pop'n music うさぎと猫と少年の夢

うさ猫スコアチャレンジ: リンゴロジック(green apple rmx) / Dormir remixed by m@sumi
(2017/12/13 10:00 START〜2017/12/20 05:00 END)

新曲雑記/隠し曲詳細

  • 新曲に関するいろいろなことを書き溜めておく場所です
    • 新曲にはジャンル名および曲説明文がないため、各曲名の下に曲の雰囲気(【】内に記載、音楽ジャンル、ボーカル男女・インスト、雰囲気)を書いておくと参考になるかもしれません
    • 譜面について記載する際は譜面難易度[EASY][NORMAL][HYPER][EX]を書き記しておきましょう。
  • éclale時代の解禁旧曲詳細については以下を参照
    • pop'n music eclale/新曲雑記/隠し曲(スターファクトリー・FLOOR INFECTION)
      • 「日向美ちくわ姫決定戦」と「凛として咲く花の如く 〜ひなビタ♪edition〜」のみ本作稼働に伴い通常解禁済
      • その他のスターファクトリー旧曲は稼働開始時点で解禁手段無しだったが2017/09/28 10:00より無条件解禁

ナビ旅解禁曲


イベント開始(2016/12/20配信)

夢色のコハク

夢を絆ぐ亜麻色

【女性ボーカル】
[ロングポップ君搭載曲]

  • 公式曲紹介・試聴:http://p.eagate.573.jp/game/popn/usaneko/p/musicchar/mcdetail/amairo.html
  • 本作のメインテーマとなる楽曲。同ポジションの楽曲は19 TUNE STREETの「探検ノート」とラピストリアの「Harmonia」に続く登場となる。
  • ロケテストではデフォルトで出現していた楽曲だが、本稼働ではイベント隠し曲としての登場。
  • PONが関わったコナミオリジナル楽曲が稼働時デフォルト以外の機会でバージョン内初出するのは他の同日登場のナビ旅曲を含めて今回が初。*1
  • ボーカルのrinoの楽曲収録はSunny Parkの「レイニーワルツ/リメンバーリメンバー」以来の登場となる。
  • 担当キャラ:Mimi(ミミ) / Nyami(ニャミ) [うさ猫新衣装]

不思議な絵画

Another Texture

【インスト】

  • 担当キャラクター:Rave girl (レイヴガール) [うさ猫新画風(旧アニメ)]
    • ハリアイはうさ猫新画風だが、衣装・アクションは [16-1P] (アジアンレイヴHADROS GALE) と同一。2Pカラーは存在しない。
    • マリィよりも先んじての新絵柄での登場となった。

空想モダニズム

【インスト】

  • 担当キャラクター:Mr.FUNGANO (ミステルフンガーノ) [うさ猫新画風(旧アニメ)]
    • ハリアイはうさ猫新画風だが、衣装・アクションは [11-1P] (未来派) と同一。2Pカラーは存在しない。

哀彩

【女性ボーカル】

  • 公式曲紹介・試聴:http://p.eagate.573.jp/game/popn/usaneko/p/musicchar/mcdetail/aiiro.html
  • 曲名の読みは「あいいろ」(バナーに「ai iro」と英字で読みが振られている)
    • 曲名順での最初となる「あ」行の並び順の先頭の座を更新した(これまではAC4の「愛言葉〜アイコトバ/カラオケ」がトップだった)
  • アーティストの女性ボーカリスト・MarL(マール)はBEMANIシリーズでは本作で初登場となる新人。外注ボーカリストではなく、ポップンチームの新スタッフと思われる(参考)。
  • 作詞はMarL自身、作曲はPONが担当。(BE生(仮)165回および稼働記念特集インタビューも参照)
  • 担当キャラクター:Sigre (時雨) [うさ猫新キャラクター]
    • 公式キャラ紹介:http://p.eagate.573.jp/game/popn/usaneko/p/musicchar/mcdetail/aiiro.html#sec_chara
    • ふくろうを連れた中性的な少女。
      • 公式サイトでは性別について特に触れられず、一人称が『僕』なので当初男性と思われていたが、ポップンカードうさ猫Vol.1で性別が女性と判明。(カードの性別表記ミスではなければ)いわゆる「ボクっ娘」と思われる。
    • NEUTRAL:雨の中を歩いている。
    • GOOD:雨の状態を手で感じ取る。
    • GREAT:持っていた壺を上に掲げる。
    • FEVER・オジャマ:壺を頭に乗せて走り出す。ふくろう達も飛んでついてくる。
    • MISS:親ふくろうに頭の上に乗られ、子ふくろうに顔を突っつかれる。
    • WIN・FEVERWIN(共通):GREATアクション後、光り輝いた空を見上げている。
    • LOSE:MISSアクション後、雨が土砂降りになる。
    • ダンス:FEVERアクションが左右に移動。

クリエーターズソウル

@you

【男性ボーカル】【パワーフォーク】

  • 公式曲紹介・試聴:http://p.eagate.573.jp/game/popn/usaneko/p/musicchar/mcdetail/a_you.html
  • お願い公募【アッシュの新アニメが見たいです!お願いします〜(>人<;)】を反映させた楽曲。
  • good-coolがポップンに楽曲を提供するのはラピストリアの「Bloody Mary」以来となる。
    • また、氏がユーリ以外のDeuilメンバーの楽曲を手掛けるのは今回が初で、新堂敦士の楽曲を担当していたキャラクターの楽曲を手掛けるのは17 THE MOVIEの「サイバーウエスタン/PITAゴラス☆KISS」のフォース以来8年ぶり2度目となる。
  • ボーカルは同じくアッシュ担当曲であるラピストリアの「Howling」(IIDXからの移植)に続いてPONが担当。
    • good-coolとPONのコラボ曲は初となる。
    • 今回はかつてアッシュ担当曲の代名詞だった新堂敦士のパワーフォークシリーズ(AC12 いろは以降全削除)を意識したかのような曲調・歌い方になっている。
    • 余談だが元ネタとなった新堂氏自体は2016年からカプコンのcrossbeats REV. SUNRiSEで楽曲を提供している。
  • 曲名の@は「記号」として扱い、名前順では英字の後になる。曲名/ジャンル名カテゴリでも記号に属している。
    • ジャンル名ソートでは初の記号扱いとなり、「ジャンル」→「記号」カテゴリが出現するようになる。
    • 曲名ソート時の「曲名」→「記号」カテゴリでは「∞space / フューチャーフュージョン」→「@n H@ppy Choice / メロコアG」→「@you」→「αρχη / 幻想音樂」→「μ9 / スペースポップ」の順で並んでいる。
  • 曲名は「あっちゅ〜」と読む。
  • 担当キャラクター:Ash (アッシュ) [うさ猫新衣装]
    • 公式キャラ紹介:http://p.eagate.573.jp/game/popn/usaneko/p/musicchar/mcdetail/a_you.html#sec_chara
    • アッシュの新衣装&新アニメはAC13 カーニバル以来、実に11年ぶりの登場となる。
      • 今回の新絵柄の登場により、妖怪バンド「Deuil」のメンバー全員に新画風が揃ったことになる(ユーリ[LT]・スマイル[ec]・アッシュ[うさ])。
        うち、スマイルとアッシュはどちらもお願い公募採用による実現となった。
    • 頭にサンバイザーをつけ、稲妻柄のへそ出しタンクトップとダメージジーンズ姿。
      首にマフラー、腕にいつもの腕章、手首に2色の包帯を巻き、手にはドラムスティックを持っている
    • NEUTRAL:ドラムスティックを回しながら片足を踏み出す
    • GOOD:左手で斜め上を指差す
    • GREAT:何か喋った後に右手でビシッと正面にドラムスティックを構える
    • FEVER:満月に向かって遠吠えした後、ユーリとスマイルが登場する
    • MISS:一瞬ショックな表情をした後、煙に包まれ空中で狼形態に変化し直後に慌てながら人形態に戻る
    • WIN:コック姿になってユーリとスマイルに料理を提供する
    • FEVERWIN:敬礼をする。背後にユーリとスマイルが登場
    • LOSE:MISSアクションの後、狼形態のまま着地し首にサンバイザーとマフラーを掛けた状態で涙目になる
    • オジャマ:NEUTRALとGOODのループ
    • ダンス:NEUTRALとGOODのループ、背後には半透明の満月が出る
    • ちなみにアッシュのアニメにDeuilの他のメンバーが出るのは今回が初めて

朝までワンモアラブリー(onemore 90's lovery)

【男性ボーカル】【渋谷系】

  • 公式曲紹介・試聴:http://p.eagate.573.jp/game/popn/usaneko/p/musicchar/mcdetail/onemore.html
    • 楽曲紹介がウェブラジオ形式の「アイコノクラズムのBEMANIオールナイト!」になっている(およそ5年ぶりの復活)。
    • また、ラジオで答えきれなかった分が2017/03/01にwac本人のtwitterで補完されている(前置き:1/2/3/Q&A:1/2/3/4/5/6/7/8/おわり/おまけ)。
  • お願い公募【iconoclasmでまさかの渋谷系を作ってください。】を反映させた楽曲。
    • IIDX 18 Resort Anthem公式サイトに掲載された「第2回 iconoclasmのBEMANIオールナイト!」で、wacが「なんか渋谷系とかどうですか、iconoclasmで」とお願いと同じ内容の提案をしていた。その際の曲名案は「恋のミルクティー」だった。
    • また2016/8/27の出張BE生の質問コーナーにて、次作るときは「気楽なやつ、今までやったことのないようなやつを作りたい」という発言をしていた。
  • iconoclasm名義でのポップン単独書き下ろし曲はAC10の「アンセムトランス/Votum stellarum」以来、実に13年ぶりの事になる。
    • ポップン単独曲以外を含めると多機種同時収録の「Idola」以来で約2年半ぶりとなる。
    • また、カタカナでの「アイコノクラズム」名義での楽曲制作も今回が初。
    • (未確定)本作のデフォルト楽曲「good night , mommy」のアーティスト「South Carolina Duzzle」の正体がdj TAKAであると確定した場合、氏による初の一作2曲以上の楽曲提供となる。
  • 曲名の「朝までワンモアラブリー」の由来は、dj TAKAの楽曲「One More Lovely」(IIDX 10th)と、wacがKAC 2012で残した迷言「朝までワンモア」である可能性が高い。
    • ただし本曲では綴りが「lovery」になっている。意図的なものかは不明。後に「wacは激怒した。wacにはLとかRとかがわからぬ。」と語られている(wac Q&A)
  • メインボーカル担当はdj TAKA、コーラス担当はwacであることが上記「BEMANIオールナイト!」で明かされた。
  • [全譜面]歌が終わってかなり間が空いてから数ノーツ降ってくるので注意
  • 担当キャラクター:Reo★kun (レオくん) [うさ猫新画風(旧アニメ)]
    • ハリアイはうさ猫新画風だが、衣装・アクションは [20-1P] (ラウンドポップシュガーソングとビターステップ) と同一。2Pカラーは存在しない。
    • レオくんはdj nagureo(南雲玲生)がモデルのキャラクターだが、これまでの担当曲は全てnagureo本人が作編曲には一切関わっておらず、今回もそれを引き継いでいる*2

