ノスタルジア Op.2

最近の出来事

  • 近日(予定)
    • e-amusementサイトのプレーデータ閲覧公開
  • 2018/11/21(Wed)(予定)
    • The 8th KAC 予選ラウンド開催(〜2019/01/07 18:00)
      • 共通課題曲が解禁(ベーシック部門・リサイタル部門共通)
      • 「KAC ISLAND」登場(リサイタル部門エントリー者のみ)

  • 2018/11/15(Thu)
    • イベント「実りの里-やさい畑-」開催(〜2018/12/05 29:00)
      • 「ロボット☆ライフ / Qrispy Joybox feat.林ももこ」「霖が哭く / Power Of Nature」が解禁可能
  • 2018/11/14(Wed)
    • オンラインアップデート適用後より以下の更新が行われた。
      • クレジット消費後にアップデート告知が行われるようになった。
      • 名前の横に表示されるブローチが大きくなった(名声のゲージが一部隠れてしまう)
      • 「抜け」と呼ばれる不具合が軽減または解消された(要検証)
  • 2018/11/08(Thu)
    • 「君の知らない物語」「形無き旋律」 Real譜面追加
  • これ以前の出来事は後述

公式サイト・関連ページ

タイトル・イメージ

  • ノスタルジアシリーズ第2作目。
    • 初代から数えて2回目の大型アップデートとなる。
    • SOUND VOLTEX以降、長らく1回以下の大型アップデートのみで終了するBEMANIシリーズが続いていたため*1、2回以上の大型アップデートが行われた機種はSDVXから数えて実に5機種ぶりとなる。
  • タイトルは「ノスタルジア オーパスツー」と読む。
    • 「オーパス(opus、Op.、オーパスナンバー)」はクラシック音楽において「作品番号」を意味し、「Op.+数字」といった表記で使用する。
  • キャッチフレーズは「君の旋律が世界をひらく」
  • タイトルロゴでは英字の「NOSTALGIA」の方が大書きされているが、正式名称は従来通りカタカナ表記の「ノスタルジア」とされている。

前作からの各種引継要素

  • 引き継ぐデータ
    • 解禁楽曲
    • 解禁ブローチ
    • 楽曲スコアとフルコンボ等のマーク
  • 引き継がれないデータ
    • 演奏者名
    • 演奏回数
    • グレード
    • 獲得したがブローチに変えていない時計(公式告知)
    • ブローチ効果

システム新要素・変更点

  • プレーに大きく影響すると思しき項目は赤文字にて示しています。

基幹システム

  • モードの追加・名称変更(「通常演奏」「リサイタル」)
    • ƒORTEまでの通常モードは「通常演奏」(Basic)となり、新たに「リサイタル」(Recital)が追加
  • 新難易度「Real
    • Expertの上位難易度として一部楽曲のみ実装。旧曲にも追加譜面として実装されている。
      • レベル表記は専用のものが用意され「◆付きの数値」で表されている。このレベルは全譜面中の相対的な指標値となっている従来のレベルと異なり、同曲のExpertに対する相対的な指標値として設定されている模様。
    • 全体を通して高精度が求められるノーツ配置となっている
      • 片手二重トリルの導入
      • 片手で2鍵幅ノーツ4つの和音
      • 2鍵幅ノーツの多用、「メヌエット」に至っては曲中のノーツが2鍵幅ノーツのみ
    • プレーにはゲーム内通貨"nos"が必要となる
      • 選曲時、1回のみ開放か永続開放かを選択できる
        必要なnosは稼働開始時は固定(1回:250・永続:7500)だったが、2018/10/17以降楽曲ごとに異なる設定に変更されている。
    • なお「Real」という名称の難易度は本作の前身であるKEYBOARDMANIAの上位の難易度表記でもあった。
  • ゲーム内通貨"nos"
    • 各種場面で獲得できるゲーム内通貨。各種場面で必要となる。
    • 通常モードで1曲毎に獲得でき、リサイタルモードなら大量に獲得可能
  • 名声の設置、Gradeの廃止
    • 今作では腕前の指標としてGradeが廃止され新たに「名声(RANK)」に変更されている
      • Gradeとは違い数値化されていない
  • ノーツデザインの一部変更
    • テヌートノーツにおいては中心に白線が引かれ中心点が明確化されている
    • オプション設定でノーツの端にマークが入ったデザイン(左手→左端、右手→右端)に切り替え可能
  • FAST / SLOW 追加
    • ほかの機種で実装されている機能とほぼ同じ。◆JUST以外の判定を出したときに鍵盤を押したタイミングが基準より早い=FAST・遅い=SLOWが判定にあわせて表示される
    • リザルト画面でFAST/SLOWそれぞれの数が記載される。
    • デフォルトでは表示されるが、オプション設定で非表示にできる。

