jubeat festo

クリア難易度リストについて(旧曲)

  • ここではclan以前のLv9・10の旧曲を扱います。
  • このページでEXPERT OPTIONのHAZARD、HARD MODE、マーカーによる個人差(ステルスマーカー含む)は含みません。
  • スコア難易度に基づいて設定されていると思われる難易度に対して、クリア難度があまりにもかけ離れている曲について、注意喚起として記述。
    • また、特定の要素への耐性により体感難易度が変化する「個人差譜面」についても取り上げています。
    • 特に顕著なものは太字で表記しています。
    • Lv9・10に関しては表記の難度値がクリア難度と乖離しているものが多いため、クリア面で影響の大きいものを詐称・逆詐称として挙げています。
  • なお、本リストに記載されている判定はあくまでも目安です。個々人の得意不得意によって、記載内容が当てはまらない場合もあります。
    • 個人差の強い譜面の場合は必要に応じて幅を設けています。
    • 判定について疑問がある場合や追記・改版提案があれば、ぜひ編集をお願いします。

全般

  • 同時押し主体譜面
    • 全体的にスコアが非常に出やすく、結果としてクリア挑戦層から見ると強烈な譜面が多い。
    • また癖がつきやすい譜面が多いのも特徴。表記レベルが低いからと特攻・粘着は全く勧められない。
  • Lv9.7・9.8の譜面[ADV](注:KAMAITACHIを除く)
    • clan・festoで多くの譜面がLv10→Lv9に降格してきたが、[ADV]譜面は1つも降格していない。よって、Lv9.7・9.8にある[ADV]譜面はclan以降の楽曲(Wowie Zowie!のみ。)かQubell以前からLv9の譜面ということになる。
    • 降格組と比べると譜面全体が比較的スカスカであり、比較的良心的な配置になっている。これらができるからといって、Lv10から降格してきた[EXT]譜面に安易に手を出すと痛い目に遭うだろう。
    • しかも、「Stand Alone Beat Masta」「405nm(Ryu☆mix)」「New York EVOLVED」(いずれも[ADV])など、Qubell時点でADV上位とされてきた譜面の殆どはLv9.4-9.6にある。こちらも要注意*1
    • KAMAITACHI」[ADV]だけは例外。押しにくい配置や16分の多さで、旧レベル10譜面たちに匹敵する。
  • ホールドマーカー搭載譜面全般
    • propの新要素であることに加え、他機種の長押しと比べやや視認性に難があり、慣れていない場合はうっかり離してしまう事も珍しくない。
    • 通常の譜面に比べ、譜面を暗記しているかどうかでの個人差が大きい傾向にある。
    • どうしても取れない箇所は捨ててしまうのも手だが、ホールドが多い譜面では捨てることもままならない場合が多い。取捨選択は慎重に。
    • リリースマーカーに通常のマーカーを被せてくる配置が存在する譜面もあり、特に初見は注意。