音のかけら

НУМЛ

【女性ボーカル】

  • 公式曲紹介・試聴:http://p.eagate.573.jp/game/popn/usaneko/p/musicchar/mcdetail/hymn.html
  • お願い公募【wacさんとPONさんのズッ友ソングが遊びたいです!!!】を反映した楽曲。
  • Zuttの正体は上記のお願い通りwacとPONによるユニット(Zutt→ズッ友)。
    • 両氏は私立BEMANI学園の「創世ノート」以降度々合作を行っているが、いずれも他者が関与した物になっており、単独合作では学園以来の事となる。
    • 今回の楽曲がwacとPONの合作となったことにより、BEMANI学園初出のユニットで再合作を行っていない単独の組み合わせはショッチョー&泉陸奥彦、TAG&U-1、Sota Fujimori&Des-ROW、TOMOSUKE&村井聖夜の4組となる。
  • ボーカリストの女性の正体は現在不明。楽曲紹介でも「ボーカルの子」とされて名前が明かされていないが、彼女がwacの依頼で作詞も(なんとなくそれっぽくで)担当し、後にwacと2人であまりにもなんとなくすぎたところを手直ししたとされている。
    • 歌詞の手直しの際、wacの思いつきでサビからコーラスゾーンへの突入に「エクラ」という言葉が充てられている。
  • 曲名の読みは「ヒム」。曲名はキリル文字だが、「НУМЛ」に字体がよく似た英語の「Hymn(ヒム)」には聖歌・讃美歌という意味がある。
    • ゲーム内では(「記号」や「ヒ」ではなく)英字の「HYMN」として扱われる。曲名順では「HYENA / ビッグビート」と「HypArcSin(x) / JAM」の間にある。
      過去作の「TЁЯRA(テラ)」や「RINИE(リンネ)」等と同様、キリル文字の本来の発音を無視してアルファベット風の読みで名付けられている*3
  • PONによれば「(前作)pop'n music éclaleとエクラを讃える歌であり、エクラルの最後の魂」「pop'n music éclaleとpop'n music うさぎと猫と少年の夢の架け橋となる歌」とされる。
    • 本曲の解禁用オーパーツの名称が「音のかけら」である上にその背景が「pop'n music éclale」のものである事、EX譜面のレベルが50を冠している事、担当キャラクターの名前が「エクラ」である事などからもそれが伺える。
    • KONAMIのアーケードゲーム事業が2016/11/01付けで「コナミアミューズメント」へ移行した事を受けてか、その直後に多くのBEMANIシリーズが新作へ移行となっており、éclaleもその煽りを受けてラスボス登場が間に合わないまま打ち切りになったのではないかという推測がある。
    • 同時期に「お願い公募」の残りの楽曲も次々と登場していることから、本作の稼働初期が前作の延長戦扱いとなっている可能性がある。
    • ただし楽曲・キャラクターの所属自体はéclaleではなく「うさ猫」カテゴリ扱いになっている。
  • 約2分半と曲が非常に長く、LONG曲を除くAC版収録曲の中では今作の「Help me, ERINNNNNN!! -VENUS mix-」に次ぐ歴代2位の長さになっている。
  • BPMは主に158と200で交互に入れ替わり、最後のみ190前後で微妙に変動する。
    • BPM推移:158-200-158-200- (最後のみ)192-185(一瞬)-190
  • [EX]AC版においては16譜面目の辛ゲージとなった。
    ニエンテ(1899)、L-an!ma(1827)、(もうしま(1819))、ムラクモ(1780)、エンジェリオン(1769)、スケールアウト(1756)、トイコンテンポラリー(1748)、НУМЛ(1745)、激走!!ヤング☆ダンプ!(1704)、カウボーイ(AC:1607/CS:1680)、恋歌疾風!かるたクイーンいろは(1589)、ハードルネッサンス(1584)、インボルク(1560)、ヒップロック3(1550)、コアロック(1546)、Triple Counter(1540)、スペースレクイエム(1539)
  • 担当キャラクター:Eclat (エクラ) [うさ猫新キャラクター]
    • 公式キャラ紹介:http://p.eagate.573.jp/game/popn/usaneko/p/musicchar/mcdetail/hymn.html#sec_chara
    • 前作『pop'n music éclale』をテーマにしたキャラクター。ただしキャラクターの所属自体はéclaleではなく「うさ猫」カテゴリ扱いになっている。
    • ふわふわ浮かんでいる神秘的な女性。手足に相当する部分に実体が無く衣装しか見えなくなっている。
    • 「pop'n music éclale」のタイトルデザインを模した物がキャラクターにもデザインされている事から、ほるん[ec]の関係者の可能性がある。
    • 2Pカラーはエクラルの途中で変化したシステムデザインのカラーを意識している。
    • 誕生日が「音が生まれた日」になっているが実際のお祝い日は1月6日。お祝い期間は13日までとなる。
      • おそらく「1(ひ)6(む)」で語呂合わせになっていると思われる。
    • NEUTRAL:目を閉じたままふわふわと浮かんでいる
    • GOOD:目を開けて1回転する
    • GREAT:目を開けて星を振りまきながら2回転する
    • FEVER:右袖を掲げてポーズを取り、周囲で星図が回転する
    • MISS:周囲が暗くなり、両袖で顔を覆う
    • WIN:バルーンに乗ってホルンを吹く。背景には花・星・音符・蝶などéclaleの汎用背景に登場したオブジェクトが舞う
    • FEVERWIN:GREATアクションの繰り返し
    • LOSE:画面に直線的な斜めの亀裂が何度も入り、ガラスのように割れてそのまま消え去る
    • オジャマ:GREATのように回転し続けているがエフェクトはない
    • ダンス:FEVERと同じ

2017/01/26配信

パステルスタチュー

Arcanos

【インスト】
[ロングポップ君搭載曲]

  • REFLEC BEAT colette -All Seasons-からの移植曲。
    • All Seasonsバージョン初出楽曲が他機種に移植されるのは今回が初で、同様にPASTEL WONDER TRAVELER出身の曲が他機種に移植されるのも今回が初。
  • アーティストのDJ TotoriottはDJ TOTTOの別名義。
    • 本名義の楽曲は既にpop'nではgroovin'!!初出でラピストリアにて移植された「Chronoxia」が登場している。
      その他、pop'n未収録の同名義の楽曲は「スミスのきまぐれジェントル」でjubeat prop及びSOUND VOLTEX IIIに同時収録された「Chloé」が存在する。
  • 「Arcanos(アルカノス)」はスペイン語で「アルカナ(タロットカードの分類)」のこと。
  • 当時の出現条件がパズルコメントにおいて「今から/リフレク/の/曲/解禁/します/よー」というコメントを送信するというものだったため、これを受けて本作でのナビ旅の絵日記の画像や文章もそれを意識した内容(ナビくんとキコロがこの文章を書いている場面)となっている。
    • パズルコメントは悠久のリフレシアで復活しているため、現在も同じコメントを(特に効果は無いが)送信することが可能。
  • 移植元のREFLEC BEATでは悠久のリフレシア稼働時に削除されていたが、pop'n移植の1週間前である2017/01/19に復活済み。
    • 一方、本曲配信時点でリフレシア側のChronoxiaは削除されているため、現時点では本機種のみがDJ Totoriott名義楽曲を2曲収録した機種となっている。
  • リフレシアのリメイク譜面では表記BPM96のままソフランがあるが、本機種ではBPM96固定となっている。
  • 担当キャラ:Kicoro (キコロ) [18-1P] (マンドリンステップ) [ジャケット表示]
    • 選曲画面のジャケットはREFLEC BEATと同じもの。バナーもジャケットを元にしており、実際の担当キャラのキコロは描かれていない。

リリーゼと炎龍レーヴァテイン

【インスト】
[ロングポップ君搭載曲]

  • REFLEC BEAT colette -Summer-からの移植曲。既にbeatmania IIDX 22 PENDUAL、BeatStream アニムトライヴにも移植されている(後者2機種は専用ムービー付き)。
  • IIDXでのジャンル名は「OLDSTYLE GAMEMUSIC」
  • 作曲の黒猫ダンジョンの正体はTOMOSUKE。
    • 今回の収録で同名義の楽曲が全てpop'nに収録された事になる。
  • 移植元のREFLEC BEATでは悠久のリフレシア稼働時に削除されていたが、pop'n移植の1週間前である2017/01/19に復活済み。
    • 一方、本楽曲配信時点でリフレシア側の量子の海のリントヴルムと龍と少女とデコヒーレンスは削除されている為、現時点では本機種とIIDXが黒猫ダンジョン名義の楽曲を全曲収録した機種になっている。
      2017/02/02にリフレシア側で量子の海のリントヴルムが復活。
  • 担当キャラ:Maud (モード) [SP] (エピックプログレ龍と少女とデコヒーレンス) [ジャケット表示]
    • 選曲画面のジャケットは他機種と同じもの。バナーもジャケットを元にしており、実際の担当キャラのモードは描かれていない。
    • pop'nでは他の黒猫ダンジョン名義楽曲と同じくモードが担当しているが、本来はモードのライバルにあたるジャケットやバナーに描かれた赤髪の少女リリーゼ(Lilieze)の楽曲である。
      • リリーゼとレーヴァテインはナビ旅の絵日記の方では「赤いかみの女の子と大きなりゅう」としてシルエットという形で出演している。
      • 余談だが、「ひなビタ♪」に登場する双子ユニット「ここなつ」の東雲心菜と東雲夏陽(pop'nではラピストリアから登場)は、それぞれモードとリリーゼがモチーフになっている。

星屑ブレスレット

【インスト】

  • 公式曲紹介・試聴:http://p.eagate.573.jp/game/popn/usaneko/p/musicchar/mcdetail/pastelkun.html
  • お願い公募【パステルくんを使えるようになってほしい】を反映させた楽曲。
    • 他機種からのゲストであるパステルくんの担当曲ではあるが、pop'n初出の書き下ろし楽曲となっている。
  • Qrispy Joyboxがpop'nに楽曲を提供するのはラピストリアの「ice crystals」以来2作ぶり。
  • 曲名に同じく氏が手掛けた悠久のリフレシア収録曲「勇気のペンダント」同様に装飾品の名前を冠している事や同曲のジャケットにパステルくんが登場している点から、シリーズ作に当たると思われる。
  • 担当キャラ:パステルくん [うさ猫新キャラクター(ゲスト)]
    • 公式キャラ紹介:http://p.eagate.573.jp/game/popn/usaneko/p/musicchar/mcdetail/pastelkun.html#sec_chara
    • REFLEC BEATシリーズのマスコットキャラクター。ネズミの時計職人。
      • 初登場は初代REFLEC BEATの「カラフルミニッツ」のジャケットキャラクターで、limelight以降は同作のマスコットとしてゲーム内の至る所に登場するようになった。
        以降も同作ではQrispy Joybox楽曲のジャケットイラストに多く登場している。
      • 今作ではデザインを手掛けたtef * tef氏自身がキャラクターアニメも担当している。
      • 今作で新たに判明した誕生日の「11月4日」は初代REFLEC BEAT(2010年)の稼働日である。
      • pop'nでは単独のキャラクターとして登場する以前にも、AC20「トゥインクルポップ / Twinkle Wonderland」のさなえ♥ちゃんのハリアイイラストや、ACSP「スノーウィーコア/smow prism」やACLT「illumina」「ice crystals」の氷海のキャラアクションにサブキャラとして登場していた。
      • キャラクターセレクトの「BEMANI」カテゴリにも収録されている。
    • 今作では先が☆型の杖を右手に持っており、体に赤・緑・黄の3色の風船を付けている。
    • 2Pカラーは無し。キャラポップ上段はピンクパステルくんで、下段のパステルくんより一回り小さい。
    • NEUTRAL:杖を持ちながら風船で浮かんでいる
    • GOOD:一瞬空中で着地し、元の位置に戻る。
    • GREAT:一瞬空中で着地するようなポーズの後に一回転。
      なお、この曲の汎用背景(ハート)は初期状態では台座があり、そこにぴったり着地するように合わせられている(ただしGOODゾーン突入で台座が消える)。
    • FEVER・オジャマ・ダンス:杖を振りかざしながら一回転しシャボン玉が飛び出す
      ダンスは画面中央で同じアクションを繰り返すが、風船が大きいため中央3ボタンの上部をほぼ隠してしまうので注意
    • MISS:下を黄色い鳥が通り慌てる
    • WIN:シャボン玉に包まれてふわふわ浮かぶ。背景もついている。
    • FEVERWIN:WINと同様だが、後ろに同じくシャボン玉に包まれたピンクパステルくんと黒パステルくんが登場。WINと違い背景はない
    • LOSE:黄色い鳥が風船を全て破ってパステルくんが地面に落ち、さらに落下した杖が頭上にヒットしてへたり込む

まぼろしの船

SailRen

【女性ボーカル】
[ロングポップ君搭載曲]

