beatmania IIDX 25 CANNON BALLERS

WEEKLY RANKING: Back Spin Sweeper / DJ TOTTO
(2018/04/18 12:00 START - 2018/04/25 12:00 END)

旧曲特殊詐称・個人差譜面リスト(SP)

  • このページでは、以下に該当するSP譜面について記述してあります。
    • ノマゲで逆詐称or妥当&HARD殺し譜面
    • HARDで逆詐称or妥当&ノマゲ殺し譜面
    • 個人差譜面
  • 特に顕著なものは太字で表記しています。
  • 今作の復活曲・追加譜面については新曲リストを参照してください。
  • ソートは「☆レベル」→「NORMAL,HYPER,ANOTHER」→「A-Z」順です。
  • 編集者向けページ
  • 暫定的にSINOBUZのページからコピーしました。適宜修正をお願いします。

全般

  • SP全譜面でノマゲで逆詐称or妥当&HARD殺し
    • DAY DREAM (tricoro)
      • BPMや拍子が目まぐるしく変わり、しかもギアチェンの隙も全くと言っていいほどないため、HARD抜けには低速と高速の両方に対して高度な耐性が求められる。
      • その一方で総ノーツ数はそれぞれの表記レベルのわりにはかなり少ないため、ノマゲでは回復がしやすく逆詐称〜妥当。
  • GENOCIDE (RED)
    • 前半・中盤難。特に中盤の配置がいずれもリズム難で、それぞれの表記レベルの中でもかなり厳しめとなっている。
  • ICARUS (DJT)
  • JOMANDA (tricoro)
    • どちらも、「メインBPMから減速→メインBPMを大幅に超えるまで徐々に加速→メインBPMに戻る」というギミックがあり、HARDはその加速地帯が難所。ソフラン耐性などにより個人差はあるが、HARDは強め〜詐称気味。
    • 加速地帯を抜けてからは譜面自体は弱め〜妥当のため、加速地帯のノマゲでの影響は少ないが、譜面によっては強めのラス殺しが存在するものもあるので油断は禁物。
    • また、ICARUSは加速地帯が後半寄りであるため、ノマゲでもそこで2%まで削られるとそこからクリアまで回復するのは困難なので注意。
  • Real (5th)
    • 中盤発狂があり、そこでミスが出やすくかなり難しいが、それ以降は簡単になる。ただし後半も局所的に難しいところがあり、2%から回復するのは残っているノーツ数から見ても楽とは言い切れないので油断は禁物。
  • TOGAKUSHI (SINOBUZ)
    • HCNの複合が難しく、[SPH]以上は2本の混フレになっているため、離しすぎるとHARD以上は致命傷になる。終盤も若干難しいので、削られすぎないように注意。
  • SP全譜面でHARDで逆詐称or妥当&ノマゲ殺し
    • Abyss -The Heavens Remix- (9th)
      • ラストの皿複合が難しく、ノマゲだと(特に適正レベルでは)そこだけで落とされる可能性が高い。
  • AIR RAID FROM THA UNDAGROUND (SIRIUS)
    • ラストの1軸絡みがそれぞれの表記レベルとしては強烈なラス殺しとなっている。
  • gigadelic (RED)
    • ラストゲー。道中はそれぞれの表記レベルとしては弱めだが、何回か出てくる交互連打(+α)によるBADハマりに注意。
  • spiral galaxy (RED)
    • 皿が絡んでくるラス殺しがある。いずれも1P側は取りづらいのでMIRRORかRANDOM推奨。無音から始まるイントロの軸押しorトリルでのBADハマりにも注意。
  • tripping contact (DistorteD)
    • ラスト1小節が表記レベルとしては妥当〜詐称の譜面が降って来る。道中も皿絡みに注意。
  • SP全譜面で個人差
    • 旧Verについて
      • 初期作品〜GOLDまでは癖の強い配置やリズム難が多く、現行と比較しても厳しい傾向にあたる。そのため特殊詐称として取り扱われることが多い。
  • CN・BSS・HCN譜面
    • CN・BSSに不慣れな場合は、基本的に同じレベルの曲の中でも中位〜上位レベルと思って良く、逆に慣れている場合は下位レベル〜逆詐称に感じることも多い。更に、バージョンが進むたびに複雑な配置になり、全体的に難しくなる傾向にある。
    • 特にBSSの途中で判定が消失した状態で終点の返しを取ると、直後に皿がある場合にその皿に判定を吸収される仕様があるようであり、最近の譜面に散見される「連皿にBSSが挟まった配置」はBSS前の連皿でBADハマりするとBSSをうまく取れず、BSS後の連皿がBADハマりしやすいので要注意。
    • HCNはノマゲの場合、別のHCNや他の要素でカバーできるのに対して(EX-)HARDの場合、ゲージを一気に持っていかれやすく、立て直しもしにくいので注意。そのためHCN搭載譜面は初見はノマゲ推奨。
    • なお、「通常のCNやBSSとHCNが混在した譜面」は現時点では存在していない。
  • TaQが作曲に関わった楽曲
    • 一部例外はあるが、他の譜面に比べてBADの判定範囲が狭いものが多く、TaQ系の高難度譜面に地力が少しだけ足りない状態で挑むと「BADが1桁でPOORが3桁」なんてことも珍しくない。
    • ただし、その分GOOD以上の判定範囲が広がっているわけではなく、ノーツを拾えるタイミング範囲が狭まっているということなので、クリアにしても他の楽曲より高い精度が求められるということになる。
  • B4U (4th)
    • 要所要所で表記レベルに対してきつめの皿絡みがある。特に[SPH]以上は2P殺しになっているので、2P側はRANDOMかMIRROR推奨。
  • Beat Juggling Mix (SINOBUZ)
    • レベル内で比較的強めな連皿が来るが、連皿耐性によって妥当か詐称かに分かれる。ソフラン曲だが対策は難しくはない。
  • CHECKING YOU OUT (4th)
    • 皿の占める割合が大きく、ソフランもするという初代超個人差曲。高速地帯終了後は回復だが2小節程度しかない。
    • 余談だが、いずれの譜面もレベル内最少ノーツである。
  • Digitank System (DJT)
  • naughty girl@Queen's Palace (EMPRESS)
    • どれも連皿の割合が非常に高い構成となっている。BPMや譜面傾向などで多少の差異はあれど、皿に対する耐性で評価が分かれる。
  • Do it!! Do it!! (DJT)
    • 非常に速いBPMゆえにBADハマりを起こしやすく、HARDは総じて地雷である一方、地力が求められる構成ではないためノマゲでは評価が分かれる。全体的に1P殺しの配置のため、1PはMIRROR推奨。
  • Kailua (Resort Anthem)
    • 曲を通してCNのオンパレード。CNの得手不得手によって体感難易度に差が出る。
  • Love Magic (HAPPY SKY)
    • 全体を通して軸押しやトリルが多く、これらが苦手だと表記レベルよりも強め〜詐称に感じる。
  • sakura storm (Resort Anthem)
    • [SPN][SPH][SPA]で難しさのベクトルが大きく異なるが、総じて個人差が出る譜面となっている。
  • 獅子霞麗ノ舞 (SINOBUZ)
    • HCNが多いため、CN耐性がないと難しく感じる。他にも細かい配置があったり、[SPH]以上は24分配置やHCNの跨ぎ配置があったりするため、HARD以上は要注意。
  • 打打打打打打打打打打 (PENDUAL)
    • 「打打打...地帯」で「Innocent Walls」に似た12分縦連打が降ってくる。

