pop'n music peace

新曲雑記/隠し曲詳細


KAC エントリー特典

The 8th KAC エントリー特典(2018/11/29配信)

Catch Our Fire!

中島由貴
【女性ボーカル】

  • 機種共通の楽曲雑記は別項を参照。
  • NOSでの曲コメント【燃え上がれ!狼煙を上げろ!君の熱い思いが伝説になる!】
  • 担当キャラ:Mimi (ミミ) / Nyami (ニャミ) [peace新衣装-3P] (PM is Here!) [ジャケット表示]
    • 本曲用に追加された新カラー(ピンクの髪に青い衣装)。「Good bye, Summer〜さよならは言わない〜」の[ec-3P]と同様に説明文も異なっている。
      • 通常はライバルキャラがミミ[pe-3P]だが、プレイヤー側がミミ[pe-3P]の時に限り、相手側がニャミ[pe-3P]になる。
    • ミミ/ニャミ[pe-2P]を未解禁の状態で本曲を解禁すると、キャラクターセレクト画面では2Pを飛ばして1P→3Pとなる。[pe-3P]を使用しても[pe-2P]は解禁されない。
    • 各種アニメ詳細は今作のミミニャミを参照。
    • 選曲画面のジャケットは他機種と同じもの。バナーも文字のみでキャラクターは描かれていない。

The 9th KAC エントリー特典(2019/11/27配信)

ランカーキラーガール

中島由貴 × いちか
【女性ボーカル】
[ロングポップ君搭載曲]

  • 機種共通の楽曲雑記は別項を参照。
  • NOSでの曲コメント【あたしランカーキラーガール!さあ覚醒の刻!沸かせてくれ!!】
  • 配信時点でThe 9th KAC対象機種のBEMANIカテゴリにはいずれも含まれていなかったが、2019/12/17よりカテゴリ入りした。
  • 担当キャラ:Mimi (ミミ) / Nyami (ニャミ) [peace新衣装-1P] (PM is Here!) [ジャケット表示]
    • 「Catch Our Fire!」と異なり、1Pカラーが使用されている。
    • 通常はライバルキャラがミミ[pe-1P]だが、プレイヤー側がミミ[pe-1P]の時に限り、相手側がニャミ[pe-1P]になる。
    • 各種アニメ詳細は今作のミミニャミを参照。
    • 選曲画面のジャケットは他機種と同じもの。バナーも文字のみでキャラクターは描かれていない。

いちかのBEMANI投票選抜戦2019

  • 連動企画/いちかのBEMANI投票選抜戦2019
    • 機種共通の楽曲雑記は別項を参照。
    • いずれも選曲画面では他機種と同様のジャケット表示となっている。
      • バナーもそれを元にしており、機種のマスコットがそのまま登場しているもの及びかおりんを除いて担当キャラクターは描かれていない。
    • いずれも「イベント・公募」→「いちかのBEMANI投票選抜戦2019」カテゴリにも収録。

2019/09/12配信

  • 2020/06/25より全曲無条件解禁に移行

おーまい!らぶりー!すうぃーてぃ!だーりん!

BEMANI Sound Team "PON" feat.NU-KO
【女性ボーカル】

  • pop'nではイベント期間中1回プレーのみで出現していた。
  • 同アーティスト組み合わせの楽曲が登場するのはラピストリアの「朱と碧のランページ」以来となる。
  • 後にポップンタイムトリップ解禁曲としてDANCERUSH STARDOMでのリミックス版「おーまい!らぶりー!すうぃーてぃ!だーりん! (DANCERUSH Style)」も収録された。
  • 担当キャラ:kaorin (かおりん) [20-1P] (ハッピーラブゲイザー、メニメニマニマニ(削除済)、SAKURAスキップ(2P・削除済)、Sing a Song Sign) [ジャケット表示]

Trill auf G

BEMANI Sound Team "dj TAKA"
【インスト】
[ロングポップ君搭載曲]

