beatmania IIDX 25 CANNON BALLERS

WEEKLY RANKING:ナイトシティー・アヴァンチュール / 森永真由美
(2018/10/17 12:00 START〜2018/10/24 12:00 END)
ARENAモード:オンラインバトル・現在第6回開催中
(2018/10/11 10:00 START〜2018/10/29 23:59 END)
現在のシーズンDJランク:
(2018/09/01 07:00 START〜2018/12/01 05:00 END)

旧曲特殊詐称・個人差譜面リスト(DP)

  • このページでは、以下に該当するDP譜面について記述してあります。
    • ノマゲで逆詐称〜妥当かつHARD殺し譜面
    • HARDで逆詐称〜妥当かつノマゲ殺し譜面
    • 個人差譜面
  • 特に顕著なものは太字で表記しています。
  • 復活曲・追加譜面については新曲リストを参照してください。
  • ソートは「☆レベル」→「NORMAL,HYPER,ANOTHER」→「A-Z」順です。
  • 編集者向けページ
  • 暫定的にSINOBUZのページからコピーしました。適宜修正をお願いします。

全般

  • DP全譜面ノマゲで逆詐称or妥当&HARD殺し
    • awakening (RED)
      • 前半に片手殺しがあり、HARDは比較的難しい。
  • JOMANDA (tricoro)
    • 前半が難しく、ソフラン耐性がないと厳しい。最加速後は回復の余地があるため、ノマゲは楽な方か。
  • Real (5th)
    • SPと同じく中盤発狂があるので、HARDはそこで落とされてしまう危険性が高い。それ以降はやさしくなるため、ノマゲは比較的楽。
  • DP全譜面HARDで逆詐称or妥当&ノマゲ殺し
    • MUSIC TO YOUR HEAD (8th)
      • 終盤に長い白鍵同色階段地帯がある。ここが苦手だとノマゲはここだけで落とされる可能性大。
  • Raspberry♡Heart(English version) (RED)
    • ラストに強烈な階段殺しがある。中盤にも難所があるので注意。
  • rottel-the-Mercury (9th)
    • ラス殺し。同時押しや縦連などが多いので、苦手な人は要注意。
  • DP全譜面で個人差
    • 初期作品の譜面
      • 初期作品(1st〜9th)の譜面はリズム難や癖の強い配置が多く、同難易度帯の他の曲と比較して特殊詐称が多い傾向にある。
      • また無理皿や隣接皿も多く、1st〜2nd曲では譜面が片側に偏る曲も多い。
  • CN・BSS・HCN譜面
    • CN・BSSに不慣れな場合は、基本的に同じ難易度の曲の中でも中位〜上位レベルと思ってよく、逆に慣れている場合は下位〜逆詐称レベルに感じることも多い。
    • バージョンが進むたびに複雑な配置になり、全体的に難しくなる傾向がある。
    • 「LEGACYオプションを付けた状態の難易度+☆1」くらいで難易度表記されていると考えると分かりやすいかもしれない。また、HARDを付けると全般的に0.5〜1レベル程度上位のレベルと思ってよい。
    • HCNに関しては、ノマゲの場合は別のHCNや他の要素でカバーできるのに対し、(EX-)HARDの場合はゲージを一気に持っていかれやすく、立て直しもしにくいので注意。そのため、初見はノマゲ推奨。
  • 曲中でのBPM変化を含む譜面
    • いわゆるソフラン譜面。近作ではギアチェンがやりやすくなったことでソフランによる個人差が狭まっているとはいえ、DPではSPよりも高度な水平認識力が問われるため、相変わらず個人差が大きい。
    • また、ギアチェン自体も操作デバイス範囲の広さゆえにSPよりも高度な技術が問われる。同曲のSPでは安定してできるギアチェンがDPでは安定しないという人も少なくない。
  • TaQが作曲に関わった楽曲
    • 一部例外はあるが、他の譜面に比べてBADの判定範囲が狭いものが多く、TaQ系の高難度譜面に地力が少しだけ足りない状態で挑むと「BADが1桁でPOORが3桁」なんてことも珍しくない。
    • ただし、その分GOOD以上の判定範囲が広がっているわけではなく、ノーツを拾えるタイミング範囲が狭まっているということなので、クリアにしても他の楽曲より高い精度が求められるということになる。
    • また、TaQ系のDP譜面は同曲のSP譜面よりもかなり難度が上がっているものが多いため、その点にも注意。
  • BLACK. by X-Cross Fade (Lincle)
  • Digitank System (DJT)
  • naughty girl@Queen's Palace (EMPRESS)
  • Red. by Full Metal Jacket (SIRIUS)
  • Snake Stick (Lincle)
    • いずれも左右に連皿が降ってくる。着地力に加えて、この連皿を捌けるか否かで評価が分かれる。
    • 特にBLACK. by X-Cross FadeRed. by Full Metal JacketはBPMが早めである分、難易度が高くなっている。
  • CHECKING YOU OUT (4th)
    • 皿&ソフラン曲。連皿や着地、ソフランが得意かどうかで体感難易度が大きく変わる。SP同様あまりにも個人差が爆発するためLvが「☆チェッキン」とも言われることがある、IIDX屈指の個人差曲。
  • THE EARTH LIGHT (substream)
    • NORMAL、HYPERはBATTLE譜面であり、HYPER、ANOTHERは縦連打譜面である。HYPERとANOTHERの難易度表記が逆転している数少ない曲の1つでもある。
  • .59 (2nd)
    • 分割が中心で片手力で体感差が大きく変わる。HYPER、ANOTHERでは縦連耐性が必要になる。
  • 革命 (7th)
    • 実際の「革命のエチュード」のピアノ譜さながらに、1P側に難しい階段譜面、2P側に簡単な譜面と、左右で難易度が大きく異なる。右利きの人はFLIP推奨。

☆9

  • ノマゲで逆詐称or妥当&HARD殺し
    • ☆9 Summer Vacation(CU mix)(N) (6th)
      • 前半の微ズレを含む混フレ地帯がやや難しい上、局所難地帯も多い(最密度は左側に32分の7351+SCか)。正規では押し辛いところも多いので、RANDOMなどかけるのもお勧め。終盤は多少回復できるが、HARDに至ってはQQQ(N)と並んでDP NORMAL最強クラス。
      • LincleからPENDUALまでは七段2曲目、DP段位が4曲構成となった今作では七段3曲目を務める。
  • ☆9 AA(H) (RED)
    • 前半の階段や交差地帯は難しいが、それ以外は☆9らしい難所が無い。ノマゲは☆8クラスの逆詐称だが、HARDは☆9クラスでも強いほうか。
  • ☆9 Abyss -The Heavens Remix-(H) (9th)
    • 全体的に密度が詰まった譜面。後半はDB地帯が多い。ノマゲは比較的簡単だが、HARDは地力が無いと危険。
    • ちなみに、10th〜DistorteDではDP七段のボス曲だった。
  • ☆9 ALFARSHEAR 双神威に廻る夢(H) (DistorteD)
    • 中盤の分割階段が難しい。ノマゲは、中盤の分割階段地帯以降で回復できるため☆9としては妥当だが、ラストの縦連に注意。HARDは少なくとも☆10下位レベルはある。
  • ☆9 ANDROMEDA(H) (RED)
    • 中盤までほとんどがレベル相応の混フレだが、終盤からラストにかけて大幅に易化した分割譜面が降ってくるため、ノマゲは☆8下位クラスの逆詐称。
  • ☆9 Blueberry Stream(H) (6th)
    • 交互連打が全体的に多い。HARDは中盤の同時押しが難所。ノマゲは後半回復できるなら問題ない。
  • ☆9 Critical Crystal(H) (SPADA)
    • 中盤に左47、右14のトリルが降ってくる。かなり長めのトリルで、油断しているとそこでゲージが尽きてしまう可能性があるので要注意。その後は8分主体の混フレなのでノマゲは妥当か。
  • ☆9 DM STAR〜関西 energy style〜(H) (Resort Anthem)
    • 序盤と中盤の片手高速階段がこの難度にしては押しにくく、難しい。HARDは☆10レベル。中盤の高速階段の後はかなり単純な配置なのでノマゲは妥当。
  • ☆9 Donkey Donk(H) (copula)
    • 全体的にDP ANOTHERを少し簡素化した譜面。所々叩き易くなってはいるが、☆10クラスの配置も残っていて全体難。
    • 特に終盤のHCN絡みが☆9にしては厳しく詐称気味。
    • しかしHCNによる回復量を考慮すればノマゲは☆9中位程度。無論(EX-)HARDは注意が必要で、苦手であれば地雷級に感じることも。
  • ☆9 Electro Tuned(the SubS mix)(H) (2nd)
    • 縦連と皿が鍵になる譜面。後半は難所が無いので、ノマゲは☆8クラス。FLIPや両MIRRORを使ったほうが楽か。
  • ☆9 Elisha(H) (SIRIUS)
    • SPHと同じく終盤の連続短CN地帯が☆9としては認識力が問われ、挑戦レベルでは難所。必要以上に意識するより、気持ち長めに押すくらいでちょうど良い。終盤以外はCN単押しや8分押しがメインで難所はないので、ノマゲは☆8クラス。HARDも人によっては☆8クラスに思えるかもしれない。
  • ☆9 Frozen Ray(original mix)(H) (6th)
    • ☆9としては無理皿の配置が嫌らしいが、ノマゲならそこまで苦にならない。ラストのトリルはANOTHERと同じ。
  • ☆9 Real(H) (5th)
    • 打ちづらい白鍵地帯と軸押し。SP同様にHARDは地雷。だがノマゲやEASYならば☆8クラス。9thまでは☆7だった。
  • ☆9 sync(H) (5th)
    • 前半に押しにくい階段や乱打などが非常に押しにくいが、後半から密度が弱まるので、ノマゲは☆9クラスの中では妥当であるが、HARDは地雷
  • ☆9 The Hope of Tomorrow(H) (RED)
    • 中盤の長いトリルでゲージを削られやすく、HARDは地雷。ノマゲはラストに多少押しづらい箇所があるので注意は必要だが、後半で回復しやすいので☆8下位クラス。
