beatmania IIDX 22 PENDUAL

レベル特殊詐称個人差について(旧曲)

  • ノマゲで逆詐称or妥当&HARD殺しな曲HARDで逆詐称or妥当&ノマゲ殺しな曲個人差の高い曲を掲載。
  • 特に顕著なものは太字で表記しています。
  • 復活曲・追加譜面については新曲リストを参照。
  • [全般]チャージノート・バックスピンスクラッチ搭載譜面
    CN・BSSに不慣れな場合は、基本的に同じレベルの曲の中でも中位〜上位と思って良く、逆に慣れている場合は下位〜逆詐称に感じることも多い。
    「LEGACYオプションを付けた状態の難易度+☆1」くらいで難易度表記されていると考えると分かりやすいかもしれない。
    また、HARDを付けると全般的に0.5〜1レベル程度上位のレベルと思って良い。

SP

  • SP全譜面でノマゲで逆詐称or妥当&HARD殺し
    • Real(5th) - 全譜面に中盤発狂があり、そこでミスが出やすくかなり難しいが、それ以降は易しくなる。ただし後半も局所的に難しいところがあり、2%から回復するのは残っているノート数から見ても楽とは言い切れないので油断は禁物。
    • entrance(7th) - 全譜面にて前半難だが、後半はレベル相応の譜面。各項の詳細も参照。
    • GENOCIDE(RED) - 前半・中盤難。各項の詳細も参照。
  • SP全譜面でHARDで逆詐称or妥当&ノマゲ殺し
    • Abyss -The Heavens Remix-(9th) - ラストで皿の絡む殺し譜面が降ってくる。ノマゲだと(特に適正レベルでは)そこだけで落とされる可能性が高い。
    • gigadelic(RED) - 全譜面共にラストゲー。道中はそれぞれの表記レベルとしては弱めだが、何回か出てくる交互連打(+α)によるBADはまりに注意。
    • spiral galaxy(RED) - 全譜面とも皿が絡んでくるラス殺しがある。いずれも1P側は取りづらいのでMIRRORかRANDOM推奨。無音から始まるイントロの軸押しorトリルでのBADはまりにも注意。
    • INJECTION OF LOVE(RED) - 全譜面共通でラス殺し。各行の詳細も参照。
  • SP全譜面で個人差
    • B4U(4th) - 各譜面とも、要所要所で表記レベルに対してきつめの皿絡みがある。特にHYPER以降は2P殺しになっているので、2P側はRANDOMかMIRROR推奨。
    • CHECKING YOU OUT(4th) - スクラッチノーツの占める割合が大きく、ソフランもするという初代超個人差曲。高速地帯終了後は回復だが2小節程度しかない。
      • 余談だが、いずれの難度もレベル内最少ノーツである。
    • Love Magic(HAPPY SKY) - 全体を通して軸押しやトリルが多く、これらが苦手だと表記レベルよりも強め〜詐称に感じる。各項の詳細も参照を。
    • Digitank System(DJT)
    • naughty girl@queen's palace(EMPRESS)
    • Red. by Full Metal Jacket(SIRIUS)
      • どの楽曲も全譜面で連皿の割合が非常に高い構成となっている。BPMや譜面傾向などで多少の差異はあれど、皿に対する耐性で評価が分かれる。
    • Do it!! Do it!!(DJT) - 全譜面とも非常に速いBPMゆえにBADはまりを起こしやすく、HARDは総じて地雷である一方、地力が求められる構成ではないためノマゲでは評価が分かれる。全体的に1P殺しの配置のため、1PはMIRROR推奨。
    • Kailua(Resort Anthem) - 曲を通してCNのオンパレード。CNの得手不得手によって体感難易度に差が出る。
    • sakura storm(Resort Anthem) - NORMAL、HYPER、ANOTHERで難しさのベクトルが大きく異なる。各項の詳細を参照されたし。

NORMAL

☆1〜☆5

  • ノマゲで逆詐称or妥当&HARD殺し
    • ☆1 5.1.1.(1st) - 序盤の57トリルはBPMこそ遅いが、初心者はBADはまりを起こしやすくHARD以上では大きな脅威になりうる。その後も始めたてのプレイヤーには捌きにくいS+1+7の同時押しが何度かあるが、総ノーツ数が99しかなく、ノマゲでは1ノーツで2〜3%も回復できるためさほど気にならない。段位認定の始まった7thからtricoroまでの14作にわたって7級の1曲目に就任していた。
    • ☆3 Stella Sinistra(SPADA) - 後半の12分階段は同じ☆3ではあまり見ない配置なので注意。
    • ☆4 smooooch・∀・(EMPRESS) - 道中は☆4弱〜中相当だが、最後のサビに入る前に8分のトリル+αが降ってくるため、特に1P正規はHARD殺し。そこで削られすぎるとノマゲでも回復し切れないので注意。
    • ☆5 Real(5th) - HARD地雷。前半の縦連+交互押し地帯が非常にBADハマリしやすく、一度ハマったらなかなか立て直しが利かないほか、後半にも16分階段や8分桂馬押しなど、このレベルではかなりの局所難がある(ノマゲではあまり気にならないレベル)。HARDは☆7〜8レベル。HARD抜けを目指すなら1曲目保証を利用するのがいいだろう。
    • ☆5 entrance(7th) - HYPER/ANOTHER同様、前半難。発狂というほどではないが☆5としては強めの譜面が降ってくるので、HARD以上は要注意。
    • ☆5 xenon(8th) - ☆5にしてはやや難しい同時押しと、5と7の押しにくい連打があるので初見HARDは危険。ノマゲは簡単だが、同時押しと連打が苦手な人はきついかも。
    • ☆5 BLOCKS(RED) - HYPER同様、序盤難。いきなり軸変わりトリルが3小節に渡り降って来る。HARDは地雷クラス。その後も同色トリルが3回降って来たり、隣接配置が降って来るのでノマゲも個人差があるか。
    • ☆5 Xepher(HAPPY SKY) - 後半のヴォーカルパート前1小節に☆7レベルの白鍵乱打地帯あり。ちなみにそこはHYPERと全く一緒。ノマゲはさほど気にしなくてもいいが(EX-)HARDはそこだけでFAILEDの危険性あり。
    • ☆5 合体せよ!ストロングイェーガー!!(Ryu☆remix)(HAPPY SKY) - 2級3曲目。中盤に☆6レベルの混フレの後に青+白鍵の同時押しが配置を変えて数回やってくる。HARDだとここで落ちる危険があり、☆6下〜中位レベル。道中も細かい16分や混フレ等ミスしやすい配置があり、ノマゲでも☆5としては強め。
    • ☆5 冥(HAPPY SKY) - ドラムパート→ピアノパート→加速地帯→ドラムパート→ピアノパートといった感じの構成。前半のピアノパートがリズムに乗り難いうえ、中盤の加速地帯の階段がBADはまりを起こしかねないため厄介。HARDは☆6レベルの地雷。それ以降は簡単になるのでノマゲは☆5下位レベル。ちなみに、鍵盤同士の同時押しが1箇所も無い(皿を除けば全て単押し)。
    • ☆5 BOOM BOOM DISCO NIGHT(DistorteD) - 中盤の16分スネアトリルと声ネタ小乱打に注意。それ以外は☆5で妥当と言える。
    • ☆5 405nm (Ryu☆mix)(tricoro) - 中盤までに2箇所ある1鍵4分+メロディの混フレが厄介。更に2箇所目はHYPER(☆9)と全く同じ配置で☆5としては厳しく、HARDは☆6下位〜中位レベル。ノマゲは終盤で回復出来るが、それでも☆5中位〜上位レベルはある。SPADAに続いて今作でも段位認定3級1曲目。
    • ☆5 DAY DREAM(tricoro) - 上位難度同様序盤の高速が障害。そこを抜ければレベル相応なのでノマゲクリアは楽。ただリズム難ゆえスコアはかなり取りにくい。
    • ☆5 Hollywood Galaxy(tricoro) - 中盤に16分の階段や8分乱打が降ってくる。全て単押しではあるが、苦手だとHARDの場合そこだけで落とされる危険性がある。以降は☆5中位相当なのでノマゲは妥当。
  • HARDで逆詐称or妥当&ノマゲ殺し
    • ☆4 LOVE WILL・・・(4th) - SPADAで☆4に昇格。道中は☆3レベルの配置が続くが、ラストの皿絡みが難しいので、HARDの方が楽。
    • ☆4 INJECTION OF LOVE(RED) - ラストが1バス+皿+12分35トリルという、適正にはきつめのラス殺し。道中も適正レベルだと跳ねたリズムに乗れるかどうかで個人差はあるが、HARDは☆4中〜上位レベルで、ノマゲは☆4上位〜☆5下位レベル。
    • ☆4 Pollinosis(HAPPY SKY) - 中盤はスカスカだが、後半のリズムが☆4にしては取りにくく、ラス殺し気味。ノマゲは☆5下〜中位レベル。HARDでも☆4上位レベルはあるか。
    • ☆5 R5(3rd) - トリル+αのラス殺し。ノマゲは☆6下〜中位レベル。道中もややリズムが取りづらいのでHARD時も注意。
    • ☆5 moon_child(9th) - Lincleで☆4→5に昇格。道中は昇格前の☆4で妥当だが、ゴミ付き8分交互押しのラス殺しがあるので、ノマゲは☆5最上位レベル。途中に12分の混色階段があるので、HARDも☆5上位レベルになる。だが、EX-HARDだと、この部分でミスを抑えなければならないので、☆6上位レベルの地雷
    • ☆5 Secret of Love(RED) - 徐々に密度が高くなり、ラストは7鍵の8分軸押しに色々混ざる。道中も計2ヶ所ある1鍵8分軸押し+αや皿絡みの同時押しに注意する必要があるものの、総合的にはHARDの方が楽かと思われる。ノマゲは☆6下位レベル。
    • ☆5 spiral galaxy(RED) - ラスト4小節の皿絡み8分交互押しが難所で、特に最後は裏拍で皿が絡むため慣れていないと取りづらい。特に1P側はこの皿絡みが不利なのでMIRRORかRANDOM推奨。それ以外はイントロでの軸押しのBADはまりに注意を要する程度なので、HARDの方がクリアしやすい。
    • ☆5 CROSSROAD(GOLD) - 道中も皿絡みが難しいが、ラストには曲が終わったかと思わせて16分の4連皿が降って来る、露骨な初見殺しかつラス殺し(HYPER以上と全く同じ)。適正レベルでノマゲ(特にボーダーギリギリ)の場合、譜面を知っていてもここでボーダーを割る危険性大で、核地雷。激しくHARD推奨。クリアレートも☆5としては低く、EX-HARDも危険。更に2P側は道中の皿複合が押しにくい配置(8分57鍵トリル+皿)になっているため、HARDも注意が必要。
  • 個人差
    • ☆2 earth scape(RED) - このレベルにして微ソフランがあり、曲中でのBPM変化に慣れていないとGREAT以上が出にくくゲージを回復させにくい。微ソフランを考慮しなければ☆2としては妥当なので、初心者であるうちはこの曲で細かいBPM変化に慣れておくとよい。GOLDからSPADAまで七級ボスを務めていた。
    • ☆3 大桟橋(RED) - 低速から始まり、曲中盤でBPMが倍に上がる構成が特徴で、皿も54枚と多め。皿やソフランに慣れていないプレイヤー(特に適正)だと若干厳しく感じるかもしれない。ギアチェンジの猶予はあるので、慣れないうちはこの曲を通して、曲中でHI-SPEEDやSUDDEN+の調整を行えるようにもなっておくとよい。
    • ☆3 We are Disっ娘よっつ打ち命(HAPPY SKY) - 6級ボス曲。皿の枚数は46枚と☆3としてはかなり多く、また、その多くが鍵盤との複合になっているため、皿の間隔は4分がほとんどであるものの、皿複合が苦手だと☆4下位レベルに感じるかも。始めたばかりのプレイヤーは「鍵盤と皿を片手で取る」テクニックを身につけるための練習曲にするとよい。
    • ☆3 KHAMEN BREAK(SPADA) - ☆3では珍しいBSSがある。苦手であれば苦戦するだろう。単押しがほとんどだが少々リズム難な箇所があり、☆3にしてはクセがあるか。
    • ☆4 Watch out!!(GOLD) - ☆4にしては122枚と連皿が非常に多く、皿が得意か不得意かで個人差が出やすい。
    • ☆4 Synergy For Angels(tricoro) - 所々リズムが跳ねており、CNと鍵盤との絡みもやや難しい。CNに不慣れだと☆5レベルに感じるかも。ちなみにSPではHYPER以上にCNは存在しない。
    • ☆5 B4U(4th) - 皿複合が連発しており、苦手だと全く太刀打ちできない。全ての鍵盤が皿と絡む(1〜6鍵と複合、7鍵は16分のS→7→Sがある)ので、どのパターンもある程度できないと厳しい。このレベル帯の皿複合の練習にはもってこいの譜面でもある。
    • ☆5 PLEASE DON'T GO(8th) - 1・2鍵密集が序盤と終盤に2回、さらに中盤の縦連地帯が厄介で、フルコン難度は高めとなっている。縦連が苦手な人にとっては脅威となろう。
    • ☆5 rainbow flyer(8th) - 数回に渡る変則トリルがあり、同じリズムでも異なる配置で出現している。Lincleで☆4→☆5に昇格したが、トリルが苦手だとまだ詐称と感じるかも。
    • ☆5 Quickening(9th) - 局所に16分トリルがあり、全体的に変則テンポでリズムが取りづらくやや叩き辛い配置が多い。トリルが苦手だと☆6下〜中位レベル程度。
    • ☆5 FEEL IT(10th) - 同曲のHYPER以降とは異なり16分トリルは全くないものの、道中は1鍵の12分2連打や、序盤を中心にやや複雑な皿絡みなど、注意を要する箇所は多い。
    • ☆5 INAZUMA(HAPPY SKY) - 密度や配置は標準的だが、全体的にリズムが掴みづらい譜面。特に、裏裏のリズムについていけるかが体感難度の鍵。
    • ☆5 LESSON 5(HAPPY SKY) - 前半の歯抜け交互連打、中盤の8分、16分混合階段、道中2カ所の同時押しとタイトル通り色々な譜面のレッスンをさせられる曲。苦手な譜面に比例して体感難度が跳ね上がる。特に交互連打が苦手な人はHARDは危険。
    • ☆5 Love Magic(HAPPY SKY) - NORMAL譜面でも軸押しやトリルは短めながら健在で、これらが苦手だと特にHARDは危険。ノマゲでも終盤の3+7の8分連打でBADはまりをして削られすぎると回復が間に合わない。どちらかといえば個人差の範疇か。
    • ☆5 SigSig(HAPPY SKY) - 3級3曲目。序盤に1小節だけだが8分1軸+4分皿という配置があり、1P正規は地味にHARD殺し。特にEX-HARDだと、そこだけで閉店に追い込まれうる。それ以外は中盤に16分のプチ階段が何回か現れる程度で、皿や4つ打ちが絡む箇所以外はほとんどが8分主体の単押しであり、☆5で妥当か。
    • ☆5 Cyber Force(GOLD) - 変則的なリズムが続く譜面。また、同時押しが☆5にしては多いため、同時押しが苦手だと☆6レベルに感じる可能性がある。
    • ☆5 Second Heaven(GOLD) - 中盤と終盤のリズムが変則的で取り辛い。曲を知っていれば☆5で妥当だが、慣れない内はノマゲもHARDも難しく感じるだろう。AC GOLDからResort Anthemまで3級1曲目だった。
    • ☆5 naughty girl@queen's palace(EMPRESS) - 後述のDigitank System(N)と比較すればノーツは少ないが、109枚と多めの皿がある。8分皿ができる人は良心に感じるだろう。
    • ☆5 SOLID STATE SQUAD(SIRIUS) - 局地的な皿と、後半を中心に縦連打がある。前者が苦手だとHARD殺し、後者が苦手だとややラス殺しなので注意。
    • ☆5 Bounce Bounce Bounce(Resort Anthem) - 全体的にスクラッチが多く、中盤以降のABSOLUTEのような24分くの字も厄介。☆5上位レベル。HARDは個人差が出やすいか。
    • ☆5 Kailua(Resort Anthem) - ノーツ数こそレベルの割に少ないが、CNで難易度を上げている。CN検定・初級編といった感じか。CNスキルが低いとHARDは危険。またノマゲもラス殺し要素が少しあるので要注意。逆にCNが得意なら十分☆3〜4レベルにも感じられる。
    • ☆5 sakura storm(Resort Anthem) - HYPER以降と異なりCNは一本もないが、全体的に☆5としてはやや高密度(約1分半に529ノーツ)。16分は全くないので、とにかく速めのBPMでの8分の連続や同時押しに対する耐性が体感難度を決める。同時押しが多い分、☆6でBPMや譜面傾向が近いALBIDA(N)よりも難しく感じるかも。
    • ☆5 音楽(tricoro) - BPM自体速いものの厳しい配置は差ほど無い。ただし終盤以降は変化が大きくなるためハイスピ設定には十分気を付けること。特にBPM310以降の箇所は押せないと落ちかねない。SUD+を付けると多少楽になるかも。
    • ☆5 Dark Fall(SPADA) - 中盤にCNだけで構成されている箇所があり、CNが苦手だとHARDは危険。他にも連皿や左右対称同時押し等、個人差の出やすい配置が多い。
    • ☆5 RISE(SPADA) - 初見殺しのCNが多く、☆5では珍しい短いCNもある。曲を把握してないと押すタイミング、離すタイミング共に解りづらく、CNが苦手だと☆6レベルに感じるかもしれない。今作で譜面が変更されたが大きな変更点は無い。

☆6

  • ノマゲで逆詐称or妥当&HARD殺し
    • ☆6 GENOCIDE(RED) - 全体的に付点8分や16分が多くリズムが掴みにくい。中盤に24トリルを主体とした青鍵連打地帯があり、適正レベルだとBADはまりでゲージを持っていかれやすく、HARDは☆7中〜上位レベルの地雷。終盤は☆6相応の譜面なのでノマゲは☆6上位レベルで妥当だが、ノマゲでも先述の地帯でゲージを削られすぎていると回復しきれないことも。
    • ☆6 MIRACLE MEETS(SIRIUS) - 道中にCNやBSS、くの字の24分トリルが何度も現れるが、それ以外に☆6らしい難所は無くノマゲは☆5レベル。HARDは前述の部分が押せるかどうかで評価が変わる。
    • ☆6 JOMANDA(tricoro) - 中盤に減速→加速する箇所がある為、HARDは要注意。それ以外は細かい16分のトリルや階段があるものの基本的に押しやすい配置で、ノマゲだと☆5レベルの逆詐称。
    • ☆6 Smug Face -どうだ、オレの生き様は- (ONLY ONE EDITION)(SPADA) - 数回ある長い16分トリルが難所。☆6適性レベルでは事故死の可能性が高い。
  • HARDで逆詐称or妥当&ノマゲ殺し
    • ☆6 route 80s(6th) - ラスト付近の連皿が厄介。そこ以外は多少癖があるものの☆6で妥当な譜面なので、HARDの方がクリアしやすいか。
    • ☆6 thunder(8th) - 終盤密度が☆6の中では高めで、尚かつラス殺し。交互に叩けない、押しづらい箇所もある。またラストはHYPERとは異なるタイプの乱打のため、ノマゲはHYPERより難しいと感じる人も。HARD推奨だが☆6では上位レベル。ノマゲだと☆7レベル。
    • ☆6 ACT(9th) - 終盤の変則リズムの混フレが捌き辛い。ここだけでゲージを減らされてしまう人はHARD推奨。
    • ☆6 rottel-the-Mercury(9th) - BPM200と速めだが、最後以外は密度はそんなに高くない。所々変則的な箇所もあるがクリア・スコア共にあまり影響しにくい。HARDは☆5中〜上位レベル。ノマゲは最後の連打+αの得手不得手で評価が分かれる。
    • ☆6 end of world(DJT) - HYPER以上と異なり道中はかなり低密度だが、それでもラス殺しは健在。終盤毎小節で皿が加わり、その最後には4分S+1-3の8分交互+αで殺してくる。HARDは☆5上位〜☆6下位レベルだが、ノマゲだと☆7下〜中位レベル。
    • ☆6 華爛漫 -Flowers-(DJT) - Lincleで☆5→☆6に昇格。道中は8分配置がほとんどで昇格前の☆5相当だが、ラストは4つ打ちとの複合でそれなりに密度が上がる。HARDの方がクリアしやすいが、道中も皿複合が多めなので注意。
    • ☆6 CaptivAte〜裁き〜 (SUBLIME TECHNO MIX)(SIRIUS) - tricoroで☆5→6に昇格。交互押し+別リズムの皿のラス殺しで、ノマゲは☆6下〜中位レベル。道中は☆5レベルなのでHARDのほうが楽か。なお、SIRIUS当時の新曲☆5の中で最低のクリアレートを記録している。
    • ☆6 Empire State Glory(SIRIUS) - 終盤に同時押し混じりの乱打があり、ここだけで崩れやすい。道中は☆5上位〜☆6下位レベルなのでHARDの方が楽といえる。
    • ☆6 Evans(SIRIUS) - 皿と同時押しの複合のラス殺しがあり、ノマゲはここでボーダーを切りやすい。道中は☆6下位レベルなのでHARDの方が楽。tricoroでは2級2曲目だった。
    • ☆6 Raise your hands(Resort Anthem) - BPMは速めだが、道中の難所は8分のアルペジオだけで、階段にある程度慣れているなら☆5中〜上位レベル程度。但し、サビの後半からスクラッチのやや複雑な混合と連打絡みの殺しがありノマゲは要注意。
    • ☆6 DIAVOLO(Lincle) - 終盤にかなり捌きにくい皿+鍵盤地帯あり。ノマゲは☆7下〜中位クラス。HARDなら妥当か(逆にEX-HARDは若干危険)。
    • ☆6 Adularia(SPADA) - 終盤に適正には厳しい1鍵の8分刻み+αなるラス殺しがあるためHARD推奨だが、HARDでも階段譜面なので☆6上位レベルか。
  • 個人差
    • ☆6 ABSOLUTE(4th) - Lincleで☆6に昇格。表記レベルは妥当になったが、序盤や終盤にある装飾音や全体的に変則なリズム、ラストのリタルダンド等、レベル内でもクセが強い譜面。
    • ☆6 abstract(8th) - 全体を通して16分2連打、3連打が多く、そこにさらに変拍子によるリズム難の要素もあり、苦手だと詐称に感じることも。曲を覚えれば詐称には感じないが、先述のABSOLUTE(N)以上にクセが強い譜面。
    • ☆6 double thrash(HAPPY SKY) - 全体的に妥当だが、変則的なリズムはNORMALでも健在。8分に見える16分のウラウラや、後半にある不等長なトリルのおかげでスコアは出にくく、変則的なリズムやトリルが苦手だと(EX-)HARDでは地雷になりうる。
    • ☆6 カゴノトリ〜弐式〜(DistorteD) - ブレイク前までは同色のくの字配置と階段、リズムに乗り難い16分が続き、終盤は8分で同色主体ながら十字配置絡みや1+3→5+7のような配置が続き、ラスト直前に至っては3+5の16分4連打が襲いかかって来る。ノマゲ、HARD共に癖の強い配置で、これらが苦手だと☆7レベルの詐称になりかねない。
    • ☆6 華蝶風雪(DistorteD) - 密度的には妥当だが、全体的に8分の単押しが主体で、BPMの速さも相まって忙しい譜面。特にラスト10小節はHYPERと全く同じで、ノマゲ・HARDともに個人差が出やすい。苦手な人にとっては下手な☆7よりも難しく感じるかも。
    • ☆6 リグレット(GOLD) - サビを中心に4つ打ち混合と間奏の同時打ちが譜面を支配している。密度は若干高めだが、テンポが掴みづらい以外は配置的には☆6にしては若干おとなしめ。ちなみに初出のCS REDでは☆5だった。
    • ☆6 Blue Rain(DJT) - NORMAL譜面特有の歯抜け譜面であり、全体的にリズム難。変則テンポに対応出来るなら☆5中位レベル程度。HARDは中盤手前の変則歯抜け連打に要注意。
    • ☆6 Digitank System(DJT)
    • ☆6 Red. by Full Metal Jacket(SIRIUS)
    • ☆6 Watch Out Pt.2(Resort Anthem)
      • いずれもHYPER以上と比べかなり易しくなっているものの、このレベル帯としては皿が非常に多い譜面。
      • Digitank Systemは皿数176枚。中盤に8分皿が延々と続く構成で、BPMこそ遅いものの一旦タイミングがずれると立て直しが利きづらく、皿が苦手な人は☆7に感じることも。逆に得意なら☆5中位〜☆6下位レベル程度か。
      • Red. by Full Metal JacketはDPNと同ノーツであり、皿も同じく174枚。不規則皿+鍵盤といった組み合わせが中心で、BPMも他2曲と比べて速めなので、苦手な人には☆6の中でも上位に感じると思われる。得意なら☆5中位レベル。
      • Watch Out Pt.2は皿数203枚でSPN最多。序盤から容赦なく8分連皿が降ってくる上、同時押しとの複合も多少あり、☆7である灼熱Beach Side Bunny(N)より難しいと感じる人もいると思われる。連皿が苦手だと☆7中〜上位レベル、得意なら弱め〜妥当に感じるか。
    • ☆6 MENDES(DJT) - 1級3曲目。基本的に逆詐称だが、終盤に連発する8分の三連皿+階段ができるかどうかで個人差が出やすい。ここだけで崩れるという人はHARDの方が楽か。
    • ☆6 V2(EMPRESS) - とにかく軸変わりトリルだらけ。V(N)よりも難易度表記は上がっているが、譜面全体に占めるトリルの割合も上昇しており、トリルの得意不得意による個人差は更に広がっている。
    • ☆6 GALGALIM(SIRIUS) - ☆6にしてはノート数が多く、バスドラを叩かされる箇所が多いため、苦手であれば☆7下位レベルに感じる。また、曲のリズムが独特な上にNORMAL譜面特有の歯抜け配置であるため、タイミングが分かりづらいかも。
    • ☆6 neu(tricoro) - BPM95という低BPMではあるが、16分2連打の連続や16分乱打が降ってくる。どのゲージでも後半の乱打次第か。
    • ☆6 Timepiece Phase II (CN Ver.)(tricoro) - N譜面でのCNの数はKailua(N)に次ぐ多さ。またぎ配置などはほぼ無いが、全体的に散りばめられておりCNが苦手な場合注意が必要。特にラストの同時からのCN階段は強烈な殺しになり得る。

