SOUND VOLTEX EXCEED GEAR

最近の出来事


  • 2021/07/05(Mon)
    • 「グレイスからの挑戦状!!」開催(〜2021/07/31 23:59)
      • コナステ版SDVXのINFINITEコースをプレーすると「αzalea」解禁
  • 2021/07/01(Thu)
    • 「ヴァルキリージェネレーター」第2弾配信
      • 「いちかのBEMANI投票選抜戦2019」マニフェスト:新規ネメシスクルー「つまぶき」も含まれる
    • 楽曲2曲配信
      • 「SHIKI」楽曲2曲配信
  • 2021/06/17(Thu)
    • 楽曲3曲配信
      • 「制作決定記念キャラクターテーマ楽曲コンテスト採用作品第八弾」楽曲3曲配信
  • 2021/04/07(Wed)
    • イベント「X-record」開催(特設サイト)
      • 「beatmania IIDX LIGHTNING MODEL x SOUND VOLTEX -Valkyrie model-」クロスオーバーイベントで新筐体限定の連動イベント
      • 移植曲2曲、新曲1曲配信
  • SOUND VOLTEX EXCEED GEAR稼働開始
    • 2021/02/17(Wed):新筐体「SOUND VOLTEX -Valkyrie model-」先行稼働開始
    • 2021/04/26(Mon):従来筐体稼働開始(「SOUND VOLTEX VIVID WAVE」からのオンラインアップデート)

公式サイト・関連ページ

前作(VIVID WAVE)から引き継がれる要素

  • 公式告知
  • 前作『VIVID WAVE』から『EXCEED GEAR』へ引き継いだ後も『VIVID WAVE』を引き続きプレー可能。
    • なお、プレースコアや楽曲・アピールカード・ジェネシスカード・ネメシスクルーなどの獲得状況はどちらのバージョンでも共通
      引き継ぎ後に『VIVID WAVE』側のイベントで新たに解禁した場合、『EXCEED GEAR』側にも反映される。
      • Valkyrie model先行稼働中にそちらの稼働店舗へ遠征した場合でも、従来の筐体での『VIVID WAVE』のプレーへの影響は向こうで解禁した要素の反映以外にない。
      • 参考までに、本作同様「20th anniversary model」先行稼働となった『DDR A20』はプレーデータが全共有だが隠し要素はA20のみ無条件解禁移行という形であり、『HEROIC VERSE』ではLIGHTNING MODELが後発だったため『Rootage』との間で同期を考慮する必要はなかった。
  • 引き継がれるもの
    • SDVX ID
    • プレーヤーネーム(引継ぎ時に変更可)
    • 楽曲スコアデータ
    • 楽曲の解禁状態
    • 所持アピールカード
    • 所持のメインネメシスクルー
      • EXCEED GEARでは現在、サブクルーを設定できないため、サブクルーも引き継がれるかは現状不明。
    • アピール称号
      • 引き継いだ後VIVID WAVEで新たな称号を獲得した場合、EXCEED GEARの公式サイトでその称号を選ぶことは可能。
    • ACHIEVEMENT
      • EXCEED GEARでは2021/06/10再実装。
      • VIVID WAVEの未獲得の実績の条件をEXCEED GEARで達成した場合、その実績と報酬は次回のVIVID WAVEでのプレイで貰える。
    • VOLFORCE
      • 今作では小数点第3位まで算出するため、合計値が微増する可能性が高い。
      • 数値とクラスそのものの引き続きではなく、引き継いだスコアデータを基に今作の計算方法で算出された数値とクラスを設定される。
    • ハイスピード設定
      • 引継ぐ前に赤数字を設定している場合、その数字の1/100で設定される。
    • 登録したお気に入り楽曲
    • 「HEXA DIVER」の解禁進捗状況
  • 引き継がれないもの
    • スキルレベル
    • スキル称号
    • コーススコア
    • ブラスターゲージ
    • 所持PCB
      • 但し、初回プレー時に予め10000PCBが加算されている。
    • 所持LE
    • 好敵手(※登録状態がリセット)
    • 音量調整値
    • 判定調整値
    • VIVID WAVEでの使用アピールカードとメインネメシスクルーの設定状況
      • 初期設定に戻されるので再度選択が必要。

システム新要素・変更点

  • プレーに大きく影響すると思われる項目は赤文字にて示す。
  • キャッチコピーは「この武奏(GEAR)で限界を超える―」。

ハードウェア・筐体関連

  • 今作より新筐体「SOUND VOLTEX -Valkyrie model-」を投入。
    • 新筐体に今作のデータを入れた状態で出荷、従来筐体には後日アップデートで対応。(DDR A20の「20th anniversary model」と同じ方式)

