beatmania IIDX 25 CANNON BALLERS

旧曲特殊詐称・個人差譜面リスト(SP)

  • このページでは、以下に該当するSP譜面について記述してあります。
    • ノマゲで逆詐称〜妥当かつHARD殺し譜面
    • HARDで逆詐称〜妥当かつノマゲ殺し譜面
    • 個人差譜面
  • 特に顕著なものは太字で表記しています。
  • 復活曲・追加譜面については新曲リストを参照してください。
  • ソートは「☆レベル」→「NORMAL,HYPER,ANOTHER」→「A-Z」順です。

全般

  • SP全譜面でノマゲで逆詐称or妥当&HARD殺し
    • DAY DREAM (tricoro)
      • BPMや拍子が目まぐるしく変わり、しかもギアチェンの隙も全くと言っていいほどないため、HARD抜けには低速と高速の両方に対して高度な耐性が求められる。
      • その一方で総ノーツ数はそれぞれの表記レベルのわりにはかなり少ないため、ノマゲでは回復がしやすく逆詐称〜妥当。
  • GENOCIDE (RED)
    • 前半・中盤難。特に中盤の配置がいずれもリズム難で、それぞれの表記レベルの中でもかなり厳しめとなっている。
  • ICARUS (DJT)
  • JOMANDA (tricoro)
    • どちらも、「メインBPMから減速→メインBPMを大幅に超えるまで徐々に加速→メインBPMに戻る」というギミックがあり、HARDはその加速地帯が難所。ソフラン耐性などにより個人差はあるが、HARDは強め〜詐称気味。
    • 加速地帯を抜けてからは譜面自体は弱め〜妥当のため、加速地帯のノマゲでの影響は少ないが、譜面によっては強めのラス殺しが存在するものもあるので油断は禁物。
    • また、ICARUSは加速地帯が後半寄りであるため、ノマゲでもそこで2%まで削られるとそこからクリアまで回復するのは困難なので注意。
  • Real (5th)
    • 中盤発狂があり、そこでミスが出やすくかなり難しいが、それ以降は簡単になる。ただし後半も局所的に難しいところがあり、2%から回復するのは残っているノーツ数から見ても楽とは言い切れないので油断は禁物。
  • TOGAKUSHI (SINOBUZ)
    • HCNの複合が難しく、[SPH]以上は2本の混フレになっているため、離しすぎるとHARD以上は致命傷になる。終盤も若干難しいので、削られすぎないように注意。
  • SP全譜面でHARDで逆詐称or妥当&ノマゲ殺し
    • Abyss -The Heavens Remix- (9th)
      • ラストの皿複合が難しく、ノマゲだと(特に適正レベルでは)そこだけで落とされる可能性が高い。
  • AIR RAID FROM THA UNDAGROUND (SIRIUS)
    • ラストの1軸絡みがそれぞれの表記レベルとしては強烈なラス殺しとなっている。
  • gigadelic (RED)
    • ラストゲー。道中はそれぞれの表記レベルとしては弱めだが、何回か出てくる交互連打(+α)によるBADハマりに注意。
  • spiral galaxy (RED)
    • 皿が絡んでくるラス殺しがある。いずれも1P側は取りづらいのでMIRRORかRANDOM推奨。無音から始まるイントロの軸押しorトリルでのBADハマりにも注意。
  • tripping contact (DistorteD)
    • ラスト1小節が表記レベルとしては妥当〜詐称の譜面が降って来る。道中も皿絡みに注意。
  • SP全譜面で個人差
    • CN・BSS・HCN譜面
      • CN・BSSに不慣れな場合は、基本的に同じレベルの曲の中でも中位〜上位レベルと思って良く、逆に慣れている場合は下位レベル〜逆詐称に感じることも多い。更に、バージョンが進むたびに複雑な配置になり、全体的に難しくなる傾向にある。
      • 特にBSSの途中で判定が消失した状態で終点の返しを取ると、直後に皿がある場合にその皿に判定を吸収される仕様があるようであり、最近の譜面に散見される「連皿にBSSが挟まった配置」はBSS前の連皿でBADハマりするとBSSをうまく取れず、BSS後の連皿がBADハマりしやすいので要注意。
      • HCNはノマゲの場合、別のHCNや他の要素でカバーできるのに対して(EX-)HARDの場合、ゲージを一気に持っていかれやすく、立て直しもしにくいので注意。そのためHCN搭載譜面は初見はノマゲ推奨。
      • なお、「通常のCNやBSSとHCNが混在した譜面」は現時点では存在していない。
  • TaQが作曲に関わった楽曲
    • 一部例外はあるが、他の譜面に比べてBADの判定範囲が狭いものが多く、TaQ系の高難度譜面に地力が少しだけ足りない状態で挑むと「BADが1桁でPOORが3桁」なんてことも珍しくない。
    • ただし、その分GOOD以上の判定範囲が広がっているわけではなく、ノーツを拾えるタイミング範囲が狭まっているということなので、クリアにしても他の楽曲より高い精度が求められるということになる。
  • B4U (4th)
    • 要所要所で表記レベルに対してきつめの皿絡みがある。特に[SPH]以上は2P殺しになっているので、2P側はRANDOMかMIRROR推奨。
  • Beat Juggling Mix (SINOBUZ)
    • レベル内で比較的強めな連皿が来るが、連皿耐性によって妥当か詐称かに分かれる。ソフラン曲だが対策は難しくはない。
  • CHECKING YOU OUT (4th)
    • スクラッチノーツの占める割合が大きく、ソフランもするという初代超個人差曲。高速地帯終了後は回復だが2小節程度しかない。
    • 余談だが、いずれの譜面もレベル内最少ノーツである。
  • Digitank System (DJT)
  • naughty girl@Queen's Palace (EMPRESS)
  • Red. by Full Metal Jacket (SIRIUS)
    • どれも連皿の割合が非常に高い構成となっている。BPMや譜面傾向などで多少の差異はあれど、皿に対する耐性で評価が分かれる。
  • Do it!! Do it!! (DJT)
    • 非常に速いBPMゆえにBADハマりを起こしやすく、HARDは総じて地雷である一方、地力が求められる構成ではないためノマゲでは評価が分かれる。全体的に1P殺しの配置のため、1PはMIRROR推奨。
  • Kailua (Resort Anthem)
    • 曲を通してCNのオンパレード。CNの得手不得手によって体感難易度に差が出る。
  • Love Magic (HAPPY SKY)
    • 全体を通して軸押しやトリルが多く、これらが苦手だと表記レベルよりも強め〜詐称に感じる。
  • Rave*it!! Rave*it!! (PENDUAL)
    • 同作者の「Do it!! Do it!!」同様、どれも高速の軸譜面によってBADハマりしやすい譜面となっている。軸押しの耐性で評価は分かれるものの基本的にHARDは地雷といえる。
  • sakura storm (Resort Anthem)
    • [SPN][SPH][SPA]で難しさのベクトルが大きく異なるが、総じて個人差が出る譜面となっている。
  • 獅子霞麗ノ舞 (SINOBUZ)
    • HCNが多いため、CN耐性がないと難しく感じる。他にも細かい配置があったり、[SPH]以上は24分配置やHCNの跨ぎ配置があったりするため、HARD以上は要注意。
  • 打打打打打打打打打打 (PENDUAL)
    • 「打打打...地帯」で「Innocent Walls」に似た12分縦連打が降ってくる。

☆1〜☆3

  • ノマゲで逆詐称or妥当&HARD殺し
    • ☆1 5.1.1.(N) (1st)
      • 序盤の57トリルはBPMこそ遅いが、初心者はBADハマりを起こしやすくHARD以上では大きな脅威になりうる。その後も始めたてのプレイヤーには捌きにくいS+1+7の同時押しが何度かあるが、総ノーツ数が99ノーツしかなく、ノマゲでは1ノーツで2〜3%も回復できるためさほど気にならない。
      • 7th〜tricoroでは、七級1曲目を務めていた。
  • HARDで逆詐称or妥当&ノマゲ殺し
    • ☆3 I Was The One(A) (2nd)
      • 終盤までは[SPH](☆3)とほぼ変わらず妥当だが、最後の一小節に7鍵16分15連打が追加され、完全なラス殺しになっている。適正レベルではノマゲクリア(EX-HARD)はほぼ不可能と考えてよく核地雷である。激しくHARD推奨。
      • 適正レベル以上で、縦連打が苦手な人はS-RANDOMも選択肢の一つか。
  • 個人差
    • ☆1 GAMBOL(H) (1st)
      • 判定が非常に厳しく、上級者でさえGOODを連発してしまう。特にラストの縦連はBADハマりに要注意。1st〜substream、CS 3rd、10thでは☆2だった。
      • 判定の厳しさ故にスコア難易度は極めて高く、10thのWEEKLY RANKINGの課題曲に選ばれた際(当時は判定ズレが凄まじい時期だったとはいえ)AAランク以上を獲得した人が1人もいなかった。
  • ☆2 earth scape(N) (RED)
    • このレベルにして微ソフランがあり、曲中でのBPM変化に慣れていないとGREAT以上が出にくくゲージを回復させにくい。微ソフランを考慮しなければ☆2としては妥当なので、初心者であるうちはこの曲で細かいBPM変化に慣れておくとよい。
    • DistorteD〜SPADAでは、七級課題曲を務めていた。
  • ☆3 KHAMEN BREAK(N) (SPADA)
    • ☆3としては珍しいBSSがある。苦手であれば苦戦するだろう。単押しがほとんどだが少々リズム難な箇所があり、☆3にしてはクセがあるか。
  • ☆3 We are Disっ娘よっつ打ち命(N) (HAPPY SKY)
    • 皿の枚数が46枚と☆3としてはかなり多く、またその多くが鍵盤との複合になっているため、皿の間隔は4分がほとんどであるものの、皿複合が苦手だと☆4下位レベルに感じるかも。始めたばかりのプレイヤーは「鍵盤と皿を片手で取る」テクニックを身につけるための練習曲にするとよい。
    • HAPPY SKY〜PENDUALでは、六級課題曲を務めていた。
  • ☆3 大桟橋(N) (RED)
    • 低速から始まり、曲中盤でBPMが倍に上がる構成が特徴で、皿も54枚と多め。皿やソフランに慣れていないプレイヤー(特に適正)だと若干厳しく感じるかもしれない。
    • ギアチェンジの猶予はあるので、慣れないうちはこの曲を通して、曲中でHI-SPEEDやSUDDEN+の調整を行えるようにもなっておくとよい。