☆9

  • ノマゲで逆詐称or妥当&HARD殺し
    • ☆9 DARK LEGACY(H) (SPADA)
      • 全体的に隣接混じりのやや見切りにくい同時押しが多発するが、特に中盤のトリルや皿複合がBPMの速さと相まって☆9としてはかなり難しい。終盤は多少密度が落ちるのでノマゲは☆9中位〜上位レベルくらいだが、HARDは☆9上位〜最上位レベル。
  • ☆9 Don't be afraid myself(H) (RED)
    • 全体的に見て他の☆9よりやや強め。特に中盤には捌きにくい隣接16分階段が降ってくる。ノマゲでも☆9上位レベル、HARDは☆10下位レベルか。
    • ちなみにGOLDまでは、なんと☆8だった。
    • GOLDでは五段課題曲だった。
  • ☆9 DROP(H) (SIRIUS)
    • イントロで2小節35トリル+皿、Aメロで35トリル、サビ直前で35トリル+1、サビで2小節57トリル+αが襲い掛かる。HARDの場合それらをすべて耐えなければならず、トリルがどれだけ得意かにもよるが、☆10下位レベル。最後のトリルを抜けた後は☆9上位レベルの地力譜面なのでノマゲは妥当。The Hope of Tomorrow(H)(☆8)の上位互換ともいえる譜面。
    • INFINITASでは五段3曲目。
  • ☆9 DXY!(H) (4th)
    • [SPA](☆10)と同じく、中盤の1+7の縦連が厄介。ノマゲは☆9中位〜上位レベルで妥当であるが、HARDは縦連で落としかねないため要注意。
    • 7thと8thでは、六段3曲目を務めていた。
  • ☆9 HIGH(H) (10th)
    • 縦連と同時押しと皿絡みが厄介。HARD以上は下手な☆10より難しく危険。ノマゲは☆9中位〜上位レベル。
    • GOLDでは、六段1曲目を務めていた。
  • ☆9 Illegal Function Call(H) (tricoro)
    • 序盤に3・4連打、中盤に変則リズムの交互地帯が4小節、終盤前には1鍵4分軸地帯が16小節続き、BADハマりしやすく立て直しにくい箇所が多いため、HARD及びEX-HARDは各要素への得手不得手もあるが☆10レベル。終盤で回復できるためノマゲは妥当。
  • ☆9 Liberation(H) (tricoro)
    • 序盤と終盤にあるゴミつきトリル地帯が難所。道中に16分や24分の大階段も現れ、HARDではこれらの難所を耐えなければならないので☆10下位レベル。ノマゲは妥当だが、トリル耐性がないとこちらも☆10レベルになりうる。
  • ☆9 m1dy Deluxe(H) (SPADA)
    • 初見殺し。前半に襲い掛かる非常に長い連皿地帯は、BPM205のせいもあって初見では見切りづらく、HARD(特にEX-HARD)はハマるとあっという間に終了する恐れあり。連皿地帯後も、単押し、同時押しが混ざった軸押し譜面が中心となり、こちらも脅威。HARDは☆10下位レベル、ノマゲは妥当だが体力配分にも要注意。
  • ☆9 RIZING YOU UP(H) (SPADA)
    • 8分連皿複合や13の16分トリルなどの局所難があり、HARDだとBADハマりして落ちる可能性がある。それ以外は難しくないのでノマゲクリアは楽な方だが、ラストにも皿複合があるので注意。
  • ☆9 Secrets(H) (EMPRESS)
    • 皿複合や縦連が厄介な譜面が中盤まで続くためHARDは☆9上位〜☆10下位レベル。ノマゲは終盤で回復可能。
  • ☆9 symbolic(H) (8th)
    • 序盤は☆8〜☆9レベルだが、中盤にDXY!(H)(☆9)を速くしたような1+7の16分縦連が襲い掛かる。また、16分乱打を抜けた後にやってくる8分連皿と縦連も厄介で、HARDは☆9では難しい方。ノマゲは妥当だが、ラストが13トリルのため、1PはMIRROR推奨。
    • 8thでは、八段1曲目を務めていた。
  • ☆9 snow storm(H) (GOLD)
    • 全体的に階段が多いが、ブレイク後には24分大階段の往復が襲ってくる。HARDではこの階段を耐えねばならないため、少なくとも☆10下位レベルはあり、初見HARDは明らかに地雷。ノマゲの場合、最悪ここでゲージが空になったとしても挽回は可能だが、ラストの皿絡みなども難しく、☆9にしては強い。大階段だけでHARD落ちする人はRANDOM推奨。
    • tricoroでは、なんと五段2曲目を務めていたことがあり、多くの挑戦者を退けていった。
  • ☆9 405nm (Ryu☆mix)(H) (tricoro)
    • 前半の連続同時はBADハマりの危険性が高く、また前半と終盤の高速階段(+α)は☆9としては厳しい。ラストで回復できるためノマゲは妥当か。
  • ☆9 カゴノトリ〜弐式〜(H) (DistorteD)
    • 前半に16分3連同色階段と1鍵バスの混フレ、1+3+5+7の連打や右手に偏った乱打など難所は多く、HARDは☆9上位レベルはある。ノマゲなら対称押し後の同時押し地帯で回復が可能だが、ラストの同時混じりのトリルが苦手だとラス殺しになることも。
    • SIRIUS〜Lincleでは、六段2曲目を務めていた。
  • ☆9 炸裂!イェーガー電光チョップ!!(JAEGER FINAL ATTACK)(H) (copula)
    • 前半の階段と軸押しが☆9にしては難しく、HARDは詐称気味。終盤から簡単になるので、ノマゲはやさしめ。1P側はMIRRORだと回復しやすい。
  • ☆9 ALL I NEED YOUR LOVE(A) (EMPRESS)
    • 乱打+皿がメインの譜面だが序盤に多く、12分皿の絡みや縦連といった落としどころもある。HARDは☆9でも強めの部類。
  • ☆9 beatonic nation(A) (DJ TROOPERS)
    • [SPH](☆8)同様、前半は難しめの階段、後半は同時押しで回復は容易という構成。ノマゲは☆9下位レベル、HARDは☆9中位〜上位レベル。
  • ☆9 CARRY ON NIGHT(English version)(A) (10th)
    • 中盤の螺旋譜面+αが☆10レベル。ノマゲの場合最後で回復できるがそれでも☆9上位レベル。HARDは☆10を7、8割方クリアできるくらいの実力が必要か。
  • ☆9 Close my Eyes for Me(A) (IIDXRED)
    • 前半に16分連皿+αが頻発するため、個人差もあるがHARDは☆9上位レベル。加速後は一転乱打譜面になるが、ラストの歯抜けトリルに注意。
  • ☆9 era(nostalmix)(A) (3rd)
    • 1回目の低速地帯の後半は32分階段の繰り返しで非常に難しく、大幅にゲージを減らしてしまう可能性が高い。終盤で回復できるのでノマゲは☆9中位レベルだが、HARDは☆9難関曲の1つ。
    • 低速地帯が苦手でBPM変化時の数ノーツを犠牲にしてもかまわない程度のゲージの余裕があるなら、SUDDEN+のオン/オフを実行するのも手。
  • ☆9 HIGH(A) (10th)
    • [SPH](☆9)と同じく縦連と同時押しと皿絡みが厄介。また[SPH]より回復地帯が少なくなっている。ノマゲは☆9上位レベル。HARDは特に危険。
  • ☆9 LESSON 5(A) (HAPPY SKY)
    • 全体的に☆9としては高めの密度。特に前半が忙しく3つ同時押しを含む小トリル譜面が襲い掛かってくるため、HARDは☆10レベル。後半はやや密度が下がるがそれでも同時押し絡みかつ押しにくい乱打が続くため☆9上位レベルはあるか。
  • ☆9 Luv 2 Feel Your Body(A) (8th)
    • 中盤の微縦連混じりの高密度地帯が☆9にしては難しく、HARDは☆9上位〜☆10下位レベルはあるか。終盤はおとなしくなるため、ノマゲは☆9中位〜上位レベルに収まる。
    • SINOBUZで復活した際に☆8→☆9に昇格。
  • ☆9 MUSIC TO YOUR HEAD(A) (8th)
    • 序盤〜中盤は3連打や押しにくい同時押しが多く、HARDでは☆9上位〜☆10レベルの難しさ。しかし、終盤は[SPH](☆7)とほとんど同じ配置のため回復は容易で、ノマゲなら☆9下位レベル。
  • ☆9 Real(A) (5th)
    • 中盤が、☆11レベルの発狂地帯となっている超局所難譜面。HARDは☆9の中でもトップクラスの核地雷。しかし、発狂地帯後はほとんど回復([SPH](☆8)と全く同じ)なので、ノマゲは[SPH]とほぼ変わらず、☆8中位〜上位レベルの逆詐称。
  • ☆9 Recollection(A) (SPADA)
    • 中盤の間奏に3小節にまたがる16分の黒鍵螺旋階段があり、HARDだとここだけで落とされる可能性が高い。ノマゲなら螺旋階段以降で挽回できるものの削られ過ぎると回復しきれないかもしれないので要注意。
  • ☆9 Round and Round(A) (Lincle)
    • 序盤にリズムが若干分かりづらい8分、16分皿が混ざった皿複合地帯があるため、HARDやEX-HARDではそこを知らないと危険。以降は☆9としてかなり弱めなのでノマゲは楽だが、ラストに皿絡みの同時押しが頻発するので油断は禁物。
  • ☆9 SHOOTING STAR(A) (10th)
    • 中盤に☆9としては高密度なトリル複合が降ってくる。終盤は☆9レベル程度の密度であるためノマゲクリアはしやすい方だが、それでも☆9上位レベル。HARDは確実に☆10レベルの地雷
  • ☆9 the trigger of innocence(A) (DJT)
    • 後半に極端に右側に寄った高密度配置があり、右手が弱いとここだけでゲージが壊滅しかねない。ここを抜ければ大きく回復できるので、ノマゲは☆8レベル。
  • ☆9 Under the Sky(A) (HAPPY SKY)
    • 間奏が16分フレーズに変化しているが、その部分が☆9を逸脱した乱打発狂になっており、HARDは確実に☆10下位〜中位レベル。そこ以外は[SPH](☆7)を若干強化した程度でノマゲは妥当〜やや弱めだが、ラスト前の軸押し地帯が苦手だとノマゲも要注意となる。
  • ☆9 WISH(EUROBEAT MIX)(A) (DistorteD)
    • [SPH](☆8)と同じく、中盤の螺旋階段+αが厄介だがRANDOMで簡単になる。ただしハズレも時々あるので注意。終盤は回復なのでノマゲは☆8上位〜☆9下位レベル。
  • ☆9 下弦の月(A) (tricoro)
    • [SPH](☆7)で難所だった間奏での階段発狂は、隣接あり、折り返しありと更に難しくなっている。それ以外にも軸押しや移動トリル、前半には隣接を含んだ8分同時押しラッシュなどがあり、苦手なものがあるとHARDはあっという間にゲージを持っていかれるので注意。また、ラストに「1+2+6+7+皿」の2連打があるため、ノマゲも注意が必要。
  • HARDで逆詐称or妥当&ノマゲ殺し
    • ☆9 CONTRACT(N) (DistorteD)
      • ラストが[SPH](☆10)と全く同じというかなり強烈なラス殺し。ノマゲは核地雷。1P側でも十分難しいが、2P側にはさらにキツい配置になっている。ラスト以外は☆7でも弱い程簡単なので、HARDは弱め〜妥当レベル。
      • ただし、ラストがほとんど押せないレベルだと、100%で突入しても一瞬で落とされる。逆に、100%で突入できるなら、鍵盤を堅実に押して、皿を適宜捨ててしまうのも手。
      • 初出のDistorteDでは、☆7というとんでもない詐称曲で、クリアレートが20%台と非常に低かった。GOLDで☆7→☆8に昇格、Lincleで☆8→☆9に再昇格。
      • ノマゲは[SPN]最強候補。
  • ☆9 gigadelic(N) (RED)
    • ラストが2分皿(一小節のみ4分皿)+7鍵6分連打+メロディ、最後の小節では2拍だけだが67トリルが降ってくるという、強烈なラス殺し。ノマゲは☆10レベルに匹敵する。HARD推奨だが、休憩地帯前の微発狂も注意が必要で、☆9上位レベル。
    • Lincleで☆8→☆9に昇格。
    • ノマゲは[SPN]最強候補。
  • ☆9 AIR RAID FROM THA UNDAGROUND(H) (SIRIUS)
    • ラストで1鍵の8分連打が乱打と絡み殺しにかかってくるが、道中にも取りづらい地帯が多くゲージをじわじわ削られる。HARDでも☆9上位レベル、ノマゲは☆10レベル。
  • ☆9 BroGamer(H) (SINOBUZ)
    • 中盤と終盤のトリッキーなリズムの皿付き同時押しが難所で、ゲージを大きく持っていかれやすい。終盤の同時押し後はほぼそのまま曲が終わるので回復が困難であり、HARDで逃げ切る方がやや楽。
  • ☆9 Cyber True Color(H) (SINOBUZ)
    • 道中は☆8レベル程度のゆるい譜面が続くが、終盤から同色24分階段が頻発し難易度が上がる。ノマゲは☆9上位レベル。
  • ☆9 LOVE♡SHINE(H) (9th)
    • 全体的に密度がスカスカで、ラストは少し厳しめ。しかしHARDではレベル表記ほど難しいことはなく、ノマゲは☆8上位〜☆9下位レベルくらいと思われる。
    • RED〜DJTでは五段課題曲を務めていた。当時の五段課題曲の中ではsync(H)(☆8)のほうが難しいという人が多い。
  • ☆9 NEW GENERATION -もう、お前しか見えない-(H) (DJT)
    • 五段ボス曲。曲を通して☆9としては忙しい譜面だが、終盤の転調後には同色ながら24分階段が何回か襲いかかり、更に捌きにくくなりラス殺し気味。ノマゲは☆9上位〜☆10下位レベル。道中には皿+同時押しの連続やトリルもあるため、これらの得手不得手にもよるがHARDでも☆9中位〜上位レベル。
    • CS DJTでは六段1曲目であり、Lincleでは五段2曲目であり、SIRIUSとResort Anthemとtricoro以降では五段ボスを務めている。
  • ☆9 One More Lovely(H) (10th)
    • 道中は☆9としては弱いが、ラストで皿絡み→1-7トリルが殺しにかかってくる。HARDの場合は序盤の皿絡み同時押しにも注意する必要があるが、そこを抜けられるならHARDのほうが断然クリアしやすいといえる。
  • ☆9 Rise'n Beauty(H) (10th)
    • ラスト8小節にある、2重トリル様の地帯が、桂馬同時かつ隣接トリルのような配置になっており叩きにくく、見切りにくい。この地帯だけでゲージを大きく削られる人も多い。ノマゲは☆9上位〜☆10下位レベルで、HARDのほうが多少は楽だが、トリル地帯前も縦連絡みの乱打やゴミつき階段など難所は多いので注意。人によっては[SPA](☆10)の方が見切りやすく簡単に思えるかも。RANDOMの適用で終盤が楽になることも。
    • SIRIUS〜LincleとSINOBUZでは、六段3曲目を務めていた。
  • ☆9 satellite020712 from "CODED ARMS"-(H) (DJT)
    • 曲終了間際にある1鍵4打ち+乱打のリズムが複雑で叩きにくい。そのあとには30ノーツくらいしかないので、ここでゲージを大きく削られてしまうと、回復が間に合わない。HARD推奨だが中盤にもこれよりは叩きやすいが高密度な乱打があるので、HARDも要注意。
  • ☆9 spiral galaxy(H) (RED)
    • 全体的には☆9としては妥当な乱打譜面だが、ラスト8小節では皿絡み同時押しとの複合で殺しにかかってくる。ここだけでゲージを一気に削られるのであればHARD推奨だが、イントロのトリルでのBADハマりには注意。ラストの5鍵をある程度左手で取れるなら2P側の方が有利か。
    • IIDX REDでは六段1曲目だった。
  • ☆9 tripping contact(H) (DistorteD)
    • 道中も35トリル+4分皿に注意が必要だが、後半から皿絡みやリズム難で一気に難易度が上がり、ラスト1小節に17トリル(ズレ含む)+4分皿が襲いかかって来る。ノマゲは☆10レベル。HARDは妥当か。
  • ☆9 童話回廊(H) (SINOBUZ)
    • 全体にわたって皿の絡む階段が降ってくる。終盤にこの皿複合階段の密度が上がり、ゲージを削られやすい。ラストでわずかに回復できるものの、どちらかというとHARD逃げ切りの方が楽か。
  • ☆9 ALL RIGHT(A) (8th)
    • ラスト2小節の1-3交互連打+αが危険。ここで餡蜜を使うか使わないかによって難易度が大きく変わるが、基本的には☆10レベルと考えてよい。またラストゲーであるので激しくHARD推奨であり、HARDだと☆9で妥当と言える。
  • ☆9 CaptivAte〜裁き〜(A) (GOLD)
    • ラスト2小節が高密度なため、ノマゲは☆9上位〜☆10下位レベル。HARDの方が抜けやすいが、道中の同時や乱打をある程度押せる地力は最低限必要。
  • ☆9 Freezing atmosphere(A) (10th)
    • 終盤にある24分隣接トリルが続く小節が、皿も絡んでおりかなり難しい。その後の回復が短いためラス殺しになっており、隣接配置が苦手だと特に危険。HARDの方がクリアしやすいが、後半からズレ配置が多くなるため、回復しにくくなるので注意。
  • ☆9 GENOM SCREAMS(A) (substream)
    • ラスト突入までは[SPH](☆6)に見られる縦連配置も殆どなく非常に簡単だが、問題のラストで対称配置に16分二重階段と☆10レベル相当の譜面が襲ってくる。難しいのはラストだけなので、HARDのほうがクリアしやすいと言えるか。
  • ☆9 Golden Horn(A) (9th)
    • ラストのトリル+αの殺しが厄介。全体的に螺旋状の配置が多いので、RANDOMは当たり外れの差が大きい。
  • ☆9 In Heaven(A) (tricoro)
