pop'n music éclale

新曲詳細

  • 新曲に関するいろいろなことを書き溜めておく場所です
    • 新曲にはジャンル名および曲説明文がないため、各曲名の下に曲の雰囲気(【】内に記載、音楽ジャンル、ボーカル男女・インスト、雰囲気)を書いておくと参考になるかもしれません
    • 譜面について記載する際は譜面難易度[EASY][NORMAL][HYPER][EX]を書き記しておきましょう。

今作のミミニャミ

  • Mimi (ミミ) / Nyami (ニャミ) [エクラル新衣装]
    • ハリアイイラストは今作もラピストリア同様の頭身の高い絵柄で髪の毛のボリュームもラピストリア同様。
      • 曲開始前のロード画面などではデフォルメされたデザインも登場する。
    • メインストーリーから一歩引いていた前作と異なり、今作ではイベント「ポップンスターメーカー」の会話デモ等で主役として活躍している。
    • 今作ではミミがピンク、ニャミが水色の系統の衣装を着ており、帽子を被っている。
    • NEUTRAL:両手を腰に当てて大きく左右にステップを踏んで踊る
    • GOOD:楽しげに両手を広げる
    • GREAT:大きく指を振り上げてジャンプし反時計回りに一回転、正面に指した指先から小さな星の光の粒を撒き散らす
    • FEVER:画面に近づいてドアップのカットイン、メダル3枚を指に挟んだ左手を見せている
    • MISS:両手を広げてビックリして落ち込み汗、首をぷるぷると振って元に戻る
    • WIN:FEVERと同じカットインの後に3枚のメダルを同時に投げてそのまま決めポーズ
    • FEVERWIN:WINと同じアクションの直後、右から相方が登場して2人並ぶ(ミミ・ニャミ使用時でそれぞれ立場が入れ替わる)
    • LOSE:BADの前半と同じポーズで落ち込んだ後にしゃがんで帽子をかじりながら悔しがる
    • オジャマ:
    • ダンス:GOOD→GREATの繰り返し

ポップンオリジナル楽曲

  • CHECK!SONGS 2015 Decemberでは新曲分のみ紹介。
    • コメントは共通で【pop'n music éclaleですぐに遊べる!みんなでエクラル♪】

稼動初期(2015/11/26配信)

コルトーン

  • 担当キャラ:ASPARA-SEIJIN (アスパラ星人) [エクラル新画風(旧アニメ)]
    • 公式キャラ紹介:http://p.eagate.573.jp/game/popn/eclale/p/musicchar/mcdetail/m_koru.html#sec_chara
    • ハリアイはエクラル新画風だが、衣装・アクションは [8] (ターバン) と同一。2Pカラーは元々存在しない。
    • KEYBOARDMANIA出身のキャラクターであるが、元々はpop'n stageの没キャラだった。
    • 加えて今作で新画風のイラストが用意されている点やポップン書き下ろし曲を担当している事から、本来初登場する筈だったポップンに帰化したと言える。
    • 他機種出身であるため、キャラセレクトの「BEMANI&GAMES」カテゴリにも含まれている。

流離

【ロック】【民族系】【男性ボーカル】

  • 担当キャラ:Jin (ジン) [エクラル新キャラクター]
    • 公式キャラ紹介:http://p.eagate.573.jp/game/popn/eclale/p/musicchar/mcdetail/m_sasurai.html#sec_chara
    • 砂を操る力を持つ(やや大人びた姿の)少年。右肩にスナトカゲを乗せている。
    • ポップンカードでは名前が漢字表記の「塵」になっている。漢字はPONが選んだとのこと。
      • 出身地は「砂の国」になっており、日本人ではない模様(砂の国はAC20のキャッスルと同じ出身地)。ちっひによれば「日本人ではないのに漢字がついてるのがなんだか日本に来てから付けてもらったっぽくてかわいいですね」とのこと。
    • 製品版ではアニメーションに彼と似た能力を持つ烈達「つぎドカ!」勢が登場するが、現時点で詳しい関係は不明。
      • 各種アニメで烈と対立している点から、少なくとも(現時点では)烈の仲間ではなく新ライバル的な立場の模様。
      • ただしアニメの描写から他のメンバーとはやや親しげな関係を築いている。
      • PONのオーダーは「つぎドカ砂属性トカゲ乗せアラビアン」だったとのこと。
    • NEUTRAL:両手をポケットに突っ込んだ状態で片足でリズムを取り肩を揺らしている
    • GOOD:横笛を吹く
    • GREAT:ジャンプして構え砂の塊を振り下ろすように飛ばす。トカゲは首の周りをぐるっと一周する
    • FEVER:砂を片手に焔を構えた烈と睨み合いながら、カメラが烈とジンにズームインする
    • MISS:切り裂くように砂を投げる(影の演出が入る)。トカゲは肩から落ちてしまい、地面にバウンドしてから戻る
    • WIN・FEVERWIN:鈴花が現れトカゲを見てハートマークを出して喜び、鈴花と氷海がたい焼きや団子などをトカゲに食べさせる。後ろでは風雅とジンも団子を食べており、それを見た烈がやや怒り顔
    • LOSE:烈がフランクフルトをトカゲに差し出そうとするがそれをジンが止めて睨み合い一触即発寸前のところ、横から風雅がヨーヨーを飛ばしてゲンコツ→夕暮れの川でタンコブを腫らしてしゃがみ込む2人。手前には尻尾を振りながら川を覗きこむトカゲ
    • オジャマ:
    • ダンス:睨み合う烈とジンのアップが大きく映し出され周りに炎と砂が舞うためかなりの広範囲を覆うが、アニメ全体が半透明に透けており後ろのポップ君は見えるようになっている

僕の気持ちを描く

  • 担当キャラ:Mimi (ミミ) / Nyami (ニャミ) [エクラル新衣装]

