pop'n music peace

ポップンスコアチャレンジ: 蛇神 / Zektbach
(2020/11/18 10:00 START〜2020/11/25 05:00 END)

新曲雑記/隠し曲(ポップンイベントアーカイブ)詳細


ポップンイベントアーカイブ解禁曲

  • イベント詳細は「ポップンイベントアーカイブ」を参照
  • BEMANI Fan Siteでの紹介コメントはそれぞれ以下で共通。楽曲個別のコメントは用意されていない。
    • 2020/03【新イベント「ポップンアーカイブ」で登場!懐かしの解禁イベントで新曲ゲット♪】
    • 2020/04以降【「ポップンイベントアーカイブ」に登場♪pop'n music ○○のイベントを思い出してみよう!】
      • EXTRAは【「ポップンイベントアーカイブ」に登場♪】のみ。

2020/03/17配信

pop'n music 11 ポップンツーリスト

station CRUX

m@sumi
【インスト】
[ロングポップ君搭載曲]

  • 担当キャラ:OCTAVE (オクターブ) [peace新画風(旧アニメ)]
    • (ハリアイ&バナー)
    • ハリアイはpeace新画風だが、衣装・アクションは [11-1P] (ウインドギター) と同一。2Pカラーは存在しない。
    • AC11当時の担当曲「ウインドギター / perfect green」は16 PARTY♪で削除されたため、今作で実に12年ぶりの担当曲を持つことになった。

2020/03/19配信

pop'n music 11 ポップンツーリスト

ナンキョク / クラゲータ [UPPER]

Kurotou mur.mur.
【男性ボーカル】
[ロングポップ君搭載曲]

  • 公式曲紹介・試聴:(アーカイブ)
  • AC11「ナンキョク / クラゲータ」のUPPER譜面。
    • 当時の曲コメント【これが本物の南極音頭!?ところで南極にクラゲいたっけ?】
  • [EX]Kurotou mur.mur.単独名義では最高レベルを更新した。これまでの同名義の楽曲はee'MALL 2nd avenue「エクスペリメントラップ / old“O”」「ナンキョク / クラゲータ」の[EX]が最高レベルの43を記録していた。
    • 単独名義以外の参加曲では「グランヂデス / ULTRA BUTTERFLY (坤剛力)」「ヒップロック5 / 一激必翔」(Des-ROW・組スペシアル名義)の[EX]がそれぞれ最高レベルの48を記録している。
  • [EX]総ノーツ数は1024で、(1025以上から)ゲージ回復が少し重くなる所謂「微辛ゲージ」を回避している。初出レベル47でこの仕様なのはSunny Parkの「スウィングラテ / coffee break」[EX]*1以来。*2
  • 担当キャラ:SOUTH (サウス) [11]

pop'n music 12 いろは ポップン秘伝忍法帖

おたすけ!アン子ちゃん (シノビアンレディーのテーマ 弐)

ARM × 狐夢想 ft.ricono
【女性ボーカル】
[ロングポップ君搭載曲]

  • 試聴(CHECK!SONGS 2020 March)(♪)
  • ARM(IOSYS)及び狐夢想による楽曲提供はうさぎと猫と少年の夢「乞い祈みの撫子」以来となる。
  • riconoはかつて「水瀬ましろ」として活動していた東方アレンジのボーカルなどを手掛ける歌い手。2018年に現在の名義に改名。
    • BEMANIでは過去にéclaleにて「Together!」(公募曲、UNISON LINKS 名義)およびSDVX IVにて「Burn everything」(版権曲、LiLA'c Records 名義)が収録。コナオリ曲に参加するのはbeatmania IIDX 27 HEROIC VERSE 収録の「Inferno of Fomalhaut」に次いで2曲目。
  • 担当キャラおよび曲名の「弐」から12 いろは「ニンジャ卍ヒロイン / 忍びアン子は恋の呪文」の流れを汲む楽曲と思われる。
    • 同曲はAC8「ニンジャ卍ヒーロー / ニンジャヒーロー⚡シノビアン」の流れを汲んだ楽曲群「シノビアンシリーズ」の一編でもあった。このため本曲は同シリーズの流れを汲んでいると思われる。
    • 同シリーズの2曲は終盤のBPM変化が特徴的だったが、本曲はBPM変化はなし。
  • [EASY]のみロングポップ君が存在しない。
  • 担当キャラ:シノビアンコ [peace新画風(旧アニメ)]
    • (ハリアイ&バナー)
    • ハリアイはpeace新画風だが、衣装・アクションは [12-1P] (ニンジャ卍ヒロイン) と同一。2Pカラーは存在しない。

2020/03/26配信

pop'n music Sunny Park ポップンウォーカー

ポチコの幸せな日常 (狂犬U`x´UばうわうHARDCORE Remix)

NU-KO remixed by RoughSketch
【女性ボーカル】
[ロングポップ君搭載曲]

