pop'n music

新曲雑記/隠し曲詳細(解明!MN探偵社)

解明!MN探偵社

  • pop'n music 解明リドルズ/解明!MN探偵社
  • BEMANI Fan Siteでの紹介コメントは【解明!MN探偵社で登場!難解なリドルを解いて君も名探偵♪】で統一。前作ポップンアーカイブと同様に楽曲個別のコメントは用意されていない。
    • 当初「Milky Way Star(Extended Ver.)」の紹介コメントのみ【「BEMANI MusiQ FES」で獲得できる楽曲♪】となっていたが現在は修正されている。
  • 依頼人と解禁曲の担当キャラが異なるケースがいくつか存在するが、そのほとんどは謎解きの難易度低下を防ぐための可能性が高い。

2021/01/21配信

enigma

Akino
【女性ボーカル】

  • 「enigma(エニグマ)」は謎めいた言葉、不可解な出来事を意味する。
    • SOUND VOLTEX III GRAVITY WARSにほぼ同名の「Enigma / とろまる」が存在するが、全くの別の曲である。
    • (仕様)バナー内の曲名は使用フォントの関係で一見「eniqma」に見えるが、実際の曲名は「enigma」。
  • 担当キャラ:Roki (ロキ) [解明リドルズ新画風(旧アニメ)]
    • ハリアイは解明リドルズ新画風だが、衣装・アクションは [13-1P] (エレゴシックサバト、蟲の棲む処、Monkshood) と同一。2Pカラーは存在しない。
    • このバージョンのロキはうさ猫の「Monkshood」にてラピストリア調の絵柄で描かれていたため、今回で同一衣装に旧ポップン絵柄、ラピス絵柄、peace絵柄の3種類が揃ったことになる。

2021/01/28配信

  • AC8カテゴリのみに出現し、新曲カテゴリからは選択できない。解禁後の「NEW」マークは付加される。

ラウンジポップ / Linus [EX]

♪♪♪♪♪(LEGO STUDIO)
【インスト】

  • 公式曲紹介:(アーカイブ) / (IIDXアーカイブ)
  • 楽曲初出はbeatmania IIDX 6th style。pop'n music 8で[HYPER]以下が登場した。
    • 当時の曲コメント【ビートマニアIIDXの人気曲がポップンで登場!!】
  • pop'n 8での他機種からの移植曲共通の特徴としてアーティスト名が伏せられており、実際の名義は「LEGO STUDIO」。正体はwac。
    • アーティストカテゴリでは「L」でなく「記号」に属している。
    • IIDX 6th当時のwacのコメントで「毛布のような子供の頃から大切にしていて捨てられない物に対する愛惜の気持ちをうたった……というのはでっち上げであり、実際は『あと5分で曲名を決めないと強制的にパ○タグラフ*1だ』と脅されたことに対し『そのネタは今更わからない人が多すぎるだろう流石に』と思い、(曲名を)机の上の愛すべきものたちから突発的につけた」と語られており、スヌーピー等で知られるチャールズ・M・シュルツの漫画『ピーナッツ』のキャラクター「ライナス・ヴァン・ペルト」がモチーフとなっていると推測される。*2
    • AC8当時の曲紹介によると[EX]が幻になったことを伺わせるwacのコメントがあり、本作にてそれを復活させた可能性がある。
  • 2021/01/20のアップデートの時点で旧曲[EX]の総メダル数増加+1が確認されていた。
  • メインBPMは176。20 fantasiaまでは正確に「160-176」と表記していたが、Sunny Park以降「176」のみの表記となっているため注意。
    • BPM推移:176-160-176-172-168-170-169-170-171-172-173-174-175-176-166-176
  • 担当キャラ:shiroro (しろろ) [8]

2021/02/04配信

わがままパーリナイ

ときめきアイドル project
【女性ボーカル】
[ロングポップ君搭載曲]

  • 公式MV(2018/07/13公開):YouTube (ゲーム収録版)
    • MV内では18曲目。
  • モバイル用ゲームアプリ『ときめきアイドル』からの楽曲。
    • 同作は2019/01/15 14:00をもってオンラインサービス終了しているが、その後もオフライン版で継続している他、定期的にCD等がリリースされている。
    • 本曲はBEMANI初収録。同作からの楽曲がpop'nに収録されるのはうさ猫収録の5曲*3以来2作ぶり・4年ぶりとなる。
    • 元からデフォルト曲の「DREAMING-ING!!」を除く4曲は当時解禁曲だったが、前作peace稼働途中で残りの4曲が無条件解禁に移行され、同作からの解禁曲は再び本楽曲以降となる。
    • ロングバージョンが2018/07/11発売の第3弾マキシシングル『カン違いSummer Days』および2019/09/04発売のアルバム『ときめきアイドル Song Collection 02』に収録。
  • 作詞・作曲・編曲は秋吉奏吾。
  • ボーカルは作中のキャラクターである真田小幸村(CV:高木友梨香)、日毬みさき(CV:岩倉あずさ)、朝霧春子(CV:早瀬莉花)。
  • 版権曲と同様にキー音は無く、[BATTLE-HYPER]が用意されている。
  • 担当キャラ:PIERRE&JILL (ピエール&ジル) [16-1P] (ピコパンク) [ジャケット表示]
    • 選曲画面のジャケットはときめきアイドル版と同じくデフォルメされた春子・小幸村・みさきが描かれたイラストだが、ゲームロゴが上部に加わった代わりに曲名ロゴが省かれ、アーティスト名と曲名が下部に小さく記載されている。
    • バナーもジャケットイラストを元にしており、ピエール&ジルは描かれていない。

2021/02/11配信

Keep the Faith

ときめきアイドル project Rhythmixxx
【女性ボーカル】
[ロングポップ君搭載曲]

  • 公式XFD(2020/11/13公開):YouTube
  • 曲名の通り2020/12/16発売のときめきアイドル project 第11弾マキシシングル『Keep the Faith』からの楽曲。2021/03/10発売のアルバム『ときめきアイドル Song Collection 03』にも収録。
    • 本曲はアプリ版ときめきアイドルのオンラインサービス終了後に発表された楽曲のため、今回がゲーム初収録
      また、アプリ版終了以降の楽曲がBEMANIに収録される事例も今回が初のケースとなる。
  • 作詞・作曲・編曲はlull(らる)。
    • 「lull」は佐藤元気(作曲担当)と由上一郎(作詞担当)によるクリエイターユニット。(参照)
  • ボーカルは作中のキャラクターである川口夏海(CV:川井田夏海)、青山つばさ(CV:青山吉能)、真田小幸村(CV:高木友梨香)。
    • pop'nにてユニット「Rhythmixxx」での楽曲は過去にうさ猫収録の「恋のパズルマジック」が存在する。
  • 版権曲と同様にキー音は無く、[BATTLE-HYPER]が用意されている。
  • 曲名を直訳すると「信仰を保ちなさい」という意味。
  • 担当キャラ:ROSA (ロサ) [13-1P] (ハイパーマスカレード) [ジャケット表示]
    • 選曲画面のジャケットは上記マキシシングルと同じく夏海・つばさ・小幸村が描かれたイラストにゲームロゴを加え、アーティスト名と曲名が下部に小さく記載されている。
    • バナーもジャケットイラストを元にしており、ロサは描かれていない。
    • ロサは「キャラクターからクリエイト!ポップンオリジナル楽曲コンテスト」の候補キャラクターに居たものの落選しており、本作で別の担当曲を得たことになる。

2021/02/18配信

超中華流行歌曲 / 桃花恋情 [UPPER]

TЁЯRA
【女性ボーカル】
[ロングポップ君搭載曲]

  • 15 ADVENTURE「超中華流行歌曲 / 桃花恋情」のUPPER。
    • 当時の曲コメント【悠久を渡る胡弓の音‥‥。今度のTЁЯRAは、中華的ハイパーサウンド!春雲に失せし、桃花の恋‥‥。】
    • バナー上のジャンル表記は「HYPER CHINESE POP」で、ジャンル名順のソートでも「イパーチャイニーズポップ」扱いとなっている。「ょうちゅうか〜」ではないため注意。
  • TЁЯRA名義でのUPPERが追加されるのはpeace収録の「ハイパージャパネスク / 夢幻ノ光[UPPER]」に続いて2曲目となる。
  • 「Russian Caravan Rhapsody [UPPER]」と同様、バナー上で「UPPER」のスタンプが通常と異なり左端に捺されている。
  • 無印版には無い[EASY]が存在する。
  • 担当キャラ:taoxiang (桃香) [15]
    • 読みは「タオシャン」。
    • ハリアイイラストは無印版と同じで、同キャラ時は2Pカラーに変化する。

2021/02/25配信

アジアンコンチェルトREMIX / 鳳凰〜Chinese Phoenix Mix〜 [UPPER]

菜楊 arranged by Mutsuhiko Izumi
【インスト】
[ロングポップ君搭載曲]

  • 20 fantasia「アジアンコンチェルトREMIX / 鳳凰〜Chinese Phoenix Mix〜」のUPPER。
    • 当時の曲コメント【不死鳥の如く甦ったシンフォニックメタルアレンジだぞ!業火のように迫るギターソロをくらえ!】
    • 原曲は12 いろは「アジアンコンチェルト / 鳳凰」。
    • バナー上のジャンル表記は漢字の「亜細亜的協奏曲REMIX」。
  • 無印版には無い[EASY]が存在する。
  • [EX]無印の同譜面とは傾向が異なり、原曲の譜面を強化した様な階段譜面になっている。
  • 2021/12/01よりpop'n music Livelyの有料楽曲パック「pop'n music Lively 楽曲パック vol.4 (pop'n music 20 fantasia)」に特別ボーナス曲として収録された。
  • 担当キャラ:MZD [17-タンタン] [使用不可]
    • 依頼画面では原曲担当のタンタン[12]が登場しており、解禁曲の担当キャラと一致していない。
    • ハリアイイラストは無印版と同じ。

2021/02/25配信

ドリームゲイザー / Little prayer [UPPER]

土岐麻子
【女性ボーカル】
[ロングポップ君搭載曲]

  • CS portable「ドリームゲイザー / Little prayer」のUPPER。
    • 当時の曲コメント【幻想を切り裂くギターノイズにのせた、小さき人の祈りのうた。】
    • 楽曲初出はGuitarFreaks V & DrumMania V。REFLEC BEAT VOLZZA 2(悠久のリフレシアでも復活済)、ポップンリズミン(サービス終了済)、ノスタルジア Op.3にも移植されている。
    • 無印版はAC版pop'n 20 fantasiaで移植され、その際に[HYPER]/[EX]/[BATTLE]が変更されていた。
    • [HYPER]無印版はアーケードに移植される際に30ノーツ減少した上で弱体化した経緯があるが、UPPERは家庭用での初出時の物を再現した内容ではなく新譜面になっている。
  • 他機種での曲名は「Little Prayer」だが、AC版pop'nのみ「Little prayer」と異なっている。
  • バナー上で「UPPER」のスタンプが通常と異なり左端に捺されている。
  • 無印版には無い[EASY]が存在する。
  • [BATTLE-N]は無印版(20 fantasiaで移植の際に変更された譜面)の流用だが、[BATTLE-H]が新規譜面になっている。
  • 担当キャラ:ookami-boy (オオカミ少年) [20/CS(pmp1)]
    • 依頼画面ではオトベア[SP]が登場しており、解禁曲の担当キャラと一致していない。
      • GITADORAシリーズの機種マスコットであることからの選出と思われる。

2021/03/18配信

表裏一体!?怪盗いいんちょの悩み♥

◇◆噂の怪盗少女 ぷらずま★彡Prim◇◆
【女性ボーカル】
[ロングポップ君搭載曲]

  • beatmania IIDX 22 PENDUALからの移植曲。(公式曲紹介)
    • IIDXのジャンル名は「Hi-FUNK BREAKS」。
    • 移植元ではPENDUAL稼働時よりデフォルト曲となっている。
  • 作曲はT.Kakuta、作詞はmitsu。
  • Prim名義で歌唱の楽曲がpop'nに収録されるのはSunny Parkの4曲*4以来5作ぶり・8年ぶりとなる。
  • 他機種からの移植曲だが、移植元のIIDXと同様にジャケットが存在しない。
  • IIDX 27 HEROIC VERSEには本曲の続編にあたる「がっつり陰キャ!? 怪盗いいんちょの億劫^^;」が収録されている。
  • 担当キャラ:kaorin (かおりん) [解明リドルズ新画風(旧アニメ)]
    • ハリアイは解明リドルズ新画風だが、衣装・アクションは [20-1P] (ハッピーラブゲイザー、メニメニマニマニ(削除済)、SAKURAスキップ(2P・削除済)、Sing a Song Sign、おーまい!らぶりー!すぅぃーてぃ!だーりん!、おーまい!らぶりー!すぅぃーてぃ!だーりん!(DANCERUSH Style)) と同一。2Pカラーは存在しない。
    • このバージョンのかおりんはうさ猫の「Sing a Song Sign」にてラピストリア調の絵柄で描かれていたため、今回で同一衣装に旧ポップン絵柄、ラピス絵柄、peace絵柄の3種類が揃ったことになる。
    • ハリアイではシルクハットを被っているが、実際のアニメでは付けていない。
    • 他機種からの移植曲だが、担当キャラを新規ハリアイのキャラクターが務めているという、ラピストリア以降では極めて珍しい事例となる。
    • かおりんがNU-KO歌唱曲以外の楽曲を担当するのは、上述のメニメニマニマニ及びSAKURAスキップ以来3曲目になる。コナミオリジナル曲でNU-KO関与曲以外の楽曲を担当するのは初。

2021/03/25配信

Watchdog The Sleeper

BEMANI Sound Team "seiya-murai"
【インスト】

  • 村井聖夜単独名義のインスト曲はうさ猫収録の「リモーネ・ディ・マッキーナ」以来2作ぶり・3年4ヵ月ぶり。peace収録の「たぶん、キスくらいしてる」くまのきよみ歌唱曲(Kiyommy+Seiya名義)だった。
    • また、既存曲の追加譜面やUPPERまたは移植曲でないpop'nオリジナル新曲が登場するのは上記の「enigma」以来2ヶ月ぶりとなる。
  • 作曲者はいずれも異なるが、曲調や担当キャラからAC1「スパイ / SPICY PIECE」およびCS3「ジャジー / Get on that train」を意識した楽曲と思われる。
  • 「Watchdog(ウォッチドッグ)」は「番犬」や「監視人」を意味する。
  • 担当キャラ:CHARLY (チャーリー) [解明リドルズ新画風(旧アニメ)]
    • ハリアイは解明リドルズ新画風だが、衣装・アクションは [1-1P] (スパイ、ジャジー(2P)) と同一。2Pカラーは存在しない。
    • チャーリーが楽曲を担当するのはCS3収録の「ジャジー / Get on that train」(ACでは9で移植)以来、実に21年ぶりのことになる。
      • ただし、PSP版portable2では「スパイREMIX / SPICY PIECE (Ryu☆Remix)」をAC版のMZDの代わりに担当していた。

2021/04/01配信

Milky Way Star(Extended Ver.)