  • ☆9 thunder(H) (8th)
    • 序盤に☆9とは思えないほどに密度の高い混フレが降ってくる。HARDの場合そこだけでゲージが無くなる可能性もあるので注意。後半は分割乱打がメインなのでノマゲは妥当だが、ラストに皿着地が含まれるので油断は禁物。
  • ☆9 Tropical April(H) (Resort Anthem)
    • 最初のブレイク前にSPHには無かった2小節トリルがあり、苦手な人はHARD注意。それ以降は同時押し2連打が何度が来るものの、SPHと比較してシンプルな配置でノマゲは逆詐称気味。
  • ☆9 こっちを向いてよ(H) (6th)
    • 打ち辛いトリルや無理皿が鍵になる譜面。後半は比較的押しやすいので、ノマゲは☆9では妥当。だがHARDは前半の難所を耐えないといけないので、地雷になりかねない。
  • ☆9 awakening(A) (RED)
    • 前半両サイドに16分の片手純正階段が来るのに加え、中盤には片手隣接トリルがあるため、HARDは詐称気味。ラストに同色階段があるが、前述の難所以外は簡単な個所が多いのでノマゲは妥当。
  • ☆9 Frozen Ray(original mix)(A) (6th)
    • 全体的に無理皿や階段など局所難が多い譜面。HYPERより無理皿が多く配置されており、同色階段の密度も上がっている。最後に片手トリルがあるので注意。
  • ☆9 LOVE IS ORANGE(A) (8th)
    • 同時押しや桂馬押しがメインで、CS限定のSP黒ANOTHERをベースにした感じ。ノマゲは☆9下〜中位で、HARDは片手力がないと地雷になりうる。
  • ☆9 Roots of My way!(A) (SIRIUS)
    • 途中の階段や、4つ・5つの同時押しが難所だが、後半はあまり難しくない。ノマゲは比較的容易。
  • ☆9 WISH(EUROBEAT MIX)(A) (DistorteD)
    • 前半は☆10レベルの階段が難しい。後半は難所が無いため、ノマゲは☆9の中では容易であるが、HARDは片手力がないと地雷になりうる。中盤に1P側の隣接皿が多くあるため、その部分にも注意。
  • HARDで逆詐称or妥当&ノマゲ殺し
    • ☆9 ASTRAL VOYAGE(H) (10th)
      • ラスト辺りの小階段が難所。それ以外は難しくは無い。
  • ☆9 avant-guerre(H) (DJT)
    • 全体的には密度もそれほど高くなく譜面も素直だが、中盤とラスト手前の白鍵階段が難関。HARDは☆8下〜中位レベルだが、ノマゲは☆9下位相当。
  • ☆9 Boundary(H) (10th)
    • ラストは基本同色階段だが1→3→5→6のパターンが多く難しい。中盤までは同時押しがメインだが、難所はラストの階段地帯に集中しているためHARDは比較的楽。
  • ☆9 Cleopatrysm(H) (SPADA)
    • 開幕〜後半までは☆9にしてはおとなしい譜面で、☆9でも下位にあたるだろう。しかし、終盤から同時+皿のラッシュが降ってくる。8分メインだがBPM190という速さもあってなかなか忙しい。そこだけで削られるようならHARD推奨。
    • また、ラストに間を開けて1P側に数ノーツ降ってくるので要注意。
  • ☆9 HIGH(H) (10th)
    • 同曲のANOTHERと違って、前半は難所が無く、難しいのはラストのトリルくらい。階段が苦手ならRANDOMをかけたほうが楽になるかも。
  • ☆9 PLEASE DON'T GO(H) (8th)
    • 皿や縦連打が多い譜面で、ラストの連続着地が特に難しい(1P側に皿+7の無理皿が一カ所あり)。道中が押せるなら、HARDは☆9中位。ノマゲは☆10下位程度か。
  • ☆9 rottel-the-Mercury(H) (9th)
    • ラストはリズムの取りにくい同時押しが殺しにかかってくる。道中は難しくないので、HARD推奨。
  • ☆9 SPEEDY CAT(H) (RED)
    • ラストの片手シンセ乱打がANOTHERと同じような殺しがかかってくる。前奏、間奏が押せるならHARDのほうがクリアしやすい。
  • ☆9 traces(H) (7th)
    • 途中までは☆8レベルほどの譜面であるが、後半の同時押しや乱打が非常に難しい。正規では押し辛いので、MIRRORやRANDOMを使うのがお勧め。
  • ☆9 Attitude(A) (8th)
    • 両サイドに8分で1→3→1+5→3の繰り返しが来る。終盤に両側に隣接皿が多発するので、挑戦段階のオプションは正規またはFLIP両MIRRORに限定される。ラス殺しが強いためノマゲは詐称だが、白健繰り返し地帯が苦手だとHARDでも難しいかも。
  • ☆9 GENOM SCREAMS(A) (substream)
    • HYPERと同じく、DB地帯がメインが、露骨なラス殺し地帯があり、SPHと似たような同時階段が襲いにかかってくる。SPA同様HARD推奨であり、正規ノマゲは☆10レベルの地雷譜面。
    • 片側鏡で押しやすくなるが、完全な左右対称譜面ではないので注意。
  • ☆9 minimalian(H) (4th)
    • 後半になると密度が高くなり、ラストはとどめの発狂が降ってくる。HARD推奨であるが、1P側に隣接皿が降ってくるので注意。ノマゲは核地雷
  • ☆9 MUSIC TO YOUR HEAD(A) (8th)
    • ラス殺し、HYPERと同じ階段地帯が殺しにかかってくるが、道中の縦連打を含む混フレが強化されており、苦手だとHARDも難しめか。同色階段が苦手ならRANDOM推奨。
  • ☆9 Boundary(A) (10th)
    • ラストは基本同色階段だが1→3→5→6のパターンが多く難しい。中盤までの同時押しが押せるならHARDは比較的楽。
    • ちなみにHYPERとノーツ数が同じで、途中の同時押しの配置が少し違うだけである。
  • ☆9 ALL I NEED YOUR LOVE(A) (EMP)
    • ラス殺し、終盤に☆10クラスの階段が殺しにかかってくる。HARD推奨だが、16分の同時押しや皿に注意を要する。ノマゲは地雷
  • ☆9 Brazilian Fire(A) (SIRIUS)
    • ラストはCN絡みの乱打が殺しにかかってくる。ラスト以外のCNも難しくは無いので、ノマゲは地雷とみたらいい。
  • ☆9 STARLIGHT DANCEHALL(H) (copula)
    • 途中まではそれほど配置は複雑でないが、ラスト付近に密度が一気に上がる。
    • 皿絡みができるならHARDのほうは楽。ノマゲはボーダーを割りやすく、地雷となりやすい。
  • ☆9 250bpm(A) (4th)
    • とにかく押しづらい軸押し、同時押し、着地などが多い。HARD推奨だが、ラスト以外も密度があるため注意が必要。初見ノマゲは核地雷かも。
  • ☆9 蒼い衝動(A) (8th)
    • 2P側に強烈な無理皿が殺しにかかってくる。トリルなどの難所があるが、それでもHARD推奨。ノマゲは九段クラスでも落とす危険曲。
    • 挑戦レベルでは核地雷になりかねないので、迂闊な選曲は避けるように。
  • ☆9 オレはビートマニア!お前は何マニア?(A) (HAPPY SKY)
    • ラストの連皿地帯まで(1〜50小節目まで)はHYPERとまったく同じ。皿の枚数がかなり増え、逆サイドの鍵盤も少々厄介だが、難しいのはそこだけなのでHARD推奨。
  • 個人差
    • ☆9 Distress(N) (9th)
      • 序盤の軸押しや同時押しは難しいが、終盤のDBを気をつければ比較的に容易。FLIP&両MIR推奨。
  • ☆9 Sense 2007(N) (GOLD)
    • SPと同様、局所難が多い譜面。HARDはトリルなど特に注意を要する。個人差が激しい譜面でありFLIPを使うと楽になる声が多いようだ。
  • ☆9 Catch Me(H) (HAPPY SKY)
    • 譜面傾向がBounce Bounce Bounceと似ており、BPMも遅め。皿絡みが得意なら逆詐称に感じる人も。
  • ☆9 FEEL IT(H) (10th)
    • SP同様、トリルの得手不得手で体感難度が大きく変わる譜面だが、こちらのトリル絡みはSPHと異なりトリルに歯抜けがなく、また、左側が表、右側が裏ときれいに分かれていて叩きやすくなっている。それでも、BPMが速めのためBADはまりには注意。
  • ☆9 FIRE FIRE(H) (GOLD)
    • 中盤の2小節に及ぶ連続着地とサビのDB地帯が難所。クリアするなら片側MIRROR推奨。正規は☆10クラスの地力が必要かも。
  • ☆9 Hitch Hiker2(H) (4th)
    • 全般的に着地皿が多い譜面。皿絡みが得意なら、早めに挽回できるだろう。正規譜面は地雷と言っても過言ではない。2P側の無理皿が厄介なので右MIR推奨。
  • ☆9 GRADIUSIC CYBER(H) (1st)
    • 同曲のAと同様、片手でSPHが降ってくる。終盤はトリルがあるので初見は要注意。引っ越しを使うか使わないかで体感難度が変わりやすい。
  • ☆9 Kailua(H) (Resort Antehm)
  • ☆9 Kailua (HCN Ver.)(H) (copula)
    • 中盤のDBCN地帯が厄介だが、そこを抜ければノマゲなら十分に回復できる。片側MIRRORで見切りやすくなる。むしろこの曲の特徴であるCNよりも、ラスト2小節の分割トリルのBADハマりが最も注意すべき点。
    • (HCN Ver.)は通常版と同じくDBCN地帯が厄介だが、片側MIRRORを付けると随分見切りやすくなる。HCNの性質上こちらの方が回復しやすいか。EX-HARDをつけていなければ妥当。
  • ☆9 MENTAL MELTDOWN(H) (DJT)
    • 縦連に加えて着地と分割乱打が多発する総合力譜面。ラストは着地が連続するのでやや注意。前作copulaでは七段1曲目を務めていた。
  • ☆9 MIRACLE MEETS(H) (SIRIUS)
    • 中盤のBSS地帯や2回降ってくる1P側の35トリルが特に(EX-)HARD時は難所か。あとはサビに降ってくる1642の4連打もなかなか忙しく、叩き損ねるとそのままゲージを一気に削られかれないので要注意。
  • ☆9 Quick Silver(H) (Lincle)
    • 1P側CN+2P側BSSというパターンが何度か出てくる。又、全体的にCN絡みの部分がいやらしく、CNに慣れているかどうかでも大きく体感難易度が変わる譜面。