☆7

  • ノマゲで逆詐称or妥当&HARD殺し
    • ☆7 桜(8th) - ソフラン曲。特に中盤の低速階段が難しい。後半はBPM320と非常に速くなるものの難所は無くノマゲは比較的には楽だが、ラストの減速はノマゲ・HARDともに注意。
    • ☆7 Candy Galy(GOLD) - 前半は取りづらい乱打や皿絡み階段など☆7としては強めだが、サビに入ってからは☆6上位レベルの簡単な譜面となる。HARDは☆7上位レベルだが、ノマゲは逆詐称気味。
    • ☆7 Sigmund(SPADA) - BPMが200と早く、長い12分交互等が降ってくるので、HARDは要注意。後半は楽になるが2%まで落ちてしまう場合、回復は厳しいかも。
    • ☆7 煉獄のエルフェリア(SPADA) - 前半の4つ打ち+12分階段が難しく、HARDだとじわりじわり削られる危険性あり。ただこの譜面の特徴として曲が進むにつれて易化していくことが挙げられ、ノマゲだと☆7としてはやや弱めの8分主体の中盤がしっかりこなせばクリアは比較的楽。とはいえ2回目のブレイク後は皿+1+7の同時押しの4分主体でこれを連続で取る技術が要求される点には留意しておきたい。ノマゲは終盤の個人差配置を加味して☆6上位〜☆7下位クラスでHARDは序盤の出来次第だが☆7としては強め。
  • HARDで逆詐称or妥当&ノマゲ殺し
    • ☆7 Abyss -The Heavens Remix-(9th) - 道中もややリズム難だが終盤の皿絡み乱打が特に厄介。ノマゲだとここで大幅にゲージを減らしてボーダーに届かない可能性も。HARDは妥当だがノマゲは☆8下位か。ちなみに初出時はなんと☆5と超詐称だった。
    • ☆7 SCREAM SQUAD(HAPPY SKY) - ラストの不規則な皿の絡みが凶悪。HARDだと妥当だが、ノマゲは☆8レベル。
    • ☆7 waxing and wanding(DistorteD) - 全体的に同時押しや階段の配置が多く、特にブレイク後の後半はそこに皿も絡んでくるのでラス殺し気味。前半を安定して繋げるならHARDの方が楽といえる。
    • ☆7 smile(GOLD) - BPM189という高速で、ノマゲはラストの白鍵階段(7531)→隣接階段(65432)が勝負。適正ノマゲは苦手だとそこだけでボーダーを割る恐れも。道中は83小節目の大階段には要注意だがそれ以外に16分はほとんどなく☆7相応なので、全体的にはHARDのほうが楽。初出のGOLDでは☆8だった。
    • ☆7 in the Sky(DJT) - 強めなラスト以外は☆7相当なのでHARDなら☆7で妥当だが、ノマゲの場合は☆7上位〜☆8中位レベル。初出のCS HAPPY SKYではなんと☆6だった。
    • ☆7 AIR RAID FROM THA UNDAGROUND(SIRIUS) - Lincleで☆6→☆7に昇格。道中に☆7として難しいところは特に無いが、ラストは1軸+αで殺しにかかってくる。そのためHARDの方が楽といえる。
    • ☆7 Elemental Creation(tricoro) - 終盤にBPM212という高速で中抜き連打やくの字押しという厳しい譜面が降ってくる。ノマゲは☆8クラス、HARDも☆7上位か。
  • 個人差
    • ☆7 CHECKING YOU OUT(4th) - HYPER同様、皿&ソフラン曲。HYPERに比べれば皿は簡略化されているものの、NORMALでは滅多に見られないトリッキーなリズムが散見される。Lincleで☆6→☆7へ昇格したが、連皿やソフランが得意かどうかで(変更前の)☆6レベル妥当から☆8レベルの詐称まで体感難易度が大きく分かれる。
    • ☆7 The Dirty of Loudness(DistorteD) - 全押しが出来るか否かで体感レベルが大きく変わる。中盤に難所があるが、ラストの全押しをちゃんと押せれば余裕で取り返せる。逆に出来ない人には重すぎるラス殺しとなることも。得意なら☆6中位レベル、苦手なら☆8レベルくらいか。ただ、特にHARDは全押しがあることを知っておかないとまずクリア不能(全押し2回分で落ちる)
    • ☆7 GOLD RUSH(GOLD) - 初段3曲目。全体的にリズムは音合わせだがやや変則的で、初段挑戦〜☆7適正レベルだと個人差が出やすい。初出のGOLDでは☆8だった。
    • ☆7 Almagest(SIRIUS) - 中盤からのCN地帯が最大の難所。難しいのはここだけだが、ノーツがCNをまたいで配置されているため非常に押しにくく、CNの途中で鍵盤を離してしまったり、CN以外の鍵盤を押しそこなったりしてしまったりと、一気にゲージを削られてしまいがちなので注意。なお、Resort Anthemで譜面が変更され、2P殺しといわれたCN中の連皿が鍵盤になり、更に☆6から昇格したが、CNが苦手な人は(特にHARDだと)まだ詐称と感じるかもしれない。
    • ☆7 bloomin' feeling(SIRIUS) - CN+皿や終盤の同時押し8分等、要注意箇所は多いが、曲のリズムが非常に分かりやすく、慣れれば妥当、もしくは若干の逆詐称に感じる。なお、CN絡みの皿は右側のノーツに偏っているので、若干2Pの方が難しい。
    • ☆7 Dances with Snow Fairies(Resort Anthem) - かなり階段に特化した譜面。同色、隣接、折り返しなど様々なパターンの階段が続くため、階段が苦手な人は☆8中〜上位レベルに感じるか。
    • ☆7 perditus†paradisus(Resort Anthem) - 短い同色階段中心で比較的叩きやすく、クリアだけなら逆詐称気味だが、全体的にリズムが掴みづらく、スコアは伸ばしづらい。(EX-)HARDは序盤の途中でトリルの入るCN地帯、ノマゲは終盤の連続プチトリル他に注意。
    • ☆7 天空の夜明け(Lincle) - 難易度自体は☆7中位クラスで妥当だが、16分交互押しや8分同時押しの連続など、所々でNORMALでは厳しめの配置が散見されるので注意が必要。

☆8〜☆9

NORMAL譜面の☆8、☆9は癖の強い曲が多く、個人差が出やすい曲が多い。

  • HARDで逆詐称or妥当&ノマゲ殺し
    • ☆8 ra'am(SPADA) - PENDUALで☆7→☆8に昇格。BPMの近いPlan 8(N)やElemental Creation(N)の難所を詰め合わせたような譜面。特にラストのBPM222での7・1鍵の19連打はゲージ問わずクリアに大きく影響するだろう。どちらかと言えばHARDの方がクリアを狙いやすいが、道中はソフランや小トリル、不規則な連打などで削られやすく、削られ過ぎるとHARDでもラストで叩き落とされる可能性が高いので要注意。また第二低速は配置・リズムともに複雑なものではないがH譜面と異なりSUD+やHS調整の時間がほぼないので注意。
    • ☆9 gigadelic(RED) - ラストが2分皿(一小節のみ4分皿)+7鍵6分連打+メロディ、最後の小節では2拍だけだが67トリルが降ってくるという、強烈なラス殺し。ノマゲは☆10に匹敵する。HARD推奨だが、休憩地帯前の微発狂も注意が必要で、☆9上位レベル。SP NORMAL譜面ノマゲ最強候補。Lincleで☆9に昇格。
    • ☆9 CONTRACT(DistorteD) - ラストがHYPER(☆10)と全く同じというかなり強烈なラス殺し。ノマゲは核地雷。1Pでも十分難しいが、2P側にはさらにキツい配置になっている。ラスト以外は(初出時の)☆7でも弱い程簡単なので、HARDは弱め〜妥当レベル。
      • ただし、ラストがほとんど押せないレベルだと、100%で突入しても一瞬で落とされる。逆に、100%で突入できるなら、鍵盤を堅実に押して、皿を適宜捨ててしまうのも手。
      • ちなみに、初出のACDDでは☆7というとんでもない詐称曲で、クリアレートが20%台と非常に低かった。GOLDで☆8に昇格、Lincleにて更に昇格して☆9に。SP NORMAL譜面ノマゲ最強候補。
  • 個人差
    • ☆8 G2(6th) - 全体を通してトリルや1鍵の微縦連など癖の強い配置が多く、特に終盤は不規則なリズムのトリルが鍵盤を変えながら最後まで続く。HARDはトリルでBADハマりした途端に一気に削られる為地雷。ノマゲもトリルや微縦連が苦手ならこちらも☆9レベルの詐称。適正以上で上記の要素が苦手な人はS-RANDOMで楽になることも。初出の6thではなんと☆6だった。
    • ☆8 MAX 300(7th) - 前半は☆7レベル相当の乱打だが、一旦減速してからの変則的な交互連打でBADはまりを起こしやすい。ここで削られすぎると回復が間に合わない。交互連打が得意であれば☆7中〜上位レベルで、HAPPY SKYの頃は実際に☆7だった。適正以上だがBADはまりが怖い、という人はS-RANDOMの方が安定するかも。
    • ☆8 嘆きの樹(DistorteD) - リズムが単純で精度も取りやすく、人によっては逆詐称にも感じる一方で、同時押し中心でノーツが902と多いためやや体力譜面気味で、後半には2P側に不利な配置もあり、☆8でも上位レベルに感じることも。GOLD〜EMPRESSでは三段課題曲だったが、この曲で大きく回復できる人もいる一方でこの曲だけで落ちてしまう人もいた。
    • ☆8 VANESSA(GOLD) - 三連符(12分)主体の譜面で、同色の3連階段が大部分を占める。曲が短い上に密度も高くないので12分についていけるか、同色階段の得手不得手の2点により評価が分かれやすい。
    • ☆8 Do it!! Do it!!(DJT) - 1鍵4分打ち(BPM150の8分連打相当)+αを中心に長い1-6のトリル、交互連打、連皿などが続く譜面。リズムは若干難しい部分があるものの譜面密度が非常に低いため、ノマゲは☆6最上位〜☆7レベルの逆詐称から☆9下位レベルの詐称まで体感難易度が大きく分かれる(実際に初出のDJTでは☆7だった)。しかし、そのぶん許容BPも非常に少ないため、HARDは一度でもBADはまりを起こした途端に瞬殺されかねない核地雷。HARDクリアではSP NORMAL譜面最強候補。
    • ☆8 D(SIRIUS) - Fascination MAXX(N)同様、ソフランで難易度を上げている印象。初出のSIRIUSでは☆7で、人によってはこれで妥当と感じるかも。HARDは前半の加速に注意。
    • ☆8 Tropical April(Resort Anthem) - ☆8としては比較的簡単だが、何度も出てくる皿+鍵盤の絡みが捌けるか(特にラスト)、速いBPMについていけるかどうか、の2点で体感難易度が大きく変わる。
    • ☆9 Fascination MAXX(GOLD) - Lincleで☆8→☆9に昇格。非常に激しく急なソフランが続くため、初見クリアは非常に困難。ただし、譜面自体はかなり低密度(508ノーツ)で、配置も単純なので、DDRで知っているなどでソフラン対策ができている場合は☆7以下の逆詐称に感じるだろう。ちなみに、NORMALのみトリル地帯(HYPER・ANOTHERの縦連打地帯)前のBPM100地帯にもノーツがあり、HI-SPEED調整が難しくなっている。
    • ☆9 Sense 2007(GOLD) - 階段+皿、プチ2重階段、1鍵軸+皿、などNORMAL譜面を逸脱した配置が多く、最後には8分皿絡みのラス殺しもある。しかし、全体で見れば回復も多く、HYPER譜面として見ればレベル相応。皿絡みが得意なら☆9下位レベル、苦手なら☆9中〜上位レベルか。また、ノマゲはLincleで☆9に昇格したgigadelic(N)やCONTRACT(N)より簡単と言う人も多い。

HYPER

☆1〜☆6

  • ノマゲで逆詐称or妥当&HARD殺し
    • ☆5 airflow(8th) - Lincleで☆4→☆5に昇格。密度の差がハッキリした譜面で、高密度の難所が何箇所かあり、それ以外は☆3程度の低密度になっており回復を阻む。HARDは回復が難しいため、☆5上位〜☆6下位レベルとまだ詐称気味だが、ノマゲはラストが回復なため、☆5下〜中位レベルであり妥当。SIRIUS〜Lincleでは4級のボス曲だった。
    • ☆5 EMPTY OF THE SKY(HAPPY SKY) - 序盤に8分の交互桂馬押し(1+4→3+6)があり、☆5としては非常に難しく、HARDは要注意。以降は難しくないのでノマゲは妥当。
    • ☆5 CALL(Lincle) - 中盤までは☆5で妥当な譜面だが、後半から16分の1+5→3+7→1+5といった☆5ではありえない二重の「く」の字がくるので初見HARDは危険。特にEX-HARDの場合はそこだけで落とされる危険性あり。
    • ☆6 still my words(5th) - 中盤のピアノフレーズ部分でPresto(H)のような譜面となっており、☆6を逸脱している。HARDは☆7上位レベル。余談だが、このピアノフレーズは正にそのPrestoの久保田修によるもの。
    • ☆6 THE CUBE(5th) - 度々降りかかる1-3のくの字配置が細かいミスを誘う上、さらに後半はこのBPMでの3-1トリル、1鍵3連打というあからさまなコンボカッターがある。ここを抜ければ回復できるのでノマゲは妥当だがHARDは危険。全体を通してノーツが左寄りに配置されている為、左手が弱い場合はMIRROR推奨。また、同曲ANOTHER(☆7)とは譜面構成が全く異なるため、人によってはANOTHERより難しく感じる場合もある。
    • ☆6 With your Smile(GOLD) - 1級ボス曲。全体的に同時押しが多く、特にBメロで隣接配置も含む2〜3つ同時押しが連続してある局所難譜面。HARDだとここで落ちる可能性があり、☆7下位レベル。そのあとは比較的楽なので、ノマゲは☆6中位〜上位くらいか。1級取得後も同時押しの練習曲としてオススメ。
  • HARDで逆詐称or妥当&ノマゲ殺し
    • ☆6 RISLIM -Remix-(9th) - 3+7の8分連打から、短いながらも隣接二重トリルで終わるラス殺し。道中は連皿や連打でミスしやすいが、ラストが厳しい場合はHARDの方が楽だろう。
    • ☆6 INJECTION OF LOVE(RED) - ラスト1小節に12分の隣接二重トリルがあり、☆7上位レベルのラス殺し。初見ノマゲは核地雷と思ってよい。道中は皿絡みがややきついものの☆5上位〜☆6下位レベルなので、激しくHARD推奨。
  • 個人差
    • ☆1 GAMBOL(1st) - 判定が非常に厳しく、上級者でさえGOODを連発してしまう。特にラストの縦連はBADはまりに要注意。判定の厳しさ故にスコア難易度は極めて高く、10thのWEEKLY RANKINGの課題曲に選ばれた際AAランク以上を獲得した人が1人も居なかった。
    • ☆5 REINCARNATION(3rd) - 3級ボス曲。全体的に☆5としては適正だが、サビの前後にある13トリルからの皿の連続で個人差が出やすい。特にサビ後のそれで削られすぎるとノマゲでも回復が追いつかないため、トリルが苦手な人は要注意。
    • ☆6 LOVE IS ORANGE(8th) - 交互押し中心で、密度も高くない譜面。ラストは1鍵単押しと同時押しの8分交互だが、同時押し側が隣接配置だったり、左に寄っていたりして、評価が分かれるところ。苦手でなければ十分回復できるので☆5中位レベル。
    • ☆6 Really Love(9th) - 皿が186枚と、☆6の中でもかなり多く、低速ながら16分連皿や高速2連皿が頻発する。道中に長い16分連皿が数回、ラストにも2連皿×4があり、連皿が捌けないとクリアは困難。逆に、連皿が得意であれば、鍵盤だけ見れば単押しのみで皿との複合が複雑でないこともあり、☆6の中でも弱く感じるかもしれない。なお、皿の枚数はANOTHER(☆10)の189枚と比べ、3枚しか変わらない。
    • ☆6 BALLAD THE FEATHERS(DistorteD) - ラストに☆6にしてはきつめの乱打から2+4+7(一部に+SC)の連続同時押しに移る箇所があり、1P側はS+2が左手で(あるいは2+4+7が右手で)自然に捌けないとノマゲクリアは難しいだろう。1P側はS+1が左手で捌けるならMIRROR推奨。ちなみにANOTHER(☆8)でもこの乱打部分はほとんど同じな上、最後の同時押しが白鍵×4(+SC)になっている為、人によってはANOTHERの方がクリアしやすいかも。
    • ☆6 Watch out!!(GOLD) - ひたすら16分連皿が続く曲。BPMは遅めであるが、皿が178枚と多めで個人差が出やすい。苦手なら☆7中〜上位レベルくらい。
    • ☆6 Fly Above(EMPRESS) - ノーツ数が815と☆6では最多の物量を誇る。リズムや配置は素直だが混フレや同時押しが多く密度も高めで、同時押しや物量に慣れていないと☆7レベルに感じる。逆にそれらが得意な人にとっては☆6で妥当と感じるだろう。