BEMANI Sound Team "劇団レコード" feat.ミーウェル
【女性ボーカル】
[ロングポップ君搭載曲]

  • クイズマジックアカデミー 輝望の刻』OP楽曲のロングアレンジバージョン。(ボーカル告知)
  • BEMANIでは既に「BEMANI MusiQ FES」経由でノスタルジア Op.3に収録済。NOS側では既に無条件解禁。
    • 楽曲雑記
    • 「BEMANI MusiQ FES」開催当時はpop'nのみVol.2から参加となったため曲数が少なかったことから、今回で補完された形になる。
    • NOSでの配信当時、NOS側のpop'nカテゴリに本曲が一時的に入っていた。このため、当初から収録予定だったものが何らかの理由で配信が遅れた可能性も考えられる。
    • (修正済)掲載当初のみ、BEMANI Fan Siteの紹介コメントが【「BEMANI MusiQ FES」で獲得できる楽曲♪】となっていた。翌日に他と同じコメントに修正された。
  • 担当キャラ:ALOE (アロエ) [13] (クイズマジックアカデミー、クイズマジックアカデミー2) [ジャケット表示]
    • 選曲画面のジャケットはNOSと同様、QMA 輝望の刻のイメージイラスト。描かれているキャラクターはシャロンセリオス
      • 既存曲のアレンジであるためか、NOS側も含めジャケットに「BEMANI MusiQ」のロゴは入っていない。
    • バナーもジャケットを元にしており、担当キャラのアロエは描かれていない。

2021/04/08配信

Homesick Pt.2&3 -kudo version-

kojiro kudo
【インスト】【チップチューン】
[ロングポップ君搭載曲]

  • AC5「ソフトロック / Homesick Pt.2&3」のREMIX。
  • 同曲のREMIX収録はAC7「ソフトロックLONG」(LONG名義だが、実際はwacによる編曲)に続き2回目となる。
    • 同曲のインスト版は過去にパズルゲーム『pop'n 対戦ぱずるだま ONLINE』のPS2版のBGMとして登場していた例があるが、そちらは原曲にかなり近いアレンジだった。
    • AC6当時に開催された企画「みんなもつくろうpop'n music 7!!」のREMIX曲を選ぶ人気投票において4位を獲得したが、AC7当時は曲調がさほど変わらない「LONG」名義での収録となっていたことから、今作で明確にREMIXとしての収録が実現した形になる。
  • kojiro kudo(工藤こうじろう)はSmash Room所属のミュージシャン。サックスプレイヤーとして知られ、バンド「the sad sad planet」での活動の傍ら、楽曲提供やプロデュースを手掛けている。
  • 担当キャラ:RIE♥chan (リエ♥ちゃん) [5-2P] (ソフトロック、ソフトロックLONG)
    • 同アルバム出典の「777 -chip sambass arrange-」と違い、ジャケットは使用されていない。楽曲バナーも原曲を模したデザインになっている。
    • ハリアイも通常と同じものを2Pカラーにしたのみで、REMIXだがMZDは描かれていない。
    • 解明リドルズでは稼働時点でさなえ♥ちゃんが「Red Cape Theorem」を担当していたため、同一作品内でリエ♥ちゃんとさなえ♥ちゃんが共に新曲を担当するのはSunny Park以来5作ぶり*5、コナミオリジナル楽曲に限れば18 せんごく列伝以来8作ぶり*6となる。

2021/04/15配信

murmur twins -CIVILIAN SKUNK mix-

CIVILIAN SKUNK
【男性ボーカル】【メロコア】
[ロングポップ君搭載曲]

  • IIDX 8th style「カドルコア / murmur twins」のREMIX。原曲は前作peaceで収録。
  • CIVILIAN SKUNK(シベリアンスカンク)は沖縄豊見城市出身の4人組バンド。Vo.チカラ、Gt.ジュンタ、Ba.マーサー、Ds.ユウイチ。
    • 原曲は女性ボーカルだが、男性ボーカルでメロコアアレンジされている。(告知)
    • 本機種収録前の2021/03/31をもって解散している。(告知) このため、本曲が同バンドとして唯一のBEMANIアレンジ曲となる。
  • 今回の収録で、本機種収録の「murmur twins」は4種類目となった。*7
    • BEMANIカテゴリでは原曲等と一緒にIIDX/DDR/GD/NOSに入っているが、Rbカテゴリには含まれていない。
  • [全譜面]ロングポップ君は序盤の1個のみ。
  • 担当キャラ:murmur twins (マーマーツインズ) [10-2P] (カドルコア、カドルコア、カドルコア[UPPER])
    • 同アルバム出典の「BLAZE∞BREEZE - WHITE LIE Version -」と違い、ジャケットは使用されていない。
    • 楽曲バナーも原曲を模したデザインになっているが、曲名表記が原曲と違い完全な手書きではなく、手書き風のフォントを使用している。
    • ハリアイも通常と同じものを2Pカラーにしたのみで、REMIXだがMZDは描かれていない。
    • 依頼画面ではひな[8]が登場しており、解禁曲の担当キャラと一致していない。
      • 本曲と全く無関係と思われるキャラクター選出だが、強いて共通点を挙げるならばひな担当の「777 -chip sambass arrange-」がULTIMATE MOBILE限定アルバム出典繋がりである。しかし、両曲の登場アルバムは異なる上に、同じ限定アルバム出典である「Homesick Pt.2&3 -kudo version-」の依頼人は担当キャラと同一のリエ♥ちゃんであったため、謎解きの難易度調整を考慮しても意図の読めない選出となっている。

2021/04/22配信

Ancient Heritage

BEMANI Sound Team "Sota Fujimori"
【インスト】

  • Sota Fujimori単独でインスト曲を書き下ろすのはうさ猫収録の「Another Texture」以来2作ぶり・3年4ヵ月ぶり。前作の「SHION (VENUS mix)」ではVENUS名義(DJ YOSHITAKAとのユニット)かつリミックスでの参加であった。
    • Sota Fujimoriは過去に「Arabian Rave Night」(beatmania IIDX 16 EMPRESS、dj MAX STEROID名義)と「Cleopatrysm」(発見!よみがえったBEMANI遺跡、ピラミッ℃名義(猫叉Master、96、ショッチョー、Akhuta、かめりあとの合作名義))でエジプト文明をモチーフにした楽曲を手掛けていた。本曲はこの2曲の流れを継いでいると思われる。
  • 曲名の「Ancient Heritage」は直訳すると「古代遺産」という意味。
  • 担当キャラ:PAPYRUS (パピルス) [解明リドルズ新画風(旧アニメ)]
    • ハリアイは解明リドルズ新画風だが、衣装・アクションは [8-1P] (ピラミッド、Cleopatrysm) と同一。2Pカラーは存在しない。
    • パピルスは以前に上記の「Cleopatrysm」を担当した経緯があり、今回で2曲目のSota Fujimori関連曲担当となる。

2021/04/28配信

  • 「青春Dreamers 〜Tomorrow is another day〜」「夏色Shining」「フィフネルの宇宙服」の3曲は『ときめきアイドル』からの楽曲。
    • うち、「青春Dreamers 〜Tomorrow is another day〜」「夏色Shining」の2曲はアプリ版ときめきアイドルのオンラインサービス終了後に発表された楽曲のため、今回がゲーム初収録。
    • 版権曲と同様にキー音は無く、[BATTLE-HYPER]が用意されている。
    • いずれもバナーはジャケットイラストを元にしており、担当キャラが描かれていない。

青春Dreamers 〜Tomorrow is another day〜

ときめきアイドル project ソーファンタスティック
【女性ボーカル】
[ロングポップ君搭載曲]

  • 公式XFD(2020/03/05公開):YouTube
  • 曲名の通り2020/03/18発売のときめきアイドル project 第8弾マキシシングル『青春Dreamers 〜Tomorrow is another day〜』からの楽曲。2021/03/10発売のアルバム『ときめきアイドル Song Collection 03』にも収録。
  • 作詞・作曲はKonami Digital Entertainment(亀井順一)、編曲は佐々木聡作。
  • ボーカルは作中のキャラクターである片桐奈々菜(CV:稲川英里)、日比野記子(CV:陽向さおり)、立川美翠(CV:井上ほの花)。
  • コナミ社員アーティストによる作曲におけるときめきアイドル楽曲のBEMANIシリーズへの収録はうさ猫収録の「恋のパズルマジック」「Strawberry Chu♡Chu♡」以来2作ぶり。
  • 担当キャラ:miho (みほ) [20-1P] (アッパーポップ、デジタルロック、そこに或るヒカリ、ヒッチコック(2P)) [ジャケット表示]
    • 選曲画面のジャケットは上記マキシシングルと同じく記子・奈々菜・美翠が描かれたイラストにゲームロゴを加え、アーティスト名と曲名が下部に小さく記載されている。

夏空Shining

ときめきアイドル project Virtual Kiss
【女性ボーカル】

  • 公式XFD(2020/06/02公開):YouTube
  • 曲名の通り2020/06/17発売のときめきアイドル project Virtual Kissシングル『夏空Shining』からの楽曲。2021/03/10発売のアルバム『ときめきアイドル Song Collection 03』にも収録。
  • 作詞・作曲は水流ともゆき、編曲は佐々木聡作。
  • ボーカルは作中のキャラクターである三田希少(CV:金田アキ)、朝霧春子(CV:早瀬莉花)。
  • 担当キャラ:RIE♥chan (リエ♥ちゃん) [18-1P] (ガールズ・カントリー、Everyday,カチューシャ(削除済)、Be blossom!!) [ジャケット表示]
    • 選曲画面のジャケットは上記シングルと同じく希少・春子が描かれたイラストにゲームロゴを加え、アーティスト名と曲名が下部に小さく記載されている。
    • リエ♥ちゃんは本作で「Homesick Pt.2&3 -kudo version-」に続き2曲目の担当となる。バージョンこそ異なるが同じ依頼人が再登場するのも本曲が初。

フィフネルの宇宙服

ときめきアイドル project 伊澄いずみ
【女性ボーカル】

  • 公式MV(2018/11/22公開):YouTube
    • MV内では22曲目。
  • 原曲は『ときめきメモリアル』の隠しヒロインである館林見晴のイメージソング。初出は1995/10/25発売のCD『ステレオドラマ もっと!ときめきメモリアル OCT. 〜featuring 館林見晴〜』。
  • 大内正徳の楽曲がpop'nに収録されるのはラピストリア収録の「Show Up!」「CHEAT DANCER」以来4作ぶりとなる。
  • 本カバーバージョンはモバイル用ゲームアプリ『ときめきアイドル』で2018/11/22に初登場。
    • 本バージョンの編曲は佐々木聡作が担当。
    • カバーボーカルは作中のキャラクターである伊澄いずみ(CV:藤川茜)。
    • ロングバージョンが2018/12/12発売の第4弾マキシシングル『Smiling Passion』に収録。また、2019/09/04発売のアルバム『ときめきアイドル Song Collection 02』には村井自身によるセルフリミックス「フィフネルの宇宙服 〜アウター・スペース・ミックス〜」、2019/06/12発売のシングル『絆 -resonance-』の初回封入DLコード特典のスペシャル音源として「フィフネルの宇宙服 〜アウター・スペース・ミックス〜 Radio Edition」も収録されている。
  • 『ときめきメモリアル』シリーズ関連曲がpop'nに収録されるのは本曲で6曲目(AC版のみでカウントすると4曲目)となる。*8
    • 同シリーズ関連曲としては、後に本作で『GS4』より「Sweet Love」が登場した。
  • 担当キャラ:Ryusei Honey (流星ハニー) [12-1P] (流星RAVE) [ジャケット表示]
    • 選曲画面のジャケットはときめきアイドル版と同じくデフォルメされた宇宙服のいずみが描かれたイラストだが、ゲームロゴが上部に加わった代わりに曲名ロゴが省かれ、アーティスト名と曲名が下部に小さく記載されている。

