beatmania IIDX 28 BISTROVER

WEEKLY RANKING: GIGA RAID / Blacklolita
(2021/03/03 12:00 START〜2021/03/10 11:59 END)
ARENAモード: 第1回オンラインバトル開催中
(2021/02/25 10:00 START〜2020/03/17 23:59 END)

新曲詐称・逆詐称・個人差譜面リスト

  • このページでは、今作「BISTROVER」で登場した楽曲のうち、以下に該当する譜面について記述してあります。
    • 詐称譜面
    • 逆詐称譜面
    • ノマゲで逆詐称or妥当 & HARD殺し譜面
    • HARDで逆詐称or妥当 & ノマゲ殺し譜面
    • 個人差譜面
  • 特に顕著なものは、太字で表記しています。
  • 編集者向けページ

  • このページには、「BISTROVERフォルダに収録されている新曲」「28 BISTROVERでの復活曲・追加譜面のみを載せるようにお願いします。
    • 復活曲・追加譜面については、楽曲の初出作品名も併せて記載して下さい。

全般

  • 現状、[BEGINNER](SPのみ)は「CS作品でしかプレイできない」または「譜面が実装されていない」楽曲が大半を占めているため、特記しない限りは「[BEGINNER]を除く全譜面」として記述しています。
  • 全譜面でノマゲで逆詐称or妥当 & HARD殺し
  • Ah Hah Yeah
    • ソフラン曲(BPM推移:115→230→115→230)であり、BPMの振り幅が大きいため特にHARD以上は対策が必須。
    • 加速する瞬間は曲調から読みやすいが、減速はやや唐突でわかりにくい。どちらもギアチェンジの隙はあまり無いので要注意。
  • 全譜面で個人差
  • CN・BSS譜面[BEGINNER]を含む
    • CN・BSSに不慣れな場合は、基本的に同じレベルの曲の中でも中位〜上位レベル、逆に慣れている場合は下位レベル〜逆詐称に感じることも多い。
      また、バージョンが進むたびに複雑な配置になり、全体的に難しくなる傾向にある。
    • 特にBSSの途中で判定が消失した状態で終点の返しを取ると、直後に皿がある場合にその皿に判定を吸収されることがある。
      連皿にBSSが挟まった配置はBSS前の連皿でBADハマりするとBSSをうまく取れず、BSS後の連皿がBADハマりしやすいので要注意。
    • なお、どのCN・BSS(HCN・HBSS)譜面においても共通して言えるが、RANDOM系を使うと“CN(HCN)+皿”や“BSS(HBSS)+鍵盤”といった配置がかなり取りづらくなる危険性があるため、クリア狙いであれば基本的には正規・MIRROR推奨。
  • HCN・HBSS譜面[BEGINNER]を含む
    • HCNはノマゲの場合、別のHCNや他の要素でカバーできるのに対して(EX-)HARDの場合、ゲージを一気に持っていかれやすく、立て直しもしにくいので注意。そのためHCN搭載譜面は初見はノマゲ推奨。
    • HBSSでも終点判定を消失しても回し続ける必要がある。この時、ゆっくり押し引きすることでもリカバリーを維持できるようになっている。長いHBSSに鍵盤が絡む譜面で、片手処理が苦手な場合はこの技が有効。
    • なお、「通常のCN・BSSとHCN・HBSSが混在した譜面」は現時点では存在していない。
  • 高速連皿譜面
    • 高速の連皿を綺麗に取るのは難しい。ターンテーブルが重かったり、反応が悪い筐体ではまともにプレイすることが困難となる。
    • 一方でLIGHTNING MODEL(新筐体)はターンテーブルの反応が良く、重さも自由に変えることができるため、そのような譜面に対する体感難易度が下がりやすい。

SP

BEGINNER

  • ☆1下位譜面
  • ☆1 紅蓮華
    • 現行ACの[BEGINNER] & SP最少ノーツ(79ノーツ)。
    • ノーツの間隔が非常に広く、完全に入門タイプの譜面。8分配置も少なく皿も2枚しか無いので、鍵盤の位置関係を覚えるには最適。
  • 個人差
  • ☆3 EMERALDAS (CANNON BALLERS)
  • ☆3 Initiation (CANNON BALLERS)
    • どちらも[BEGINNER]では初のHCN搭載譜面で、次の鍵盤が来るまで長いHCNだけが数本降るという配置が点在する。HCN地帯でミスしても、うっかり指を離しっぱなしにしないよう要注意。
    • 特にEMERALDAS(B)はラストに時間差HCNが配置されているのも要注意。