ユメユメアラウンド〜だってYou&Me〜

  • 公式曲紹介・試聴:http://p.eagate.573.jp/game/popn/eclale/p/musicchar/mcdetail/m_yume.html
  • 試聴ページ(CHECK!SONGS 2015/12):http://p.eagate.573.jp/game/bemani/fansite/p/music/201512/
  • AIRIは、作曲者シンゴが所属するバンド「ときめきエキスプレス」のボーカル。
  • シンセには、「エイプリルズ」のイマイケンタロウが担当している。
  • マッカチン企画がsisi以外のボーカリストを起用しての楽曲提供は今回が初。
    • 前作までの楽曲のボーカリストのsisiは本作では天体カレイドスコープで歌唱を担当している。
  • 当初はバナーの「ユメユメアラウンド」のフォントの「ユ」の上の幅が長く「コメコメアラウンド」に近い表記になっていた(参考)が、2015/12/21のアップデートで「ユ」のフォントが分かりやすいように調整された。
    • ただし、公式サイトの楽曲紹介バナーおよびCHECK! SONGS 2015年12月のバナーイラストでは旧バナーが引き続き使用されていた。
    • eAMUSEMENTアプリのプレーシェア画像でも当初旧バナーのまま変更無し。
    • 2016/01/28より公式サイトで楽曲紹介が公開されたことに伴い、公式サイトおよびeAMUSEMENTアプリでのバナーも新しいものへ変更された。

CRAZY WORLD

【ダンス系】【ロック】【トランス】【男性ボーカル】

  • 担当キャラ:Timer (タイマー) [エクラル新衣装]
    • 公式キャラ紹介:http://p.eagate.573.jp/game/popn/eclale/p/musicchar/mcdetail/m_c_w.html#sec_chara
    • AC16以来の新衣装(楽曲担当自体はACSPの「ヴァリアントレイヴ / PUNISHER」で再登場していた)。今回はヘソ出しになっている。
    • 新画風イラストは、以前ポップンミュージックカード ラピストリア第3弾の「先生・生徒のスクールライフ! -AM-」、「同 -PM-」に同キャラが登場していた事から新画風イラストでの登場が予想されていたがラピストリアでは登場せず、éclaleのロケテストでようやくの登場となった。
    • NEUTRAL:頭と手を振って激しく歩く
    • GOOD:懐中時計を振り回す。周りには光が輝く
    • GREAT:横から妹のミニッツが現れて一緒に決めポーズ
    • FEVER:GOODと同様に時計を取り出して「3・2・1」のカウントダウン後、バニーガールや露出度の高い衣装に着替えたカットインと「Timer」「Get moving!」の文字が流れる
    • MISS:うさ耳がしおれてがっくりとうなだれる。背景には|||線
    • WIN:FEVERと同じアクションの後、ネコ耳帽子で正装風に着替えて花束を差し出す
    • FEVERWIN:WINとほぼ同じだが、差し出すのがプレゼントの箱になっている
    • LOSE:雨が降ってきてMISS同様にがっくりとうなだれ、横から現れたアイスが傘を差し出す
    • オジャマ:
    • ダンス:NEUTRAL→GREATの繰り返しだがミニッツとの距離がやや空いている他、周囲に光が輝く

"Schall" we step?

【ピアノ】【インスト】【プログレ】

  • 担当キャラ:schall (シャル) [エクラル新キャラクター]
    • 公式キャラ紹介:http://p.eagate.573.jp/game/popn/eclale/p/musicchar/mcdetail/m_schall.html#sec_chara
    • ラピストリアで登場したタクトに付き添っている精霊。単独で登場する前から既に単体でパスケースとして景品化されていた(参考)。
    • 今作では頭身の高い人型の女性姿がメインになっている。
    • 普通の人で言う瞳の白目部分が1Pカラーでは暗い色になっているが、2Pカラーでは普通の白目になっている。
    • 曲名とは違い、名前の綴りの最初の「s」は小文字表記。なお「Schall」とはドイツ語で「音」を意味する単語(ドイツ語では本来名詞の語頭が必ず大文字になる)。
    • NEUTRAL:空中に浮きながら左右に揺れる
    • GOOD:両手を上げて軽く浮かぶ
    • GREAT:GOODよりも勢いよく両手を上げて浮かび上がり音符を飛ばす
    • FEVER:妖しく佇むシャルのカットインが入り、手前に幼い頃のピアノを弾くタクトが登場
    • MISS:GOODと同様に両手を上げて浮かぶが、回転して着地の際に失敗しタクトの顔面に激突。この際に一瞬(前作同様の)小さな精霊姿に戻る
    • WIN・FEVERWIN:閉じたピアノにもたれて眠っているタクトの元で小さな精霊姿で近づき、頭身の高い姿に変身して寄り添う
    • LOSE:MISSの後半と同様に回転してタクトに追突し、怒り心頭のタクトに小さな精霊姿の状態でつまみ上げられる
    • オジャマ:
    • ダンス:NEUTRAL→GREATの繰り返し

2015/12/03配信

はんなり京小町

【和風】【ゆったり系】【女性ボーカル】

  • 担当キャラ:どすえ [エクラル新キャラクター]
    • 公式キャラ紹介:http://p.eagate.573.jp/game/popn/eclale/p/musicchar/mcdetail/m_han.html#sec_chara
    • 生八ツ橋にそのまんま顔が付いて足が生えたような女性キャラ。エクラルの稼働告知ポスターで先んじて登場していた。
    • 誕生日が「で・き・た・て」になっているが実際のお祝い日は2月13日。お祝い期間は20日までとなる。
    • 2Pカラーはいちご味風になる。
    • NEUTRAL:左右に揺れ踊る
    • GOOD:光る小豆の粒が周囲に舞い、少し浮かび上がる
    • GREAT:腕?をハタハタと振って駆け足
    • FEVER:輝きながら川を流れている。ミミ、ニャミ、テルオが橋の上から見ている。
    • MISS:一回転して箒を持つ。箒の上には頭にあった手拭いがかけてある。
    • WIN・FEVERWIN:気合いを入れて衣を一枚脱ぎ、すっきりした表情で前身が輝く。周りにはどすえと同じ姿の小さな天使2人が紙吹雪を撒きラッパを吹いている
    • LOSE:凧になって空を飛んでいる。下ではミミとニャミがびっくり。
    • オジャマ:
    • ダンス:画面下から上へと輝きながら流れていくが、FEVERのような川のグラフィックは出ず複数の縦線のみで表現されている

コナミオリジナル楽曲

  • 今作では他機種からの移植曲が公式サイト上で「コナミオリジナル楽曲」として分類され、「ポップンオリジナル楽曲」とは区別されている。
  • 他BEMANI機種からの移植曲は基本的に選曲画面ではジャケット表示になっている。
    • ただし、今作では楽曲を選択するとオプション画面・リザルト画面では実際の担当キャラクターのハリアイイラスト(通常版と同じ)が表示され、親密度ゲージ(ハート)の対象にもなるようになった。

稼働初期(2015/11/26配信)

