スミスのきまぐれジェントル

スミスが試聴した楽曲があそべるようになる!?
しかもjubeatだけじゃなく他の機種でも!?

  • 公式サイト
  • イベント期間:2015/12/28(Mon) 10:00〜2017/01/19(Thu) 05:00(終了)
    • 2016/03/30(Wed) 07:00〜 楽曲解禁がjubeat Qubellに対して反映されるように変更(告知)
    • 終了以前にインストールゲージを100%にしていても、2017年1月19日(木)AM5:00までにサイト上で「名曲の予感!!」ボタンを押さなければ未解禁状態になるので注意。
      (要検証)「名曲の予感!!」ボタンは押したがその後最初のプレーが終了後だった場合
      ※通常連動イベントは解禁した要素の反映期限もイベント終了タイミングとなっているが、本イベントの終了告知では「期間内にサイト上で「名曲の予感!!」ボタンを押さなければ未解禁状態になります」なので、反映期限が別に設定されている可能性がある。
  • 終了以降の楽曲の扱いについては各機種からのアナウンスをチェックしてくださいとのこと。
    • 終了後は当時の解禁状況に関わらず公式サイトで両CDが強制的に完売表示になるが、未解禁の楽曲が無条件解禁されたわけではない。
機種バージョン対象曲イベント終了以降の未解禁楽曲の解禁方法
jubeatQubellChloé
Just Believe
(現在解禁不可)
(終了時点でdig dig Qubell(Garnet)や伝導解禁には移行していない)
GITADORATri-Boost Re:EVOLVEJust Believe(現在解禁不可)
(今後特定のイベント開催期間中のみ解禁可能に移行?)
SOUND VOLTEXIV HEAVENLY HAVENChloé(現在解禁不可)
(終了時点でインプット解禁には移行していない)

以下は開催当時の情報

概要

  • jubeat主導の多機種連動イベント。本イベントの進行には公式サイトおよびjubeatのプレーが必須となる。
    • 公式サイトで視聴するCDをセットしてjubeatをプレーするとjubeatとどれかの機種で同時に新曲が遊べるようになる。
    • 楽曲獲得のためにjubeat以外の機種のプレーは一切必要ない
      ただし、獲得した楽曲を確定させるためには公式サイト上で獲得を確認後に対象機種でのプレーが1度は必要。
  • 以下のアーケード用BEMANIシリーズ機種が対象(カッコ内は以降の略称)
    • jubeat prop」 → 「jubeat Qubell」(jb) / 本イベントのメインとなる機種
    • SOUND VOLTEX III GRAVITY WARS」→「SOUND VOLTEX IV HEAVENLY HAVEN」(SDVX) / 2015/12/28〜2017/01/19
    • GITADORA Tri-Boost」→「GITADORA Tri-Boost Re:EVOLVE」(GD) / 2016/01/04〜2017/01/19
      • GDは2016/12/14よりRe:EVOLVEに、SDVXは2016/12/21よりIV HEAVENLY HAVENにアップデートされているが、
        サイト上の表示はTri-BoostとIII GRAVITY WARSのまま変更されていない(解禁自体は新作でも問題なく反映される)。
        2017/01/05頃よりロゴ・バナー・キャラアイコン等が新作のものに変更されている。