  • 試聴(CHECK!SONGS 2020 March)(♪)
  • Sunny Park収録「わんわんコア / ポチコの幸せな日常」のREMIX。
    • 過去にPON 1stアルバム「Power Of Nature」にてSota Fujimoriによるリミックスの「ポチコの幸せな日常(SF_Edit)」が存在していた(非プレイアブル)が、今回のリミックスは同曲と異なる新規リミックスとなる。
    • pop'n初出のNU-KO曲のリミックスは過去にもPON 1stアルバム「Power Of Nature」コナミスタイル盤限定特典DL楽曲として後にラピストリア収録された「恋愛観測 -VENUS Mix-」が存在している。
  • RoughSketch/unoのpop'n参加はラピストリアの「√太陽系◎ドーナツ化計画∞∀∞」以来、約5年ぶりかつ3バージョンぶりとなる。また、同名義でのpop'n収録曲はSDVXからの移植曲「Warriors Aboot」が存在するが、pop'nオリジナル曲では初になる。
  • 本曲を解禁出来るイベントは同作の前半で開催された「ポップンウォーカー」だが、原曲は後半で開催された「わいわいポップン動物園」で解禁出来た楽曲だった。
  • 楽曲の歌詞は原曲のゲームサイズ版の物に加えて、Sunny Parkのサントラに収録されたlong ver.(及び上述の「(SF_Edit)」)で増えた箇所の歌詞も使用されている。
  • 担当キャラ:pochiko (ポチコ) [peace新画風(旧アニメ)]
    • (ハリアイ&バナー)
    • ハリアイはpeace新画風だが、衣装・アクションは [SP-1P] (わんわんコア) と同一。2Pカラーは存在しない。
    • ハリアイにはMZDも一緒に描かれているが、今作の他のREMIXと同様、プレー中のアニメにMZDは一切登場しない。

2020/04/01配信

pop'n music 12 いろは ポップン秘伝忍法帖

ハイパーロッケンローレ / エイプリルフールの唄 [UPPER]

AKIRA YAMAOKA
【女性ボーカル】
[ロングポップ君搭載曲]

  • 公式曲紹介・試聴:(アーカイブ)
  • 12 いろは「ハイパーロッケンローレ / エイプリルフールの唄」のUPPER譜面。
    • 当時の曲コメント【ポプれ青春!ニュージェネレーションサウンド!ピカっ!】
  • ジャンル名は「ハイパーロッケンローレ」だが、サントラ及びバナーでは「うそつき▽ハイパーロッケンローレ」と表記されている。
  • 楽曲のボーカルはOCEANが担当。同アーティストの組み合わせはpop'nでは14 FEVER!収録の「ポップデスコ / popdod」も存在。
  • [EX]山岡晃による提供楽曲では最高レベルを更新した。これまでの氏の楽曲は12 いろは「ハイパーロッケンローレ / エイプリルフールの唄」と14 FEVER!「ポップデスコ / popdod」の[EX]が最高レベルの45を記録していた。
  • 担当キャラ:HIPOPO&TAMAYO (ヒポポ&タマヨ) [12]
    • 彼らは本曲にちなんでか、毎年ポップン公式が行っているエイプリルフール企画のマスコットキャラクターとしても起用されていた。

2020/06/04配信

pop'n music 15 ADVENTURE わくわくミミニャミ探検隊

Crumble Soul

lapix
【民族系】【女性ボーカル】
[ロングポップ君搭載曲]

  • 試聴(CHECK!SONGS 2020 April〜June)(♪)
  • lapixによるpop'n新曲はうさぎと猫と少年の夢収録「Over Da Moon」以来となる。
    • 同曲は楽曲公募イベント「キャラクターからクリエイト!ポップンオリジナル楽曲コンテスト」の採用曲なので、公募以外の機会での楽曲提供は今回が初になる。
  • 単独名義しか記載されていないが、ボーカル担当はかなたん。(twitter)
    • 氏も作曲のlapix同様に今回が初の公募以外の機会での楽曲提供となる。
    • なお、pop'nに収録された氏がボーカルを担当している楽曲は本曲を含めて4曲となる。
  • 担当キャラ:Nadi (ナディ) [peace新画風(旧アニメ)]
    • (ハリアイ&バナー)
    • ハリアイはpeace新画風だが、衣装・アクションは [15-1P] (エンシャントユーロ) と同一。2Pカラーは存在しない。
    • ナディが新曲の楽曲担当になるのは、初出曲の「エンシャントユーロ / In The Ruins」以来、実に13年ぶりの事になる。

2020/06/11配信

pop'n music 20 fantasia それゆけ!ポップンクエスト

トランスコア / FLOWER [UPPER]

DJ YOSHITAKA
【インスト】
[ロングポップ君搭載曲]