新筐体「SOUND VOLTEX -Valkyrie model-」

  • メインディスプレイが大型化(43インチ非光沢液晶)・120Hz対応。
  • クアッドスピーカーシステム。
    • フルレンジスピーカーユニット4基と大口径サブウーファー搭載。
      • 従来の筐体ではパネルとモニターの間にあったサブウーファーは筐体の脚側に移動。(IIDX LIGHTNING MODELとほぼ同じ構造)
  • タッチパネルモニター(21.5インチ)設置
    • メインディスプレイとスイッチ類の間に設置。
    • オプション設定・楽曲検索はここで行える。
  • 「楽曲検索機能」新設
    • タッチパネルキーボードで絞り込み。楽曲の読み仮名だけでなくアーティスト名でも絞り込みできる。
  • テンキーはIIDXのプレミアムエリアと同じ仕様。画面左上の呼び出しボタンで表示させる。
  • タッチパネルモニター設置の兼ね合いか、従来筐体よりメインディスプレイとの距離が離れている。
  • 大会仕様の入力デバイス
    • 各種デバイス(スイッチ・アナログデバイス)が従来のものから更新。
      • ボタンのスイッチは三和電子製OBSA-LHS1F-LN、バネは20gである可能性が高い。
  • 新判定「S-CRITICAL」新設
    • STANDARD START時に使用可能。(要PASELI・ロケテストでは「EXCEED START」となっていたが、こちらに統一されている)
    • モニターが120fps対応したことに伴い、より高精度な判定を行うことができるようになったため、従来のCRITICAL判定の上位判定として実装された。
    • 1000万点満点のスコアとグレードは従来と同じ基準(S-CRITICALもCRITICAL扱い)で計算される
    • ロングオブジェクトとアナログデバイスは従来のCRITICALが全てS-CRITICAL扱いとなる。
    • S-CRITICAL判定の有効時は1000万点満点のスコアとは別に加算型の「EX SCORE」が計算される。
    • 「EX SCORE」の配点は以下の通り。チップとロング・アナログでS-CRITICALの配点が異なる。
      効果音付きチップFXオブジェクトは必ずS-CRITICAL判定になる。
    • 通常の1000万点満点スコアではチップとロング/アナログの1判定あたりの配点が1:1なのに対し、EX SCOREでは2.5:1となり、チップオブジェクトの比重が高くなっている。
オブジェクト判定配点
チップS-CRITICAL5
CRITICAL4
NEAR2
ERROR0
ロング
アナログ
S-CRITICAL2
ERROR0
  • varkylie effct
    • 従来の筐体と比べロングFXオブジェクト・アナログライン使用時のエフェクト効果が更に派手めに強調されている。
      • タッチパネルモニター内のオプションにて有無の切り替え可。
        OFFにした場合従来のエフェクト効果で表示される。
  • その他
    • カードリーダーはボタン類の右脇に内蔵、テンキーはタッチパネルモニターで操作。
    • オプション設定より筐体発光部の明るさを変更できるようになった。
      • タッチパネルモニター内のオプション→ライティング設定より調整可能。
    • カメラはタイトルボート真下に設置
      • 但し、稼働段階で前作同様カメラを使った機能は用意されていない。
    • ボタン類の左脇に取り外し可能なパーツ部がはめ込められている。
      • 恐らくDDR 20th anniversary model筐体同様に外部電子マネー端末などの機器を設置する為の拡張部と思われる。
    • 内部基板の制御OSはWindows10 IoTに変更されている。
  • 専用楽曲
    • 従来筐体には収録されない楽曲がある。IIDXのように後日(次回作)にて従来筐体にも常駐されるかは未発表。
  • MEGAMIX BATTLE
    • いちかのBEMANI投票選抜戦2019」の100万票達成のマニフェスト「AUTOMATION PARADISE に驚愕の新機能が搭載!?」で作られた機能。
    • 2人店内対戦専用の新モード。
    • MEGAMIX BATTLEモード→MEGAMIX STARTでプレー。
    • 両プレーヤーが5曲を選曲、計10曲がプレー中リアルタイムにミックスされる。
    • 1曲=1ターンとして、1ターンごとにスコアが高い方が☆を獲得、全12ターン終了時に☆を多く獲得できた方が総合勝利となる。
    • 「EXCEED GEAR」
      • タッチパネルモニターに「EXCEED GEAR」ボタンがあり、タッチすることで任意に発動させることになる。
      • 発動させた状態の直後の自選曲が「S-CRITICAL」を使用したプレーとなる。自分が勝利すると自分に☆3〜8個・相手が勝利すると相手に☆1個のボーナスが入る。
      • 「EXCEED GEAR」ゲージが用意されている。
        LEVEL1〜3の3段階あり、高レベルで発動させると勝利時の☆のボーナスが増える。負けた場合の相手へのボーナスは変わらない。
  • ARENA BATTLE
    • IIDXのARENAモードに類似した対戦モード。
    • 稼働開始時点では店内対戦のみ対応、後日、オンライン対戦可能になると予想される。
      • 店内マッチングではFRIENDモードがすでにあるが、楽曲をそれぞれ指定しあう点が異なる。
    • 各プレーヤーが楽曲を指定、その楽曲をプレーしてスコアを競う。
    • 2〜4人で3〜4曲をプレーする。
      • 2〜3人プレー時は3曲(2人:メイン各1曲+サブ1曲・3人:各1曲)・4人プレー時のみ4曲(各1曲)プレー。
      • 2人プレー時はメイン曲/サブ曲を各1曲ずつ選択し、メイン曲を各1曲プレー後に2曲のトータルスコアの低い方が選んだサブ曲を3曲目にプレーする。
  • VALKYRIE GENERATOR
    • 2021/04/28実装
    • カスタマイズアイテムに特化したガチャ機能。
      • 出現はランダムだが、重複することはない。
    • 実装時点で下記のアイテムが当たる。
      • ネメシスクルー
      • ネメシスデザイン
      • カスタマイズBGM
      • アピールスタンプ
      • タッチパネル壁紙
    • 設定は公式サイト内で行う。(要ログイン)
      • 設定した内容はタッチパネル壁紙を除き、従来筐体にも反映される