Lv9

9.0-9.3

  • 詐称
    • QubellまではLv10、festoで9.3以下の[EXT]譜面(Qubell以前)
      • 個別記載されている曲を含め、基本的にはクリア難度は9中位〜上位と考えて良い。
      • 特にスコア易とされやすい物量・同時押し譜面が多いためクリア狙いでは注意。
  • Paranoia [EXT] (clan)
    表記レベル:9.0 適正クリア難易度:9.8
    • ノーツ数は965で2分4秒という長めの演奏時間を考慮してもLv9.0としては異常の物量を誇る。
    • 更に、全体を通して出張配置も多く、BPM 150とそれほど遅くないにも関わらず16分が非常に多い。
  • Valanga [ADV] (Qubell)
    表記レベル:9.1 適正クリア難易度:9.?
  • トリカゴノ鳳凰 [EXT] (saucer)
    表記レベル:9.1 適正クリア難易度:9.5
    • clanでの降格曲。全体的にボーカル合わせの配置が主体だが、誤爆しやすい連続同時押しと2箇所存在する回転8分混フレが見切りにくい。
  • ロストワンの号哭 [EXT] (saucer)
    表記レベル:9.1 適正クリア難易度:9.5
    • clanでの降格曲。同じくボーカルに合わせた配置が多いが、最後の混フレ地帯はLv10相当の密度なのでLv9挑戦段階の人は要注意。
  • Water Horizon [EXT] (saucer)
    表記レベル:9.1 適正クリア難易度:9.6
    • clanでの降格曲。所々にある出張と最後の下段混フレが複雑なので気をつけること。
  • 10,000,000,000 [EXT] (saucer fulfill)
    表記レベル:9.1 適正クリア難易度:9.5-9.9
    • clanでの降格曲。桂馬押しや同時押しの割合が高く、物量が多めなのでシャッターが開きにくい。
    • 研究すればスコアが伸びる譜面ではあるが、クリア基準だとこの位置は完全に詐称。
  • HEAT-BIT-HIT-BEAT [EXT] (copious APPEND)
    表記レベル:9.2 適正クリア難易度:9.7
    • clanでの降格曲。918ノーツという物量の上、同時押し主体であるが素直に交互で取れない配置が多い。
    • 7/8という取りづらい拍子により曲のどこを押しているのかが分かりづらい。
    • また全体を通して判定ズレが非常に強烈であり、前述の特殊な拍子とインダストリアルな曲調も相まって、思い通りに光らせることが難しい。
  • 凛として咲く花の如く〜ひなビタ♪ edition〜 [EXT] (saucer)
    表記レベル:9.2 適正クリア難易度:9.6
    • Lv9最上位クラスの932ノーツに加え、乱打、スライド、NGゾーンが仕込まれた音符押しなど難所が目白押し。
    • propではStep 29ボス曲であり「最初の壁」とも評価されていたほど。
      Qubellまでの基準でLv9上位〜Lv10入門クラスの評価であり、clan基準でもLv9上位。
  • HYDRA [EXT] (saucer fulfill)
    表記レベル:9.2 適正クリア難易度:9.3-9.6
    • clanでの降格曲。BPM 277の8分(=BPM 138.5の16分相当)の配置が何度も現れるため忙しい。
    • 繰り返しは多いものの、癖がつきやすいのでレベル適正のプレイヤーは研究必須。
  • Scars of FAUNA [EXT] (saucer fulfill)
    表記レベル:9.2 適正クリア難易度:9.3-9.6
    • clanでの降格曲。所々に16分や24分のスライド配置、出張配置があるので注意が必要。
    • スライド耐性により個人差はあるものの、サビ以降の配置は同時押しとスライドが入り混じっていて忙しく小数点2としては過小評価か。
  • Prey [ADV] (clan)
    表記レベル:9.2、適正クリア難度:9.7-9.9
    • 危険!10,000,000,000」 [EXT] の上位互換といえる譜面。
    • BPM 210からくる同時押しを多く含んだ8分が強烈。配置も難しく、Lv9.2適正者にとっては出張地獄になることも。16分横スライドも多数存在する。
    • 同曲の[EXT]同様、回復地帯も無く終わるためシャッターボーナスも得られにくい。
    • ノーツ数は623とかなり少なめだが、演奏時間そのものが短く(96秒)、しかもノーツが前半発狂と後半発狂に集中しているため、決して簡単というわけではない。むしろ、休憩地帯に殆どノーツが無く、回復できないため難しくなっている。
    • 逆詐称曲が多い[ADV]Lv9の中で、例外的に詐称といえる譜面。選曲時は要注意
  • Midnight City Warfare [ADV] (clan)
    表記レベル:9.2 適正クリア難易度:9.?
  • Chronos [EXT] (saucer)
    表記レベル:9.3 適正クリア難易度:9.8
    • clanでの降格曲。BPM 128と遅めだが、16分が非常に多い。同時押しも多く、Lv9.3とは言いがたい。
    • ノーツ数も820とやや多めで、配置もこのレベル帯にしては難しめ。「Concertino in Blue」や「GIGA BREAK」(いずれも[EXT])などと同等の難易度か。
  • 逆詐称
    • みたらしプラトニック (feat. nicamoq) [EXT] (clan)
      表記レベル:9.0 適正クリア難易度:8
      • 比較的素直な配置が多く癖もつきにくい。開幕の16分のごり押しや乱打が若干押しづらいが全体的なクリア難易度を引き上げるものではない。
      • サビでは1+2+9+10のような偏った同時押しや花押しが出現するが、クリアの段階で無理に押しに行く必要はない。シャッターが軽いため他の箇所での回復が望める。
      • 今作基準ならLv8でも通用する難易度で入門にはオススメ。
  • パピポペピプペパ [ADV] (clan)
    表記レベル:9.0 適正クリア難易度:8
    • 前半で多数登場する「P」の同時押しと連なった8分同時押しを外しやすいが、一時的には極端に緩い配置が続くところがあり、クリア目的なら簡単な配置でスコアを十分に上げられるだろう。
    • ラストは8分の2個同時押しの連続と2+4+11の同時押しが襲いかかってくるが、成り行きに任せて押していけばシャッターボーナスを大きく削られることはない。
    • 但し同時押しに癖がつきやすいので、フルコンを狙おうとすると体感難易度が大きく跳ね上がる。
  • 凛として咲く花の如く [EXT] (初代)
    表記レベル:9.1 適正クリア難易度:8
    • 一部押しづらい16分はあるものの、同時押しで稼げる場面が多い。そのため、クリアだけならLv8でも通用する。
  • 御千手メディテーション [ADV] (saucer fulfill)
    表記レベル:9.1、適正クリア難度:8上位
    • 16分は少なく、8分中心の譜面構成となっている。
    • リズムはとりやすく、挑戦段階でも光りやすい。多少ミスが出てもクリアは難しくないだろう。
    • 序盤と中盤に12分の連続横スライドがあるが、Lv9適正者にとってはそこまで難所にはならないだろう。
  • バンブーソード・ガール [ADV] (saucer fulfill)
    表記レベル:9.1、適正クリア難度:8
    • BPM 208と速いが、16分は少なく、8分中心の譜面構成となっている。
    • その8分も単押しや単純な同時押しが多く、混乱することはないだろう。ノーツ数も722とさほど多くはないのでパネルを1つ1つ押していくといい。
    • 譜面傾向はLv8の「Idola」やfestoでLv8に降格した「過食性:アイドル症候群」 (どちらも[ADV])に近い。
    • ラストに長い16分スライドがあるが、落ち着いて処理すれば問題なし。BPM 208と速いので、餡蜜もアリ。
  • プレインエイジア -PHQ remix- [ADV] (prop)
    表記レベル:9.1、適正クリア難度:8
    • 出張配置がそれなりにあるものの、8分が中心であり、16分も単発スライドがほとんどなのでLv9適正者にとっては難しくはないだろう。
    • festoでLv8に降格した同じ東方アレンジの「BEAT-NEW-WORLD」[ADV]よりは簡単だと思われる。
    • ノーツ数は681なので、シャッターが軽いのも嬉しい。
  • Triple Journey -S-C-U EDITION- [ADV] (saucer)
    表記レベル:9.2 適正クリア難易度:8
    • Lv9入門者オススメ!Lv9としてはこれといった難所がなく、物足りない譜面。しかも、僅か591ノーツしかない。
    • 桂馬押し・同時押し・16分スライド・複雑な8分乱打・縦交互などの基本的な要素が少しずつ詰め込まれている為、上位曲の練習になる。もし解禁しているのであれば、他のLv9譜面に本格的に挑む前に一度挑戦してみると良い。
  • Vermilion [ADV] (saucer)
    表記レベル:9.2 適正クリア難易度:8
    • BPM 143と遅めであり、前半とラストに頻発する16分乱打は殆どが交互で捌けるもの。BPM 165と速めで密度も高い「この青空の下で」[EXT](Lv9.4)と比べると非常に簡単なものになっている。
    • その他は回復地帯。もしここでもミスが頻発するようであれば、他のLv9に挑むのにはまだ早いだろう。
  • OVERHEAT - Type J - [ADV] (saucer)
    表記レベル:9.2、適正クリア難度:8
    • 同曲の[EXT]とは違い、16分はかなり少なく、8分中心の譜面構成となっている。
    • 出張配置が多いが、ノーツ数は623と少なめ。体力消費はあまりしないので、パネルを1つ1つ押していくといい。
    • ラストに長い16分スライドがあるが、落ち着いて処理すれば問題なし。
  • 雪女 [ADV] (prop)
    表記レベル:9.2、適正クリア難度:8
    • BPM 200とやや速めだが、16分は少なく同時押しも単純なものばかりである。
    • 同レベルでBPMも近い「漆黒のスペシャルプリンセスサンデー」[EXT]や「Valanga」[ADV]などと比べると全体的に押しやすい。
    • ノーツ数は717なのでシャッターが重めなことは注意。
  • 個人差
    • JOMANDA [ADV] (copious APPEND)
      表記レベル:9.2 適正クリア難易度:8-9.2
      • 同曲の[BSC](Lv7)に肉付けしたような譜面。FLOWER[BSC]の同時押しを複雑にしたもの、ともいえる。
      • 同時押しの配置は複雑であり上下振りも激しいが、基本曲のリズム通りであり、16分は存在せず、回復地帯もある。プレイヤーの得意不得意分野の違いによりかなり難易度が変わる。
      • 同時押しが得意であれば、Lv8でも下位クラスに感じることも。逆に、同時押し・繰り返しが苦手であれば表記レベル相応の難易度に感じるだろう。