  • 公式曲紹介:(アーカイブ)/(試聴動画)
  • 20 fantasia「トランスコア / FLOWER」のUPPER譜面。楽曲初出はjubeat knit APPEND & REFLEC BEAT(APPEND FESTIVAL)。
    • 当時の曲コメント【印象的なリフレインが美しい、混沌の中に咲いた一輪の花(FLOWER)】
  • 既に「FLOWER」としては本曲配信時点でAC現行稼働中のBEMANI全機種に収録となり(リミックス含む)、さらに天下一音ゲ祭やCHUNITHMにも移植されたことで一部を除く現行AC音ゲーのほぼ全てに網羅されている、スマートフォン版BEMANI各種でも配信されている。
  • 本曲は20 fantasiaでは「それゆけ!ポップンクエスト」ではなく、その後に行われた「pop'n music Sunny Park & REFLEC BEAT colette同時ロケテスト開催記念イベント」で解禁出来る楽曲だった。
    • なお、本曲は元々イベント名の通り、次回作のSunnyParkからの先行収録曲という扱いだった。
  • 【全譜面】ブレイク前の「ギュイーン」地帯は通常譜面では、「よしたかトルネード」と称される階段地帯だったが、[UPPER]譜面では他機種の譜面を踏襲したロングポップ君地帯に差し替えられている。
    • なお、20 fantasiaの公式HPの曲紹介ページによると「本曲の移植のためだけにロングポップ君を導入する案があったが、没になりよしたかトルネードが採用された」との事で、8年越しにロングポップ君搭載譜面が実現した形となる。
  • 担当キャラ:knit (ニット) [19-3P]
    • ハリアイイラストはjubeat版のジャケットの構図を再現していた無印版と異なり、「キルト」と同じ通常版のイラストを流用している。このため、バナー内のイラストとハリアイが一致していない。

2020/06/18配信

EXTRA

クリアトーン / さようならは言わないけれど

Water Stand
【男性ボーカル】

  • 公式曲紹介・試聴アーカイブ:(曲紹介) / (試聴・キャラ紹介)
  • CS pop'n music 10からの移植曲。
    • CS10は2004/11/18発売のため、実におよそ15年半越しのAC移植となる。
    • 当時の曲コメント【なにか大きな目標に向けて頑張るときは、こんな軽快なリズムにのっていきたいね!】
  • アーティストの「Water Stand」は「イノセント2 / 君と微笑みと・・・」を参照。本曲が家庭用pop'nで登場した時期は「イノセント2」の後になっている。
    • 後に同ユニットはCS11にて本曲と同じく「クリアトーン」をジャンル名に冠した「クリアトーン2 / 流れの途中で」(AC未移植)を発表している。
  • 今作の他のCS移植曲と同様、peace新曲カテゴリに出現する。家庭用カテゴリからは選択できない。
    • 家庭用当時の楽曲固有背景も同様に移植されていない。
  • 曲名はéclale収録の「Good bye, Summer〜さよならは言わない〜」に似ているが、無関係。
  • [EASY][EX]のレベル差の最小値を大幅に更新(17→35、差18)。それまでは「ウラ・ヒップロック2 / 男々道」の23→45(差22)だった。
  • 担当キャラ:文彦さん [peace/CS(10)] [家庭用からの移植キャラクター]
    • キャラメイキング(アーカイブ) / (ハリアイ&バナー)
    • 不思議な形の帽子と袴を履いた書生。本名「浅見文彦」。
    • 「イノセント2」「スライ」等とは違い、CS当時のアニメそのままで移植されている。2Pカラーも同時解禁。
    • 彼のCSでの初出は本曲が先だったが、アーケード版pop'nにてCS 12いろはでの担当曲「昭和怪奇譚 / 鹿鳴館の怪人」で別アニメで既に登場していた事から、AC 15 ADVENTUREでの同曲の移植から実に約13年越しでの初代アニメの登場になる。
    • (不確定)以降の家庭用移植でも文彦さんと同じく「ACでのキャラ移植から長らく時間を経てから初出時の担当曲及びアニメが移植される」という事例が見られる可能性がある。
    • NEUTRAL:紅葉が舞う中、目を閉じて右向きに歩いている。
    • GOOD:本を持って一回転。
    • GREAT:反対に飛んでいく紙飛行機を見つめ、帽子を取る。
    • FEVER:目を開けてゆっくり歩き続ける。映画のフィルムが重なっている。
    • MISS:目を開けたら白と水色の模様の下着が顔にかぶさり、涙目になって進んでいく。その後に元の位置に戻る。(2Pでは赤い前掛け)
    • WIN:家の窓辺で本を読んでいる。
    • FEVERWIN:WINの様子が画面の上に映し出され、下の方で女の子がそれを眺めている。本人がこちらを見ると女の子が恥ずかしがる。また、この場面では俳句が表示されている。「君恋し つのることのは 初紅葉」
    • LOSE:紅葉の中でこちらを向いて1秒後、画面の奥に去っていく。
    • オジャマ:GOODループ
    • ダンス:画面内を歩いていく。右下で女の子が顔を出して見ている。