オトカドール 〜このゆびとまれ〜

  • 担当キャラ:あい [エクラル新キャラクター(ゲスト)]
    • 公式キャラ紹介:http://p.eagate.573.jp/game/popn/eclale/p/musicchar/mcdetail/m_otoca.html#sec_chara
    • 「オトカ♥ドール」からのゲストキャラクターで、ドールの一人(主人公ポジション)。原作でのCVは藤井ゆきよ。
    • あいのハリアイイラストは原作と同じもの(画像)。
      アニメーションもニュートラル時は原作ゲームそのままで、一部のみポップン風絵柄になる(「DDR/DDR MEGAMIX」のアフロと同様の仕様)。
    • 誕生日が「???」になっているが実際のお祝い日は7月1日。お祝い期間は8日までとなる。
    • 2Pカラーは存在しない。キャラポップ上段はニャンドラ。
    • NEUTRAL:左右に軽く腕を振ってステップ
    • GOOD:腕を振りかぶって正面にVサインしてハートを飛ばす
    • GREAT:その場で一回転ターンをする。周りにはピンクの光が舞う
    • FEVER:「オトカ♥ドール」ゲーム内での「ヒメモード」発動時のカットイン。あいの顔がアップで映り、「キュピーン」と言うテロップが後ろに出現する。
    • MISS:ガクンと膝をつきそうになる。
    • WIN・FEVERWIN:ポップン風のイラストに切り替わり、あいと同じドールキャラの「セイナ」「サニー」と、ナビゲーションキャラ「ニャンドラ」が登場する。キャラは上から順にあい・サニー・セイナ・ニャンドラ。
    • LOSE:ポップン風のイラストに切り替わり、あいが後ろを向いて落ち込んでいる所を、セイナとサニーが心配そうに見ている。
    • オジャマ:
    • ダンス:NEUTRAL→GREATの繰り返しだが、周りに常に光が舞っている

On top of the world

Windy Fairy


2016/02/17配信

きゅん×きゅんばっきゅん☆LOVE

  • 同日発売の松下3rd Album「ご注文は松下のあとで」発売記念での収録。同アルバムの書き下ろし楽曲。(公式告知)
  • アルバムでは「きゅん×きゅん ばっきゅん☆LOVE」と曲名にスペースが空いているが、BEMANI機種では曲名が詰まっている。
  • 同じくSota作曲・wac作詞である前回の「Go↓Go↑Girls&Boys!」同様のコナミオリジナル楽曲であると思われるが、そちらとは違い配信当初は「TV・J-ポップ」カテゴリに含まれていた。
    • しかし、2016/05/31アップデートで「TV・J-ポップ」カテゴリから除外され、他機種と同じくコナミオリジナル曲扱いに移行した。
      後から「TV・J-ポップ」カテゴリに入った楽曲の例はこれまでもあったが、逆に現存楽曲なのに「TV・J-ポップ」カテゴリから外された例はこれが初となる。
  • キー音も存在する。[EX]はライセンス楽曲同様に無条件解禁。
  • 配信当初はBEMANIカテゴリに含まれていなかったが、2016/03/02のアップデートで各機種のカテゴリに追加された。

2016/06/30配信
(BEMANI Bi-Ra Factoryチャレンジ成功による先行解禁)

Good bye, Summer〜さよならは言わない〜

  • GITADORA Tri-Boost、jubeat Qubell、REFLEC BEAT VOLZZA 2、BeatStream アニムトライヴとの同時収録。
  • アーティストの「私立BEMANI学園軽音部 OB」の構成は、歌:PON、作詞:T田、作曲・編曲:96
    • 96作曲かつPON歌唱の楽曲は、pop'nでは20 fantasiaよりApachE名義の楽曲が毎作登場していたが、T田が楽曲制作に関与し、かつ非ApachE名義の96作曲PON歌唱の楽曲がAC pop'nに収録されるのは今回が初。
  • 公式MV
    • 公式MVとは異なり、アウトロがカットされている。
    • BEMANI ROCK FES '16』テーマソングであると同時に、「私立BEMANI学園スピンオフムービー 私立BEMANI大学」テーマソングと銘打たれており、ムービーではBEMANI学園から3年後の軽音部員2名(PONと96)を描いている。96役は前回同様替え玉(おそらくSUPER STAR 満 -MITSURU-ドッキリ企画の司会「まっちゃん」)。
  • 楽曲・ムービーともに私立BEMANI学園テーマソングである「Endless Chain 〜2人でトリガーをひこう〜」(ポップンではリズミンのみ収録)の続編曲にあたる。
  • [EX]も含め無条件解禁。
  • 担当キャラ:Mimi (ミミ) / Nyami (ニャミ) [エクラル新衣装②] [ジャケット表示]
    • エクラル新衣装の色違いで実質3Pカラー。ハリアイイラストもアニメも通常のエクラル版と共通の単なる色違いだが、紹介文のみ異なる。公式告知では「BRF'16 COLOR」と銘打たれている。
    • この楽曲のプレー時は、プレイヤー側がミミ[ec②-1P(実質3P)]の時に限り、相手側がニャミ[ec②-1P]になる。
    • [ec-2P]とは違い、こちらのカラーは楽曲配信日以降は無条件で使用可能([ec-2P]未解禁時は色変えですぐこちらになる)。
      • さらに[ec②-1P]を一度使用すると、[ec②-2P](実質4Pカラー、プレイヤー専用)が解禁される。
    • キャラポップのカラーは[ec-1P or 2P]使用時と変わらない(過去作のスペシャルカラーと同様の仕様)。
    • アニメは共通のため今作のミミニャミを参照。
    • 各機種でジャケットがそれぞれ異なり、pop'n版の選曲画面のジャケットには偽96とPONが立っている姿(顔は隠れている)が写っている(画像)。
      • 楽曲バナーもこの写真を加工したものが使用されており、ミミニャミは描かれていない。

メディアミックス企画「ひなビタ♪」

  • 前々作前作同様、TOMOSUKEによるメディアミックス企画「ひなビタ♪」からの出典。
    「日向美ビタースイーツ♪」は作中に登場するキャラたちのバンド。
  • キー音は版権新曲同様に無し
  • 各ハリアイは特筆しないかぎりSunny Park当時そのままとなっている(新絵柄やジャケットにはなっていない)
    • 「黒髪乱れし修羅となりて〜凛 edition〜」のみ例外的に新絵柄・新衣装のハリアイとなっている(実際のゲーム中のアニメーションは旧来のまま)。
  • 「イベント・公募」→「ひなビタ♪」カテゴリにSunny Park・ラピストリア分も含めて収録されている。

稼働初期(2015/11/26配信)