☆4

  • ノマゲで逆詐称or妥当&HARD殺し
    • ☆4 smooooch・∀・(N) (EMPRESS)
      • 道中は☆4下位〜中位レベルだが、最後のサビに入る前に8分のトリル+αが降ってくるため、特に1P正規はHARD殺し。そこで削られすぎるとノマゲでも回復し切れないので注意。
  • HARDで逆詐称or妥当&ノマゲ殺し
    • ☆4 LOVE WILL・・・(N) (4th)
      • SPADAで☆3→☆4に昇格。道中は☆3レベルの配置が続くが、ラストの皿絡みが難しいので、HARDの方が楽。
  • ☆4 Pollinosis(N) (HAPPY SKY)
    • 中盤はスカスカだが、後半のリズムが☆4にしては取りにくく、ラス殺し気味。ノマゲは☆5下位〜中位レベル。HARDでも☆4上位レベルはあるか。
  • 個人差
    • ☆4 Leaving...(N) (DistorteD)
      • tricoroでの譜面修正により全体としては☆4適正になったが、リズムが元々独特だったところに歯抜けが加わり取りにくい点と、やや皿の配置が厳しい点は変更前と同じ。他の皿複合曲も苦手な場合には厳しく感じるか。
  • ☆4 Set U Free feat. Kanae Asaba(N) (copula)
    • 中盤まで16分プチトリルばかり降ってくるのが特徴。後半も8分交互なので終始BADハマりしやすい譜面構成となっており、初見プレイは特に注意。
  • ☆4 Synergy For Angels(N) (tricoro)
    • 所々リズムが跳ねており、CNと鍵盤との絡みもやや難しい。CNに不慣れだと☆5レベルに感じるかも。
    • ちなみに[SPH]以上にCNは存在しない。
  • ☆4 Watch out!!(N) (GOLD)
    • ☆4にしては122枚と連皿が非常に多く、皿が得意か不得意かで個人差が出やすい。
  • ☆4 獅子霞麗ノ舞(N) (SINOBUZ)
    • HCNは多く降ってくるものの、ごみ付きの配置はない。CNに慣れていれば、そこまで難しくないだろう。ただしEX-HARDは危険。

☆5

  • ノマゲで逆詐称or妥当&HARD殺し
    • ☆5 AFRO KNUCKLE(N) (PENDUAL)
      • 連皿、皿複合といったHARD殺しが満載の譜面。それ以外は特に難しくないのでノマゲは相当だが、最後に12分縦連が出てくるので油断は禁物。
  • ☆5 BLOCKS(N) (RED)
    • [SPH](☆7)同様、序盤難。いきなり軸変わりトリルが3小節に渡り降って来る。HARDは地雷クラス。その後も同色トリルが3回降って来たり、隣接配置が降って来るのでノマゲも個人差があるか。
  • ☆5 BLUE MIRAGE(N) (PENDUAL)
    • 序盤に長い皿複合地帯があり、特に後半は☆5としてはかなり難しい。それ以外は妥当だが、リズム難や交互配置が多いためスコアは伸びづらい。
  • ☆5 BOOM BOOM DISCO NIGHT(N) (DistorteD)
    • 中盤の16分スネアトリルと声ネタ小乱打に注意。それ以外は☆5で妥当と言える。
  • ☆5 DAY DREAM(N) (tricoro)
    • [SPH]以上同様、序盤の高速が障害。そこを抜ければレベル相応なのでノマゲクリアは楽。ただリズム難ゆえ、スコア難度はかなり高い。
  • ☆5 Hollywood Galaxy(N) (tricoro)
    • 中盤に16分の階段や8分乱打が降ってくる。全て単押しではあるが、苦手だとHARDの場合そこだけで落とされる危険性がある。以降は☆5中位レベル相当なのでノマゲは妥当。
  • ☆5 Real(N) (5th)
    • HARD地雷。前半の縦連+交互押し地帯が非常にBADハマりしやすく、一度ハマったらなかなか立て直しが利かないほか、後半にも16分階段や8分桂馬押しなど、このレベルではかなりの局所難がある(ノマゲではあまり気にならないレベル)。HARDは☆7〜8レベル。
    • ただし、HARD抜けを目指すなら、1曲目保障を利用するのも一考。
  • ☆5 TOGAKUSHI(N) (SINOBUZ)
    • 序盤に16分配置が多く、終盤までHCNの複合が続くのでHARDは注意。
  • ☆5 xenon(N) (8th)
    • ☆5にしてはやや難しい同時押しと、5と7の押しにくい連打があるので初見HARDは危険。ノマゲは簡単だが、同時押しと連打が苦手な人はきついかも。
  • ☆5 Xepher(N) (HAPPY SKY)
    • ☆5にしては厳しめの配置が局所的に散見されるが、特に後半のヴォーカルパート前1小節に☆7レベルの白鍵乱打地帯には要注意。ちなみにそこは[SPH](☆10)と全く一緒。ノマゲはさほど気にしなくてもいいが(EX-)HARDはそこだけでFAILEDの危険性あり。
  • ☆5 405nm (Ryu☆mix)(N) (tricoro)
    • 中盤までに2箇所ある1鍵4分+メロディの混フレが厄介。更に2箇所目は[SPH](☆9)と全く同じ配置で☆5としては厳しく、HARDは☆6下位〜中位レベル。ノマゲは終盤で回復出来るが、それでも☆5中位〜上位レベルはある。
    • SPADA以降、三級1曲目を務めている。
  • ☆5 合体せよ!ストロングイェーガー!!(Ryu☆remix)(N) (HAPPY SKY)
    • 中盤に☆6レベルの混フレの後に青+白鍵の同時押しが配置を変えて数回やってくる。HARDだとここで落ちる危険があり、☆6下位〜中位レベル。道中も細かい16分や混フレ等ミスしやすい配置があり、ノマゲでも☆5としては強め。
    • DistorteD〜copulaでは、二級課題曲を務めていた。
  • ☆5 とろぴかる倶楽部(N) (PENDUAL)
    • 道中の皿絡み地帯がRed. by Full Metal Jacket(N)(☆6)と同等かそれ以上の難易度。やや速めの二連皿やリズムの判りづらい連皿もあり、初見でHARD以上は特に注意。
  • ☆5 冥(N) (HAPPY SKY)
    • ドラムパート→ピアノパート→加速地帯→ドラムパート→ピアノパートといった感じの構成。前半のピアノパートがリズムに乗りにくいうえ、中盤の加速地帯の階段がBADハマりを起こしかねないため厄介。HARDは☆6レベルの地雷。それ以降は簡単になるのでノマゲは☆5下位レベル。
    • ちなみに、鍵盤同士の同時押しが1箇所も無い(皿を除けば全て単押し)。
  • ☆5 airflow(H) (8th)
    • Lincleで☆4→☆5に昇格。密度の差がハッキリした譜面で、高密度の難所が何箇所かあり、それ以外は☆3レベル程度の低密度になっており回復を阻む。HARDは回復が難しいため、☆5上位〜☆6下位レベルとまだ詐称気味だが、ノマゲはラストが回復なため、☆5下位〜中位レベルであり妥当。
    • SIRIUS〜Lincleでは、四級ボスを務めていた。
  • ☆5 CALL(H) (Lincle)
    • 中盤までは☆5で妥当な譜面だが、後半から16分の1+5→3+7→1+5といった☆5ではありえない二重の「く」の字がくるので初見HARDは危険。特にEX-HARDの場合はそこだけで落とされる危険性あり。
  • ☆5 EMPTY OF THE SKY(H) (HAPPY SKY)
    • 序盤に8分の交互桂馬押し(1+4→3+6)があり、☆5としては非常に難しく、HARDは要注意。以降は難しくないのでノマゲは妥当。
  • ☆5 ULTRA HIGH-HEELS(A) (4th)
    • 局所的に明らかに☆5を逸脱した配置があり、適正では厳しい。ノマゲはその後挽回できるので妥当。だが、HARDは☆6中位〜上位レベルと思った方がよいか。
  • ☆5 World Wide Love(A) (8th)
    • サビの同時押し地帯が☆5にしては難しい。HARDだと☆6レベル。ラストで回復できるのでノマゲは妥当。
  • HARDで逆詐称or妥当&ノマゲ殺し
    • ☆5 CROSSROAD(N) (GOLD)
      • 道中も皿絡みが難しいが、ラストには曲が終わったかと思わせて16分の4連皿が降って来る、露骨な初見殺しかつラス殺し([SPH]以上と全く同じ)。適正レベルでノマゲ(特にボーダーギリギリの場合)は、譜面を知っていてもここでボーダーを割る危険性大で、核地雷。激しくHARD推奨。クリアレートも☆5としては低く、EX-HARDも危険。更に2P側は道中の皿複合が押しにくい配置(8分57鍵トリル+皿)になっているため、HARDも注意が必要。
