SOUND VOLTEX IV HEAVENLY HAVEN

新曲雑記

FLOOR採用曲

  • 作曲者等については全て敬称略

アルバム「STARLiGHT」発売記念 Ryu☆リミックスコンテスト

2016/12/21配信(稼動初期)

  • 3y3s (JMBS FUNKOT RMX) / Jockie "MASTA BASS" Suama
    • 原曲初出はbeatmania IIDX 16 EMPRESS。
    • Jockie "MASTA BASS" SuamaはFunkot系DJ集団である「DUGEM RISING」所属、秋田県出身のDJ・トラックメイカー。
    • インドネシア発祥の高速BPMダンスミュージックであるFunkotの日本シーンでの顔と言って良い人物の1人でもある。「ORANGE RANGE」や「超特急」のFunkot楽曲にも参加経験があり、特にORANGE RANGEに関しては2016年になってjubeat Qubellへ収録もされた「SUSHI食べたいfeat.ソイソース」のリミックスがある。そのDJ mix音源もYouTubeから視聴可能。(02:20〜参照)
      • BEMANI関連ではpop'n music 18収録の「AKATSUKI」(ファンキーコタ)のリミックスも既に手掛けている。(GUHROOVYアルバム『HARDCORE LIFE+』に収録)
      • 残念ながらSuama氏の近くにある店舗にはSDVX筐体どころかアーケード筐体が存在していない模様。(本人のツイート)
  • Aurora (Latinized Style) / mommy
    • 原曲初出はbeatmania IIDX 12 HAPPY SKY。
    • mommyは主にBMSやニコニコインディーズで活動していたアーティスト。
      • BEMANIではこの曲の他にも本機種の1週間前に稼働した「pop'n music うさぎと猫と少年の夢」にて『Spangles』が採用されている。
  • 朧 (kamome sano remix) / kamome sano feat. Kuroa*
    • 原曲初出はpop'n music 20 fantasia。
  • starmine (nora2r Remix) / nora2r
    • 原曲初出はbeatmania IIDX 4th style。
      • nora2r単独の採用楽曲はBOOTHでの「VISION」以来久しぶりとなる収録、かつ初リミックス採用曲である。
  • Second Heaven GravityPfArrnge / cosMo@暴走P
    • 原曲初出はbeatmania IIDX 14 GOLD。
      • SDVXには既に初代BOOTHでラマーズPによる「Second Heaven Lamaze-REMIX」が収録されている。(こちらはFLOOR採用曲でない)
    • BOOTH時代に提供した「Evans VolteX Pf arrange」の雰囲気を原点にイメージさせながらアレンジさせた楽曲とBE生160回出演時に語っている。定番の「3倍アイスクリーム」声ネタはあえて使用しなかったとのこと。
    • cosMoが同コンテストへ投稿した作品はこれだけではなかったようで残念ながら落選したが別曲のアレンジも応募していた。(落選供養)
  • bass 2 bass [Tracy vs. Astronomical Remix] / Tracy vs. Astronomical
    • 原曲初出はjubeat。
    • BEMANI生放送(仮)第160回の実機プレーでは曲名が原曲と同じ「bass 2 bass」のみの表記であった。(参照動画)
      • 2016/12/21(稼働開始時点)に修正された。

2017/01/18配信

  • Engraved Mark-Gow's ill! RMX- / Gowrock
    • 原曲初出はiOSアプリ4作品連動企画「アプリでビーマニはじめようキャンペーン!」で、後に連動イベント『熱闘!BEMANIスタジアム』経由で本機種にも収録されている。
      • SDVX参加の連動イベント関連曲がSDVXでリミックスされたのは本曲とSakura Mirage -Drum'n World-で2、3曲目となる。
  • Sakura Mirage -Drum'n World- / Kairys
    • 原曲初出はREFLEC BEAT groovin'!!で、後にPOLICY BREAK経由で本機種にも移植されてた。
      • なお、本曲配信時点でREFLEC BEAT 悠久のリフレシアでは原曲の譜面リメイクが完了しておらず未収録。
  • Rebuilding of Paradise Lost / Laur
    • 原曲初出はbeatmania IIDX 18 Resort Anthemの「PARADISE LOST」
    • Laur(ラウル)はDJ Myosukeが立ち上げたスピードコアレーベル「Psycho Filth Records」メンバーの1人である。同レーベルに属しているDustvoxx(旧名義でDustboxxxx)と近年ではスプリットアルバムなどもリリースを行った。その他メンバーでは(参照)Kobaryo、QURELESSなども在籍。