    • 道中は乱打中心で適正であれば難しいと感じる場所は少ないが、ラスト数小節が連皿や隣接階段が絡んで押しにくく、ノマゲはここだけでボーダーを割りやすい。そのためHARDの方がクリアしやすいと思われる。
  • ☆9 RUGGED ASH(A) (substream)
    • 後半難。ラストは押しづらい皿絡みの譜面がやってくる。ノマゲはそこで落とされる可能性大。HARDはラストの皿前に階段がやってくるので注意。
  • ☆9 Raspberry♡Heart(English version)(A) (RED)
    • [SPH](☆8)と同様に、ラストのS+1+2+4+6+7の8分4連が☆9にしては曲者。道中は妥当〜やや弱めなのでHARD推奨。また、RANDOMをかけるとここが必ずと言っていいほど高確率で難化するので、クリア狙いなら正規orMIRROR推奨。
  • ☆9 SPEEDY CAT(A) (RED)
    • [SPH](☆8)同様、3度の乱打地帯がクリアに大きく影響するが、3度目のみ1鍵バスドラが追加されており、ラストの皿絡みの難所と相まってラス殺し気味。適正レベルならHARDの方が楽か。ノマゲは☆10レベル。
  • 個人差
    • ☆9 Fascination MAXX(N) (GOLD)
      • 非常に激しく急なソフランが続くため、初見クリアは非常に困難。ただし、譜面自体はかなり低密度(508ノーツ)で、配置も単純なので、DDRで知っているなどでソフラン対策ができている場合は☆7レベル程度の逆詐称に感じるだろう。
      • ちなみに、[SPN]のみトリル地帯([SPH]以上の縦連打地帯)前のBPM100地帯にもノーツがあり、HI-SPEED調整が難しくなっている。
      • Lincleで☆8→☆9に昇格。
  • ☆9 Sense 2007(N) (GOLD)
    • 階段+皿、プチ2重階段、1鍵軸+皿、など[SPN]を逸脱した配置が多く、最後には8分皿絡みのラス殺しもある。しかし、全体で見れば回復も多く、[SPH]として見ればレベル相応。皿絡みが得意なら☆9下位レベル、苦手なら☆9中位〜上位レベルか。
    • また、ノマゲはCONTRACT(N)(☆9)やgigadelic(N)(☆9)より簡単と言う人も多い。
  • ☆9 Around The Galaxy(H) (SINOBUZ)
    • 移植の際、ほんの少し譜面変更。中盤とラストに長い軸押しがありBADハマりしやすく、それぞれがHARD・ノマゲ殺しとなる。
    • ノーツ数は1000ノーツを超えるが、曲が長いため密度は高くなく、軸押し以外は☆8レベル程度の乱打譜面。クリアに直結する軸押し次第で☆9下位〜上位レベル相当にも感じられるだろう。
    • 初出のCS DJTでは、なんと☆7だった。
  • ☆9 B4U(H) (4th)
    • 元祖2P側殺し曲。全体的に皿が多いが、特に階段との複合が多用されている。皿複合自体の得手不得手による個人差ももちろんあるが、特に2P側は皿絡みの配置難のためノマゲ・HARD共に☆10レベルの地雷に感じることもある。
    • 5thでは、1P側が☆7極(現在の☆7と8に相当)、2P側が☆7禁(現在の☆9以上に相当)と、サイドによってレベルが分けられていた。
    • 7thでは、七段3曲目を務めていた。
  • ☆9 Be quiet(H) (RED)
    • 変則的なリズムの中、階段、乱打、縦連、同時押しと様々なスキルが求められる譜面。個人の苦手要素によって体感難易度が変わるが、特に同時押しが苦手だとノマゲ、HARD共に危険。全体的に皿絡みも多く、特にラスト4小節付近の配置が殺し気味。
    • GOLDでは六段2曲目であり、tricoroとSPADAでは六段3曲目を務めていた。
  • ☆9 Beat Juggling Mix(H) (SINOBUZ)
    • 終盤から、リズムは分かりやすいが16分混じりの8分連皿が多めに来る。ラストの減速する16分連皿は初見注意。1P側はMIRROR推奨。
  • ☆9 Bloody Tears(IIDX EDITION)(H) (DistorteD)
    • 高BPMで物量も多めで譜面のパターンも多彩。特に中盤とラストの皿が絡む叩きにくい同時押し地帯が最大の難所で、癖もつきやすく、ここで一気にゲージを削られるプレイヤーも多い。
    • [SPA](☆10)の方が、同時押しの個数は多いが配置が素直である分、楽だという人も。
    • Resort Anthem〜SPADAでは、七段課題曲を務めていた。
  • ☆9 bloomin' feeling(H) (SIRIUS)
    • HARDでは曲中に3回見られる8分同時+4分皿が脅威。ノマゲならその後の同時押しで回復できるので妥当だが、ラストで密度が上がり3つ以上の同時押しが多発するので、同時押しが苦手な人は注意。
    • また、6鍵CN+皿の配置が何回かあるため、2P側では捌きにくいこともあり全体的に2P殺し。
    • SIRIUS以降、六段ボスを務めている。また、INFINITASでは六段2曲目を務める。
  • ☆9 Bounce Bounce Bounce(H) (Resort Anthem)
    • 不規則な皿複合譜面。道中のトリルも地味に厄介。ラストに皿複合が固まっているため、ノマゲは個人差が出やすい。
    • Resort Anthemでは五段3曲目を務めていた。
  • ☆9 Boundary(H) (10th)
  • ☆9 Boundary(A) (10th)
    • どちらも、中盤までは同時押しメイン、終盤は階段になっており、これらの配置に対する得手不得手で評価が分かれる。
    • [SPH]は、同時押し地帯のリズムが不規則だが曲にそった配置であるため、曲を知っているか否かも評価を左右するだろう。同時押しが得意ならHARD、階段が得意ならノマゲの方がクリアを狙いやすい。
    • [SPA]は、[SPH](☆9)に4つ打ちと皿を加えた譜面構成で、[SPH]同様、中盤までの同時押しや終盤の階段に対する得手不得手で評価が分かれる。ラストの階段だけで削られるならRANDOM推奨だが、4つ打ちが増えている分、道中の同時押しが難化する可能性も高くなっている。
  • ☆9 CHECKING YOU OUT(H) (4th)
    • 現行ACのSP☆9最少ノーツ(481ノーツ)。
    • 481ノーツ中皿が205枚と、ノーツの大部分が皿であり、ソフランもする初代超個人差曲。皿が得意でソフランに強い人は☆7を埋めている時期にもクリア出来ることがあるが、苦手な人は☆10がある程度埋まっていても出来ず、[SPA](☆11)と大差ないように感じても全く不思議ではない。10thまでは、☆7(現在の☆7〜☆8相当)だった。
    • なお、皿の枚数は[SPA]と全く同じで鍵盤が少ないため鍵盤での回復がしにくく、特に皿が苦手だと[SPA]よりも難しく感じる恐れもある。
  • ☆9 Colors(radio edit)(H) (6th)
    • 全体的には☆9レベル妥当の譜面だが終盤の混フレ地帯が強烈で、しかも16小節と長いのでゲージ問わず挑戦レベルには厳しい。ノーツが少ないが故の難しさがあり、☆10上位レベルの物量譜面が安定していても落とす人もいる。
    • 7th〜GOLDでは六段課題曲を務めていた。また、INFINITASでは六段ボスを務める。
  • ☆9 DIAVOLO(H) (Lincle)
    • 階段の割合が高く、皿の絡みも嫌らしい。中盤の12分階段と24分3連地帯が難所で、階段が苦手だとHARDは地雷。ラストの同色気味の螺旋階段からの長いトリルも☆9にしては厳しく、トリルが苦手だとここだけでボーダーを割ることも。
    • 今作では、六段3曲目を務める。
  • ☆9 Digitank System(H) (DJT)
  • ☆9 naughty girl@Queen's Palace(H) (EMPRESS)
    • どちらも16分連皿が頻発する譜面で、リズムがズレると一気に崩れてしまいやすい構成となっている。
    • Digitank Systemは皿数251枚。譜面自体は☆9で妥当だが、後半の連皿地帯はリズムに慣れてないとBADハマりを起こしやすい。初見HARDは危険だが、ノマゲでも連皿地帯を抜けた後は、30%前後ゲージをキープしていないとアウト(これは[SPA](☆11)でもほぼ同様)。ノマゲの場合、皿地帯後の鍵盤が少なく回復しづらいので、下手すると[SPA]より難しいと思う人もいる。
    • naughty girl@Queen's Palaceは皿数229枚。DJ Mass MAD Izm*曲の[SPH]の中では長い16分連皿は少なめだが、8分や付点8分などの連皿に絡む鍵盤が多く、終盤の同時押し+16分2連皿地帯がかなりの難所。16分連皿に加えて皿複合の得手不得手で個人差が非常に出やすい。copulaでは六段3曲目を務めており、その影響かクリアレートは45%(2016/04/02現在)と低いものになっていた。
  • ☆9 Donkey Donk(H) (copula)
    • 終盤に時間差含むHCNの複合が来る。苦手なら☆10レベルだろう。2P側はMIRROR推奨。
  • ☆9 Kailua(H) (Resort Anthem)
    • 中盤にCN複合が延々と降ってくる。その中でも、二重CN階段は特に要注意。終盤は☆9レベル相応の乱打とトリルで回復でき、基本的に妥当だが、CNが苦手な人は、特にHARDは地雷に感じるかも。
  • ☆9 Make A Difference(H) (9th)
    • 譜面変更前(☆10)はラス殺し要素であった二重交互地帯が、EMPRESSで復活した際の譜面変更で易化した。対称配置が得意な人には☆8レベルに感じるが、苦手な人には相変わらず☆10レベルのラス殺しに感じ、曲名通り人によって違いが出る。
    • この交互は5連符という特殊なリズムのため、慣れが必要。
  • ☆9 Make Me Your Own(H) (GOLD)
    • ノーツ数は836ノーツと☆9にしては少なめでBPMも速くない。しかしたびたび16分連皿や16分縦連などといった、さばきにくい配置がやってくるため、それらが苦手な人は☆9では強く感じるだろう。特に曲終盤の連皿+αは苦手だとノマゲ、HARDともに注意が必要。
    • 正規は当たりともハズレともいえない譜面なので、RANDOMは一応オススメ。
  • ☆9 MIRACLE MEETS(H) (SIRIUS)
    • 前半に多くのCNがあり、BSS地帯には同時押しも絡む。特にBSS地帯には注意が必要。そこを抜ければCNはあるものの、☆8レベルの譜面なので、CNやBSSが得意な人にとっては逆詐称に感じることも。
    • copulaとSINOBUZでは、五段3曲目を務めていた。
  • ☆9 NEMESIS(H) (6th)
    • 基本的に妥当だが、正規は全体的にかなり押しにくい配置となっている。クリア・スコア狙いともにRANDOM推奨。半二重トリルが叩きにくくなることもあるが、それでも正規よりは概ね押しやすくなると思われる。
    • 9thでは、七段2曲目を務めていた。
  • ☆9 quaver♪(H) (Lincle)
    • 譜面の殆どが8分同時押しであり、サビ部分では常に同時押しを叩いている様に感じる。終盤になるにつれて、休みなく2個同時が続く上に隣接絡みとなり、ラストには8分連打が絡むwaxing and wanding(H)(☆10)を遅くしたようなラス殺しがあって、一気にゲージを持っていかれる可能性あり。同時押しが苦手だと、ノマゲもHARDも☆9上位〜☆10下位レベルに感じるか。
    • 細かなBPM変動こそあるものの、8分主体なのでスコアは出しやすい。
  • ☆9 Rave*it!! Rave*it!!(H) (PENDUAL)
    • 二重軸が中心の譜面で、外すと一気にゲージをもっていかれる。時々くる連皿も地味に厄介である。
  • ☆9 SAMURAI-Scramble(H) (SINOBUZ)
    • 全体的に連皿が来る譜面。連皿は基本8分で時々16分も混じるタイプなのでそこまで複雑なリズムではないが、中盤に鍵盤との絡みでハマってしまいやすい箇所があるので注意。
  • ☆9 Session 1 -Genesis-(H) (SIRIUS)
    • 開幕の低速地帯はCN主体。しかしそれよりも高速地帯に入ってからの序盤から中盤あたりに降ってくる厳しめの階段譜面に注意。終盤も階段が降ってくる。☆9でも強めだが階段が苦手だと(特にHARDでは)☆10レベルに感じるだろう。RANDOM推奨。
  • ☆9 Spica(H) (7th)
    • BPMは遅めだが、全体的に階段が大部分を占める譜面。特に、終盤は皿が絡んでくる。また中盤の7鍵縦連打も人によってはリズムがつかみにくく、難所となりうる。正規は階段が苦手な人にとってはノマゲ・HARD共に☆10レベルの地雷と感じるだろう。
    • RANDOMを使うと概ね難易度が下がるが、縦連地帯に注意。
  • ☆9 黒髪乱れし修羅となりて(H) (Resort Anthem)
    • 譜面のほとんどを16分トリルと16分階段が占める。トリルは叩きやすい配置が多いが、後半はそれに1or7鍵の裏打ちが入るので注意。階段とトリルの得手不得手が顕著に出る譜面。
    • tricoro〜SINOBUZでは六段2曲目を務めていた。また、INFINITASでは六段1曲目を務める。
  • ☆9 超青少年ノ為ノ超多幸ナ超古典的超舞曲(H) (PENDUAL)
    • 同色配置が多めだが終始階段が降り注ぐ譜面。皿が少ない分鍵盤に集中できやすいが階段譜面の耐性で個人差が出やすい。
  • ☆9 バンブーソード・ガール(H) (SPADA)
    • 全体を通してBPM208の16分という高速階段だらけ。隣接や螺旋など様々なパターンで来るので、階段が苦手だと苦戦は免れないだろう。苦手ならRANDOMをつけるのも手だが、ラストが高確率で難化するので有効手段とは言いにくい。
    • 今作では、六段2曲目を務める。
  • ☆9 焱影(H) (SINOBUZ)
    • 中盤に7小節分、ラストに3小節分の連皿地帯が存在し、どのゲージ型でも連皿の出来が大きく関わる。
  • ☆9 A MINSTREL〜ver.short-scape〜(A) (Lincle)
    • 高密度の同時押しラッシュと階段が最初から最後まで続く。序盤は同色同時押しが多いが中盤以降はそうでないものも増えるうえ、リズムの変化もあるため、同時押しが苦手な人には辛い譜面。数こそ多くないが、嫌らしい配置のCNにも注意。
  • ☆9 BRIDAL FESTIVAL !!!(A) (EMPRESS)
    • 基本3連符の同時押し譜面だが、終盤に対称配置や連皿+1357同時など独特な配置があり、苦手だと☆10下位レベルに感じるかも。
  • ☆9 BRIGHTNESS DARKNESS(A) (9th)
    • 全体的には[SPH](☆8)に4つ打ちを加えたような構成。難所はやはり道中の1+3鍵3連打とラストの皿絡み同時押しで、ラス殺し系ではあるものの、縦連が苦手だとHARDは☆10レベルの危険曲になりうる。
  • ☆9 Cheer Train(A) (7th)
    • BPM120と遅いが、声ネタが入る部分を中心に皿を捌かせる皿絡み地帯となっている。それも、曲全体のうちそこそこの比率を占めているので、皿絡みが苦手だと苦戦を強いられる。
    • また、中盤に、123の繰り返し+αの地帯があり、リズムを見失うと総崩れになる危険性があるので、皿絡みの得手不得手に関わらず注意されたい。
  • ☆9 Frozen Ray(original mix)(A) (6th)
    • [SPH](☆9)に比べ、前半に少しノーツが追加され、階段を隣接配置にして強化した程度だが、正規HARDはその部分が叩きにくいため☆10下位レベルか。後半は[SPH]とほぼ一緒のため、ノマゲは妥当。HARDでもRANDOM適用の場合は、隣接階段が崩れるため[SPH]と同レベルと考えてよい。
  • ☆9 Miami Sunset Drive(A) (Lincle)
    • CNをまたいだ配置や時間差、CN終わりと同時の皿+鍵盤などCNが苦手だとかなり厳しい。中盤から終盤までCNが連続するので、じわじわと削られる可能性がある。
  • ☆9 route 80s(A) (6th)
    • 縦連と皿複合がメインの譜面のため、個人差が出やすい。
  • ☆9 STAR DREAM(A) (8th)
    • たびたび登場する13トリル+αが猛威を振るう。ラスト前にもあるため、トリル複合が苦手なら、ゲージ問わず☆10レベルの詐称譜面となる。
    • プレイサイドや運指によっても体感難易度が異なり、MIRRORを入れることで若干難易度が下がる場合も。
  • ☆9 YELLOW FROG from Steel Chronicle(A) (tricoro)
    • BPMは遅いが、終始3〜4つの同時押しが現れ、16分2連打や皿との絡みも多い。また、ラスト近くに123567の同時+皿という☆9にしては厳しい配置もあり、同時押しが苦手だと☆10レベルに感じられるか。
  • ☆9 恋は白帯、サンシロー(A) (PENDUAL)
    • 道中連続階段と皿も絡む捌きにくい同時押しが厄介でこぼしやすく苦手だとHARD殺し。連続階段は最後の最後にもあるためこれがノマゲ殺しとして機能している。スコアは比較的出やすいもののクリア難易度はこれらの要素が苦手だと☆10下位クラスになりうる。
    • 配置が1P殺し気味なため、難所で躓くならMIRROR推奨。RANDOMは同時押しが難化する可能性大。
  • ☆9 獅子霞麗ノ舞(A) (SINOBUZ)
    • HCN+鍵盤が頻発する。また、CNの直前に24分配置が降ってきたり、終盤にはCN中の鍵盤またぎがあるなど配置も変則的。CNが苦手であれば初見やHARD以上は要注意。
  • ☆9 真夏の花・真夏の夢(A) (9th)
    • Resort Anthemで追加された新譜面。Bメロから登場するCN地帯が厄介。初見HARDは危険。

