日向美ちくわ姫決定戦

5人の中から
ちくわ姫を決めるのは
君だ!!

楽曲GETパート解禁曲のイベント終了後の扱い

  • 2016/12/01 05:00をもってイベントは終了しました。
機種バージョンイベント終了以降の未解禁楽曲の解禁方法
pop'n musicéclale(現在解禁不可)
GITADORATri-Boost(現在解禁不可)
jubeatQubell2016/12/01よりdig dig Qubell(Garnet)または楽曲伝導で解禁可能
REFLEC BEAT悠久のリフレシア旧曲移行準備に伴い、稼働時点ではイベント全曲とも解禁済みか否かに関わらずプレー不可
MÚSECA1+1/2(現在解禁不可)

概要

  • 新作に移行した機種のロゴは「jubeat Qubell」のみ反映されている。
    • REFLEC BEATは「VOLZZA」、MÚSECAは初代のロゴのままだが、楽曲解禁自体は最新バージョンでも問題なく行われる。

「黒髪乱れし修羅となりて〜凛 edition〜」配信

  • 配信にあわせて、一部機種でイベントが追加されている
    機種イベント
    jb期間限定SPECIAL jbox「日向美ちくわ姫・セレクション」(04/21〜05/12)
    EMBLEM自体はその後も入手可能
    pop'nスターファクトリーに「凛として咲く花の如く 〜ひなビタ♪edition〜」
    およびキャラデコパーツ3種を条件付きで配信
    MSCEVENT STORY「日向美商店街のちくわ姫」追加
    任務達成でGrafica「日向美商店街のちくわ姫/霜月凜(ちくわ姫)」獲得
    1+1/2移行に伴いイベント終了、現在新規入手不可(引き継ぎは可能)
    SDVX「ボルテだって!勝手にちくわ祭♪」開催
    霜月凛関連曲をさらに4曲追加配信
    「ひなビタ♪ジェネカ 第二弾」配信・メインクルー:RIN(霜月 凛)登場

告知内容に関する補足

  • 2016/04/19よりイベントサイトトップページに
    「お知らせ ちくわゲージがたまる楽曲は、16.02.24までにBEMANIシリーズへ収録された楽曲が対象となります。」
    と追記されている。そのため、「黒髪乱れし修羅となりて〜凛 edition〜」は楽曲GETパートにおける凛のカウントには含まれない。(MSC、pop'nで確認済み)
  • 「黒髪〜」については何の問題もないが、この告知内容では「楽曲GETパートの解禁曲も告知ではカウント対象に含まれるが、実際には対象外である」という矛盾点が存在している
    • MSCで収録日順ソートをかけると解禁曲は2016/02/24として扱われるため「16.02.24まで」に該当してしまうことがわかりやすい。なおMSCはローカルマッチングなどによる解禁前の先行プレーが不可能なため、そもそも解禁済みとなる2016/02/24枠の曲をプレーしても何も起きない。
    • 発生する可能性のある状況は以下の通り。これらの状況で楽曲GETパートの解禁曲をプレーすることになっても、未解禁プレイヤーのちくわゲージに影響を与えない。
      • jb: ローカルマッチング、RANDOM/MATCHING SELECT、きまぐれなどのフルコンチャレンジ、期間限定NEW GAME! QUBE課題曲(2016/08/09 10:00〜2016/09/25 23:59)
      • Rb: ローカルマッチング、シェアボックス
      • pop'n: LOCALモードで解禁済の者が選曲権を得て選曲
      • GITADORA: セッションプレー(GFのみの2人プレー含む)、VS
    • ただし解禁曲5曲は楽曲GETパートのゲージ対象外ではあるものの、ちくわ姫応援パートの方の対象にはなっていた(2016/03/16 05:00終了)。
  • pop'nに限り、2016/04/24頃?(正確な日時は不明)より「凛として咲く花の如く 〜ひなビタ♪edition〜」でもちくわゲージが溜まるようになっている。
    これについては、「BEMANIシリーズへの収録」の解釈によって解釈が分かれる。
    • pop'nへの収録と解釈→pop'nでは「黒髪〜」のプレーでスターファクトリーに入荷するため、「黒髪〜」と同じく2016/04/18収録として扱うのが自然。そのためゲージが溜まらなかった当初の方が正当であり、ゲージが溜まるのは例外or不具合と解釈可能。
    • BEMANIシリーズ全体での収録と解釈→収録日がREFLEC BEAT colette -Summer-の2013/07/10まで遡ることになり、こちらの場合はゲージが溜まらなかった当初が不具合であり溜まる現状が正当と解釈可能。
    • 当初は前者(04/18収録として扱い対象外とする)として扱っていたが途中で解釈を変更した(2013/07/10収録扱いとなりカウント対象となった)、という解釈も可能。

楽曲GETパート

  • イベント期間:2016/02/24(Wed) 10:00〜2016/11/30(Wed) 29:00(終了)
  • ひなビタ楽曲をプレーして「ちくわゲージ」を満タンにするとCD「ひなビタ♪ Five Drops」シリーズに書き下ろされた楽曲が解禁される
    • 対象曲は後述のリストを参照
      • ここで解禁される新曲5曲はちくわゲージ増加の対象外となる
        ただし、実際にはマッチング等で未解禁楽曲をプレーできる機種にしか影響しない*2
        例:jbで「きまぐれフルコンチャレンジ」で未解禁の「ぽかぽかレトロード」を引いた場合、プレーしてもまり花の解禁ゲージは増加しない
      • jbの「走れメロンパン [ 2 ]」、Rbの「ちくわパフェだよ☆CKP(RENEWAL)」のような譜面違いで別曲扱いのものについては通常曲と同様に対象となる。
      • 2016/04/18配信の「黒髪乱れし修羅となりて〜凛 edition〜」は凛のゲージ対象にならない(確認済み)
      • 2016/04/24頃?(正確な日時は不明)より、pop'nでも「凛として咲く花の如く 〜ひなビタ♪edition〜」でもゲージがたまるようになっている。
      • 2016/04/19の公式告知に伴う対象外楽曲についての補足事項はこちらも参照
  • ちくわゲージは各メンバーごと・各機種ごとに別々。過去の連動イベントとは違い複数機種に同時解禁されるのではなく、各機種個別での楽曲解禁となる。
    • プレーのみでOK、FAILEDでも加算される
    • 超過分を別の機種の解禁に持ち越すことは出来ない
    • 楽曲解禁についてはそれぞれの単機種プレーのみで解禁作業が独立している(公式ツイートより)。
      会員証を入手していない状態でも解禁することができる(後述するように2機種で解禁するとそのキャラの会員証を獲得できた、終了済)。
    • 対象全機種への5曲全解禁には計25(5×5)本分のゲージが必要になる計算
    • ゲージの加算は1曲プレー毎ではなくゲームプレー終了後にまとめて行われるため、条件を満たした後の楽曲解禁のタイミングは次のプレー開始時からとなる。
    • 公式サイトではゲージの進捗状況が見られるが、楽曲解禁そのものは公式サイトの閲覧は不要。筐体上ではゲージ量が確認できないものの解禁は問題なく行われる。
      • 公式サイト閲覧が必須だったのは後述の会員証発行とデイリー応援のみ。応援パートが終了した現在は公式サイトを意識する必要はない。
  • ゲージの増加量は以下の通り
    • ソロボーカル楽曲の場合は2/3
    • デュオ楽曲の場合は2人のメンバーそれぞれに1/3
    • 全員がボーカル参加の場合は5人全員に1/8
      増加量だけで考えたら全員曲はソロやデュエットより少ない(1/8×5=5/8=15/24<16/24=2/3=1/3×2)が、
      後述の効率重視で行った場合にソロ/デュオのみだと必ずどこかで超過分の切り捨てが発生するので使い方次第では全員曲も最小曲数攻略に有効である。
  • 条件の関係上、ここなつ(東雲夏陽&東雲心菜)のみボーカル参加の楽曲は対象外。
    • 「ツーマンライブ」「キモチコネクト」「ミライプリズム(collaboration ver.)」は「meets 日向美ビタースイーツ♪」が名義に含まれるが、日向美ビタースイーツ♪のメンバーが歌っていないため対象外となる。
  • 各楽曲解禁のアナウンスは機種によって出るかどうかが異なる。
    • 開始時のアナウンスが出る機種は条件達成後の次回初プレーにて機種ごとに通常のタイミングでアナウンスされる。
      機種通知備考
      pop'nカーソルが「エクラル」カテゴリ内のその楽曲のNORMAL譜面から選曲開始。
      複数同時解禁時は最初に通知された曲となる。
      GD
      jb
      Rbノーマルモードを選ぶと「VOLZZA」カテゴリ内のその楽曲が選択された状態で選曲開始。
      複数同時解禁時は最後に通知された曲となる。
      MSC
  • GDでの楽曲GETパートの5曲については、一度プレーすればGITADORA(アプリ)の方でもSHOPで解禁可能になる。
  • 解禁曲
    • アーティスト名義はすべて「日向美ビタースイーツ♪」なので、表では省略
    • 各楽曲の詳細は解禁曲雑記を参照
      メンバー解禁楽曲出典試聴
      山形まり花ぽかぽかレトロードFive Drops 01 -sunny orange- 山形まり花
      和泉一舞完全無欠の無重力ダイブFive Drops 02 -honey lemon- 和泉一舞
      芽兎めうエキサイティング!!も・ちゃ・ちゃ☆Five Drops 03 -strawberry milk- 芽兎めう
      春日咲子とびっきりのふわっふわFive Drops 04 -pure grape- 春日咲子
      霜月凛3 A.M. ディテクティブ・ゲームFive Drops 05 -bergamot mint- 霜月凛