9.4-9.6

  • 詐称
  • HYENA [EXT] (saucer)
    表記レベル:9.4 適正クリア難易度:9.6-10.0
    • clanでの降格曲。ノーツ数は863と多い上、BPM 178とそれほど遅くはないにも関わらず、16分乱打が大量に出現する。
    • 他には、16分の縦・横2連スライドも大量に出現する。OVERHEAT - Type J -[EXT]の練習には良いかもしれないが、レベル9、ましてやLv9.4適正者には厳しすぎる配置である。
    • 16分地帯以外は稼ぎ易い配置ではあるものの、上記の難所をあまりにも押せないとクリアに響く。スライドと乱打の得意不得意で個人差が出やすいので餡蜜を使うのも手か。
  • Entrapment [EXT] (Qubell)
    表記レベル:9.4 適正クリア難易度:10.?
  • Go For The Top [EXT] (saucer)
    表記レベル:9.5 適正クリア難易度:9.8
    • clanでの降格曲。同アーティスト*2・同BPMの「天空の華」[ADV]の難所だけを抽出したような譜面。終始16分スライド・16分乱打が襲いかかる。
    • 演奏時間がとても短い(86秒)割にノーツ数はLv9相応(708)なので、密度は約8.2notes/sと非常に高い*3。体力切れに注意。しかも重シャッターであるので、途中で体力が切れるとクリアが一気に難しくなる。
  • Vanity [EXT] (saucer)
    表記レベル:9.6、適正クリア難度:9.9
    • 中盤までは目立った難所こそないが、終盤にかけて同時押しからの16分3連や、混フレや高密度の同時押し混じりの16分横出張などが押し寄せる。
    • 密度の差が非常に激しく、前半はノーツが少なすぎる故に稼ぎとは言い難い。
  • Mirage of the Mirror [EXT] (Qubell)
    表記レベル:9.6 適正クリア難易度:10.?
  • 逆詐称
    • 天国と地獄 [EXT] (初代)
      表記レベル:9.4、適正クリア難易度:8
      • ノーツ数(623)、譜面構成(BPM 195の8分+16分横スライド)、配置、どれをとっても新基準レベル9の要素が皆無
      • 終盤に長い16分横スライドがあるが、餡蜜で取っても問題ない。
      • jubeatを代表するクラシックアレンジ曲であり、知名度もかなり高く初心者にも選曲されやすいが、この楽曲ができるからといって他のレベル9の楽曲に安易に手を出すのは大変危険である。
  • Romancing Layer [ADV] (saucer)
    表記レベル:9.4、適正クリア難易度:8
    • 隣接した16分配置が多いが、あまり外しやすい配置ではない。広範囲で位置を変えながら攻めて来るTrue Blue、天空の華やその他[ADV]のLv9のいくつかほどの強烈さはなく、今作基準ではこのレベルほどは難しくないだろう。
    • 下記の[AIR RAID FROM THA UNDAGROUND]や天空の華(いずれも[ADV]と違い、BPM 150とそれほど速くはないので餡蜜はあまり適さないが、単押し・ピアノ押しが容易。
  • Baby Bleep March [EXT] (saucer)
    表記レベル:9.5、適正クリア難易度:9.2
    • 3連符リズムの連続同時押し、偏った16分配置など初見殺しの配置が幾つかあるが、それを除けば殆どが8分の稼ぎ地帯。ノート数の関係上シャッターも開きやすく、クリアだけなら9下位相当。
    • ラストに同時押し+16分交互連打の初見殺しがあるので一応注意。
  • DIAVOLO [ADV] (saucer)
    表記レベル:9.6、適正クリア難度:9.0
    • 単純な8分音符までしか出現しない休憩地帯の割合が高め。密度も低く、休憩地帯だけで見ればLv7クラス。中盤の12分音符も回転を除けば交互で取れる。
    • 16分スライドも、縦スライドや横スライドが中心で、手をスライドさせれば十分取れる配置である。
    • 16分乱打や24分以上の音符は存在せず、Lv9.6としては弱め。「きらきらタイム☆」[ADV]と譜面傾向は近い。こちらの方がBPMは低い*4が配置がやや難しく*5、スライドの比率は高いので、あちらよりはやや強い。
    • 但し、同BPMで縦スライドの頻発する「Theory of Eternity」[EXT](Lv9.3)よりは明らかに弱い。
    • ノーツ数は692なので、きらきらタイム☆同様シャッターは非常に重い。ミス数は極力減らさなければならないことを考えるとLv9.0が適正か。
  • 個人差
  • concon [ADV] (knit APPEND)
    表記レベル:9.6、適正クリア難度:8-9.6
    • 1曲を通して8分音符までしか存在せず、サビまではレベル7上位〜8下位クラスの譜面が続く。
      サビからは1小節分の濁流配置が計4回出現するものの、サビ以外で稼ぎ切ることは十分可能。
    • クリアに関しては濁流よりも、全体的に頻発する片手処理を含んだ斜め同時処理耐性が問われる。基本的には逆詐称寄りの評価。
    • ノーツ数も632とLv9としてはかなり少ない。
  • Stand Alone Beat Masta [ADV] (saucer)
    表記レベル:9.5、適正クリア難易度:9.3-9.7
    • 前半は割と簡単だが、それでも8分縦交互押し・同時押しを多く含む8分乱打がBPM 200という速さのなか襲ってくる。後半は斜めの2つ同時押しラッシュ(付点8分)、押しにくい3つ同時押しが現れる。
    • 同時押しが苦手であればclanでLv10から降格した[EXT]曲にも匹敵する難易度に感じるだろう。
    • 反面、16分は少なく、これといった出張もないので8分同時押しさえできれば怖いものはない。