  • ☆5 moon_child(N) (9th)
    • Lincleで☆4→☆5に昇格。道中は☆4で妥当だが、ゴミ付き8分交互押しのラス殺しがあるので、ノマゲは☆5最上位レベル。途中に12分の混色階段があるので、HARDも☆5上位レベルはある。だが、EX-HARDだと、この部分でミスを抑えなければならないので、☆6上位レベルの地雷
  • ☆5 R5(N) (3rd)
    • トリル+αのラス殺し。ノマゲは☆6下〜中位レベル。道中も隣接配置やリズムが取りづらいのでHARD時も注意。
  • ☆5 Secret of Love(N) (RED)
    • 徐々に密度が高くなり、ラストは7鍵の8分軸押しに色々混ざる。道中も計2ヶ所ある1鍵8分軸押し+αや皿絡みの同時押しに注意する必要があるものの、総合的にはHARDの方が楽かと思われる。ノマゲは☆6下位レベル。
  • ☆5 spiral galaxy(N) (RED)
    • ラスト4小節の皿絡み8分交互押しが難所で、特に最後は裏拍で皿が絡むため慣れていないと取りづらい。特に1P側はこの皿絡みが不利なのでMIRRORかRANDOM推奨。それ以外はイントロでの軸押しのBADハマりに注意を要する程度なので、HARDの方が圧倒的にクリアしやすい。
  • ☆5 desolation(A) (10th)
    • 道中は☆5でも弱い方だが、ラストは皿絡みが極悪。HARDの方がクリアしやすいが、道中も同時押しと32分3連皿に注意。
  • 個人差
    • ☆5 B4U(N) (4th)
      • 皿複合が連発しており、苦手だと全く太刀打ちできない。全ての鍵盤が皿と絡む(1〜6鍵と複合、7鍵は16分のS→7→Sがある)ので、どのパターンもある程度できないと厳しい。
      • このレベル帯の皿複合の練習にはもってこいの譜面でもある。
  • ☆5 Bounce Bounce Bounce(N) (Resort Anthem)
    • 全体的にスクラッチが多く、中盤以降の「ABSOLUTE」のような24分くの字も厄介。☆5上位レベル。HARDは個人差が出やすいか。
  • ☆5 Cyber Force(N) (GOLD)
    • 変則的なリズムが続く譜面。また、同時押しが☆5にしては多いため、同時押しが苦手だと☆6レベルに感じる可能性がある。
  • ☆5 Dark Fall(N) (SPADA)
    • 中盤にCNだけで構成されている箇所があり、CNが苦手だとHARDは危険。他にも連皿や左右対称同時押しなど、個人差の出やすい配置が多い。
  • ☆5 FEEL IT(N) (10th)
    • [SPH]以上とは異なり16分トリルは全くないものの、道中は1鍵の12分2連打や、序盤を中心にやや複雑な皿絡みなど、注意を要する箇所は多い。
  • ☆5 INAZUMA(N) (HAPPY SKY)
    • 密度や配置は標準的だが、全体的にリズムが掴みづらい譜面。特に、裏裏のリズムについていけるかが体感難度の鍵。
  • ☆5 Kailua(N) (Resort Anthem)
    • ノーツ数こそレベルの割に少ないが、CNで難易度を上げている。CN検定・初級編といった感じか。CNスキルが低いとHARDは危険。またノマゲもラス殺し要素が少しあるので要注意。逆にCNが得意なら十分☆3〜☆4レベルにも感じられる。
  • ☆5 LESSON 5(N) (HAPPY SKY)
    • 前半の歯抜け交互連打、中盤の8分、16分混合階段、道中2ヶ所の同時押しと、タイトル通り"色々な譜面のレッスン"をさせられる曲。苦手な譜面に比例して体感難度が跳ね上がる。特に交互連打が苦手な人はHARDは危険。
  • ☆5 Love Magic(N) (HAPPY SKY)
    • [SPN]でも軸押しやトリルは短めながら健在で、これらが苦手だと特にHARDは危険。ノマゲでも終盤の3+7の8分連打でBADハマりをして削られすぎると回復が間に合わない。どちらかといえば個人差の範疇か。
  • ☆5 naughty girl@Queen's Palace(N) (EMPRESS)
    • Digitank System(N)(☆6)と比較すればノーツは少ないが、109枚と多めの皿がある。8分皿ができる人は良心に感じるだろう。
  • ☆5 PLEASE DON'T GO(N) (8th)
    • 1・2鍵密集が序盤と終盤に2回、さらに中盤の縦連地帯が厄介で、フルコン難度は高めとなっている。縦連が苦手な人にとっては脅威となろう。
  • ☆5 Quickening(N) (9th)
    • 局所に16分トリルがあり、全体的に変則テンポでリズムが取りづらくやや叩きづらい配置が多い。トリルが苦手だと☆6下位〜中位レベル程度。
  • ☆5 rainbow flyer(N) (8th)
    • 数回に渡る変則トリルがあり、同じリズムでも異なる配置で出現している。Lincleで☆4→☆5に昇格したが、トリルが苦手だとまだ詐称と感じるかも。
  • ☆5 Ride To The Core(N) (copula)
    • 長い8分交互が特徴的で、1鍵のBADハマりに注意。トリルが苦手な人は☆6レベルに感じるかもしれない。
  • ☆5 RISE(N) (SPADA)
    • 初見殺しのCNが多く、☆5では珍しい短いCNもある。曲を把握してないと押すタイミング、離すタイミング共にわかりづらく、CNが苦手だと☆6レベルに感じるかもしれない。
  • ☆5 Rock It(N) (copula)
    • 序盤と終盤にある鍵盤と皿の8分交互地帯が特徴で、皿複合耐性が低いとその部分だけで☆6中位〜上位レベルに感じられるほどの個人差が出る。初見殺しとしても強烈で、特に終盤の方では鍵盤が右寄りになるので2P側は要注意。この地帯が終わってからラストまでの回復はあまり見込めない。
  • ☆5 sakura storm(N) (Resort Anthem)
    • [SPH]以上と異なりCNは一本もないが、全体的に☆5としてはやや高密度(約1分半に529ノーツ)。16分は全くないので、とにかく速めのBPMでの8分の連続や同時押しに対する耐性が体感難度を決める。
    • 同時押しが多い分、BPMや譜面傾向が近いALBIDA(N)(☆6)よりも難しく感じるかも。
    • SINOBUZ以降、二級3曲目を務めている。
  • ☆5 Second Heaven(N) (GOLD)
    • 中盤と終盤のリズムが変則的で取りづらい。曲を知っていれば☆5で妥当だが、慣れない内はノマゲもHARDも難しく感じるだろう。
    • GOLD〜Resort Anthemでは、三級1曲目を務めていた。
  • ☆5 SigSig(N) (HAPPY SKY)
    • 序盤に1小節だけだが8分1軸+4分皿という配置があり、1P正規は地味にHARD殺し。特にEX-HARDだと、そこだけで閉店に追い込まれうる。それ以外は中盤に16分のプチ階段が何回か現れる程度で、皿や4つ打ちが絡む箇所以外はほとんどが8分主体の単押しであり、☆5で妥当か。
    • tricoro以降、三級3曲目を務めている。
  • ☆5 SOLID STATE SQUAD(N) (SIRIUS)
    • 局所的な皿と、後半を中心に縦連打がある。前者が苦手だとHARD殺し、後者が苦手だとややラス殺しなので注意。
  • ☆5 199024club -Re:BounceKiller-(N) (copula)
    • 大部分が8分連皿で占められている譜面。特に終盤は8分皿が最後まで延々と続くので、ノマゲだとBADハマりして落ちることも。基本的には皿が得意なら妥当、苦手なら詐称といったところだが、どちらかと言えばHARDの方がクリアしやすい。
  • ☆5 音楽(N) (tricoro)
    • BPM自体速いものの厳しい配置はさほどない。ただし終盤以降は変化が大きくなるためHI-SPEED設定には十分気を付けること。特にBPM310以降の箇所は押せないと落ちかねない。SUD+を付けると多少楽になるかも。
  • ☆5 打打打打打打打打打打(N) (PENDUAL)
    • 全体的には妥当だが、「打打打...地帯」は12分のトリルや縦連が出てくるため、特に(EX-)HARDではBADハマりしないよう注意。
  • ☆5 REINCARNATION(H) (3rd)
    • 全体的に☆5としては適正だが、サビの前後にある13トリルからの皿の連続で個人差が出やすい。特にサビ後のそれで削られすぎるとノマゲでも回復が追いつかないため、トリルが苦手な人は要注意。
    • 9th〜DistorteDでは三級3曲目であり、GOLD以降では三級ボスを務めている。