2017/03/03配信

  • Narcissus At Oasis -影虎。 style- / 影虎。
    • 原曲初出はbeatmania IIDX 10th style。
  • 壊 Rave*it!! 壊 Rave*it!! / LeaF
    • 原曲初出はbeatmania IIDX 22 PENDUAL。配信時点では1番新しいIIDXバージョンからの原曲出展となる。
    • 曲名の読みは「こわし」Rave*it!!。同様の曲名ではSDVX IIで採用収録されている「音楽 -壊音楽 mix-」が存在する
      • 余談だが、同コンテストで氏が応募していた中には別曲でのリミックスも存在する。(参照)
    • 楽曲ジャケットは原曲のレイヤーアニメーションのキャラクター「ナイトメア・ファウラ」を蒼弐が描いたもの。
      • 譜面制作者がcosMo@暴走Pなのに合わせてジャケット制作者表記は「aoni@爆走C」となっている。

2017/03/31配信

  • Genesis At Oasis (Hirayasu Matsudo Remix) / Hirayasu Matsudo
    • 原曲初出はREFLEC BEAT groovin'!。告知ではMatsudo自身の姿がジャケットで確認できたが、実際にも大きくMatsudo自身の姿が描かれている。自らジャケットに取り入れられたのは採用曲で初のケースか。
      • ちなみにMatsudoの告知ツイートでは「自身の全てを筐体で・・」と事前に発信していた
  • Line 4 Ruin -kohumix- / こふ
    • 原曲初出はbeatmania IIDX 22 PENDUAL。

2017/04/27配信

  • 雪月花 (Shiron & Sound Artz Remix) / Shiron vs. Sound Artz
    • 原曲初出はbeatmania IIDX 10th style
  • Narcissus At Oasis (Freezer remix) / Freezer
    • 原曲初出はbeatmania IIDX 10th style 同じ原曲からは「影虎。」によるリミックスも先に配信済となっている
      • Freezerの採用楽曲は下記IV制作記念コンテストにおいても「Chocolate Planet」が採用され、IV稼動時から配信が行われている。

2017/06/15配信

  • 405nm(Shu※mix) / Shu※
    • 原曲初出はbeatmania IIDX 20 tricoro。今コンテストでは初登場の原曲となったが、実際の原曲はプレイアブル化はされていないアルバム収録曲であり、BEMANIではRyu☆によるmixが初出となっている。
    • 405nm (Ryu☆mix)にのみ存在するメロディが組み込まれているのでRyu☆mixを原曲としたアレンジであると言えるが、Shu※曰く無印とRyu☆mix両方をリスペクトする形でアレンジしたとのこと。
    • ちなみに405nm (Ryu☆mix)のレイヤーアニメーションやjubeatでのジャケットに登場する女の子はこの楽曲ジャケットに登場しない。
  • Mind Mapping(ag Remix) / ag
    • 原曲初出はbeatmania IIDX 16 EMPRESS。同じ原曲からは「borzy」によるリミックスも先に配信済となっている。

SOUND VOLTEX IV 制作決定記念 オリジナル楽曲コンテスト

  • 過去のコンテストと違い本コンテストも6th KACコンテストと同様に配信告知と同時に合格者の発表も兼ねている。

2016/12/21配信(稼動初期)