9.7-9.9

  • 詐称
  • anemone [EXT] (saucer)
    表記レベル:9.7、適正クリア難度:10.3
    • festoで9.7に降格。16分配置は一切出現せず、BPM 200で8分配置が絶え間なく続いていく譜面。
      8分配置の中で単押しと同時押しの入れ替わりが目まぐるしいと感じてしまう可能性が高く、的確に読み解けないと苦戦は免れないだろう。
    • 特に、曲が転調すると同時にいきなり密度が上がって配置を外しやすいので注意。ノート数の関係でシャッターが重くボーナスが削られやすい点にも注意が必要。
    • クリア狙いに限れば、同時押し耐性次第で10中位クラスの譜面と遜色無いと感じることも。同時押しが得意でも並みの10下位譜面より強いだろう。
  • 隅田川夏恋歌 [EXT] (ripples)
    表記レベル:9.8、適正クリア難度:10.2-10.6
    • 683ノーツというシャッターが最も開きにくいノート数に加え、配置難の跳ねたリズム、そして多くのプレイヤーを飲み込んだ通称「濁流」と呼ばれる斜めに移動する配置、片側に偏った交互連打など、苦手であれば譜面全体が難所とも呼べる譜面。
    • 濁流地帯の研究度や得意不得意による個人差は非常に大きいが、クリア難易度に関しては表記レベル9の最難関と言っても過言ではない。
      また非常に癖がつきやすい譜面として有名なので注意が必要。
    • 初登場時はなんとLv8というとんでもない詐称だった(knitにて8→9に昇格*6)。
  • 逆詐称
  • AIR RAID FROM THA UNDAGROUND [ADV] (ripples APPEND)
    表記レベル:9.7、適正クリア難易度:8
    • 16分はほとんどが隣接しているため、ピアノ押し、餡蜜処理が可能。それ以外は8分主体で、稼ぎどころも多い。
    • 同じく隣接した16分が中心の[Romancing layer][ADV]と比べると、BPMはこちらの方が早いが、リズム難要素がなく、16分の割合も低い。また、こちらはBPMが180とやや早めのお陰で同時押し処理がしやすい、という利点もある。
    • この曲ができるからといって「Sol Cosine Job 2」、「Stand Alone Beat Masta」、「New York EVOLVED」、「KAMAITACHI」、「CHERNOBOG」といった[ADV]Lv9上位譜面に挑むのは大変危険である。
  • FLOWER [ADV] (knit APPEND)
    表記レベル:9.7、適正クリア難易度:9.3
    • 全体的に繰り返しが多いが、その繰り返しは簡単な配置なので比較的容易に理解できるだろう。
    • リズム難ではあるが、よく知られたフレーズの音合わせなので曲に合わせて叩きやすく、多少光らなくともその物量(828ノーツ)のおかげでクリアラインより少し上ぐらいまでなら問題になりにくい。レベル10から降格してきた譜面も多い9.7の中では比較的良心的である。
    • 演奏時間が119秒と長めなので密度としては高くない。
  • BLUE STRAGGLER [ADV] (saucer)
    表記レベル:9.7、適正クリア難易度:8-9.3
    • クリア逆詐称ではあるが体感下げ幅に大きな個人差があるので特に初見時は注意。
      桂馬押し専門といえる譜面構成であり、桂馬押しが極端にできなければ大きくスコアを落としてしまう構成。
    • 但しノーツ数は605と、106秒という演奏時間を考慮しても少なめであり、桂馬押し処理技術が多くのLv9、Lv10で必要なことを考えるとこれを9.7(旧10下位相当)というには無理があるだろう。稼ぎ地帯もそれなりにある。
    • 他には16分の斜めスライドも多発するが、餡蜜やピアノ押しを使えばさほど苦にはならないはず。Daisuke[EXT]でも出現するが、巻き込みが発生する可能性の低いこちらのほうが簡単だろう。
    • リズム難であるため、スコアを狙う際には要注意。但しクリアにはさほど影響しないだろう。
  • Nature (jubeat version) [ADV] (saucer fulfill)
    表記レベル:9.7、適正クリア難易度:9.2-9.4
    • 12分中心のスライド偏重譜面。「Ignis Danse」[ADV](Lv9.5)と譜面傾向が近いが、あちらと比べてBPMは遅く、ノーツ数が少ない分体力もあまり使わなくてよいため難易度はやや劣る。
    • 配置がシンプルなので、Lv10から降格してきた譜面と比べるとクリアに関しては簡単といえるだろう。
    • 連続する三連スライドは「Go For The Top」「御千手メディケーション」(どちらも[ADV])などで練習するとよい。
    • スコア難易度は詐称クラス*7。上級者ほど要注意。
  • STELLAR WIND [ADV] (knit APPEND)
    表記レベル:9.8、適正クリア難易度:9.2-9.5
    • 左1列の4分と右2列を組み合わせた混フレが中心の譜面。曲の大半は左から2列目にマーカーが出現しない為、左右分業で容易にこなせる(出張がいらない)。
      但し符点リズムが多用されたスコア難型の譜面なので過度な粘着は厳禁。
    • クリアに関してのみだが、同じく混フレ中心で、物量も多く(933ノーツ)、出張配置の多い「Gimme a Big Beat」[EXT](Lv9.5)の方が、リズム難要素を除けばあらゆる面で難しい。
    • ラストだけは表記レベル相応〜Lv10クラスなので油断しないように。シャッターボーナスも総ノーツの都合削られやすいので注意。
  • Wowie Zowie! [ADV] (clan)
    表記レベル:9.8、適正クリア難易度:9.2
    • 曲と譜面が明確にパートで分けられた、横スライド中心の譜面。24分音符が多いが、BPMは128とかなり遅い(16分換算でBPM 192)。
    • AI」[ADV]とは違い、8分を叩いているうちにいきなりスライドが襲ってくることはなく、パート毎に、あるフレーズが繰り返し配置されている。そのため理解しやすい。
    • 「天空の華」[ADV]のような 各方向からスライドが来るということもなく、パート内では基本的に一方向のみ。混乱することはないと思われる。
    • 中盤の2×2毎に分けられたスライドが降ってくる場所は出張して叩いてもよいが、「左右で分業し、片手でスライドする」か、「左右で分業し、ピアノ押しで叩く」とよりラクになる。715ノーツ(105秒)と少なめな上、頻繁に休憩が存在するため体力面の心配も不要。
  • 惑星☆ロリポップ [EXT] (prop)
    表記レベル:9.9、適正クリア難易度:9.7
    • 16分乱打や数の多い同時押しが全体を通して登場し、物量面ではLv10相応にあるが、稼ぎ地帯もそれなりに多く、難しい配置は少ない。
    • 物量に耐えられればLv9適正ならクリアが狙いやすい。
  • 個人差
  • True Blue [ADV] (saucer)
    表記レベル:9.7、適正クリア難易度:9.2-9.9
    • イントロとアウトロでひたすら16分横スライドが押し寄せる。(中盤にある16分横スライドも含む)スライド耐性で個人差が出やすく、スライドが極端に苦手だと[EXT]よりクリアが難しいと感じる可能性がある。逆に、スライドが得意であればLv9の中でも下位クラスに感じるだろう。
    • シャッターがかなり重く*8、アウトロがかなり難しい為、シャッターボーナスに期待してのプレーは推奨できない。