NORMAL

  • 詐称
  • ☆5 Rubrum Piano
    • 階段打ちと乱打の構成譜面。明らかに☆5の範囲を離脱してる場所がある。☆6はあると思われ、下手すると☆7下位相当に感じられることも。
  • 個人差
  • ☆6 THE PEERLESS UNDER HEAVEN
    • 中盤とラストに長い連皿地帯が存在する。170BPMという速さで16分皿も普通に降ってくるので注意。
    • 上位譜面と異なり連皿地帯に鍵盤は絡まない為、皿に集中できる代わりに一度BADハマりすると挽回する事も難しく、ゲージ問わず連皿に慣れているかがクリアに大きく関わってくる。詐称寄りの個人差か。

HYPER

  • 詐称
  • ☆6 Don't Stop The Music feat. Kanae Asaba
    • 16分配置が多く、時折鍵盤2つと皿の同時も含まれてくる。全体的には☆6ではやや厳しめで☆7下位程度と見たほうがよいか。
  • ☆8 魔法のかくれんぼ
    • 前半は☆7上位〜☆8下位程度だが、後半の加速から一気に難易度が上昇し、長い16分乱打や同色階段など☆8適正には厳しい配置が現れる。特にBPM208地帯の8分同時押しは☆8を大きく逸脱している。☆9レベル。
  • 逆詐称
  • ☆10 BIGソムタム
    • 他の☆10と比べるとノーツ数は少なく、密度も高くはない。☆9上位レベルか。ただし、EX-HARDでは小階段や中盤にある皿+トリルに注意。
  • 個人差
  • ☆10 THE PEERLESS UNDER HEAVEN
    • 中盤とラストに6小節ほどの連皿地帯があり、どのゲージでも連皿の出来が影響する。BPM170と速めだが、16分皿は多めに来る。

ANOTHER

  • 逆詐称
  • ☆10 When I Met U
    • 全体的に押しやすく、リズムに沿った素直な配置が続く。☆9〜10がある程度出来るのであれば、十分挑戦圏内。
  • ☆11 Ocean Blue feat. Luschel
    • ☆11にしては密度が低く、局所的な難所も無い。☆10中位〜上位レベル。
  • ノマゲで逆詐称or妥当 & HARD殺し
  • ☆11 of the first magnitude
    • 前半のHCNの絡みが複雑であり、特にHCN+トリルには注意。後半にもHCNは来るが鍵盤乱打が中心。
  • ☆12 rommmo
    • 前半から中盤にかけては16分小階段、小トリル、軸主体の密度が高めの高速譜面。後半からは同時押し主体で密度も下がり簡単になる。
    • ただし、ラストの皿が混じる二重軸+αは苦手な場合はノマゲ以下でも油断できない。
  • ☆12 魔法のかくれんぼ
    • 終盤までは、ズレた高速トリルと跨ぎ配置のあるCN複合が取りづらく難しい。終盤からの加速地帯は☆12下位レベルの階段と同時押し譜面となる。ただし、ラスト減速直後のトリル+CNには注意。
    • また、HARDではHSを最高速に合わせると認識しにくく難しくなるため、ギアチェンなどの対策をした方がよい。
  • HARDで逆詐称or妥当 & ノマゲ殺し
  • ☆9 IIDX RED Ending (Ryu☆Remix)
    • ラスト手前に軸→トリル+αがあり、ここだけでゲージを大きく削られてしまうならHARD推奨。ただし、後半は密度が高めなためHARDでもそこまで簡単ではない。
  • ☆10 Here We Are
    • ラストにゴミ付きトリル+皿が殺しに来るのでHARD推奨だが、中盤以降の押しにくいゴミ付きトリル+皿とCN複合にも注意を要するためHARDも相応の地力が必要。
  • ☆10 So Punky
    • 隣接配置含む同時押し主体の譜面だが、ラストに連皿+αが来る。連皿が苦手ならHARD推奨。
  • ☆10 That Feeling
    • ラスト手前の4小節に渡る乱打の密度が高め。また、特に初見ではラストのBSS→32分にも注意したい。HARD推奨。
  • ☆11 Overslept
    • ラストの皿複合がノマゲ殺しとして機能している。道中もやや高密度の地帯はあるが難所は後半に集中しているのでHARD推奨。
  • 個人差
  • ☆10 Midnight Drive
    • 序盤と中盤に連皿地帯がある。終盤でやや減速するが、ラストにも連皿があるのでギアチェンジか皿チョン推奨。
  • ☆10 Rowdy
    • 前半までは同時押し主体だが、中盤は皿複合譜面、そして終盤は癖の強い時間差CNの複合譜面となる。
  • ☆12 Fire Beat
    • 密度自体は☆12にしてはやや低めだが、中盤でBPM157→300に加速したあと4分軸押しが延々と続きラストには長い8分トリルが来る。ノマゲ・HARDとも軸押しやトリルの得手不得手で評価が分かれる。
  • ☆12 水鏡の異界
    • 取りづらいCN複合、16分連皿が目立つ譜面。前半と後半の計2回ある連皿は、偶数枚が混じってくるので崩されやすい。中盤の高速階段地帯で回復したいところ。
  • ☆12準上位譜面
  • ☆12 MEGAERA
    • 後半からの密度がかなり高い。高密度乱打の後に同時押しラッシュからのデニム、そして螺旋階段+αからの二重軸+α、ラストは二重交互ラッシュとひたすら難所が続く構成。ノマゲ・HARD共に☆12上位レベル。
    • ノマゲ狙いなら正規系が無難だろう。
  • ☆12 -65℃
    • 密度の高い階段メインの譜面。CN絡みも多く、ラスト前では階段に混じってくる。
    • HARD以上では中盤の24分トリルにも注意したい。
  • ☆12 ∀
    • 前半は☆12の中でも密度は低めな方だが、後半から2重階段、桂馬2重階段、微縦連などを含む高密度な乱打が多く、ゲージの維持が難しい。また、最後には24分トリル+αの乱打がありノマゲはそこだけでボーダーを割る可能性もある。ノマゲ・ハード共に☆12上位クラス。
    • 譜面全体を通して階段ベースの乱打が多いため、基本的にRANDOM推奨。
  • ☆12上位譜面
  • ☆12 THE PEERLESS UNDER HEAVEN
    • 中盤とラストにリズムが複雑な連皿地帯がある。後半には非常に取りづらい(5連皿→5連皿→3連皿)×2セット+多重トリルもあり、HARD以上では中盤の長い連皿でゲージをある程度残せないと厳しい。
    • 全体的に皿に絡む鍵盤が取りづらい配置なのでRANDOM推奨。