  • ☆9 Red. by Full Metal Jacket(H) (SIRIUS)
  • ☆9 Watch Out Pt.2(H) (Resort Anthem)
    • いずれも皿枚数が多く、やはり得意かで体感難易度は変わりやすい。
    • Red. by Full Metal JacketはSPHと比べるとスクラッチは減っているが、それでも総数318枚と脅威的。連皿も注意すべき点だが、往復と着地も多いためこちらにも気を付けたい。個人差も大きい曲。
    • Watch Out Pt.2は16分連皿とトリルがメイン。スクラッチの枚数はSPHが303枚であるが、こちらは329枚である。初見時やHARDは☆10クラスに感じるかも。
  • ☆9 SABER WING(H) (Resort Antehm)
    • BPM222が基本で、8分階段がや同時押しメイン。BPM74の地帯が難所で、BADはまりを起こしやすいが、低速が苦手ならギアチェンジがお勧め。
  • ☆9 アストライアの双皿(H) (tricoro)
    • CNや細かい縦連打がしょっちゅう出てくる。終盤は回復できる譜面なのでノマゲは比較的クリアしやすいが、縦連打が苦手だと回復が追いつかない可能性もある。HARDはCNへの適応次第か。
  • ☆9 お米の美味しい炊き方、そしてお米を食べることによるその効果。(H) (tricoro)
    • 中盤までは☆9にしては弱めだが、ラスト近くの両サイドにまたがる階段譜面の連続が、苦手だとかなりきつい。ここだけでゲージが持たなくなるのであれば、HARDで逃げ切りを狙ったほうが楽かも。
  • ☆9 月光(H) (HAPPY SKY)
    • 1→4や2→5といった異色2連、そして桂馬押しと、とにかくナナメの配置が多く、かなりクセのある譜面で個人差が強く出る曲。
  • ☆9 †渚の小悪魔ラヴリィ〜レイディオ†(IIDX EDIT)(H) (tricoro)
    • 曲中何度か出てくる、Candy Galy(H)のような鍵盤と皿の往復部分や、サビ終わりに出てくる同時押し連打で得意不得意が分かれる譜面。特にラストの同時押し連打は、サビ部分より鍵盤数が増えているのでよりきつくなっている。
  • ☆9 明鏡止水(H) (copula)
    • 鍵盤と反対側に、HCNが多く降ってくるが複雑な要素は目立たない。
    • CN譜面が得意であれば、逆詐称に感じることも。
  • ☆9 DoLL(A) (10th)
    • 全体的に桂馬押しや同時押しが多い。片手力が必要で混フレも強化されている。レベルは☆9クラスでは妥当だがラストは階段に注意。
  • ☆9 Flash back 90's(A) (EMPRESS)
    • 中盤の連続着地がやや難しく、着地や連打などができるかで体感差が変わる。ホームポジションを意識していれば比較的容易。
  • ☆9 neogenesis(A) (EMPRESS)
    • 中盤の左右対称トリル以降密度が上がるのに加え、終盤の隣接同時の対称譜面が難しく、苦手だと☆10レベル。FLIP両MIRRORで後半が多少押しやすくなるかも。
  • ☆9 PARANOiA MAX〜DIRTY MIX〜(A) (substream)
    • 前半の高速縦連や無理皿が難しい。無理皿の対策ができれば、☆9クラスの中では妥当だといえる。ラス殺しもあるためゲージ維持の対策が難しい。
    • 無論EX-HARDでは皿捨てなどはほぼ許されず、☆10中〜上位クラス妥当。
  • ☆9 Pollinosis(A) (HAPPY SKY)
    • 隣接皿の枚数はHYPERと変わらないが、やはり1P側の皿+1が強烈。2P側の鍵盤ノーツを増やしたようで、片手力はある程度必要だとされる。皿絡みが苦手な人だと☆10クラスの地雷に感じることも。
  • ☆9 Shining World(A) (tricoro)
    • 譜面自体はわかりやすい配置だが、左右が頻繁に入れ替わる。何回か降ってくる35トリルにも要注意。1296ノーツと☆9ではトップクラスの物量のため体力譜面でもある。
  • ☆9 Twelfth Style(A) (HAPPY SKY)
    • DBM地帯ができるかできないで個人差が出やすい譜面。着地も強化されており、ノマゲはラストの交差連打に注意。
  • ☆9 Voxane(A) (Lincle)
    • 中盤の桂馬押し連続を含んだ混フレに注意。桂馬押しが苦手だとHARDは危険。右利きの人はFLIPのほうが楽か。得意でも☆9上位程度か。
  • ☆9 Wanna Party?(A) (DJT)
    • トリルの難所があるが片手では押しやすい配置になっている。後半の混フレができるかできないで個人差が出やすい。DP七段の看板曲。
  • ☆9 下弦の月(A) (tricoro)
    • 昨今の譜面にしては珍しく、1P側に隣接皿が多く苦手な人は要注意。他に3鍵5鍵の軸押しや隣接押しなどやりづらい配置が多い。SPでは難所の階段地帯は単純な白鍵階段になっているので、ここではミスしないようにしておきたい。

☆10

  • ノマゲで逆詐称or妥当&HARD殺し
    • ☆10 double thrash(H) (HAPPY SKY)
      • 中盤のギターソローの24分ラッシュが強烈。HARD殺しは同曲のSPより目立つという。後半には発狂がないため、ノマゲは十分挽回ができる。
  • ☆10 Fascination MAXX(H) (GOLD)
    • 序盤の低速地帯がかなり難しい。ノマゲは逆詐称だが、HARDはソフランなど難所を耐えないといけないので核地雷
  • ☆10 Go Beyond!!(H) (EMPRESS)
    • SP同様にHARDは核地雷。序盤終わりと中盤終わりに☆11レベルの厳しい配置が来るが、終盤は難しくなくラス殺しもないため、早めのBPMにノれるなら超回復できる。ノマゲやEASYなら☆9下位レベルの腕前でも充分クリア可能。
  • ☆10 lower world(H) (9th)
    • 序盤難で、片手で乱打ができるかどうか体感差が変わる。後半ができるならノマゲは問題ない。正規では押しにくいので右MIR推奨。RANDOMもおすすめ。
    • ちなみに、9th〜DistorteDではDP九段のボスだった。
  • ☆10 MINT(H) (DistorteD)
    • 中盤までのトリルやチラシが☆10とかなり強め。しかし難所をぬけたら白鍵盤主体で、そこで回復ができるならノマゲは容易かと。右利きの人にはFLIPが有利か。
  • ☆10 MOON(H) (DistorteD)
    • 譜面傾向はSPEEDY CATと似ており、中盤までのシンセパートが難しい。しかし難所を抜けたら☆9中〜上位くらいの配置でノマゲは比較的に楽。HARDは片手力も問われるので地雷
  • ☆10 snow storm(H) (GOLD)
    • 全体を通して16分の乱打や階段の譜面だが、中盤に24分の速度での階段が難しい。ノマゲは逆詐称だが、HARDは階段力がないと地雷になるので注意。
  • ☆10 STEEL NEEDLE(H) (DJT)
    • 前半は着地皿やトリルなどがかなり難しい。後半の同時押しができるならノマゲは比較的容易で、HARDは☆10上位はあるか。
  • ☆10 JOMANDA(H) (tricoro)
    • とにかく前半が☆10クラスを逸脱しており、また加速地帯でBADハマリを起こしやすい。ノマゲはゲージ2%になっても後半で立ち直しはできるが☆10中位以上はある。HARDはSP以上に厳しくソフラン耐性がなければ核地雷になる。
  • ☆10 3y3s(H) (EMPRESS)
    • とにかく縦連や1+5→3→1+5→3などの同時押しが多い。ノマゲは終盤に回復できるがそれでも☆10上位レベル。HARDは核地雷
  • ☆10 Abyss -The Heavens Remix-(A) (9th)
    • 混フレや着地がHYPERよりも強化されている。後半はDB地帯が多いが、比較的良心的な譜面。ノマゲは☆10の中では簡単な部類に入るが、HARDは地力に加え着地力が無いと危険。
  • ☆10 ALFARSHEAR 双神威に廻る夢(A) (DistorteD)
    • 中盤の階段発狂が厄介。終盤の縦連はHYPERと逆で、1P側に1+7、2P側に7という配置。ノマゲは後半で回復可能なので☆10中〜上位レベル程であるが、HARDは☆11レベル。
  • ☆10 avant-guerre(A) (DJT)
    • 階段中心の譜面で、白鍵が全般的に多い。後半は目立った難所がなく、ノマゲは逆詐称気味か。HARDは中盤発狂を耐えないといけないので、地雷になりえるので注意。
  • ☆10 Blue Rain(A) (DJT)
    • 前半に☆11クラスの片手・分割乱打の発狂があるが、そこを抜けた後は☆10としては弱め〜妥当な配置が続く。ノマゲは☆10中位レベルだが、HARDは核地雷に匹敵する。
  • ☆10 Blueberry Stream(A) (6th)
    • トリル・同時押し・階段+αと全体的に難所が多い。HARDは高い地力が問われる。右利きの人はFLIP推奨。
  • ☆10 HIGH(A) (10th)
    • 前半〜中盤に同時押しと縦連ラッシュの難しい局所発狂がある。ノマゲは妥当と思われるが、HARDは☆10の中では地雷
  • ☆10 INFERNO(A) (DistorteD)
    • 中盤のドラムロール以降から、螺旋階段や混フレと厳しい配置が続く。ノマゲはそこで減っても立ち直しはできるものの、HARDは人にもよるが地雷と感じることがあるので注意が必要。両RANDOMで押しやすくなることがある。
  • ☆10 RIDE ON THE LIGHT (HI GREAT MIX)†(A) (copula)
    • 前半のHCN+αが鬼門。トリルでBADはまりを起こしやすいためHARDは危険。
    • なお従来の譜面と違い、隣接皿が消滅している。
  • ☆10 The Hope of Tomorrow(A) (RED)
    • 序盤と中盤に出てくる長いトリルでゲージを削られやすく、HARDは地雷。特に、中盤のトリルはオマケがついているため、更に危険度が増している。H譜面同様、ノマゲは後半で回復できるが、やはりラストが押しづらい点に注意。
  • ☆10 Turii〜Panta rhei〜(A) (EMPRESS)
    • ホムポジメインの譜面で、中盤のシンセパートが非常に難しい。ノマゲは終盤の螺旋階段が押せるなら妥当であるが、他の☆10より高い片手力が問われる。HARDは☆11中レベルの危険曲。