  • 公式曲紹介・試聴:http://p.eagate.573.jp/game/popn/usaneko/p/musicchar/mcdetail/sailren.html
  • 曲名の読みは「セイレーン」(BE生(仮)165回より)
    • ギリシア神話の海の怪物「セイレーン」と同名だがそちらの綴りは「Seiren(英語ではSiren)」であり、本曲では「Sail(英語で帆)」と掛けているものと思われる。
  • m@sumiが本人名義でpop'nに楽曲を提供するのはラピストリアの「時空学者とブルーメン」「蒼き弓箭」「Who done it?!」以来2作ぶり。
    • 前作éclaleでの「ジオメトリックティ−パーティー」は別名義(The Chattering Hatter)での楽曲提供だった。
  • メインBPMは194、ラストの数小節のみ一旦204に上がった後徐々に減速する。
    • BPM推移:194-204-200-196
  • 担当キャラ:Sail (セイル) [うさ猫新キャラクター]
    • 公式キャラ紹介:http://p.eagate.573.jp/game/popn/usaneko/p/musicchar/mcdetail/sailren.html#sec_chara
    • 背中に潜水艇のような搭乗ポッドが付いている海竜。ヒレのような翼が機械風になっている。
      • ナビ旅の絵日記ではナビくんやミミニャミと比べ非常に大きな姿で描かれている。
    • 公式紹介ではデザイン担当のとっきー氏から「セイルちゃん」と呼ばれており、性別は女の子と思われる。
    • NEUTRAL:斜め左上に向かってヒレを漕いで泳ぐ
    • GOOD:縦軸で一回転。
    • GREAT:動作はGOODと同じだが、上から水面の光が差し込み周りを魚が泳いでいる。
    • FEVER・ダンス:背景に魚が泳いでいる海中をゆったりと泳ぐ。ポッドの中にはミミニャミとナビくんが乗っており透けて見える。手前にはソナーが登場。
      ダンスでは海が透けており、中央に陣取ったままほとんど動かない
    • MISS:飛んできた海藻にぶつかって目を回し、首を振って振りほどく
    • WIN:海面に浮かびながら船に乗ったキャプテン・ジョリーと見つめ合う
    • FEVERWIN:WINアニメにアイリーンとぺるりさん(の頭)が加わる。
    • LOSE:背中を向けて海面を進んで寂しげに去っていく
    • オジャマ:GOODループ

2017/03/02配信

せんごく絵巻

旗(Mystic Mix)

【女性ボーカル】

  • 公式曲紹介・試聴:http://p.eagate.573.jp/game/popn/usaneko/p/musicchar/mcdetail/hata.html
  • AC18「オリエンタルフォークロア / 旗」のREMIX。
    • pop'nでAkino曲がリミックスされるのは16 PARTY♪の「エレゴスREMIX/the keel (Nu-Style Gabba mix)」以来9年ぶり2度目。
  • Mystic MoonはPONの別名義(BEMANI生放送 第146回で確定)。
    • 同名義でのpop'n参加は19 TUNE STREETの「アニマルミニマル/The Zoo Zone」以来5年ぶりで、かつ同名義の楽曲が収録されるのもSunnyParkの「エレクトロバロック/Amalgamation」(DanceDanceRevolution X2からの移植曲)以来となる。
    • ちなみに同日に追加された「防人想歌」のonokenとはpop'n初登場時に正体を隠して提供していた共通点がある。
  • 担当キャラ:KAGAMI (カガミ) [うさ猫旧画風(旧アニメ改)]
    • アニメは [18-1P] (オリエンタルフォークロア/海神) がベースだが、FEVERアニメがMZDも登場するものに差し替えられている。
      • バナーやハリアイイラストにもMZDと影が一緒に描かれている。絵柄はポップンワールド旧画風。
        イラスト自体は従来のREMIXと同様の形式だが、今作ではMZDがサブキャラに回っている。
      • 同様に微改変アニメを持つ今作のあいとは違い、こちらのバージョンもうさ猫カテゴリからプレイヤーキャラクターとして使用できる。2Pカラーはない。
        キャラクター自体はカガミの別バージョン扱い(MZDのハートは溜まらない)。
    • ゲーム内でポップンワールド旧画風のハリアイイラストが楽曲用に新規描き下ろされたのはラピストリアの「FRAGMENTS 〜ふたつの記憶〜」のかごめ以来となる。
    • ハリアイイラストのMZDはベージュ色の帽子・灰色と白のシャツ・深緑色の短パンを着用。後ろの影はMZDと書かれた旗を持っている。
    • FEVER:カガミの後ろにMZDと影が登場。イラストは全員ハリアイのものと同じ。

防人想歌

【女性ボーカル】

  • 公式曲紹介・試聴:http://p.eagate.573.jp/game/popn/usaneko/p/musicchar/mcdetail/sakimori.html
  • AC18「万葉歌 / 防人恋歌」の続編曲。
    • 当時は謎の新人アーティスト「Ax」名義だったが、今回は既に正体を明かしているため「onoken」名義で登場している。
  • 夏川陽子の楽曲がpop'nに収録されるのはラピストリアの「歌劇 月夜のアラビア」以来となる。
    • また、同アーティストの組み合わせの楽曲がpop'nに収録されるのも20 fantasiaの「ヴァルキリーブレイクス/Celsus」(felys feat.夏川陽子)以来5年ぶり。
  • 作詞は彩羅が担当。前作防人恋歌から7年を経た正統続編とのこと。(onokenによるTwitter告知)
  • 担当キャラクター:KUNIOSHI (クニオシ) [うさ猫新画風(旧アニメ)]
    • ハリアイはうさ猫新画風だが、衣装・アクションは [18-1P] (万葉歌) と同一。2Pカラーはない。

人妖絵巻其の二「鬼」〜夜叉の祭は終夜〜

【男性ボーカル】

  • 公式曲紹介・試聴:http://p.eagate.573.jp/game/popn/usaneko/p/musicchar/mcdetail/oni.html
  • 今作デフォ曲「人妖絵巻其の一「狐」〜 紅楼ノ夢 〜」の続編曲。
    • 「〜 紅楼ノ夢 〜」とは違い、曲名の〜と〜の間にスペースが空いていない。
    • ソート順では「一」→「二」の順で並ぶ。
  • INVICTAはコンが主宰する主にボーカロイド楽曲や小説を手掛けている同人ユニット。(公式HP)
    • BEMANIではメンバーのUNEと大神アキラが過去にBeatStream収録楽曲「爆なな☆てすとロイヤー」及び「激アツ☆マジヤバ☆チアガール」のムービー及びジャケット制作担当として参加していた。
    • 「其の一「狐」」の群青キネマとは過去に共同で刀剣乱舞のアレンジ楽曲を手掛けており、今回はそれの縁での採用と思われる。
  • ボーカルを担当している「厚志」はロックバンド「石鹸屋」の元メンバーで現在はソロユニットのインフェクテッドとして活動中のボーカリスト。
    • なお、厚志在籍時代の石鹸屋の楽曲は「ッてゐ!」等の東方アレンジを中心として多くの音楽ゲームに収録されている。
  • 担当キャラ:酒呑雷牙 [うさ猫新キャラクター]
    • 公式キャラ紹介:http://p.eagate.573.jp/game/popn/usaneko/p/musicchar/mcdetail/oni.html#sec_chara
    • 鬼の青年。名前の読みはおそらく「しゅてんらいが」で、酒呑童子から採られていると思われる。
    • 玉藻銀丸の仲間の一人であり、楽曲登場に先駆けて「其の一「狐」」の担当キャラクターの玉藻銀丸のFEVERアニメに登場していた。
    • NEUTRAL:子分(?)の鬼と共に雲の上にかっこよく座っている。
    • GOOD:ゆっくりと一回転する。
    • GREAT:素早く一回転した後、豪快に太鼓を叩く。
    • FEVER:玉藻銀丸、天狗と共に登場。
    • MISS:天狗の武器で仰がれて転び、下に落ちかける。
    • WIN:子分(?)の鬼(仮)と一緒に寝ている。
    • FEVERWIN:WINと同じだが、夢が追加されている。
    • LOSE:MISSアクション後下に落ち、森で目を回して気絶。
    • オジャマ・ダンス:GREAT後半の繰り返し

2017/03/14配信

おかしの城

ランデブー・ピュア

【男性ボーカル】

  • 公式曲紹介・試聴:http://p.eagate.573.jp/game/popn/usaneko/p/musicchar/mcdetail/rendezvous.html
  • 肥塚良彦がpop'nに楽曲を提供するのはSunnyParkの「シーソーファンタジー/She saw a miracle」(OJ ENSEMBLE名義)以来5年ぶりで、かつ氏の楽曲がpop'nに収録されるのもラピストリアにて行われた連動イベント「発見!よみがえったBEMANI遺跡」の「御千手メディテーション」(L.E.D.、PON、超あさちゃん、RoughSketch、Qrispy Joyboxとの合作)以来となる。
    • また、氏によるボーカル曲がpop'nに収録されるのも18 せんごく列伝の「J-ハウスポップ2/心のコラージュ」(つよし名義、DJ YOSHITAKAとの合作)以来、実に約8年ぶりとなる。
      ちなみに氏は直近ではGITADORA Tri-Boostの「ブランコ」で作詞作曲及びボーカルを担当している。
  • 担当キャラ:OJ TSUYOSHI (OJ つよし) [うさ猫新衣装]
    • 公式キャラ紹介:http://p.eagate.573.jp/game/popn/usaneko/p/musicchar/mcdetail/rendezvous.html#sec_chara
    • OJ単独での楽曲担当は今回で2度目になる。
    • OJつよしの過去の担当楽曲は全てキャラクターのモデルの肥塚良彦がボーカルという形で関わっているが、今回も例によって氏のボーカル曲を担当する形になった。
    • NEUTRAL:薔薇を手に持ちながら歩いてる
    • GOOD:持っていた薔薇に口付けし、投げ捨てる。
    • GREAT:一回転して決めポーズ
    • FEVER:両手を挙げながら片足で回っている。薔薇とハートが周りから出てくる
    • MISS:どんよりした表情をしながらしゃがむ
    • WIN:2回転した後、箱に入っていた指輪を見せる。薔薇とハートが周りから出てくる
    • FEVERWIN:ケーキを作り上げ、自慢そうに見せる。(ケーキの上のプレートには、For Youと書かれている。)
    • LOSE:どんよりした表情で周囲が暗くなってしゃがみながら薔薇の花びらをちぎっている
    • オジャマ・ダンス:FEVERアクションとほぼ同じ

2017/04/06配信

命の糸

  • 3曲とも担当キャラクターがニットで、19 TUNE STREETでの連動イベント「APPEND FESTIVAL」の際にjubeat knitと同時登場した楽曲「キルト」に関連する楽曲となっている。
    • 事前告知ではシルエットが事前公開され「今回はあのキャラクターにフォーカスしてリミックスや新曲が登場」とされていた。
    • なおニットは直前の2017年3月分のキャラランキングで最終結果3位となっており(1位はミミ、2位はサイレントルーム)、関連している可能性がある。
  • ニットは各曲毎に新絵柄旧衣装・旧絵柄REMIX仕様・新衣装とそれぞれ異なる3種類になっている。

モヘア

【女性ボーカル】
[ロングポップ君搭載曲]

  • 公式曲紹介・試聴:http://p.eagate.573.jp/game/popn/usaneko/p/musicchar/mcdetail/mohair.html
  • 上記告知通りAC19「キルト」の関連曲と思われ、曲名からアンサーソングと推測される。
  • 藤野マナミがpop'nに登場するのは20 fantasiaの「センチ/ミンティ」(当時は「ふじのマナミ」名義)以来5年ぶりとなる。
    • 加えて、村井聖夜とのタッグおよび苗字が漢字の「藤野マナミ」名義でのBEMANI参加も今回が初。
  • 「モヘア(mohair、モヘヤとも)」とはアンゴラヤギから採取した羊毛、およびその羊毛で織った生地・織物のこと。(参考:Wikipedia)
  • 担当キャラ:knit (ニット) [うさ猫旧画風(旧アニメ)]
    • ハリアイはうさ猫新画風だが、衣装・アクションは [19-1P] (キルト) と同一。2Pカラーはない。

キルト(Patchworker RMX)

【女性ボーカル】
[ロングポップ君搭載曲]

  • 公式曲紹介・試聴:http://p.eagate.573.jp/game/popn/usaneko/p/musicchar/mcdetail/quilt.html
  • AC19「キルト」のREMIX。
  • リミキサーの「Patchworker's System」は、公式紹介では「はじめまして、Patchworker's Systemです。」と新人のように振る舞っているが、自己紹介では「UK生まれのUK育ち(妄想)」など怪しい部分も見られる。
    • 本当に新人なのか、あるいは誰かの別名義で正体を隠しているのかは現在は不明だが、曲調がDJ Norikenの「transparent」と酷似している点、公式紹介での振る舞いが氏のIIDXでの曲紹介コメントを彷彿とさせている点、UKハードコアについて触れている事から、アーティストの正体はDJ Norikenの別名義の可能性がある。
    • ちなみに、過去のポップンでは今回の件と似た事例として、SunnyParkの「アンビション ポプコネ/existence(エレクトロポップン!MIX)」のリミキサーの「CapsColte」の正体としてDJ Genkiが挙げられているが、氏はDJ Norikenが主宰する「sketchup records」に所属している事から、関連している可能性がある。
  • 担当キャラ:knit (ニット) [うさ猫旧画風(旧アニメ改)]
  • アニメはモヘアと同じく [19-1P] (キルト) がベースだが、こちらはFEVERアニメがMZDも登場するものに差し替えられている。2Pカラーは無い。
    • バナーやハリアイイラストにもMZDと影が一緒に描かれている。絵柄はポップンワールド旧画風。
      イラスト自体は従来のREMIXと同様の形式だが、今作ではMZDがサブキャラに回っている。
  • ハリアイイラストは枕を抱えたニットと、シャツの糸が綻んだMZDと毛糸の束を抱えた影。MZDの衣装や配色は「旗(Mystic Mix)」と同じ。
  • FEVER:枕を抱えたニット(19ver.とは違いリミver.ハリアイと同じイラスト)の後ろにMZDと影が登場。イラストは全員ハリアイのものと同じ。

