DanceDanceRevolution A

レベル詐称逆詐称について

  • レベル表記が実際の体感難易度より明らかに低い「詐称」、その逆の「逆詐称」について記述 、
    新規追加譜面もこちら。
    • 個人差」についても取り上げています。
    • 特に顕著なものは太字で表記しています。

全般

  • 詐称
    • Electric Dance System Music [DIF(Lv9),EXP(Lv13)]
      • [DIF]に関してはアフロ踏みが絡んでおりとてもではないがLv9の配置では無く、Lv10〜Lv11下位の詐称譜面。[EXP]に関してはアフロ踏みに加え140BPMの16分配置が追加。SPでは16分乱打、DPでは後ろ交差等が絡んだ8分の難配置が難易度を底上げしており、Lv14が妥当。
  • 逆詐称
    • BASIC譜面全般
      • 2016/6/13(EXTRA SAVIOR開始日)時点において、SPDP問わずBASIC譜面の難易度のほとんどが逆詐称であり、2段階逆詐称も珍しくない状況のため、難易度が意味を成していない。特にLv8譜面に関しては8分配置がほとんど存在しておらず、実質的難易度はLv6という有様である。
  • 個人差
    • Bad Apple! feat.nomico [DIF]
      • 低難易度帯ながら、序盤と終盤のFA地帯にあるリズムの取りづらい16分配置が厄介。このためスコア難度がやや高め。
  • Wake Me Up [BEG,BAS,DIF]
    • 曲の序盤は裏拍からのリズムが多く、[EXP]は裏拍からリズムを刻んでいる。ところが[DIF]以下は序盤の配置が4分のノートで構成されており、リズムに合っていない配置を踏まされることになる。PFC以上を狙うにあたって注意が必要。
  • MAKE A JAM! [SP譜面(BEG以外)]
    • それぞれの難易度において、表記Lv+1相応の難所が存在しているが、平易な箇所は表記Lvを大幅に下回っている。局所難傾向の激しい譜面であることに注意が必要。

SP

BEGINNER

  • 個人差
    • Lv1 Lesson by DJ - 密度こそLv1の標準を遥かに下回ってはいるものの、4分単位で別の場所を踏む配置が多く、他のLv1のBEGINNER譜面と比較すると強め。また、終盤に4回登場する縦2連を含む8分3連はLv1の範疇を大きく逸脱している。

BASIC

  • 逆詐称
    • 今作は[BAS]の逆詐称譜面が非常に多い。逆詐称の理由は、特にLv7以上において「高BPMでないにもかかわらず8分が存在しない」「厳しい同時配置が見受けられない」「難解なFA絡みの配置が少ない」のいずれかに当てはまる([DP-BAS]も同様)。
      • 以下の譜面以外にも逆詐称譜面はまだあるため、要追記。
    • Lv6 ハッピーシンセサイザ
  • Lv6 Towards the TOWER
  • Lv7 The Night Away(MK Remix)
  • Lv7 RISING FIRE HAWK
  • Lv7 Yeah! Yeah!
  • Lv7 Astrogazer
  • Lv7 Far east nightbird kors k Remix -DDR edit ver-
  • Lv8 十二星座の聖域
  • Lv8 色は匂へど散りぬるを
  • Lv8 宇宙(ソラ)への片道切符
  • Lv8 Cytokinesis
  • 個人差
  • Lv5 放課後ストライド - BPMが225と速いが終始2分の配置で踏ましてくることからBEGINNERのLv4の譜面と大差ないくらいの逆詐称と言える。しかし2分で踏ましているが故音にあってない配置も多いためスコアは同じLvの譜面に比べて出しづらい。
  • Lv7 STERLING SILVER (U1 overground mix) - 2回目の停止が判定エリアの手前で停止するためEXTRA SAVIORでの解禁段階だとバランスを崩して閉店に陥りやすい。一方で配置は原曲以上に単純になっているためBPMが10速いといえど通常ゲージだと逆詐称クラスか。