従来筐体関連

  • オプション設定呼出は選曲画面にてFX-L、FX-R同時押しで呼び出す。
    • 前作で行えてた選曲後のオプション設定は不可能となった。
    • VOL-Lで項目選択、VOL-Rで選択項目内の設定変更、FX-L、FX-R同時押しで選曲画面に戻る
    • オプション設定項目デザインはIIDXの詳細設定に近いデザインに変更
  • プレー画面左上のレーンスピード項目下に設定しているレーンスピード数値が赤文字で表示されている。
  • VM筐体では付属されない筐体上のPOPは継続して更新されている。
  • SOUND VOLTEX GENERATOR -REAL MODEL-は本来のカード印刷機能は使用しないが、LEDネオン機能のみ連動している。

基幹システム

  • ゲームエンジンの刷新による変化
    • つまみ譜面等のCHAIN数カウント増加。
    • 無操作でCRITICAL判定となっていた一部ラインで無操作だった場合、ERROR判定に変化。
    • ゲージ増加量の計算方式変更。
      • 今作よりゲージの総増加量が全ての譜面で統一される。一部譜面においては前作よりゲージがUPし易くなっているが、増加量減少になることはない。
  • ボルフォースの変更
    • 前作では小数第2位までだったが、第3位までに変更。
    • 計算式は前作から変わっていないと思われるが、従来切り捨てられていた単曲FORCEの小数第3位が反映されるようになるため、引継ぎ時に合計値が少し増える可能性がある。
      • 引き継ぎによるボルフォース上昇の期待値は0.225。(対象50譜面の小数第3位が0〜9で均等に分布する場合)
      • 切り捨てられていたものが加わるだけなので、(対象譜面のレベル変更が無ければ)引き継ぎで下がることはない。
  • 「PREMIUM TIME」の仕様変更
    • 選曲画面で時間切れの場合、追加の選曲時間が60秒から15秒に短縮された。
  • 『SOUND VOLTEX GENERATOR -REAL MODEL-』非対応
    • 内蔵しているプリンターは使用されなくなったが、LEDネオン機能のみ連動している。
    • 「The 9th KAC ジェネシスカードコンテスト」までのジェネシスカードはカードコネクトで順次復刻が告知されている。
    • 韓国版は2021/05/20より更に対応(UNIANAの公知)