  • 担当キャラ:TRAN (トラン) [9-1P] (ロックギター) [ジャケット表示]

最小三倍完全数

DJ TECHNORCH
【インスト】
[ロングポップ君搭載曲]

  • DJ TECHNORCHの楽曲がpop'nに収録されるのは今回が初で2007年のBEMANI初登場から実に12年越しの事になる。
  • 担当キャラ:TRINITY (トリニティ) [17-2P] (ゴスインダストリアル、J-ハードダンス(2P)、未完成ノ蒸氣驅動乙女) [ジャケット表示]

BLACK JACKAL

Akira Complex
【インスト】
[ロングポップ君搭載曲]

  • Akira Complexの楽曲がpop'nに収録されるのは今回が初。
  • 担当キャラ:2st (ツースト) [10-1P] (サイバーアラビアン、KHAMEN BREAK) [ジャケット表示]

Six String Proof

BEMANI Sound Team "Yvya × Mutsuhiko Izumi"
【インスト】
[ロングポップ君搭載曲]

  • 担当キャラ:OTOBEAR (オトベア) [peace新画風(旧アニメ)] (SESSION With You!と同一) [ジャケット表示]
    • ハリアイはpeace新画風だが、衣装・アクションは [SP-1P] (ブレイクアウトロック) と同一。2Pカラーは存在しない。
    • 「SESSION With You!」を未解禁の場合、こちらを解禁することでも使用可能になる。2020/06/25より楽曲と共に無条件解禁に移行。

toy boxer

BEMANI Sound Team "S-C-U & SYUNN"
【インスト】

  • S-C-Uことショッチョーの楽曲がpop'nに収録されるのはSunny Parkの5曲*1以来となる。
  • 担当キャラ:Roly-Pony (ローリー・ポニー) [SP-1P] (スプリングテクノ) [ジャケット表示]
    • 担当キャラのローリーポニーは過去に同じくS-C-U名義の楽曲を担当していた経緯がある。

voltississimo

BEMANI Sound Team "PHQUASE"
【インスト】
[ロングポップ君搭載曲]

  • PHQUASEの楽曲がpop'nに収録されるのはSunny Parkの「draw!!!!」(SDVXからの移植曲)以来となる。加えてインスト曲の収録は今回が初になる。
  • 連動イベントの多機種同時収録曲ではあるもののSDVX初出扱いのオリジナル楽曲がキー音付きで収録されるのも今回が初。*2
  • 担当キャラ:navigator RASIS (レイシス) [SP] (FLOOR INFECTION楽曲) [ジャケット表示]
    • レイシスがFLOOR INFECTION以外の楽曲を担当するのは今回が初となる。同時に、FLOOR INFECTION以外の手段でレイシスを解禁できるのも今回が初のケースとなる。
      • 選抜投票戦と同日の2019/09/12にはSDVX側で対となるイベントの「POLICY BREAK」曲の41弾までのインプット解禁への移行が行われていた。
      • 後に、2019/11/07よりFLOOR INFECTION過去弾の無条件解禁に併せてレイシスも解禁された。

Afterimage d'automne

BEMANI Sound Team "猫叉劇団"
【インスト】
[ロングポップ君搭載曲]

  • 猫叉劇団名義の楽曲がpop'nに収録されるのはSunny Park「ノマディックネイション2 / Esperanza」以来6年ぶりのことになる。
    • なお、同曲は「ノマディックネイション / カラルの月」の続編曲でもあったため、ノマディックネイションシリーズ以外の楽曲がpop'nに収録されるのは初。
  • 担当キャラ:Robin&Cock (ロビン&クック) [8-1P] (ジグ、Into the Wind) [ジャケット表示]
    • 猫叉劇団の楽曲をマタ・ハリ以外のキャラクターが担当するのは初。

ミッドナイト☆WAR

いちか
【女性ボーカル】
[ロングポップ君搭載曲]