激アツ☆マジヤバ☆チアガール

漆黒のスペシャルプリンセスサンデー

地方創生☆チクワクティクス


2015/12/24配信

フラッター現象の顛末と単一指向性の感情論


2016/04/18配信

黒髪乱れし修羅となりて〜凛 edition〜

  • 日向美ちくわ姫決定戦」霜月凛優勝による配信。
    • 同イベント対象だったGITADORA Tri-Boost、jubeat Qubell、REFLEC BEAT VOLZZA 2、MÚSECAに加え、DanceDanceRevolution A、SOUND VOLTEX III GRAVITY WARS、BeatStream アニムトライヴとの同時収録。
  • 楽曲詳細は同イベントのページを参照
  • AC18 せんごく列伝初出の「撫子メタル / 黒髪乱れし修羅となりて」のアレンジカバー曲であるが、前作の「紅焔(Live Version)」や「恋愛観測 -VENUS Mix-」同様ジャンル名は付かない。
  • 原曲にはキー音があるが、こちらは他の「ひなビタ♪」楽曲同様キー音は無い。
  • [EX]は購入不要で無条件解禁になっている。
  • 本楽曲のプレーが「凛として咲く花の如く 〜ひなビタ♪edition〜 」のスターファクトリー入荷条件になっている。
  • 担当キャラ:霜月凛 [エクラル新画風(旧アニメ)]
    • 楽曲バナーおよびハリアイはエクラル新画風で立ち絵の衣装も新規のものだが、
      実際のアニメーションでの衣装・アクションは [SP] (文学少女ロック他) と同一
      • 現時点ではプレーヤーがこの新ハリアイを使うことはできない。楽曲固有のCPU専用ハリアイとなっている。
      • 本楽曲をプレーすると次回のキャラセレクトの「最近プレー」カテゴリに通常の霜月凛[SP]が登録されるため、別バージョン扱いになっているのではなく「恋愛観測 -VENUS Mix-」等のように単に曲専用のハリアイを差し替えて使用しているだけの形式であると思われる。
        要するにハリアイ絵だけの描き下ろしというSunny Park以前ではお馴染みのパターンなのだが、そのハリアイ絵を新画風で描き下ろした過去に例の無いケース。
      • ひなビタ♪楽曲としては、これまでハリアイ絵がポップン絵での使い回しであったなか、初となる新規のエクラル絵でのハリアイ立ち絵となる。また、既存キャラクターの新画風イラストをプレーヤーが使用できないのも初となる。
      • ハリアイと実際のアニメで衣装が一致しないキャラクターは、前作のぐるたみんや一部キャラのストーリー別衣装などで既に存在していた。
    • 立ち絵は原曲の担当キャラである寿々姫を意識した衣装になっている。作画はちっひ。

2016/08/05配信

倉野川音頭

  • メディアミックス企画「ひなビタ♪」シーズン4からの出典。(告知)
    • DanceDanceRevolution A、jubeat Qubell、REFLEC BEAT VOLZZA 2との同時収録。
  • 「ひなビタ♪」の舞台である倉野川市と実在の市である鳥取県倉吉市との姉妹都市提携を記念して、2016/04/16・17に倉吉市で開催された「くらよし桜まつり♪」で行われた新曲発表会で披露された楽曲。
  • ボーカルは日向美ビタースイーツ♪のメンバー5人と、ひなちくん(CV:くりむ)が担当。
    • ひなビタ♪楽曲でくりむ(ひなちくん)歌唱の曲がBEMANI機種に収録されるのは今回が初。
  • 実際の作詞はくりむ、作曲はTOMOSUKE、編曲は牧戸太郎。
  • [EX]は購入不要で無条件解禁になっている。
  • 担当キャラ:山形まり花 [SP] (スイーツポップ他)
    • バナーにもまり花のみが描かれている。

期間限定配信曲

2015/12/01 10:00〜12/28 10:00 期間限定配信 (期間外のため現在は削除)

Thank You Merry Christmas

  • 担当キャラ:VENUS (ヴィーナス) [SP-1P] (ウィザウチュナイシリーズ/恋愛観測 -VENUS Mix-/MAGICAL SUMMER SMILE) [ジャケット表示]
    • 選曲画面のジャケット他機種と同じもの
      • ジャケットにはポップン風の絵柄で描かれたVENUSの2人のほか、DDR・jubeat・REFLEC各機種のキャラが描かれている。
      • DDRキャラ:アフロ・エミ・ユニ・バビロン
      • jubeatキャラ:スミス氏・コタロー・見習いコック・ねんごろねこ・ジョマンダ
      • REFLECキャラ:パステルくん・ピンクパステルくん・黒パステルくん・ヴァリスネリア

版権曲

  • 特記しない限り、全て「テレビ・J-ポップ」カテゴリにも含まれる。
  • 特記しない限り、全てキー音は存在せず、選曲画面ではジャケット表示になる。
    • ただし、今作では楽曲を選択するとオプション画面・リザルト画面では実際の担当キャラクターのハリアイイラスト(通常版と同じ)が表示され、親密度ゲージ(ハート)の対象にもなるようになった。
  • 特記しない限り、今作では[EX]譜面は購入不要で無条件解禁。
  • 担当キャラクターと同じバージョン・カラーを使用した同キャラ戦でも別カラーには変化せず、左右全く同じカラーになる(過去作と同様)。

稼働初期(2015/11/26配信)

シュガーソングとビターステップ

  • TVアニメ『血界戦線』ED
  • YouTube公式MV:http://www.youtube.com/watch?v=3exsRhw3xt8
  • UNISON SQUARE GARDENの楽曲がポップンに収録されるのはSunny Parkの「オリオンをなぞる」以来。
    • ただし「オリオンをなぞる」は今作で削除となったため、入れ替わりに収録の形になる。
  • 既にjubeat prop、REFLEC BEAT VOLZZAにも収録されている。後にBeatStream アニムトライヴにも収録。
  • 他社の音ゲーではcrossbeats REV.(カプコン)にも収録されている。後に太鼓の達人 ホワイトVer.(バンダイナムコエンターテインメント)、CHUNITHM PLUS(セガ・インタラクティブ)にも収録された。