ミサコの告白(みーつけたっ♥)

ARM × かたほとり ft.516
【女性ボーカル】
[ロングポップ君搭載曲]

  • 「かたほとり(P)」はかつて動画サイトでVOCALOID楽曲を手がけていたボカロP。氏がpop'nに参加するのは今回が初。(ニコニコ大百科)
    • 加えてかたほとりがBEMANIシリーズに楽曲提供するのもjubeat festo収録の「インドがパッカーン!!煩悩マハラジャドリーム」以来約3年ぶりで2曲目。また、ARMとかたほとりのタッグも同作以来となる。
  • (未確定)ボーカルの516の正体は現時点で不明だが、特徴的な声質からゲーム実況者及び歌い手のこいろ(5)(自身のTwitter/自身のYouTubeチャンネル)の可能性がある。
  • 解明!MN探偵社隠し曲における既存曲の追加譜面やUPPERまたは移植曲でないpop'nオリジナル曲にロングポップ君が搭載されるのは本楽曲が初。
  • 担当キャラ:ミサコちゃん [解明リドルズ新画風(旧アニメ)]
    • ハリアイは解明リドルズ新画風だが、衣装・アクションは [20-1P] (呪エモ?、POP TEAM EPIC(2P)) と同一。2Pカラーは存在しない。
    • 依頼画面では雷蔵[20]が登場しており、解禁曲の担当キャラと一致していない。
      • 20 fantasia「みんなでつくって20」の公募キャラクター繋がりによる選出だと思われる。

2021/05/06配信

  • BEMANIカテゴリのみに出現し、新曲カテゴリからは選択できない。解禁後の「NEW」マークは付加される。

昭和初期カヨウ / 悪アガキ [EX]

亜熱帯マジ-SKA爆弾 feat. MAKI
【女性ボーカル】

  • 公式曲紹介:(アーカイブ)
  • 楽曲初出はee'MALL 2nd avenue。pop'n music 10で[HYPER]以下が登場し、15 ADVENTUREより通常解禁された。
    • pop'nより早くGUITARFREAKS 10thMIX & drummania 9thMIXにも配信されていたが、XGシリーズ以降未復活。
    • 当時の曲コメント【ホーンの響きが気持ちいい!あのセピア色の時代をもう一度・・・】
  • バナー上のジャンル名のみ「昭和初期歌謡」と全て漢字表記になっている。
    • 選曲画面のジャンル名は2004/02/04の配信当初「昭和ショキカヨウ」表示だったが、配信2ヶ月後のアップデートで「昭和初期カヨウ」に変更された経緯がある。
  • 背景画像はCS6「クラシック6 / maritare!」の流用。
  • 担当キャラ:MEBAE (めばえ) [6-2P] (モダニズム)
    • 依頼画面ではムラサキ[7]が登場しており、解禁曲の担当キャラと一致していない。
      • 本曲と同アーティストの「ショウワカヨウ / 林檎と蜂蜜」などを担当している繋がりによる選出だと思われる。

2021/05/13配信

天空ジオグラフィ

red glasses Trio
【インスト】

  • red glasses Trioはピアノのred glasses、ベースの上田哲也、ドラムの松尾啓史からなるトリオ。(告知)
    • BEMANIではノスタルジア ƒORTEに「tears proof masquerade」(「The 7th KAC」2nd Stage ノスタルジア課題曲)、ノスタルジア Op.2に「虚空を飛ぶ鳥は誰の夢を見るか」をそれぞれ提供しているが、pop'nでの書き下ろしかつノスタルジア以外の機種に楽曲提供するのは今回が初。
  • 単独名義ではないが、red glassesによるpop'nへのインスト曲の楽曲提供はうさ猫収録「Chaos:Q」(nonuplet名義)以来2作ぶり・約4年ぶりで、本名義に限るならéclale収録「"Schall" we step?」以来3作ぶり・約5年ぶりになる。
  • 担当キャラ:Lucifelle (ルシフェル) [解明リドルズ新画風(旧アニメ)]
    • ハリアイは解明リドルズ新画風だが、衣装・アクションは [13-1P] (ピアノトロニカ、プログレッシブ(The Least 100 sec)、La Lumiere) と同一。2Pカラー(ルシファー)は存在しない。

2021/05/20配信

ヒップロック4 / 路男 [UPPER]

Des-ROW・組ユナイテッド
【男性ボーカル+ラップ】
[ロングポップ君搭載曲]

  • 15 ADVENTURE「ヒップロック4 / 路男」のUPPER。
    • 当時の曲コメント【さらに進化するヒップロック、曲名「ロマン」通りに男の生きる路を感じ取れ!!】
    • 上記の説明通り、曲名の読みは「ロマン」。(男=マン)
  • 無印版には無い[EASY]が存在する。
  • 無印版と違い、要所でBPMが42に下がり、疑似停止のようなギミックになっている。
    • BPM推移:171-42-171-42-171-42-171-42-171-42-171 (42地帯は全て一瞬のみ)
  • [NORMAL]798ノーツで、16 PARTY♪の「ボールヅアウトロック / プリンシプル」の790ノーツを抜いてLONGを除く通常の[NORMAL]の歴代最多ノーツを更新。また、難易度変更を除くLv35の[NORMAL]が登場するのはSunny Parkの「ハードルネッサンス / Elemental Creation」以来5作ぶり・8年ぶり。
  • [EX]AC版においては36譜面目の辛ゲージとなった。Lv48の辛ゲージは12 いろはの「ヒップロック3 / 雪上断火」以来実に14作ぶり・約15年ぶりとなり今回で2曲目。同時にLv48最多ノーツ(1604ノーツ)も更新した。
    • Lv48以下の辛ゲージ曲は17 THE MOVIEの「コアロック / へんたいトリロジー」(Lv47)も含め全てDes-ROW・組関連の曲である。
  • [BATTLE-N]新規譜面となっている。また、今作追加の[UPPER][BATTLE-H]が存在しないのは本曲が初。
  • 担当キャラ:六 [15]
    • ハリアイイラストは無印版と同じで、同キャラ時は2Pカラーに変化する。

2021/05/27配信

Lost wing at.0

猫叉Master+
【インスト】【ドラムンベース】
[ロングポップ君搭載曲]

  • 公式MV(2016/10/07公開):YouTube
  • BeatStream アニムトライヴからの移植曲。移植元のBSは既にサービス終了済のためプレー不可。
  • 既にjubeat Qubell、beatmania IIDX 24 SINOBUZ、SOUND VOLTEX IV HEAVENLY HAVENにも移植されている。
    • IIDXでのジャンル名は「DRUM'N'BASS」。
  • jubeat knit収録曲「Far east nightbird」(pop'nではSunny Parkにて移植)及びDanceDanceRevolution(2013)収録曲「nightbird lost wing」(pop'n未収録)の流れを継ぐ楽曲。
    • 曲名は「ロストウイングアットポイントゼロ」と読み、IIDX 20 tricoro収録曲「POINT ZERO」(pop'n未収録)の流れも汲む楽曲と思われる。
  • 本機種に「猫叉Master+」名義の楽曲が収録されるのはSunny Park収録の「スピードダンス / GAIA」(L.E.D.との合作である「猫叉L.E.D.Master+」名義)以来であり、単独名義では初。
  • 2018/03/07発売の『beatmania IIDX 25 CANNON BALLERS ORIGINAL SOUND TRACK』で初のCD音源化となった。
  • (修正済)本来の名義は「猫叉Master+」だが、pop'nでは配信当初「猫叉MASTER+」と大文字表記になっていた。
    • 2021/07/19のアップデートで「猫叉Master+」に修正。
  • 担当キャラ:stella (ステラ) [10-1P] (コスミック、532nm、forever under construction) [ジャケット表示]
    • 選曲画面のジャケットは他機種と同じもの。
    • pop'nにおけるBSからの移植曲は同機種のマスコットキャラであるBiscoが楽曲担当を行う事がほぼ通例になっていたが、今作はうさ猫「蟲の棲む処」(ロキ担当)と同様に例外的にBSとは無関係なステラが担当を行っている。
    • 15 ADVENTUREで登場したシリウスはステラの仲間という設定で、後に上述の「Far east nightbird」を担当していた事から、担当キャラの選出はこれに合わせた物と見られる。

2021/06/03配信

ブルーローズイノセンス

BEMANI Sound Team "TAG"
【インスト】

  • TAG単独名義でpop'nに書き下ろすのはラピストリア収録の「春風ブローインウィンド」、「Dimension Gale」以来4作ぶり・約6年ぶりになる。
    • 本作収録の「Symphonic Tear」は連動企画「BEMANI MusiQ FES」からの楽曲、peace収録の「BLAZE∞BREEZE」はPONとの合作、「SHION (VENUS mix)」(VENUS名義)はラップでの参加、うさ猫収録の「STERLING SILVER」は移植曲、éclale収録の「ZEPHYRANTHES」は合同イベント「NEW Generation 流星拡散フェスタ2016」からの楽曲だった。
  • 曲名にある「ブルーローズ」こと青い薔薇は日本のサントリーフラワーズとオーストラリアの植物工学企業であるCalgene Pacificとの共同研究開発により、世界で初めて完成した青色の色素を持った薔薇。以前は自然界には存在しなかった為花言葉は「不可能」「存在しない物」という意味だったが、2000年代になり科学技術の発展により「夢かなう」「神の祝福」と意味が変遷した経緯がある。
    • BEMANI他機種では本楽曲とほぼ同じタイトルが使われているbeatmania IIDX 28 BISTROVER収録の「Rosa azuL」(pop'n未収録)が存在する。
  • 曲名が花に関するものからjubeat copious収録の「アルストロメリア」(pop'nではSunny Parkに移植、pop'nジャンル名は「ブルームフュージョン」)やIIDX 22 PENDUAL収録の(Rootageで削除済)「デンドロビウム」(pop'n未収録)、合同イベント「NEW Generation 夏の流星拡散フェスタ2016」からの楽曲で前述の「ZEPHYRANTHES」(pop'nではéclaleで収録)、IIDX 26 Rootage収録の「BLO§OM」(pop'n未収録)、IIDX 28 BISTROVER収録の「儚き恋の華」(pop'n未収録)と同系統の楽曲と推測される。
  • 2021/09/06にTAGがコナミを退社し、フリーランスになったことを発表(本人告知)。現時点ではTAGがpop'nに提供した最後の曲となっている。
  • 担当キャラ:ちせ [解明リドルズ新画風(旧アニメ)]
    • ハリアイは解明リドルズ新画風だが、衣装・アクションは [SP] (ブルームフュージョン) と同一。2Pカラーは元々存在しない。

2021/06/10配信

Brand New...

KAMサウンドチーム feat. Nana Takahashi
【女性ボーカル】
[ロングポップ君搭載曲]

  • パチスロ『麻雀格闘倶楽部 真』からの楽曲。レギュラーボーナスBGMとして使用。
    • 麻雀格闘倶楽部関連の楽曲がpop'nに収録されるのは13 カーニバルの「麻雀格闘倶楽部 / 麻雀格闘倶楽部特別接続曲」以来、実に13作ぶり・15年ぶりのことになる。
    • なお、前作peaceの「50th Memorial Songs -Flagship medley-」(合同イベント『50th Memorial Songs』からの楽曲)に「麻雀格闘倶楽部」のBGMが使用されていた。
    • 本家『麻雀格闘倶楽部 疾風』にも期間限定のサウンドフェスティバルで入手可能な対局BGMとして登場している。
    • AC版pop'nにパチスロ作品からの楽曲が収録されるのは、Sunny Parkの「悪魔城ドラキュラSLOT3 / De-a lungul vieţii」以来、実に5作ぶり・8年ぶりのことになる。
  • ボーカル・作詞は高橋菜々。(高橋菜々公式サイト告知)
  • アーティストは「KAMサウンドチーム」と表記されているが、実際の作曲者は現時点で不明。
  • 担当キャラ:LISA (リサ) [16-1P] (ハイパーJパーティーロック、ベースボールヒロイン) [ジャケット表示]
    • 選曲画面のジャケットは各サイトでデジタル配信の『麻雀格闘倶楽部 真 Music Selection』のもの。
      • バナーもこのジャケットを元にしており、担当キャラのリサは描かれていない。

2021/06/17配信

沈まない月のように

兎味ペロリナ
【女性ボーカル】
[ロングポップ君搭載曲]

  • パチスロ『麻雀格闘倶楽部 真』からの楽曲。同作のエンディングテーマで、完走確定すると流れる。
  • 兎味ペロリナ(うさみ ペロリナ)は「現役JK(地獄警備員)」という触れ込みで活動している「魔ルチタレント」。YouTuber、声優、歌手など多方面で活動。(公式サイト)(本人告知1/2)
  • 作詞・作曲者は現時点で不明。
  • 担当キャラ:SUMIRE (スミレ) [18/CS(pmp1)-1P] (シンパシー4、only my railgun) [ジャケット表示]
    • 選曲画面のジャケットは上記「Brand New...」と同じく各サイトでデジタル配信の『麻雀格闘倶楽部 真 Music Selection』のもの。
      • バナーもこのジャケットを元にしており、担当キャラのスミレは描かれていない。

2021/06/24配信

天和無双

BEMANI Sound Team "PON"
【男性ボーカル】
[ロングポップ君搭載曲]