解禁関連

  • 「EXTRACK GAUGE」と「BLASTER ENERGY」の分割
    • 今作より「EXTRACK」と「BLASTER ENERGY」が別のゲージに分割された。
    • 「LIGHT START」でプレーした場合両ゲージともに増加しなくなった
START方法BLASTER
ENERGY
EXTRACK
GAUGE
LIGHT START増加しない増加しない
STANDARD START
BLASTER START増加しない
PREMIUM TIME START増加しない
  • 「BLASTER GATE」「Ω Dimension」「HEXA DIVER」フォルダは任意のタイミングで「BLASTER ENERGY」を100%消費することで挑戦する形式となった。
    • SDVX IVでEXTRACKが実装される前の形式に戻ったと言える。
    • 前作まではBLASTER ENERGYが1〜2曲目に100%になってもEXTRACKに入るまで消費できず1〜2曲分無駄になっていたが、今作では100%になった直後に確実に消費できるようになり、挑戦間隔が若干短くなっている。
    • 今作では4回プレーで2回EXTRACKを出せば14曲プレーできるため、BLASTER ENERGY蓄積(8%×13曲)と消費を4回プレーで完結させることができる。
    • BLASTER ENERGYを消費した場合そのTRACKではBLASTER ENERGYは増加しない。
  • 「EXTRACK」は単なる4曲目の追加となり、解禁要素からは分離された。
    • 「EXTRACK GAUGE」は5分割されており、TRACK COMPLETEする毎に1マス分溜まる。即ち最大で2プレーに1回出現させることができる。
    • EXTRACK時にクリアしてもEXTRACK GAUGEは増加しない。
    • pop'n musicシリーズの「EXTRAランプ」と同じ仕様である。
    • LIGHT STARTがEXTRACK不可で値上げ、STANDARD STARTがEXTRACK頻度増で値下げとなった結果、以下の通り価格差が縮みLIGHT STARTを選ぶ利点が小さくなっている。
START方法料金EXTRACK1曲あたり単価
(小数第2位切り上げ)
備考
LIGHT START100円不可33.4円/曲
STANDARD START120円2プレー毎34.3円/曲6曲中CRASH 1曲以内
3プレー毎36.0円/曲9曲中CRASH 4曲以内
4プレー毎37.0円/曲12曲中CRASH 7曲以内
  • 「BLASTER START」の仕様変更
    • 2曲保障(+2017/08/10以降はEXTRACK追加確定)から3曲保障+STANDARD START同様のEXTRACK出現判定に変更。このため、3曲目はEXTRACK扱いではなくなった。
    • EXTRACK GAUGEは増加するため、EXTRACK GAUGEが溜まり切ればEXTRACK進出となり、4曲プレーが可能となった。
    • BLASTER GAUGEは蓄積しないが「BLASTER GATE」「Ω Dimension」フォルダは常時開放、「HEXA DIVER」は1プレー中に1回だけだが、任意のタイミングでプレー可能。
  • 「BLASTER GATE」のシステム変更
    • 今作よりBLASTER GATEの追加譜面解禁が『当該EFFECTをクリアする』or『挑戦20回』で解禁に変更となった。
    • BLASTER ENERGYの消費による挑戦だけではなく、ローカルマッチングによるクリア・プレーでも解禁条件を満たすことができる。
    • 前作で挑戦に条件のあった譜面は条件が撤廃され全て挑戦可能となっている。
    • 今作先行稼働時点で新規追加譜面は無く、今作の追加譜面の名称も公表されていない。
      • エイプリルフール限定出現の新曲「エクシード仮面ちゃんのちょっと一線をえくしーどEXCEED講座」も譜面難度は[MXM]となっている。
  • 「Ω Dimension」のシステム変更
    • 今作よりΩ Dimensionの譜面解禁が『当該EFFECTをクリアする』or『挑戦20回』で解禁に変更となった。(参照)*1
    • BLASTER ENERGYの消費による挑戦だけではなく、ローカルマッチングによるクリア・プレーでも解禁条件を満たすことができる。
    • 前作で挑戦に条件のあった譜面は、条件が撤廃され全て挑戦可能となっている。但し、Phase.5+に関してはPhase.5の譜面全てを解禁しないと挑戦できない。
    • BLASTER STARTでは3曲目のみの制限が無くなり、1プレーで3回(EXTRACKを出せば4回)挑戦できるようになった。
  • 「HEXA DIVER」の挙動変更
    • BLASTER STARTでは「HEXA DIVER」のフォルダが常時出現するようになった。ただし、挑戦権は1プレー内で1度だけである。
  • 条件付きインプットの撤廃
    • 前作までの条件付きインプットは全て無条件でPCB解禁可能となった。
    • 前作まで無条件解禁可能なLv20は存在しなかったが、この変更で「Lachryma《Re:Queen’M》」[GRV]、「iLLness LiLin」[MXM]の2譜面が無条件でPCB解禁可能となった。
  • 「BLASTER GATE」「Ω Dimension」フォルダ選択時に発生していた専用選曲画面並び特殊演出は廃止され通常の選曲画面と同様になった。
  • 「BLASTER PASS」の仕様変更
    • 2021/04/28再実装。購入から24時間有効なのは前作と同様。
    • 「BLASTER GATE」と「Ω Dimension」の解禁条件が「1回プレー」のみに緩和される。
    • 他の機能は変更なし。(BLASTER ENERGY獲得量2倍、HEXA DIVERダメージ量1.5倍・ARS使用可能)