☆10

  • ノマゲで逆詐称or妥当&HARD殺し
    • ☆10 BLACK.by X-Cross Fade(H) (Lincle)
    • ☆10 Red. by Full Metal Jacket(H) (SIRIUS)
    • ☆10 Snake Stick(H) (Lincle)
    • ☆10 灼熱Beach Side Bunny(H) (Resort Anthem)
      • いずれもDJ Mass MAD Izm*の皿曲。皿の枚数が多く、苦手な人は苦戦必至になるだろう。譜面によって皿のタイミングは様々で、不規則なリズムもあるため、BADハマりに注意。Lincleにてターンテーブルの改善はされたものの、油断は禁物。
      • BLACK.by X-Cross Fadeは皿数389枚。現在[SPH]の中では第3位。灼熱Beach Side Bunny(H)より速いBPM163の16分皿が頻発。更には奇数、偶数、16分連続など様々なパターンが襲ってくるため、リズムが崩れるとBADハマりなどでゲージを一気に持って行かれる。ノマゲでは最後の鍵盤地帯で回復できるがそれでも☆10上位レベル。HARDでは道中の16分皿ラッシュを耐え切らねばならず、☆11レベル。SPADAでは、八段2曲目を務めていた。
      • Red. by Full Metal Jacketは皿数350枚。中盤と終盤に皿発狂があるが、既存の皿曲に比べBPMが高く、確実に難しい。2回目の皿発狂の後は回復なので楽だが、HARDは恒例の皿発狂をいかに耐えるかが問題になってくる。皿絡みが得意な人は、逆詐称気味に感じる事も。1P側はMIRRORを入れると中盤で皿と鍵盤が分かれるため、楽になるかも。
      • Snake Stickは皿数338枚。12分皿などが交じっているためリズムがかなり不規則。BLACK.by X-Cross Fade(H)とどちらが難しいかは個人差によるだろう。ノマゲは☆10中位レベル、HARDは☆11レベル程度か。曲の終わり方が引っ掛け気味なので、終わったと思って気を抜かないこと(そのせいか、Lincle終了時のクリアレートは60%台と低めだった)。tricoroでは、八段2曲目を務めていた。
      • 灼熱Beach Side Bunnyは皿数418枚。現在[SPH]の中では第2位。[SPA](☆12)と比べると良心的ではあるが、Red. by Full Metal Jacket(H)と違い皿のリズムが不規則で、24分皿もあるためリズムを覚えておかないと厳しい。ノマゲは後半で回復できるがそれでも☆10では中位〜上位レベル。HARDは☆11レベル程度だが、人によっては☆11上位〜☆12下位レベルに感じるかもしれない。Lincleでは、八段2曲目を務めていた。
  • ☆10 BLUE DRAGON(雷龍Remix IIDX)(H) (SPADA)
    • HARDは序盤〜前半と後半にある白鍵対称と声ネタ連皿が難所。ノマゲは高BPMではあるが終盤の同時はわかりやすい配置が多いので回復させやすいものの密度はそれなりにあり、☆10中位レベル。
  • ☆10 DAY DREAM(H) (tricoro)
    • 急速なBPM変化が複数回あるためにリズムを崩しやすくHARDは☆10最上位〜☆11レベル(序盤のBPM300地帯は特に危険)。ただし、中盤のギターソロ以後は目立って難しい配置ではなく、またBPM変動もないためゲージを回復できる上、総ノーツ数も少ないため1ノーツ当たりの回復量も多い。そのため、ノマゲは妥当かやや逆詐称気味。
  • ☆10 double thrash(H) (HAPPY SKY)
  • ☆10 double thrash(A) (HAPPY SKY)
    • どちらも前半はあらゆるパターンの階段+αが主体で16分がほとんどだが、中盤に長い螺旋階段があり、正規でもRANDOMでもかなり難しい譜面。
    • [SPH]は、後半も変則的なリズムは若干あるものの大半が8分の同時押しなので、大幅に回復できる。HARDは☆10上位レベルだが、ノマゲは☆9上位レベル。
    • [SPA]は全体的に皿が増えており、[SPH]よりも難しくなっている。初出のHAPPY SKYでは☆11だったが、HARDなら☆11が妥当といえる。ノマゲは☆10下位〜中位レベル。
  • ☆10 fffff (H) (Lincle)
    • 中盤までに訪れる3回の24分トリル、中盤にある長い24分トリル地帯が非常に危険で、特にEX-HARDだとズレた瞬間に瞬殺されてしまう。RANDOMではトリルが崩れるので正規orMIRROR推奨か。トリル地帯以降で回復できるので、ノマゲは妥当。
    • SINOBUZでは、七段3曲目を務めていた。
  • ☆10 GAIA(H) (tricoro)
    • 中盤に8小節に及ぶ螺旋階段があり、HARDは危険。後半は☆10レベル相当の譜面なので、ノマゲは妥当。
  • ☆10 GENOCIDE(H) (RED)
    • 前半が非常に叩きにくく、中盤の発狂は[SPA](☆11)と全く同じ。ラストが少し難しいものの、後半はほとんどが回復なので中盤で2%になっても回復は間に合う。ノマゲは☆10中位レベル。HARDは☆11レベルで、[SPA]と大差ない。
  • ☆10 Go Beyond!!(H) (EMPRESS)
    • [SPA](☆12)同様、中盤に発狂があるが、ノマゲはここで空になっても十分に挽回できるので☆10で妥当。ただし、HARDはその発狂地帯を耐えなければならず、☆10ではGENOCIDE(H)(☆10)や3y3s(H)(☆10)と同様地雷系統の譜面。
  • ☆10 JOMANDA(H) (tricoro)
    • 前半にある「ICARUS」のような加速地帯(BPM90→300)が強烈。最高速地帯こそBSSしかないが、その一歩手前のBPM270までは16分乱打があり、ソフラン耐性・高速耐性がないと(EX-)HARDはそこだけで落とされうる。加速後のBSSを抜ければ☆10としては妥当な内容なので、ノマゲは適正レベルなら容易に巻き返せるが、終盤でもやや強めの皿複合で削りに掛かるので油断は禁物。
  • ☆10 KAISER PHOENIX(H) (SPADA)
    • 中盤と後半にある長いトリル地帯が危険。トリルだけならまだしも、所々にゴミもくっついているためBADハマりを起こすと一気にゲージを削られてしまう可能性がある。そこ以外にも短いトリル、二重階段、小階段の連続と油断できない場所が多い。
  • ☆10 MAX 300(H) (7th)
    • 基本BPMが300で、二重縦連打やトリルが特徴。特に中盤がゲシュタルトを崩壊しやすい。S-RANDOMは確実に難化するので基本的に非推奨。とくにEX-HARDは、一瞬のBADハマりでも許せなくなる。ノマゲは中盤を抜けたあと回復できるのでそこまで難しくない。
  • ☆10 MENTAL MELTDOWN(H) (DJT)
    • 中盤の交互押し+皿→16分連皿+トリルが難所。その部分は[SPA](☆11)より皿が多く、[SPA]よりキツいと感じる人も。終盤は回復なのでノマゲは☆10下位〜中位レベル。ただしラストが微妙に殺しなので要注意。HARDは所々にある12分や24分、高密度地帯でゲージが削られやすく、中盤の難所を耐えきる必要があるため☆10中位〜上位レベル。
    • EMPRESSで☆9→☆10に昇格。
    • SIRIUSでは、七段3曲目を務めていた。
  • ☆10 MINT(H) (DistorteD)
    • 前半のトリルや同時押し、乱打がかなり高密度。リズム難でもあり、HARDは難易度が高い。後半から密度が低くなるので、ノマゲは☆10下位レベル。RANDOM推奨。
  • ☆10 NNRT(H) (Linle)
    • 高速BPMの24分くの字や、階段部分でゲージを残せるかが勝負。中盤は同時押しメインなので回復地帯になるが、皿や16分が絡む所もあるので油断は禁物。HARDは☆10上位〜☆11下位レベル程度、ノマゲは妥当。
  • ☆10 Plan 8(H) (tricoro)
    • 高速BPMの8分連皿が何度も来る上、鍵盤も絡んでくるので皿複合が苦手な人にはノマゲ・HARD共に厳しい。皿+鍵盤に関してはMIRRORで楽になる人もいるが、最後は鍵盤の密度も上がるので油断出来ない。ノマゲは☆10中位〜上位レベル、HARDは☆10最上位レベル。
  • ☆10 QUANTUM TELEPORTATION(H) (Lincle)
    • 2回あるブレイク地帯の直前(具体的には25小節目と49小節目)に、☆10としてはやや高密度かつ叩きにくい配置が襲い掛かるため、HARDは☆10では厳しい。打鍵のリズムこそ掴みづらいがノマゲは☆10中位レベルの地力譜面。GOLDEN CROSS(H)(☆9)の上位互換ともいえる譜面。
  • ☆10 rage against usual(H) (HAPPY SKY)
    • [SPA](☆12)でも発狂になっている、「パラリラ地帯」が難所。同色配置だが24分螺旋階段となっており、そこをHARDで越えるのは☆10相応レベルの腕前では厳しいか。そこを抜けた後はやや易化するので、ノマゲは☆10下位レベル。
  • ☆10 SOLID STATE SQUAD(H) (SIRIUS)
    • 中盤まではトリル+α、同時押し、皿複合と様々な要素が求められ、終盤は皿+乱打が容赦なく襲ってくる譜面。(EX-)HARDは苦手要素にもよるが、ゲージを削られやすく☆10最上位〜☆11下位レベル。ノマゲは終盤の乱打次第で平均的には☆10上位レベル。正規は叩きにくい配置なので、RANDOMで楽になることも。
    • CS DistorteDでは、七段ボス曲を務めている。
  • ☆10 STEEL NEEDLE(H) (DJT)
    • [SPA](☆11)同様、前半はトリルや1鍵+皿が多くゲージを削られやすいのでHARDは要注意。ノマゲの場合はブレイク後から挽回が効く。
  • ☆10 THE SAFARI(H) (3rd)
    • 16分トリルに絶妙に配置された同時押しがゲージをじわじわと削り取る。正規、鏡譜面は非常に叩きづらく、ゲージを問わず☆11レベルに感じられる。
    • その一方で乱当たりも多く、当たれば所々に回復地帯のあるノマゲは☆10妥当になるが、HARDはそれでも☆10上位〜☆11下位程度はある。
    • 余談だが、初めて段位認定が登場した7th以降、ずっと七段ボスを務めており、CSでも本曲が収録されているバージョンでも七段ボスを務めている。繰り返しが多く、癖の付きやすい配置のため過度な正規鏡での粘着は非推奨。
  • ☆10 TOGAKUSHI(H) (SINOBUZ)
    • ☆10では少ない、二本のHCNによる混フレ譜面。HARD以上は注意が必要。4つ打ち間隔のCNは、早く離しすぎないくらいを意識するといいかも。
  • ☆10 Venom(H) (SINOBUZ)
    • 前半は特徴的なリズムの縦連やトリルが皿も複合しつつ降ってくるのでHARD以上はBADハマりに注意。後半は☆10下位レベルの地力譜面だが、ラストに1鍵軸が降ってくるので油断は禁物。
  • ☆10 3y3s(H) (EMPRESS)
    • BPM191という高速の中、17の4分押し+16分乱打という発狂が来る。ブレイク前の4鍵絡みの対称→移動トリルも難所。その後は8分同時押し中心だが、皿絡みや隣接配置も多く、終盤には3〜4個同時押しの連続も。HARDは☆11下位〜中位レベルの地雷。ノマゲは、同時押しが苦手でなければ終盤回復は可能なため☆10中位〜上位レベルだが、苦手だとこちらも詐称に感じられるか。
  • ☆10 華蝶風雪(H) (DistorteD)
    • 中盤難。中盤に4回現れる16分螺旋階段+αは4回とも同じパターンとはいえ、適正レベルでは捌きにくい。それ以外は8分が中心で密度もさほど高くないが、ラスト前の殺しに注意。HARDは☆10中位レベルだが、ノマゲは☆9上位〜☆10下位レベル。
  • ☆10 子供の落書き帳(H) (Lincle)
    • BPM280での1鍵バスが延々と続く前半が危険で、HARDではBADハマりしだすとゲージをごっそりと奪われる。越えればあとはほぼ地力譜面。ノマゲは☆10中位〜上位レベル、HARDは☆11レベル。
  • ☆10 表裏一体!?怪盗いいんちょの悩み♥(H) (PENDUAL)
    • 階段と皿絡みがいやらしい譜面だが、後半から鍵盤の密度が薄くなる。HARDは☆10はあると思われるが、ノマゲは☆9レベル。
  • ☆10 冥(H) (HAPPY SKY)
    • 前半はBPM200で16分トリルや階段がほぼ休みなく続き、その後の低速→加速地帯もソフランに翻弄されやすい。しかし、加速後は密度・配置共に易化するため、ノマゲは☆10下位〜中位レベルで比較的楽。HARDは前半の高密度やソフランを耐えなくてはならないため、☆10上位〜☆11下位レベル。
    • 階段中心の譜面ではあるが、RANDOMは低速地帯をはじめ難化しやすい箇所が多いため非推奨。
    • EMPRESSでは七段2曲目であり、SIRIUSでは八段3曲目を務めていた。
  • ☆10 ALFARSHEAR 双神威に廻る夢(A) (DistorteD)
    • [SPH](☆7)と同様に中盤の階段+αの部分が難しいが、そこを抜ければ回復する余地は十分にある。ただし、ラストの3連符階段は[SPH]よりも手数が増えて押しにくくなっているので注意。ノマゲは妥当、HARDは☆10上位〜☆11最下位レベルか。[SPH]と同じく、最後の1+4+7の3連打も忘れずに。
  • ☆10 Almace(A) (Lincle)
    • 前半に二重階段っぽい配置、中盤には2P泣かせのCN+皿があり、HARDは注意。2P側はMIRRORをかけると楽になる。
  • ☆10 AO-∞(A) (SINOBUZ)
    • 密度と叩きにくさの関係で全編通して削られやすく、HARDは☆10でも強め。難易度の起伏は少ないのでノマゲは妥当。繰り返し配置が多いので癖に注意。
  • ☆10 Ascalon(A) (tricoro)
    • 高速トリルが多くHARDは難しめ。終盤は同時押しで回復が見込める。
  • ☆10 bass 2 bass(A) (SIRIUS)
    • ラップが丸々皿に割り振られており、不規則な連皿が続く。当然皿の得意不得意でHARDクリア難度が変わり、更に曲を聞き込んでいればかなり有利になる。また、連皿地帯は鍵盤の配置が左に寄っているため、1P側はMIRROR推奨。
    • 初見HARDは、皿曲と知ってないと皆伝レベルでも落ちかねない為要注意。終盤は連皿がなく☆10中位〜上位レベルの同時押しが続き、2%からでも回復可能なためノマゲは連皿が苦手でも☆10上位レベルに収まる。
  • ☆10 BLUE STRAGGLER(A) (tricoro)
    • ☆10の中でも高密度かつ物量も多めで、特に全体的に乱打に皿が絡む所が多く、更に中盤には32分白鍵階段(75317531…)に皿が絡む難所がある。HARDは☆11下位レベル。正規は全体的に叩きにくいのでRANDOM推奨。
  • ☆10 DIVE 〜INTO YOUR HEART〜(A) (6th)
    • たびたび13トリルの出口に1鍵の2連打+皿同時が絡み、中盤には57トリル+αの発狂が襲いかかる。更にこの発狂は、トリル中に5鍵と7鍵の間に1か所32分間隔で6鍵が配置されている部分まであり非常に押しづらい。発狂後も前述の縦連+皿同時付きのトリルが降ってくる分HARD殺しの特性あり。ノマゲは☆10上位レベル、HARDは☆11レベル。
    • HAPPY SKYでは、なんと☆9であった。
  • ☆10 DXY!(A) (4th)
    • 中盤のしつこい67トリルからの1・3縦連打+αが脅威的。☆10トップクラスのHARD殺しで☆11中位〜☆12レベルに相当。☆10のHARD埋めで最後まで残る人も多い難曲。その後は回復だが、中盤で削られた後に完全に回復するのは厳しいため、ノマゲも☆10上位レベルはあるか。
  • ☆10 GHOST REVIVAL(A) (10th)
    • 基本的に乱打譜面だが、随所に現れるゴミ付きトリルと皿複合、32分配置が厄介。HARDは☆10上位レベル。
  • ☆10 GRADIUS -FULL SPEED-(A) (10th)
    • 序盤の乱打地帯が高密度で難しい。その後は、ソフランを除いて難しい場所はないので、ノマゲは妥当。HARDは☆10上位〜☆11下位レベル。HI-SPEED変更を行えない事もないが、隙が小さく困難。
  • ☆10 GRADIUS 2012(A) (tricoro)
    • 速めのBPMに階段、皿複合、連皿、CNなどが盛り込まれ、さらにかなりの物量を誇る総合譜面。どれか一つでも苦手な要素がある人にとってはHARD地雷譜面となるだろう。ノマゲも☆10上位レベル。
    • tricoroでは、八段1曲目を務めていた。余談だが、八段に[ANOTHER]が採用されたのは、10thでの4曲以来実に10作ぶり。
  • ☆10 Jack(A) (EMPRESS)
    • [SPH](☆8)同様、クリアだけで見れば妥当だが、中盤の同時押し地帯の密集が☆11レベルに近く、特にHARDでは厳しい。ノマゲでもここで削られすぎると回復しきれない事も。pop'nの[EX]とそっくりなので、その譜面に慣れている人には有利かも。
  • ☆10 Light Shine(A) (SIRIUS)
    • リズムの掴みにくい連皿と中盤のプチ二重階段+αが難所という局所難譜面。4回ある連皿地帯は2回目までと3回目からでリズムが違っており、それを把握出来ていないとプチ二重階段地帯後の連皿で落とす危険性大。それ以外はCNが絡むものの回復しやすく終盤も大きく回復可能。ノマゲは☆9上位レベルに留まる。
  • ☆10 LUV CAN SAVE U† (tricoro)
    • [DPA](☆10)の物量を詰め込んでCNを足したような譜面で、総ノーツ数が1400ノーツを超える。序盤と2回のサビがやや高密度な乱打譜面になっているため、体力配分に注意。終盤は若干回復できる。
    • CNがあるのはサビ後の中盤だけだがそのほとんどが跨ぎ配置になっており、特にCN複合が苦手だとHARDは☆11レベルの詐称に感じられるか。
  • ☆10 Macho Gang(A) (substream)
    • [SPH](☆7)同様序盤の移動する同時連打が非常に難しいが、難所はそこくらい。HARDではそれが耐えられるかが問題になっている。皿絡みが多く叩きづらいが、ノマゲは☆9中位レベル。S-RANDOMをかけると上記の難所は易化するが、それ以降が高確率で難しくなる。
    • 9thでは九段課題曲だった。
  • ☆10 NO LIMIT -オレ達に限界は無い-(A) (copula)
    • 中盤まで皿連複合が配置されているが、リズムがパターンになっているので、皿が苦手でもノマゲ以下ならなんとかなるレベル。しかし直後の1小節は強烈な縦連になっていて、HARD以上はこの1小節だけで瞬殺する破壊力を持っている。その後は☆10レベル相応の乱打で回復できるため、ノマゲは妥当〜弱め。
    • 今作では、八段1曲目を務める。
  • ☆10 passionate fate(A) (Resort Anthem)
    • 局所的な難所がいくつもあり、合間のノーツ数も少なめのため回復しづらい。ノマゲは妥当だが、HARD時は要注意。
  • ☆10 Punch Love ♥ 仮面(A) (EMPRESS)
    • いきなり歯抜けデニムから始まり、その他にも局所難があるためHARDは☆10でも強め。
  • ☆10 Quickening(A) (9th)
    • 中盤にある発狂地帯が☆10にしては難しい。ノマゲは発狂後を全て拾いきれば☆10下位〜中位レベルで妥当だが、2%からでは回復が追いつかないので注意。HARDは中盤以外にも序盤のプチ発狂を耐えねばならないので☆11下位〜中位レベル。最後に皿を絶妙に回避するように13の2連打絡みがあるので1P側は注意。
    • SINOBUZでは、八段2曲目を務めていた。
  • ☆10 Set U Free feat. Kanae Asaba(A) (copula)
    • 中盤に3小節もの長いトリルを含む複合配置があり、その直後には☆11下位〜中位レベルの発狂が待ち受けている。HARD以上は核地雷。この発狂はR-RANDOMである程度マシな配置になりやすい。ノマゲは2%からでも回復可能なため妥当。
  • ☆10 shuriken(A) (SINOBUZ)
    • 開幕にCN+トリルからの「V」にも似た白鍵盤二重トリル3連発とかなり特徴的な譜面がお出迎え。(EX-)HARD初見は要注意。以降はCN絡みやトリル+αはあるが☆10レベルに収まっている。
  • ☆10 SigSig(A) (HAPPY SKY)
    • [SPH](☆7)と比較すると同時押しなど難所が増加している。特に中盤の軸地帯は見切れていないとBADハマりを起こしやすい。連皿が難しいが、ラストは比較的楽でノマゲは☆10上位レベル。HARDはトリルや縦連などを耐えないといけないので難易度が上がる。
  • ☆10 Sphere(A) (RED)
    • 前半の皿+二重トリル+αで一気にゲージを削られやすい。HARDは地雷。それ以降は[SPH](☆9)を多少強化したような譜面なのでノマゲでのクリアは楽。
  • ☆10 Summer(A) (SINOBUZ)
    • 中盤にトリル地帯と連皿地帯が連続している箇所があるため、HARD以上は注意。
  • ☆10 TA・DA☆YO・SHI(A) (PENDUAL)
    • 道中に長いBSSを回しながらの片手処理が3回あり、HARD以上では個人差が出やすい。片手力に自信がなく、ゲージがある程度残っているのならBSSは捨てて鍵盤に集中するのも手。譜面自体は☆10中位レベル相当の典型的なユーロ譜面である。
  • ☆10 THANK YOU FOR PLAYING(A) (EMPRESS)
    • 中盤に皿の絡んだ24分螺旋階段があり、その直後に白鍵全押し連打があるため、HARDは☆10でも強め。終盤は☆10としては弱めなので、ノマゲの場合は2%からでも巻き返すことはできるが、ラスト前の若干殺しがかかった16分ピアノフレーズや、ラストの変則リタルダンドには要注意か。
  • ☆10 THE DOOR INTO RAINBOW(A) (Resort Anthem)
    • 道中に何箇所もある32分階段がじわじわとゲージを削り取る上、中盤のCN地帯は鍵盤がCNをまたいだ配置もあるため押しにくく、(初見)HARDは危険。ノマゲは終盤に回復する余地は一応あるが、ラストにもトリル絡みの締めに32分階段が入った殺しがあるので、ノマゲでも☆10上位レベル。
  • ☆10 The Hope of Tomorrow(A) (RED)
    • [SPH](☆8)同様、2回の長いトリル地帯が脅威。特に2回目は13トリルの中に2鍵裏打ちハイハットが配置されており、かなり厳しい配置になっている。2回目のトリル後は終盤前のゴミ付き46トリルがやや押しにくい程度でノマゲは妥当。HARDは☆11中位レベル。
  • ☆10 This is Love(A) (DistorteD)
    • 前半に局所的に密度の高い部分があり、HARDは☆11レベル。
  • ☆10 WAR GAME(A) (8th)
    • 序盤と後半に登場する同時押し+皿地帯が非常に厄介で、HARDは譜面に慣れない間は序盤殺しになりかねないため☆10上位〜11最下位レベル。中盤に回復できる余地はあるのでノマゲは妥当。
  • ☆10 250bpm(A) (4th)
    • 1P殺し曲。1P側は非常に押しにくい配置になっており、1PはMIRROR推奨。それでも全体的にトリル絡みや皿絡みで削られやすく、HARDはかなり難しめ。ノマゲは☆10上位レベル、HARDは☆11レベル。
  • ☆10 十六夜セツナ(A) (PENDUAL)
    • 中盤に同時押し交互地帯、プチ二重階段地帯、複雑なCN複合と☆10では独特な配置が多く、HARDは強めに位置する。
  • ☆10 ギョギョっと人魚♨爆婚ブライダル(A) (copula)
    • 12分縦連や螺旋階段→24分階段など局所的にゲージを削ってくる譜面。特に初見でのHARD以上は要注意。局所難以外は妥当〜やや弱めだが、ラストが縦連なので苦手なら注意。
  • ☆10 クルクル☆ラブ 〜Opioid Peptide MIX〜(A) (GOLD)
    • 前半に☆10を明らかに逸脱した発狂があるが、後は☆10らしい難所はない。ラストを含み道中に3箇所あるトリル絡みでのBADハマりには注意だが、それでもノマゲは☆9上位レベル。だがHARDは難所を耐えなければならないため、☆11中位〜上位レベル。
  • ☆10 月光(A) (HAPPY SKY)
    • 間奏が1鍵バス+螺旋階段+皿という厳しい配置になっており、特に皿は16分連続の箇所もあってここで崩れやすい。HARDは☆10最上位〜☆11下位レベルの詐称。その後で回復の余地があるためノマゲは妥当。
  • ☆10 水上の提督(Short mix from "幻想水滸伝V")(A) (SIRIUS)
    • 中盤にある、17→26トリル+αと乱打部分が高密度であり非常に厄介。他は☆10にしては弱めなので、ノマゲ推奨。
  • ☆10 罪と罰(A) (SPADA)
    • 中盤に26-35の二重隣接トリルがほぼ2小節降ってくる。かなり長い上に餡蜜が効きにくく、BADハマりを起こしやすいのでHARDは注意。ノマゲはその後皿複合や階段こそあるものの回復する余地は十分にある。
  • ☆10 廿(A) (SPADA)
    • [SPH](☆8)の難所でもある中盤の鍵盤+皿地帯は、鍵盤に16分階段が増えた事で[SPH]以上に片手力が試され、難所終盤の4連続32分1357階段+声ネタ皿までいかにゲージを維持できるかがHARDクリアの分かれ目となる。また、道中も同時押しが増えたり16分皿を捌く箇所が増えるなど、所々こぼしやすい譜面となっており、HARDは☆10中位〜上位レベルと見ていいだろう。
  • ☆10 ミラージュ・レジデンス(A) (DJT)
    • [SPH](☆9)と比べて250ノーツ近くも増えているが、特に前半の密度が上がっている。HARDは☆10上位レベル。
    • ただ後半は[SPH]にゴミがついた程度であり、ラスト数小節で[SPH]よりも多く回復できるため、ノマゲは☆10中位レベル。[SPH]同様、RANDOMでいくらか楽になりやすいので推奨。
  • ☆10 山岡晃の「クイズ!家事都合!」(A) (EMPRESS)
    • 序盤に4回来る押しにくい対称譜面が難所。RANDOMは当たり外れの差が大きい。
  • ☆10 リグレット(A) (GOLD)
    • 全体的に☆10にしてはおとなしめの譜面だが、中盤にあるゴミ付きの長い大螺旋階段が難しい。RANDOM当たり譜面や階段の得意な人には逆詐称気味に感じるものの、苦手な人には強烈なHARD殺しになりうる。初見HARDは要注意。
  • HARDで逆詐称or妥当&ノマゲ殺し
    • ☆10 A(H) (7th)
      • 終盤にBPM191での乱打や大階段が密集してくる終盤難。ラスト付近はそれに皿も絡んでくる。ノマゲはこれらが苦手だと☆10上位〜☆11最下位レベル。難しいのはそこだけであり、HARDなら☆10中位レベルか。
  • ☆10 Abyss -The Heavens Remix-(H) (9th)
  • ☆10 Abyss -The Heavens Remix-(A) (9th)
    • どちらもラストの皿複合地帯が難しく、そこだけで落とされる可能性が高い。
    • [SPH]は、[SPA](☆10)に比べて250ノーツも少なく、☆10らしい難所はラストの同時押し+皿地帯のみ。ノマゲは☆10下位〜中位レベルだが、HARDは☆9レベルの逆詐称。DistorteDで☆9→☆10に昇格。10thとREDでは、七段3曲目を務めていた。
    • [SPA]は、[SPH]と同様ラストに同時押し+皿の殺しが降って来るが、[SPH]と比べ密度が上がっており、適正レベルでのノマゲクリアはかなり厳しい。HARD推奨だが、道中も☆10としては十分な譜面となっており、HARDクリアも決して容易ではない。
  • ☆10 D(H) (SIRIUS)
    • 激しいソフランで翻弄されやすい上、露骨な最後殺し。後半までは☆9〜☆10下位レベル程度だが、最後1小節で☆11レベルくらいの殺しが来る為、HARD推奨。ノマゲだと☆11レベル。HARDは個人差にもよるが☆10上位レベル。