Lv10

10.0-10.2

  • 詐称
  • 運命 [EXT] (Qubell)
    表記レベル:10.0 適正クリア難度:10.2
    • BPM198の高速から延々と繰り出される隣接8分2連配置が光らせにくく、このレベルとしては厳しい。
    • この曲の代表的なフレーズの「じゃじゃじゃじゃーん」(全難度フルコン称号より)は、横一列同時押し8分4連、それも上下振りの激しい配置となっている。
      初見では対応が難しいが、クリアを狙うならここだけでも光らせておきたい。
    • 全体的に稼ぎとなる箇所が少なく、要求される技術、体力ともにLv10挑戦クラスには厳しめ。
      知名度の高い曲ではあるが、気軽に特攻すると痛い目に遭う可能性があるので注意。
  • smooooch・∀・ [EXT] (saucer)
    表記レベル:10.1 適正クリア難度:10.3
    • サビの休みなく襲い掛かる出張同時多発の8分配置がクリア難易度を引き上げている。
      BPM 177と高速ではなくリズムも単純だが、出張絡みで振り回しの激しい譜面であり対応力と体力が必要。
  • I'm so Happy [EXT] (knit)
    表記レベル:10.2、適正クリア難度:10.6
    • 初見注意! 出張必須の文字押しや連続片手桂馬押しといった配置難の同時押しが多発する、初見難易度が非常に高い譜面
      譜面認識力、対応力によって大きく個人差が出るが、それを考慮しても他の一般的なLv10下位譜面と比べものにならない難易度である。
    • 同時押し譜面は全般的に、譜面暗記や研究により難易度は大きく下がるが、
      この譜面に関しては粘着すると恐ろしいほど癖が付きやすいので連続でのプレーは禁物。
  • †渚の小悪魔ラヴリィ〜レイディオ† [EXT] (saucer)
    表記レベル:10.2 適正クリア難度:10.6
    • 同時押しの配置難に出張が重なり、更にNGゾーンのある箇所も多く失点しやすい。特に歌詞の「にゃんにゃん」にある猫押しは初見での接続は困難。
      その一方、速度・物量・リズム面の難所は少ない。
    • 出張やネタ押しとそれらに付随するNGゾーン誤爆の蓄積で攻めてくる譜面なので、総じて見ると対応力・対策力勝負となる。
  • FLOOR INFECTION Medley from SOUND VOLTEX×jubeat [EXT] (Qubell)
    表記レベル:10.2、適正クリア難度:10.5
    • SDVXからの移植曲のメドレー。譜面もほとんどが原曲の[EXT]譜面の引用。
      Lv10.5以上の譜面からの引用、それも各譜面の難所を含むものも多い。そのためLv10挑戦段階のプレイヤーには厳しい。
    • 具体的には「Gott」[EXT]の桂馬押しラッシュ、「croiX」[EXT]の上下振り発狂、
      「veRtrageS」[EXT]のホールド+出張配置などが脅威となる。
  • 逆詐称
  • Devil Fish Dumpling [EXT] (copious)
    表記レベル:10.1 適正クリア難易度:9.8
    • 最大の難所は中盤のタコフレア地帯、休みなしの12分乱打、しかも途中で同時混じり配置がある。
    • 中盤以外の配置は特に難所がなく、そこで稼げればクリア面はclan以降のLv10の基準として弱い。
    • 但し、全体では繰り返し配置が多くゲシュタルト崩壊しやすい。粘着は禁物。
  • Broken [EXT] (saucer)
    表記レベル:10.1 適正クリア難易度:9.7
    • BPM 148とLv10では割と落ち着いた速度であり、左右をまんべんなく使った乱打が大部分を占める。こぼしやすい対角4つ同時が多発するが、挑戦レベルでも振り落とされにくい。
    • リフレクのHARD譜面とリズムがほぼ一致しており、同機種経験済みのプレイヤーは一歩有利となるだろう。
  • neu [EXT] (saucer)
    表記レベル:10.2、適正クリア難易度:9.5-9.9
    • clanでの降格曲かつfestoでの再昇格曲。難所ではBPM 199の高速から大量の16分配置、スライドが繰り出される。
      スライドが極端に苦手なら大きくスコアを落とし、クリアにも影響する。
      ただし、前半は長い稼ぎ地帯となっており、それゆえLv9適正でもクリアだけなら容易という意見が主流。
  • 蟲の棲む処 [EXT] (Qubell)
    表記レベル:10.2 適正クリア難易度:9.8
    • 前半後半に1回ずつあるダブステップ地帯はリズム難のためスコア狙いのプレイヤーには厄介だが、挑戦クラスのプレイヤーがとにかく拾いにいく場合はそこまで厳しくはない。
    • 左右同段処理が多く上下は同時に動かすことになり、混乱しにくいのが要因か。
    • ノート数684と激重シャッターにつき、稼ぎとなるボーカル部分はきちんと光らせること。

