jubeat cʟan

レベル詐称逆詐称について(新曲)

  • マーカーによる個人差やステルスマーカーはこのページに記入しないでください。
  • レベル表記が実際の体感難易度より明らかに低い「詐称譜面」、その逆の「逆詐称譜面」について記述。
    • その他注意すべき譜面や「個人差譜面」についても取り上げています。
    • 特に顕著なものは太字で表記しています。
    • 今作の難易度改定により旧譜面のLvが大量に降格しており、今作新出譜面にも旧基準だと詐称・最上位になるものが存在するため、このページ最下部に「Qubell以前Lv+1枠」欄を設けています。そちらも参考にしてください。
  • なお、本リストに記載されている判定はあくまでも目安です。個々人の得意不得意によって、記載内容が当てはまらない場合もあります。
    • 判定について疑問がある場合や追記・改版提案があれば、ぜひ編集をお願いします。

全般

  • 個人差
    • ホールドマーカー搭載譜面全般
      • propの新要素であることに加え、他機種の長押しと比べやや視認性に難があり、慣れていない場合はうっかり離してしまうこともしくない。
      • 通常の譜面に比べ、譜面を暗記しているかどうかでの個人差が大きい傾向にある。
      • どうしても取れない箇所は捨ててしまうのも手だが、ホールドが多い譜面では捨てることもままならない場合が多い。取捨選択は慎重に。
      • リリースマーカーに通常のマーカーを被せてくる配置が存在する譜面もあり、特に初見は注意。
  • 版権曲、ソーシャルカテゴリのEXT譜面全般
    • 元ネタのある曲だけに文字ネタ、図形ネタが多発する傾向にある(歌詞が存在する場合はなおさら)。
    • オリジナルカテゴリの高難度曲を中心に選曲するプレーヤーは、歌詞や版権元にも注意しておきたい。思わぬ不意打ちを食らう可能性がある。
  • Evans 〜NOSTALGIA Ver. 〜
    • 配置はどの難度でもレベル妥当だが、主旋律から見て曲全体が一様にかなりの早ズレ(いわゆるオフセットのズレ)であり、光らせるにはマーカー目押しによる誤差調整が必須。
      ドラムが不在なのもリズムを合わせにくい要因となる。
    • [BSC]に限っては歯抜けリズムも含まれるため、レベル詐称の色合いが強い。
  • Morning Glory
    • ハネリズムな上にBPM 220と高速で精度がかなり取りづらい。

BASIC

[BSC]Lv7まで

  • 詐称
    • Lv3 レゾンデートル、前線より
      • 今作基準でも明らかに場違いなタイミング難の多さが目立ち、リズムが掴みにくい。少なくともLv4上位はある。
  • Lv3 CandyPop★Showcase
  • Lv4 Evans 〜NOSTALGIA Ver. 〜
    • 全般の項に記載した判定タイミングのズレに加え、サビでは付点8分4連+8分2連のメロディを無視して4分音符3連+8分2連という歯抜けリズムとなっている。
      有名な曲なだけに、メロディに釣られっぱなしになりやすく、このリズム難要素は初心者殺しといえる。
    • それ以外でも8分配置の数が多く、Lv4としてはレベル不相応な難易度である。
  • 逆詐称
    • Lv4 Sulk
      • [EXT]とは違い、曲の長さに対して密度が薄く、変則リズムもない。ホールドは序盤の8ノーツのみでクリアにはほぼ影響しない。Lv3程度。
  • Lv5 Wowie Zowie!
    • [ADV]以上の譜面が強烈なリズム難要素を含む分、こちらは4分打ちが大部分を占めている。Lv4もしくは下位程度、初プレーでの雰囲気掴みでは良心的である
  • 個人差
    • Lv2 炉心融解 [ 2 ]
      • 要注意!!通常のマーカーは2分打ちでレベル相応だが、ホールドが問題。前半は歌詞に合わせて8分音符分早く入るパターン、後半は左と右の同時押しのホールドマーカーが交差して被っており視覚に注意。
      • ソーシャル枠ボーカロイド曲の中では有名な曲だが、ホールドに慣れていない初心者が選曲するべきではない。
  • Lv3 STEP by STEP UP↑↑↑↑
    • ノート数116で同レベルとしては2番目の少なさだが、裏拍や片側2つ同時押しや速めの4分打ちなど決して平坦ではなく、逆に1ノートあたりの失点が大きくなってくる。
  • Lv4 PF flowing
    • BASICやLv4にしては同時押しホールドの拘束が多く、次の配置に面食らう可能性が高い。
  • Lv5 Prayer
    • 要注意!!! 開幕から曲合わせの8分配置や付点8分が容赦なく登場し、BASIC離れしたかのような譜面になっている。
    • 序盤には、veRtrageSを簡略化したようなホールド拘束の出張必須配置があり、曲を知らないとタイミングが分かりづらい構成も多い。さらには、ホールドがある配置とない配置が同時押しになった後にホールドで拘束して他の配置を押させる構成が多く、これらをまとめるとかなりの詐称に感じられる可能性が高いだろう。ホールド拘束中の配置は全て4分なので慌てないように。
    • 初見だと難易度選択を間違えたかのように難しく感じるが、SDVX連動のメドレー2曲やBASIC上位以上と比較すれば、それらの譜面よりはまだ難しくない。