選曲画面

  • 選曲画面レイアウトの変更
    • 従来のジャケットイメージが3x3の9つ表示されるデザインから初代の縦1列に並ぶデザインに近いレイアウトに変更されている。
      • 「beatmania IIDX」「GITADORA」「MÚSECA」の選曲画面レイアウトに近い。
  • FX-Rボタンによるソート変更の挙動変更
    • 前作ではFX-Rボタンを押すたびにソート種別が切り替わる形から今作ではFX-Rボタンを押すとソート種別の項目一覧が表示され、VOL-Rで選択後、FX-Rボタンで反映される仕様に変更。
  • 「新曲フォルダ」廃止
    • ジャケットの左側の「NEW」は存在し、配信から29日が経過すると除外される。これは今まで通り。

マッチング画面

  • アピールスタンプ
    • マッチング中「FX-L」+「BTボタン」で使用。アピールの方法が従来のBTボタン4種から倍になった形。
    • 入手は実装時点でVALKYRIE GENERATORのみ。入手後の使用設定は公式サイトで行う。

プレー画面

  • HI-SPEEDオプションの仕様変更
    • 前作までの「HI-SPEED」オプションの名称が「レーンスピード」オプションに変更され、オブジェクトのスクロール速度がBPMによらず固定されるようになった。
      • 「BPM×倍率=スクロール速度」とすると前作までは「倍率」の部分を0.5〜8.0の範囲で設定しておりBPMによってスクロール速度の設定可能範囲が変化していた。
      • 今作ではBPMに関係無く「スクロール速度」を直接指定する方式に変更になった。
      • IIDX(Rootage以降のデフォルト)、GITADORA、ノスタルジア、CHUNITHM等と同様の設定方式である。
    • レーンスピードの設定範囲は1.00〜10.00の0.01刻み。
      • 前作までの赤数字(BPM×倍率の積)と比較すると、レーンスピードの設定値を赤数字の1/100にすると概ね近い速度になる。(例:レーンスピード7.00≒赤数字700)
    • 曲中でBPMが変化する場合まで固定されるわけではなく、BPMの変動率に比例してレーンスピードの値が変化する
      • BPMが変化する楽曲ではレーンスピードの基準が従来の赤数字と同様に最長BPMに合わせられる。
      • BPMが変化することによりレーンスピードが1.00〜10.00の範囲を外れる場合(例:BPMが倍になることでレーンスピードが7.00→14.00に変化)であってもそのまま反映される。
      • BPMが変化する楽曲において設定可能なレーンスピードは「最長BPMにおける1.00〜10.00」となる。
        例:「U.N.オーエンは彼女なのか? haru_naba Remix」はBPMが前半140、後半200で最長は200の方であるが、設定可能なレーンスピードは「BPM 200における1.00〜10.00」であるため、前半の140地帯ではレーンスピードが0.70〜7.00に制限される。
    • マッチング画面、プレー画面時にスタートボタンを押したままにすることでレーンスピード数値の下に従来のハイスピード倍率を表示可能。
      • 表示される値の計算式は「レーンスピード×100/BPM」。この値はBPMが変化しても変わらない。
  • BPM変化予告表示の追加
    • 画面左上にBPMとレーンスピードが常時表示されているが、BPMが変化する手前でBPMとレーンスピードの変化後の値が予告される。(加速=赤字、減速=青字)
  • その他
    • アナログデバイスの出現告知が大型化され、また、前作よりも出現回数が多くなった。また、譜面の最初につまみが存在する場合にも出現告知がされるようになった。
    • チップFXオブジェクトのオブジェクト色がより赤みが強いものに変更。
    • ゲージの減少量自体は変わっていないが、(表示上の)ゲージ推移が滑らかになった。
      • (例)EXCESSIVE RATEが100%の状態でチップor直角を1個見逃した場合、前作まではERROR表示が出ると1フレームで91%となっていたが、今作では91%まで減少する間に99%〜92%と表示されるフレームが存在する。
    • マッチングプレーヤーがいるときのプレー後のチャット画面のSKIP機能の廃止。