10.3-10.5

  • 詐称
  • Proof of the existence [EXT] (saucer)
    表記レベル:10.3、適正クリア難度:10.5
    • 終盤の同時押しを多く含む8分ラッシュ地帯がクリア狙いにとっては脅威となる。道中も押しにくい16分3連地帯やリズム難地帯の影響で稼ぎにくい。
  • Gott [EXT] (saucer)
    表記レベル:10.3、適正クリア難度:10.7
    • 高速物量譜面。序盤は桂馬押しと偏った配置、終盤は16分高速発狂が主として構成される。
      また、要所のキメに1+13や4+16の同列上下出張が現れる。全体を通して腕の移動が激しく、かなりの体力と瞬発力を要する。
    • 同じく同時押しラッシュや16分乱打発狂を含む「I'm so Happy」EXTは練習曲として有効だろう。
  • フレッフレー♪熱血チアガール EXT (saucer fulfill)
    表記レベル:10.3、適正クリア難度:10.7
    • 譜面全体を通して上下離れの出張同時押しが多い。対応が難しく、初見難易度が高い。
      また、8分押しが中心でリズムは単純であるが、BPMの高さや、終盤は密度が高くなることからかなりの体力を要する。
  • glacia [EXT] (prop)
    表記レベル:10.3、適正クリア難度:10.6
    • [ 2 ]のようにホールドが一切無い分乱打、出張、同時押しの要素が多くを占める物量譜面。
      開幕こそ楽だが、その後はまともな休憩がない。8分同時地帯には出張が大量に含まれていて、認識が難しく、またノート数以上に体力を要求される。
    • 同クラスのクリア難易度の譜面では、「Elemental Creation」[EXT]が譜面傾向の点で近い。
      比較するとあちらほど高速ではないものの、幾度となく出張が登場、初見難易度がかなり高くなっている。
  • Thor's Hammer [EXT] (saucer)
    表記レベル:10.5、適正クリア難度:10.6-10.7
    • 混フレスライド、出張同時、同時交じり乱打、回転といった、テクニック的に難しい要素を多く含んだ譜面。特に技術を要する譜面で、それがないと稼げる場所がかなり少ない。
    • クリア難易度に関しては同作者であるDIAVOLOと数値は逆と思ったほうがいい。
  • New York EVOLVED [EXT] (Qubell)
    表記レベル:10.5、適正クリア難度:10.7
    • 偏った配置や上下に腕を振らせる配置、片手連続同時八分などの配置難が曲中延々と続く全体難譜面。リズム難要素も多く、ミスが出やすい。
      ノート数以上に忙しい譜面で、さらに配置難もあるため高い技術と体力が要求される。
  • 逆詐称
  • Macuilxochitl [EXT] (ripples)
    表記レベル:10.3 適正クリア難度:9.3-9.7
    • clanでの降格曲かつfestoでの再昇格曲。終始大量の16分配置、スライドが繰り出される。
      スライドが極端に苦手なら大きくスコアを落とし、クリアにも影響する。
      ただしBPM 148と遅く、配置も単純なためクリアに関してはLv9との声も多い。 Lv10の基準が今よりも甘かったripples時代からクリアに関しては逆詐称との声も少なくなかった。
  • †渚の小悪魔ラヴリィ〜レイディオ† [ 2 ] [EXT] (prop)
    表記レベル:10.3 適正クリア難度:10.0
    • クリアに関して言えば、分業メインの同時押しがこなせればどうにかなるレベル。
      スコア面では一部場面のホールド拘束難が脅威となるが、数量と箇所が限られているためクリアを目指すだけならそれ以外の区間で稼げばよい。
  • ススススペースハリネズミ [EXT] (prop)
    表記レベル:10.5 適正クリア難度:10.3
    • 最初のサビより前のパートで、7・8・11・12のホールドが始点と終点を順序よくずらしながらそれ以外の配置を高速で押させる配置など所々にコンボを繋げにくい配置はあるもの、それ以外では特に難所がない譜面。
    • それに、クリア狙いなら一部のホールドは捨てていけば苦戦はしないと思われる。