はなまるぴっぴはよいこだけ

  • TVアニメ『おそ松さん』第1クールOP曲。作詞はあさき、作曲・編曲は96。(公式告知)
  • YouTube・A応P公式MV:http://www.youtube.com/watch?v=a72ydusKRSg
  • 既にDanceDanceRevolution(2014)、GITADORA Tri-Boost、jubeat prop、REFLEC BEAT groovin'!! Upper、BeatStreamにも収録。
  • A応P」は(本楽曲の発表当時)7人組女性アイドルユニット。グループ名は「アニメ“勝手に”応援プロジェクト」の略。
    • A応Pの楽曲はBeatStreamに「青春セッション PARADISE」「Stay Gold」が収録されていた。その当時メンバーは6人で、2015年に天音まりなが加わり7人になったが、本曲リリース後に足のけがの完治が難しいという理由で脱退し6人に戻った。
    • フルバージョンの歌詞はゲーム収録のTVサイズから大きく構成が変更されており、一部TVサイズバージョンにしか無い歌詞も存在する。
  • 曲中に時折出てくる「フォイフォイ」という野太い男性ガヤは私立BEMANI学園の「お米の美味しい炊き方、そしてお米を食べることによるその効果。 / お米タル」の時に収録したものをそのまま切って貼って使用しているとのこと(96による告知)
  • コナミ関係者のアニメ版権曲がポップンに収録されるのはCS10で登場した「ネオフォークロック/セカンドステージ(TVアニメ『Get Ride! アムドライバー』ED)」のナスカ(当時インディーズでコナミレーベル所属)以来*2。AC版ポップンでは初の事例となる。
  • 現在進行形で放映中のアニメの楽曲がポップンに収録されるのはACSP当時の「回レ!雪月花」以来となる。
  • 担当キャラ:Nyami (ニャミ) [TV] (バカボン(削除曲)) [ジャケット表示]
    • 選曲画面のジャケットはマキシシングル「はなまるぴっぴはよいこだけ」(CD版)より
      • 当初は各機種でTV版ジャケットを使用していたが、BeatStream収録時点でCD版ジャケットが使用されたのを皮切りに順次アップデートで差し替えられ、éclale稼働時点で全機種で差し替えが完了している。
    • このニャミは、「おそ松さん」と同じく赤塚不二夫原作のアニメの曲「天才バカボン」をかつて担当していたニャミで、原作者繋がりでのキャラ起用と思われる。
      • 「バカボン」自体はAC16で削除されたが、その際にキャラが使用可能になった。
    • 前作ラピストリアではミミニャミが版権新曲を1曲も担当していなかったため、ミミニャミを合わせるとACSPの「つけまつける」のミミ以来、ニャミ単体ではAC20の「コネクト」以来となる(どちらも現在は削除済み曲、アニメは過去の流用)。
      • 前作稼働途中でコネクトが削除されたため、ニャミの担当する版権曲で現存しているのはこの楽曲と後述の「全力バタンキュー」のみ。

リクライム

【ロック】

  • TVアニメ『弱虫ペダル』第1期OP1
  • YouTube公式MV:http://www.youtube.com/watch?v=3m2pf9XHP3s
  • ロックバンド「ROOKiEZ is PUNK'D(ルーキース イズ パンクト)」の6thシングル。
    • 同バンドの楽曲はGuitarFreaksXG3&DrumManiaXG3に「IN MY WORLD」が収録されているが、そちらはカバー音源である。
      そのため、本人音源でのBEMANI収録はポップンでの本曲が初となる。
    • 後にREFLEC BEAT VOLZZA 2にも収録。
  • 他社の音ゲーではmaimai GreeN PLUS(セガ・インタラクティブ)に収録されている。
  • 担当キャラ:ししゃも [10-1P] (スキップ) [ジャケット表示]
    • 選曲画面のジャケットはマキシシングル「リクライム」より
      • ジャケットの上に「©渡辺航(週刊少年チャンピオン)/弱虫ペダル制作委員会」のコピーライト表示も出る
    • このバージョンのししゃもはサトウさんの自転車に乗っており、自転車繋がりでのキャラ起用と思われる。
      • CS12いろはのミニゲーム「ししゃものネコ缶」では自転車に乗ったサトウさんが商店街・ジャングル・宇宙を全力疾走で駆け抜けていた。

2015/12/22配信

かくしん的☆めたまるふぉ〜ぜっ!

  • TVアニメ『干物妹!うまるちゃん』OP曲。
  • ノンクレジットOP映像:http://www.youtube.com/watch?v=b6-2P8RgT0A
  • 作詞・作曲及び編曲はおぐらあすか、同じく編曲はmanzo。
  • 同アニメの主人公である土間うまる(CV:田中あいみ)が歌唱しており、楽曲内でもアニメの設定と同じように声と曲調を使い分けている。
  • 既にjubeat prop、BeatStream アニムトライヴにも収録。
    • 他社ではmaimai PiNK(セガ・インタラクティブ)にも収録されている。
    • 他機種版とは違い、曲名末尾の「!」が半角になっている。
  • pop'nでのBPM変化は139→99→139。中盤のみ減速し再び元の速度に戻る。
    • 各機種でBPM数値が異なり、pop'nでは99-139だが、jubeatでは139-199、maimaiでは139、BSでは133-139になっている。
    • 速度が変わる中盤地帯のみ3/4拍子になっており、機種によってこの部分のBPMの扱いが異なる。
  • 余談ではあるが、劇中(原作・アニメ共に)家庭用ポップンコントローラのようなもの(ただし5ボタン)を使ってポップンをそのまま模したゲーム「ポップソ」をプレーするシーンが存在する。
    • アニメ版(2話)では、ポップソコントローラの方は原作同様5ボタンで配色も違っていたが、実際のプレー画面では原作と違って本家ポップンと完全にそのまま同じ配置・配色の9ボタン仕様となっており、その時の画面右の担当キャラがうまる(UMR衣装)になっていた(参考)。
  • 担当キャラ:うまるちゃん [エクラル新キャラクター(ゲスト)] [ジャケット表示]
    • 上記原作漫画およびTVアニメの主人公。アニメ出身の版権キャラクターそのものがポップン本編にキャラクターとして登場するのは初となる*3
    • 公式キャラ紹介:http://umaru-ani.me/character/index.html
      • 原作・アニメでは才色兼備な完璧美少女の美妹(びもうと)状態と、二頭身のチビっこい姿に縮んでぐうたらする干物妹(ひもうと)状態などを使い分けているキャラだが、ポップンではハリアイイラスト・アクションともに干物妹状態がメインになっている(美妹形態はカットイン等のみ)。
      • 誕生日の「9月26日」は公式設定。アニメ第6話でも9月26日を舞台にした「うまるの誕生日」というエピソードが存在した。
    • 2Pカラーは存在しない。キャラデコには対応している。
      • キャラポップ上段はハム二郎。うまるの被っているフードと同じ配色のため区別に注意。
    • 選曲画面のジャケットはマキシシングル「かくしん的☆めたまるふぉ〜ぜっ!」より。ただしハリアイ絵と全く同じ表情。
    • うまるちゃんを使用、もしくはこの曲を選曲した場合、eAMUSEMENTアプリのプレーシェア機能ではハリアイやバナーに「©2015 サンカクヘッド/集英社・「干物妹!うまるちゃん」製作委員会」のコピーライトも表示される。
      • 公式サイト上の楽曲紹介バナーもコピーライト入りのものが使用されている。
      • 版権キャラだがキャラセレクトの「TV&アニメ」カテゴリには含まれていない(EXIT歌い手、ふなっしー、東方キャラ等と同様)。
    • ゲーム中の絵柄はポップン風ではなく、アニメ版の絵柄そのままの再現。
    • NEUTRAL:チビ形態で笑顔のまま左右に揺れて踊っている
    • GOOD:ポテイトとコーラを取り出す
    • GREAT:美妹形態のドアップのカットインが入る。周りにはキラキラなエフェクト (原作のような「うまる〜ん」の文字は出ない)
    • FEVER:大量のハムスター軍団とともに行進する(OP映像の一部と同じ)。同時に「U」「MA」「RU」の文字とハム二郎の顔文字が出る
    • MISS:慌てる
    • WIN・FEVERWIN:腕を組んで決めポーズ(後ろでは派手に旭の光が輝く)→下にスライドすると兄の土間タイヘイの頭に乗っていることが分かり、タイヘイが呆れ顔
    • LOSE:MISSと同じアクションで慌てた後にそのまま反対方向を向きになり、その右横からため息をつくタイヘイがアップで現れる
    • オジャマ:
    • ダンス:NEUTRALと同じアクション→GREATと同様のカットインを繰り返し。カットインはGREATより範囲は広いが、顔の部分のみ