リザルト画面

  • リザルト画面の詳細化
    • 以下の形式でオブジェクト種類別の判定数が表示されるようになった。
      • 「S-CRITCAL」有効時
        CHIPLONGVOL
        S-CRITICAL
        CRITICAL--
        NEAR--
        ERROR
      • 「S-CRITCAL」無効時
        CHIPLONGVOL
        CRITICAL
        NEAR--
        ERROR
  • EARLYとLATEがNEARだけでなく他判定にも拡張され、リザルト画面で以下の形式で詳細な棒グラフで表示されるようになった。(アナログデバイスのERRORはLATEとしてカウント)
    • 「S-CRITCAL」有効時
      E/L判定判定数棒グラフ
      EARLYERROR
      NEAR
      CRITICAL
      S-CRITICAL
      LATECRITICAL
      NEAR
      ERROR
    • 「S-CRITCAL」無効時
      E/L判定判定数棒グラフ
      EARLYERROR
      NEAR
      CRITICAL
      LATENEAR
      ERROR

公式サイト

  • トップページのレイアウト
    • 前作まで告知関連の画像が縦に並んでいたが、上部にある枠に集約・横方向で切り替える形式に変更(他のBEMANI機種の公式サイトのレイアウトと揃えた形)。そのため、縦方向が大幅に圧縮されている。
  • カスタマイズ機能
    • PLAYDATA内に追加
    • VALKYRIE GENERATORで入手したカスタマイズアイテムの設定が可能。
      • そのため-VALKYRIE MODEL-のプレーが必要となるが、入手後設定した内容はタッチパネル壁紙以外は従来筐体でも適用される。
    • 設定項目は以下の通り。
      • アピールスタンプ:マッチング中「FX-L」+「BTボタン」で使用。BT-A〜BT-Dの4種個別に設定可能。
      • ネメシスデザイン:メイン画面内・デバイス周辺(判定ラインより下)のデザイン変更
      • タッチパネル壁紙:タッチパネルの壁紙の変更
      • システムBGM:選曲時等のBGM変更

その他

  • メインデザイナーの変更
    • 初代〜VIVID WAVEまではアオニサイ(蒼弐)が担当していたが、今作ではスティンガーが担当をしている模様。
      • アオニサイは前作VIVID WAVEの「θコトノハθカプセルθ」(2019/10/10配信)以来ジャケットイラストを一切担当していない。
      • 後にbeatmania IIDX 28 BISTROVERにて2021/03/18配信の「バッド・スイーツ、バッド・ドリーム」のムービーで蒼弐が直々にアニメを担当している。
  • キャラクターのボイス実装
    • 今作ではレイシスにボイスが正式実装された。CVは茅野愛衣
      • 前作ではおそらくVOICEROIDによる合成音声という形での実装が行われていたが、今作で正式に実装された。
      • 下画面のオプションにてボイス有無の設定は可能。
  • 譜面制作環境の更新
    • MAD CHILDによると譜面作成ツールのアップデートも行われ所謂「曲線つまみ」などの型を描く配置の生成が直感的となり、EXCEED GEARのゲームプレーにおいては「つまみ譜面」等の曲線デバイス配置が非常に滑らかな仕上がりになっている。
  • デモプレイのプレイアブル化
    • 前作までのデモプレイは全てCRITICAL判定であり、プレーはできなかったが、今作から通常の楽曲と同様にプレーできるようになった。
  • (公式サイト内のみ)ジャンル「EXIT TUNES」廃止
    • 公式サイト内では廃止されているが、筐体では廃止されていない模様。
  • (稼働時点)「PARADISE START」未実装
    • テストモードの料金設定には項目があるため、後日実装される可能性が考えられる。

不具合

未修正

発生日で降順に記載

2021/02/17頃より発生

  • ローカルマッチングで一部の楽曲をプレーした場合、初回のみ選択した難易度に関わらず難易度が[NOV]となる。
  • アリーナバトルにおいてオプションが使用できない。
  • マッチングしたプレーヤーが公式HPのマッチング履歴に表示されない。
  • 公式サイトの楽曲ランキングにおいて、自己ベストスコアと同じ点のスコアを取った場合、EXスコアにおいて自己ベストスコアより高い点数を取らなければ全国ランキングを更新できない(S-CRITICALをオフにしていた場合も同様)。つまり1度理論値を取ってしまうと再び理論値を取ってもランキングを更新できない。
    • 筐体上で表示される全国ランキングは更新されるため、不具合である可能性が高い。