  • 公式MV(2020/11/09公開):YouTube (楽曲は0:13〜)
  • コナミアミューズメント パチンコ・パチスロの公式Twitterにて歌詞が公開されている。
  • パチスロ『麻雀格闘倶楽部 真』からの楽曲。同作のメインテーマ。レギュラーボーナスBGMとしても使用。
    • 同作にはインストマーチアレンジの「天和無双のマーチ」も存在する。
    • 本家『麻雀格闘倶楽部 疾風』にも期間限定のサウンドフェスティバルで入手可能な対局BGMとして登場している。
  • 曲名の読みは「てんほうむそう」。「てんわ」ではない。
    • 「天和(テンホウ)」とは麻雀の役の1つで親の配牌の時点で既に和了の形が完成している状態を指す。(Wikipedia)
  • 上記2曲とは違い、BST付きの単独名義であることからPONが単独で作曲もしていると思われる。
  • 担当キャラ:SHISHITUGU (獅子次) [18-1P] (陣旗プログレッシブ、猫侍の逆襲(2P)、元禄花吹雪) [ジャケット表示]
    • 選曲画面のジャケットは上記「Brand New...」「沈まない月のように」と同じく各サイトでデジタル配信の『麻雀格闘倶楽部 真 Music Selection』のもの。
      • バナーもこのジャケットを元にしており、担当キャラの獅子次は描かれていない。
    • 獅子次がボーカル曲を担当するのは本楽曲が初。

2021/07/01配信

Revived After Ruined Shine

Rars (performed by BEMANI Sound Team "Akhuta Works")
【男性ボーカル】【ラップ】
[ロングポップ君搭載曲]

  • ラピストリア収録の「空に抗い堕つるとも」と同アーティスト・同キャラクターによる楽曲。
    • コンセプトは「ラーズというキャラクターが最近この星をレペゼンしているラップというものをやってみた曲」とのこと。(Akhutaツイート)
  • Akhuta Works名義でpop'nへの楽曲提供は本曲が初。
  • Akhutaが単独でpop'nにボーカル曲を書き下ろすのはうさ猫収録の「魂依」以来2作ぶり・4年3ヵ月ぶり。前作peace収録の「Festum Duodecimum!」は別名義(Gaius Iulius Akhutaros名義)、「Invisible Farewell」はdj TAKAとPONとの合作だった。
    • また、Akhuta単独名義のボーカル曲におけるBEMANI新曲もGITADORA EXCHAIN収録の「紅花」以来1年11ヵ月ぶりとなる。しかも、2020年は1曲も無かった。
  • Akhutaが担当キャラクターに扮した名義で楽曲提供するのはラピストリア収録の「乱れた風紀に天罰を」(「風紀委員 桐生」名義、作曲担当者PROJECT B-の正体はAkhuta(本人ツイートより。現在は当該ツイート削除済))に続く事例となる。ただしこちらは声を当てているのが別人であるためボーカリスト名義の曲であるとも言える。
  • 歌唱だけではなくラップもAkhutaが担当しており、氏がラップで参加するのもBEMANIシリーズ全体を通して初となる。*9
  • 曲名の「Revived After Ruined Shine」は直訳すると「廃墟の輝きの後に復活」。
    • 曲名の頭文字のみを取ると「RARS」、つまり担当キャラおよびアーティスト名義のラーズとなる。
  • Akhuta単独名義の英語タイトル楽曲はBEMANI機種全体で見てもGITADORA HIGH-VOLTAGE収録の「Kazekiri Rumble」に続き2曲目であり、ボーカル曲では初*10
  • 担当キャラ:Rars (ラーズ) [解明リドルズ新画風(旧アニメ)]
    • ハリアイは解明リドルズ新画風だが、衣装・アクションは [LT-1P] (空に抗い堕つるとも) と同一。2Pカラーは存在しない。
    • 依頼画面ではウォーカー[7]が登場しており、解禁曲の担当キャラと一致していない。
      • 宇宙に関連したキャラ同士であり、Akhuta作曲の「シンフォノベーティブロック / Stella Sinistra」(Akhuta Philharmonic Orchestra名義)を担当している繋がりや、ウォーカーがラーズのFEVERWINに他の宇宙関連キャラと共に登場していることによる関連性を考慮した選出と思われる。

2021/07/08配信

  • 家庭用カテゴリのみに出現し、新曲カテゴリからは選択できない。解禁後の「NEW」マークは付加される。

モード / お天気とチョコレート [EX]

パーキッツ
【女性ボーカル】
[ロングポップ君搭載譜面]

  • 公式曲紹介:(アーカイブ)
  • 楽曲初出はCS pop'n music 7。AC版へはpop'n music 9で移植された。
    • 当時の曲コメント
      【パーキッツさんは今回 フレンチジャズテイスト溢れる素敵な楽曲だよ。】(CS7)
      【大好きなら、雨だってへっちゃら!あなたに会いたい、ベリーベリー・スウィートソング。】(AC9以降)
  • ボーカル担当のふじのマナミはCS7では本曲の他に「テラピー / キミに届け」でも歌唱参加している。(そちらは[EX]未登場)
  • 担当キャラ:Candy (キャンディ) [3] (ハートフル、スウィートポップ(2P))
    • 同キャラ時は2Pカラーに変化する。

2021/07/22配信

Majestaria

onoken
【インスト】
[ロングポップ君搭載曲]

  • onoken単独名義でインスト曲を提供するのはうさ猫収録の「nalca」以来2作ぶり・3年7ヵ月ぶり。前作peace収録の「zeeros」は移植曲、「Celsus II」は夏川陽子歌唱曲であった。(告知)
  • ジェイド担当楽曲の[EX]がLv49でないのはこれが初。
  • 担当キャラ:Jade (ジェイド) [解明リドルズ新画風(旧アニメ)]
    • ハリアイは解明リドルズ新画風だが、衣装・アクションは [LT-1P] (Innocence、Prey) と同一。2Pカラーは存在しない。

2021/08/19配信

  • AC12 いろはカテゴリのみに出現し、新曲カテゴリからは選択できない。解禁後の「NEW」マークは付加される。

ビーチ / Into The Light [EX]

good-cool feat.CHiCO
【女性ボーカル】
[ロングポップ君搭載譜面]

  • 公式曲紹介:(アーカイブ)
  • 楽曲初出はpop'n music 12 いろは。
    • 当時の曲コメント【陽に灼けた素肌が痛むほど抱きしめて…灼熱のディーバが舞い降りる!】
  • 本譜面の登場によってアヤ担当曲の最高難易度が更新された。これまでは「マキシマム / Mighty Guy」[EX]の44が最高であった。
  • 担当キャラ:AYA (アヤ) [12]

2021/09/02配信

恋愛観測 -Rock Band Ver.-

KOYOMI BAND
【男性ボーカル】
[ロングポップ君搭載曲]

  • 担当キャラ:kaorin (かおりん) [20-1P] (ハッピーラブゲイザー、メニメニマニマニ(削除済)、SAKURAスキップ(削除済/2P)、Sing a Song Sign、おーまい!らぶりー!すうぃーてぃ!だーりん!、おーまい!らぶりー!すうぃーてぃ!だーりん! (DANCERUSH Style)、表裏一体!?怪盗いいんちょの悩み♥)
    • かおりんは本作で「表裏一体!?怪盗いいんちょの悩み♥」に続き2曲目の担当となる。
    • 同アルバム出典の「BLAZE∞BREEZE - WHITE LIE Version -」と違い、ジャケットは使用されていない。楽曲バナーも原曲を模したデザインになっている。
    • ハリアイも通常と同じもので、REMIXだがMZDは描かれていない。
    • かおりんが男性ボーカル曲を担当するのは今回が初。

2021/09/09配信

Leaf

BEMANI Sound Team "M"
【インスト】
[ロングポップ君搭載曲]

  • 「M」の正体は現時点で不明。今作でBEMANIシリーズ初登場。
    • (未確定)曲調から正体はdj TAKAの可能性が高い。
  • (修正済)「BEMANI Sound Team」と「"」の間にスペースが空いていなかった。
    • 本機種で過去にBST絡みの名義が全てスペース入りに統一された経緯があるため、こちらも後日修正される可能性が考えられていた。
    • 2021/12/14のアップデートでスペース入りに修正。
  • 担当キャラ:Lord Meh (ロード メェー) [解明リドルズ新画風(旧アニメ)]
    • ハリアイは解明リドルズ新画風だが、衣装・アクションは [20-1P] (ヴェラム、Timepiece phase II、Gray clouds(2P)) と同一。2Pカラーは存在しない。

2021/09/16配信

嘆きの樹 (BEMANI SYMPHONY Arr.)

金獅子 × Nagiha & Osamu Kubota + gaQdan
【インスト】【オーケストラアレンジ】
[ロングポップ君搭載曲]

  • beatmania IIDX 13 DistorteDからのアレンジ移植曲。原曲のジャンルは「CONTEMPORARY」。
    • 原曲紹介:(アーカイブ)
    • 原曲はDanceDanceRevolution(2014)、ミライダガッキ Ver.2にも移植されている。
    • 原曲のアーティストである「金獅子」の正体はdj TAKA。
      原曲の初出作品であるIIDX DDでは解禁イベントとして「CARDINAL GATE」が存在しており、原曲は同イベントにおける最終解禁曲だった。
      また、このイベントでは参加したアーティストが四聖獣の名を冠した名義で参加しており*11、TAKAが名乗っていた金獅子は厳密にはそれに含まれないが、四聖獣を統べる上位の立ち位置として登場している。*12
    • なお、本曲は初めてpop'nに収録された聖獣関連名義の楽曲でもある。
  • 2021/09/15発売のアルバム『BEMANI SYMPHONY ORIGINAL SOUNDTRACK』に収録されたアレンジである。(追加販売)
    • 公式XFD(2021/08/27公開):YouTube
    • 公式音源(2021/09/14公開):YouTube
    • 本曲のアレンジがBEMANIに収録されるのは本機種が初。
    • 同アルバムは発売翌日にbeatmania IIDX ULTIMATE MOBILEのMUSIC PLAYERでも配信されている。
    • アルバムがポニーキャニオン発売のため版権曲扱いになっており、タイトル画面のデモループでクレジットされている。
      ただし、キー音は存在する他、「TV・J-ポップ」カテゴリに含まれない、[BATTLE-HYPER]が無い等、通常の版権曲とは扱いが異なる。
    • アルバムでは「嘆きの樹 (Orchestra Arr.)」というタイトルだったが、ゲーム収録にあたり「嘆きの樹 (BEMANI SYMPHONY Arr.)」へ改題され、アーティスト名義にアレンジャーの名前も加わっている。
  • アレンジャー・ピアノ譜はNagiha、オーケストレーションをOsamu Kubota、アルバム全体のオーケストラアレンジの制作と演奏をgaQdanが担当。
    • Nagihaはサークル「Aine Acoustics」所属のアーティスト。BEMANIに楽曲が収録されるのは今回が初となる。
      氏は『BEMANI SYMPHONY ORIGINAL SOUNDTRACK』で「天空の夜明け」のアレンジも担当している。(告知)
    • Osamu Kubotaが関わる楽曲がpop'nに収録されるのは19 TUNE STREET収録の「ジャズ・アリア / L'eternita」(Celia名義)以来7作ぶり・約10年ぶりで、本名義では初となる。
      氏は過去に、dj TAKA 1st Album『milestone』収録曲として「嘆きの樹 Arbre triste -a la viennoise-」を提供しており、同楽曲のアレンジに携わるのは2度目となる。
    • ピアノ演奏はぜろいちが担当している。(告知1/2)
    • 2022/03/02よりjubeat festoとjubeat(アプリ)にも収録。
  • メインBPMは156。中盤で減速し一瞬だけ61まで下がった後、再び早くなる。
    • BPM推移:156-152-148-138-117-102-61-132-121-156-150
  • 担当キャラ:HAMANOV (ハマノフ) [pe/CS(1)-1P] (Festum Duodecimum!) [ジャケット表示]
    • ハリアイはpeace画風だが、衣装・アクションは [CS-1P] (クラシック1〜8) と同一。2Pカラーは存在しない。
    • 原曲がクラシック音楽ではないコナミオリジナル楽曲のオーケストラアレンジをハマノフが担当するのはAC10の「プレシャスアンコール / スウィーツ〜instrumental」以来となる。
    • 選曲画面のジャケットは上記『BEMANI SYMPHONY ORIGINAL SOUNDTRACK』のもの。
    • 楽曲バナーもジャケットを元にしており、担当キャラのハマノフは描かれていない。プレーシェアで「Licensed by PONY CANYON INC.」のコピーライトが入る。