  • ☆10 WAR GAME(A) (8th)
    • 前半の同時押しが難所。RANDOMを使うと、楽に感じるかも。
  • ☆10 19,November(A) (6th)
    • 前半は無理皿や乱打などが多いが、終盤は特に難所が無いためノマゲは妥当。HARDは皿が得意でも☆10上位で、一般的には☆11下位以上か。
  • ☆10 シュッパツシンコウ・シサカンコ(A) (copula)
    • 62〜65小節目に階段発狂があり、☆10クラスを逸脱している。HARD難度は高め。
    • しかし難所を抜ければ☆9クラスの譜面なので、ノマゲ・EASYは弱めか。
  • ☆10 山岡晃の「クイズ!家事都合!」(A) (EMPRESS)
    • ホムホジ系階段が多い譜面。中盤が特に難しく、☆10クラスを逸脱している。しかし難所を抜ければそれほど難しくなく、EASYやノマゲでは容易なほうか。
    • また両RANDOMでやると、階段が崩れスコアも出やすくなるか。
  • ☆10 月光(A) (HAPPY SKY)
    • イントロ部分に着地皿などが混ざっており、リズム難。また無理皿が降ってくるので、HARD難易度は高い。サビ〜ラストはそれほど難しくないのでノマゲは楽なほうか。
  • ☆10 突撃!ガラスのニーソ姫!(A) (Lincle)
    • 中盤でSPAにはない長い大螺旋階段が猛威を振るうが、それ以外はSPAの分割といった感じ。ノマゲはそこでボーダーを割っても後半多少回復できるため☆10中〜上位レベルだが、HARDは片手での大螺旋階段の他にSPAにもある連皿などの難所も耐えきらねばならず、☆11レベルの地雷と化す。
    • SINOBUZでは八段1曲目。
  • ☆10 罪と罰(A) (SPADA)
    • 譜面傾向はILIASと似ている。中盤のトリルもそれなりに曲者で、ラストのDBMが出来るかで評価できる。ノマゲは☆10上位で、HARDは前半も耐えないといけないので☆11クラスの地雷となる。
  • HARDで逆詐称or妥当&ノマゲ殺し
  • ☆10 Cradle(H) (9th)
    • 前半は着地が多く、bpm加速後の後半からは鍵盤の密度が上がり同時押しで殺しにかかってくるためHARD推奨。bpm加速時にギアチェンをする余裕はないため、HSとSUD+はbpm188地帯に合わせること。
  • ☆10 Derelict Star feat. Ryu*(H) (copula)
    • ラストで2P側に繰り返し出てくる1+5⇔3+7の8分同時押しが非常に厄介。正規ノマゲは地雷になることも。
    • 道中は☆9相当であるためHARD推奨だが、それでもラストを耐え切るのは容易ではない。RANDOMで崩すのも手
  • ☆10 Feedback(H) (10th)
    • 最後に左右同時階段が降り注いでくる。道中は難しくないので、HARD推奨。ノマゲは☆10の中では妥当。
  • ☆10 in the Sky(H) (DJT)
    • ラストに桂馬連続押し、1P側1+3+6を含む同時押しラッシュが降ってくるためノマゲは危険。1P側MIRRORで鍵盤が中央寄りになり押しやすくなる。
  • ☆10 LAB(H) (8th)
    • 最後にこっそりある無理皿のあるおかげでノマゲは☆10の中でも強い方に入る。道中もそれなりに難しいがHARD推奨。人によっては、ANOTHER譜面(☆11)より難しく感じるかも。
  • ☆10 Last Message(H) (7th)
    • 終盤に両サイドでSPH譜面を片手で捌く箇所があるが、それ以外は☆8〜9レベルぐらい。ラストの片手階段は☆10クラスだが、途中削られない地力があればHARD推奨。
  • ☆10 M4K3 1T B0UNC3(H) (copula)
    • 中盤辺りまでは密度は高くないが、ラストの片手階段がかなり難しい。
    • HARDのほうは比較的にクリアはしやすいが、CNが捌けないと容易でない。特にノマゲは苦手部分あると、地雷と化す。
  • ☆10 Nightmare before oversleep(H) (copula)
    • 後半になると密度が上がり、折り返し階段が難しい。前半は同時押しが多いが、あまり難しくないので、HARD逃げ切り推奨。
    • 片側にMIRをつけると、易化する。
  • ☆10 Programmed World(H) (EMPRESS)
    • 後半から密度が上がり、終盤は☆11くらいの譜面がやってくる。ラストで崩れやすいので、HARD推奨か。
  • ☆10 RIZING YOU UP(H) (SPADA)
    • 譜面構成は3y3s(H)と似ており、同時押しがメイン。後半がかなり厳しめなので、ノマゲなら☆10上位はあり、苦手なら地雷となる。
  • ☆10 SCREAM SQUAD(H) (HAPPY SKY)
    • 最後に☆10上位クラス程の着地が殺しにかかってくる。道中は☆10にしては控え目な難易度なので、HARD推奨。
  • ☆10 100% minimoo-G(H) (HAPPY SKY)
    • ラス殺し。連皿の着地が難しい、HARD推奨。両MIR+FLIPがお勧め。
  • ☆10 ミラージュ・レジテンス(H) (DJT)
    • ラストの皿絡みが難所。それ以外は、交差連打があるが、☆10らしい難所が無い。HARDは☆9クラスの逆詐欺でもあるが、ノマゲは☆10としては妥当。
  • ☆10 ALL RIGHT(A) (8th)
    • ラス殺し。終盤は2P側の1+3トリル&5が殺しにかかってくる。道中は皿が難しいがそれでもHARD推奨。HARDは☆10上位レベル、ノマゲは核地雷クラスか。
  • ☆10 alla turca con passione(A) (HAPPY SKY)
    • ラストの片手階段が難しい。前半はそれなりに難しくないので、HARDは☆9上位〜☆10下位で、ノマゲは☆10中位あたりか。正規ではリズム難で、左MIRRORがおすすめだがRANDOMで当たりを待つのもありか。
  • ☆10 Freezing atmosphere(A) (10th)
    • 終盤に24分で純正階段と隣接トリルが殺しにかかってくる。中盤までは簡単なのでHARDのほうがクリアしやすいが、発狂後も押しにくい配置があるので注意。
  • ☆10 GOLD RUSH(A) (GOLD)
    • ラストのトリルや複合がかなりの難所。HARDは皿複合が苦手でなければ容易なはずだが、ノマゲはラストだけで叩き落される可能性が高いので☆10上位はあるか。
  • ☆10 Halfway of promise(A) (8th)
    • ラストの連皿が極悪。HARDは皿複合が得意なら☆10クラスでも問題ない。ノマゲは☆10最上位〜☆11下位程度か。
  • ☆10 Heavenly Sun(IIDX VERSION)(A) (DistorteD)
    • サビに入ると急に密度が高くなり、ラストは1P側に殺しがかかってくる。HARDは比較的に簡単なほうだが、ノマゲはラストだけで落とされる可能性が高く難しい。
    • 右利きの人はFLIP使うのもありか。
  • ☆10 Odin(A) (SPADA)
    • 後半になると密度が高くなるうえ、ラストは混フレがかなり厳しい。HARDは妥当だが、ノマゲは明らかに☆11下〜中位クラスで、適正レベルとはいえない。
  • ☆10 Raspberry♡Heart(English version)(A) (RED)
    • ラストに強烈な同時押しや階段が殺しにかかってくる。HARDのほうが楽だが、道中の皿や階段に注意。ノマゲはラストだけで、ボーダーを割る可能性が高い危険曲。
  • ☆10 Rave Saves You feat. Cardz (Exclusive IIDX Mix)(A) (PENDUAL)
    • 連皿や皿複合地帯が多い譜面であるが、終盤の縦連打やトリルがかなり厄介で、ノマゲそこだけでボーターを切る可能性が高い。HARDのほうが楽ではあるが着地皿などが苦手なら☆11クラスに感じるかも。
  • ☆10 Round and Round(A) (Lincle)
    • 道中は同曲SPA(☆9)の分割を多少強化した程度だが、ラスト4小節の片手乱打がきつい。序盤の連皿は個人差が出るが、☆10で逆詐称とされている灼熱Beach Side Bunny(H)ができれば問題ないレベルであり、HARDは☆9上位〜☆10下位レベル。ノマゲは☆10中位レベル。
  • ☆10 Wheel of Journey(A) (copula)
    • ラストに密度が上がり殺しが構えている。途中までは複雑な配置はない。皿絡みが得意ならHARDのほうが断然クリアしやすくなる。
  • ☆10 ギョギョっと人魚♨爆婚ブライダル(A) (copula)
    • 序盤とラストに縦連があり、初見要注意。難所以外は譜面が素直で回復も容易。
    • 16分皿も絡んでるので、ノマゲは比較的厳しく核地雷に感じることも。
  • 個人差 
    • ☆10 QQQ(N) (5th)
      • gigadelicと並びDPN最高難易度曲。正規だとトリルなどが押し辛いので、FLIP&左(右)MIR推奨。トリルや連皿地帯以後も着地が多く、途中非常に取りづらい皿もあるので要注意。
      • 10thまでは何と☆6と超詐称だった。REDで☆8に、HAPPY SKYで現在の難易度になった。
  • ☆10 BLACK. by X-Cross Fade(H) (Lincle)
  • ☆10 Snake Stick(H) (Lincle)
    • DPN、DPA同様やはりどちらも皿が多く、得意不得意で体感難易度は変わる。
    • Snake Stickは「Watch Out Pt.2」(DPH)同様、皿スキルが重要になってくる譜面。連皿のリズムが取り難いので、初見時やHARD時は要注意。copula八段3曲目。
  • ☆10 Concertino in Blue(H) (DistorteD)
    • 全体的に隣接階段や片手同色トリルが多く、混フレや着地などのDP特有の要素も程よい難度で含む総合譜面。終盤減速後に右24分トリルがあり、BPMがかなり揺らいでいるためソフランの苦手な人は要注意だが、それを差し引けば☆10適正〜☆11挑戦レベルの練習には打ってつけ。
    • SIRIUS〜LincleにおいてDP七段ボスを務めており、初出のDistorteDでは☆11だった。
  • ☆10 D(H) (SIRIUS)