EXTRA

Popperz Chronicle [UPPER]

pop'n masters
【メドレー】
[ロングポップ君搭載曲]

  • The 9th KAC pop'n music 男性部門決勝ラウンドでお披露目された「Popperz Chronicle」のUPPER譜面。無印版と同様、初選曲時にはKACと同じ演出が入る。
  • 構成楽曲等は無印版参照。
    • 「Chaos:Q」パートのBPMが201→100→201→402になっているという違いがある。
  • [EX]AC版においては31譜面目の辛ゲージとなった。同時に、peaceカテゴリで6譜面目のLv50となった。
    • 無印版とUPPER版で対になっていて、(例外はあるが)基本的に前者で元譜面が引用されているパートでは後者では引用されておらず、その逆も同様になっている。
    • 太字の箇所は既存譜面を引用している。一部変更がある場合は注釈に記載。
      J-テクノ→プログレッシブバロック(EX)ニエンテ(EX)*3→トイコンテンポラリー→サイレント(EX)→ふること→スケールアウト(EX)→トワイライトチャイム→ムラクモ(EX)→エンジェリオン→L-an!ma(EX)→НУМЛ→Chaos:Q(EX)*4o†o(EX)*525 o'clock the WORLD(EX)
  • 無印版とUPPER版が同バージョン内に登場するのは本曲が初となる。
    • 従来、UPPER版のバナーは無印版のものを加工して「UPPER」スタンプを捺したのみだったが、本曲のみ無印版と異なる新規のバナーになっている。
    • 解禁後、選曲画面のpeaceカテゴリに同一曲名で並ぶことになるため注意。曲名順では無印版→UPPER版の順に並ぶ。リストに並んでいる状態でもキャラアイコンの色が異なるため区別可能。
  • 担当キャラ:MZD [peace新衣装()-2P]
    • 2PカラーはUPPER譜面と同時解禁される。無印版を未解禁の場合は1Pカラー使用不可。
    • 2Pカラーを使用してUPPER譜面をプレーしても左右同カラーとなる。
    • 2Pカラーのハリアイイラストが1Pとは異なっており、?とMZDの配置が左右逆になっている他、ポーズや周囲に配置された小物も1Pと全く異なる。
      • (修正済)また、当初2Pカラーの配色や小物など、プレーデータ上での画像にゲーム画面との微妙な違いが見られた(主線が黒い、蝶が描かれていないなど。参照:e-amusementアプリの投稿)
        2020/06/25でプレーデータ上もゲーム画面と同じイラストに変更されている。
    • 各種アニメ詳細は無印版を参照。

2020/07/02配信

pop'n music 15 ADVENTURE わくわくミミニャミ探検隊

BEEF

BEMANI Sound Team "牛"
【男性ボーカル】【ラップ】
[ロングポップ君搭載曲]

  • 試聴(CHECK!SONGS 2019 May)(♪)
    • 曲コメント【だけども僕たち同じ牛だから おいしくたべてほしい】
  • jubeat festoからの移植曲。
    • 移植元のjubeatは2019/05のT-emo STORE解禁曲で、その後も特定の月のT-emo STOREにて復活配信されることがある。
  • jubeat festoサントラのクレジットより、ボーカルは「埼玉ホルスタイン脇田」(wac)、「テキサスバッファロー角田」(L.E.D.)、「神戸サンダー牛佐伯」(ショッチョー、本名が佐伯茂治)。
    • このうちL.E.D.がボーカルとしての参加は本曲のfesto収録当時、BEMANIシリーズ全体通してGD V5収録曲「LAST SCENE」以来10年ぶりとなっていた*6
    • wacとL.E.D.の2名はIIDX等で「度胸兄弟」というユニットを組んでおり、事実上の同ユニットにおける新曲にも該当する。
    • festo収録「星の小舟」や連動イベント初出「Afterimage d'automne」等で使用されている「猫叉劇団」に続き2例目のBSTが冠された合作曲となっている。
      本曲配信時点で合作名義にBSTが付くのは「猫叉劇団」と「牛」のみの特例となっていた。*7
      後にIIDX 27 HEROIC VERSEの「Dans la nuit de l'éternité」にて新たにBSTが付いたユニット名義「レ・度胸兄弟」が存在する。
  • サントラのクレジットによると作曲は「埼玉ホルスタイン脇田」(wac)、編曲は「岩泉短角牛佐藤」が担当。
  • ギターを「釧路ブラウンスイス横山」が担当。なお、「横山」についてはGITADORA EXCHAINサントラよりYvyaの本名が「Yuya Yokoyama」であることが判明しているため、同氏で確定。
  • コーラスを「仔牛」が担当。BSTが併記されているため社内アーティストと思われるが、正体は不明。
    • (未確定)編曲にもKonami Amusementが表記されているため、本名が「佐藤」の社内アーティストは猫叉Master(佐藤直之)とSYUNN(佐藤俊介)が該当するが、jubeatのアーティストカテゴリの猫叉Masterに本曲は含まれていないため、おそらくSYUNN。ただしjubeatにSYUNNのアーティストカテゴリがないので確認不可。
    • なお岩泉は岩手県の下閉伊郡にある町名。
  • wacの星座シリーズのおうし座にあたる楽曲。wacにより「ゾディアックオラクル2」と言及されている。また、星座シリーズ初の合作曲でもある。(wacツイッターの告知)
    • 「ジャケットの眼鏡を掛けた黒い牛」「wac本人とおぼしき特徴的な声質のボーカル」「歌詞の中で明確に「wacはM.C.」と言っている」ことからwacの参加は確実視されていた。
    • beatmania IIDX 21 SPADA収録の「牧神笛吹きて」のコメントから「霜降りビーフメタル」という仮題で言及されたことがある。本曲の登場により残る星座曲は「吹き矢ガール」こと射手座にあたる曲のみとなった。*8
    • wacが「BEMANI Sound Team」名義で参加したのは当楽曲が初*9
    • wacがBST名義で参加したことにより、BST名義で現行機種に参加したことがないBEMANIアーティストは「DJ YOSHITAKA」のみとなった。*10
    • 今回の収録によりpop'nでは星座曲のうち7曲が揃ったことになる*11
      pop'n未収録の残りは、しし座「Regulus」(IIDX 5th style)*12、おとめ座「Spica」(IIDX 7th style)、みずがめ座「Ganymede」(IIDX13 DistorteD)、やぎ座「牧神笛吹きて」(IIDX21 SPADA)の4曲、および未発表のいて座となる。
  • 「BEEF」は直訳すると牛肉。また、不平、不満といった意味を持つ。HIPHOP界隈におけるスラングではアーティスト同士が歌詞(リリック)でディスり合う喧嘩のことを指す。
  • 担当キャラ:WELL-DONE (ウェルダン) [15-1P] (ラウドミクスチャー&ラガ) [ジャケット表示]

