pop'n music うさぎと猫と少年の夢

レベル詐称逆詐称について(新曲)

  • ここではうさ猫からの新曲・移植曲および追加譜面を扱います。
  • 曲名表示している人も多いため、追加・編集の際は「曲名(ジャンル名)」両方の記載をお願いします(曲名とジャンル名が同じものは曲名のみで)。
  • 解説でAC20以前における旧Lvについて言及する場合は、旧表記+6が現行新Lv変換の目安となります。

全般

  • 個人差
  • [全般]キー音が無い曲
    • キー音が無い曲はキー音有りの曲と違って、叩いても音がズレているかが分かりづらく、いつの間にかリズムが崩れていてGREATやGOODが連続してしまうことがある。一度タイミングがズレてしまうと立て直しにくいので、特に普段キー音を意識しながら叩いている人は注意(GREAT・COOL判定とGOOD判定でゲージの伸びが変わるので、スコアだけでなくクリアにも影響する可能性もある)。
    • 逆に言えば常に正しいタイミングで音が流れるので、大まかなリズムを把握しやすい。特にjubeatやSOUND VOLTEXといったキー音が存在しない機種に慣れている人や、普段打鍵音を意識しながら叩いている人はこちらの方が点数が伸びやすい傾向にある。
    • また、キー音がない曲はボーカルに合わせてノーツが置かれている場合が通常の曲より多いため、譜面やリズムの傾向も変わってくることに注意。
    • タイミングが分かりづらい場合はACecから追加された「TIMING」や今作から追加された「GUIDE SE」等のオプションを付けるのも手。
  • なお、ACうさ猫からの新要素であるロングポップ君を駆使した譜面が今後増加すると見込まれるが、今のところロングポップ君の得手不得手がクリアに大きく影響するほどの譜面はない。
    • ただし[EASY]でも普通に登場するため初級曲では注意が必要。

EASY

  • ここでは今作で新規追加された旧曲EASY譜面も対象。
  • レベル1桁でも8〜9個のボタンを使う譜面がいくつか登場しているため、ボタン配置に慣れていない人は気をつけること。
  • ACec以降は、選曲画面でEASY譜面のボタン数表記を確認できる。
  • 詐称
  • Lv1 We are I★CHU!
    • 赤・緑の3ボタン譜面。中盤で8分の2連打が多発する。Lv1の譜面としては不適切だろう。
  • Lv2 white night story
    • 赤・緑の3ボタン譜面だが、曲がかなり速い上に4分配置もそれなりに登場し、引っ掛け配置もいくつか登場するため、初心者目線でこのレベルとしては不相応。実質Lv4〜5。
    • ただし、他のLv2の譜面はほぼ全てでリズム難要素がこれよりも強めと言っても過言ではなく、現状全てのLv2の譜面の中では一番取っつきやすいかもしれない。
  • Lv8 君の音とAuftakt
    • 従来の5ボタンと右黄の6ボタン譜面。ロングポップ君あり。配置自体はレベル相応かもしれないが、高い頻度で移動させられるロングが絡んでレベル表記よりも高く感じる可能性が高い。終盤に差し掛かるときに曲調の変化もあり、混乱してゲージを削られる可能性も。
    • 夢を絆ぐ亜麻色よりは難易度が高め。
  • Lv8 夢を絆ぐ亜麻色
    • 要注意! 従来の中央5ボタンを使用する譜面。ロングポップ君あり。随所で配置を大きく引っ掛けたり、順番にロングで拘束して押させる配置が絶え間なく飛び出してくる。ロングの終点とともに他の位置を押す配置もあるため、Lv10以下のEASY適性では厳しいだろう。実質Lv11以上はあると考えたほうがいい。
    • ロングが含まれている他のEASY譜面もそのような配置難が多発することが多く、それに慣れないうちはかなりの詐称と感じる可能性もあるため、この譜面は多発ロングの練習にはなる。
  • Lv9 Secret Answer
    • 危険!! 従来の中央5ボタンを使用する譜面だが、伴奏合わせのとんでもないタイミング難配置や、8分で右から左に緑→青→赤→青→緑、という配置が多発し、Lv9のEASY譜面とはとても思えない変則的な譜面となっている。Lv14以上に感じられる可能性も十分あり、譜面の詐称度は異常。
  • 逆詐称
  • Lv9 Help me, ERINNNNNN!! -VENUS mix-
    • 白以外の7ボタンを使用する譜面だが、このレベル帯の他の譜面と比べると比較的リズムがとりやすい。曲が長いことも手伝って、ゲージを稼ぎやすいだろう。Lv7〜8程度。
  • 個人差
  • Lv4 トウキョウ・ドリーム・ポップ
    • 従来の中央5ボタンを使用する譜面。配置は単純だが、速度変化に注意。
  • Lv7 如雨露姫が世界征服
    • 白以外の7ボタンを使用する譜面。タイミング難が多すぎて、かなりの詐称に感じられる可能性も。
  • Lv8 ドッペルゲンガー
    • 従来の中央5ボタンを使用する譜面。如雨露姫が世界征服と同様にリズム難が多く詐称気味。
  • Lv9 Sing a Song Sign
    • 白以外の7ボタンを使用する譜面。このレベルとしては難しい引っ掛け配置があり、対応できないと少し難しく感じるか。
  • EASY最上位(Lv16以上)
    • Lv17 НУМЛ
      • 9ボタン全てを使用する譜面。いくつかの場所に8分配置が出現するくらいで、このレベルに達するほどの難所はない。EASYのLv13〜14辺りと同等かそれを少し下回る難易度だろう。
      • ただし、ノーツのスピードによって体感難易度が大きく変化する可能性が高いので、ハイスピ設定には注意。

