GITADORA Tri-Boost Re:EVOLVE

新曲・新譜面雑記

  • 新曲に関するいろいろなことを書き溜めておく場所です。
    • 詐称・逆詐称、個人差、譜面内容に関して述べる際は機種と譜面難易度を「DM紫」「GF青G」等のように分かりやすく書きましょう。
    • ※個人的感想はTwitterや掲示板などでお願いします

デフォルト曲

版権曲

2016/12/14配信(稼働初期)

  • Fatal Attraction / Mitsuyo
    • G.O.D.111より4曲目の提供曲。
    • Mitsuyoは今作の「We Go Down」にも参加している「三代」である。
  • M1917 / a crowd of rebellion
    • 公式PV
    • メジャーデビューアルバム「Xanthium」収録のリードトラック。
  • RAISE MY SWORD / GALNERYUS
    • 公式PV
      • ただし、本機種ではこのPVは使用されず、汎用ムービーとなっている。
    • GALNERYUSの10th Album「UNDER THE FORCE OF COURAGE」収録のリードトラック。
    • GALNERYUSの楽曲が収録されるのはGITADORAの「TEAR OFF YOUR CHAIN」以来、4曲目となる。
  • 海の声 / (BEGIN)
    • au「三太郎シリーズ」CMソングにて桐谷健太が演じる浦島太郎(浦ちゃん)が歌っているバージョンの方が話題となった。同曲の作曲がBEGINの島袋優であるために、BEGINがセルフカヴァーしたものである。
      • GITADORA音源はBEGIN版のアレンジを元にしていると思われるが、楽器の構成など一部違う箇所がある(公式PVショートver)。
    • 歌唱は肥塚良彦。
    • [DM][GF] - 前に選曲した楽曲が(Long曲やプレアン曲などで)連続して選曲できない場合は次ステージはこの曲にカーソルが移動する。
      • 今まではGF・DMで選択される曲が異なっていたが今作は共通化された。(両機種ともBSCが新曲中最もレベルが低いため)
  • ギミチョコ!! / BABYMETAL
    • 公式PV
    • 同アーティストの楽曲がGITADORAに収録されるのは3曲目となる。他BEMANI機種ではREFLEC BEAT VOLZZA 2に収録されている。
      • 他、太鼓の達人やiOSアプリのCROSS×BEATSにも収録。
    • 他機種と曲構成が違うので、他機種で慣れてる場合は注意。
      • REFLEC BEAT版と比べると1コーラス目の後にギターソロパート(原曲だと2コーラス目後)部分が追加されている。
    • [DM全譜面] - 極端にハイハット+スネアと(EXT以上)裏バスに偏った譜面でありタム3種のノーツが1枚も存在しない。
  • シュガーソングとビターステップ / (UNISON SQUARE GARDEN)
    • TVアニメ「血界戦線」ED。
    • jubeat prop、REFLEC BEAT VOLZZA、pop'n music éclale、BeatStream アニムトライヴには原曲音源で、ノスタルジアではピアノアレンジで収録されている。
    • 本機種では原曲に準拠したカバー音源になっている。歌唱はあじっこ(告知ツイート)、カバー音源は大和(告知ツイート)が担当。

2017/01/18配信

  • Get Money / BRADIO
    • BRADIO 2nd Album「FREEDOM」出典。関西テレビドラマ「新・ミナミの帝王」タイアップ曲。アルバム発売と同時に配信された。

2017/02/13配信

  • GO! GO! MANIAC / 放課後ティータイム
    • TBSテレビ制作アニメ「けいおん!!」OP曲。(2010/04〜2010/09放送・第1クール)
    • 既にjubeat Qubell、BeatStream アニムトライヴにも収録されている。
    • 作曲者はTom-H@ck。
      • メンバー:Vo&Gt:豊崎愛生 Gt:竹達彩奈 Ba:日笠陽子 Dr:佐藤聡美 Key:寿 美菜子がそれぞれ担当。
    • [DM]曲の最高難易度と最低難易度の差が最も大きい曲の1つ。BASICが1.70、MASTERが9.00でありその差はなんと7.30にもなる(なお、同様の曲はほかにHYENA:BASIC 2.20、EXTREME 9.50が挙げられる)。