効率の良い方法

  • ※実際には楽曲解禁を確定させるためには下記のプレー回数に加えもう1プレー必要となる。
    過去の連動イベント同様、ちくわゲージを満タンにした直後の状態で楽曲解禁パートの終了期限まで正式解禁させない(対象機種をもう一度プレーしない)まま放置すると未解禁のままになる。
  • MSCについては対象曲が第2期ソロ曲各1曲ずつしか収録されていないため、各キャラの曲を2回ずつプレーするしかない(2×5=10曲、最低4プレー必要(支払い方法を問わず))。
  • MSC以外の機種については大きく分けると3種類の方法があり、どれを使っても最低8曲分で全解禁可能。
    • プレー回数では基本的に3プレー必要だが、(主に)PASELI使用時は以下の条件で最低2プレーに減らすことも可能。
      • jbは、propではPASELIを使用しBONUS TUNEが絡めば最短7 TUNES分の支払いで済んでいた。Qubellへのアップデートに伴いTUNES数が固定になったためこの方法は使用不可になった。
      • RbはPASELI使用時は基本的に2プレーで確定(PASELI支払い時のNORMAL MODEは基本的にEXTRA ROUNDが出現するため、EXTRA ROUNDまでの4曲をフルに使って進行可能)
      • GDはENCORE STAGEに進出しENCORE STAGEでも対象曲を選曲した場合に1プレーで4曲プレーすることになるため2プレーで完了する。
      • pop'nは期間限定ウェルカムパックの対象プレーヤーのみ、無条件で出現するEXTRA STAGEを利用すれば2プレーで完了(2016/01/28 10:00〜03/01 10:00(終了済) / 2016/04/27 10:00〜2016/05/16 10:00(終了済))。
  • 2/3パート+1/3パート法
    各キャラのソロ曲を1曲ずつプレーする等の形で全キャラともゲージの2/3を埋め、デュエット曲で2キャラの残り1/3を埋める形とする方法。
    • 2/3パート(5曲)(各キャラをそれぞれA,B,C,D,Eとしてあるのでそれぞれに好きなキャラを当てはめれば良い)
      • 1: Aソロ、Bソロ、Cソロ、Dソロ、Eソロ
        全員ソロ曲で2/3ずつ埋める基本パターン。
      • 2: Aソロ、Bソロ、Cソロ、DEデュエット2回
        任意の2人のソロ曲をその2人のデュエット曲2回に置き換えたパターン。
      • 3: Aソロ、Bソロ、CDデュエット、DEデュエット、ECデュエット
        3人で三角形を描くようにデュエット曲を割り当てたパターン。
      • 4: Aソロ、BCデュエット2回、DEデュエット2回
        ソロは1名だけで、残り4人を2組に分けてそれぞれの組のデュエット曲を2回ずつプレーするパターン。
      • 5: Aソロ、BCデュエット、CDデュエット、DEデュエット、EBデュエット
        ソロは1名だけで、残り4人を四角形の各頂点に割り当てて四角形を描くようにデュエット曲を割り当てたパターン。
      • 6: ABデュエット2回、CDデュエット、DEデュエット、ECデュエット
        3の残り2名をデュエット曲に変えたパターン。
      • 7: ABデュエット、BCデュエット、CDデュエット、DEデュエット、EAデュエット
        各キャラを五角形の頂点として、五角形を描くように*3デュエット曲を当てたパターン。
    • 1/3パート(3曲)
      • まずはキャラが被らないようにデュエット曲を2曲プレー。残りの1曲はこのパートでまだ使われてないキャラのソロもしくはそのキャラが参加しているデュエット曲をプレーすれば埋まる。
      • 全員曲3回でも可(1/8×3=3/8=9/24>8/24=1/3)。
  • 4人ソロ+残り1人から4人それぞれへデュエット流し
    ソロ曲プレーを1キャラだけ除外し(5人を「デュエット軸キャラ」となるAと「ソロ曲サイド」のB/C/D/Eに分け、ソロ曲はB/C/D/Eの物をプレーする)、デュエット軸キャラの絡むデュエット曲4曲(ABデュエット、ACデュエット、ADデュエット、AEデュエット)をプレーする方法。
    この場合、デュエット軸キャラは1/3×4=4/3、ソロ曲サイドの4キャラは2/3+1/3=1となる。
    • ソロ曲サイドの4キャラは以下のパターンでもよい。
      4人ソロ+残り1人がそれぞれとのエディット曲というパターンは2/3パートのパターン1をベースにしたものとして、各パターンのベースとなる2/3パートのパターンとともに挙げる。
      これらのそれぞれの状況を図に描くと、先述の2/3パート+1/3パート法における2/3パートの各パターンを図にした物におけるAの線を描かず、代わりにAからB〜Eそれぞれへの線を描いた形になる。
      • Bソロ、Cソロ、DEデュエット2回 - 2/3パートのパターン2ベース
      • Bソロ、CDデュエット、DEデュエット、ECデュエット - 2/3パートのパターン3ベース
      • BCデュエット2回、DEデュエット2回 - 2/3パートのパターン4ベース
      • BCデュエット、CDデュエット、DEデュエット、EBデュエット - 2/3パートのパターン5ベース
    • デュエット軸キャラはデュエット曲3曲でゲージが満タンになるため、ソロ曲サイドの4キャラの内1キャラはデュエット軸キャラとのデュエット曲を含めなくてもよい(「ソロ曲2回」や「ソロ曲+ソロ曲サイド他キャラとのデュエット曲」でも可)。
  • 全員曲8回プレー
    全員曲を合計8回プレーで全員のゲージを溜めてしまう方法。
    進捗管理が面倒ならこれが一番手っ取り早いが、一度これに決めて始めてしまったら同じ曲ばかりで飽きても後戻りできないので注意。
    • 特にGDは選択肢が1曲しか無いため、この解禁方法では同じ曲を8回も連奏することになるので注意。
      その他の機種においても2曲しか選択肢が無いため少なくとも同じ曲を4回以上連奏することになる。
      2016/08/05追加の「倉野川音頭」は対象外のため注意。
    • pop'nは2016/04/18以降は「黒髪乱れし修羅となりて〜凛 edition〜」をプレーすることで「凛として咲く花の如く 〜ひなビタ♪edition〜」をスターファクトリーで解禁可能。
      • 当初pop'nに限り「凛として咲く花の如く 〜ひなビタ♪edition〜」はちくわゲージ対象曲としてカウントされなかったが、現在は対象曲になっている。
        ただし解禁条件の関係上、事前にゲージと無関係な「黒髪〜」をプレーしておかなければならないため、チョコスマのみを連奏する場合に比べて1曲分余計に掛かる。*4
        また価格もやや高めの設定のため(Nのみ:350ルミナ、N+H:800ルミナ、全譜面:1000ルミナ)、ルミナが足りない場合は選択譜面が制限される。
    • 早い内に飽きてきそうなら、3回目プレー時点で1/3パートを満たしたことにして2/3パート+1/3パート法に切り替えることが可能。
      具体的には、全員曲3回目で飽きてしまった後、4回目以降は5人のソロ曲を各1曲ずつプレーしていく方法が楽。