    • クリアレートも☆10の中では最低クラス。
  • ☆10 Distress(H) (9th)
    • 中盤までは☆8上位〜☆9下位レベルだが、終盤の左右対称+皿が難しく、ラストはさらに押しづらい配置となっている。HARDは☆10中位〜上位レベルだが、ノマゲは☆11下位レベル。
    • 9thとREDとDJTでは、六段ボスを務めていた。
  • ☆10 Little Little Princess(H) (HAPPY SKY)
    • [SPA](☆11)とは異なり8分と12分の混合配置はほとんどないものの、慣れないうちはラストの隣接階段+皿がラス殺しに感じるかも。道中は☆9上位レベルなので、全体を通すとHARDのほうが楽か。
    • DistorteDでは七段3曲目であり、CS HAPPY SKYでは六段2曲目を務めていた。
  • ☆10 mosaic(H) (SIRIUS)
    • 中盤までは同時押しの練習曲として適度な密度譜面でむしろ逆詐称気味だが、ラスト付近の1バス+隣接同時押しラッシュ+裏拍にくる皿が☆10にしては少々厳しい。この部分以外が捌けるならHARDの方が楽。
    • Resort AnthemとLincleでは、七段課題曲を務めていた。INFINITASでは、七段2曲目を務める。
  • ☆10 Quakes(H) (SINOBUZ)
    • 終盤の2重トリルは隣接配置なうえに皿が絡むため露骨に押しにくい配置となっており、最後はそのまま連皿で殺しにかかってくるためHARD推奨。
  • ☆10 SCREAM SQUAD(H) (HAPPY SKY)
    • 道中は楽であるが、ラストの皿絡みが厄介。ノマゲは☆11下位レベルくらい、HARDは妥当か。
  • ☆10 Tropical April(H) (Resort Anthem)
    • 高速BPMの中でのラストの皿複合がキツく、ノマゲはボーダーを割りやすいので注意。
  • ☆10 waxing and wanding(H) (DistorteD)
    • 同時押しラッシュのラス殺し。できない人は最後だけでガリガリ削られる。ラスト以外はかなり簡単なのでHARDの方がクリアしやすい。HARDは☆10下位レベル、ノマゲは☆10中位レベルぐらい。
    • EMPRESSでは、七段1曲目を務めていた。
  • ☆10 Welcome(H) (copula)
    • 道中は☆9レベルだが、ラストが軸+αからの皿+17トリルとBADハマりしやすい殺しなのでHARD推奨。
  • ☆10 X(H) (copula)
    • ラストが階段+α、皿同時と逆くの字+くの字の繰り返し、と非常に厄介。序盤の階段や246の24分に注意が必要だが、HARDの方がノマゲより楽か。RANDOMは階段が押しやすくなる一方、ラストの二重くの字が押しにくくなる可能性があるので要注意。
  • ☆10 YAKSHA(H) (Lincle)
    • 道中は☆10にしては単調な譜面だが、ラスト1小節で対称配置+皿の譜面が殺しにかかってくる。初見ノマゲ(EX-HARD)は特に注意が必要。HARDのほうがクリアしやすい。
  • ☆10 100% minimoo-G(H) (HAPPY SKY)
    • 中盤までは簡単だが、ラスト付近の延々と続く皿絡みがかなり強力。HARDの方がクリアを狙いやすいが、問題の皿絡み地帯は決して短くないため、それなりの地力がないとHARDでも振り落とされるだろう。DistorteDで☆9→☆10に昇格。
    • また、BPM252と高速なのもさることながら、この楽曲自体が全譜面とも小節線が表示されないという特徴もあるので、BADハマりにも要注意。
    • ちなみにこのレベル帯の中では珍しく、鍵盤同士の同時押しが存在しない譜面である。
  • ☆10 199024club -Re:BounceKiller-(H) (copula)
    • 連皿地帯と単純な鍵盤地帯が交互に続く譜面だが、終盤の連皿地帯が最も難しくそのまま曲が終わるため、よほど皿が苦手でない限りHARDの方がノマゲより楽。
  • ☆10 音楽(H) (tricoro)
    • ラスト以外は局所的に密度が上がったりするが、☆9上位レベル。ラストにBPM310から360にかけて加速しながらの縦連打があり、回復もないまま終わるためノマゲは厳しい。クリア狙いならHARD推奨。
  • ☆10 雪月花(H) (10th)
    • ラストの皿複合が難所。HARD、1P側はMIRROR推奨。
    • REDとHAPPY SKYとGOLDでは、八段1曲目を務めていた。
  • ☆10 刃図羅(H) (SINOBUZ)
    • 道中に☆10というほどの難所はないが、終盤で皿絡みの階段が続く。HARD逃げ推奨。
  • ☆10 alla turca con passione(A) (HAPPY SKY)
    • 終盤に縦連が頻発し、2鍵5連打+αや2鍵軸の非常に叩きにくいラス殺しがある。ノマゲは☆11レベル。HARD推奨。
  • ☆10 awakening(A) (RED)
    • 序盤とラストには2連打(ラストは1ヶ所だけ3連打がある)が入り混じった表打ち+階段+裏打ちが流れてくる。ラス殺しなためHARD推奨だが、中盤に[SPH](☆7)と同様の隣接トリル→大階段が降って来るので注意。ノマゲは妥当、HARDは☆9上位レベル。
    • Lincleで☆9→☆10に昇格。
  • ☆10 Bahram Attack -猫叉Master Remix-(A) (EMPRESS)
    • 1軸+αのラス殺し。道中にも軸はあるがそこまで高密度でもなくその他で回復もしやすい。
  • ☆10 CaptivAte〜誓い〜(A) (GOLD)
    • 道中は[SPH](☆9)と譜面傾向が変わっているが難易度的には変わっていない。ラストが難しく、ここだけ☆10レベルなのでHARD推奨。
  • ☆10 Central Station(A) (copula)
    • 道中は☆10中位〜上位レベル程度の階段複合がメインでここだけでもそれなりの難易度だが、終盤に6小節分のズレが含まれる見切りにくい連皿+α地帯があり、「Red. by Full Metal Jacket」と同じBPMで強烈なラス殺しになる。ここのみで落とされてしまう場合RANDOMで崩すのも手。中盤まで安定しているならHARDの方が比較的楽になるか。
  • ☆10 Cradle(A) (9th)
    • ラストにかけて密度がどんどん上がっていく。HARDの方が楽だろう。
  • ☆10 Daisuke(A) (10th)
    • サビの階段+αが☆10の中では強め。特にラスト1小節が厳しく、ノマゲだとかなり強烈なラス殺しになる。難所と回復がハッキリしており、ラストまである程度ゲージを維持できるならHARD推奨。
  • ☆10 Heavenly Sun(IIDX VERSION)(A) (DistorteD)
    • 段階的に難しくなっていく譜面で、序盤は☆7中位〜上位レベル、中盤は☆8上位〜☆9下位レベル、終盤は☆10中位レベルといった感じ。BPMが遅めなこともあり、全体的にも☆10にしては楽なほうではあるが、適正レベルならHARD推奨か。
  • ☆10 HYPER EUROBEAT(2DX style)(A) (9th)
    • ラスト1小節が3個同時×10というあからさまな殺しになっており、ノマゲは☆11下位レベル。HARD推奨だが、所々のやや高密度な部分や連打絡みの配置でミスを誘発されやすく、☆10上位レベルはあるだろう。
  • ☆10 LOVE♡SHINE(A) (9th)
    • ラス殺し。皿複合がかなり押しにくい配置となっている。HARD推奨。一応ラストを抜ければ回復の余地はあるが、ゲージをごっそり削られるのならHARDも厳しいかもしれない。
  • ☆10 New Lights(A) (tricoro)
    • 高速ゴミ付きトリル+皿複合のラス殺し譜面。ノマゲは☆10上位レベル。HARD推奨だが、道中も地味にとりこぼしやすい配置があるので注意。
  • ☆10 traces(A) (7th)
    • ラスト前の4小節が高密度なためHARD推奨。道中もややリズム難なので注意。
  • ☆10 Twelfth Style(A) (HAPPY SKY)
    • ラストのピアノ地帯手前に入る青二鍵(4,6)→白二鍵(1,7)同時押しトリルに要注意。特に初見は注意が必要。歯抜けのデニムと考えると対処し易いかもしれない。
    • copulaとSINOBUZでは、七段2曲目を務めていた。余談だが、七段に[SPA]が採用されたのは、7thでの「Y31」(当時☆9)以来実に16作ぶり
  • ☆10 オレはビートマニア! お前は何マニア?(A) (HAPPY SKY)
    • 前半は☆8上位〜☆9下位レベル程度の譜面であるが、ラストは[SPH](☆8)と同様に連皿譜面がやってくる。ノマゲは☆10中位〜上位レベルであるが、全体的に考えるとHARDのほうが楽か。
    • DistorteDで☆9→☆10に昇格。
  • ☆10 罠(A) (DistorteD)
    • [ANOTHER]になっても16分すらほとんどなく全体的には皿絡みの同時押しに特化した感じの譜面だが、ラストが☆11レベルの殺し。一応HARD推奨ではあるが、道中も連皿絡みで削られやすく☆10中位〜上位レベルで、苦手だとHARDでも☆11下位レベルの詐称に感じるかも。
  • 個人差
  • ☆10 BITTER CHOCOLATE STRIKER(H) (EMPRESS)
    • 密度的には☆10の中では低い方だが、12分のリズムやしつこい皿複合、ラストの24分トリルが大きな個人差を生む曲。他の12分主体譜面に比べ、1P・2P問わずS+1やS+7の配置がやたらと目立つのも、個人差を増している。
    • Resort Anthemでは、八段1曲目を務めていた。
  • ☆10 Do it!! Do it!!(H) (DJT)
    • 非常にBADハマりを起こしやすい軸押しやトリルがひたすら続く譜面で、HARDは軸押しなどができない場合は特に地雷となる。ノマゲはこれらに耐性があるかどうか、速いBPMについてこれるかで評価が分かれる。
    • 一定の地力があるなら、クリアそのものは[SPN](☆8)より安定しやすいとの声も。
  • ☆10 Dynamite(H) (copula)
    • 連皿、皿複合の要素が非常に強く、特に終盤の皿はクリアする上でとても重要。できる人でない限りはノマゲ・HARD共に☆11下位レベル以上に感じると思われる。
  • ☆10 ECHIDNA(H) (SINOBUZ)
    • 全般的にHCN拘束が多い。更にラストにはHCN付きトリルがあるのでHCN複合が苦手な人は☆11レベルに感じるか。
    • また、終盤から連皿+トリルという配置があったり、密度が高くなるのでHCN複合が得意であっても注意は必要。
  • ☆10 F(H) (Lincle)
    • 大部分を隣接配置の階段譜面が占める。階段が得意であれば逆詐称に感じるが、階段が苦手だと(特にHARDでは)辛い曲。ただし、終盤には階段がなく回復できるので、ノマゲは☆10としては弱め。また、RANDOMをかけると、概ね難易度が下がる。
  • ☆10 GALGALIM(H) (SIRIUS)
    • 全体的に声ネタの皿の絡みがいやらしく、終盤はこれがさらにきつくなるため皿複合が苦手な人には辛い曲。軽くラス殺しなのでHARDの方が楽という人も。
  • ☆10 Ganymede(H) (DistorteD)
    • メインBPMは82と極めて遅いが、後半で24分のメロディパートと16分のドラムパート(それぞれBPM164での12分と8分に相当)の混フレを延々とやらされる、☆10ではあまり見られない譜面。
    • ドラムパートの手数はさほど多くはないため、ドラムパートのリズムを覚えたうえでメロディパートのほうに集中してやるとゲージを残しやすい。
    • ノマゲはラスト5小節で30%ほど回復できるが、BPMが若干減速するので一応注意。
  • ☆10 IMPLANTATION(H) (PENDUAL)
    • 縦連主体の譜面。その上リズム難でもあるためBADハマりを起こしやすいのでHARDは注意。特に縦連が苦手な人はノマゲでも苦戦するだろう。リズムを覚えることが有効な攻略法となり得ることも個人差を広げる要因となっている。
  • ☆10 INORI(H) (GOLD)
    • 叩きにくい配置の乱打と螺旋階段がずっと続く譜面。これと言った難所はないため、乱打と階段が得意なら逆詐欺に感じるが、苦手だとかなりつらい譜面。F(H)(☆10)同様、終盤は密度が若干下がるのでノマゲは比較的楽か。またRANDOMも有効。
  • ☆10 Nightmare before oversleep(H) (copula)
    • 中盤〜終盤に大量の階段がある。密度も基本16分+最後は24分と高く、階段が苦手だと詐称クラスになる。階段地帯はそれ以外の要素が少なく、逆に得意なら終盤は階段のみでかなり簡単な部類に。階段が苦手ならRANDOMをかけるとやりやすくなる。
  • ☆10 POSSESSION(H) (copula)
    • 低速→疑似停止の箇所が序盤と中盤にある。擬似停止部分にもノーツがあるため、譜面を把握していないとHARDは厳しいか。終盤は6分同時押しや12分同時交互になっており、☆10ではやや強めなので苦手ならノマゲでも要注意。
  • ☆10 Raison d'être 〜交差する宿命〜(H) (SIRIUS)
    • Zektbach曲特有の階段譜面をさらに忙しくした様な構成。正規譜面は体力と階段適正がないと厳しい。また[SPA](☆11)では簡単な同時押しになっている中盤が階段混じりの繰り返し地帯になっているため、[SPA]より難しいと感じる人も。
  • ☆10 RESONATE 1794(H) (RED)
    • ☆10としては低密度だが、中盤に偏った配置の乱打、終盤には隣接階段ラッシュのある、かなりの配置難譜面。正規は☆10上位レベルであり、階段が苦手だと更に厳しい。RANDOMで易化しやすいため推奨。
  • ☆10 V(H) (5th)
    • 終盤にある二重トリルの得意不得意で体感難易度が大きく変わる。☆9レベルに感じる人もいれば、☆11レベルに感じる人もいる。
    • REDでは☆8(「☆8+」ではない、現行の☆9に相当)だった。
    • 7th〜HAPPY SKYとDJTでは七段課題曲を務めていた。INFINITASでは七段1曲目であり、今作では七段3曲目を務める。
  • ☆10 Zirkfied(H) (tricoro)
    • 全体的に妥当だが、序盤とラストのV(H)(☆10)よりも速い12分対称二重トリルや中盤の(1+5)×3→(3+7)×3の12分縦連で個人差が出やすく、苦手だと(特にHARDは)詐称に感じるかもしれない。
  • ☆10 ZZ(H) (PENDUAL)
    • 基本は階段が主体の譜面。超青少年ノ為ノ超多幸ナ超古典的超舞曲(H)(☆9)同様階段耐性で個人差が出る。また同時交互がたびたびやって来て、更にラストにもくるので初見ノマゲはやや注意。
    • 階段が苦手ならRANDOMも手だがラストの交互が大幅に難化してここだけで落とされてしまう危険もあるので注意。
  • ☆10 革命(H) (7th)
  • ☆10 革命(A) (7th)
    • どちらも延々と階段譜面が続く譜面で、階段が得意かどうかで大きく個人差が出る。また、ラストに同時3縦連+αが待ち受けているので、要注意。
    • [SPH]は、所々に皿が絡むが、ほとんど階段譜面。クリア狙い、スコア狙いともにRANDOM推奨。人によっては[SPA]よりスコアがでないことも。今作では、八段2曲目を務める。この譜面が選出されたのは、8th以来実に17作ぶり
    • [SPA]は、難度は[SPH]と同じだが、階段譜面に散りばめられた縦連や同時のせいでかなり叩きにくさが増している。正規は☆11レベルに感じられるかも。ただし、ゴミがあるため逆にほぼ階段だけの[SPH]より見切りやすいと感じることも。こちらもRANDOM推奨。
  • ☆10 シュレーディンガーの猫(H) (tricoro)
    • 終始、叩きにくい同時や階段が降ってくる。高BPMゆえに見切り力やとっさの判断力が必要。全体的に右寄りの譜面なので、右手が弱いとノマゲ、HARDともに危険。
  • ☆10 真 地獄超特急 -HELL or HELL-(H) (copula)
    • 中盤に短いHCN、終盤に連皿があり、苦手要素によりゲージごとの体感難易度が異なる。HCNの配置は右側に偏っていて、二本同時も出てくるが、跨ぐ配置もなく比較的素直ではある。どちらかといえば終盤の連皿で削られがちなので、道中安定するのであればHARD逃げも視野に入る。
  • ☆10 聖人の塔(H) (Lincle)
    • 開幕と中盤とラストに低速地帯があるが、密度が低いため区間を覚えてしまえばギアチェンなしでも十分対処可能。むしろ、高速地帯の大半を占めるあらゆるパターンの階段で個人差が大きく出やすく、高速階段が苦手だとクリアできたとしても高スコアは期待できない。
  • ☆10 たまゆら(H) (tricoro)
    • 後半難。同色ながら3〜4つの同時押しが多く、階段もある。高BPMで皿も絡んでくるため、これらの中に苦手要素があると、ノマゲもHARDも一気に落とされる可能性があり、☆10中位レベル以上に感じるだろう。逆に得意な人にとっては☆9レベルに感じられるか。
    • 初出のCS EMPRESSでは☆9だった。
  • ☆10 B4U(A) (4th)
    • [SPH](☆9)同様、要所要所に皿絡みがあり、特に2P側にはきつい配置になっている。その皿の枚数は[SPH]よりも3枚だけ少ないが、終盤の同時縦連地帯の皿が4枚から1枚に減っているだけであり、皿に関しては[SPH]とほぼ同じと思ってよい。
  • ☆10 BREATH(A) (RED)
    • 全体的に隣接配置が目立つが、特に序盤の67トリル絡み、ブレイク前に4度やって来る15-37二重トリル、終盤の裏打ち皿と絡んだテケテー地帯が難所。ラストに少し回復があるものの、前述の難所が出来ない人にはゲージ問わず☆10上位〜☆11レベルに感じるかも。
  • ☆10 Dazzlin' Darlin(A) (DJT)
    • ☆10にしてはノーツの配置が単調でリズムに忠実な譜面だが、終盤に密度が上がり、☆10下位〜中位レベル相当の難しさになる。
    • 高段位者や精度を取るのが得意な人には逆詐称気味に感じるものの、☆10入門者が3曲目に選ぶのにはやや不向き。
  • ☆10 Dreamin Train(A) (copula)
    • 中盤までに軸、トリル、皿複合が広く配置されており、ミスを出しやすい。更にサビの終わりには長い移動トリルや☆10としては高密度の配置があるため、HARD以上は要注意。終盤も回復しづらく、ノマゲでも油断は禁物。
  • ☆10 Everlasting Resort(A) (Resort Anthem)
    • BSS後のCN複合地帯も難所だが、ラストが1+7のCNを押しながら声ネタ皿を捌くという露骨な初見殺し。譜面を知っていてもミスを誘発しやすく、ノマゲだとそこだけで落とされる可能性も。HARDの方がまだやりやすいか。
  • ☆10 FEEL IT(A) (10th)
    • トリル絡みが激しい譜面で、見た目は単純だが、BPMの速さのせいか非常にBADハマりしやすい。1鍵軸や13トリル+αに皿が絡むため、1PはMIRROR推奨。餡蜜が上手く決まれば☆10でも簡単めに感じるかもしれない。
    • [SPH](☆9)同様、個人差が非常に強い譜面で、特にHARDは上級者でもハマって落とすことがある。また、トリルが歯抜けでなくなっている分、[SPH]より楽に感じる場合も。
  • ☆10 Golden Palms(A) (Resort Anthem)
    • 時間差CNやCN+鍵盤+連皿など、「脳トレ」とも揶揄される複雑なCN複合配置が度々登場する。最近はCN譜面が増えてきたとはいえ、この譜面の場合はかなり複雑なパターンなので、慣れていないとHARDは特に危険。
  • ☆10 GRID KNIGHT(A) (GOLD)
    • tricoroで復活し、譜面変更。
    • 道中は12分白鍵トリルが多く、複合配置や対称配置に加えて所々皿が絡むため、苦手な人にはHARD地雷になる。逆に、旧[SPA]より若干楽になっているがラストに皿+青鍵同時押し→皿+白鍵同時押しの連打があり、ノマゲでここだけで落とす人はHARDの方が楽かもしれない。
    • また、正規はどちらかというと叩きにくいのでRANDOM推奨だが、ラストの皿+同時押しが難化する場合もあるので注意。
  • ☆10 KAMIKAZE(A) (4th)
    • BPMは遅いが、隣接押しに微縦連など空POORや押し抜けを誘発しやすい配置が多く、同時押し譜面が苦手、もしくは譜面をしっかり見切れていないと空POORだけで落ちることもある。
    • PENDUALとCS 9thでは、八段2曲目を務めていた。今作では、八段3曲目を務める。
  • ☆10 LAX5 feat.Ryota Yoshinari(A) (Lincle)
    • ノーツも1427ノーツと多めで、BPM190の白鍵2重トリルなどの局所難も存在するが、そこ以外に16分はほとんどなく8分間隔の同時押しが主体。平均的には☆10上位レベルだが、体力譜面が苦手だと☆11下位レベルに感じられる。
  • ☆10 Love Magic(A) (HAPPY SKY)
    • [SPH](☆8)同様、BADハマりしやすい軸押しとトリルが大半を占める。[SPH]と比べて終盤に13トリルが増えているが、中盤まではおかずが付いた程度なので、トリル絡みだけで崩れるという人はHARDのほうが楽か。
    • トリルに皿が絡むことも多いので、1P側はMIRROR推奨。
  • ☆10 M.D.Injection(A) (SPADA)
    • 基本的にピアノ音による階段が続く。配置こそさほど難しいものでもないが、人によっては最後の連続階段がラス殺し気味か。
  • ☆10 Magical(A) (SINOBUZ)
    • 密度はあまりないが折り返し階段が目立つ譜面。正規は得意不得意の差が出やすい。RANDOMで階段が交互状の乱打になれば、逆詐称レベルになるので狙ってみよう。
  • ☆10 Make A Difference(A) (9th)
    • 基本的には☆10上位レベルだが、終盤の17-26の隣接二重交互+4鍵(通称:神降臨地帯)が非常に捌きづらく、苦手だとここだけでゲージを空にされかねず、☆11レベルの詐称となる。[SPH](☆9)同様、曲名通りの個人差譜面。
    • 終盤の交互が押せないならRANDOMもアリ。交互のリズムは[SPH]で練習可能。
  • ☆10 Mr.T.(take me higher)(A) (4th)
    • 基本は同時押し譜面だが、所々に縦連や皿が絡んでくるのが地味にいやらしい。基本的に☆10下位レベルという評価だが、皿絡みや縦連に弱い人は☆10中位〜上位レベルに感じるかも。
    • 7thでは、八段1曲目を務めていた。
  • ☆10 Muzik LoverZ(A) (copula)
    • トリルが多く、二重トリルや24分トリルなど様々な形で降ってくるため、苦手な人やHARD以上は要注意。更にラストには鍵盤絡みの連皿があり、得意不得意によってノマゲ難易度も変わってくる。
  • ☆10 NANAIRO(A) (copula)
    • 2回あるサビの両方に同時押しラッシュがあるほか、間奏では高速階段が皿を交えて降ってくる。苦手だとそこだけでゲージを持っていかれてしまう。高速階段+皿はラストにもあるため、皿絡み階段が得意でないと詐称クラスのラス殺しになる。
  • ☆10 Präludium(A) (tricoro)
    • 前半が高密度で、特に皿も絡むので挑戦段階だと全く見切れない。中盤以降も☆10上位レベル。階段が苦手な人はRANDOM推奨だが、皿と絡む地帯はそれほど変わらない。
    • PENDUALでは、八段1曲目を務めていた。
  • ☆10 Rainbow after snow(A) (tricoro)
    • 基本的に妥当だが、移動する軸やそれをまたぐような同時押しが配置されており、なおかつ曲が進むにつれてだんだんと密度が高くなる。さらに要所要所に早い階段が絡んでくるので細かいミスが重なりやすい。
  • ☆10 Really Love(A) (9th)
    • 皿絡みが多く、BPMも遅め。局所的に24分皿も絡んでるため、BADハマりに注意。
    • また、皿の枚数は[SPH](☆6)と大差がない。
  • ☆10 rottel-da-sun(A) (6th)
    • 皿複合に特化した譜面。特に終盤の8分皿地帯が歯抜けもあってかなりキツイ。ノマゲはその後回復できるが、20%以下になってしまうとクリア不可能。道中も削られやすい部分が散在し、物量の少なさ故に許容ミス数がかなり少ないためHARDも決して楽ではない。
    • 非常にクセが強く、皿複合が得意であれば☆10をまわしてる頃にクリアできることもあるが、☆11上位譜面が出来るのに落とされる人もいる。rottel-the-Mercury(A)(☆10)や(A)(☆10)の上位譜面。
    • 9thでは九段課題曲であり、copulaでは八段3曲目を務めていた。
  • ☆10 rottel-the-Mercury(A) (9th)
    • rottel-da-sun(A)(☆10)と比べると皿複合は少ないが、同時押しや微縦連など厄介。譜面の性質上、個人差がかなり出やすい。
  • ☆10 Seize the Day(A) (SINOBUZ)
    • 曲の後半から一定リズムの同時押し連打譜面になる。さらにCNも入ってくるので、苦手な人は注意。道中は隣接トリルなどもあるが、RANDOMは後半が押しにくくなるので非推奨。
  • ☆10 SWEET LAB(A) (4th)
    • 4〜5つ同時押しや縦連が絡む皿複合という、☆10ではレアなタイプの譜面。皿が絡まない所にはあまりノーツは配置されておらず、皿複合スキルや運指力が大きく問われる。
    • 難所は前半と終盤の皿複合と中盤の4連皿地帯。そこ以外ではノーツが少ないため回復は厳しい。
  • ☆10 Tori-no-kimochi(A) (copula)
    • 猫叉曲特有の微ズレ譜面なのでスコアが出にくい。前半と終盤が難所。
    • 終盤に3回登場する右寄りの螺旋階段が難しい。特に3回目は終わった後にわずかなノーツしかないのでラス殺しになり得るため要注意。
  • ☆10 Turii 〜Panta rhei〜(A) (EMPRESS)
    • 階段主体譜面、特に後半に降ってくる24分階段+αが☆10ではややきつく、階段耐性が無いとHARDは特に危険。RANDOMのほうがクリアは楽か。
  • ☆10 5.1.1.(A) (1st)
    • 2P殺し曲。ラストにある皿がらみの6と7の交互トリル+αは低速ながらも凶悪。2P側はMIRROR推奨。
    • また、24分以上の配置はないため、トリルが苦手ならプレイサイド問わずS-RANDOMで崩すのも手。
  • ☆10 少女アリスと箱庭幻想コンチェルト(A) (copula)
    • HCNが降ってくる多くの箇所で16分配置の鍵盤が絡んでおり、☆10ではまず見られないCNまたぎの階段なども登場する。CNの得意不得意によって難易度が大きく変わるほか、HARD以上は特に注意。ラストには右側に偏った二重トリルの殺しもあり、☆10上位レベル。ただHCN+αが存在しない為、RANDOM使うのも有効か。
  • ☆10 衰色小町メランコリア(A) (Lincle)
    • 隣接含みの捌きにくい同時押しが頻発するため、同時押しが苦手だとかなり厳しい。また、所々皿も絡んでゲージを削ってくる。更にラスト前にプチ発狂があり、ノマゲの場合ここでゲージを削られすぎると回復が追いつかない。
  • ☆10 突撃!ガラスのニーソ姫!(A) (Lincle)
    • 序盤と終盤のトリルや中盤の唐突に降ってくる連皿も難所だが、メインとなる同時押しも若干高密度で、高BPMの上に16分やCNが絡んでくるので厄介。ノマゲも難しいが、HARDは特に危険。

