第五回 天下一音ゲ祭


最近の出来事・注意事項

  • 2019/01/26(Sat)(予定)
    • 全国頂上決戦(最終決勝)開催
      • 『ジャパン アミューズメント エキスポ 2019(JAEPO 2019) × 闘会議 2019』会場(千葉県千葉市・幕張メッセ)で実施
  • 2018/12/15(Sat)(予定)
    • ブロック決勝大会開催(〜2018/12/16)
  • 2018/11/03(Sat)(予定)
    • 店舗予選会開催(〜2018/11/11)
      • 店舗予選会の開催日は上記期間内から予選開催店舗が任意の1日を決められる
  • 2018/10/13(Sat)(予定)
    • 店舗予選会参加受付スタート
  • 2018/10/中旬(予定)
    • 大会使用楽曲の先行配信開始

  • 2018/07/26(Thu)
    • 「JAIA PRESS」2018年7月号で開催概要一般公開
    • 公式サイト正式オープン、開催機種発表
  • 2018/07/12(Thu)
  • 2018/07/09(Mon)
    • AOU公式のJAIA会員向けページで開催概要公開

注意事項

  • 日本のゲームセンター施設の業界団体「JAIA(一般社団法人 日本アミューズメント産業協会)」主催の楽曲先行配信・大会イベントのため、以下の店舗は全国頂上決戦終了後翌日〜数週間(機種により異なる)は店舗予選課題曲・ブロック決勝課題曲(及び一部機種の付加要素*2)をプレーする(選曲する)ことができない。
    • JAIA非加盟の店舗
    • JAIA加盟でも機種ごとの楽曲配信申込を行わなかった店舗
      • 今回も楽曲先行配信を受けるためには楽曲配信申込をしなければならず、過去各回で実例が出たように、今回もJAIA加盟でも対象外の店舗(もしくは一部機種のみ配信される店舗・先行配信申込期間後に参加機種を導入した店舗)が出てくると思われる。
        これを見越してか、今回の開催概要でも「※JAIA加盟店舗でも、本大会楽曲の先行配信がされない店舗がございます」という一文が表記されている。
        これまでも締切後でも認められていた「大会楽曲配信申込」だが、今回(2018/07/20以降)は締切後は認められるか不明。ただし「大会楽曲配信申込終了以降に増台した先行配信店舗は、改めて増台分に対して配信申込をする必要がある」模様*3
        なお、今回から旧JAMMAの加盟店舗も配信申込・店舗予選・ブロック決勝開催対象となっていることから、先行配信店舗数は前回より大幅に増えるものと推測される。
    • 日本国外の稼働店舗*4
      • JAIA加盟のメーカー直営や大手でも台湾のセガ直営店(maimai・グルコス・太鼓の達人)、アメリカのラウンドワン(SDVX・グルコス)は日本のJAIA非加盟店舗・JAIA加盟でも未申込店舗同様、全日程終了後翌日〜数週間はプレーできない。
  • 今回は全日程終了が前4回と比べ2週間程度早いため、一般配信時期は前回比で早くなるものとみられる。
  • 配信開始当日の選曲可能になるタイミングはCHUNITHM・maimai・太鼓の達人は07:00、GROOVE COASTERは08:00、SDVXは10:00。

概要

  • JAIA主催、ゲームメーカー4社/(株)コナミアミューズメント、(株)セガ・インタラクティブ、(株)タイトー、(株)バンダイナムコアミューズメント(50音順)協力による、全国規模での音楽ゲーム大会。
    • 2014年開催の第一回から5年連続、今回で5度目の開催、記念大会となる。
    • AOUは2018/04/01にJAMMA(日本アミューズメントマシン協会)と合併し、JAIA(日本アミューズメント産業協会)の施設営業事業部(JAMMAのSC施設事業部を吸収)となった。今回からはJAIA主催の大会として行われることになる。
  • バンダイナムコエンターテインメントのアーケード部門は2018/04/01にゲームセンター運営のグループ企業「ナムコ」に事業承継し、「株式会社バンダイナムコアミューズメント」と名称変更して分離された(2018/02/09のバンダイナムコホールディングスのプレスリースより)。今回より「バンダイナムコアミューズメント」としての参加になっているが、天下一公式サイトや太鼓の達人の筐体上では2018/07/26時点では「バンダイナムコエンターテインメント」表記のままとなっている。