10.6-10.8

  • 詐称
  • croiX [EXT] (prop)
    表記レベル:10.6、適正クリア難度:10.7
    • 1000ノーツという物量に加え、比較的素直ながら終始激しく上下に振ってくる配置で体力を削ってくる。
    • 少し落ち着いている間も要所要所で1+13や4+16の同列上下出張が現れるため油断できない。
    • またラスト8小節間続く上下振りを含む16分発狂という強烈なラス殺しもある。
  • glacia [ 2 ] [EXT] (prop)
    表記レベル:10.6、適正クリア難度:10.7
    • 天空の華同様propからの新要素であるホールドマーカーを多く含んでおり、かつホールドを抜きにしても高密度な譜面。
    • 通常譜面とは難しさのベクトルが全く異なっており、他のホールド譜面と比べてもホールドの占める割合は多く、安易にホールドを捨てるのは難しい。
  • Prey [EXT] (clan)
    表記レベル:10.6、適正クリア難度:10.7-10.9
    • BPM 210からくる全体的に偏った16分が強烈。前半の乱打を抜けた後の4隅に偏る部分の振り回しが激しく、その中で16分乱打を処理しなければならない。
    • 後半は出張配置の混ざった発狂があり、そのまま回復地帯も無く終わるためシャッターボーナスも得られにくい。
    • 前述の通り偏った譜面に加えて高速のため、ある程度配置を把握してスムーズな腕運びをしなければ譜面に追いつけない危険性がある。
      譜面の密度に反して総ノーツ数は733しかないため1ノーツ毎の配点が割と大きくシャッターも重い。
      休憩地帯もあるが、その部分もノーツが僅かなので稼ぎとは言えず、クリア・スコア共に最上位、また高速曲に慣れていない場合最難関クラスと感じる可能性もある。
  • ドーパミン [EXT] (saucer fulfill)
    表記レベル:10.7、適正クリア難度:10.8-10.9
    • AC版では2番目となるノート数1077*9を持ち、BPM 200の高速からほぼ休みなく大量のチップが繰り出される。
      その上、出張・同時押し・スライド・リズム難などの難要素が詰め込まれた総合譜面であり、それも全ての要素においてが高難易度である。
      最高レベルの体力だけでなく、高い技術も要求される。
    • 譜面傾向の面で近い「Sol Cosine Job 2」[EXT]と比較するとより体力が求められる。あちらよりも同時押しの回数が少ないため、非常に忙しい。また、繰り返し配置が少ないことで逆に記憶力・研究力のウェイトも高くなる。
  • 逆詐称
  • アガット [EXT] (prop)
    表記レベル:10.6、適正クリア難度:10.5
    • ホールド絡みの配置が続出し、それ以外は16分・32分配置、光らせにくく誤爆しやすいものが多くを占める。
    • とはいえ稼ぎの配置も多く、一部分なら最悪ホールドを捨てればスコアに大きな影響は出ないのでクリアは楽。
  • OVERHEAT - Type J - [EXT] (saucer)
    表記レベル:10.6、適正クリア難度:10.2-10.5
    • 譜面の殆どが縦スライド。スコア難易度はかなり高いが、クリア目的ならスライドや餡蜜でなんとかなるだろう。ピアノ押しができるのであればなお良い。
    • 同じくスライド中心の「Niflheimr」とは違い、配置は基本的にシンプルであり、大半のノーツは交互で取れる*10
    • それでも、スライドの得意不得意で個人差が大きい。
  • DIAVOLO [EXT] (saucer)
    表記レベル:10.6、適正クリア難度:10.1-10.4
    • 譜面属性が横スライドに大きく偏っており、他の曲と比較しても横スライドの本数がかなり多い。
    • スライドの比率によりスコアがやや取りにくいが、コンボを切らす場所は少ないのでクリア難易度に関してはThor's Hammerと逆と思ったほうがいい。
  • JOMANDA [EXT] (copious APPEND)
    表記レベル:10.6、適正クリア難度:10.4
    • 物量が高めの譜面だがトルネードと一部の発狂以外は稼ぎやすい部分が多い。
    • 密度の低い部分をしっかり繋いでいけば他のヨシタカ曲に比べて苦労しないだろう。
  • Sky High [EXT] (Qubell)
    表記レベル:10.6、適正クリア難度:10.4
    • ADVに比べるとノーツ数が減っており、嫌らしいホールド絡みなどもなく素直な配置が多い。
    • Lv10に慣れはじめたプレイヤーはADVよりまずこちらに挑戦することをおすすめする。
  • Necroxis Girl [EXT] (clan)
    表記レベル:10.6、適正クリア難度:10.4
    • 演奏時間が極端に少ない点においては譜面傾向が檄[EXT]と似ている。1ノーツの配点が高いためできるだけ空ミスは避けたい。
    • 何度か来る同時→単押しの局所的な発狂以外は10.3-10.4相当。
  • Confiserie [EXT] (saucer)
    表記レベル:10.7、適正クリア難度:10.6
    • 序盤の混フレ地帯を除いてほぼ休みなく16分配置が降り注ぐ体力譜面。高密度でスライド、乱打が次々降ってくるため認識が難しい。
      しかしクリア狙いなら、配置自体はそれほど複雑なものではないので餡蜜が有効。ある程度譜面を見切ることができればクリアは見えてくる。
  • Glitter Flatter Scatter [EXT] (Qubell)
    表記レベル:10.7、適正クリア難度:10.6
    • サビの発狂が高密度、認識難で非常に難しいが、それ以外は10弱程度の配置のため、稼ぎにできればクリアは他の10.7よりは容易。
  • Wowie Zowie! [EXT] (clan)
    表記レベル:10.7、適正クリア難度:10.4-10.6
    • スライドや出張、乱打、文字押しが満遍なくあるような譜面。特に目を引くのは前半の此岸の戯言[EXT]の難所を彷彿とさせるような高速蛇行スライドだろうか。 なぞるように処理をしようとしてもまともに光らせることはできない配置となっている。BPM 128と早くはないが、16分、24分を使い分けてくるので認識がとても難しい。
    • 13→1→2→6→10→11(16→4→3→7→11→10)の順番で来る24分配置がかなりの回数で来るため、取り方を事前に決めておくだけでも違いが出てくる。
    • 中盤はスライドは来ないものの、出張推奨の配置や出張必須の同時押し、下3列のうち10と11を除いた10個の同時押しなど、初見要注意な配置が多々見られる。 後半も前半ほど激しくは無いがスライドが入り混じる配置が続く。また中盤以降は前半と取るリズムが異なるためよく曲を確認した方が良い。
    • スライドはとにかくなぞるだけでもいいから取る、中盤の10個同時押しや最後の象押しを拾うことを意識すればクリアが楽になるだろう。
  • 個人差
    • Everybody's Rich [EXT] (clan)
      表記レベル:10.6、適正クリア難易度:10.510.8
      • 曲の展開によって大きく譜面傾向が異なる。特筆すべき点は前半後半にあるHard dance地帯であり、四隅を反時計回りにホールドしながら処理させる配置が非常に難解。
      • ホールド特有の認識難をより特化させた譜面と言える。この地帯以外はLv10としては比較的簡単だが、リズム難のため気が抜けないところ。
      • よって体力よりかはテクニックを大きく求められる。また、ホールドに慣れているかどうかでも非常に個人差が分かれやすい。
  • AIR RAID FROM THA UNDAGROUND [EXT] (ripples APPEND)
    表記レベル:10.7、適正クリア難易度:10.5-10.7
    • 初登場時から長らく最多ノート数を誇っていた譜面。全体を通して16分の高密度かつゴリ押しや出張を強要される配置が続く。
    • 出張が必要な個所はゴリ押しでも何となく押せなくもないが、出張をすることでより安定して光らせられる場合が多い。自分に合ったパターンを見つけるには研究の他にひらめきも必要になり、なまじゴリ押しで満足していると絶妙に気付きにくい作りになっている。
    • このように繰り返し配置を軸としながら、混フレ・体力・同時処理を問う譜面であるため、非常に癖がつきやすい
  • Last Dress [EXT] (clan)
    表記レベル:10.7、適正クリア難易度:10.510.8
    • Everybody's Richと同じくホールド主体であるため非常に得意不得意の差が出る譜面。
    • 前半はホールドメインで後半は乱打メインとはっきり分かれている譜面。馬力や瞬発力よりも研究寄りの全体難で攻めてくる。
    • 前半のホールド地帯はあらかじめ押し方を固めておかなければ全くコンボが繋がらない初見注意な配置となっている。
    • 大量のホールドノートのせいで認識が難しいのも厳しい点。また乱打地帯の手前にはホールド混フレも存在する。
    • 後半は16分乱打がメインで所々で同時押しが入るような感じだが、交互乱打がほとんど存在しない片側寄り配置難の乱打のため非常に光らせ辛い。その中にはRomancing Layer[EXT]の後半にあるような1マス離れの配置や最上段最下段の交互乱打なども含まれてくるため北斗運指ではなくできるだけ下段は親指で処理したい。
  • Prayer [EXT] (clan)
    表記レベル:10.8、適正クリア難易度:10.610.8
    • 譜面傾向はMegalara Garuda[EXT]と似ている。しかし、あちらはと阿ホールドの大半を占めるが、こちらは決まったパターンは特に無く、ホールドが全体に散りばめられているため非常に認識し辛い。
    • 開始から天空の華[EXT]のような配置が降ってくる。その後2小節程度16分乱打が来るが、ホールドが苦手な人にとっては稼ぎ所はそこしかないと思われる。
    • 曲中は基本ホールドしっ放しであり、それであるにも関わらずなぞるような配置であったり出張必須の配置、隣接した16分や高速の2連スライドなどが平気で降ってくるためLv10にある程度慣れたプレイヤーでもまともにコンボを繋げることすら困難。
    • 譜面認識力、片手処理力が必要。ホールドの数が多いため、何度もプレイしてホールドを離してよいタイミングなどを見極めていくことやより多くの指を使えるようにすることがこの曲の上達へ繋がる。
    • 表記難度としてはホールドの取捨選択が苦手であれば10.8、そうでなければ10.6程に感じられるだろう。