    • ソフラン変化が激しい曲だが、CNが一本しかない。SPHと違い、終盤に縦連打は登場しない代わりに押しづらい配置の小階段と乱打が続くので、苦手な人は要注意。
  • ☆10 Devilz Staircase(H) (tricoro)
    • タイトル通り「階段譜面」が終始出てくる。☆10としては割り合い取りやすい譜面配置ではあるが、階段譜面が苦手だとクリアは見込めない。ラストのCN前の両サイドにまたがる階段やトリルが多少きついので、ノマゲは要注意。
  • ☆10 DIAMOND CROSSING(H) (copula)
    • HCNの配置はそれほど厳しくはないものの、数が多いため取りこぼしに注意したい。
    • すぐに押し直せれば、ノマゲならそれほどのダメージにはならない。終盤の両端CN地帯はかなり長いためキッチリ押せれば大きく回復できる。
  • ☆10 Do it!! Do it!!(H) (DJT)
    • 皿と交差連打がメイン。後半勝負でラストのトリルが難しい。前半はあまり難しくないので、人にもよるがHARDのほうが楽か。表拍が右サイドになるFLIPも有効だと思われる。
  • ☆10 Dynamite(H) (copula)
    • 全体を通してBSS、CN、連皿が多く、今まででは殆ど見られなかった斬新な譜面。
    • それ故に個人差が出やすく、初見プレーでは要注意。
    • 皿やBSSの始点が鍵盤と同時になっているパターンが多い点を意識すると大分楽になる。
  • ☆10 GALGALIM(H) (SIRIUS)
    • Aと違ってこちらは1P側に隣接皿が絡んでる。また鍵盤密度も控えめのほう。皿絡みが苦手だと地雷になりうることも。(特にノマゲ)
  • ☆10 Holic(H) (3rd)
    • 無理皿やトリル、混フレができるかで体感差が変わる曲。着地が苦手なら☆10適正範囲でもクリアできない人も多い。正規だと左手側に厳しい配置が多いため、FLIPも選択肢の1つ。
  • ☆10 MAX 300(H) (7th)
    • 後半勝負で、無理皿が難所。HARDは詐称気味で、特にEX-HARDでは交差連打や縦連打、トリルなどで瞬殺される場合も。
  • ☆10 PARADISE LOST(H) (Resort Anthem)
    • SPHと同様後半が勝負。左右に分割されており、視野が広くないと見切りづらいのでリズムを覚えてしまう方がいいかもしれない。そこ以外は☆10にしてはおとなしい譜面で、人によっては逆詐称に感じるだろう。
  • ☆10 Raison d'être 〜交差する宿命〜(H) (SIRIUS)
    • Zektbach曲特有の階段譜面をさらに忙しくした様な構成。正規では癖がつきやすいので片側にMIRRORを付けると、易化する。
  • ☆10 Really Love(H)(9th)
    • ノーツ数は控えめだが、2連皿がかなり多い。皿振りが激しいため、個人差がかなり表れやすい。譜面が苦手だと、スコアも伸ばすのも困難か。
  • ☆10 STULTI(H) (tricoro)
    • 大半が両手トリルとなっている上、降ってくるレーンもコロコロ変わるため、☆10挑戦レベルだとクリアは厳しい。片手力があるならばあっさりクリアできるかもしれない。
  • ☆10 THE EARTH LIGHT(H) (substream)
    • 縦連打、無理スクラッチ、BATTLE配置と個人差の大きい譜面。DPNと同様、全体的にノートが1〜5鍵盤に偏っている。終盤はDB譜面が続くため、クリアだけなら片方MIRROR推奨。
  • ☆10 Tomorrow Perfume(H) (7th)
    • 全体を通して混フレ譜面。片手力先行型には詐称気味だが、認識力があれば☆10上位程度か。裏拍始動の片手乱打が多くスコアが出にくいため、BPを一定数まで削れないと厳しい。
  • ☆10 V(H) (5th)
    • トリルや分割譜面が中心の譜面。SPHと同じく超個人差譜面。得意なら☆9上位レベル程度と思われるが、苦手なら☆11レベルに感じるかも。
  • ☆10 V2(H) (EMPRESS)
    • 上記のV(H)の交互連打部分だけを抜き出したような譜面。ある意味代名詞ともいえる16分7連トリルが取れるなら☆9レベル程度に感じるだろう。
    • 終盤の両手トリルは一部左右対称でない点にも注意。V(H)が苦手ならこれも難しく感じるかもしれない。
  • ☆10 ZETA〜素数の世界と超越者〜(H) (Resort Anthem)
    • 前半に純正階段、ソフラン後には長い同色階段と分割階段が続く。途中の同時押しも密度があり、各種階段スキルと体力がなければ厳しく感じるかも。
  • ☆10 華蝶風雪(H) (DistorteD)
    • 体力勝負の譜面で、8分同時押しと階段がメイン。ラストの左側が難所。ノマゲ・HARD共に個人差がでやすい。
  • ☆10 表裏一体!?怪盗いいんちょの悩み♥(H) (PENDUAL)
    • 要所要所に着地絡みの高速4連皿が左右に繰り返し散りばめられており、ノマゲ・HARD共にこれを安定して取れないことには始まらない。ただし初見殺し的な要素が大きいため、初見を除くと詐称とまではいかないか。
  • ☆10 Catch Me(A) (HAPPY SKY)
    • ☆10としては珍しく、隣接皿が多い。また後半に偶数皿が多いため、BADはまりに注意が必要。
  • ☆10 bass 2 bass(A) (SIRIUS)
    • SPA同様にラップが丸々皿に割り振られている。終盤も含めて、皿絡み以外の箇所は同時押しが主体できちんと押せれば回復できるが、SPと同様個人差もでやすい。HARDは皿が苦手なら☆11クラスに感じる人も。
  • ☆10 Broken My Heart(A) (4th)
    • 無理皿大量譜面。それ以外にも、皿絡みのスキルを求められる配置が多いため、強烈な個人差が出る。右MIRでやると多少見切りやすくなる。
    • EX-HARDは無理皿の影響で、☆11クラス妥当。
  • ☆10 Buffalo(A) (6th)
    • 片側で鍵盤を処理しつつ逆側で連皿を処理する配置が多い一方、無理皿への対応や着地力も求められるため体感難易度にバラツキが出る。RANDOMを付けると鍵盤が易化することが多いが、無理皿への対応が難しくなる点に注意。
  • ☆10 Central Station(A) (copula)
    • 分割譜面が主体であるが、終盤に容赦なく連皿が待ち構えている。
    • 皿が苦手な人はさらに厳しく、☆11下〜中位。
  • ☆10 chrono diver -fragment-†(A) (PENDUAL)
    • 8分主体の譜面で、性質はCROSSROAD(A)と似ている。左右に同時押しが延々と続くのでそれができなければ☆10でも厳しめ。
  • ☆10 Click Again(A) (RED)
    • 縦連打が多く、皿絡みが特徴の譜面。利き手によって個人差もかなりでやすい。両S-RANDOMを使うと確実に難化するので、スコア狙い以外は非推奨。
  • ☆10 Digitank System(A) (DJT)
    • 247枚の連皿と同時押しがメイン。初見HARDは地雷と思われる。ゆったりとした分割16分皿が多いが、ノマゲ・EASYなら回復できるので初見でも容易。
    • SINOBUZでは八段2曲目。
  • ☆10 EXTREME MACH COLLIDER(A) (SPADA)
    • 全般的に皿複合が多い譜面で、同曲のSPAの密度を減らした感じ。鍵盤自体はそこまで難しくはないが、連皿などで難度を上げてるよう。皿が苦手なら、☆10の中でも難しく感じるだろう。
  • ☆10 Feedback(A) (10th)
    • 同曲のHYPERと違って、大階段が無くなっている。HARDは前半の連皿や階段などの暗記が必要。ノマゲ・HARD共に個人差が大きい曲。
  • ☆10 FEEL IT(A) (10th)
    • 全体的に☆9のDPHにオカズがついた程度で同譜面と大差ないが、ラストのトリル絡みは裏裏でくる右側にも4つ打ちが絡んでくるため、餡蜜がうまくできないと崩れやすい。ラストだけで崩れるという人はHARD推奨か。
  • ☆10 Golden Palms(A) (Resort Anthem)
    • 同曲SPAでも「脳トレ」などと揶揄される中盤のCN複合はベース+ドラムパートとメロディパートに分割された混フレになっており、曲を聴きこんでいれば割と分かりやすい構成であるものの、CN複合がよほど得意でないとHARDは危険。また、終盤のCN絡みも若干いやらしく、ノマゲでも☆10上位レベル。
    • 初出のResort AnthemではDP八段2曲目だった。
  • ☆10 KAMIKAZE(A) (4th)
    • 曲全体を通して青鍵盤が一切降ってこず、皿も両サイドに1枚ずつという白鍵盤超特化型譜面。BPMは遅いながら微縦連も要所要所にあるためごまかしが利きにくく、両手共にかなりの片手力が問われる。白鍵盤に特化した配置が苦手なら両RANDOMで崩すのもありだが、はずれの確率もそこそこ高く、はずれが来ると正規よりもかえって押しにくくなる点には注意。
  • ☆10 LUV CAN SAVE U(A) (tricoro)
    • ノーツ数は1400を超えるが、押しやすい配置である。前半はトリルや混フレが多い。HARDは苦手要素があると、地雷になることがあるので注意。特に縦連打が苦手だとレベル表記よりも難しく感じるかも。
  • ☆10 MAD ATTACK(A) (SPADA)
    • 同時押しや縦連打がメインで、連打が得意なら、☆10の中でも容易だといえる。同曲のHYPERと同様個人差が出やすい。
  • ☆10 MIRACLE MEETS(A) (SIRIUS)
    • 中盤のBSS絡みや鍵盤と反対側にCNも降ってくる。レベルとしては妥当だが、局所的にミスがでると、ゲージが大きく損なわれることになる。
  • ☆10 naughty girl@Queen's Palace(A) (EMPRESS)
    • 303枚という大量の皿が鍵となる超個人差譜面。HARD抜けはそれなりの実力が必要と思われるが、ノマゲ・EASYでのクリア狙いなら比較的易しい部類に入る。左右両方で高速往復皿が対応できるプレイヤーなら☆9中位レベル程度。
  • ☆10 outer wall(A) (5th)
    • 縦連打が多い譜面で、THE EARTH LIGHTと似たような感じ。無理皿もあるので、注意が必要。皿や縦連打が苦手ならレベル表記よりも難しく感じる人も。 