  • 担当キャラ:Mimi (ミミ) / Nyami (ニャミ) [peace新衣装-1P] [ジャケット表示]
    • 通常はライバルキャラがミミ[pe]だが、プレイヤー側がミミ[pe-1P]の時に限り、相手側がニャミ[pe-1P]になる。
    • 各種アニメ詳細は今作のミミニャミを参照。

FLOOR INFECTION

第37弾(2019/11/14配信)

  • 歴代初の4曲開催となる。いずれも過去のKACオリジナル楽曲コンテスト採用曲となっている。
  • 選曲画面のジャケットにはレイシスロゴの枠が付くが、今回はSOUND VOLTEX VIVID WAVE仕様になっている。
  • 全曲キー音無し。

Sacrifice Escape: 不条理の模倣による感情と代償

memex
【女性ボーカル】
[ロングポップ君搭載曲]

  • SOUND VOLTEX VIVID WAVEからの移植曲。FLOOR「The 8th KACオリジナル楽曲コンテスト」採用曲。
    • 同作のオリジナル楽曲が他機種へ移植されるのは「翠雨の祷」と共に今回が初となる。
    • 移植元ではKACオリジナル楽曲だが、配信時より[MXM]のみTRACK INPUTによる解禁条件なしでINPUT可能。
  • 担当キャラ:navigator RASIS (レイシス) [SP] [ジャケット表示]

Cloud 9

雄之助
【インスト/サンプリング】
[ロングポップ君搭載曲]

  • SOUND VOLTEX IV HEAVENLY HAVENからの移植曲。FLOOR「The 7th KACオリジナル楽曲コンテスト」採用曲。
  • 移植元のSDVXでは「Ω Dimension -Phase.3-」の解禁曲であり、通常解禁されていない。
  • [EX]両黄青(2468)のロングポップ君中に赤(5)という無理押し配置が登場する。
    • ロングポップ君は一瞬だけなら離してもOKの為、それを前提とした配置の可能性がある。
  • 担当キャラ:navigator RASIS (レイシス) [SP] [ジャケット表示]
    • SDVXでは難易度別ジャケットだが、pop'nでは[MAXIMUM]のものを使用。
    • ジャケットに描かれているキャラクターは「プロフェッサー識苑」。pop'nでは今作が初登場。

翠雨の祷

Cororo feat.Yuria Miyazono
【インスト】
[ロングポップ君搭載曲]

  • SOUND VOLTEX VIVID WAVEからの移植曲。FLOOR「The 8th KACオリジナル楽曲コンテスト」採用曲。
    • 移植元ではKACオリジナル楽曲だが、配信時より[MXM]のみTRACK INPUTによる解禁条件なしでINPUT可能。
  • Cororoの楽曲がpop'nに収録されるのは今回が初。また、今回の収録によって「Riverside」出身アーティストの楽曲が全員分pop'nに収録された事になる。
  • 曲名の読みは「すいうのいのり」(参照)。「翠雨」(すいう)は草木の青葉に降る5月の雨、「祷」(いのり)は神仏に請い願う事を指す言葉。
  • 担当キャラ:navigator RASIS (レイシス) [SP] [ジャケット表示]

Lachryma《Re:Queen'M》

かねこちはる
【インスト/サンプリング】
[ロングポップ君搭載曲]