僕ガ壊レル前ニ

【ロック】

ラブラドライト

  • 2015/12/16発売のOSTER projectのアルバム「Recursive Call」(発売元:サブカライズレコード)収録曲
    • アルバムインタビュー記事:http://realsound.jp/2015/12/post-5625_2.html (本曲についてはページ半ば辺りから)
    • OSTER projectによれば「常盤さんに歌っていただくためだけに書いたような曲」とのこと。
    • 同アルバムからは先行して2015/11/26よりbeatmania IIDX 23 copulaの開通!とことこライン隠し曲として「Violet Rose」が収録されている。
  • 公式MV
  • 「ラブラドライト(Labradorite)」は、ラブラドル長石・曹灰長石(そうかいちょうせき)とも呼ばれる斜長石の一種(準貴石)。(Wikipedia)
  • ライセンス曲だがキー音は存在し、当初「TV・J-ポップ」カテゴリには含まれていなかった。
    • 2016/05/31アップデートで「TV・J-ポップ」カテゴリに追加された。
    • 他の版権曲と同じく[EX]の解禁は不要(無条件解禁)。
    • タイトルデモループに「©OSTER project」のライセンス表示があり、公式サイトの楽曲紹介では「TV・アニメ etc」の方に分類されている。
    • ただしポップンミュージックカード エクラル第2弾のこぺるの担当曲にこの曲が記載されており(通常は版権曲は記載されない)、半ばコナミオリジナルに近い扱いをされていると思われる。
  • 担当キャラ:copel (こぺる) [SP-1P] (ハイカラポップ) [ジャケット表示]
    • 選曲画面のジャケットはアルバムのものではなくMV映像より(告知と同じイラストだが比率が異なる)。イラストはうさぎが担当。

2016/01/28配信

  • いずれも東方アレンジ樂曲。
    • 東方アレンジの場合、曲名の下に「原曲」(ZUN作曲)、「原曲」(ZUN以外の作曲)を記載
    • 東方Projectアレンジ樂曲の原曲の詳細は東方wiki東方同人CDwikiなどを参照。
    • ライセンス曲扱いだが、当初「TV・J-ポップ」カテゴリには含まれていなかった。また、前作の「TOHO×BEMANI」とは違い既存曲であるためキー音は無い。
      • 前作の東方アレンジ楽曲4曲は2016/05/31アップデートから、下記の2曲は遅れて2016/06/28アップデートから、それぞれカテゴリに含まれるようになった。
    • 東方アレンジを選曲した場合、eAMUSEMENTアプリのプレーシェア機能ではハリアイやバナーに「©上海アリス幻樂団」のコピーライトも表示される。
      • 公式サイト上の楽曲紹介バナーもコピーライト入りのものが使用されている。
    • 前作と異なり「東方アレンジ」の専用カテゴリは用意されていない。
    • 魔理沙と霊夢のアクションは前作の項目を参照。