  • ☆10 Radical Faith(A) (5th)
    • Hと違い、後半は無理皿が対応が求められる。独特の配置で白鍵盤の同時押しや縦連打が多めで、苦手な人にとっては地雷クラスに感じるかも。
    • SINOBUZでは八段3曲目。
  • ☆10 The Dirty of Loudness(A) (DistorteD)
    • 最初の同時押しも含め、ラスト以外は☆10相応の物量である同曲HYPER譜面と大差ない。しかし最後の連打が両手1+2+4+6+7となっており、最後は14鍵全押しとなっている。全押しを知っていないとラスト殺しになりうるが、同時押しが多い分HYPERより回復量が多いため(ノマゲで30%以上回復可能)、地力次第ではこちらが先にクリアできることも。
    • 初出のDistorteDでは☆12だったが、GOLDで☆11に降格。DJTにてさらにHYPERと同じ☆10に降格して今に至っている。
  • ☆10 traces(A) (7th)
    • 全般的に癖がつきやすい配置で、縦連打や同時押しがかなり多い。TaQ系が得意は人は早めに挽回できるが、苦手なら☆10クラスでも辛く感じる。両RANDOMをかけると易化しやすいが、無理皿の枚数が増加する。
  • ☆10 Uh-Oh(A) (copula)
    • 中盤にSnake Stick(H)を速くしたような皿絡みが待ち構えている。初見時やHARDは注意。
    • 苦手だとBADはまりになりかねない。ラスト殺しもあるので、容易ではない。
  • ☆10 Wonder Bullfighter(A) (RED)
    • 隣接階段が多い譜面で、局所的に無理皿がある。皿絡みが得意なら比較的クリアは容易だが、それでも☆10上位はある。片側MIRや両RANDOMを付けると易化はするが、無理皿力がないと危険。
  • ☆10 中華急行(A) (Resort Anthem)
    • 後半〜終盤(転調後)の両サイド同時押しラッシュに注意。地力があればHARDの方が抜けやすいが、ノマゲは☆10上位〜☆11下位レベルに感じるかも。
  • ☆10 未来のプリズム(A) (SIRIUS)
    • 階段とCN中心の譜面で、ラストのトリルに注意。片手の練習にもにおすすめで、人にもよるが、HARDの方がクリアしやすい。

☆11

  • ノマゲで逆詐称or妥当&HARD殺し
    • ☆11 Almagest(H) (SIRIUS)
    • ☆11 Almagest (HCN Ver.)(H) (copula)
      • トリルやCN付きのゴミなど難所で詰まった譜面。ノマゲは☆11上位レベル、HARDは核地雷
      • (HCN Ver.)は通常版と同じく、ゴミ付きCNが極悪。こちらはちょん押しが通用しないのでHARDは☆12下〜中位。ノマゲも初見時は☆12クラスに感じることも。
  • ☆11 Distress(H) (9th)
    • 同曲のSPHとは異なり、終盤よりも中盤のほうが高密度で押しにくい。HARDは妥当だが、ノマゲは☆10上位レベルか。
  • ☆11 empathy(H) (4th)
    • 局所難の多い配置で無理皿や微縦連打が曲者であるが、終盤前になると比較的に簡単なるが、ノマゲでも縦連打が要求される。同曲のSPH,Aと違ってソフランはしない。
  • ☆11 Macho Gang(H)(A) (substream)
    • どちらの譜面も序盤の縦連が厄介だが、その後で十分回復できるためノマゲは比較的楽、しかし無理皿のスキルが無いと苦戦を強いられるという点で共通している。
    • 余談だが、(H)は836ノーツで、(A)は846ノーツとあまり差がない。
  • ☆11 PARANOiA 〜HADES〜(H) (DJT)
    • BMP300が基本であるが、低速時はトリルなど、リズムがとりにくい。ノマゲは妥当であるが、HARDは地雷になりうる。
  • ☆11 卑弥呼(H) (EMPRESS)
    • 片手階段の配置は押しやすい方だがスコアは出にくい。ソフランが苦手だとやはり低速地帯だけで落とされてしまう。HARDは核地雷
  • ☆11 冥(H) (HAPPY SKY)
    • 片手難。前半は分割の階段が多いが、後半は難所が無いためノマゲは比較的容易。HARDの場合は地力やソフランなどを暗記する必要があるため☆11レベルが妥当か。
  • ☆11 Acid Pumper(A) (copula)
    • HCNが多く絡む譜面。HARDは比較的に難度が高めで連皿などの箇所を見落とすと一気にゲージがもって行かれる。
    • 終盤のトリルに気をつければ、ノマゲは問題ない。
    • SINOBUZに引き続き、今作でも九段4曲目を務める。
  • ☆11 Apocalypse 〜dirge of swans〜(A) (DistorteD)
    • 階段中心の譜面で、螺旋階段が難しい。ノマゲは☆10上位〜☆11最下位程度だが、HARDは☆11でも上位に入るか。
  • ☆11 Beastie Starter(A) (tricoro)
    • SPA同様、BPM190という高速での軸やトリルでのBADはまりが怖く、HARD以上だとそこで瞬殺されやすい。同一サイドの鍵盤と皿を同時に取る箇所は全くなく、また、全体的に左1軸や右7軸が多いので、FLIPか両MIRRORで軸が中央寄りになって見やすさ、押しやすさともに向上することも。
    • ただし両S-RANDOMを使うと、軸が崩れてスコアも出やすくなる。ラストが大幅に難化する為クリア狙いには非推奨。
  • ☆11 Chrono Diver -PENDULUMs-(H) (PENDUAL)
    • 中盤の微縦連打や片手トリルが厄介。HARDはそこだけで瞬殺されることがあり危険。サビ以降ははそこまで複雑でないので、ノマゲはクリアしやすい。
  • ☆11 Chronos(A) (PENDUAL)
    • DB中心の譜面であるが、ゴミ付きのCNが強烈。ノマゲは後半回復できるなら妥当であるが、初見HARDは地雷となるので注意が必要。また片側にMIRRORを付けると見切りやすくなる。
  • ☆11 CONCEPTUAL(A) (tricoro)
    • 前半のトリル、くの字、階段が高BPMも相まって難しい。HARDは☆11でもかなりの難度。後半は一転して難易度が下がるので、ノマゲなら☆11で妥当。
  • ☆11 Critical Crystal(A) (SPADA)
    • 中盤に純正階段が大量にやってくる上に、SPの白鍵全押しCN+黒鍵全押しという形が片側ずつそのままの形で降ってくるという初見殺しもありHARDは大変危険。終盤はwaxing and wandingのような押しやすい形の8分同時押しが主体になるため、ノマゲの場合であれば十分回復可能。
  • ☆11 Giudecca(A) (8th)
    • 押しづらいor認識しづらい片手乱打、リズム難な混フレ、それらに絡む無理皿や着地皿と、高度なレベルで総合的な地力を試される譜面。これといった回復ポイントがあまり存在せず、ノマゲでも☆11最上位レベル、HARDは前半の無理皿込みの混フレが難しすぎるため☆12中位レベルの地雷
  • ☆11 HYENA(A) (SPADA)
    • DB中心の譜面だが、道中のトリルもいやらしく終盤まで難所がある。片側MIR付けると多少押しやすくなるが、それでもノマゲは☆11上位〜最上位クラス。HARDは完全☆12クラス。
  • ☆11 m1dy Deluxe(A) (SPADA)
    • SP同様、BPM205の8分軸押し譜面や、16分が混じる連皿が危険。正規の場合左1鍵にオマケが付くパターンもあり、SP以上にBADハマりを起こしやすい。
  • ☆11 MENTAL MELTDOWN(A) (DJT)
    • 譜面自体は☆11中〜上位レベルだが、譜面の性質を知らないとかなり厄介。初見時やHARD時は☆12レベル。
  • ☆11 Real(A) (5th)
    • NORMAL・HYPERと同様、白鍵地帯が非常に厄介。しかし後半は難しくないため、EASY・ノマゲであれば☆10下位レベル程度の逆詐称曲。HARDは核地雷
  • ☆11 Secrets(A) (EMPRESS)
    • 中盤付近に微トリル+αの塊りが片側に降ってくるため、HARDが非常に難しい。ラスト付近が回復なのでノマゲは妥当だが、それでも☆11上位クラスの難易度。
  • ☆11 Set U Free feat. Kanae Asaba(A) (copula)
    • トリルがメインで、中盤が一番難しい。後半は比較的に優しいので、ノマゲは☆11下〜中位。HARDは☆11上位くらいであるが、苦手があると地雷化する。
  • ☆11 So Fabulous !!(A) (DistorteD)
    • 全体的にSPA(☆10)の分割にオカズがついた程度の譜面だが、中盤の12分縦連複合はかなり押しにくくなっており、HARDは☆11中〜上位レベルか。ただ、終盤はSPAでは皿絡みで殺しにかかってきていたが、DPAでは皿がなくなっており鍵盤に集中できるため、ノマゲは☆10最上位〜☆11下位レベル。
    • 初出のDistorteDでは☆12だったが、DJTで☆11に降格して現在に至っている。
  • ☆11 STEEL NEEDLE(A) (DJT)
    • DJT譜面としては珍しく、隣接皿が多発する譜面。SP以上にHARD殺しが目立っており、前半の交差押しが非常に曲者。しかし後半が回復できるならノマゲは妥当だと言える。
  • ☆11 STILL IN MY HEART(A) (5th)
    • 全体的に交差押しやゴミ付きのトリルなど難所が多く、☆11クラスにしてはかなり厳しく、HARDは明らかに詐称。後半が縦連打などができるなら、ノマゲは☆11中〜上位程度か。
  • ☆11 V(A) (5th)
    • 中盤の階段が難所。終盤はトリルがあるもののノマゲは比較的容易な譜面。HARDはトリルや階段など難所が更に増加する。 
  • ☆11 waxing and wanding(A) (DistorteD)
    • 全般的にDB系の配置が続く譜面で、開幕〜中盤辺りは☆11クラスを逸脱している箇所がある。HARDは危険。それ以降はおとなしめの配置で、ノマゲ・EASYなら比較的にクリアはしやすい。
  • ☆11 Xepher(A) (HAPPY SKY)
    • 片手階段や分割Xの配置が☆12クラスであるが、しかし後半から押しやすい配置が多いので、ノマゲは☆11中位クラス。
  • ☆11 100% minimoo-G(A) (HAPPY SKY)