解禁手順

  • イベント進行には公式サイト(PC・スマートフォン対応)へのアクセス必須
    • フィーチャーフォン(ガラケー)は非対応
  1. 公式サイトで試聴するCDを選んでセットする。
    • CDのセットを行わないでjubeatをプレーしてもゲージは溜まらないので要注意
    • 以下、手順に期間が出てくる場合は試聴するCDをセットした時刻を基準としてカウントが行われる(秒以下が表示上のみの切り捨てか実際に切り捨てられているかは不明)。
    • 1度セットしたCDは試聴期間(1週間)の途中で別のCDへ切り替える事は不可能(すなわち複数同時解禁は不可能)
    • なお「試聴」とはあくまでスミスがイベントの演出上CDを聞いているというものであり、実際に楽曲を試聴できるわけではないため注意。
  2. セットから1週間以内にjubeatをプレーしてインストールゲージを溜める。
    • 空の状態から累計24 TUNE(BONUS TUNE除く)プレーでゲージがMAXになる。
      • Qubellでは稼働時点でTUNE数選択ができないため事実上8クレで解禁。
    • FAILEDで途中終了してもプレーできなかった残りのTUNE数はカウントされる(例:コースモードの途中でFAILEDとなり、完走できなかった場合5 TUNE分がカウント)。
    • この期間内にゲージが溜めきれず解禁できなかった場合はセットしたCDが外れて入荷待ち状態となり、該当CDが10日間セット不可能になる。
  3. インストールゲージが100%になるとサイトに「名曲の予感!!」ボタンが出現する。これを押すことでjubeatと他の機種においてその曲が2機種同時解禁される。
  4. 解禁を逃した場合は10日後の再入荷後に再び曲をセットしてゲージを溜めていくことになる。
    • ただし、前の回で少しでもゲージが溜められていれば(CDセット期間中に1度でもjubeatをプレーしていれば)、再度セットした際にインストールゲージが増加する(イメージトレーニング)。再入荷する度に何度でも可能。
      ただしこれで溜められるのは99%までで最低でも1 TUNEプレーが必須となる。
      • (下記検証によりほぼ確定)前の回で溜めたゲージ量(これまで溜めたゲージの総量?)をX%とすると、イメトレで増える量は概ね(X^2)/100[%]となる模様
      • (要検証)上の式が正しいならば62%(15TUNE)以上の時にイメトレすると99%になる?
        また、60%以上の状態でイメトレすれば96%以上となり次回1 TUNEプレー(+4%)で確実に解禁できる?
        (Qubell用)57%以上の状態でイメトレすれば89%以上となり次回3 TUNEプレー(+12%)で確実に解禁できる?
      • (報告)ゲージは50%進んでいた状態でイメトレ後は75%になった。(+25%(6 TUNE分))
      • (報告)01/14 18:30時点ではARENAの3 TUNEのみプレイした状態で12%、イメトレ後は14%になった。(+約2%)
      • (報告)NORMAL MORE 5 TUNEのみプレイした状態で、イメトレで20%から25%になった (+5%)
      • (報告)ゲージは25%進んでいた状態で、イメトレ後は31%になった。(+6%)
      • (報告)ゲージは47%進んでいた状態で、イメトレ後は69%になった。(+22%)
      • (報告)ゲージは56%進んでいた状態で、イメトレ後は87%になった。(+31%)
      • (報告)ゲージは58%進んでいた状態で、イメトレ後は92%になった。(+34%)
      • (報告)3TUNE+イメトレ1回(14%)からさらにイメトレして15%になった。(+1%?)
    • 試聴期間(1週間)中にインストールゲージを100%まで貯めたが名曲の予感!!ボタンを押し忘れた場合、セットしていた曲は一旦棚に戻るが、再入荷待ちにはならず、すぐに曲を再セット可能な状態で置かれる。

解禁楽曲一覧

出現期間曲名アーティスト名jubeat以外の解禁先機種
2015/12/28〜2017/01/19ChloéDJ TotoriottSOUND VOLTEX III GRAVITY WARS
SOUND VOLTEX IV HEAVENLY HAVEN
2016/01/04〜2017/01/19Just Believe小寺可南子GITADORA Tri-Boost
GITADORA Tri-Boost Re:EVOLVE
  • アプリ版での収録
    • GITADORA(アプリ)では配信日よりアーケード版で「Just Believe」をプレー後に購入可能だった。
      • 2016/11/14 14:00をもってパック購入不可になり、2016/12/15 14:00をもってサービスを全て終了した。(いずれも日本時間)
    • jubeat plusでは2016/10/14より「Qubell pack」にて2曲とも配信。