2020/07/09配信

pop'n music 13 カーニバル わくわくポップンランド

マッシュルームナイト

SOUND HOLIC feat. Nana Takahashi
【女性ボーカル】【スウィング】

  • 試聴(CHECK!SONGS 2020 July)(♪)
  • SOUND HOLICによるオリジナル楽曲の提供はラピストリア「NINE PIECE」以来、6年ぶりの事になる。
    • 同曲は使用名義こそSOUND HOLICという事になっているが、実際は別名義である「SWING HOLIC」による制作だった事から、(厳密な意味での)本名義による楽曲提供は今作が初という事になる。
  • Nana Takahashiの楽曲はpop'nではうさぎと猫と少年の夢「蟲の棲む処」などが収録されているが、書き下ろし楽曲での参加は今回が初になる。
  • 担当キャラ:Carol (キャロル) [peace新画風(旧アニメ)]
    • (ハリアイ&バナー)
    • ハリアイはpeace新画風だが、衣装・アクションは [13-1P] (カジノ) と同一。2Pカラーは存在しない。

2020/07/16配信

pop'n music 14 FEVER! フィーバー戦士ポップン14

ネオクラシカル・ヘヴィメタル / Aithon [UPPER]

Kozo Nakamura
【インスト】
[ロングポップ君搭載曲]

  • 公式曲紹介:(アーカイブ)
  • 14 FEVER!「ネオクラシカル・ヘヴィメタル / Aithon」のUPPER譜面。
    • 楽曲初出はee'MALL 2nd avenue。GUITARFREAKS 10thMIX & drummania 9thMIXに収録された後、14 FEVER!で移植された。
    • 当時の曲コメント【燃え盛る馬が炎のギタープレイに宿る。新たな神話はここから始まる!】
  • 担当キャラ:Knight (ナイト) [13-1P]
    • ハリアイ絵は無印版「ネオクラシカル・ヘヴィメタル」と異なり、14 FEVER!で描き下ろされたイラストではなく、「シンフォニックメタルop.2 / Sanctum Crusade」と同じ通常版のイラストを流用している。このため、バナー内のイラストとハリアイが一致していない。
    • 同キャラ対戦時は元譜面が1Pカラー固定のため、こちらも同様にカラー固定となる。

2020/07/23配信

pop'n music Sunny Park ポップンウォーカー

天鈴少女

駄々子
【女性ボーカル】
[ロングポップ君搭載曲]

  • 試聴(CHECK!SONGS 2020 July)(♪)
  • ボーカルを務める駄々子はSOUND VOLTEXの第2回ボーカリストコンテストにて合格し、「炎夏の音」の歌唱でBEMANI収録経験がある。氏がpop'nに参加するのは今回が初。
    • (未確定)曲調から「jubeat festo」に収録収録された「月影小町」と同じく作曲は肥塚良彦、編曲はSYUNNの可能性がある。
  • 曲名の読みはおそらく「てんりんしょうじょ」。歌詞中に「偶然にてんりんがさざめく」と歌われている。
  • 担当キャラ:てまり [peace新画風(旧アニメ)]
    • (ハリアイ&バナー)
    • ハリアイはpeace新画風だが、衣装・アクションは [SP-1P] (ワラベステップ、霖が哭く、風鈴花火(3P)) と同一。2Pカラーは存在しない。