LEGGENDARIA

  • ノマゲで逆詐称or妥当 & HARD殺し
  • ☆9 Hitch Hiker2 (4th)
    • 前半の密度が高めであり、難しい皿複合もあるのでHARDは☆10下位レベル。後半からは比較的緩くなるのでノマゲは☆9妥当か。
  • 個人差
  • ☆12 Be quiet (IIDX RED)
    • メインシンセ音が皿に割り当てられた譜面。2連・3連皿が複雑に絡むため、適当に回すとBADハマリしやすい。楽曲を覚えていると楽になるかもしれない。連皿中の鍵盤密度も高め。
  • ☆12上位譜面
  • ☆12 お米の美味しい炊き方、そしてお米を食べることによるその効果。 (tricoro)
    • AIR RAID FROM THA UNDAGROUND(L)をさらに難しくしたような譜面で、全体を通してトリル+αの乱打が厄介。序盤は皿絡みが多く、曲が進むにつれて皿数は減る代わりに鍵盤の密度が徐々に上昇していく。これらの難所以外は回復に回したいところ。
    • トリルは主に12、13、76、75と偏り配置が多く、正規・MIRRORではかなり押しづらいためRANDOM推奨。

DP

NORMAL

  • 詐称
  • ☆5 霧幻メモリア
    • CNの配置が多く、全般的にリズム難。☆5とは言い難い。初見時やEX-HARDは特に危険。☆6下位レベルか。
  • 逆詐称
  • ☆5 So Punky
    • 配置自体が素直な分割譜面で、取りにくい箇所は特段なし。☆4下位レベル。
  • ☆6 Lovely Howdy Cowboy!!
    • ほとんど単純な配置しか見られない。同時押し・16分配置も控えめ。☆5下位程度。
  • ☆7 ∀
    • 総ノーツ数が661ノーツと☆7では少なめ。隣接同時押しに多少注意を要する程度で、複雑な配置もほとんどない。☆6下位〜中位レベル。
  • HARDで逆詐称or妥当 & ノマゲ殺し
  • ☆3 Midnight Drive
    • 38小節目から減速し、42小節以降はBPM90まで下がる。リズムが分かりづらいため、ノマゲ(EX-HARD)はラストだけでボーダーを割る場合があるので、要注意。
  • ☆6 THE PEERLESS UNDER HEAVEN
    • ラストにある16分の3連皿が厄介。道中の配置も難しいが、苦にならないならHARDのほうが楽。ノマゲはラストだけでボーダーを切りやすい。
  • 個人差
  • ☆5 魔法のかくれんぼ
    • 終盤に加速地帯がある。CNはあるものの、難しい配置ではない。ソフラン曲に慣れていなければ、レベル表記よりも難しく感じることも。