☆7

  • ノマゲで逆詐称or妥当&HARD殺し
    • ☆7 Macho Gang(substream) - 序盤の移動する同時連打が非常に難しいが、難所はそこくらい。ノマゲは☆7下位レベルだが、HARDではその連打部分を耐えなければならず、☆8レベル。
    • ☆7 BABY LOVE(10th) - 前半と後半に1小節ずつある連皿が鍵盤と絡んでおり捌きにくい。3つ同時押しと絡む皿も何か所かある。HARDは☆8レベル。連皿地帯を抜ければ難所はないのでノマゲは☆7妥当。AC10thでは四段ボスだった。
    • ☆7 awakening(RED) - 中盤の16分隣接トリル→24分・32分大階段が非常に捌きにくく、かなり危険。更に、序盤とラストに、16分同色階段が4小節ずつ続いており、これも難しい。ノマゲでも☆7上位レベル、HARDは☆9レベルの核地雷か。
    • ☆7 BLOCKS(RED) - 序盤難。皿が絡む長いトリルや、前半の乱打が厳しい。HARDは☆7上位〜☆8下位レベル。ブレイク後は☆7妥当で、ラストに回復もあるのでノマゲは☆7下位レベル。
    • ☆7 SigSig(HAPPY SKY) - 前半の連打やトリルが難しく、HARDは詐称気味。後半は連皿にも注意が必要であり、ノマゲも☆7上位レベルはある。
    • ☆7 Jack(EMPRESS) - 中盤の同時押し地帯の密集が☆8〜☆9レベル。HARDは危険。その後は☆7妥当だが、密集で削られすぎると回復が間に合わないことも。ノマゲでも、☆7をギリギリでクリアする人にはやや厳しいか。ポップンのHYPER譜面とそっくりなので、慣れていれば有利かもしれない。
  • HARDで逆詐称or妥当&ノマゲ殺し
    • ☆7 Jam & Marmalade(4th) - ANOTHERと同様に終盤に皿絡みのラス殺しがある。ノマゲはそこで落とされる可能性が高い。RANDOMを使うと楽になることも。初出の4thでは何と☆5であった。
    • ☆7 RISLIM(5th) - 終盤前とラストに、24分の移動トリルがある。ノマゲはそこでBADはまりで叩き落される可能性が高く、特にトリルが苦手ならHARDの方がクリアしやすいだろう。
    • ☆7 Under the Sky(HAPPY SKY) - 全体的に8分中心で叩きやすいが、終盤に白鍵乱打→26トリルや、3小節にわたる軸押し地帯がある終盤難譜面。特に後者は、軸が1小節ごとに移動しているものの、適正ノマゲはBADはまりでボーダーを割りやすい。道中は☆6中〜上位レベルなので、HARDのほうが若干楽。HAPPY SKYでの初登場からEMPRESSで削除されるまでは初段の課題曲で唯一の☆7だった。
    • ☆7 2 tribe 4 K(DJT) - 終盤に階段が殺しにかかってくる。こちらの方が断然楽ではあるが、旧譜面と同じで、HARDのほうがクリアしやすい。
    • ☆7 evergreen(DJT) - ラストが1鍵8分連打+αだが、皿が絡んだり1・2鍵交互+αになっていてラス殺し気味。HARDのほうが楽ではあるが、道中はズレ押しが多く回復しにくいので注意。
  • 個人差
    • ☆7 THE EARTH LIGHT(substream) - 全体的に不規則な縦連打が多く、苦手だと正規は地雷になり得る。縦連打が苦手な人はS-RANDOM推奨。
    • ☆7 Abyss(5th) - 二段ボス曲。前半は左右交互の手で叩ける16分の単鍵乱打や2つ押しの8分連続などの配置が多く、後半は密度は若干下がるものの、12分と8分の複合や24分のくの字、裏のリズムで絡んでくる皿など、ややリズム難な配置がある。これらの中に苦手要素があるとHARDは危険。いずれも上達のためにはできるようになっておきたいパターンなので、二段取得後も中級者の練習曲として適している。
    • ☆7 Monkey Dance(8th) - 道中は☆7としてはわりと簡単だが、終盤に7小節にわたってある3連4連交じりの16分階段はいったんリズムを崩すとBADはまりを起こしやすく、そこで削られすぎると回復が追い付かないため、ノマゲ・HARDともに個人差が大きく出やすい。9thより14作にわたって二段の1曲目に就任しているが、先述の地帯で大きく削られる挑戦者は少なくない。
    • ☆7 IN THE NAME OF LOVE(SIRIUS) - 中盤に上記のMonkey Dance(H)と同様の16分階段地帯がある。同曲とは異なり階段地帯後に十分回復可能なためノマゲへの影響は少ないが、HARD以上の場合は同曲と同様に個人差が大きく出やすいと思われる。
    • ☆7 Vermillion(Resort Anthem) - ANOTHERにはないCNが非常にいやらしいが、密度は低い。譜面が変更されているが、Resort Anthemのロケテでは☆8だった。

☆8

  • ノマゲで逆詐称or妥当&HARD殺し
    • ☆8 era(step mix)(4th) - 全体的にera(nostalmix)よりも高密度になっており、中盤の低速地帯が特に叩きにくくなっている。ノマゲは☆8レベルで妥当だが、HARDは☆8最上位〜☆9中位レベルか。
    • ☆8 Real(5th) - 中盤に☆10レベルの発狂地帯がある局所難譜面。HARDは地雷。発狂地帯後はほとんど回復で、2%からの回復も不可能ではないが、許容ミスが少なめな上に難所(高速BPMでのトリル複合や16分階段)もあるため、ノマゲでも☆8中〜上位レベル。以前「ノマゲ最弱」と表記されていた時期があり、それに騙された人たちによってかEMPでのクリアレートは77%にまで低下した。9thまではなんと☆6であった。
    • ☆8 entrance(7th) - BPM180と比較的高速の中、前半に16分2連打や8分連打絡みの発狂が襲ってくる。特に縦連が苦手だとHARDは危険。後半は回復だが、ラストにも16分連打があるので注意。
    • ☆8 The Hope of Tomorrow(RED) - 2回の長いトリル地帯は片手での処理が要求される上に非常にBADはまりしやすく脅威。2回目のトリルを抜ければ難しい場所はないのでノマゲは妥当。HARDは☆9レベルで、特に片手でのトリル処理が苦手だと☆10レベルに感じるかもしれない。ちなみに昔☆7だったこともあった。
    • ☆8 Harmony and Lovely(DistorteD) - 交互に捌けない乱打、トリル+αの配置、軸移動の8分同時縦連打+αなどじわじわと削られやすい配置が多い。HARDは要注意だが、ラストで回復できることもありノマゲクリアは比較的楽な方。
    • ☆8 WISH(EUROBEAT MIX)(DistorteD) - 中盤の螺旋階段が明らかに☆8を逸脱している。HARDは☆9最上位〜☆10下位レベルの核地雷。それ以外は難しくないのでノマゲは☆8下〜中位レベル。
    • ☆8 METALLIC MIND(GOLD) - 所々に出てくる皿絡みのラッシュでゲージを大幅に削られやすい。特に許容BPの少ないHARDは注意。ノマゲだとそれ以外でゲージを稼げるが、ラスト前にも前述の皿複合があるので、詐称とまではいかないが☆8上位レベルはある。
    • ☆8 beatonic nation(DJT) - 序盤の階段が難しく、HARDは危険。しかし後半は☆8としては簡単な同時押し譜面なので十分に回復でき、ノマゲは☆7レベル。
    • ☆8 Lucky Days(Lincle) - 中盤に歯抜け白青トリル+皿の非常に捌きにくい地帯が存在し、HARDだとBADハマりなどで一気にゲージを持っていかれる恐れがある。全体で見れば癖の強い☆8中位〜上位で妥当だが、他の☆8曲が比較的低難度であるLincleフォルダに存在している点ではある意味地雷と言える。
    • ☆8 廿(SPADA) - 所々鍵盤+皿の同時が頻発するが、特に中盤、やや複雑な階段と皿が同時にやってくる地帯で片手力が試される。配置やリズムで所々崩しにかかってくるので、片手処理が苦手だとHARDは若干辛いか。また、EXHは前半にやってくる8分6連皿→16分5連皿に要注意。
    • ☆8 ALBA -黎明-(SPADA) - 詐称傾向の強いSPADA☆8の中では比較的妥当レベルだが、階段が多めで苦手だとHARDは厳しいかもしれない。HARDだと☆8上位か。
    • ☆8 NPC World(SPADA) - 序盤に螺旋、隣接混じりの長めの高速階段の配置がある為、HARDは注意。それ以降も階段の配置が多いが前述の部分よりは押しやすく、ノマゲだとあまり気にならないレベル。
  • HARDで逆詐称or妥当&ノマゲ殺し
    • ☆8 era(nostalmix)(3rd) - 四段1曲目。終盤に同時押しラッシュのラス殺しがあり、ノマゲはここでボーダーを切りやすい。道中は☆7レベルなので適正以上ならHARDの方がクリアしやすいが、ソフランと微発狂にも注意。
    • ☆8 ALL RIGHT(8th) - ラストの13トリルでBADはまりしやすく、ノマゲだとボーダーを割ってしまう可能性が高い。道中は皿絡みが多少難しいものの☆8としては弱めなのでHARDの方が断然クリアしやすい。
    • ☆8 STAR FIELD(9th) - ラスト2小節が1鍵8分連打+α→13トリル+αというラス殺しのため、ノマゲは要注意。道中は☆7レベルなので、適正以上ならHARDのほうが楽ではあるが、中盤の24トリル+皿にも注意が必要(特に1P正規の場合)。ちなみに、初出の9th〜HAPPY SKYでは三段、GOLD〜SIRIUSでは五段の課題曲だった。
    • ☆8 KEY(RED) - 高速BPMの8分同時メインの譜面で、ラストの桂馬混じりの同時押しのラッシュで大きく崩れやすい。道中はこれといって難しいところは無いので、どちらかといえばHARD推奨だが、同時押し耐性がないと一瞬で落とされる。
    • ☆8 Raspberry♡Heart(English version)(RED) - 道中は☆8としては妥当だが、ラストのS+1+2+4+6+7の8分4連が適正レベルでは非常に押しにくい。ちなみに、このラストは同曲のANOTHER(☆9)と全く同じで、ノマゲはそこだけでボーダーを割る危険性がかなり高く、(特に初見だと)核地雷。激しくHARD推奨だが、それでも☆8上位レベルはある。
    • ☆8 オレはビートマニア! お前は何マニア?(HAPPY SKY) - 前半は☆6中位〜☆7下位レベル程度の譜面であるが、ラストはスクラッチ絡みの譜面がやってくる。ノマゲは個人差もあるが妥当〜詐称気味で、全体的に考えるとHARDのほうが楽か。
    • ☆8 CaptivAte 〜裁き〜(GOLD) - 三段ボス曲。前半は☆6〜7レベルの密度と配置だが、後半は音合わせの変則リズムやタムロールをアサインした移動トリルなどで難しくなり、ラストはギタドラのGUITAR譜面さながらのラス殺し。このため、HARDのほうが若干楽か。
    • ☆8 Roulette(GOLD) - 道中は所々に難所があるものの、それ以外は☆7クラスなので、HARDは☆8でも弱い方か。終盤から道中よりも難しい配置となり、ラスト1小節は桂馬含みの16分同時押し等で殺しにかかって来る。適正ノマゲは要注意。
    • ☆8 Second Heaven(GOLD) - ラスト4小節で露骨に殺しにかかってくる。ノマゲは核地雷か。しかし、ラスト以外は癖のある譜面だが難しいわけではないので、適正以上ならHARDのほうが楽。
    • ☆8 華爛漫 -Flowers-(DJT) - 密度が上がる最後のサビからが勝負。8分同時押しラッシュに混ざる16分配置が見切りづらく、まともに回復できる地帯も無いので、そこで削られすぎるとアウト。HARDの方が若干楽かと思われるが、道中も皿が絡む隣接階段などで細かいミスが出やすいので注意。tricoro、SPADAでは五段3曲目だった。
    • ☆8 Mermaid girl(Resort Anthem) - 取っつきやすい同時押し中心譜面であり、道中は☆6上位〜☆7下位レベル。ただし、ラストの白壁でズレるとノマゲではボーダーを切る可能性がある。HARDは完全に☆7レベルの逆詐称。何故か今作では、上記の華爛漫 -Flowers-(H)に代わり、段位認定五段3曲目に就任。
    • ☆8 Wuv U(Resort Anthem) - 終盤の4+5+7の皿絡みがあり、ラス殺しになっている。道中はトリルや皿複合はあるがそれほど難しくはない。ノマゲはそこでボーダーを切る可能性が高い。
    • ☆8 ZED(tricoro) - ラストの1+3鍵の交互連打からの16分連打でBADハマりしやすい。道中はややリズム難だがこれと言って難しい箇所は無いので、ラストだけで落とされるならHARD推奨。
    • ☆8 マインド・ゲーム(SPADA) - 連続階段からの3つ同時連続押しのラス殺し。道中に殺しと言える部分は無いのでHARDの方がクリアしやすい。
  • 個人差
    • ☆8 Presto(3rd) - ノーツ数は現在☆8の中で最少(498ノーツ)だが、そのぶん緩急の激しい譜面。激しい部分で不規則な階段や乱打が連続し、この部分が得意だと☆7中位〜☆7上位の逆詐称に感じられるが、苦手だと強めに感じるかもしれない。階段が苦手ならRANDOMで概ね楽になるが☆8の階段曲としては弱めな部類に入るので、中級者以上は階段練習のためにも是非正規で慣れておきたい。
      • 今作では三段2曲目だが、過去には五段だったり、同じ三段でも3曲目に位置していたりと居場所が安定していない。
      • 余談だが、ANOTHER(☆8)はこの譜面と比較して10ノーツしか増えておらず、☆8のノーツ最少1・2位の座を同曲が占めるという結果になっている。
    • ☆8 R5(3rd) - 四段ボス曲。比較的高速なBPMの中で8分同時押しが続くが、隣接含みの配置がこのレベルとしてはかなり多い。ここまでのレベルの正規譜面ではあまり見られない配置で、RANDOM適用時にみられる特有の譜面に慣れていないと、より難しく感じるかも。(EX-)HARD時には、序盤の長い17トリルでゲージを大きく削られる可能性があるので注意。
    • ☆8 ANDROMEDA(RED) - 終盤に移動や歯抜けのあるトリルが長々と続き、BADはまりしやすい。トリルが苦手な人は、ゲージの種類を問わず詐称に感じるかも。トリル以外は☆8というほど難しくないので、HARD推奨か。
    • ☆8 Love Magic(HAPPY SKY) - 全体的に8分連打の軸押しが多く、要所要所で13トリルがあり、終盤には1と3+7の長い半二重トリルまである。これらに絡む皿も多く、全体的にBADはまりでゲージを失いやすい。軸押しやトリルが苦手な人にとってはゲージ問わず☆9中位〜☆10最下位レベルの核地雷で、これらが得意な人にとっても☆8上位レベルはあるか。長い軸押しやトリルが左に寄っているため、プレイサイドによる体感難度も差が出やすい。
    • ☆8 BOOM BOOM DISCO NIGHT(DistorteD) - 3回ある、桂馬配置の移動トリル+皿が難所。ラストにもあるので、これが全く出来ないとゲージ問わずクリアは厳しい。皿と同時になる鍵盤が、1,2回目は左側、3回目は右側なので、プレイサイドやゲージによって体感難易度が異なるか。
    • ☆8 虹色(DistorteD) - SP四段2曲目。ジグザグ階段、中盤の1軸絡みの同時、後半の軸押しなどミスを誘発しやすい箇所が多い。この曲が壁となっているプレイヤーも少なくない。
    • ☆8 MAX LOVE(DJT) - NORMAL同様、曲が長いせいもあってか☆8最多ノーツで、体力がないと地雷になり得る。ただ配置は☆8として妥当〜若干弱めなので、体力や同時押し耐性次第では☆7上位程度に感じられるかも。
    • ☆8 Flash Back 90's(EMPRESS) - 前半は皿との絡みが☆8にしては激しく、地力がないとHARDはじわじわ削られるため注意。ブレイク以降は皿の難しい絡みは無くなるが、リズム難気味の階段譜面となるため個人差が出る。CSEMP四段ボス。
    • ☆8 Just a Little Smile(EMPRESS) - 2度ある皿地帯が難所だが、☆8としては密度が低めであり、皿絡みが得意なら☆7レベルに感じるだろう。
    • ☆8 CaptivAte〜裁き〜 (SUBLIME TECHNO MIX)(SIRIUS) - 全体的には適正難度だが、終盤は同色階段にスクラッチが絡んでくる。「SUBLIME TECHNO MIX」の名の通り、CONTRACT(N)を弱くしたようなラスト。慣れない人にはラス殺しに感じるだろう。
    • ☆8 THE LAST STRIKER(SIRIUS) - 総ノーツ数995で、中盤に休憩地帯があるため、☆8としてはかなりの物量・密度の譜面。序盤・終盤は8分同時押しが主体だが、休憩地帯の前には取りづらい混フレがあり、人によっては☆9レベルに匹敵する。
    • ☆8 Golden Palms(Resort Anthem) - ANOTHERほど酷くはないものの、捌きづらいCNと鍵盤や連皿の絡みが度々登場する。慣れていないと特にHARDは危険。
    • ☆8 sakura storm(Resort Anthem) - 16分すらほとんど無いほどテンポは単純だが、しつこいくらいの8分連打とスクラッチが曲者。最後にやや危険な1鍵軸+αが来る為ノマゲは要注意か。また、RANDOMだと後半のCN地帯が難化することが多く、(特にHARDでは)危険。
    • ☆8 Into the Sunlight(Lincle) - 8分同色同時押しがメイン。押しやすい配置なのであまり強くはないが、同時押しが苦手だと厳しい譜面。また、最後はリタルダントのように少しずづズレていくので、BADはまりにも注意。
    • ☆8 GRADIUS 2012(tricoro) - このレベルにしてはCNの絡んだ譜面が押しづらい配置となっている。特に2Pにとってはやや辛いので、MIRROR使用で楽になるかも。配置自体は見切りやすい部類なので、体感難易度はCNの耐性次第といえる。
    • ☆8 Präludium(tricoro) - 全体的に同色や純正階段が多数有り、階段が苦手な場合☆8適正レベルだと厳しい。回復できる地帯も少なく、遅めとはいえ最後のトリルも気が抜けない配置となっている。
    • ☆8 お米の美味しい炊き方、そしてお米を食べることによるその効果。(tricoro) - 同時押しはほとんど無く、ほぼ単鍵の8分と皿で構成されているが、終盤の階段が同色メインであるものの、BPM190という曲の速さも相まってなかなか厳しい。HARDの方がいくらかやりやすいかも。
    • ☆8 Critical Crystal(SPADA) - いきなりの連皿や対称譜面、地味にリズム難のCN+単押しといった、初見殺しの配置が非常に多い。HARDは☆9中〜上位の地雷。道中もBPM191での高速同時押しやCNが中心で、苦手だとノマゲも☆9下位レベルに感じるだろう。逆にこれらが得意なら☆8適正レベルでも十分挽回可能だが、それでも☆8中〜上位レベルはあるか。
    • ☆8 ÆTHER(SPADA) - 皿と鍵盤の複合がかなり多く、それが8分間隔で連発する箇所もあり、素早い運指が求められる。皿絡みが苦手だと特にHARDは危険。高速階段の配置にも要注意。特に1Pは皿複合の配置が厳しいのでMIRROR推奨。
    • ☆8 into the battlefield(SPADA) - 皿、CNは全くないが、微縦連、小乱打、区間の短い階段、トリル、対称配置等様々な傾向の配置が次々と押し寄せる。上記の得手不得手により体感難易度が異なるか。

