。軸押しが多少厄介だがラストの単押しで回復可能。☆9上位レベル。ただし密度や体力面はレベル相応にあるのと、(EX-)HARD時は、序盤にある高速9連皿があからさまなコンボカッターになっているので注意。
  • ☆10 Elisha(H) (SIRIUS)
    • CN以外は☆8下位レベル程度で叩きやすい乱打譜面であり、CNで難易度を上げている印象。そのCNも押しやすい配置で、後半やや崩しの地帯があるが致命傷にはならないか。ノマゲでも☆9上位〜☆10最下位レベルと思われる。難しいのは終盤だけで、HARDは完全に逆詐称。
  • ☆10 FIRE FIRE(H) (GOLD)
    • [SPN](☆7)同様、鍵盤と皿を同時にとる配置が多発するが、全体的に見ると譜面密度も高くなく、☆10としては逆詐称か。ただし皿複合が苦手なら厳しく、個人差も強く出る曲。RANDOMが有効。
    • DJTでは七段1曲目、tricoroとSPADAでは七段3曲目を務めていた。
  • ☆10 Godspeed(H) (copula)
    • ☆9のHCN曲と比較してもHCNの配置が素直。CNが苦手な人でも☆9レベルに感じる。無論EX-HARDは、HCNの性質上☆10妥当。
  • ☆10 neu(H) (tricoro)
    • 8分同時押しが中心で、所々に短い階段が混じる程度。中盤の皿複合や2鍵軸、終盤に交互乱打が出てくるものの、区間も短くどれも☆10にしては殺しといえるほどではない。☆9上位レベル。
    • なお、pop'nの[HYPER]とは若干譜面構成が変わっており、pop'nで譜面を覚えている人は中盤の皿複合や最後の16分乱打でうっかりミスを連発しないよう注意が必要。
  • ☆10 NEW SENSATION -もう、あなたしか見えない-(H) (SIRIUS)
    • 前半に速い階段や乱打があるものの、その他はCNこそあるが☆10としては簡単。ノマゲは☆9下位〜中位レベル。HARDは前述の難所のこともあるので☆9上位〜☆10最下位レベル。
  • ☆10 PHOTONGENIC(H) (GOLD)
    • CS 9thでは☆7(現在の☆7と☆8に相当)だったがACに移植された時は☆10となった曲。中盤に☆10レベルの難所があるが、そこさえ抜ければ後は回復。全体的に同時押し連打多めの体力譜面であるため個人差はあるが、ノマゲは☆9下位〜中位レベル。HARDは☆10最下位レベル。
    • ただし、先述の難所のためEX-HARDは若干注意か。
  • ☆10 SEQUENCE CAT(H) (SINOBUZ)
    • 階段→乱打→同時押しの構成だが、素直な配置で密度はそれほど高くなく☆10にしては簡単。階段が苦手ならRANDOMで崩すのもアリ。
  • ☆10 Snakey Kung-fu(H) (SINOBUZ)
    • 乱打譜面にHCNが混じる構成だが、HCNは単純な配置でこのレベルとしては回復地帯でしかなく、乱打自体も☆9上位〜☆10最下位レベル。HCNでゲージの維持がしやすいことを考えると☆9中位〜上位レベルの譜面と考えて差支えない。
  • ☆10 Thor's hammer(H) (tricoro)
    • 中盤の同色階段やラストの皿+147同時押し6連打が特徴的だが、単純な配置に収まっており☆9中位〜上位レベル、階段が苦手な場合でも☆10下位レベル。
  • ☆10 旋律のドグマ〜Misérables〜(H) (SPADA)
    • 非常に叩きやすい譜面。何度か短いBSSが来るものの難度には全くといって良いほど影響はなく、また道中も極端な殺しは全くない為ノマゲもHARDも逆詐称。ただし曲が長くノーツ数も1200ノーツを超えている為、挑戦レベルでは体力切れには注意。
  • ☆10 即席!脳直★ミュージックシステム(H) (tricoro)
    • 皿複合が多いが、☆10にしては密度が低く局地的な難所もない。☆9中位〜上位レベル。皿絡みが苦手でも☆10下位レベルの譜面。
  • ☆10 追想快晴テーマパーク(H) (copula)
    • 24分配置が特徴的だが、☆10といえる難所は特に無い、☆9中位〜上位レベルの乱打&同時譜面。
  • ☆10 ワルツ第17番 ト短調"大犬のワルツ"(H) (SIRIUS)
    • BPMこそ高速な上に微変動を繰り返すが、皿が1枚もないので鍵盤に集中でき、同時・階段ともに白鍵・黒鍵のみで構成されることが多いので見やすく打ちやすい。☆9中位〜☆10最下位レベル。
    • ただし、HARD以上は中盤のトリルに要注意。ズレると一瞬でゲージが蒸発するため、クリアだけならノマゲ推奨。
  • ☆10 Affection(A) (SINOBUZ)
    • 前半に少しCN+αがあるが、基本的に☆10にしては緩い乱打が続く譜面。
  • ☆10 bag(A) (9th)
    • 終始叩かされる譜面であるものの、テンポも遅くノーツも少なめということもあり逆詐称気味。所々連皿もあるが、それでも昨今の[ANOTHER]☆10の中では弱い方。
  • ☆10 Bloody Tears(IIDX EDITION)(A) (DistorteD)
    • [SPH](☆9)と大差無い譜面。あちらができるならこちらも苦戦しないはず。[SPH]よりも楽だという報告もある。
  • ☆10 BLUST OF WIND(A) (Resort Anthem)
    • CNは後半とラスト近くに少しあるだけ。中盤の12分連打+αと、ラスト近くの1+7のCN絡みの部分が少々厄介だが、全体的に☆9中位〜上位レベル。
  • ☆10 CROSSROAD(A) (GOLD)
    • 全体的には、8分同時押しがメインのリズムに忠実な譜面で、スコアも出しやすい。所々に連皿があり、ラストにも4連皿があるが、それさえ注意していれば☆9中位〜上位レベル。
  • ☆10 DAYDREAMER(A) (Resort Anthem)
    • [SPH](☆8)同様リズムはかなり素直。強烈な殺しもほとんど無く、☆9中位〜上位レベル。
  • ☆10 Dazzlin' Darlin -秋葉工房mix-(A) (SIRIUS)
    • 原曲のDazzlin' Darlin(A)(☆10)同様、ラストが少々厳しめではあるが、極端な難所は無い。☆9中位レベル。
  • ☆10 DM STAR 〜関西 energy style〜(A) (Resort Anthem)
    • 押しにくさという点では[SPH](☆9)それほど大きな差はなく、叩きやすい配置。ノーツ数は1206ノーツとやや多めだが、終盤は若干密度が下がるため、&color(orange){[SPH  ]};が安定してクリアできればこちらもそれほど苦戦しないだろう。
  • ☆10 Fantasia(A) (Resort Anthem)
    • 序盤と中盤の皿複合や同色階段地帯が難しいが、それ以外は十分回復でき、ラストも殺しがない為ノマゲクリアは簡単。☆9中位〜上位レベル。
  • ☆10 GENERATE feat.綾倉盟(A) (copula)
    • 全体を通して☆9中位〜上位レベルの平坦な乱打譜面。BPMも速くないので、多少の運指ゴリ押しでも追い付けるだろう。
  • ☆10 HAPPY☆ANGEL(A) (HAPPY SKY)
    • 配置が素直でやりやすい乱打譜面。☆10入門に適している。ただし、3連皿に注意。
  • ☆10 Keep it -秋葉工房mix-(A) (SIRIUS)
    • [SPH](☆9)と比べて大きく強化された部分は少なく、☆10としては弱いか。☆9中位〜上位レベル。ただし、[SPH]と大きく変わりないものの、ラストの皿絡みには要注意。
  • ☆10 LETHEBOLG 〜双神威に斬り咲けり〜(A) (Lincle)
    • 全体的にALFARSHEAR 〜双神威に廻る夢〜(A)(☆10)の中盤発狂を平たくして若干の物量を足したような譜面。[SPH](☆8)同様、初見HARDは中盤のトリル絡みやその後に1回だけ現れる16分3連打絡みに注意は必要だが、強烈なラス殺しがあるわけでもなく、ノマゲもHARDも☆9上位〜☆10最下位レベル。
  • ☆10 Mermaid girl(A) (Resort Anthem)