HYPER

  • 詐称
  • ☆6 Don't Stop The Music feat. Kanae Asaba
    • ☆6にしては同色階段などで16分の配置が多く存在しており、☆6としてはやや厳しめ。☆7下位レベルか。
  • ☆7 S-Bahn
    • 片手での16分の2連配置の連続が嫌らしい。6→2の直後に2→4など、2連配置は始点が安定しない上に内向き・外向きも両方発生する。押しにくい2連配置は中盤で顕著。
    • 中盤からは16分3連階段(左手基準で7→4→2、6→4→2など)が増え始める。特に、後半は16分は殆どが外向きになる一方で、8分リズムパート・16分2連配置が両側で入り乱れるため☆7としては非常に見切りにくい。☆8下位〜中位辺りか。
  • ☆8 Rowdy
    • BPM100と低速だが、DBM寄りな16分の配置が時折来る上、後半はCNが複雑に絡む。局所難配置が多く、ゲージ問わず☆8では厳しめ。☆9下位レベルか。
  • 逆詐称
  • ☆8 Euphoric Lagoon
    • DB気味な箇所は見られるが、そこは8分が多く大した箇所にはならない。DB地帯以外も難所は少なめ。片側MIRRORにすると難易度が下がる。☆7下位レベルだろう。
  • ☆8 Rub-a Dub-a
    • 1箇所だけ白鍵4つの同色階段は出てくるが、それ以外はせいぜい16分はほとんど2連程度で、他は8分か分割配置のみ。
    • CNは存在せずBSSは1P・2P側で1回ずつあるのみ。物量も737ノーツで控えめで☆7下位レベル。
  • ノマゲで逆詐称or妥当 & HARD殺し
    • ☆7 霧幻メモリア
      • 16分トリルなどの局所難が多く存在し、更にCNも複雑。HARDは前半の難所を耐えないといけない。ノマゲは回復できるなら妥当である。
      • DB寄りの配置なので、片側MIRROR推奨。
  • HARDで逆詐称or妥当 & ノマゲ殺し
  • ☆10 THE PEERLESS UNDER HEAVEN
    • ラストのトリルなどが特に難しい。道中はそれほど難しくなく、連皿が苦手でなければHARD逃げのほうが楽。
  • 個人差
  • ☆9 of the first magnitude
    • 全般的にHCNが多く、利き手によって体感難易度が変わる。また特にEX-HARDは瞬殺される可能性が高いので、危険。

ANOTHER

  • 詐称
  • ☆10 Rowdy
    • BPMは遅めだがCNの処理が複雑で、☆10クラスとしては言い難しい。ノマゲは☆11下位クラスはあり、HARDは核地雷と見てもいい。
  • 逆詐称
  • ☆11 Ocean Blue feat. Luschel
    • 片手16分配置はあるものの比較的押しやすい。☆10中位並み。
  • ノマゲで逆詐称or妥当 & HARD殺し
  • ☆10 霧幻メモリア
    • DB寄りの配置かつ、正規難。HARDはCNや局所難を耐える必要があり、☆11クラスが妥当。
    • 片側MIRRORをかけると内側寄りになるので、全般的に押しやすくなる。
  • ☆11 Ah Hah Yeah
    • DB寄りなので、片側MIRRORをかけると見切りやすくなる。
  • HARDで逆詐称or妥当 & ノマゲ殺し
  • ☆10 Chewingood!!!
    • 道中は☆10としては弱めだが、ラストの皿振りが難しい。ノマゲは見落とすだけでボーダーを割る場合もあるため要注意。
  • ☆10 Midnight Drive
    • 後半の減速地帯に入ると配置が厳しく、ゲージを持っていかれやすい。連皿が苦手でなければHARD逃げのほうが楽。
  • 個人差
  • ☆11 of the first magnitude
    • HCN絡みがかなり多く、利き手によって体感難易度が変わる。HARD時は取りこぼしには気を付けたい。ラス殺しがあるので、ノマゲも気が抜けない。
  • ☆11 Rubrum Piano
    • 革命ほど延々とではないが、それでもピアノの音階に即した階段を叩き続ける1P側偏重譜面。
    • 左利きでもない限りFLIP推奨だが、革命と異なり2P側にもある程度の密度や階段譜面が来るので、どちらにせよ非利き手の技量が問われる。
  • ☆12 THE PEERLESS UNDER HEAVEN
    • 中盤とサビに高速連皿がある。片手力も問われるため、比較的個人差が出やすい。ラス殺しがあるので、ノマゲ・HARD共に難易度が高め。
  • ☆12 魔法のかくれんぼ
    • 全般的にトリル配置の多く、CN絡みもいやらしい。終盤からはBPMが208まで加速する。譜面対策によって、個人差も出やすいという。ラストにはBPMが下がるので、はまりに注意。

LEGGENDARIA

  • 詐称
  • ☆10 LOVE IS ORANGE (8th)
    • 後半のくの字階段がかなり押し辛い。加えてラスト付近は軸も混じり全体的に尻上がりに密度が上がる構成。☆11クラスが妥当。

Last-modified: 2021-03-07 (日) 10:37:17
Site admin: iMp95
mail : imp@callusnext.com (←@を半角に)