SOUND VOLTEX EXCEED GEAR

新曲雑記(POPS&アニメ・東方・EXIT・VOCALOID)

  • ボーカルに歌声合成技術「VOCALOID」の応用ソフトを使用したものが多いため、使用しているものには曲名の右にタグを付けています。
    (※使用音源の名称は一部を除いてゲーム中には表記されていないため、推測などを含みます)
    • 】 - 「初音ミク」を使用しているもの。(発売元:クリプトン・フューチャー・メディア株式会社)
    • 】 - 「鏡音リン」もしくは「鏡音レン」を使用しているもの。(発売元:クリプトン・フューチャー・メディア株式会社)
    • 】 - 「巡音ルカ」を使用しているもの。(発売元:クリプトン・フューチャー・メディア株式会社)
    • Me】 - 「MEIKO」を使用しているもの。(発売元:クリプトン・フューチャー・メディア株式会社)
    • K】 - 「KAITO」を使用しているもの。(発売元:クリプトン・フューチャー・メディア株式会社)
    • G】 - 「Megpoid(メグッポイド)」。(キャラクター名:GUMI)を使用しているもの(発売元:株式会社インターネット)
    • 】 - 「がくっぽいど」(キャラクター名:神威がくぽ)を使用しているもの。(発売元:株式会社インターネット)
    • I】- 「IA -ARIA ON THE PLANETES-」を使用しているもの。(発売元:1st PLACE)
    • Ma】 - 「VOCALOID3 Library MAYU」を使用しているもの。(発売元:エグジットチューンズ株式会社)
    • Z】 - 「VOCALOID3 Library ZOLA PROJECT」を使用しているもの。(発売元:株式会社ヤマハミュージックジャパン)
    • 以上に挙げたもの以外の合成音声使用曲(使用された曲が1曲のみのもの)は別途タグを付けリンクを付加しています。
    • 【?】 - その他、音源未確定だが、合成音声が使われていると思われる曲。

  • ニコニコ大百科もしくはWikipediaに解説記事があるアーティスト(個人・団体)は詳細情報として名前からリンクを張っています。
    • 大百科に項目があるアーティストについてはBEMANI関連の情報のみ記載し、項目のないアーティストのみ補足解説しています。
    • こちらも参照:SOUND VOLTEX(ニコニコ大百科)
  • 作曲者等については全て敬称略。

  • (公式サイト内のみ)ジャンル「EXIT TUNES」廃止
    • 公式サイト内では廃止されているが、筐体では廃止されていない模様。

東方

  • SDVXに東方アレンジが新規収録されるのは2019/05/07配信の7曲以来約1年9ヶ月ぶり。(2020年は1曲も無かった)
  • BEMANI作品に鬼形獣アレンジが追加されたのは少し前に配信された「東方ULTIMATE WEAPON」が初だが、ゲームではこれが初となる。
  • 本ページでは「緋色月下、狂咲ノ絶 (nayuta 2017 ver)」と「WARNING×WARNING×WARNING」の[MXM]のみTRACK INPUTによる解禁条件なしでINPUT可能。

2021/02/27配信(先行稼働初期)