    • 同時押しメインの譜面で前半はレベル相応の難易度だが後半の8分軸以降急激に密度が下がるのでゲージを回復させやすい。ラストがリズムに合わせた白壁・青壁+皿と殺し気味だが、皿以外の配置は[SPH](☆8)より単純になっている。総合すると☆9中位〜上位レベル。
    • ただし物量はレベル相応にあり、RANDOMをかけると道中も難化しやすく、最後の壁の配置次第ではそこで落とされることもあるので、初見RANDOMは注意が必要か。
  • ☆10 MOON(A) (DistorteD)
    • [SPH](☆9)から50ノーツほどしか増えておらず、サビの階段はほぼ同じ。☆9中位〜上位レベル。階段が苦手ならRANDOMもアリだが、ハズレることがあるので注意。
  • ☆10 On My Wings (Hardstyle IIDX)(A) (PENDUAL)
    • 中盤の階段+皿がやや厄介だが、基本的に☆9レベルの乱打&同時譜面。
  • ☆10 OOO(A) (SINOBUZ)
    • 素直な乱打&同時譜面。☆9中位〜上位レベルの乱打譜面をある程度こなせるなら、この譜面も苦戦しないはず。
  • ☆10 Power of Love(A) (DistorteD)
    • リズムが変則的だが、突出した難所は無い。☆10入門にオススメ。
  • ☆10 Re:GENERATION(A) (tricoro)
    • 1鍵軸+単押しや16分乱打がメインで所々に皿との複合が見られる程度。ラストで回復できるので☆9で十分なレベル。HARDは最初のサビを逃げ切れば、間奏で回復できるのでこちらも☆10というほど強くない。
    • ただし、RANDOMだと大抵の場合難化するのでクリア狙いなら正規が無難。
  • ☆10 SAMSARA(A) (PENDUAL)
    • 低密度な繰り返しが多く☆10としては非常に緩い譜面。時々来る16分階段とラストには注意。ノマゲ、HARD共に☆9中位〜上位レベル。ただし、EX-HARDだと☆10の最下位レベルはあると見たほうが良いか。
  • ☆10 SCREAM THE LIFE FEAT.KYONO(A) (SINOBUZ)
    • ☆10としての難所はほぼ無し。強いていえばちょっと皿が取りにくいくらい。
  • ☆10 SINOBUZ Fantasy(A) (SINOBUZ)
    • ノーツはやや多いが、16分フレーズは[SPH](☆9)とあまり変わらず、皿の絡む同時押しもせいぜい☆9中位〜上位レベル程度。
  • ☆10 Sweet Clapper(A) (SINOBUZ)
    • 譜面のほとんどが8分の単純な同時押しで構成されている。多少皿が絡むが、高く見積もっても☆9中位レベル。
  • ☆10 Sweet Radar(A) (PENDUAL)
    • 全体を通じて単純な同時押しが続く。ノマゲ、HARDともに☆9レベル。
  • ☆10 Umbral(A) (SINOBUZ)
    • ☆10としては密度が低い乱打譜面。ラストの16分トリルが不安ならHARD推奨。
  • ☆10 Wheel of Journey(A) (copula)
    • ラストは若干密度が上がるが、それでも☆9中位〜上位レベル。☆9の高速譜面をしっかり触ってれば特に苦戦することもないだろう。
  • ☆10 朧(A) (tricoro)
    • 階段、同時、乱打が揃った癖の少ない☆10入門譜面。どの譜面オプションもオススメできる。☆9中位〜上位レベルがある程度できるようになって来る頃には、これもできるようになっているだろう。
  • ☆10 次葉-turn the page-(A) (SINOBUZ)
    • 全体的に☆10にしては密度が低い。同時押しにCNが絡む配置があるが複雑ではない。また、中盤のギターソロは階段だが短く押しやすいのでそこまで脅威ではない。
  • ☆10 月雪に舞う華のように(A) (SINOBUZ)
    • BPMが緩く密度も低め。32分配置とCN終点の配置に気をつければ☆9中位レベル。
  • ☆10 ヒマワリ(A) (HAPPY SKY)
    • [SPH](☆9)の配置を少し変えていくらかノーツを増やした程度で、終盤はラスト以外は[SPH]とほぼ同じ。ラストも[SPH]に少し手を加えたほどで[SPH]が☆9で妥当ならこちらも☆9上位レベルに収まるか。
  • ☆10 冬椿 ft. Kanae Asaba(A) (SINOBUZ)
    • サビで乱打、所々で階段というあまり個性の無い譜面。ノーツはやや多いが☆10らしき難所はほとんど無く、せいぜい☆9中位レベル。ただし、ノマゲはラストの皿絡みにやや注意。
  • ☆10 ¡Viva!(A) (SINOBUZ)
    • 道中は12分縦連やCN複合もあるが☆9中位レベル程度の譜面。終盤からやや密度が上がって同時メインの譜面になるが、☆10というほどではない。

☆11

  • 詐称
    • ☆11 perditus†paradisus(H) (Resort Anthem)
      • 要注意! 卑弥呼(H)(☆11)+moon_child(A)(☆12)を強化したような譜面が襲ってくる。開幕CNは[SPA](☆12)に比べるといくらか良心的ではあるものの、ラストが☆11にあるまじき対称配置+高速階段と強烈なラス殺しになっており、ゲージの種類・譜面オプションを問わず☆12レベル。
      • Resort Anthemでの最終クリアレートは35%であり、最近は30%以下になることが多い。
  • ☆11 Sense 2007(H) (GOLD)
    • ラストが[SPA](☆12)と全く同じで、ノマゲは☆12中位レベルの地雷。道中は局所難以外の箇所で回復できるため、HARDのほうが比較的楽ではあるが、中盤のブレイク前の発狂も非常に押しにくく、HARDでも☆11上位〜☆12下位レベルはあるか。
  • ☆11 ALBA -黎明-(A) (SPADA)
    • 高密度の皿複合、中盤のAlmagest(H)(☆11)やsakura storm(A)(☆12)と同程度のCN複合の階段乱打も厳しいが、特に終盤の高密度乱打が明らかに☆11を逸脱している。☆12レベル。
    • 1600ノーツを超えている乱打譜面なため、☆11としてはかなり体力を求められる部類でもある。クリアレートもSPADA☆11の中では低い部類である。
  • ☆11 B4U(BEMANI FOR YOU MIX)(A) (EMPRESS)
    • 現行ACのSP☆11最多ノーツ(1810ノーツ)。
    • RED ZONE(A)(☆11)を更に凶悪にした感じの譜面で、BPMの速さも相まって体力的にもかなり大変かと思われる。更にややラス殺し気味なため、ノマゲ・HARD共に☆11最上位〜☆12下位レベル。
    • EMPRESS(AC・CS両方)では、九段3曲目を務めていた。
  • ☆11 Battle Train -IIDX Edition-(A) (copula)
    • 曲が長い上、全体を通してほぼ休みのない☆11最上位レベルの乱打譜面。特に後半は密度が上がり、体力的にも厳しい。また、所々にある16分より細かいトリルがとりこぼしやすく、EX-HARDは注意。
  • ☆11 BLOCKS(A) (RED)
    • 終盤にColors(radio edit)(A)(☆12)を若干おとなしくしたようなトリル+αの発狂があり、HARDは☆12下位レベルはある。発狂後は回復だが30%程しか回復できないため、ノマゲも☆12下位レベル。
    • HAPPY SKYでは☆12であり、DistorteDで☆12→☆11に降格。
    • 正規は発狂が非常に押しにくいのでRANDOM推奨。
  • ☆11 Bounce Bounce Bounce(A) (Resort Anthem)
    • 序盤は縦連+皿が、終盤には連打は少なくなるものの高速連皿がたびたびくる譜面。Lincleで皿が改善されたものの☆11にしては少し厳しく、☆11上位〜☆12下位レベル。
    • Resort Anthem当時は新曲☆11の中でもクリアレートが低かった。
    • SPADAでは、九段2曲目を務めていた。
  • ☆11 Castle on the Moon(A) (Lincle)