ADVANCED

[ADV]Lv9まで

  • 詐称
    • Lv5 DREAMING-ING!!
      • BPM180で歌に合わせて8分横スライド、8分乱打、手をひねる8分同時押しが頻発する。リズムは素直だが今作基準でもLv6はあるだろう。音ではなく歌を理解していく方が近道になる。
  • Lv5 Glorious Days
    • 500ノート以上とLv5ではかなり上位のノート数で大量のパネルを捌きなれていないプレイヤーには抵抗が大きい。BPMが低め、パターンが少ない、片手で済ませられる部分が多い、演奏時間の長さなど密度が薄まる要素は多いものの、他のLv5水準と比べると壁が高く感じる。Lv6程度。
  • Lv6 Welcome!!
    • 危険!!! Lv見直し後のLv6の中でもトップクラスの589ノート、片手処理を要求される付点8分と8分ラッシュや8分処理中に平気で混ざるホールドなど容赦がない。中間に長いホールドがあって一息つけるが、Lv7相当。
  • 逆詐称
    • Lv7 ガヴリールドロップキック
      • ノート数365と版権曲Lv帯でも少なめながら、リズムも比較的単純で取っ付きやすさが目立つ。同程度のノート数ならShadow and Truth[ADV]があるが、こちらはリズム難で難易度を上げてきている。Lv6程度。
  • Lv9 Be a Hero!
    • Lv9降格曲クラスにあるような配置難や物量は無く、リズムもボーカルにそった素直なもので16分配置もほぼない。新基準Lv9たる要素は無く、Lv8相当。
  • 個人差
  • ホールド中心の個人差
  • Lv8 Ausretious#1-まどろみ、或いは嘆色の夢- [ 2 ]
    • ADVながら100を上回るホールドが道中降ってくる譜面である。当然ながらぽろぽろこぼしていると大きく影響が出てしまう
  • Lv8 chaplet [ 2 ]
    • 通常譜面と比べると乱打は減った分ホールドが適度に関与してくる。通常譜面ではLv9だった事を考えるとホールドへの処理を間違うとスコアが出にくくなるか
  • リズム難・混フレ中心の個人差
  • Lv6 Morning Glory
    • 終始ハネリズムと少ないノーツ数によって光りにくい配置が多い。クリアはハネリズムの耐性次第。ラストの王冠押しも初見殺しになりやすい。
  • Lv7 にめんせい☆ウラオモテライフ!
    • サビの付点8分のリズム、ソフランによるAメロのJAZZ地帯(WARNING!直前まで)によって光りにくい配置が多い。クリアはソフラン(BPM変化)、付点8分の耐性次第。
  • Lv8 Passion
    • リズム難、そしてソフランによって光りにくい配置が多い。クリアはソフランの耐性次第。ちなみに総ノート数は573(コナミ)で語呂合わせとなっている。
  • Lv9 Wowie Zowie!
    • 要注意!!! さながら[EXT]への小手調べと言える内容。開幕は緩やかに始まる流れだが、そこを抜けると強烈なリズム難が襲ってくる。中盤にあるフレーズもEXTとほぼ同様なので挑戦段階クラスには面食らう恐れもあるかもしれない。ちなみにノート数はEXT比で140ほどしか差は無い
  • その他個人差
  • Lv7 Sulk
    • 序盤のホールド地帯、同時押しラッシュ地帯、物量(645ノーツ)、付点交じりの同時押し地帯によって構成されている。配置自体は比較的単純なものが多く、Lv7としての総ざらいの譜面でもある。付点交じりの同時押し地帯が苦手だと苦戦は免れないだろう。