2021/09/23配信

Inside Insight

BEMANI Sound Team "HuΣeR" feat.Fernweh
【女性ボーカル】

  • HuΣeRとFernwehのコンビの楽曲はLively及び本作にて「純真可憐デザイア」、今作収録の「DUAL STRIKER」がそれぞれ収録されているが、前者はIIDXからの移植曲で後者は連動イベント「BEMANI 2021真夏の歌合戦5番勝負」からの楽曲かつL.E.D.、Mayumi Morinagaとの合作曲だったため、pop'nオリジナル楽曲を提供するのは本楽曲が初。また、同コンビの楽曲かつFernweh歌唱曲では初の英詞楽曲である。
  • HuΣeRが単独でpop'nに楽曲提供するのはうさ猫収録の「Sing a Song Sign」以来2作ぶり・4年9ヵ月ぶり。
    • うさ猫収録の「Rejoin」は合同イベント「BEMANI SUMMER GREETINGS」からの楽曲、peace収録の「星屑の夜果て」はSYUNN、MarLとの合作、「place of the sky」はCROSSED FINGERS名義かつMarLとの合作、「狂水一華」は連動企画「毎週!いちかの超BEMANIラッシュ2020」かつSYUNNとの合作、上記の「DUAL STRIKER」は連動イベント「BEMANI 2021真夏の歌合戦5番勝負」からの楽曲かつL.E.D.との合作曲である。
  • ボーカルのFernweh(Kuroa*)がpop'nに参加するのはéclale収録の「爆臨!!イナカイザー!!」(KazuP&Kuroa*名義、源屋とのデュエット)以来3作ぶり・5年5か月ぶりとなり、pop'n書き下ろし曲でソロかつFernweh名義の参加は初。
  • 曲名の「Inside Insight」は直訳すると「中身の洞察」を意味する。また、読みが「インサイド インサイト」と韻を踏んだものになっている。
  • (未確定)作詞担当者は現時点で不明だが、前述の通り全編英詞であることからMarLの可能性がある。
    • もし、作詞担当者がMarLであるならば、HuΣeRとFernwehとMarLのトリオ楽曲はbeatmania IIDX 27 HEROIC VERSE収録の「VALKYRIAS -英雄誕生-」(pop'n未収録)以来約2年ぶり2曲目ということになる。
  • 担当キャラ:Agent (エージェント) [解明リドルズ新画風(旧アニメ)]
    • ハリアイは解明リドルズ新画風だが、衣装・アクションは [19-1P] (ハイパードラマティック) と同一。2Pカラーは存在しない。
    • エージェントが楽曲を担当するのは19 TUNE STREET収録「ハイパードラマティック / 薔薇は永遠に美しく」以来、10年ぶり

2021/09/30配信

サヨナラ・ヘヴン-Celtic Chip Dance Mix-

しのりゅー
【インスト】【チップチューン】
[ロングポップ君搭載曲]

  • CS11「コンテンポラリーネイション2 / サヨナラ・ヘヴン」のREMIX。原曲は14 FEVER!で移植。
    • beatmania IIDX ULTIMATE MOBILE限定アルバム『BEMANI 8bit collection』からの出典。
    • リミキサーコメント
    • 既にbeatmania IIDX ULTIMATE MOBILEでプレイアブル楽曲として登場している(AC未登場)。IIDXでのジャンル名はアルバムと同じ「BEMANI 8BIT COLLECTION」。*13
    • 本曲の収録により、UM限定アルバムにおけるpop'n初出曲のREMIXは全てプレイアブル楽曲として収録されたことになる。
      (経過観察)「murmur twins -CIVILIAN SKUNK mix-」のように他機種初出曲のREMIXも今後プレイアブル楽曲として収録されるかどうか。
  • pop'nに収録された「サヨナラ・ヘヴン」のREMIXとしてはpeace収録の「SDVX REMIX SELECTION for pop'n music vol.01」(メドレー構成曲として「サヨナラ・ヘヴン(かめりあ's NEKOMATAelectroRMX)」が含まれる)に続き2曲目となる。
  • しのりゅーは主にチップチューンを手掛けているアーティスト。(告知)
  • 担当キャラ:Yima (イマ) [14/CS(11)-1P] (コンテンポラリーネイション2、コンテンポラリーネイション6、Scars of FAUNA) [ジャケット表示]
    • 同アルバム出典の「777 -chip sambass arrange-」と同じジャケットを使用。
      • 楽曲バナーもジャケットを加工したものになっており、ジャケットの中央部分をそのまま切り出して全体の濃度を下げた上で左右ループさせているため、「BEMANI 8bit collection」の文字がわずかに写っている。「8bit」の文字の右側にイマのシルエットが存在することからのチョイスと思われるが、肝心のイマは曲名の「ヴ」の文字でほぼ隠れてしまっている。
    • リミックスだが、イマが「猫叉Master」名義以外の楽曲を担当するのは今回が初。

2021/10/07配信

煉獄事変

OSTER project
【インスト】
[ロングポップ君搭載曲]

  • 公式XFD(2020/06/05公開):YouTube
  • GITADORA Matixxからの移植曲。移植元ではPREMIUM ENCORE STAGE / ENCORE STAGE専用曲だった。EXCHAIN以降のDeluxe解禁チャレンジキャンペーン(楽曲配信時点)で解禁可能。
    • コナステ版GITADORAでは「コナステ GITADORA HISTORYパック vol.9」に収録。
  • OSTER projectが本曲初出当時(2018年)、GDのPREMIUM ENCORE楽曲を書き下ろすのは「九尾狐夜行」(天狐名義)以来3年ぶりで、本名義でのプレアンは初だった。
  • サントラのクレジットによるとベースは肥塚良彦。また、今までのGITADORA楽曲とは違い、ギターも彼が演奏している。
  • [NORMAL][HYPER][EX]総NOTE数の下2桁がいずれも「〜59」となっており、「〜獄」の語呂合わせと思われる。
    [EASY][BATTLE-N]はこれに当てはまらない。
  • 担当キャラ:ikkei (一京) [10-1P] (禅ジャズ、乾坤一擲) [ジャケット表示]
    • 一京の担当曲の曲名はいずれも漢字4文字であり、本曲もそれを踏襲している。

2021/10/14配信

Medieval Action

BEMANI Sound Team "Sota Fujimori"
【インスト】

  • Sota Fujimoriの書き下ろし新曲は上記の「Ancient Heritage」に続き今作2曲目となる。合作を除く氏が同一バージョンで2曲提供するのはSunny Parkの「トリックポップ / Smiling」「EDM / Into Your Heart」以来5作ぶり・約7年ぶりになる。
  • タイトルの「Medieval」には「中世の」もしくは「古めかしい、古風な」という意味があり、「Ancient(古代の) Heritage」の関連曲である可能性がある。
  • 担当キャラ:echidna (エキドナ) [解明リドルズ新画風(旧アニメ)]
    • ハリアイは解明リドルズ新画風だが、衣装・アクションは [14-2P] (サイケデリックトランス(1P)、ゴアトランス、御千手メディテーション(1P)) と同一。
    • 元は2Pカラーだったが今回1種類のみとなっており、元の1Pカラーに相当するものは存在しない。*14

2021/10/21配信

IDM / ZETA〜素数の世界と超越者〜 [UPPER]

Zektbach
【女性ボーカル】
[ロングポップ君搭載譜面]

  • 15 ADVENTURE「IDM / ZETA〜素数の世界と超越者〜」のUPPER。
    • 当時の曲コメント【精神にはりめぐらされた素数の迷宮を抜け、不完全な論理思考を超越したリアンの見た世界とは?】
  • バナー上で「UPPER」のスタンプが通常と異なり左端に捺されている。
  • メインBPMは180。中盤のみ90に半減し、その後再び180に戻る。
    • BPM推移:180-90-180
  • [EX]解明リドルズから登場の譜面で初のLv49となる。Lv49が収録されるのは前作の「MADSPEED狂信道[UPPER]」以来で約1年ぶりである。
    • 余談だが、これ以前にも「Chronoxia」が収録されてから「pop'n music éclale」稼働時までLv48が約11ヶ月間一切追加されなかった時期がある。
  • [EX]NOTE数の「1511」は素数であり、かつソフィー・ジェルマン素数(1511×2+1の「3023」も素数)およびエマープ(逆順の「1151」も素数)となっている。
    • 他の譜面は素数ではないが、[NORMAL]の「598」(2×13×23)は5^1+9^2+8^3(各桁の1乗〜3乗の和が元の数になる)という特殊な数、[HYPER]の「961」は31の2乗となっている。[EASY]の「308」の解説はWikipediaを参照
  • [BATTLE-N]新規譜面となっている。また、Lv28・NOTE数「670」であり、無印版の[BATTLE-N]Lv19「250」・[BATTLE-H]Lv25「380」よりも大きく上回っている。
  • 担当キャラ:Σ (シグマ) [15]
    • ハリアイイラストは無印版と同じで、同キャラ時は2Pカラーに変化する。
    • 依頼画面ではリソス[15]が登場しており、解禁曲の担当キャラと一致していない。
      • リソスはシグマに仕えているという設定があることから起用されたものと思われる。

2021/10/28配信

paparazzi

Yucky
【インスト】
[ロングポップ君搭載曲]

  • beatmania IIDX ULTIMATE MOBILE限定アルバム『OVER 200』からの出典。
    • プレイアブル楽曲としては本機種に先駆けて、既にDanceDanceRevolution A20 PLUSにて「EXTRA SAVIOR PLUS」解禁曲として収録されている。A3では無条件解禁。
    • BPM 200以上の楽曲が揃った同アルバム内で収録順の最終曲であり、収録曲の中で最も速い280となっている。
  • アーティストの「Yucky」の正体は現時点で不明。
  • 編曲は2人組ストリート系ユニット「The sad sad planet」が担当しており、サックス担当のkojiro kudo(工藤こうじろう)は上記の「Homesick Pt.2&3 -kudo version-」に続く楽曲収録となる。
  • 「paparazzi(パパラッチ)」はイタリア語で著名人を執拗に付け回してスクープ写真を狙うカメラマンを指す。
  • 担当キャラ:SMOKE (スモーク) [16-1P] (亜空間ジャズ、NINE PIECE) [ジャケット表示]
    • 選曲画面のジャケットは「OVER 200」のアルバムジャケットをそのまま使用しており、楽曲バナーにも同じ背景画像が使われている。
      • DDRで曲専用ジャケットが制作されていたが、本機種では使用されていない。

2021/11/11配信

Alia Dimensiva

BEMANI Sound Team "Akhuta Works"
【インスト】
[ロングポップ君搭載曲]

  • Sunny Park収録の「ドリームチャンプル / Dimensiva Vulnus」の続編曲。
  • 今作におけるAkhutaの書き下ろし新曲は上記の「Revived After Ruined Shine」に続き2曲目で、氏が単独名義かつ同一バージョンで2曲提供するのは初*15
  • 曲名の「Alia Dimensiva」はラテン語で「別の次元」という意味。
  • メインBPMは141。中盤のみ94まで減速し、その後再び141に戻る。
    • BPM推移:141-94-141
  • 担当キャラ:KANTA (カンタ) [解明リドルズ新画風(旧アニメ)]
    • ハリアイは解明リドルズ新画風だが、衣装・アクションは [CS13-2P] (ナイトメアカルーセル(1P)、ドリームチャンプル、StrayedCatz) と同一。
    • 元は2Pカラーだったが今回1種類のみとなっており、元の1Pカラーに相当するものは存在しない。*16
    • 依頼画面ではキング[pe旧]が登場しており、解禁曲の担当キャラと一致していない。
      • これまでのシリーズでカンタとの繋がりが薄く、両者の関連性は不明。今回の解禁曲の方面から見ても特に関係がないと思われる。
      • 強いて共通点を挙げるならば、依頼画面でのキングが[pe旧(6-2P)]のため、peace以降の新画風2Pカラー繋がり?
      • なお、過去にカンタの関連キャラクターとしてはカンタ人形を持っていて親友設定のロッテがいる。

2021/11/18配信

オレアの竪琴

BEMANI Sound Team "劇団レコード" feat.アマギセーラ
【女性ボーカル】
[ロングポップ君搭載曲]

  • 劇団レコードとアマギセーラがコラボするのは今回が初。
  • 劇団レコードがpop'nにボーカル曲を書き下ろすのはうさ猫収録の「メトロポリタン飛行」以来2作ぶり・4年8ヵ月ぶり。peace収録の「幻島アトランティス-4elements-」はインスト曲、「夕陽のダンディー」は別名義(劇ダンディーレコード名義)での楽曲提供だった。
  • ボーカルのアマギセーラのpop'n参加は今作収録の「Arcanum Arcanorum」に続き2曲目で、BEMANIシリーズ全体で見ても連動イベント「BEMANI 2021真夏の歌合戦5番勝負」収録の「MA・TSU・RI」(ぁゅ、かなたんとのデュエット、pop'n未収録)に続いて3曲目となる。
  • 「オレア(Olea)」は植物のオリーブ属のことで、「竪琴(たてごと)」はハープの別名を指す。
  • 担当キャラ:Kicoro (キコロ) [解明リドルズ新画風(旧アニメ)]
    • ハリアイは解明リドルズ新画風だが、衣装・アクションは [18-1P] (マンドリンステップ、Arcanos) と同一。2Pカラーは存在しない。

2021/11/25配信

彼岸花

cosMo@暴走P
【インスト】
[ロングポップ君搭載曲]

  • cosMo@暴走Pがpop'nに楽曲を書き下ろすのはéclale収録の「MADSPEED狂信道」以来3作ぶり・約5年5か月ぶり2曲目。
    • ただし、「MADSPEED狂信道」は別名義(cosMo@暴走Ultimate名義)での楽曲提供であったため、cosMo@暴走P単独名義でpop'nへの楽曲提供は今回が初。
  • [EX]解明リドルズの書き下ろし新曲では初となるLv49*17。また、AC版においては38譜面目の辛ゲージとなった。
  • 「彼岸花(ひがんばな)」はヒガンバナ科ヒガンバナ属の多年草で曼珠沙華という別名でも呼ばれている。原産地は中国大陸であり、日本においては帰化植物に分類される。
    • アーティストは異なるが、関連する曲名としてラピストリア収録の「曼珠沙華」が存在する。
  • 担当キャラ:DEBORAH (デボラ) [解明リドルズ新画風(旧アニメ)]
    • ハリアイは解明リドルズ新画風だが、衣装・アクションは [19-1P] (ジャズ・アリア、Erosion Mark(2P)) と同一。2Pカラーは存在しない。
      • 曲名からか、ハリアイ絵ではデボラの持つブーケに彼岸花も含まれている。