    • 全体難な上にラス殺しまで存在しており☆11としては強めの部類。高速トリルや8分乱打などのおかげで☆11最難譜面と言われることもあってかHARDは☆12下位〜中位レベルの地雷。ノマゲでも☆11上位〜最上位クラス。
  • ☆11 こっちを向いてよ(A) (6th)
    • 片手SPAの配置が続発する譜面で、おまけに無理皿もある。ノマゲでも☆11上位〜☆11最上位レベル。HARDは核地雷
  • ☆11 ドッキン☆サマーあばんちゅーる(A) (PENDUAL)
    • 中盤に分割した連皿や白鍵盤の3つ押しが降ってくるので、HARDは危険。しかし難所を抜けたら回復が長いので、ノマゲなら☆11下位くらいか。
  • ☆11 パ→ピ→プ→Yeah!(A) (PENDUAL)
    • 中盤手前の片手BSS+片手16分地帯から始まる約30小節が☆12クラスに足を突っ込んでいるレベルであり、HARDは地雷。終盤に回復地帯があるため、ノマゲだけなら☆11上位〜最上位レベルだが、2%からの復帰はほぼ不可能と言っていいため、それなりに注意が必要。
  • ☆11 紅牡丹(A) (PENDUAL)
    • copulaで☆11に降格。終盤が現在☆9である同曲HYPERとほとんど密度が変わらない譜面であり、ノマゲはまだ逆詐称。ただし中盤の片手階段地帯はやや難しく、個人差はあるがHARDは☆11下〜中位レベル。
  • ☆11 明鏡止水(A) (copula)
    • HCN+αが多い譜面。後半は比較的に難しくなく、同時押しがきちんと押せておれば問題ない。ノマゲ・EASYはむしろ逆詐称気味。
  • HARDで逆詐称or妥当&ノマゲ殺し
    • ☆11 A(H) (7th)
      • 後半の階段が難しい。正規では押し辛いのでRANDOMを付けると楽になることも。前半は難しくないのでHARDのほうが安定しやすい。
  • ☆11 perditus†paradisus(H) (Resort Anthem)
    • 卑弥呼(H)を分割したような譜面とトリルが襲ってくる。開幕CNはANOTHERに比べるといくらか良心的ではあるものの、ラストが☆11にあるまじき強烈な縦連によるラス殺しで、譜面オプションを問わずノマゲは☆11最上位レベル。HARDもノマゲ程ではないが☆11としてはやや難しめか。
    • クリアレートはResort Anthem稼動終了時点で28%であった。
  • ☆11 RESONATE 1794(H) (RED)
    • Resort Anthemにて☆10→☆11に昇格。超絶片手階段譜面で、皿も絡んでいるため着地力も必要。ノマゲは☆11クラスで妥当だが、ラストが難しい。HARDは皿が得意なら逆詐称か。かなり個人差の強い譜面でもある。
    • 初出のREDでは☆7(現在の☆7~8相当)と言う詐称ぶりで有名だった。
  • ☆11 Almace(A) (Lincle)
    • 終盤に高密度のラッシュが殺しにかかってくる。途中のCNや片手階段は難しいが、回復ができるためHARD推奨。ノマゲは☆11最上位〜☆12最下位クラス。
  • ☆11 Be quiet(A) (RED)
    • 道中は楽だが、ラストは押し辛い隣接譜面がやってくる。HARD推奨ではあるが、縦連や微連打でゲージを削られすぎないよう注意。
  • ☆11 Bounce Bounce Bounce(A) (Resort Anthem)
    • 詐称気味のSPAとは違い、皿の枚数は増えているものの連打や押しにくいズレ押しが減っており、皿が非鍵盤側にしか降ってこない。HARDは一部の☆10の皿曲より簡単になることもあり、☆10上位レベル。ノマゲはラストの連皿もあり、十分☆11相当。
  • ☆11 Change the World(A) (Lincle)
    • tricoroで☆10→☆11に昇格。前半は(昇格前の)☆10でも妥当なほど簡単だが、2回目のサビに入ってから密度が上がり、ボーカルパート明けには☆11でも上位レベルのラス殺しが襲い掛かる。このため、ノマゲよりはHARDのほうが楽といえる(逆に初見HARDやEX-HARDは要注意)。
  • ☆11 Daisuke(A) (10th)
    • ラス殺し。途中までは☆10上位くらいだが、終盤になると急にリズムが難しくなる。ノマゲに関しては詐称までに至ることも。
  • ☆11 D.C.fish(A) (DistorteD)
    • トリル複合が多い譜面。終盤にかけて複雑なリズムになって、ラスト殺しとなっている。初見時やノマゲは危険要素が多い。
  • ☆11 Harmony and Lovely(A) (DistorteD)
    • ラス殺し。終盤に☆11クラスのラッシュが殺しにかかってくる。交差連打はあるが、HARDのほうがクリアしやすい。
  • ☆11 REMINISCENCE(A) (DJT)
    • 同時押しや皿絡みが多いが、ラストのラッシュが強烈。道中は弱めなので、HARDは☆11下〜中位か。ノマゲはそこだけでボーダーを割る可能性大。
  • ☆11 rottel-the-Mercury(A) (9th)
    • 譜面構成は特殊であり、縦連や軸、同時押しがメイン。終盤は押しにくい箇所が多く、ラス殺しが強い。
    • 正規だと1P側が押しづらいため、右利きの人はFLIP使うのもありか。
  • ☆11 Sun Field(A) (DistorteD)
    • 終盤になるとリズムが急に難化し、ラストは右側に高密度の乱打が降ってくる。道中は皿や同時押し絡むのの、比較的に簡単なほうである。
  • ☆11 Second Heaven(A) (GOLD)
    • 終盤に着地の皿や同時が殺しにかかってくる。HARD推奨ではあるが、縦連などでゲージを削られすぎないように注意。
  • ☆11 STARLiGHT(A) (copula)
    • 後半難。16分の連皿を抜けた後、密度が上がり、終盤に交差連打が待ち構えている。
    • BPMが速いため、BADはまりを起こしやすい。皿対策ができるなら、HARDのほうが断然クリアしやすくなる。
  • ☆11 SWEETEST SAVAGE(A) (copula)
    • 譜面傾向がBounce Bounce Bounce(A)と似ている。皿絡みや縦連打の多い譜面だが、ラストが極悪。ノマゲはそこだけで落とされやすい。
  • ☆11 with you...(A) (DistorteD)
    • ラス殺し。前半は☆10でも下〜中位レベルだが、曲が進むにつれて押しにくい配置が頻発するようになる。HARDのほうが楽だが、左手力がないとラストだけで落とされかねない。また、人によってはFLIP+両MIRRORで楽になるかもしれない。
  • ☆11 xenon(A) (8th)
    • 分割階段が中心ではあるが、ラストは☆12レベルの発狂がある。ノマゲは☆12下〜中位レベルの地雷で、HARDでも☆11最上位レベル程度。前作DP九段ボス。
  • ☆11 Yellow Sunrise(A) (Lincle)
    • 道中は☆11でも弱いほうであるが、強烈な同時押しラッシュが殺しにかかってくる。12467や13467の配置が多発する。ノマゲは☆11最上位クラス。
  • ☆11 405nm (Ryu☆mix)(A) (tricoro)
    • 全体的に配置が素直だが、トリルが少々難しく、ノマゲは☆11相当。HARDは実力次第では八段でもクリアを狙えるレベルであり逆詐称気味。
  • ☆11 朝焼けから始まるボクらの小さな旅(A) (copula)
    • 道中はそれほど難しくないが、終盤になるとリズムが複雑になり、BADはまりを起こしやすい。交差は多いが、HARD推奨。
    • 右利きの人は、FLIPもおすすめか。
  • ☆11 合体せよ!ストロングイェーガー!!(Ryu☆ remix)(A) (HAPPY SKY)
    • 序盤と終盤が難所だが、HARDの場合序盤を抜ければ回復が容易。
  • ☆11 蛇神(A) (Lincle)
    • SPAを分割したような譜面がメインだが、終盤に階段が殺しにかかってくる。道中のCNは難しいが、HARDのほうがクリアしやすい。
  • 個人差
    • ☆11 CHECKING YOU OUT(H) (4th)
      • 皿&ソフランに加え、高速地帯で連皿側に鍵盤も降ってくる。引っ越し(片方のサイドに譜面が来ない時に、両手を使ってもう片方のサイドの譜面を叩くこと)ができるかどうかでも体感難易度が大きく変わる。
      • ANOTHER(☆11)よりも低密度だが、譜面が片方のサイドに偏っている分こちらの方が難しいという人も。
  • ☆11 Schlagwerk(H) (3rd)
    • 無理皿や乱打、同時押し、混フレなどが試される譜面。片手でSP HYPER譜面のようなものが降ってくる。
  • ☆11 Radical Faith(H) (5th)
    • 隣接皿や微縦連打、トリルなどといった癖のつきやすい配置が全般的に多い。右利きの人はFLIP+両鏡がお勧めか。またAと難易度が逆転している。
  • ☆11 route 80s(H) (6th)
    • 密度的には同曲のANOTHERを減らした譜面だが、後半の無理皿の酷さはこちらの方が圧倒的に上。無理皿を高速着地と見なして処理ができるかどうかで体感難易度が大きく変わる曲。
    • lincleで☆10→11に昇格。着地が苦手なら☆11上位〜☆12下位クラスに感じる人も。
  • ☆11 Voltage(feat. Hidemaru)(H) (4th)
    • BPMが125→30→125と変化する疑似停止の箇所が6回あるので初見注意。疑似停止の合間には無理皿や縦連もあり、HARDは要注意。
  • ☆11 CaptivAte〜浄化〜(A) (HAPPY SKY)
    • 強化版Dreaming Sweetness(A)。着地と隣接同時押しが非常に多い。☆11で最初にクリア出来る人や、逆に最後まで残る人の差が出やすい。
    • また両RANを使うと、三角押しが崩れスコアが出やすくなる。無理皿が発生するので要注意。
  • ☆11 CHECKING YOU OUT(A) (4th)
    • HYPER(☆11)よりも高密度だが、高速地帯では連皿と反対側に鍵盤が降ってくるため、個人差はあるがHYPERに比べればやや捌きやすいか。ノマゲに関しては一部の☆10の皿曲よりも簡単になることもあり、個人差はあるがやや逆詐称気味。
  • ☆11 Close my Eyes for Me(A) (RED)
    • 曲を通じてスクラッチが非常に多い譜面であるが、ソフラン後の大量の着地譜面が強烈。初見時・ノマゲは要注意。正規ではトリルなどがやりにくいのでRANDOM推奨。RAの追加譜面ではあるが、無理皿が2つある。