EXTREME

[EXT]Lv8まで

  • 個人差
  • 同時押し・ネタ押し中心の個人差
  • Lv7 ユメイロコンパス
    • 譜面の大半が8分間隔での同時押しで構成されている。16分地帯ではLv7にしては申し訳程度だが、配置自体は単純なものが多い。8分間隔での同時押しが苦手だと苦戦は免れないだろう。
  • Lv8 JUMPin' JUMP UP!!!!
    • 終始ハネリズムな上に、斜め方向に構成された「S」押しや、隣接4つ同時押しが多い。また、序盤では歌詞に合わせた分割文字押しも出てくる。
  • Lv8 ススメRunner!!
    • 配置自体は単純なものが多いが、このレベルとしては比較的に同時押しが多く、構成の1つ1つが強めの特徴を持っている。
  • Lv8 STEP by STEP UP↑↑↑↑
    • 文字と図形ネタが満載の譜面で特にサビ部分の満開地帯(4個同時→5個同時)が苦手だと苦戦は免れないだろう。
  • Lv8 脱法ロック
    • 上記と同様、文字と図形ネタが満載の譜面でイントロとアウトロのWOW地帯(6個同時<いずれも左下→右下の順>)、サビ部分の3個同時押し地帯が苦手だと苦戦は免れないだろう。
  • Lv8 From⑨Girl
    • 初見注意!サビ以降、出張必須の「F」→「9」押しが合計10回(「F」押しが分割されている場合も含む)も登場する。
      それらだけで130ノーツもあり、曲全体の総ノート数530と比べると全体の約4分の1を占める。そのためこの文字押しによってクリアが左右される可能性がある。
      それ以外の部分は、スカスカで今作基準のLv8としては簡単な譜面である。例の文字押しさえこなせれば、逆詐称に感じることもありうる。
  • Lv8 ようこそジャパリパークへ
    • ノーツはこのレベルとしては少ない方。同時押しのパターンの多彩さが難易度の主体となっている。
    • 代表格と言えるのは「ジャパリパーク」の「ジャ」における「J押し」だが、その他にも「本当の愛がそこにある」の「愛」におけるハート押しや「姿形も十人十色」で登場する十字押し(5個だが)といった不意に現れる図形押しに対応出来ずに混乱する可能性もそれなりにある。
    • 逆に暗記してしまえば、今作基準のLv8としてはクリア、接続はあまり難しくない。