2021/12/09配信

霽れと褻と穢れ

BEMANI Sound Team "PHQUASE" feat.かなたん
【女性ボーカル】

  • PHQUASEのpop'n楽曲はSunny Park収録の「draw!!!!!」、peace収録の「voltississimo」が収録されているが、前者はSDVXからの移植、後者は連動企画「いちかのBEMANI投票選抜戦2019」からの楽曲だったため、pop'nオリジナル楽曲を書き下ろすのは今回が初。また、PHQUASEがぁゅ以外のボーカリストを起用するのもBEMANI全体を通して初となる。
    • なお、本曲の収録をもってbeatnation RHYZEメンバー全員がpop'n参加とオリジナル楽曲を書き下ろしたことになった。
  • 曲名の読みは「はれとけとけがれ」(ボーカル告知)
    • 日本人の伝統的な世界観を表した言葉であり、しばしばカタカナでも書かれる。
      「霽れ(ハレ)」は祭などの非日常、「褻(ケ)」は日常を表すとされる。また、「穢れ(ケガレ)」については諸説あり。(Wikipedia)
  • 担当キャラ:Kagome (かごめ) [解明リドルズ新画風(旧アニメ)]
    • ハリアイは解明リドルズ新画風だが、衣装・アクションは [16-1P] (エモ、ブルーバード、雨と鳥籠) と同一。2Pカラーは存在しない。
    • 依頼画面ではテルオ[7]が登場しており、解禁曲の担当キャラと一致していない。
      • テルオとかごめは共にAC7稼働前のキャラ名公募企画「PapaMama★7」*18で命名されたキャラであり(他にピータンも同様)、その繋がりと思われる。

2022/01/27配信

ΔΟΓΜΑ

iereas
【インスト/女性コーラス】
[ロングポップ君搭載曲]

  • 曲名の読みは「ドグマ」で「各宗教・宗派独自の教理・教義」を意味するギリシャ語。
    • うさ猫収録の「НУМЛ」と同様、曲名順ソート時は英字の「DOGMA」として扱われている。
  • アーティストの「iereas」の正体は現時点で不明。BSTが用いられてないことから外部アーティストまたは合作の可能性がある。
    • 「iereas(イエレアス)」は「(男性の)聖職者・司祭・牧師」を意味するギリシャ語「ιερέας」の英字表記。
    • その正体は配信当時では明かされていなかったが、2022/05/01の本楽曲関連のm@sumiのツイートより、『The Chattering Hatterさんとお茶をした際に、iereasさんから「『ΔΟΓΜΑ』を宜しくお願いしたいのですが、Twitterアカウントを持っておりません。」との伝言を預かりました』という伝聞形式での告知が行われた。
      このうち「The Chattering Hatter」については過去にm@sumi本人が自身の別名義であることを明かしているため、同じく名前が挙げられた「iereas」についてもm@sumiであることがほぼ確定的となった。
    • もし、そうであるならば氏が[EX]がLv50の楽曲を担当するのはSunny Park収録の「エンジェリオン / 生命の環を紡いで」(han@*mori名義、Power Of Natureとの合作)以来5作ぶり・約8年ぶりであり、別名義ではあるが単独では初ということになる。
    • 曲調や女性コーラスからm@sumi、もしくは上記アーティスト名の意味から男性アーティストをメインとした合作である可能性もあった。
  • [EX]解明リドルズの書き下ろし新曲では初となるLv50*19。また、AC版においては39譜面目の辛ゲージとなった。ロングポップ君の数は164個と「バトルダンス / シャムシールの舞 [UPPER][EX]の158個を超え最多を更新。
    • 加えて総ノーツ数も1882でAC収録曲中3位を記録している。
  • 序盤はBPM180メインで、一箇所のみ145まで下がりすぐ元に戻る。中盤以降は185→190と段階的に上昇し、終盤にて一時的に150まで下がった後、再び180に戻る。
    • BPM推移:180-165-160-150-145-180-185-190-180-170-160-150-180
  • 担当キャラ:the TOWER (ザ タワー) [解明リドルズ新画風(旧アニメ)] [使用不可]
    • ハリアイは解明リドルズ新画風だが、衣装・アクションは [19] (スケールアウト/第2形態) と同一。これまでのthe TOWERと同じくプレーヤー使用不可。
    • しかし今回はハイライトゲージを溜めた際に行うFEVERアクションが初公開された。元々内部データにあったものを再利用したものなのか、それとも今回のために新たに描き下ろされたものなのかは不明。
      • FEVER:黒塗りのミミとニャミがthe TOWERを頑張って登っている様子がうかがえる。
    • the TOWERが「BabeL」の文字を冠さない楽曲を担当するのは今回が初。

2022/02/03配信

結果オーライ!相性チェック

BEMANI Sound Team "肥塚良彦"
【男性ボーカル】

  • 肥塚良彦名義および本人単独歌唱でのpop'nへの楽曲提供は、うさ猫収録の「ランデブー・ピュア」以来2作ぶり・4年11ヵ月ぶり。
    • peace収録の「SESSION With You!」はPartyCrew(from GD&pm)名義(PON、MarL、Yvyaとの合作)かつ同時収録曲、「Gray clouds」はTrick Trap名義(泉陸奥彦とのユニット)かつ移植曲、「天鈴少女」は駄々子歌唱曲であった。
  • [EX]本譜面の登場によって、肥塚良彦単独ボーカル曲の最高難易度が更新された。これまでは上記の「ランデブー・ピュア」のLv42が最高レベルを記録していた。
  • 担当キャラ:OJ TSUYOSHI (OJ つよし) [解明リドルズ新画風(旧アニメ)]
    • ハリアイは解明リドルズ新画風だが、衣装・アクションは [うさ-1P] (ランデブー・ピュア) と同一。2Pカラーは存在しない。
    • 依頼画面ではマモル君[12]が登場しており、解禁曲の担当キャラと一致していない。
      • 本曲と同アーティストの「プロポーズ / ふたりのマニフェスト」を担当している繋がりと思われる。

2022/02/10配信

エモクトロ / 少年リップルズ [UPPER]

常盤ゆう
【女性ボーカル】
[ロングポップ君搭載曲]

  • 19 TUNE STREET「エモクトロ / 少年リップルズ」のUPPER。
    • 当時の曲コメント【夢と現の狭間。ほんとうが見つからない僕らの幻想ポップ】
    • 楽曲初出はjubeat ripples APPEND。REFLEC BEAT colette -Autumn-(悠久のリフレシアでも復活済)、GITADORA、BeatStream アニムトライヴ(稼働終了済)、beatmania IIDX INFINITASにも移植されている。
      特にIIDX INFINITASについては、pop'nにおける本譜面追加の前日に有料追加パック「jubeat セレクション 楽曲パック vol.1」にて配信されたばかりとなっていた。
  • 無印版には無い[EASY]が存在する。
  • [BATTLE-N]新規譜面となっている。また、Lv23・NOTE数「539」であり、無印版の[BATTLE-N]Lv11「245」・[BATTLE-H]Lv12「326」よりも大きく上回っている。
  • 担当キャラ:ookami-boy (オオカミ少年) [19]

2022/02/17配信

世界の果てに約束の凱歌を

Zutt feat.NU-KO
【男女混声ボーカル(女声メイン)】
[ロングポップ君搭載曲]

  • The 10th KONAMI Arcade Championship」BEMANI共通課題曲。
  • 2022/02/12開催のThe 10th KAC 女性部門 決勝ラウンド課題曲としてお披露目された。(登場演出/プレー開始)
    • BEMANIにおける原曲のプレイアブル収録は本機種が初登場だが、本機種の一般配信と同日にノスタルジア Op.3にも検定モード解禁曲として配信。
  • 初回選曲時のみThe 10th KAC 女性部門 決勝ラウンドと同様の特殊演出が流れる。(BATTLEモードはノーカウント)
  • メインBPMは195。サビの「奏でよう」の箇所のみ一瞬だけ192に下がり、その後、すぐ元に戻る。
    • BPM推移:195-192-195
  • 担当キャラ:Mimi Nyami (ミミニャミ) [解明リドルズ新衣装]
    • ミミとニャミが2人1組のキャラクターとなっている。衣装は通常のミミ/ニャミ[解]と同様だが、白と水色をベースにミミは青・ニャミは黄色をあしらった新規カラーとなっている。
      • プレイヤーキャラクターとしても使用可能。既存のミミ・ニャミやポッパーズ等とは別キャラクター扱いで、親密度ゲージが独立しており、対戦セリフも専用のものになっている。2Pカラーは存在しない。
        アニメーション流用ではあるが、新規の親密度ゲージを持ったキャラクターとしては彼女達が今作初となる。
      • 今回はコンビだが、ミミニャミがLv49の楽曲を担当するのは今回が初。
      • ミミニャミが連名表記で登場するのは、AC7の「ラジオ / BITTER SWEET SAMBA」(「DJ mimi nyami」(DJミミニャミ)表記、楽曲削除済だがキャラクターは使用可能)、CS14 FEVER!の「グレンラガン / BREAK THROUGH THE DREAM」(AC未収録)、18 せんごく列伝の「年号ロック / すわひでおのゴロゴロ年号覚え唄決定版」(「Mimi&Nyami」表記、ムービー形式のため使用不可)、20 fantasiaの「エピローグ / そして世界は音楽に満ちた」(「MIMI NYAMI」表記、ムービー形式のため使用不可)に続く形となる。
        また、ミミニャミ表記ではないが2人組コンビとしては過去に「ポッパーズ」として登場している。
      • 原曲は本来なら専用ジャケットが存在したが、pop'nでは使用されていない。
    • 基本は通常のミミ/ニャミ[解]が2人並んだ流用アクションだが、ニャミの一部と2種のWIN演出が新規のものとなっている。
      また通常では2種のWIN演出は共通したものだったが、今回はそれぞれ別の演出が用意されている。
    • NEUTRAL:2人で両腕を広げて走っている。
    • GOOD:2人で笑顔でジャンプする。
    • GREAT:2人でジャンプして虫眼鏡を取り出し、左目に当てる。
    • FEVER:本棚の中やゴミ箱、虫眼鏡で目の前を探し、並んだ2人がししゃも(という名前の猫)を発見する。
      ゴミ箱を探すのはニャミ、本棚の中と虫眼鏡で目の前を探すのはミミ。
    • MISS:ミミが右上を、ニャミが左上を向いて悩む。
    • WIN:ニャミが封筒らしき袋を持ち、ミミがししゃもを抱えて、手前のサトウさん(猫の飼い主)に笑顔で対応している。
    • FEVERWIN:カフェの中でミミとニャミがテーブルの上の複数のスイーツを見て目を輝かせているのを、後ろからししゃもを抱えたサトウさんが見ている。
      スイーツの周辺には2個のカップも置いてある。
    • LOSE:ミミが転倒して灰色の水に落ち、ニャミはそれを見て驚き、どちらも涙目になる。
      転倒の際にミミの袖から落ちた虫眼鏡がニャミの前を飛んでいき割れる。
    • ダンス:NEUTRAL→GOOD2回。通常のミミ/ニャミ[解]と同じだが2人並んでいる分、隠れる部分が多くなる。
    • CHARA-POPは下段がミミ、上段がニャミ、共に新規カラー。

2022/02/24配信

世界の果てに約束の凱歌を -Advent-

GeMiNioИ
【男性ボーカル】
[ロングポップ君搭載曲]

  • 上記「世界の果てに約束の凱歌を」の新規アレンジ。
    • beatmania IIDX 28 BISTROVER収録の「世界の果てに約束の凱歌を -ReUnion-」と同様、ボーカルアレンジかつ原曲とは異なる新規の歌詞となっている。
  • 2022/02/12開催のThe 10th KAC フリー部門 決勝ラウンド課題曲としてお披露目された。(登場演出/プレー開始)
    • (不具合?)初選曲時演出ではアーティスト名の最後の「N」が左右または上下反転ではなく180度回転されて「GeMiNioN」と表示されていたが、楽曲スタート時の画面では従来通りの「GeMiNioИ」となっている。
  • 「GeMiNioИ」はPONとAkhutaによるツインボーカルユニット。本名義の楽曲はこれまですべてKAC決勝曲かつ[EX]レベル49として登場しており、ラピストリア収録のThe 4th KAC決勝曲「RINИE」、うさ猫収録のThe 7th KAC決勝曲「K∀MUY」以来2作ぶり・4年ぶり・3大会ぶり・3曲目となる。
    • 加えて、GeMiNioИの楽曲のタイトルにleet表記が使用されないのは本曲が初。
    • ユニットメンバーのPONは原曲の作曲者でもあることから、全バージョン唯一の作曲者自身によるセルフカバー版に当たる。
      ちなみに、PONが自身の楽曲のセルフカバー版楽曲を手掛けるのは今回が初。
      近いケースとして、19 TUNE STREET収録の「ストリートチューン / 探検ノート(Street Style)」と「フロンティア / 探検ノート」は同一曲(19のタイトル曲)の別アレンジをPONとふじのマナミがそれぞれ歌唱している。
  • 初回選曲時のみThe 10th KAC フリー部門 決勝ラウンドと同様の特殊演出が流れる。(BATTLEモードはノーカウント)
    • 前述のアーティスト名の不具合も同様。
  • メインBPMは210。サビ途中のLP地帯のみ減速し、すぐ元に戻る。
    • BPM推移:210-175-140-115-70-210
  • [EX]AC版においては40譜面目の辛ゲージとなった。
  • 曲終了直後、一部のボタンに隠しキー音が複数ある模様。
    • (要確認)各譜面による違いがあるかどうか
  • 担当キャラ:iO・LOWER (イオ・ロア) [解明リドルズ新衣装]
    • 以前の衣装ではイオがメインのアニメになっていたが、今回はロアがメインになっている。2Pカラーも同時解禁。
    • 特殊演出時のイオ・ロアはハリアイ絵を元にしたアニメーションになっているが、画風がリドルズ風のキラキラしたものではない他、イオのイラストのポーズが若干違う箇所がある。特殊演出時は左手で正面を指差しているが、ハリアイ絵では左手は下げている。
    • ミミ/ニャミを除く既存キャラクターの新衣装としては彼らが今作初となる。
    • NEUTRAL:ロアが浮かびながら目を閉じて歌っている。
    • GOOD:横を向き歌いながら左手で正面に光のようなエフェクトを放つ。
    • GREAT:横を向いたロアの手前に右側からイオが現れ、白い光を発して左側へ去っていく。
    • FEVER:左からロア、右からイオが現れ並ぶと二人に光の羽(1Pは黄、2Pは青紫)が生え、正面に手をかざして歌う。
      その際、手前に白い棒状のようなもの(マイク?)が現れる。
    • MISS:周りに緑(2Pは赤)の光のようなものが現れ、横を向き右手を振り上げると光を弾くようなピンク(2Pは青)のエフェクトが発生する。
    • WIN:アップの二人が正面に光を放った後、並んで歌いながら光の羽を生やし、正面に手をかざして光のようなエフェクトを放つ。
    • FEVERWIN:アップの二人が正面に光を放った後、手前でしゃがむイオと奥で腕を組むロアに光の羽が生える。周りには白い羽根が舞っている。
    • LOSE:身構えるロアの手前にイオが現れガードした後、惑星へ光となって飛んで行く。
    • ダンス・オジャマ:並んで歌いながら光の羽を生やし、正面に手をかざして光のようなエフェクトを放つ。
    • CHARA-POPは下段がロア、上段がイオ。