☆6

  • ノマゲで逆詐称or妥当&HARD殺し
    • ☆6 fallen leaves -IIDX edition-(N) (PENDUAL)
      • 序盤のCN+階段が[SPN]☆6としては厳しい配置であり、(EX-)HARD適用時は要注意。以後は☆6としては標準的な譜面なのでノマゲは妥当。
  • ☆6 GENOCIDE(N) (RED)
    • 全体的に付点8分や16分が多くリズムが掴みにくい。中盤に24トリルを主体とした青鍵連打地帯があり、適正レベルだとBADハマりでゲージを持っていかれやすく、HARDは☆7中位〜上位レベルの地雷。終盤は☆6レベルの譜面なのでノマゲは☆6上位レベルで妥当だが、ノマゲでも先述の地帯でゲージを削られすぎていると回復しきれないことも。
  • ☆6 JOMANDA(N) (tricoro)
    • 中盤に減速→加速する箇所がある為、HARDは要注意。それ以外は細かい16分のトリルや階段があるものの基本的に押しやすい配置で、ノマゲだと☆5レベルの逆詐称。
  • ☆6 MIRACLE MEETS(N) (SIRIUS)
    • 道中にCNやBSS、くの字の24分トリルが何度も現れるが、それ以外に☆6らしい難所は無くノマゲは☆5レベル。HARDは前述の部分が押せるかどうかで評価が変わる。
  • ☆6 Sounds Of Summer(N) (PENDUAL)
    • 全体的に同時押しが多めで、ノマゲならば回復しやすい。しかしHARDとなると[SPN]にしては密度が濃く、中盤に訪れるリズム難のCNと、その終わりに突然来る軸乱打は初見では捌きづらい。
  • ☆6 炸裂!イェーガー電光チョップ!!(JAEGER FINAL ATTACK)(N) (copula)
    • 皿が頻繁に出てきて厄介。前半では8分連皿や細かい階段に絡んだり、1鍵との同時押しも頻出する。終盤はやや簡単になるもののリズムが取りにくい。HARDは☆7レベル。
  • ☆6 still my words(H) (5th)
    • 中盤のピアノフレーズ部分でPresto(H)(☆8)のような譜面となっており、☆6を逸脱している。HARDは☆7上位レベル。その後も微縦連や短い階段が降って来るのでノマゲも☆6にしては強め。
    • 余談だが、このピアノフレーズは「Presto」作曲者の久保田修によるもの。
  • ☆6 THE CUBE(H) (5th)
    • 度々降りかかる1-3のくの字配置が細かいミスを誘う上、さらに後半はこのBPMでの3-1トリル、1鍵3連打というあからさまなコンボカッターがある。ここを抜ければ回復できるのでノマゲは妥当だが、HARDは危険。
    • 全体を通してノーツが左寄りに配置されている為、左手が弱い場合はMIRROR推奨。また、[SPA](☆7)とは譜面構成が全く異なるため、人によっては[SPA]より難しく感じる場合もある。
  • ☆6 With your Smile(H) (GOLD)
    • 全体的に同時押しが多く、特にBメロで隣接配置も含む2〜3つ同時押しが連続する局所難譜面。HARDだとここで落ちる可能性があり、☆7下位レベル。そのあとは比較的楽なので、ノマゲは☆6中位〜上位レベルくらいか。
    • GOLDでは一級3曲目であり、DJT以降では一級ボスを務めている。一級取得後も同時押しの練習曲としてオススメ。
  • ☆6 Glorious Days(A) (7th)
    • 前半2回だけある32分5連皿が非常に厄介で、特に1P側はここで大幅にゲージを削られてしまう可能性あり。HARD以上はここだけでゲージを空にしてしまう危険が大きく、少なくとも☆7中位〜上位レベルはある。終盤にも皿絡みがあるが、密度が低くなるのでノマゲは☆6下位レベル。
  • HARDで逆詐称or妥当&ノマゲ殺し
    • ☆6 ACT(N) (9th)
      • 終盤の変則リズムの混フレが捌きづらい。ここだけでゲージを減らされてしまう人はHARD推奨。
  • ☆6 Adularia(N) (SPADA)
    • 終盤に適正には厳しい1鍵の8分刻み+αなるラス殺しがあるためHARD推奨だが、HARDでも階段譜面なので☆6上位レベルか。
  • ☆6 AO-∞(N) (SINOBUZ)
    • ラストで皿+単鍵が3連符(6分)リズムで連続し、ラス殺し気味となっている。道中がある程度押せるならHARDの方が楽。
  • ☆6 CaptivAte〜裁き〜 (SUBLIME TECHNO MIX)(N) (SIRIUS)
    • tricoroで☆5→☆6に昇格。交互押し+別リズムの皿のラス殺しで、ノマゲは☆6下位〜中位レベル。道中は☆5レベルなのでHARDのほうが楽か。
    • なお、SIRIUS当時の新曲☆5の中で最低のクリアレートを記録している。
  • ☆6 DIAVOLO(N) (Lincle)
    • 終盤にかなり捌きにくい皿+鍵盤地帯あり。ノマゲは☆7下位〜中位レベル。HARDなら妥当か。逆にEX-HARDは若干危険。
  • ☆6 Empire State Glory(N) (SIRIUS)
    • 終盤に同時押し混じりの乱打があり、ここだけで崩れやすい。道中は☆5上位〜☆6下位レベルなのでHARDの方が楽といえる。
  • ☆6 end of world(N) (DJT)
    • [SPH]以上と異なり道中はかなり低密度だが、それでもラス殺しは健在。終盤毎小節で皿が加わり、その最後には4分S+1-3の8分交互+αで殺してくる。HARDは☆5上位〜☆6下位レベルだが、ノマゲだと☆7下位〜中位レベル。
  • ☆6 Evans(N) (SIRIUS)
    • 皿と同時押しの複合のラス殺しがあり、ノマゲはここでボーダーを切りやすい。道中は☆6下位レベルなのでHARDの方が楽。
    • tricoroでは、二級2曲目を務めていた。
  • ☆6 rottel-the-Mercury(N) (9th)
    • BPM200と速めだが、最後以外は密度はそんなに高くない。所々変則的な箇所もあるがクリア・スコア共にあまり影響しにくい。HARDは☆5中位〜上位レベル。ノマゲは最後の連打+αの得手不得手で評価が分かれる。
  • ☆6 route 80s(N) (6th)
    • ラスト付近の連皿が厄介。そこ以外は多少癖があるものの☆6レベルで妥当な譜面なので、HARDの方がクリアしやすいか。
  • ☆6 thunder(N) (8th)
    • 終盤密度が☆6の中では高めで、かつラス殺し。交互に叩けない箇所や押しづらい箇所もある。またラストは[SPH](☆8)とは異なるタイプの乱打のため、ノマゲは[SPH]より難しいと感じる人も。HARD推奨だが☆6上位レベル。ノマゲだと☆7レベル。
  • ☆6 tripping contact(N) (DistorteD)
    • ラスト1小節にある1-7トリル(ズレ含みだが16分としては叩ける)でBADハマりを起こす危険性が高い。道中も桂馬押しや皿絡みに注意。
  • ☆6 華爛漫 -Flowers-(N) (DJT)
    • Lincleで☆5→☆6に昇格。道中は8分配置がほとんどで☆5レベル相当だが、ラストは4つ打ちとの複合でそれなりに密度が上がる。HARDの方がクリアしやすいが、道中も皿複合が多めなので注意。
  • ☆6 RISLIM -Remix-(H) (9th)
    • 3+7の8分連打から、短いながらも隣接二重トリルで終わるラス殺し。道中は連皿や連打でミスしやすいが、ラストが厳しい場合はHARDの方が楽だろう。
  • ☆6 恋は白帯、サンシロー(H) (PENDUAL)
    • ラストに16分のトリルと階段があるためノマゲは要注意。
  • 個人差
    • ☆6 ABSOLUTE(N) (4th)
      • Lincleで☆5→☆6に昇格。とはいえ、序盤や終盤にある装飾音や全体的に変則なリズム、ラストのリタルダンドなど、☆6の中でもクセが強い譜面。
  • ☆6 abstract(N) (8th)
    • 全体を通して16分2連打、3連打が多く、そこにさらに変拍子によるリズム難の要素もあり、苦手だと詐称に感じることも。曲を覚えれば詐称には感じないが、ABSOLUTE(N)(☆6)以上にクセが強い譜面。
  • ☆6 Beat Juggling Mix(N) (SINOBUZ)
