beatmania IIDX 26 Rootage

WEEKLY RANKING: Let me be your cure / Pizuya's Cell
(2019/03/20 12:00 START〜2019/03/27 12:00 END)
現在のシーズンDJランク:
(2019/03/01 07:00 START〜2019/06/01 05:00 END)

STEP UPモード

概要

  • 各自の腕前に合った楽曲・譜面が自動的に選択されるモード。3曲固定のモードであるが、全曲プレー保証が付く。
    • 「STEP UP4曲チケット」を入手すると次回プレー時は4曲になる。
  • STEP UPモード初プレーから数回はチュートリアルが強制的に表示される。チュートリアル表示後はオプション設定が初期化される為、選曲時は設定を再確認する必要がある。
    • DPではチュートリアルが出ない。
    • 前作の引継ぎデータだとLESSON情報を出さずに既に設定したオプションが解除されることを回避できる。
  • STEP UPモードの途中でSPとDPの切り替えはできない。ゲームモード選択前に決定したプレースタイルで進めることになる。
    • SP/DPでの進行状況は共有される一方、選曲できるレベルは別々となる。
    • 復習曲フォルダ・模擬試験フォルダの曲構成もプレースタイルで分けられる。
  • STEP UPモード内では黒鍵でのソート機能が使えず、常にデフォルトの順となる。
  • 通常の選曲画面で左下に表示されるハイスコアやMISSカウントの表示は無い。
    クリアレート/フルコンボレートの表示も無し。
  • BATTLEとH-RANは使用できない。
    • EXPAND-JUDGEは使用できる。

課題曲フォルダ

  • 「課題曲」フォルダには、プレーヤーの適正レベルに応じた20曲がランダムに入っている。
    • 初回プレー時に選べる曲レベルは、前作のSTEP UP状況または開始時点の段位が考慮される
    • 前作まで存在した一回りレベルが低い「課題曲(基礎編)」は存在しない。
    • 課題曲をプレーし、その結果(GROOVE GAUGEの種別やDJ LEVEL)に応じてレベルが昇降する。
      • DJ LEVEL B以上の場合は上昇する。A→AA→AAAとなるほど、上昇幅は大きい。
      • DJ LEVEL C以下の場合は降下する。D→E→Fとなるほど、下降幅は大きい。
      • ASSISTEASYの場合、CLEARした際の上昇幅が小さく、FAILEDした際の下降幅が大きい。
      • HARDEX-HARDの場合、CLEARした際の上昇幅が大きく、FAILEDした際の下降幅が小さい。*1
      • FULL COMBOの場合、設定していたゲージオプションを問わずEX-HARD CLEARを達成した時よりも上昇幅が大きくなる。
      • BEGINNER譜面は表示上はCLEAR(クリアランプはEASY)としか表示されないが上記クリア状況が適応される。
      • EXPAND-JUDGEを使用してもレベルは上がる。高いDJ LEVELを得やすくなるので、レベルの上昇が早くなる。
    • 内部では表記レベルだけではなく、同レベル内での曲ごとのクリアレートも加味されて細分化されている模様。
    • 今回は前作までと比べ、レベルの上昇がかなり大きく、下降がかなり小さく設定されている模様で、高段位所得でスタートし、高ランクかつEX-HARDクリアを重ねていくとあっという間に(第1章途中あたりで)課題曲フォルダが☆12のみになる。

復習曲フォルダ

  • モード問わず今作でプレーした旧曲の譜面は、「復習曲」フォルダからプレー可能になる。
    • 「復習曲 LEVEL 1」〜「復習曲 LEVEL 12」とレベル別にまとめられている。
    • (要検証)段位認定から初めてプレーした譜面はクリアランプが「NO PLAY」になるので「復習曲」フォルダへ入ってこない。(FULL COMBOは例外)
  • 選択できるレベルは、プレー中での課題曲フォルダに出現している曲のうち一番低いLEVEL以下が選択可能。1曲もプレーしたことのないレベルは非表示。
    例:課題曲でLEVEL7と8が選択できる状態ならば、LEVEL1〜7が選択可能。
    • BEGINNER譜面もそれぞれのLEVEL1〜3フォルダに入っている。
    • スタンダードスタート時、LEVEL 11・LEVEL 12のフォルダは出現しない。(日本版のみ。課題曲には出現する)
    • 土曜日は曜日ボーナスの効果によって、レベル制限が撤廃される。(今作でプレーした旧曲の全譜面が選べる)
      モード選択時に「復習」と書かれたダンベルのアイコンが表示されている。

模擬試験フォルダ

  • 今作より追加されたフォルダ。
  • 第2章以降かつ段位認定を1つ以上プレーしていると出現。条件を満たした後の初プレー時に簡単な説明が表示される。
  • プレー中のプレースタイルで挑戦したことのある段位認定の課題曲が段位ごとにフォルダにまとめられて出現。
    例:SPプレー中ならDPで挑戦した段位のフォルダは出現しない、SP/DPの同じ段位を挑戦済みでも曲構成は異なる。
    • 段位認定モードでFINAL STAGEまで行けなくても、4曲すべて出現する。
  • ゲージは段位認定ゲージでプレーする。
    • フォルダ内でVEFXボタン+EFFECTボタンを同時に押しながらテンキーを操作することで開始時のゲージ量を変更できる。
  • オプション設定もできゲージオプション以外は反映される。
    • EX段位認定ゲージは設定できない。
  • 復習曲フォルダとは異なり、その時点の課題曲のレベルやスタンダードスタートの制限は受けない。