☆11

  • ノマゲで逆詐称or妥当&HARD殺し
    • ☆11 Chrono Diver -PENDULUMs-(H) (PENDUAL)
      • 中盤に不規則な交互連打にゴミが付いている地帯があり、大きくゲージを削られやすい。ノマゲはそこから回復できるので妥当だが、16分階段がメインの配置と所々に24分トリルが混ざっているため、苦手だと12下位レベルに感じるかも。
      • copulaでは、九段2曲目を務めていた。ちなみに、九段で[SPH]が選出されたのは、REDで九段1曲目のピアノ協奏曲第1番"蠍火"(当時の譜面難易度名は「7KEYS」)以来実に12作ぶり
  • ☆11 Fascination MAXX(H) (GOLD)
    • 縦連打以降の回復が長い。ノマゲなら☆10上位レベル。HARDは序盤の1鍵連打中の減速やそれに誘発されるなどのBADハマりで事故死しやすく、ソフランを暗記しておくぐらいの対策は必要。最後の100BPM地帯前の12トリル絡みにも注意が必要。
  • ☆11 GuNGNiR(H) (SINOBUZ)
    • 前半の高BPMでの16分階段ラッシュが厳しく、また連皿もあるためHARDは☆11中位〜上位レベル。後半にも16分はあるがそこまで酷くなく、ラストにわずかながら回復もあるのでノマゲは☆11下位レベル。
    • 正規は押しにくいのでRANDOM推奨。
  • ☆11 MENDES(H) (DJT)
    • ブレイク前の前半が押しづらい配置になっているためHARDは☆11中位〜上位レベル。しかし、ブレイク後は一転して☆10レベルの譜面になり、ラストに軽い殺しがあるもののその後も15%程回復可能なのでノマゲは皿複合次第で☆10上位〜☆11下位レベル。
  • ☆11 PARADISE LOST(H) (Resort Anthem)
    • BPM200という高速でCN、トリル、1鍵軸押し、24分階段、歯抜けトリルに要所要所で絡む皿、そしてリズム難気味と、道中ゲージを削る要素が多く、HARD抜け難度は☆11でも高い方。ノマゲは後半の24分階段以降回復になるが、ラストがやや殺し気味であり、ゲージを削られすぎると間に合わないこともあるので注意。tricoroで☆10→☆11に昇格。
  • ☆11 PARANOiA 〜HADES〜(H) (DJT)
    • 低速地帯で大きくゲージを減らさなければ終盤で挽回できるため、ノマゲなら☆10上位レベル。ただし、2%からでは無理なので個人差アリ。HARDは妥当で、苦手な人は☆12レベルに感じることも。
  • ☆11 VOX UP(H) (SPADA)
    • BPM202での16分トリルや皿絡みがメインの譜面。序盤にいきなり難所がある上、そこを抜けてもBPMの速さゆえに細かいミスが出やすく、HARD(特にEX-HARD)はかなりの難易度を誇る。ノマゲに関してはラストの白鍵対称トリル次第だが、そこまでにゲージ回復の余地はある。
    • 当時、解禁可能となった1週間後の2014/05/07時点でのクリアレートは27%とかなり低かった。
  • ☆11 嘆きの樹(H) (DistorteD)
    • 中盤のトリル絡み([SPA]でいう歯抜けデニムにあたる箇所)やその後の24分大螺旋階段がきつく、HARDは☆11中位〜上位レベル。ノマゲの場合、先述の難所を抜けた後は完全に回復だが、2%からでは回復が追い付かないため、ノマゲでも☆10上位〜☆11下位レベルはあるか。
  • ☆11 卑弥呼(H) (EMPRESS)
    • 階段地帯が高速で押しにくく、全体的にミスが出やすい上、ところどころガッツリ削られるところも。また、HI-SPEED変更は不可と考えた方がいい。RANDOMでも中盤の交互押しで難化する事が多く、一長一短。後半がそれほど難しくないのでノマゲは☆11上位レベルだが、HARDは☆12中位レベル。低速が苦手ならノマゲでも☆12レベル。
  • ☆11 Beastie Starter(A) (tricoro)
    • BPM190での軸押しやトリルが次々と襲い掛かってくる譜面で、(EX-)HARDでは軸がBADハマりすると一瞬でゲージを失うため事故死しやすい。地力系の譜面ではないがDo it!! Do it!!(A)(☆11)やR5(A)(☆11)と同じようなタイプのHARD殺しの譜面。一応最後に回復地帯はあるのでノマゲは妥当と言えるか。
    • Café de Tran開始初日(2013/02/27現在)のクリアレートはなんと20%台であり、初見HARDは皆伝取得者でも落ちかねないため要注意。
  • ☆11 BRAINSTORM(A) (SPADA)
    • 中盤に不規則連皿があり、適当にぶん回しているとBADハマりを起こしやすく、HARDは特に危険。ノマゲだとそこで2%でもその後は回復が可能だが密度は高く、ラストにも中盤の連皿の密度を低くしたような連皿が降ってくるので注意。
  • ☆11 CaptivAte〜浄化〜(A) (HAPPY SKY)
    • 序盤に押しにくい交互配置が多く、HARDは☆11中位レベル。歌が始まる辺りから難易度が下がり☆11でも簡単になるが、隣接配置が多いので注意。
    • なお正規やMIRRORでは後半の三角押しが押しづらくスコアも出にくい。RANDOMで崩すとスコアも出やすいのでおすすめか。
  • ☆11 CONCEPTUAL(A) (tricoro)
    • 序盤が最も難しく、終盤に向かうにつれて簡単になる譜面。HARDは高速トリルや細かい階段で削られやすく☆11中位〜上位レベル。ノマゲは終盤の同時押しで回復しやすいので、☆11でも簡単な部類。RANDOMは難化しやすいので注意。
  • ☆11 crew(A) (SINOBUZ)
    • 中盤の32分階段で削られやすく、さらにその後比較的押しやすいが☆10最上位〜11下位レベルの乱打が続くため、HARDは妥当。終盤は回復なためノマゲは☆10上位程度。
  • ☆11 Critical Crystal(A) (SPADA)
    • 二重トリル・連皿・同時押し・階段・CNと総合力を試されるが、191の高速BPMも相まってどこを取ってもミスが頻発しやすい譜面。ノマゲは同時押しが得意なら後半の軸押し地帯でかなり回復でき、また苦手でもラストのCN+単押しは若干の回復地帯。それでもノマゲは☆11上位レベル、HARDは☆12下位〜中位レベル。
  • ☆11 DISAPPEAR feat. koyomin(A) (SINOBUZ)
    • 全体難譜面。16分連皿+αや24分階段、中盤のCN+α、終盤の二重乱打と要所要所でゲージを削ってくるためHARDゲージの維持は難しく、☆11でもかなりの難易度。
    • 一方ノマゲはラスト手前の二重乱打である程度ゲージを残せるかの勝負で、☆11中位〜上位レベル程度。
  • ☆11 FLOWER(A) (tricoro)
    • 終盤8小節が☆12に食い込むレベルの密度で、HARD難度は☆11でも高い位置。5本CNまでにゲージをキープできないレベルでは、突破は到底不可能。ノマゲはラストでやや回復可能。
  • ☆11 Funny Shuffle(A) (SPADA)
    • 中盤の連皿地帯がHARD以上における鬼門となる。リズムが分かりにくい上に、連皿から休みなく大階段が降って来たりもするので皿だけに集中しているとゲージを削られやすい。後半は易しくなるのでノマゲは妥当。
  • ☆11 GENOCIDE(A) (RED)
    • [SPH](☆10)と同様で、こちらも前半が非常に叩きにくく後半が回復となっている。ノマゲであれば☆11下位レベル。但しラストが少し難しいので注意。HARDは妥当。1P側はMIRRORで多少は楽になるか。
    • IIDX REDではAC・CS共に九段課題曲だった。(ACでは3曲目、CSではボス)
  • ☆11 Golden Palms† (Resort Anthem)
    • 短いBSSとその前にくっついている微連皿等、コンボを切りやすい配置が散見されるが、何より一番の難所は中盤の非常に認識しにくい時間差HCN+鍵盤。しかもこの地帯の終点で連皿も絡むためHARD以上は核地雷。☆11どころか全体を見ても似た傾向の譜面が現状殆どない。HCNを離してしまった時、いかにそれに早く気づいて押し直せるが攻略のカギ。
    • 但しそこが出来た所で終盤は前半と比べて高密度な配置に絡んだHCNも降って来るため、ノマゲもHCNが苦手だと太刀打ち出来ないだろう。
    • RANDOMを使うとほぼ確実にHCN地帯が難化するため、基本的には正規orMIRROR推奨。
    • 今作では、九段2曲目を務める。
  • ☆11 Harmony and Lovely(A) (DistorteD)
    • 中盤の長いトリル地帯でBADハマりしやすいのでHARDは注意。ノマゲはその後2%でも回復が追いつくため☆11でも比較的簡単。
  • ☆11 I will be back -オレは帰ってきた-(A) (SPADA)
    • BSSをしながら鍵盤を捌く場所が序盤と後半にあり、どちらも鍵盤は3つ同時押しとなっている。序盤はBSSが約4小節と長く、後半は同時が345と少々叩きにくい。BSSに集中しすぎて鍵盤がおろそかになると一気にゲージを削られ、HARD以上では成す術もなく閉店しかねない。
    • ノマゲの場合BSSは関係ないが、普通に☆11上位レベルの地力譜面。
  • ☆11 Illegal Function Call(A) (tricoro)
    • 前半には高速階段、縦連打、超高速トリル等連続ミスを誘発しやすい配置が多い。またBADハマりしやすい1鍵軸譜面でミスが出やすく、どれか一つでも苦手な要素があるとHARDは地雷と化す。ノマゲならそれ以外の箇所で回復の余地があるが、最後にBPM260の16分高速階段が4小節程あるため、階段が苦手だとノマゲも難しい。
  • ☆11 In the Blackest Den(A) (Lincle)
    • 中盤に子供の落書き帳(A)(☆12)のようなズレ二重階段や高速階段の発狂があり、終盤にはBRAINSTORM(A)(☆11)のような不規則皿地帯が絡んでくる。ノマゲなら皿地帯をある程度耐えればその後に回復できるため妥当であるが、HARDおよびEX-HARDではそれらの部分が脅威で☆12下位レベルに押し上げられる。
  • ☆11 Inner Spirit(A) (copula)
    • 序盤と終盤前に1回ずつ32分大螺旋階段が降ってくる。特に終盤前は序盤よりも長く、+αの配置もあるため危険。他にも皿、縦連、トリル、高速小階段など取りこぼしをしやすい配置が多く、HARD以上は☆11上位レベル。ノマゲは終盤から回復が見込める。
  • ☆11 Let The Track Flow(A) (Resort Anthem)
    • 長い16分トリルや32分階段等、HARDは一気にゲージを削られやすい。ノマゲは終盤で回復が見込める。
  • ☆11 m1dy Deluxe(A) (SPADA)
    • BPM205の8分で要所要所に現れる軸押し譜面や、16分が混じる連皿地帯等がかなり速くミスが出やすい。そこを抜ければ密度の低い部分が来るが、最後にも軸押し譜面がやってくるため苦手だとノマゲも安定させづらい。
  • ☆11 m1dy Festival(A) (PENDUAL)
    • [SPH](☆8)同様、m1dy Deluxe(A)(☆11)と比較すると鍵盤密度は低くなっているが、やはり不規則な高速皿に要注意。また、若干ラス殺しも入っているため油断しないように。
  • ☆11 MENTAL MELTDOWN(A) (DJT)
    • EMPRESSで☆10→☆11に昇格したが、それをふまえても中盤のデニム→「白壁地帯」はこのレベルにしては脅威的である。この「白壁地帯」はまるまる1小節分であり、Innocent Walls(H)(☆12)より長い。その後が回復でノマゲは☆11下位レベル。HARDは☆11でもかなり強い方に入る。
    • Lincleでは、九段1曲目を務めていたが、当時の九段ボスの雪月花(A)(☆12)よりも段位ゲージで抜けるのが困難だった、という人も。
  • ☆11 Modular Technology(A) (SINOBUZ)
    • 中盤に不規則なリズムの連皿+α地帯がある。長い上にBPMも速いため、BADハマりに要注意。そこ以外の乱打部分も相応に難しいため、HARDは☆11上位レベル。
  • ☆11 nostos(A) (SINOBUZ)
    • 全体的にリズム難だが、特にBPM144になってからの幾度となく襲ってくる縦連やズレが脅威でHARDは危険。ノマゲの場合ラスト手前がやや高密度なため、その後の微ソフラン地帯を回復に当てたいところ。
  • ☆11 No.13(A) (10th)
    • 序盤の対称配置が厳しく、HARDは☆11上位レベル。以降は☆11中位レベルの物量譜面である。
    • 10thでは八段ボス*1であり、DistorteDでは十段2曲目であり、CS GOLDとSIRIUSでは九段2曲目を務めていた。余談だが、十段に☆11はGOLD以降選出されていない。
  • ☆11 On the FM(A) (copula)
    • 序盤のBPM200で皿が絡む乱打は☆11にしては強烈。HARDはここを耐えなければならないが、ノマゲなら中盤の12分地帯を抜けた後は密度が下がるため挽回はしやすい。またEX-HARDの場合は12分縦連打にも要注意。
  • ☆11 Overload Frontier(A) (SPADA)
    • 皿複合が多いSPADA新曲譜面の中でもとりわけ皿が多く、それらが前半に集中している。また中盤には皿+微縦連という押しにくい配置もあり、HARDは☆11上位レベル。後半は一転して皿が減りやさしめの乱打が続くため、ノマゲは☆11下位〜中位レベル。
  • ☆11 rainbow guitar weeps(A) (SPADA)
    • 中盤にColors (radio edit)(A)(☆12)を弱くしたような発狂がある。終盤はかなりの回復なのでノマゲは楽。
    • 全体的に右寄りの譜面なので、RANDOM推奨。
    • SINOBUZでは、九段1曲目を務めていた。
  • ☆11 Ride To The Core(A) (copula)
    • 中盤まで常にトリルが降ってくる。HARD以上では一度でもBADハマりするとそのままゲージが空になることも。ノマゲは終盤で回復の余地がある。
  • ☆11 Routing(A) (copula)
    • 中盤から頻発する高速皿が非常に厄介であり、HARDは地雷。EX-HARDは更に危険で、並の☆12よりも難しくなる。トリルや縦連打などの要素もそれなりに厳しく、ノマゲも容易ではない。
  • ☆11 SCHWARZSCHILD FIELD(A) (SPADA)
    • 中盤に24分複合トリルに皿の絡む発狂があり、HARDは地雷。ノマゲもラストに縦連打絡みの微発狂があるので注意。「発見!よみがえったBEMANI遺跡」開始直後(2014/07/24現在)のクリアレートは30%を切ったほどである。
  • ☆11 SOUND OF GIALLARHORN(A) (DJT)
    • ☆10→☆11→☆10といった感じ。中盤は押しにくい譜面だが、終盤は完全回復なので、ノマゲなら☆10上位レベル。HARDは☆11上位レベル。
  • ☆11 Spica(A) (7th)
    • 全体難。特に終盤前の3つ以上同時押し連打+皿が難敵でHARDではかなり厳しい。終盤も高速階段が続く上、頻繁に単発の皿が交じるのでノマゲでも☆11上位レベル。HAPPY SKYでは☆12であったが、HARDなら☆12で妥当といえるだろう。
    • 8th〜10thまで十段課題曲だったが、CS DJ TROOPERSとINFINITASでは九段2曲目を務める。
  • ☆11 STEEL NEEDLE(A) (DJT)
    • 前半の高速トリル地帯がかなり難しい。餡蜜を使うか使わないかによって難易度が大きく変わるが、それでもHARDは☆11レベル最強クラス。後半は普通の☆11レベル程度の難易度なのでノマゲは妥当。
  • ☆11 stoic(A) (7th)
    • [SPH](☆10)と比べて50ノーツほどしか増えていないが、特に中盤〜終盤が配置面で大幅に強化されている。HARDは☆11上位レベル。
    • ラスト7小節は[SPH]と全く同じでノマゲは回復しやすいが、先述の発狂で削られすぎていると回復が間に合わないので注意。
    • GOLDで☆12→☆11に降格。
  • ☆11 Synergy For Angels(A) (tricoro)
    • 前半にquaser(A)(☆11)と同程度の乱打、その後に少々厳しめの皿複合地帯がある為、HARDは注意を要するが、ノマゲならそこを越えれば☆10上位レベルの譜面なので回復は容易。
  • ☆11 THE BLACK KNIGHT(A) (Resort Anthem)
    • 中盤に1鍵軸+2〜7鍵の螺旋階段という☆12レベルの発狂が来るのでHARDは危険。ノマゲもその後の乱打の密度が高く☆11上位レベルはある。
  • ☆11 The Dirty of Loudness(A) (DistorteD)
    • 曲の終盤はずっと☆11上位レベル相当の高密度乱打で占められている。しかも全押しから乱打に入る組み合わせを筆頭に非常に叩きづらい。ラストの全押し連打はこのレベル帯に挑む人なら30%程度の回復になるが、それでもまともに捌くには相応の運指が必要なのでそこに回復を頼りすぎるのは避けたい。GOLDで☆12→☆11に降格。
  • ☆11 TRANOID(A) (GOLD)
    • 高速になってから2回ほど皿絡みの高密度地帯が難所。その後が回復でノマゲなら☆11中位レベル。ただし2%まで減るようでは回復しきれない。HARDは☆11最難曲の1つで、初出のGOLDでは☆12だったがHARDならこれで妥当といえるだろう。
  • ☆11 Uh-Oh(A) (copula)
    • SINOBUZで☆10→☆11に昇格。☆10上位〜11下位レベル程度のやや皿が混じる譜面だが、中盤に長い連皿譜面が降ってくる。やや高めのBPMで降ってくる声皿→規則性ありの連皿→不規則連皿→3連皿絡み地帯と合計24小節が連皿含む長い難所となっており、BADハマりしやすくHARD以上は危険。その後は8分連皿絡みがあるものの、その後は序盤とほぼ同じ譜面になっており、皿+トリルが一部にあるものの、ノマゲまでは回復がしやすい。
  • ☆11 VALLIS-NERIA(A) (tricoro)
    • 度々降って来る二重階段(中盤には皿も絡む)、中盤の16分3連打、他の鍵盤も絡むCNが厄介で、HARDは☆11でもかなりの難度。全体的に譜面の配置が☆11としては嫌らしい所が多く、ノマゲも☆11上位レベルはあるか。
  • ☆11 1st Samurai(A) (10th)
    • 中盤の皿が絡んでくる発狂地帯がとても難しい。ノマゲは☆11レベルだが、HARDは☆11レベルの中では最強クラス。下手な☆12よりはHARD抜けが難しい。
  • ☆11 麗 〜うらら〜(A) (copula)
    • 全体的に☆11にしては密度が低めだが、サビで現れる皿複合が地味に厄介なためHARDは妥当。ラストが回復なのでノマゲは☆10上位レベル。
  • ☆11 蛇神(A) (Lincle)
    • 終盤の同時トリルに皿が絡んでくるところが難しく、HARDは☆11でもかなり強い部類。ノマゲはラストで40〜50%ほど回復可。
  • ☆11 カジノファイヤーことみちゃん(A) (tricoro)
    • 前半難。序盤のBSS絡みや中盤の連皿が絡むCN地帯が特に押しにくく、片手力がないと(EX-)HARDでそこを耐えるのは困難。サビ以降はリズムが跳ね気味でズレ押しなどが若干あるものの☆11としてはわりと素直なので、ノマゲは☆10最上位〜☆11下位レベル。
    • だが、ラスト手前にも1小節にわたって8分連皿が絡む同時押し地帯が2箇所あるので、そこにはゲージ問わず注意。
  • ☆11 華蝶風雪(A) (DistorteD)
    • 序盤の軸押し地帯はBPMの速さも相まってBADハマりを誘発しやすく、適正HARDは中盤までにゲージを維持できずに中盤で落ちるパターンが多い。HARDは☆11上位レベル。後半は[SPH](☆10)に比べてラス殺しが大幅に強化されているものの、☆11としてはわりと素直な譜面。
    • 総ノーツ数は1500ノーツと四神曲*2では最多だが、ノマゲは四神曲では最弱と思われる。
    • AC GOLDとCS DistorteDでは九段2曲目を務めていた。
  • ☆11 時空トラベローグ(A) (PENDUAL)
    • 全体的にズレが多い譜面。特に中盤の間奏では非常に速いトリルが降ってくる。これをあんみつせずに捌くのは非常に難しく、したとしてもBADハマりのリスクは残る。ただ2回目のサビ以降はズレこそ多いが密度は高くないので回復の余地は十分にある。
  • ☆11 創世ノート(A) (tricoro)
    • BPM200という速さの中、皿、階段、同時が複雑に絡みあう。後半からは幾分か楽になり、回復の余地はあるが油断は禁物。
  • ☆11 ドッキン☆サマーあばんちゅーる(A) (PENDUAL)
    • 序盤と終盤は☆11下位レベルの穏やかな譜面が続くが、中盤の3連符地帯がトリルや縦連打、連皿など難所を多く含み非常に取りづらく、HARD以上は大きく難度が上がる。
  • ☆11 もっと!モット!ときめき feat.松下(A) (PENDUAL)
    • 高速階段、高速同色階段を含む局所発狂が☆11の許容範囲を上回っている。更に取りづらい皿複合が何度も降ってくる。HARDは危険。
  • HARDで逆詐称or妥当&ノマゲ殺し
    • ☆11 Evans(H) (SIRIUS)
      • Lincleで☆10→☆11に昇格したが、それでも露骨なラス殺しは健在、ノマゲはかなり厳しく☆11上位レベル。HARDでもブレイク直前の二重階段を筆頭に短い発狂が散りばめられており、徐々にだがゲージを削られやすく☆11中位レベルはあるか。
  • ☆11 FAKE TIME(H) (RED)
    • かなり強いラス殺し。高速トリルが2回やって来た後に、高速二重階段で殺しにかかってくる。ノマゲは☆12下位レベル、HARD推奨だがそれでも☆11上位レベルはある。餡蜜が苦手だとHARDも☆12レベルに感じるかも。
    • DistorteDで☆11→☆12に昇格し、GOLDで☆12→☆11に降格。
  • ☆11 AIR RAID FROM THA UNDAGROUND(A) (SIRIUS)
    • 譜面傾向はG2(A)(☆11)と似ており、微縦連打や軸系が多い。ラストもラッシュが強烈。HARD推奨であるが苦手なら☆11でも厳しく感じることも。
  • ☆11 ANDROMEDA(A) (RED)
    • 終盤から難易度が上がり、トリル+αの配置が連続し、そして皿絡みのラス殺しがある。ノマゲは☆11上位レベルだが、HARDは☆11下位〜中位レベル。
  • ☆11 Angelic Jelly(A) (copula)
    • ラストの軸〜トリルゲー。ここでBADハマりすると、ノマゲどころかHARDでも落ちる可能性大。特にRANDOM、R-RANDOMはラストがばらけるので更に危険。道中は軸配置や対称の二重トリルもあるが、☆11下位〜中位レベル程度の高速譜面。
  • ☆11 Blame(A) (8th)
    • 縦連混じりの二重階段主体のラス殺し。道中は☆10レベルなのでHARD推奨。ノマゲは☆11中位〜上位レベル。
  • ☆11 BREAK OVER(A) (SINOBUZ)
    • ラストがBPM106の16分同時ラッシュになっており、道中の連皿に苦戦しないならばHARDで逃げ切る方が簡単か。
    • また中盤でBPMが150から106に減速するが、減速直後はノーツがほとんど降ってこないためギアチェン等の対策は容易でありHARD時でも特に難所とはならないだろう。
  • ☆11 Broadbanded(A) (DistorteD)
    • [SPH]以下と同様、露骨なラス殺し。HARD推奨だが、道中も[SPH](☆8)のブレイク後に頻発するトリルのような配置が多くBADハマりには注意。1P側はMIRRORをかけたほうがラストが幾分か楽になるかもしれない。
  • ☆11 BroGamer(A) (SINOBUZ)
    • [SPH](☆9)でも難所だったトリッキーな同時押しが形を変えて登場。この部分の皿はむしろ減っているが特に初見は危険でラス殺しになりうる。
    • その難所以外は☆11でも簡単なためHARD逃げ切りが有効だが、終盤にBPM207での16分5連皿を含む皿複合が計3回来るため、それであまりにも削られすぎるとラストが耐え切れなくなる可能性があるので注意。
  • ☆11 Cyber True Color(A) (SINOBUZ)
    • 終盤までは☆10レベルの譜面だが、そこから折り返し含む24分階段が頻発し難しくなる。HARD抜けの方が楽で、☆11下位レベルに収まる。
    • RANDOMは当たり外れの差がやや大きい。
  • ☆11 Debtty Daddy(A) (10th)
    • 全般的に皿複合が多い譜面で、ラストのラッシュが凶悪。密度はそれなりに高いが、前半はそれほど難しくないのでHARD推奨。
  • ☆11 Empire State Glory(A) (SIRIUS)
    • ラストは高密度の乱打譜面が殺しにかかってくる。そこだけで落ちてしまう場合はHARD推奨だが、中盤の8分連皿複合譜面に注意。
  • ☆11 GOLD RUSH(A) (GOLD)
    • 道中は同時押し+微妙にずれた皿が若干押しにくいものの、密度はさほど高くなく☆10中位〜上位レベル。ラストが押す鍵盤のわかりにくい殺し気味な配置で☆11下位レベル、HARDだと☆11最下位レベルだが、道中がやや押しにくく、道中が辛い人にとっては少し強く感じるかも。
  • ☆11 Holic(A) (3rd)
    • 2連皿地帯までは☆9上位〜☆10レベル程度だが、終盤から☆11レベルになり、4鍵軸配置に絡んだ配置もやって来る。そしてラストで☆12でも通用する発狂で殺しに掛かって来る(この部分は[DPA](☆12)より密度が高い)。地力があるならHARDで抜けるのも手か。
    • 7thと8thでは十段課題曲であり、PENDUALでは九段一曲目を務めていた。
  • ☆11 Honey Trap(A) (SINOBUZ)
    • 終盤のサビに入ると密度が高くなり、一部押しにくい箇所がある。道中は☆11としては弱めなので、皿絡みが苦手でなければHARDのほうが簡単か。
  • ☆11 I'm so Happy(A) (Lincle)
    • ラス殺し。終盤に乱打で殺しにかかってくる。HARD推奨ではあるが、序盤の微発狂や道中の皿にも注意。
  • ☆11 Light and Cyber…(A) (tricoro)
    • ラス殺し。道中は☆11としては弱めなのでHARD推奨だが、後半も隣接同時押しラッシュがあるので苦手な人は注意。また正規はやや叩きにくいためRANDOM推奨。
  • ☆11 Lost wing at.0(A) (SINOBUZ)
    • ラスト前だけ☆11レベルの配置で、他は☆10レベル程度。HARDは☆10上位レベル。
  • ☆11 rainbow flyer(A) (8th)
    • ラス殺し。HARD推奨だが、道中のトリルのBADハマりにはくれぐれも注意。