チルノのパーフェクトさんすう教室

おてんば恋娘
【電波曲】【女性ボーカル】

  • YouTube公式MV:http://www.youtube.com/watch?v=V_bQNPG2OyE
  • 収録CD『東方氷雪歌集
  • アレンジャーのARM(IOSYS)の楽曲はポップンでは、「めうめうぺったんたん!」等の芽兎めう絡みのひなビタ♪曲や、「恋活ミュージカル/不思議の国のキングダム彼氏」、「うさぬこぬんぬんファンタジー!」といった提供楽曲も収録されている。
    • 一方でこの曲のボーカルであるmiko(Alternative ending)及びサイドボーカルのquim(IOSYS/SHIGANAI RECORDS)の曲がポップンに収録されるのは初である。
  • 既にSOUND VOLTEX BOOTH、BeatStream、jubeat prop、REFLEC BEAT VOLZZAにも収録されている。
    • 上記の他、DanceDanceRevolution(2014)にはuno(IOSYS)による「EDM REMIX」が収録されている。
    • 他社の音ゲーではミュージックガンガン!2、グルーヴコースター、太鼓の達人 モモイロVer.、maimai GreeN、CHUNITHM -チュウニズム-に収録されている。
      ちなみに今回の収録により、他社音ゲーやアレンジ版を含めて計11機種と東方アレンジとしては数多くの収録機種数を記録している。
      配信日現在時点では「Bad Apple!! feat.nomico」が計12機種収録のため、本楽曲は2位となっている。
      なおBEMANI機種に限定すると「妖隠し -あやかしかくし-」が計7機種のためこちらも2位となる。
  • アーティスト表記がSDVXとjubeatでは「ARM(IOSYS)」なのに対し、BS・REFLEC・pop'nでは「ARM+夕野ヨシミ feat.miko」と異なっている。
  • pop'nでの音源はSDVXその他機種と同じもの。アウトロのセリフがショート版公式MVとは違い2番になっている。
  • [NORMAL][HYPER][EX]イントロ・アウトロの「でっでっでっででっ」の「ででっ」が16分遅れて譜面が配置されているため要注意(特にフルコンボ・パーフェクト狙い)。
    • 2016/02/15アップデートでズレが修正された
  • 担当キャラ:霧雨魔理沙 [LT] (Struggle、千年ノ理) [ジャケット表示]
    • 楽曲を担当している霧雨魔理沙は、下記のFEVERWINアニメのチルノの件の他、quimを除く同アーティストの組み合わせの楽曲「魔理沙は大変な物を盗んでいきました」のタイトルに冠されている事から、同タイトルつながりか、もしくは「さんすう教室」と同じアレンジャーとボーカルの組み合わせの楽曲「お嫁にしなさいっ!」に魔理沙がメインキャラの一人として登場していた事からのキャラ起用の可能性がある。
      • 「さんすう教室」のアレンジャー及びメインボーカルの組み合わせの東方アレンジ楽曲は、有名な作品として他に「患部で止まってすぐ溶ける 〜 狂気の優曇華院」も存在する。
    • 選曲画面のジャケットはDDRのREMIX版を除いた全機種で採用されている「東方氷雪歌集」のアルバムジャケットを使用。
      描かれているキャラは本曲のタイトルに冠され、原曲のテーマキャラでもあるチルノ。
    • 楽曲バナーには左側に魔理沙のアイコン、右側にポップン風のチルノが描かれている。
      • 告知画像やバナーに登場しているポップン風のチルノは、魔理沙のFEVERWINに登場するチルノのそのまま流用となっている。
        ただしライバルキャラクターの場合FEVERWINは見られないため、この楽曲を担当する右側の魔理沙ではチルノを見ることができない。
        (本曲でチルノを登場させるには自分で魔理沙を使用して同キャラ対戦にし、フルゲージクリアする必要がある)

待チ人ハ来ズ。

万年置き傘にご注意を
【和風】【ポップ】【ロック】【女性ボーカル】

  • ニコニコ動画公式MV:http://www.nicovideo.jp/watch/sm9479413
  • 収録CD『東方回転木馬
  • 豚乙女は、主にロックやジャズ系統の楽曲を得意とする東方アレンジサークル(参照:ニコニコ大百科)。
    • 作詞・アレンジ:コンプ、ピアノ:パプリカ、ボーカル:ランコ
  • 既にSOUND VOLTEX II -infinite infection-、BeatStream、MÚSECAにも収録されている。
    • 他社の音ゲーではmaimai GreeN PLUS、グルーヴコースター2にも収録されている。maimaiは初代BSの稼動日と同じ日に同時収録された。
  • pop'nでの音源はSDVXその他機種と同じもの。
  • [EASY]白と赤の3ボタンのみ使用という、この使用ボタンの構成は初。
    おそらく、博麗霊夢=紅白にちなんだものと思われる。
  • 担当キャラ:博麗霊夢 [LT] (Russian Caravan Rhapsody、妖隠し -あやかしかくし-) [ジャケット表示]
    • 選曲画面のジャケットはアルバムのものではなく、SDVX版ほかBEMANI機種で使用されているものと同一ジャケット(この楽曲のMVを元にしている)を使用(参照)。
      描かれているキャラは原曲のテーマキャラである多々良小傘(たたら こがさ)。
    • 楽曲バナーには左側に霊夢のアイコンが描かれている。ジャケットの方とは違い小傘の姿は描かれておらず、傘のみが写っている。

2016/02/04配信

全力バタンキュー

  • TVアニメ『おそ松さん』第2クールOP曲。 (公式告知)
  • YouTube・A応P公式MV:http://www.youtube.com/watch?v=Jwq7FVvZDV8
  • jubeat propとの同時収録。後にGITADORA Tri-Boost、REFLEC BEAT VOLZZA、BeatStream アニムトライヴにも収録。他社ではグルーヴコースター3にも収録されている。
  • A応Pは「はなまるぴっぴはよいこだけ」当時は7人組女性ユニットだったが、2015年末に足のけがの完治が難しいという理由で天音まりなが脱退し6人組となった。
  • 作詞・作曲は池波晏寿、編曲は池波晏寿・有木竜郎。「はなまるぴっぴはよいこだけ」とは異なり、制作にBEMANIアーティストは関わっていない。
    • 作詞・作曲及び編曲の「池波晏寿(いけなみ あんじゅ)」は、作曲家の渡部チェルの後輩に当たる人物で、今回が作曲家デビュー作との事。(参考)
      また、編曲の「有木竜郎(ありき たつろう)」は、作曲・編曲家の他、キーボード奏者でもあり、過去にOSTER projectのCDのプロデュースを行っていた事もある。
  • 本楽曲のCD発売日は2016/02/10であり、「はなまるぴっぴはよいこだけ」と同じくCD発売前に先駆けてBEMANI機種の方へ収録される。
  • [NORMAL][HYPER]「まるさんかくしかくでまーた明日ー」の後の「デーデッデーデッ デッデーン」の最後の青同時押しが16分遅れて譜面が配置されている(チルノと同様の配置ミスと思われる)。
    • [EX]での該当部分(両白緑同時押し)はズレておらず正常の模様。
    • 2016/02/15アップデートでズレが修正された
  • [EASY]2016/03/22アップデートでLv3→1に降格し、50段階表記になって以来4曲目のLv1の譜面となった(他は「ポップス/I REALLY WANT TO HURT YOU」「BAROQUE HOEDOWN」「月光花」各EASY)。
  • 担当キャラ:Nyami (ニャミ) [TV] (バカボン(削除曲)、はなまるぴっぴはよいこだけ) [ジャケット表示]
    • 「はなまるぴっぴはよいこだけ」に引き続き連続担当。
    • 選曲画面のジャケットはマキシシングル「全力バタンキュー」より
      • ジャケットの上に「©赤塚不二夫/おそ松さん製作委員会」のコピーライト表示も出る(一方で「はなまるぴっぴはよいこだけ」の方には付いていない)
    • 楽曲バナーはOP映像の一部を意識し、6色に塗り分けられた道にニャミの顔が6つ配置されたものになっている(参考)