    • ☆6にしては珍しく、終盤にBPM188の8分連皿が長めに来る。苦手だと☆7レベル。
  • ☆6 Blue Rain(N) (DJT)
    • [NORMAL]特有の歯抜け譜面であり、全体的にリズム難。変則テンポに対応出来るなら☆5中位レベル程度。HARDは中盤手前の変則歯抜け連打に要注意。
  • ☆6 Digitank System(N) (DJT)
  • ☆6 Red. by Full Metal Jacket(N) (SIRIUS)
  • ☆6 Watch Out Pt.2(N) (Resort Anthem)
    • いずれも[SPH]以上と比べかなり易しくなっているものの、このレベル帯としては皿が非常に多い譜面。
    • Digitank Systemは皿数176枚。中盤に8分皿が延々と続く構成で、BPMこそ遅いものの一旦タイミングがずれると立て直しが利きづらく、皿が苦手な人は☆7レベルに感じることも。逆に得意なら☆5中位〜☆6下位レベル程度か。
    • Red. by Full Metal Jacketは皿数174枚。[DPN](☆6)と同じ枚数であり、ノーツ数も同じ(517ノーツ)。不規則皿+鍵盤といった組み合わせが中心で、BPMも他2曲と比べて速めなので、苦手な人には☆6上位レベルに感じると思われる。得意なら☆5中位レベル。
    • Watch Out Pt.2は皿数203枚。[SPN]では灼熱 Pt.2 Long Train Running(N)(☆7)に次いで2番目に多い。序盤から容赦なく8分連皿が降ってくる上、同時押しとの複合も多少あり、灼熱Beach Side Bunny(N)(☆7)より難しいと感じる人もいると思われる。連皿が苦手だと☆7中位〜上位レベル、得意なら弱め〜妥当に感じるか。 なお、Red. by Full Metal Jacketは、SINOBUZ以降一級1曲目を務めている。
  • ☆6 Donkey Donk(N) (copula)
    • [SPN]にしては頻繁にやって来るHCNが非常に厄介。時間差、鍵盤絡みなどが襲い掛かって来る。HCNを抜きにしても51小節目から57小節目が歯抜けでわかりにくい配置になっていたり、隣接16分階段や短い16分が頻繁にやって来る等、気が抜けない配置となっており、これらも苦手だとHCNの特性も相まって、特にHARDは低く見積もっても☆7レベルの詐称となりかねない。
  • ☆6 double thrash(N) (HAPPY SKY)
    • 全体的に妥当だが、変則的なリズムは[SPN]でも健在。8分に見える16分のウラウラや、後半にある不等長なトリルのおかげでスコアは出にくく、変則的なリズムやトリルが苦手だと(EX-)HARDでは地雷になりうる。
  • ☆6 GALGALIM(N) (SIRIUS)
    • ☆6にしてはノーツ数が多く、バスドラを叩かされる箇所が多いため、苦手であれば☆7下位レベルに感じる。また、曲のリズムが独特な上に[SPN]特有の歯抜け配置であるため、タイミングが分かりづらいかも。
  • ☆6 MENDES(N) (DJT)
    • 基本的に逆詐称だが、終盤に連発する8分の三連皿+階段ができるかどうかで個人差が出やすい。ここだけで崩れるという人はHARDの方が楽か。
    • EMPRESS以降、一級課題曲を務めている。
  • ☆6 neu(N) (tricoro)
    • BPM95という低BPMではあるが、16分2連打の連続や16分乱打が降ってくる。どのゲージでも後半の乱打次第か。
  • ☆6 Rave*it!! Rave*it!!(N) (PENDUAL)
    • 4分打ちや4分連皿(BPM141の8分相当)が大半を占め、これらの耐性によって評価が分かれる。HARDは特に道中2回降ってくる長いバス連打+α地帯でのBADハマりに注意。You'll say "Now!"(N)(☆6)よりは見切りやすい軸譜面ではあるが、HARDは詐称気味だと思ってよい。
  • ☆6 STARLIGHT DANCEHALL(N) (copula)
    • 道中は数ヶ所ある移動トリル、前半の連皿や青鍵軸、終盤入り前の同色階段+皿といった局所難な箇所が多い。この上で終盤が一番の堪えどころであり、短い16分連打が多く絡んでくる。HARDCORE系の高BPM曲に慣れていないと☆7下位レベルに匹敵する。
  • ☆6 Timepiece Phase II (CN Ver.)(N) (tricoro)
    • [SPN]でのCNの数はKailua(N)(☆5)に次ぐ多さ。またぎ配置などはほぼ無いが、全体的に散りばめられており、CNが苦手な場合注意が必要。特にラストの同時からのCN階段は強烈な殺しになり得る。
  • ☆6 V2(N) (EMPRESS)
    • とにかく軸変わりトリルだらけ。V(N)(☆5)よりも難易度表記は上だが、譜面全体に占めるトリルの割合も上昇しており、トリルの得意不得意による個人差は更に広がっている。
  • ☆6 カゴノトリ〜弐式〜(N) (DistorteD)
    • ブレイク前までは同色のくの字配置と階段、リズムに乗りにくい16分が続き、終盤は8分で同色主体ながら十字配置絡みや1+3→5+7のような配置が続き、ラスト直前に至っては3+5の16分4連打が襲いかかって来る。ノマゲ、HARD共に癖の強い配置で、これらが苦手だと☆7レベルの詐称になりかねない。
  • ☆6 華蝶風雪(N) (DistorteD)
    • 密度的には妥当だが、全体的に8分の単押しが主体で、BPMの速さも相まって忙しい譜面。特にラスト10小節は[SPH](☆10)と全く同じで、ノマゲ・HARDともに個人差が出やすい。苦手な人にとっては下手な☆7よりも難しく感じるかも。
  • ☆6 リグレット(N) (GOLD)
    • サビを中心に4つ打ち混合と間奏の同時打ちが譜面を支配している。密度は若干高めだが、テンポが掴みづらい以外は配置的には☆6にしては若干おとなしめ。
    • 初出のCS REDでは☆5だった。
  • ☆6 BALLAD THE FEATHERS(H) (DistorteD)
    • ラストに☆6にしてはきつめの乱打から2+4+7(一部に+SC)の連続同時押しに移る箇所があり、1P側はS+2が左手で(あるいは2+4+7が右手で)自然に捌けないとノマゲクリアは難しいだろう。1P側はS+1が左手で捌けるならMIRROR推奨。
    • ちなみに[SPA](☆8)でもこの乱打部分はほとんど同じな上、最後の同時押しが白鍵×4(+SC)になっている為、人によっては[SPA]の方がクリアしやすいかも。
  • ☆6 Fly Above(H) (EMPRESS)
    • 現行ACのSP☆6最多ノーツ(815ノーツ)。
    • リズムや配置は素直だが混フレや同時押しが多く密度も高めで、同時押しや物量に慣れていないと☆7レベルに感じる。逆にそれらが得意な人にとっては☆6で妥当と感じるだろう。
  • ☆6 LOVE IS ORANGE(H) (8th)
    • 交互押し中心ではあるが、密度は高くない譜面。ラストは1鍵単押しと同時押しの8分交互だが、同時押し側が隣接配置だったり、左に寄っていたりして、評価が分かれるところ。苦手でなければ十分回復できるので☆5中位レベル。
  • ☆6 Really Love(H) (9th)
    • 皿が186枚と、☆6の中でもかなり多く、低速ながら16分連皿や高速2連皿が頻発する。道中に長い16分連皿が数回、ラストにも2連皿×4があり、連皿が捌けないとクリアは困難。逆に、連皿が得意であれば、鍵盤だけ見れば単押しのみで皿との複合が複雑でないこともあり、☆6の中でも弱く感じるかもしれない。
    • なお、皿の枚数は[SPA](☆10)の189枚と比べ、3枚しか変わらない。
  • ☆6 Watch out!!(H) (GOLD)
    • ひたすら16分連皿が続く曲。BPMは遅めであるが、皿が178枚と多めで個人差が出やすい。苦手なら☆7中位〜上位レベルくらい。
  • ☆6 獅子霞麗ノ舞(H) (SINOBUZ)
    • 序盤に24分配置があったり、道中からはHCNを3・4・5のいずれかに置いて、それをまたぐように単押しという配置が目立つ。CN耐性が無いとBPやHCNによるダメージが蓄積しがちで、HARD以上では痛手となるので要注意。