魂依

【男性ボーカル】

  • 公式曲紹介・試聴:http://p.eagate.573.jp/game/popn/usaneko/p/musicchar/mcdetail/tamayori.html
  • 上記告知通り「モヘア」同様にAC19「キルト」の関連曲と思われる。
    • アーティストのAkhutaは今回のオーパーツの関連曲である「キルト」の連動先であったjubeatの現行SDを務めており、本曲は同機種と関連しての作曲の可能性が高い。
  • ニットの担当曲では初の男性ボーカル曲となっている(Akhuta本人が歌っている)。
    • 同時にpop'nでAkhuta歌唱曲を女性キャラクターが担当するのも初。
  • 曲名の読みは「たまより」(曲紹介のURLで確定)。
    • 曲名順では「たまゆら」と「探険ノート」の間、ジャンル名では「たまごの〜」と「タワシーポップ」の間。
    • 日本神話に「タマヨリビメ」(玉依姫尊)という巫女が居り、この「タマヨリ」という神名は「霊(たま)の憑(よ)りつく巫女」「神霊の依り代」を意味するため、由来になっているものと思われる。
      神話では綿津見大神(海神)の娘である。余談だがpop'nで海神を担当しているカガミは今作でニット同様に初出時の持ち曲のREMIXで再登場している。
  • 担当キャラ:knit (ニット) [うさ猫新衣装]
    • 公式キャラ紹介:http://p.eagate.573.jp/game/popn/usaneko/p/musicchar/mcdetail/tamayori.html#sec_chara
    • 新規衣装で、同オーパーツの他2曲とは違いアニメも描き下ろしになっている。
      • 2Pカラーは黒い衣装(衣装自体は違うがカラーリングは[19-3P](トランスコア(FLOWER))のものに近い)。
      • 本曲解禁後のキャラセレクトでの3種類のニットの順番は「魂依(1P・2P)」→「キルトREMIX」→「モヘア」(→19ver.の1〜3P)となっている。
        (つまり後に解禁したニットの方が先頭に来る)
    • NEUTRAL:ブランケットに身を包んでゆれている。
    • GOOD:ジャンプして宙に浮く。
    • GREAT:ジャンプして一回転する。
    • FEVER:空中に座って編み物をしていると、毛糸が上に飛んでうさぎとバクの形を作る。
    • MISS:服の中の編み物がほどけて戸惑う様子を見せた後、顔の下半分を覆う。
    • WIN・FEVERWIN(共通):ハートの形の糸が体を囲んでにっこり。
    • LOSE:頭の飾りの花の糸がほどけるのを見て、上を見上げる。
    • オジャマ:GREAT後半ループ
    • ダンス:GREATアクションの後半が大きく左右に移動

2017/04/27配信

飛空艇グレン号

Spiral Clouds

【インスト】
[ロングポップ君搭載曲]

  • 担当キャラ:GLEN (グレン) [うさ猫新キャラクター]
    • 公式キャラ紹介:http://p.eagate.573.jp/game/popn/usaneko/p/musicchar/mcdetail/spiral.html#sec_chara
    • ライトの関連キャラと思われ、アクションの一部にライトも登場する。
    • NEUTRAL:飛行船の内部に立っている。
    • GOOD:望遠鏡で前を見る。
    • GREAT・オジャマ:望遠鏡でクジラを探している様子
    • FEVER:飛行船で飛び去っていく
    • MISS:雨に打たれる
    • WIN:飛行船と共に、虹と空飛ぶクジラが風景に映る。
    • FEVERWIN:ライトが登場。その後ズームアウト。その後WINと同じ風景が映る。
    • LOSE:墜落してしまい、夕日の中パラシュートで落下している。
    • ダンス:飛行船と空飛ぶクジラがずっと表示されている。

2017/06/01配信

ひなビタ♪音楽集

  • いずれもメディアミックス企画「ひなビタ♪」からの楽曲。
    • 全て「イベント・公募」→「ひなビタ♪」カテゴリにも含まれる。
    • シーズン5で登場した「日向美ビタースイーツ♪」名義の楽曲がjubeat以外の機種に収録されるのは今回が初。
  • 前作までのひなビタ♪楽曲とは違い、楽曲バナー上のイラストはポップン風ではなくジャケットイラストからの切り出しとなっている。
    • ただしジャケットそのものは今回も使用されておらず、前作までと同様に旧ハリアイの使い回しとなっている。
  • 前作までと同様キー音は無し。

今夜はパジャマパーティ

【女性ボーカル】
[ロングポップ君搭載曲]

  • メディアミックス企画「ひなビタ♪」シーズン5からの出典。
  • ひなビタ♪放送局第19回 (2016/12/29放送)
  • ボーカルは山形まり花(CV:日高里菜)、春日咲子(CV:山口愛)、和泉一舞(CV:津田美波)。
    • シーズン5になってから未だこの曲の登場時点で霜月凛(CV:水原薫)のみ不参加である。
      なお、2017/03/15に発売されたアルバム「Home Sweet Home」には凛ソロ曲として「雨雫に咲く花」が収録されているが(2017/03末現在どの機種でも未収録)、この曲は03/01のひなビタ♪放送局第20回でサプライズとして登場し、曲名が出てきたのも03/09の公式Facebookが最初。
    • 公式Facebook連載のストーリーでは2016/11末頃から凛の突然の脱退宣言を皮切りにメンバー間が険悪になっていた。
      まり花・一舞・咲子の3人の間では12月中旬の時点で和解しているが、咲子がこのことをめうに話したところ「めう、サンタさんにお願いしためう♪ さききとまりりといぶぶの歌が欲しいって。さぁ、仲直りの証拠を見せるめうっ!」と煽られており、クリスマスには間に合わなかったものの本曲がその立場となっている。
      残る凜は年末に父とともに倉野川を離れていたが、その後まり花に説得され凜だけが倉野川に戻ってくるという展開になり(22日夜の時点では凜だけが戻っていないという内容になっているが、24日夜時点でめうの「きゅうべえのきゅべべ」に「Cubaseよ…きゅーべーすっ!」とツッコミを入れているのが確認されている。その後、2017/01/29時点で「咲子の誕生日はみんなで祝える」となっており、2/4までには帰ってくることになっていた)、2017/02/03の更新で凜が帰ってきている。
  • 実際の作詞作曲はササキトモコ。オーダーの時点では上記事件のことは知らされておらず、単に「人と人が出会った奇跡」についての曲とだけ告げられていた模様。(ブログ告知)
  • 担当キャラ:山形まり花 [SP] (スイーツポップ他) / 春日咲子 [SP] (グラティテュード他)
    • 通常はライバルキャラが山形まり花だが、プレイヤー側がまり花の時に限り、相手側が春日咲子になる。
      • ボーカルとしては和泉一舞も参加しているが担当キャラクターにはなっていない。
    • 楽曲バナーには左から咲子、まり花、一舞が描かれている。イラストはジャケットの流用。

じもとっこスイーツ♪

【女性ボーカル】

  • メディアミックス企画「ひなビタ♪」シーズン5からの出典。
  • ひなビタ♪放送局第17回 (2016/07/19放送)
    • ラジオはシーズン3以来およそ1年4ヶ月ぶりの再開となった。また、ここなつメンバーがひなビタ♪放送局に登場するのも初。
    • ラジオの再開と共にTOMOSUKEにより「シーズン5」のスタートが明言されている(Twitter告知)
  • ボーカルは山形まり花(CV:日高里菜)、芽兎めう(CV:五十嵐裕美)、東雲心菜(CV:小澤亜李)。3人体制での楽曲はシリーズ初。
    • ただしpop'nでは解禁順の関係上、本来はその後にリリースされた「今夜はパジャマパーティ」の方が先に出現となる。
  • まり花たちの住む倉野川にスイーツショップ「チョコ・ホララ」が誕生することになり、チョコ・ホララのファンクラブ会員になったまり花・心菜・めうの3人がチョコ・ホララへの思いを歌に託した曲。
    • そのため、名義に「ホララ・ホリック」と入っている。
  • 実際の作詞・作曲はササキトモコが担当(ブログ告知)
  • 担当キャラ:山形まり花 [SP] (スイーツポップ他) / 芽兎めう [SP] (萌えおこし電波ソング他)
    • 通常はライバルキャラが山形まり花だが、プレイヤー側がまり花の時に限り、相手側が芽兎めうになる。
      • ボーカルとしては東雲心菜も参加しているが担当キャラクターにはなっていない。
    • 楽曲バナーには左からめう、まり花、心菜が描かれている。イラストはジャケットの流用。

ロンロンへ ライライライ!

【女性ボーカル】
[ロングポップ君搭載曲]

  • メディアミックス企画「ひなビタ♪」シーズン4からの出典。
  • ここなつ放送局第1回 (2015/12/06放送)
  • ボーカルは「ここなつ」の東雲夏陽(CV:日南結里)と東雲心菜(CV:小澤亜李)。
    • 「日向美ビタースイーツ♪」絡みではないここなつ楽曲がpop'nに収録されるのは本曲が初となる。
  • シーズン4でのここなつの2人がアルバイトをしている中華料理屋『ロンロン』とのタイアップCMソングという設定。
  • 実際の作詞・作曲はヒゲドライバーが担当。
  • 担当キャラ:東雲夏陽 [LT] (ツーマンライブ他) / 東雲心菜 [LT] (キモチコネクト)
    • 通常はライバルキャラが東雲夏陽だが、プレイヤー側が夏陽の時に限り、相手側が東雲心菜になる。
      • 夏陽と心菜は属性が異なるため、通常は桃属性=ハート背景だが、夏陽を使用した心菜担当時は青属性=工場背景に変わる。
    • 楽曲バナーには左から心菜、夏陽が描かれている。イラストはジャケットの流用。

そこはかとなくロマンセ

【女性ボーカル】

  • メディアミックス企画「ひなビタ♪」シーズン5からの出典。
  • ひなビタ♪放送局第18回 (2016/10/13放送)
  • ボーカルは和泉一舞(CV:津田美波)、春日咲子(CV:山口愛)、東雲夏陽(CV:日南結里)。
    • 今回はここなつの東雲夏陽が参加しているが、名義は「日向美ビタースイーツ♪」のみとなっている。
  • 実際の作曲は藤田淳平(Elements Garden)。藤田氏及びElements Garden出身アーティストがBEMANIシリーズの楽曲に関わるのは「乙女繚乱 舞い咲き誇れ」以来2年ぶりとなる。
  • 担当キャラ:和泉一舞 [SP] (ハイテンションギャルロック他) / 春日咲子 [SP] (グラティテュード他)
    • 通常はライバルキャラが和泉一舞だが、プレイヤー側が一舞の時に限り、相手側が春日咲子になる。
      • ボーカルとしては東雲夏陽も参加しているが担当キャラクターにはなっていない。
    • 楽曲バナーには左から咲子、一舞、夏陽が描かれている。イラストはジャケットの流用。

2017/06/29配信

未来のゼンマイ

未完成ノ蒸氣驅動乙女

【インスト】

  • 公式曲紹介・試聴:http://p.eagate.573.jp/game/popn/usaneko/p/musicchar/mcdetail/mikan.html
  • お願い公募【U1 overgroundのバキバキのREMIXが聞きたい】を反映させた楽曲。
    • ただし「REMIXの予定がなんとご厚意で新曲となって登場」となった。
    • 同時に前作éclaleから続いていた「お願い公募」の最終採用発表でもある。
    • U1単独でpop'nに書き下ろし楽曲を提供したり*4、U1 overground名義の楽曲がpop'nに収録される事は今回が初。
  • 曲名は通常なら「蒸気駆動」と書くところで旧字体が使用されている。バナーでは「蒸氣」の部分だけが縦書きされている。
  • 担当キャラクター:TRINITY (トリニティ) [うさ猫新画風(旧アニメ)]