  • EDEN of TRUTH / Braflare(kanone&かぼちゃ)
  • Dharma / Massive New Krew
    • Massive New Krewは2008年に結成されたJavelin(寿司)とTachibanaの2人組ユニットであり、「HARDSTYLE」を中心に攻撃的なジャンルの楽曲製作を得意としている。
      • HARDSTYLEユニットとして知名度は国内だけに留まらず、2016年5月にはオランダのHARDSTYLEトラックメイカー「Psyko Punkz」との合作である「Ninja」をリリースし話題となった。
    • Massive New KrewとしてBEMANIへの楽曲提供はbeatmania IIDX 24 SINOBUZの「攻城シノバズ伝」解禁曲の「HADES」に続き2曲目。本機種へは初となる。
      • また、他社音楽ゲームではグルーヴコースター、太鼓の達人にも楽曲提供をしている。
      • 因みにJavelinはDJ Genkiが率いるバンド「元気くんバンド」のドラムを担当しており、過去にGITADORAへの楽曲提供をしていた。
  • Chocolate Planet / Freezer feat.妃苺
    • FreezerはLilium Records主宰を務める人物であり、上記「アルバム「STARLiGHT」発売記念 Ryu☆リミックスコンテスト」においても採用となっているが、本楽曲収録時点ではまだ配信されていなかった。同レーベルには(詳細)Nizikawa、kamome sanoの他に、Kirara Recordsの副主宰としても活動しているGetty、更にはMÚSECA等のコンテストでも採用経験があるSanaas、hurce、anubasu-anubasuら多数のメンバーも在籍。
    • ボーカルの妃苺(本人ブログ)は、2011年から歌ってみた等の動画を公開し始め、現在では同人商業の歌唱やライブなど声を使った活動を行っている。歌ってみた界では可愛い系ボイスの1人として知られているボーカリスト。(参照記事)
  • Four Leaves / Endorfin.
    • Endorfin.(エンドルフィン)はsky_deltaと藍月(あいつき)なくるによるユニット。同名義ので本機種で初収録となる。
      • 他機種の公募ではMÚSECAにて「片翼のディザイア」「Replica」、pop'n music うさぎと猫と少年の夢にて「white night story」がそれぞれ採用・収録されている。
    • 2017/03/03よりFLOOR INFECTION経由でjubeat Qubellへの移植が行われた。SDVX IVからの移植は初。かつ、告知された03/01はボーカル藍月なくるの誕生日と重なっていた。
  • Heavenly Adventure / Soleily

2016/12/28配信

  • 同日開始になった6th KAC予選課題曲にも指定されている
  • キュリオシティ / 庭師
    • 曲名は2011年にNASAが打ち上げた火星探査機の名前で、2012年に火星へ到着し、2017年現在も火星の探査を続けている。
    • 3種類のジャケットは並べると1枚の絵になるまたFLOOR楽曲と同時採用された物では初となる。
      • 尚、難易度変化する同時採用ジャケットでは「東方妖々夢 ULTIMATE MEDLEY」が存在する。
  • Noisy Minority / DJ Grimoire
    • FLOOR合格者発表ページではアーティスト名が「Dj Grimoire」となっている。

2017/01/05配信

  • 同日開始になった6th KAC予選課題曲にも指定されている
  • ドリームエンド・サバイバー / ぽんきち

2017/01/18配信

  • 準備運動 / すのうまん
  • fancy cake!! / あるふぁ
  • 黎明スケッチブック / アメツチ絵日記
    • アメツチ絵日記は本城ダイキチ、sisi、そらによるユニット。前2者の楽曲がSDVXに収録されるのは今回が初。
    • 他機種の公募ではpop'n music éclaleにて「天体カレイドスコープ」が採用・収録されている。

2017/03/03配信

  • Carry Me Away / lapix
    • アーティスト名に記載は無いが、本楽曲で歌唱している人物は「Kanata.N」ことかなたん。(参照)
    • 同アーティスト組み合わせの楽曲は本曲の配信から約1ヶ月後に「pop'n music うさぎと猫と少年の夢」にて配信された「Over Da Moon」も存在している。
      • なお、同曲も本曲同様にアーティスト名にはlapix氏のみが記載されている。
  • SO FLY ME TO YOU / ローゼライト powered by mu-ray
    • ローゼライトはRIKOと藤瀬周也によるユニット。作詞と作曲は藤瀬が担当。(藤瀬の告知ツイート)
    • RIKOは本楽曲の歌唱を担当。ジャンルとしては歌もの刹那系EDM。(RIKOの告知ツイート)
    • 仕上げ・ミックスではmu-rayも参加している。氏の提供曲の中にはアニメ遊戯王シリーズの「ARC-V」タイアップも含まれている

2017/03/31配信

  • 湖底遺跡のヴィダー・ハル / borzy & 結月そら
  • sink into the dream / uma

2017/04/13配信

  • 今回は(SDVXに限ると)初採用のメンバーで固まっている
  • Inscape / technoplanet
  • VAMPIRE / nyankobrq
  • クリスタルミサイル / フーリンキャットマーク〜with 鳴紗
  • Smoked Turkey Rag / a_hisa
  • Cepheus / しらこいし