    • 終盤の高密度乱打とラストの皿絡みの殺しが厳しい。前半は多少の回復はあるものの高密度乱打やトリル+皿でじわじわ削られやすく、HARDでも終盤までにゲージをキープするのは難しい。ノマゲ・HARD共に☆11最上位レベルの地力譜面。
  • ☆11 D(A) (SIRIUS)
    • ソフランが非常に激しいためソフランの暗記は必須。一応CNがある箇所でHI-SPEEDの切り替えが出来る。だが、真の難所はソフランではなく、ラストの連皿+BPM120の長い16分ゴミ付き縦連打。どちらにしろ☆11にしては厳しい難易度である。
  • ☆11 examination leave(A) (tricoro)
    • 総ノーツ数が1712ノーツと、Around The Galaxy(A)(☆11)とCookie Bouquets(A)(☆11)に次ぐ多さだが、尺は先述の2曲と比べてかなり短いため全体密度はかなり高く、配置自体も☆11としては嫌らしい所が多い。ゲージ問わず☆12下位レベル、物量譜面に慣れていなければもう少し上に感じうる。
  • ☆11 four pieces of heaven(A) (DJT)
    • 要注意! 前半は二重乱打+8分皿と明らかに詐称。中盤で十分回復できるが、終盤がA(A)(☆12)並み(もしくはそれ以上)の譜面となっているため、どちらにしてもノマゲ・HARD共に☆11は詐称。基本的にはRANDOM推奨。
    • 今作では、九段3曲目を務める。
  • ☆11 Giudecca(A) (8th)
    • 中盤とラストにやって来る13トリル+乱打+皿が非常に厄介。特に中盤にやって来る方は2小節に渡って降って来る上、皿絡みもしつこい為HARDは地雷。ノマゲでも☆12下位はあるか。局所殺しの都合上、1PはMIRROR推奨。
    • 8thでは、九段課題曲を務めていたが、当時は他の曲と比較してもかなり難しい方だった。
  • ☆11 Just a Little Smile(A) (EMPRESS)
    • 終盤の皿地帯が長く、極悪であるので要注意。皿が苦手な場合、☆11でノマゲ・HARDともに最後まで残ることも多い1曲だが、逆に皿絡みが得意なら☆11上位レベルで妥当に感じるかも。1PはMIRRORでやると多少楽か。
    • PENDUALでは、九段2曲目を務めていた。
  • ☆11 Macuilxochitl(A) (SINOBUZ)
    • 曲が1分50秒弱と比較的短いにも関わらず1677ノーツと物量がかなり多く、終始☆11最上位〜☆12下位レベルの密度が続く。ゲージ問わず☆11適正ではかなり厳しい。
  • ☆11 naughty girl@Queen's Palace† (EMPRESS)
    • 皿と一緒に叩かされる鍵盤量が[SPA](☆11)より増加。中盤に☆11を逸脱した連皿複合があり、HARDは☆12レベル。中盤をギリギリで抜けると終盤で落ちてしまいやすい。
    • その終盤も[SPA]よりかなり押しにくくなっており、個人差はあるもののノマゲでも☆11最上位〜☆12最下位はあるだろう。[SPA]より3連皿が少し増えているので注意。
    • ちなみに皿の枚数が[SPA]よりも5枚少ない。
  • ☆11 New Decade IIDX Edition(A) (tricoro)
    • BPM200の高速に声ネタ連皿、縦連打、トリル、デニムなど、ミスが細かく蓄積する局所難が多く盛り込まれており、HARDは地雷。終盤も☆12下位レベルの高密度乱打に加え、白鍵盤の二重トリルがラス殺しとなっているため、ノマゲも安定させづらくギリギリ☆12レベル。
  • ☆11 SABER WING(A) (Resort Anthem)
    • 序盤に何度もある疑似停止や、高速から一転して急に詰まった配置となる中盤の低速地帯など、かなり初見殺しな配置が多く覚えゲーな要素が強い曲である。ただ、覚えた所で道中の同時押しがかなり高密度で、かつラス殺しも☆11としてはかなり押しづらくきつい部類なのでノマゲ・HARD共に☆12レベルと考えてよい。
  • ☆11 V2(A) (EMPRESS)
    • 現行ACのSP☆11最多ノーツ(1810ノーツ)。
    • 序盤から中盤にかけてデニム→皿の絡む同時押し乱打→デニムの配置がある。HARDだと皆伝でも落ちることがあり、V(A)(☆12)と大差ないレベルの地雷。ノマゲも☆11最上位〜☆12下位レベル。
  • ☆11 You'll say "Now!"(A) (EMPRESS)
    • 終盤が☆11にしては難しい配置で、特に隣接トリルが絡むところが難しい。その後もほとんど回復が無い。ノマゲはBLOCKS(A)(☆11)と同等の☆12下位レベル。
  • ☆11 532nm(A) (Lincle)
    • 前半に、quasar(A)(☆11)の発狂を速くして皿を足したような乱打や複合トリル+皿、とかなりの発狂が降ってくる。中盤で十分回復できるが、終盤も前半と似たような発狂であり、ノマゲ・HARD共に☆11は詐称。
  • ☆11 旅人リラン(A) (Resort Anthem)
    • 序盤から微縦連・同時押しのオンパレードでかなりの地力を要求される。中盤には縦連の絡む発狂もありHARDは☆12下位〜中位レベル。ノマゲは最後で回復できるが☆11最上位〜☆12下位レベル。
    • tricoroとSPADAとSINOBUZでは九段課題曲を務めていた。
  • 逆詐称
    • ☆11 Believe In Me(A) (Resort Anthem)
      • 序盤と中盤の皿がらみが少し難しいだけで、☆11にしては素直な譜面。ノマゲは☆10中位レベル、HARDでも☆10上位レベル程度か。
  • ☆11 Blind Justice 〜Torn souls, Hurt Faiths〜(A) (GOLD)
    • 大半が☆10下位〜中位レベル相当の配置で、終盤だけ密度が上がる箇所がある。この部分が得意なら☆10レベルの逆詐称、苦手でも☆11下位レベル。縦2連打の連続がない分、[SPH](☆8)よりラストが楽だという人も。
  • ☆11 BROKEN EDEN(A) (Resort Anthem)
    • ☆11にしては譜面の密度が低く、☆10上位レベル程度。ただし、序盤に二重階段が何度か降ってきたり、最後に曲が終了したかと思うと同時押しの縦連打が2度降ってきたりするので、初見は注意。
  • ☆11 COLOSSEUM(A) (PENDUAL)
    • 全体的に☆11にしては弱い。終盤はやや密度高めだが3連符なのでそこまできつくない。☆10上位レベル。
  • ☆11 D.C.fish(A) (DistorteD)
    • 全体的に☆11としては密度も低く、道中に何回かあるトリル絡みが若干ややこしいだけ。ノマゲ・HARDともに☆10上位〜☆11最下位レベルで通用する逆詐称曲で、トリル絡みが苦手でも☆11下位レベルと思われる。
  • ☆11 Destiny Sword(A) (Resort Anthem)
    • 特にこれといった難所もなく、他の☆11楽曲と比べても譜面の密度が低め。 ノマゲ・HARD共に☆10上位レベル程度。
  • ☆11 Erosion Mark(A) (PENDUAL)
    • 前半は隣接配置や軸押しを考慮しても☆9上位レベル程度、中盤から押しにくい小階段等の複合が更に降って来るが、それでも☆10レベル程度の密度しかなく、☆11という程の発狂地帯もない。総ノーツ数も1096ノーツと、☆11としては物足りない。
  • ☆11 KEY(A) (RED)
    • テンポが速く、ノーツ数も多いが☆11といえる要素はそれくらい。全体的に☆11としては率直な同時押し譜面なので、ノマゲ・HARD共に☆10上位〜☆11最下位レベル。ただし、体力だけはレベル相応に要求されるので、スタミナ切れには注意。
  • ☆11 KHAMEN BREAK(A) (SPADA)
    • 序盤の同時押し地帯や中盤の裏拍の皿絡みが少々厄介だが、特に☆11らしい発狂はあまり見られず、前述の難所以外は☆10中位レベル程度の平べったい譜面。終盤も24分階段はあれど殺し要素は弱く、ノマゲは☆10中位〜上位レベルで、HARDは☆10上位〜☆11下位レベル。
  • ☆11 Love Is Eternity(A) (10th)