NORMAL

  • 詐称
    • Lv22 人妖絵巻其の一「狐」〜紅楼ノ夢〜
      • 8分の交互連打とスライド階段、縦連打が中心。交互からスライドへ繋ぐ配置が多く見受けられるが、序盤の長い縦連打や2連打ラッシュも侮れない上、密度もそれなりにある。中盤に降ってくる左右に振る配置の8分隣接交互はゴミがないので両手で対処できるが、休み無く降ってくるため反応が遅れると片手で対処せざるを得なくなる。
      • スライドと交互が苦手だと終始厳しいが、得意でもLv23〜24程度と見ておくべきだろう。
  • Lv24 Help me, ERINNNNNN!! -VENUS mix-
    • 曲全体にわたって繰り返されるスライド階段はその多くが折り返し付きになっており難しい。中盤で別の曲を演奏させられるパートでは譜面傾向が変わり、本格的な螺旋階段も数回出てくる。
    • また曲が長いためノート数が617とかなり多く、615ノーツを超過してしまっているためゲージが初級曲で最も重い(615ノーツ超過は初級曲唯一でありもちろん初級曲最多ノーツ)。ノート数の多さの割に単押しが殆どなので休憩地帯もなく、体力と集中力が高く求められる。
  • 逆詐称
  • 個人差

HYPER

  • 詐称
    • Lv36 トウキョウ・ドリーム・ポップ
      • BPMが88→176(数秒)→88→176→88→44と変化する。EX同様2回目の低速が難所で左手の片手処理が単純に配置として難しい。また、高速も階段絡みの配置が零しやすく容易に回復できるものではない。実質Lv38。
      • SUDDENを使用することで体感難易度を下げることも可能。
  • Lv40 Spangles
    • ハネリズムの曲であるため、通常の階段も若干見切りにくく捌きにくい。また、基本フレーズのくの字折り返し24分→左寄り配置が適正40にとってはかなり厳しく、これが押せないとゲージが全く溜まらない。中盤のピアノソロも折り返しが続くため難しい。
    • 合計763ノーツなのでゲージが甘く、終盤は少し簡単になるがそれでもLv42はある。
  • Lv45 НУМЛ
    • 終盤の階段と同時押しが複合したラスト殺しが脅威。曲が長いためゲージも微辛ゲージとなっており、実質Lv46中はある。
  • 逆詐称
    • Lv37 君の音とAuftakt
      • 単押し主体で、レベル相応と思われる配置がほとんどないためこのレベルとしては明らかに弱い。微ソフランやロングポップ君もそれを覆すほどの影響はなく、Lv35程度。
  • Lv38 @you
    • 階段と乱打が全体にわたって続く。良い練習譜面ではあるが、Lv38相応と思われる配置は出てこない。野球のことがよくわかる(H)からラス殺しを除いて密度を増やしたような難易度であり実質Lv36。
  • Lv40 Jack in the Box
    • EX譜面とは裏腹にきわめて素直な配置が多く、押しやすい同時押しが多いせいかゲージも溜まりやすい構成になっている。実質Lv37程度か。
  • 個人差
    • Lv38 Another Texture
      • ソフラン曲。低速部分が曲の3/4を占めるため個人差が大きい。高速部分が特別難しいという訳ではないため、HSは表記通りの228ではなく、190程度に合わせても良いかもしれない。
      • 最後だけ倍速という非常に分かりやすいソフランのため、SUDDENを使用することで体感難易度を下げることも可能。