  • SOUND VOLTEX III GRAVITY WARSからの移植曲。FLOOR「The 5th KACオリジナル楽曲コンテスト」最優秀賞受賞楽曲。
    • KACオリジナル楽曲コンテストの最優秀賞楽曲がpop'nに収録されるのは今回が初。これまでのBEMANIにおける同コンテストの最優秀賞楽曲はREFLEC BEATに移植されていた。
    • 余談だが、SDVX側では過去にPOLICY BREAK第26弾経由で同じくThe 5th KAC決勝ラウンドを初出とする「恋歌疾風!かるたクイーンいろは」が移植されていた。この点から事実上の交換移植にも当たると思われる。
  • 曲名の読みは「ラクリマ《レクイエム》」。「Lachryma」(ラクリマ)はラテン語で「涙」を意味する名詞。
  • 移植元のSDVXではIV HEAVENLY HAVEN以降より[EXH][GRV]のみTRACK INPUTによる特殊解禁曲となっており、通常解禁されていない。
    • III GRAVITY WARSでは[ADV]もSDVXステーションにおける特殊解禁曲だった。
  • 移植元では2016/02/05配信の最終解禁曲であり、本楽曲の[EXH]をプレーするためには前の5曲である「雲の彼方」→「NEO GRAVITY」→「Candy Colored Hearts」→「End to end」→「EMPIRE OF FLAME」の[EXH]順にすべてランクA以上でクリアしなければならない。また、[GRV]の条件は「本楽曲の[EXH]をランクAA以上かつ「Bangin' Burst」[GRV]を解禁してプレー」というとんでもない解禁条件となっている
  • 移植元のSDVXではIVより難易度が20段階になった際、[GRV]がLv20と設定され、III以前の楽曲あるいは[GRV]で唯一のLv20である。Lv20の楽曲が他機種に移植されるのもこれが初となる。
  • [EX]FLOOR INFECTION楽曲としては4曲目のLv49。
  • The 5th KAC決勝戦及び移植元の[EXH][GRV]では楽曲の後半でレーンが消失するギミックが存在していた。pop'nではオジャマの「ダーク」を使用することで移植元のギミックを擬似的に再現が出来る。
  • 後に「FLOOR INFECTION」第38弾経由にてDanceDanceRevolution A20へ移植された。
  • 担当キャラ:navigator RASIS (レイシス) [SP] [ジャケット表示]
    • SDVXでは難易度別ジャケットだが、本機種では[GRV]のものを使用。
    • ジャケットに描かれているキャラクターは「グレイス」。本機種では今作が初登場。

いちかのBEMANI超じゃんけん大会2020

2020/06/15配信

いちかSELECTION

Visterhv

Feryquitous
【女性ボーカル】【ドラムンベース】
[ロングポップ君搭載曲]

  • 試聴(CHECK!SONGS 2019 June)(♪)
  • beatmania IIDX 26 Rootageからの移植曲。IIDX側のジャンル名は「REBIRTH OUT」。
    • 同作初出のオリジナル楽曲が他機種に移植されるのは「Unbelief」(GITADORA NEX+AGEへ移植)と共に初となる。
  • Feryquitous(フェリキタス)はDiverse System所属のアーティスト。ARTCOREを得意としている。
    • 氏の楽曲がpop'nに移植されるのもこれが初。
    • 移植元では「DELABITY LABORATORY」FLOOR 2の解禁曲だった。27 HEROIC VERSEではトーンディスチャージャー購入による譜面単位で解禁となっていたが、28 BISTROVER稼働時より無条件解禁に移行されている。
  • 曲名の読みは「ヴィスターヴ」(質問箱)
    • 同作曲者の過去の発表曲にジャンル名と曲名の命名法則が共通する「fake out / Dstorv」(イベント『G2R2014』参加曲)、「Rezive Out / Strahv」(イベント『大血戦 -THE BMS OF FIGHTERS ULTIMATE-』参加曲)、「Verse Out / Ordirehv」(限定CD『Freedom EP』収録曲)が存在するため、これらに関連する楽曲と推測される。
  • 担当キャラ:TRINITY (トリニティ) [17-1P] (ゴスインダストリアル、J-ハードダンス(2P)、未完成ノ蒸氣驅動乙女、最小三倍完全数(2P)) [ジャケット表示]
    • トリニティは今作で2曲目の担当となる。
    • IIDXにジャケットが無かったが、pop'n版ジャケットとバナーは公式曲紹介ページ掲載の1カット(NAGIによる専用ムービー)から切り出したものを使用している。
    • 「いちかのBEMANI超じゃんけん大会2020」公式サイトおよび「BEMANI Fan Site」のCheck!SONGSでの画像はカット範囲が異なり上下に黒帯が付いているが、pop'n実機版ジャケットはさらに拡大されて黒帯が無くなっている。