[EXT]Lv9

  • 入門・下位
    • 羽根亡キ少女唄
      • 難所と呼べるような配置も無く、リズム通りの譜面となっている。乱打が極めて少なく、全体的に同時押しが多いが出張の必要が無い配置のためLv9入門レベルと思われる。
  • Pink Rose [ 2 ]
    • ほぼボーカル合わせの素直なリズム取りで、16分が序盤と中盤に少しある程度。サビ部分でのホールドの配置が少々ややこしいが、ホールド拘束は無く覚えれば押しにくい配置ではない。
    • 他のLv9ホールド譜面と比較しても素直な方でホールドに慣れていればLv8相当。
    • 通常譜面とは違い、アウトロにもノーツがあるので注意。
  • みたらしプラトニック (feat. nicamoq)
    • 比較的素直な配置が多く癖もつきにくい。開幕の16分のごり押しや乱打が若干押しづらいが全体的なクリア難易度を引き上げるものではない。
    • サビでは1+2+9+10のような偏った同時押しや花押しが出現するがクリアの段階では無理に押しに行く必要はない。シャッターが軽いため他の箇所での回復が望める。
    • 今作基準ならLv8でも通用する難易度で入門にはオススメ。
  • レゾンデートル、前線より
    • イントロ、アウトロの随所に「y」押しが登場するが、出張配置はほぼ無い。その他、リズム、物量、ホールド、どれを取っても今作基準のLv9としては物足りない。Lv8相当。
  • 個人差
  • 同時押し・ネタ押し中心の個人差
    • シノビシノノメ
      • 「にんにん」の歌詞に合わせてやってくる要出張の縦一列配置、「しゅっしゅっ」の声に合わせた短いホールドと、初見殺し要素が随所に存在する。
        特にLv9挑戦クラスの実力だと前述の出張配置についていけず、失点する可能性が高い。
      • ただし、それ以外に目立った難所は少ないため、十分に出張慣れした上級者にとっては逆詐称と感じられることも多いだろう。
        また初見殺し要素も、数こそ多いが種類は少ないので、2回目以降の選曲では見切りやすい。対策をしていればなおさらである。
  • ホールド中心の個人差
    • Drizzly Venom
      • 初見注意!ホールド拘束が厳しい譜面。この譜面の難所かつ特徴的なところ中盤の時間差ホールド地帯。初見だと対応が難しく、大きな失点になりやすい。
        サビ前にはひなビタ♪曲ではおなじみの音符押しがすべて時間差ホールドで現れる(14→13→10→9→2+6→3→8、最後の8番のみ単押し)という今までにない配置もある。
      • Lv9でホールド拘束が厳しい譜面はDiargosの森(ホールド+スライド)、Invisible Border(ホールド+乱打)がある。その例に従ってこの譜面を言い表すならば「ホールド+同時押し」だろうか。使う指を決めておかないと手詰まりになってしまう点は、Sky High[ADV]やPrayer[EXT]にも通じる
      • ホールド地帯ではノーツの量自体は多くないが配置難・出張を要する配置が多い。ホールド譜面に耐性があるかで体感難易度が大きく変わると思われる。
        また、このタイプの譜面によく見られる傾向だが、ノート数が613と多くない上に粗密の差が大きい譜面なので、ミス時の失点が大きいのも難しい点か。
  • 高速・物量譜面
    • Sulk
      • 要注意!! Lv9で1000ノーツという大台到達、乱打は単純な左右交互だけでなく縦2連処理もあり、演奏時間の長さ(Elemental CreationやShine On Meと並ぶ最長グループ)との合わせ技でスタミナが要求される。
      • ホールドは中盤の拘束部分でコンボを切りやすいが、ノート数の多さのため失点割合は少なめ。どれだけメインの乱打についていけるかが問われる。
  • にめんせい☆ウラオモテライフ!
    • 初見注意!!再生時間約1分30秒に645ノーツで7.16ノーツ/secとなかなかの密度があり、特に後半はテンションの高い曲調に合わせて畳みかける配置が続く。3ヶ所あるうまるちゃん押し(3×3の正方形から上辺真ん中を抜いた8個同時押し*1)の周辺も忙しく、版権曲の割には振り回されやすい。