修正済

修正日で降順に記載

2021/06/29のアップデートで修正

  • 2021/06/14修正とは別にBOOTH初出の[NOV]すべてとII〜IVまでの一部の[NOV]で全国と店舗ベストスコアが全て0、クリアレート0.0%になっていた。

2021/06/14修正

  • 全国と店舗ベストスコアが全て0にリセットされている。
  • クリアレートが全て0.0%になっている。

2021/05/18修正

  • 楽曲「I」のMXMにおいて、一部ロングオブジェクトの判定がおかしくなっていた。 (ソース)
  • 楽曲検索機能で本来出現しないはずの楽曲「AUTOMATION PARADISE」が出現。この楽曲を選択するとフリーズする。
    • 修正により、検索しても出現しなくなった。
  • PREMIUM TIMEモードにおいてスタートボタンを押さなくてもVOLFORCE上昇後に(VOLFORCEが上昇しない場合はシステムボイス読み上げ終了後に)リザルト画面が強制終了する。
    • 他のモードと同じ15秒の余裕が追加された。

2021/05/01修正

  • VALKYRIE GENERATORの値段設定が本来の1/2倍の値段となっていた。(50%設定の場合本来なら1回300円のところ、1回150円となっていた)
    • 2021/04/28のVALKYRIE GENERATOR稼働開始数時間後に一旦サービス停止となった。05/01に値段を訂正しサービス再開。

2021/04/28修正

  • 日本国外の旧筐体において、レーン・つまみノーツが消滅したり、判定が画面の中央付近に表示される。(ソース)

2021/04/27修正

  • チップFXオブジェクトがロングBTオブジェクトの下に表示される。(ソース)

2021/04/26修正

  • BLASTER GATEの未解禁楽曲が時間切れでスタートボタンを押さずに選曲した場合、選択した難易度に関わらず難易度がEXHAUSTになる。
  • Ω Dimensionの未解禁楽曲が時間切れでスタートボタンを押さずに選曲した場合、該当曲の難易度選択画面が出てきて、解禁済みの難易度しか選べなくなる。
    • 該当曲に解禁済の譜面がない場合は代わりに「Silent Story」の難易度選択画面が出てくる。
    • 難易度選択画面から譜面を選んでのプレーは解禁としてカウントされず、BLASTER ENERGYも消費されない。
    • 出てきた難易度選択画面で解禁出来ていない難易度を「選択しよう」とVOL-Rを右に回って、そのまま難易度選択画面の時間切れを待つとプレイ画面に(及びゲーム全体が)進められなくなる
      • 画面上では該当難易度がロックにかかって選択できないが、恐らくゲーム内部にはその難易度を選んでる状態になっている。
      • 楽曲検索などの下画面の機能はまだ使えるが、ボタンとつまみが使えなくなる。

2021/04/06修正

  • 前作同様、ゲーム終了時にカードリーダーにカードが置きっぱなしになっていた場合、『Thank you for playing!』の画面が表示され続けるようになった。
    • これによりカードリーダーにカードが置きっぱなしの場合、永遠にカードが読み込まれることがなくなった。

2021/03/09修正

  • Valkirye modelにおいて選曲画面でテンキーを操作することで判定のタイミングが調整できてしまっていた。
    • これにより、Valkirye modelの選曲画面においてテンキーの3、8番を操作した場合、ランダムセレクトやライバルスコア表示と同時に判定が調整されてしまっていた。
  • 一部譜面において判定に不具合が発生していた。 (ソース)
    • これにより、PUCができなくなっている譜面が存在する。
  • 楽曲をEXCESSIVE RATE+ARSでプレーした際、ゲージの右側にEXCESSIVE RATE+ARTと表示されていた。

2021/03/05修正

  • 公式HPのプレーヤーネーム変更、楽曲データ、スコアデータ/CSVダウンロードにアクセスしようとすると404エラーとなってしまっていた。
  • 好敵手検索の画面においてプロフィールのプレー回数、連続プレー日などの表記に誤りがあった。
    • 例:連続プレー日数:2日日  など。

修正時期不明

  • EARLY -100.0ms などといったありえない表記が存在する。
  • 旧筐体において直角つまみの判定に不具合がある。
  • 一部の譜面でレーンが傾いている場合の判定表示位置に不具合がある。(ソース)
  • 新旧両筐体において、BT・FXロングオブジェクトを押しっぱなしにしなくてもERROR判定にならない場合がある。(ソース)
  • 公式HPで「le coeur patissiere」と「apo:llioth」の間に現在、未収録の「€omet popcorn」「Devastated Territory」「Hurt me plenty」が掲載されているが、前作VIVID WAVEには収録されていない。
  • 「Innocent Azure」のジャケットイラスト名義が「Ag₂O」と表記されるところが「Ag O」と表記ミスがある。(作曲者ツイートより)
    • 後日修正されると告知があった。(ソース)

