pop'n music peace

レベル詐称逆詐称個人差について(新曲)

  • ここではpeaceからの新曲・移植曲および追加譜面を扱います。
  • 曲名表示している人も多いため、追加・編集の際は「曲名(ジャンル名)」両方の記載をお願いします(曲名とジャンル名が同じものは曲名のみで)
    • ソートは「Lv」→「曲名(50音→数字→アルファベット→記号)」の順でお願いします。
  • レベル表記が実際の体感難易度より明らかに低い「詐称」、その逆の「逆詐称」について記述
    • 個人差」についても取り上げています。
    • 特に顕著なものは太字で表記しています。
  • 解説でAC20以前における旧Lvについて言及する場合は、旧表記+6が現行新Lv変換の目安となります。

全般

  • 個人差
    • [全般]キー音が無い曲
      • キー音が無い曲はキー音有りの曲と違って、叩いても音がズレているかが分かりづらく、いつの間にかリズムが崩れていてGREATやGOODが連続してしまうことがある。一度タイミングがズレてしまうと立て直しにくいので、特に普段キー音を意識しながら叩いている人は注意(GREAT・COOL判定とGOOD判定でゲージの伸びが変わるので、クリアにも影響する可能性もある)
      • 逆に言えば常に正しいタイミングで音が流れるので、大まかなリズムを把握しやすい。特にjubeatやSOUND VOLTEXといったキー音が存在しない機種に慣れている人や、普段打鍵音を意識しながら叩いている人はこちらの方が点数が伸びやすい傾向にある。
      • また、キー音がない曲はボーカルに合わせてノーツが置かれている場合が通常の曲より多いため、譜面やリズムの傾向も変わってくることに注意。
      • タイミングが分かりづらい場合は、TIMINGやGUIDE SE等のオプションを付けるのも手。
  • [全般]ロングポップ君搭載曲
    • 今のところロングポップ君の得手不得手がクリアに大きく影響するほどの譜面はない。
    • ただしロングポップ君はEASY譜面でも普通に登場するため初級曲では注意が必要。ロングポップ君が繋がって降って来る譜面もいくつか存在しているため、ロングポップ君に慣れてないと詐称に感じることも少なくないだろう。上位譜面よりロングポップ君の数が多い譜面もある。
    • peace新曲はほとんどの曲にロングポップ君が搭載されているため注意。