☆9

  • ノマゲで逆詐称or妥当&HARD殺し
    • ☆9 DXY!(4th) - ANOTHERと同じく、中盤の1+7の縦連が厄介。ノマゲは☆9中位〜上位レベルで妥当であるが、HARDは縦連で落としかねないため要注意。
    • ☆9 symbolic(8th) - 序盤は☆8〜9レベルだが、中盤に先述のDXY!(H)を速くしたような1+7の16分縦連が襲い掛かる。また、16分乱打を抜けた後にやってくる8分連皿と縦連も厄介で、HARDは☆9では難しい方。ノマゲは妥当だが、ラストが13トリルのため、1PはMIRROR推奨。
    • ☆9 HIGH(10th) - 縦連と同時押しと皿絡みが厄介。GOLDでは六段1曲目であった。HARD以上は下手な☆10より難しく危険。ノマゲは☆9中位〜上位レベル。
    • ☆9 Don't be afraid myself(RED) - 全体的に見て他の☆9よりやや強め。特に中盤には捌きにくい隣接16分階段が降ってくる。ノマゲでも☆9上位レベル、HARDは☆10下位レベルか。ちなみにGOLDまではなんと☆8だった。
    • ☆9 RED ZONE(RED) - 中盤の同色平行押しがこのレベルにしては強烈。また、序盤の左に偏った16分3連が連続する階段も運指やプレイサイドによっては削られる要因となりうる。ただ、終盤は☆9としては妥当なためノマゲは☆9中位〜上位クラス、HARDは☆10クラス。RANDOMで前述の部分は概ね簡単になるが、ラストの同時押しが押しづらくなる可能性があり注意。(AC)RED、HAPPY SKYでは七段課題曲だった。
    • ☆9 カゴノトリ〜弐式〜(DistorteD) - 前半に16分3連同色階段と1鍵バスの凶悪な混フレが存在し、リズムを外すとHARDだと一瞬で落とされる。その後にも1+3+5+7の連打や右手に偏った乱打など難所は多く、HARDは☆10中位レベルはある。ノマゲなら対称押し後の同時押し地帯で回復が可能だが、ラストの同時混じりのトリルが苦手だとラス殺しになることも。SIRIUS〜Lincleでは六段2曲目だった。
    • ☆9 snow storm(GOLD) - 全体的に階段が多いが、ブレイク後には24分大階段の往復が襲ってくる。HARDではこの階段を耐えねばならないため、少なくとも☆10下位レベルはあり、初見HARDは明らかに地雷。ノマゲの場合、最悪ここでゲージが空になったとしても挽回は可能だが、ラストの皿絡みなども難しく、☆9にしては強い。大階段だけでHARD落ちする人はRANDOM推奨。tricoroではなんと五段2曲目だった。
    • ☆9 DROP(SIRIUS) - イントロで2小節35トリル+皿、Aメロで35トリル、サビ直前で35トリル+1、サビで2小節57トリル+αが襲い掛かる。HARDの場合それらをすべて耐えなければならず、トリルがどれだけ得意かにもよるが、☆10下位レベル。最後のトリルを抜けた後は☆9上位の地力譜面なのでノマゲは妥当。The Hope of Tomorrow(H)の上位互換ともいえる譜面。
    • ☆9 405nm (Ryu☆mix)(tricoro) - 前半の連続同時はBADハマりの危険性が高く、また前半と終盤の高速階段(+α)は☆9としては厳しい。ラストで回復できるためノマゲは妥当か。
    • ☆9 Illegal Function Call(tricoro) - 序盤に3・4連打、中盤に変則リズムの交互地帯が4小節、終盤前には1鍵4分軸地帯が16小節続き、BADハマりしやすく立て直しにくい箇所が多いため、HARD及びEX-HARDは各要素への得手不得手もあるが☆10レベル。終盤で回復できるためノマゲは妥当。
    • ☆9 Liberation(tricoro) - 序盤と終盤にあるゴミつきトリル地帯が難所。道中に16分や24分の大階段も現れ、HARDではこれらの難所を耐えなければならないので☆10下位レベル。ノマゲは妥当だが、トリル耐性がないとこちらも☆10レベルになりうる。
    • ☆9 DARK LEGACY(SPADA) - 全体的に隣接混じりのやや見切りにくい同時押しが多発するが、特に中盤のトリルや皿複合がBPMの速さと相まって☆9としてはかなり難しい。終盤は多少密度が落ちるのでノマゲは☆9上位くらいだが、HARDは地雷
    • ☆9 m1dy Deluxe(SPADA) - 初見殺し。前半に襲い掛かる非常に長い連皿地帯は、BPM205のせいもあって初見では見切りづらく、HARD(特にEXH)はハマるとあっという間に終了する恐れあり。連皿地帯後も、単押し、同時押しが混ざった軸押し譜面が中心となり、こちらも脅威。HARDは☆10下位レベル、ノマゲは妥当だが体力配分にも要注意。
    • ☆9 NEMESIS -gratitude remix- IIDX Edition (SPADA) - 序盤は☆9上位〜☆10クラスの乱打が降ってくるが、ブレイク以降は大幅に易しくなるため挽回できる。ノマゲは妥当だが、(EX-)HARDは☆9とは思わない方がよい。
    • ☆9 RIZING YOU UP(SPADA) - 8分連皿複合や13の16分トリルなどの局所難があり、HARDだとBADハマりして落ちる可能性がある。それ以外は難しくないのでノマゲクリアは楽な方だが、ラストにも皿複合があるので注意。
  • HARDで逆詐称or妥当&ノマゲ殺し
    • ☆9 LOVE♡SHINE(9th) - 全体的に密度がスカスカで、ラストは少し厳しめ。しかしHARDではレベル表記ほど難しいことはなく、ノマゲは☆8上位〜☆9下位くらいと思われる。RED〜DJTまでは五段の課題曲を務めていたが、当時の五段の課題曲の中では☆8のsync(H)のほうが難しいという人が多い。
    • ☆9 One More Lovely(10th) - 道中は☆9としては弱いが、ラストで皿絡み→1-7トリルが殺しにかかってくる。HARDの場合は序盤の皿絡み同時押しにも注意する必要があるが、そこを抜けられるならHARDのほうが断然クリアしやすいといえる。
    • ☆9 Rise'n Beauty(10th) - ラスト8小節にある、2重トリル様の地帯が、桂馬同時かつ隣接トリルのような配置になっており叩きにくい。この地帯だけでゲージを大きく削られる人も多い。ノマゲは☆9上位〜☆10下位レベルで、HARDのほうが多少は楽だが、トリル地帯前も縦連絡みの乱打やゴミつき階段など難所は多いので注意。RANDOMの適用で終盤が楽になることも。SIRIUS〜Lincleではカゴノトリ〜弐式〜(H)とともに六段の課題曲だった。
    • ☆9 spiral galaxy(RED) - 全体的には☆9としては妥当な乱打譜面だが、ラスト8小節では皿絡み同時押しとの複合で殺しにかかってくる。ここだけでゲージを一気に削られるのであればHARD推奨だが、イントロのトリルでのBADはまりには注意。ラストの5鍵をある程度左手で取れるなら2Pの方が有利か。
    • ☆9 NEW GENERATION -もう、お前しか見えない-(DJT) - 五段ボス曲。曲を通して☆9としては忙しい譜面だが、終盤の転調後には同色ながら24分階段が何回か襲いかかり、更に捌きにくくなりラス殺し気味。ノマゲは☆9上位〜☆10下位レベル。道中には皿+同時押しの連続やトリルもあるため、これらの得手不得手にもよるがHARDでも☆9中位〜上位レベル。
      • ちなみに家庭用DJTでは六段1曲目、Lincleでは五段2曲目、SIRIUS、RA、tricoro以降は再び五段ボスと、段位ではPresto(H)、STAR FIELD(H)に次ぐ居場所の安定しない曲。
    • ☆9 satellite020712 from "CODED ARMS"-(DJT) - 曲終了間際にある1鍵4打ち+乱打のリズムが複雑で叩きにくい。そのあとには30ノートくらいしかないので、ここでゲージを大きく削られてしまうと、回復が間に合わない。HARD推奨だが中盤にもこれよりは叩きやすいが高密度な乱打があるので、HARDも要注意。
    • ☆9 AIR RAID FROM THA UNDAGROUND(SIRIUS) - ラストで1鍵の8分連打が乱打と絡み殺しにかかってくるが、道中にも取りづらい地帯が多くゲージをじわじわ削られる。HARDでも☆9上位レベル、ノマゲは☆10レベル。
    • ☆9 New Decade IIDX Edition(tricoro) - 終盤に16分乱打があり、ノマゲはここでボーダーを切る可能性があり、☆10最下位レベル。HARD推奨ではあるが、道中も所々の乱打と皿がらみが☆9としてはやや厳しく、リズム難のためゲージを回復しにくいため、それでも☆9上位レベルはあるか。
    • ☆9 Sol Cosine Job 2(tricoro) - 加速してBSS地帯を抜けた後から密度が上がり、ラスト直前には取り辛い皿複合があるため、ノマゲだとボーダーを割る可能性がある。HARDの方がクリアしやすいが、どちらにしても終盤をある程度捌ける地力が必要。
  • 個人差
    • ☆9 B4U(4th) - 元祖2P側殺し曲。全体的に皿が多いが、特に階段との複合が多用されている。皿複合自体の得手不得手による個人差ももちろんあるが、特に2P側は皿絡みの配置難のためノマゲ・HARD共に☆10レベルの地雷に感じることもある。5thでは1P側が"☆7極(現在の☆7と8に相当)"、2P側が"☆7禁(現在の☆9以上に相当)"と、サイドによってレベルが分けられていた。
    • ☆9 CHECKING YOU OUT(4th) - ノーツの大部分が皿であり、ソフランもする初代超個人差曲。皿が得意でソフランに強い人は☆7を埋めている時期にもクリア出来ることがあるが、苦手な人は☆10がある程度埋まっていても出来ず、☆11のANOTHER譜面と大差ないように感じても全く不思議ではない。なお、皿の枚数はANOTHER譜面と全く同じで鍵盤が少ないため鍵盤での回復がしにくく、特に皿が苦手だとANOTHERよりも難しく感じる恐れもある。
    • ☆9 Colors(radio edit)(6th) - 全体的には☆9妥当の譜面だが終盤の混フレ地帯が強烈で、しかも16小節と長いのでゲージ問わず挑戦レベルには厳しい。ノーツが少ないが故の難しさがあり、☆10上位の物量譜面が安定していても落とす人もいる。昔はSP六段の常連曲でもあり、数多の挑戦者を葬り去ってきた。
    • ☆9 NEMESIS(6th) - 基本的に妥当だが、正規は全体的にかなり押しにくい配置となっている。クリア・スコア狙いともにRANDOM推奨。半二重トリルが叩きにくくなることもあるが、それでも正規よりは概ね押しやすくなると思われる。
    • ☆9 Spica(7th) - BPMは遅めだが、全体的に階段が大部分を占める譜面。特に、終盤はスクラッチが絡んでくる。また中盤の7鍵縦連打も人によってはリズムがつかみ難く、難所となり得る。正規は階段が苦手な人にとってはノマゲ・HARD共に☆10レベルの地雷と感じるだろう。RANDOMを使うと概ね難易度が下がるが、縦連地帯に注意。
    • ☆9 Make A Difference(9th) - 譜面変更前(☆10)はラス殺し要素であった二重交互地帯が、EMPRESSで復活した際の譜面変更で易化した。対称な配置が得意な人には☆8レベルに感じるが、苦手な人には相変わらず☆10レベルのラス殺しに感じ、曲名通り人によって違いが出る。
    • ☆9 Boundary(10th) - 中盤までは同時押しメイン、終盤は階段になっており、これらの配置に対する得手不得手で評価が分かれる。同時押し地帯のリズムは不規則だが曲にそった配置であるため、上記に加え、曲を知っているか否かも評価を左右するだろう。
    • ☆9 FEEL IT(10th) - 高速BPMの中、皿と鍵盤の複合を回避したような13の歯抜けトリルや、1+3と5+7の白鍵同時押しトリルを叩かねばならず、非常にBADハマリしやすい。問題のトリルは3箇所あり、ラスト直前にもあるので、ノマゲ・HARD共に危険。個人差が非常に強く、プレイサイドによる体感難度の違いも大きい。高段位を取得している人でも落とすことがたまにあったり、歯抜けトリルなのでANOTHERより難しいと思う人もいたりする。EX-HARDの影響かLincleでは☆9中クリアレート最低であった。
    • ☆9 Be quiet(RED) - 変則的なリズムの中、階段、乱打、縦連、同時押しと様々なスキルが求められる譜面。個人の苦手要素によって体感難易度が変わるが、特に同時押しが苦手だとノマゲ、HARD共に危険。また全体的に皿絡みも多く、特にラスト4小節付近はラス殺し気味なのでノマゲの場合は注意を要する。GOLDでは六段2曲目、tricoro、SPADAでは六段3曲目だった。
    • ☆9 Bloody Tears(IIDX EDITION)(DistorteD) - 高BPMで物量も多めで譜面のパターンも多彩。特に中盤とラストの皿が絡む叩きにくい同時押し地帯が最大の難所で、癖もつきやすく、ここで一気にゲージを削られるプレイヤーも多い。ANOTHER(☆10)の方が、同時押しの個数は多いが配置が素直である分、楽だという人も。Resort AnthemからSPADAまで七段課題曲を務めていた。
    • ☆9 Make Me Your Own(GOLD) - ノート数は836と☆9にしては少なめでBPMも速くない。しかしたびたび16分連皿や16分縦連などといった、さばきにくい配置がやってくるため、それらが苦手な人は☆9では強く感じるだろう。特に曲終盤の連皿+αは苦手だとノマゲ、HARDともに注意が必要。正規は当たりともハズレともいえない微妙な譜面なのでRANDOMは一応おすすめ。
    • ☆9 Digitank System(DJT)
    • ☆9 naughty girl@queen's palace(EMPRESS)
      • 両者とも16分連皿が頻発する譜面で、リズムがズレると一気に崩れてしまいやすい構成となっている。
      • Digitank Systemは皿数251枚。譜面自体は☆9で妥当だが、後半の連続皿地帯はリズムに慣れてないとBADハマりを起こしやすい。初見HARDは危険だが、ノマゲでも連続皿地帯を抜けた後30%前後ゲージをキープしていないとアウト(これはANOTHERでもほぼ同様)。ノマゲの場合、皿地帯後の鍵盤が少なく回復しづらいので、下手するとANOTHERより難しいと思う人もいる。
      • naughty girl@queen's palaceは皿数229枚。Mass曲のHYPER譜面の中では長い16分連皿は少なめだが、8分や付点8分などの連皿に絡む鍵盤が多く、終盤の同時押し+16分2連皿地帯がかなりの難所。16分連皿に加えて皿複合の得手不得手で個人差が非常に出やすい。
    • ☆9 bloomin' feeling(SIRIUS) - 六段ボス曲。HARDでは曲中に3回見られる8分同時+4分皿が脅威。ノマゲならその後の同時押しで回復できるので妥当だが、ラストで密度が上がり3つ以上の同時押しが多発するので、同時押しが苦手な人は注意。また、6鍵CN+皿の配置が何回かあるため、2P側では捌きにくいこともあり全体的に2P殺し。
    • ☆9 MIRACLE MEETS(SIRIUS) - 前半に多くのCNがあり、BSS地帯には同時押しも絡む。特にBSS地帯には注意が必要。そこを抜ければCNはあるものの、☆8レベルの譜面なので、CNやBSSが得意な人にとっては逆詐称に感じることも。
    • ☆9 Session 1 -Genesis-(SIRIUS) - 開幕の低速地帯はCN主体。しかしそれよりも高速地帯に入ってからの序盤から中盤あたりに降ってくる厳しめの階段譜面に注意。終盤も階段が降ってくる。☆9でも強めだが階段が苦手だと(特にHARDでは)☆10レベルに感じるだろう。RANDOM推奨。
    • ☆9 Kailua(Resort Anthem) - 中盤にCN複合が延々と降ってくる。その中でも、二重CN階段は特に要注意。終盤は☆9相応の乱打とトリルで回復でき、基本的にレベルは妥当だが、CNが苦手な人は地雷に感じるかも(特にHARD)。
    • ☆9 黒髪乱れし修羅となりて(Resort Anthem) - SP六段2曲目。譜面のほとんどを16分トリルと16分階段が占める。トリルは叩きやすい配置が多いが、後半はそれに1or7鍵の裏打ちが入るので注意。階段とトリルの得手不得手が顕著に出る譜面。
    • ☆9 DIAVOLO(Lincle) - 譜面中の階段の割合が高く、皿の絡みも嫌らしい。中盤の12分階段と24分3連地帯は難所。階段が苦手だとHARDは地雷。ラストの同色気味の螺旋階段からの長いトリルも☆9にしては厳しく、トリルが苦手だとここだけでボーダーを割ることも。
    • ☆9 quaver♪(Lincle) - 譜面の殆どが8分同時押しであり、サビ部分では常に同時押しを叩いている様に感じる。終盤になるにつれて、休みなく2個同時が続く上に隣接絡みとなり、ラストには8分連打が絡むwaxing and wanding(H)を遅くしたようなラス殺しがあって、一気にゲージを持っていかれる可能性あり。同時押しが苦手だと、ノマゲもHARDも☆10下位に感じるか。細かなBPM変動こそあるものの、8分主体なのでスコアは出しやすい。
    • ☆9 バンブーソード・ガール(SPADA) - 全体を通してBPM208の16分という高速階段だらけ。隣接や螺旋等様々なパターンで来るので、階段が苦手だと苦戦は免れないだろう。苦手ならRANDOMをつけるのも手だが、ラストが高確率で難化するので有効手段とは言い難い。