オプション設定の拡充

  • これまで「イヤホン音量」「HiSpeed」「NEAR ON/OFF」程度だったオプション設定項目が大量に追加された
    • これまでは実際にオプション画面でノーツ落下速度のプレビュー程度しか出来なかったが、新たにオプション画面で試演奏含めて可能となった
      • pop'n musicやGITADORAのように、すぐプレーに入るか設定画面に移動するかを選択する形になった。
      • 一部はプレー中でも設定できる(後述)
    • 詳細はオプション設定を参照
  • レーン視点の自在化
    • オプション設定にてこれまでの噴水型(Splash)だけではなく、Approach(奥行きがある直線型)、Slope(スライダー型)、Vertical(直下型)の4つから選択可能となった。
  • プレー中設定の拡張
    • これまで「判定レーンの高さ変更」と「ガイド音のON/OFF」のみ設定出来たのが、新たに画面左下側に「Hi-Speed速度の変更」「ヘットフォンの音量調節」も可能となった。

新モード「リサイタル」

  • プレー結果に応じてゲーム内通貨"nos"を獲得するモード。
    • リサイタルモードを選択後、開催ホールを選択する。この際に"nos"を消費する。
      • 大きなホールほど開催費用が掛かるが、獲得できるnosも増える
    • プレー毎に審査員猫がランダムに選出される
      • 審査員猫毎にそれぞれ評価ポイントが異なる
    • スコアに応じて観客猫数が増加し、多くの観客猫数を集めるとリサイタルは高く評価される
    • プレー結果に応じて名声という通り名がつけられる
      • よりよい名声が着くとリサイタルは高く評価される
評価ポイント評価点
テンポスコアが低いと評価が落ちます
音程の正確さ1つのノーツに対して3鍵以上押下すると評価が落ちます
テーマリサイタルテーマに沿った選曲ができていないと評価が落ちます
優雅さ打鍵の強弱が指示通りにできていないと評価が落ちます
ミスタッチノーツの無いところを押下すると評価が落ちます
  • 打鍵の強弱判定
    • ノーツ背景に黄色(ƒ(フォルテ):強)または青(p(ピアノ):弱)のゾーンが追加され、そのゾーンにあるノーツは指定された強弱で打鍵する
      • 強弱判定自体は初代よりオペレーター用設定画面の中で強弱判定の項目として設定されていた。
    • リサイタルモードでのみゾーン・判定が発生
    • ゾーン内では通常の「JUST」等の他に「Elegant」という判定が発生する。

その他

  • 楽曲のジャンルカテゴリ「ストーリー」追加
    • 収録対象は前作の「ノスタルジア」ステージ解禁曲と、本作の「旅の記録」メインストーリー解禁曲。どちらも期間限定イベントは含まれない。

バージョン情報

最新バージョン

  • 第4版:PAN:J:A:A:2018111402(2018/11/14〜2018/--/--)

過去バージョン

  • 第3版:PAN:J:A:A:2018101701(2018/10/17〜2018/11/14)
    • 鍵盤の表示や判定等をƒORTE準拠のものに修正
    • Real譜面解禁時の必要nos改定
    • 一部のReal譜面の難易度表記変更
    • 一部の楽曲のアーティスト名義修正
  • 第2版:PAN:J:A:A:2018092604(2018/09/26〜2018/10/17)
    • 一部の楽曲のアーティスト名義修正
  • 初版:PAN:J:A:A:2018092603(2018/09/26〜2018/09/26)
    • ノスタルジア ƒORTEからのオンラインアップデートにより稼働開始
    • 本作稼働開始とともに「e-AMUSEMENT」関連の表記を「e-amusement」に変更
  • 第1回ロケテスト:PAN:J:A:A:2018071302(2018/07/13〜2018/07/16)
    • 従来のロケテストでバージョン表記の下部に見受けられた「VER:LOCATION TEST」の表記がない。