EASY

  • ここでは今作で新規追加・変更された旧曲EASY譜面も対象。
  • レベル1桁でも8〜9個のボタンを使う譜面がいくつか登場しているため、ボタン配置に慣れていない人は気をつけること。
  • ec以降は、選曲画面でEASY譜面のボタン数表記を確認できる。
  • 詐称
    • Lv3 シュガーソングとビターステップ(ACec/TV)
      • 2018/11/27よりカバー音源への変更に伴い、Lvとノート数はそのままで譜面配置のみ赤・青・緑の5ボタンから左黄以外の8ボタンに変更された。
      • 最初は旧譜面と同じく真ん中5ボタンだが、イントロ途中・Bメロ・サビから徐々にEASYにありがちな使用ボタンが増えていくというパターン。2分の割合が多いが、サビは白・黄色も混じってあちこち押すようになり、その終わりで毎回4分横スライドが登場、曲の最後には赤の8分2連打もある。
      • ノート数こそ旧譜面と同じだが、増えた使用ボタン数を考慮すると、黄色ボタンへの対応でこのレベルに置くのは酷か。実質Lv4〜5位。
  • 逆詐称
    • Lv16 Vinculum stellarum
      • 9ボタン全てを使用する譜面。ロングポップ君はそこそこ出てくるものの連続処理はなく、他の配置もほとんどが2分や4分の単押ししかないのでこのレベルに到達するほどの難易度ではない。Lv13程度。
  • Lv17 Timepiece phase II
    • 9ボタン全てを使用する譜面。ほとんどの配置は"体感4分"の単押しばかりで難しくない。いくつかの配置に"体感8分"の配置や離れ同時押しがあり、ラストで減速もするがそれほど障害にはならないだろう。Lv13程度。
  • 個人差
    • Lv9 H@appy Fever Forever!!
      • 要注意! 従来の5ボタン譜面。BPM168で普通に配置が続くだけかと思いきや、曲終了間際の赤のロングポップ君でいきなり速度が2倍になり、次の右緑から青の配置が来る途中で速度が元に戻るので外しやすい。
  • EASY上位(Lv16以上)
    • Lv17 西馬込交通曲
      • 9ボタン全てを使用する譜面。道中の配置自体は控えめだが、中盤にBPMが190から80まで下がり、その後すこしづつBPMが380まで上昇する地帯がある。配置自体は単純なのでそこは慣れの問題であるが速度が元に戻った直後が難しく感じやすく、そこで混乱してその先に対応しきれない可能性もある。
  • Lv20 西新宿清掃曲(ウラ・パーカッシヴ)(AC11)
    • かつて存在していた5ボタン譜面がそのままEASYになっている。そのためLv21のN譜面をそのまま5ボタンに配置し直したものなので、BPM280地帯にもノーツが置かれている。
    • 左緑から始まる規則正しい階段譜面の往復となっているため、WHITE BIRDS(ヴィジュアル)(N)などの階段譜面に慣れていないと辛いが、一定のタイミングを意識して階段処理できれば何とか耐えられるか。
    • しかも表譜面と同じ辛判定でHI-SPEED設定もしづらいという難要素が混じる。低速地帯はリズムを意識してバックの音を頼りにしたい。
  • EASY最難関
    • Lv23 男々道(ウラ・ヒップロック2)(AC11)
      • かつて存在していた5ボタン譜面がそのままEASYになっている。表譜面と比べてBPM変化の範囲が狭くなって判定も甘くなったので、その点では良心的になっている。
      • しかし肝心の配置はN譜面とさほど変わらず、ラストのBPM180地帯の16分が減った程度。
  • Lv26 Blue River(カウボーイ[UPPER])
    • 譜面自体はec版と同じであり、難しいことに変わりはない。

NORMAL

  • 逆詐称
    • Lv16 Pop'n Xmas 2004 〜天使ノウタゴエ〜(クリスマスプレゼント)
      • 初出のバージョンが古くて表記レベルが低いN譜面と比較するとリズム、配置難要素が控えめの部類。
      • パート1からパート2へ移行する際に少しだけ急に速くなること、各パートで突発的に出ている16分配置と離れ同時押し、ラストで少しずつ減速してからなかなか終わらないかのように何個か降ってくることさえ注意すれば体感難易度は下がるだろう。
  • Lv17 君と微笑みと・・・(イノセント2)
    • 伴奏合わせで8分配置が多いが、極端に難しく見せている部分が低レベルN譜面と比較すると割と少ない。
    • 歌が始まる前の左白・左緑・赤の8分同時押し2連打とサビ手前の右方向8分階段には注意だが、他の配置で8分配置から同時押しに繋がるところも適正以下で見切りやすく、ゲージを十分に保持できるだろう。
    • 同レベルから3つ下までのN譜面の大半はおろか、Lv12のEl pais del sol(ラテン)やすてきなタブーラ(マサラ)、Lv13のDon't Disturb(ニューウェーブ)等の方がこの二つよりもあからさまに難しい。