☆10

  • ノマゲで逆詐称or妥当&HARD殺し
    • ☆10 THE SAFARI(3rd) - お馴染み七段ボス。16分トリルに絶妙に配置された同時押しがゲージをじわじわと削り取る。ただし所々に回復地帯もあるためノマゲは☆10上位レベル。HARDはかなり厳しく、慣れないうちは手に負えない。七段取得後も、実力アップのための練習曲としてオススメ。1P側はMIRRORで幾らか楽になりやすい。
    • ☆10 GENOCIDE(RED) - 前半が非常に叩きにくく、中盤の発狂は☆11のANOTHERと全く同じ。ラストが少し難しいものの、後半はほとんどが回復なので中盤で2%になっても回復は間に合う。ノマゲは☆10中位レベル。但しラストは少し難しくなるので注意。HARDは☆11レベルで、ANOTHERと大差ない。
    • ☆10 double thrash(HAPPY SKY) - 前半はあらゆるパターンの階段+αが主体で16分がほとんどだが中盤に長い螺旋階段があり、正規でもRANDOMでもかなり難しい。後半も変則的なリズムは若干あるものの大半が8分の同時押しなので、大幅に回復できる。HARDは☆10上位レベルだが、ノマゲは☆9上位レベル。
    • ☆10 rage against usual(HAPPY SKY) - ANOTHERでも発狂になっている、通称「パラリラ地帯」が難所。同色配置だが24分螺旋階段となっており、そこをHARDで越えるのは☆10相応レベルの腕前では厳しいか。そこを抜けた後はやや易化するので、ノマゲは☆10下位レベル。
    • ☆10 冥(HAPPY SKY) - 前半はBPM200で16分トリルや階段がほぼ休みなく続き、その後の低速→加速地帯もソフランに翻弄されやすい。しかし、加速後は密度・配置共に易化するため、ノマゲは☆10下位〜中位クラスで比較的楽。HARDは前半の高密度やソフランを耐えなくてはならないため、☆10上位〜☆11下位クラス。階段中心の譜面ではあるが、RANDOMは低速地帯をはじめ難化しやすい箇所が多いため非推奨。EMPRESSでは七段2曲目。SIRIUSでは八段3曲目だった。
    • ☆10 華蝶風雪(DistorteD) - 中盤難。中盤に4回現れる16分螺旋階段+αは4回とも同じパターンとはいえ、適正レベルでは捌きにくい。それ以外は8分が中心で密度もさほど高くないが、ラス前の殺しに注意。HARDは☆10中〜上位レベルだが、ノマゲは☆9上位~☆10下位レベル。
    • ☆10 MENTAL MELTDOWN(DJT) - 中盤の交互押し+皿→16分連皿+トリルが難所。その部分はANOTHERより皿が多く、ANOTHERよりキツいと感じる人も。終盤は回復なのでノマゲは☆10下位〜中位レベル。ただしラストが微妙に殺しなので要注意。HARDは所々にある12分や24分、高密度地帯でゲージが削られやすく、中盤の難所を耐えきる必要があるため☆10中位〜上位レベル。初出のDJTでは☆9であり(EMPRESSで☆10に昇格)、SIRIUSでは七段3曲目だった。
    • ☆10 3y3s(EMPRESS) - BPM191という高速の中、17の4分押し+16分乱打という発狂が来る。ブレイク前の4鍵絡みの対称→移動トリルも難所。その後は8分同時押し中心だが、皿絡みや隣接配置も多く、終盤には3〜4個同時押しの連続も。HARDは☆11下〜中位レベルの地雷。ノマゲは、同時押しが苦手でなければ終盤回復は可能なため☆10中〜上位レベルだが、苦手だとこちらも詐称に感じられるか。
    • ☆10 Go Beyond!!(EMPRESS) - ANOTHER同様、中盤に発狂があるが、ノマゲはここで空になっても十分に挽回できるので☆10で妥当。ただし、HARDはその発狂地帯を耐えなければならず、☆10ではGENOCIDE(H)や3y3s(H)と同様地雷系統の譜面。
    • ☆10 SOLID STATE SQUAD(SIRIUS) - 中盤まではトリル+α、同時押し、皿複合と様々な要素が求められ、終盤は皿+乱打が容赦なく襲ってくる譜面。(EX-)HARDは苦手要素にもよるが、ゲージを削られやすく☆10最上位〜☆11下位レベル。ノマゲは終盤の乱打次第で平均的には☆10上位レベル。CSDistorteDでは七段ボス曲だった。正規は叩きにくい配置なのでRANDOMで楽になることも。
    • ☆10 灼熱Beach Side Bunny(Resort Anthem) - ANOTHERと比べると良心的ではあるが、Red. by Full Metal Jacket(H)と違い皿のリズムが不規則で、24分皿もあるためリズムを覚えておかないと厳しい。ノマゲは後半で回復できるがそれでも☆10では中位〜上位レベル。HARDは☆11レベル程度だが、人によっては☆11上位〜☆12下位レベルに感じるかもしれない。現在HYPER譜面中最多のスクラッチ数であり、なんと418枚。Lincleではターンテーブルが改善された為、多少楽にはなっている。Lincleでは八段2曲目だった。
    • ☆10 BLACK.by X-Cross Fade(Lincle) - 「灼熱Beach Side Bunny」より速いBPM163の16分皿が頻発。更には奇数、偶数、16分連続など様々なパターンが襲ってくるため、リズムが崩れるとBADハマリなどでゲージを一気に持って行かれる。現在全曲SPH譜面の中でも2番目にスクラッチ数が多い(389枚)。ノマゲでは最後の鍵盤地帯で回復できるがそれでも☆10上位レベル。HARDでは道中の16分皿ラッシュを耐え切らねばならず、☆11レベル。SPADAではSP八段2曲目だった。
    • ☆10 fffff (Lincle) - 中盤までに訪れる3回の24分トリル、中盤にある長い24分トリル地帯が非常に危険で、特にEX-HARDだとズレた瞬間に瞬殺されてしまう。RANDOMではトリルが崩れるので正規orMIRROR推奨か。トリル地帯以降で回復できるので、ノマゲは妥当。
    • ☆10 NNRT(Linle) - 高速BPMの24分くの字や、階段部分でゲージを残せるかが勝負。中盤は同時押しメインなので回復地帯になるが、スクラッチや16分が絡む所もあるので油断は禁物。HARDは☆10上位〜☆11下位程度、ノマゲは妥当。
    • ☆10 QUANTUM TELEPORTATION(Lincle) - ほとんど何も降ってこない地帯の直前(具体的には25小節目と49小節目)に☆10としてはやや高密度かつ叩きにくい配置が襲い掛かるためHARDは☆10では厳しい。打鍵のリズムこそ掴みづらいがノマゲは☆10中位レベルの地力譜面。GOLDEN CROSS(H)の上位互換ともいえる譜面。
    • ☆10 Snake Stick(Lincle) - BLACK.by X-Cross Fade同様の皿曲で、12分皿などが交じっているためリズムがかなり不規則。BLACKとどちらが難しいかは個人差によるだろう(スクラッチ枚数は338枚でBLACK〜より51枚少ない)。ノマゲは☆10中位、HARDは☆11程度か。曲の終わり方が引っ掛け気味なので、終わったと思って気を抜かないこと。HARD難易度の高さに加え、引っ掛けもあってかLincleのクリアレートは60%台と低めであった。tricoroでは八段2曲目だった。
    • ☆10 子供の落書き帳(Lincle) - BPM280での1鍵バスが延々と続く前半が危険で、HARDではBADハマリしだすとゲージをごっそりと奪われる。越えればあとはほぼ地力譜面。ノマゲは☆10中位〜上位、HARDは☆11レベル。
    • ☆10 DAY DREAM(tricoro) - 急速なBPM変化が複数回あるためにリズムを崩し易くHARD難易度は☆10最上位〜☆11レベル(序盤のBPM300地帯は特に危険)。ただし中盤のギターソロ以後は目立って難しい配置ではなく、またBPM変動も無いためゲージを回復できる上、総ノーツ数も少ないため1ノーツ当たりの回復量も多い。そのため、ノマゲは妥当かやや逆詐称気味。
    • ☆10 GAIA(tricoro) - 中盤に8小節に及ぶ螺旋階段があり、HARDは危険。後半は☆10相当の譜面なので、ノマゲは妥当。
    • ☆10 JOMANDA(tricoro) - 前半にある「ICARUS」のような加速地帯(BPM90→300)が強烈。最高速地帯こそBSSしかないが、その一歩手前のBPM270までは16分乱打があり、ソフラン耐性・高速耐性がないと(EX-)HARDはそこだけで落とされうる。加速後のBSSを抜ければ☆10としては妥当な内容なので、ノマゲは適正レベルなら容易に巻き返せるが、終盤でもやや強めの皿複合で削りに掛かるので油断は禁物。
    • ☆10 Plan 8(tricoro) - 高速BPMの8分連皿が何度も来る上、鍵盤も絡んでくるので皿複合が苦手な人にはノマゲ・HARD共に厳しい。皿+鍵盤に関してはMIRRORで楽になる人もいるが、最後は鍵盤の密度も上がるので油断出来ない。ノマゲは☆10中〜上位レベル、HARDは☆10最上位レベル。
    • ☆10 BLUE DRAGON(雷龍Remix IIDX)(SPADA) - HARDは序盤〜前半と後半にある白鍵対称と声ネタ連皿が難所。ノマゲは高BPMではあるが終盤の同時はわかりやすい配置が多いので回復させやすいものの密度はそれなりにあり、☆10中位レベル。
    • ☆10 KAISER PHOENIX(SPADA) - 中盤と後半にある長いトリル地帯が危険。トリルだけならまだしも、所々にゴミもくっついているためBADハマりを起こすと一気にゲージを削られてしまう可能性がある。そこ以外にも短いトリル、二重階段、小階段の連続と油断できない場所が多い。
  • HARDで逆詐称or妥当&ノマゲ殺し
    • ☆10 A(7th) - 終盤にBPM191での乱打や大階段が密集してくる終盤難。ラスト付近はそれに皿も絡んでくる。ノマゲはこれらが苦手だと☆10上位〜☆11最下位レベル。難しいのはそこだけであり、HARDなら☆10中位レベルか。
    • ☆10 Abyss -The Heavens Remix-(9th) - 同曲のANOTHER(☆10)に比べて250ノーツも少なく、☆10らしい難所はラストの同時押し+皿地帯のみ。ノマゲは☆10下〜中位レベルだがHARDは☆9レベルの逆詐称。ちなみに、HAPPY SKYでは☆9だった。また、10th〜REDではSP七段3曲目だったこともある。
    • ☆10 Distress(9th) - 9th、RED、DJTでは六段のボスを務めていた曲。中盤までは☆8上位〜☆9下位レベルだが、終盤の左右対称+皿が難しく、ラストはさらに押しづらい配置となっている。HARDは☆10中〜上位レベルだが、ノマゲは☆11下位レベル。
    • ☆10 100% minimoo-G(HAPPY SKY) - 中盤までは簡単だが、終盤からラストまで延々と続く皿絡みがかなり強力。HARDの方がクリアを狙いやすいが、問題の皿絡み地帯は決して短くないため、それなりの地力が無いとHARDでも振り落とされるだろう。また、この楽曲はBPM252と非常に速い上、全譜面とも小節線が全く表示されないという特徴もあるので、BADはまりにも要注意。初出時は☆9だった。
      • ちなみにこのレベル帯の中では珍しく、冥(N)と同様に鍵盤同士の同時押しが存在しない譜面である。
    • ☆10 Little Little Princess(HAPPY SKY) - 同曲のANOTHERとは異なり8分と12分の混合配置はほとんどないものの、慣れないうちはラストの隣接階段+皿がラス殺しに感じるかも。道中は☆9上位レベルなので、全体を通すとHARDのほうが楽か。ちなみに、AC DistorteDでは七段3曲目、CS HAPPY SKYでは六段2曲目を務めていた曲。
    • ☆10 SCREAM SQUAD(HAPPY SKY) - 道中は楽であるが、ラストの皿絡みが厄介。ノマゲは☆11下位レベルくらい、HARDは☆10妥当か。
    • ☆10 waxing and wanding(DistorteD) - 同時押しラッシュのラス殺し。できない人は最後だけでガリガリ削られる。ラスト以外はかなり簡単なのでHARDの方がクリアしやすい。HARDは☆10下位レベル、ノマゲは☆10中位レベルぐらい。AC EMPRESSでは七段1曲目だった。
    • ☆10 D(SIRIUS) - 激しいソフランで翻弄されやすい上、露骨な最後殺し。後半までは☆9〜☆10下位レベル程度だが、最後1小節で☆11レベルくらいの殺しが来る為、HARD推奨。ノマゲだと☆11レベル。HARDでも☆10上位レベル。クリアレートも☆10の中では最低クラス。
    • ☆10 mosaic(SIRIUS) - 中盤までは同時押しの練習曲として適度な密度譜面でむしろ逆詐称気味だが、ラスト付近の1バス+隣接同時押しラッシュ+裏拍にくる皿が☆10にしては少々厳しい。この部分以外が捌けるならHARDの方が楽。RA〜Lincleでは七段の課題曲だった。
    • ☆10 Tropical April(Resort Anthem) - 高速BPMの中でのラストの皿複合がキツい。HARDは妥当だが、ノマゲは☆11下位レベルに感じるかも。
    • ☆10 YAKSHA(Lincle) - 道中は☆10にしては単調な譜面だが、ラスト1小節で対称配置+スクラッチの譜面が殺しにかかってくる。初見ノマゲ(EX-HARD)は特に注意が必要。HARDのほうがクリアしやすい。
    • ☆10 音楽(tricoro) - ラスト以外は局所的に密度が上がったりするが☆9上位クラス。ラストにBPM310から360にかけて加速しながらの縦連打があり回復も無いまま終わるためノマゲは厳しい。クリア狙いならHARD推奨。
  • 個人差
    • ☆10 V(5th) - 終盤にある二重トリルの得意不得意で体感難易度が変わる。☆9レベルに感じる人もいれば、☆11レベルに感じる人もいる。IIDX REDでは☆8(「☆8+」ではない、現行の☆9に相当)であり、7th〜HAPPY SKY、DJTでは七段の課題曲でもあった。
    • ☆10 MAX 300(7th) - Do it!! Do it!!と同じくBPMが300相当で、二重縦連打やトリルが特徴。特に中盤がゲシュタルトを崩壊しやすい。S-RANは確実に難化するので基本的に非推奨。とくにEX-HARDは、一瞬のBADハマリでも許せなくなる。
    • ☆10 革命(7th) - 延々と階段譜面が続く譜面で、階段が得意かどうかで大きく個人差がある。クリア狙い、スコア狙いともにRANDOM推奨。人によってはANOTHERよりスコアがでないことも。
    • ☆10 AA(RED) - 基本的には☆10上位レベルのいわゆる地力譜面。序盤の軸+階段地帯からの35トリルが(EX-)HARD時はかなりの難所となる。全体的に右寄りの譜面で、後半はその特徴が顕著に出てくる。どちらかと言えばランダム推奨。
    • ☆10 RESONATE 1794(RED) - ☆10としては低密度だが、中盤に偏った配置の乱打、終盤には隣接階段ラッシュのある、かなりの配置難譜面。正規は☆10上位クラスであり、階段が苦手だと更に厳しい。RANDOMで易化しやすいため推奨。
    • ☆10 FIRE FIRE(GOLD) - SPN同様、鍵盤と皿を同時にとる配置が多発するが、全体的に見ると譜面密度も高くなく、逆詐称気味。ただし皿複合が苦手なら厳しい。個人差も強く出る曲。RANDOMが有効。DJTでは七段1曲目、tricoro,SPADAでは七段3曲目だった。
    • ☆10 INORI(GOLD) - 叩きにくい配置の乱打と螺旋階段がずっと続く譜面。これと言った難所はないため、乱打と階段が得意なら逆詐欺に感じるが、苦手だとかなりつらい譜面。後述の「F」同様、終盤は密度が若干下がるのでノマゲは比較的楽か。またRANDOMも有効。
    • ☆10 Do it!! Do it!!(DJT) - 非常にBADはまりを起こしやすい軸押しやトリルがひたすら続く譜面で、HARDは軸押しなどができない場合は特に地雷となる。ノマゲはこれらに耐性があるかどうか、速いBPMについてこれるかで評価が分かれる。一定の地力があるなら、クリアそのものは同曲のNORMAL(☆8)より安定しやすいとの声も。
    • ☆10 BITTER CHOCOLATE STRIKER(EMPRESS) - 密度的には☆10の中では低い方だが、12分のリズムやしつこい皿複合、ラストの24分トリルが大きな個人差を生む曲。他の12分主体譜面に比べ、1P・2P問わずS+1やS+7の配置がやたらと目立つのも、個人差を増している。RAでは八段1曲目だった。
    • ☆10 GALGALIM(SIRIUS) - 全体的に声ネタのスクラッチの絡みがいやらしく、終盤はこれがさらにきつくなるため皿複合が苦手な人には辛い曲。軽くラス殺しなのでHARDの方が楽という人も。
    • ☆10 Raison d'être 〜交差する宿命〜(SIRIUS) - クリアレートに注意。Zektbach曲特有の階段譜面をさらに忙しくした様な構成。正規譜面は体力と階段適正が無いと厳しい。またANOTHERでは簡単な同時押しになっている中盤がHYPERでは階段混じりの繰り返し地帯になっているためANOTHERより難しいと感じる人も。
    • ☆10 Red. by Full Metal Jacket(SIRIUS) - 中盤、終盤に皿発狂がある。既存の皿曲に比べBPMが高く、確実に難しい。2回目の皿発狂の後は回復なので楽だが、HARDは恒例の皿発狂をいかに耐えるかが問題になってくる。Lincleでターンテーブルが改善された為、逆詐称気味に感じる事も。1P側はMIRRORを入れると中盤で皿と鍵盤が分かれるため、楽になるかも。皿枚数は350枚。
    • ☆10 F(Lincle) - 大部分を隣接配置の階段譜面が占める。階段が得意であれば逆詐称に感じるが、階段が苦手だと(特にHARDでは)辛い曲。ただし、終盤には階段がなく回復できるので、ノマゲは☆10としては弱め。また、RANDOMをかけると、概ね難易度が下がる。
    • ☆10 The Limbo(Lincle) - 2回の連皿に加え局所的な微発狂が見られ、そして終盤で高速乱打が殺しにかかってくる。前者が苦手だとHARD殺し、後者が苦手だとノマゲ殺しとなるので注意。
    • ☆10 聖人の塔(Lincle) - 開幕と中盤とラストに低速地帯があるが、密度が低いため区間を覚えてしまえばギアチェンなしでも十分対処可能。むしろ、高速地帯の大半を占めるあらゆるパターンの階段で個人差が大きく出やすく、高速階段が苦手だとクリアできたとしても高スコアは期待できない。
    • ☆10 Hollywood Galaxy(tricoro) - 全体的に☆10としてはやや逆詐称気味だが、中盤のCN絡みは慣れていないと押しにくく、初見HARDやEX-HARDは要注意か。逆にそこがうまくできるならHARDでも☆9上位レベルに感じられる。
    • ☆10 Zirkfied(tricoro) - 全体的に☆10で妥当だが、序盤とラストのV(H)のような対称二重トリルや中盤の(1+5)×3→(3+7)×3の12分縦連で個人差が出やすく、苦手だと(特にHARDは)詐称に感じるかもしれない。
    • ☆10 シュレーディンガーの猫(tricoro) - 終始、叩きにくい同時や階段が降ってくる。高BPMゆえに見切り力やとっさの判断力が必要。全体的に右寄りの譜面なので、右手が弱いとノマゲ、HARDともに危険。
    • ☆10 たまゆら(tricoro) - 後半難。同色ながら3〜4つの同時押しが多く、階段もある。高BPMで皿も絡んでくるため、これらの中に苦手要素があると、ノマゲもHARDも一気に落とされる可能性があり、☆10でも中位レベル以上に感じるだろう。逆に得意な人にとっては(CS EMPRESS初出時の)☆9でも十分妥当に感じられるか。

☆11〜☆12

  • ノマゲで逆詐称or妥当&HARD殺し
    • ☆11 嘆きの樹(DistorteD) - 中盤のトリル絡み(ANOTHERでいう歯抜けデニムにあたる箇所)やその後の24分大螺旋階段がきつく、HARDは☆11中〜上位レベル。ノマゲの場合、先述の難所を抜けた後は完全に回復だが、2%からでは回復が追い付かないため、ノマゲでも☆10上位〜☆11下位レベルはあるか。
    • ☆11 Fascination MAXX(GOLD) - 縦連打以降の回復が長い。ノマゲなら☆10上位レベル。HARDは序盤の1鍵連打中の減速やそれに誘発されるなどのBADハマリで事故死しやすく、ソフランを暗記しておくぐらいの対策は必要。
    • ☆11 MENDES(DJT) - ブレイク前の前半が明らかに☆11を大きく離脱した押しづらい配置になっているためHARDは詐称。しかし、ブレイク後は一転して☆10レベルの譜面になり、ラストに軽い殺しがあるもののその後も15%程回復可能なのでノマゲは☆10上位〜☆11下位レベルと非常に極端な譜面。
    • ☆11 PARANOiA 〜HADES〜(DJT) - 低速地帯で大きくゲージを減らさなければ終盤で挽回できるため、ノマゲなら☆10上位レベル。ただし、2%からでは無理なので個人差アリ。HARDは☆11妥当で、苦手な人は☆12レベルに感じることも。
    • ☆11 卑弥呼(EMPRESS) - 階段地帯が高速で押しにくく、全体的にミスが出やすい上、ところどころガッツリ削られるところも。また、HI-SPEED変更は不可と考えた方がいい。RANDOMでも中盤の交互押しで難化する事が多く、一長一短。後半がそれほど難しくないのでノマゲは☆11上位レベルだが、HARDは☆12中位レベル。低速が苦手ならノマゲでも☆12レベル。
    • ☆11 PARADISE LOST(Resort Anthem) - BPM200と言う高速でCN、トリル、1鍵軸押し、24分階段、歯抜けトリルに要所要所で絡む皿、そしてリズム難気味と、道中ゲージを削る要素が多く、HARD抜け難度は☆11でも高い方。ノマゲは後半の24分階段以降回復になるが、ラストがやや殺し気味であり、ゲージを削られすぎると間に合わないこともあるので注意。Lincleまでは☆10だった。
    • ☆11 VOX UP(SPADA) - BPM202での16分トリルや皿絡みがメインの譜面。序盤にいきなり難所がある上、そこを抜けてもBPMの速さゆえに細かいミスが出やすく、HARD(特にEXH)はかなりの難易度を誇る。ノマゲに関してはラストの白鍵二重トリル次第だが、そこまでにゲージ回復の余地はある。当時、解禁可能となった1週間後の2014/5/7時点でのクリアレートは27%とかなり低かった。
    • ☆12 Innocent Walls(10th) - ANOTHERと比較して縦連打のスキルが必要な譜面。終盤の「白壁」を超えた後は完全に回復なので、ノマゲは☆12で一番早く出来る場合がある。しかし、道中は縦連打絡みで常にミスを出しやすい上、終盤の白壁を耐えなければならないため、HARDは☆12中位レベル。HAPPY SKYでは☆11だった。DJTではgigadelic(H)に代わりSP八段ボスに就任していた。
  • HARDで逆詐称or妥当&ノマゲ殺し
    • ☆11 FAKE TIME(RED) - かなり強いラスト殺し。高速トリルが二回やって来た後に、高速二重階段で殺しにかかってくる。ノマゲは☆12下位レベル、HARD推奨だがそれでも☆11中〜上位レベルはある。ちなみに、DistorteDでは☆12に昇格していた。
    • ☆11 Evans(SIRIUS) - Lincleで☆10→☆11に昇格したが、それでも露骨なラス殺しは健在、ノマゲはかなり厳しく☆11上位レベル。HARDでもブレイク直前の二重階段を筆頭に短い発狂が散りばめられており、徐々にだがゲージを削られやすく☆11中位レベルはあるか。
    • ☆12 gigadelic(RED) - お馴染み八段ボス。中盤までの13、12トリルと、終盤の皿複合からの67トリル絡みのラス殺しが猛威を振るう。そこ以外は☆10上位〜11下位レベル。BPM173とそれなりに高速曲だが、メインのリズムは12分なのでトリルはそれほど速くない。RANDOMでほとんどの場合さらに簡単になる。HAPPY SKYでは☆11だった。
  • 個人差
    • ☆11 Almagest(SIRIUS) - CN+階段地帯は得手不得手によって難易度が大幅に変わる。CN地帯を抜けた時にゲージが20%以下だとノマゲクリアは不可能なので注意。全体的に北斗殺し譜面なので北斗運指の人は要注意。
    • ☆11 reunion(Resort Anthem) - 前半はX譜面、XX譜面以外は同時押しメインで☆11らしい密度が殆どなく、中盤以降の長い高速階段地帯を如何に耐えられるかがカギとなる。階段を捌ける人にとっては☆10上位レベル程度。しかし、階段が苦手な人には非常に厳しい。

ANOTHER

☆1〜☆7

  • ノマゲで逆詐称or妥当&HARD殺し
    • ☆5 ULTRA HIGH-HEELS(4th) - 局所的に明らかに☆5を逸脱した配置があり、適正では厳しい。ノマゲはその後挽回できるので妥当。だが、HARDは☆6中〜上位と思った方がよいか。
    • ☆5 World Wide Love(8th) - サビの同時押し地帯が☆5にしては難しい。HARDだと☆6レベル。ラストで回復できるのでノマゲは妥当。
    • ☆6 Glorious Days(7th) - 前半2回だけある32分5連皿が非常に厄介で(特に1P)ここで大幅にゲージを削られてしまう可能性あり。ノマゲは最後が比較的簡単なので☆6上位レベルだが、HARDは☆7中位〜上位レベル。ちなみに、☆6でフルコンボレートが最も低い曲。
    • ☆7 airflow(8th) - HYPERと同じく密度の違いがハッキリした譜面で、高密度部分の何カ所かが☆7としては厳しい。低密度部分も三角押しなどがあり、注意を要する。ラストは回復(HYPERと同じ)だが、その手前の高密度譜面で削られすぎると回復が間に合わず、ノマゲでも☆7上位レベル。
    • ☆7 I'm Screaming LOVE(EMPRESS) - 中盤に☆7とは思えない密度の譜面が降ってくる。だがそこを抜ければあとは☆7下位レベル程度の配置。HARDは地雷クラス。
  • HARDで逆詐称or妥当&ノマゲ殺し
    • ☆3 I Was The One(2nd) - 終盤まではHYPER(☆3)と変わらず妥当だが、最後の一小節に7鍵16分15連打が追加され、かなりのラス殺しになっている。適正レベルではノマゲクリア(EX-HARD)はほぼ不可能と考えてよく核地雷である。激しくHARD推奨。適正レベル以上で、縦連打が苦手な人はS-RANDOMの適用も選択肢の一つか。
    • ☆5 desolation(10th) - 道中は☆5クラスでも弱い方だが、ラストは皿絡みが極悪。HARDの方がクリアしやすいが、道中も同時押しと32分3連皿に注意。
    • ☆7 Skyscraper(3rd) - HYPER(☆6)に比べ19ノーツしか増えていないが、その殆どが最後2小節に追加され強烈なラス殺しに。ノマゲは☆8上位レベル。道中も、HYPERとほぼ同じといえど、☆7として十分な難度があるため、HARDも☆7としては強めか。
    • ☆7 Burnin' The Floor(4th) - ラストで☆7にしては密度の高い皿複合譜面が降って来る。HARD推奨だが、☆7としては強い方と言える。ノマゲは☆8下〜中位レベル。
  • 個人差
    • ☆7 .59(2nd) - 縦連や乱打がメイン。得意なら逆詐称で、個人差が出やすい。メインメロディの縦連のリズムがHYPERと異なる点にも注意を要する。
    • ☆7 THE CUBE(5th) - NORMALやHYPERとはうってかわって、ドラムパートのみを演奏。皿0枚で、同時押しも2つ押しが曲の最初、中盤、最後に1回ずつしかないが、リズムが複雑で16分2連打が頻発するため、リズム難譜面や縦連が苦手な人は要注意。しかし、全体を通して見れば同じリズムで叩ける箇所が大半なので、逆にこれらが得意な人はHYPER(☆6)よりも簡単に感じるだろう。