参加機種

開発・運営会社機種Ver.公式HPTwitter参考wiki
(株)コナミアミューズメントSOUND VOLTEXIV HEAVENLY HAVEN公式HP / 各種告知一覧*5@SOUNDVOLTEX573
(株)セガ・インタラクティブCHUNITHMSTAR PLUS公式HP / 各種告知ページ@chunithm
maimaiMiLK PLUS公式HP / 各種告知サイト@maimai_official
@performai*6
(株)タイトーGROOVE COASTER4 STARLIGHT ROAD公式HP / 各種告知一覧@groove_coaster
(株)バンダイナムコアミューズメント太鼓の達人ブルーVer.公式HP*7 / 公式ブログ@taiko_team
  • 昨年度との比較ではバンダイナムコアミューズメントの『シンクロニカ』が再び開催タイトルから外されている。
    • なお、今回も開催期間中に次期バージョンに移行する機種が登場する可能性がある*8
  • 参考:各機種の連動サイト・海外版の備考等
開発・運営会社機種連動サイト名加入方法使用できるICカード備考*9
コナミアミューズメントSOUND VOLTEXeAMUSEMENT(公式サイトに内包)KONAMI IDを取得しeAMUSEMENTサイトでカード登録
楽曲のプレーデータ閲覧などには「e-AMUSEMENT ベーシックコース」(月額324円(税込))への加入が必要(ベーシックコースに加入すればコナミの他機種のプレーデータも閲覧可能)
e-AMUSEMENT PASS海外版*10は一部RESULT BONUSの表記が英語になっている
韓国版はさらに一部楽曲がプレー不可*11+一部楽曲ジャケットが汎用画像な他は日本版と同仕様(一部除くシステムメッセージ含む)。
eAMUSEMENTサイトは日本版と同様に利用可能
セガ・インタラクティブCHUNITHMCHUNITHM-NETSEGA IDを取得し連動サイトでカード登録aime
バナパスポートカード
利用は無料だが利用権獲得が必要
利用権は各バージョンの初回プレー時に30日分、その日の初回プレー時に1日分、ゲーム終了後にゲーム内通貨で3日分と30日分を購入可能
利用権の上限は99日分
maimaimaimaiNET利用は無料だが利用権獲得が必要
利用権は初回プレー時に30日分、1プレーで3日分獲得。利用権の上限は60日分
海外版はシステムメッセージ・ほぼすべての楽曲名*12・一部称号名が英語に+一部POPS&アニメジャンルの楽曲がプレー不可。maimaiNETは日本版と同様に利用可能
タイトーGROOVE COASTERマイページnesica.netでゲームIDを取得し連動サイトでカード登録NESiCA利用は無料
海外版はシステムメッセージが英語に+一部地域ではタイトルが『RHYTHMVADER』になっているがゲーム内容は同一。マイページは日本版と同様に利用可能
バンダイナムコアミューズメント太鼓の達人ドンだーひろばバンダイナムコIDを取得し連動サイトでカード登録バナパスポートカード
aime
利用は無料
アジア版は一部楽曲がプレー不可+ドンだーひろばは利用不可(日本版のデータがある場合はそちらを参照し、アジア版のデータしかない場合は弾かれる)

第四回開催からの変更点

  • 大きく影響すると思われる項目は赤文字にて示す。

開催機種・移植楽曲

  • 開催機種関係 (天下一公式の告知ツイート)
    • 今回は開催機種が5機種に減るが、前回はブロック決勝で日程終了(「ブロック大会枠」)していたmaimaiも、今回は2016〜2017年の第三回以来2大会ぶりに全国頂上決戦まで行われる。
    • 今回の1社2機種はSEGAのみ(CHUNITHM・maimai)となっている。
  • 楽曲相互移植・新曲関係
    • 今回は「一部機種を除き、各機種への大会楽曲の相互移植がある」旨が店舗向け告知の時点で発表されている。
      • 楽曲の相互移植数・大会全体での1機種あたりの先行配信曲数・相互移植から除かれる機種などの詳細は不明。
      • maimaiは今回相互移植が実現すれば「SOUND VOLTEX初出のコナミオリジナル曲*13*14」が初めて収録されることになる。

店舗予選会関連

  • 予選出場者へのノベルティグッズプレゼント (天下一公式の告知ツイート:その1 / その2)
    • 今回は店舗予選会出場者へのノベルティグッズがこれまでの「大会使用楽曲を収録したオリジナルCD」から「大会使用楽曲をスマートデバイスorPCに1回だけダウンロードできる『音ゲ祭音楽カード』」に変更となっている*15。カードの配布枚数は「1店舗1機種の予選につき15枚」となっている。
      「音ゲ祭音楽カード」はクリプトン・フューチャー・メディア株式会社の音楽ダウンロードカード『SONOCA』を採用している*16
      「音ゲ祭音楽カード」は参加4社のうちいずれか1社の大会使用楽曲がダウンロードできるバージョン4種類と、4社の大会使用楽曲すべてがダウンロードできるバージョン1種類の合計5種類が用意され、当日の抽選でどれか1枚がプレゼントされる。
      「音ゲ祭音楽カード」のカードデザインは参加4社(のイラストデザイン担当者?)が担当している。
      また、今回は店舗予選会観覧者にも「音ゲ祭音楽カード」が予選開催店舗の任意の方法により配布される。
      • なお、今回も「店舗予選会の定員は1店舗1機種につき12人まで」とアナウンスされている。また「店舗予選会1店舗あたり(1機種あたり)の出場者を 「大会として成立する」水準に保つことを目的に、予選会開催店舗数に制限を設定する」ことが店舗向け告知でアナウンスされている。