  • ☆11 Cookie Bouquets(A) (tricoro)
    • SPA同様、BPM205という高速で8分間隔の同時押しをひたすら捌く譜面で、体力譜面が苦手だと☆12レベルの詐称に感じられるかもしれない。
    • 総ノーツ数は1814と、ACでプレー可能なDP☆11では二番目にノーツ数が多い。物量こそ多いが、配置はそこまで難しくなく、一般的に詐称とまではいえないか。
  • ☆11 D(A) (SIRIUS)
    • ソフラン変化が激しい曲だが、CNが一本しかない。こちらはHYPERと違って、縦連打がなくなっている。正規では混フレや階段などが押しづらい。RANDOM推奨。
    • 局地的に皿も絡んでるため、HARDは要注意。
  • ☆11 Derelict Star feat. Ryu*(A) (copula)
    • 同時押し主体の譜面。ラストまできちんと押せるなら容易に感じるが、苦手なら詐称気味に感じるかも。
    • また皿が多く絡んでるため個人差が出やすい。
  • ☆11 FIRE FIRE(A) (GOLD)
    • SPA(☆12)よりも物量は減っているが、SPAで連皿地帯になっている箇所は着地殺しに、SPAで二重階段になっている箇所はDB譜面になっている。特に後者がクリアには大きく影響するが、片側にMIRRORをかけると楽になるので推奨。
    • MIRRORをかけるサイドは外階段と内階段のどちらがより苦手かで判断するとよい。
  • ☆11 Golden Horn(A) (9th)
    • 革命(H,A)ほどではないが、かなりの左手殺し。本楽曲のメインであるピアノパートが全て左手側に降ってくるため、右利きの人はFLIP推奨。
  • ☆11 Golden Palms†(A) (copula)
    • 同時押しやゴミ付きCNが増えて、高難度化した譜面。終盤から密度が上がりラス殺しが強化されている。
    • 前半のBSSや着地皿も絡んでるためHARD適用時は注意が必要。
  • ☆11 IXION(A) (PENDUAL)
    • 革命(H,A)のような左右の譜面密度に大きく差がある譜面。革命とは逆で2P側の密度が高くなっている。また、両側に隣接皿が多発するため(特に「Pollinosis」のように1P側に多い)、左利きの人は逆正規(FLIP+両MIRROR)推奨。
  • ☆11 Jack(A) (EMPRESS)
    • 後半の3つ押しなどがポップンの譜面と似ている。終盤まで押せるなら比較的に容易であるが、逆に同時押しが苦手なら表記レベルでも難しく感じることも。
  • ☆11 KAISER PHOENIX(A) (SPADA)
    • 同色片手階段やDBのようでそうではない隣接階段など前半も難しいが、特に後半に登場する7654または4321の長い繰り返し隣接階段が最大の難所。隣接階段が苦手だとここだけでゲージが地を這う恐れもある。☆11としては難しめだが、ラストは押しやすく若干の回復がある。
    • またHYPERと比較すると隣接皿もなく癖が少ないため、癖や得意不得意によってはノマゲハード共にこちらの方が先に埋まることもある。現在クリアレートは30%とかなり低い。
  • ☆11 Light Shine(A) (SIRIUS)
    • 両側皿発狂、片側二重階段、切れ目のない同時CN→同時CN等、危険要素満載。終盤は回復だが、HARD・初見時は注意。
  • ☆11 Linus(A) (6th)
    • 基本BPMは176。局所的な発狂が多い(片手ロール、片手同時)、道中も回復し辛く、ラスト付近には☆12レベルの殺しが襲いかかってくる。トリルや隣接皿も多いため、ノマゲ・HARD共に個人差が出やすい。
  • ☆11 memories(A) (8th)
    • 8分の同時押しが主体の譜面だが、R5と似た軸押しも大量に降ってくる。利き手によるが、FLIPや片側MIRの使い分けがいいか。ノマゲもラストが難しいので注意が必要。道中に無理皿が3枚降ってるくので皿力も必要となる。
  • ☆11 mosaic(A) (SIRIUS)
    • 同曲のSPAよりノーツが少なめだが、同時押しのラッシュが続く。苦手な人はノマゲ・HARD共に☆11でも難しく感じる。正規はDB系の配置が延々と続くため、片側MIRRORで見切りやすくなる。
  • ☆11 NEBULA GRASPER(A) (RED)
    • ノーツ数はそれほど多くないが、隣接皿が非常に多い。基本的には正規orFLIP両MIR推奨。
    • 無理皿ができるなら、両RANや両R-RANで崩すのもありか。
  • ☆11 NEW GENERATION-もう、お前しか見えない-(A) (DJT)
    • ☆11上位レベル。片手のトリルが多く、階段や皿も多め。
  • ☆11 On the FM(A) (copula)
    • 平均密度はそれほど高くないが、2連皿がしつこく絡む譜面。
    • 皿絡みが得意な人にとっては有利になるが、苦手な人にとっては最後まで残ることも。
  • ☆11 R5(A) (3rd)
    • 終盤の片手同時押しラッシュの配置が難しく、癖がつきやすい譜面。同時押しの合間に皿もあり、個人差が激しい。HARDは前半の長いトリルにも注意。FLIPがおすすめか。
    • また両S-RANDOMでは開幕が押しやすくなるが、終盤が難化するためスコア狙い以外は基本的に非推奨。
  • ☆11 Schlagwerk(A) (3rd)
    • 着地や乱打、同時押し、混フレなどが試される譜面。同曲のHYPERよりも密度が多いが、こちらの方が楽に感じる事も。
    • SPADA、PENDUALと続けてDP九段ボス曲として君臨していた。
  • ☆11 Sorrows(A) (SIRIUS)
    • 同時押し主体で終盤まで☆11らしい難所は無い。しかし終盤に密度が上がり、空POORを誘発しやすい譜面なので空押しだけでボーダーを割る事も有り得る。同時押しが苦手な人には表記レベル以上の難易度に感じるが、同時押しをきちんと押せる人には逆詐称譜面になる。
  • ☆11 SA.YO.NA.RA. SUPER STAR(A) (Lincle)
    • 片手力が問われる譜面で、後半の階段がラス殺しになっている。人にもよるがノマゲは☆12に感じることも。HARDは低速地帯に注意。
  • ☆11 Sakura Reflection(A) (Resort Anthem)
    • CNがしつこく絡む譜面で、またmosaicのような同時押しが続く。SPと違い後半も強めなので、回復ができてなければゲージの種類・オプションを問わずに詐称気味〜詐称に感じることも。
    • Lincle、tricoroではDP九段2曲目に就任。SPADAで一度DP九段課題曲を降板したものの、copulaでDP九段2曲目に復帰した。
  • ☆11 Scars of FAUNA(A) (PENDUAL)
    • PENDUAL初出の譜面としては珍しく、CNをホールドしたゴミが大量に降ってくる。DB系の配置が延々と続くため、片側MIRRORが有利。ラストも比較的強いのでノマゲも油断できない。
  • ☆11 SOLITON BEAM(A) (EMPRESS)
    • AC初出のEMPRESSでは☆12だった曲。CS譜面のラストの微連打がなくなっており、人によってはまだ逆詐称に感じるかも。
    • ただし同曲HYPER(☆10)よりも1段階上なのは確かなので、HYPERができたというだけで選曲するのは少々危険を伴う。
  • ☆11 V2(A) (EMPRESS)
    • 上記の☆11 V(A)と同様、トリルや階段がメインだが、こちらは後半に難所が多い。特にノマゲはラストに注意。
  • ☆11 Watch Out Pt.2(A) (Resort Anthem)
    • 466枚という☆12のRed. by Full Metal Jacket(A)並みの枚数の皿がこの難度で降ってくるのは脅威。ただ、鍵盤力や終盤等はRed. by Full Metal Jacket(A)と比べても易しめであるため、個人差はあるが☆11上位程度である。
    • Lincleでは皿の反応が改善され、一般的には詐称までは至らないか。
  • ☆11 Welcome(A) (copula)
    • 単色の同時押しや混フレが延々と続く。繰り返し譜面が得意なら容易であるが、苦手ならクリアまでが遠くなる。
    • ラストの皿絡みも少々厳しいのでノマゲ時は注意
  • ☆11 真 地獄超特急 -HELL or HELL-(H)(copula)
    • SPHには無かった連皿が大幅に増えており、その連皿地帯の逆サイドではほぼ全てでHCN+αが絡んでくる。 とにかく視認性が悪く、どちらかに視点を集中することが出来ない。 また、中盤とラストに連皿とHCN絡みが来るため、これが捌けないとどのゲージでも耐えられない。
    • ただし、皿地帯のHCN側は比較的繰り返しではある。譜面研究で自動化し連皿に集中出来れば、多少はクリアしやすくなるかもしれない。
  • ☆11 灼熱 Pt.2 Long Train Running(H) (copula)
    • 左右で皿のリズムが違う皿混フレが登場する。この速度の皿混フレは☆11以下では全く出てこないため、皿が得意であっても初見は注意が必要。
    • 数小節で皿が左右に切り替わる、鍵盤と皿が完全に分業される、といったDPの特質上、SPほどの脅威はなく、皿が苦手でなければ☆10上位で妥当か。
  • ☆11 打打打打打打打打打打(A) (PENDUAL)
    • ラスト前の同時押し12分縦連地帯ができるかどうかが全て。縦連地帯の途中で軸が移動する点にも注意。
  • ☆11 とろぴかる倶楽部(A) (PENDUAL)
    • 昨今の譜面には珍しい、着地に超特化した混フレ譜面。特に中盤と終盤には左右別リズムの皿が絡む着地混フレという他にほとんど類を見ない譜面が降ってくる。ラストの同時押しもリズムの違う皿と同時に処理しなければならないため、ここでもまた違った方向に個人差が表れがち。
  • ☆11 ラクエン(A) (HAPPY SKY)
    • ☆11の中でも密度が低い方だが、皿力やソフラン耐性が求められるため体感難度差は激しい。皿が得意な人なら逆詐称に感じるだろう。HARD以上はソフラン対策が必須。

Last-modified: 2018-01-14 (日) 17:38:21
Site admin: iMp95
mail : imp@callusnext.com (←@を半角に)