2017/07/20配信

混沌の牙

  • 今回のオーパーツの楽曲は全て他機種からの移植曲になっている。
  • 告知では「各機種からの名曲・難曲がポップンに登場!」と銘打たれている。

Funky sonic World

【男性ボーカル】

  • GUITARFREAKS 10thMIX & drummania 9thMIXからの移植曲。XGシリーズ以降も継続収録。
    • 既にREFLEC BEAT groovin'!! Upperにも移植済(ただし悠久のリフレシアでは現在未復活)。
    • pop'nでは原曲よりも先に、既にAC11にてこの曲のリミックス版にあたる「UKヒットチャート/MY GIFTS」が収録済みで、実に13年ぶりの原曲収録になった。
  • ボーカルのSHIGEは当時ロックバンド「CHOKE SLEEPER」のメンバーだったが、一身上の都合により2009年に脱退済で、バンドの方も2011年をもって活動停止している。
  • 2004年発売のDes-ROW 1stアルバム「D.」にロング版「Funky sonic WorlD+」が収録されている。歌詞2番以降はDes-ROW自らの歌唱となっている。
  • BPMは400。ソフラン無しの曲としてはCSBHの「スクリーン/GALAXY FOREST 11.6&12」(BPM379)の記録を塗り替えてポップン歴代1位となった。
  • 担当キャラ:DTO [LT-1P] (徹頭徹尾Thrive at Perfect Fourth)
    • 選曲画面のジャケットはギタドラ・Rbと同じもの
      • 旧ギタドラでは専用ムービーが存在したが、現在は使用されていない。ジャケットのイラストはこの専用ムービーが由来。
      • バナーもこのジャケットを元に宇宙空間が描かれている。DTOやムービーの青年等のキャラクターは描かれていない。

蟲の棲む処

【女性ボーカル】

  • BeatStream アニムトライヴからの移植曲。
    • 既にjubeat Qubellにも移植されている。
    • なお、BS側ではデフォルトだが2017/09/01をもってサービス終了予定となっている。jubeat側では通常解禁されておらず、clanではjubeat SHOP(ランダムで選出)か既解禁者からの伝導で解禁可能。
  • BS公式ムービー紹介:http://p.eagate.573.jp/game/beatstream/animtribe/p/music/movie/mushi.html
  • 曲名は「むしのすむところ」と読む。
  • SOUND HOLICメンバーであるNana Takahashiによるボーカル曲がpop'nに収録されるのは今回が初。
    • ボーカル以外を担当した楽曲では、作詞を担当した「TOXIC VIBRATION」がラピストリアにて収録済み。
  • 担当キャラ:Roki (ロキ) [13-1P] (エレゴシックサバト)
    • pop'nでのBS初出曲としては初めてBisCo以外が担当することになった。
      • また、ロキがAkinoボーカル以外の曲を担当するのも今回が初となる。
      • このバージョンのロキは足下に蜘蛛を従えており、歌詞に合わせての選出と思われる。
    • 選曲画面のジャケットはBS・jbと同じもの。バナーをこれを元にしており、女性の顔がアップで映っている。ロキは居ない。

moon_child

【インスト】

  • beatmania IIDX 9th styleからの移植曲
  • IIDXでのジャンル名は「POST ROCK」。
  • wacが「ニエンテ / neu」「リナシタ / uən」等で使用している「少年ラジオ」名義の記念すべきデビュー作。
    • 9th style稼働(2003/06/25)よりおよそ14年越しの初移植となる。
    • ちなみに今回の収録によって、pop'n未収録の「少年ラジオ」名義の楽曲は、beatmaniaIIDX 15 DJ TROOPERS収録曲「少年A」のみになった。
  • 本作の新曲の「アルレシャ」と同様、作曲のwacが様々な機種で展開している「星座曲」の一編で、かに座に相当する楽曲。
    • 「moon child」は占い用語で「蟹座生まれの人」を意味する(占星術では蟹座の支配星が「月」であることから)。
    • ただし登場自体は星座曲が「ゾディアックオラクル」シリーズとなる以前の楽曲であり、後付で組み込まれた形になる。
    • 今回の収録によりpop'nでは星座曲のうち6曲が揃ったことになる*5
      pop'n未収録の残りは、しし座「Regulus」(IIDX 5th style)*6、おとめ座「Spica」(IIDX 7th style)、みずがめ座「Ganymede」(IIDX13 DistorteD)、やぎ座「牧神笛吹きて」(IIDX21 SPADA)の4曲、および未発表のおうし座・いて座となる。
  • CS版IIDX 9th style Vレア特別版及び特別版コンプリート付属のCD「V-RARE SOUND TRACK 10」にMr.Tによるアレンジの「moon_child (E-S style mix)」が収録されている。
    • E-Sは「ELECTROSHOCK(エレクトロショック)」の略。同氏が主に2002〜05年の間に制作したエレクトロ系の楽曲に付けていたジャンル名で、pop'nではpop'n music Sunny Parkに収録された同氏の楽曲「attack in the minor key」のジャンル名に使用されている。
  • メインBPMは160。BPM変化は序盤と終盤のみ。
    • BPM推移:146→150→155→160→155→150→146→130(最後にノーツは無いため実質146〜160)
      この推移はIIDX版と全く同じになっている。
  • [EX]譜面はIIDXの[ANOTHER]と同じアレンジが施されており、終盤のメロディラインにチューニング音が入っている。ポップ君の総数もIIDXのSPAと全く同じ1300ノーツとなっている。
    • [HYPER]にあった縦連打が無く、ゲージ回復が最後でカバーできないのもIIDXと同様。
  • 担当キャラ:ookami-boy (オオカミ少年) [19] (エモクトロ)
    • オオカミ少年が星座曲を担当するのは、Sunny Park収録の「ゾディアックオラクル1/ストレイ・マーチ」に続き2曲目となる。
      • また、彼の担当曲はこれまで全て他機種からの移植曲であり、今回もそれに沿っている。
    • IIDXにはジャケットが存在しないため、他の3曲とは違い選曲画面でも旧ハリアイをそのまま使いまわしとなっている。
    • バナーはIIDXの専用ムービーの序盤を元にしたラジオのチューニングゲージと降り注ぐ多数の☆が描かれている。オオカミ少年やムービーに登場するキャラクター等は一切描かれていない。

霖が哭く

【インスト】

  • jubeat propからの移植曲。
    • jubeat側では通常解禁されておらず、clanではjubeat SHOP(ランダムで選出)か既解禁者からの伝導で解禁可能。
  • 試聴:CHECK!SONGS・2015/10 / YouTube
    • CHECK!SONGSでのjubeat版紹介文は【新モード「アリーナモード」で遊べる楽曲第6弾!それは、静寂を切り裂く雨粒のように…】
  • 曲名は「りんがなく」と読む。
  • 「Power Of Nature」名義としては、当時pop'n以外のBEMANI機種では初の書き下ろし提供楽曲だった。
    • 今回の収録により、pop'n未収録の「Power Of Nature」名義曲はREFLEC BEAT VOLZZA 2収録の「ORIENTAL MESIA」のみとなった(悠久のリフレシアでは未復活)。
  • 担当キャラ:てまり [SP-1P] (ワラベステップ)
    • 選曲画面のジャケットはjbと同じもの。バナーをこれを元にしており、赤い傘の少女が映っている。てまりは居ない。

2017/08/09配信

無の黙示録

  • 同日配信のオーパーツ「無の水晶」で解禁できる公募採用曲は別項を参照

Chaos:Q

【インスト】

  • 公式曲紹介・試聴:http://p.eagate.573.jp/game/popn/usaneko/p/musicchar/mcdetail/chaos.html
  • アーティストの「nonuplet」の正体はred glassesのゆーじ。
    • 「nonuplet」は「九つ子の一人」「九個一組の物」「九連符」などを意味する(「九つ子」は複数形の「nonuplets」)
  • この曲が解禁される「無の黙示録」の演出はAC15 ADVENTUREの「わくわくミミニャミ探検隊」の「無の世界」と酷似しており、担当キャラクターも含めAC15の最終解禁曲「ニエンテ/neu」を意識しているものと思われる。
  • [EX]AC版においては18譜面目の辛ゲージとなった。
    ニエンテ(1899)、L-an!ma(1827)、(もうしま(1819))、ムラクモ(1780)、エンジェリオン(1769)、スケールアウト(1756)、トイコンテンポラリー(1748)、НУМЛ(1745)、Chaos:Q(1741)、激走!!ヤング☆ダンプ!(1704)、カウボーイ(AC:1607/CS:1680)、24/7 Popperz(1642)、恋歌疾風!かるたクイーンいろは(1589)、ハードルネッサンス(1584)、インボルク(1560)、ヒップロック3(1550)、コアロック(1546)、Triple Counter(1540)、スペースレクイエム(1539)
  • [EX]Lv50の楽曲でロングポップ君を含むのは本曲が初。
  • BPM推移:201-402-201-402-201-402-201-100-150-201-100-201-402-201
    • メインは201だが変速部分はいずれもそれなりに長いので要注意。
  • 担当キャラ:? (ハテナ) [うさ猫新アニメ]
    • 公式キャラ紹介:http://p.eagate.573.jp/game/popn/usaneko/p/musicchar/mcdetail/chaos.html#sec_chara
    • 単独キャラクターとしては上記AC15の「ニエンテ」以来の再登場。AC15同様に影のまま衣装は無いがアニメが一新されている。
      • 「ニエンテ」は2007/07/09に初解禁報告があったため、およそ10年越しの再登場となる。
    • NEUTRAL:光りながら斜めに揺れている
    • GOOD:びっくりしたようなポーズをとる。
    • GREAT:GOODのポーズの後、力を込めたポーズをとる。
    • FEVER:MZDの周りを回りながら上昇してかっこよくポーズ。
    • MISS:体がしぼみ、頭上に不気味な花が咲く。
    • WIN・FEVERWIN:一回転中に横から現れたMZDと腕でハイタッチし、2人でかっこよく立っている。
    • LOSE:消えかかった3枚のパソコンの画面の中で3体が内側から画面を叩いている。
    • オジャマ・ダンス:両手を腰に当ててかっこよく笑っている。

うさ猫スコアチャレンジ

2017/02/11 The 6th KAC 決勝ラウンド課題曲
2017/02/15 10:00〜02/22 05:00 うさ猫スコアチャレンジ第1週課題曲 (終了)
2017/03/01 通常解禁

24/7 Popperz

【インスト】
[ロングポップ君搭載曲]

  • 公式曲紹介・試聴:http://p.eagate.573.jp/game/popn/usaneko/p/musicchar/mcdetail/247popperz.html
  • Power Of Nature名義の楽曲がpop'nに収録されるのはラピストリアの「QuoN」「暴レ焔」「Russian Caravan Rhapsody」「L-an!ma」以来となる。
  • 今回の曲調は同名義初のハッピーハードコアだが、PON名義では初期NU-KO曲(恋愛観測、ポチコの幸せな日常)で同様のジャンルの楽曲を手掛けていた。
  • 「24/7(トゥエンティーフォーセブン)」は「24 hours / 7 days a week(24時間/7日・1週間)」を表すスラング。「常に、いつも」という意味に置き換わる。
    • 加えてうさぎと猫と少年の夢がポップンシリーズ本編の通算「24作目」にあたる事も兼ねている。
    • なお、前作における通算作を明示した楽曲の「Fate No.23」は作曲者がPONである事が共通している。
  • [EX]AC版においては17譜面目の辛ゲージとなった。
    ニエンテ(1899)、L-an!ma(1827)、(もうしま(1819))、ムラクモ(1780)、エンジェリオン(1769)、スケールアウト(1756)、トイコンテンポラリー(1748)、НУМЛ(1745)、激走!!ヤング☆ダンプ!(1704)、カウボーイ(AC:1607/CS:1680)、24/7 Popperz(1642)、恋歌疾風!かるたクイーンいろは(1589)、ハードルネッサンス(1584)、インボルク(1560)、ヒップロック3(1550)、コアロック(1546)、Triple Counter(1540)、スペースレクイエム(1539)
    • ロングポップ君搭載譜面での辛ゲージは本曲が初となる。
  • 初回選曲時のみThe 6th KAC決勝ラウンドと同様の特殊演出が流れる。
  • スコアチャレンジでプレーした場合はSunny Park以前の楽曲のような一枚絵背景が表示される。
    背景は金色のカードに「RANKING」の文字が書かれている。
    • The 6th KACの時には存在せず、スコアチャレンジ共通の専用背景である。
  • スコアチャレンジ期間中は限定出現のため「うさ猫スコアチャレンジ」カテゴリ以外からは選べず、リザルト画面でのお気に入り登録もできなかった。
  • 担当キャラ:Lill (リル) [うさ猫新キャラクター]
    • 公式キャラ紹介:http://p.eagate.573.jp/game/popn/usaneko/p/musicchar/mcdetail/247popperz.html#sec_chara
    • ユニコーンの男の子
      • 各種アクションにはサーカス関連のキャラクターとして、ナナ(AC7の鳩)、ピータン(AC7「サーカス」担当のパンダ)、ペロ(AC17「クラウンパンク」のピエロ)、テント・カント(AC16「トイコンテンポラリー」のテントのマジシャン)が登場。
    • スコアチャレンジ期間中は未解禁扱いのため、本曲をプレーしてもリルをプレーヤーキャラクターとして選ぶことは不可(COM専用)だった。
      • ただし親密度(ハートゲージ)は選曲することで通常通り溜めることができる。
      • 2017/03/01より楽曲通常解禁に伴いキャラクターも使用可能になった。
    • NEUTRAL:赤ポップ君をヘディングしながら飛び跳ねている。(2Pカラーは青ポップ君)
    • GOOD:空中で静止し、こちらを見る。
    • GREAT:華麗にジャンプして激しく回転する。
    • FEVER:画面中央でポーズを決めた後、少年(リルが人型に変身した姿?)と、ナナ、ピータン、ペロ、テント・カントが登場。
    • MISS:すっ転んでひっくり返る。
    • WIN:画面中央でポーズを決めた後、玉に乗って片手で5色のポップ君を持っているピータンの反対の手に乗せてもらっている。
    • FEVERWIN:巨大化したテント・カントの体内から、変身後の姿で現れて微笑み、ズームアウトした後、笑顔で「Bye Bye」と言いながら手を振っている。
    • LOSE:MISSアクション後に泣いて左に逃げ出し(一瞬だが××の吹き出しもある)、冷や汗をかいているテント・カントの体内にうずくまる。それと同時に、ペロに足をつんつんされている。
    • オジャマ:念力のような光で赤ポップ君を縦横無尽に操り続ける
    • ダンス:NEUTRAL→GREATの繰り返し