2020/08/13配信

pop'n music 20 fantasia それゆけ!ポップンクエスト

Celsus II

onoken feat.夏川陽子
【女性ボーカル】
[ロングポップ君搭載曲]

  • 試聴(CHECK!SONGS 2020 August)(♪)
  • 20 fantasia「ヴァルキリーブレイクス / Celsus」の続編曲。
    • 当時は「felys」名義だったが、今回は既に正体を明かしているため「onoken」名義で登場している。
    • onokenと夏川陽子の組み合わせによる楽曲提供はうさぎと猫と少年の夢収録の「防人想歌」以来となる。(夏川氏の告知)
  • 前作の曲名の読みが「セルサス」(参考)であるため、本曲も「セルサス ツー」。
  • 担当キャラ:IRYS (イリス) [peace新画風(旧アニメ)]
    • (ハリアイ&バナー)
    • ハリアイはpeace新画風だが、衣装・アクションは [20-1P] (ヴァルキリーブレイクス、アンセム(2P)) と同一。2Pカラーは存在しない。
    • 後に同じハリアイが「狂水一華」に流用されており、そちらでもイリスを解禁可能。

2020/09/03配信

pop'n music 19 TUNE STREET タウンモード

放課後コンチェルティーノ〜私だけの部室狂騒曲

山本真央樹
【インスト】
[ロングポップ君搭載曲]

  • 試聴(CHECK!SONGS 2020 September)(♪)
  • 山本真央樹のpop'nへの参加はオリジナル曲で「飛べないぼくと鳴かない黒猫」以来、pop'n全体ではひなビタ♪「スイーツはとまらない♪」(編曲)・「熱情のサパデアード」(作編曲)以来の事になる。
  • 作曲者によると「ブラスバンド部の鍵盤・打楽器担当まりんちゃんの曲という事で、放課後一目散に部室に向かって一人で破茶滅茶叩いてるまりんちゃんを想像して書きました」とのこと(作曲者告知)
  • メインBPMは190。終盤のみ208に加速する。
    • BPM推移:190-197-208
  • 担当キャラ:marin (まりん) [peace新画風(旧アニメ)]
    • (ハリアイ&バナー)
    • ハリアイはpeace新画風だが、衣装・アクションは [19-1P] (胸キュン☆マレット、じょいふる、桜色のメロディー) と同一。2Pカラーは存在しない。
    • まりんがインスト曲を担当するのは本曲が初。

2020/09/24配信

pop'n music éclale ポップンスターメーカー

CARTOON☆RagHour

OSTER project
【インスト】
[ロングポップ君搭載曲]

  • 試聴(CHECK!SONGS 2020 September)(♪)
  • OSTER projectが本機種向けにオリジナル曲を書き下ろすのは今回が初。
    • 過去にéclale「ラブラドライト」とうさ猫「Bitter Myself」がpop'nのみ収録されているが、これらはアルバム出典の版権曲扱いだった。
    • 本曲の収録によって、pop'nオリジナル曲未参加のbeatnation RHYZEメンバーはPHQUASEのみになった。*13
  • 担当キャラ:Horn (ほるん) [peace新画風(旧アニメ)]
    • (ハリアイ&バナー)
    • ハリアイはpeace新画風だが、衣装・アクションは [ec-1P] (popcorn parade) と同一。2Pカラーは存在しない。

2020/10/08配信

pop'n music 13 カーニバル わくわくポップンランド

Dracophobia

上ノ瀬つかさ
【インスト】
[ロングポップ君搭載曲]

  • 試聴(CHECK!SONGS 2016 December)(♪)
  • REFLEC BEAT 悠久のリフレシアからの移植曲。
    • 移植元では当初EXTRA ROUND専用曲だったが、2017/12/21より無条件解禁済。
  • アーティストの「上ノ瀬つかさ」(かみのせ つかさ)は本曲がpop'n初登場となる。(本人収録告知)
    • 他機種では本曲の他、Rb VOLZZA 2収録の「ruin of opals」(IIDX 26 Rootageに移植済)、Rb 悠久のリフレシア収録の「幻蒼彗星探査旅団」、ノスタルジア Op.2収録の「ivy of rutiles」を提供している。
    • 登場当初は他アーティストの別名義説も噂されていたが、NOSでBSTが付いていなかったことや本人のTwitterも存在することから、外注アーティストで確定と思われる。
  • 曲名はラテン語で読みは「ドラコフォビア(フォービア)」。直訳すると「竜恐怖症」という意味。
  • BPM推移:168-170-172-174-170-168-165-160-155-150-130-108-140-150-155-160-165-168-172-176-174-172-170-174-165-175-178-172-168-170-172-174-160-130
    • 主に160台〜170台の間で細かく変動する。最低値の108になる部分は一瞬のみ。
  • 担当キャラ:Grand Hammer (グランドハンマー) [13-1P] (ハードPf、ハードPf+) [ジャケット表示]
    • 選曲画面のジャケットはRbと同じ。バナーもこれを元にしている。
    • 本曲が配信された10/08はちょうどグランドハンマーの誕生日でもある。