[EXT]Lv10

  • 逆詐称・入門
    • トキメキメカニクス
      • 強いて言えば乱打やシンセパターンを読むぐらいの力量は問われるが、これといって特化された譜面属性や局地的な難所がなく得手不得手が現れにくい。Lv10に挑戦する地力があるかどうかの目安になりやすい。
  • Passion
    • 遅めのBPMが幸いして適正ノート数ながら、反射神経よりも落ち着いて譜面を読むタイプで挑戦レベルでも振り落とされにくい。桂馬押しが多めだがLv9上位程度。
  • In The Ruins
    • サビ前に一瞬来る発狂が非常に捌き辛く、また後半は前半部分をより難しくしたような配置、そしてラストは見切りづらい点対称上下発狂となっている。どちらかと言えば局所難の譜面であり、その3点を除けばLv9程度の譜面となっているため、クリアはおろかある程度のスコアはすんなり出ると思われる。今作の基準だとLv9上位程度か。
  • 個人差
  • ホールド中心の譜面
    • Ausretious#1-まどろみ、或いは嘆色の夢- [ 2 ]
      • ボーカルがほぼホールドマーカーでアサインされている譜面。
      • とにかくホールドの数が多くほぼずっとホールド拘束をされる。パターンもかなり複雑で中盤にはホールド混じりの混フレ、サビには時間差ホールドといった他ではあまり見られない配置も多々あり、ホールドに慣れている人でも注意を要する。
  • 高速・物量譜面
    • アガット[ 2 ]
      • [ 2 ]がつけられた曲にしてホールドが一切出ない初の譜面。通常譜面よりさらに体力譜面として特化されている。
      • BPM200と高速で、さらに1分40秒台と短めの曲にノート数942が詰め込まれた高密度な譜面。
        序盤は出張を含む同時押し地帯、それ以降は偏り配置、16分乱打、スライドなどの要素がある。中盤以降は随所で24分、32分の配置もある。クリアにはとにかく体力と集中力が必要。
      • 解禁にはNOBOLOTのジョロキリにある「もう一つの姿を求めて」を3曲目まで進めなければならないが、それだけの実力があれば70万点クリアについては問題ないだろう。
        ただしマチラン等で引き当てた場合は要注意。
  • Fox4-Raize-
    • 純粋に高速と物量要素のみの譜面で、リズム難・配置難・出張などの引っ掛け要素はほぼゼロ(ラストのみ少し出張すると片手の負担が軽減できる)。手を自然に動かせる配置が中心で、マーカーの予測もしやすい。
    • jubeatの勘をしっかり鍛えているプレーヤーなら、対策なしのノリと勢いでフルコンは勝手に出てしまう。物量慣れしていれば逆詐称の意見あり。
  • リズム難・混フレ中心の譜面
    • EXUSIA
      • 譜面はそのままでPlusから移植。混フレは無いが、全体的にハネたリズムになっており曲を聴きこまないと非常に光らせにくい。
      • サビ部分は誤爆を誘う配置がひたすら続く。このサビは前半と後半で譜面のパターンが異なり、前半は曲にそのまま合わせた配置難の同時ラッシュが続き、後半は同時ラッシュの後に曲の裏に合わせたリズム難の遠い配置が来るため要注意。
      • ハネる配置は→ ↓→,里茲Δ蔑イ譴診枌屬全て占めるため、余裕があれば是非出張で取りに行きたいところ。
      • ラスト発狂で乱打の後に32分スライド、同時押しがすぐに来るため焦ってしまうとミスが続きシャッターが閉まる危険性がある。
  • その他
    • アドレナリン
      • BPMが緩めの140、ノート数が661とAC収録のLv10で2番目に少ないなど一見逆詐称に見えるが、サビにある下り縦2連処理がかなり癖のある配置で、ノート数の少なさから来るウェイトの大きさもあり意見が分かれる。
  • 上位
    • Midnight City Warfare
      • 中盤以降、同時押しと単押しが入り混じったリズム難・認識難な譜面が続く。出張も多く登場する。それに対応できなければ得点が伸びずクリアに届かなくなる。
        実力に依存する解禁方法ではないが、前作で言えばMORE CHALLENGEを全てクリアできる程度の実力は欲しいところ。
  • Wowie Zowie!
    • スライドや出張、乱打、文字押しが満遍なくあるような譜面。特に目を引くのは前半の此岸の戯言[EXT]の難所を彷彿とさせるような高速蛇行スライドだろうか。
      なぞるように処理をしようとしてもまともに光らせることはできない配置となっている。またBPM128と早くはないが、16分、24分を使い分けてくるので認識がとても難しい。
    • →、□Β→(唖あ→Б→)の順番で来る24分配置がかなりの回数で来るため、これの取り方を事前に決めておくだけでも違いが出てくる。
      最初の2つは出張推奨、2番目以降は蛇行スライドとなっている。
    • 中盤はスライドは来ないものの、出張推奨の配置や出張必須の同時押し、下3列のうちとを除いた10個の同時押しなど、初見要注意な配置が多々見られる。
      後半も前半ほど激しくは無いがスライドが入り混じる配置が続く。また中盤以降は前半と取るリズムが異なるためよく曲を確認した方が良い。
    • 全体的に見ると、粗密の差が激しい譜面である。前半のスライド地帯に入るまでは易しい譜面なのでしっかりと光らせておきたい。
      スライドはとにかくなぞるだけでもいいから取る、中盤の10個同時押しや最後の象押しを拾うことがクリアへ繋がる。
    • ただし、高速蛇行スライドやリズム難のせいで得点を稼ぎきるのは大変難しく、スコア・EXC難易度は最難関クラス。
      リズムは終盤を除き[ADV]とほぼ同じなので、そちらをやりこめばある程度有利になる。
  • 最上位
    • Prayer
      • 譜面傾向はMegalara Garuda[EXT]と似ている。しかし、あちらはと阿ホールドの大半を占めるが、こちらは決まったパターンは特に無く、ホールドが全体に散りばめられているため非常に認識し辛い。
      • 開始から天空の華[EXT]のような配置が降ってくる。その後2小節程度16分乱打が来るが、ホールドが苦手な人にとっては稼ぎ所はそこしかないと思われる。
      • 曲中は基本ホールドしっ放しであり、それであるにも関わらずなぞるような配置であったり出張必須の配置、隣接した16分や高速の2連スライドなどが平気で降ってくるためLv10にある程度慣れたプレイヤーでもまともにコンボを繋げることすら困難。
      • 譜面認識力、片手処理力が非常に高いスキルで求められる。ホールドの数が多いため、何度もプレイしてホールドを離してよいタイミングなどを見極めていくことやより多くの指を使えるようにすることがこの曲の上達へ繋がる。クリア難易度、スコア難易度共に最上位〜最難関候補。