仕様

  • (IVより継続)「Starlight Express」のジャケット画像が汎用画像(SDVX EXCEED GEARロゴ)に差し替えられている。(地域関係なく一律)
    • 作曲者曰く一時的なものとの事であるがEXCEED GEARでも継続している。
    • 汎用ジャケットのデザインのみEXCEED GEAR仕様に新しくなっている。(韓国版の規制済ジャケットも同様)
  • (IVより継続)不定期のオンラインアップデートよりTRACK SELECT内でBOOTH初出の「Life is Beautiful」とBEMANI SUMMER GREETINGS(SDVX IV)初出の「Life is beautiful」の位置が入れ替わる。

バージョン情報

  • 新筐体は「KFC:r:G:A:〜」または「KFC:r:H:A:〜」、従来筐体は「KFC:r:F:A:〜」。rは地域コード(日本ならJ、大半のアジア地域ではA、など)。
    • 新筐体でG表記のものとH表記のものがある理由は不明。以下の表記では「KFC:r:G:A:〜」に統一している。
    • ただし、ロケテスト時点では新筐体であるにもかかわらずF表記だった。正式稼働ではGに変更されている。

最新バージョン

  • 第12版:KFC:r:G:A:2021062900 / KFC:r:F:A:2021062900(2021/06/29〜2021/--/--)

過去バージョン

  • 第11版:KFC:r:G:A:2021061600 / KFC:r:F:A:2021061600(2021/06/16〜2021/06/29)
  • 第10版:KFC:r:G:A:2021060802 / KFC:r:F:A:2021060802(2021/06/08〜2021/06/16)
  • 第9版:KFC:r:G:A:2021051802 / KFC:r:F:A:2021051802(2021/05/18〜2021/06/08)
    • ゲーム開始時に台パン注意の表記追加(新筐体のみでIV以来となる)、不具合修正など。
  • 第8版:KFC:r:G:A:2021043000 / KFC:r:F:A:2021043000(2021/04/30〜2021/05/18)
  • 第7版:KFC:r:G:A:2021042800 / KFC:r:F:A:2021042800(2021/04/28〜2021/04/30)
    • プレー終了後の「THANK YOU FOR YOUR PLAYING」が変更された。
  • 従来筐体初版:KFC:r:F:A:2021042600(2021/04/26〜2021/04/28)
  • 第6版:KFC:r:G:A:2021040601 / KFC:J:F:A:2021040601(2021/04/06〜2021/04/28)
    • イベント「X-record」開催準備など。
  • 第5版:KFC:r:G:A:2021032400 / KFC:r:F:A:2021032400(2021/03/24〜2021/04/06)
  • 第4版:KFC:r:G:A:2021030900 / KFC:r:F:A:2021030900(2021/03/09〜2021/03/24)
    • プレー中画面左上に従来用いられていたハイスピード表示が出来るようになった。(情報)
  • 第3版:KFC:r:G:A:2021022500 / KFC:r:F:A:2021022500(2021/02/25〜2021/03/09)
  • 第2版:KFC:r:G:A:2021022400 / KFC:r:F:A:2021022400(2021/02/24〜2021/02/25)
    • SKILL ANALIZER新コースの追加やレーンプレビュー、システムボイスの実装など。
  • 初版:KFC:r:G:A:2021021700/ KFC:r:F:A:2021021700(2021/02/17〜2021/02/24)
    • 「SOUND VOLTEX -Valkyrie model-」限定で先行稼働開始。
    • コピーライト表記の年度更新
      • ©2020 Konami Amusement→©2021 Konami Amusement
  • 第2回ロケテスト:KFC:J:F:A:2020092600(2020/09/26〜2020/09/27)
  • 第1回ロケテスト第2版:KFC:J:F:A:2020090403(2020/09/05〜2020/09/06)
  • 第1回ロケテスト初版:KFC:J:F:A:2020090402(2020/09/04〜2020/09/04)
    • ロケテストは新筐体「Valkyrie model」にて実施。

*1 公式サイトの説明では「クリア」としか表記されていないが、筐体上で20回挑戦でも解禁できる記述を確認

Last-modified: 2021-07-26 (月) 18:42:00
Site admin: iMp95
mail : imp@callusnext.com (←@を半角に)