☆7

  • ノマゲで逆詐称or妥当&HARD殺し
    • ☆7 Candy Galy(N) (GOLD)
      • 前半は取りづらい乱打や皿絡み階段など☆7としては強めだが、サビに入ってからは☆6上位レベルの簡単な譜面となる。HARDは☆7上位レベルだが、ノマゲは逆詐称気味。
  • ☆7 DIAMOND CROSSING(N) (copula)
    • 序盤から[SPN]としては規格外の同時押しHCNが降ってくる。しかしノーツ数が509ノーツと比較的少なく後半の密度が低いことから、ノマゲはHCNでかなり回復できることもあり☆6レベルの逆詐称か。逆にHARDは要注意。
  • ☆7 Macuilxochitl(N) (SINOBUZ)
    • 序盤から中盤にかけて、同色メインの折り返し階段や乱打が長く続くため、☆8レベルはある。ただ終盤4つ打ちが入ってからは階段も短いものしか出なくなり、密度が下がるためノマゲでは妥当か。
  • ☆7 Sigmund(N) (SPADA)
    • BPMが200と早く、長い12分交互等が降ってくるので、HARDは要注意。後半は楽になるが2%まで落ちてしまう場合、回復は厳しいかも。
  • ☆7 桜(N) (8th)
    • ソフラン曲。特に中盤の低速階段が難しい。後半はBPM320と非常に速くなるものの難所は無くノマゲは比較的には楽だが、ラストの減速はノマゲ・HARDともに注意。
    • 10thまでは何と☆5だった。REDで☆5→☆6に昇格し、HAPPY SKYで☆6→☆7に再昇格した。
  • ☆7 煉獄のエルフェリア(N) (SPADA)
    • 前半の4つ打ち+12分階段が難しく、HARDだとじわりじわり削られる危険性があり☆7としては強め。ただこの譜面の特徴として曲が進むにつれて易化していくことが挙げられ、8分主体の中盤がしっかりこなせばクリアは比較的楽。ノマゲなら☆6上位〜☆7下位レベル。
    • とはいえ2回目のブレイク後は皿+1+7の同時押しの4分主体で、これを連続で取る技術が要求される点には留意しておきたい。
  • ☆7 awakening(H) (RED)
    • 中盤の16分隣接トリル→24分・32分大階段が非常に捌きにくく、かなり危険。更に、序盤とラストに、16分同色階段が4小節ずつ続いており、これも難しい。ノマゲでも☆7上位レベル、HARDは☆9レベルの核地雷か。
  • ☆7 BABY LOVE(H) (10th)
    • 前半と後半に1小節ずつある連皿が鍵盤と絡んでおり捌きにくい。3つ同時押しと絡む皿も何か所かある。HARDは☆8レベル。連皿地帯を抜ければ難所はないのでノマゲは☆7妥当。
    • 10thでは、四段ボスを務めていた。
  • ☆7 BLOCKS(H) (RED)
    • 序盤難。皿が絡む長いトリルや、前半の乱打が厳しい。HARDは☆7上位〜☆8下位レベル。ブレイク後は☆7レベルで、ラストに回復もあるのでノマゲは☆7下位レベル。
  • ☆7 Jack(H) (EMPRESS)
    • 中盤の同時押し地帯の密集が☆8〜☆9レベル。HARDは危険。その後は☆7レベルで妥当だが、密集で削られすぎると回復が間に合わないことも。ノマゲでも、☆7をギリギリでクリアする人にはやや厳しいか。
    • pop'nの[HYPER]の譜面とそっくりなので、慣れていれば有利かもしれない。
  • ☆7 Macho Gang(H) (substream)
    • 序盤の移動する同時連打が非常に難しいが、難所はそこくらい。ノマゲは☆7下位レベルだが、HARDではその連打部分を耐えなければならず、☆8レベル。
  • ☆7 SigSig(H) (HAPPY SKY)
    • 前半の連打やトリルが難しく、HARDは詐称気味。後半は連皿にも注意が必要であり、ノマゲも☆7上位レベルはある。
  • ☆7 airflow(A) (8th)
    • [SPH](☆5)と同じく密度の違いがハッキリした譜面で、高密度部分の何ヶ所かが☆7としては厳しい。低密度部分も三角押しなどがあり、注意を要する。ラストは回復だが、その手前の高密度譜面で削られすぎると回復が間に合わず、ノマゲでも☆7上位レベル。
  • ☆7 I'm Screaming LOVE(A) (EMPRESS)
    • 中盤に☆7とは思えない密度の同色階段+αが降ってくる。だがそこを抜ければあとは☆7下位レベル程度の配置。HARDは☆8レベルの地雷
  • HARDで逆詐称or妥当&ノマゲ殺し
    • ☆7 Abyss -The Heavens Remix-(N) (9th)
      • 道中もややリズム難だが終盤の皿絡み乱打が特に厄介。ノマゲだとここで大幅にゲージを減らしてボーダーに届かない可能性も。HARDは妥当だがノマゲは☆8下位レベルか。ちなみに初出時はなんと☆5と超詐称だった。
  • ☆7 AIR RAID FROM THA UNDAGROUND(N) (SIRIUS)
    • Lincleで☆6→☆7に昇格。道中に☆7として難しいところは特に無いが、ラストは1軸+αで殺しにかかってくる。そのためHARDの方が楽といえる。
  • ☆7 AO-1(N) (copula)
    • 道中は皿絡みや連皿で小さなミスが出やすく、ラスト手前7小節ほどには高BPMでの同時押しラッシュがあり、一気にゲージを削りにくるため要注意。ノマゲは☆7上位〜☆8下位レベル。
  • ☆7 Elemental Creation(N) (tricoro)
    • 終盤にBPM212という高速で中抜き連打やくの字押しという厳しい譜面が降ってくる。ノマゲは☆8レベル、HARDも☆7上位レベルか。
  • ☆7 in the Sky(N) (DJT)
    • 強めなラスト以外は☆7レベル相当なのでHARDなら妥当だが、ノマゲの場合は☆7上位〜☆8中位レベル。
    • 初出のCS HAPPY SKYではなんと☆6だった。
  • ☆7 SCREAM SQUAD(N) (HAPPY SKY)
    • ラストの不規則な皿の絡みが凶悪。HARDだと妥当だが、ノマゲは☆8レベル。
  • ☆7 smile(N) (GOLD)
    • BPM189という高速で、ノマゲはラストの白鍵階段(7531)→隣接階段(65432)が勝負。適正ノマゲは苦手だとそこだけでボーダーを割る恐れも。道中は83小節目の大階段には要注意だがそれ以外に16分はほとんどなく☆7レベル相応なので、全体的にはHARDのほうが楽。
    • 初出のGOLDでは☆8だった。
  • ☆7 waxing and wanding(N) (DistorteD)
    • 全体的に同時押しや階段の配置が多く、特にブレイク後の後半はそこに皿も絡んでくるのでラス殺し気味。前半を安定して繋げるならHARDの方が楽といえる。
  • ☆7 evergreen(H) (DJT)
    • ラストが1鍵8分連打+αだが、皿が絡んだり1・2鍵交互+αになっていてラス殺し気味。HARDのほうが楽ではあるが、道中はズレ押しが多く回復しにくいので注意。
  • ☆7 RISLIM(H) (5th)
    • 終盤前とラストに、24分の移動トリルがある。ノマゲはそこでBADハマりで叩き落される可能性が高く、特にトリルが苦手ならHARDの方がクリアしやすいだろう。
  • ☆7 Under the Sky(H) (HAPPY SKY)
    • 全体的に8分中心で叩きやすいが、終盤に白鍵乱打→26トリルや、3小節にわたる軸押し地帯がある終盤難譜面。特に後者は、軸が1小節ごとに移動しているものの、適正ノマゲはBADハマりでボーダーを割りやすい。道中は☆6中位〜上位レベルなので、HARDのほうが若干楽。
    • HAPPY SKY〜DJTでは、初段3曲目を務めていた。当時は唯一の☆7だった。
  • ☆7 2 tribe 4 K(H) (DJT)
    • 終盤に階段が殺しにかかってくる。こちらの方が断然楽ではあるが、旧譜面と同じで、HARDのほうがクリアしやすい。
  • ☆7 Burnin' The Floor(A) (4th)
    • ラストで☆7にしては密度の高い皿複合譜面が降って来る。HARD推奨だが、☆7としては強い方と言える。ノマゲは☆8下位〜中位レベル。
  • ☆7 Skyscraper(A) (3rd)
    • [SPH](☆6)に比べ19ノーツしか増えていないが、その殆どが最後2小節に追加され強烈なラス殺しに。ノマゲは☆8上位レベル。道中も、[SPH]とほぼ同じといえど、☆7として十分な難度があるため、HARDも☆7としては強めか。
  • 個人差
    • ☆7 Almagest(N) (SIRIUS)
      • 中盤からのCN地帯が最大の難所。難しいのはここだけだが、ノーツがCNをまたいで配置されているため非常に押しにくく、CNの途中で鍵盤を離してしまったり、CN以外の鍵盤を押しそこなったりしてしまったりと、一気にゲージを削られてしまいがちなので注意。
      • なお、Resort Anthemで譜面が変更され、2P殺しといわれたCN中の連皿が鍵盤になり、更に☆6→☆7に昇格したが、CNが苦手な人は(特にHARDだと)まだ詐称と感じるかもしれない。
  • ☆7 bloomin' feeling(N) (SIRIUS)
    • CN+皿や終盤の同時押し8分など、要注意箇所は多いが、曲のリズムが非常に分かりやすく、慣れれば妥当、もしくは若干の逆詐称に感じる。
    • なお、CN絡みの皿は右側のノーツに偏っているので、若干2Pの方が難しい。
  • ☆7 CHECKING YOU OUT(N) (4th)
    • 現行ACのSP☆7最少ノーツ(339ノーツ)。
    • [SPH]以上同様、皿&ソフラン曲。[SPH]以上に比べれば皿は簡略化されているものの、それでも[SPN]では滅多に見られないトリッキーなリズムが散見される。Lincleで☆6→☆7に昇格したが、連皿やソフランが得意かどうかで☆6レベル妥当から☆8レベルの詐称まで体感難易度が大きく分かれる。
    • ちなみにGOLDまではなんと☆5という超詐称であった。
  • ☆7 Chrono Diver -PENDULUMs-(N) (PENDUAL)
    • 前半はこれといって難しい箇所は無いが、終盤に[NORMAL]ではあまり見られない7→1の16分隣接大階段が4回登場する。4回目の大階段が終わった後は40ノーツほどしかないため、そこまででゲージを減らしてしまっていると回復は困難。階段の得意不得意によって個人差が出やすい。
  • ☆7 Dances with Snow Fairies(N) (Resort Anthem)
    • かなり階段に特化した譜面。同色、隣接、折り返しなど様々なパターンの階段が続くため、階段が苦手な人は☆8中位〜上位レベルに感じるか。
  • ☆7 GOLD RUSH(N) (GOLD)
    • 全体的にリズムは音合わせだがやや変則的で、初段挑戦〜☆7適正レベルだと個人差が出やすい。
    • 初出のGOLDでは☆8だった。
    • EMPRESS以降、初段3曲目を務めている。
  • ☆7 perditus†paradisus(N) (Resort Anthem)
    • 短い同色階段中心で比較的叩きやすく、クリアだけなら逆詐称気味だが、全体的にリズムが掴みづらく、スコアは伸ばしづらい。(EX-)HARDは序盤の途中でトリルの入るCN地帯、ノマゲは終盤の連続プチトリルに注意。
  • ☆7 The Dirty of Loudness(N) (DistorteD)
    • 全押しが出来るか否かで体感レベルが大きく変わる。中盤に難所があるが、ラストの全押しをちゃんと押せれば余裕で取り返せる。逆に出来ない人には重すぎるラス殺しとなることも。得意なら☆6中位レベル、苦手なら☆8レベルくらいか。
    • ただし、特にHARDは全押しがあることを知っておかないとまずクリア不能(全押し2回分で落ちる)
  • ☆7 灼熱 Pt.2 Long Train Running(N) (copula)
    • BSSからの8分連皿と、この難易度としては特殊な配置が出てくる。基本的にはスクラッチの得意不得意で個人差が出る。
  • ☆7 天空の夜明け(N) (Lincle)
    • 難易度自体は☆7中位レベルで妥当だが、16分交互押しや8分同時押しの連続など、所々で[SPN]では厳しめの配置が散見されるので注意が必要。
  • ☆7 Abyss(H) (5th)
    • 前半は左右交互の手で叩ける16分の単鍵乱打や2つ押しの8分連続などの配置が多く、後半は密度は若干下がるものの、12分と8分の複合や24分のくの字、裏のリズムで絡んでくる皿など、ややリズム難な配置がある。これらの中に苦手要素があるとHARDは危険。
    • 7th〜GOLDでは二段2曲目であり、DJT以降二段ボスを務めている。
    • いずれも上達のためにはできるようになっておきたいパターンなので、二段取得後も中級者の練習曲として適している。
  • ☆7 GOBBLE(H) (copula)
    • 所々で16分の縦連打や隣接階段が降ってくる局所難譜面。難所以外がスカスカなので回復もしづらい。
    • 初出のCS 4thでは☆5だった。
  • ☆7 IN THE NAME OF LOVE(H) (SIRIUS)
    • 中盤に16分階段地帯がある。とはいっても、階段地帯後に十分回復可能なためノマゲは影響が少ないが、HARD以上の場合は個人差が大きく出やすいと思われる。
  • ☆7 Monkey Dance(H) (8th)
    • 道中は☆6上位レベルだが、IN THE NAME OF LOVE(H)(☆7)同様、終盤に7小節にわたってある3連4連交じりの16分階段はいったんリズムを崩すとBADハマりを起こしやすく、そこで削られすぎると回復が追い付かないため、ノマゲ・HARDともに個人差が大きく出やすい。
    • 9th以降、二段1曲目を務めている。だが、先述の地帯で大きく削られる挑戦者は少なくない。
  • ☆7 SAMSARA(H) (PENDUAL)
    • 全体的には☆7レベル妥当。しかし、中盤に皿絡み地帯があり、適正での初見または皿絡みが苦手だと、ここでゲージが壊滅的ダメージを受けることがあるため、注意すること。
  • ☆7 THE EARTH LIGHT(H) (substream)
    • 全体的に不規則な縦連打が多く、苦手だと正規は地雷になりうる。縦連打が苦手な人はS-RANDOM推奨。
  • ☆7 Vermillion(H) (Resort Anthem)
    • [SPA](☆10)にはないCNが非常にいやらしいが、密度は低い。
    • Resort Anthemロケテでは☆8だったが、製品版で譜面が変更されている。
  • ☆7 月雪に舞う華のように(H) (SINOBUZ)
    • ズレが少々いやらしい程度で密度的には☆7にしては簡単だが、CN複合の出来次第で妥当か逆詐称かに分かれるところ。
  • ☆7 I Was The One(80's EUROBEAT STYLE)(A) (9th)
    • 全体的に[SPH](☆6)に少し手を加えた程度の譜面だが、特に皿複合の部分に1鍵が増えており、押しにくくなっているため1P正規は注意。
    • [SPH]同様、EX-HARDはイントロの階段だけで落とされる危険があるので要注意。