2017/04/28配信

  • Ding Dong Bell / A応P
    • A応Pのあにむす!!」エンディングテーマ。A応P 2ndアルバム「Y」収録曲。アルバム発売前日のゲーム収録となる。
    • jubeat Qubellとの同時収録。
    • 作詞・作曲は肥塚良彦が担当しているが、版権曲扱い。
      • ただし版権扱いでありながらもBEMANI Fan SiteのCHECK SONGS! April 2017で試聴が公開されている。
    • A応Pの楽曲がGITADORAに収録されるのは「全力バタンキュー」以来だが、本曲配信時点でのメンバーは当時より減少した4人となっている(巴奎依、広瀬ゆうき、福緒唯、水希蒼)。
    • 今までのA応Pの楽曲とは異なり、汎用ムービーとなっている。

2017/05/10配信

  • グローイングローイン / ピロカルピン
    • 公式PV
    • 配信同日に発売のミニアルバム「ノームの世界」の収録曲。前作に収録された「青い月」「箱庭の世界」以来の収録となり、版権アーティストとしては異例の6曲同時収録となった。
    • 「ノームの世界」はピロカルピンによるクラウドファンディングで制作されたアルバムであり、本楽曲はリード曲に当たる。
    • 本楽曲収録以前の最新曲であった「箱庭の世界」発表時からさらにメンバーが減っており、本楽曲時点でギター担当の岡田慎二郎氏とギターボーカル担当の松木智恵子氏による2人組となっている。
    • 元ドラム担当のmasaton.氏によるプレイ動画が投稿されている(プレイ動画)。

コナミオリジナル楽曲

  • 3dim / PON
    • 読みは「三次元」。「dim」は「dimension」の略。
  • Blaze line / mitsuhiro
    • DAIHEIが作曲とギター以外を担当。
  • Drastic Your Dream / 白澤 亮 feat. 安田みずほ
    • 白澤亮はノイジークローク所属のコンポーザー。安田みずほはアニメ・ゲームソングのボーカリスト。いずれもギタドラシリーズ初登場となる。
  • Dreamer's High / DAIHEI
    • XG2の「イバラノミチ」以来のDAIHEI氏による男性ボーカル曲。
    • ボーカルは眞島海(LUNCH VOXX)が担当。
  • Hello / みーちゃん
    • みーちゃん(歌い手)の楽曲収録はGITADORAの『God knows...』(今作で削除)と『SPACE DRIVER』以来3年ぶり。
  • LIGHTNING / Anzi
    • 作曲のAnziはヴィジュアル系バンド摩天楼オペラの元ギタリスト。
    • 「旧友からのオファー」によってこの楽曲を制作したとのこと(告知記事)。
  • Misty Lake / 劇団レコード feat.浅葉リオ
  • The Fourth Interval / 浅田 靖
    • デフォルト曲での提供は初。
  • UNDER THE SUN / colors
    • ジャケットの人物はボーカルのKoyomi。
  • We Go Down / DJ Genki feat. SHIN from HYPERNOVA with 三代
    • Tri-BoostのThe Town of Sunriseと同様のアーティストの組み合わせの楽曲。
    • 後にPOLICY BREAK 第28弾経由でSOUND VOLTEXに移植された。
  • アンタレス / ユグドラシルワークスShun with 夜凪
  • 色ハニホヘト散リヌルヲ / 小寺可南子
    • 今作もジャケットイメージに赤髪の青年が登場している。
      • 関連性に関しては現在も不明なまま。
    • 作詞・歌唱は小寺本人で、作曲は96が担当(告知ツイート)。
  • 航海 〜 Seven Colors 〜 / DJ TOTTO feat.Koh-ichiroh
    • DJ TOTTOがボーカル曲をGITADORAに書き下ろすのは初。
    • BEMANI外ではあるもの「実況パワフルプロ野球 2011」のOPソングである「ready, steady, go!」以来のタッグでもある。
      • ただし、実際の作曲時の名義としてはDJ TOTTOの本名である「田川義浩」としての作曲となる。
    • 歌唱者のKoh-ichirohはXGの「嘘」、GITADORAの「V.I.P.」(どちらもシドのカバー、「V.I.P.」は前作時点で削除)で既にギタドラに参加している。
  • タンポポ / 豚乙女
  • つまり・・・Gブルース! / millll
    • デフォルト曲での提供はXG3の「アーリマン」以来。
  • 拍子迷宮 / Rookie.F
    • 曲タイトルが表すように拍子が11/4→4/4→5/4→4/4→6/8→5/4→6/4→5/4→6/4→13/4→7/4→11/4→12/4と頻繁に変わっている(参考動画のコメント参照)。