不具合情報

未修正

プレーに大きく影響する不具合

2018/10/17に演奏画面や判定の仕様を修正するアップデートが行われたが、その後も修正されていなかったりアプデ後に悪化した不具合も存在する。

  • 右手と左手の同タイミングの同時押しを押す時、決まったタイミングから数フレーム以内かつ、全ての同時押しが全く同じタイミングで押せていない場合、判定が出現せずにMISSと表示され、コンボも途切れる。
    • いわゆる「抜け」と呼ばれる現象で2018/10/17に修正するアナウンスがあったにも関わらず、未だに起こる(もしくは、他の不具合を修正した時に代わりに発生した、別の抜け不具合とも考えられる)
    • 階段に混ざる同時押しももちろん例外ではなく、ある程度正確に押していても問答無用で抜ける。
    • テヌートで顕著に発生する。
    • 鍵盤の押下数が多いと起こるとも言われているが、「押下数を少なくしなければMISSとなる」等のアナウンスは一切なく、反対にこれが仕様だとすればゲーム性が著しく損なわれることになる(指先で押していてももちろん発生する)
  • 音楽が流れたままなのに演奏画面が突然静止し、その数秒後に静止していた分のノーツが早送りで流れ、音楽とノーツが一致した時点で元に戻ることがある。
    • オプション設定のプレビューでMAINのカテゴリを選んだ時に画面が静止して上記と同じ現象が発生することがある。
    • いわゆる「処理落ち」や「ソフラン(本来は意図的な落下速度変化のギミックの俗称)」と揶揄される不具合。
    • 2018/10/17から頻度が非常に高くなっている。
  • Op.2開始後、判定の上下位置が下(時間位置だと遅め)になっている(前回までの感覚で押すとFASTが頻発する)
    • 2018/10/17のアップデート後、上記よりもさらに判定の位置が中央から遠ざかるようになった模様
      • そもそも曲とメトロノームとですら全くずれており、単に曲とノーツのタイミングを合わす工程に問題がある。
      • オプションの判定タイミングで判定をずらしたところで曲とノーツが一致するわけではない。
    • 現象を確認できなかったため、既に修正済みの可能性あり。
  • 演奏開始時にHi-Speedが1.0に変わることがある(左端の表記は元のまま)
  • 演奏画面のレーンの補助線がキービームやノーツの軌道とずれている。

その他の重要な不具合

  • オプションの「横幅の調整に合わせて判定範囲も変更」が、1度設定した音符の横幅を以後変更していないにも関わらず、勝手にOFFになっていることがある。
  • リサイタルモードのリザルトで、演奏結果詳細を表示するためにタッチできる領域と歩数獲得条件を表示するためにタッチできる領域が重なっている部分があり、両方を同時にタッチできてしまう(それぞれがトグル式なので、意図せず表示されたり隠されたりする)
  • リサイタルモードのトータルリザルトにおいて名声が「ひたむきなピアニスト」クラスAでゲージがMAXまで貯まっていると新聞に載る名声とクラスが表示されなくなる。
  • 「チョコレートスマイル」が未解禁状態に戻っているプレイヤーがいるとの報告あり
    • ƒORTEでは「BINGOを達成しなくても解禁」されていたが、当初の条件だった「4LINES」を達成していなかった場合発生している可能性がある。
      「BINGOをセットして『ルミナスデイズ』を演奏する」だけで解禁できたが、MISSION BONUSだけで4 LINESを達成しても解禁状態に支障はない。
  • デモ画面において、400,000点到達時に発生する背景変化のタイミングに合わせて、C・B・A・Sのランク表示が重なって全て一度に表示される。
    • デモ画面で400,000を越える曲をいくつか確認したが現象を確認できなかったため、特定の曲依存のバグなのか既に修正されている可能性がある。

仕様?