HYPER

  • 詐称
    • Lv38 飛べないぼくと鳴かない黒猫
      • 階段そのものも24分が混じりこのレベルにしては難しいが、脅威となるのはロングポップ君複合の配置。特にBメロとサビのロングポップ君+階段の配置は、リズムも難解でここで一気に崩されかねない。
      • 2019/03/05のアップデートで37から昇格したがまだまだ上げたりない。実質Lv39〜40と言える。
  • Lv40 Floccinaucinihilipilification
    • BPM200という上に16分の隣接階段、交互押しなど40適正レベルにとっては厳しい配置がある。実質Lv41中〜強。
  • Lv42 Vinculum stellarum
    • 危険!! 終始階段譜面。前半はLv42の範疇に収まる程度だが、中盤以降急激に難化し24分階段混じりの階段や怒涛のように流れてくるくの字階段がLv42を大きく逸脱している。また、明確な回復も少ない。
    • 同レベルで詐称クラスといわれているinnocence(H)と同等か少し易しめな程度。実質Lv43中〜強だが苦手の場合Lv44位になることも。
  • 逆詐称
    • Lv36 雪夜の森のプリャースカ
      • 低速部分はLv30程度の配置が続く。BPM180地帯で交互連打や階段が混ざり始めるがそこもLv36にしては弱い。総合的に見て非常に見切りやすくLv33〜34程度。
  • Lv38 ヒカリユリイカ
    • 全体的に密度が非常に低い。ラストに乱打によるラス殺しが降ってくるが押しやすくLv38としては物足りない。実質Lv35〜36。
  • Lv45 Timepiece phase II
    • 全体的に休みのない配置が続くものの、素直で押しやすい配置が多くゲージも甘い。ペース配分を間違わなければ適正外でもクリアを狙える。実質Lv44か。
  • 個人差
    • Lv40 ぼくらの16bit戦争
      • このレベルでロングポップ君を押しながら手を交差して拾わせる配置が前半に存在する。また、サビにおいてもどの指でロングポップ君を処理するかを把握しないと苦戦を強いられるため、押し方が結構影響すると思われる。