2022/03/10配信

↑↑↓↓←→←→BA

meiyo
【男性ボーカル】

  • 公式MV(2021/10/25公開):YouTube
  • コナミコマンド35周年を記念して制作された楽曲。プロデューサーとしてTOMOSUKEが関わっている。
  • 既にSOUND VOLTEX EXCEED GEAR、DANCERUSH STARDOM、jubeat festoに収録済。後にjubeat(アプリ)、DanceDanceRevolution A3に収録。
    • 本曲配信時点で各機種のBEMANIカテゴリには含まれていない。
  • コナミオリジナル楽曲だが、「TV・J-ポップ」カテゴリからも選曲可能で、[BATTLE-HYPER]も実装されている。キー音無し。
  • 曲名の読みは「うえうえしたしたひだりみぎひだりみぎビーエー」。「じょうじょうげげさゆうさゆうビーエー」ではない。
    • ただし、他機種と異なり、曲名順ソートでは「記号」扱い。新曲では「「Sweet Love」」の下、記号カテゴリでは「@you」と「αρχη」の間に位置する。
  • meiyoは4人組ロックバンド「侍文化」のドラムスとして活動しているシンガーソングライター。
    • バンめし♪の「ビター・エスケープ / やぎぬまかな」(本機種未収録、GITADORA Matixxとjubeat festoに収録)に演奏で参加している。
  • 担当キャラ:VIC VIPER (ビックバイパー) [11-1P] (グラディウス、グラディウスII) [ジャケット表示]
    • 選曲画面のジャケットは他機種と同一のもの。
    • 楽曲バナーもジャケットを基にしており、プレーシェアでは「©Konami Digital Entertainment」のコピーライトが入る。
    • 担当キャラのビックバイパーは、コナミコマンド「↑↑↓↓←→←→BA」の初出がファミコン版『グラディウス』であることからの選出と思われる。
      • プレイヤー側がビックバイパーを使用しても、ロードブリティッシュに変化せず同キャラ対戦となる。
    • 依頼画面ではボーイ[6]が登場しており、解禁曲の担当キャラと一致していない。
      • ボーイがゲーマーという設定のキャラであることからの選出と思われる。

2022/03/17配信

Sputnik

Serph
【インスト】【エレクトロニカ】
[ロングポップ君搭載曲]

  • Serphがイベント隠し曲を手掛けるのは今回が初。加えて、バージョン稼働途中で氏の楽曲が登場するのも初となる。
  • 「Sputnik」(スプートニク)はロシア語「Спутник」の英字表記で、「付随するもの」から転じて「(人工)衛星」を意味する。
    • 旧ソビエト連邦が1957年10月4日に打ち上げた世界初の人工衛星「スプートニク1号」が有名であり、旧ソ連とアメリカとの宇宙開発競争の火蓋となった。
  • 担当キャラ:Sergei (セルゲイ) [解明リドルズ新画風(旧アニメ)]
    • ハリアイは解明リドルズ新画風だが、衣装・アクションは [11-1P] (ウチュウリョコウ) と同一。2Pカラーは存在しない。
    • セルゲイが楽曲を担当するのはAC11収録の「ウチュウリョコウ / Space Dog」以来約18年ぶりとなる。

2022/03/24配信

もうあおむけでいくしかない

Super Momo Tarosans
【女性ボーカル+男性シャウト】
[ロングポップ君搭載曲]

  • Super Momo Tarosansの正体はあさきと他複数名による合作名義の可能性が高い。BEMANIではこれまで「Burn Burn Burning」「RISE UP」「和風インザ洋風」を3曲提供しているが、いずれもGITADORAへの楽曲提供であるため、GITADORA以外の機種への楽曲提供かつpop'nに楽曲を書き下ろすのはこれが初となる。
    • これまでのメンバーは作編曲のあさきを中心に作詞やボーカルとしてMEG・YUKINO・SARAH等が参加していた。本曲におけるメンバーは現在不明。
    • 同ユニットに所属していたアーティストの組み合わせは、武装神姫BC稼働記念キャンペーンの際に収録された「ここからよろしく大作戦143」にて「あさき隊」名義で楽曲を手掛けていた経緯がある。この事からpop'nにおける実質的な同ユニットの楽曲収録は2曲目に相当すると思われる。
    • pop'n単機種を初出とするあさき曲はpeace収録の「なごりさえ」以来4年ぶりとなる。
      (不確定)また、歌唱担当がSARAHだった場合、pop'n単機種を初出とする氏の楽曲は初。MEG及びYUKINOが参加していた場合、両名のpop'n参加は今回が初になる。
  • 担当キャラ:SAPPHIRE (サファイヤ) [解明リドルズ新画風(旧アニメ)]
    • ハリアイは解明リドルズ新画風だが、衣装・アクションは [8-1P] (レディメタル) と同一。2Pカラーは存在しない。
    • サファイヤが楽曲を担当するのはAC8収録の「レディメタル / Over the night」以来約20年ぶりとなる。

2022/03/31配信

Bossa Gabba

BEMANI Sound Team "ZAQUVA"
【女性ボーカル】【ボッサ】【ガバ】
[ロングポップ君搭載曲]

  • ZAQUVA(ザクバ)はKONAMI所属の正体不明のアーティスト。BEMANIシリーズへの楽曲提供はbeatmania IIDX 29 CastHour収録の「Prohibited Props」、DanceDanceRevolution A20 PLUS収録の「ANTI ANTHEM」に次いで3曲目となり、pop'n書き下ろし曲かつボーカル曲では初。
    • 既存アーティストの別名義かもしくは新人か現時点で不明だが、「Prohibited Props」の公式コメントでは「はじめまして」と明記されている。
  • ボーカルは現時点で不明。
  • 担当キャラ:toa (トア) [解明リドルズ新画風(旧アニメ)]
    • ハリアイは解明リドルズ新画風だが、衣装・アクションは [LT-1P] (Hatcha Metcha Party、Jack in the Box) と同一。2Pカラーは存在しない。
      • 表情やポーズがラピストリアのハリアイ絵(1P・2P)とほぼ同じ構図となっている。画風が違うため判別は可能。
    • 依頼画面ではチョッキー[10]が登場しており、解禁曲の担当キャラと一致していない。
      • チョッキーの担当曲が「ガバ / disable dA STACK」であることからの繋がりと思われる。

2022/04/07配信

Bolide

BEMANI Sound Team "Yvya"
【インスト】
[ロングポップ君搭載曲]

  • アーティストの「Yvya」(読みはユウヤ)は2018/04入社のコナミに所属するゲームミュージックの作曲家、ギタリスト(参考)。
    • 氏の楽曲は既にpeaceに「Six String Proof」「多極性ニューロンの崩壊による人間の末路」、本作に「鋳鉄の檻」「Aftermath」が収録されているが、いずれも移植曲や連動曲かつ他アーティストとのコラボだったため、単独名義でpop'nへの楽曲提供はこれが初。
  • 「Bolide」(ボライド/ボリード)は「火球(流星の中で特に明るいもの)」という意味。
  • 担当キャラ:El Soluna (エル・ソルーナ) [解明リドルズ新画風(旧アニメ)]
    • ハリアイは解明リドルズ新画風だが、衣装・アクションは [19-1P] (プログレタンゴ) と同一。2Pカラーは存在しない。
    • エル・ソルーナが楽曲を担当するのは19 TUNE STREET収録の「プログレタンゴ / Red Roses」以来約11年ぶりとなる。
    • 依頼画面でははっぴ〜[17]が登場しており、解禁曲の担当キャラと一致していない。
      • 太陽・月・星の天体繋がり、および曲名との繋がりと思われる。

2022/04/14配信

The Lost Empire

BEMANI Sound Team "S-C-U"
【インスト】
[ロングポップ君搭載曲]

  • S-C-U(ショッチョー)がpop'n単機種に楽曲を書き下ろすのは16 PARTY♪収録の「浪速っ子ブギ / こなもん屋人情歌」(天下茶屋子名義、肥塚良彦との合作)以来、実に10作ぶり・14年ぶりのことになる。
    • なお、S-C-U単独名義かつインスト曲でpop'n単機種に提供するのは今回が初。他機種との同時収録曲ではSunny Parkの「スプリングテクノ / spring pony」、「ジャッジメント / 終末を追う者」(S-C-U×PON名義)などが存在する。
  • 曲名の「The Lost Empire」(ザ ロスト エンパイア)は英語で「失われた帝国」の意味。
  • 担当キャラ:SHOLLKEE (ショルキー) [解明リドルズ新画風(旧アニメ)]
    • ハリアイは解明リドルズ新画風だが、衣装・アクションは [20-1P] (ファルシオン) と同一。2Pカラーは存在しない。
    • ショルキーが楽曲を担当するのは20 fantasia収録の「ファルシオン / THE FIRST SPACE FIGHT from FALSION」以来10年ぶりとなる。

2022/04/21配信

あ〜あ。feat.ケンカイヨシ

chocck
【男性ボーカル】【ラップ】
[ロングポップ君搭載曲]

  • 今作におけるchocckの書き下ろし新曲は「なぞなぞ☆くりぷとからぁず 〜勇者メンマの大冒険〜」に続き2曲目。イベント隠し曲かつ男性ボーカル曲の提供は初となる。(告知)
  • ケンカイヨシは多数のアーティストに楽曲提供している作編曲家・音楽プロデューサー。音楽ゲームへの参加は初となる。(公式サイト)
    • 本格的にボーカルを務めるのは初とのこと。(告知)
    • 別アカウントではpop'nに対する熱い思いを語っている。(参考)
  • 「あ〜あ。」の「〜」は記号扱いになっているため、曲名「ア」カテゴリの最後尾に位置している。「あああ」扱いではない。
    • 一方、e-amusementサイトでは並び順における記号の優先順位が異なるため、曲データでは先頭に位置している。
    • 読みを「あああ」として扱った場合、50音順だと恐らくBEMANI全体としてこの曲が先頭であると思われる。
  • 本機種にてアーティスト名でなく曲名に「feat.」が挿入された曲は、うさ猫の「ゴールデンハート ft. Kimberley Nutbey」、peaceの「Bad Apple!! feat. nomico」に続き3曲目となる。
  • 担当キャラ:CHARA-O (チャラ王) [解明リドルズ新画風(旧アニメ)]
    • ハリアイは解明リドルズ新画風だが、衣装・アクションは [20-1P] (チュリースユーロ) と同一。2Pカラーは存在しない。
    • チャラ王が楽曲を担当するのは20 fantasia収録の「チュリースユーロ / マジヤバ最強伝説」以来10年ぶりとなる。

2022/04/27配信

  • 「俺ポップ / 垂直OK! [EX]」はAC9カテゴリのみに出現し、新曲カテゴリからは選択できない。解禁後の「NEW」マークは付加される。

俺ポップ / 垂直OK! [EX]

Jimmy Weckl feat.岩志太郎
【男性ボーカル】
[ロングポップ君搭載譜面]

  • 公式曲紹介:(アーカイブ)
  • 楽曲初出はpop'n music 9。
    • 当時の曲コメント【オレは男としてどこまでも垂直。本気のアダルトポップを聴いてくれ。】
  • 曲名は「まっすぐオッケー」と読む。楽曲バナーにふりがながついている。「すいちょく」ではないため曲名で探す場合は注意。
  • 歌唱担当の岩志太郎は作曲のJimmy Wecklがボーカル担当を行う際に使用する名義で、実質作曲・歌唱の同時担当曲になっている。本曲以外ではAC 10「J-アシッド / STATION」も存在。
  • 担当キャラ:Bronson (ブロンソン) [9]
    • 依頼画面ではスミ子[11]が登場しており、解禁曲の担当キャラと一致していない。
      • 対象曲と同作曲者の「オオサカ / 最強おばちゃん伝説」を担当している繋がりと思われる。