  • 「Le Vent」が曲名順ソートで「little runaway(トル ランナウェイ)」より前に配置されている。
    • 「Le Vent」は通常はフランス語で「 ヴァン」と読むが、上記のソート順から不具合もしくは異なる読み方である可能性も考えられる。

修正済

  • 楽曲「Voyager」のアーティスト名義が「Lapix」となっていた(通常、氏の名義は頭文字が小文字の「lapix」である)。また、ジャケットでの表記も「Lapix」となっていた。
    • 2018/09/26修正済。
  • 楽曲「アゼルバイジャニカアルメニアンカ」のアーティスト名義が「金田充弘(beasiscape)」となっていた。
    • 2018/09/26に「金田充弘(basiscape)」に修正されたが、まだ誤っていた(英字表記では本来「B」が大文字)
    • 2018/10/17にカナ表記の「金田充弘(ベイシスケイプ)」に修正済。
  • 2018/10/17のアップデートで操作周りの設定がƒORTE時代の設定に強弱判定のみを足した形に変更となった。
    (要検証)下記の既知の不具合が解消されたと思われる。
    • 押している鍵盤とゲーム内で反応している鍵盤が一致しないことがある(ボタンとレーンの位置がズレている)
    • 鍵盤を押した際、全く別の鍵盤でミスタッチ判定が発生することがある。
    • 演奏画面において、表示される鍵盤、レーン、ノーツの軌道、キービームがそれぞれずれているため、それぞれが全くあてにならない。
      • ƒORTEの時は1番端のレーンの線よりも内側に鍵盤の表示が収まっていたが、Op.2では端の鍵盤がレーンの線よりも外側に出てしまっているため、中央から離れるほど実際の鍵盤と画面の鍵盤の位置がズレる結果となってしまっている。
      • 任意のキービームを出しっぱなしにした状態でそのレーンでノーツの軌道を観察するとノーツの出現点と判定ライン付近でキービームとノーツの軌道がずれていることがよくわかる。
    • Vertical以外の表示方法では、MISS判定のみそのノーツから左右に大きくずれた位置に判定が表示される。
      • ノーツと判定ラインが重なる場所ではなく、判定確定時点でのノーツの座標によって判定表示位置が決まっていた。
      • 早GOODでは若干中央寄りに、遅GOODでは若干外側に判定が表示されている。MISS判定はさらに大きく外側に表示される。
    • グリッサンドで◆JUST判定なのにFAST/SLOWが表示され、リザルトにもカウントされることがあった。
  • 風の丘のリサイタルの名称が「よそ風ライブ」となっていた。
    • 2018/10/17アップデートで「そよ風ライブ」に修正された。(誤植だった模様)

過去の出来事

日付出来事備考
2018/11/15「実りの里-やさい畑-」開催〜2018/12/05 29:00
2018/11/14オンラインアップデート
クレジット消費後に告知が行われる
装着中のブローチの表示が大きくなった
「抜け」と言われる不具合の軽減、解消された
2018/11/08「君の知らない物語」「形無き旋律」Real譜面追加
2018/11/01「Post-Summer Island」開催〜2018/11/14 29:00
「ハッピーシンセサイザ」Real譜面追加
2018/10/25「Mid-Summer Island」開催〜2018/11/14 29:00
「コネクト」&colop(purple){Real};譜面追加
2018/10/18「Early Summer Island」開催〜2018/11/14 29:00
楽曲1曲配信
「neko fun jitter」Real譜面追加
2018/10/17鍵盤の表示や判定等をƒORTE準拠のものに修正
Real譜面に必要なnosが選曲によって変動する形に変更
一部のRealの難易度表記変更
2018/10/11楽曲2曲配信
e-amusementサイト正式オープン
2018/10/04楽曲2曲配信
2018/09/26ノスタルジア Op.2」稼働開始(ノスタルジア ƒORTEからオンラインアップデート)告知
「e-AMUSEMENT」関連の表記を「e-amusement」に変更
2018/07/13第1回ロケテスト実施〜2018/07/16・告知
2018/07/10ノスタルジア(NOSTALGIA) Op.2(オーパスツー)」タイトル発表告知(1/2)

*1 DanceEvolution ARCADE(大型アップデートなし、ただし、家庭用を含めると2作目)、ミライダガッキ(→Ver.2)、BeatStream(→アニムトライヴ)、MÚSECA(→1+1/2)

Last-modified: 2018-11-17 (土) 06:33:58
Site admin: iMp95
mail : imp@callusnext.com (←@を半角に)