    • 道中はたまに絡んでくる皿がやや取りづらいが、☆11としては密度が低い。HARDは☆10上位レベル。ラストが若干難しいものの、ノマゲは☆11最下位レベルか。
  • ☆11 PENDUAL TALISMAN(A) (PENDUAL)
    • 前半のBPM160地帯はほとんどが8分同時押しで☆11にしてはさほど複雑でない。BPM150地帯(KAIROS IN THE SPACE TIME)に入ってからも☆11としては若干物足りない密度。ノマゲなら無理やりギアチェンすれば問題なく捌けると思われる。☆10上位レベル程度か。
  • ☆11 Raison d'être〜交差する宿命〜(A) (SIRIUS)
    • 密度的には[SPH](☆10)の強化版だが、それでも求められる地力は☆11レベルとは言い難い。ラストにはわずかだが回復もあり、ノマゲ・HARD共に☆10上位レベルでも十分通じる。
    • ただし、[SPH]以下にはあったソフラン直後の空白がノーツで埋められており、HI-SPEED調整が難しくなっているので注意。
    • Resort Anthemでは、九段1曲目を務めていた。
  • ☆11 refractive index(A) (SPADA)
    • ノーツ数はそれなりにあるが、☆11としては全体的に譜面の密度が低め。乱打が捌ければノマゲは☆10上位レベルに感じるか。HARDでも☆10上位〜☆11最下位レベルではあるが、中盤〜終盤の縦連打に注意。
    • クリアレートは☆11中最高クラス。
  • ☆11 Rock Da House(A) (Resort Anthem)
    • HARDは序盤の皿複合と終盤の階段複合に、ノマゲはラストの若干押しにくい皿複合に注意。だが、それでも☆11らしい配置は無いに等しく、☆10でも通用するレベル。苦手要素がある場合でも、☆10上位レベル程度で十分と思われる。
  • ☆11 ROTTERDAM SHOGUN(SINOBUZ)
    • ☆10上位レベルの高速譜面として十分通用する譜面。やや独特なCN・BSSが苦手だとしても、HARDは☆11最下位レベル。
    • 初見や慣れるまでは戸惑うが事故率なら同タイプのrottel-da-sun(A)(☆10)の方がよほど怖い。変則的なCNも中盤までなのでノマゲならクリアに影響しない。
  • ☆11 Take It Easy(A) (6th)
    • 全体的に[SPH](☆10)にオカズがついた程度(53ノーツしか増えていない)で、譜面自体もBPMは205と速いがほぼ8分のみで、4つ以上の同時押しはほとんどない。難所はラスト3小節の7軸の同時押しくらいだがノマゲは地味に事故死がしやすく、(EX-)HARD時は開幕と後半のトリルに注意か。☆10上位〜☆11最下位レベル。
  • ☆11 (This Is Not) The Angels(A) (SINOBUZ)
    • 擬似停止、減速がいくつかあるので初見はEASY、ノマゲ推奨。停止と減速の位置を把握できれば☆10中位〜上位レベルほどの譜面。ただしラストに☆10上位〜☆11下位レベルの皿+同時押しからの二重乱打のやや押しにくいラッシュがあるので擬似停止、減速の位置を覚えてかつ道中安定するならHARD推奨。
  • ☆11 恋は白帯、サンシロー† (PENDUAL)
    • [SPA](☆9)にそのままノーツを多少増やした譜面で、全体的に☆11としては弱い。偏った配置が無くなったので、人によってはこっちの方がスコア出しやすいかも。
  • ☆11 全力 SPECIAL VACATION!!〜限りある休日〜(A) (PENDUAL)
    • Blind Justice 〜Torn souls, Hurt Faiths〜(A)(☆11)と似たような難度・譜面傾向で、前半は☆10でも弱いほどの密度・配置が続く。後半は密度が上がり終始16分階段メインとなるが、それでも☆10上位レベルで通用する難度。
  • ☆11 牧神笛吹きて(A) (SPADA)
    • 癖のある譜面が多いSPADA☆11の中では珍しく癖が少ない。全体的に密度が低く、休憩地帯もいくつかありゲージの維持は容易。終盤は密度が上がり皿も絡むがそれでも☆11では弱い方であり、ノマゲは☆10上位〜☆11最下位レベル、HARDは☆10中位〜上位レベル。
    • 十分な地力があればHARDの方がクリアは安定するだろう。

☆12

  • 逆詐称
  • ☆12 A(A) (7th)
    • 全体的に☆12としては弱く、一部の☆11と比べるとノマゲもHARDも簡単である。終盤の高速階段が少し難しいが、four pieces of heaven(A)(☆11)と比べるとまだ押しやすい配置になっている。☆11上位レベル。
    • 7th〜9thでは十段課題曲を勤めていた。 
  • ☆12 Ristaccia(A) (DJT)
    • 螺旋階段や8分同時押し、皿複合や12分などを含んだ総合的な譜面となっているが、後半の12分地帯で少し難しくなるだけで全体的に弱く、☆11上位レベル。苦手要素がある場合でも☆12下位レベルに留まる。
  • ☆12 SPECIAL SUMMER CAMPAIGN!(A) (Resort Anthem)
    • 全体的に密度だけ見れば☆12下位レベルだが、要求される技術面は☆11でも通用するほど弱い。ただ序盤は少し密度のある鍵盤+皿と、適正でないと難しい場所もある。初見では驚かされる歯抜けデニムも分かれば押しやすい。ノマゲもHARDも実質☆11中位レベル。
  • ☆12準上位譜面(一時テスト目的で追加、及び中伝クラスの譜面が基準。詳細追加、及び強化を求む)
  • ☆12 Bad Maniacs(A) (SIRIUS)
    • 195BPMの速さで16分を含む同時押しが連発する。終盤の発狂から押しづらくなり、そこでゲージが削られてしまう。HARD推奨だが道中でも注意が必要。ノマゲだと終盤の発狂のせいで☆12上位レベル。
    • Resort Anthemでは、皆伝1曲目を務めていた。
  • ☆12 Close the World feat.a☆ru†LEGGENDARIA (SPADA)
    • ☆12上位レベルの高密度乱打譜面。ハットの5連皿に注意。
  • ☆12 Despair of ELFERIA(A) (PENDUAL)
    • 基本は高速同時押し譜面だが、複合階段や24分配置でゲージを削られやすい。ノート数も2000以上と多い。
  • ☆12 Devil's Gear(A) (copula)
    • 皿複合譜面。ラストの軸押しからのトリルの殺しが厄介。HARDも道中の押しづらい配置に気をつけたいところ。
  • ☆12 DORNWALD 〜Junge〜(A) (SINOBUZ)
    • 中盤の12分二重階段から押しづらくなる。中盤以降からは24分を混ぜたグリッサンド→12分微縦連打→複数の二重トリル→皿を含めた階段+1バス→1軸+24分と16分を混ぜた階段+皿のラス殺し、の構成になっている。ノマゲは回復はあるもののラス殺しには注意、HARDも一筋縄には行かない。
  • ☆12 HAERETICUS(A) (Lincle)
    • 同時収録機種のREFLECでは超難関曲として有名だが、IIDXでも中々の難易度を誇る。序盤はたまに絡んでくる皿に208BPMの12分を弾かなければならないうえ、同時押しも多発する。中盤のピアノ地帯では回復できるが、12分の小階段が含まれるので要注意。終盤のサビは高密度になり、ノマゲは☆12の中では強い。HARDはサビの局所発狂に注意。ノーツ数は1589ノーツと少なめだが、実際の曲の長さは1分40秒、及び密度はほぼ16notes/secとかなり高密度。
  • ☆12 MENDES(A) (DJT)
    • 家庭用に存在し、IIDX史上最も「どうしようもないもの」とされる(通称)黒譜面の陰に隠れがちだが、[SPA]もACでプレイ可能な☆12の中ではかなりの高密度譜面。
    • 序盤は癖が付きやすいバス+螺旋を混ぜたグリッサンドが入っており、HARDはそこが第一の鬼門。中盤以降からは回復できるが、サビからの押しづらい配置に要注意。ノマゲだと100%までゲージを溜めてもボーダーに届かない程ガリガリ削られてしまう。RANDOMを使うのもアリだが、序盤と終盤の配置が両方当たるとは限らない為、一長一短。