2017/03/15配信
ノスタルジア稼働記念 楽曲交換キャンペーン

  • Fly far bounce / 猫叉Master (GITADOROCK by 泉 陸奥彦)
    • ノスタルジアからのアレンジ移植曲。
      • 原曲は同日にpop'n music うさぎと猫と少年の夢、DanceDanceRevolution A、SOUND VOLTEX IV HEAVENLY HAVEN、MÚSECA 1+1/2にも移植されている。
      • AC版のjubeatには収録されていないが、2017/07/19よりjubeat plus「ノスタルジア pack」として移植された
    • 原曲詳細はノスタルジアの収録曲雑記を参照。
      • 本機種では泉 陸奥彦によるGITADOROCKアレンジとなり、ジャケットにも「GITADOROCK」のマークが追加されている。
    • 同機種の楽曲が他機種に移植されるのは本イベントで他3機種に移植される「nostos」と共に今回が初で、稼働開始からわずか2週間のスピード移植となる。

ENCORE STAGE / PREMIUM ENCORE STAGE専用曲

  • Anathema / あさき
    • 前作の最終PREMIUM ENCORE STAGE楽曲。
      • 現在、前作のPREMIUM ENCORE楽曲を全く解禁していない場合、自力でプレー可能なTBのPREMIUM ENCOREはこの楽曲のみとなっている。*1
  • White Forest / Mutsuhiko Izumi
    • タイトル・曲調から「Blue Forest」の続篇と思われる。
  • REFLEXES MANIPULATION / 山本真央樹
    • 前作の楽曲「MIND ERUPTION」「EMPYREAL CATASTROPHE」に続く通算3曲目のPREMIUM ENCORE楽曲。
  • 主亡き機械人形のまなざし / 工藤吉三(ベイシスケイプ)
    • 通算5曲目のPREMIUM ENCORE楽曲。
    • 読みは「しゅなききかいにんぎょうのまなざし」(公式サイトの曲別成績の欄で「さ」行に分類されている)。
  • MEDUSA / TheaterR
    • ジャケット絵と背景を劇団レコード、キャラクターを壱が担当(劇団レコードのツイート)。
    • メデューサ(Wikipedia、別の表記にはメドゥーサとも。ここではタイトルの綴りに従う)はその目で見たものを石に変える能力を持つ女性。無数の毒蛇で出来た頭髪で見覚えのある人も多いはず。
  • BLACK ROSES / Mutsuhiko Izumi
  • ギタドラシカ / Rookie.F feat.HIZAKI(Jupiter & Versailles)
    • HIZAKIはJupiterのギタリスト。名義のVersaillesはJupiterの前身となるバンド。
    • Rookie.FがPREMIUM ENCORE STAGE楽曲を発表するのは初。
    • タイトルは「ギタドラ」と「クラシカ」の掛け合わせ。
  • Durian / 肥塚良彦
    • 肥塚良彦が本名義でENCORE・PREMIUM ENCORE楽曲を発表するのは初。
      • Trick trap(泉陸奥彦)や98(96)、Akhuta y OJ(Akhuta)など、誰かとコンビを組んでボス曲を出すことはあったが、氏単独でギタドラシリーズにボス曲を出したことはなかった。
      • ちなみにDDRでは「Sand Blow」(RDiイベント曲、立ち位置としては中ボス)を本名義で出していた。
    • Durian(ドリアン)という名前の通り果物シリーズの新曲だが、その癖のある性質を反映してか、今までのものと打って変わって前衛的で暗めの曲調となっている。