DIFFICULT

  • 詐称
    • Lv8 ハピ恋☆らぶりぃタイム!! - ビジステップを含んだ8分3連が非常に多く、かつ交互難傾向にある。Lv9相当。
  • Lv9 SHION - Lv9内第2位のノート数を誇る体力譜面。8分2連を頻繁に踏ませたりとそれ以外にもリズムの取りづらい配置、2度出てくる8分10連やラストの交互に踏みにくい3連符とLv9の領域を逸脱している。Lv10相当。
  • 逆詐称
    • Lv10 Happy - 8分がほとんどなく同時押しがメインの譜面だが、同時押し譜面であるLv8のI Want You To Know[SP-DIF]のような連続ジャンプは無く、体力的にも平易な譜面。Lv10はあまりにも過剰な評価であり、Lv7相当のかなりの逆詐称譜面。
  • Lv10 Hillbilly Shoes - 追加版権洋楽の中では最遅の112BPM。8分配置はあるものの、短く踏みやすい配置の連続が多く、Lv10には程遠い。BPMの遅さも相まってLv8相当。
  • Lv11 チルノのパーフェクトさんすう教室(EDM REMIX) - 「バーカバーカ」の後の↑8分縦連及びラストの3連符がやり辛いかもしれないがそれ以外は難所と言える難所が存在しない。Lv10相当。
  • Lv11 黒髪乱れし修羅となりて〜凛 edition〜 - 素直に踏める短い8分が散見される程度であってビジステ折り返し2回やラストの裏拍から入る8分を考慮しても全体的に平易な配置が多いのでLv10が妥当。
  • Lv11 宇宙(ソラ)への片道切符 - 最後の配置を除けば、8分の配置は特段難しくない。その最後の配置は「アフロ踏みを伴う連続ビジステップ」であり確かに難しいのだが、ここだけをもってLv11と言い張るには少々パンチ不足。Lv10適性クラスでもスライドで何とか繋げられる配置であることを考えると、終盤難のLv10が妥当。
  • Lv11 Dancer in the flare - Lv10相応の配置が続く譜面。同曲[DP-DIF]では終盤の8分振り回しが難所であるのだが、SPにおける該当箇所は普通の8分滝と大きくスケールダウンしている。SPに関してはLv10が妥当。
  • Lv12 Cytokinesis - Lv11相応の配置にソフランを加味してLv12相当、と言いたいところだが、そもそもの配置がLv10相応の簡単な配置。ソフランを考慮してもLv12は過剰評価でありLv11相応の譜面。
  • Lv14 New Century - [DIF]譜面に関してはSPDP共にアフロ踏みが絡んでくるが、アフロ踏みのまま渡らせるDPとは違い、SPのアフロ踏みはLv14と呼べるほど苛烈なものではない。[SP-DIF]に関してはLv13が妥当。
  • 個人差
    • Lv11 打打打打打打打打打打 - 序盤から最後まで踏みやすい音合わせの配置が続くが、問題はやはり終盤の打打打地帯。すべて12分地団駄で構成されているが故、1つ間違うとGreat以下の判定を量産する場合がある。比較的新しい曲であり多くの機種に収録されているので、曲を知っていて地団駄が得意で安定しているなら弱く感じられるが、地団駄が苦手だとLv表記より高く感じ、特にスコアに関しては個人差が出やすいだろう。

EXPERT

  • 詐称
    • Lv11 bass 2 bass - 縦連からの16分配置が特徴的な譜面。16分乱打も混じっており、Lv12下位相応。
  • Lv13 チルノのパーフェクトさんすう教室(EDM REMIX) - BPM130の16分乱打が何度も登場し、ノート数が500を超える物量譜面。終盤の縦連混じりの12分地帯も厄介。Lv14相当。
  • Lv14 放課後ストライド - bpm225で8分がメインだが、捻りを含む40連の8分踏みや、最大で67連にも及ぶ8分踏みが襲って来る。ノート数も600を超える体力譜面で休憩も殆ど無い。配置自体は素直な部分が多いが、Lv15の体力譜面を踏み切れる位は体力が無いと太刀打ち出来ない。Lv15相応だろう。
  • Lv14 RISING FIRE HAWK - 約160BPMでの16分地団駄や乱打が頻発する、典型的なLv15下位〜中位譜面。Lv14の領域ではない。
  • 逆詐称
    • Lv11 きゅん×きゅんばっきゅん☆LOVE - 左向き固定で踏める単純な8分配置が何度も何度も登場する譜面。ただひたすら単調なだけの譜面であり、400を超えるノート数も難易度の底上げには全く寄与しておらずLv10が妥当。
  • Lv12 この青空の下で - 全体を通して単調な8分で構成されている譜面。サビに交互に踏めば捻った状態で終わる8分滝があるが、スライドでも対処できる。Lv11下位程度。
  • Lv12 色は匂へど散りぬるを - FAにより視覚難の面もあるものの、BPMが遅めの緩やかな譜面であることも事実。Lv11が妥当であると思われる。
  • Lv13 Wake Me Up - Hillbilly Shoes[SP-EXP]と同じく16分乱打の存在でLv13にしたのだろうが、前述の譜面と比較にならないほど16分の配置は少ない。全体的にLv13というには譜面は易しく、Lv12相応。
  • Lv14 黒髪乱れし修羅となりて〜凛 edition〜 - ノート数こそMAX 300[SP-EXP]を超えるが、曲自体が2分程あるので密度は相対的に薄い。全体を通して8分踏みがメインでそこに16分3連がちょくちょく入るような譜面で、同時踏みも僅かなので挑戦レベルなら回復地帯も多く、Lv14としては逆詐称気味か。
  • Lv15 ナイト・オブ・ナイツ - 序盤にリズム難の16分があるが、他に難所らしい難所はない。BPMが近く体力譜面の傾向が強い不沈艦CANDY[SP-EXP]と同程度、Lv14が妥当であろう。