    • DJTとEMPRESSでは皆伝課題曲であり、copulaで中伝が新設されてから、INFINITASを含め中伝課題曲を務める。(copulaとINFINITASでは3曲目、SINOBUZと今作ではボス)
  • ☆12 quell -the seventh slave-(A) (SIRIUS)
    • 序盤、中盤と終盤にある32分グリッサンドが一番の鬼門。曲の長さが約1分40秒と短めなためか、平均密度は16.46notes/secとかなり高密度。ノマゲ、HARD共に☆12にしては強く、特にRANDOMをかけると難化しやすいため、正規orMIRROR推奨、又はR-RANDOMでも可。
    • SIRIUSとCS DistorteDでは皆伝1曲目であり、INFINITASでは中伝2曲目を務める。
  • ☆12 SOLID STATE SQUAD† (SIRIUS)
    • [SPA](☆12)から中盤の軸押し地帯の後がかなり強化されている。トリルのゴミが増え、終盤の乱打にはHCNが絡むためゲージ維持・回復が難しくなっている。
  • ☆12 Triple Counter(A) (copula)
    • ノーツ数は2016ノーツと多く、平均密度も16.21notes/secと高い。216BPMの速さで8分同時押しが襲い掛かり、それらに16分も混じっている。転調後のBメロ地帯からはその同時押し+16分小階段が長く続くため、ノマゲは中々の難易度を誇る。HARDもある程度の体力が必要。
  • ☆12 Zirkfied(A) (tricoro)
    • ラストが1+2+4+6+7を12分(BPM157.5での16分に相当)間隔で7連打というこれまでに類を見ないラス殺し。クリア狙いなら激しくHARD推奨だが、道中もこの速さで12分の歯抜けデニムなど高密度の局所難が多くゲージを維持しにくく、また、HARDでも道中のゲージ推移によっては先述のラス殺しが脅威となりうるため突破難度はかなり高い。しかし、全体で見れば回復地帯も多いので、そこを大事にしつつ局所発狂はがんばって耐えたいところ。
  • ☆12 199024club -Re:BounceKiller-(A) (copula)
    • Digitank System(A)(☆11)を高速化したような譜面。24分皿も追加されている。
    • 終盤に向かうに連れて鍵盤密度も上がっていき、ラスト6小節が強烈な殺しになっている。どちらかといえばHARDの方が難易度は低いが、道中で削られるようではラストを抜けることは到底できない。
  • ☆12 音楽(A) (tricoro)
    • 移植元のpop'nと比べると大人しくなっているが、代わりに局所難譜面になっている。いきなりの「産卵地帯」に踏まえ、道中の縦連打が長く続く。移植元における最大の難関だった「どうしようもないもの」は押しづらい長発狂として襲い掛かり、ラストの縦連打も要注意。BPM変化も踏まえると、ノマゲ、HARD共に中々の難易度を持つ。
  • ☆12 天空の夜明け(A) (Lincle)
    • 総ノーツ数2072ノーツの物量譜面で、曲の終わりまで休憩がほとんどない。右に寄ってる配置が多く、終盤には歯抜けデニムもあるのでRANDOM推奨。
    • tricoroでは、皆伝2曲目を務めていた。
  • ☆12 ピアノ協奏曲第1番“蠍火”(A) (RED)
    • BPMが165〜188の間で細かく変化し、終始16分階段と縦連打が続く。ノマゲはラストの縦連打発狂前までゲージを100%まで保っていてもその発狂地帯で一気に削られやすい。HARDも道中の縦連打地帯と皿が絡んだ階段を耐えないと最後までゲージを保つ事が出来ない。
    • HAPPY SKYとEMPRESSでは十段3曲目であり、SINOBUZでは中伝1曲目であり、DistorteD〜DJTでは皆伝課題曲を務めていた。
  • ☆12上位譜面
    • ☆12の上位譜面・最上位譜面は癖のつきやすいものが多く、クリア狙い、スコア狙いともに正規及びMIRRORでの粘着は厳禁(特に段位認定では譜面オプションをかけられないため要注意)。
  • ☆12 Almagest(A) (SIRIUS)
    • [DPA](☆12)ほどひどくはないものの、CN絡みやCN前の発狂はかなり高密度で押しにくい。[SPH](☆11)と同様にCN絡みを抜ければ回復の余地は一応あるが、CN絡みで削られすぎていると回復が間に合わないため、ノマゲでも☆12中位〜上位レベル。
    • HARDは先述の発狂を耐えきらなければならない上に序盤の物量地帯でもゲージが削られやすいため、CNが苦手でなくとも一筋縄ではいかない難易度を誇る。
    • ACでは段位認定に選出されたことはないが、INFINITASでは中伝ボスを務める。
  • ☆12 Ancient Scapes†LEGGENDARIA (SPADA)
    • ノーツ数は2198ノーツ、平均密度は約17.31notes/secとかなりの物量譜面。皿が取りづらく、1,3トリルも多々ある。
  • ☆12 BLACK.by X-Cross Fade(A) (Lincle)
    • 灼熱Beach Side Bunny(A)(☆12)ほど皿の枚数は多くなく(521枚)、連皿の間隔は16分までであるもののBPMが163と既存の皿主体曲の中でも速く、曲のほぼ全体を通してそこそこ濃い密度の鍵盤に絡む連皿でプレーヤーの体力を容赦なく奪ってくる。
  • ☆12 Blue Spring Express(A) (copula)
    • 終盤から難易度が上がり、しつこい連皿や二重階段や高密度発狂、そして32分階段+αのラス殺し。道中も取りこぼしやすい32分階段があるので、HARDゲージの維持も容易ではない。
  • ☆12 CHRONO DIVER -NORNIR-† (PENDUAL)
    • 現行ACのSPノーツ第3位(2233ノーツ)。
    • 常に軸を押しながら同時押しやトリルが絡む物量譜面。平均密度が約18.50notes/secとSigmund†LEGGENDARIA(☆12)とほぼ同値であるため非常に疲れやすい。
  • ☆12 Chrono Diver -PENDULUMs-(A) (PENDUAL)
    • 現行ACの[SPA]最多ノーツ & SPノーツ第5位(2222ノーツ)。
    • 物量もさることながら、中盤にデニムや12分縦連混じりトリル、後半に混フレや二重階段といった様々な要素が高BPMで降ってくる。
    • 4th KACファイナリスト(3位)も初見(4th KAC決勝では正規縛りであった)でBP125を出した凶悪譜面。
  • ☆12 Confiserie(A) (tricoro)
    • 卑弥呼(A)(☆12)終盤のような二重階段が多く、そこに皿も絡んでくるためコンボを切らしやすい。中盤も2連打を交えた乱打や軸などがありゲージ維持が難しく、78小節目は34notes/sec超えの皿+鍵盤という超絶発狂。1分46秒という曲の短さゆえに平均密度は約17.29notes/secと、それまで最高を誇っていたAlmagest(A)(☆12)を大幅に上回っているため、上位譜面と並ぶ地力が求められる。
  • ☆12 Dynamite(A) (copula)
    • 全体にかけてBSSを含むBPM100の16分皿+軸+αが配置されていて、一部軸にCNを挟むため、非常に押しにくい。ラスト前も鍵盤が高密度なため、ノマゲ、HARD共にかなりの難易度を誇る。
  • ☆12 EBONY & IVORY† (PENDUAL)
    • 休みの無い物量譜面な上、24分トリルやCN配置もあり明確な回復地帯があまり存在しない。中盤では減速し、リズムの分かりづらい高速トリルでHARD以上では削られやすい。終盤では二重階段が4小節も続き、ラストは皿と同時押しの殺し。
    • 二重階段にはRANDOMがかなり有効だが、トリルが難化する可能性があるのが悩みどころ。もちろんノマゲ狙いならRANDOM一択である。
  • ☆12 ECHIDNA(A) (SINOBUZ)
    • 全体的にHCNが多いが、特に中盤とラストのHCN複合が高密度で、HCN自体も切れ目が分かりにくく認識難。