  • ☆11 Rave Saves You feat. Cardz (Exclusive IIDX Mix)(A) (PENDUAL)
    • copulaで☆10→☆11に昇格したが、ラストの連皿複合→対称+皿→12分縦連+皿の発狂が☆11として見てもまだ強く、ノマゲは☆11上位〜☆12最下位レベル。道中は☆11としては妥当〜やや弱めなので、ラストだけで落とされるのならHARD推奨だが、それでも☆11中位レベルはあると思ったほうがよい。人によってはR-RANDOMをかけると楽になりやすい。
  • ☆11 RESONATE 1794(A) (RED)
    • ラストの二重階段が強烈。HARDのほうが楽だが、道中の螺旋階段やトリルに注意。[SPH](☆10)同様、RANDOMをかけると楽になりやすいので推奨。
  • ☆11 Second Heaven(A) (GOLD)
    • [SPH](☆8)同様、ラスト4小節で露骨に殺しにかかってくる。しかしラスト以外は☆10中位〜上位レベル。HARD推奨だが後半ブレイク明けの縦連打で削られすぎないように注意。
  • ☆11 Secret of Love(A) (RED)
    • ラスト2小節で急激に密度が上がり、隣接階段+8分軸押し→隣接トリルと露骨に殺してくる。HARDの方がクリアしやすいが、[SPH](☆9)同様ひっきりなしに続く階段地帯など、道中も局所的に密度が上がるのでそれなりの地力が求められる。
  • ☆11 Secrets(A) (EMPRESS)
    • 全体的にBlame(A)(☆11)の道中に物量を足したような譜面で、BPMは遅めながら二重階段主体のラス殺しが強烈。道中も同色ながら3〜4つ押しの微連打や連皿絡みなど、削られやすい要素はそれなりにあるが、ラスト以外で削られないのならHARD推奨。ノマゲは☆11中位〜上位レベル。
    • ただし道中もやや密度があるため、RANDOM系は難化しやすく非推奨。
  • ☆11 Shoot'Em All(A) (SINOBUZ)
    • 道中は☆9レベルの譜面だが、終盤から階段+皿が頻発し密度も上がり☆11らしい譜面になる。HARD+RANDOM推奨。
  • ☆11 spiral galaxy(A) (RED)
    • ラスト8小節の押しにくいトリル複合で落としにかかるラス殺しで、適正ノマゲはここで事故死しやすい。特に1P側には非常に不利な配置なので注意。イントロではトリルでのBADハマりに要注意だが、イントロとラスト以外は逆詐称気味なので、イントロを安定して抜けられるならHARD推奨。
  • ☆11 Sun Field(A) (DistorteD)
    • 全体的に皿複合が多い譜面だが、ラストが最も難しい。道中がある程度取れるならHARD逃げ推奨。
    • Lincleでは、九段3曲目を務めていた。
  • ☆11 SWEETEST SAVAGE(A) (9th)
    • 全体的に皿に縦連が絡む配置が多い譜面だが、ラスト1小節は長い連皿+縦連というラス殺しになっている。道中で苦戦しないならHARDクリアの方が楽。
    • この譜面は元々CS DJTでの黒譜面であり、copulaで復活した際に[SPA]として移植され、☆10→☆11に昇格。
  • ☆11 tripping contact(teranoid&MC Natsack Remix)(A) (DistorteD)
    • 終盤の4鍵盤軸地帯が高速BPMも相まって非常に押しづらい。基本的にRANDOM推奨だが、密度も高くなっており特別易化するわけでもないためノマゲ、HARD共に☆12の原曲と同レベルと見ていいだろう。原曲と共にラストが難しいので、HARD推奨。
    • 特に終盤の4軸がBADハマりしやすい人はR-RANDOMがオススメ(通常のRANDOMだと4レーンが移動しない場合があるが、R-RANDOMなら4レーンは必ず他のレーンに移動する*3)。
    • DistorteDでは、九段1曲目を務めていた。
  • ☆11 TYPE MARS(G-Style Mix)(A) (DistorteD)
    • 終盤とラストの24分トリルが強烈なので、HARD逃げ推奨。
  • ☆11 Unicorn tail(A) (SPADA)
    • 全体的にEvans(H)(☆11)を物量譜面にしたような構成。道中も32分階段を絡めた局所難が多くゲージを削られやすいが、特にラスト手前のそれがやや長く強烈であり、その後に10%ほど回復可能だがノマゲは☆11上位レベル。そこだけで落とされる場合はHARD推奨だが、先述のとおり道中の局所難で削られすぎないよう注意。
  • ☆11 VEGA(A) (tricoro)
    • ラスト付近の曲が転調する部分で☆11上位〜☆12下位レベルぐらいの密度の発狂がくるため、そこだけでゲージが減ってクリアできない場合はHARD推奨。
  • ☆11 ZED(A) (tricoro)
    • ラストにある二重トリルが強烈。中盤までの皿複合ができるならHARDのほうがクリアしやすいが、軸でBADハマりしないように注意が必要。ノマゲはラッシュだけでゲージがもっていかれやすい。
    • SPADAでは、九段1曲目を務めていた。
  • ☆11 100% minimoo-G(A) (HAPPY SKY)
    • [SPH](☆10)と大きく異なりドラムパートのみを演奏する譜面だが、こちらは更に露骨なラス殺しで、皿絡みの同時押しを含む縦連打→皿絡みの高速同時押しがかなりキツイ。ノマゲは☆11中位〜上位レベル。激しくHARD推奨だが、小節線が降らないせいで道中も一旦崩れてしまうとBADハマりで瞬殺されやすく、ゲージ問わず安定してクリアしにくい曲である。DistorteDで☆10→☆11に昇格。
  • ☆11 2 tribe 4 K(A) (DJT)
    • 最後にトリルが殺しにかかってくる。道中は妥当〜やや弱めなので最後だけで落ちる場合はHARD推奨。ちなみに、旧[SPA](☆9)にもラス殺しがあった。
    • この譜面は元々CS DJTでの黒譜面であり、Lincleで復活した際に[SPA]として移植された。
  • ☆11 朝焼けから始まるボクらの小さな旅(A) (copula)
    • 高速階段+αと16分トリルのラス殺しがあるため、HARD逃げ切り推奨。ただし中盤に複数ある12分二重トリルでのBADハマりに要注意。トリルや階段が苦手な人は☆11上位レベル以上の難しさに感じることも。
    • 2015/11/24現在、新曲SP☆11の中で最もクリアレートが低かった。
  • ☆11 合体せよ!ストロングイェーガー!!(Ryu☆remix)(A) (HAPPY SKY)
    • ラスト4小節の軸押し+乱打がかなり難しい。道中は☆11レベルの要素はほぼ皆無なのでHARD推奨だが、ラストの手前にある1鍵12分縦連打でのBADハマりに注意。
  • ☆11 ディッシュウォッシャー◎彡おいわちゃん(A) (SINOBUZ)
    • ラストのBPM210という速さでの長いゴミ付き16分トリルが非常にBADハマりしやすく、ノマゲは危険。HARDも個人差はあるが先述のトリルでBADハマりすると一気に落とされる可能性あり。
  • ☆11 ミッドナイト堕天使(A) (EMPRESS)
    • 削除前の[SPA](☆9)より全体的に強化されているが、全体的に☆10上位〜☆11下位レベルほどのゆるやかな乱打が続くためHARDは☆10上位レベル。ただし局所的に密度が上がったり、中盤の皿絡み地帯やラストのトリルからの皿絡み殺しには注意。ラス殺しによりノマゲは妥当か。
    • この譜面は元々CS EMPRESSでの黒譜面であり、SINOBUZで復活した際に[SPA]として移植された。
  • ☆11 ×↑×↓(A) (PENDUAL)
    • ラストの(1+3+5)×3→(2+4+6)×3の12分同時縦連が☆11としては強烈なラス殺しとなっており、ノマゲは下手な☆12よりも事故率が高い。道中は24分階段や16分微縦連が何箇所かあるものの☆11としては典型的な地力譜面であり、地力がそこそこついているならHARDのほうが安定しやすいか。ただし道中も初見殺し要素が多いためHARDでも初見は要注意。
  • 個人差
    • ☆11 Almagest(H) (SIRIUS)
      • CN+階段地帯は得手不得手によって難易度が大幅に変わる。CN地帯を抜けた時にゲージが20%以下だとノマゲクリアは不可能なので注意。全体的に北斗殺し譜面なので北斗運指の人は要注意。
  • ☆11 reunion(H) (Resort Anthem)
    • 前半はX譜面、XX譜面以外は同時押しメインで☆11らしい密度が殆どなく、中盤以降の長い高速階段地帯を如何に耐えられるかがカギとなる。階段を捌ける人にとっては☆10上位レベル程度。しかし、階段が苦手な人には非常に厳しい。
  • ☆11 灼熱 Pt.2 Long Train Running(H) (copula)
    • 皿数は[SPH]最多の505枚。灼熱Beach Side Bunny(H)(☆10)に皿のリズムは似ているが、中盤にあるBSSからの連皿や鍵盤との絡み、皿曲としては高速なBPMによりBADハマりを起こしやすい。またラス殺し気味なので油断は禁物。PENDUAL先行収録時点では☆10だった。
  • ☆11 Acid Pumper(A) (copula)
    • 全体にわたってHCNの絡みが配置されているほか、鍵盤の密度自体も高く難しい。若干皿もいやらしい配置であるのでHARDはそちらも注意。ラストもHCN複合からの複合トリルが殺しとして機能している。CN自体に慣れていない人は、とにかく押し続けてゲージを減らさないようにすることを意識したほうが良いか。EX-HARD適用時や苦手なら☆12レベルか。
    • copulaでは、九段1曲目を務めていた。
  • ☆11 Aegis(A) (Resort Anthem)
    • 後半の長いCN地帯が鬼門。CNをからめたトリルや、取りづらいCNがらみの皿や鍵盤が多発する。CN以外の皿複合も取りづらく難しい。1Pは正規、2PはMIRROR推奨。
  • ☆11 AFRO KNUCKLE(A) (PENDUAL)
    • 皿+同時連打が特徴的な譜面。ラストも同時連打で締め。耐性によって逆詐称か妥当か分かれる。
  • ☆11 Around The Galaxy(A) (SINOBUZ)
    • 総ノーツ数は1714ノーツとCookie Bouquets(A)(☆11)と並んで現行ACのSP☆11第4位タイを誇る物量譜面で、延々と乱打が続くため体力がないと厳しい。ノマゲ・HARD共に中盤とラストにある長い軸からの16分トリルのBADハマりに注意。
    • CS DJTから譜面が変更されているが、隙間のあった終盤の乱打が休みなしの16分となっている。CSで慣れている人は初見注意。
  • ☆11 Beat Juggling Mix(A) (SINOBUZ)
    • 序盤には高速かつリズムが不規則な連皿、終盤には高速16分連皿が多めに来る。高速連皿が苦手だと☆12レベルに感じるだろう。ノマゲはラストの二重トリルにも注意。1PはMIRROR推奨。
    • なお、加速時に[SPH]以下にはなかった皿が1枚くるため、ギアチェンが少しやりづらくなっている。
  • ☆11 CHECKING YOU OUT(A) (4th)
    • 現行ACのSP☆11最少ノーツ(700ノーツ)。
    • [SPH](☆9)同様、皿&ソフラン譜面で個人差が激しいのも変わらない。しかし、皿の枚数は変わらず鍵盤だけが増えており、[SPH]よりは個人差は狭まっていると一応言えるか。
  • ☆11 Chronos(A) (PENDUAL)
    • ゴミ付きCNや皿複合が中心の譜面であり、[DPA](☆11)では前半に難所が多いが、こちらは終盤前が少々厳しい。Almagest(H)(☆11)に似た傾向で、北斗殺しの対象になる。
  • ☆11 Click Again(A) (RED)
    • 8分軸がメインの譜面だが、皿が頻繁に絡んでくる上、途中に12分連打が混じってくるところもあるためBADハマりしやすい。どうしてもできないならS-RANDOMも視野。
  • ☆11 Clione† (4th)
    • [SPA](☆9)に、同時押しやHCNを付け加え複雑化した譜面。道中のCNが対策できるならHARDのほうが簡単に感じる場合も。ラストの配置が7鍵CNに絡んだ配置で厳しめなのでノマゲは特に注意が必要。
  • ☆11 CONTRACT(A) (DistorteD)
    • 2P殺し曲。螺旋階段に絡む皿が非常に取りにくい。2P側は☆12レベルの大外れ譜面であるのでRANDOMやMIRRORを推奨。また、1P正規でも右片手階段の得手不得手で個人差が出やすい。
  • ☆11 Cookie Bouquets(A) (tricoro)
    • とにかく体力譜面。BPM205という速さで8分間隔の同時押しをひたすら捌かねばならず、時折16分も交ざってくる。特に中盤とラストの皿が絡んだ同時押しラッシュにはゲージ問わず要注意。DAWN -THE NEXT ENDEAVOUR-(A)(☆11)やKEY(A)(☆11)の上位互換と思ってよく、体力譜面が苦手だと☆12レベルに感じてもおかしくない。
    • 総ノーツ数は1714ノーツと、THE CANNONBALLER(A)(☆11)に次ぐ多さ。
    • copulaでは、九段3曲目を務めていた。
  • ☆11 DAWN -THE NEXT ENDEAVOUR-(A) (SIRIUS)
    • ノーツ数こそ1577ノーツと多めだが、これは曲が長い(2分半近く)ためであり、全体密度はさほど高くなく、目立った難所もあまりないので、全体的に見れば☆11としては弱め。それでもかなりの体力譜面であることに変わりはなく、スタミナ配分を間違えると終盤でバテてしまいがちだが、それがうまくできる人にとってはスコアも出しやすく、KEY(A)(☆11)と同程度(もしくはそれ以下)の逆詐称に感じるだろう。
  • ☆11 Digitank System(A) (DJT)
  • ☆11 naughty girl@Queen's Palace(A) (EMPRESS)
    • どちらも連皿だけでなく鍵盤との複合も多いため、これらに対する耐性で体感難易度が変わる。
    • Digitank Systemは皿数264枚。それほど早い連皿が来るわけではないが、ゆったりした奇数偶数の連皿が長い間落ちてくるため押しで入るか引きで入るか混乱しやすい。しかも中盤にはこの連皿に白鍵階段が混じる。初見HARDは文字通り地雷。1PはMIRROR、2Pは正規で片方を皿だけに集中させることで幾分か楽になる。
    • naughty girl@Queen's Palaceは皿数292枚。Digitank System(A)よりテンポも上がりタイミングも複雑になってるので要注意。ただし、鍵盤との絡みはこちらの方が幾分か楽。
  • ☆11 Do it!! Do it!!(A) (DJT)
    • ひたすら続く軸押しやトリルに加えて階段や二重白青トリルも降ってくる。HARDは苦手な箇所があると地雷化する。☆11の中でもかなり癖が強い譜面で、どのオプションをかけてもクリアを安定させにくく、ノマゲもかなり個人差が分かれる。
  • ☆11 Elisha(A) (SIRIUS)
    • CNの得手不得手でかなりの個人差が出る。序盤から容赦なく降ってくるので慣れていないと序盤でHARD落ちなんてことも。最後のCNは譜面より曲を覚えてしまうのが良い。
  • ☆11 Ganymede(A) (DistorteD)
    • [SPH](☆10)と同様、後半難。後半の混フレ地帯はドラムパートにハイハットが加わっていたり、メロディパートの一部に48分ディレイが加わっていたりと大幅に強化されており、[SPH]のように惰性で捌いているとBADハマりする危険性がかなり高くなっているので、高度な認識力と集中力が問われる。基本リズムと3連符の混フレが苦手だと☆12レベルに感じるかもしれない。
    • 前半も同時押しや32分トリルが増えているが、そこでゲージを大きく削られるようではかなり厳しい。
  • ☆11 G2(A) (6th)
    • 縦連が非常に多く、癖が付きやすい譜面。RANDOMをかけると概ね易化すると思いきや、さらに酷いハズレもあるため注意。ラストは更にトリルが混じる。苦手なら詐称気味に感じることも。
    • DJTでは、九段2曲目を務めていた。
  • ☆11 Halfway of promise(A) (8th)
    • 連皿譜面。☆10上位〜☆11中位レベルくらいまで個人差が出る。ラストに長い連皿が来るので、HARDの方が抜けやすい。
  • ☆11 HAPPY★RUSH(A) (SINOBUZ)
    • ラストの軸押し+縦連打という配置が殺し。中盤にもBADハマりの恐い軸押しがあるためHARDも注意。縦連打や軸が苦手な人には☆12最下位レベルに感じ得る。
  • ☆11 in the Sky(A) (DJT)
    • 道中も序盤ブレイク前の微発狂や中盤のゴミ付き乱打など苦手だとゲージを大きく削られる要素は多いが、終盤のwaxing and wanding(A)(☆11)中盤のような高速高密度の同時押しやSecond Heaven(A)(☆11)ラストのような32分絡みのラス殺しもきつい。前者と後者のどちらがより苦手かでHARD殺しかノマゲ殺しかの評価が分かれる譜面で、体感難度も☆11中位レベルに感じる人から☆12レベルの詐称に思える人までいる。
    • 初出のCS HAPPY SKYでは☆12だった。
  • ☆11 Insane Techniques(A) (SPADA)
    • PENDUALで☆10→☆11に昇格。全体的に皿が乱打に絡む譜面構成で、後半のブレイク前の連皿→高速階段のHARD殺し、ラス殺しのかなり取りにくい連皿+トリル、と2度の局所難に注意。
    • 平均的には☆11中位〜上位レベルだが、Bounce Bounce Bounce(A)(☆11)やJust a Little Smile(A)(☆11)などの☆11上位レベルの連皿譜面が安定していてもこれはできないという人もいる個人差譜面。
  • ☆11 Kailua(A) (Resort Anthem)
    • 全体的にCNが非常に多い。2つのCNを押しながら他の鍵盤やトリルを叩いたり、8分のCN二重階段など他の譜面にはあまり見られない配置が頻発する。他にも前半に連皿が出てくるためHARDはやや詐称気味か。
    • なお、RANDOMをかけるとほぼ間違いなく難化するため、正規かMIRROR推奨。
  • ☆11 MIRACLE MEETS(A) (SIRIUS)
    • 中盤のBSSの連発で片手プレイが強制される他、CNが終始降ってくる。難易度はこの2つの得手不得手による。初見HARDで見切るのは厳しく、HARDクリアにはこの2つをほぼ正確に取る必要がある。
  • ☆11 Pollinosis(A) (HAPPY SKY)
    • 中盤ブレイク前後の長いトリル複合を筆頭に正規では押しにくい配置が多く、特にHARDは先述の難所が脅威となる。クリア狙いならゲージ問わずRANDOM推奨。
    • 終盤は同時押しの多い皿絡みが続き、苦手だとノマゲも厳しくなる。
    • tricoroでは、九段3曲目を務めていた。
  • ☆11 R5(A) (3rd)
    • [SPH](☆8)に比べて約3倍も長い17トリルは、一旦BADハマりしだすと立て直しはほぼ利かないと思ってよく、(EX-)HARDでは瞬殺されることも。トリル以外は8分が主体ではあるものの、中盤には1鍵軸に連皿が絡む箇所もあり、1P正規は(2P正規に比べると)やや不利。ただし3〜6鍵の隣接に皿が絡むため、2P正規もそれなりの皿複合能力は求められる。
    • 「同時押しが得意でトリルが苦手」という人はS-RANDOMをかけたほうが楽か。
  • ☆11 rainbow rainbow(A) (10th)
    • 北斗運指殺し曲。終盤の対称地帯にバスドラとして大量の4鍵が混じり、非常に叩きにくい。正規譜面は固定配置の人にとっては☆11上位レベルだが、北斗の人にとってはノマゲ・HARD共に☆11で最後まで残る場合がある。RANDOM推奨譜面。
    • AC HAPPY SKYでは九段3曲目、CS 10thでは八段ボスを務めていた。
  • ☆11 RISLIM-remix-(A) (9th)
    • 細かい連打、長い軸押し、速い連皿、同時連打のラス殺しなど個人差の出やすい要素がかなり多い。
  • ☆11 SAMURAI-Scramble(A) (SINOBUZ)
    • イントロと中盤以外は常に連皿が来る。基本的に8分皿に短めの16分皿がちょくちょく混じるタイプなため、リズムはそこまで複雑でもなく、回し切るのもきつくはない。ただし、8分以上の間隔で長く続くところが多いため集中が切れたり、絡む鍵盤につられたりしてBADハマりしがち。また、1ヶ所だけ24分皿もあるので注意。
    • ☆11以上のほとんどの皿曲の特徴である、ある程度リズムや枚数をごまかしてもゲージ維持できるのが通じない譜面なので、普段から皿を適当にかつ妥協で回している人ほど難易度が上がりやすい傾向にある。特にHARD以上は☆12中位レベル以上に感じる人も。リズムを予習したり、プレイ回数を積むと体感難易度が下がりやすい。
  • ☆11 Sarutobi Champion is 拙者(A) (SINOBUZ)
    • 中盤から早くなるため何らかのBPM変化対策が必要だが、加速直後に8分二重トリル、16分トリル、32分同色階段と連続で待ち構えており、慌てたりギアチェンジ等に失敗するとゲージを一気に持っていかれてしまう。
    • ラストの高密度な同時押しは☆11ではほとんど見ない配置なため、苦手な人はとことん押せないと思われる。加速の対処が苦でないなら、HARD逃げも視野。
  • ☆11 Scharfrichter(A) (Lincle)
    • 後半の押しづらいCN絡みが出来るかどうかで体感難易度が変わる。CN以外の場所も対称や皿絡みがあり、高速BPMも相まって忙しい。RANDOMはCN地帯がほぼ確実に難化するため非推奨。
    • Lincle Kingdom曲の中ではHARD難易度は最弱だが、普通に☆11の中では上位レベル。
  • ☆11 SHELTER OF THE MIND(A) (copula)
    • 鍵盤だけを見るとそれほど密度は高くなく譜面自体も☆10中位〜上位レベル程度だが、高いBPMと要所要所に降ってくる皿がじわじわとゲージを削りに来る。
    • 皿絡みが得意なら☆10上位レベル、そうでなければ妥当に感じられるだろう。
  • ☆11 STARLiGHT(A) (copula)
    • 全般的に皿複合が多い譜面で、またトリルも多く絡んでいる。ラスト付近に16分皿が殺しにかかってくるのでノマゲは要注意。得意なら早めに挽回できるが、皿が苦手ならゲージが一気に蒸発する可能性が高い。
  • ☆11 THE FALLEN(A) (Resort Anthem)
    • 3連符という微妙な速さでの皿付きトリルが頻発する。微縦連や対称+皿といった取りこぼしやすい配置も多い。ラス殺し気味で、苦手だと詐称に感じるだろう。
    • RANDOMで押しやすい配置になることが多い。
  • ☆11 Time to Air(A) (DJT)
    • 終盤の皿の絡む同時軸地帯が厄介で、苦手だと☆12レベルに感じることも。
  • ☆11 waxing and wanding(A) (DistorteD)
    • 終盤以外はたいして難しくなかった[SPH]以下とは打って変わり、中盤に16小節にわたる高密度で認識難な8分同時ラッシュがあり、HARD以上はそこで個人差が出やすい。EX-HARDでは序盤に1拍だけある16分連皿+16分対称二重トリルにも注意。ラストは[SPH](☆10)のラストの軸を増やしたようなラス殺しで、ノマゲは2〜3重軸でBADハマりすると事故死しやすいため、同時押しが得意で中盤が安定するならHARD推奨か。
    • GOLDとCS DistorteDでは、九段ボスを務めていた。しかし、当時の九段はTHE SAFARI(H)(☆10)とgigadelic(H)(☆12)が越えられずに六段から飛び級した人が多発したほど弱かったといわれている。
  • ☆11 Wonder Bullfighter(A) (RED)
    • 皿は241枚とDigitank System(A)(☆11)やnaughty girl@Queen's Palace(A)(☆11)より少なく、リズムも単純(16分5連+2連と12分6連の2通りしかない)。しかし、その連皿が他の鍵盤と容赦なく絡むため、皿複合が苦手な人は要注意。また連皿も16分から12分へとそのまま繋がるので、リズムは覚えておいた方が無難。
  • ☆11 ZETA〜素数の世界と超越者〜(A) (Resort Anthem)
    • 密度的には☆11上位レベルで妥当だが、終盤にpop'nの[EX]の如く4軸に階段を絡ませた配置が降ってくる。苦手な人はRANDOM推奨。ソフランもあるので、低速が苦手、曲を知らない場合は注意。
  • ☆11 405nm (Ryu☆mix)(A) (tricoro)
    • 全体的に☆11としては弱めだが、前半の連続同時と中盤以降に何箇所かあるトリル絡みでBADハマりしやすく、(EX-)HARDでは致命傷になりうるため注意。逆にこれらが得意ならゲージ問わず☆10上位レベルの逆詐称に感じられるか。
  • ☆11 炸裂!イェーガー電光チョップ!!(JAEGER FINAL ATTACK)(A) (copula)
    • 譜面密度はそれほど高くなく☆10中位〜上位レベル程度。中盤の軸押しを抜けると鍵盤が1〜3鍵に集中し、ラスト8小節はそれに皿が絡むという露骨な1P殺し。1P側ならMIRRORもしくはRANDOM推奨。
  • ☆11 打打打打打打打打打打(A) (PENDUAL)
    • 12分縦連地帯は[SPH](☆8)を強化した譜面で、rainbow rainbow(A)(☆11)と似た対称が中心。連打が得意か不得意かで評価が大きく変わる。全般的に北斗殺しになるので、北斗運指のプレイヤーは注意が必要。
  • ☆11 とろぴかる倶楽部(A) (PENDUAL)
    • 前半は5.1.1.(A)(☆10)の中盤を若干強化したような譜面で、8分の連皿こそあるものの☆10上位レベル。しかし中盤から16分連皿や同時押しが増えて配置も押しにくいものとなり、終盤ではD(A)(☆11)終盤の縦連を解消しつつ若干の間引きをしたような連皿絡みの高密度で落としにかかる。終盤以外が安定するならHARD推奨だが、中盤の連皿に絡む鍵盤が右寄りなため2P正規は要注意。
    • BPMが120と遅く、24分以上の配置が全くないため、苦手ならRANDOMかS-RANDOMで崩すのもありか。
  • ☆11 ユミル(A) (Lincle)
    • 中盤とラストにあるCONTRACT(A)(☆11)のような皿+階段+軸ができるかどうかで難易度が大きく変わる。出来ない人にとってはかなりの局所難、ラス殺しに感じる。また、HARDではラスト前の縦連混みの二重乱打も難所となる。
    • Lincle時代のクリアレートは60%台と低めだった。
  • ☆11 ラクエン(A) (HAPPY SKY)
    • ソフランがある皿曲。CHEKING YOU OUT(A)(☆11)よりも鍵盤が多く、皿地帯がラストにもあり、ノマゲ・HARDともに個人差が非常に出やすい。☆10上位レベルに感じる人もいれば、☆12レベルに感じる人も。
    • 初出のHAPPY SKYでは☆10と詐称気味だった。