ののSELECTION

Last Twilight

cosMo@暴走P
【インスト】【ドラムンベース】
[ロングポップ君搭載曲]

  • 試聴(CHECK!SONGS 2019 October)(♪)
  • ノスタルジア Op.2からの移植曲。
    • NOSでの曲コメント【パルスの残響が伝えた 心という信号】
    • 移植元ではOp.2で島・ストーリー解禁曲だった。Op.3では「Op.2ストーリー」→「旅の記憶〜小さなロボット〜」で解禁可能。(前提として他のストーリー楽曲の解禁も必要となる)
    • 後に「毎週!いちかの超BEMANIラッシュ2020」経由でDanceDanceRevolution A20 PLUSにも移植された。
  • 担当キャラ:sirius (シリウス) [15-1P] (フューチャーフュージョン、ドラムンベース) [ジャケット表示]

みやSELECTION

Gray clouds

Trick Trap
【インスト】【プログレッシブ】
[ロングポップ君搭載曲]

  • 試聴(CHECK!SONGS 2019 May)(♪)
  • GITADORA EXCHAINからの移植曲。
  • Trick Trapは泉 陸奥彦と肥塚良彦による合作ユニット。同アーティストによる合作ユニットはこの他にもGRAN-DRAMATIC BOYSも存在する。
    • 同ユニットによる楽曲がGITADORA以外の機種に移植されるのは今回が初。
  • 担当キャラ:Lord Meh (ロード メェー) [20-2P] (ヴェラム(1P)、Timepiece phase II(1P)) [ジャケット表示]
    • ロード メェーは今作で2曲目の担当となる。

いちかの新曲

ラブキラ☆スプラッシュ

BEMANI Sound Team "Sota F." feat.いちか
【女性ボーカル】【テクノ】
[ロングポップ君搭載曲]

  • pop'nにSota F.名義の楽曲が収録されるのは今回が初。
  • 担当キャラ:Nyami (ニャミ) / Mimi (ミミ) [peace新衣装-2P] [ジャケット表示]
    • 通常はライバルキャラがニャミ[pe-2P]だが、プレイヤー側がニャミ[pe-2P]の時に限り、相手側がミミ[pe-2P]になる。
    • ニャミ/ミミ[pe-2P]を未解禁の場合、本曲を解禁しても解禁されない。2Pカラー解禁には通常の手順(各[pe-1P]を使用)が必要となる。
    • 各種アニメ詳細は今作のミミニャミを参照。

毎週!いちかの超BEMANIラッシュ2020

いちかラッシュ

2020/07/29配信

Sparkle Smilin'

BEMANI Sound Team "Qrispy Joybox" feat.いちか
【女性ボーカル】
[ロングポップ君搭載曲]

  • 担当キャラ:Nyami (ニャミ) / Mimi (ミミ) [peace新衣装-1P] [ジャケット表示]
    • 通常はライバルキャラがニャミ[pe-1P]だが、プレイヤー側がニャミ[pe-1P]の時に限り、相手側がミミ[pe-1P]になる。
    • 各種アニメ詳細は今作のミミニャミを参照。

2020/08/19配信

BLSTR

Ujico*
【インスト】
[ロングポップ君搭載曲]