☆8

  • ノマゲで逆詐称or妥当&HARD殺し
    • ☆8 Abyss(5th) - 序盤に短いながらも高密度乱打や乱打+8分連皿絡みが襲いかかって来る。HARDは☆9中〜上位、EX-HARDは☆10クラスの核地雷。ブレイク後はHYPERに4つ打ちを足したような譜面で、ノマゲは☆8妥当。
    • ☆8 19,november(6th) - 序盤に降ってくる連皿複合や中盤に降ってくる縦連絡みが☆8を逸脱しており、適正レベルでのHARDは厳しいか。終盤は回復なので、ノマゲは妥当。
    • ☆8 dissolve(8th) - 序盤から中盤にかけての複合フレーズが見切りづらく、叩きにくい配置のためHARDは☆8上位〜☆9下位レベル。そのあとは☆7の同曲HYPER譜面に多少のおまけがついた程度なのでノマゲは☆8ではやや簡単か。
    • ☆8 HORIZON(RED) - 序盤に短いながら隣接トリル混じりの発狂がある為、HARDは☆9レベル。その後は8分メインのリズムでわかりやすいので、ノマゲは妥当。ただし、ラストの13トリル+αの配置に注意。
    • ☆8 EMPTY OF THE SKY(HAPPY SKY) - 序盤に、2小節だけだが2〜3個の8分同時押しが続く発狂が降ってくる。そこを抜ければ、8分中心の配置なので回復は十分可能。☆6上位〜☆7中位レベル。但し、HARDは☆8最上位〜☆9レベルの地雷。
    • ☆8 マチ子の唄(DJT) - 2回ある567の螺旋階段+皿+αと、皿の絡む階段、の3カ所の局所難が危険。全体的には同時押し(+皿)が多い譜面であり、ノマゲは妥当だが、HARDは☆9レベルか。2P正規は難所が捌きにくく、特に危険。
  • HARDで逆詐称or妥当&ノマゲ殺し
    • ☆8 Jam & Marmalade(4th) - 終盤は縦連とスクラッチ絡みの強烈なラス殺し譜面。HARD推奨だがそれでも☆8では上位。ノマゲは実質☆9レベルか。
  • 個人差
    • ☆8 THE EARTH LIGHT(substream) - HYPER同様、全体的に不規則な縦連打が多く、個人差の大きい譜面。縦連打が苦手な人はS-RANDOM推奨。
    • ☆8 Presto(3rd) - 同曲HYPERと10ノーツしか差がなく、後半の高密度地帯に同時押しが増えたり階段にゴミがついたのでHYPERより少し難しいとの声もあるが、押せる人からするとわずかに弱くなったと感じる。道中はHYPERと同じなので、同じく不規則な階段や乱打の連続地帯が得意だと☆7中位〜☆7上位の逆詐称に感じられるが、苦手だと強めに感じられるかもしれない。
    • ☆8 Spin the disc(5th) - 同曲HYPER(☆7)とは15ノーツ差しか無く、一部の配置が変わっただけで殆ど同じ譜面。基本的には妥当だが連皿や皿複合がかなり多く、皿絡みの得意不得意で個人差が出る。
    • ☆8 花吹雪 〜IIDX LIMITED〜(GOLD) - 1P殺し曲。最後に8分同時押し階段+16分皿が来るが、同時押しが左側に偏っており、1P正規では、ノマゲは☆9〜10レベルの地雷譜面となる。MIRRORかHARD推奨。
    • ☆8 Wanna Party?(DJT) - 全体的には☆8の中では簡単な方だが、近作のこのレベルの曲にしては隣接同時押しが非常に多く、苦手な人は逆にかなり上位に感じるかもしれない。
    • ☆8 サヨナラ・ヘヴン(SIRIUS) - 終始☆9のCheer Train(A)を緩くしたような皿複合が続く。皿総数も158枚と多く、ズレ配置が多いため回復もしづらい。皿複合が苦手な人にとっては(特にHARDは)かなり厳しい譜面となるだろう。また、全体的に1P殺しの配置なので、1P側はMIRROR推奨。
    • ☆8 Stay my side(Resort Anthem) - 基本的に妥当だが、隣接や白黒混ざった同時押しが多発する。「1+2+4+6+7」の連発などもあり、一度崩れると一気に削られる。他にも、同時CNの終点に他の鍵盤が複数あるなど、危険要素満載。運指には注意が必要。特に初見HARDは要注意。

☆9

  • ノマゲで逆詐称or妥当&HARD殺し
    • ☆9 era(nostalmix)(3rd) - 1回目の低速地帯の後半は32分階段の繰り返しで非常に難しく、大幅にゲージを減らしてしまう可能性が高い。終盤で回復できるのでノマゲは☆9中位レベルだが、HARDは☆9難関曲の1つ。
      • 低速地帯が苦手でBPM変化時の数ノーツを犠牲にしてもかまわない程度のゲージの余裕があるなら、SUD+のオン/オフを実行するのも手。
    • ☆9 Real(5th) - 中盤が、☆11レベルの発狂地帯となっている超局所難譜面。HARDは☆9の中でもトップクラスの核地雷。しかし、発狂地帯後はほとんど回復(HYPERと全く同じ)なので、ノマゲはHYPERとほぼ変わらず、☆8中〜上位レベルの逆詐称。
    • ☆9 entrance(7th) - HYPERと比較して16分2連打は解消されているが、前半に8分連打絡みの発狂が襲ってくる。HARDは許容BPが少ない中でこれを捌かなければならない。発狂を抜けると回復できるので、ノマゲは妥当か。
    • ☆9 MUSIC TO YOUR HEAD(8th) - 序盤〜中盤は3連打や押しにくい同時押しが多く、HARDでは☆9上位〜☆10レベルの難しさ。しかし、終盤はHYPERとほとんど同じ配置のため回復は容易で、ノマゲなら☆9下位レベル。
    • ☆9 CARRY ON NIGHT(English version)(10th) - 中盤の螺旋譜面+αが☆10レベル。ノマゲの場合最後で回復できるがそれでも☆9上位レベル。HARDは☆10を7、8割方クリアできるくらいの実力が必要か。
    • ☆9 HIGH(10th) - HYPERと同じく縦連と同時押しと皿絡みが厄介。またHYPERより回復地帯が少なくなっている。ノマゲは☆9上位レベル。HARDは特に危険。
    • ☆9 SHOOTING STAR(10th) - 中盤に☆9としては高密度なトリル複合が降ってくる。終盤は普通の☆9程度の密度である為ノマゲクリアはしやすい方だが、それでも☆9上位レベル。HARDは確実に☆10レベルの地雷
    • ☆9 Under the Sky(HAPPY SKY) - 間奏が16分フレーズに変化しているが、その部分が☆9を逸脱した乱打発狂になっており、HARDは確実に☆10下〜中位レベル。そこ以外はHYPERを若干強化した程度でノマゲは妥当〜やや弱めだが、ラス前の軸押し地帯が苦手だとノマゲも要注意となる。
    • ☆9 WISH(EUROBEAT MIX)(DistorteD) - HYPERと同じく、中盤の螺旋階段+αが明らかに☆9を逸脱している。更に終盤前までの小階段等が絡んだ配置でもゲージを削られやすい為、HARDは☆10レベルの核地雷。終盤は回復なのでノマゲは☆8上位〜☆9下位レベル。
    • ☆9 Round and Round(Lincle) - 序盤にリズムが若干分かり辛い8分、16分皿が混ざった皿複合地帯があるため、HARDやEX-HARDではそこを知らないと危険。以降は☆9としてかなり弱めなのでノマゲは楽だが、ラストに皿絡みの同時押しが頻発するので油断は禁物。
    • ☆9 下弦の月(tricoro) - HYPER譜面で難所だった間奏での階段発狂は、隣接あり、折り返しありと更に難しくなっている。それ以外にも軸押しや移動トリル、前半には隣接を含んだ8分同時押しラッシュ等があり、苦手なものがあるとHARDはあっという間にゲージを持っていかれるので注意。また、ラストに「1+2+6+7+皿」の2連打があるため、ノマゲも注意が必要。
    • ☆9 Recollection(SPADA) - 中盤の間奏に3小節にまたがる16分の黒鍵螺旋階段があり、HARDだとここだけで落とされる可能性が高い。ノマゲなら螺旋階段以降で挽回できるものの削られ過ぎると回復しきれないかもしれないので要注意。
  • HARDで逆詐称or妥当&ノマゲ殺し
    • ☆9 GENOM SCREAMS(substream) - ラスト突入までは、HYPERに見られる縦連配置も殆ど無く非常に簡単だが、問題のラストで対称配置に16分二重階段と☆9にしてはかなりきつい譜面が襲ってくる。難しいのはラストだけなので、HARDのほうがクリアしやすいと言える。
    • ☆9 RUGGED ASH(substream) - 後半難。ラストは押しづらいスクラッチ絡みの譜面がやってくる。ノマゲはそこで落とされる可能性大。HARDはラストのスクラッチ前には階段がやってくるので注意。
    • ☆9 ALL RIGHT(8th) - ラストの1-3交互連打+αが危険。このラストで餡蜜を使うか使わないかによって難易度が大きく変わるが、基本的には☆10レベルと考えてよい。またラストゲーであるので激しくHARD推奨であり、HARDだと☆9で妥当と言える。
    • ☆9 Freezing atmosphere(10th) - 終盤にある24分隣接トリルが続く小節が、スクラッチも絡んでおり、かなり難しい。その後の回復が短いためラス殺しになっており、隣接配置が苦手だと特に危険。HARDの方がクリアしやすいが、後半からズレ配置が多くなるため、回復しにくくなるので注意。
    • ☆9 INJECTION OF LOVE(RED) - 全体的にHYPERを強化した譜面だが、終盤の12分階段+αに加え、やはりラスト1小節の二重トリル絡みのラス殺しがきつい。HARDの方が断然クリアしやすい。ノマゲは☆9上位レベル。
    • ☆9 Raspberry♡Heart(English version)(RED) - HYPER譜面と同様に、ラストのS+1+2+4+6+7の8分4連がこのレベルにしては曲者。道中は妥当〜やや弱めなのでHARD推奨。また、RANDOMをかけるとここが必ずと言っていいほど高確率で難化するので、クリア狙いなら正規orMIRROR推奨。
    • ☆9 SPEEDY CAT(RED) - HYPER同様、3度の乱打地帯がクリアに大きく影響するが、3度目のみ1鍵バスドラが追加されており、ラストの皿絡みの難所と相まってラス殺し気味。適正レベルならHARDの方が楽か。ノマゲは☆10レベル。
    • ☆9 In Heaven(tricoro) - 道中は乱打中心で適正であれば難しいと感じる場所は少ないが、ラスト数小節が連皿や隣接階段が絡んで押しにくく、ノマゲはここだけでボーダーを割りやすい。そのためHARDの方がクリアしやすいと思われる。
  • 個人差
    • ☆9 Frozen Ray(original mix)(6th) - HYPER(☆9)に比べ、前半に少しノーツが追加され、階段を隣接配置にして強化した程度だが、正規HARDはその部分が叩きにくいため☆10下位レベルか。後半はHYPERとほぼ一緒のため、ノマゲは同等レベル。HARDでもRANDOM適用の場合は、隣接階段が崩れるためHYPERと同レベルと考えてよい。
    • ☆9 Cheer Train(7th) - BPM120と遅いが、声ネタが入る部分を中心に皿を捌かせる皿絡み地帯となっている。それも、曲全体のうちそこそこの比率を占めているので、皿絡みが苦手だと苦戦を強いられる。また、中盤に、123の繰り返し+αの地帯があり、リズムを見失うと総崩れになる危険性があるので、皿絡みの得手不得手に関わらず注意されたい。
    • ☆9 Monkey Dance(8th) - HYPERでも難所だった16分階段は、4つ打ちとスネアが加わり、さらに押しにくくなっている。苦手な場合はRANDOM推奨だが、はずれが来る可能性も高く、諸刃の剣。
    • ☆9 STAR DREAM(8th) - たびたび登場する13トリル+αが猛威を振るう。ラスト前にもあるため、トリル複合が苦手なら、ゲージ問わず☆10レベルの詐称譜面となる。プレイサイドや運指によっても体感難易度が異なり、MIRRORを入れることで若干難易度が下がる場合も。
    • ☆9 BRIGHTNESS DARKNESS(9th) - 全体的にはHYPERに4つ打ちを加えたような構成。難所はやはり道中の1+3鍵3連打とラストの皿絡み同時押しで、ラス殺し系ではあるものの、縦連が苦手だとHARDは☆10レベルの危険曲になりうる。
    • ☆9 真夏の花・真夏の夢(9th) - Resort Anthemで追加された新譜面。Bメロから登場するCN地帯が厄介。初見HARDは危険。
    • ☆9 Ready To Rockit Blues(10th) - tricoroでCN譜面に変更されて復活。またぎ配置を含んだCNが後半から降り、これが苦手だと後半殺しになる。ただ、総ノーツ数自体は少なく同じリズムで叩ける箇所も多いので、CNがそれほど苦手でないなら☆8レベル程度に感じるだろう。なお、HYPERと比較するとラスト部分のノーツが削られており、若干ではあるものの回復がしづらくなっている。
    • ☆9 PLASMA(HAPPY SKY) - 総ノーツ数はHYPERと比べて300近くも増えているが、増えたノーツの大半は4つ打ちを主体としたドラムパートで、基本的には☆9上位レベル。ただし、HYPERで16分の連続になっている箇所にも容赦なく織り込まれているのでRANDOMでは易化しにくい。初出のHAPPY SKYでは☆10だったが、苦手な人にとっては☆10で妥当に感じるかも。
    • ☆9 the trigger of innocence(DJT) - 後半に極端に右側に寄った高密度配置があり、右手が弱いとここだけでゲージが壊滅しかねない。ここを抜ければ大きく回復できるので、ノマゲはよほど削られすぎない限りクリア自体はしやすい方か。
    • ☆9 A MINSTREL〜ver.short-scape〜(Lincle) - 高密度の同時押しラッシュと階段が最初から最後まで続く。序盤は同色同時押しが多いが中盤以降はそうでないものも増えるうえ、リズムの変化もあるため、同時押しが苦手な人には辛い譜面。数こそ多くないが、嫌らしい配置のCNにも注意。
    • ☆9 Miami Sunset Drive(Lincle) - CNをまたいだ配置や時間差、CN終わりと同時の皿+鍵盤などCNが苦手だとかなり厳しい。中盤から終盤までCNが連続するので、じわじわと削られる可能性がある。
    • ☆9 YELLOW FROG from Steel Chronicle(tricoro) - BPMは遅いが、終始3〜4つの同時押しが現れ、16分2連打や皿との絡みも多い。また、ラスト近くに123567の同時+皿という☆9にしては厳しい配置もあり、同時押しが苦手だと☆10レベルに感じられるか。
    • ☆9 Give Me Your Love(SPADA) - 高密度の部分はTHE SAFARI(H)をゆるくしたような67トリル絡みが多く、☆9適正でも苦手な人はしこたまゲージを奪われる。それ以外の部分は基本的に弱めだが、終盤の同時押しが若干ラス殺し気味。