機種別Tips

  • pop'n
    • ●緑ボタンでカテゴリ選択表示を呼び出すと「イベント・公募」カテゴリの中に「ひなビタ♪」サブカテゴリがあるので、そちらで選曲するといい。
      もしくは「アーティスト」カテゴリの中の「ヒ」から選択するという手段もある。ひなビタ♪関係ではアーティスト名が「日向美ビタースイーツ♪」で始まる曲のみ抽出されるため、ここなつ曲が混ざらない分こちらの方が判別しやすい(ただし対象外の「黒髪乱れし修羅となりて〜凛 edition〜」「倉野川音頭」は入っているので注意)。
      • なお、楽曲が解禁される度に自動で「エクラル」カテゴリの該当曲にカーソルが飛ばされ譜面難易度もNORMALに戻されるため、解禁作業を続けたい場合は自力で「ひなビタ♪」カテゴリ等へ戻る必要がある。
        戻るのが面倒ならば、2/3パート+1/3パート法の1/3パートを全員曲3回として後半に当てることで5曲とも一斉に解禁されるようにするとよい。
    • e-PASS使用時新規プレーのデフォルトではジャンル名表示になっているため、Sunny Parkで移植された楽曲はジャンル名表示、ラピストリア以降の楽曲はジャンルが無いためそのまま曲名表示になっている。
      分かりづらい場合は選曲画面でテンキーの[00]を押すことで曲名表示に統一することができる。ジャンル名⇔曲名の切り替えは[00]を押せばいつでも変更可能。
    • ジャケット表示は無くゲーム上の担当キャラクターもメンバー1人分のみしか表示されないが、バナーイラストを見れば実際の担当メンバーがわかる(メンバー2人が描かれていればデュエット曲)。
      ただし全員曲の「チョコレートスマイル」はバナー・キャラ共にまり花のみになっているのでソロ曲と勘違いしないように注意。
    • 余談だが、シーズン4のソロ曲のうちラピストリアの時点で追加されていた「neko*neko」はエクラルフォルダにはないので注意。
  • GITADORA
    • イベント期間中「オススメ」項目の「みんなにオススメ」フォルダにひなビタ♪曲が包括されている為(告知)、そこから選曲するとよい。
      なお公式の告知は20曲となっているが、これは全員ボーカル曲である「凛として咲く花の如く 〜ひなビタ♪edition〜」が含まれていないため。また、本イベントで解禁した曲も入らない。
    • 2016/04/17よりオススメカテゴリに「ひなビタ♪」の専用フォルダが出現するようになり、「みんなにオススメ」フォルダは元に戻った。
      こちらになってからは20曲の他に「凛として咲く花の如く 〜ひなビタ♪edition〜」「本イベント解禁曲」、2016/04/18以降は「黒髪乱れし修羅となりて〜凛 edition〜」も追加され計27曲になっている模様(対象は20曲+「凛として咲く花の如く 〜ひなビタ♪edition〜」の計21曲)。
  • jubeat
    • カテゴリ絞り込み・ソート順変更共にアーティスト名での指定が不可能なため、ひなビタ♪曲のみを絞り込むことはできない。
      最大限可能な絞り込みはジャンル別-オリジナル-バージョンsaucer以降である。
      • Qubellではデフォルトのソート方式がバージョン別ソートからネームソートになっているため、そのままではさらに探しづらくなっているので注意。
        従来のバージョン別ソートへ直したいときにはカテゴリ選択画面の最左上ボタンを押してソート方式を選択するとよい。
    • 事前に大会機能を使用しひなビタ曲を入れた大会を開催することで「大会」フォルダから選択がしやすくなる。曲数上限(5曲)や期限の設定(1日単位)に注意。
      他のプレーヤーが同様の大会を開催している場合があるので、そちらに参加するのも有効。
      ソロ曲部門の大会とデュエット曲部門の大会の双方に参加しておけば、ソロ曲部門で2/3パートを進め、デュエット曲部門を1/3パートに当てることが可能。
      メンバーをループさせる形のデュエット曲5曲で構成されたスコア更新可能な大会であれば、両パートともその大会で進めることもできる(一通りプレーして2/3パートを達成し、1/3パートの条件を満たすように3曲を選んでもう一度プレーする)。
      以下はその例。
      • パターンA: ちくわパフェだよ☆CKP、滅亡天使 † にこきゅっぴん、カタルシスの月、乙女繚乱 舞い咲き誇れ、温故知新でいこっ!(まり花→めう→凛→一舞→咲子→まり花)
      • パターンB: 走れメロンパン、カタルシスの月、滅びに至るエランプシス、ホーンテッド★メイドランチ、ちくわパフェだよ☆CKP(コースモード「こんなHARDモード、滅べばいい…」の対象曲をボーカルメンバーのループという点で見るとまり花→一舞→凛→咲子→めう→まり花となる)
      • パターンC: 走れメロンパン、都会征服Girls☆、ホーンテッド★メイドランチ、滅びに至るエランプシス、水月鏡花のコノテーション(まり花→一舞→めう→咲子→凛→まり花)
        「水月鏡花のコノテーション」は2016/03/30のQubell稼働に伴い無条件解禁された*5ため、現在はこのパターンも無条件で構築可能。
    • 2/3パートはコースモードのひなビタ曲だけで構成されているコース(3コース、内2つはHARD判定)で埋めるのが財布にもやさしいが、完走できなければ意味がない。
      「HARDモードじゃないから、絶対、大丈夫だよっ!」が一番簡単だが、それでもすべてEXTREMEでかつ4曲目までは平均85万点をキープし続けなければならないので初心者は注意。
      なお「HARDモードじゃないから、絶対、大丈夫だよっ!」および「HARDモードでも大丈夫だよ!絶対、大丈夫だよっ!」は全員のソロ曲を1回ずつ、「こんなHARDモード、滅べばいい…」は5人ともデュエット曲2回ずつという形での進行となる。
      コースモードはpropへのアップデート当初はプレー不可になっており半年ほどしてから復活した物であり、Qubellへのアップデートで再び一時的にプレー不可能になっている。
    • 余談だが、イベント期間中に対象外のひなビタ♪楽曲が5曲も追加されているので注意(04/18に「黒髪乱れし修羅となりて〜凛 edition〜」、08/05に「倉野川音頭」、08/08に「じもとっこスイーツ♪」、11/03に「琥珀のくちづけ」「そこはかとなくロマンセ」)。
  • REFLEC
    • 対象曲のアーティスト名が全て「日向美ビタースイーツ♪」で始まる形で統一されている仕様を利用して、アーティスト名をキーにしてひなビタ♪曲で固められている部分を探すことが可能。
      ただし、この場合pop'nと同様に対象外である「黒髪乱れし修羅となりて〜凛 edition〜」「倉野川音頭」が混ざっている点に注意
      • アーティスト名フォルダの「は行」を選ぶ(VOLZZA稼働当初は「は」「ひ」「ふ」「へ」「ほ」の見出しが付いていたが、後のアップデートで削除された)。
      • フォルダを「全楽曲」にし、ソート順を「アーティスト名」にして見出しの「は行」をタッチする。
    • プレーする前に公式の楽曲一覧ページで曲を探しマイリストに登録するのもあり。
  • MUSECA
    • アーティスト名でのソートは不可だが、5曲とも同日収録なため収録日別ソートを利用すればひなビタ♪曲5曲が連続して並ぶ。
      なお、このソート条件では解禁された曲はまた別に固まって表示されることになる。
      • ソート切り替えは上段右のスピナーを回して行う(2016/03/23より「押しながら回す」ように変更されている)。
        1+1/2からは右上スピナーを押した後に右下スピナーを回して選択するという操作に変更。
        何かしらひなビタ♪曲を1曲見つけて、カーソルを合わせた状態で切り換えを行うとより分かりやすい。
      • 同時収録の東方アレンジ曲が4曲あるので、その4曲のいずれかに合わせた状態でソート条件を収録日に切り替えても近くまで行ける(例: 絞り込み(左上スピナー操作)を「東方アレンジ」にする→「魔理沙は大変なものを盗んでいきました」に合わせる→絞り込みを解除しソート順を「収録日順」にする→近辺にひなビタ♪曲が出現している)。
        なお同日収録の東方アレンジ曲は、ひなビタ♪曲の上に来る物と下に来る物が混在している模様。
      • 1+1/2では左上スピナーの絞り込みカテゴリに「BEMANI ほか」が加わったため、これで絞り込めば対象曲を探しやすくなった。
      • 2016/04/18に追加された任務「日向美商店街のちくわ姫」では仕様上(絞り込みの項目に「ひなビタ♪」がないためらしい)選曲画面での絞り込みが行われないので、その対策にも使える。ただし対象曲が2015/12/24(解禁を行うための曲)・2016/02/24(解禁された曲)・2016/04/18(黒髪乱れし修羅となりて〜凛 edition〜)の3か所に分散しているので注意。
        また楽曲解禁が済んでいない場合、2015/12/24枠の5曲のみが楽曲解禁のカウント対象である上、この任務自体は(FAILEDしない限り)3曲分しかカバーできない点にも注意。
        1+1/2で任務選択そのものが廃止された。
      • 1+1/2では「好きな楽曲をプレー」と「解放ミッション」の2つのモードから選択する方式だが、解放ミッションでひなビタ♪楽曲が課題曲になっているものは存在しないため、本イベントを進めるためには楽曲プレーモードを選択する必要がある。