イベント解禁曲

#リボルブを初めたらまずは新曲25曲クリア

片方の機種で解禁するともう片方の機種でも解禁される。

  • / GITADOROCK by 大和
    • ギターもしくはドラムのHOT枠を10曲埋めることで解禁
    • pop'n music 20 fantasiaからのアレンジ移植
    • 原曲のアーティストはHHH×MM×ST。同ユニットはHHH(Ryu☆・Dai.・Halka)、MM(森永真由美)、ST(Starving Trancer)による5人組ユニット。
      • Dai.及びHalkaの楽曲がGITADORAに収録されるのは今回が初。
    • 前作で「Alternative Tactics, Second Urgent Issue」を提供した、大和によるアレンジ。
    • 原曲はjubeat saucer、Rb colette -Spring-、beatmania IIDX 20 toricoro、Dance Evolution ARCADE、ミライダガッキver.2、Dance Dance Revolution A、BeatStream アニムトライヴに移植されている他、SOUND VOLTEX IV HEAVENLY HAVENへ沙野カモメによるリミックス採用曲『朧 (kamome sano remix)』が収録されている。
      • 今回のギタドロックver.及びSDVXへの収録によって、MÚSECA以外の現行8機種に収録されたことになった。
    • 原曲はBeatStream アニムトライヴ移植時に新規ムービーが制作されており、後にbeatmaniaIIDX 24 SINOBUZに移植されているが、GITADORA版は汎用ムービーを使用している。
  • Raspberry / 肥塚良彦
    • ギターもしくはドラムのHOT枠を20曲埋めることで解禁。
    • 果物シリーズの最新作で今回のテーマは曲名通りラズベリ−。

The 6th KAC前哨戦! SKILL大会!!

新春! ギタドラ OMIKUJI

第一弾

  • NO MORE SORROW / Rookie.F feat. Sean(from PHOENIX ASH)
    • PHOENIX ASHはサンフランシスコ中心に活動するロックバンド。
    • Rookie.Fがボーカル曲を書き下ろすのは初。

第二弾

ひまパンSistersの Doki×2 Valentine2

Side Rio

  • Monochrome Ortensia / 山本真央樹 feat.朔白
    • このコンビはTBにて「Graphic Melody」を発表済。
      • また、同アーティストの組み合わせの楽曲は直近ではpop'n music うさぎと猫と少年の夢で「FLOWER FLOWER WORLD」(MELOGRAPHICA名義)が収録されている。
      • ジャケットは山本本人による描き下ろしである。
    • 書き下ろしプレアンから1週間で新曲を発表する外注コンポーザーは例が無い。

Side Kyoka

  • ヒトリアソビ / iNO

Side R&K

  • And The Dead Ravened For / Sis Bond Chit
    • 前作の「Butterfly Effect」と同様、歌唱は五阿弥瑠奈。

弦にぃ&オトベアの わくテカ! Whiteday2

Side Gen

Side Bear

  • Beyond the light / DAIHEI
    • VoをFar East DizainのKeita、BaをアプレスエコールのYu-chiが担当(告知ツイート)。
    • DAIHEIが1つのシリーズで2曲提供するのは初。

Side G&B

  • Sunflower Girl / SHORTCUTS
    • GUITARFREAKS 6thMIX & drummania 5thMIXからの復活曲
    • TOMOSUKEのGirl三部作の第2弾。第1弾がMAMBO A GO GOのSci-Fi Girl、第3弾がGF7th&dm6thのjet coaster☆girlだった。
      • なお、第1弾のSci-Fi Girlは本機種には未収録。pop'n 8へ移植されており、現在もプレイ可能。