CHALLENGE

DP

BASIC

  • 詐称
    • Lv3 Bad Apple!! feat.nomico - ノート数が184とLv3としては極めて多い。BPMが遅いとはいえ、4分の渡りが3連や5連で途切れずに延々と続くため、足元を見ないで8の字渡りができる程度の地力はないと厳しい。Lv5相当。
  • Lv4 魔法のたまご 〜心菜 ELECTRO POP edition〜 - 4分の振り回しに加え、同時押しの配置が遠くLv4としては規格外。逆詐称満載のLv8クラス[DP-BAS]譜面と同格どころか、同時押しの配置の関係上これらの譜面よりも難易度は高いかも知れない。Lv6相当の危険譜面。
  • 逆詐称
    • 以下の譜面以外にも逆詐称譜面はまだあるため、要追記。
  • Lv6 チルノのパーフェクトさんすう教室(EDM REMIX)
  • Lv6 siberite
  • Lv6 Electric Dance System Music
  • Lv7 The Night Away(MK Remix)
  • Lv7 ナイト・オブ・ナイツ
  • Lv7 Yeah! Yeah!
  • Lv7 RISING FIRE HAWK
  • Lv7 Dancer in the flare
  • Lv7 ロストワンの号哭
  • Lv8 朧
  • Lv8 色は匂へど散りぬるを
  • Lv8 New Century
  • Lv8 宇宙(ソラ)への片道切符

DIFFICULT

  • 詐称
    • Lv8 ハピ恋☆らぶりぃタイム!! - 同曲[SP-DIF]と違い交互難ではないものの、ビジステップや1P↑→2P←といった難しい8分3連が頻発する。こちらもLv9相当。
  • Lv9 きゅん×きゅんばっきゅん☆LOVE - ひたすらBPM165の8分ビジステ渡りの往復を繰り返す譜面。基本的には全く同じ配置を延々と繰り返す譜面なのだが、後半に難解な配置が見受けられ、接続難度で言えばLv11詐称の同曲[DP-EXP]よりも高いと思われる。Lv10〜11相当。
  • Lv10 SHION - 総ノート数410はLv10最多で、休憩も少なく体力を要する。譜面自体も決して単純ではなく、特にラストは6分と8分が入り混じるリズム難地帯。Lv11相当。
  • Lv11 打打打打打打打打打打 - 譜面は音合わせとは言えややリズム難。しかし最大の問題は終盤の打打打地帯であり、全て12分地団駄となっており難度が高い。[DP-EXP]もこの箇所は捻る配置があるものの12分地団駄で構成されており、終盤のサビに関しては[DP-DIF][DP-EXP]に肉薄する配置であると言える。Lv12相当。
  • 逆詐称
    • Lv9 Happy - 同曲[SP-DIF]より難易度が一つ低いが、同時押しの渡りが絡む分明らかにDPの方が難しい。しかし8分が少ないという特徴は同じため、こちらも逆詐称。Lv8相当。
  • Lv10 Hillbilly Shoes - 同曲[SP-DIF]と全く同じ問題を抱えており、Lv8相当。