Qubell以前Lv+1枠

  • 題の通り、前作のQubell以前なら現在よりLvが1つ大きかったであろう譜面(詐称格は除く)の枠。
  • 詐称格の譜面については、各難易度・Lvの項目の詐称枠をご覧ください。また個人差枠に掲載されている譜面の説明についてもそちらをご覧ください。
  • Lv5 キリステゴメン[BSC]
    • スラップベースと歌詞に合わせた16分や付点8分のリズム難が多発する。リズムが単純な同時押しを拾えばそこまで厳しくはないがBSC上位群にあと一歩という所か。
  • Lv6 Fly far bounce[ADV]
    • 道中はレベル相応だが、サビ以降は24分縦スライドや16分配置が多発し忙しくなる。前作までなら確実にLv7クラス、今作基準でもLv6上位〜Lv7下位相当か。
  • Lv8 chaplet [ 2 ][ADV]
    • 旧基準でも何とか上位の範疇かもしれないが、ホールドの多さ・配置の複雑さを考えると以前の公式ならLv9に設定した可能性がある。
    • 詳細はホールド中心の個人差を参照。
  • Lv8 Morning Glory[EXT]
    • 先述の通り高速ハネリズムが旧Lv8適正では厳しく、現基準でも上位と言える。
  • Lv8 CandyPop★Showcase[EXT]
    • 前半が難しく、この部分だけでいえば現基準でもLv9下位で、偏り配置の箇所が苦手だと中位に食い込む可能性もある。
    • 偏り配置部分の難度はナナホシ[EXT]より低いと思われるが、それでも用心した方が良い。
    • 後半は前半より易しくなるので、ここで稼ぎにしたいところ。
  • Lv9 Paranoia[EXT]
    • ノーツ数がSulk[EXT](1000丁度)と35しか差がなく、特に体力的に厳しい人だと苦戦を免れないと言える。
    • 今作で降格した同じく体力寄りのロストワンの号哭[EXT]と同等以上の難易度は確実にある(あちらは旧Lv10でも逆詐称だったものの、それを上回る可能性あり)。

*1 これ自体は過去に「ミミニャミ・コタローのフライングキャッチ!」において「ニャミ押し」という名称で登場していた。

Last-modified: 2017-12-06 (水) 01:57:33
Site admin: iMp95
mail : imp@callusnext.com (←@を半角に)