春のLongキャンペーン

ver.黄ベア

  • Riff Riff Orbit / 泉 陸奥彦
    • GUITARFREAKS 7thMIX & drummania 6thMIXからの復活曲
    • メドレーに使用されている曲はそれぞれ、DOUBLE ORBIT→L.A.RIDER(CD version)→L.A.RIDER→SHAKE IT UP→MIDNIGHT SUN→GUITAR FREAKS 2nd GIG→KING G→SHAKE IT UP→DOUBLE ORBITとなっている。
      • 現在MIDNIGHT SUN(と今作で復活したKING G)以外は実機プレー不可。その上いずれも片機種専用曲のため、音源切り出しの都合上、復活は困難と思われる。
    • 余談だが、他にも兄弟曲のポジションとも言える未復活の「Riff Riff Paradise」(6&5)が存在する。初出はこちらの方が先である。

ver.緑ベア

  • 星宿る空の下で 枝に結ぶ願い / Akhuta
    • jubeat Qubell ORIGINAL SOUNDTRACKからの出展曲。
      • OverDriveの「星宿る空の下で」とjubeat saucer fulfillの「枝に結ぶ願い」(単品版はGITADORA未収録)を1つに繋げた楽曲。
      • 同曲は先んじてEDP BEMANI ROCK FES '16のステージにて公開されていた。
      • 新規書き下ろしムービー付き。
        構成曲のうち「星宿る空の下で」は単品では汎用ムービーを使用している関係で今回が事実上のムービー追加となる。
        また「枝に結ぶ願い」は過去にBEMANI生放送(仮)内で放送されていたCM内でジャケットを元にしたムービーが公開されていたが、今回はそれとは全く異なる物を使用している。
    • XG以降におけるLONG楽曲としてコナミオリジナルの新曲が登場するのは今回が初。

お花見満開ちゃれんじ!

壱の段

  • 誰? / Handsome JET Project

弐の段

  • †闇鍋☆ROCK† / ARM vs ジュクチョー feat. イオシスjkガールズ
    • ARMによるGITADORAへの楽曲書き下ろしや、イオシスjkガールズの登場は、OverDriveの「jkパラダイス」以来となる。
    • ジュクチョー単独では「とびっきりのふわっふわ」でBEMANIシリーズへ楽曲提供していた*2

参の段

  • KING G (2017 Mix) / Dennis Gunn
    • GUITARFREAKS 2ndMIXからのアレンジ復活曲。
      • 元々はEXPERT MODEで好成績を出すと出現する「EXTRA STAGE」専用曲であり、通常選曲は不可能だった。次回作の3rdMIX以降から通常曲となった。
      • その後6thMIXで削除され、V3で復活。更にV4にてオープンピックパートが追加されたが、ベースパート、ドラムパートの追加はなかった。*3
      • アレンジ復活であるため、前作のUnder The Nest -Remaster-と同様に、GF側での所属フォルダは初出の「GF1・2・3」ではなく「Tri-Boost Re:EVOLVE」になっている。
    • Dennis Gunnはアメリカ出身のボーカリスト。初期ギタドラシリーズで活躍した。
      • 彼の歌った楽曲がXGシリーズに復活したのはこれが初。
    • XGシリーズ以降、片機種専用曲がアレンジされて復活した例は初となる。
      • BASS・DRUM譜面も全難易度の譜面を搭載。
      • GUITAR譜面についてもV時代から大きく手直しされており、紫Gでも総ノート数はV譜面より少なくなっている。締めの部分は、V譜面最初期に存在したシークレットノートの部分が通常のノートになり、自分で弾くようになっている。
    • ロング曲「Riff Riff Paradise」「Riff Riff Orbit」の一曲として組み込まれている。
      • 今作ではイベントで「Riff Riff Orbit」が復活している。