ちくわ姫応援パート

  • ちくわを1番多くもらったメンバーが商店街のちくわ姫に選ばれ、
    メンバーに応じたBEMANIカバー曲がムービー書き下ろしで収録される。
  • イベント期間:2016/02/24(Wed) 10:00〜2016/03/16(Wed) 5:00
    • イベント期間が終了した2016/03/16 07:00以降も応援ボタン(後述)が押せる状況が確認されていた(10:00直前に確認、その後修正された模様)。
      なので2016/03/16の一部プレー(タイミング的には応援ボタンが押せていた間)が計上されていた可能性はある。
      • 応援ボタンが押せていたのを修正した以後のプレーについては反映されておらず、後述するお礼コメントも変化しない。
  • 2016/03/02(Wed) 16:55〜2016/03/08(Tue) 05:00まで「ちくわ姫決定戦アンケート」が設置
    • もし各メンバーがちくわ姫に選ばれたときの衣装とポーズをリクエストできる。
    • 終了時刻の関係上、サイト上のアイコンでは「3/7(月) 〆切!!」と表示されている。
  • 2016/03/16のBE生(仮)第124回にて結果発表、1位は霜月凛(31万8886本)となり、「黒髪乱れし修羅となりて〜凛 edition〜」が収録決定、04/18配信となった。
    • 2位以下の詳細やダウンロード数ボーナスの獲得者は非公表。
    • 上記アンケートの結果と思われるちくわ姫・凛の衣装は「ウェディングドレス」で、04/18以降公式サイトの結果ページ及び、MSCのGrafica(任務を達成すると獲得 1+1/2現在新規入手不可)、SDVXのアピールカード(ジェネカでPURの凛を引くと獲得)、jubeatのEMBLEM(2016/04/21配信・jboxで獲得)で確認可能
      • 同日追加されたSDVXのネメシスクルー「RIN(PUR)」自体はこの画像ではない

STEP 1 会員証を入手する

応援パート期間終了に伴い会員証の発行は終了しました
2016/12/01 05:00をもって会員証の閲覧は終了しました

  • 応援をするには日向美ビタースイーツ♪」メンバーの各ファンクラブ会員証が必要。
    • 「あなただけの会員ナンバーつき!!」「デジタル会員証がWEBでゲットできるよ!!」との事。
    • 会員証はメンバー5人分それぞれ存在し、持っている分のメンバーのみ応援可能。発行条件を満たしても入手するかどうかは任意だが、一度入手すると捨てることはできない。
    • ファンクラブ内の貢献度に応じデザインやチームアイコン数が変わる(解禁要素などの特典は無し)
      • 会員証は以下の本数になった時点でデザインが変化する
      • 初期はバックがメンバーのイメージカラーのドット柄にメンバーの名前(MARIKA、IBUKI、SAKIKO、MEU、RIN)が入っている。
      • 15.0本以上でバックが斜めのギンガムチェックになりメンバーの名前がなくなる、上下にレースが付けられる。
      • 50.0本以上でバックが翁格子状になりレースが変化、NAME欄右端にメンバーのイメージカラーのリボンが付けられる。
  • 入手方法は以下の2通りの手段がある。
  • ①該当メンバーのちくわゲージを2機種以上で満タンにして楽曲をGETする
    • 例として山形まり花のファンクラブに入りたい場合、まり花の解禁楽曲「ぽかぽかレトロード」をイベント開催対象の2機種以上でGETするとまり花のファンクラブの会員証が入手できる。
      • GuitarFreaksとDrumManiaはGITADORAとして同一機種扱いのため、この他に1機種必要。
    • 公式サイトの「くわしい遊び方」には楽曲をGETすることが条件に書かれているが、実際は「2機種以上でちくわゲージを満タンにする」だけでいい。
      • 厳密にいえば、楽曲解禁のタイミングはちくわゲージを満タンにした直後のプレイ開始時だが、2機種以上でちくわゲージが満タンになった時点でサイト上で会員証の発行が可能になる。
    • 条件の関係上、今回はここなつ(東雲夏陽&東雲心菜)のみボーカル参加の楽曲は対象外。
  • ②Five Dropsを購入してシリアルコードを入力する
    • コナミスタイルでFive Dropsを購入していると該当メンバーの会員証のシリアルコードが入手できる。
      頭文字が"TP"から始まるコードが「日向美ちくわ姫決定戦」用コードとなる。
      (※"HN"から始まるコードは「MÚSECA」Grafica&「SOUND VOLTEX」アピールカード用コード()で別物なので注意)
      • 既に購入済でもイベント開始後メールにて発送される(当日2/24夕方ごろ)。
      • シリアルコードを入力した場合は応援に必要な「ちくわ」3本分も合わせて手に入る
    • 「CD特典シリアルコード入力」のボタンはどのメンバーでも共通のシリアル入力ページへ飛ばされる
      • 先に①の方法で会員証を入手してしまうとそのメンバーについてはボタンが消えてしまう
        既に①の方法で会員証を入手したメンバーについて、直接入力ページに飛んだ場合でもFive Dropsのシリアルコードの入力は受け付けられない模様?
  • 楽曲とは違い、会員証の発行は公式サイトの閲覧が必須。
  • 会員証にはKONAMI IDで設定したニックネームが入っているが、会員証はe-AMUSEMENT PASS単位で発行されている。
  • 会員証の並びはCDの発売順とは異なっている(咲子とめうが入れ替わっている)
メンバー親衛隊チーム名入手に必要な解禁楽曲
山形まり花スイーツさんチーム☆ぽかぽかレトロード
和泉一舞激アツギャルさんチーム☆完全無欠の無重力ダイブ
春日咲子ふわふわメイドさんチーム☆とびっきりのふわっふわ
芽兎めうぺったんたんさんチーム☆エキサイティング!!も・ちゃ・ちゃ☆
霜月凛デカダンスさんチーム☆3 A.M. ディテクティブ・ゲーム