  • 試聴(CHECK!SONGS 2019 June)(♪)
  • DanceDanceRevolution A20からの移植曲。
  • Ujico*は日本の若手コンポーザー。Future Bassに"kawaii"の要素を取り入れた"Kawaii Future Bass"の発起人として知られている。
    • 2018年に音楽ストリーミングサービス"Spotify"において"海外で最も再生された日本人アーティスト"第9位にランクインした他
      2017年に"Snail's House"名義で発表された「Pixel Galaxy」のMVがYouTubeで7400万回以上(本曲配信の2020/08/19時点)再生されるなど世界的に有名なアーティストの1人である。
  • BEMANIシリーズでは本曲の他、「Snail's House」名義でbeatmania IIDX 24 SINOBUZ「Magical」、IIDX 26 Rootage「お菓子の王国」を提供している。
  • 曲名の読みは「ブラスター」。母音の「A」と「E」を抜き取っている。
  • 「Sota Fujimori氏をリスペクトした楽曲」とのこと。
  • 担当キャラ:BIT (ビット) [19-2P] (サイバーメタル(1P)、アスレチックブギー、virtual killer(1P)、無頼ック自己ライザー(1P)) [ジャケット表示]
    • ビットは今作で2曲目の担当となる。
    • (修正済)配信当初、選曲画面のジャケットがDDR版のものとは異なる別の画像に差し変わっていた。
      • 「Snailchan」(Snail's House名義の楽曲のジャケットやMVに度々登場するキャラクター)と呼ばれるカタツムリの触角と殻をつけた少女のイラスト。本人によれば「むか〜しのプロフィール画像」とのこと。
      • 手違いで本来のジャケットと入れ違ってしまったとのことで、後日アップデートで修正予定であることが本人のツイートにて明かされた。
        当時のバナーもこのイラストを元にしていたため、同様に修正対象となった。
      • 「毎週!いちかの超BEMANIラッシュ2020」公式サイト上では正常にDDRのものになっている。
      • 先駆けて2020/09/25よりe-amusementアプリのプレーシェアのみバナーの変更が確認されていた。新しいバナーもジャケットを元にしており、本来のジャケットと同じく上下に黒枠が付いて細くなっている。
      • 実機でも2020/09/28のアップデートにてジャケットとバナーが修正された。

2020/09/09配信

白露の風

Qrispy Joybox feat. 常盤ゆう
【女性ボーカル】【和風】

  • beatmania IIDX 22 PENDUALからの移植曲。(YouTube公式試聴)
    • 既にREFLEC BEAT groovin'!! Upper(悠久のリフレシアでも復活済)にも移植されている。
    • イベントサイトの曲紹介で『イベント「猫叉&TOTTOと行くGW弾丸ツアー」対象楽曲』と記載されているが、これはRb移植時のものであり、IIDXではデフォルト曲だった。
  • IIDX側のジャンル名は「想歌 風」。既にSunny Parkで移植済の「想歌 梅 / 梅雪夜」に続く和風歌もの第2弾と位置付けられている。
  • 曲名の読みは「しらつゆのかぜ」(IIDXのLED表示「SHIRATSUYUNOKAZE」より)。
  • 担当キャラ:KAGAMI (カガミ) [18-1P] (オリエンタルフォークロア、海神) [ジャケット表示]
    • IIDXからの移植曲だが、選曲画面でRb版のジャケットが使用されている。楽曲バナーもこれを元にしている。

2020/09/16配信

ΩVERSOUL

BlackY
【インスト(男声サンプリング)】
[ロングポップ君搭載曲]

  • SOUND VOLTEX IV HEAVENLY HAVENからの移植曲。FLOOR「The 6th KACオリジナル楽曲コンテスト」採用曲。(作曲者収録告知:1/2)
    • 既にDanceDanceRevolution A20に「FLOOR INFECTION」経由で移植されている。
    • 移植元ではKACオリジナル楽曲だが、IV HEAVENLY HAVEN以降より[EXH][MXM]のみTRACK INPUTによる解禁条件なしで解禁可能。
  • SDVX FLOOR採用曲が「FLOOR INFECTION」を経由せずにpop'nへ単体でそのまま移植されるのは初の事例となる。
  • 他のFLOOR採用曲の例に漏れずキー音無しだが、[EX]譜面はキー音無し譜面ならびに移植曲史上初*3の辛ゲージとなっている。
    • [EX]AC版においては32譜面目の辛ゲージとなった。
  • ロングバージョンとなるExtended MixがBlackYメジャー1stアルバム『ΑΩ』に収録されている。
  • 曲名の読みは「オーバーソウル」。
    • 実機での曲名順ソートでの並びは「OVERSOUL」として扱われる。
  • 担当キャラ:Vela (ベラ) [ec-1P] (Trixxxter、BILLION MONEY BAZOOKA(2P)) [ジャケット表示]
    • SDVX FLOOR移植曲をレイシスまたはGUMI以外が担当するのは本曲が初。*4
    • ジャケットおよび楽曲バナーに描かれているキャラクターはボルテ学園所属の記憶喪失の英雄「不律灯色」(ふりつ ひいろ、左側)とかつてグレイスに従えていた忍び「京終始果」(きょうばて はるか、右側)。
      • SDVXは難易度別ジャケットを使用していたが、本機種はDDRと同じく[MXM]版ジャケットで固定。楽曲バナーもこれを元にしている。
      • (不具合)「超BEMANIラッシュ2020」公式サイトでは始果が片目を閉じている[EXH]版ジャケットが使用されている。