裏・課題曲フォルダ

  • 第8章クリア後に追加。
  • 新曲や解禁楽曲を含むその時点で選曲可能な全楽曲からピックアップされたフォルダ。
    • 稼働当初は旧曲を含まない構成だったたが、2018/11/20のアップデートで現在の構成に変更。前作までのSTEP UP完走後の課題曲フォルダに相当する。
  • 楽曲のレベルの構成や変動が課題曲フォルダと共有されている。両方のフォルダに同じ譜面が含まれることもある。
  • このフォルダの曲を選曲しても理解度ゲージは加算される。課題曲が実質2倍になった形となる。

ゲームの流れ

  • 「課題曲」フォルダに含まれる課題曲をプレーすると貯まる「童話の理解度」ゲージをMAXにするとクリア
    • ゲージが旧作のものより非常に増えにくくなっている(8分割されるように目盛りが入っている)。1プレーにつき最大で4分の1程度貯まり、一発クリアは不可能。
    • 今作ではクリアに失敗してもクリア時よりも少量だがゲージが増えるようになっている。
クリアゲージ増加量(目盛)
FAILED1/2
ASSIST CLEAR2/3
EASY CLEAR
CLEAR
HARD CLEAR
EX HARD CLEAR?
FULL COMBO?
ミッションクリア1/3
  • ゲームの流れも一方通行方式で、第1章から最終章の第8章までの登場キャラクターの順番も固定されている。
    • そのおかげで、前回のようなクリア後の次のキャラクター選択や、クリア済みのキャラクターの再登場(いわゆるダブり)もない為、迷ったりすることなくクリアを目指すことが出来る。
    • 最終章の第8章クリアまでは約40プレー必要(捨てゲーに近い(EX-)HARD落ちで難易度調整しつつ、ミッションだけは確実にクリアした場合)。単純に1話で5プレー程度かかると思っておいたほうがいい。
  • オプションは特に制限なし。
  • まれに物語の主人公から「ミッション」が出され、それをクリアすると理解度ゲージにボーナスが入る。
    • 内容としては、「課題曲」フォルダ内の1曲が指定され(指定曲に赤色の「MISSION」アイコンが付く)、決められた内容でクリアする。
      例:ASSIST以上でクリアや、DJ LEVELがA以上でクリア等。
      • DJ LEVELについてはFAILEDでもOK。ただしMISSON LEVELの上昇は少なくなる。
    • 成功時の理解度ゲージは終了時に獲得。
    • 復習曲フォルダ内でも指定曲にMISSIONアイコン表示が付く。
    • 1プレー中に挑戦できるのは1回だけ。以降そのプレー中は指定曲からMISSIONアイコンが消える。
    • MISSIONが発生している時に課題曲をプレーしなかった場合、次のステージから課題曲が消える場合もある。
    • ミッションは第1章から最終章の第8章をクリア後も出される。
    • 最高クリアMISSON LEVEL・最高スコアMISSON LEVELという項目があり、ミッションのクリアすると増える。SP/DPそれぞれで設定されている。
      • レベル表記ではあるが、ポイント制に近いシステムで初回クリア時に200〜500程度加算されることがあり、一方で失敗しても減ることがない。
        旧作のような挑戦する毎に1段階アップorダウンのシステムではなくなった。
  • 終了時に「STEP UP4曲チケット」が手に入ることがある。次回のSTEP UPモードプレー時は4曲保障となる。
    • (要検証)奇数の章でゲージが半分貯まった時(2章毎に1回)と第8章クリア以後の理解度ゲージがMAXにする毎にもらえる様子。
    • 所有していると強制的に適用される。
  • 本の数は全8章
名前備考
第1章赤ずきん-
第2章かぐや姫-
第3章三匹の子豚-
第4章ヘンゼルとグレーテル-
第5章ピノキオ-
第6章白雪姫-
第7章桃太郎一部の画面では第6章と表記
第8章シンデレラ一部画面では第7章と表記
  • 各章で理解度ゲージをMAXにしてクリアした時に各種報酬がある
    • クプロパーツ(いつも通り着せ替えるか選択肢が出る)
    • トランメダル(終了時のデータ保存画面で獲得)
  • 第8章をクリアするとエンディングが出現してゴールドのトランメダルを獲得。
    • 次回以降も継続してプレー可能で、下記の点が追加・変更となる。
    • これまで同様に理解度ゲージを貯めることができる
    • 裏・課題曲フォルダが追加。こちらを選曲しても理解度ゲージを貯めることが可能。(対象曲が実質2倍に)
    • ゲージをMAXにするとSTEP UP4曲チケットを獲得、その次のプレーはゲージが空になる。以降ゲージをMAXにする毎にチケットを貰える。
    • 相手はランダムで変わる。ゲージMAX時はそのキャラの章をクリアした演出が出る。
    • ミッションは継続して発生。
      • 裏・課題曲の楽曲からは選ばれない。

*1 減少幅はあくまでも「(EX-)HARD落ちした分が」相対的に小さいというだけで、曲の前半で落ちればDJ LEVELがE〜Fとなりやすく、それも加味されてごっそりと下がる

Last-modified: 2019-03-25 (月) 07:34:23
Site admin: iMp95
mail : imp@callusnext.com (←@を半角に)