STEP2 ちくわを集める

「ちくわ!」「ちくわ!」「ちくわです!!!」

  • 「ちくわ」を集めることでメンバーを応援する。獲得条件は以下の通り
  • 対象機種で「日向美ビタースイーツ♪」が歌っている楽曲をプレー
    • 会員証を持っているメンバー全員にちくわが自動的に捧げられる(各1本)
    • ボーカルを務めるメンバーにはボーナスがつく(1本をボーカル全員で頭割り)
      • 会員証を獲得していないキャラがボーカルに含まれていた場合、そのキャラに回った分は破棄される。
    • ちくわゲージとは異なり、楽曲解禁パートで解禁した新曲5曲も対象になる
    • ここなつ(東雲夏陽&東雲心菜)のみボーカル参加の楽曲は対象外
    • 会員証同様、「ちくわ」はe-AMUSEMENT PASS単位で集めていく。
  • Webサイトで応援
    • 1日1回、会員証を持っているメンバーの会員証ケースで応援ボタンをクリックする
    • 当日7:00から翌日5:00までが対象期間
  • 曜日ごとの対象メンバーはボーナスが発生する。
    • 当日7:00から翌日5:00までが対象期間
      月曜火曜水曜木曜金曜
      芽兎めう和泉一舞霜月凛山形まり花春日咲子
    • 対象メンバーは対象メンバーのソロ曲は0.4本、デュエット曲は0.3本、それ以外は0.2本多くもらえる。
  • ちくわ数の増加の一覧は以下の通り。
入手方法ちくわ数備考
シリアルコード特典3.0本会員証をFive Dropsコナミスタイル特典シリアルコードで入手した場合の初期値となる
Webサイトで応援する1.2本1日1回のみ
ひなビタ♪曲をプレー基本値1.0本全員獲得
ソロ曲プレー時1.0本ボーカル担当キャラ1名のみ獲得
デュエット曲プレー時0.5本デュエット曲のボーカル2名がそれぞれ獲得
全員参加曲プレー時0.2本全員獲得
平日ボーナス(基本値)0.2本平日にその曜日に対応するボーナス対象キャラのみ獲得
平日ボーナス(ソロ)0.2本平日にその曜日に対応するキャラのソロ曲をプレーした場合、ボーナス対象キャラのみ獲得
平日ボーナス(デュエット)0.1本平日にその曜日に対応するキャラが含まれるデュエット曲をプレーした場合、ボーナス対象キャラのみ獲得
  • 新曲5曲のゲームサイズ音源のダウンロード数に応じてボーナス(配信サイト)
    • イベント終了時点でのダウンロード数1位に500本、2位に300本
  • 1位になったメンバーによって解禁される楽曲が違う。優勝したメンバーの1曲のみ解禁。
    • 「専用ムービーもついて収録される」「ユーザーリクエストから決定した衣装、ポーズでイラスト書き下ろし!」とのこと
  • アーティスト名義はすべて「日向美ビタースイーツ♪」なので、表では省略
優勝者解禁機種楽曲出典試聴
山形まり花-jet coaster☆girl〜まり花 edition〜Five Drops 01 -sunny orange- 山形まり花
(原曲:GUITARFREAKS 7thMIX & drummania 6thMIX)
和泉一舞-cosmic agenda〜一舞 edition〜Five Drops 02 -honey lemon- 和泉一舞
(原曲:GuitarFreaksXG2 & DrumManiaXG2 Groove to Live)
芽兎めう-恋はどう?モロ◎波動OK☆方程式!!〜めう edition〜Five Drops 03 -strawberry milk- 芽兎めう
(原曲:pop'n music 20 fantasia)
春日咲子-空言の海〜咲子 edition〜Five Drops 04 -pure grape- 春日咲子
(原曲:ee'MALL 2nd avenue)
霜月凛全機種+α黒髪乱れし修羅となりて〜凛 edition〜Five Drops 05 -bergamot mint- 霜月凛
(原曲:pop'n music 18 せんごく列伝)
  • 元々は上記のカバー5曲はアルバム「Bitter Sweet Girls!」の「メンバー紹介っ!」にメドレー形式で使用されていたものを単曲バージョンにしたものである。
  • GITADORA(アプリ)については2016/03/30以降のアーケード新規配信曲が解禁対象外になるとアナウンスされており、その影響で本曲もプレー不可になっている。

お礼コメント

  • お礼コメントは貢献度によって変化する。
    • 集計は1日1回、朝7時までのデータによって更新される。
    • コメントのランクは状況に応じて上下する。(ランクダウンもある)
    • (要検証)コメントランクの上下変化は、貢献度全体に占める割合による?
  • 各メンバーのお礼コメントは以下の通り、会員証の並び順で表記しているためCDの発売順とは異なる。
メンバー貢献度
12345
山形まり花大丈夫だよ!
絶対、大丈夫だよっ!
やほほほほほ、
また会えたねっ!
いつもありがとうなんだよっ!ふぉおおお!
すごいんだよぅ…
えへへへ…
ちょっと恥ずかしいかも…
和泉一舞一緒にがんばろ!
よろしくねっ!
ほら、もっと頑張れ頑張れ!まだまだイブは
もの足りないしっ!
ちょっ、
激アツでマジヤバだし!?
ありがとう…
嬉しいよ…ふぇっ…
春日咲子宜しくお願いしますっ!一緒に頑張りましょう!とってもはっぷんさんですっふわわぁ…ドキドキしますっとってもとっても、大好きです(*^-^*)
芽兎めうむひゅん!
ちくわ姫はめうのものめうっ!
ちくわ道は一日にしてならずめう!この調子で今日も
とっつげきめうーっ!
しんぞぞがぴょんぴょんするめう…めう、
一緒じゃなきゃやだもん…
霜月凛ちくわ姫など…愚昧よ…だから…
無意味だと言うのよ…
時間とお金の無駄…
画餅に帰すだけ…
はぁ…
貴方本当に意味が分からないわ…
な、何よ…
ほんの少し微笑んだだけじゃない…
  • 貢献度が4以下の場合はそれぞれのCDのイメージカラーで、5の場合は金色黒縁でメッセージが表示される。

解禁曲雑記

  • いずれもCD「ひなビタ♪ Five Drops」シリーズからの楽曲。
  • アーティスト名義はすべて「日向美ビタースイーツ♪」

楽曲GETパート解禁楽曲
2016/02/24〜

  • pop'n music éclale、GITADORA Tri-Boost、jubeat prop、REFLEC BEAT VOLZZA、MÚSECAとの同時収録。
    • 各機種個別詳細:pop'n / GD / jb / Rb / MSC
    • pop'n以外の機種では「ひなビタ♪ Five Drops」の各ジャケットを使用しているが、「KONAMI」と「ひなビタ♪」のロゴが省かれている。
      芽兎めう以外のジャケットイラストそのものは各第2期ソロ曲と同じ絵であるが、CDの数字が大きく書かれている等の違いがある。
    • pop'nでは過去のひなビタ♪楽曲と同様、Sunny Park時代のポップン絵のハリアイイラストの使い回しとなっている。バナーイラストは各アクションからの1カットの切り出し。
  • 公式告知等では各曲に専用のタイトルロゴが作られているが、実際にはこのロゴはゲームでは使用されていない。
    pop'nのバナーの文字配置はこのロゴを意識しているがフォント等は異なっている。
  • BEMANI Fan Siteの楽曲紹介 2016 Marchでも試聴・ジャケット閲覧が可能。
  • ぽかぽかレトロード
    • 「Five Drops 01 -sunny orange- 山形まり花」トラック3からの収録。(試聴♪)
    • ボーカルは作中のキャラである山形まり花(CV:日高里菜)。
    • 実際の作詞はくりむ、作曲はTOMOSUKEが担当。
      • まり花の書き下ろしソロ曲で作詞・作曲がササキトモコではない楽曲は初となる。*6
  • 完全無欠の無重力ダイブ
    • 「Five Drops 02 -honey lemon- 和泉一舞」トラック4からの収録。(試聴♪)
      • 本CDのみトラック3の「双星ルミネセンス」が東雲夏陽とのデュエット曲のためか、例外的にトラック4から選ばれている。
        「双星ルミネセンス」については2016/06/12よりSOUND VOLTEX III GRAVITY WARSに配信となった。
    • ボーカルは作中のキャラである和泉一舞(CV:津田美波)。
    • 実際の作詞・作曲はしゃばだば(Sound CYCLONE)、ギターはテラ(少女理論観測所)、ベースは原田ソウ(Sound CYCLONE)が担当。
  • エキサイティング!!も・ちゃ・ちゃ☆
    • 「Five Drops 03 -strawberry milk- 芽兎めう」トラック3からの収録。(試聴♪)
    • ボーカルは作中のキャラである芽兎めう(CV:五十嵐裕美)。
    • 実際の作詞・作曲はMOSAIC.WAVが担当。
      • 全員ボーカル曲以外の芽兎めう関連曲でIOSYSが絡まないのは初。
    • 「もちゃちゃ」とは芽兎めうの愛用するデコレーション自転車の名前。由来は「萌えチャリンコ」。
    • 曲中の「自爆ボタンを押してしまう」「もちゃちゃが滅んでめうが"アーメウ"と悲しむ」という流れは、同じく芽兎めうの曲である「地方創生☆チクワクティクス」や「滅亡天使 † にこきゅっぴん」が元になっている。
  • とびっきりのふわっふわ
    • 「Five Drops 04 -pure grape- 春日咲子」トラック3からの収録。(試聴♪)
    • ボーカルは作中のキャラである春日咲子(CV:山口愛)。
    • 実際の作詞・作曲はジュクチョーが担当。
  • 3 A.M. ディテクティブ・ゲーム
    • 「Five Drops 05 -bergamot mint- 霜月凛」トラック3からの収録。(試聴♪)
    • 曲名は「スリーエーエム - 」と読む。
    • ボーカルは作中のキャラである霜月凛(CV:水原薫)。
    • 実際の作詞は黒田椋子(IOSYS)、作曲はコバヤシユウヤ(IOSYS) feat.紅い流星(東京アクティブNEETs)が担当。