2020/09/30配信

狂水一華

BEMANI Sound Team "HuΣeR Vs. SYUNN" feat.いちか
【女性ボーカル】【和風】

  • HuΣeRとSYUNNによる合作はpop'nにおいて今作の「星屑の夜果て」に続き2曲目となる。
  • 担当キャラ:IRYS (イリス) [peace新画風(旧アニメ)] (Celsus IIと同一) [ジャケット表示]
    • ハリアイはpeace新画風だが、衣装・アクションは [20-1P] (ヴァルキリーブレイクス、アンセム(2P)) と同一。2Pカラーは存在しない。
    • 「Celsus II」を未解禁の場合、こちらを解禁することでも使用可能になる。
    • いちか歌唱曲をミミニャミ以外が担当するのは本曲が初となる。
      • (不具合?)いちか曲で本曲のみミミニャミ担当ではない事、和風な曲の雰囲気と全く合っていないキャラ選出である事、イベント解禁曲で本曲のみ既存のpeace絵柄が使用されている等から考慮すると、キャラ設定ミスの不具合の可能性が考えられる。
      • しかし、その後のアップデートで未だに何の変更もされていないことから仕様として片付けられた可能性が高い。

2020/10/07配信

Jetcoaster Windy

BEMANI Sound Team "dj TAKA" feat.のの
【女性ボーカル】
[ロングポップ君搭載曲]

  • 「いちかラッシュ」の解禁楽曲だが、pop'n公式の告知画像では誤って「ののラッシュ」と記載されている。
  • 本曲配信日時点で本機種の現行収録曲が丁度1600曲になった。

ののラッシュ

2020/08/26配信

多極性ニューロンの崩壊による人間の末路

BEMANI Sound Team "HuΣeR × Yvya"
【インスト】
[ロングポップ君搭載曲]

  • 試聴:(YouTube公式) / (CHECK!SONGS 2019 February)(♪)
  • GITADORA EXCHAINからの移植曲。
    • 移植元ではPREMIUM ENCORE曲だった。NEX+AGEでは2020/10/28〜2020/11/15開催の「ココホレベア」第1弾で解禁可能。
    • 既にノスタルジア Op.3にも「おとどけ!トロッコ大作戦2」で移植されている。現在解禁不可。
  • 担当キャラ:sirius (シリウス) [15-1P] (フューチャーフュージョン、ドラムンベース、Last Twilight) [ジャケット表示]
    • シリウスは今作で2曲目の担当となる。前回の「Last Twilight」は「ののSELECTION」での選出だったため、奇しくも今回再びののによるセレクトでシリウス担当曲が連続した形になる。
    • 選曲画面のジャケットはGDと同じもの。
      • ジャケットおよびバナーのタイトル下部に書かれている英語は「The human end by the collapse of the multipolarity neuron」。

2020/09/02配信

Sulk

SYUNN
【インスト】【フューチャーベース】
[ロングポップ君搭載曲]