大会レギュレーション

  • ゲーム内のオプションとオプション品について機種・店舗により扱いが異なる。
    • 過去の大会と同様、太鼓の達人のバチは筐体備え付け(ハウスバチ)以外のものは公式マイバチ含め使用不可。
    • CHUNITHM・maimaiでの手袋(公式品・社外品問わず)の着用は自由。
    • ゲーム内のオプション、記録用カードについては機種・店舗により扱い(使用可否・カードは必須か任意か)が異なる。
    • 1人が複数店舗に重複して予選に参加することは可能。ただし「1人が(1機種で)2店舗以上でブロック決勝進出の権利を獲得した」場合は「自己申告で(参加2店舗目以降の)ブロック決勝進出権利の辞退をお願いする。」旨の案内が第二回開催時点で告知されている。
      また、1人が複数機種の予選に参加することも可能。
    • 参加費は無料。店舗予選会・ブロック決勝の開催店舗までの交通費等は自己負担。なおブロック決勝優勝者は全国頂上決戦前日・当日の自宅〜幕張メッセ間の往復交通費・大会前日の宿泊費は全額主催者側の負担として招待される。

店舗予選会

  • 今回も店舗予選は「開催前に運営が発表する指定課題曲のスコアアタック一発勝負」となる。同点発生の場合はプレーオフを実施。

ブロック決勝大会

  • 前回同様、まずは参加者全員でブロック決勝課題曲をプレーしてスコア上位数人がトーナメントへと進出。その後トーナメント形式でトーナメントの指定曲をプレーし、全国頂上決戦出場者を決める。

*1 開催団体が変更されているがアカウント名はこれまでと同じ。アカウント名称は前回より【AOU公式】が外されている
*2 前回の場合、CHUNITHMの楽曲先行配信店舗限定のイベントマップが該当した
*3 前回楽曲配信申込期間終了以降にCHUNITHMを増台したタイトーステーション所沢店のツイートより
*4 国外では稼働していないCHUNITHMを除く
*5 コナミのアーケードゲームネットワークサービス『eAMUSEMENT』サイト内
*6 セガの音楽ゲーム公式広報アカウント
*7 アーケード版の新筐体版総合公式サイト。旧筐体版各バージョンの公式サイトアーカイブはこちらから行くことができる
*8 第二〜四回ではmaimaiが、第三回ではSDVXが開催期間中に次期バージョンに移行していた
*9 連動サイト登録は原則として各機種とも「一回プレーする」事が必須となっている
*10 アメリカのラウンドワン(VANを通じて日本のラウンドワンと接続して稼働するため、日本版とみなされる)除く
*11 1曲除き後日再収録の予定あり
*12 大半は日本語をローマ字表記したものだが、一部は海外版独自の表記になっているものもある。日本語そのままなのは音ゲ祭の移植曲である「きたさいたま2000」「夜明けまであと3秒」のみ
*13 コナミアミューズメントが版権を所有している楽曲
*14 既にmaimaiにはMiLK PLUSにてSDVXの公募企画「FLOOR」で採用された「進め!イッスン軍団 -Rebellion of the Dwarfs-」「Brain Power」が収録されているが、この2曲はFLOOR採用者とコナミ間の楽曲独占利用の契約満了・楽曲削除後(SDVX IIまでの楽曲公募は楽曲の著作権が作者に帰属し、コナミが一定期間楽曲をSDVXや他のBEMANI機種で独占利用できる契約を結んでいる)にmaimaiに収録されている
*15 楽曲はダウンロードすればスマートデバイス→PC(逆も可能)への保存、楽曲ファイルのバックアップは可能
*16 音楽ゲームでのプレゼント企画などでの利用ではGROOVE COASTER 4の「夢眠ネム楽曲がリアルにもらえるWキャンペーン」の景品としてSONOCAが採用されている

Last-modified: 2018-07-30 (月) 06:19:41
Site admin: iMp95
mail : imp@callusnext.com (←@を半角に)