ちくわ姫優勝記念
2016/04/18〜

  • 黒髪乱れし修羅となりて〜凛 edition〜
    • 「Five Drops 05 -bergamot mint- 霜月凛」トラック5からの収録。(PV試聴/試聴♪)
    • 原曲初出はpop'n music 18 せんごく列伝(ジャンル名「撫子メタル」)。
      • 原曲はbeatmania IIDX 18 ResortAnthemGuitarFreaksXG2 & DrumManiaXG2REFLEC BEAT limelightjubeat saucerの他、スマホアプリ4作品にも移植されている。
      • 今回カバー版が複数機種同時収録されたことにより、本楽曲配信時点で原曲・カバー共に収録されていない現行BEMANI機種はDanceEvolution ARCADEのみとなった*7
        2016/08/31をもってDanceEvolution ARCADEがParticipation対象外となったため、2016/09/01時点で唯一の現行BEMANI機種全て(IIDXのみ原曲)でプレー可能な楽曲となっている。
      • BPMはほとんどの機種で150だが、BSのみ倍取りの300となっている。
      • jubeat版のみ曲名の「凛」と「edition」の間が詰まっている。
    • 原曲は「凛として咲く花の如く」の続編曲にあたり、共にひなビタ♪カバー版のゲーム収録が実現することになった。
    • 原曲と比べると「凛として咲く花の如く 〜ひなビタ♪edition〜」のようにアレンジが所々変わっている箇所があり、原曲よりアウトロが長いため2分オーバーの楽曲となっている(CD収録版と同じ)。
    • 作曲はTOMOSUKE、作詞および原曲のボーカルは茶太が担当。カバー版ボーカルは作中のキャラである霜月凛(CV:水原薫)。
    • ムービーにはRay(ジャケットも作成)、ちっひ、T田、いそにん、菌類がそれぞれ描いた、ちくわ+武装(甲冑とは限らない)した凛が登場する(デザイナー名はDDR AおよびBSアニムトライヴにて記載)
      • 上記の内、ちっひが描いたものは原曲のpop'nの担当キャラである寿々姫(すずひめ)を意識した衣装となっており、pop'n版の凛の立ち絵にも使用されている。
    • 前述した通り霜月凛の「3 A.M. ディテクティブ・ゲーム」の解禁ゲージ対象外となるため、未解禁の人は解禁の際にこの曲を間違って利用しようとしないように注意。

メンバー→機種(楽曲)対応表

  • 対象機種の選定については、「第1期ソロ曲(シーズン1)」「デュエット曲(シーズン2・3)」「第2期ソロ曲(シーズン4)」のそれぞれがカテゴリ単位で「全部そろっている」もしくは「一切入っていない」のどちらかになっていることが基準となっている可能性がある(対象外機種における収録状況も後述)。
    • 対象機種の内MSCは「第2期ソロ曲」のみ、他の対象機種は「第1期ソロ曲」「デュエット曲」「第2期ソロ曲」の全曲が収録されている。
      MSC以外は「全員参加曲」も収録されているが、分布は機種ごとに異なる。
    • GDに関してはイベント開始2週間前の2016/02/10にようやく「水月鏡花のコノテーション」が収録されデュエット曲が全て揃った。また、イベント開始の2016/02/24より「neko*neko」「乙女繚乱 舞い咲き誇れ」「漆黒のスペシャルプリンセスサンデー」にBSからの専用ムービーが追加された。
  • ここなつ(東雲夏陽・東雲心菜)のみボーカル参加の楽曲はイベントの対象外のため記載を省略

ソロ曲

  • 「第1期ソロ曲」(リストの各キャラ上段)はMSC以外のイベント対象機種、「第2期ソロ曲」(凛は2番目、他は各キャラ下段)は対象全機種に収録されている。
メンバー楽曲名機種備考
jbGDpop'nRbMSC
山形まり花恋とキングコングpop'nでのジャンル名は「スイーツポップ」
neko*neko
和泉一舞イブの時代っ!pop'nでのジャンル名は「ハイテンションギャルロック」
GDのみ曲構成が異なる
激アツ☆マジヤバ☆チアガール
芽兎めうめうめうぺったんたん!!pop'nでのジャンル名は「萌えおこし電波ソング」
地方創生☆チクワクティクス
春日咲子とってもとっても、ありがとう。pop'nでのジャンル名は「グラティテュード」
GDのみ音源や曲構成が異なる
漆黒のスペシャルプリンセスサンデー
霜月凛虚空と光明のディスクールpop'nでのジャンル名は「文学少女ロック」
フラッター現象の顛末と単一指向性の感情論jbではホールド譜面
黒髪乱れし修羅となりて〜凛 edition〜2016/04/18追加配信
ボーカルは凛だが楽曲解禁のカウント対象外

デュエット曲

  • 全てMSC以外のイベント対象機種に収録されている。
メンバー楽曲名機種備考
jbGDpop'nRbMSC
山形まり花
和泉一舞
走れメロンパンjbではホールド譜面版も存在(Step20隠し譜面)
Qubellで無条件解禁
pop'nでのジャンル名は「フォーエバーフレンズ」
山形まり花
芽兎めう
ちくわパフェだよ☆CKPRbではRENEWAL譜面版も存在
pop'nでのジャンル名は「スイーツプログレッシヴ」
山形まり花
春日咲子
温故知新でいこっ!
山形まり花
霜月凛
水月鏡花のコノテーションjbではホールド譜面・Step20隠し曲
Qubellで無条件解禁
和泉一舞
芽兎めう
都会征服Girls☆
和泉一舞
春日咲子
乙女繚乱 舞い咲き誇れ
和泉一舞
霜月凛
カタルシスの月pop'nでのジャンル名は「エモーショナルデュオ」
芽兎めう
春日咲子
ホーンテッド★メイドランチpop'nでのジャンル名は「メイドメタル」
芽兎めう
霜月凛
滅亡天使 † にこきゅっぴん
春日咲子
霜月凛
滅びに至るエランプシスpop'nでのジャンル名は「浪漫歌謡」

全員参加曲

  • jb・Rb・pop'nは双方ともイベント対象曲として収録。
    • pop'nは2016/04/18より「凛として咲く花の如く 〜ひなビタ♪edition〜」が条件隠し曲として配信され両曲とも収録となったが、当初イベント対象となっているのは「チョコレートスマイル」のみであった。現在はどちらも対象曲になっている。
  • GDは「凛として咲く花の如く 〜ひなビタ♪edition〜」のみ収録(イベント対象曲扱い)。
  • MSCにはどちらも未収録。
メンバー楽曲名機種備考
jbGDpop'nRbMSC
全員凛として咲く花の如く 〜ひなビタ♪edition〜原曲はイベント対象外
pop'nではスターファクトリー条件隠し曲
pop'nに限り楽曲解禁のカウント対象外→修正済
チョコレートスマイル
倉野川音頭2016/08/05追加配信
ボーカルは全員+ひなちくんだが楽曲解禁のカウント対象外

楽曲解禁パートの解禁楽曲

  • 対象機種全てにおける隠し曲なので機種ごとの有無は省略。
  • 楽曲解禁パートのゲージ加算は発生しないが、ちくわ姫応援パートでは対象となる。
    • なお、上記は例えば「ぽかぽかレトロードをプレーしてもぽかぽかレトロード解禁のためのまり花ゲージが増加しない」ということであり、実際には未解禁楽曲をマッチング等で先行してプレーできる機種にしか影響しない。
メンバー楽曲名
山形まり花ぽかぽかレトロード
和泉一舞完全無欠の無重力ダイブ
春日咲子とびっきりのふわっふわ
芽兎めうエキサイティング!!も・ちゃ・ちゃ☆
霜月凛3 A.M. ディテクティブ・ゲーム