    • CN以外にも、デニムやゴミ付き24分階段等の難所が多くゲージの維持が難しい。個人差もやや強く、人によっては最上位に食い込む。
  • ☆12 Elemental Creation(A) (tricoro)
    • 総ノーツ数は2130ノーツで、曲のほぼ全体を通して物量で押してくる上、尺も2分を超える超体力譜面。中盤にブレイク地帯は一応あるが、そのブレイク明けにBPM212での16分連皿や16分縦連でゲージと体力を奪いに来る。そして終盤はこの速さで二重階段やプチデニムが何度も押し寄せてくる極めて強烈なラス殺し。
  • ☆12 GuNGNiR(A) (SINOBUZ)
    • 「Sigmund」と同じ作曲者だけあって譜面傾向も近い。BPMは222と更に速くなったにも関わらず24分階段はもちろん、皿絡み発狂は健在。ノーツ数も2081ノーツと更に多い。HARDはSigmund(A)(☆12)に引けを取らず、☆12上位レベル。
    • ただし、終盤で若干回復できる為、ノマゲはSigmund(A)よりはやや簡単だが、1ヶ所8分の皿同時ラッシュ、ラストに1357CN+BSSという配置があり、アウトロ突入時にある程度ゲージが残っていないとボーダーを超えるのは難しい。
  • ☆12 invoker†LEGGENDARIA (SPADA)
    • 前半は微縦連が追加されコンボが途切れやすくなった。そして[DPA](☆12)の特権であった皿が多く追加され、その数231枚。ラス殺しであるためHARD推奨。しかし、道中の皿絡み地帯の皿は取りにくい為、皿絡みが主体の譜面で練習をしておくと良い。
  • ☆12 KAISER PHOENIX(A) (SPADA)
    • 軸、二重階段、トリル、そしていちいち混ざる縦連と多彩な全体難譜面。最初の軸+同時押しを過ぎれば回復地帯がほとんどない多彩な全体難譜面で、中盤の皿+トリル+乱打の発狂を越えれば再び軸+同時押しで回復できるものの、その後に軸、トリル絡みの発狂や二重階段、そしてラストにはデニムからの白壁と青壁の3連打のラス殺しになっている。どのオプションでも崩されやすく、ノマゲもHARDもゲージを非常に維持しにくい。
  • ☆12 NZM(A) (copula)
    • 全体難。前半は縦連含む局所発狂と二重階段、中盤のperditus†paradisus(A)(☆12)の開幕CNを大幅強化したような多重HCN、後半は高速階段からの高速乱打、裏拍声皿+螺旋配置、高速乱打からのAlmagest (HCN Ver.)(A)(☆12)と同等のHCN絡みからのHCN+軸発狂からのラス殺しとゲージを維持しにくく、ラス殺しも相まってノマゲ、HARD共に非常に難しい。特に中盤の多重HCNは1本でも離してしまうとゲージが一気に減るのでCN、HCN苦手な人やHARD以上は要注意。
  • ☆12 PARADISE LOST(A) (Resort Anthem)
    • EXUSIA(A)(☆12)に皿を足したような高速乱打譜面。軸と皿複合の崩し要素に加えて高速なこともあり、利き手や運指による当たり外れが非常に大きい。
  • ☆12 perditus†paradisus(A) (Resort Anthem)
    • 開幕から凶悪なCNが降ってくる上、その後もひたすら高密度の24分混じりの階段を捌かねばならない。またラストは更に密度が上がり、これがとどめのラス殺しになっている。
    • Lincleでは皆伝2曲目であり、copulaとSINOBUZでは皆伝1曲目を務めていた。
  • ☆12 Quakes(A) (SINOBUZ)
    • ラス殺し。HARDは中盤の微縦連以降あまり回復できるところが無く、終盤の難所に備えてある程度ゲージを残せる地力が必要。ノマゲもHARDも☆12上位レベルに位置する。
  • ☆12 Reflux(A) (PENDUAL)
    • CNとBSSが多い特殊譜面。連皿、連続BSS、階段配置のCNといった片手処理が重要とされており、人によってかなり癖が付きやすく特に正規系は粘着厳禁。
    • copulaで中伝が新設されてから、3作連続で中伝課題曲を務めている。(copulaとSINOBUZでは2曲目、今作では3曲目)
  • ☆12 Sigmund(A) (SPADA)
    • 序盤と終盤ではBPM200の16分連続階段と螺旋階段に細かい1バス連打やトリル・短い連皿が絡んだ配置が降り注ぎ、中盤の12分地帯では3小節にまたがる長い連皿や二重階段も登場する。その上から来る階段+軸・皿・高速トリルによるラス殺しのせいでノマゲは☆12の中でもかなり上位。またノーツ数自体も2000ノーツを超えているうえ、休憩のまったくない高密度配置による事故の起きやすさも相まって、HARDでもやはり☆12上位レベルに位置する。なおCN配置は少なく、複雑ではない。
  • ☆12 VANESSA† (GOLD)
    • 終始二重乱打や二重階段に連打や皿が絡んだ高密度かつ押しにくい譜面が降り続ける全体難譜面。またサビ前の三重連打、ブレイク前の24分トリル+デニム、ラス殺しの三重乱打まで存在しとにかく隙がない。ノマゲ・HARD共最後まで気の抜けない譜面構成となっている。
    • 尺が1分30秒とかなり短いわりに総ノーツ数は1771ノーツとかなり多いため、平均密度は約19.51notes/secと極めて高い。ちなみに、ACではVerflucht†LEGGENDARIA(☆12)の登場まで実に約6年半もの間、平均密度でこれを上回る譜面は現れなかった。このことからも、CS GOLD登場当初としては規格外だったことがうかがえる。
    • 初出はCS GOLDの皆伝3曲目であり、当時は段位認定専用譜面だった。のちにCS EMPRESSに黒譜面として収録され、いつでもプレイできるようになった。
  • ☆12 Verflucht(A) (SPADA)
    • トリルと階段地帯が中心の全体難な構成。地力が不足してる人は、中盤の二重階段ラッシュで一気に削られてしまいやすいので、HARDは要注意。終盤は回復しやすいものの、地力が足りないと事故死しやすいので要注意。
  • ☆12 駅猫のワルツ(A) (copula)
    • DIAVOLO(A)(☆12)とThor's Hammer(A)(☆12)を足して2で割ったような譜面。BPM282という高速で16分や24分の鍵盤が大量に来る。中盤には高速階段→トリル、ラストには度胸坂→皿混じりの高速乱打とそれぞれ難所があるため、ノマゲ、HARD共に上位レベルの譜面。
  • ☆12 焔極OVERKILL(A) (SINOBUZ)
    • 中盤の連皿地帯と、ラストの二重階段とトリルの殺しが鬼門。また、微縦連や24分階段など地味に取りこぼしやすい配置も多い。RANDOM推奨。
  • ☆12 共鳴遊戯の華(A) (PENDUAL)
    • 2000ノーツの体力譜面。Almagest(A)(☆12)と似た傾向の譜面であり、CNに階段や縦連混じりの乱打が難所。中盤を抜けても、体力が削れているところからの高速乱打を捌かなければならない。
  • ☆12 真 地獄超特急 -HELL or HELL-(A) (copula)
    • BLACK.by X-Cross Fade(A)(☆12)に近い皿譜面。前半は連皿主体、中盤はHCN絡みの連皿が強烈で、その後にもHCN+軸・乱打などがありゲージの維持が容易ではない。ラストの連皿は8分同時押し主体なものの、鍵盤密度が高い。
  • ☆12 超青少年ノ為ノ超多幸ナ超古典的超舞曲† (PENDUAL)
    • [SPA](☆11)の強化版。序盤と中盤にLiberation(A)(☆12)のような32分トリル+αが降ってくる。道中はやや高密度の階段乱打でパート終端に32分が混じる。中盤の二重トリル地帯に乱打が追加され、歯抜けデニムのような譜面になっていて、RANDOMで外れると非常に押しにくくなる。その後は32分トリル+αからの前半と同様だが、ラスト8小節で一気に密度が上がり、超高密度で非常に認識しにくく、二重階段+αなので非常に押しにくい。RANDOMで中盤終盤共に割れて易化することがあるが、ノマゲとHARDも相応の地力と認識力が必要。そして乱打譜面+終盤超高密度で2110ノーツと体力もかなり必要。
  • ☆12 嘆きの樹(A) (DistorteD)