2020/10/15配信

pop'n music 14 FEVER! フィーバー戦士ポップン14

爆裂再生!フィーバー戦士ポップン14

Hommarju feat.BEMANI Sound Team "PON"
【男性ボーカル】
[ロングポップ君搭載曲]

  • HommarjuとPONの初コラボ曲。(Hommarju告知)
    • Hommarjuによるポップンへの書き下ろし楽曲はéclale収録の公募曲「Link of Chain」以来となる。
  • 作曲者やボーカルは異なるが、曲名や担当キャラから14 FEVER!「フィーバーヒーロー / フィーバー戦士ポップン14のテーマ」の流れを汲む楽曲と思われる。
    • 14 FEVER!は2006年稼働のため、奇しくもちょうど14年ぶりの登場となる。
  • ポップンタイムトリップの「ポップン14 FEVER!編」で解禁できた「H@appy Fever Forever!!」は同作の要素がかなり薄かった為、事実上本楽曲が14 FEVER!をフィーチャーした楽曲であると思われる。
  • (修正済)ハリアイ修正以降よりアーティスト名が「Hommarju feat.BEMANI Sound Team ¥"PON¥"」と文字化けしていた。(エスケープ文字が誤表示されてしまっていた)
    • 筐体上のみの不具合であり、e-amusementサイトでの表記は正常。
    • 2020/10/19 18:00時点で修正済。
  • 担当キャラ:フィーバー戦士ポップン14 (ポップン14) [peace新画風(旧アニメ)]
    • ハリアイはpeace新画風だが、衣装・アクションは [14-1P] (フィーバーヒーロー) と同一。2Pカラーは存在しない。
    • (修正済)解禁直後はハリアイ絵が不具合で過去作の使い回しとなっていたが、同日16:30頃までに修正された。
    • (不具合)ハリアイは修正されたが、キャラクター選択で新ハリアイを選択できない。

2020/10/22配信

pop'n music 18 せんごく列伝 めざせ天下統一!ポップン風雲録

元禄花吹雪

泉 陸奥彦
【インスト】【和風】
[ロングポップ君搭載曲]

  • 公式試聴:(YouTube)
  • GITADORA GuitarFreaks & DrumManiaからの移植曲。
  • 曲名に表記は無いが、「Russian Snowy Dance」(jubeat ripples)、「Green Green Dance」(jubeat knit)、「Chinese Snowy Dance」(GFDMXG2)、「Snowy India」(GFDMXG3)に次ぐDanceシリーズの楽曲。同シリーズの楽曲が本機種に収録されるのは初。
    • 当初「Japanese Snowy Dance」というタイトルにする予定だったが、日本語のほうがしっくり来ると思いこのタイトルにしたとのこと。
    • 同シリーズは本曲の後にも「Spanish Snowy Dance」(DDR2013)が存在する。
  • 漢字の「泉 陸奥彦」名義が使用されるのはpop'nでは初。
    • AC8収録の「ハードカントリー / JET WORLD」、ee'MALL収録の「ギターパンク / Happy Man」は移植元のGDの名義が漢字表記だが、pop'nではそれぞれ「♪♪♪♪♪」「Mutsuhiko Izumi」という表記にされている。
  • 移植元ではGUITAR[MAS]の初出Lvが7.80(シリーズが進むにつれ徐々に昇格し、現行のNEX+AGEでは9.70)というとんでもない詐称曲であることでも有名だった。
  • (不具合)GDからの移植曲にもかかわらずGITADORAカテゴリに入っていない。
  • 担当キャラ:SHISHITUGU (獅子次) [18-1P] (陣旗プログレッシブ、猫侍の逆襲(2P)) [ジャケット表示]
    • 選曲画面のジャケットはGDと同じ。バナーもこれを元にしているが、特徴的だったタイトルのフォントはオリジナルのものになっている。

2020/10/29配信

pop'n music éclale ポップンスターメーカー

MADSPEED狂信道 [UPPER]

cosMo@暴走Ultimate
【インスト】
[ロングポップ君搭載曲]

  • 公式曲紹介:(リンク)(♪)
  • éclale「MADSPEED狂信道」のUPPER譜面。
  • [EX]AC版においては33譜面目の辛ゲージとなった。
  • メインBPMは240。終盤のみ一旦300まで加速してから再び240に減速する。300地帯の配置は全譜面ともにそれほど複雑ではないため240に合わせることを推奨。
    • BPM推移:240→(終盤のみ)249→257→266→274→283→291→300→270→240
  • 担当キャラ:Meteor (メテオ) [ec]
    • メテオは今作で「Mirage Age」にてpeace絵柄で登場していたが、本曲のハリアイはéclale版と同じまま。