*1 クリア難易度的には、こちらの方が適正である。
*2 とS-C-Uによる合作曲
*3 平均密度はLv9屈指の物量譜面である「Paranoia」「Sulk」「トリカゴノ鳳凰」「NEON WORLD」「凛として咲く花の如く〜ひなビタ♪ edition〜」(いずれもEXT)よりも高い
*4 きらきらタイム☆ 202/DIAVOLO 160
*5 交互で押せない8分が多い
*6 なお、jubeat ripples以降に登場した譜面に於いて、clan稼働開始までで唯一難易度変更のあった譜面である
*7 ランカーですら苦戦するレベルである。EXTよりもスコアが低い、という人も珍しくない。
*8 ノーツ数は702なので重シャッター。さらに、PERFECT基準としてアウトロの16分横スライド入る前が511ノーツ目でおしくも1ノーツ足りず、jubeat全収録曲の中で(削除曲も含む)曲開始からシャッター全開になるまでの時間が非常に長い
*9 plusも含めると、ロストワンの号哭[EXT](plus版譜面、ノート数1083)に次ぎ3番目に多い
*10 但し、スコアを狙う場合は出張必至で、その限りではない。

Last-modified: 2019-11-17 (日) 23:48:35
Site admin: iMp95
mail : imp@callusnext.com (←@を半角に)