EX

〜Lv47

  • 詐称
    • Lv43 トウキョウ・ドリーム・ポップ
      • BPMが88→176(数秒)→88→176→88→44と変化する。EX同様2回目の低速が難所で左手の片手処理が単純に配置として難しい。また、高速も階段絡みの配置が零しやすく容易に回復できるものではない。実質Lv44〜45だが、苦手だとそれ以上の地力でも落とすことも。
      • 一応SUDDENを使用することで体感難易度を下げることも可能だが前述の高速地帯が同Lv帯でも強めな配置である点、加速が複数ある点(2回目の高速前にゲージが尽きるとその配置から適正クラスでは回復は困難)を踏まえると過信はできないと思っておくべきだろう。
  • Lv45 空想モダニズム
    • ワルツにありがちな3連符の二重階段が印象的だが、実際の難所は後半の同時押しラッシュ。垂直押しも容赦なく登場し、Lv46のCURUS(フロウビート)EXや左脳スパーク(ラボテクノ)EXと相互互換の難易度と考えてよい。
  • Lv46 Jack in the Box
  • 逆詐称
    • Lv44 white night story
      • GADARINA(フォーチュン・テイルビート)EXを一回り弱くしたような同時押し譜面。サビ前の同時押しラッシュはLv44相当だが、ゲージの甘さもあり後半は丸々回復と考えてよい。実質Lv42。
  • 個人差
    • Lv44 Another Texture
      • ソフラン曲。低速部分が曲の3/4を占めるため個人差が大きい。高速部分が特別難しいという訳ではないため、HSは表記通りの228ではなく、190程度に合わせても良いかもしれない。
      • 最後だけ倍速という非常に分かりやすいソフランのため、SUDDENを使用することで体感難易度を下げることも可能。BPM114地帯でゲージが0でも高速地帯をほとんど取れれば回復は間に合う(許容BADは少ない)ためはずすタイミングは事前に把握しておこう。

Lv48・Lv49

  • 詐称
  • 逆詐称
  • 個人差
    • Lv48 霊魂爆砕 -SOUL EXPLOSION-
      • 階段がメイン、所々二重と対称階段がある。特にサビ終わりの段の違う二重階段が最大の難所でそこを捌けるかどうかでクリアが影響する。二重階段耐性によって48最弱〜強寄りの中で個人差が出る。

Lv50

  • НУМЛ
    • 前半はbpm200の16分対称&二重階段、ソフラン地帯に入ってからも同時押し+高速階段と難所となる部分はかなりの高密度であり、後半はこぼしやすい配置の3連小階段に12分二重階段+ゴミ付きのラスト殺しがある。 得意不得意によって多少の変動はあるが50lvの中ではトイコンテンポラリーに近い難易度となっている。 尚、ソフラン地帯の入り、終わりはサドプラで調整できる程度の空白があるのでSUDDENがかなり有効な譜面である。

Last-modified: 2017-01-17 (火) 14:29:50
Site admin: iMp95
mail : imp@callusnext.com (←@を半角に)