☆10

  • ノマゲで逆詐称or妥当&HARD殺し
    • ☆10 Macho Gang(substream) - HYPER同様序盤の移動する同時連打が非常に難しいが、難所はそこくらい。HARDではそれが耐えられるかが問題になっている。皿絡みが多く叩きづらいが、ノマゲは☆9中位レベル。S-RANDOMをかけると上記の難所は易化するが、それ以降が高確率で難しくなる。
    • ☆10 250bpm(4th) - 1P殺し曲。1P側は非常に押しにくい配置になっており、1PはMIRROR推奨。それでも全体的にトリル絡みや皿絡みで削られやすく、HARDはかなり難しめ。ノマゲは☆10上位、HARDは☆11レベル。
    • ☆10 DIVE 〜INTO YOUR HEART〜(6th) - たびたび13トリルの出口に1鍵の2連打+皿同時が絡み、中盤には57トリル+αの発狂が襲いかかる。
      • 更にこの発狂は、トリル中に5鍵と7鍵の間に1か所32分間隔で6鍵が配置されている部分まであり非常に押しづらい。発狂後も前述の縦連+皿同時付きのトリルが降ってくる分HARD殺しの特性あり。ノマゲは☆10上位レベル、HARDは☆11レベル。
      • ANOTHERに難易度が設定され始めたHAPPY SKYの頃はなんと☆9であった。
    • ☆10 WAR GAME(8th) - 序盤と後半に登場する同時押し+スクラッチ譜面地帯が非常に厄介で、HARDは譜面に慣れない間は序盤殺しになりかねないため☆10上位〜11最下位レベル。中盤に回復できる余地はあるのでノマゲは妥当。
    • ☆10 Quickening(9th) - 中盤にある発狂地帯が☆10にしては難しい。ノマゲは発狂後を全て拾いきれば☆10下〜中位レベルで妥当だが、2%からでは回復が追いつかないので注意。HARDは中盤以外にも序盤のプチ発狂を耐えねばならないので☆11下〜中位レベル。
    • ☆10 GRADIUS -FULL SPEED-(10th) - 序盤の乱打地帯が高密度で難しい。その後は、ソフランを除いて難しい場所はないので、ノマゲは☆10妥当。HARDは☆10上位〜☆11下位レベル。HI-SPEED変更を行えない事もないが、隙が小さく困難。
    • ☆10 Sphere(RED) - 前半の皿+二重トリル+αで一気にゲージを削られやすい。HARDは地雷。それ以降はHYPER(☆9)を多少強化したような譜面なのでノマゲでのクリアは楽。
    • ☆10 The Hope of Tomorrow(RED) - 2回の長いトリル地帯が脅威。特に2回目はトリルの中に裏打ちが配置されており、かなり厳しい配置になっている。2回目のトリル後に難しい場所はないのでノマゲは☆10妥当。HARDは☆11中〜上位レベル。
    • ☆10 double thrash(HAPPY SKY) - HYPERと同じで前半難。全体的にスクラッチが増えており、HYPERよりも難しくなっている。初出のHAPPY SKYでは☆11だったが、HARDなら☆11が妥当といえる。ノマゲは☆10下〜中位レベル。
    • ☆10 SigSig(HAPPY SKY) - HYPERと比較すると同時押しなど難所が増加している。特に中盤の軸地帯は見切れていないとBADはまりを起こしやすい。連皿が難しいが、ラストは比較的楽でノマゲは☆10上位レベル。HARDはトリルや縦連などを耐えないといけないので難易度が上がる。
    • ☆10 月光(HAPPY SKY) - 間奏が1鍵バス+螺旋階段+皿という厳しい配置になっており、特に皿は16分連続の箇所もあってここで崩れやすい。HARDは☆10最上位〜☆11下位レベルの詐称。その後で回復の余地があるためノマゲは妥当。
    • ☆10 ALFARSHEAR 双神威に廻る夢(DistorteD) - HYPER譜面と同様に中盤の階段+αの部分が難しいが、そこを抜ければ回復する余地は十分にある。ただし、ラストの3連符階段はHYPERよりも手数が増えて押しにくくなっているので注意。ノマゲは妥当、HARDは☆10上位〜☆11最下位レベルか。HYPERと同じく、最後の1+4+7の三連打も忘れずに。
    • ☆10 クルクル☆ラブ 〜Opioid Peptide MIX〜(GOLD) - 前半に☆10を明らかに逸脱した発狂があるが、後は☆10らしい難所はない。ラストを含み道中に3箇所あるトリル絡みでのBADはまりには注意だが、それでもノマゲは☆9上位レベル。HARDは☆11中〜上位レベル。
    • ☆10 Jack(EMPRESS) - HYPER同様、クリアだけで見れば妥当だが、中盤の同時押し地帯の密集が☆11レベルに近く、特にHARDでは厳しい。ノマゲでもここで削られすぎると回復しきれない事も。ポップンのEX譜面とそっくりなのでポップンの譜面に慣れている人には有利かも。
    • ☆10 THANK YOU FOR PLAYING(EMPRESS) - 中盤に皿の絡んだ24分螺旋階段があり、その直後に白鍵全押し連打があるため、HARDは☆11下〜中位レベル。終盤は☆10としては弱めなので、ノマゲの場合は2%からでも巻き返すことはできるが、ラス前の若干殺しがかかった16分ピアノフレーズや、ラストの変則リタルダンドには要注意か。
    • ☆10 Light Shine(SIRIUS) - リズムの掴みにくい連皿と中盤のプチ二重階段+αが難所という局所難譜面。4回ある連皿地帯は2回目までと3回目からでリズムが違っており、それを把握出来ていないとプチ二重階段地帯後の連皿で落とす危険性大。それ以外はCNが絡むものの回復しやすく終盤も大きく回復可能。ノマゲは☆9上位に留まる。
  • ☆10 passionate fate(Resort Anthem) - 局所的な難所がいくつもあり、合間のノート数も少なめのため回復しづらい。ノマゲは妥当だが、HARD時は要注意。
  • ☆10 THE DOOR INTO RAINBOW(Resort Anthem) - 道中に何箇所もある32分階段がじわじわとゲージを削り取る上、中盤のCN地帯は鍵盤がCNをまたいだ配置もあるため押しにくく、(特に初見だと)HARDは危険。ノマゲは終盤に回復する余地は一応あるが、ラストにもトリル絡みの締めに32分階段が入った殺しがあるので、ノマゲでも☆10上位レベル。
  • ☆10 portal(tricoro) - 序盤のプチ二重階段、中盤の1+7鍵の12分軸やトリル等が絡んだ部分でミスが出やすく、一方で全体的にズレが多く回復しづらいため、個人差もあるがHARDは危険。終盤は☆10妥当だが隣接同時押しや隣接トリル等やや押しにくい配置が多く、ノマゲも油断ならない。1+7軸や67トリルが苦手な人はRANDOM推奨。
  • ☆10 GRADIUS 2012(tricoro) - 速めのBPMに階段、皿複合、連皿、CNなどが盛り込まれ、しかも☆10ではTOP5に入る物量を誇る総合譜面。どれか一つでも苦手な要素がある人にとってはHARD地雷譜面となるだろう。ノマゲも☆10上位レベル。tricoroでは八段1曲目を務めていた。
  • ☆10 Rainbow after snow(tricoro) - 基本的に妥当だが、移動する軸やそれをまたぐような同時押しが配置されており、なおかつ曲が進むにつれてだんだんと密度が高くなる。さらに要所要所に早い階段が絡んでくるので細かいミスが重なりやすい。HARDはそれなりに難しい。
  • ☆10 罪と罰(SPADA) - 中盤に26-35の二重隣接トリルがほぼ2小節降ってくる。かなり長い上に餡蜜が効きにくく、BADはまりを起こしやすいのでHARDは注意。ノマゲはその後皿複合や階段こそあるものの回復する余地は十分にある。
  • ☆10 廿(SPADA) - SPHの難所でもある中盤の鍵盤+皿地帯は、鍵盤に16分階段が増えた事でSPH以上に片手力が試され、難所終盤の4連続32分1357階段+声ネタ皿までいかにゲージを維持できるかがHARDクリアの分かれ目となる。また、道中も同時押しが増えたり16分皿を捌く箇所が増えるなど、所々零し易い譜面となっており、HARDは☆10中位〜上位と見ていいだろう。
  • HARDで逆詐称or妥当&ノマゲ殺し
    • ☆10 Abyss -The Heavens Remix-(9th) - 同曲のHYPER(☆10)と同様、ラストに同時押し+皿の殺しが降って来るが、HYPERと比べ密度が上がっており、適正レベルでのノマゲクリアはかなり厳しい。HARD推奨だが、道中も☆10としては十分な譜面となっており、HARDクリアも決して容易ではない。
    • ☆10 HYPER EUROBEAT(2DX style)(9th) - ラスト1小節が3個同時×10というあからさまな殺しになっており、ノマゲは☆11下位クラス。HARD推奨だが、所々のやや高密度な部分や連打絡みの配置でミスを誘発されやすく、☆10上位クラスはあるだろう。
    • ☆10 LOVE♡SHINE(9th) - ラス殺し。皿複合がかなり押しにくい配置となっている(一応ここを抜ければ回復の余地はある)。HARD推奨だが、ラストの皿複合地帯でゲージをごっそり削られるのならHARDも厳しいかもしれない。
    • ☆10 Daisuke(10th) - サビの階段+αが☆10の中では強め。特にラスト1小節が厳しく、ノマゲだとかなり強烈なラス殺しになる。難所と回復がハッキリしており、ラストまである程度ゲージを維持できるならHARD推奨。
    • ☆10 awakening(RED) - Lincleで☆10に昇格。序盤とラストには2連打(ラストは1ヶ所だけ3連打がある)が入り混じった表打ち+階段+裏打ちが流れてくる。ラス殺しな為HARD推奨だが、中盤にHYPERと同様の隣接トリル→大階段が降って来るので注意。ノマゲは☆10妥当、HARDは☆9上位レベル。
    • ☆10 alla turca con passione(HAPPY SKY) - 終盤に縦連が頻発し、2鍵5連打+αや2鍵軸の非常に叩きにくいラス殺しがある。ノマゲは☆11レベル。HARD推奨。
    • ☆10 オレはビートマニア! お前は何マニア?(HAPPY SKY) - 前半は☆8上位〜☆9下位レベル程度の譜面であるが、ラストはHYPERと同様に連皿譜面がやってくる。ノマゲは☆10中〜上位レベルであるが、全体的に考えるとHARDのほうが楽か。初出のHAPPY SKY当時は☆9であった。
    • ☆10 Heavenly Sun(IIDX VERSION)(DistorteD) - 段階的に難しくなっていく譜面で、序盤は☆7中〜上位、中盤は☆8上位〜☆9下位、終盤は☆10中位といった感じ。BPMが遅めなこともあり、全体的にも☆10にしては楽なほうではあるが、適正レベルならHARD推奨か。
    • ☆10 罠(DistorteD) - ANOTHERになっても16分すらほとんどなく全体的には皿絡みの同時押しに特化した感じの譜面だが、ラストが☆11レベルの殺し。一応HARD推奨ではあるが、道中も連皿絡みで削られやすく☆10中〜上位レベルで、苦手だとHARDでも☆11下位レベルの詐称に感じるかも。
    • ☆10 Mermaid girl(Resort Anthem) - 道中はDazzlin' Darlin(A)の配置を易しくしたような譜面で、非常にスコアも出し易いが、ラストがリズムに合わせた白壁・青壁+皿と殺し気味で、そこがうまく押せるかどうかでノマゲの体感難度は大きく分かれる。初見ノマゲは人によるが地雷に感じることも。フルコン狙いのときも注意。HARD推奨か。また、物量だけはレベル相応にあり、RANDOMをかけると道中も難化しやすく、最後の壁の配置次第ではそこで落とされることもあるので、初見ランダムも注意が必要か。
  • 個人差
    • ☆10 5.1.1.(1st) - 2P殺し曲。ラストにある皿がらみの6と7の交互トリル+αは低速ながらも凶悪。2PはMIRROR推奨。また、24分以上の配置はないため、トリルが苦手ならプレイサイド問わずS-RANDOMで崩すのも手。
    • ☆10 B4U(4th) - HYPER同様、要所要所に皿絡みがあり、特に2P側にはきつい配置になっている。その皿の枚数はHYPERよりも3枚だけ少ないが、終盤の同時縦連地帯の皿が4枚から1枚に減っているだけであり、皿に関してはHYPERとほぼ同じと思ってよい。
    • ☆10 KAMIKAZE(4th) - BPMは遅いが、隣接押しに微縦連など空POORや押し抜けを誘発しやすい配置が多く、同時押し譜面が苦手、もしくは譜面をしっかり見切れていないと空POORだけで落ちることもある。PENDUALでは八段2曲目に登場。
    • ☆10 Mr.T.(take me higher)(4th) - 基本は同時押し譜面だが、所々に縦連や皿が絡んでくるのが地味にいやらしい。基本的に☆10下位レベルという評価だが、皿絡みや縦連に弱い人は☆10中〜上位レベルに感じるかも。
    • ☆10 rottel-da-sun(6th) - 皿複合に特化した譜面。特に終盤の8分皿地帯が歯抜けもあってかなりキツイ。ノマゲはその後回復できるが、20%以下になってしまうとクリア不可能。道中も削られやすい部分が散在し、物量の少なさ故に許容ミス数がかなり少ないためHARDも決して楽ではない。非常にクセが強く、皿複合が得意であれば☆10をまわしてる頃にクリアできることもあるが、☆11上位譜面が出来るのに落とされる人もいる。罠やrottel-the-Mercuryの上位譜面。
    • ☆10 革命(7th) - 難度はHYPERと同じだが、階段譜面に散りばめられた縦連や同時のせいでかなり叩きにくさが増している。正規は☆11クラスに感じられるかも。ただしゴミがあるため逆にほぼ階段だけのHYPERより見切りやすいと感じることも。ランダム推奨。
    • ☆10 Make A Difference(9th) - 終盤の17-26の隣接二重交互+4鍵(「神降臨地帯」とも)が非常に捌きづらく、苦手だとここだけでゲージを空にされかねず、☆11クラスの詐称曲となる。HYPER同様、曲名通りの個人差譜面。
    • ☆10 POWER DREAM(9th) - 全体的に縦連打が多い曲。縦連打の得手不得手で体感難易度に差が出る。また、ほとんどの皿が1鍵とセットのため(1P正規と比べて)2P正規は非常に不利。
    • ☆10 Love Magic(HAPPY SKY) - HYPER同様、BADはまりしやすい軸押しとトリルが大半を占める。HYPERと比べて終盤に13トリルが増えているが、中盤まではおかずが付いた程度なので、トリル絡みだけで崩れるという人はHARDのほうが楽か。先述のトリルに皿が絡むことも多いので、1PはMIRROR推奨。
    • ☆10 Twelfth Style(HAPPY SKY) - ラストのピアノ地帯手前に入る青二鍵(4,6)→白二鍵(1,7)同時押しトリルに要注意。特に初見は注意が必要。下手するとノマゲでもHARDでも一気にゲージが空になる可能性あり。歯抜けのデニムと考えると対処し易いかもしれない。
    • ☆10 GRID KNIGHT(GOLD) - tricoroにて復活と同時に譜面変更された。道中は12分白鍵トリルが多く、複合配置や対称配置に加えて所々皿が絡むため、苦手な人にはHARD地雷になる。逆に、(旧ANOTHER譜面より若干楽になっているが)ラストに皿+青鍵同時押し→皿+白鍵同時押しの連打があり、ノマゲでここだけで落とす人はHARDの方が楽かもしれない。また、正規はどちらかというと叩きにくいのでRANDOM推奨だが、ラストの皿+同時押しが難化する場合もあるので注意。
    • ☆10 リグレット(GOLD) - 全体的に☆10にしてはおとなしめの譜面だが、中盤にあるゴミ付きの長い大螺旋階段が難しい。階段の得意な人には逆詐称気味に感じるものの、苦手な人には強烈なHARD殺しになりうる。初見HARDは要注意。
    • ☆10 Turii 〜Panta rhei〜(EMPRESS) - 階段主体譜面、特に後半に降ってくる24分階段+αが☆10ではややきつく、階段耐性が無いとHARDは特に危険。RANDOMのほうがクリアは楽か。
    • ☆10 bass 2 bass(SIRIUS) - ラップが丸々皿に割り振られており、不規則な連皿が続く。当然皿の得意不得意でクリア難度がかなり変わり、更に曲を聞き込んでいればかなり有利になる。また、連皿地帯は鍵盤の配置が左に寄っているため、1PはMIRROR推奨。初見HARDは、皿曲と知ってないと皆伝レベルでも落ちかねない為要注意。終盤は連皿がなく☆10中〜上位クラスの同時押しが続き、2%からでも回復可能なためノマゲは連皿が苦手でも☆10上位レベルに収まる。
    • ☆10 Everlasting Resort(Resort Anthem) - BSS後のCN複合地帯も難所だが、ラストが1+7のCNを押しながら声ネタ皿を捌くという露骨な初見殺し。譜面を知っていてもミスを誘発しやすく、ノマゲだとそこだけで落とされる可能性も。HARDの方がまだやりやすいか。
    • ☆10 Golden Palms(Resort Anthem) - 時間差CNやCN+鍵盤+連皿など、「脳トレ」とも揶揄される複雑なCN複合配置が度々登場する。CN曲が増えた昨今でもかなり複雑なパターンなので、慣れていないとHARDは特に危険。
    • ☆10 LAX5 feat.Ryota Yoshinari(Lincle) - ノーツも1427と多めで、BPM190の白鍵2重トリルなどの局所難も存在するが、そこ以外に16分はほとんどなく8分間隔の同時押しが主体。平均的には☆10上位ながら妥当だが、体力譜面が苦手だと☆11下位レベルに感じられる。
    • ☆10 衰色小町メランコリア(Lincle) - 隣接含みの捌きにくい同時押しが頻発する為、同時押しが苦手だとかなり厳しい。また、所々スクラッチも絡んでゲージを削ってくる。更にラスト前にプチ発狂があり、ノマゲの場合ここでゲージを削られすぎると回復が追いつかない。
    • ☆10 突撃!ガラスのニーソ姫!(Lincle) - 序盤と終盤のトリルや中盤の唐突に降ってくる連皿も難所だが、メインとなる同時押しも若干高密度で、高BPMの上に16分やCNが絡んでくるので厄介。ノマゲも難しいが、HARDは特に危険。
    • ☆10 Holy Snow(tricoro) - 階段特化譜面。特に後半からは最後までひたすら階段譜面が続き、同時や皿もそれなりに絡んでくる。ラストのリタルダンドにも注意したい。
    • ☆10 Präludium(tricoro) - 前半が高密度で、特に皿も絡むので挑戦段階だと全く見切れない。中盤以降も☆10としては上位レベル。階段が苦手な人はRANDOM推奨だが、皿と絡む地帯はそれほど変わらない。今作では八段1曲目。
    • ☆10 虹色の花(tricoro) - (EX-)HARD時は開幕のトリル+同時に要注意。その後も左右に大きく振られる階段に加え、叩きにくい同時が多くミスを誘いやすい譜面となっている。
    • ☆10 M.D.Injection(SPADA) - 基本的にピアノ音による階段が続く。配置こそさほど難しいものでもないが、人によっては最後の連続階段がラス殺し気味か。