☆8

  • ノマゲで逆詐称or妥当&HARD殺し
  • ☆8 ALBA -黎明-(H) (SPADA)
    • 詐称傾向の強いSPADA☆8の中では比較的妥当レベルだが、階段が多めで苦手だとHARDは厳しいかもしれない。HARDだと☆8上位レベルか。
  • ☆8 beatonic nation(H) (DJT)
    • 序盤の階段が難しく、HARDは危険。しかし後半は☆8としては簡単な同時押し譜面なので十分に回復でき、ノマゲは☆7レベル。
  • ☆8 do the thing feat. Kanae Asaba(H) (copula)
    • 中盤の鍵盤と皿の16分交互配置の後に8小節にも渡る長い螺旋階段地帯があり、この螺旋がやや横に広い配置で、1小節ごとに訪れる配置パターンの切り換わりが少々見切りづらい。終盤は序盤とほぼ同じ配置なので、ノマゲでは十分な回復が見込める。
  • ☆8 era(step mix)(H) (4th)
    • 全体的にera(nostalmix)(☆8)よりも高密度になっており、中盤の低速地帯が特に叩きにくくなっている。ノマゲは☆8レベルで妥当だが、HARDは☆8最上位〜☆9中位レベルか。
  • ☆8 GUILTY(H) (PENDUAL)
    • 終盤の同時押し混じりのトリルが取りづらく(EX-)HARDだとそこで落とされる危険がある。全体的に見ても押しづらくリズム難な上に休みが殆どなく稼ぎづらい為、ノマゲも☆8上位〜☆9下位レベル。
  • ☆8 Harmony and Lovely(H) (DistorteD)
    • 交互に捌けない乱打、トリル+αの配置、軸移動の8分同時縦連打+αなどじわじわと削られやすい配置が多い。HARDは要注意だが、ラストで回復できることもありノマゲクリアは比較的楽な方。
  • ☆8 Lucky Days(H) (Lincle)
    • 中盤に歯抜け白青トリル+皿の非常に捌きにくい地帯が存在し、HARDだとBADハマりなどで一気にゲージを持っていかれる恐れがある。全体で見れば癖の強い☆8中位〜上位レベルで妥当だが、他の☆8譜面が比較的低難度であるLincleフォルダに存在している点ではある意味地雷と言える。
  • ☆8 METALLIC MIND(H) (GOLD)
    • 所々に出てくる皿絡みのラッシュでゲージを大幅に削られやすい。特に許容BPの少ないHARDは注意。ノマゲだとそれ以外でゲージを稼げるが、ラスト前にも前述の皿複合があるので、詐称とまではいかないが☆8上位レベルはある。
  • ☆8 m1dy Festival(H) (PENDUAL)
    • 軸押し地帯が多く体力譜面気味だったm1dy Deluxe(H)(☆9)と比較すると、同色階段中心の譜面で密度も低くなっているため鍵盤は押しやすくなっているが、問題は高速スクラッチ地帯。早いBPM故にリズムの取りづらい2連皿からの不規則な連皿地帯が2度ほど来るためHARD以上はここでゲージを削りやすく要注意。
  • ☆8 nostos(H) (SINOBUZ)
    • [SPA](☆11)と同様に中盤のBPM144になってからの縦連やズレが脅威でHARDは危険。中盤を乗り越えても終盤は緩やかながらも長めの階段が続くのでそちらも注意。
  • ☆8 Nowhere(H) (copula)
    • 終盤の長い16分階段からの微縦連混じりの混フレが脅威。HARDは☆9レベル。ノマゲも前述の難所で削られ過ぎると回復し切れず、☆8上位レベルはあるか。
  • ☆8 NPC World(H) (SPADA)
    • 序盤に螺旋、隣接混じりの長めの高速階段の配置があるため、HARDは注意。それ以降も階段の配置が多いが前述の部分よりは押しやすく、ノマゲだとあまり気にならないレベル。
  • ☆8 Real(H) (5th)
    • 中盤に☆10レベルの発狂地帯がある局所難譜面。HARDは地雷。発狂地帯後はほとんど回復で、2%からの回復も不可能ではないが、許容ミスが少なめな上に難所(高速BPMでのトリル複合や16分階段)もあるため、ノマゲでも☆8中位〜上位レベル。
    • 以前「ノマゲ最弱」と表記されていた時期があり、それに騙された人たちによってか、EMPRESSでのクリアレートは77%にまで低下した。
    • 9thまでは、なんと☆6だった。
  • ☆8 The Hope of Tomorrow(H) (RED)
    • 2回の長いトリル地帯は片手での処理が要求される上に非常にBADハマりしやすく脅威。2回目のトリルを抜ければ難しい場所はないのでノマゲは妥当。HARDは☆9レベルで、特に片手でのトリル処理が苦手だと☆10レベルに感じるかもしれない。
    • DistorteDまでは☆7だった。
  • ☆8 WISH(EUROBEAT MIX)(H) (DistorteD)
    • 中盤の螺旋階段が明らかに☆8を逸脱している。HARDはRANDOMを使用しても☆9下位レベル。それ以外は難しくないのでノマゲは☆8下位〜中位レベル。
  • ☆8 ドッキン☆サマーあばんちゅーる(H) (PENDUAL)
    • [SPA](☆11)同様中盤の3連符地帯が適正には厳しい配置になっている。ここでゲージを無くしても終盤は易しくなるためノマゲの場合は挽回可能ではあるもののHARDは☆9レベルか。
  • ☆8 廿(H) (SPADA)
    • 所々鍵盤+皿の同時が頻発するが、特に中盤、やや複雑な階段と皿が同時にやってくる地帯で片手力が試される。配置やリズムで所々崩しにかかってくるので、片手処理が苦手だとHARDは若干辛いか。
    • また、EX-HARDは前半にやってくる8分6連皿→16分5連皿に要注意。
  • ☆8 Abyss(A) (5th)
    • 序盤に短いながらも☆9レベル相当の高密度乱打や乱打+8分連皿絡みが襲いかかって来る。HARDは☆9中位〜上位レベル、EX-HARDは☆10レベルの核地雷。ブレイク後は[SPH](☆7)に4つ打ちを足したような譜面でノマゲは☆8レベル妥当だが、同時押しが苦手だと挽回も難しくこちらも☆9下位レベルになりうる。
  • ☆8 empathy(A) (4th)
    • [SPH](☆7)と40ノーツ差で、細かいトリルが少し増えたこと以外は変化が無い。
    • 相変わらず終盤の左寄り地帯が厄介なのでRANDOM推奨。しかし、前半のトリルが片側に寄って押しにくくなることがあり、HARDの難所となることも多い。
  • ☆8 EMPTY OF THE SKY(A) (HAPPY SKY)
    • 序盤に、2小節だけだが2〜3個の8分同時押しが続く発狂が降ってくる。そこを抜ければ、8分中心の配置なので回復は十分可能。☆6上位〜☆7中位レベル。ただし、HARDは☆8最上位〜☆9レベルの地雷。
  • ☆8 HORIZON(A) (RED)
    • 序盤に短いながら隣接トリル混じりの発狂がある為、HARDは☆9レベル。その後は8分メインのリズムでわかりやすいので、ノマゲは妥当。ただし、ラストの13トリル+αの配置に注意。
  • ☆8 19,november(A) (6th)
    • 序盤に降ってくる連皿複合や中盤に降ってくる縦連絡みが☆8を逸脱しており、適正レベルでのHARDは厳しいか。終盤は回復なので、ノマゲは妥当。
  • ☆8 マチ子の唄(A) (DJT)
    • 2回ある567の螺旋階段+皿+αと、皿の絡む階段、の3カ所の局所難が危険。全体的には同時押し(+皿)が多い譜面であり、ノマゲは妥当だが、HARDは☆9レベルか。2P正規は難所が捌きにくく、特に危険。
  • HARDで逆詐称or妥当&ノマゲ殺し
    • ☆8 ra'am(N) (SPADA)
      • PENDUALで☆7→☆8に昇格。BPMの近いPlan 8(N)(☆6)やElemental Creation(N)(☆7)の難所を詰め合わせたような譜面。特にラストのBPM222での7・1鍵の19連打はゲージ問わずクリアに大きく影響するだろう。どちらかと言えばHARDの方がクリアを狙いやすいが、道中はソフランや小トリル、不規則な連打などで削られやすく、削られ過ぎるとHARDでもラストで叩き落とされる可能性が高いので要注意。
      • また第二低速は配置・リズムともに複雑なものではないが[SPH](☆10)と異なり、SUD+やHI-SPEED調整の時間がほぼないので注意。
  • ☆8 ALL RIGHT(H) (8th)
    • ラストの13トリルでBADハマりしやすく、ノマゲだとボーダーを割ってしまう可能性が高い。道中は皿絡みが多少難しいものの☆8としては弱めなのでHARDの方が断然クリアしやすい。
  • ☆8 CaptivAte 〜裁き〜(H) (GOLD)
    • 前半は☆6〜7レベルの密度と配置だが、後半は音合わせの変則リズムやタムロールをアサインした移動トリルなどで難しくなり、ラス殺しもある。このため、HARDのほうが若干楽か。
    • DJT以降、三段ボスを務めている。
  • ☆8 era(nostalmix)(H) (3rd)
    • 終盤に同時押しラッシュのラス殺しがあり、ノマゲはここでボーダーを切りやすい。道中は☆7レベルなので適正以上ならHARDの方がクリアしやすいが、ソフランと微発狂にも注意。
    • 7th〜REDでは四段2曲目であり、HAPPY SKYでは四段3曲目であり、DistorteD以降では四段1曲目を務めている。
  • ☆8 KEY(H) (RED)
    • 高速BPMの8分同時メインの譜面で、ラストの桂馬混じりの同時押しのラッシュで大きく崩れやすい。道中はこれといって難しいところは無いので、どちらかといえばHARD推奨だが、同時押し耐性がないと一瞬で落とされる。
  • ☆8 Raspberry♡Heart(English version)(H) (RED)
    • 道中は☆8としては妥当だが、ラストのS+1+2+4+6+7の8分4連が適正レベルでは非常に押しにくい。ちなみに、このラストは[SPA](☆9)と全く同じで、ノマゲはそこだけでボーダーを割る危険性がかなり高く、(特に初見だと)核地雷。激しくHARD推奨だが、それでも☆8上位レベルはある。
  • ☆8 Roulette(H) (GOLD)
    • 道中は所々に難所があるものの、それ以外は☆7レベルなので、HARDは☆8でも弱い方か。終盤から道中よりも難しい配置となり、ラスト1小節は桂馬含みの16分同時押しなどで殺しにかかって来る。適正ノマゲは要注意。
  • ☆8 Second Heaven(H) (GOLD)
    • ラスト4小節で道中の配置から32分を含めたバスドラと局所的な皿で露骨に殺しにかかってくる。ノマゲは☆9上位レベルの核地雷か。しかし、ラスト以外は同時押しや隣接配置など、癖のある譜面だが難しいわけではないので、適正以上ならHARDのほうが楽。
  • ☆8 STAR FIELD(H) (9th)
    • ラスト2小節が1鍵8分連打+α→13トリル+αというラス殺しのため、ノマゲは要注意。道中は☆7レベルなので、適正以上ならHARDのほうが楽ではあるが、中盤の24トリル+皿にも注意が必要(特に1P正規)。
    • 9th〜HAPPY SKYでは三段課題曲、GOLD〜SIRIUSでは五段課題曲を務めていた。
  • ☆8 Wuv U(H) (Resort Anthem)
    • 道中はトリルや皿複合はあるがそれほど難しくはない。しかし終盤4+5+7に皿が絡むラス殺しがあり、ノマゲはそこでボーダーを切る可能性が高い。
  • ☆8 ZED(H) (tricoro)
    • ラストの1+3鍵の交互連打からの16分連打でBADハマりしやすい。道中はややリズム難だがこれと言って難しい箇所はないので、ラストだけで落とされるならHARD推奨。
  • ☆8 オレはビートマニア! お前は何マニア?(H) (HAPPY SKY)
    • 前半は☆6中位〜☆7下位レベル程度の譜面であるが、ラストはスクラッチ絡みの譜面がやってくる。ノマゲは個人差もあるが妥当〜詐称気味で、全体的に考えるとHARDのほうが楽か。
  • ☆8 華爛漫 -Flowers-(H) (DJT)
    • 最後のサビから密度が上がり、特に「しゃらら〜」の辺りから押しづらい8分同時押しが長く続く。ここで削られ過ぎると回復はほぼ不可能。HARDの方が若干楽かと思われるが、道中も皿が絡む隣接階段などで細かいミスが出やすいので注意。
    • tricoro、SPADAでは五段3曲目を務めていた。
  • ☆8 Jam & Marmalade(A) (4th)
    • 終盤は縦連とスクラッチ絡みの強烈なラス殺し譜面。HARD推奨だがそれでも☆8では上位レベル。ノマゲは実質☆9レベルか。
  • 個人差
    • ☆8 D(N) (SIRIUS)
      • Fascination MAXX(N)(☆9)同様、ソフランで難易度を上げている印象。HARDは前半の加速に注意。
      • 初出のSIRIUSでは☆7だったが、人によってはこれで妥当と感じるかも。
  • ☆8 Do it!! Do it!!(N) (DJT)
    • EMPRESSで☆7→☆8に昇格。1鍵4分打ち(BPM150の8分連打相当)+αを中心に長い1-6のトリル、交互連打、連皿などが続く譜面。リズムは若干難しい部分があるものの譜面密度が非常に低いため、ノマゲは☆6最上位〜☆7レベルの逆詐称から☆9下位レベルの詐称まで体感難易度が大きく分かれる。しかし、そのぶん許容BPも非常に少なく、一度でもBADハマりを起こすだけで瞬殺されかねないため、HARDは核地雷。1P側はMIRRORで見やすくなるか。