EXPERT

  • 詐称
    • Lv11 イーディーエム・ジャンパーズ - 他の2015年のクリスマス追加楽曲同様、明らかにSPとDPの難易度設定がおかしい。16分2連の渡りが絡む分どう考えてもDPの方が難しい。SPがLv12下位で妥当であるならば、DPに関してもLv12はなければつり合いが取れない。
  • Lv11 この青空の下で - BPM165というやや速めの速度で振り回される譜面。特に最後の振り回しはLv11の範疇ではない。ノート数は413とDPLv11の中でも多いどころか、Lv12の同曲[SP-EXP]よりも多い始末。SPもLv12ではかなり弱い部類ではあるが、DPの難易度がSPよりも低いということはあり得ない。DPもLv12が妥当。
  • Lv11 きゅん×きゅんばっきゅん☆LOVE - 474ノートはSPも含めLv11最多ノート数。ひたすらBPM165の8分ビジステ渡りの往復を繰り返す体力譜面。特段難しい配置ではないものの、ビジステ渡りという体力を消耗しやすい配置が続くため、体力面を考慮してLv12相当。
  • Lv12 十二星座の聖域 - BPM164の16分3連の配置が難易度不相応。パネル中央のカズダンス配置や、FA絡みの16分なども難易度を上げる要因となっており、Lv13が適切であると思われる。
  • Lv12 Towards the TOWER - 128BPMの16分3連が頻発し、12分渡りも見受けられる。同BPM帯のLv13EDM譜面よりは易しめだが、終盤の視覚難も考慮すれば、渡りの要素のあるDPに関してはLv13が妥当であろう。
  • Lv13 チルノのパーフェクトさんすう教室(EDM REMIX) - 譜面傾向は[SP-EXP]と同様。BPM130の16分乱打、終盤の縦連混じりの12分地帯が難所だが、DPではそれに加えて「バーカバーカ」の歌詞の場所が軒並み8分左右渡りとなっており体力を削られやすい。Lv14中位〜上位相当。
  • 逆詐称
    • Lv12 色は匂へど散りぬるを - FAの絡んだ視覚難の渡りがあるものの、BPMが遅めのこともありLv12相応の難しい渡りは見受けられない。こちらも[SP-EXP]と同じくLv11相当。
  • Lv13 bass 2 bass - [SP-EXP]より二つも難易度が上だが、譜面傾向はSPとほとんど変わらず、DP特有の難しさもあまりない。SPが強めのLv11であることを考慮すれば、渡りの要素が追加されたDPは弱めのLv12と言ったところか。
  • Lv13 Thank You Merry Christmas(2016/12/08〜2016/12/25期間限定配信) - BPMと3連符のリズムはU.M.U楽曲のDong! Dong![DP-EXP]に近いものがあるものの、Dong! Dong!のようなLv13相応の振り回し配置は見受けられない。ノート数は多めなものの、基本的にはハネたリズムの地団駄がメインであり、DPらしい難しさはやや欠ける。SP同様こちらもLv12が妥当。
  • Lv13 朧 - 16分3連配置がやや難しいものの基本は平準的な8分滝が大半であり、Lv13の足運びは求められないといってよい。Lv12下位相当。
  • Lv16 Astrogazer - リズム難譜面であり、序盤の12分地帯が厄介。しかし後半は[SP-EXP]より譜面が簡略化している。SPにあった体力要素が無くなっており、DPに関してはLv15が妥当。
  • 個人差
    • Lv11 Break Free - 終盤までは他の洋楽のLv11譜面と比べて一回り弱い。しかし終盤が曲者で、16分3連や逆足入りの遠配置8分といったLv12相応の配置が待ち受けている。全体の平均を取ってLv11としたような譜面であり、接続難度に限ればLv12相応。
  • Lv11 MAKE A JAM! - DP黎明期特有の遠配置交互難譜面ではあるが、交互難部分についてはBPMが遅くカニ配置が主体のため、スライドの対処はしやすい部類。ただし交互に踏もうとするとアフロ捻りに中央追い越しが絡むため、途端に難易度が跳ね上がる。初出はCS版DDR1stではないものの、DP黎明期の特徴を残した個性的な遠配置交互難譜面と言える。
  • Lv12 魔理沙は大変なものを盗んでいきました - POSSESSION[DP-DIF]を思わせる変則アフロ踏みを含んだ序盤の8分滝の配置だけを見るなら、Lv13上位〜Lv14相応。しかしこの箇所以外は極めて平易であり、400ノート後半という物量をもってしても、全体の平均を取ればLv12に収まるような譜面となっている。
  • Lv17 New Century - 密度だけ見ればLv16相当であるが、8分での遠配置が連発しなおかつ左右振り回しが激しい難読譜面。再加速後からは配置が更に苛烈になるため、譜面が読み切れるかどうかで体感難易度が大きく変わる。配置難の交互踏みが得意であればLv16に感じるが、そうでなければLv17妥当か。

CHALLENGE


Last-modified: 2016-12-08 (木) 19:28:42
Site admin: iMp95
mail : imp@callusnext.com (←@を半角に)