参考情報

  • 対象外機種における関連情報や、上記攻略法の補足的な解説など。

イベント対象外機種における楽曲収録状況

  • SDVXでは2016/04/18より霜月凛関連曲が一斉収録された。
  • BSでは2016/04/28より「激アツ〜」と「フラッター〜」が収録され、第2期ソロ曲は全員揃った。
  • BSに収録されている楽曲は全て専用ムービーが搭載されている。
    • BSで新規に専用ムービーが付けられた楽曲の場合、直後のGD・DDRではしばらく汎用のままとなっており、後日ムービーが移植されることが多い。
メンバー楽曲名機種備考
DDRSDVXBSDEA
シングル
山形まり花恋とキングコング
neko*neko
和泉一舞イブの時代っ!SDVXでは2016/08/10追加
激アツ☆マジヤバ☆チアガールBSでは隠し曲(2016/04/28追加)
芽兎めうめうめうぺったんたん!!ミライダにも収録
地方創生☆チクワクティクスBSでは隠し曲(2016/02/10追加)
春日咲子とってもとっても、ありがとう。
漆黒のスペシャルプリンセスサンデー
霜月凛虚空と光明のディスクールSDVXでは2016/04/18追加
フラッター現象の顛末と単一指向性の感情論BSでは隠し曲(2016/04/28追加)
黒髪乱れし修羅となりて〜凛 edition〜2016/04/18追加配信
デュエット
山形まり花
和泉一舞
走れメロンパン
山形まり花
芽兎めう
ちくわパフェだよ☆CKPミライダ、チュウニにも収録
山形まり花
春日咲子
温故知新でいこっ!ミライダにも収録
山形まり花
霜月凛
水月鏡花のコノテーションSDVXでは2016/04/18追加
和泉一舞
芽兎めう
都会征服Girls☆
和泉一舞
春日咲子
乙女繚乱 舞い咲き誇れ
和泉一舞
霜月凛
カタルシスの月SDVXでは2016/04/18追加
芽兎めう
春日咲子
ホーンテッド★メイドランチミライダにも収録
芽兎めう
霜月凛
滅亡天使 † にこきゅっぴんミライダにも収録
春日咲子
霜月凛
滅びに至るエランプシスSDVXでは2016/04/18追加
全員参加
全員凛として咲く花の如く 〜ひなビタ♪edition〜ミライダにも収録
チョコレートスマイル
倉野川音頭2016/08/05追加配信

