pop'n music peace

レベル詐称逆詐称個人差について(新曲)

  • ここではpeaceからの新曲・移植曲および追加譜面を扱います。
  • 曲名表示している人も多いため、追加・編集の際は「曲名(ジャンル名)」両方の記載をお願いします(曲名とジャンル名が同じものは曲名のみで)
    • ソートは「Lv」→「曲名(50音→数字→アルファベット→記号)」の順でお願いします。
  • レベル表記が実際の体感難易度より明らかに低い「詐称」、その逆の「逆詐称」について記述
    • 個人差」についても取り上げています。
    • 特に顕著なものは太字で表記しています。
  • 解説でAC20以前における旧Lvについて言及する場合は、旧表記+6が現行新Lv変換の目安となります。

全般

  • 個人差
    • [全般]キー音が無い曲
      • キー音が無い曲はキー音有りの曲と違って、叩いても音がズレているかが分かりづらく、いつの間にかリズムが崩れていてGREATやGOODが連続してしまうことがある。一度タイミングがズレてしまうと立て直しにくいので、特に普段キー音を意識しながら叩いている人は注意(GREAT・COOL判定とGOOD判定でゲージの伸びが変わるので、クリアにも影響する可能性もある)
      • 逆に言えば常に正しいタイミングで音が流れるので、大まかなリズムを把握しやすい。特にjubeatやSOUND VOLTEXといったキー音が存在しない機種に慣れている人や、普段打鍵音を意識しながら叩いている人はこちらの方が点数が伸びやすい傾向にある。
      • また、キー音がない曲はボーカルに合わせてノーツが置かれている場合が通常の曲より多いため、譜面やリズムの傾向も変わってくることに注意。
      • タイミングが分かりづらい場合は、TIMINGやGUIDE SE等のオプションを付けるのも手。
  • [全般]ロングポップ君搭載曲
    • 今のところロングポップ君の得手不得手がクリアに大きく影響するほどの譜面はない。
    • ただしロングポップ君はEASY譜面でも普通に登場するため初級曲では注意が必要。ロングポップ君が繋がって降って来る譜面もいくつか存在しているため、ロングポップ君に慣れてないと詐称に感じることも少なくないだろう。上位譜面よりロングポップ君の数が多い譜面もある。
    • peace新曲はほとんどの曲にロングポップ君が搭載されているため注意。

EASY

  • ここでは今作で新規追加・変更された旧曲EASY譜面も対象。
  • レベル1桁でも8〜9個のボタンを使う譜面がいくつか登場しているため、ボタン配置に慣れていない人は気をつけること。
  • ACec以降は、選曲画面でEASY譜面のボタン数表記を確認できる。
  • 詐称
    • Lv3 シュガーソングとビターステップ(ACec/TV)
      • 2018/11/27よりカバー音源への変更に伴い、Lvとノート数はそのままで譜面配置のみ赤・青・緑の5ボタンから左黄以外の8ボタンに変更された。
      • 最初は旧譜面と同じく真ん中5ボタンだが、イントロ途中・Bメロ・サビから徐々にEASYにありがちな使用ボタンが増えていくというパターン。2分の割合が多いが、サビは白・黄色も混じってあちこち押すようになり、その終わりで毎回4分横スライドが登場、曲の最後には赤の8分2連打もある。ノート数こそ旧譜面と同じだが、増えた使用ボタン数を考慮すると、黄色ボタンへの対応でこのレベルに置くのは酷か。実質4〜5位。

HYPER

  • 詐称
    • Lv37 飛べないぼくと鳴かない黒猫
      • 階段そのものも24分が混じりこのレベルにしては難しいが、脅威となるのはロングポップ君複合の配置。特にBメロとサビのロングポップ君+階段の配置は、リズムも難解でここで一気に崩されかねない。実質Lv39と言える。
  • 個人差
    • Lv40 ぼくらの16bit戦争
      • このレベルでロングポップ君を押しながら手を交差して拾わせる配置が前半に存在する。また、サビにおいてもどの指でロングポップ君を処理するかを把握しないと苦戦を強いられるため、押し方が結構影響すると思われる。

Last-modified: 2018-12-08 (土) 04:42:31
Site admin: iMp95
mail : imp@callusnext.com (←@を半角に)