2017/04/27配信

  • Gaze ft. 紫崎 雪 / Omnis
  • Junk Mania / udouddo&VALLEYSTONE

2017/06/15配信

  • The Golden Era / polysha

2017/07/14配信

  • Gorgetech / Shiron
  • SprrRush!! / MisoilePunch♪ feat.KIRARI
    • みそみぃる、ポン恥♪、KIRARIの3名による合作。KIRARIはポン恥♪の実の妹である(参考)。
  • ぱあ / 立秋 feat.ちょこ
    • プレイ背景に左右にピンクの丸、奥にはクリアラインに到達すると色が緑からピンクに変わるSランクのマークが見えるといういままでにない新しいものが使われている。
      • この曲の専用背景なのか、汎用背景なのかは今のところ不明。
    • [EXHAUST]CHAIN数がわずか715しかなくLv13最少である。
  • オンディーヌの泪 / かねこちはる
  • ゴーストマスコット / はるなば feat.みかん汁
    • ジャケットのキャラクターの衣装に描かれているキャラクターはCS版pop'n music 10収録曲「J-ヒップホップ/EGOIST」及びCS pop'n 11収録曲「カリビアンポップ/カリビアン」の担当キャラクター「RGB」の赤い方。
      • 彼らは未だAC版pop'nに登場していないもののeAMUSEMENTアプリのハロウィン2016のバッヂにも描かれている。

The 6th KACオリジナル楽曲コンテスト

  • 当コンテストの採用楽曲のジャケットは海賊がモチーフとなっている。

2017/02/11 The 6th KACコンテスト入賞、優秀賞者発表→6th KAC決勝ラウンド→予告PVでお披露目
2017/02/17配信

  • Immortal saga / Noah
    • 同コンテスト優秀賞受賞楽曲。
  • infinite:youniverse / かゆき
  • Fin.ArcDeaR / MisoilePunch♪ 〜タケノコ添え〜
    • 同コンテスト優秀賞受賞楽曲。みそみぃる、ポン恥♪、タケノコ少年の3名による合作。
      • このうちみそみぃるは17歳という若さでの採用(2017/06 現在)。
    • 曲名の読みは「フィナルカディア」。
    • [ADVANCED]難易度はADV譜面初のLv14(前作基準ではLv13上位-Lv14下位)。
      • 但し、ADV譜面最大難易度では同日配信の「HE4VEN 〜天国へようこそ〜」に抜かれる形となった。
  • HE4VEN 〜天国へようこそ〜 / カモメサノエレクトリックオーケストラ
    • 同コンテスト最優秀賞受賞楽曲。
    • 曲名の読みは「ヘヴン てんごくへようこそ」。kamome sano曰く「ヘイヴン」ではなく普通にヘヴンと読むとのこと。
    • 専用背景楽曲。大海原に浮かぶ海賊船 → 十字架 → 楽曲ジャケットのニア&ノアという流れで背景が変化する。5thKAC楽曲の「Lachryma《Re:Queen’M》」同様難易度によって背景アニメーション等が異なる。
      • 6th KAC決勝戦とは違い画面上部のインフォメーションは非表示にならず、ニア&ノアがそれぞれ譜面レーンの左右に登場する形に変更されている。
    • [NOVICE]ニア&ノアが登場したりレーンが消えるギミックは一切無い。
    • [ADVANCED]ニア&ノアが登場するギミックはあるが、レーン消失ギミックは無い。また、Lv15としてはADV譜面初(前作基準ではLv14中位相当)。
    • [EXHAUST][MAXIMUM]6thKAC決勝戦でも登場したギミックが形を変えて採用されているのでニア&ノア登場およびレーンが消えるギミックは両方ともある。
    • [MAXIMUM]「iLLness LiLin」と共にIV初のLv20の譜面となる。
  • Make Magic / Lite Show Magic
    • IVへのt+pazoliteC-showによる合作曲収録は「TRICKL4SH 220」(「SDVXオリジナル他」扱い)に続き2曲目となる。