  • 穢れなきユーフォリア / 幽閉サテライト
    偶像に世界を委ねて 〜 Idoratrize World
    • 公式MV(2019/11/13公開):YouTube
    • 単独名義しか記載されていないが、アレンジはse-konとIceonの2人でボーカルはsenya。また、ギター演奏にneiroが関わっている。
    • 漢字の読みは「けがれ」。
  • トランスダンスアナーキー / 暁Records
    クレイジーバックダンサーズ
    • 公式MV(2017/12/25公開):YouTube
    • 2017/12/29発売の暁Recordsのアルバム「Metamorphosis」の2曲目より収録。
    • ボーカル・作詞・アレンジ全てをStack1人が行っている。
  • 緋色月下、狂咲ノ絶 (nayuta 2017 ver) / EastNewSound
    U.N.オーエンは彼女なのか?
    • サークルの代表するPSY TRANCE主体のアレンジ曲で同サークルの第1作CDである「Lyrical Crimson」を初出とする。
      「●●●●、●●ノ●」の題でシリーズ化しており、その第1弾でもある。
      サビのフレーズがオリジナルのメロディラインとなった表歌詞と原曲のフレーズに合わせた裏歌詞で構成されているのが特徴。
    • ボーカルのnayutaは上記の第1作CDで「葉月なの」名義であった。
    • ちなみに今回収録された2017年版はnayutaのサークル「7uta.com」で2017/04に頒布されたnayuta活動10周年CD「この声が届きますように」に収録されたものが初出。
      同年末にアレンジ曲の登場10周年記念として、2017年版を含めてこのアレンジ曲のみのバージョン違い集のCDも頒布されている。
    • ジャケットに描かれている曲名の文字色はバージョン違い集のCDと同じ。バックにサークルのロゴが刻まれている。
    • タイトーの「東方スペルバブル」において「サイドストーリーパック チルノ編」パックにもいち早く収録されている。
    • 曲名の読みは「ひいろげっか、きょうしょうのぜつ」。
  • 不可測的メトロポリス / 少女フラクタル
    ビーストメトロポリス
    • 公式MV(2019/12/30公開):YouTube
    • アレンジはIceon。
    • ボーカルは天宮みやと姫城碧海の2人だが、この2人は2021/06末を持って少女フラクタルからの卒業を発表。(→公式ページ)
  • 門門しましょ / ビートまりお (COOL&CREATE)
    明治十七年の上海アリス」「上海紅茶館 〜 Chinese Tea
  • WARNING×WARNING×WARNING / 暁Records
    遥か38万キロのボヤージュ」「星条旗のピエロ
    • 公式MV(2017/12/25公開):YouTube
    • 2015/12/30発売の暁Recordsのアルバム「WARNING×WARNING×WARNING -to the beginning 05-」の1曲目より収録。
    • 編曲・作詞:ACTRock(元所属、現・イノライ)、ボーカル:Stack
      • アレンジのACTRockは2018年夏に設けたサークル「イノライ」に専念する形となり、2019/01/31を持って暁Recordsを脱退表明した。
    • ニコニコ動画において同サークル初のミリオン再生を達成した曲でもある。
    • BEMANIでは既にjubeat festoに収録済。
      jubeatでは、この曲の最後にある台詞「Yeah, It’s Lunatic〜」の部分が唐突にカットされていたものの、本機種ではカットされずに収録。
      • 他社の音楽ゲームではmaimai MiLK(セガ)、CHUNITHM STAR PLUS(セガ)、太鼓の達人イエローVer.(ナムコ)、GROOVE COASTER 3EX DREAM PARTY(タイトー)、crossbeats REV.SUNRISE(カプコン)*1に収録済。

VOCALOID

  • SDVXにVOCALOIDが新規収録されるのは2019/08/29配信の「ロキ」以来約1年半ぶり。(2020年は1曲も無かった)

2021/02/27配信(先行稼働初期)

  • オルターエゴ / Misumi
  • *ハロー、プラネット。 / sasakure.UK【
    • 公式MV(2009/05/24公開):ニコニコ動画/(2012/05/31公開):YouTube
    • BEMANIでは既にpop'n music peace、DanceDanceRevolution A、ノスタルジア Op.2に収録済。
      • SDVXでのカットはpop'n/DDRと同じもの。
    • ソート順はDDRやNOSと同じく「ハ」扱い。pop'nでは「記号」扱いとなっている。
    • 他社の音楽ゲームでは初音ミク -Project DIVA-(AC版にも収録済)、maimai GreeN、DS版初音ミク Project mirai 2(いずれもセガ)に収録済。
    • ロケテ版と製品版でLv変更がある。
      • [NOV]Lv3→2、[ADV]Lv9→8へそれぞれ1段階降格されている。
  • ラストリゾート / Ayase
    • 公式MV(2019/04/30公開):YouTube
    • Ayaseは2018年頃より活動中のボカロP/音楽プロデューサー。
      • 本名義の他にもシンガーソングライターの幾田りら(ikura)とのユニット『YOASOBI』(ヨアソビ)としても活動中。
        同名義の楽曲は『夜に駆ける』がBillboard JAPAN HOT 100で1位になるなど大ヒットを記録しており、2020年度の紅白歌合戦にもikuraと共に出場経験を持つ。
    • BEMANIに氏の楽曲が収録されるのは今回が初。
      • コナミ以外の音楽ゲームでは太鼓の達人 ニジイロver.(バンダイナムコ)にて『夜に駆ける』が収録済。
    • [NOV]Lv1と設定されるのはVIVID WAVE収録の「シュガーソングとビターステップ」[NOV](2019/02/28)以来約2年ぶりとなる。
      • さらにLv1の楽曲は初代稼働初期から今作に至るまで全てのタイトルでe-amusement passを使用せずに全ての譜面がインプット無しでプレーできる。
    • SDVX IVで収録済の「Last Resort」と読みは同じだが、無関係。
    • 曲名順では本楽曲の方がIV HEAVENLY HAVEN初出の「Last Resort」より前になっている。

*1 オンラインサービスは2018/06/24をもって終了したが、その際、当楽曲は削除されていない

Last-modified: 2021-04-15 (木) 10:21:27
Site admin: iMp95
mail : imp@callusnext.com (←@を半角に)