The 7th KAC エントリー特典

Be a Hero!

  • 「The 7th KAC」BEMANI共通課題曲(楽曲紹介)。
    • 既にDance Dance Revolution A、GITADORA Matixx、jubeat clan、SOUND VOLTEX IV HEAVENLY HAVEN、ノスタルジア ƒORTEへ収録されている。
    • 本機種とbeatmania IIDX 24 SINOBUZは他機種より遅れての配信となる。
  • 中島由貴(なかまゆき)はアース・スター エンターテイメント所属の声優でアース・スター ドリームのメンバー。
    • BEMANIへはjubeat Qubellにて行われたローカルマッチングイベント「ゆっきーのjubeat Qubellでローカルマッチング100人できるかな?」のチャレンジ達成により「Bonjour, The World!!」の歌唱担当に参加した後、次回作clanにて「レゾンデートル、前線より」の歌唱を担当した。
      今回の楽曲はBEMANI通算3曲目の歌唱担当曲になる。
  • (不確定)曲調及びコーラスの声質から、作曲はdj TAKAの可能性が高い。
    • 中島由貴は氏の楽曲では前述の「Bonjour, The World!!」で歌唱経験があるが、本曲の作曲がdj TAKAなら、2度目のタッグという事になる。

FLOOR INFECTION

  • 今作では配信時点で「イベント・公募」カテゴリ内に「FLOOR INFECTION」カテゴリが用意されていない。
    • FLOOR移植曲は全て「BEMANI」カテゴリ→「SOUND VOLTEX」に含まれるので(他の楽曲も混ざるものの)代用可能。
  • 選曲画面ではキャラのハリアイ絵の代わりに曲ジャケットが表示され、キー音は無し。
  • SDVX上で楽曲を解禁後にpop'nをプレーしても楽曲の解禁表示は行われないが、実際には解禁されている(自分で楽曲を探す必要がある)。

第26弾(2017/03/09配信)

  • 1曲開催だが必要エナジーが7100pt(通常の3曲開催と同等)と高く、0%から開始した場合はSDVXを8回プレーが必要。

XROSS INFECTION

【インスト】
[ロングポップ君搭載曲]

  • 担当キャラ:navigator RASIS (レイシス) [SP] (FLOOR INFECTION楽曲担当) [ジャケット表示]
    • 選曲画面のハリアイジャケットにはレイシスロゴの枠が付く(IV仕様になっている)。
    • 過去に第3・5・13・21弾の楽曲を1曲も解禁しておらず、第26弾の1曲目を解禁した場合でもレイシスが同時解禁される。
    • ジャケットはSDVXの[GRAVITY]のものを使用。バナーもそれを元にしており、レイシスとボルテナイザー・マキシマが描かれている。
      • SDVX側のジャケットはNOV〜EXHをつなぎ合わせると1枚の絵になるようになっており(参照)、[GRAVITY]はそれらを1枚にまとめたイラストになっていた。
      • ポップンにおけるレイシス担当曲でバナーやジャケットに彼女自身が描かれた楽曲を担当するのは今回が初。

米津玄師 / ハチ × BEMANI 隠し曲

2017/03/29配信

  • e-AMUSEMENT PASSを使用して「マトリョシカ」をプレーすると次回プレーから解禁
    • ライセンス曲扱いでキー音無し。「テレビ・J-ポップ」カテゴリに含まれる。
      • 今作の他のライセンス新曲と同様BATTLE HYPERも搭載。

ドーナツホール

【ボーカロイド】
G】(wiki)

  • 公式MV:YouTube/ニコニコ動画
  • 既にjubeat Qubell、MÚSECA 1+1/2にも収録。他社機種では既にcrossbeats REV.(カプコン)に収録されている。
    • また、jubeat plus・REFLEC BEAT plus、および太鼓の達人Vバージョン(バンダイナムコ/PS Vita)では米津玄師本人によるカバーバージョンが収録されている。
  • 「マトリョシカ」共々、ボーカロイド及びGUMI使用楽曲がpop'nに収録されるのはラピストリア稼働直後の7曲*7以来の事になる。
  • 東方アレンジ楽曲以外の版権曲が隠し曲になるのはAC13カーニバルの「パレード」以来となる。
    • 東方アレンジを含めた場合はラピストリアの「Russian Caravan Rhapsody」「妖隠し -あやかしかくし-」以来。
    • ボーカロイド隠し曲の前例はラピストリアの「Idola」やFLOOR INFECTION楽曲があるが、あちらはコナミオリジナル扱い。
  • 配信時点で「テレビ・J-ポップ」カテゴリ、「BEMANI」→「MÚSECA」カテゴリに入っている。何故か「jubeat」カテゴリには入っていなかった(マトリョシカの方は入っている)。
    • その後大幅に遅れて2017/09/26アップデートでようやく「jubeat」カテゴリにも入った。
  • 担当キャラ:GUMI [使用不可(SP)] [ジャケット表示]

ナビくんが歌う新曲登場♪

2017/03/29配信

  • 解禁可能期間
    • 2017/03/29 10:00〜2017/04/17 10:00
    • 2017/05/17 10:00〜
  • 期間中にe-AMUSEMENT PASSを使ってプレーすると次回プレーから出現
    (公式告知では「1プレー」となっているが配信初期は1回だけでは出ない報告あり)
    条件を満たすと「パワーまんたん!楽曲をGETしたよ!」と表示され、同時にナビくんの成長パターンが追加される。
  • 既に解禁済であれば期間終了後もプレー可能

メトロポリタン飛行

【男性ボーカル】【キャラソン】

  • 担当キャラ:NAVI (ナビ) [うさ猫新キャラクター]
    • 公式キャラ紹介:http://p.eagate.573.jp/game/popn/usaneko/p/musicchar/mcdetail/metropolitan.html#sec_chara
    • プロペラを付けた少年。本作のナビゲートキャラクター(ベースは初期形態)がプレーヤーキャラクター化したもの。
    • 名前表記は「ナビくん」ではなく「ナビ」になっている。
    • 初期形態を元にしているが、親密度はナビくんの育成とは関係なく独立している(0から開始)。
    • 2Pカラーは暗い青系統の衣装。
    • NEUTRAL:空中で浮かびながら歩行
    • GOOD:空中で少しジャンプする。
    • GREAT:目を閉じて一回転すると同時に小さいミミニャミ登場。
    • FEVER:単属性での進化形態が全種類登場した後に初期形態のナビくん登場。
    • MISS:空中で怯える→恥ずかしがる。
    • WIN:単属性での進化形態全種類と初期形態のナビくんが1画面に登場する。
    • FEVERWIN:ナビくんがノートに何かを書いているところにミミニャミ登場→変身して二人を抱きかかえる。
    • LOSE:窓から外を見ている。
    • オジャマ・ダンス:NEUTRAL→GREATの繰り返し

ツムマスコット連動キャンペーン

2017/04/26配信

AC版ディズニー ツムツムメドレー

【インスト】

  • LINE社のスマートフォン向けアプリ「LINE:ディズニー ツムツム」のアーケード版(発売元はコナミアミューズメント)で使用されているBGMをメドレーにしたもの。
    • 既にjubeat Qubellにも期間限定収録されていたが、2017/05/26をもって削除済。
    • ライセンス楽曲扱いで「テレビ・J-ポップ」カテゴリに入っており、「BEMANI」→「jubeat」カテゴリにも入っている。
    • 参考:「ディズニー ツムツム」のテーマ 吹奏楽ver.(ディズニー公式):http://www.youtube.com/watch?v=j1JDY8Yi34Q
  • ポップンにディズニー関連の楽曲が収録されるのはAC 13 カーニバル収録の「BAROQUE HOEDOWN(エレクトリカルパレードのテーマ)」以来、実に12年ぶりの登場となる。
  • NORMAL MODE専用楽曲。LOCAL MODE、BATTLE MODE、NET対戦では選択できず、使用できるオプションも限られている。
    • 使用不可のオプション:POP-KUNオプションの「CHARA POP(YOU)」「CHARA POP(RIVAL)」、OJAMA1/OJAMA2オプション全て(「使えないよ!」の表示が出ており、カーソルを合わせること自体が不可)
      「CHARA POP」を使用していた場合は強制的に「NORMAL」に変更され、オジャマも両方「OFF」にされる(楽曲プレー後もそのまま)。
    • LOCAL MODEで時間切れになった場合、選曲不可。前回最後に選んだ状態で選択不可のモードを選んだ場合、次回のプレーでは「曲名/ジャンル」カテゴリの「ア」の先頭(ジャンル名時は「アートコア / Valanga」、曲名時は「愛言葉〜アイコトバ / カラオケ」or「哀彩」(解禁済みの場合))に飛ばされる。
    • BATTLE譜面が存在しない曲はAC11のウラ譜面(削除済)以来となる。
  • [EASY]50段階表記になって以来5曲目のLv1の譜面となった(他は「ポップス/I REALLY WANT TO HURT YOU」「BAROQUE HOEDOWN」「月光花」「全力バタンキュー」各EASY)。
    • 本作稼働開始時は「We are I★CHU!」もLv1だったが、本曲収録前の2017/03/27アップデートでLv3に昇格している。
    • ノート数が79と非常に少なく、レベル1最少ノーツを更新。
  • アーティスト名は「♪♪♪♪♪」になっている。この匿名名義が使われるのはAC20以来。
    • 参考までに、jubeat側では筐体上のアーティスト名が「©Disney」、eAMUSEMENTサイトでは「-」になっていた。
  • 韓国版ではプレー不可。(jubeatも同様)
    • キャンペーン自体行われておらず、日本版で解禁済みのe-AMUSEMENT PASSでもプレー不可。(楽曲データ未収録の可能性あり)
    • アジア版は要検証。
  • 担当キャラ:ディズニー ツムツム [うさ猫ゲストキャラクター][ジャケット表示][通常使用不可]
    • ミッキーを始めとする同作の「ツムマスコット」達が登場する。
      • アクションに背景が付いており、キャラクターのアクション中は常に右下に「©Disney」のコピーライトが表示され続ける。
      • ここでコピーライトを表示しているためか、タイトルデモループのライセンス表示の方には「©Disney」は記載されていない。
    • 名前表示は正確には「ディズニー」の文字の下に「ツムツム」の文字が配置され2行に渡っている。
    • ポップンにディズニー関連のキャラクターが登場するのは派生タイトルのミッキーチューンズシリーズ以来、実に17年ぶりの事となる。
    • 本曲を選択時のみ、プレーヤー側・ライバル側ともに強制的にこのキャラクターになる。2Pカラーは無く、両側同じ配色になる。
      • 通常のプレーヤーキャラクターセレクト画面からは選ぶことはできない。親密度ゲージも溜まらない。
      • 余談だが、過去にディズニーキャラクターが登場したミッキーチューンズシリーズの家庭用移植版であるディズニーチューンズでは、本曲同様に両方ともキャラクターが楽曲毎に固定される仕様になっていた*8
    • 選曲画面・ハリアイ画面共にジャケットのみ(jubeat版と同じ)で自キャラクターは非表示、リザルト画面では本来の自キャラクターのみ(ジャケットすら出ない)となる。
      • ハリアイ画面は通常の形式とは異なり、画面が割れてキャラクターが飛び出す演出が起こらず、ジャケットのみが画面中央に表示される。対戦台詞も出ない。
      • この形式により、ディズニーキャラクターはポップ君以外のポップンキャラクターとは画面上で共演が一切行われないことになる(選曲画面のアイコンを除く)。
    • バナーは文字のみでキャラクターが描かれておらず、アイコンも「♪」マークとなっている。
    • NEUTRAL:下から順番にミッキードナルドプルートが正面を向いて重なっており、飛び跳ねて「♪ ♪」を出す。
    • GOOD・GREAT:上からスティッチチェシャ猫が降ってきて重なり、スティッチ以外は全員笑顔になった後、スティッチが右へ、チェシャ猫が左へ飛んで去っていく。
    • FEVER:ミッキーだけが笑顔でドアップに接近し、背景に「FEVER」の文字が出て光り輝く。
    • MISS:背景が暗くなり、バランスを崩してぐらぐらして渦巻きマークや冷や汗を出す。
    • WIN・FEVERWIN:輝く「WIN!」の文字と共に、下段からミッキー・ドナルド、プルート・デイジーミニーチップデール、天井にチェシャ猫とスティッチが全員笑顔で現れる。背景はツムツムで埋め尽くされている。
    • LOSE:「LOSE…」の文字と共に、下段からダンボマリーピノキオグーフィーエルサ、逆さまになったフランダーが悲しそうな顔で現れる。背景はツムツムで埋め尽くされている(WINと同じ)。