Golden Triple Festival

1st program

  • 刹那 / HuΣeR feat.Fernweh
    • 前作Tri-Boostの『Megatonic Shaper』に続くHuΣeRによる提供楽曲。
    • ギター演奏を零 -zero-(告知ツイート)、歌唱をKuroa*(告知ツイート)が担当。
      • 零 -zero-は下記のOur Faith (Faithful MTL Remix)でギタドラシリーズに参加している。
      • Kuroa*はSDVXやpop'nなどの機種で主に公募楽曲のボーカリストを務めている。氏は本作以前にREFLEC BEAT VOLZZAの「MOON DUST」で依頼制作楽曲のボーカルを務めていた。

2nd program

  • 5-10 / good-cool ft.近藤葵
    • GuitarFreaksV4 & DrumManiaV4 Яock×Rockからの復活曲
    • good-coolがギタドラシリーズに初めて書き下ろした楽曲である(移植を含めるとSA-DA-ME(GF10&dm9収録、pop'n music 7初出)がある)。
    • この曲の復活を以て、good-cool作の旧GFDMシリーズ楽曲は全てXGシリーズ以降準拠の新譜面で遊べるようになった。
      • 余談だが、本曲と同じ作曲及びボーカルの組み合わせの楽曲としてCS版pop'n music 13 カーニバルの「テキーラダンス/Passion Girl」が存在するが、こちらはAC版には収録されてない。

3rd program

  • The Ascension / 二井原 実 vs.96
    • GuitarFreaksV6 & DrumManiaV6 BLAZING!!!!からの復活曲
    • 「PATRIOT'S DREAM(美しく花と散れ)」(版権曲)で歌唱を務める二井原実が初めてコナミに参加した楽曲。
    • XGシリーズのクラシックでは専用ムービーがHD化されていたが、ジャケットが変更された都合か汎用ムービーに変わっている。

誘いだせ! オトベア in the TSUBO

ver.赤ベア

ver.青ベア

  • BAD HERO / BAD HEROES
    • BAD HEROESの正体は、あさきと「タツヤ」ことQrispy JoyboxとLOKAのヴォーカルkihiroの組み合わせ(BE生176回より)。(kihiro側告知)
      • あさきとQrispy Joyboxによる合作は、BEMANI SUMMER DIARY 2015初出曲「BELLS」(楽園の囚人名義)以来。
        同イベント初出の組み合わせで、2曲目の楽曲を披露するのは、S-C-UとU1による『NISHIMURA -祭- CARNIVAL』(S-C-U×U1 feat. VENUS名義/jubeat Qubell収録)以来となる。

ver.紫ベア

GITADORA Matixx ロケテスト解禁楽曲

2017/06/16配信
次回作GITADORA Matixxのロケテストで解禁すると本作でも先行解禁される

  • LOUD! / 泉 陸奥彦
    • GUITARFREAKS 3rdMIX & drummania 2ndMIXからの復活曲。
    • 泉陸奥彦によるとMODEL DDシリーズの原点に当たる楽曲とのこと。

璃音のわくわくSummer Craft

for響香

  • Terpsichore / 斉藤由佳

for弦

  • 背水之陣 / すわひでお
    • pop'n music 17 THE MOVIEからの移植曲。pop'n側のジャンル名は「忍者メタル」。
    • 作曲はwac、ギター演奏は96。
      • 同ボーカリスト及びギター演奏者の組み合わせの楽曲はGITADORA Tri-Boostの「怒りと共に去りぬ!!」が存在する。
    • ジャケットはポップンリズミンと異なる新規画像。
      • ジャケットに描かれている忍者のキャラクターはポップン版での担当キャラクター「ヨシオ」。彼はGITADORAでは過去にGF10th・dm9thにて収録された同ボーカリストの楽曲「SA-DA-ME」のムービーにも登場していた。
    • GITADORA Matixxのロケテストで先駆けて登場していた。
      • [黄・赤・紫D]第一回ロケテスト時から難度値が変更されている。

forオトベア

  • First Date / ko-saku
    • GuitarFreaksV4 & DrumManiaV4 Яock×Rockからの復活曲。HELLO! POP'N MUSICにも移植されていた。
    • 作曲者は千本松仁。氏は6月一杯でKONAMIを退社した(ソース)。
      • この曲の復活を以て、旧ギタドラシリーズに収録されていた氏の楽曲はすべてXGシリーズ準拠の新譜面で遊べるようになった。
      • また、ko-saku氏が歌唱を担当したコナミオリジナル楽曲も全て復活した。