    • HARDは[SPN]最強候補。
  • ☆8 G2(N) (6th)
    • 全体を通してトリルや1鍵の微縦連など癖の強い配置が多く、特に終盤は不規則なリズムのトリルが鍵盤を変えながら最後まで続く。HARDはトリルでBADハマりした途端に一気に削られるため地雷。ノマゲもトリルや微縦連が苦手ならこちらも☆9レベルの詐称。適正以上でこれらの要素が苦手な人はS-RANDOMで楽になることも。
    • 10thまでは、なんと☆6だった。
  • ☆8 MAX 300(N) (7th)
    • 前半は☆7レベル相当の乱打だが、一旦減速してからの変則的な交互連打でBADハマりを起こしやすい。ここで削られすぎると回復が間に合わない。交互連打が得意であれば☆7中位〜上位レベル。適正以上だがBADハマりが怖い、という人はS-RANDOMの方が安定するかも。
    • HAPPY SKYでは☆7だった。
  • ☆8 Tropical April(N) (Resort Anthem)
    • ☆8としては比較的簡単だが、何度も出てくる皿+鍵盤の絡みが捌けるか(特にラスト)、速いBPMについていけるかどうか、の2点で体感難易度が大きく変わる。
  • ☆8 VANESSA(N) (GOLD)
    • 3連符(12分)主体の譜面で、同色の3連階段が大部分を占める。曲が短い上に密度も高くないので12分についていけるか、同色階段の得手不得手の2点により評価が分かれやすい。
  • ☆8 嘆きの樹(N) (DistorteD)
    • リズムが単純で精度も取りやすく、人によっては逆詐称にも感じる一方で、同時押し中心でノーツが902ノーツと多いためやや体力譜面気味で、後半には2P側に不利な配置もあり、☆8上位レベルに感じることも。
    • GOLD〜EMPRESSでは三段課題曲を務めていた。この曲で大きく回復できる人もいる一方でこの曲だけで落ちてしまう人もいた。
  • ☆8 ANDROMEDA(H) (RED)
    • 終盤に移動や歯抜けのあるトリルが長々と続き、BADハマりしやすい。トリルが苦手な人は、ゲージの種類を問わず詐称に感じるかも。トリル以外は☆8というほど難しくないので、HARD推奨か。
  • ☆8 BOOM BOOM DISCO NIGHT(H) (DistorteD)
    • 3回ある、桂馬配置の移動トリル+皿が難所。ラストにもあるので、これが全く出来ないとゲージ問わずクリアは厳しい。皿と同時になる鍵盤が、1,2回目は左側、3回目は右側なので、プレイサイドやゲージによって体感難易度が異なるか。
  • ☆8 CaptivAte〜裁き〜 (SUBLIME TECHNO MIX)(H) (SIRIUS)
    • 全体的には妥当だが、終盤は同色階段にスクラッチが絡んでくる。「SUBLIME TECHNO MIX」の名の通り、CONTRACT(N)(☆9)を弱くしたようなラスト。慣れない人にはラス殺しに感じるだろう。
    • INFINITASでは、原曲の代わりに三段ボスを務める。
  • ☆8 Critical Crystal(H) (SPADA)
    • いきなりの連皿や対称譜面、地味にリズム難のCN+単押しといった、初見殺しの配置が非常に多い。HARDは☆9中位〜上位レベルの地雷。道中もBPM191での高速同時押しやCNが中心で、苦手だとノマゲも☆9下位レベルに感じるだろう。逆にこれらが得意なら☆8適正レベルでも十分挽回可能だが、それでも☆8中位〜上位レベルはあるか。
  • ☆8 Flash Back 90's(H) (EMPRESS)
    • 前半は皿との絡みが☆8にしては激しく、地力がないとHARDはじわじわ削られるため注意。ブレイク以降は皿の難しい絡みは無くなるが、リズム難気味の階段譜面となるため個人差が出る。
    • CS EMPRESSでは、四段ボスを務めている。
  • ☆8 Golden Palms(H) (Resort Anthem)
    • [SPA](☆10)ほど複雑ではないが、捌きづらいCNと鍵盤や連皿の絡みが度々登場する。慣れていないと特にHARDは危険。
  • ☆8 GRADIUS 2012(H) (tricoro)
    • ☆8にしてはCNの絡んだ譜面が押しづらい配置となっている。特に2Pにとってはややつらいので、MIRRORで楽になるかも。配置自体は見切りやすい部類なので、体感難易度はCNの耐性次第といえる。
  • ☆8 illuminate(H) (PENDUAL)
    • 鍵盤の同時押しは中盤の12分3連打×2のみで、それ以外は皿を除けば全て単押し。しかし、隣接階段や片寄りトリルといった配置が一貫して続くため、これらが苦手だと☆9下位〜中位レベルに感じるかもしれない。
  • ☆8 into the battlefield(H) (SPADA)
    • 皿、CNは全くないが、微縦連、小乱打、区間の短い階段、トリル、対称配置など、様々な傾向の配置が次々と押し寄せる。得手不得手により体感難易度が異なるか。
  • ☆8 Love Magic(H) (HAPPY SKY)
    • 全体的に8分連打の軸押しが多く、要所要所で13トリルがあり、終盤には1と3+7の長い半二重トリルまである。これらに絡む皿も多く、全体的にBADハマりでゲージを失いやすい。軸押しやトリルが苦手な人にとってはゲージ問わず☆9中位〜☆10最下位レベルの核地雷で、これらが得意な人にとっても☆8上位レベルはあるか。
    • 長い軸押しやトリルが左に寄っているため、プレイサイドによる体感難度も差が出やすい。
  • ☆8 MAX LOVE(H) (DJT)
    • 現行ACのSP☆8最多ノーツ(1100ノーツ)。
    • [SPN](☆5)同様、曲が長いために体力がないと地雷になりうる。ただ配置は☆8としては妥当〜若干弱めなので、体力や同時押し耐性次第では☆7上位レベル程度に感じられるかも。
  • ☆8 Presto(H) (3rd)
    • 現行ACのSP☆8最少ノーツ(498ノーツ)。
    • 緩急の激しい譜面であり、激しい部分で不規則な階段や乱打が連続し、この部分が得意だと☆7中位〜☆7上位レベルの逆詐称に感じられるが、苦手だと強めに感じるかもしれない。
    • 階段が苦手ならRANDOMで概ね楽になるが、☆8の階段曲としては弱めな部類に入るので、中級者以上は階段練習のためにも是非正規で慣れておきたい。
    • 余談だが、[SPA](☆8)はこの譜面と比較して10ノーツしか増えておらず、☆8の最少ノーツ1・2位の座をこの曲が占めるという結果になっている。
    • 8thでは五段課題曲であり、GOLD〜Lincleでは三段3曲目であり、tricoro以降では三段2曲目を務めている。
  • ☆8 Präludium(H) (tricoro)
    • 全体的に同色や純正階段が多数あり、階段が苦手な場合☆8適正レベルだと厳しい。回復できる地帯も少なく、遅めとはいえ最後のトリルも気が抜けない配置となっている。
  • ☆8 R5(H) (3rd)
    • 比較的高速なBPMの中で8分同時押しが続くが、隣接含みの配置が☆8としてはかなり多い。ここまでのレベルの正規譜面ではあまり見られない配置で、RANDOM適用時にみられる特有の譜面に慣れていないと、より難しく感じるかも。
    • (EX-)HARD時には、序盤の長い17トリルでゲージを大きく削られる可能性があるので注意。
    • 10thとREDでは四段3曲目であり、HAPPY SKY以降では四段ボスを務めている。
  • ☆8 sakura storm(H) (Resort Anthem)
    • 16分すらほとんどないほどテンポは単純だが、しつこいくらいの8分連打とスクラッチが曲者。最後にやや危険な1鍵軸+αが来るため、ノマゲは要注意か。また、RANDOMだと後半のCN地帯が難化することが多く、(特にHARDでは)危険。
  • ☆8 Set U Free feat. Kanae Asaba(H) (copula)
    • 全体を通じて16分トリルが多い。中盤以降は1鍵バス+16分トリル、終盤になると1鍵バス+16分くの字配置となり、リズムを崩しやすく、クリアの成否にも直結する。
  • ☆8 Sun Field(H) (DistorteD)
    • 中盤から16分の階段や隣接配置が延々と続く。苦手なら☆8の中でも苦戦するかもしれないが、得意なら弱め〜妥当か。
    • Presto(H)(☆8)同様、階段が苦手ならRANDOMで楽になるが、階段の練習曲には最適なので正規で慣れておきたいところ。
  • ☆8 THE LAST STRIKER(H) (SIRIUS)
    • 総ノーツ数995ノーツで、中盤に休憩地帯があるため、☆8としてはかなりの物量・密度の譜面。序盤・終盤は8分同時押しが主体だが、休憩地帯の前には取りづらい混フレがあり、人によっては☆9レベルに匹敵する。
  • ☆8 ÆTHER(H) (SPADA)
    • 皿と鍵盤の複合がかなり多く、それが8分間隔で連発する箇所もあり、素早い運指が求められる。皿絡みが苦手だとHARDは危険。高速階段の配置にも要注意。特に1P側は皿複合の配置が厳しいのでMIRROR推奨。
  • ☆8 お米の美味しい炊き方、そしてお米を食べることによるその効果。(H) (tricoro)
    • 同時押しはほとんどなく、ほぼ単鍵の8分と皿で構成されているが、終盤の階段が同色メインであるものの、BPM190という曲の速さも相まってなかなか厳しい。HARDの方がいくらかやりやすいかも。
  • ☆8 打打打打打打打打打打(H) (PENDUAL)
    • 1→7の隣接階段×2、往復ジグザグ階段、BSS→「打打打...地帯」の5鍵12分縦連、密度を上げた同時押し、くの字状の階段と個人差が出やすい配置のオンパレード。特にBSS→「打打打…地帯」の5鍵12分縦連は初めの1ノーツ目を外しやすく、捉えられても12分のリズムを外しやすい。
  • ☆8 虹色(H) (DistorteD)
    • ジグザグ階段、中盤の1軸絡みの同時、後半の軸押しなどミスを誘発しやすい箇所が多い。
    • GOLD以降、四段2曲目を務めている。この曲が壁となっているプレイヤーも少なくない。
  • ☆8 龍と少女とデコヒーレンス(H) (tricoro)
    • ブレイクを抜けた後半から同色、12分、螺旋、隣接大階段と様々な階段のオンパレード。☆8適正で階段が苦手だとノマゲ・HARD共に厳しいだろう。RANDOMをかければ階段地帯が概ね楽になるが、最後のトリルがラス殺しとなりうるので要注意。
  • ☆8 Presto(A) (3rd)
    • [SPH](☆8)と10ノーツしか差がなく、後半の高密度地帯に同時押しが増えたり階段にゴミがついたので[SPH]より少し難しいとの声もあるが、押せる人からするとわずかに弱くなったと感じる。道中は[SPH]と同じなので、同じく不規則な階段や乱打の連続地帯が得意だと☆7中位〜☆7上位レベルの逆詐称に感じられるが、苦手だと強めに感じられるかもしれない。
  • ☆8 Spin the disc(A) (5th)
    • [SPH](☆7)とは15ノーツ差しかなく、一部の配置が変わっただけで殆ど同じ譜面。基本的には妥当だが連皿や皿複合がかなり多く、皿絡みの得意不得意で個人差が出る。
  • ☆8 Stay my side(A) (Resort Anthem)
    • 基本的に妥当だが、隣接や白黒混ざった同時押しが多発する。「1+2+4+6+7」の連発などもあり、一度崩れると一気に削られる。他にも、同時CNの終点に他の鍵盤が複数あるなど、危険要素満載。運指には注意が必要。特に初見HARDは要注意。
  • ☆8 THE EARTH LIGHT(A) (substream)
    • [SPH](☆7)同様、全体的に不規則な縦連打が多く、曲変化で更にやりにくい配置となっている。個人差が非常に大きい為、縦連打が苦手な人はS-RANDOM推奨。
  • ☆8 Wanna Party?(A) (DJT)
    • 全体的には☆8の中では簡単な方だが、近作の☆8にしては隣接同時押しが非常に多く、苦手な人は逆に☆8上位レベルに感じるかもしれない。
  • ☆8 サヨナラ・ヘヴン(A) (SIRIUS)
    • 終始Cheer Train(A)(☆9)を緩くしたような皿複合が続く。皿総数も158枚と多く、ズレ配置が多いため回復もしづらい。皿複合が苦手な人にとっては(特にHARDは)かなり厳しい譜面となるだろう。また、全体的に1P殺しの配置なので、1P側はMIRROR推奨。
  • ☆8 花吹雪 〜IIDX LIMITED〜(A) (GOLD)
    • 1P殺し曲。全体的に皿と絡む鍵盤が左側に偏った配置が続き、最後には8分同時押し階段+16分皿と道中より更に難しい配置が襲い掛って来る。1P正規はゲージの種類問わず☆9〜☆10レベルの地雷譜面となる。MIRROR推奨。

Last-modified: 2018-01-23 (火) 13:06:32
Site admin: iMp95
mail : imp@callusnext.com (←@を半角に)