2016/02/17配信

混ぜるな危険

  • TVアニメ『うしおととら』第1・2クールOP曲。
    • 同アニメは分割3クール形式であり、ポップンでの配信時点でOPの使用された第1・2クールは2015年12月に放送終了している。OPの変わった第3クールは2016年4月から放送開始。
    • 後にGITADORA Tri-Boost、REFLEC BEAT VOLZZA 2、jubeat Qubell、BeatStream アニムトライヴにも収録。
  • YouTube公式MV:http://www.youtube.com/watch?v=aFQi6Yy_J2M
  • 筋肉少女帯の楽曲は、ポップンではAC8で「カレー/日本印度化計画」と「トラウマパンク/釈迦」の2曲が収録されていたが、どちらもSunny Park稼働時点で削除されており、約3年ぶりの登場となる。
    • なお「日本印度化計画」はjubeat plusでも配信されている。「釈迦」もjubeat plusとREFLEC BEAT plusで配信されているが、そちらの曲は初期バージョンのためポップン版とは音源がやや異なる(ただし曲のカットはポップン版に近い)。
    • 他機種では「心の折れたエンジェル」がGFDMV6に収録されておりXG以降もプレー可能。
  • 担当キャラ:Ryan (ライアン) [SP-1P] (ビーストメタル) [ジャケット表示]
    • 選曲画面のジャケットはマキシシングル「混ぜるな危険(通常盤)」より
      • このジャケットは「うしおととら」の原作者である藤田和日郎先生による描き下ろしとなっている。
    • 楽曲バナーは文字のみでキャラが描かれていない。
    • 楽曲配信と同時に、「ビーストメタル / 野獣ワイルド」未解禁時でもライアン[SP-1P]のみがデフォルトで無条件解禁された。
      (2Pカラーは無条件解禁されていない)

2016/08/04配信

SAKURAスキップ

  • TVアニメ「NEW GAME!」OP曲。(コラボ告知)
  • OP・EDを歌うアーティストの「fourfolium(フォーフォリウム)」は同アニメのメインキャラクターであるゲーム会社「イーグルジャンプ」の若手社員、涼風青葉(CV.高田憂希) 、滝本ひふみ(CV.山口愛) 、篠田はじめ(CV.戸田めぐみ) 、飯島ゆん(CV.竹尾歩美) の4名で結成されたキャラソンユニット。
    • 滝本ひふみのCVを担当している山口愛は、ひなビタ♪の春日咲子の声も担当している。
  • jubeat Qubell、REFLEC BEAT VOLZZA 2、BeatStream アニムトライヴにも同時収録。
    • 他3機種と違い、ED曲の「Now Loading!!!!」は本機種に収録されていない。

2016/09/12配信

零の位相

  • YouTube公式MV:http://www.youtube.com/watch?v=WBBEdCJ7yHA
  • 2016/09/07発売のkradness NEWアルバム「MIND HACK」収録楽曲(公式告知)。
    • アルバム発売に先駆けてREFLEC BEAT VOLZZA 2に収録されており、既に発売日よりGITADORA Tri-Boost、jubeat Qubell、MÚSECA 1+1/2にも収録。
    • 本機種への収録は当初告知されておらず、遅れて2016/09/08より追加告知された。
  • kradness(クラッドネス)は主にニコニコ動画にて歌ってみた動画を数多く投稿していた男性歌い手(参考:ニコニコ大百科)。
    • 氏の楽曲はこれまでSOUND VOLTEXとREFLEC BEATに収録されていたが、他機種に収録されるのは今回が初となる。
    • Ryu☆が立ち上げた新レーベル"EDP"への移籍後、初のアルバムリリースとなる。
  • 作曲は96、作詞はあさきが担当している(いわゆる「大日本鉄倶楽部」コンビ)。
  • コナミ社員が手掛けた楽曲だが、収録アルバムの発売元がEXIT TUNESであるためかpop'nでは「TV・J-ポップ」カテゴリにも属しており、ライセンス曲として扱われている(「はなまるぴっぴはよいこだけ」と同じパターン)。
    • ただしタイトルデモのライセンス表示には本曲のタイトルが記載されていない(同時配信の「時の妖花」は記載がある)。
    • REFLEC BEAT VOLZZA 2では(公式HP等に(C)EXIT TUNESの記載はあるものの)コナミオリジナル楽曲扱い、GITADORA Tri-Boost・jubeat Qubell・MÚSECA 1+1/2の3機種では本機種同様ライセンス楽曲扱いになっているなど、機種によって扱いが異なる模様。
  • 曲名の読みは「ゼロのいそう」。「れい」ではない。
  • ライセンス曲だがキー音は存在する。
  • 配信時点ではBEMANIカテゴリのうち何故か「MÚSECA」に含まれていない。
    • MÚSECA 1+1/2はポップンと同様に急遽本曲の収録が発表されたことも関係していると考えられる。
  • 担当キャラ:KEIGO★ (ケイゴ★) [17-1P] (J-ロックΦNEWマジLOVE1000%(削除曲・2P)) [ジャケット表示]
    • 同じくEXIT TUNES所属の歌い手の松下やぐるたみんとは違い、kradnessのイメージキャラクターのポップン入りではなく、既存のポップンキャラクターの流用となっている。
    • 選曲画面のジャケットはアルバム「MIND HACK」より

時の妖花

  • 2016/08/31発売のゲーム実況者わくわくバンド 2ndシングル「時の妖花」収録楽曲(公式告知)。
    • 先に収録されている「僕ガ壊レル前ニ」に続き、「ゲーム実況わくわく荘Z」とのタイアップ収録。
    • 先駆けてGITADORA Tri-Boostとjubeat Qubellにも収録されている。
  • 作詞・作曲はせらみかるが担当。
  • 曲名の読みは「ときのようか」。
  • 版権曲だがキー音は存在する。配信当初から「TV・J-ポップ」カテゴリにも属している。

*1 AC19の「フロンティア / 探検ノート」は当初バナーにニャミのみ描かれていたが、AC20で両者が描かれたバナーに修正された。
*2 また、同じくCS10に収録された「ビートロック2/Wish」は『Get Ride! アムドライバー』OP曲「Ready?」の別バージョンであり、大浦祐一が作詞・作曲を担当している。
*3 派生シリーズの「pop'n music ミッキーチューンズ」シリーズでは、ミッキーマウスをはじめとするディズニー作品のキャラがポップンに登場していたが、本家シリーズでのアニメ版権キャラ登場および本家ポップンキャラとのゲーム内共演は初。

Last-modified: 2016-11-01 (火) 11:38:57
Site admin: iMp95
mail : imp@callusnext.com (←@を半角に)