プレー曲を対象外機種の収録曲に限定しての全解禁

  • 対象機種において選曲を対象外機種の収録曲のみに限定してプレーしても解禁できるという意味であり、対象外機種でプレーしてもイベントに影響があるわけではないので注意。
    • SDVX及びBSでの縛りにおいては可能になった日を記述しているが、これは選曲パターンがその機種内で成立するようになった日を挙げている。
  • SDVX収録曲に限定する場合
    • めうから4人それぞれへデュエット流し(イベント当初から可能)
      「4人ソロ+残り1人から4人それぞれへデュエット流し」におけるデュエット軸キャラをめうにした物。
      • めう: ちくわパフェだよ☆CKP、都会征服Girls☆、ホーンテッド★メイドランチ、滅亡天使 † にこきゅっぴん(の内3曲以上)
      • まり花: ちくわパフェだよ☆CKP、neko*neko
        他3キャラもまり花と同様にソロ曲+めうとのデュエット曲という形になる。
        ただしめうはデュエット曲4曲の内3曲をプレーすればゲージが満タンになるため、4人の内1人はソロ曲2回でもよい(SDVXにおいてめう以外がボーカルに入っている曲は、イベント当初は第2期ソロ曲とめうとのデュエット曲しかなかった。2016/04/18以降は残り1/3を凛とのデュエット曲で埋めるというパターンも可能)。
    • 凛から4人それぞれへデュエット流し(2016/04/18から可能)
      「4人ソロ+残り1人から4人それぞれへデュエット流し」におけるデュエット軸キャラを凛にした物。
      2016/04/18に霜月凛関連曲が追加されたことで、凛を軸にしたパターンも可能になった。
      • 凛: 水月鏡花のコノテーション、カタルシスの月、滅亡天使 † にこきゅっぴん、滅びに至るエランプシス(の内3曲以上)
      • まり花: neko*neko、水月鏡花のコノテーション
        他3人も同様にソロ曲+凛とのデュエット曲となる(凛はデュエット曲3曲でもいいため、残った1人の残り1/3はソロ曲やめうとのデュエット曲でもよいという点はめう軸パターンと同様)。
    • めうと凜から3人へ流し(2016/04/18から可能)
      2016/04/18の凛関連曲追加により、めうと凛の2人から残り3人に流す形のパターンも構築可能になった。
      neko*neko・激アツ☆マジヤバ☆チアガール(08/10以降は「イブの時代っ!」でも可)・漆黒のスペシャルプリンセスサンデーの3曲で残り3人のゲージを2/3ずつ埋め、3人の残り各1/3をめうもしくは凜とのデュエット曲で埋める。
      使用したデュエット曲3曲のボーカル分布により、さらに2通りの展開がある。
      • めうと凛の双方にばらけた場合 - 一方が2/3、他方は1/3埋まった状態であり、「滅亡天使 † にこきゅっぴん」を使用することで2人のうち一方は満タンになる計算となる。
        そのためめうと凜の残りを埋める方法は「滅亡天使 † にこきゅっぴん」1回+1/3残っている残り1名が絡む曲(こちらの枠でも「滅亡天使 † にこきゅっぴん」を使ってもよい)、もしくは双方のソロ曲(ただし片方は1/3がはみ出す)となる。
      • めうと凛のどちらかに揃えられていた場合 - ただ1人ゲージが空のもう一方はソロ曲1回+そのキャラのソロ曲orデュエット曲1回となる。
    • 2/3パート+1/3パート法(SDVXでは2016/04/18から可能)
      2016/04/18の凛関連曲追加により、SDVX収録曲縛りでもデュエット曲にめう枠と凛枠の2つができて2/3パート+1/3パート法が成立するようになった。
      SDVXにおける収録曲の関係上、2/3パートで可能なパターンは以下の4つに限られる。
      • めうと凛は残り3人の中から異なるキャラを1人ずつ選んでデュエット曲を2回ずつプレーし、残った1人はソロ曲(Aソロ/BCデュエット2回/DEデュエット2回のパターン)
        1/3パートもこの形となる(1/3パートでは残り1人もめうor凜とのデュエット曲でもよい)が、2/3パートもこの方法で構成した場合2/3パートと1/3パートでデュエット曲の組み合わせ方を変えてもよい。
        後述のBS収録曲縛りにおける咲子ソロ型が一例。
      • 「滅亡天使 † にこきゅっぴん」2回+残り3キャラそれぞれのソロ曲で全員2/3ずつ埋める(A/B/C各ソロ+DEデュエット2回のパターン)
        めうと凜がデュエット曲2回、他3人がソロ曲。
      • めうと凛は同じキャラとのデュエット曲計2曲+「滅亡天使 † にこきゅっぴん」とし、残り2人がそれぞれソロ曲で2/3を埋める(A/Bソロ+CD/DE/EC各デュエットのパターン)
        三角形の頂点となる3つのうち2つがめうと凜になるパターン。
      • 全員ソロ曲計5曲でも可能。
  • DDRの収録曲に限定したプレーで全解禁を狙う場合は「2/3パート+1/3パート法」となるが、全員曲を使わない場合はデュエット曲1〜2曲を3回使う必要がある。
    • パターンを構築しやすくするため「全員曲を使わない」という追加の制限を付けた場合、2/3パート・1/3パート共に後述のBS収録曲縛りにおけるまり花ソロ型となる。
      • DDR収録曲で限定した場合、凛の対象曲が(全員曲を除けば)「滅亡天使 † にこきゅっぴん」しかないため、(全員曲を使わない場合)同曲を3回使う必要がある。これによりめうもこの時点で解禁達成となる。
      • 残るまり花・一舞・咲子について、3人の枠内のデュエット曲でDDRに収録されているのは「乙女繚乱 舞い咲き誇れ」のみなのでこれを1/3パートで使う必要がある。2/3パートは「乙女繚乱 舞い咲き誇れ」2回でも「激アツ☆マジヤバ☆チアガール」+「漆黒のスペシャルプリンセスサンデー」でもよい。
        その結果まり花は「neko*neko」を1〜2回となり、1回しか使わない場合は残り1/3を「ちくわパフェだよ☆CKP」で埋めることになる。
      • 極力デュエット曲を使用した最終的な構成は「滅亡天使 † にこきゅっぴん」3回・「乙女繚乱 舞い咲き誇れ」3回・「neko*neko」1回・「ちくわパフェだよ☆CKP」1回となる。
        ただし「ちくわパフェだよ☆CKP」1回は1/3パートにおける「neko*neko」を置き換える形での使用である。
    • 1/3パートを全員曲3回に置き換える場合、2/3パートの条件を満たす部分は「滅亡天使 † にこきゅっぴん」2回・「乙女繚乱 舞い咲き誇れ」2回・「neko*neko」1回となる。
      この場合も「乙女繚乱 舞い咲き誇れ」2回を「激アツ☆マジヤバ☆チアガール」+「漆黒のスペシャルプリンセスサンデー」に置き換えても成立する。
  • BSの収録曲に限定する場合
    • イベント開始時点でのBS収録曲に限定して全解禁を狙う場合、ソロ曲のない凛と一舞をデュエット曲でカバーする形で2/3パート+1/3パート法を実行できる。
      2/3パートと1/3パートで組み合わせを変えてもよいし、1/3パートを全員曲3回にしても成立する。
      2016/04/28に一舞と凛のソロ曲が追加されたため(どちらもBSでは「地方創生☆チクワクティクス」と同様にプレーごとに1曲ずつ解禁する形)構成可能なパターンが増えているほか、「全キャラのソロ曲を1回ずつプレーし*9、1/3パートとして以下のいずれかのパターンを各曲1回ずつプレーする」という形も可能になった。また同様に「全キャラソロ曲1回ずつ+全員曲3回」も可能になっている。
      パターンを構成する上での注意事項は以下の通り。
      • 2/3パートではデュエット曲を対応する2名のソロ曲2曲に置き換えてもよい(「ちくわパフェだよ☆CKP」2回=(「めうめうぺったんたん!!」 or 「地方創生☆チクワクティクス」)+「neko*neko」、など)が、1/3パートにおいてはデュエット曲で使う必要がある。
      • 1/3パートでは残った1人に当てる曲をそのキャラが絡むデュエット曲にしてもよい。例えば1/3パートをまり花ソロ型にする場合、「neko*neko」は勿論だが「ちくわパフェだよ☆CKP」でも1/3パートとしては成立する(この例の場合、1/3分の余りがまり花とめうのどちらに行くかが変化するだけ)。
      デュエット2曲+ソロ1曲で構成した2/3パートは以下の3パターンが存在する。
      • まり花ソロ型(イベント当初から可能): 「滅亡天使 † にこきゅっぴん」2回・「乙女繚乱 舞い咲き誇れ」2回・「neko*neko」1回
        当初ソロ曲がなかった一舞と凛をそれぞれ別のデュエット曲でカバーした(一舞は「乙女繚乱 舞い咲き誇れ」で咲子と、凛は「滅亡天使 † にこきゅっぴん」でめうと組むことになる)結果、余りがまり花になったパターン。
        DDR収録曲縛りでも可能なパターンだが、DDR収録曲縛りでは2/3パート・1/3パート(全員曲不使用時)共にこの形となる(先述)。
      • 咲子ソロ型(イベント当初から可能): 「カタルシスの月」2回・「ちくわパフェだよ☆CKP」2回・「漆黒のスペシャルプリンセスサンデー」1回
        当初ソロ曲がなかった一舞と凛を「カタルシスの月」でまとめてカバーした結果、残り3人の枠のデュエット曲でBS収録曲は「ちくわパフェだよ☆CKP」だけであり咲子が残ったパターン。
        ちなみにこのパターンは「(SDVXでは2016/04/18以降絡む全てのデュエット曲が収録されている)めうと凛が異なるキャラを相方にしてデュエット曲を使う」という条件に適合しており、SDVX収録縛りでも適用可能。
      • 凛ソロ型(2016/04/28より可能): 「ちくわパフェだよ☆CKP」2回・「乙女繚乱 舞い咲き誇れ」2回・「フラッター現象の顛末と単一指向性の感情論」1回
        2016/04/28追加の「フラッター現象の顛末と単一指向性の感情論」を軸にして構成する場合、凛の絡まないBS収録デュエット2曲で4人をカバーするためには「ちくわパフェだよ☆CKP」(まり花+めう)と「乙女繚乱 舞い咲き誇れ」(一舞+咲子)の組み合わせしかない。
        ちなみに同様に「激アツ☆マジヤバ☆チアガール」を軸にした一舞ソロ型を構築しようとしても、BSには咲子のデュエット曲が一舞との「乙女繚乱 舞い咲き誇れ」しかないため成立しない(「激アツ☆マジヤバ☆チアガール」を使うという前提で最大限デュエット曲を入れようとすると、めうをまり花もしくは凛とのデュエットにして一舞・咲子・まり花と凛のうちめうと組まなかった方の3人がソロ曲ということになり、イベント当初から可能な2パターンのどちらかにおける一舞が絡むデュエット曲をそのメンバーのソロ曲計2曲に置き換えただけとなる)。
        さらなる余談だが、2016/04/28基準でもめうソロ型の構築も不可能(唯一収録されている咲子絡みのデュエット曲「乙女繚乱 舞い咲き誇れ」に対応する「水月鏡花のコノテーション」の他、一舞基準でもう1つの選択肢となる「カタルシスの月」に対応する「温故知新でいこっ!」もBSには(というよりこちらはイベント対象外機種全てに)収録されていない)。
  • 余談だが、全員曲8回プレーもDDRもしくはBSの収録曲に限定する場合には条件に合致している(「チョコレートスマイル」のみに絞ればDEA収録曲縛りにも適合する)。

*1 終了日時は公式サイトでは前日の29:00で表記されているが、本項では当日の05:00表記に直している。
*2 これは例えば「ぽかぽかレトロードをプレーしてもぽかぽかレトロード解禁のためのまり花ゲージが増加しない」ということであり、既にぽかぽかレトロードを解禁済みであるのならそれ以上ゲージは増えないため増加の有無がどちらであっても影響しない。
*3 五芒星を描いても成立はするが、これは辺を使うか対角線を使うかのみの違いであり、五芒星を描いていたパターンでも点を入れ替えていけば五角形を描く形になる。例えば右回りにCD発売順にメンバーを並べてまり花→めう→凛→一舞→咲子→まり花と線を引くと五芒星(円上一定方向に12345と並べて135241という形で線を引く)になるが、1つ飛ばしに並べて(並べ方も13524とする)同様に引けば五角形になる。
*4 EXTRA STAGEを除外して考えた場合のプレー回数は変わらない(チョコレートスマイル8回は3回目の3曲目に入った時点で次回プレー時の全解禁確定なのに対し、併用しようとした場合1回目の1曲目に黒髪を配置したとしても1回目2曲目〜3回目3曲目の8曲で次回プレー時の全解禁確定)が、期間限定ウェルカムパックが適用されている場合必要プレー回数に影響が出る。解禁用のプレーについては「チョコレートスマイル」で限定されるが、「凛として咲く花の如く 〜ひなビタ♪edition〜」を解禁した後は併用可能。
*5 prop当時はStep20の隠し曲だった
*6 以前はデュエット曲でもめうが絡まなければ該当していたが、デュエット曲では「水月鏡花のコノテーション」でこの法則が崩れている。
*7 その他、ミライダガッキ Ver.2にも未収録だが、2015年夏にParticipation対象外となり事実上更新停止となったため過去機種として扱う。
*8 DEAはイベント開始時点ではまだ現行機種に分類できる状況であり、事実上終了といえる状態となったのは半年後の2016年8月である。
*9 当初は一舞と凛のソロ曲がなかったため、「カタルシスの月」2回+「neko*neko」+「漆黒のスペシャルプリンセスサンデー」+(「めうめうぺったんたん!!」 or 「地方創生☆チクワクティクス」)がBS収録曲限定でのソロ曲詰込みの限界だった。

Last-modified: 2016-12-06 (火) 05:05:14
Site admin: iMp95
mail : imp@callusnext.com (←@を半角に)