On dish or maindish?

red glasses feat.mami
【女性ボーカル】

  • mamiがred glassesの楽曲のボーカルを担当するのはpeace収録の「Welcome to pop'n fantasy」に続く事例となるが、あちらはNU-KO、秋成と共に歌唱参加した楽曲であったため、氏単独の楽曲で歌唱担当を行うことと、red glassesの楽曲でmami氏が単独でボーカルを務めるのは今回が初である。
  • 作詞はmamiが担当。
  • 担当キャラ:GRIM (グリム) [解明リドルズ新画風(旧アニメ)]
    • ハリアイは解明リドルズ新画風だが、衣装・アクションは [ec-2P] (蒼が消えるとき、大正吸血鬼奇譚(いずれも1P)) と同一。
    • 元は2Pカラーだったが今回1種類のみとなっており、元の1Pカラーに相当するものは存在しない。*20
    • グリムは今作で「大正吸血鬼奇譚」に続き2曲目の担当となるが、1Pカラーの新画風とは異なるイラストになっている。
      • 本曲の解禁後、本カラーが実質2Pカラーのような立ち位置となる。
      • 既存旧アニメの新画風が1P・2Pそれぞれ両方登場したケースは今回が初の事例。

Shades of Day

BEMANI Sound Team "PON"
【男性ボーカル】【ビートロック】
[ロングポップ君搭載曲]

  • pop'nにおけるPON単独ボーカル曲がイベント隠し曲として登場するのは今回が初。うさ猫収録の「玄兎ノ舞」は稼働後期でのデフォルト曲であった。
  • アーティストと曲調の組み合わせからGITADORA Tri-boost Re:evolve収録「3dim」(pop'n未収録)の流れを継ぐ楽曲と思われる。
  • 担当キャラ:Hugh (ヒュー) [解明リドルズ新画風(旧アニメ)]
    • ハリアイは解明リドルズ新画風だが、衣装・アクションは [20/CS(9)-1P] (ビートロック、ビートロック2(AC未移植)) と同一。2Pカラーは存在しない。
    • 彼はこれまでのシリーズでは家庭用出身曲のみを担当していたため、アーケード出身曲を担当するのは今回が初となる。
    • 余談だが、解明リドルズ稼働時の店頭ポスターの選曲画面にデフォルトで収録されていない「ビートロック2 / Wish」の存在が確認できたが、本曲の登場時点で未だに登場していない。
    • 依頼画面では旧ハリアイのヒュー[20/CS(9)]が登場しており、解禁曲のハリアイと一致していない。

2022/05/12配信

ヴァイオリンプログレッシブ / ポルターガイスト [UPPER]

96 feat.藤本美樹
【インスト】【ヴァイオリン】
[ロングポップ君搭載曲]

  • 16 PARTY♪「ヴァイオリンプログレッシブ / ポルターガイスト」のUPPER。
    • 当時の曲コメント【ヴァイオリンの旋律と複数の拍子が入れ替わる「ポリリズム」が融合したハードなプログレナンバー!】
  • 初出元の作品ではアーティストの96こと黒沢ダイスケ氏が初めてポップンに提供したオリジナル楽曲であった。本曲発表当時はKONAMI社員だったが、2017年に退社し、以降はINSPION所属となっている。
  • 藤本美樹はプログレッシブヴァイオリンロックバンド「FANTASMAGORIA」所属の女性ヴァイオリニスト。(公式サイト/ブログ)
  • 無印版はかつてpop'n portable 2のみ[EX]が1014→955に弱体化していた(AC版未反映)。本UPPERでは逆に強化された形になる。
  • 無印版には無い[EASY]が存在する。
  • 担当キャラ:PANDETH (パンデス) [16] (ブラックアルバム(2P))
    • 依頼画面ではピータン[7]が登場しており、解禁曲の担当キャラと一致していない。
      • パンダ同士という共通点の他、16 PARTY♪のイベント「あつまれ!ポップンパーティー♪」にてヴァイオリンプログレッシブの解禁の際にピータンが招待される為、そのイベント繋がりの可能性があると思われる。
      • 余談だが、投稿告知にある「パンダまつり」は、AC7稼働前のキャラ名公募企画「PapaMama★7」で、ピータンの名前候補に最後まで残っていたもののひとつであり、ピータンの攻撃セリフ「ぱんだまつり」(こちらは全てひらがな)としても採用されている。

2022/05/19配信

Mystery at the bar

Tomoyuki Uchida
【インスト】【チップチューン】【シャッフル】
[ロングポップ君搭載曲]

  • Tomoyuki Uchida本名義で新曲を書き下ろすのはうさ猫収録の「forever under construction」以来2作ぶり・4年半ぶりになる。peace収録の「おめでとう!おたんじょうび」はウッチーズ名義かつ内田裕之歌唱曲であった。
  • 担当キャラ:VANTAIN (ヴァンテーン) [解明リドルズ新画風(旧アニメ)]
    • ハリアイは解明リドルズ新画風だが、衣装・アクションは [7/CS(5)-1P] (キューバングルーブ、スムース) と同一。2Pカラーは存在しない。
    • ヴァンテーンが楽曲を担当するのはCS7収録の「スムース / ATTITUDE」(ACでは9で移植)以来約20年ぶりとなる。
      • 彼はこれまでのシリーズでは家庭用出身曲のみを担当していたため、アーケード出身曲を担当するのは今回が初となる。
    • 依頼画面ではシャーク[10/CS(5)]が登場しており、解禁曲の担当キャラと一致していない。
      • CS5出身キャラクター同士の繋がりと思われる。

2022/05/26配信

Poppin' Soda

nana(Sevencolors)
【インスト】【フューチャーベース】
[ロングポップ君搭載曲]

  • beatmania IIDX ULTIMATE MOBILE限定アルバム『OVER 200』からの出典。
    • 同アルバムの楽曲がpop'nに収録されるのは上記の「paparazzi」に続き2曲目となる。
    • プレイアブル楽曲としては本機種に先駆けて、既にDanceDanceRevolution A20 PLUSにて「EXTRA SAVIOR PLUS」解禁曲として収録されている。A3では無条件解禁。
    • beatmania IIDX ULTIMATE MOBILEのGAME PLAYモードにも収録。IIDXのジャンル名は「KAWAII FUTURE BASS」。
  • nanaはクリエイトチーム「Sevencolors」を主宰するトラックメイカー/DJで、作曲をはじめ作詞、DJ、ギタリスト、ボカロPなど幅広く活動している。過去にはMKとのユニット「Polyphonix」名義でも楽曲提供を行っていた(2019/07/07にMKが脱退)。
    • UMオリジナルアルバムからの楽曲ではあるが、pop'nへの楽曲収録はこれが初。
  • 担当キャラ:ちぇるみん [うさ-1P] (ドッペルゲンガー) [ジャケット表示]
    • 選曲画面のジャケットは「OVER 200」のアルバムジャケットをそのまま使用している。
      • 上記の「paparazzi」と同様、DDRで曲専用ジャケットが制作されていたが、本機種では使用されていない。
      • 一方で、楽曲バナーはどちらのジャケットとも異なる別のイラストを使用している。
    • 依頼画面では仲嶋さん[10]が登場しており、解禁曲の担当キャラと一致していない。
      • Special Riddlesに鳥が関連していることからの選出と思われ、本曲およびちぇるみんとの直接的な関連性はないと思われる。

*1 pop'n側ページのコメントでは「パンタグラフ」と明記されているが、IIDX側ページでのコメントでは伏字になっている
*2 その後も「Lucy」(IIDX 10th、ライナスの姉ルーシーより)や「旅人リラン」(IIDX 18 Resort Anthem、ルーシーとライナスの弟リランより)等、同作のキャラクターを元ネタとしたと思われる楽曲がある。また、「ペパーミントは私の敵」(ee'MALL、pop'n 9で収録)は常盤ゆうのアロマオイルシリーズに属しているが、私の敵という曲名から同作のペパーミント・パティも元にしている可能性が考えられる
*3 「DREAMING-ING!!」、「恋のパズルマジック」、「Strawberry Chu♡Chu♡」、「Twin memories W」、「恋時雨」
*4 「ハイブリープ / 恋する☆宇宙戦争っ!! / Prim」、「ハイコア / †渚の小悪魔ラヴリィ〜レイディオ† / 夏色ビキニのPrim」、「ハイνブリープ / キャトられ♥恋はモ〜モク / ギュ〜っとしたい♥Prim」、「ベースボールヒロイン / 轟け!恋のビーンボール!! / ダイナミック野球兄弟 v.s. クロスファイヤーPrim」
*5 リエ:「ビタミンポップ / WORLD COLOR」「プリズムユーロ / 7 Colors」、さなえ:「いぇす!ゆゆゆ☆ゆるゆり♪♪」(削除済)
*6 リエ:「ガールズ・カントリー / Twin Trip」、さなえ:「チェンバーポップ / ボクをさがしに」
*7 pop'n 10「カドルコア / murmur twins (guitar pop ver.)」、peace「カドルコア / murmur twins」「カドルコア[UPPER] / murmur twins (guitar pop ver.)」
*8 AC9収録「プライド / 掌の革命」(第1作の紐緒結奈のイメージソングのカバー)、CS10(AC未移植)収録「ビートロック2 / wish」(『Girl's Side 2nd Kiss』挿入歌)、CS11/16 PARTY♪収録「ビートロック3 / Days」(『Girl's Side 2nd Kiss』挿入歌)、フィーチャーフォン版pop'n M(サービス終了済 / AC未移植)収録「ガールズサイド / SHINE」(『Girl's Side 3rd Story』OPテーマ)、peace収録「50th Memorial Songs -二人の時 〜under the cherry blossoms〜」(第1作グッドエンディングテーマの英詞カバー)
*9 ただし、未プレイアブル楽曲を含めるとREFLEC BEAT groovin'!!のサントラのボーナスディスクに収録された「Nigra Ludia -ゲット&プレー宣伝用唱歌版-」(Akhuta rejected by Akhuta名義)も存在する。
*10 上記の「Invisible Farewell」も英語タイトルだが、dj TAKAとPONとの合作曲のためノーカウント。またperson09名義であればbeatmania IIDX 26 Rootage収録の「A Tale Hidden In The Abyss」、連動企画「おとどけ!トロッコ大作戦」の「Catapulted Arch」(いずれもpop'n未収録)が存在する
*11 「waxing and wanding / 青龍(=Ryu☆)」「CONTRACT / 朱雀(=DJ YOSHITAKA)」「華蝶風雪 / 白虎(=Tatsh)」「Ganymede / 玄武(=wac)」
*12 中国神話で本来上位にあたるのは「麒麟」や「黄龍」であり、うち麒麟名義は後にIIDX 22 PENDUAL収録曲「Broken Sword / 金獅子 vs 麒麟(=Akhuta)」で実現している
*13 IIDX版のみ曲名が僅かに異なり「サヨナラ・ヘヴン(Celtic Chip Dance Mix)」になっている
*14 同様の扱いのキャラクターは、ラピストリア「FRAGMENTS 〜ふたつの記憶〜」のかごめ(元は[7-2P])、うさ猫「辿る君を超えて」のMZD(元は[20-2P])、peace「カウボーイ / Blue River [UPPER]」のキング(元は[6-2P])、「ボタン」のニャミ(元は[6-2P])、「cucumis melo」のタクト(元は[LT-2P])に続き6例目となる
*15 氏は過去に同一バージョンで2曲提供することがあったが、ラピストリア収録の「RINИE」(The 4th KAC決勝曲)、うさ猫収録の「K∀MUY」(The 7th KAC決勝曲)はGeMiNioИ名義(PONとのユニット)、peace収録の「Invisible Farewell」はTAKAとPONとの合作曲のためノーカウント
*16 同様の扱いのキャラクターは、ラピストリア「FRAGMENTS 〜ふたつの記憶〜」のかごめ(元は[7-2P])、うさ猫「辿る君を超えて」のMZD(元は[20-2P])、peace「カウボーイ / Blue River [UPPER]」のキング(元は[6-2P])、「ボタン」のニャミ(元は[6-2P])、「cucumis melo」のタクト(元は[LT-2P])、上記の「Medieval Action」のエキドナ(元は[14-2P])に続き7例目となる
*17 上記の「IDM / ZETA〜素数の世界と超越者〜 [UPPER]」は旧曲の新譜面、「Triple Cross」は多機種連動イベント楽曲のためノーカウント
*18 アーカイブ(募集/結果)
*19 デフォルト楽曲の「インボルク / 生命の焔纏いて [UPPER]」は旧曲の新譜面のため、ノーカウント
*20 同様の扱いのキャラクターは、ラピストリア「FRAGMENTS 〜ふたつの記憶〜」のかごめ(元は[7-2P])、うさ猫「辿る君を超えて」のMZD(元は[20-2P])、peace「カウボーイ / Blue River [UPPER]」のキング(元は[6-2P])、「ボタン」のニャミ(元は[6-2P])、「cucumis melo」のタクト(元は[LT-2P])、上記の「Medieval Action」のエキドナ(元は[14-2P])、「Alia Dimensiva」のカンタ(元は[CS13-2P])に続き8例目となる

Last-modified: 2022-05-29 (日) 00:28:09
Site admin: iMp95
mail : imp@callusnext.com (←@を半角に)