その他

Tips

  • POLICY BREAKと同じくNORMALモードのBONUS TUNEは計上対象外。
  • propではCOURSEモード、ARENAモードも対象。決まった曲しかプレーできないが、これらのモードはNORMALモードよりも1 TUNEあたりのPASELI消費額が安く設定されている。コインプレー(パセリの5/6の値段とする)と比べてもお得である。
    • ただしCOURSEモードはノルマを達成できなかった時点で即終了となる危険なモードなので、jubeatがそれなりに出来るプレイヤーでなければすぐにクレジットが終わってしまうので注意。対象となっている曲にもよるが、「今週のライセンスヒットチャートコース/ADV」が最も安全か。
      • PINKとBLUEどちらが安全かは対象曲によりけりなので何とも言えない。
      • コナオリはライセンスと比べて全体的に難易度が高目なのもさることながら、ヘビープレイヤーが好んで選ぶ傾向が強いため難易度の高い曲が上位にランクインしやすいので危険である。対してライセンスはライトプレイヤー、悪く言えば下手なプレイヤーが多く選ぶので比較的難易度の低い曲が上位にランクインしやすい。
      • オフィシャルコース(ヒットチャート以外のコースのこと)はどれも高スコア平均キープが必要だったり、ハードモードでのプレーが要求されたりするものばかりなので危険極まりない。おそらくコナオリヒットチャートEXTよりオフィシャルLv1の方が完走(とりあえず5曲目に到達すること)難度が高い。
    • ARENAモードは3曲完全保証だが、COURSEモードよりは割高である。
    • Qubell移行時点でARENAモードとCOURSEモードはプレーできなくなっている
  • (prop時点)3 TUNEごとのプレーをする場合(相場価格/ゲームセンターの設定によって一部変動)
    • NORMALモード:120P/100円
    • ARENAモード:97P
  • (prop時点)5 TUNEごとのプレーをする場合(相場価格)
    • NORMALモード:200P
    • COURSEモード:150P
  • 効率比較(相場価格)
    • 24 TUNE全てNORMALモードで通した場合:960P/800円
    • 24 TUNE全てARENAモードで通した場合:776P
    • 24(+余剰1)TUNE全てCOURSEモードで通した場合:750P
    • 15 TUNEはCOURSEモード、残りの9 TUNEはARENAモードで通した場合(多分これが最高効率):741P
  • Qubellで解禁開始した場合、基本的には8プレー必要なので800円/800Pとなる。よってより安く解禁したい場合はお店の値引きサービスに頼ることになる。

計算方法

  • 24-(現在のパーセント÷4.16)の計算結果の小数点第一位を四捨五入することで残りの必要TUNE数を出すことが出来る。
    • 現在のパーセントはGoogle Chrome等のブラウザできまぐれジェントルのページのソースを閲覧し、ページ下の小さいINSTALLの幅(apx × 10px)のaの部分にて確認できる。
      • (報告)ページのソースで"<div class="now" style="width:"をページ内検索し、検索ワードのすぐ右に表示されているパーセンテージも上記のものと同値。
  • ただし、イメトレによる増加分によって中途半端な値になる可能性もある。
プレーTUNE数残りTUNE数現在のパーセント
0240%
1234%
2228%
32112%
42016%
51920%
61825%
71729%
81633%
91537%
101441%
111345%
121250%
131154%
141058%
15962%
16866%
17771%
18675%
19579%
20483%
21387%
22291%
23195%
240100%

余談

  • 楽曲解禁時に「○○にはこちらの楽曲が収録されています!」というメッセージとともに移植先の機種とjubeatの共通曲が一部ピックアップされて宣伝される。
    • SDVX:「TYCOON / SOUND HOLIC feat. Nana Takahashi」「PULSE LASER / ヒゲドライバー」
    • GD:「Chronos / TAG」「つぼみ / 達見 恵 featured by 佐野宏晃」

Last-modified: 2017-03-15 (水) 09:13:44
Site admin: iMp95
mail : imp@callusnext.com (←@を半角に)