EX

〜Lv47

  • 詐称
    • Lv37 君と微笑みと・・・(イノセント2)
      • サビのLv37を逸脱した同時押し発狂が鬼門。軸押しに色々とくっついた配置がメインだが、歯抜け配置や手のスイッチが必要な配置のせいでかなり叩きにくく、垂直や三角も多いため適正ではそもそも見切ること自体がかなり難しいと思われる。
      • 発狂を抜けた後もLv37として見れば簡単な配置ではなく、Lv38である同シリーズのきまぐれな風向き(イノセント)や流転と回天(イノセント3)の各EXより難しいという意見も多いため最低でもLv38はあると思って挑んだほうが良い。
  • Lv39 PULSE(ファニー)(CS2)
    • 全体を通してこのレベル帯では見かけないスライド中心の階段譜面であり、尚且つ片手処理能力も要求される。加えてその流れからの混フレの同時押しやゴミ付き乱打も混じった総合譜面である。
    • 2019/03/05のアップデートで37から昇格したがまだまだ詐称気味。実質Lv40〜41程度。
  • Lv41 或る街のギギ
    • このLv帯としてはやや難し目の混フレ力を求められる譜面で、右側は階段、左側は微縦連を捌くことになる。
    • 中盤の隣接ラッシュは癖が強く、個人差は出るもののLv41としては厳しい。さらに終盤にはシンメトリー配置のラス殺しが降ってくる。なお、この配置は序盤で2回登場する。しかも微辛ゲージであるため、ゲージ回復が遅いのも厄介。
    • 2019/03/05のアップデートでLv43としては弱めだったため2段階降格したが、今度は下げすぎて詐称気味になってしまっている。
  • Lv42 luck
    • 同時押し中心のソフラン曲であり、中盤でBPMが88から121に上がる。このためBPM88に合わせるSUDDENが有効だが加速前後にあからさまな隙があまりなく、ゲージをこぼさずに使用するのは少々厳しい。
    • しかしそのソフランは前座であり、ラストの左右振りラッシュが最大の難所である。これを捌けるかどうかでLv42相応でもクリアできる人から適正Lv43〜44でもクリアできない人まで幅広く分かれる。平均的に見ると実質Lv43で詐称気味か。
  • Lv43 いつまでやったって、別にいいじゃない!?
    • 16分階段や16分交互にゴミが付いて片手処理を強制される配置が多く、全体的にポロポロ零しやすい上に微辛ゲージなのでゲージも伸びにくい。
    • ラストに24分大階段による殺しもあることを加味すると、実質Lv44と考えたほうが良い。
  • Lv43 おめでとう!おたんじょうび
    • 左手でリズム、右手で階段を捌く混フレ譜面なのだが、求められる片手階段がLv43にしては厳しい配置が多い。同時押しも多いのでRANDOMをかけるのも危険。実質Lv44。
  • Lv43 PM is Here!
    • 階段・交互連打・乱打が主体の総合譜面。終始忙しいうえ明確な回復がなく、微辛ゲージということもありLv43にしては強い。実質Lv44。
    • 左右対称や2個押し交互の配置が目立つ。Lv43の階段・乱打譜面を安定させられる実力は欲しい。
  • Lv44 なごりさえ
    • 序盤の叩きにくい24分階段+αや中盤の二重階段、ラストの隣接同時絡みの24分スライドが脅威。微辛ゲージも相まって回復しづらい。
    • 適正Lv46でも落とした報告も複数ある強烈な詐称譜面であり、少なくともLv45中〜強相当。苦手だとLv46中〜強に感じられることもあり、平均的に見ると実質Lv46弱。
  • Lv44 Burning Love
    • かなり強烈なソフラン譜面。低速地帯がかなり長い上にリズムが一定でないため崩されやすく、32分なども頻出し譜面が詰まって見えるため高い低速耐性を求められる。
    • ソフラン譜面故に個人差は出やすいが、それを考慮しても平均的に見てLv45はあるか。
  • Lv46 Catch Our Fire!
    • 階段メインの総合譜面だが、1300ノーツを超えるので体力も要求される。終盤の高速歯抜け階段、スライドはクリアに直結し、適正レベルにはやや厳しいか。実質Lv47弱程度。
  • Lv47 祭ノ痕、君ヲ憶フ。
    • 危険!! 中盤以降は16分24分の二重階段が頻発し、所々に長い24分階段もある。特にラストの24分スライドからの大階段の流れはLv47として類を見ない殺しである。高速階段耐性によるがLv48弱〜中相当。
  • 逆詐称
    • Lv41 無頼ック自己ライザー
      • 同時押し中心の譜面で配置は素直、実質Lv39〜40相当。
  • Lv44 おねがいダーリン
    • 特に押しにくいの同時押しや左右振りが殆ど無い。数箇所でロングポップ君複合と階段があるもの、そこで注意しておけばクリアが容易。
    • 極端な話、同時押しが苦手でなければLv43相当、得意の場合は適正Lv42でもクリア圏内に入る。
  • Lv46 熱情のサパデアード
    • ロングポップ君が多めな譜面だが全体的に押しやすい素直な配置が多い。
    • 中盤のスライドからの二重階段が難所だがその後の回復は十分に可能。ラストに縦連が何度も降ってくるが、左右振りもないため意外と押しやすい。実質Lv45。
  • Lv47 革命パッショネイト
    • Lv47としては素直な同時押しが主体の譜面で、所々に入ってくるスライド→階段が難所だが極端な殺しというほどでもなく、ラストは大きな回復がある。Lv45〜46程度の同時押し譜面が出来れば十分クリアできる。
  • 個人差
    • Lv41 Water Melon Woman(テクノ'80)(CS1)
      • このレベル帯ながらロングポップ君の左右振りを要求されるポイントが何箇所も存在する。
  • Lv43 西新宿清掃曲(ウラ・パーカッシヴ)(AC11)
    • BPM140〜280のソフランと辛判定は表譜面と同様。多数存在した無理押しは消滅しているが、後半の低速地帯の密度は表譜面並みかそれ以上の厳しい配置。
    • 加えて単調な乱打で大きく回復が見込めた高速地帯が休みなしの16分縦連ラッシュになっているため、ここで削られすぎると後半の低速地帯の許容BADが厳しくなる。
    • ソフラン譜面なのでサドプラという手もあるが、高速前に空白地帯がないので捨てノーツの発生は必至。
  • Lv45 男々道(ウラ・ヒップロック2)(AC11)
    • 表譜面よりもソフラン要素がマイルドで甘い判定になっているが、配置自体は表譜面と同様左右偏重ズレ押しの嵐。特にラストのズレ押し地帯の凶悪ぶりも相変わらずなので、ソフラン要素が薄くなったとはいえ個人差は出る。
  • Lv46 ぼくらの16bit戦争
    • 終盤のロングポップ君地帯を抜けた後の32分大階段地帯で一気にゲージを削りに来るラス殺し譜面。まともに拾うのが難しい場合は適宜餡蜜で処理するなどして誤魔化すべき。一応最後に2本程度は回復できるので諦めないように。
  • Lv47 焔華
    • 詰まった難所と緩めの回復を繰り返す譜面構成だが、その難所が悉く強烈な発狂となっており、しかもラスト2回の発狂が最も難しいラス殺し譜面でもありクリアを阻む。おまけに似た形の発狂を何度も繰り返すため癖がつきやすい。加えて後半は回復地帯もそれなりに厳しい配置が続く上、こちらも発狂同様似た形が多いため呪われると悲惨な事になる。
    • 発狂のごまかし力の有無にもよるが、平均的には実質Lv47強程度とかなり強い部類に入る。またその押しづらさからか、個人差次第で48弱にも感じられることもある。
    • 初登場時はLv46と詐称曲であったが、2019/03/05のアップデートでLv47に昇格した。