  • 試聴:(YouTube公式) / (CHECK!SONGS 2017 July)(♪)
  • jubeat clanからの移植曲。同作のテーマ曲。
    • 移植元ではclan RECORDS PACKAGE 03 SPECIALの解禁曲だった。festoでは伝導解禁もしくはemo MART入荷(100 emo)に移行している。
    • 既にSOUND VOLTEX IV HEAVENLY HAVENにも移植されている。
  • jubeatの[EXT]はノート数1000でLv9歴代史上最多ノーツ。当時、Lv10以外のLvで初の1000ノーツだった。
  • 当時、jubeat Qubellの「Megalara Garuda」に続くSYUNNによる2曲目のBEMANI提供曲だった。
  • 曲名の読みは「サルク」。英語で「拗(す)ねる」という動詞の意味を持つ。
  • 公式では【jubeat clanで登場したSYUNNによるFuture Bassがpop'n musicに登場!】と紹介されている。
  • 本曲の移植に先駆ける形で2020/07/06よりjubeat festoの「T-emo STORE」にてSYUNNのpop'nデビュー曲である「Pacify」(意味は「宥(なだ)める」)が移植されており、結果的に同アーティスト曲の変則的な交換移植となった。
  • 担当キャラ:HAPPPY (はっぴ〜) [17-1P] (ハッピーハードコア(STAR SHIP☆HERO)、リフレクティブトランス、ブロークンサンバブレイク(2P)) [ジャケット表示]

2020/09/23配信

Love 2 Shuffle

BEMANI Sound Team "Sota F." feat. Starbitz
【女性ボーカル】【フューチャーハウス】

  • 試聴(CHECK!SONGS 2018 November)(♪)
  • DANCERUSH STARDOMからの移植曲。
    • 移植元ではThe 8th KACエントリー特典の書き下ろしオリジナル課題曲だった。2019/01/29以降はEXTRA STAGE専用楽曲として解禁可能。
  • pop'nでは既にREMIXの「おーまい!らぶりー!すうぃーてぃ!だーりん! (DANCERUSH Style)」が移植されていたが、同作初出オリジナル楽曲が本機種に移植されるのはこれが初。
    • 現時点でBEMANIカテゴリに「DANCERUSH STARDOM」カテゴリが存在しないため、移植曲であるにも拘らずBEMANIカテゴリに含まれていない。
  • StarbitzはDRSで「Butterfly」「DUB I DUB」のカバーボーカルを務めている。
  • DRSでの初出当時、DRS初のEXTRA STAGE専用楽曲である「Don't Stop!!」の作曲者Sota F.とDRS2曲目のEXTRA STAGE専用楽曲である「Butterfly」のボーカルStarbitzが組んだ楽曲として登場した。
    • ジャケットに靴が描かれていることから同作曲者による「Don't Stop!!」との関連性がある。靴の「タン」にレーベルが描かれており、DRSで「STARDOM Remix」でない完全新曲がFIVE PIECE RECORDSレーベルで登場するのは初となっていた。
  • DRSで「Heat Up The Dancefloor」収録時のSota Fujimoriの告知ツイートによるとジャンルは「Future House」。
  • (修正済)「超BEMANIラッシュ2020」公式サイト上でアーティスト名義が「Sota F.feat.Starbits」と誤記されていたが、現在は修正済。

*1 「スプリングテクノ / spring pony」「ラッキーテクノ / ラキラキ」「テックトランス / yellow head joe」「ジャッジメント / 終末を追う者」「青春剛速球メタル / マインド・ゲーム」
*2 うさ猫の「Help me, ERINNNNNN!! -VENUS mix-」は版権曲扱い
*3 ただしéclale収録「Triple Counter」はpop'nにて後発収録だったため、同曲をIIDX/jb/SDVXからの移植と捉えると移植曲で2譜面目となる
*4 FLOOR以外のSDVX書き下ろし曲では、版権曲扱いだが「Help me, ERINNNNNN!! -VENUS mix-」をヴィーナスが担当していた。

Last-modified: 2020-12-01 (火) 15:31:45
Site admin: iMp95
mail : imp@callusnext.com (←@を半角に)