ナビフェス解禁曲


2017/09/28配信

  • SWEET SMILE HEROES ビターでスイートな七人の勇者
  • 合同イベント/SWEET SMILE HEROES ビターでスイートな七人の勇者
    • いずれもアルバム「SWEET SMILE♡HEROES」(2017/11/15発売)からの描き下ろし曲。
    • GITADORA Matixx、jubeat clan、REFLEC BEAT 悠久のリフレシア、SOUND VOLTEX IV HEAVENLY HAVENとの同時収録。
      • 配信時点ではBEMANIカテゴリの「GITADORA」「jubeat」「REFLEC BEAT」「SOUND VOLTEX」のいずれにも含まれてなかったが、2017/10/30アップデートで全て含まれるようになった。
    • 各機種共通の楽曲詳細は別項を参照
    • 全て「イベント・公募」→「ひなビタ♪」カテゴリにも含まれる。キー音無し。
    • いずれもハリアイイラストのみ同イベントの新衣装で、プレイヤーキャラクターとしても使用できるが、実際のアニメは旧バージョンのまま。
      • 他機種とは違いジャケットは使用されていないが、イラスト自体はジャケットと同じもの。
      • 楽曲バナーにも同じイラストが使用されている。
      • 日向美ビタースイーツ♪の5人の紹介文は【「ひなビタ♪」から登場だよ!】で共通。ここなつの2人はラピストリアと同じく【双子アイドル「ここなつ」から登場!】のまま変更無し。

ひなビタ♪STAGE

けもののおうじゃ★めうめう

【女性ボーカル】
[ロングポップ君搭載曲]

  • 曲名の「★」の部分は実際は肉球マーク。
    • 特殊文字のためeAMUSEMENTサイト上等では「★」で代替表記される。
    • かつてpop'nではこの肉球マークが「J-ポップ/Life」「キャンディポップ/Give me your pain」のアーティスト「Haya-P & Maru」の最後に使われていたが、Sunny Park以降使われなくなった。
      今回肉球マークが再登場したが、これらのアーティスト名義に肉球マークは復活していない。

ミラクル・スイート・スイーツ・マジック!!

【女性ボーカル】

  • メインBPMは206。序盤で一時的に88まで減速するがすぐに元に戻る。
    • BPM推移:206-186-128-88-206

ナイト・オブ・ロンド

【女性ボーカル】
[ロングポップ君搭載曲]

Drizzly Venom

【女性ボーカル】

  • メインBPMは168。イントロのみ147だが、その後は168に上昇して最後までそのまま。
    • BPM推移:147-168
  • 担当キャラ:春日咲子 [うさ猫新画風(旧アニメ)]

銃弾は解を撃ち抜いて

【女性ボーカル】

  • Akhuta作曲の女性ボーカル曲がpop'nに収録されるのは、今回が初。
  • 担当キャラ:霜月凛 [うさ猫新画風(旧アニメ)]
    • ハリアイはイベント公式イラストと同じ新衣装(ジョブ:ガンナー)だが、
      ゲーム中の衣装・アクションは [SP] (文学少女ロック他) と同一。
      • pop'nでの凛の描き下ろしイラストは過去にエクラルの「黒髪乱れし修羅となりて〜凛 edition〜」があったが、そちらとは違い今回は使用できる。
    • Akhuta作曲の楽曲を女性キャラクターが担当するのは、上記「魂依」に続く登場となる。

ここなつSTAGE

キリステゴメン

【女性ボーカル】

  • 担当キャラ:東雲夏陽 [うさ猫新画風(旧アニメ)]
    • ハリアイはイベント公式イラストと同じ新衣装(ジョブ:サムライ)だが、
      ゲーム中の衣装・アクションは [LT] (ツーマンライブ他) と同一。
      • 夏陽と心菜の2人は元々ラピストリアで公式イラストで登場していたため、今回でそれぞれ2枚目の公式イラストでの登場となる。
    • キャラポップはラピストリア当時と同じく上段が所持ラピス(赤・ハート)のまま変更無し。

シノビシノノメ

【女性ボーカル】
[ロングポップ君搭載曲]

  • 担当キャラ:東雲心菜 [うさ猫新画風(旧アニメ)]
    • ハリアイはイベント公式イラストと同じ新衣装(ジョブ:ニンジャ)だが、
      ゲーム中の衣装・アクションは [LT] (キモチコネクト他) と同一。
    • キャラポップはラピストリア当時と同じく上段が所持ラピス(青・ハート)のまま変更無し。

RED STAGE

リンゴロジック(green apple rmx)

【インスト】

  • AC17「フォークトロニカ/リンゴロジック」のREMIX。
  • Dormir曲のリミックスがpop'nに収録されるのは今回が初。
    • 他機種ではBeatStream(サービス終了済)及びDanceDanceRevolution Aにて、ここなつ歌唱の2曲(「さよならトリップ 〜夏陽 EDM edition〜」「魔法のたまご 〜心菜 ELECTRO POP edition〜」)がアルバム経由で収録されていた。
    • セルフアレンジとしてならGuitarFreaks & DrumMania Vの「にゃんだふる55」が「にゃんだふる55 marble version」として収録されている(こちらは原曲がpop'n未収録)。
  • m@sumiが既存楽曲のリミックスを手掛けるのは今回が初。
  • 担当キャラ:Tatin (タタン) [うさ猫旧画風(旧アニメ改)]
    • アニメは [17-1P] (フォークトロニカ) がベースだが、今作の他のREMIXと同じく、FEVERアニメがMZDも登場するものに差し替えられている。2Pカラーは無い。
      • バナーやハリアイイラストにもMZDと影が一緒に描かれている。絵柄はポップンワールド旧画風。
      • イラスト自体は従来のREMIXと同様の形式だが、今作ではMZDがサブキャラに回っている。
      • ハリアイイラストは赤い水玉のリンゴを指に乗せたタタンと、リンゴをかじるMZD、両手いっぱいにカラフルなリンゴを抱えた影。MZDの衣装や配色は「旗(Mystic Mix)」「キルト(Patchworker RMX)」と同じ。
    • FEVER:タタン、MZD、影が登場。イラストは全員ハリアイのものと同じ。

乞い祈みの撫子

【女性ボーカル】
[ロングポップ君搭載曲]

  • TOMOSUKEがpop'nに書き下ろし楽曲を提供するのは、SunnyParkの「天空ワルツ/わたぐものおなか」以来、約5年ぶりの事になる。
  • ARM(IOSYS)がpop'nに書き下ろし楽曲を提供するのは、ラピストリアの「うさぬこぬんぬんファンタジー!」以来約3年ぶりで、非電波ソングをpop'nに提供するのは今回が初。
    • ただし、TOMOSUKE・ARM両名ともに「ひなビタ♪」関連の楽曲では何度かpop'nに登場していた。
  • 上記2名とは異なり、作詞の狐夢想と歌唱担当のあさなのpop'n参加は今回が初。
    • あさなは主にIOSYS曲のボーカルを務めている北海道在住の歌手。(ニコニコ大百科)
  • 曲名の読みは「こいのみのなでしこ」。
  • [EASY][HYPER][EX]にはロングポップ君が登場するが、[NORMAL]にはロングポップ君が一切登場しない。
    • 選曲画面でも[NORMAL]に変えるとロングポップ君マークが外れる。
    • 譜面難易度別でロングポップ君の有無が異なる曲は「virtual killer[EX]」に続き2曲目。
  • 担当キャラ:KAGURA (神楽) [うさ猫新キャラクター]
    • 巫女の少女。
    • NEUTRAL:目を閉じて静かに歩いている。
    • GOOD:両手の指で三角形を作り、魔法を発動させる。
    • GREAT:力を込めた後、片腕を伸ばして前方に指を差す。
    • FEVER・オジャマ:服装が少し変わり、冠の神器を被りつつ鐘の神器を揺らしている。
    • MISS:両腕で顔を隠して攻撃をガード
    • WIN:一回転してFEVERの衣装にチェンジし、扇子を開いて斜めに向ける。
    • FEVERWIN:制服に衣装チェンジし、桜舞う中佇んでいる。
    • LOSE:MISSアクション後、人のようなものが命中したのか目を閉じ膝を突く。一瞬暗くなり一瞬黄色のノイズが出る。(2Pカラーは紫色のノイズ)
    • ダンス:FEVERの繰り返し 光のエフェクトもある

人妖絵巻其の三「鴉天狗」〜 鞍馬のHAYATE 〜

【インスト】
[ロングポップ君搭載曲]

  • うさ猫デフォルト曲「其の一「狐」」、上記ナビ旅隠し曲の「其の二「鬼」」に続く「人妖絵巻」シリーズの第三弾にして、完結編となる楽曲。
    • 初出バージョンの間で完結した楽曲シリーズがpop'nに登場するのは今回が初。
    • 前2曲とは違いインスト曲になっている。
  • (不確定)アーティストの「羅天」の正体は現時点では不明。
  • 担当キャラ:崇徳鞍之丞 [うさ猫新キャラクター]
    • 鴉天狗の少年。名前の読みはおそらく「すとくくらのすけ」
    • NEUTRAL:目を閉じてかっこよく歩いている。
    • GOOD:立ち止まって目を開ける。
    • GREAT:ジャンプして団扇を振り下ろし、竜巻を発生させる。雷牙の子分が竜巻に巻き込まれている。
    • FEVER・オジャマ:雷牙、玉藻銀丸と共に登場
    • MISS:雷牙の雷に驚き、カラスになってしまう。
    • WIN・FEVERWIN:顔を青くした玉藻銀丸と滝籠もりをしている。下には雷牙もいて、画面外から子分の鬼とタナカさんも出てくる。
    • LOSE:MISSアクション後カラスの状態で転落し、雷牙が冷や汗をかいて去り、目を×にしているカラス姿の鞍之丞を持った玉藻銀丸が怒る。
    • ダンス:単独でFEVERのポーズとGREATのエフェクト

2017/11/02配信

DEEP BLUE STAGE

  • 今回よりKONAMI社内アーティストの名義が「BEMANI Sound Team」と伏せられた表記にされている。
    • 同日配信のSDVX IVでの天下一音ゲ祭楽曲「GERBERA」でも同様の措置が取られており、社員曲に関しては今後もこの名義で統一される可能性がある。
    • (不確定)2017年11月11日に開催された「ボルテ学園 アルティメットガクエンサイ」にて発表された楽曲「TWO-TORIAL」のアーティスト名義が「BEMANI Sound Team (PHQUASE vs DJ TOTTO)」名義になっていたことから、今後は作曲者名が併記された名義に差し替えられる可能性があるが、今回及び次回の楽曲は「ガクエンサイ」が開催された11月11日以前の楽曲データであり、名義差し替えは次回のアップデートになると思われる。