Lv48・Lv49

  • 詐称
    • Lv49 西馬込交通曲
      • 危険!! 曲名や担当キャラ、アーティスト名から察せる通り「パーカッシヴ」シリーズの流れをくむ曲で、今までのシリーズと同様、中盤にBPMが190から80まで下がり、その後すこしづつ380まで上昇する地帯がある。しかしこのソフランが霞むほど他の箇所が難しく、低速や高速はある程度BADを抑えられないと話にならない。
      • 辛ゲージであるが、前半からneu(ニエンテ)(EX)の後半や24/7 Popperz(EX)のサビのようなBPM190の階段の細かい片手処理を要求してくる上、ラストには横に広い同時押しラッシュのラス殺しが襲いかかってくる。
      • 高速地帯からラスト前までは比較的簡単で、ラストまでにゲージを溜めてラスト勝負に持ち込みやすいのがまだ救い。しかしそのラスト勝負に持ち込むための地力がそもそもLv49の範囲かどうか怪しく、Lv50弱〜中相当。
  • Lv49 BabeL 〜MODEL DD101〜
    • 超危険!! BPM180の物量譜面。リミックス元のBabeL 〜Next Story〜(スケールアウト)(EX)のような全体難に発狂を更に足したような譜面。
    • 主な難所は開幕・後半の二重乱打、裏拍8分の歯抜け同時押し、そして終盤の振りの大きいギター地帯である。特に後半の二重乱打は微縦連と振りが混じっており、大きく崩されやすい。
    • 難所が多いため道中を回復に回せるくらいの地力が要求されるが、要所要所で手を振り回さないと取れない配置が降ってくるため回復も難しい。
    • Lv49としては規格外の発狂対応力と正確性が必要で、総合的に見るとLv50中程度の詐称。

Lv50

  • Blue River(カウボーイ[UPPER])
    • ec版と違い、こちらはCSから完全移植。ec版ではマイルドになっていた左右振り配置もそのまま移植されている。
    • 全編通して16分乱打中心だが、4つ以上の同時押しや縦連、左右振りも混ざっている。後半には微発狂が数回登場する。一つ一つは極端に難しいわけではないが、体力的に厳しい。
    • CS版と同じく判定は辛いものの、現行ACの辛ゲージ仕様ではGOODでもゲージを伸ばせるようになっているので、ややクリアしやすくはなっている。
  • 序(ふること[UPPER])
    • 通常EX譜面が全体を通して強化された譜面。ロングポップ君が追加され、コンボ数も300増加して辛ゲージとなり、かなりの体力譜面になっている。
    • イントロ明けからラスト付近まで縦連を多く叩かされる。元譜面で休憩地帯だった中盤は、裏のピアノの音を12分で拾いつつロングポップ君を押させる配置になっており、非常に押しづらくあまり回復が見込めない。
    • ラストのソフラン地帯前は元譜面に同時押しと縦連が追加されていて、大きく難易度が上がっている。直後のラス殺しは元譜面と似ているが、同時押しがこっそり増えており、全く油断はできない。

Last-modified: 2019-04-22 (月) 11:49:51
Site admin: iMp95
mail : imp@callusnext.com (←@を半角に)