連動企画解禁曲

FLOOR INFECTION

  • 連動企画/FLOOR INFECTION
    • これら2曲も過去弾の移植曲同様キー音搭載(BGMからギター・ドラム音がきちんと抜かれている)。

第25弾(2017/04/26配信)

  • 第27弾(REFLEC対象)より後に開催されたが、第28弾ではなく番号が遡ってこれまで欠番だった第25弾扱いとなっている。
  • 今弾は1曲のみで開催となっている。
  • Our Faith (Faithful MTL Remix) / DOUBLE HELIX
    • SOUND VOLTEX II -infinite infection-からの移植曲。FLOOR「kors k楽曲REMIXコンテスト」採用曲。
      • 原曲はREFLEC BEAT colette -Winter-収録曲のkors kの楽曲「Our Faith」。そちらはjubeat saucerに移植されている。
        一方で初出のRb側では悠久のリフレシアの旧曲一斉譜面リメイクに伴い現在未収録。
      • SDVX IIIでは同コンテスト採用のtakdriveによる別アレンジ「Our Faith (takdrive remix)」も存在する。
    • 本REMIXのアーティストの「DOUBLE HELIX」は零 -zero-とたちのんによるユニット。
      • SDVX初出の両氏の楽曲が他機種に移植されるのは今回が初。
        たちのんの楽曲は他機種でpop'n music éclaleにて「Sugar Coaster Girl」(Citrus and Ocean Colour名義)が採用されていた。

第28弾(2017/08/16配信)

  • 今弾も1曲のみで開催となっている。
  • 準備運動 / すのうまん
    • SOUND VOLTEX IV HEAVENLY HAVENからの移植曲。FLOOR「SOUND VOLTEX IV 制作決定記念 オリジナル楽曲コンテスト」採用曲。
    • 作曲のすのうまんは音楽同人サークル「Riverside」出身のアーティスト。現在の同サークルの代表も務めている。
      • ちなみに彼の前任に当たる人物は_yoc.こと部署異動前のDJ TOTTOであった(参考)。
      • BEMANIでは過去にSDVXで「おお われら喜び讃うべし、主よ」「Angels And Demons」(共に東方アレンジ)、MÚSECAで「Kyokugen da!!」、pop'nで「SPEED KING ON FIRE」が採用されている。
    • SDVX側では難易度別にジャケットが4種類あるが、GD側のジャケットは[MAXIMUM]のもので固定。

「ノスタルジア ƒORTE」バージョンアップ記念 楽曲交換イベント

イベント期間や解禁条件等は「バージョンアップ記念 楽曲交換イベント」も参照のこと。

2017/08/22配信(最短)

  • Ater Regis -Alius- / Akhuta
    • 初代ノスタルジアからのアレンジ移植曲。
    • 原曲詳細はノスタルジアの収録曲雑記を参照。
    • 「Alius」はラテン語で「別の、他の」といった意味であり、ギタドラにおけるアレンジ版のことを表していると思われる。
    • ジャケット画像はノスタルジアと同じもので「Alius」の文字やGITADOROCKマークはついていない。
    • Tri-Boost Re:EVOLVEとしてはこれが最後の配信曲であった。

*1 超ENCORE Fes開催時を除く
*2 BEMANIでは他に同じくひなビタ♪曲の「激アツ☆マジヤバ☆チアガール」等で演奏参加している
*3 ベースパートは3rdMIXからのシステムの為、この曲には搭載されていなかった。これは現在もBa,Drの無いMAGIC MUSIC MAGICも同様である。

Last-modified: 2017-09-06 (水) 13:08:14
Site admin: iMp95
mail : imp@callusnext.com (←@を半角に)