2017/02/11 The 6th KACコンテスト入賞、優秀賞者発表→6th KAC決勝ラウンドでお披露目
2017/03/17配信

  • iLLness LiLin / かねこちはる
    • 同コンテスト最優秀賞受賞楽曲。
      • これによりかねこちはるは最優秀賞二連覇を達成した。
    • 曲名の読みは「イルネスリリン」。
    • 専用背景楽曲。暗闇の奥にマキシマ → 十字架 → 楽曲ジャケットのレイシス&グレイスという流れで背景が変化する。5thKAC楽曲の「Lachryma《Re:Queen’M》」同様難易度によって背景アニメーション等が異なる。
      • 6th KAC決勝戦とは違い画面上部のインフォメーションは非表示にならず、レイシス&グレイスがそれぞれ譜面レーンの左右に登場する形に変更されている。
      • 「HE4VEN 〜天国へようこそ〜」専用背景の海賊船と違いマキシマはレイシス&グレイス登場時に消滅する。
    • [NOVICE]各ギミックは一切無くマキシマが佇む背景のまま進行する。
    • [ADVANCED]レイシス&グレイスが登場するギミックはあるがレーン消失ギミックは無い。また、同日配信の「超☆超☆光☆速☆出☆前☆最☆速!!!〜」と同じくADV譜面最大難易度のLv15。
    • [EXHAUST][MAXIMUM]6th KAC決勝戦でも登場したギミックが形を変えて採用されているのでレイシス&グレイス登場およびレーンが消えるギミックは両方ともある。
    • [MAXIMUM]「HE4VEN 〜天国へようこそ〜」と共にIV初のLv20の譜面となる。
  • ΩVERSOUL / BlackY
    • 曲名の読みは「オーバーソウル」。同氏の「ΑΩ」とは違いΩをオメガとは読まない。
      • 2017/07にリリースとなる「ΑΩ」にExtended Mixが収録となることが発表されている。筐体への配信からは類を見ない期間でのスピード収録となっているが、SDVXシリーズからは表題曲のΑΩも含め多数の楽曲が収録される模様
  • Gamerz FestivaL / うさぎ愛好会(cosMo×syuri22)
    • cosMo@暴走Pとsyuri22の夫婦コンビによる楽曲はBEMANIシリーズ全体ではRb groovin'!! Upperの「OverDriveTrain*1」、SDVX IIIの「極圏*2」に続き3曲目となる。
      • cosMoのツイートより、楽曲制作:cosMo@暴走P、ボーカル:syuri22と発表されている。
      • ジャケット制作者は球Q。「極圏」と違い、syuri22は担当していない。
  • Sailing Force / ぺのれり
    • 同コンテスト優秀賞受賞楽曲。
  • 超☆超☆光☆速☆出☆前☆最☆速!!! スピード★スター★かなで / かめりあ feat.ななひら
    • 同コンテスト優秀賞受賞楽曲。
    • 同アーティストの組み合わせは過去に多くの楽曲で野増菜かなでがジャケットに描かれている楽曲を手掛けていたが、曲名・歌詞にかなで本人を冠した明確な「キャラソン」を手掛けるのは今回が初。
    • 最高BPMが999と超高速になっており、さらに最低BPMも30と速度差が激しいため要注意。メイン地帯は500と999。
      さらに曲開始時のBPMは65となっているためHS設定には注意が必要。
      • BPM推移:065→060→055→040→030→500→560→620→680→740→800→860→920→960→999→055→040→030 (計17回、太字は主となるBPM)
    • 当初かめりあがBPM 777の曲を作るという話があった(参考)のだが、実際にはBPM 999+ソフランの楽曲が完成することになった。
    • 最高BPMの値および最高BPMと最低BPMの差についてはどちらも歴代BEMANIシリーズでは2位となる。
      • 1位はDDR X3 VS 2ndMIXの「Tohoku EVOLVED」。(表記BPMは340だが実際のBPMは42.5-1020)。
        ただし、そちらは1020地帯が一瞬だけだったため、最高BPMをメイン速度とした楽曲としては本曲が異例の事態となる。
    • [ADVANCED]同日配信の「iLLness LiLin」と同じくADV譜面最大難易度のLv15。

*1 syuri22は声ネタを担当。楽曲としては歌唱曲ではなくインスト曲
*2 syuri22は楽曲ジャケット制作を担当。dj TAKAとの合作曲

Last-modified: 2017-07-20 (木) 22:22:18
Site admin: iMp95
mail : imp@callusnext.com (←@を半角に)