Dance to Blue (Respect Style)

【女性ボーカル】

  • 担当キャラ:Fatima (ファティマ) [うさ猫旧画風(旧アニメ改)]
    • アニメは [16-1P] (スパニッシュバラッド) がベースだが、今作の他のREMIXと同じく、FEVERアニメがMZDも登場するものに差し替えられている。2Pカラーは無い。
      • バナーやハリアイイラストにもMZDと影が一緒に描かれている。絵柄はポップンワールド旧画風。
      • イラスト自体は従来のREMIXと同様の形式だが、今作ではMZDがサブキャラに回っている。
      • ハリアイイラストは立って踊るファティマと、彼女の弦楽器を抱えて弾くMZD、タンバリンを持った影。MZDの衣装や配色は他のREMIXと同じ。
    • FEVER:ファティマ、MZD、影が登場。イラストは全員ハリアイのものと同じ。

Mychronicle

【女性ボーカル】

  • アーティスト名義が「BEMANI Sound Team」と伏せられた表記になっている。
    • (ほぼ確定)担当キャラがニアであること、タイトルが「Mynarco」に似ていること、曲調やボーカルの声質、曲終了後の隠しボイスに「Des-ROW」という声があることなどから、実際の作曲はDes-ROW、ボーカルはニアちゃんのうたの人が正体である可能性が濃厚で、これらの事から本来は過去曲と同様の「positive MAD-crew」名義で提供していた可能性がある。
    • もしアーティストの正体が氏なら、ラピストリア収録の「ラピストリアの約束」以来、4年ぶりのpop'nへの楽曲提供になる。
  • 担当キャラ:nia (ニア) [うさ猫新画風(旧アニメ)]
    • ハリアイはうさ猫新画風だが、衣装・アクションは [LP-1P] (ラピストリアの約束) と同一。2Pカラーは存在しない。
      • ニアは元々ラピストリアで新画風イラストを持っていたため、2枚目の新画風での登場となる。
    • キャラポップはラピストリア当時と同じく上段が所持ラピス(紫・雫型)のまま変更無し。

Monkshood

【女性ボーカル】
[ロングポップ君搭載曲]

  • Akinoは今作では「Akash」に続き2曲目の提供となる。
    • 同じSTAGEの前2曲とは異なり社外からの提供曲であるためかアーティスト名は伏せられていない。
  • 「Monkshood(モンクスフード)」は英語で「トリカブト」を意味する。
  • [NORMAL]配信時点でロングポップ君数が24/7 Popperz[EX](72個)を上回る全譜面中最多の75個
  • 担当キャラ:Roki (ロキ) [うさ猫新画風(旧アニメ)]
    • ハリアイはうさ猫新画風だが、衣装・アクションは [13-1P] (エレゴシックサバト蟲の棲む処) と同一。2Pカラーは存在しない。
      • ロキは元々ラピストリアで新画風イラストを持っていたため、2枚目の新画風での登場となるが、今回はそれとは異なる旧衣装での新画風イラストとなった。
      • この衣装のロキは同じく本作で「蟲の棲む処」を担当しており(ただしそちらはジャケット/旧画風)、本作では2曲目の担当曲となる。
    • LOSE:本来は雷に打たれるシーンが表示されず、一瞬透明になる不具合がある。

2017/11/22配信

LIGHTING STAGE

リモーネ・ディ・マッキーナ

【インスト】【テクノ】

  • アーティスト名義が「BEMANI Sound Team」と伏せられた表記になっている。
    • (ほぼ確定)使用されている音源や、譜面の特徴から、実際の作曲は村井聖夜の可能性が濃厚で、インストテクノ曲という特徴から、本来は「V.C.O.」名義で提供していた可能性がある。
    • 村井氏のTwitterでノスタルジアの「Mighty Guy」収録告知の際、「あ、今日からでしたね。昨日もなんかありましたが、どの曲かわかりますかねw」(参照)という発言があり、直後に「名義が分からない」ということについての私感を語っている(参照)ため、本曲のことを指している可能性が非常に高い。
    • 本曲が「V.C.O.」名義での楽曲だったとすると、jubeat copious/pop'n music 20 fantasia収録曲「ロービットサンプリング/HEAT-BIT-HIT-BEAT」以来、6年ぶりの名義使用、かつpop'n単独書き下ろしでは18 せんごく列伝収録「てくのほそみち/五七五」以来、実に8年ぶりの登場になる。
  • 曲名の「リモーネ・ディ・マッキーナ(limone di macchina)」とはイタリア語で「機械のレモン」という意味。
    • 村井氏のTwitterにて(本曲に関することかは明言されていないが)
      「レモン」のイメージ、日本ではセイシュンの甘酸っぱさ、鮮やかな爽やかさ、
      みたいな感じのがあると思うけど、ほとんどの海外では「ポンコツ」の事を指すのだそうです。
      壊れかけのポンコツ車の事を「レモン・カー」と呼ぶんだとか。
      と語られている(参照)
  • 配信時点で本曲をプレーしてもナビくんの育成でのパラメータが一切変動しない。
    • パラメータ変動の無い楽曲は初となる。
  • 担当キャラ:CHIP (チップ) [うさ猫新画風(旧アニメ)]
    • ハリアイはうさ猫新画風だが、衣装・アクションは [16-1P] (チップポップ) と同一。2Pカラーは存在しない。
    • 今回の担当キャラ3人の中で唯一ラピストリア以降の作品での初の楽曲担当になる。

Pacify

【加工ボーカル?】【フューチャーベース】
[ロングポップ君搭載曲]

  • アーティスト名義が「BEMANI Sound Team」と伏せられた表記になっている。
    • (正体不確定)使用されている音源や楽曲の展開から、作曲者の正体はSYUNNやSota Fujimori、もしくは2人の合作などが推測されている。
      特にSYUNNは同氏作曲のjubeat clan収録「Sulk」と曲調がよく似ているため携わっている可能性が濃厚。
    • 作曲者の正体の可能性がある「SYUNN」はjubeat Qubell収録「Megalara Garuda」で昨年にデビューを飾った新人コンポーザー。
      作曲者の正体が氏なら、本曲がポップンデビュー曲になると思われる。
  • 曲名の「Pacify(パシファイ)」は英語で「静める」「なだめる」といった意味。
  • (不具合)[全譜面]選曲画面ではロングポップ君マークが表示されていないが、実際にはロングポップ君が搭載されている。
  • 担当キャラ:LEON (レオン) [うさ猫新画風(旧アニメ)]
    • ハリアイはうさ猫新画風だが、衣装・アクションは [20-1P] (バブリーディスコハッピーサッドコアSecret Answer) と同一。2Pカラーは存在しない。
    • レオンはうさ猫で既に「Secret Answer」を担当しており(ただしそちらはジャケット/旧画風)、本作では2曲目の担当曲かつ初の新画風となる。
      同時に初出時の衣装・カラーでの4曲目の担当曲となる。

forever under construction

【インスト】【エレクトロショック】
[ロングポップ君搭載曲]

  • Tomoyuki UchidaはMr.Tの本名名義。
    • 同じSTAGEの前2曲とは異なり社外からの提供曲であるためかアーティスト名は伏せられていない。
    • 同名義での楽曲は他機種ではノスタルジア収録の「Surf on the Light」が存在し、同曲に続く名義使用になる。
    • 氏がpop'nにインスト曲を提供するのはSunnyParkの「エレクトロショック/attack in the minor key」以来、約6年ぶりになる。
  • (未確定)終盤に「ドーパミン」に似た箇所があり、名義には無いがU1も関わっている可能性がある?
  • 曲名の「forever under construction(フォーエバーアンダーコンストラクション)」は英語で「永遠に工事中」を意味する。
    • beatmaniaIIDX 4th styleにはgood-cool作曲の「under construction」が存在するが、特に関係は無い。
    • スペインの文化遺産「サグラダ・ファミリア」のことを指している可能性がある。
  • 今回の曲調は氏が過去に展開していたエレクトロショックシリーズを彷彿とさせる物で、同シリーズの流れを継ぐ楽曲と思われる。
    • 先述の「attack in the minor key」はjubeat saucerとの同時初出だったため、このジャンルでのpop'n単独書き下ろし曲は初となる。
  • 担当キャラ:stella (ステラ) [うさ猫新画風(旧アニメ)]
    • ハリアイはうさ猫新画風だが、衣装・アクションは [10-1P] (コスミック532nm) と同一。2Pカラーは存在しない。
    • ラピストリア以降の作品では発見!よみがえったBEMANI遺跡解禁曲の「532nm」を担当していたが、新画風イラストでの楽曲担当は今回が初。

2017/12/07配信

ときめきアイドル STAGE

  • 2曲とも2017年冬配信予定のスマートフォンアプリ『ときめきアイドル』からの楽曲(告知)。
    • DanceDanceRevolution A、jubeat clanとの同時配信。本機種のみ隠し曲になっている。
    • 今回の2曲は、両曲共コナミ社員アーティストによる作曲。ただしアーティスト名義は「ときめきアイドル project ◯◯」になっており、公式動画で作曲者が明かされる形となっている。
  • 「DREAMING-ING!!」と同じく、ライセンス楽曲と同様にキー音は無く、[BATTLE-HYPER]譜面が用意されている。

恋のパズルマジック

【女性ボーカル】

Strawberry Chu♡Chu♡

【女性ボーカル】
[ロングポップ君搭載曲]

  • 公式MV:http://www.youtube.com/watch?v=Qe5fB4HK-sE
  • 作詞は昆真由美、作曲・編曲はKonami Amusement(L.E.D.)。
    • L.E.D.の楽曲がpop'nに収録されるのはラピストリアの「御千手メディテーション」(発見!よみがえったBEMANI遺跡)及び「DIAVOLO」(怪盗Biscoの予告状!!)以来2作ぶりになる。
  • ボーカルは作中のキャラクターである立川朱音(CV:山下七海)、草壁野々香(CV:近藤玲奈)、伊澄いずみ(CV:藤川茜)、日毬みさき(CV:岩倉あずさ)。
  • pop'nのみBPMが274になっている(jubeat・DDRでは半分の137)。
  • 担当キャラ:Minit's (ミニッツ) [SP-1P] (パティスリーポップよりみち♥みすてりあっ) [ジャケット表示]
    • 作曲のL.E.D.は過去にミニッツの担当曲「ちびっこアイドル/オトメルンバ♪」を20 fantasiaにてリミックス(「ちびっこアイドルREMIX/L.E.D.-G STYLE MIX」)していたが、ミニッツが直接氏の楽曲を担当するのは今回が初。

*1 本作のデフォルトで登場している「Help me, ERINNNNNN!! -VENUS mix-」ではボーカルとしては関与しているが、版権曲扱いとしての登場だった。
*2 AC2の「ラウンジ/Cherry & Raquel」の作曲は竹安弘で、本来はIIDX用の書き下ろし曲だったが当時IIDXのディレクターだったnagureoの判断でpop'nに収録となったため、その関係でレオくんが担当キャラクターになった。
AC5の「ネオアコREMIX/fly higher (than the stars) 2 STEP mix」の原曲である「ネオアコ/(fly higher than) the stars」は作詞作曲歌唱全て杉本清隆でありnagureoは秘密の声のみを担当、さらにREMIXはDJ SIMONによるセルフリミックスな上に該当部分の声が使われていないためnagureoの出番がない。
以降の登場作品ではnagureo本人は既にKONAMIを去っており株式会社ユードー代表取締役になっている。

*3 なお、曲名のキリル文字をそのまま文字通りに強引に英字変換すると「NUML」になるが、こちらでは意味は通らない。
*4 前作éclaleの「ON-DO」はPONとの合作。
*5 ふたご座・AC10「murmur twins」、さそり座・AC20「ピアノ協奏曲第1番"蠍火"」、てんびん座・ACSP「アストライアの双皿」、おひつじ座・ACSP「ストレイ・マーチ」、うお座・ACうさ猫「アルレシャ」、かに座・ACうさ猫「moon_child」
*6 ただし、かつてボーカル版にあたる「OVER THE CLOUDS」が収録されていた(AC18で削除)。
*7 デフォルト版権曲の恋愛勇者、GUMI生誕祭曲(幻想系世界修復少女、バンブーソード・ガール、Idola)、FLOOR INFECTION第12弾(Strobe♡Girl、Baby Sherry、憂恋☆アクティベーション)
*8 一方でアーケード版ではプレーヤー側がミッキー(9ボタン)かミニー(5ボタン)で固定。

Last-modified: 2017-12-14 (木) 04:22:38
Site admin: iMp95
mail : imp@callusnext.com (←@を半角に)