☆11

  • ノマゲで逆詐称or妥当&HARD殺し
    • ☆11 Spica(7th) - 全体難。特に終盤前の3つ以上同時押し連打+スクラッチが難敵でHARDではかなり厳しい。ノマゲでも☆11上位レベル。HAPPY SKYでは☆12であったが、HARDなら☆12で妥当といえるだろう。
    • ☆11 1st Samurai(10th) - 中盤の皿が絡んでくる発狂地帯がとても難しい。ノマゲは☆11レベルだが、HARDは☆11レベルの中では最強クラス。下手な☆12よりはHARD抜けが難しい。
    • ☆11 GENOCIDE(RED) - こちらも同曲のHYPERと同様で、前半が非常に叩きにくく後半が回復となっている。ノマゲであれば☆11下位レベル。但しラストが少し難しいので注意。HARDは☆11妥当。1P側は鏡で多少は楽になるか。
    • ☆11 The Dirty of Loudness(DistorteD) - 曲の終盤はずっと☆12相当の高密度乱打で占められている。しかも全押しから乱打に入る組み合わせを筆頭に非常に叩きづらい。ラストの全押し連打はこのレベル帯に挑む人なら30%程度の回復になるためノマゲは☆11上位レベルと言えるが、HARDはこの部分を耐えきらなければいけないため☆12レベル。現に、初出のDistorteDでは☆12だった。
    • ☆11 華蝶風雪(DistorteD) - 序盤の軸押し地帯はBPMの速さも相まってBADはまりを誘発しやすく、適正HARDは中盤までにゲージを維持できずに中盤で落ちるパターンが多い。後半はHYPERに比べてラス殺しが大幅に強化されているものの、☆11としてはわりと素直な譜面。総ノーツ数は1500と四神曲では最多だが、ノマゲは四神曲では最弱と思われる。HARDは☆11上位レベル。
    • ☆11 TRANOID(GOLD) - 高速になってから2回ほど皿絡みの高密度地帯が難所。その後が回復でノマゲなら☆11中位レベル。ただし2%まで減るようでは回復しきれない。HARDは☆11最難曲の1つで、初出のGOLDの☆12もHARDなら妥当といえるだろう。
    • ☆11 in the Sky(DJT) - 道中も序盤ブレイク前の微発狂や中盤のゴミ付き乱打など苦手だとゲージを大きく削られる要素は多いが、終盤のwaxing and wanding(A)中盤のような高速高密度の同時押しやSecond Heaven(A)ラストのような32分絡みのラス殺しもきつい。得意な人には☆11中位レベルにも感じられるが、苦手だとゲージ問わず☆12レベルの詐称に思えても不思議ではない。初出のCS HAPPY SKYでは☆12だった。
    • ☆11 MENTAL MELTDOWN(DJT) - EMPで☆11に昇格したが、それをふまえても中盤のデニム→白壁地帯はこのレベルにしては脅威的である。その後が回復でノマゲは☆11下位レベル。昇格してもHARDは☆11でもかなり強い方に入る。Lincleでは九段の1曲目だったが、Lincle九段ボスで☆12の雪月花(A)よりも段位ゲージで抜けるのが困難だった、という人も。
    • ☆11 SOUND OF GIALLARHORN(DJT) - ☆10→☆11→☆10といった感じ。中盤は押しにくい譜面だが、終盤は完全回復なので、ノマゲなら☆10上位レベル。HARDは☆11上位レベル。
    • ☆11 STEEL NEEDLE(DJT) - 前半の高速トリル地帯がかなり難しい。餡蜜を使うか使わないかによって難易度が大きく変わるが、それでもHARDは☆11レベル最強クラス。後半は普通の☆11程度の難易度なのでノマゲは妥当。
    • ☆11 In the Blackest Den(Lincle) - 中盤に子供の落書き帳(A)のようなズレ2重階段や高速階段の発狂があり、終盤にはBRAINSTORM(A)のような不規則皿地帯が絡んでくる。ノマゲなら皿地帯をある程度耐えればその後に回復できるため妥当であるが、HARDおよびEX-HARDではそれらの部分が脅威で☆12下位レベルに押し上げられる。
    • ☆11 Beastie Starter(tricoro) - BPM190での軸押しやトリルが次々と襲い掛かってくる譜面で、(EX-)HARDでは軸がBADハマりすると一瞬でゲージを失うため事故死しやすい。地力系の譜面ではないがR5(A)、Do it!! Do it!!(A)と同じようなタイプのHARD殺しの譜面。一応最後に回復地帯はあるのでノマゲは妥当と言えるか。Café de Tran開始初日のクリアレートはなんと20%台であり、初見HARDは皆伝レベルでも落ちかねない為要注意。
    • ☆11 Illegal Function Call(tricoro) - 前半には高速階段、縦連打、超高速トリル等連続ミスを誘発しやすい配置が多い。またBADハマりしやすい1鍵軸譜面でミスが出やすく、どれか一つでも苦手な要素があるとHARDは地雷と化す。ノマゲならそれ以外の箇所で回復の余地があるが、最後にBPM260の16分高速階段が4小節程ある為、階段が苦手だとノマゲも難しい。
    • ☆11 Synergy For Angels(tricoro) - 前半にquaser(A)と同程度の乱打、その後に少々厳しめの皿複合地帯がある為、HARDは注意を要するが、ノマゲならそこを越えれば☆10上位クラスの譜面なので回復は容易。
    • ☆11 VALLIS-NERIA(tricoro) - 度々降って来る二重階段(中盤には皿も絡む)、中盤の16分3連打、他の鍵盤も絡むCNが厄介で、HARDは☆11でもかなりの難度。全体的に譜面の配置が☆11としては嫌らしい所が多く、ノマゲも☆11上位レベルはあるか。
    • ☆11 カジノファイヤーことみちゃん(tricoro) - 前半難。序盤のBSS絡みや中盤の連皿が絡むCN地帯が特に押しにくく、片手力がないと(EX-)HARDでそこを耐えるのは困難。サビ以降はリズムが跳ね気味でズレ押しなどが若干あるものの☆11としてはわりと素直なので、ノマゲは☆10最上位〜☆11下位レベルだが、ラスト手前にも1小節にわたって8分連皿が絡む同時押し地帯が2箇所あるので、そこにはゲージ問わず注意。
    • ☆11 創世ノート(tricoro) - BPM200という速さの中、皿、階段、同時が複雑に絡みあう。後半からは幾分か楽になり、回復の余地はあるが油断は禁物。
    • ☆11 BRAINSTORM(SPADA) - 中盤に不規則連皿があり、適当にぶん回しているとBADはまりを起こしやすく、HARDは特に危険。ノマゲだとそこで2%でもその後は回復が可能だがラストにも中盤の連皿の密度を低くしたような連皿が降ってくるので注意。
    • ☆11 Critical Crystal(SPADA) - 二重トリル・連皿・同時押し・階段・CNと総合力を試されるが、191の高速BPMも相まってどこを取ってもミスが頻発しやすい譜面。ノマゲは同時押しが得意なら後半の軸押し地帯でかなり回復でき、また苦手でもラストのCN+単押しは若干の回復地帯。それでもノマゲは☆11上位レベル、HARDは☆12下位〜中位レベル。
    • ☆11 Funny Shuffle(SPADA) - 中盤の連皿地帯がHARD以上における鬼門となる。リズムが分かりにくい上に、連皿から休み無く大階段が降って来たりもするので皿だけに集中しているとゲージを削られやすい。後半は易しくなるのでノマゲは妥当。
    • ☆11 m1dy Deluxe(SPADA) - BPM205の8分で要所要所に現れる軸押し譜面や、16分が混じる連皿地帯等がかなり速くミスが出やすい。そこを抜ければ密度の低い部分が来るが、最後にも軸押し譜面がやってくるため苦手だとノマゲも安定させ辛い。
    • ☆11 Overload Frontier(SPADA) - 皿複合が多いSPADA新曲譜面の中でもとりわけ皿が多く、それらが前半に集中している。また中盤には皿+微縦連という押しにくい配置もあり、HARDは☆11上位レベル。後半は一転して皿が減り易しめの乱打が続くため、ノマゲは☆11下〜中位レベル。
    • ☆11 SCHWARZSCHILD FIELD(SPADA) - 中盤に24分複合トリルに皿の絡む発狂があり、HARDは地雷。「発見!よみがえったBEMANI遺跡」開始直後のクリアレートは30%を切ったほどである。
  • HARDで逆詐称or妥当&ノマゲ殺し
    • ☆11 Blame(8th) - 二重階段主体のラス殺し。道中は☆10レベルなのでHARD推奨。ノマゲは☆11中〜上位レベル。
    • ☆11 Debtty Daddy(10th) - 全般的に皿複合が多い譜面で、ラストのラッシュが凶悪。密度はそれなりに高いが、前半はそれほど難しくないのでHARD推奨。
    • ☆11 Love Is Eternity(10th) - ラス殺し。道中はたまに絡んでくる皿がやや取りづらいが、☆11としては密度が低い。HARDは☆10上位レベル。ノマゲは☆11中位レベル。
    • ☆11 RESONATE 1794(RED) - ラストの二重階段が強烈。HARDのほうが楽だが、道中の螺旋階段やトリルに注意。HYPER同様、RANDOMをかけると楽になりやすいので推奨。
    • ☆11 Secret of Love(RED) - ラスト2小節で急激に密度が上がり、隣接階段+8分軸押し→隣接トリルと露骨に殺してくる。HARDの方がクリアしやすいが、HYPER同様ひっきりなしに続く階段地帯など、道中も局所的に密度が上がるのでそれなりの地力が求められる。
    • ☆11 spiral galaxy(RED) - ラスト8小節の押しにくいトリル複合で落としにかかるラス殺しで、適正ノマゲはここで事故死しやすい。特に1P側には非常に不利な配置なので注意。イントロではトリルでのBADはまりに要注意だが、イントロとラスト以外は逆詐称気味なので、イントロを安定して抜けられるならHARD推奨。
    • ☆11 100% minimoo-G(HAPPY SKY) - HYPERと大きく異なりドラムパートのみを演奏する譜面だが、こちらも完全なラス殺し。皿絡みの同時押しを含む縦連打→皿絡みの高速同時押しがかなりキツイ。ノマゲは☆11中〜上位レベル。激しくHARD推奨だが、小節線が降らないせいで道中も一旦崩れてしまうとBADはまりで瞬殺されやすく、ゲージ問わず安定してクリアしにくい曲である。初出時は☆10であった。
    • ☆11 合体せよ!ストロングイェーガー!!(Ryu☆remix)(HAPPY SKY) - ラスト4小節の軸押し+乱打がかなり難しい。道中は☆11レベルの要素はほぼ皆無なのでHARD推奨だが、ラストの手前にある1鍵12分縦連打でのBADはまりに注意。
    • ☆11 Broadbanded(DistorteD) - 同曲のNORMAL、HYPER譜面と同様、露骨なラス殺し。HARD推奨だが、道中もSPHのブレイク後に頻発するトリルのような配置が多くBADはまりには注意。1P側はMIRRORをかけたほうがラストが幾分か楽になるかもしれない。
    • ☆11 tripping contact(teranoid&MC Natsack Remix)(DistorteD) - 終盤の4鍵盤軸地帯が高速BPMも相まって非常に押しづらい。基本的にRANDOM推奨だが、密度も高くなっており特別易化するわけでもないためノマゲ、HARD共に☆12(ただしHARDは逆詐称)の原曲と同レベルと見ていいだろう。
    • ☆11 GOLD RUSH(GOLD) - 道中は同時押し+微妙にずれた皿が若干押しにくいものの、密度はさほど高くなく☆10中〜上位レベル。ラストが押す鍵盤のわかりにくい殺し気味な配置で☆11下位レベル、HARDだと☆11最下位レベルだが、道中がやや押しにくく、道中が辛い人にとっては少し強く感じるかも。
    • ☆11 Second Heaven(GOLD) - HYPER同様、ラスト4小節で露骨に殺しにかかってくる。しかしラスト以外は☆10中〜上位レベル。HARD推奨だが後半ブレイク明けの縦連打で削られすぎないように注意。
    • ☆11 2 tribe 4 K(DJT) - 最後にトリルが殺しにかかってくる。道中は妥当〜やや弱めなので最後だけで落ちる場合はHARD推奨。旧譜面にもラス殺しがあった。
    • ☆11 Secrets(EMPRESS) - 全体的にBlame(A)の道中に物量を足したような譜面で、BPMは遅めながら二重階段主体のラス殺しが強烈。道中も同色ながら3〜4つ押しの微連打や連皿絡みなど、削られやすい要素はそれなりにあるが、ラスト以外で削られないのならHARD推奨。ノマゲは☆11中〜上位レベル。
    • ☆11 Empire State Glory(SIRIUS) - ラストは高密度の乱打譜面が殺しにかかってくる。そこだけで落ちてしまう場合はHARD推奨だが、中盤の8分連皿複合譜面に注意。
    • ☆11 I'm so Happy(Lincle) - ラス殺し。終盤に乱打が殺しにかかってくる。HARD推奨ではあるが、序盤の微発狂や道中の皿にも注意。
    • ☆11 Light and Cyber…(tricoro) - ラス殺し。道中は☆11としては弱めなのでHARD推奨だが、後半も隣接同時押しラッシュがあるので苦手な人は注意。また正規はやや叩きにくいためRANDOM推奨。
    • ☆11 VEGA(tricoro) - ラスト付近の曲が転調する部分で☆11上位〜☆12下位ぐらいの密度の発狂がくる為、そこだけでゲージが減ってクリアできない場合はHARD推奨。
    • ☆11 Stella Sinistra(SPADA) - 道中は12分の階段に皿が絡む☆11相当の譜面が続くが、終盤のブレイク後に24分階段や微縦連+皿といった強烈なラス殺しが待ち構えている。クリア狙いならHARD推奨だがそれでも☆11中位以上はある。
    • ☆11 Unicorn tail(SPADA) - 全体的にEvans(H)を物量譜面にしたような構成。道中も32分階段を絡めた局所難が多くゲージを削られやすいが、特にラスト手前のそれがやや長く強烈であり、その後に10%ほど回復可能だがノマゲは☆11上位レベル。そこだけで落とされる場合はHARD推奨だが、先述のとおり道中の局所難で削られすぎないよう注意。
  • 個人差
    • ☆11 R5(3rd) - HYPERに比べて約3倍も長い17トリルは一旦BADはまりしだすと立て直しはほぼ利かないと思ってよく、(EX-)HARDでは瞬殺されることも。トリル以外は8分が主体ではあるものの、中盤には1鍵軸に連皿が絡む箇所もあり、1P正規は(2P正規に比べると)やや不利。「同時押しが得意でトリルが苦手」という人はS-RANDOMをかけたほうが楽か。
    • ☆11 CHECKING YOU OUT(4th) - HYPER同様、皿&ソフラン曲で、個人差が激しいのも変わらない。しかし、皿の枚数は変わらず、鍵盤だけが増えており、HYPERよりは個人差は狭まっていると一応言えるか。
    • ☆11 rainbow rainbow(10th) - 北斗運指(指の配置を固定しない人)殺し曲。終盤の対称地帯にバスドラとして大量の4鍵が混じり、非常に叩きにくい。正規譜面は固定配置の人にとっては☆11上位レベルだが、北斗の人にとってはノマゲ・HARD共に☆11で最後まで残る場合がある。RANDOM推奨譜面。
    • ☆11 Wonder Bullfighter(RED) - 皿は241枚とDigitank System(A)やnaughty girl@Queen's Palace(A)より少なく、リズムも単純(16分5連+2連と12分6連の2通りしかない)。しかし、その連皿が他の鍵盤と容赦なく絡むため、皿複合が苦手な人は要注意。
    • ☆11 Little Little Princess(HAPPY SKY) - テンポが速いが、12分の絡まない箇所はたいして難しくない。しかし、12分絡みの難所はラスト手前にもあるので、ノマゲはそこで大きく削られると回復が間に合わないことも。HARD適用時も序盤の右手で12分の螺旋階段(545676545676…)を捌きながら左手で8分のドラムパートを捌く混フレに注意。RANDOMをかけるとそこが間違いなく難化するので、1Pは正規、2PはMIRROR推奨。
    • ☆11 ラクエン(HAPPY SKY) - ソフランがある皿曲。CHEKING YOU OUT(A)よりも鍵盤が多く、皿地帯がラストにもあり、ノマゲ・HARDともに個人差が非常に出やすい。☆10上位レベルに感じる人もいれば、☆12レベルに感じる人も。初出のHAPPY SKYでは☆10と詐称気味だった。
    • ☆11 CONTRACT(DistorteD) - 2P殺し曲。螺旋階段に絡む皿が非常に取りにくい。2P側は☆12レベルの大外れ譜面であるのでRANDOMやMIRRORを推奨。また、1P正規でも右片手階段の得手不得手で個人差が出やすい。
    • ☆11 Digitank System(DJT)
    • ☆11 naughty girl@Queen's Palace(EMPRESS)
      • いずれも連皿だけでなく鍵盤との複合も多いため、これらに対する耐性で体感難易度が変わる。
      • Digitank Systemは皿数264枚。それほど早い連皿が来るわけではないが、ゆったりした奇数偶数の連皿が長い間落ちてくるため押しで入るか引きで入るか混乱しやすい。しかも中盤にはこの連皿に白鍵階段が混じる。初見HARDは文字通り地雷。1PはMIRROR、2Pは正規で片方を皿だけに集中させることで幾分か楽になる。
      • naughty girl@Queen's Palaceは皿数292枚。Digitank System(A)よりテンポも上がりタイミングも複雑になってるので要注意。ただし、鍵盤との絡みはこちらの方が幾分か楽。
    • ☆11 Do it!! Do it!!(DJT) - ひたすら続く軸押しやトリルに加えて階段や二重白青トリルも降ってくる。HARDは苦手な箇所があると地雷化する。☆11の中でもかなり癖が強い譜面で、どのオプションをかけてもクリアを安定させにくく、ノマゲもかなり個人差が分かれる。
    • ☆11 DAWN -THE NEXT ENDEAVOUR-(SIRIUS) - ノーツ数こそ1577と多めだが、これは曲が長い(2分半近く)ためであり、全体密度はさほど高くなく、目立った難所もあまりないので、全体的に見れば☆11としては弱め。それでもかなりの体力譜面であることに変わりはなく、スタミナ配分を間違えると終盤でバテてしまいがちだが、それがうまくできる人にとってはスコアも出しやすく、KEY(A)と同程度(もしくはそれ以下)の逆詐称に感じるだろう。
    • ☆11 Elisha(SIRIUS) - CNの得手不得手でかなりの個人差が出る。序盤から容赦なく降ってくるので慣れていないと序盤でHARD落ちなんてことも。最後のCNは譜面より曲を覚えてしまうのが良い。
    • ☆11 MIRACLE MEETS(SIRIUS) - 中盤のBSSの連発で片手プレイが強制される他、CNが終始降ってくる。難易度はこの2つの得手不得手による。初見HARDで見切るのは厳しく、HARDクリアにはこの2つをほぼ正確に取る必要がある。
    • ☆11 Aegis(Resort Anthem) - 後半の長いCN地帯が鬼門。CNをからめたトリルや、取りづらいCNがらみの皿や鍵盤が多発する。SIRIUS曲の譜面には無かったパターンなので、慣れていないとHARDは危険。1Pは正規、2PはMIRROR推奨。
    • ☆11 Kailua(Resort Anthem) - 全体的にCNが非常に多い。2つのCNを押しながら他の鍵盤やトリルを叩いたり、8分のCN二重階段など他の譜面にはあまり見られない配置が頻発する。他にも前半に連皿が出てくるためHARDはやや詐称気味か。なお、RANDOMをかけるとほぼ間違いなく難化するため、正規かMIRROR推奨。
    • ☆11 ZETA〜素数の世界と超越者〜(Resort Anthem) - 密度的には☆11上位レベルで妥当だが、終盤にポップン原曲のEX譜面の如く4軸に階段を絡ませた配置が降ってくる。苦手な人はRANDOM推奨。ソフランもあるので、低速が苦手、曲を知らない場合は注意。
    • ☆11 Scharfrichter(Lincle) - 後半の押しづらいCN絡みが出来るかどうかで体感難易度が変わる。CN以外の場所も対称や皿絡みがあり、高速BPMも相まって忙しい。RANDOMはCN地帯がほぼ確実に難化するため非推奨。Lincle Kingdom曲の中ではHARD難易度は最弱だが、普通に☆11の中では上位。
    • ☆11 ユミル(Lincle) - 中盤とラストにある「CONTRACT」のような皿+階段+軸ができるかどうかで難易度が大きく変わる。出来ない人にとってはかなりの局所難、ラス殺しに感じる。また、HARDではラスト前の縦連混みの二重乱打も難所となる。Lincle時代のクリアレートは60%台と低めだった。
    • ☆11 405nm (Ryu☆mix)(tricoro) - 全体的に☆11としては弱めだが、前半の連続同時と中盤以降に何箇所かあるトリル絡みでBADはまりしやすく、(EX-)HARDでは致命傷になりうるため注意。逆にこれらが得意ならゲージ問わず☆10上位レベルの逆詐称に感じられるか。
    • ☆11 Cookie Bouquets(tricoro) - とにかく体力譜面。BPM205という速さで8分間隔の同時押しをひたすら捌かねばならず、時折16分も交ざってくる。特に中盤とラストの皿が絡んだ同時押しラッシュにはゲージ問わず要注意。KEY(A)やDAWN-THE NEXT ENDEAVOUR-(A)の上位互換と思ってよく、体力譜面が苦手だと☆12レベルに感じてもおかしくない。総ノーツ数は1714と、AC SP☆11の中ではV2(A)、B4U(BEMANI FOR YOU MIX)(A)に次ぐ多さ。
    • ☆11 Insane Techniques(SPADA) - PENDUALで☆10→☆11に昇格。全体的に皿が乱打に絡む譜面構成で、後半のブレイク前の連皿→高速階段のHARD殺し、ラス殺しのかなり取り辛い連皿+トリル、と2度の局所難に注意。平均的には☆11中〜上位レベルだが、Just a Little Smile(A)やBounce Bounce Bounce(A)などの☆11上位の連皿譜面が安定していてもこれはできないという人もいる個人差譜面。
    • ☆11 I will be back-オレは帰ってきた-(SPADA) - BSSをしながら鍵盤を捌く場所が序盤と後半にあり、どちらも鍵盤は3つ同時押しとなっている。序盤はBSSが約4小節と長く、後半は同時が345と少々叩きにくい。BSSに集中しすぎて鍵盤がおろそかになると一気にゲージを削られ、HARD以上では成す術もなく閉店しかねない。また、ラス殺しも☆11としては強めなのでノマゲも注意。

☆12

  • ノマゲで逆詐称or妥当&HARD殺し
    • ☆12 Colors(radio edit)(6th) - ☆9〜10レベルの乱打とトリル絡みの発狂が交互に降ってくる局所難譜面で、特に終盤に入る前の発狂地帯が最も難しい。これを超えれば以降は回復なため、ノマゲはここでゲージを残せればクリア可能で☆12下位レベルだが、HARDはその発狂を耐えるのが厳しいため☆12中位レベル。各所の発狂には24分が含まれているため、EX-HARDでは即死しやすく危険。
    • ☆12 rage against usual(HAPPY SKY) - この曲最大の難所は中盤の24分二重螺旋階段(通称パラリラ地帯)。区間は3小節間と短めだがGo Beyond!!の最発狂地帯に匹敵する高密度(約30.82notes/sec)で、さらに繰り返しなのでBADはまりしやすく、ゲージを一気に持っていかれる恐れがあるのでHARDは危険。そこを抜ければあとは☆12下位レベルだが、対称二重階段や同色二重階段など北斗殺しの配置が多いうえ、そこにノーツの配置ミスをしたかのような微縦連も1箇所だけだが存在するため、ノマゲでも先述のパラリラ地帯で20%以下まで削られるような地力では巻き返し切れないかもしれない。
      • 皆伝が実装され始めたDistorteDでは皆伝の1曲目だったが、当時は段位ゲージでもパラリラ地帯だけで落とされた人もいたほど。そしてCS HAPPY SKYではなんと十段3曲目に位置している。
    • ☆12 Fascination MAXX(GOLD) - HYPER同様、縦連打以降の回復が長いためノマゲは☆12の中では弱めで、ソフラン対策が出来ていればA(A)よりも弱いという人も。しかしハイスピ変更の隙が殆ど埋められているため、HARDとなると低速地帯に詰め込まれた32分折り返し階段や32分繰り返し階段、二重になった縦連打地帯など、難易度が一気に上がる。
      • 対策ゲーであるため、研究次第ではあまり地力を必要としない。それでも個人差は非常に激しく、皆伝になってもHARDクリアできない人も居れば、九段〜十段でHARDクリアできる人もいる。余談だが、CSGOLDでは皆伝一曲目である。
    • ☆12 ICARUS(DJT) - 中盤に冥のような加速地帯があり、そこが難しいが、終盤の回復が長い。ノマゲは☆11中位レベル。HARDはその難所を耐え切る必要があり、☆12中位レベルで妥当。
    • ☆12 Go Beyond!!(EMPRESS) - 中盤に平均30.83ノート/sという密度の超絶発狂が襲いかかって来る。そこで2%になってもノマゲはその後十分に挽回できるが、HARDではその超発狂を耐えなければならない。冥(A)に次ぎ、3y3s(A)や卑弥呼(A)と並ぶ突破難度を誇る。
    • ☆12 聖人の塔(Lincle) - 序盤の低速二重トリルが難しく、それ以降もしつこい23トリルが何度も階段と絡むため、HARDは☆12の中位〜上位レベル。しかしノマゲでは70小節以降が完全に回復なので☆12の下位〜中位程度。
    • ☆12 Liberation(tricoro) - 序盤と中盤に1小節続く32分の超高速5+7トリルがあり、実質的に16分の縦連打を叩かなければならない。さらに、中盤高速トリル前には67トリルの絡んだ高密度な部分があり、(EX-)HARDはこれらで瞬殺されかねない。その後は乱打で回復可能なので、ノマゲは☆12としては弱めか。
    • ☆12 VOX UP(SPADA) - 移植元のCS DJTではラスボス曲であっただけに、皿耐性によっては☆12上位譜面に匹敵する難度を誇る譜面。202というかなり速いBPMのもと、序盤と終盤の連皿絡みや、幾度となく襲い掛かってくる1357の32分階段を絡めた局所難がとにかく猛威を振るう。ラス殺しとなっている1+7と3+5の対称二重トリル→1357の32分階段はクリアだけなら餡蜜で切り抜けるのが得策といえるが、対称二重トリルから32分階段に切り替わるタイミングの把握は必須。
  • HARDで逆詐称or妥当&ノマゲ殺し
    • ☆12 One More Lovely(10th) - ラス殺し。道中も一部に高速螺旋があり☆11上位〜☆12レベルである。リズム難なので、一般的に餡蜜が対策だといえる。
    • ☆12 FAKE TIME(RED) - HYPERと同様にラストが強烈な殺し。前半は☆10レベルなのでHARD推奨だが、HARDでも☆12中位レベルはある。
    • ☆12 gigadelic(RED) - HYPER同様ラス殺しが猛威を振るうが、道中はトリルや皿があるものの☆10上位〜☆11下位レベル程で、HARDの方がクリアしやすい。RANDOMでほとんどの場合さらに簡単になる。
    • ☆12 カゴノトリ 〜弐式〜(DistorteD) - 初出のDistorteDでは☆11だったがGOLDで☆12に昇格。中盤までは☆11下〜中位レベルの譜面であるが、終盤に押しにくい高密度地帯がある。そこだけで落とされる場合はHARD推奨。
    • ☆12 Candy Galy(GOLD) - ラストは押し辛いスクラッチ絡みの譜面が殺しにかかってくる。HARD推奨ではあるが、前半のトリルに注意。
    • ☆12 Proof of the existence(tricoro) - 中盤から徐々に密度が上がり、最後には24分や二重配置を含む階段+スクラッチという強烈なラス殺し。そこを抜けた後のラスト8小節は同曲HYPERよりもノーツが削られており回復もしづらくなっている。HARD推奨だが、道中も猫叉曲特有の見切りにくいズレ配置が非常に多く、ゲージを保つのは決して容易ではないので注意。
    • ☆12 Zirkfied(tricoro) - ラストが1+2+4+6+7を12分(BPM157.5での16分に相当)間隔で7連打というこれまでに類を見ないラス殺し。クリア狙いなら激しくHARD推奨だが、道中もこの速さで12分の歯抜けデニムなど高密度の局所難が多くゲージを維持しにくく、また、HARDでも道中のゲージ推移によっては先述のラス殺しが脅威となりうるため突破難度はかなり高い。しかし全体で見れば回復地帯も多いので、そこを大事にしつつ局所発狂はがんばって耐えたいところ。
  • 個人差
    • ☆12 PLEASE DON'T GO(8th) - 1+2+3の縦連打と皿が複合した発狂が2回襲い掛かってくる譜面で、2回目はラス殺しになっている。前述の発狂の配置から1PはMIRROR推奨。また、中盤のリズム難な部分や皿複合などで個人差が非常に大きい。BPMは遅く、また24分以上の配置は全くないため、微縦連が得意であればS-RANDOMも有効か。
    • ☆12 (8th) - 全体的に縦連が多く、開幕から高速で降ってくる。HARDの場合は序盤縦連よりも所々ある高密度地帯に注意。中盤のソフランもあることから個人差は大きく、縦連打の得意不得意でも体感難易度はかなり変わる。
    • ☆12 Innocent Walls(10th) - HYPERと比較して地力が必要な譜面。終盤の「白壁」と称される同時連打はこちらの方がノーツが少ない。逆に縦連打が得意であれば、ノマゲ・HARD共にHYPERの方が簡単に感じるだろう。
    • ☆12 SCREAM SQUAD(HAPPY SKY) - 全般的にノーツ数は少なめであるが、Wonder Bullfighterなど速くしたような皿絡みが特徴。ラストは35トリルなどの難所が降ってくるので注意。ONE MORE EXTRA STAGEを出現させる者は当時いなかったよう。
    • ☆12 Sense 2007(GOLD) - 基本的な難所はHYPERとほぼ一緒だが、道中もほぼ全編にわたって1拍おきに2連打が加わっており、回復が困難になっている。また、連皿絡みを始め2P側にはかなりきつい配置が多いので、2P側はRANDOMかMIRROR推奨。
    • ☆12 mosaic(SIRIUS) - 隣接同時押し、3y3s(A)のようなカプセル譜面と同時押しメインの譜面でこれに+皿複合がかなり多く嫌らしい。1鍵連打+皿がかなり多く1P正規はやや不利。
      • ☆12の中では弱い方であるにもかかわらず、Resort Anthemでの十段課題曲として登場した際大きくゲージを残せる人もいる一方でこの曲だけで落とされるプレイヤーに二分されるほどの個人差を持つ。高速同時押し曲が出来るようなら挑戦の価値はある。
    • ☆12 Red. by Full Metal Jacket(SIRIUS)
    • ☆12 Watch Out Pt.2(Resort Anthem)
      • いずれも皿数が多く、それ故に16分連皿も多い。皿でどれだけ削られないかや連皿が得意かで体感難易度がかなり変わる。
      • Red. by Full Metal Jacketは皿数483枚。鍵盤もそれなりに降ってくるので、そちらに気を取られると途端にスクラッチがズレだして総崩れなパターンが多い。HARDは☆12の中でも上位レベルの難易度。HYPER同様、2P側は正規、1P側はMIRRORでいくらか楽にはなるか。
      • Watch Out Pt.2は皿数427枚。先述の16分連皿が多く、連皿が得意なら☆12下位レベルくらい。
    • ☆12 sakura storm(Resort Anthem) - 皿の絡む階段と後半のCN地帯が難所だが、密度自体は☆11中〜上位レベルなのでこれらが苦手でなければノマゲ・HARD共に逆詐欺に感じられるかもしれない。CNが苦手・慣れてない状態だと☆12レベルで妥当になる。
    • ☆12 恋する☆宇宙戦争っ!!(Lincle) - BPMが速く、物量もかなり多いが、配置は声ネタ皿の絡む箇所を除いてさほど複雑ではないため、速さについていけるなら☆12でも早い段階で埋まるかもしれない。平均的には☆12中位レベル。
    • ☆12 Adularia(SPADA) - 曲の全体に渡ってCN絡みが続く、☆12としてはまだ例が少ない譜面。CN耐性によって特にHARDがつく時期は大きくバラつく。ただし軸や二重階段のラスト殺しはしっかりと存在するので、EASY・NORMALに関してはここを乗り切れる地力は最低限必要。PENDUALでは十段1曲目に就任。
    • ☆12 INSOMNIA(SPADA) - 開始直後高密度の皿が出るため、ここでミスするといきなり閉店ということもある。また、全押しがあるところも注意点のひとつ。
    • ☆12 海神(SPADA) - CN絡みで、特に後半の5+7→4+6のCNをしつつスクラッチ+他の鍵盤を処理させる配置が2P側に極めて不利。

Last-modified: 2015-11-01 (日) 12:44:32
Site admin: iMp95
mail : imp@callusnext.com (←@を半角に)