2020/11/05配信

pop'n music 17 THE MOVIE ポップン映画祭

夕陽のダンディー

BEMANI Sound Team "劇ダンディーレコード"
【インスト】
[ロングポップ君搭載曲]

  • アーティストの「劇ダンディーレコード」は劇団レコードの変名義と思われる。
    • 余談だが、本曲のテーマとなる17 THE MOVIEは氏が初めてAC版pop'nへ楽曲提供したバージョンである(提供曲は「ロシア2/レトロ男爵の嘆き」)。
  • 担当キャラ:Mr.ICHIJO (一条司令) [peace新画風(旧アニメ)]
    • ハリアイはpeace新画風だが、衣装・アクションは [17-1P] (ピアノテック) と同一。2Pカラーは存在しない。
    • (不具合)上記のポップン14と同じく、キャラクター選択で新ハリアイを選択できない。

2020/11/12配信

pop'n music ラピストリア ストーリーモード

perditus†paradisus [UPPER]

iconoclasm
【インスト】【アンセムコア】
[ロングポップ君搭載曲]

  • ラピストリア「perditus†paradisus」のUPPER譜面。
    • 楽曲初出はbeatmania IIDX 18 Resort Anthem。REFLEC BEAT colette -Summer-にも移植されている(悠久のリフレシアでも復活済)。
    • 試聴(YouTube):1 / 2
  • ラピストリア当時、ストーリー解禁曲ではなく連動イベント「BEMANI SUMMER DIARY 2015」解禁曲だった。
  • [EX]AC版においては34譜面目の辛ゲージとなった。連動を除く移植曲の辛ゲージは今作の「ΩVERSOUL」に続き2例目となる。
    • 同時に、peaceカテゴリで7譜面目のLv50となった。移植曲のLv50は20 fantasia「ダージュ / ピアノ協奏曲第1番 "蠍火"」以来、8年9ヵ月ぶりとなる。
  • 担当キャラ:MZD [10-2P]
    • 通常譜面の「perditus†paradisus」と異なり、ジャケット表示ではない。

*1 ラピストリアで46に降格
*2 現行の47では16の「ヴァイオリンプログレッシブ / ポルターガイスト」(EX)以来
*3 18小節(元譜面だと112小節)の最初の右緑が右黄に変更されている
*4 元譜面の102小節目から12分の音を拾っていたノーツが消えていて、発狂前後の配置も微妙に異なる
*5 EXを元に作られているが、二重縦連がなく、全体的に易化している
*6 熱闘!BEMANIスタジアム初出の「轟け!恋のビーンボール!!」を含めると5年ぶりとなる
*7 ただし、ノスタルジア Op.3収録「蒼氷のフラグメント」の「JYUNN」は未確定だがSYUNN+wac説がある
*8 2011年からは黄道12宮にへびつかい座を含めて13宮に扱うこともあるが、これに関連した曲が出るかは今のところ不明。少なくとも「牧神笛吹きて」のコメントには含まれておらず、éclaleでへびつかい座をモチーフにした「trideca / onoken」が収録されたことを受け、2016/12/07のBEMANI生放送(仮) 第159回にてwacがうさ猫に収録される「アルレシャ」の紹介の際に「へびつかい座はこの間onoken君が作っちゃったからね だからもう要らない あと2つ」と発言していたため、黄道12星座に絞られる可能性が高い
*9 wacはBSTの表記が使われるようになって以降、合作名義やアーティスト表記なしといった手段でBSTを使用するのを避けていた
*10 ただし、2018/10/01配信の「着信★うた♪TGSセレクション2018」収録の「FLOWER (45秒 ver.)」はBEMANI Sound Team "DJ YOSHITAKA"名義である。また、氏は2019/04/01に執行役員兼第1製作本部長に就任されたため、楽曲提供できない可能性もある
*11 ふたご座・AC10&peace「murmur twins」、さそり座・AC20「ピアノ協奏曲第1番"蠍火"」、てんびん座・ACSP「アストライアの双皿」、おひつじ座・ACSP「ストレイ・マーチ」、うお座・ACうさ猫「アルレシャ」、かに座・ACうさ猫「moon_child」、おうし座・ACpeace「BEEF」
*12 ただし、かつてボーカル版にあたる「OVER THE CLOUDS」が収録されていた(AC18で削除)。
*13 ただし、うさぎと猫と少年の夢収録の「キルト(Patchworker RMX)」の「Patchworker's System」は未確定だがPHQUASE説が挙げられている

Last-modified: 2020-11-13 (金) 10:03:08
Site admin: iMp95
mail : imp@callusnext.com (←@を半角に)