    • ACにおいては、PENDUALまで(A)(☆12)とともにSP皆伝の皆勤賞を誇っていた曲。総ノーツ数も(A)と同じ2000ノーツ。
    • 序盤は☆12にしてはおとなしめだが、中盤で皿絡みの歯抜けデニムや、16分が複雑に絡んだ24分大螺旋階段などが殺しにかかってくる。その後に回復できる地帯は一応あるが、ラストにも皿絡みの歯抜けデニムがあり、強烈なラス殺しになっている。
    • 正規譜面の癖のつきやすさは「☆12上位譜面」の中でも随一なので、間違っても正規及びMIRRORでの粘着はしないこと。
    • Distorted〜PENDUALでは皆伝課題曲であり、今作では3作ぶりに皆伝1曲目を務める。
  • ☆12 煉獄のエルフェリア(A) (SPADA)
    • 総ノーツ数は2000ノーツとかなりの物量譜面。全体的に12分の縦連や二重階段が多い。中盤の16分の皿複合+二重階段の発狂が最大の難所となる。それを乗り越えてもラス殺しが存在するためノマゲも油断ならない。
  • ☆12 IX(A) (SPADA)
    • BPM198と高速な上ノーツ数が多く(2007ノーツ)、皿の数も134枚と多い。配置も連皿を処理しつつの35トリルや、高密度の発狂、複雑なCN地帯などと他の☆12上位譜面に劣らない。更に97小節目に1+7の二重軸、99小節目には連皿+16分白鍵盤同色階段が降ってくるなど強烈なラス殺し。そこだけでゲージが大きく削られる場合はHARD推奨だが、道中にも高密度な発狂地帯があり決して楽ではない。両サイド共に正規は外れの為、RANDOM推奨。
  • ☆12最上位譜面
  • ☆12 DIAVOLO(A) (Lincle)
    • 序盤は☆11でも通用するほど簡単だが、中盤の3連符地帯から難度が跳ね上がり、そこを抜けて以降は24分、32分、48分のノーツが超高速トリル、超高速大階段(通称:度胸坂)など様々な形で襲い掛かってくる。
    • 更にラストは48分超高速大螺旋階段と同時押しにすら見える48分小階段による強烈なラス殺しのため激しくHARD推奨だが、それでも突破難度はかなり上位。DJ LEVEL AAA取得最難関クラスとの呼び声も高い譜面で、ノマゲは当然核地雷
    • 正規譜面は癖がつきやすいとされるものが多い「☆12最上位譜面」の中では珍しく、RANDOM系は「度胸坂」が崩れて求められる認識力が跳ね上がる為非推奨だが、R-RANDOMは若干当たり配置が出やすい。ただし、正規譜面は癖がつきやすいのはこの曲も例外ではないので過度な粘着は厳禁。
  • ☆12 Feel The Beat†LEGGENDARIA (SPADA)
    • 現行ACのSPノーツ第4位(2225ノーツ)。
    • 前半2回に分けてとても高密度で見切りにくい皿絡みの超発狂が降って来る。HARDは特に危険。平均密度も約17.94notes/secとSigmund†LEGGENDARIA(☆12)に次ぐ高さで、体力も必須。
    • ノマゲ以下は後半が回復のためHARDより幾分難易度は落ちるが、それでも終盤にある皿絡み発狂4小節である程度ゲージを残した上で、ラストで回復する必要がある。
  • ☆12 Go Ahead!!(A) (SINOBUZ)
    • Go Beyond!!(A)(☆12)と似たような譜面傾向で、中盤には二重階段メインの平均27.47ノーツ/sの縦連・皿混じり超発狂が襲いかかって来る。RANDOM推奨。
    • また発狂後の回復が少なめで、ノマゲでも発狂地帯でゲージをある程度残せなければクリアは厳しい。もちろんHARD以上ではこの発狂を耐えなければいけないため、Go Beyond!!(A)(☆12)と同様に最難関クラスの難易度を誇る。
    • 発狂後からラストまでを、85%以上GREAT以上で、なおかつ繋ぐことが出来ればゲージは約60%回復する。そのため、A-EASYの場合は発狂後だけでもクリアに届く可能性はある。EASY以上なら最低でも20%程度がノルマ。
  • ☆12 ICARUS†(A) (DJT)
    • 譜面傾向が(A)(☆12)ととても似ており、中盤で低速から基本BPM以上に加速する皿+縦連複合の高密度大発狂→回復地帯、の構成となっている。基本BPMは176であるものの加速地帯のBPMが126〜251BPMと(A)と比べて更に早く、高BPM発狂地帯の密度もこちらのほうが上。加速時の皿複合+2鍵連打で癖が付きやすく、201BPM以降でもそれらが高密度とともに容赦なく続くため非常に難易度が高い。
    • 発狂地帯の後はマシになるが、回復量は(A)よりも少なく、トリル絡みが多いことから苦手だったり事故ると一瞬で削れるため、ノマゲは危険。中盤の加速地帯のせいでHARD以上の突破難易度はを上回り、最強クラスの突破難易度を誇る。
    • 初出はCS DJTの皆伝ボスであり、段位認定でなくてもプレイ可能。
  • ☆12 KAMAITACHI† (GOLD)
    • 皿絡み局所発狂が殺しのメインとなっている譜面。[SPA](☆11)と比べ休憩地帯が少なくなっている他、[DPA](☆12)にあった皿がそのままアサインされている。
    • デニム地帯も更に難しくかつ多くなり、皿がアサインされた12分連打地帯も難化、そしてラスト数小節で大発狂がある。2008年の譜面ではあるが、ノマゲ、HARDと共に今の☆12最上位譜面達と比べても現役に肩を並べられる。
    • 初出はCS GOLDの皆伝ボスであり、当時は段位認定専用譜面だった。のちにCS EMPRESSに黒譜面として収録され、いつでもプレイできるようになった。
  • ☆12 Mare Nectaris(A) (SINOBUZ)
    • 256BPMという速さで終始1024BPM相当のゴミ付き16分階段が降り注ぎ、32分階段や8分連打が頻発する。2094ノーツという相当な体力を要する物量譜面でもあり、明確な回復地帯も殆ど無い。中盤以降は32分折り返し階段が頻発し、ラストの127~128節ではこれに8分連打が絡むとんでもない殺しとなっている。
    • SINOBUZ終了時点でのクリアレートは真逆の5.2%(2017/12/9現在)であり、この曲が登場するまで最低だったPlan 8(A)(☆12)の8.6%(2017/12/9現在)を下回った。
    • クリア難易度だけではなく、接続難易度とAAAランク難易度も共に最難関と言われていたDIAVOLO(A)(☆12)より更に難しい為、こちらも最強クラスを誇る。さらに、256BPMでの32分は、160BPMであるDIAVOLO(A)の48分(240bpmの32分に相当)よりも速い打鍵速度である。
    • 基本的に正規かMIRROR推奨で、どうしてもダメなら(R-)RANDOMを使うしかないが、非常に認識難になってしまう。ただし、これも正規譜面は癖がつきやすいので過度な粘着は厳禁。癖がついてしまったら(R-)RANDOMでやらざるを得なくなる。

編集者注記:間違った情報が3ヵ月近く記載されていましたので訂正内容をしばらく記載します。
MENDES(B)との密度比較が記載されていましたが、MENDES(B)の最高瞬間密度は34.3notes/secではなく46.2notes/secが正しいです。(77小節付近。この曲の最高瞬間密度は35.2notes/sec)

  • ☆12 Plan 8(A) (tricoro)
    • BPM212という超高速で、16分を大量に含む連皿が終始襲い掛かってくる。更にラストは高密度の鍵盤に絡む不規則連皿が嫌でも猛威を振るう。皿のリズムは一定ではないため、適当にぶん回すとBADハマりを起こしやすく、一旦集中力が切れるとあっという間に落ちる危険性大。皿の少ない地帯も鍵盤の密度がそれなりにあるが、そこで回復できないようでは明らかに時期尚早。
    • 先述のとおり発狂と回復が交互に訪れるタイプの譜面であるため、同じ皿最難関譜面でも全体難の灼熱 Pt.2 Long Train Running(A)(☆12)とはまた違った難しさを持っている。
    • tricoro終了時点でのクリアレートは、なんと5%であった。また、Mare Nectaris(A)(☆12)が登場するまでは全SP譜面中クリアレートは最低だった。
  • ☆12 Sigmund†LEGGENDARIA (SPADA)
    • 現行ACのSPノーツ第2位(2267ノーツ)。