☆12

  • ノマゲで逆詐称or妥当&HARD殺し
  • ☆12 BLUE MIRAGE(A) (PENDUAL)
    • 序盤の連皿+鍵盤が最大の難所。そこで2%まで落ちても中盤以降で容易に回復出来るが、中盤も皿にキックがアサインされていたり、長い螺旋階段や鍵盤密度の高い箇所もあり、中々特徴的な譜面となっている。ラストも変則的なリズムの皿絡みがあるので個人差が大きい。
  • ☆12 Colors(radio edit)(A) (6th)
    • ☆9〜☆10レベルの乱打とトリル絡みの難所が交互に降ってくる局所難譜面で、特に終盤に入る前の発狂地帯が最も難しい。これを超えれば以降は回復なため、ノマゲはここでゲージを残せればクリア可能で☆12下位レベル。しかし2%まで落ちると残りを全て拾ってもギリギリクリアできないため注意。HARDはその発狂を耐える必要があり、そこまでの回復地帯の密度が低いせいで回復しきれないことも多く、☆12中位レベル。
    • 各所の発狂には24分が含まれているため、EX-HARDでは即死しやすく危険。
    • 7th〜9thとIIDX REDでは十段課題曲だった。
  • ☆12 Concertino in Blue(A) (DistorteD)
    • いわゆる「佐々木プログレ」と呼ばれる楽曲群の中では難易度は抑え目だが、曲のほぼ全体を通してBPMが揺らいでいたり変拍子が多かったりとスコアが出しにくい。
    • 道中は縦連や二重階段+連皿が多く地味に削られやすいが、終盤からは簡単になるのでノマゲは☆12でも簡単。HARDも一応☆12下位レベルに収まる。GOLDで☆11→☆12に昇格。
    • DistorteDではなんと九段3曲目であり、CS DistorteDでは十段1曲目を務めていた。
  • ☆12 DAY DREAM(A) (tricoro)
    • 個人差も強い譜面。HARD抜けには十分な地力と何らかのソフラン対策が必要になる。中盤の微縦連混じりの乱打も地味に厄介で落とされやすいポイント。ノマゲはソフランでグダグダでも巻き返すことは可能だが、2度目の低速地帯でゲージが空になるようだと回復しきれないことが多い。
  • ☆12 DIAMOND CROSSING(A) (copula)
    • 今までに例を見ないような複合HCNが配置され、そのHCNの仕様上、HARD及びEX-HARDは少しでも指を離してしまうとゲージが急降下してしまう。特に終盤のHCNと鍵盤の絡む地帯が最大の難所。HARDは個人差が強いものの概ね☆12上位レベルだが、ノマゲはそこで2%からでも回復出来るため☆12中位レベルに留まる。
    • copulaでは、中伝ボスを務めていた。
  • ☆12 DOMINION(A) (SIRIUS)
    • 中盤のトリル発狂が強烈なためHARDは☆12中位レベル。ノマゲは2%からでも十分に回復できるのでHARDよりも簡単。全体的に1軸がしつこい譜面なので、苦手ならオプションで対策すると良い。
  • ☆12 FANTASTIC THREE(A) (PENDUAL)
    • 中盤に24分混じりの高速連皿が来る。幸い鍵盤はほとんど絡まない。ここで削られすぎるとその後の3連皿絡みで閉店することも。ノマゲは連皿は関係なく終盤の二重階段次第だが、RANDOMで簡単になりやすい。
  • ☆12 Fascination MAXX(A) (GOLD)
    • [SPH](☆11)同様、縦連打以降の回復が長いためノマゲは☆12の中では弱いが、[SPH]と比べてHI-SPEED変更の隙が殆ど埋められているため、HARDとなると低速地帯に詰め込まれた32分折り返し階段や32分繰り返し階段、二重になった縦連打地帯など、難易度が一気に上がる。
    • 対策ゲーであるため、研究次第ではあまり地力を必要としない。それでも個人差は非常に激しく、ソフラン対策が万全でも縦連だけで落とされることもある。皆伝になってもHARDクリアできない人もいれば、九段〜十段でHARDクリアできる人もいるというレベルの、全曲でも1,2を争う個人差譜面。
    • CS GOLDでは、皆伝1曲目を務めていた(後に、SINOBUZのクラシック段位でプレー可能だった)。FHSの無いCSでは、現在のACよりも更に大きな個人差譜面であった。
  • ☆12 Flashes(A) (PENDUAL)
    • HARD殺し要素と個人差要素を併せ持つ前半難譜面。中盤までは高密度な鍵盤に加えて不規則な連皿、CN絡みもありHARD難易度は☆12の中でも高めだが、終盤から密度が下がってくるので前半でゲージが空になる地力でも回復しきれる。しかし密度は薄いが拘束のやや激しいCN絡みがあるので、苦手な場合は最後まで気が抜けない。
  • ☆12 Go Beyond!!(A) (EMPRESS)
    • ☆12の中でも最もノマゲとHARDの差が激しい譜面。中盤に平均30.83notes/sという密度の超絶発狂が襲いかかって来る。そこで2%になってもノマゲはその後十分に挽回できるが、その後の密度の緩くなる乱打地帯でいくらかゲージを回復できないとラストの回復が間に合わない。ノマゲは☆12下位レベルだが、HARDは発狂を耐えなければならないので☆12最上位レベル。左右に割れる大当たりがあるのでHARDやスコア狙いはRANDOM推奨。
  • ☆12 Godspeed(A) (copula)
    • 前半の階段&トリルの密度が高く、HARDは☆12中位〜上位レベル。終盤から回復しやすいのでノマゲは☆12中位レベル。
    • 今作では中伝1曲目を務める。
  • ☆12 ICARUS(A) (DJT)
    • 序盤と終盤は[SPH](☆10)とあまり変わらない譜面だが、中盤に一度減速した後、加速に伴い密度が急激に上昇する。HARDはここを耐える必要があり☆12中位レベル。ここで2%まで落ちてもその後は回復のためノマゲは☆11中位〜上位レベル程度。ただし最大でも100%くらいしか回復出来ないため、取りこぼしが多いとノマゲもクリアは厳しい。密度は薄いがトリル中心なので苦手な場合は注意。BPMが微妙なので餡蜜をするとハマりやすい。
    • 低速地帯は密度が低く、最高速地帯は餡蜜が効くのでHARDクリアにはソフラン耐性よりも縦連耐性が重要である。
  • ☆12 JOMANDA(A) (tricoro)
    • HARD抜けは加速地帯を対処しないと相当厳しい。18小節目でSUDDEN+を外す方法がメジャーだろう。75小節目で付け直すとよい。終盤も密度が高く難しいので、BPM195に戻ってからしっかり回復しておきたい。
    • SINOBUZでは、中伝3曲目を務めていた。
  • ☆12 Liberation(A) (tricoro)
    • 序盤と中盤に1小節続く32分の超高速5+7トリルがあり、実質的に16分の縦連打を叩かなければならない。さらに、中盤高速トリル前には67トリルの絡んだ高密度な部分があり、(EX-)HARDはこれらで瞬殺されかねない。その後は乱打で回復可能なので、ノマゲは☆12としては弱めだが、あまり猶予はないので取りこぼしが多いと間に合わない。
  • ☆12 PARANOiA 〜HADES〜(A) (DJT)
    • ソフランゲー。BPM300から75へ一気に落ちて視点が不安定になりやすく、低速地帯もリズム難で認識が困難。HARDまでなら強引にギアチェンするのもアリ。
    • ソフラン抜きにしても☆12中位レベルの地力は必要。地力がないとBADハマりしやすい。
  • ☆12 rage against usual(A) (HAPPY SKY)
    • 譜面全体を通して降る皿絡みが細かいミスを誘うが、それ以上にこの曲最大の難所は中盤の24分二重螺旋階段の「パラリラ地帯」。区間は3小節間と短めだがGo Beyond!!(A)(☆12)の最発狂地帯に匹敵する高密度(約30.82notes/sec)で、さらに繰り返しなのでBADハマりしやすく、ゲージを一気に持っていかれる恐れがあるのでHARDは危険。そこを抜ければあとは☆12下位レベルだが、残りノーツが少ない上に対称二重階段や同色二重階段など北斗殺しの配置が多いうえ、そこにノーツの配置ミスをしたかのような微縦連も1箇所だけだが存在するため要注意。二重階段を抜けた後は完全回復だが、そこで20〜30%はゲージが残っていないと間に合わない。
    • HARDクリアを狙う場合は、非常に押しやすくなる当たり配置があるのでRANDOMで粘着するか、正規で効率的な餡蜜方法があるのでそれを使うと良い。ただし餡蜜するにしても難しい。
    • DistorteDでは、皆伝1曲目を務めていた。しかし、当時は段位ゲージでも「パラリラ地帯」だけで落とされた人もいたほど。CS HAPPY SKYでは、なんと十段3曲目を務めていた。
  • ☆12 Rave*it!! Rave*it!!(A) (PENDUAL)
    • 個人差譜面かつHARD殺し譜面。開幕からいわゆる「逆階段」になっている歯抜けの6つ同時押しラッシュが登場し、それに皿が絡む箇所もある。高い運指力、見切り力がないとずっとBADハマりを起こしてゲージが地を這うことになる。見切れなくても対策すれば早い段階でHARDが付く可能性もある。
    • しかし中盤のCN地帯以降は一転して押しやすい配置になるのでそこまでずっと2%でもノマゲクリアは十分に可能。1P側はMIRRORを付けると叩きやすくなる。
  • ☆12 Red. by Full Metal Jacket(A) (SIRIUS)
  • ☆12 Snake Stick(A) (Lincle)
  • ☆12 Watch Out Pt.2(A) (Resort Anthem)
    • いずれも皿数が非常に多く、高密度な連皿や不規則なリズムの皿が降ってくる。連皿や皿絡みが得意かで体感難易度が変わりやすいが、後半で回復しやすいという特徴がある。
    • Red. by Full Metal Jacketは皿数483枚。皿が絡む地帯とそうでない地帯ではっきり分かれる。全体的に皿のリズムは複雑ではないが、中盤から高密度な連皿に加えて同色階段で押しにくい鍵盤も降ってくるため地力が足らないと一気にゲージがなくなる。そこを抜けると鍵盤が押しやすくなるので、前半でゲージがあまり伸びなくてもノマゲは狙うチャンスがある。しかしラストでまた鍵盤が難しくなるので前半で全くゲージが伸びないようならノマゲも厳しい。
    • Snake Stickは皿数418枚。他の皿曲と比べると皿が変則的かつ高密度である。開幕の皿絡み乱打〜連皿までは乱打譜面で微縦連と32分階段のやや弱めの局所殺しがあるもののまだ簡単だが、中盤の連皿からが本番。不規則な鍵盤が混じる連皿から始まり、24分皿、そして2連同時押しから連皿、そして24分含む不規則連皿のラッシュでBADハマりしたり逆にノーツを落としやすい。その後に乱打で回復できるものの、その後にも連皿があり、終盤が灼熱Beach Side Bunny(A)(☆12)のような24分含む連皿絡みの乱打と強烈な殺しになっている。連皿や連皿絡みで個人差は強く出るものの、HARDは☆12上位レベル。
    • Watch Out Pt.2は皿数427枚。全体的に皿と鍵盤の複合が忙しく、回復できる地帯が少ない。皿は偶数皿が多く、変則的なリズムも多い。鍵盤は密度もそれなりだがトリルや離れた同時押しなど叩きにくい配置が多い。
  • ☆12 reunion(A) (Resort Anthem)
    • 微縦連打や5連皿など局所的に配置が嫌らしく、見切れても押せないような配置が多い。Tatsh曲独特のX譜面も降ってくる。中盤の階段地帯以降はややおとなしくなり、92小節目以降はラストに全押し8分2連打はあるものの適正なら回復にできるためノマゲは☆12中位レベルに留まるが、HARDは☆12上位レベル。EX-HARDはさらに危険。
    • tricoroとSPADAとcopulaとSINOBUZでは、十段ボスを務めていた。
  • ☆12 Say YEEEAHH(A) (PENDUAL)
    • 中盤の高密度な同時押しと皿の絡みがHARD殺しとなっており☆12中位レベル。ノマゲはそこで2%でも回復出来るので☆12下位レベル。
  • ☆12 Scripted Connection⇒ A mix(A) (HAPPY SKY)
    • 中盤の対称地帯とその後の5連打地帯がHARDの難所。終盤は回復だが、中盤で削られすぎた場合はほとんど繋げるくらいでないとノマゲも難しい。特に縦連が他に練習できる譜面がほとんどないのもあり、HARDは☆12中位〜上位レベルに感じる人も。早入り、12分餡蜜等の対策も考えよう。
    • GOLDを除くHAPPY SKY〜SIRIUSでは十段1曲目であり、今作では九段ボスを務める。ちなみに、tricoroにてThe Sampling Paradice(A)(☆12)が九段ボスを務めて5作ぶりに変更された。
  • ☆12 Session 9 -Chronicles-(A) (Resort Anthem)
    • 個人差があるが序盤の長い同時連打が厄介。BPM189になった後はしばらく回復できるので、後半の☆12中位レベルの階段譜面に備えよう。
  • ☆12 TOGAKUSHI(A) (SINOBUZ)
    • HCNゲーで個人差が大きく、☆12下位〜中位レベルで特にHARDは評価が分かれる。中盤のCN混じりのトリルと、その後の2本CNの混フレがHARD以上で削られやすい。また、ノマゲは終盤のやや密度の高い乱打+CNと連皿絡みの勝負となるが、ノマゲの方がまだ楽か。
  • ☆12 VOX UP(A) (SPADA)
    • 前半難譜面。開幕からBPM202の16分連皿や高い密度の鍵盤が襲い掛かってくる。前半を抜けると密度が落ち着いてくるので開幕で全く歯が立たなくてもノマゲは十分に狙える。ただし、1+7と3+5の対称二重トリル→1357の32分階段がラス殺し気味なので注意。曲が速いので餡蜜も有効。HARDの場合は前半を抜ける必要があるので☆12上位レベルになる。
  • ☆12 We're so Happy(P*Light Remix) IIDX ver(A) (PENDUAL)
    • 連皿や皿絡む二重乱打などHARDは要所要所でゲージを削ってくる。ノマゲは終盤の☆12中位レベルの乱打譜面を頑張ればよい。
  • ☆12 子供の落書き帳(A) (Lincle)
    • HARDは中盤のズレを含む二重階段の発狂が強烈なので、RANDOM推奨。ノマゲはその後で回復できるが☆12中位レベルはある。
  • ☆12 聖人の塔(A) (Lincle)
    • 序盤の低速二重トリルが難しく、それ以降もしつこい23トリルが何度も階段と絡むため、HARDは☆12中位レベル。しかしノマゲでは70小節以降が完全に回復なので☆12下位レベル程度。
  • HARDで逆詐称or妥当&ノマゲ殺し
    • ☆12 gigadelic(H) (RED)
    • ☆12 gigadelic(A) (RED)
      • BPM173とそれなりに高速曲だが、メインのリズムは12分なのでトリルはそれほど速くない。ただそのせいでBADハマりを起こしやすく、HARDはノマゲよりはマシという程度。また道中も癖の付きやすい配置なので注意。RANDOMでほとんどの場合さらに簡単になる。
      • [SPH]は、中盤までの13、12トリルと、終盤の皿複合からの67トリル絡みのラス殺しが猛威を振るう。そこ以外は☆10上位〜11下位レベル。HAPPY SKYでは☆11だった。DJTを除く初出のRED以降、八段ボスを務めている。
      • [SPA]は、[SPH]に比べて少しノーツを増やした程度で、[SPH]と難易度はあまり変わらない。
  • ☆12 Apocalypse(A) (SINOBUZ)
    • 道中は☆12としては弱めだが、終盤に入ると24分階段がやってくる。ノマゲはラストだけで削られやすいので、☆12妥当か。階段が苦手ならRANDOM推奨。
  • ☆12 Candy Galy(A) (GOLD)
    • ラストは押しづらい皿絡みの譜面が殺しにかかってくる。HARD推奨ではあるが、前半のトリルに注意。
    • GOLDでは十段ボスを務めていた。
  • ☆12 FAKE TIME(A) (RED)
    • [SPH](☆11)と同様にラストが強烈な殺し。前半は☆10レベルなのでHARD推奨だが、HARDでも☆12中位レベルはある。
  • ☆12 G59(A) (SIRIUS)
    • 中盤の1軸と終盤にもある歯抜けデニム地帯が難所。ノーツ数は2000ノーツと高く、かなりの体力が必要。ノマゲは終盤の歯抜けデニムと246坂に気をつけないとボーダーに届かなくなるため要注意だが、HARDも中盤の1軸+癖のある配置でかなりの持久力が試される。癖が付きやすいため、正規かMIRROR推奨。
    • INFINITASでは、皆伝1曲目を務める。ただ、☆12の中堅な難易度を誇るため、過去に皆伝1曲目だったperditus†paradisus(A)(☆12)や嘆きの樹(A)(☆12)などと比べてもゲージを大幅に残しやすい。
  • ☆12 HADES(A) (SINOBUZ)
    • ラストの24分混じりの連皿+35トリルと、その後の48分階段や高密度な皿絡みが強烈。道中は皿複合が多いが☆12下位〜中位レベル程度なので、HARD逃げ推奨か。正規は押しにくいのでRANDOMやR-RANDOM推奨。
  • ☆12 One More Lovely(A) (10th)
    • ラス殺し。道中も一部に高速螺旋があり☆11上位〜☆12レベルである。リズム難なので、一般的に餡蜜が対策だといえる。
    • 初出の10th〜DistorteDまで十段課題曲を務めていた。
  • ☆12 RAIN(A) (SINOBUZ)
    • ラストが微縦連混じりの押しにくい配置の殺しとなっている。道中はCNがあるものの癖の少なめな☆12下位レベルの乱打譜面で、ラストで落とされてしまうならHARD推奨。
  • ☆12 Shooting Fireball(A) (PENDUAL)
    • 終盤の16小節に入る辺りから急激に密度が上がり、3つ同時微縦連でBADハマりを起こしやすい。そこだけで削られるのであればHARD推奨。ただし、前半も☆12のうちでは難易度が高めなので相当の地力は必要。
  • ☆12 tripping contact(A) (DistorteD)
    • ラス殺し。道中は☆11レベルだが、リズム難なのでBADハマりには注意。HARD推奨。GOLDで☆11→☆12に昇格。
    • CS DistorteDでは、九段3曲目を務めていた。
  • ☆12 TROOPERS(A) (DJT)
    • 8分皿+αが特徴の譜面。道中には三重階段があったりするが回復は容易なため、ラスト8小節ゲー。HARD推奨。
  • ☆12 カゴノトリ 〜弐式〜(A) (DistorteD)
    • 中盤までは☆11下位〜中位レベルの譜面であるが、終盤に押しにくい高密度地帯がある。そこだけで落とされる場合はHARD推奨。GOLDで☆11→☆12に昇格。
  • ☆12 仮想空間の旅人たち† (tricoro)
    • 延々と高密度な乱打が続く譜面だが、ラスト3小節でさらに密度が上がり、これが非常に強烈なラス殺しになるのでノマゲは☆12上位レベル。道中で削られても回復が容易なので、後半の高密度乱打が捌けるならHARD逃げ推奨。
  • ☆12 雪月花(A) (10th)
    • ラストの連皿+αゲー。前半の3連符絡みの混フレを耐えられるならHARDの方が抜けやすいか。
    • Lincleでは、九段ボスを務めていた。
  • ☆12 千年ノ理(A) (PENDUAL)
    • 前半は4鍵以上の同時押しが多く、中盤は回復地帯。ラストの階段地帯は密度が上がりゲージを削りにかかってくる。HARDは☆11上位レベルだが、ノマゲは☆12下位レベル。HARD推奨。
  • 個人差
    • ☆12 Innocent Walls(H) (10th)
    • ☆12 Innocent Walls(A) (10th)
      • 密度は☆12としては低いものの、微縦連絡みの押しづらい配置が多く、終盤には全白鍵盤と皿の16分縦連(通称:白壁)の強烈な殺しがある。[SPH]は5つ分、[SPA]は4つ分(一拍)。
      • [SPH]は、縦連が厳しい譜面のため個人差が非常に出やすい。「白壁」の後は☆11レベル程度の乱打が続くので回復出来るが、ノマゲでは約60%程度しか回復出来ないので「白壁」でゲージが空になるとクリアは絶望である。AC DJTでは、☆12 gigadelic(H)と差し替えで八段ボスを務めていた。
      • [SPA]は、[SPH]より縦連は少ないが全体的な密度は高い。「白壁」もしっかり存在するため、個人差が出やすい。10thでは九段2曲目、HAPPY SKYとDistorteDでは九段ボスを務めていた。
  • ☆12 Adularia(A) (SPADA)
    • 曲の全体に渡ってCN絡みが続く譜面。CN耐性によって特にHARDがつく時期は大きくバラつく。ただし軸や二重階段のラスト殺しはしっかりと存在するので、EASY・NORMALに関してはここを乗り切れる地力は最低限必要。
    • PENDUALでは、十段1曲目を務めていた。
  • ☆12 Caterpillar(A) (SINOBUZ)
    • 序盤のかなり長い16分連皿、中盤のやや変則的な連皿、終盤の微縦連混じりの乱打と独自の配置だらけでとにかく癖が強い譜面。ノマゲは縦連耐性による個人差が出やすく、HARDはどれかが苦手だと一気に苦しくなる。
  • ☆12 IMPLANTATION(A) (PENDUAL)
    • ひたすら微縦連が続きBADハマりを狙ってくる非常にいやらしい譜面。歯抜けデニムのラス殺しにも注意。
    • 今作では、十段2曲目を務める。
  • ☆12 mosaic(A) (SIRIUS)
    • 隣接同時押し、3y3s(A)(☆12)のようなカプセル譜面と同時押しメインの譜面でこれに皿複合がかなり多く嫌らしい。1鍵連打+皿がかなり多く1P正規はやや不利。
    • Resort Anthemでは十段1曲目を務めていたが、☆12の中では弱い方であるにもかかわらず、大きくゲージを残せる人もいる一方でこの曲だけで落とされるプレイヤーに二分されるほどの強い個人差を持つ。高速同時押し曲が出来るようなら挑戦の価値はある。INFINITASでも十段1曲目を務める。
  • ☆12 one or eight(A) (9th)
    • 序盤に高速トリルの発狂は餡蜜気味にごまかして耐えよう。それからは比較的簡単な譜面が続くが、終盤から皿複合と縦連メインの癖の強い譜面に。密度はあまりないので、人によってはノマゲは逆詐称に感じるかも。 9thでは十段課題曲だった。
  • ☆12 PLEASE DON'T GO(A) (8th)
    • 1+2+3の縦連打と皿が複合した発狂が2回襲い掛かってくる譜面で、2回目はラス殺しになっている。前述の発狂の配置から1PはMIRROR推奨。また、中盤のリズム難な部分や皿複合などで個人差が非常に大きい。
    • BPMは遅く、また24分以上の配置は全くないため、微縦連が得意であればS-RANDOMも有効。
    • 9thでは十段課題曲だった。
  • ☆12 POSSESSION(A) (copula)
    • 道中はソフランを除けば☆11レベル相当だが、ノマゲはラスト16小節のRave*it!! Rave*it!!(A)(☆12)を弱くしたような同時ラッシュに注意。HARDの場合はそれに加えてソフラン地帯を耐えられる低速力と停止ギミックの把握が求められる。
    • 同作者の「SABER WING」のように移植元のDDRに準じたBPM推移をするソフラン譜面(同作で譜面停止となっている箇所は疑似停止となっている点も同じ)。ただし疑似停止の部分にもノーツが配置されており、初見時や(EX-)HARD時は要注意。
  • ☆12 sakura storm(A) (Resort Anthem)
    • 皿の絡む階段と後半のCN地帯が難所だが、密度自体は☆11中位レベルで一番密度のある地帯でも☆11上位レベルなので、CN絡みが苦にならないなら☆12で最初にクリアできる可能性もある。
  • ☆12 SCREAM SQUAD(A) (HAPPY SKY)
    • 現行ACのSP☆12最少ノーツ(1073ノーツ)。
    • Wonder Bullfighter(A)(☆11)などを速くしたような皿絡みが特徴。皿が絡む地帯は同時に鍵盤密度も高くなるのでかなり局所難気味。他はスカスカであまり回復出来ないので、ノーツ数の割に難しい譜面である。ラス殺し気味なのでノマゲクリアできれば道中で取りこぼさないならHARDクリアも狙えるが、中盤にも同じ殺しがあるのでノマゲが安定していなければ難しい。DistorteDで☆11→☆12に昇格。
    • CS HAPPY SKYでは、九段ボスを務めていた。
  • ☆12 Sense 2007(A) (GOLD)
    • 皿絡みと微縦連が曲を通して襲い掛かってくる。密度は☆12としては少ないが、その押しにくさで難易度を上げている。基本的な難所は[SPH](☆11)とほぼ一緒だが、道中もほぼ全編にわたって1拍おきに2連打が加わっており、回復が困難になっている。回復できる箇所が少ないため、HARD殺し気味。また、連皿絡みを始め2P側にはかなりきつい配置が多いので、2P側はRANDOMかMIRROR推奨。
    • DJTとtricoroとSPADAでは、十段課題曲を務めていた。
  • ☆12 Steel Edge(A) (SINOBUZ)
    • 鍵盤の密度は☆11中位〜上位レベル程度だが、全体的にHCNやトリルが多く、BSSからの連皿に鍵盤が絡んでくる配置がある。ラストのHCNの複合により、特にノマゲは個人差が出やすい。
    • BSSは、速さも長さも近いFLOWER(A)(☆11)のものよりもやや絡む鍵盤密度が濃く、その後の5連皿を取り損ねやすい。特にEX-HARDでは注意が必要。
  • ☆12 桜(A) (8th)
    • 全体的に縦連が多く、開幕から高速で降ってくる。HARDの場合は序盤の縦連よりも所々ある高密度地帯や最低速地帯でBADを量産しないように注意。中盤にソフランがあるが、最低速地帯はBPM12まで落ちるので目押しは難しい。リズムを把握して臨みたい。最低速地帯以外の低速地帯は密度もそこまで高くなく、余程低速が苦手でない限り問題ない。終盤は前半よりさらにBPMが上がるが、局所難が少ないため前半でゲージを残るなら問題ないだろう。
  • ☆12 焱影(A) (SINOBUZ)
    • 密度自体はそれほど高くないが、16分の2連皿や24分皿などが多く絡んでいる。199024club -Re:BounceKiller-(A)(☆12)に近い皿譜面。皿絡みや高速連皿が苦手だと、クリアの見込みは厳しくなる。
  • ☆12 海神(A) (SPADA)
    • CN絡みが中心で、同作者のAdularia(A)(☆12)と譜面傾向が近い。あちらに比べるとやや密度が控えめな代わりに皿絡みやリズム難が多くトリッキーな譜面。特に後半の5+7→4+6のCNをしつつ皿+他の鍵盤を処理させる配置が2P側に極めて不利。2PはMIRROR推奨。
  • ☆12 ワルツ第17番 ト短調"大犬のワルツ"(A) (SIRIUS)
    • 皿は1枚もないものの、高BPMの中で8分同時押し縦連や12分階段、トリル(BPM約150の16分や24分に相当)が多発し、更にBPMが細かくかつ局所的に相対的に大きく変動することもあるためBADが出やすく、縦連やトリル、階段、微ソフラン等の得意不得意によって個人差が大きく出やすい。前半で大きく削られても、中盤のブレイク地帯以降で回復できるためノマゲの方がやや楽。それでもラストは縦連ラッシュなのである程度地力は必要になる。
    • Resort AnthemとLincleとPENDUALでは、十段課題曲を務めていた。この譜面で大きく回復できる人もいればこの曲だけで落とされる人もいるほどの個人差を生んでいる。

*1 残りの3曲はmoon_child(A)(☆12)、雪月花(A)(☆12)、one or eight(A)(☆12)で、この譜面は唯一の☆11。とはいえ、☆11の中では特段詐称というわけでもなく、DistorteDで十段2曲目を務めた際は当時九段3曲目のConcertino in Blue(A)(☆12)と立ち位置が逆とまで言われたほど。
*2 朱雀:CONTRACT、青龍:waxing and wanding、玄武:Ganymede、白虎:華蝶風雪
*3 PENDUAL TOPページのこの項目を参照。R-RANDOMで現れる12パターンのうち、他のレーンはMIRROR準拠でずらした配置でレーンが固定されたパターンが1つずつ存在する(1レーンが固定された配置は1765432、2レーンが固定された配置は3217654、といった具合)のに対し、4レーンだけは固定されたパターンが存在しないことがわかる。

Last-modified: 2018-04-21 (土) 02:22:51
Site admin: iMp95
mail : imp@callusnext.com (←@を半角に)