    • [SPA](☆12)の密度を高くし、更に強化された譜面。特に前半の密度が高くなっている。CNは増えているものの複雑ではないが、歯抜け32分階段が増やされていたり、所々皿が追加されており、ただでさえ難しかったラストにも皿が追加されていて、その数132枚と多め。ノマゲは厳しいためそこだけでゲージが減り落ちてしまう場合はHARD推奨だが密度の上がった前半をきっちり耐える必要が出てくる。
    • ちなみに、平均密度は約18.43notes/secとSPADAの時点では最高を誇っていた。
  • ☆12 Timepiece Phase II (CN Ver.)(A) (tricoro)
    • Almagest(A)(☆12)と同等以上に押しにくいCN絡みがほぼ全編にわたってある。更には後半はCNと共に縦連も交じるため、高い運視力が求められる。
    • 総ノーツ数は1544ノーツと「☆12最上位譜面」の中では少ない部類なので、ノマゲはCNをある程度捨ててでも他をほぼ完璧に拾えればクリアは可能だが、それでも通常版よりは確実に難しい。無論、捨てノーツがほとんど許されない(EX-)HARDでは途轍もない難度となる。
  • ☆12 Thor's Hammer(A) (tricoro)
    • DIAVOLO(A)(☆12)とは異なり前半難。24分、32分、48分のノーツに加えこれらの複合配置もあるため非常に押しにくく、HARDは☆12でもかなりの上位レベル。中盤の長めの「度胸坂」地帯を抜けた後は24分以上の配置はほとんどなくなるが、2連含みの二重階段などで難しく、先述の「度胸坂」地帯でゲージが地を這うような地力では到底巻き返せないため、ノマゲもやはり☆12上位レベルか。
    • 初出時はPlan 8(A)(☆12)の前座としての登場であり、イベントラスボス曲の前座という位置づけでありながら途轍もない猛威を振るっていた。
    • DIAVOLO(A) 同様、RANDOMをかけて「度胸坂」を崩すとそこで要求される認識力が跳ね上がるため、(EX-)HARDクリア狙いでは非推奨だが、こちらもR-RANDOMでは若干押しやすい配置で来ることがある。なお、この曲も正規譜面は癖がつきやすいのでクリア狙いでなければRANDOMのほうがよいか。
  • ☆12 Verflucht†LEGGENDARIA (SPADA)
    • 現行ACのSP☆12 & SP[LEGGENDARIA] & SPノーツ第1位(2401ノーツ)。
    • 平均密度は約21.83notes/secと、ACでは初めての大台を超えた*3。ほぼ常時密度が高いだけでなく、前半からデニムに似た三重乱打といった発狂が出現する。
    • 最大の難所は[SPA](☆12)と同じく中盤。二重階段+αの鍵盤→三重乱打や、(バス皿+単鍵乱打→三重乱打)*2→BSSというACでも屈指の超発狂が襲いかかる。BSSの後はやや密度が落ちるものの、ラストも軸+乱打なのでノマゲも非常に難しい。
  • ☆12 3y3s(A) (EMPRESS)
    • 全体的に皿絡みがきつい譜面。前半はかなり高密度で、HARDでは開幕の重発狂+4分皿だけでも脅威になる。そこからも皿絡みの難易度が高く、またブレイク前の16分隣接同時押し「通称:カプセル地帯」も縦連混じりで難易度が高い。皿中盤のブレイク地帯でもトリル+皿絡みがあるため回復しづらい。
    • 終盤は同名義のwaxing and wanding(A)(☆11)やTime to Air(A)(☆11)に見られる同時押し地帯に皿を足したような感じの譜面で、皿絡みの同時押しが得意なら挽回はできるが、ラストにも序盤の発狂ほどではないもののえげつない殺しが待ち構えているため、気が抜けない。
    • ACでは段位認定に選出されたことはないが、CS EMPRESSでは皆伝2曲目を務めている。
  • ☆12 疾風迅雷†LEGGENDARIA (SPADA)
    • [LEGGENDARIA]の中ではノーツ数は控えめで前半こそ普通だが、中盤以降が大幅に強化されており、ラス殺しは☆12でも屈指の大発狂となっている。
    • 中盤は不規則バス皿+階段→二重階段地帯、終盤は皿絡みがかなり強化されている上、ラストには24分二重乱打の大発狂や、それを抜けても皿+縦連同時→CNなど、最後まで気が抜けない。ノマゲ、HARDともに歴代最難関クラス。
  • ☆12 灼熱 Pt.2 Long Train Running(A) (copula)
    • SP皿最多数(753枚)を誇る、BLACK.by X-Cross Fade(A)(☆12)の強化版といったようなデフォルト曲最難関の皿譜面。
    • 灼熱Beach Side Bunny(A)(☆12)のようなトリルこそ少ないが、BPMが165とあちらより速い上に皿に軸・同時押しをメインとした鍵盤が襲ってくる。そのため、あちら以上に皿をほぼ常に回し続けながら鍵盤を捌く地力と体力が必要。相当な速度と物量の中、24分皿も当然のようにやってくる。
  • ☆12 灼熱Beach Side Bunny(A) (Resort Anthem)
    • ひたすら不規則皿+鍵盤が続き、皿数は667枚。2回ある不規則皿+トリル地帯の難易度が特に高く、非常に高い片手と皿スキルと体力を求められる曲。24分皿も大量に襲いかかる。
    • ノマゲでもかなり難しく、難しさのベクトルは違うもののHARDは個人差がある為、(A)(☆12)より後に埋まったという人も居れば先に埋まった人も居る。
    • SPADA以降、皆伝2曲目を務めている。INFINITASでも皆伝2曲目を務めており、常連になりつつある。
  • ☆12 卑弥呼(A) (EMPRESS)
    • 同時押し・縦連・階段・ソフランと代表的な難要素がかなりの難度で詰まっており、後半からが勝負。前半も縦連打に強くないと段位ゲージにて直ぐ落ちる危険がある。ノマゲですら☆12最上位レベルであり、HARDは更に耐え切らねばならない難所が増加する。総ノーツ数は2119ノーツと、ACではElemental Creation(A)(☆12)に抜かれるまで実に4年半近くもの間SP最多ノーツの座を守っていた。
    • EMPRESS以降、皆伝3曲目を務めている。INFINITASも同様であり、SP皆伝の3曲目として定着しつつあるが、HARDや段位ゲージで比較しても(A)(☆12)より難しいと思う人も多い。
  • ☆12 冥(A) (HAPPY SKY)
    • お馴染みSP段位認定におけるラスボス曲で、元祖2000ノーツ譜面。中盤の低速から、加速する皿+縦連絡み→2重トリル〜32分階段までの大発狂が目を引く。
    • 前半は階段やトリルが比較的多く、HARDは縦連や最発狂の32分地帯を耐えないといけないので、今でもHARD最難関クラスといわれている。その最発狂を抜けた後は比較的楽にはなるが、ノマゲで2%からスタートした場合の許容BPは非常に少なく(多くて20程度)、また、終盤の譜面自体も十段取りたてのレベルだと回復どころかゲージが地を這い続ける程度には難しいため、ノマゲにしても「☆12上位譜面」とある程度勝負できるぐらいの地力は欲しいところ。
    • 2018年現在、FULL COMBO達成者は10人以上いるが、その内のMISS COUNT 0はわずか3人である。
    • 皆伝が初めて実装されたDistorteD以降、ずっと皆伝ボスを務め続けており、皆伝を目指す挑戦者の前に不動の最終関門として立ちはだかる。INFINITASでも皆伝ボスを務めており、CSでは収録されているDistorteDとEMPRESSでも皆伝ボスに就任している。

*1 CS DJTにはこの曲よりもノーツが多いAround The Galaxy(A)(☆10) / 1675ノーツ(SINOBUZ収録の譜面とは別)が収録されている。
*2 123432*3→123→456765*4→432→123432*3→135753*4→124642*4→3+5+7+S
*3 CS収録譜面を含めても、20notes/sec超えの曲はMENDES(B)のみ

Last-modified: 2018-04-21 (土) 02:26:13
Site admin: iMp95
mail : imp@callusnext.com (←@を半角に)